スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

国際的な小咄 オマケ ファイルの底の方にあった没ネタ供養

目次

17 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:48:38 ID:qADuvYi2

オマケ ファイルの底の方にあった没ネタ供養



                , -―‐- 、
               /::::::::::::::::::::::,
            {:::::::::::::::__/\
.            /::::::__/     ',
           {/::::::::( ●)
            (_人__)     ./
     ,.‐- .._   ` ー------ー'"/ヽ
.     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ,.イ::::::::::::::/    '
    /;;;;;;;;;;;;;/;;;/;/ ,:':::::::::::::::::::/ .:     ,
   i;;;;;;;;;;;;;;ソ;;;/;/ /:::::::::::::::::::/ .;::  r‐、
   {;;;;;;=ィ';;;;;/;ノ ;::::::::::::::::::::;  ::::  l_n.! ,
   ヽ;;三;;;;;;;{::ト、/::::::::::::::::::/ / j    _j.|. !,
     ';;;;;;;:-‐/ ':::::::::::::::::::/  /     〔_〈 !.,
       `V//ヽj::::::::::::::::::;:' ' ,.'     _ j.j !.!
.         V//l::::::::::::::::::/  ./     ヽ-' ` ,
       ヽ//>- ._::/ ,.イー   二 -‐     !
         `<////>イ 、-‐        ,:'!
.             `''i"               ノ !
               {  ー-             ノ
              l        -―_,. -‐'' ',
                、,. -―== ''''"´ ̄     、
               j                :
                  , /              }
.               /                / ,'
            ,              ,:: /
.              ,      /         / /

――その男は、才能に恵まれていた


            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l
           | (__人__)  ;;;;;;;;il   ブンっ! って振ったら当たるだろ、常識的に考えて
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_   うまく行ったらホームランだ
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |   チョーさん、それは貴方だけです
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {   あとボクとしてはホームランはヒットの打ちそこないだとおもいますね
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ




――然しその男が活躍した時代、男の仲間には更に凄まじい才能の持ち主が二人居た




18 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:49:31 ID:qADuvYi2


                        , - 、
                       {' ⌒ヾヽ
                        ヽ   }:.リ
                        ` .__ノ

                     丶            , -―- 、
                  丶  .  丶         /::::::::::::::::::::\
.       ,.. -‐-,..-ー、    \、丶. \'''" ̄ /弋__::::::::::::::}
        /;;;;;;;;r-―ヽ;;;;〉 , ―/.\ヽ、.  \::::/     \__:::::ヽ
       ̄, './ `ヽ'>''"´ ./ , '/ \.、   ヽ|.    (○ )::::::::\}::ヽ
       ノ ノ , イ'",..-‐!  {  .' .:i   ;:ヽ .\::::\.     (__人_):::::::::}
.      /ィ-', '"    ',  ',  ::{   l::::::::、::丶:::i` ー------‐イ、:::::::ノ
.     ,.' ,.'ノ'"      、  ヽ 、. ヽ\ !::::::::ヽ::::::::l ヽ -‐/ ,.ノ ./::/
   , ' '       ー-ヽ ヽ \ヽ\`.\::::::::\:::! ヽ! 〈,.-――ィ、
.   ヽ     _,...   -‐ '"  ヽ_.>ゝ` ー`ー- ::⊥_ヽ;;;>-/;;;ノ
.    `  ̄           i ヽ\ ` ̄ ト、////ハ;;;;;;l;l;;/;;/
                  ; 、\` 、 .! ヽ/////l==;;;>'"
                   l   >、 l  V///ハ'"
                   |      l   .l////ハ
                       ,      ,'   ∨////,!
                  , 、   ./      V////!
                  { i  ./.!.       V///{
                    ノ '   ' ノ      V/∧
                      {  -‐, イ         V/∧
                     ソ  { }           ヾミミ、
                     }  , /         ヾ ミ、
                      〈  / {              ミ、
                       } '  ,.〉           ヾ
                     〈 ,......、 }              ヽ
                 iニニニY
                 'ニニニ!
                       `"''''"

