スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
8/23コメント数347
しゅごい……


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです 埋めネタ エーリカの過去編

目次 現行スレ

874 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:50:22 ID:Rf.IfRCA0
             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',
         !  |_//  _,/ ', i  }     私は小さい頃から両親の教育方針で厳しい教育をされていた・・・
         !  !// / // ̄ !,!  |
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'
         !. |', `-'     `-' /  ,'
         !, ト_!    `     /,  ,'
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、       エーリカ6歳 レベル6


875 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:50:37 ID:Rf.IfRCA0
                                   ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
                              ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
                           iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
                           l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
                           iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >      立て!まだ訓練は終わってないぞ
                         .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
                       、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>                           は、はい・・・>
                         _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
                  ____ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
                  ',` 、  ___ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
                  ', `./ヽ ___|;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
                     .', ./ ./`、  ! \.ヽ `:::、               ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
                   '/ /   ヽ. ` .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
                    __ヽ,, ' 、-‐、 \  `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
-、,r―、     _ ,,   -‐ '' "`  `  `、 `  ヽ  \_.、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
  .i.(~ `ヾ、''i´ ',  ',  ',     !   !   ! .!  i   / \. `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
.__ .|._ヽ、,  `i  !  .!   !   ノ  " __ノ_'__.ノ. /   `>.-―‐ `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
i__iノ'i__'/‐-、.| __' ,, " -‐   '''   " ̄   .\. /   //' , ̄ ̄  ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
., '"  ー--、|                   ヽ.    //  ヽ    ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
゛ _,,,, 、   ,'                    \ ./ ' 、   ',  __, ',,_:.:.:.:.:.:.:.:.:., ":.:.:/:.:.:.:.:.:/
,"   `ヽ、/                        ゛ ̄ ,` 、 .'、/:.:.:.i !:.:.:.,  '":.:.:.:, ':.:.:.:.:.:/     エーリカの訓練その1 雇われ傭兵との模擬戦
.- -、 /                       ,ノ:: ̄:::::/ l `/:.:.:.:.l !/:.:.:.:.:., '":.:.:.:.:.:.,'
- -ー‐ヽ                         , " ._,,   '" ヾ{二ニ ,,_| -ー '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ      傭兵 ガッツ 戦士 レベル50

876 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:50:50 ID:Rf.IfRCA0
:::::::::: ト;::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::l ヽ:::::l\::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::「`ヽ::::!  \::::::::::::::::::::::::! ヽ::::::',ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    魔法はこの世界においては必須技能です
:::::::::l.  ヽ::ト` .、ヽ::::::::::::::::::::',  ヽ::::',>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::!‐- ヾ_>、 ヽ、::::::::::::::::l.-'´'ヘ::',  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     魔法を制する者がこの世を制す!わかりましたね
;:::::::ト、  {i::;o::ヽ \ヽ:::::::::::::l´ r―ヾr=o<>;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ:::::! `ー-`=イ`_  \:::::::::', 'ニ‐  ゞニУ \::::::::::::::::::::::::ト ;::::::::::::',                                      はい>
l ヽ::l  {´ ̄  ̄  ヾァ‐-ヽ:::::::',   ̄ 丶   / \:::::::::::::::::l` ヽ`>、:',
.', ヾ  .ゝ、   _ノ」  ゝ,\:::',    ノ   ./ イ >::::::::::::::!  ヽ、
-ヘ      ̄ ̄    !    \', ̄ ̄    /´ _ノ:::::::::ト ;::::l  /ヽ丶、
::::ゞ、          .l      `\    /<::::::;:::::::::::::l  ヾ     ヽ.>、
::::/ヾ 、          ゝ -         イハ:;::::::l ヽ:::::::::l X´    /ヽ  \   エーリカ訓練その2   ベテラン教師との魔法理論
::/.  \\                .// λ:::::l  \:::::!   ヽ ,      、 \
/    \ \    ― ‐-     / /  / ヽ:::l  X.ヽ:::l    X      .><  \
      \ ` 、       , ' /   /  ヾ!.    ヾl   '  \.    '  `   \  教師 糸色 望 クラス 賢者 レベル42
        \ >     イ /    /

