スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/16
ジェイガンなアリス
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

やる夫は神獣の大地で戦うようです なぜなにクリスタニア 「クリスタニアについて」

目次 現行スレ

111 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:09:38 ID:1qzPW08w0

                                      r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
                                      |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
                                      l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
                                     /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
                                .   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!
      私、高良みゆきと                 /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|
                                  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
                                    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
                                       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
                                   __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
                                    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
                                .    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\






           _     /ヽ
.           |  `ヽ、  /  }
      、 ____ヽニ===- _ノ、
     _>― : : ,ィ: :ヽ: : : : : : : : \
    / / : : :/: // |: :ト: :\: : |: : : : \
   //フ: : : : // | |ト ヽ、―-、|: : : : |: :ヽ
  / /: :/: : ィ:7' |  |l\l \ヽ|: : : : |: : :丶
.   / / :イ: :'∧L._ |  ヽ ン=-、ソ: : : : |: : : : }
  / /: :/|: :/,ィ'テミ、    ゔ`ヽゝ: : : |: : : :ノ       そしてアシスタントの私、柊つかさの
  |/|: : : |: イlf ┘ }    弋  ノj': : :/j: : :./
  ' |: : : :V } 弋ノ 、    ` //: : //): レ
.   |: : : : :(.}     r―  //: : イ/': : :ヽ
.   |: : : : ハ:ヽ、 _  丶┘ /|: :/仆、: :|ヽ
.   |: /|ハ: : : ト ̄ フク  /レ `>、
.   |/   ヽ_: | ><「 ̄7/三―‐、




112 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:10:09 ID:1qzPW08w0



   __n_   .__n_n__00  __n_     n __  
   7,仁l己└i n_r┘ .  7,仁l己  | |└‐tノ  .
.   〈ハ⊆广  L_つ .   〈ハ⊆广  . U につ  
   / ̄ ̄ ̄./  /''7 ./''7  / ̄ ̄ ̄/   / ̄ ̄ ̄ /  / ̄ ̄ ̄/ / ̄ ̄ ̄ ̄/..
  ./ ./ ̄/ / .  /__/ / /..   ̄ .フ ./.   / ./二/ / .   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ノ /  
  'ー' _/ / . ___ノ / .  __/  (_.. /__,--,  /   ____     / /    
    /___ノ  /____,./  . /____ノゝ_/    /___ノ   . /____/..  ∠ /     ,、
                                                 | `ヽ、
                                            ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
                     .    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
                     .     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
                            \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
                             \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
                               \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
                                \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                                 r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                                 {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
        「クリスタニアについて」            y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                                  >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                                  \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                                   \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                                     { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
                               __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
                           ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
                         /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
                     .     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
                           / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',
                     .      l i |  |/  /  //::::::/::::::::::::l:::|       ヽ     |    }
                           ヽ、|  / /  /::/::::::::::/::::::::::::::l::::|        ヽ    |    /

113 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:11:01 ID:1qzPW08w0

                                     __    /^l
                                     ヽ   ヽ、 _|   j___
                                      \__>{_∠..,_:::::::`\
                                      /:::l/::::ハ:::::::_::::\l::::::ヽ
                                    //:::::.r:|:::/ハ:::ヽ`:::::::| ::::l:::',
         ねーねーみゆきさん               ̄/::::::::::/V l  \|\ :::| ::::|::::l
                                    ,'.::::::l:::::|      ○ヽ| ::::ト:::|
                                    |/{:::::\|、○     │:: |:'::|ヽ
         そもそもクリスタニアってなに?」        ヽ::::::::ハ   t'ヘ   |::::リ∨
                                       \::`:ゝ .__n_ イ-:|::/
                                        \lV\| Kr-} \
                                         `  / { ノⅥ  />、
                                           ト/ l\j// lハ
                                          く∨ ノ\j∠-、ヘ_〉
                                          レ{ /⌒¨ヽ  } ヒニ!






                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                  /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\    はい、本編の冒頭にもありましたように
                / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
              / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
             /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i グループSNEが出したテーブルトークRPGです
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
            // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨ 
               | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
         |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|   物語の舞台はフォーセリア
         |  クリスタニア |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│    ソードワールドのアレクラスト大陸や
       {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
       ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l     ロードス島と同じ世界なんです
        ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
        {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ

114 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:11:43 ID:1qzPW08w0

                 _
               / /
          ,  -― (  /
.         /: : : :-=千</ ̄>        ロードス島戦記なら知ってるよ
       /.:.:.:.: /.:.:.:.:.:/.:∧`ー<
.        ,'::::/::::/::/⌒イ::/ |:l_:::::::ヽ
      /::::,':::: Ⅳ|/ j:/  j∧`::: ハ       この前、復刊されたよね
      レl(|::::: |  ○     j::/:/::::|
.        l/|::::: |      ○ん|/:∧|
.         lヘ:: ト、  `‐'-'  ノ::::: /         お姉ちゃんがこなちゃんから借りて読んでたよ
.          _ム:|-f`_r―ァ≠!:::::/
        /=、\「`}ヽ// j/
       (   \{: リ ∧
       ノ  _,}V/ }
       〉彡={レ'=ミ、{





                                          r-、
                                     rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
                                     ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
                                    /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
   はいクリスタニアの物語は                / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
                                  / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
                            .      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
   そのロードス島戦記の物語から            l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
                                 |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
                                  l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
    約350年後の話なのです                 ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
                                     ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
                                 r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
    (*クリスタニアRPGに記載の年表)        ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
                                  Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
                                   l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
                                  / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
                                  ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
                                  !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

115 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:12:28 ID:1qzPW08w0

                                                  ̄ 二ニn==彳        
                                                ,ィl亡ニ  ィl'´         
                                           ,,,_nn  /i!^勺!ll,ノl'´          
本編冒頭の神話でも触れましたように            ’    _n/"´_ィ彡=/'´ -二儿          
                                      ,ノ'´ /´  nッ、   l'´   ゙ヘlュ        
                                     ィl小h. /´    '   ノ  ,,,,  ゙ヘ_       
クリスタニア大陸は争いから逃れようとした         ,/l'´ 勺!ス,,..ィ宀―‐--ィ彳       ∥      
                                   l厂 ̄"⌒|! |三!   _r'´ ^`ー      〃     
                                  //  !l  ノ一''^ー‐‐'''´    ヘ....__ィ―'゙゙      
中立神たちが作り上げた完全なる理想教でした     !   ゙二‐'´  4ャ、     _.-!彡=ーヘa__      
                                  ヘ.._ノ|´    ヘli/     ̄´      ∫      
                                    ヘ__,,┌ニ亡コー---ュ---―――‐ゥイ∟      
「周期」と呼ばれる世界の繰り返しによって           上‐'´   ̄ ̄ ̄´          !ヾュ_   
                                   ,,_ィl/                      ^ヘ   
                                   l厂         _,,              ∥  
クリスタニアはフォーセリアの中でも              !'                         ヤ  
                                   l/                         │  │
                                  ||                          !  
まさしく別の世界を形成していたのです           │                       _.ィl/   
                                  `ヘ_    ,,-ゥF           __,,__ィrl"’    
                                    ゙`ーー'' ̄^ヘ===-v-u--+宀"゙゙゙゙゙゙ ̄´       





       __    ,.、    ____
      |  ̄`ー‐| `ー'"´    ̄ `ヽ、
      jノ    |        λ   ヘ
    / ../  / |    i|ヽ、   {,ノヽ、. ハ       しかし」、約700年前に
    /  ..::::|   |,/| i  || | ∨    ∧ }
   j  /::::::{  ::;,|ノ'| :|  |j |\∨   : | ハ: |
   |  {V::::∨ :::| 、_|/∨:| 、_  `ヽ、:}ヽ、||      ある中立神の離反によって
   ヽ、| ∨:::::ヽ::| ┃ ヽ.| ┃  |::::∨::::: :|
       `ヽ/"}、_,,ノ, ヽ.__,,ノ| : :| |:::: :|
       ,rヘ:::〈ヽ、  rっ   ",ィ| :/ .|:::: :|      この完全なる世界は綻びが生じていきます
      〈 "ヽ::〉::>‐r -r;‐<:::j j リ::: λ
       {`ヽンチ ̄}:`‐-‐`  /'´,ハ::: :∧
       |    ノ辷 {、 ;'    / ,ィ'" }::: : :ハ
       |  〈"〈 / `ヽ、 :〈 /   ,'|::: :  |
       {   :}゛.`ヽ   `ヽ./   / |:: : : |

116 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:13:08 ID:1qzPW08w0

                 _
              ,/´    `ヽ、
          _,..-‐´ 〉●      ヽ
        r‐'´<   /        |
         ̄ ̄ ̄ ̄ ` ー- 、     l
                  ヽ    |
                   |     |
                   |     |
                   |     |                    _, -‐,-‐─、
                   |     |           _______/      ' ̄ ̄}
                   |     |     __, -‐ ´ ̄                 /
                   |    |  ,. "´        _ -────-- 、__ /
                  l      |/       ,  '"´               //
                  ,'      |       , "´                _,ノ ,/
                 /     |     , '´       ` 、        __ノ ト、ノ ::::
                 /     |    , '             ` 、   ,ノ´ ヽノ  :::::::::
                /        |              _,/´ ̄   / :::::::::
          ::  ::   /       |            _,/       / :::::::::
          ::  ::   {       !         _,ノ"´    ,. -‐'"´ ::::::::::
          ::  ::  ヽ、             __, -‐ ´ ̄ ::::::::::::::::::::::
           ::   ::   `ー─ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ::   ::          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中立神の1柱である女神、神獣である「純白の大白鳥」フーズィーが離反したのです