――その男は、輝けるだけの力があった

19 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:50:04 ID:qADuvYi2
                    i 、 l、 .,ィ  、
                   , ,イ ハ.j∨} _,_ハ
               .ノ!' レ'ィj' }ハヽ(イ{_
              (   ( y' ,/从ヾj' _〕
              ノ丁} !`i〉iソ_ノリ}〉){
      /`ヽ     ゞ、 {{V`ーv',.'ィノ!/ノ
    〃 : : : :{ィ=―<{}ミ〈. ム`v´)ィ彡/
   ノ'   ): ´    i.:i∠j:{|`iォくヽイ,,ィハノ>、
  /   〃,′  r, :.l:ィテヘ!、ノノ゙7'炙´ハ: :!:、:>=、__,-― 、
 {: !   / /  /  j:ノニニハ´、_v_, ノニ}、:∧ ,' )/    ,イ   やる夫監督――貴様如きが俺様に指図するな
 ∨__ 〃′/ィニニ=-ミ、、A、 ニ /ノニ}:V:;ヘj、〃   /. }
  }::/,イ   /{三三ニニミヾ.、三三彡',.=j:.:/´.ノ /   ./ヘ:::::|
  ! {^!   !:ハ三三二ニ≧≦二三三ヲ:;′/ /:. . .〃´  ゙::::ト、
  l、_ V!  l::{::}三三三三圭三三三/´  ,:. {::::.:.:.,′   ';:::〉:)
  | `゙` }!  l:::::{ニニニ=‐ 、圭ニ三三/  .::::.:.';::.:.: {   ィ ,./::i:\
  /"⌒ ヘ  |:::::ヘミ三彡=‐=ミ三三ノ,.:::::::::::::::::::ヽ::::ヽイ/.:j" :/ :::::.ヽ
  ∨   ‘, !:::::::‘,三彡个ミ三三' ,:´ ̄ ̄ノ::::::::ハ::::::.:./ ノイ`ー、:::`,
  ∨/  ',_j::、:::::::}三、..jミ、ヾ三ノ(::v‐´//、::{ ゝ=、 〃`ヽ.  }::;:::・
    } \ ヾ、:}::レ'ミニニ=八ニ三} ム::/ー、   ::}   `ヽ.  ,ィ_, ノ'j:::::::!
    |  ̄丶::::::ヾ}三、三ニ(三三\}三ウミ入__:j     ヽ'=-、_ 〃::::::}
   | 〈 ̄`ヽ::::、)\三三ハ三_ノ三三≦ノ)         j  ::y:" ::::::!
   、 `゙゛ヽ ゝ‐`='ー`、,'⌒Y⌒',=<)メイ{>._     (   :{   ゙:,′
    ヽ フ´::) ......::)::::::::ヽ⌒⌒ノ<、:.ヾ、::、`ー-、`ヽ    \  ヽ  }、
     }  { /´.::::::::::::::::::::}:、/\ `ヾ<≧::::::::〈_)イ)     辷、j: /イ
     、  j:::,ィテ‐ィニ=、::Y_ .:;ゞミー-._ ̄ ̄´/       ヽ;ニノ}、,、
     V、 j;" /.:/.:/ ,=‐'´ 、_`´ { \,..,`ヽ:: ̄`´〉         /`¨´゙ `ニマ
      ∨:  {: {: :{ {゛ヽ. ニ=<´`ー'/  `ヽ::::;ヘ       〈 ,ィ=━'´`´
       \:.:.ヾヾヾヽ 、 ヾー= 、  ̄二ニ)_   `¨`'ー、      ー、〉
        `^ー/:7¨ハミ  < _ ̄_.ィ{-j     `::::::}

――然しその男がその機会を手にしたとき、その男が率いた軍には一人の問題児が居た

20 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:50:39 ID:qADuvYi2


       f ̄`i
       |.  │
       |.  │
      |.  |
.      |.. │,。-‐…‐-。、
       |  │  ゚  ゚   \
.       |.  |          ヘ
      .i |.. |ミ三二二二二二>
.      │|  | f´  \,   、/ ヽ
.      ゝ|. |ノ  ( ●)  ( ●)
.       i |. |    (__人__) i
.       (ミ ̄)       _ ノ  (投手の打撃はしょぼい――そんな事言わせないお!)
      /´ 「ミ)       八
     ( . ´ ∧ \  ノ   / ヘ
     丶_/.ヽ\  Y    /   i
         i  \ _ ノ   ∧
          \         \
           │  丶 /    )
           │   (    /
           |    /\  \
           (   《   \  \
           ヘ   ∧    `ソ  )
            ヘ  ∧   ゞ_ /
            (___)

誰よりも才能に恵まれていた――


      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,    なんかやる夫って気に入らないな
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、   すごいんだろうけど……何かな
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

――それでいて、誰よりも人気は無かった

21 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:51:43 ID:qADuvYi2

誰よりも努力した――誰よりも輝いた成績をとった

   <やる夫選手! ホームラン!