877 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:51:04 ID:Rf.IfRCA0
            __,,,,、、、、,,,,,__  ゙!ヽト、
        ,、-''"´   _,,、-‐   `ソ .! ゙i
      /     /::     ,ノ  ノ l\
     /.:     /:::::    _/ ;/  /   ヽ     貴族たるもの礼法は欠かせません
    / ..::: .:  .:  :j:::: .: i //,.イ /   :  ゙、
   / ..::::::.:: ..: .:/!:::::..:: l / '´ // ゙i .:: .:::  ゙!    まずはテーブルマナーから始めましょう
   i ..::::i:::::::: i::i:..::l l:i::::::::::|;:l,   _,,,,,_ノ:::::;ィ:::  jl !
   | i:::::|:::::::::l::l:::::|-゙!ヽ::i;:l,ヽ  ´  ///;ハ:::. / i!
   ゙i.|::::|;::::i:::|::l'ヽ! ゙ ヽぃ:、   ,r=;''ヾ、 /::;.イ
   :.!゙!::|ヽ:l::|ヽ! rテ"゙ヽ      l`';;:::} 'イ:: |
    Y::ヽ:!:l, `i l`';;::::|      `゙''''''"  !::: |
    j:i::::l´iヾ: ´ ̄     i       l::::  l
   :/::l:::::::j:::::゙!       '   ,   ,/i:::  .! 
   __,ノ::::_/:::::::| 、    ー‐ '''"´   //:::  |つ    エーリカの訓練その3 家庭教師との礼法の勉強
   ,;/レ' ::::::j、_ ゙ヽ、     `"   ,.イ /::  /´ i゙
   :::::/  .::/:/  `゙''''‐` - 、、,, /_⊥/::::: ./:j ,r''" ゙̄ヽ,
   / /:::/            //:::::;ィ//i!/ _      家庭教師 ラスク 職業 貴族 レベル6

878 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:51:22 ID:Rf.IfRCA0
             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',
         !  |_//  _,/ ', i  }     こうして様々な人に教えられて6年間
         !  !// / // ̄ !,!  |
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'     私は周囲から天才と褒め称えれるレベルにまで達した
         !. |', `-'     `-' /  ,'
         !, ト_!    `     /,  ,'
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、
          _ ,.::::::::::\/|ヽ/:::::::..、_
        ,、:: --!:::::::::::::::><:::::::::::::::/-- ::、
        !:::!:::::|:::\:::::/| |\::::::::/::::/::,::人
       }:::::::|:::::!::::::`':::::||o|::::::` ':::::::/:://::ヽ
      /::::::::::!::::,:::┰:::::||::::|:::::::::゚::::::/:::/:::::::::::、
    /::::::::::::::::!:::i:::::::::::::||:::::|::::::::::::::/:::∧::::::::::::\
   /:::::::::::::::::/ !:::|:::::::::::||:::::|:::::::::::::/::/  ',::::::::::::::::、
  /:::::::::::::::/   i::::::::::::::||::::i:::::::::::::'::::/   \::::::::::::\
 /::::::::::::::::/'    |::i::::::::::||::::::::::::::::i::::i      }::::::::::::::ヽ     エーリカ12歳 レベル 44
 \:::::::::::::::.、   /::i:::::::::::||::::i:::::::::::|:::|    ノ:::::::::::/