彼女は自らが守護する民が周期によって苛酷な運命を負わされることを悲しみ

自らが治める大地をクリスタニアの決壊から離反させました

これ以後、神獣たちの間では周期の是非を問う激論が交わされるようになりました

117 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:13:54 ID:1qzPW08w0

                r‐;==ー}`ー─-.、____
                j,ノ     | :        ̄゛`ヽ、
               /'      ,| :    i:. i、  、 、:. \
             /  , ' / /| i:  .:|i: |\  :i:. ハ::.  ハ     そしてフーズィーの離反から
           /,'  /  /、,/ | |:  ::|'|: |  ∨:|i:: ヘ::|: }
           / /  /  ,/: /\, }:|:  ::| | |、/| :||::.  \::|
           |/  ,/  ,〃|/__、 ノ'{:  ::| j/,__ |/|、::::....  `ヽ、    およそ350年近くたったある日
           | 〃 /::ハ ,ィチ弐、 ∨.:::{ ィチ心、 |:`ヽ、:::...  、>
           |/'{ /:l::::ハ` V::::;| 、 `ヽ| |ィ:::;リ `|:i :::|、\::  }
             ∨::i: ::::} ゛-‐ ,}ー{   ‐-" ',.j | :::|,ノ:::;〉,,ノ   ある漂流船がこのクリスタニアにたどり着きました
              | :::| :::::l`‐--‐" ' ` ‐--‐ "/,:' ::|:::::'"´{
             ノ ::ノ :::i:::ヽ、   r-っ    ,// .. :;ノ::::: : :人
            / .;/ :.::} ::i:::::>::‐ァ;- r‐'"/'" .;/::: :.:ヽ:: : \     /|
     _,.-─-‐'"´/ : ::/ :;r--‐'/´{..  ./ ,.':.:/´ ̄`ヽ、::ヽ、:: : \__,ノ:::|
  /´ ̄ _,_.__,/ /: :::/::/ ,  /  |` /´ ,':.:/i .: ,..   ヽ/´`l/´ l::::::::':`ヽ、
 {  r'´ ̄/::,'  /  /: :::,'::/ .:j /  l‐-:{  / :/: | .::i/  __./ ,,ノ ,,//,):::::: : :\_
 `ヽ{   {:::i./   ,' : :/: :j .:;ノ'/  ,,/`,'"ヽ、|ヽ{: | ::/ r'´::/  / ../ ,.ィ´___::::::::: : :
      j/   /::/ : ::| .:/  \ { ::   /   / ::{_j_,ノ' ,.'" " ´  ,r-‐-':::::::: : :
    /   ,/ , ' : :::::| ::l.::.... / | ..::....::{"   \ ::ヽ、__,,ノ-─ァ‐-:'"::::::::::::::: : : : :






                       ´::::::::::::::::::::::::::::、:::::::`ヽ、
                    /:::::::::::::::::::::`ヾ    ヽVi}:::::ハ 
                   /:::::::::::::::::::_-=ミ、  `Vヽ } }イjハ     彼らは「北の解放された島」からやってきました
.                    /::::::::::::::::7´.   ヾV}} } }ノ/  V∧
                  /::::::::::::::::イ       川jノく.   i:::ハ
                 /::::::::::::::::::::{        `ヽ ヽ.  !:::::ハ   戦いに敗れ新天地を目指した末の漂着です
                /:::::::::::::::::::::::| _     }i  ノ _⊥斗:::::::i
     __  --―――、  /::::::::::::::::::::::::::■■■■■■■■■■::::|   
 _ -‐=ニ二三三三三│,′::::::::::::::::::::::::i        {   /:::::::::::::|    彼らを率いていた王は閉ざされた大地を見て
i升三三三三三三三三 |,′ ::::::::::::::::::::: ∧          / :::::::::::: |.  /  
三三三三三三三三三 i|:::::::::::::::::::::::::::::::i仆、      ー   /::::::::::::::::::| /三   
三三三三三三三三三 i|ー-========、i州 \   -==‐ ./ト、 ::::::::::::: |=‐-  呪いの声をあげたと言われています
ハ=三三三三三三三三│   (⌒ヽY⌒i| r|   \ ´ ` / .|::} ::::::::::::: |:::::/ ̄  
i }ー=ニ三三三三三三三ト、、.    }ノ   | >ュ、__今ー‐会=イ{ ::::::::::::::|::: | 、_   
.ノ=二三三三三三三三 |. ))  イ   l { {  \`Yi´rタ ノ}} :::::::::::::|::: |     
=三三三三三三三三三| {{  ┌┴─‐┴- __≧ュ__从__≦_三二ニ=‐┴─   
i三三三三三三三三三∧八__│〃⌒ヽ      ) o――――o }    ((

118 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:14:39 ID:1qzPW08w0

                                                   i}~::‘: .,
                                                   ‘.:::: ,,_..::‘: .,
  そして、その血を吐くような叫びをを聞いたのが中立神の1柱              ‘. ::‘. ヽ::::‘: .,        ..ィf
                                                     ヽ:::‘. } , :.,,__‘: .,,ノ{,,. ィf
                                                      }::::,,>''"     '"     . :
  「密林の猛虎」バルバスでした                                .  ´  ,,...         . . : : :
                                                   "    .."     __..,, ,,._  : : : :
                                                  ’     ¨ イf.ィ狐〕ノ  ~¨{''  `~ ''* ,,
  そして漂流者たちの王に一つの条件を提示したうえで               ..ィ''   “   ~¨¨´..ィ´
                                      .           ,, "__   .: ''"~ '::   ;;..ノ ノ“' .,
                                               从k{f$iッ "    “':.,    ヾ“' .,
  自らの支配地を解放する事を約束しました                   { ヾジ´    ___   ‘':.,    “' .,
                                               `f''fト,.. __,.ィf{レ'⌒ハ           “' .,
                                               ‘f % `~¨^~‘f{  {    i} “?:.、%:._
  その条件とは王の肉体をバルバスの依り代にする事だったのです        ‘f j!;.、  ,,‘fi  ‘   ,j!l   ¨'' `¨   __
                                                ‘f  ハ.   ‘f  ‘ ..イノハ   }    ,.、ミ
                                                ‘f  j从ト ‘f  ‘从:} i}  ;;    ヾヽ
  神々の姿に近い人間の体を手に入れ                         ‘f {   ''} ‘f ‘.     :; ,ノ‰.._\
                                                  ‘f{   ノレ!‘f ‘.     ,i}  %
                                                  ‘k.   ハト‘fk..__   ‘ ,  》''
  神の力を取り戻す事をバルバスは望んでいました                      .′ i! ヽ{ト..      ヾ
                                                     /:i}    从iリ ,
                                                     /        レK
                                                     ′        },,ィfi
                                                    ,;          "  从ト.、

119 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:15:22 ID:1qzPW08w0

                      '  ,、     _   --
                          { ; /::::ヽ '" ,.  -―‐
                       ヽノ:::::::;! /          漂流者たちの王はこの提案をのみましたが
                       '   | l
                          l ;‐ .l l  __-=ニニ
                  , ´ ̄ `  ,. -―┴ '",.、 ヽニニ    バルバスは王の肉体の支配を手に入れられずに
                 /       /,.-‐    ̄入.ノ ,'二ニ
                    {ハ、 _     .'ヽ ,ヘ   , ' .イニ>'"
                  j:::::::'r―‐:{.ノノ .ノ  /,イニ/  :.    王と共に長い眠りに落ちました
                  ,:   { i  {´ /, ' ,.イニ/    ::.
                 i.ヽ _ !,.!ィニl_,./ /ニニ/    .:::
               _! -‐ '"o.}ニ{_, イニニニ' __     .::::    そしてその民たちは先住民たちと協力し
          -‐ ー i -‐ - 、  /ニニlニニニ!.li/ /,〉 ::::::
         /   、   {j / ::::.ヽ.'ニニニlニニニl.l7 ./7 :::::::
.        { ハ 、ヾ /   :::::::::i二二ニlニニ!.!l .// ,.イ'〉:    王国を建国しました
         j::; -‐./    ::::::::lニニニニ!ニニl リ ''゙ ,イ/:::
        ヽ{  i.ri     ::::::l二二ニニニl    ".:::::::::
       ,. -― iニl.lリ />   :::::lニニニニ,./´Y⌒i  .::::::::     その国の名前は彼らの故郷の英雄にあやかり
.       {  / .:l リ/イ,.ィ! :::::!ニニニ二{ {_ ノ  :j _ -―
      -l ,.'   ::l   '"  ::::!ニニニニヽ!. ヽ ̄`,--、_ ,,,,
    / ::;ィil7ィ r l.,ヘ   _,.-=lニニニiニニヽ_'"ヽノ_  .}7     ベルディアと名付けられました
    ',; , 'ニ!!/ ヽ.{ ー='"   lニニニlニニニニ>、'二´o__
.   ll'7/.lニ_l    iニ` ー‐ '" lニニニニlニニニ',二二ニニニ
  <{`-‐!_ヽ`=ニlニニニニニ,ニニニニ!二ニニニ,ニニニニニ
   `ー.l二二二l二二iニニi二二二二lニi二ニニ,二二ニニ
     l二二二!ニニニlニ二lニニニニニlニl二二二ニニニニ






                 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                  ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
     ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;                  そしてベルディアによる
                    ,.~^,.~^,.~^..~^      ザッ
                   ⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
                , '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ           クリスタニア侵略戦争が開始されます
ザッ           ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ__‐ '´ ̄ ̄`ヽ _‐ '´ ̄ ̄`ヽ    ザッ

120 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:15:54 ID:1qzPW08w0


';'
';';,..
 ';;';';;,.,
  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ                 もちろんクリスタニアの民たちも
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;                               ベルディアの侵略に立ち向かいました
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-                 神獣の加護を得た彼らは、獣の力を利用し
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩    ベルディアと一進一退の攻防を繰り広げます
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ    彼らが組織した戦士団は
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/   「獣の牙」と呼ばれました

121 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:16:38 ID:1qzPW08w0


                 fゝ
                 ||
              __||__    fゝ           そしてそれから約100年の月日が経ち
              λ     ヽ.    ||
 ────────‐r }      ハ.‐, ' || ' ,──────────
          ヽ.   l! .,!         ヤ'''''''''''''''ヾ        フーズィーは1隻の船が近づいてくる事に気付きました
           l \ l!/   _,,...  、 |.!     .ハ
         、  !  _/,,ィ'夭=孑-''ズリ        !
         l\l  ヽ           /    ,,... .,, ,!        再び「北の解放された島」から
          l ,iィマl!        _/,.ィ壬=-‐' 寸
:...         ハ !    `!       ''ハ"~       ゙!
: :゙:゙:':.:.:..,.    卞l.    リ  ,. -rヒ"~-゙'''!       ,!       漂流民がやってきたのです
: : : : : :.:.:;:;:;:,:,,, λヒ,,、 ="‐'''"~       l   _,,.. -,,='
;:.:.:.: : : : : :.:.: :.:.ャキ、 ゙f''ヽ         _ノ,,.孑‐''"~ λ
'':;;:.::::.:.:.:.:.: : : :.:ヾ.ヽヽヾ7ハ       ゙ム       i
  "''':;;;;;;,:,:, : : : :\゙ヽ〈,'λ _,. ォ''千州、       ノ
     ""''''''::;:.;'.''\ ゙ヾ.'"<,_ ィ゙ォ州;=゙! ,,.,,ッャ゙
          ""''':゙\ 、゙'' ,_`ケ卅三"三彡ヘ、,,,,,......  _--‐'゙,,ェェェェュ
             ~"`''<,''<二_'---〉ゝ≡≡三云孑'"¨~/
                  `''<_ `"""_,二仄 ̄  }゙  ,/
                      ̄ ~~ -'゙     /_,..ィ´
                               ̄