    <おおおおおおおおおおおおおおおっ!
                                            , -‐‐- 、
                                            r‐'-::_::::::::::::.
                                           `●)!_::o::::: |
                                              ω  厂`マ〔  (行ける――勝てるんだお!)
                                            `ア⌒ ̄``丶、
                                               ∠二、   ,二、_\_
                               r‐- 、       ∠     ハ  L∩}::| ∧
                                  孑`¬う=‐---‐く⌒\  _jノ / 〔::〔|::| / /!
                  _                   `¨¨`'ー- :::::::::::::::::::x个i^/ 「:U:}::|ム-r'
              /、_,)                            ー-‐' }:|    `7^7:::::::|
             / .::/                              〈人_ノ_厶ニ、}i:::::::|
           /.:::/                                Y´]::[___]:〔リ::::./
          /.:::/                               {ニ{ == V ヽ/
           .:::::::/                                 | {ニ=   }  }
         , '::::/                                       | {   ー-ミ彡'ノ
       ,.::::                                     | {   三}/
     / "                                         {   三|
   _,.:/                                       ∧   三|
  (__;'′                                          { ∧ -=彡、
                                                | } ',   三
                                                | }      二
                                                | }  ∧  ニ
                                                 | } ;'    二
                                                 〈∧{    '. ニ
    -=-_  ‐- _  ニ- ‐   ‐=ニ =    _   _            fニ=≦(::::フ{    }x云
..::::::...........:::::::::::::::::::::::       _  - ‐=_   _        _      ` ー-≪,二} , ≦r‐=ハ
  ニ- ‐= =- -_ ニ =- - _       -ニ= _ニ _ _,,........................:.::::::::::::::::::::::: ̄::::f二ニL::三!:::::.. =ニ

誰よりも前を見た――誰よりも勝利を渇望した

22 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:52:22 ID:qADuvYi2


      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ   なんていうか、なぁ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ    うーん
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


史上最高の軍に居ながら、その男の実力を評価する声はあっても、人気を評価する声は無かった

23 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:52:50 ID:qADuvYi2

                        _ -――-  _
                    ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
                  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                    l::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::,
               ,'-ー´__-‐、つ:: ̄ ̄::::::\::::}
                  //   ,. i.l.l ̄ ̄ ̄` <::::::::〉
              ,.'  '   ノ {,.イjノ、   _ ノ   ̄ ヽ
           ,--._    ./  ( ●)  (● )
.            /////ヽ-イ   {   人   }     i  (まだ――投げれるお!)
          ,イ'//////        `ー´  `ー ′    ′
          ,イ///////  \__          _,.イ__
.       ,イ////////-――-ィ{ニニニニニニニ/::::::::::::::::::::::::..、
     ,イ'////////∧::::::::::/`ー=ニ二二ニ-‐'" \:::::::::::::/:::::::::ヽ
.     //////////,/ー、 ̄ ー    |.0 __ -‐ '" ./ ̄ヽ:::/:::::::::::::',
    ///////////イ ! ヽ ./     |       - '" i , ' l:/:::::::::::::::::l
    ,'//////////ニl  ! .V       .|       i l /  l::::::i:::::::::::::::l
.   l//////////ニl  .! /      .|       .l '/   .!::::::!:::::::::::::::}
    !/////////ニニ!  .l'     _!,......、      ./     {:::::::!:::::::::::::/
    l////////=/ノ  /    /;;;;/;;;;;;;;;; ̄\、 '      .l:::::l:::::::::::/:::!
.    V/////,/ ./   ,'  ./;;;;/;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;\- _    .|:::::::::::::::':::::::l
     `ー、‐''" /  ./ /;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;\> _l::::::::/:::::::::::l
        ̄ー- '".l .i;;;/ ̄`ー- _./;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;/;;ヽ//,>- 、_.-一
              l {;;;!  /   }   ヽ_;;;;;;;;;/;;;;;;;;;/;;;;;;l///////\/,!
               j ';;;;l/    /`ー _ ̄ヽ;;;;;;;;;/;;;;;;;;|//////////,l
              / l;;;',   /     ` _ヽ;';;;;;;;;;;;l'//////////,}
             ;   ヽ;;',  ノ 丶       \;;;;;;;;ノ`<'///////ノ
              i   ー'" \ ヽ          `ー'   ` ̄ ーイ