879 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:52:03 ID:Rf.IfRCA0
                           。 --- 。
            __       ..≦゜         >.。
.       .<////// / > .。 /                    \
   。<,'////////////////,'`. 。                      \
. //////////////////////// \             |.   ,   ∧
/////////////////////////// ∧/.     i      |:V. .',i   ∧
,'///////////////////////////,'∧    ,'        |::V.  |    ∧       思えばあの時の私は異常だった・・・
//////////////////////////// / }   / /. ,     /ャ.|  |.    |
,'/////////////////////////////,'|. ,/./.|.∥    /./:::ヤ|∨ |.    |      来るものはすべて拒み、なにも考えたくはなかった・・・
'//////////////////////////////,}'//__{∥   /i /,ィ‐ヤ''ヤ |.    |
'/////////////////////////////,'∧' ̄:|::{  / ∥:::: : | ∧|     |      そして、まもなくして両親が事故で死んだ・・・
,'/////////////////////////////,',∧._‐|::|. / /::: ,.ィヤT>|.     |
'///////////////////////////////,∧|゙': レ' : /::: 代::ノノ /|    |      その時は悲しみよりも先に喜びのほうが上だった
'/////////////////////////////////,:::::::::::::      ¨ ´: : //   ,. |
'////////////////////////////////,/               /'.|.   /|.,'
///////////////////////////// /.     '.     //.{. ./. |.i
//////////////////////// // /|.              ',イ. { /. ∥
<_/,。,'////////////////,'/'/,/'/,{`<    ―,. ‐  。. ゚/ . | /.  ,'
.  ∨/,`/,< ___ >/,´//,/////.V| l.` 。. ._  イ_./i/. /ン
   ∨.`ヽ、///////// > ゜//// / ,ィ=|\.       |' ト- 、. '´
.    ∨//  ̄ ¨¨¨ ̄. ___'/////,/イ: : '、.  > 。_ _/ ヽ: :.\
.     ゚ 、,'///////,'/._`_x-イ.: : : : : : :.\.  .,イ ト、 /.: : : :. :.゚ > 。____
      > 。._. /.ヤ´―.-ト,|_,| : : : : : : : : : \/|.|. X.: : : : : : : : :.ト-ミ__  ト- 、
            γ|f. ,.  ̄ ̄´l. V: : : : : : : : : : :.\_/,: : : : : : : : : : |:::|::: : ̄.: :.∧
            。. |     f´.ソ';:::::V.: : : : : : : :. :. :./ : : ヘ.: : : : : :. :. :.{: :|.: : : : : : :.∧
.          | |     | ̄::::';: :.∨.: : : :. :. :. :.,イ.: : : :.|\.: : : : : :./: :{.: :. .:.|: : : :.∧
         |::;;|    | ヘ,  ',: : ヽ、.: : : :./.||: :〇.:.|: : \.: : :./: : {.: :. :./: : : : :.∧
           /::/|      |: :ヘ.. ',: : : :\_/::::: :{|: : : : :{.: : : :.\/ : : {: : :./.: : : : : : :.>
        ,イ /. |     ,ィ': : :.|::: ',: :_:::::::::_: : : {{.: : :. :.{.: : : : : : : :. :.|: :|,' : : : : : : : : :
.       |::::::|.. \ イ::ト、: : |.  <__`¨´ イ: : : ||.: : :. :.|: : : : : : : : : :|: :|: : : : : : : : : : :
      /::: : V.    ̄ |..ヤ:::|: : : :.',: `ー´: : : : : :{{: : : : :|: : : : : : : : : :|: :|: : : : : : : : : : :
.      ,イ:::::::::::: \_.  ノ | . |:.:.:.:.:. ',::::::::::::::::::::::: ||:::::::::: }:::::::::::::::::::: : |::::|: : : : : : : : : : :
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,゚: :/::::::::: : ',:::::::::::::::::::::: ||:::::::::: |:::::::::::::::::::::: |::::|:::::::::::::: : : : : :そんな時だった・・・やる夫が来たのは・・・
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,゚: /:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ||::::::: : |::::::::::::::::::::: {::: |\:::::::::::::::::::::::
..  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,゚ /,::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::: ||:::::::::::|:::::::::::::::::: : {::: }  `. 。::::::::::::::

880 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:52:16 ID:Rf.IfRCA0
          ___________
        ./                 \
       / __           .___  \
      / /::::::::: `ヽ、        /  :::::`ヽ、ヽ、
.     / /::::::::      ヽ、__,/     :::::::::ヽ、ヽ.
     l /::::::::::    '⌒ヽ、__, -‐ ´ ̄`  ::::::::::ヽ...l    今日からエーリカを教えてくれる新たな家庭教師の方が来てくれる・・・
.    | |::─‐- 、    ヽ、___, -‐'   ,-─‐::::| . |
.     | |::::::    ̄ ‐-__       __-‐  ̄  :::::::::| .|    くれぐれも粗相のないようにな・・・
    | |:::::::  _, -─‐- \     / -─-- 、 ::::::::| .|
     |  ヽ::: ´ _-===-、      , -===-_、`ヽ:::/ ..|    (今度こそうまくいってくれるといいんだが・・・)
   ./⌒l...| : <´.  o ` >≡ ≡< ´ o  .`> :::|.../⌒i
    | l⌒| .| ::::::::` ‐---‐ ´:::::::|::|:::::::` ‐---‐ ´ :::::: :| .|⌒l |
   | l⌒|. |:::: ヽ;;::::::::::::::::;ノ::::::|::|::: :::;::::::::::::::::;;;ノ::::::|..|⌒l |
.   | l.O| .|::::::::::: ̄ ̄ ̄   ::::|::|:::::   ̄ ̄ ̄,,ノ ::: :| | 0l |
..   | l. | |⌒ヽ  ̄ ̄  :::::::|::|::::::    ̄ ̄ '⌒ ::| |.しl.|
   /ヽ二_|⌒ヽ、_,ノ  (__::::|::|::::__) ヽ、_,ノ'⌒ヽ|人_ソl
   /    |:::::_       ∪        ._::::|    .|
  /      |:::\ヨ王l王l王l王l王l王l王l王l王/::|      |
  /       |::::::::                ::::::::|      |
 //|     l;::::::::::    ____     :::::::::;l     |\ |
 ̄|::::::|     |\:::::::::   ::::::    ::::::::/|     |::::::| ̄
::::|:::::::::|.    | . :\:::::: |  l  l  l   ::::::/: |.    .|::::::::|:::::
:::|::::::::::::|    . |\ :::\:::::::      ::::::/::: /|     |::::::::::|:::::