                                      戦乱によって祖国を失った人々の乗る船でした

.::.::.:.:.:.:.: .:.:. .:. .. .      ,.ィ┬ 、         . . . .: .:.:. .:.:.:.::.::.::.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::
             _,r{ ll~「r'⊆ヽ、 
.:. .:. .. .    ,. -<フ´ {‘  {`弋ニ {         , -―- 、     ,.:::::..、
      ,      `、Λ}、_ ノ:::::::フ ノ       /: : : : : : : :\  「)::::::::} 、
     /       } 、}  {:::イi {      /: : : : : : : : : : : : :、 } {ゞ/⌒:.、
    ,'  ヘ     `''V.,'   i´_T  l      {: : : : : : : : : : : : : : \::__/:::::::l
    ,'    ヽ    ソ    ; /l  V     ',: \: : : : : : : : : : : : :.\ ::::::::::::}
    }  `   ’、   /   ,/::|   ',      Vヘ.)>、: : : : : : : : : : : : \::::ノ
    i   ゞ、 ∧ '´    / へy   ',     .ノ⌒^/  ヽ:ヽ: : : : : : : : : : :ヽ.:.:. .:.:.
    }   /  ̄`;   ノ´⌒`、   ハ、_  /´: :_: :{    ',: ',: : : :\: : : :.ヽ:ヽ:.:.:.: .:.:
    }  / : : : : : :` - '´V: : : : : : :-'´ : : : :ヽj: : : : :_j    }: :',',: : : : ヽ: : : :}: |.:. .:.:.:.:.:.::.::.::.
    // : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_:_:_: ノ/: : : : :{: : :ト( 」    ハ_」レ-―'⌒ ーr'
   {/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : /乂ゝ- /    /____ , -┐  {⌒!
                         /`厂 ̄`   /:::::::::::::oo}} ⌒) └イ
                         L{___/__,,.. -‐'  ̄      |
                     /⌒\  /::::::/::::::o/ ヽ             〉
                  /⌒ !  .l \:::::::::::o/{ {            }
                  / ⌒ | ⌒ |  } ヽ::/   ヽ ヽ             /
                  |   :|   | ノ /{      \\       /

122 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:17:20 ID:1qzPW08w0


                    /;´   /´     フーズィーは彼らを憐れに思い
                 ,-'"/"" ̄"''ツ’
              ┌iゝ ダナーン地方
              !ゝrlィー--‐ ,/         かつて自らが支配していた土地へ導いてあげました
      _,,,..c     ./--/゙_'  ノ>-..
   ,..../''´ /´    ,-‐'^ニィl  .ニ上辷'
  /  丿 _..-....-'⌒゙゙''"宀亠--彡-イ..--、      彼らは「新しき民」と呼ばれ
''' ̄ ../冖''    _,,_....,,__   _彡 、^7   ゙゙`┐

                              自分たちの王国、ダナーン王国を建国しました





                                           _/ ̄ )={⌒ヽ- 、
                                          ,イ__, ィ´:, i:ヽ、  ヽ \
                                         /:7: :__/:/ハ: :ト_`ヽl: : :\
   あれ?フーズィーさんの民の人たちはどうなったの? .    // /: :'/|:/ | ', |ヽ `ヽ|: : : : :i
                                       //: :f: :/ レ' | ヽ| ヽ: : |: : :|: :!
                                       /ィ: : |:ィ' n  |  ヽn\|: : :| !
   フーズィーさんは自分の民を救いたくて          .  l/|: : |/ } ∪     ∪ |: : リ/|
                                      / .| :|: : :|       ,, /: : /ノ/
                                        ',∧: :ヽ、   ,、   /: : /:ィ/
   離反したんだったよね?                      | ヽ: :ト /`ヽァ´―<}: ,イ{/"
                                    .      ヽl  /l |/ /`く
                                             〈  レ'ヽ/  .入
                                    .        /r┐|o|r―/ }
                                    .        |.l 」 { |L_.」  |






         ; l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__ .
          j,ノ      |   .     `ヽ、
        /        ,|   :|    ヘ:: ヘ .
     . /   ノ  / ,/ |  |:|'| |::u  λ:: ハ ;      実は、滅んでしまったんです
     ;/ ,./  /   / ./u ,|  |:| | :|、:::   \ }
     / ,ィ'/  /  ,|: _|__,ノ|  |:| | :|ヽ、__:   \
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ uヽ、 |j ヽ|__ ∨  i::  ハ .    せっかく苛酷な運命から救い出そうとしたんですが
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、: | ;
       |  ::l  |:ハ`、{::::::l ..:}:‐{:.. l:::::::j,,' ハ. lリ| |/
      ;∨ |ヽ、|::::j、::. ̄ ::,ノ ' ヽ::: ̄゛..::{:::j,/: |       流行り病の流行によって・・・
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄  r-┐ ̄u´ィ:i::|:  |
         | /| :::::i:::`>‐r`-.'r‐<:|:::j:: |   |
         |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  | .
        ./ :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  | ;
        ;/ :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |

123 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:17:59 ID:1qzPW08w0

                                           _/\―-z-――- 、
                                        , . : ̄く   `t^f′     \
                                      /: : : : :/:\  Ⅴr‐――-< ̄
                                 .    , ': : : : : : : : /: :\ .} |、.: : : : : : : :ヽ-、
                                    / : : /: : : :|: /: : :,イ:λl 、: : |: : : : : 、:\\
     そうなんだ・・・・何か可哀想              /:/: : |: : : : レ': :/j /  | ヽ: ト: : : : : 丶: \
                                    レ´: : :|: : : : | _∠イ/   | `」_V: : : : : :\ }
                                   /l: : :.∥: : :Tフ  /   j  ヽ `ヽ: :| |: :l \
                                   / .{: : : ||: : : : |__    _    〉: | ト: |
                                    | /: ,」 |: : :.三三ニ    ,三三/、V: |ヽ|
                                    V: :ヽ :|: : : |   |    |   |ノ:/: :|
                                     |ヽ: :`ト、: :.{   |   '  |  ノ: :ハ:.|
                                 .     ヽ ハ>f= 、 j⊆ニつ_-=<: / `|
                                        fミミヽ;:;:;:ヽ二{i:;:;:;:;:|.リlj/





          ____
        ,ィ´     ̄ ̄゛‐-ィ'´`l,ヘ、
        /  .λ / ,/        i |:.λ
      /   (_,j/ / ノ   /   ,ノ |:: ∧            そうですね
     j      / //   ,/   ,イ::: |::: ハ
     |     j / ::    j ,.-‐'"|::: l::::. λ
     | :j     |〈  ,ィ'   / __  }::: j:::: ,ハ:〉          ですが彼ら新しき民の指導者たちが
      | |    |:(∨{ ,..イ__,ィチミ、ノ:;ノ:;/j/ リ
.     | |  ,ノ |:::ハ::ヽ.{:.:| "( ´{;:ノ´
    jノ /i  {/  {:::.`ヽ:!  `ー'〉                代々、フーズィーの民である「白鳥の民」として
   //ノi | ::: }`‐-ヽ、 ヽ(_,ゝ_,イ_ _  
  / / / :リ::::ノ    `‐-、`〈,〈〈〈j,{ュ
. / / 〈  :: `ヽ、,イ⌒ヽ、 }  }   ,}               フーズィーに守護されるようになりました
〈 〈  ヽ ::::   }    ヽj  j" ̄ ̄゛} 
 \ ヽ、  :::  |      〈,ノ 三三三{

124 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:18:55 ID:1qzPW08w0

                                        __    /^l
                                        ヽ   ヽ、 _|   j___
                                         \__>{_∠..,_:::::::`\
     そういえば「新しき民」とかあるけど               /:::l/::::ハ:::::::_::::\l::::::ヽ
                                        //:::::.r:|:::/ハ:::ヽ`:::::::| ::::l:::',
                                        ̄/::::::::::/V l  \|\ :::| ::::|::::l
     他にもそういう呼び名とかあるの?             ,'.::::::l:::::|      ○ヽ| ::::ト:::|
                                       |/{:::::\|、○     │:: |:'::|ヽ
                                         ヽ::::::::ハ   t'ヘ   |::::リ∨
                                          \::`:ゝ .__n_ イ-:|::/
                                           \lV\| Kr-} \
                                            `  / { ノⅥ  />、
                                              ト/ l\j// lハ
                                             く∨ ノ\j∠-、ヘ_〉
                                             レ{ /⌒¨ヽ  } ヒニ!