それでも、男は戦い抜いた

24 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:53:20 ID:qADuvYi2


              ________
          /             \
         /               \
       ´ ̄`    ´ ̄`              \
      /                         \   (みんなのおかげで……ホームランが打てたんだお……)
     /,-‐-ヽ   /-―-、 ヽ            ヽ
     とつ 丿   ゝ   oとう'             |
     | 。/  人  ヽ   .; O                |
     |O ゝノ  ゝ _ノ    ゚。                  |
     \  `´ ̄` ´     U            /
      \                      /
.         ヽ _____  イ          く
          7                 ヽ


最後の打席――誰よりも栄光を手にしながら誰よりも人気が無かった男は、ホームランを打った


                  _____
                /         \
               /            \
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /    (   ● l    l ●   )    \
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |
           ヽ   ノ              i   |
           i´ ̄ ̄`i                 l   |


これは史上最強の巨人を支えた一人の天才の物語




   ~やる夫は最終打席でホームランを打った投手のようです~
     堀内恒夫物語



本当に暇が出来たら作ってみたい

というかこのプロローグだけできていたでござる

尚1の一番好きなレジェント選手な模様

25 : 普通の名無しさん : 2015/10/24(土) 21:55:39 ID:tW.SBLjw
乙です 色々やってみたいネタが増えるねwww

26 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 21:58:33 ID:qADuvYi2
なんかねー、ちょくちょくやりたいネタは増えるんですよね

で、暇があればササッと書くってスタンスです


よくみんなからは「暇さえあればなんか書いてる」という評価は貰ってます

27 : 普通の名無しさん : 2015/10/24(土) 22:17:22 ID:Gsyvkvkw
ある意味江川よりすごい人キター。

28 : 普通の名無しさん : 2015/10/24(土) 22:41:20 ID:eTr3fXEo
好きな選手が堀内とは…1さんは結構なおっさんなのか?

29 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2015/10/24(土) 22:49:32 ID:qADuvYi2

       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\   まだ若いですおー
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |   試合のVとか見たのと、父が熱狂的な
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |   堀内ファンだったのが影響してるだけですお
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |   どれくらい若いかと言うと……適切な例が思いつかない
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/   若い……が、年齢=彼女いない
  ノ::::::::   `ー'´  \   それがこのスレの1クオリティ

36 : 普通の名無しさん : 2015/10/25(日) 10:13:29 ID:xoFS/NLo
彼女はいないけど、いろんな国の女は抱いてそう
>>1はどこの国の女の子がよかった?

301 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2015/10/25(日) 10:48:52.18 ID:y3MOKY92

               ____
             /     u.\  >>それ同窓会とか行くとよく聞かれるけど1は童貞だよ……
           /ー‐-:::::::::::-‐' \
          /   t  j:::::::ィ  ッ   \  というか1は結婚願望あるけど恋愛願望ないんだよなぁ……
            |. u   `¨、__,、__,¨´    |
           \      `こ´     /  やべ、打ってて涙出てきた
          /         u .\


304 : 隔壁内の名無しさん : 2015/10/25(日) 10:57:17.95 ID:PVBg1Dsh
>> というか1は結婚願望あるけど恋愛願望ないんだよなぁ……

矛盾してるぞw

305 : 隔壁内の名無しさん : 2015/10/25(日) 10:59:10.71 ID:cg6NQM+b
……お見合いとかで適当に紹介してもらえばいいんじゃね?

309 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2015/10/25(日) 11:10:11.52 ID:y3MOKY92

               ____
             /     u.\  いや、なんて言うの?
           /ー‐-:::::::::::-‐' \
          /   t  j:::::::ィ  ッ   \  1の理想としては、自分よりはるかに頭の良い女性とささっと結婚して
            |. u   `¨、__,、__,¨´    |  子供作って、そのまま家族として生きていきたいんですよ
           \      `こ´     /  なんかもう周囲からは『お前もう見合いでもしとけ』って言われてますお
          /         u .\


310 : 隔壁内の名無しさん : 2015/10/25(日) 11:12:16.38 ID:9/5MNhRC
そらそうよ

312 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2015/10/25(日) 11:15:21.46 ID:y3MOKY92

     ____
   /      \  尚1は友人に『お前の理想のデートはどんなん?』と聞かれ
  /         \
/           \  『美術館か動物園か水族館に行って、芸術や生物について語るようなデート』
|     \   ,_   |  と言ったら
/  u  ∩ノ ⊃―)/   『駄目だこいつ早く何とかしないと』といわれました
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  恋愛ってむつかしーね
  \ /___ /


314 : 隔壁内の名無しさん : 2015/10/25(日) 11:17:18.00 ID:7+qSGTod
恋愛願望ないなら見合いでいいじゃない

319 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2015/10/25(日) 11:24:53.45 ID:y3MOKY92