881 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:52:29 ID:Rf.IfRCA0
             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',
         !  |_//  _,/ ', i  }
         !  !// / // ̄ !,!  |    わかっています・・・お爺さま
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'
         !. |', `-'     `-' /  ,'    (今度はどんな奴かな・・・)
         !, ト_!    `     /,  ,'
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/      
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、
          _ ,.::::::::::\/|ヽ/:::::::..、_
        ,、:: --!:::::::::::::::><:::::::::::::::/-- ::、
        !:::!:::::|:::\:::::/| |\::::::::/::::/::,::人
       }:::::::|:::::!::::::`':::::||o|::::::` ':::::::/:://::ヽ
      /::::::::::!::::,:::┰:::::||::::|:::::::::゚::::::/:::/:::::::::::、
    /::::::::::::::::!:::i:::::::::::::||:::::|::::::::::::::/:::∧::::::::::::\
   /:::::::::::::::::/ !:::|:::::::::::||:::::|:::::::::::::/::/  ',::::::::::::::::、
  /:::::::::::::::/   i::::::::::::::||::::i:::::::::::::'::::/   \::::::::::::\
 /::::::::::::::::/'    |::i::::::::::||::::::::::::::::i::::i      }::::::::::::::ヽ
 \:::::::::::::::.、   /::i:::::::::::||::::i:::::::::::|:::|    ノ:::::::::::/

882 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:52:42 ID:Rf.IfRCA0
  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____      お邪魔しますお!
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \     
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
  ヽ   |     |,┬‐ |       |
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/



             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',
         !  |_//  _,/ ', i  }
         !  !// / // ̄ !,!  |     ・・・?
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'
         !. |', `-'     `-' /  ,'     (同い年・・・だよね)
         !, ト_!    `     /,  ,'
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、
          _ ,.::::::::::\/|ヽ/:::::::..、_
        ,、:: --!:::::::::::::::><:::::::::::::::/-- ::、
        !:::!:::::|:::\:::::/| |\::::::::/::::/::,::人
       }:::::::|:::::!::::::`':::::||o|::::::` ':::::::/:://::ヽ
      /::::::::::!::::,:::┰:::::||::::|:::::::::゚::::::/:::/:::::::::::、
    /::::::::::::::::!:::i:::::::::::::||:::::|::::::::::::::/:::∧::::::::::::\
   /:::::::::::::::::/ !:::|:::::::::::||:::::|:::::::::::::/::/  ',::::::::::::::::、
  /:::::::::::::::/   i::::::::::::::||::::i:::::::::::::'::::/   \::::::::::::\
 /::::::::::::::::/'    |::i::::::::::||::::::::::::::::i::::i      }::::::::::::::ヽ
 \:::::::::::::::.、   /::i:::::::::::||::::i:::::::::::|:::|    ノ:::::::::::/

883 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:52:56 ID:Rf.IfRCA0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     今日から家庭教師をすることになった親の代わりに
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |        代理で来たやる夫だお!よろしくだお!!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



        ________
       /    ::::::    \
     /        :::::::: \
    | :/ ̄ ̄ ̄\__/ ̄\|
    |:| ||||||||||     え?代理・・・?
    |:| __ ||||__|
    |:|  ___ || __|
    |::\   < ・> \ <・ > |
    |/ ̄||  ̄ |  \ ̄  |
    || ℃||  ̄  |   | ̄ |
    |:\ |/    / (   |\ .|
    /:::||  ^   \  |  ||
    /:::| | 田田田田田田田| |
    /::: | |       ▼    |
    /::::| \    ´ /|\  /|
    /:::::|   \____/ :|
   /::/|:|__     |:|
 /::/  |:|__\__  |:|
 ::/   |:|  \__\_|:|
:/    |:|          |:

885 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:53:09 ID:Rf.IfRCA0
  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \     そうだお!父ちゃんは山にドラゴン刈り
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \        母ちゃんは川に水竜刈りをしていて今いないんだお
  ヽ   |     |,┬‐ |       |
   \.\   `ー ´     /           だから代理でやる夫が来たんだお!
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/