            /´`ヽ/´\-‐─-、_
           ,ノ"   {         `ヽ、        はい
        /    , |   |、    \:  ハ
          / ,ノ    i /∨.  | ∨   ヘ.  } 
       / ,/    ::;| |'´∨ { ⌒ヽ    ヘ.j      ベルディアを建国した人たちは「暗黒の民」と呼ばれています
      j//   / ::;/|/ __ ヽ、|  __\:::: }::: ,〉
       |  /| .:;ハ ィチミ H ィチミ V:::メj,/| 
       ヽ、| { ::{::ハ、_,ノ ヽ__,ノ|∨iノ:i|       暗黒神ファラリスを主な宗教としており
           ヽ、|:::j、   -‐    ,|::. | |
            { ::|::`二=r r=ニ":::j:_ | λ 
          /:ヽ{/ヽ |/ヽ,/  ̄( |__j::: ヘ      妖魔たちを従えているのでそう呼ばれているのでしょう
         /::/|::::/ /   |/    r'、〈〈 }::.: ヘ
           ヽ:| |::j ゝ:::. ', ::::...   {ゝ-‐',},〉::i: 〉    





              ,、
          ,. -‐''''''" l-‐'"`、
        /    ,!  |   ゙、
      / ,   / .ハ   ト、 ヽ `、
       l ./  _,ノ/ l|  lー-l ゙! ゙i`:、         そしてこの本編の主舞台になっているフォレースル地方
        |/  ./厶、 | ,!ィ=リ! l i lヾ:、
        l!,ィ. /;イし| /ノ, |しト:!:/||
       リ ゙、:| |{ヾ┘,!‐{'└'' イl jソ          ここに住まう人々は「古の民」と呼ばれています
        | ト! :!、ー'゛ー `ーク|/ノ
       | l  i. j.‐}¬ニ「|l 「 |
        ,! j !、 ヾ:、_|`|! i.|           新しき民や暗黒の民と違い
        / !,ぐ:、`、゙、.l j! |、l
     /  l/`\ヽ !、l l ノl / ! l
     /  ||   ヽ`リミ:|!彡ノ゙!|.l.           彼らはクリスタニアの先住民ですが、神獣を奉じる事は無く
     ,'    リ    「 ̄K ゙̄〉l ゙i. ゙、
    .i j  ト:E三ヽイ|Υ/ミv'  ゙!
    i {:、  !/-゙:、゙:、 |  /`7イ l }         肉体を失う前の神々(古の神)を奉じています
    !. l.゙:、 lL.,__゙:、゙、_|. / !」l /ノ
    ゙、 ゙、`、|/./ ∧ V7 /lヾ /′

125 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:19:36 ID:1qzPW08w0

        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ       そして、神獣を奉じる「神獣の民」
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|       彼らはクリスタニア各地に存在し、各々別々の神獣を奉じています
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |       どのような神獣がいるのかは」また次の機会にお話ししますね
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\

126 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:20:27 ID:1qzPW08w0




        |圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭l
        l圭圭圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭圭l
        |圭圭圭圭圭圭ミ: : : : :ヽ ゞ='' /: : : : : /圭圭圭圭圭圭圭圭ミ: : : : :ヽ ゞ='' /: : : : : /圭圭圭圭圭圭リ
         l圭圭圭圭圭圭圭≧xュ: : :`: :´: : : :x≦圭圭圭圭圭圭圭圭圭≧xュ: : :`: :´: : : :x≦圭圭圭圭圭圭汐
          l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭沙'
          l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭沙


          そしておよそ200年の歳月が流れたある日、ベルディアの王城の奥で眠り続けていた

          漂流王の目が開かれました

          しかしその目覚めは暗黒の民の願いとは正反対のものでした

          王の意識はすでになく、あったのはバルバスの意識だったのです

          王は戦いに敗れたのでした

127 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:20:57 ID:1qzPW08w0

‘,゙v='´     ...、J-彡-ー'.....;;;;;;;;;;;;  ;:、;; :!;;;;/;..,ノ';.   ;;;;、;;.............'''-
'"゛ . _..-...゙´. ‐'~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        !"  .゛  . /    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`...-、     バルバスは神王を名乗り
.,./ ´;;;;;;:;:ー...;;;;;;;;                             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;’
;;;;,,. シ";;;;;;;;;;;;;.,..- 、              、   、    ... "'\.   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
ヾ,i".;;;;;;;;;;;;; ;;>''''''ーニニ`-“'  / ,. , i .` ヽ  ゝ ...l    . ゝ ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:    神の力を振るい
..---―;;;;./ ,.;;;;;;;;;;;;;;;;;.....;:   ./ .,《 .l .,! .j  : '、  .l .′  ;;;;;;;'、 ゙ゝ-'゙'-、iィ==ニ∴
,,,_._./ ´- 、.,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  .." .,i/ .i゙ .′";;;;.ゝ .l;;;;;;ヽ l ;:.;;;;;;;;;;;.\,,, / .;;;;;;;;;;;;;;;
   .''-、.;;;゙'-ミヽ........ -‐'フ’  l/ !;:;|  |:;;;;;; :、 l.;;;;;.ヽ ヽ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ン'゙     自らに従う民たちを勝利させます
     `''ー、.,,゙゙''―-'''";;;./ . ,i}゙ .|;:;!  |;;;;;;;;; .l ヽ;;;;..\ `ー. 、;;;;;;_,、.. -ー'"
          ´゙'''-- ./  / ...l .|;;|  l;;;;;;;;;;;. ゙,  l:;:,_iii、\,  ゝ 、
.. ''=ッr ...      ./ /,,_,ニト レ゙  l;;;;;;;;;;;;;; .l ..l.;:;. ..._.`''、. `''-、''''';;";'";″    こうした神王の侵略によって
 ...;;;´゙'″;;;;;~''ー.. ./ /.____,゙;;'l゙ "  /.i_---ー.゙  l`゙.='゙´.‐ー_\   .l:;:;;._,;.‐
.´  .- ..,,..,;:;;.,.. --゙  ./ ;;;;;;;;;;;;;;.!   ./ ニ........ --.|  . ! '?¬;';"´.;;;;; !  .l゙‐''
.`~_`゙゙゙゙゙゙゙ /     ,i";.,,,,,,,,,, /   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |   |,;;;___,,,.. ―' !   .l        クリスタニアは神王バルバスに
_.   ´゛/      l..~"..丶.../    .ヽ....;;;;;_,,,,.. !   .|  _,,,,,......! .、 .\丶
;;;;;;´;"゙ /    .,i  /.i=rx 、,,,/     ゙'/"'''''".... 、   .l .´゙;;;;;;;;;;;;;;;;. !  ゙li、 .\.
;;;;;;;;;;. /  ...l / |  l.;;;;;;;;;;;/        ヽ;;;;;;;;;;;; |   l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..l  . l\      成す術もありませんでした
;;;;;;;;./  .,/. l.;; | .l゙;;;;;;;;;;;;;|,   .|     .ヽ;;;;;;;;; .l,   .l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !  .l ;..ヽ
 / . ,,/;; l゙./;;:.l゙ !;:;;;;;;;;;;;; !   ./   .i,   ヽ ;;;;; ヽ   ゙'v ;;;;;;;;;;;;;;;;.l   .! ;;;;;゙′







              ∧. ∨ 丶 ト.、 : : : 丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::., ': |  |   しかし一人のダークエルフによって
                 ’, ∨ | \ \: : : : :.、___,: : : : : : : : : ::./: : :|  |
                  l\ ヽ.  | \ \: : : : `こ二´: : : : : : : : :/: : : : :ハ   .|
                   |  \丶 l   { \: : : : : : : : : : : : : : /: : : :.> ィ   从   バルバスは再び眠りにつきました
                .|   | `\  |  ハ丶: : : : : : : : : : イ :>  , ´ .| Y  ∨
      ._          |   l  ∧   |  .∧ .ヽ: : :_ : :<>   ィ/     l  |.   ∨
     / >=─-    _  .|  .: ∧  |   } 圦ハ: : ://// /     |  !.   ∨ 王の勝利を願い、いつまでも
    / ./´         ニ=- ∨ ∧   | >=从  Y:./ /  ノ/      | 从._ ∨
   ./ /              ′ハ≧ ≦/ ヽ ノ! ヽ ∨/ 二ニ彡       | |ニヽ:.:.:.:≧=
  / /            /l ハ.:.:.:.:.:./  / /{  } l /              | { / :.:.:.:.:.:.:. 彼女は待ち続けるでしょう
. ∨ ∧             /.:.:.| {─=ミ:{  ,′   从 l {               | l /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. { l               /´ ̄ .l 从  Y  !   ノ 乂八               | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 王の目覚めを

128 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:21:34 ID:1qzPW08w0

        / /   |l /::/       \ \
.      ,イ   |    | |/:::::/   ,イ  ∧  l ヽ \
     /   |    | |:::::/ ィ'"¨/ | /  V 、!  ヘ  ヽ    
     ,′  |   l | / ,/ / .| /   ∨|ヽ ハ  ヘ
     i    |   〈j::/ ,/ /   l/     Vヘ  |  ,∧
     | | !    ∨ /,>=ミ. /    ,r=く }|  l| ト、',    じゃあバルバスさんがいなくなったから
     | | l      V,勹::::ハ '      jr'ハ∨  ||| ヽ
     l|八  ', :|   《{::ト :::ノ|      |{::リ }  /! ト、:|
     | |∧ ヽ/∨ハ   V弋rリ     Vノ ∧/|| ',l!
     Ⅵ V { V::ヘ    ', ¨´      '  '' |  :|/ リ     もう戦争しなくてもいいんだよね
      ヽ  V 廴.∨:::ヽ、 ヽ    ( フ   ,.ィ|  :|
          ∨ ト、.∨ト、\  ヽ 、 _ ..< |/八 ,'
          ∨| \{ ̄ ̄\ \/j/}/ |  }/
            ヽ|   |\:: :: :: >- \     /





                                       __    ,、
                                     /´  ̄`ー-| `ー-‐'"´ ̄ ̄゛`ー-、
                                     | /    |            . `ヽ、
                                     j,ノ     |      |、   .、     \:i:.ヘ
       いえ、そういう訳にもいかなかったようです    /   /  /'|  :: |: | ∨  :|、  、:: ヘ:. ハ
                                   /     /  / |   ::.|. |  ∨ |V   ヘ、:: } }
                                   /     :j  /_,ノV  :::|/ `ー|-、| ∨  ハ:∨: |
       バルバスの意思とは関係なく          j  :|   .::|  {  __,∨ :::|  ,__ヽ、| |:V  }:::::  |
                                  | :;/|  :.::iヽ、|、 ィチミヽ、{´ チ弐ミ、 |:::ヽ,ハ:::   |
                                  ∨ |  : .:| j::ハ´   ,ノ, 、      ノ|:::: |,,ノ::::  |
       暗黒の民は自分たちの生存権をかけて     ∨ : :| |::::ハ‐-‐'  __`‐-_‐" ノ::: :l::: :!:   |
                                     `ヽ:| |: ::::j、    V ,ノr、〉,}}〉':: ,/:::::::::   |
                                         |: : :::::|::>‐::-_,ノノ' ,イ:: /::::::|::|::  |
       戦うしかないようでした                    | : : :::|::::::::::{二二二},ィ´ミヽ::|::|:   λ
                                         | : : :|ヽ、::_}二二ニ/,ィ⌒ヽ、:|:|   ハ
                                         |  : ::|  〈"´   〈´     ||j  i  ∧
                                         ∨  :|  ノ    /'",__    |:{  λ   ∧
                                         {  i|/´  '´ ̄" ̄     | ∨ ハ    \