               ____
             /      \   まぁ、1事態はお見合いでいいかなーと思ってます
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \  ただよく言われるのが
            |      (__人__)     |  『お前結婚式すると何カ国の人間が来るんだろうな』
          \     `⌒´    ,/  と云う事です
          /     ー‐    \  というかお見合いっていシステムだと思う


     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |  尚文章だけ1が書いてお蔵入りしたやる夫スレッドがまさに『お見合い』をテーマにしたやつだった
.\ “  /__|  |
  \ /___ /   日英ハーフの真紅がお見合いでやらない夫と出会って、結婚するまでの過程


               ____
             /     u.\
           /ー‐-:::::::::::-‐' \
          /   t  j:::::::ィ  ッ   \  友人の両親をモチーフにしたやつなんだよなぁ……
            |. u   `¨、__,、__,¨´    |
           \      `こ´     /   多分国際的な小咄の中でいつか触れると思います
          /         u .\








関連記事
7193 :日常の名無しさん:2015/10/25(日) 23:42:52 ID:-[ 編集 ]
地元出身なんで読んでみたいなあ
7196 :日常の名無しさん:2015/10/26(月) 01:07:18 ID:-[ 編集 ]
なぜ1がモテないのかさっぱりわからん
7484 :日常の名無しさん:2015/11/16(月) 00:07:59 ID:-[ 編集 ]
自分の彼氏とか彼女が大勢の外国人としょっちゅういるとか何か怖いわ
友達とかならイイけども
29762 :名無し:2018/08/01(水) 21:19:30 ID:j4zCBgh2[ 編集 ]
1と同じ方向向いてる人。まあ単純に博識で議論とか好きなタイプの人ってそんなにいないよね、男でも変人の類なのに女の子となると更に減る
理想のデートにしても一緒に楽しむんじゃなくてどこまで行っても学問や探求に結びついちゃうステレオタイプの理系気質
かといって相手に合わせた世俗的なデートだとつまらなく感じてしまうからある種の諦めとして恋愛願望無しと言っているんだろう
そして周囲も自然と小難しい人、趣味が合わない人と敬遠してしまう
40034 :名無しさん:2019/02/26(火) 13:48:48 ID:-[ 編集 ]
悪太郎か、おもしろいおっさんだよな
44854 :日常の名無しさん:2019/05/05(日) 10:42:20 ID:-[ 編集 ]
>>1が本質的に良い人なのは解るが見た目少佐で性格マイルドなハルヒとくればそりゃ、うん・・・
友達付き合いする分にはすっごい楽しくてこれだけ人脈広いのはやる夫のフィルター越しでもうなずける
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その118 (09/19)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 2ターン⑦ (09/19)
  • モラとハルヒのぐだぐだ小話 30 (09/19)
  • なんとか昆虫記 小ネタ「働きアリの法則について」 (09/19)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第8話 (09/19)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第六十四話 (09/19)
  • 国際的な小咄 5224 金属の箸 (09/19)
  • 国際的な小咄 5223 ノーベル平和賞受賞者たち (09/19)
  • 国際的な小咄 5221~5222 オランダに行った日本人の話 ~ パクチーがだめならベトナムよりむしろ (09/19)
  • 国際的な小咄 5220 井村屋さんの固い奴 (09/19)
  • 国際的な小咄 5219 韓国経済とは (09/19)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ ハン板の常識 (09/19)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その1 (09/18)
  • 英雄を作ろう! キャラメイク6 (09/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ11「おにゆすり」 その5 (09/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ11「おにゆすり」 その4 (09/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ11「おにゆすり」 その3 (09/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ11「おにゆすり」 その2 (09/18)
  • 国際的な小咄 5218 ヒエッ……それまずくない (09/18)
  • 国際的な小咄 5217 トルコ考古学 (09/18)
  • 国際的な小咄 5216 イタリア人に聞いてみた、欧州で飯がうまい国 (09/18)
  • 国際的な小咄 5215 対韓国マニュアルというよりもむしろ (09/18)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第7話 「野球回のあるアニメは名作」 (09/18)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第二話 (09/18)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その117 (09/18)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第7話 (09/18)
  • やらない夫は2038年の警察官 チュートリアル編 (09/18)
  • 国際的な小咄 5214 ベトナムの場合 (09/18)
  • 国際的な小咄 絶対に、絶対にやらない嘘予告 『やる夫で学ぶ韓国政治史』 (09/18)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