886 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:53:29 ID:Rf.IfRCA0
          ___________
        ./                 \
       / __           .___  \
      / /::::::::: `ヽ、        /  :::::`ヽ、ヽ、
.     / /::::::::      ヽ、__,/     :::::::::ヽ、ヽ.
     l /::::::::::    '⌒ヽ、__, -‐ ´ ̄U`  ::::::::::ヽ...l
.    | |::─‐- 、    ヽ、___, -‐'   ,-─‐::::| . |     そ、そうか・・・代理か・・・よ、よろしくお願いします
.     | |::::::    ̄ ‐-__       __-‐  ̄  :::::::::| .|
    | |:::::::  _, -─‐- \     / -─-- 、 ::::::::| .|     (だ、大丈夫か・・・?)
     |  ヽ::: ´ _-===-、      , -===-_、`ヽ:::/ ..|
   ./⌒l...| : <´.  o ` >≡ ≡< ´ o  .`> :::|.../⌒i
    | l⌒| .| ::::::::` ‐---‐ ´:::::::|::|:::::::` ‐---‐ ´ :::::: :| .|⌒l |
   | l⌒|. |:::: ヽ;;::::::::::::::::;ノ::::::|::|::: :::;::::::::::::::::;;;ノ::::::|..|⌒l |
.   | l.O| .|::::::::::: ̄ ̄ ̄   ::::|::|:::::   ̄ ̄ ̄,,ノ ::: :| | 0l |
..   | l. | |⌒ヽ  ̄ ̄  :::::::|::|::::::    ̄ ̄ '⌒ ::| |.しl.|
   /ヽ二_|⌒ヽ、_,ノ  (__::::|::|::::__) ヽ、_,ノ'⌒ヽ|人_ソl
   /    |:::::_       ∪        ._::::|    .|
  /      |:::\ヨ王l王l王l王l王l王l王l王l王/::|      |
  /       |::::::::                ::::::::|      |
 //|     l;::::::::::    ____ U   :::::::::;l     |\ |
 ̄|::::::|     |\:::::::::   ::::::    ::::::::/|     |::::::| ̄
::::|:::::::::|.    | . :\:::::: |  l  l  l   ::::::/: |.    .|::::::::|:::::
:::|::::::::::::|    . |\ :::\:::::::      ::::::/::: /|     |::::::::::|:::::

888 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:53:43 ID:Rf.IfRCA0
             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',     (なんだこいつ・・・只の馬鹿か・・・?)
         !  |_//  _,/ ', i  }
         !  !// / // ̄ !,!  |
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'
         !. |', `-'     `-' /  ,'
         !, ト_!    `     /,  ,'
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、
          _ ,.::::::::::\/|ヽ/:::::::..、_
        ,、:: --!:::::::::::::::><:::::::::::::::/-- ::、
        !:::!:::::|:::\:::::/| |\::::::::/::::/::,::人
       }:::::::|:::::!::::::`':::::||o|::::::` ':::::::/:://::ヽ      そう思って私はやる夫に模擬戦を挑んだ
      /::::::::::!::::,:::┰:::::||::::|:::::::::゚::::::/:::/:::::::::::、   
    /::::::::::::::::!:::i:::::::::::::||:::::|::::::::::::::/:::∧::::::::::::\    自分は天才と呼ばれていたし同い年に負けるはずはないと思った
   /:::::::::::::::::/ !:::|:::::::::::||:::::|:::::::::::::/::/  ',::::::::::::::::、 
  /:::::::::::::::/   i::::::::::::::||::::i:::::::::::::'::::/   \::::::::::::\    だけど結果は・・・
 /::::::::::::::::/'    |::i::::::::::||::::::::::::::::i::::i      }::::::::::::::ヽ
 \:::::::::::::::.、   /::i:::::::::::||::::i:::::::::::|:::|    ノ:::::::::::/

889 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:54:00 ID:Rf.IfRCA0
               ___
              /      \
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\    大丈夫かお・・・?
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',
          :、_     )  ( ̄ _丿
          |   /  ̄`i  / ̄  `i
          |      |     ,    |
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/
          (__)  、__)



        _,. ─ ─ ─ - 、
    _,,.ィ:::´  , 斗 七  ̄   `> 、
.    /_,, <,        , = -     \
   /:'':´::::::∠__.  /    ,,     ム
. /:::::/:::::::::::::::::::://--ナ-//   /  /ハ     なっ!?
イ´´/:::::::::::::::::::::::::フ´ ./ / /ヽ .イ  从 .',
.  /::::/::::::::::::::::///ィじハ / /./ ∠_ |  j
 /::::/::::::::/:/| ./  代斗り// //  ソ/| |            何が起きたのか一瞬わからなかった
 |:イ:::::ム:::/::/   ::::::弋ソ     ィュ,//j i |
 ̄ ̄ ̄ ̄ \_,.--- 、 ::::::::      {iリ }/// j            只ひとつ言えることは、私はやる夫に完敗したということだけだった
::::::::::::::::::::::<    ヘ   .-- 、 > ~ /ソ//リ
:::::::::::/        A /.    丶 :::::/イ|::: /
::::/:           ',丶    /  /::::::7::/
      /      .j ` ─ ´ イ:::::/:/:/
     ::/        /ヘ _ ィ ´ :/::/:/
:::|  :::/       /:|     ://