129 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:22:14 ID:1qzPW08w0


                                           /|i   /|l,
   いつまでも終わらない戦いに神獣王フェネスは           /:::| i  i |:::l
                                         /::::::| i  i. |::::l,
                                         |:::::_」 ヾ/ |:::::|
   心を痛め、ある決断をします                   //゙~      ~゙ヾ、
                                      / /      i    l、
                                     / / i 、 \  | /  ミ\
   それは神獣による管理社会の象徴であった      〃 / ヽ ヽ=エハ. |/エシ´ /ミ  |
                                   彡  ii   ゝJ  イ-ト  / i|i.  |
                                  彡  / .i|  〃i  ヾ.! !〃|  .|i i  ハ
   繰り返す世界「周期」を放棄することでした     〃  彡 i|  ヘ l、   i i  |  |i |  ! \,へ
                                 (    イ  i|!  i  !、.ヾヨ / |i  |  ヽ/    \
                                 i| / ̄ ̄ ̄~`゙゙ヽ ` ̄´ 〃  .|,_ i|     \
                             ̄`~゙ー-ゝー-u..,,,,,      \iii//:::::::/ 、 |       ヽ
                                       `ヽ、    \;;;;;;;;;|    i ,):::::::::::::    ヘ
                                         \  \\\ |    ヽ─--u..,,,,,   )\_
                                           \,_人,从,,! ) | | ヾゝ      ̄`~゙ー- \\--、
                                                   ̄ ̄ ̄              ̄`~゙





   (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
 (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...
(             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ         こうしてクリスタニアを取り巻いていた結界は消滅
          `ヽ         /  |´            , へ
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
 (    '               /       ./       ヽノ          大地は海の高さまで沈降しました
  ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ......  .. .
(⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |
        .:.:.... .... /         /  .... .:.:.:. . ..  | ... :. .:.:.:.: .: ....   繰り返す完全な世界は終結したのです
   .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
.. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i
         /       (⌒ 、   .. .... ..  .:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...   この年をクリスタニア紀元1年と呼びます
  . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ

130 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:22:44 ID:1qzPW08w0

                              .      /:.:.:/‐'":.:.:.:.:.:.:.: `゛ヽミ、:.l:.:.:.:.:.:.:\
                              .     /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:∧:.:.:|:.:.:.:.:.:.l:\|:.:.:.:.:.:.:.:.: \
                                /:.:./:.:/:.:. イ:.:. 小 :.:.ト、:.:.:.:.:!:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                              . , ':.:. //:.:.:/:. イ f:./ | ',:.:.代ヽ、:.l ::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         クリスタニア紀元?          / ///:.:.:.:l:.:../ レ   | V | \:ヽ ∨:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. |
                              , ' 〃,イ:.:. | :/チミ、  l  ヽl=z \:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:. !
                                l |ハ:.:. l/ィくト`     勹`ミ 、ヽ|:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:l
                                |:.:.:.:.l:.:.Ⅳ',:::::|     l:::::::::}ヾV:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:,'
                                |:.:.:. ∧ハ弋ソ     |::::-リ 'イ:.:.:.:.//:.:.:.: //
                                l:.:.:. ハ:.:.:}   ,     `‐-'   /:.:.: // }:.:. //
                              .   !:.: /  l 〈     、_,      /:.:.:.://.イ:.:イ/
                                 ! /  l:.:.|> 、        ノ:.:.://:/:.:ル'
                                 V   ヽ|   l>-―‐r"/:.:.:イ く_//
                                         ヽ!〉¨'フ〉/'´  / ヽ




              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',       はい、この周期がなくなった時を
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V       基準年として起算していきます
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i       私たちの世界の紀元前、紀元後と同じものです
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ      ちなみに本編の時代はクリスタニア暦10年
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ    周期が失われて10年後の世界です
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

131 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:24:01 ID:1qzPW08w0

       __    ,.、    ____
      |  ̄`ー‐| `ー'"´    ̄ `ヽ、
       jノ    |        λ   ヘ
      / ../  / |    i|ヽ、   {,ノヽ、. ハ
    /  ..::::|   |,/| i  || | ∨    ∧ }               さて、周期が失われてから10年
   j  /::::::{  ::;,|ノ'| :|  |j |\∨   : | ハ: |
   |  {V::::∨ :::| 、_|/∨:| 、_  `ヽ、:}ヽ、||
   ヽ、| ∨:::::ヽ::| ┃ ヽ.| ┃  |::::∨::::: :|               特に問題が無かったわけではありません
       `ヽ/"}、_,,ノ, ヽ.__,,ノ| : :| |:::: :|
       ,rヘ:::〈ヽ、  rっ   ",ィ| :/ .|:::: :|
       〈 "ヽ::〉::>‐r -r;‐<:::j j リ::: λ              むしろ事件ばかりだったと言えます
       {`ヽンチ ̄}:`‐-‐`  /'´,ハ::: :∧
       |    ノ辷 {、 ;'    / ,ィ'" }::: : :ハ
       |  〈"〈 / `ヽ、 :〈 /   ,'|::: :  |             その中で最初に重要な事件が「皇帝戦争」です
       {   :}゛.`ヽ   `ヽ./   / |:: : : |





                                  _,,,,............;
                                 /;´   /´
                              ,-'"/"" ̄"''ツ’
                           ┌iゝ ダナーン地方
                           !ゝrlィー--‐ ,/
                   _,,,..c     ./--/゙_'  ノ>-.              フォレースルの南部に
                ,..../''´ /´    ,-‐'^ニィl  .ニ上辷'
               /  丿 _..-....-'⌒゙゙''"宀亠--彡-イ..--、
           ゙‐ツ''' ̄ ../冖''    _,,_....,,__   _彡 、^7   ゙゙`┐         細く、くびれた地峡が存在します
       ベルディア地方   イスカリア地方┌''´ ,,゙ー丿      `'t
         _ノ亡  丨     _,,,, _ ,,,,    -'"゛,ノ''-   ,....,,   ^l,,
        .ノーニ:-    ヽ    ^''^'''' ''''      /   " -''''ー‐"゙ヽ ヽ
       ノ..,,ぃ 々   └_.-.-..--..- 、-,,_-彡个   ワイアーナ地方¦     ラブラドル地方と呼ばれる場所です
      _//゙''‐l   ゙゙̄''  ノく二ノ゙ ̄ ニ゙个 ン-<ンゝ  ,,---:'''''‐''''''''‐   ハ
     ノ‐"''ニヘ=、....--;:‐l゙\_フォレースル地方ヘ..    -ィー-一    丿
   丿-'''ヽ..,,     ,,ン'ナヘニー  下'´  -'ニ_/゙''`ー、            /
   フィンガル地方 _-'冖‐-_..,, =イ-っ-∠/ ゛   ゙ヽ、       ...‐ー'
   | _....│゙ー    ,ノソヾニ'゙ 'ヘ=:-ぃ- ^ヽ       `ー宀‐‐''''''"
  ./_  `    ム宀 、_ ノ^ヽ..,,,  冫 ̄'''┐    _..../     _,,,,_
 ┌"  `''     /  ,_-'ヘ::―一"    !   ...../´ _-'''‐'''''´  ^゙ヽ......,,
  ヽ     ,, /         -/7-‐  )-‐∟_......‐´           ゝ
  1  _,,..‐冫           ラブラドル地方               │
   ゙''^"   !       ,....,,ノ''''"´゙'';                    ,..../_
        ヽ     ..-'       ^`ー一'''`''''っニ-‐’       ,..-っ-''゙゙イ
         ーー--‐''            ..--‐'´          ゙゙''''"   l
                                            !

132 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:24:42 ID:1qzPW08w0


                            ____                   ;;ノvヾ
                          ,/____ \                  l|i!ヽ,゙゙
    このラブラドルは神獣である     ./       \ヽ,,,,;;;;;;,,.,,  i\ ゙゙        l´  ` ,へ,   
                         /         .,,;\´``;;;;ヽ,i--;;,/,   /l   l   /   ヽ    
                         ´         (i;;:::.........●;;i.l;;::::......;;ヽ,, ./,,,l,  l ,;;´^゙゙゙`゙゙゙丶, \    
    真紅の蟻帝クロイセにより支配された地域で    ´ゞ;;;;;;.../_l,;;;;;;;;´,/;;;:  ヽ,  ,;´;;;;;;:::... ゙゙゙゙゙゙゙`;;,, \
                                    ´´      i;;;;i´ `丶;;;;;;;;;丶v/l;;;;;;;;::::............゙゙゙゙`ヽ,\
                                       /゙゙゙丶ヾ;;;l   ヾl|゙゙゙゙´/ヽ,l|;;;;;;;;;;..へ..;;;;;;;;;;:..;;;,;i  ̄`
    自らの従者である真紅の民と                /     `    i!/´゙゙゙゙´l|;;;;;/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;i
                                     /           ゙     l|´゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙`\゙゙゙゙゙
                                    /                 l|        \
    クロイセにより創造された亜人ミュルミドンと     /                  l|          \
                                  /                   \          \
                               ´ ̄                      \          \__
    共に閉鎖された社会を形成していました                             \_           `
                                                            `





                      \
                       \             /
                        \             /
                        \         /         亜人ミュルミドンとはクロイセが
                         . .-―ヘー-..   /′
                  ..:.´      \ `:./,′
               /    '~ ̄`ヽハ_} //:.:ヽ         蟻から作り出した亜人で
               ,:'   /     }i|  ;'´ ̄`ヽ
                 /    ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ|  |.:.:.:.:.:.:.:.::.'.
             /    .{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .| O..|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}      顔は蟻、体は人間に近い構造を持ちます
            ,'     `:...:.:__.:.:.イ .j|   .|ヽ.:.:.:.:.:.:.,'i
              〈{           ノノ   ..| `ー '  .|
            Yヽ>  />‐=ニ≦二二ニ=ミメ、 j
               | /  > <    `ヽ__,ノ `ヽV      γつかさ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧
             \//  \___, --、___, --、__、ノ∨       |l    いや、これバッタ・・・   (__;) 
                  ゝヘ.    i         //         ヽ、___________,ノ
            __,x个ト   i:        ./
           / , -‐v'⌒トx  >x.     ,イ          ・・・・・・・・AAが無いのが悪いんです
          /.:/ /⌒マノ\` ー-= ニ=-一 /
      ー/.:/  ,'   ∧::::::::\      /ヽ、

133 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:25:55 ID:1qzPW08w0

                  ____,.ィ'´|_____
             _,.-‐'" ̄      |     、|
             / ,'     i        |      `ヽ、         第一ミュルミドンの元ネタのギリシア神話では
            /  ,ノ     |       |     |:     \      
         /  /    ,i: |∨ : : i   |\   |、:.     \ 
          l ,/      /|: | ∨: :|   | | ∨ |∨      ハゝ     姿かたちは人間なんですから
           jノ,'    ,/-|‐|‐' V:.|   | | ー|-|-∨    .∧
        / /     /i  | |__.  | |   / .|.__.| |  |    、 ハ 
        | :|:   /:/: |ィ´j/ `ヽlノ  /,'´! :j/ヽ. | i   |  |     ちょっと変わっても仕方ありませんよね?
         ヽ|i   /'/: i|     ,ノ,/l        l:| |、   |\|
          | /(_|:: ||、   '".,ノ ̄' ,    ,ノ:| |::|   /
          ∨  :|:  || `ー-‐'"     `ー-‐'" | |:::| ,/        まあそれは置いときまして
          /  : :|   |!ヽ、   r───‐┐   ノ|,ノ:::j/  ‐=っ
  ⊂=-     /  : ::|  人:::::::l'YYY'l l'YYY'l<::::|: :∧   ‐=⊃
 ⊂=‐.     /   : : :∨ヽ、` l ̄ ̄ ̄ll ̄ ̄ ̄~l::::::|: : :∧     γつかさ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          /   : : : :/\ : ::〈 ̄ ̄ ̄:|' ̄ ̄ ̄゛〉、:|: : : :∧    |       置いちゃうんだ・・・・       >
                                      ゝ________________,ノ






                                              -‐‐ ニニ ̄` ー-、
                                           イ >弋''¨¨´ ヾ   ヽ
                                         l|     ,代    ヾ     人
      このラブラドルにある日、1人の戦士が姿を現します   .丿  丿 .|lノ  (  从   ㍉ ヽ
                                       〃 >'  从( 辷 ヽヽ. )、     l
                                       ル'´{´ ハ{イ示ァヽ小 小. >ミ=ー  ,从
      彼の名はレードン                        ノイ/ ´    リハ{.j j八)人ヾ .,,イハ
                                          ノゝ、       〃 rイ ,ハ  /
                                            ー‐      / 弋 ノ, /
      彼はクロイセに面会し、提案を行いました             |         彡ィ 八
                                             ー=ニ三__ -‐≦ ソ.:::|
                                              j Yr彡弌)     .:::弋
      そしてクロイセとの交渉の結果                ____  イしリ.|{(_  ===彡::::...≧ァ.、
                                      r''壬fリ´   j|ラ小 ーァ/      〃 〃´¨>
                                      トミム/   rァv'⌒Yレ/    __二ニ======
      彼はクロイセの名代として真紅の皇帝を称しました |ニニニ`ヽ.((込::..ノ{ (___)),ィニニニニニニニニニニニニニ
                                      |ニ|ニニニ弋ミ f 彡==彡'ニニニニニニニニニニニニニニ
                                      |ニ| ニニニニ :、 l|l´ /ニニニニニニニニニニニニニニニニ

134 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:26:41 ID:1qzPW08w0

                      ⌒ ー-、
                /         、_}´`ヽ
               /         ⌒ヾ'r'   \           そしてレードンはラブラドル軍を動かし
            、_ノ        i   rミ、   、 }
            フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
            ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ          その戦争は暗黒の民を討つ為の事と号し
            }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ
            ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (
            {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト          クリスタニアへの侵略戦争を開始しました
             V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ
                ヽ乂 `Y       |    イイ/´
               _ )ノハ、     ー '   /乂_             まず最初の矛先はフォレースルでした
               7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `
               Ⅵ(ー、  ヽ    /|Vノ
                    _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _  クリスタニア暦5年から9年まで続く
        -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____
  ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
|ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐ この戦争を皇帝戦争と呼んでいます
| |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
|ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|






             /        /         /         /
..           /..         /..         /        /
  / ̄〈     // ̄〈  .  / / ̄〈      // ̄〈     /
  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/ l/",ニヽ~'ヽ/
  ノl_[,#゚ -) 0´|   ノl_[#゚ -) 0´|   ノl_[,#゚ -) 0´|  ノl_[,#゚ -) 0´|
  ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ    ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ
   |ヽ0´|      |ヽ0´|       |ヽ0´|       |ヽ0´|
  ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ
 /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z___________________
                  く ̄\     く ̄\     く ̄\     く ̄\
                  /二、"ヽ    /二、"ヽ    /二、"ヽ     /二、"ヽ
                  (゚#]__ノ    (゚#]__ノ    (゚#]_ノ     (゚#]__ノ
                  r'⌒ヽii     r'⌒ヽii     r'⌒ヽii     r'⌒ヽii
                ─|   | |   ─|   | |   ─|   | |   ─|   | |
                  ヽ_ノi'ゝ    ヽ_ノi'ゝ    ヽ_ノi'ゝ    ヽ_ノi'ゝ
                  U"`ヽ)     U"`ヽ)    U"`ヽ)     U"`ヽ)


      ラブラドル帝国の兵威、凄まじく


      スル―プは陥落、ラブラドル帝国の属国と化しました

135 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:27:17 ID:1qzPW08w0

┌───────────────────────────┐    |  |: : |
│しかしレードンのやり方に対して不満もまた大きいものでした    │    |  | : :|
│クリスタニア暦9年、革命がおこり                  .....│    |  |: : |
└───────────────────────────┘    |  | : :|
        | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                          〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                          〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                      __________
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬── ┌───────────────────────────┐
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│レードンは退位を余儀なくされました                  │
   \        \ _,,,... -‐'/│こうして皇帝戦争は終結し、スル―プ王国も解放されました    .│
    \  _,,,... -‐'''"~    ./ └───────────────────────────┘
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\
 \          \ . /  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' .:|   |:_,,,... -‐'''"~         \
   \    _,,,... -‐'''"~ ./  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |   |: \          _,,,... -‐'''"~

136 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:27:48 ID:1qzPW08w0

      |ヽ    ___
      |  \__/  /
      ゝ、_ノ--←ー‐z‐
    /: :|彳 :i: :ハ、:-、ヽ:\
   /: :. :i|レ' / |:ハ \l、:ヽ :\
  f: |: : : :|| :/_=|' ヽ ィぅ、: :|:.l、ヽ                 このレードンて言う人
  |: :|: : : :||ィ'う:ヽ    ト:::リJV \i
  |:. :|: : : :||代::::j   丶' {|: |
.  V ヽ: :. :ヘ. ` ′ _ '  ノ: :|                   最後はどうなったの?
   Vト、: :. :ヽ_  ‐'.ィf :ハ |
     ヽ、l\ヽィ ̄tヽレ∨ `'
      ヽ ハlヽ_.} \
       /、  ヾ | //i
      fミミ丶、 V/// }




                                        /´`ヽ/´\-‐─-、_
                                       ,ノ"   {         `ヽ、
                                     /    , |   |、    \:  ハ
                                    / ,ノ    i /∨.  | ∨   ヘ.  }
                                   / ,/    ::;| |'´∨ { ⌒ヽ    ヘ.j
     ふふ、それはまた別の物語で            j//   / ::;/|/ __ ヽ、|  __\:::: }::: ,〉
                                    |  /| .:;ハ ィチミ H ィチミ V:::メj,/|
                                    ヽ、| { ::{::ハ、_,ノ ヽ__,ノ|∨iノ:i|
     という事にしておいてください                 ヽ、|:::j、   -‐    ,|::. | |
                                        { ::|::`二=r r=ニ":::j:_ | λ
                                       /:ヽ{/ヽ |/ヽ,/  ̄( |__j::: ヘ
                                      /::/|::::/ /   |/    r'、〈〈 }::.: ヘ
                                      ヽ:| |::j ゝ:::. ', ::::...   {ゝ-‐',},〉::i: 〉

137 : 名無しのやる夫だお : 2015/01/21(水) 21:29:10 ID:S.XCr66o0
レードンはラインハルトほど女に真面目じゃないと思うがなww

138 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:29:16 ID:1qzPW08w0

            ______r‐-、_______.
           /:::....  ..:i        `\
           メ _,,  :ノ〉::   ..::i:  ::..  \
         / "   ,イ ∨::  .:::λ.  ヽ::..  \           そして皇帝戦争終結から間もなく
        /::/..  ::/|::|  ∨:: :::,ノ |:|∨ `ヽ:::::::ハ
      /::,イ ::/: ::/‐|::|‐- .〉 :::/.-‐||‐∨ :::`ゝ::::::}
     /::// ::/: ::/ _ |:|_ 人 ::{  _リ_ ∨、 ::::::;〉:|          クリスタニア各地を変事が襲いました
    メ/ / ::/::: γ´ リ `ヽヽ|γ テ=z、.| i\:;;イ::::|
       | ::/|::i :{ 〃   ,r'i^iヘ |::ソ::ハ} :| :i :i: :|
       | ::/メ::i : :|ゝ _ _ ,ィ^| | .| .|、_ ̄._人 | :| :|:〈          異形の怪異が人々を襲うようになったのです
       |;/ |::| : :|ヘ   {    {ィ⌒>イ|:ハ j: :|::|
         ,}::`ヽ;|::::>‐-t__    ,,メ~__ ||::::|/: ::|:::|.
.         |:: i : :,ィ´ \:{二二二二}7 `||:::/: :λ:::| .        それは魔神の時もあり、形容のつかない現象あったり
         |:: | ::/     }二二二二{  .リ/: ::/ヘi: ::|.
        ,}: :|:/三≡=‐〈 ::ノ ヽ:::ソ 〉  ノ : :ノ三:〉:::|.
        |: :| :{ `゛`\ |   :::::::::{.,/ :∠-‐─}:.人        混沌と呼ばれる邪悪が噴きだしたのです
.       / :| :ゝ  ...:::,rヘ____::;;|: :,ノ´    /: : : ヽ.
       / ..,イ :::メ、::::ノ        `|TTI-‐、 /: : : : : : \