890 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:54:13 ID:Rf.IfRCA0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }    エーリカちゃんは基本に忠実すぎる傾向があるお!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    もっと臨機応変を心がけたらもっと強くなれるお・・・
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',
         !  |_//  _,/ ', i  }                    悔しかった・・・
         !  !// / // ̄ !,!  |
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'                    自分と同い年の子に負けたことが・・・
         !. |', `-'     `-' /  ,'
         !, ト_!    `     /,  ,'                     だから私は決心した・・・絶対に倒すと
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、
          _ ,.::::::::::\/|ヽ/:::::::..、_
        ,、:: --!:::::::::::::::><:::::::::::::::/-- ::

891 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:54:27 ID:Rf.IfRCA0
                            ____
                      ,    ´     `   、
                   ,  '                 、
                 /                     、
               ,                          、
.              /                           ,
              ,             ,                ,
             ,            /                 ,      それからやる夫との付き合いが始まった
.             ,        /  //  /     、 /  ,   、ヘ ,
             ,      ∠イ´ /:::/ .//      .i/  ィ/    i ! ,     最初の頃こそ辛辣にあたっていたが
.            ,        V/::::://::/ ,     / !イ7,イ ! i   .i , i!i
            ,       / /:::, /::::::::::/:::/ ...:://><V/ ,! /   i! i !i!     やる夫はいやな顔一つせず付き合ってくれた
         ,....:::::::::.......///,イ:://:::::::::::::::::::::::/.イc::}:ィイ|  / /   /! i! !!
      ,.....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::../ ' /:::::::::::::::;;;;/::/  iジ゙ ,! | //   ///i !     そうして、何日、何週間、何ヶ月とたっていくうちに
    ,....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y::::::::::, イ/::/    ゙  ´ ! /イ   /./ /.i/
,.....::::: ̄:::::─フ─......._::::::::::::::::::::::/:::::,< / !:::/        /_/  // / i/      私はやる夫にだけは気持ちを打ち明けるようになった・・・
::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄::::::─//:::::::ヽ  i:/        (⌒イ///! / /
::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ_ 丶、          >  // !/
::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、 - _   ヽ_ /
:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......、 - ´_
::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>__ヽ _
:::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::,
:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::i
::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::i

892 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:54:39 ID:Rf.IfRCA0
           ____
         /⌒  ⌒\      私はやる夫といろんな話をした・・・訓練が嫌だったこと、両親のこと、そして家のこと・・・
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   そしたらやる夫はこう言い始めた・・・
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }     そんなに辛いことがあったなら無理に訓練する必要はねえお!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //                   そういってそれからやる夫は毎日の用に遊びに来た
  / __        /
  (___)      /

893 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:54:52 ID:Rf.IfRCA0
                        __,、
               , __-,=====〔{〈匀ヘ
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\             それからやる夫と色々なことをした
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::            草原に遊びに行ったり
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |           王都で買い物を楽しんだり
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | {  |  リ| /癶〈| |   ハ           王女にいたずらを仕掛けたり
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       〈_,バレ | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_! -―        家でテーブルゲームをしたり
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |  ̄ ー=;-  "/|/″/::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄ ̄       一緒にお菓子を作ったり
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::::\       王女にドッキリを仕掛けたり・・・
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\::::
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈匀}くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,<え!?ここでも私そんな役なの?
        | i   \\.::.::.::.:ヽ|  | ...::.::.::\/:| / /:l |