               |! トヽヽ,\__ __,、
                  f ,i !- ':´  ̄ ̄ヽ. ヾト ィ',ィ, ,.ィ__
               __∠    ― 二 =、 ヾY,}:i:iK '`  `てイーzィ           クリスタニアの混沌を封じる役割は
            `斗レ'   ¬ .<ヾト、 Y}:}:j厶- - 、      `t__
           __ノ’ ,.  --、ヽ.\ヽ:Y!iv厂 --一- ``、      `^戈__,>`ヘ
          __Z   , ィ'´fiミ__Yiいヽ!:リ√ィ彡r '´ ̄´¬丶ヽ、   X. i{     ',  礎の神獣王ウルスとその従者の
       ___)    ≦ 'ラ_{(・)}j川 kソ个rイ〃 '// _ヽ ヽ.     ヘヾ       }
       _,)'/,  z 彡rシ ソソ:`,ソ:' メ⌒i. j ‐、ヾi i,.ィ_'ニ二ヽ,  ヽ    }:i    /
      勹/〃,  -ー彳´ ;/¨:::`::く._    ヾ Yij{(・)>= ≧ヾ:ヽ:ヽ ヾ,  `ミゞ--:r'   役割でした
       之. イ/ / , ゙ ,' {::f⌒}::,':::::::::ヽ  ,丶 `iヾ三ぐ¬ミド} }ヽト :}    ゞミ(^
     'ライ〃i;' ,'   ,' :v'ヾ| ,ノ:::/⌒!:::/    ,.i トヽヽ丶`  ヾミ:ヾト、   ヾヽミi}
    _,メィ/;:イ ' /  ;i: i! ヽ.. ー' ¬'Lイ ji ,i   ,i.l }: ヽ丶``   ヾ ヽ \:.ヽ:トゝ  しかし長きにわたる歴史の中で
   __Z イィ /i ,〃 /!i iト .,___ ヾ´ '’ ,八 ヽ }!   \ヽ`    \、ヾ :,ハ ヘ,
   ブイ〃//i ,:/:, ハ1i: ,>'‐L/7'ァ-ァァ'个 、 ヽ ヾ     c ヾ` 、`: ミト、} ハ メゝ
  厶'〃// ,' ,.イ ,' / 'i:iハ.y' {_  ̄ ブZ j:j:ヽヽ__,ィこつ ヾヽ、   ヽ. \  ヾト、ヘN  ウルスは従者が邪悪ではない者まで
   ,ノiii/〃/ ,'/ ,' ,: ,' i:{,ハ!  7ー'´/り } :ト、  ̄´  ヽ   \ヽ`: \ヽ`\ヘヘ!
  ,jハ/:〃/〃/〃,' ,' ,'iハ/`ト、/__,_,_仄! .Nト、\ ヾミJヽト、ヾ` ` ヾ``ヾ``ヾ``ヾし!
  , イ:〃/〃/〃/〃;ハli `'く,_l,」jノ┘iト :i: j: ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾミ三;く   封印していた事を知り
  ,ノィ〃/〃/〃/〃〃,':ヾ= ーz i 、トヾi: .:|:. ! i  i:.i:. i:.ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾミ::(_

                                               過ちを正すために解放を決断しました

139 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:30:02 ID:1qzPW08w0


┌───────────────────────┐`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;
│この解放によって罪なき者たちは助かりましたが   ....│.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;
│同時に邪悪も解き放たれてしまいました        .....│. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;;;
└───────────────────────┘`:. `´`´`´`´.;;;;
;;. ;    ::::::;  ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ;    ::::::;  ; ;;;;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;;
;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;..:        :.;;;;;;;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;:._`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;;;.:          :.;;;;;;;:._`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;`.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;;; :;     .:::::;  ::;;: ;;;;;;;;;`.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;;;;..:        :.;;;;;;
;;;;;;;;. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;;;; :;    :::::::::;:; :;;::; ;;;;;;;;;;;. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;.:          :.;;;;;
;;;;;;;`:. `´`´`´`´.;;;;;;. ;    ::::::;  ; ;;;;;;;;;;;`:. `´`´`´`´.;;;;; :;     .:::::;  ::;;: ;;;;
;;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;;;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;; :;    :::::::::;:; :;;::; ;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:._`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ;    ::::::;  ; ;;;;
;;;;;..:        :.;;;;;;;;;`.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;;;;;;..:        :.;;;;;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;
;.:          :.;;;;;;;;. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;;;;.:          :.;;;:._`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;;;;;;
;; :;     .:::::;  ::;;: ;;;;;;;;`:. `´`´`´`´.;;;;;;; :;     .:::::;  ::;;: ;;;;;;;`.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;;;;;
;; :;    :::::::::;:; :;;::; ;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;;;;;; :;    :::::::::;:; :;;::; ;;;;;;;;. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;;;;;
;;. ;    ::::::;  ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ;    ::::::;  ; ;;;;;;;`:. `´`´`´`´.;;;;;;;;
;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;;..:        :.;;;;;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;;;;;;
;;;:._`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;;;;.:          :.;;;:._`''''´ :;;:;;:`''''´_,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;`.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;;; :;     .:::::;  ::;;: ;;;;;;;`.;;;...;..;....;.;..;;.;;. ;;;;;;;;;;;..:        :.;;;;;
;;;;;;;;. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;;;; :;    :::::::::;:; :;;::; ;;;;;;;;. ;;..;..;..;.;..;..;.; .;;;;;;;;.:          :.;;
;;;;;;;`:. `´`´`´`´.;;;;;;;. ;    ::::::;  ; ;;;;;;;;`:. `´`´`´`´.;;;;;;;; :;     .:::::;  ::;;: ;;;
;;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;;;;.;´:;:;:;:;:;`;...;´:;:;:;:;` ;;;;;;;;;;;`'……--'´;;;;;;;;;;; :;    :::::::::;:; :;;::; ;;
           ┌────────────────────────┐
           │この数多くの邪悪が解き放たれてしまったのが     ......│
           │本編の時代であるクリスタニア暦10年以降の事です  ......│
           └────────────────────────┘

140 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:32:05 ID:1qzPW08w0

                    ヘ
            /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
               /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
           /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
          / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ       というわけで本編では説明しきれない部分の
          / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',,
        /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :ii
      /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ ||     クリスタニアの概略史をTRPGクリスタニアの
      // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
          | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :ll
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│     ワールドガイドにのっとって説明してみました
  |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :||
  |  クリスタニア |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :||
/^) ~RPG~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨      できるだけ本編で説明を挟むつもりですが
{/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
{/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│       うまく本編に絡ませられない場合は
 V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l l
  ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : lヽ
  {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ       今回のようにコーナーを設けるつもりです





                                   .      /:.:.:/‐'":.:.:.:.:.:.:.: `゛ヽミ、:.l:.:.:.:.:.:.:\
                                   .     /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:∧:.:.:|:.:.:.:.:.:.l:\|:.:.:.:.:.:.:.:.: \
                                     /:.:./:.:/:.:. イ:.:. 小 :.:.ト、:.:.:.:.:!:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                   . , ':.:. //:.:.:/:. イ f:./ | ',:.:.代ヽ、:.l ::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
    そういえば、みゆきさん                 / ///:.:.:.:l:.:../ レ   | V | \:ヽ ∨:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. |
                                   , ' 〃,イ:.:. | :/チミ、  l  ヽl=z \:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:. !
                                     l |ハ:.:. l/ィくト`     勹`ミ 、ヽ|:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:l
    大まかな歴史をかいつまんで教えてくれたけど     |:.:.:.:.l:.:.Ⅳ',:::::|     l:::::::::}ヾV:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:,'
                                     |:.:.:. ∧ハ弋ソ     |::::-リ 'イ:.:.:.:.//:.:.:.: //
                                     l:.:.:. ハ:.:.:}   ,     `‐-'   /:.:.: // }:.:. //
    これが全部、主人公が1人だけで物語が進む話?    !:.: /  l 〈     、_,      /:.:.:.://.イ:.:イ/
                                      ! /  l:.:.|> 、        ノ:.:.://:/:.:ル'
                                      V   ヽ|   l>-―‐r"/:.:.:イ く_//
                                              ヽ!〉¨'フ〉/'´  / ヽ
                                             /フ /     /  ノ \

141 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:32:57 ID:1qzPW08w0

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、        いいえ、違いますよ、クリスタニアはシリーズ物なのです
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !       物語上の時系列で作品を並べるとこうなりますね
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: | 
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !       ①「レジェンド オブ クリスタニア はじまりの冒険者たち」
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i        …レードン達が主人公になって、クリスタニアの冒険が始まる
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|         そんな物語です
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ     ②「神王伝説クリスタニア」…王の肉体を手に入れたバルバスを
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i     討つ為にダークエルフに協力する者たちの物語です
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |





                    ,、   ,ィ'ヽ、
              __,/ `Y´    ヽ、
          __,.-‐〝       ヘ.  .   \       ③「英雄伝説クリスタニア」…②の戦いの途中で離脱した
         ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \
        /         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \     レードンが皇帝になるまでの物語です
      / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、
    / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧
     | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \  ハ ④「漂流伝説クリスタニア」…実はシリーズリリース1作目
    |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽヽ〉
    j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨「  周期が終わり、新しい時代に変わる・・・そんな物語です
    {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉
    |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ / 
     |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ  ⑤「蟻帝伝説クリスタニア」…皇帝になったレードンの侵略戦争
    |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '" 
      |  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |       そして彼の退位までの物語です
     | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |
      j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  | 
    / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、    ⑥「黄金伝説クリスタニア」…黄金郷を目指す物語ですね
    / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }
   j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |     スル―プ王国を揺るがす事件も扱います

142 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:33:53 ID:1qzPW08w0

             ______ ./`ヽ、__,-‐、
           ,ィ´          |´    {
            /    /   j  :|   |     j、      ⑦「封印伝説クリスタニア」…各地で封印が解かれてしまいます
          /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、
       /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ      竜王や邪悪との戦いが始まると言う物語ですね
        |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |
       | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |
        |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j   ⑧「暗黒伝説クリスタニア」…暗黒の民が獣の牙と同盟を結び
       |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ
       j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|        新しい敵に対処する事になります
       | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|
        | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|
       |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|      そしてこの後は「傭兵伝説」「秘境伝説」と物語が続きます
       j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j
       /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ
     /  .ノ:|    | `>‐-..、 V_ .,∧    |、      申し訳ありませんが、この2つはまたの機会にさせてもらいます
    / ,.:' /::/|   |  ヽ、 _,≧≦_ハ    ` 〉
    / /::: /::/::::|   | /  ̄/  j、 } ハ__,,/::|
  / イ::::: {::/:::::::|   |/   |"  }:  |"{::::::::::::::::ヽ、