894 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:55:11 ID:Rf.IfRCA0
                                  ____
                               '"´         `丶、
                            /                \
                            /     /     \       \
                          /   ,  /       }    ヽ  ヽ ヽ     そんなことをしているうちに私は笑うようになった
                            /   / /     .:j: ∧:...   ヽ|   l ',
                        |   │/|     .:::/:/ ヽ:..   |   l::│     やる夫といるだけで楽しい気持ちになれたし
                        l /   |/│ | .://:/´ ゙̄「|\ |   |::│
                         |'     |/|⌒!.:/  j/  ,__j/_ ∨   |::::|       嫌だったころのことも忘れられた
                         |    ´| l八 |/     '" ̄`ヾ }   :|/:j
                         | l    |、x==ミ       xxxx ,  .::::j::/
                         | l   小 xxx  '        /  .:::::::/                 __
                         |ハ    l:ム    rァ   ´}   /.:: .::::::,'                   /´: : :
ーァ'⌒>ー/^>――-  ,,_         |ハ.  |::人    ゝ  _ノ  ∠/ :::/:/          __,,  -─'´: : : : :
ン  ,/: : :|: : : : : : : : : : : : : 〈>―- ,,__  ヽ:{\ {::::jV丶、_       イ.::::/|/      xヘ/`'´: : : : : :/: : : : : : :
  __〈: : : :|,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>‐-ヘ ∨j/⌒\_>r-<__|∠.__,,...イ⌒>': : :/: : : : : : : :/ : : : : : : : :
  人: : :{.: : : : : : : : : : : : : : :\.: : : : : : : : : : :.:〈 ̄{ : :く__/ : 〈 `不{   /: : : |‐─1: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
__ノ └‐ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '; : : :/: : : :∨ }}∧_/: : : : !: :l: :|: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :_:__
      ` ー──-- 、: : : : : : : \: : : : : : : : : :'; : : :∨: : : : : 〉{{r<: : : : : : :|: :j: :|: : : :/: : : : : : : : : : :>'"´ ̄
              `  ̄ ̄ ̄ `\ : : : : : : : : : ∨| : : /l| ̄l: : :\ : : : : |: ノ: :!: : : : : : : : : :>'"´
                           丶、: : : : : : ∨|:|_/: :.||: :.:| : : : : \_:__|,' : : |: :/ : :_>'"´           だけど・・・
                          丶、: : : ! |:|: : : : :||:C:|: : : (つ : : : i: : : :!:/: Y
                           \ {: |:|^尖^ ||: :.:|: : : : : : : : :/: : : :/: :/

895 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:55:23 ID:Rf.IfRCA0
           ,   '         '  ,
         /                 ' ,
       /               i     \
      /             /   |       ' ,
.     ,'   ,   /      /     i      、 ',
    /    i  /    ,  /      /!       i ',
    ,'    i /    / ,/     /i ハ i  i    i '
    !    i /   / // /    / i ! ', i  i    i .i     両親が・・・引っ越す?
   i    レ  /__/_! /!   /__i !___', ! !     V
   i     |/ ̄/ ̄  i ! !  /  i!    i!ヽ!     i
   i!    |    ____-i! !  /  -i!____  i!ヾ!     i                  そうだお、仕事の都合上どこかに行くらしいお
   i!    |  ィfて}:::リi}`  V    イ{o::::ノリヾ  !     i
  i !    i |、 ヽ弋二ソ        .弋二ソ /' /|     !
   i !   | |(i                   ,' .|     i i
   i! ',   | |、',        、         .,'ノ/|     i |
   i! ',  | |- ',                / /|   , ハ i
   ! ',  ||   、     ,-- 、      /' , /!  // |!
     ', | !|ヽ|、 '  ,    、 _ ノ    , ' , / | / |  ,'!/ !
      ',. | ` ! ヾ! 、  、       ' /!/ '  レ  ! / '                      私は悲しみを隠せなかった・・・
      ',!      _/|  - ´ !、_/       ! /
           /:::::<  \ /  ヽ:::`-  _                             やる夫がどこかに行ってしまってもう会えなくなるような気がした・・・だけどやる夫は
      _ -<::::::::::::::::::\  /||、  /:::::::::::::::::::>.- _
   , - o  亅::::::::::::::::::::::V || ヽ/::::::::::::::::::::/- 、

896 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:55:39 ID:Rf.IfRCA0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   けど、やる夫はここに残るお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /                       「え?」
  \     ` ー'´     //
  / __        /     だってまだまだエーリカとやりたいことがいっぱいあるんだお!
  (___)      /



           ,   '         '  ,
         /                 ' ,
       /               i     \
      /             /   |       ' ,
.     ,'   ,   /      /     i      、 ',
    /    i  /    ,  /      /!       i ',
    ,'    i /    / ,/     /i ハ i  i    i '
    !    i /   / // /    / i ! ', i  i    i .i      けど・・・いいの?
   i    レ  /__/_! /!   /__i !___', ! !     V
   i     |/ ̄/ ̄  i ! !  /  i!    i!ヽ!     i
   i!    |    ____-i! !  /  -i!____  i!ヾ!     i             「親には説明したしやる夫だって立派な13だお!」
   i!    |  ィfて}:::リi}`  V    イ{o::::ノリヾ  !     i
  i !    i |、 ヽ弋二ソ        .弋二ソ /' /|     !
   i !   | |(i                   ,' .|     i i
   i! ',   | |、',        、         .,'ノ/|     i |
   i! ',  | |- ',                / /|   , ハ i
   ! ',  ||   、     ,-- 、      /' , /!  // |!
     ', | !|ヽ|、 '  ,    、 _ ノ    , ' , / | / |  ,'!/ !                      私は嬉しかった。ただ、ただ嬉しかった
      ',. | ` ! ヾ! 、  、       ' /!/ '  レ  ! / '
      ',!      _/|  - ´ !、_/       ! /                         やる夫が行かなくて、どこかに行っちゃわなくて
           /:::::<  \ /  ヽ:::`-  _
      _ -<::::::::::::::::::\  /||、  /:::::::::::::::::::>.- _                          私は必死に涙をこらえた
   , - o  亅::::::::::::::::::::::V || ヽ/::::::::::::::::::::/- 、

897 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:55:56 ID:Rf.IfRCA0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \    だからエーリカ!これからもよろしくだお!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



                ,  '    ̄   '  ,
.              ,               \
            /                  ヽ
.           /    / /    ,   ヽ   ,  ,
           /    //   ,   /   , ハ   i   ,
          ,     レ   /  /   /∧ i    i  }
          i /   i   / //  //  ', i   i  i
          ! /   i ,∠/_///  /!/__ ',、i!   i !     ・・・うん!
          V   レフ/ ̄≠ / 7´ ̄ ̄`',トi!   ! i
           !   !   __ //  /  ̄__   i! i!  V
          i    ! ,r===゙     ≠==ュ, !   i
.          i i   !                /!  !i
           i i!  ト  :::::::::   、    ::::::::: /ソ  ノi !
           i!ゝ、 i! 、     __     //i! // レ
           i!  ヽ!ヘ 、    ー─ '   /  i/
                  ,_ 、    , イ_
                 /::/ _ ー _ -' !:::、
                /:::\  7ヘ   /:::::ヽ
         _ =====,-:::::::::::::::::::V、 i ヘ /::::::::::::::::::ト==== _
         /::======::::::::::::::::::::::::イ -ヘ::::::::::::::::::::::/=====::::,
.         i:::ヾ:::::::i::::::ヽ::::::::::::::/::!::::::!:::ヽ:::::::::::::/:::::::::!::::::i:::::i
         !:::::::i:::::!::::::::::\::/::::::::!:::::::!:::::\::::/:::::::::::i:::::::!:::::!
         !:::::::::i::!::::::::::::::::::::::::::::::::!::O::!::::::::::::::::::::::::::::::!:i::/::::::!            ちょっとした過去話

899 名前: ◆RqG.ZzRob2[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:57:46 ID:Rf.IfRCA0
まあ、と、ゆうわけで、一応、やる夫とエーリカの過去話はこんな感じですかね
即興で考えて作ったのでクオリティはひどいですが、まあ、こんな感じで
二人は出会ったものと考えてくれたらありがたいです

900 名前:安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/05/11(土) 01:57:56 ID:yDka5uFw0

銀様ェ…

乙!
関連記事
9 :名無しさん@ニュース2ちゃん:2013/06/03(月) 21:26:46 ID:nIvqDZgM[ 編集 ]
ラスクwww
50 :日常の名無しさん:2013/07/24(水) 23:38:25 ID:-[ 編集 ]
ほんとだ、ラスクだww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第2話 「変人に囲まれてる時点でおまえも変人」 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ2「とある漫画家に起きたこと」 その1 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク2 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 裏話 ~ 戦後処理 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その12 (08/24)
  • ロケッ都団が征く!! 第十三話:就活戦線光明なし (08/24)
  • 国際的な小咄 4899 風力発電が一番未来に生きてる説 (08/24)
  • 国際的な小咄 4898 韓国外交について (08/24)
  • 国際的な小咄 4897 アマゾンの火災の恐ろしさ (08/24)
  • 国際的な小咄 4896 実際韓国がテロを起こすなら (08/24)
  • 国際的な小咄 4895 誰が殺したテハンミングク? (08/24)
  • 国際的な小咄 4894 共産主義はインテリ主義? (08/24)
  • カーきゃん□ 9回目 「それなら真夏の車中泊はどこでやればいいのって話」 (08/23)
  • 目次 やらない夫の洞窟物語 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第4話「クサムラ①」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第3話「タマゴ回廊」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第2話「ミミガーの村~恵一の家」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第1話「始まりの洞窟~ミミガーの村」 (08/23)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その63 (08/23)
  • 国際的な小咄 4893 日本語の語尾 (08/23)
  • 国際的な小咄 4892 権力と正義って言葉使いそう(コナミ) (08/23)
  • 国際的な小咄 4891 昔の日本 (08/23)
  • 国際的な小咄 4890 台湾人に聞いてみた (08/23)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 030 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その11 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その10 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その9 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その8 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのやる夫スレ (08/23)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!


    ブログパーツ アクセスランキング