                                           r‐- 、   /  }
                                      .      \   \」 ノ
                                             >z=-、メ丶、`丶、
                                          , ': : : : / ,小: :l `\: : \
                                         //: : : :」 / .| ',:」:_: : : : : : 丶
     えー、なんでー?                        , ' :/: : : 'フイ/  | ヽ|ヽ`ヽ:レ: : : :',
                                       / ィ: :/: : /ィ=ミ    テミ、: :/: : /: :}
                                       //ハ:| : /仆イ}    トイ}ソ : : /: :/
     良いじゃない、教えてよー                    |: :|: ハ弋ン   弋ン/: : ,イ: :/
                                         |: :|イ :}    '__   /: : /': :/
                                         ∨ ',: :ゝ、  `′ _ノ: イ/イ/
                                            ∨  ヽ;ヲ  ヒ/イレ'
                                             / ̄/_ /  丶、
                                            /|  「  /    _」

143 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:34:30 ID:1qzPW08w0


          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ              申し訳ありません、つかささん
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !            このスレの本編が「暗黒伝説」前後の時期を
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!            想定してまして
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l            そして、「傭兵伝説」「秘境伝説」とも関わらせたい
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',           >>1はそう思っているようでして・・・
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ        ネタばれは控えさせてもらおうと思っているようです
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',





                                           -> 、_rイ_/ヽ、
                                   .     /: : /-‐ 7「`丶\: :.\
                                       /: :. :.レ': /: .イ 小: :|: : : : : : :.\
                                   .    /: : : : |: :ム/: / | ヽ|- 、|: : : : : :.ヽ
                                      f: : : : :.| イ / |/ |  ヽ\`|: : .|: :. :.}
                                      | :| |: : .レ|/=、  |   テミ.l.|: : .|: :ト、l
    うーん、じゃあ仕方ないか・・・                |: :l:l: : :|イう }    |┘ヾ|: :|.|: :| l|
                                   .    } :ヽ: : :,代_ ノ     弋ンλハ|: :| .|
                                       |: :入: : | ""   __   "" ヒノ: : |
    いずれ明らかにしてくれるんでしょ?             |:トヽゝ: ヽ、   `´   ノ: ∧: :|
                                       |.j ', ト ,勹> -- z</|: :/ |./
                                         \f ムくノ  └l::\レ'  |'
                                          .{ -‐ユf――/::::::\
                                         /弋  ,ノ   /:::::::/ \
                                        Λ  .〉  }|  /:::/   /ヽ
                                        / \/  ハ //   /   |

144 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:35:20 ID:1qzPW08w0

                       ,、   ,ィ'ヽ、
                 __,/ `Y´    ヽ、
             __,.-‐〝       ヘ.  .   \             ええ、>>1はそのつもりのようですね
            ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \
            /         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \
          / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、        ただまあ・・・遅筆なためにどれだけかかるか
       / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧
        | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \  ハ
       |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽヽ〉      解りませんけどね
       j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨
       {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉
       |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ /       一応、大まかなプロットは用意しているそうですし
        |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ
       |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '"
          |  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |           何かハードル上げ過ぎてる気もしますが
        | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |
         j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  |
       / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、          きっと気のせいでしょう
        / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }
      j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |





                                              ,  --―‐--√ ̄` 丶 、
                                             /    ∠--ム       ヽ
                                      .      /   /:.7 /|l : :\     /
                                      .      /  /: :,イ /  |ヽ:|、: :\_/: :
                                          , イ /: ://:/  | ヽ|ヽ: : :.y: : : : :
     ふーん・・・・・・・・                       .   /: : レ: :. :/ レ'   |  \ \|: : : : : :
                                        /: : /ィ/: :. :/         `n.〉 : : :/:
                                       /: : /イ/: : :/ヽn.        | ||:. : :/: :
     ちゃんと完遂できれば良いけどねぇ           . /: :/:レ/||: : イ  | |        | ||: :./: : :
                                      / /|: :∧: :/ }  | |        `'j: :/: : : :
                                      レ′ | /: :|:/:.j  `′        |:/|: : : :
                                      .   | |: : |': :.{            レ |: : : :

145 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:36:16 ID:1qzPW08w0

         __    ,、
       /´  ̄`ー-| `ー-‐'"´ ̄ ̄゛`ー-、
       | /    |            . `ヽ、
        j,ノ     |      |、   .、     \:i:.ヘ
        /   /  /'|  :: |: | ∨  :|、  、:: ヘ:. ハ           まあ、その辺りは何とかしてみたいそうです・・・
     /     /  / |   ::.|. |  ∨ |V   ヘ、:: } }
      /     :j  /_,ノV  :::|/ `ー|-、| ∨  ハ:∨: |
    j  :|   .::|  {  __,∨ :::|  ,__ヽ、| |:V  }:::::  |           では、皆さん、お疲れさまでした
    | :;/|  :.::iヽ、|、 ィチミヽ、{´ チ弐ミ、 |:::ヽ,ハ:::   |
    ∨ |  : .:| j::ハ´   ,ノ, 、      ノ|:::: |,,ノ::::  |
      ∨ : :| |::::ハ‐-‐'  __`‐-_‐" ノ::: :l::: :!:   |           次回は神々と神獣について触れたいそうです
       `ヽ:| |: ::::j、    V ,ノr、〉,}}〉':: ,/:::::::::   |
            |: : :::::|::>‐::-_,ノノ' ,イ:: /::::::|::|::  |
            | : : :::|::::::::::{二二二},ィ´ミヽ::|::|:   λ          では、またお会いましょう
            | : : :|ヽ、::_}二二ニ/,ィ⌒ヽ、:|:|   ハ
            |  : ::|  〈"´   〈´     ||j  i  ∧
            ∨  :|  ノ    /'",__    |:{  λ   ∧
            {  i|/´  '´ ̄" ̄     | ∨ ハ    \





                                         !`ヽ
                                         l   \___    __
                                        ,. ヘ    ヽ:`>'´    `ヽ
                                      /: : : :.\   ハ、 _____ヽ
                                    /: :  : : : :.´ヘr.'´: ハ:ヽ: : : : :`ヽ
                                    /:  . : : : : /: : _,/:: :/  い: : : :.',
                                     .: : : : : :./:ィ'´:/ : /   l:.ト、: : :l : : :'.
                                   l: : : :l: : : : :l: :///     l/ ヽ: :}: : : :.l
                                   |: : : l: : : : :.ィ'ラ示       x=ミ }: /: : :!: :|
        またねー!               .       |: : _|: : : :〈 代::ハ     んハ|/: : : :ト. :!
                                   l:.:.{ |: : : : l 辷ソ      {ゝ-:ハ/l: : :./ '.:l
                                    l: :`l:.l: : : | :;:;:;    .   ー' ム!: :./  |l
                                    |∧:| l: : : |、   ‐-   :;:; /ーr ヽ
                              .        l/ `い: : :|:`: ..、 ____,.   ィ ど´ /
                                      ∨ヽ:.!`y'ノ  ノrヽム,(´   ノ
                                      /:.7ヘノ { /  r‐'/:.〉  イ`i
                                      /l: :| !て V  rイ  !/ヽ./  !
                                      l !:.{ ! !ーr イ l  / /    ト、
                                      | l:.| l ! ! ! l ヽ、     | }、

146 : ◆0u9GXJLSqo : 2015/01/21(水) 21:37:42 ID:1qzPW08w0
では突然の投下失礼しました

>>137
それは許してあげてやってくださいな
男なら仕方ない・・・と思います、多分・・・

147 : 名無しのやる夫だお : 2015/01/21(水) 21:40:21 ID:S.XCr66o0
乙でした

148 : 名無しのやる夫だお : 2015/01/21(水) 21:55:37 ID:aEZ5MaDo0
乙乙! 300年以上たってれば、だいぶ変わってんだろうなあ・・・というか、古代魔法王国もロードスの100年前だったな

149 : 名無しのやる夫だお : 2015/01/21(水) 22:19:11 ID:qeGjaCz.0
乙でした。

何度聞いてもベルディアの王が地味にすごいよ。
だって根性だけで300年神と殴り合ってるもん。

関連記事
3901 :日常の名無しさん:2015/01/31(土) 11:14:00 ID:-[ ]
レードンが一番好きなキャラだ、クリスタニアが取り上げられるのは嬉しいな。
護民兵というのがフラグにならなきゃいいがww
3903 :日常の名無しさん:2015/01/31(土) 22:38:01 ID:oPQjCRMs[ 編集 ]
体はやると言ったが魂はやるとは言ってない
黒衣の騎士の話は好きでした
そして戦記100年後また戦乱とかパーン達涙目
戦記読後翌日漂流伝説読んで後悔した思い出
12714 :日常の名無しさん:2017/01/08(日) 15:52:27 ID:-[ ]
クリスタニアは基本設定はともかく時系列がわけわかんなくなって読むのやめちゃったんだよなあ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】マーリンの不思議な借金 26 (05/19)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 15 (05/19)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 14 (05/19)
  • 君の頭蓋骨に乗りたい 第12話 「 繋がる想い 」 (05/19)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 6 (05/19)
  • やる夫の冒険は終わりました 第24話 (05/19)
  • やる夫の冒険は終わりました 第23話 (05/19)
  • やる夫の冒険は終わりました 第22話 (05/19)
  • やる夫の冒険は終わりました 第21話 (05/19)
  • やる夫たちでソードワールド さいゆうきPT! (05/19)
  • やる夫たちでソードワールド 桃太郎PT 5 (05/19)
  • やる夫たちでソードワールド 残念美人とできる夫PT 16 (05/19)
  • やる夫たちでソードワールド 三馬鹿PT 2 (05/19)
  • やる夫たちでソードワールド 三姉妹PT 8 (05/19)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 45 (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第五十話 ある英雄たちの始まり (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十九話 悪夢は現実にあらず (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十八話 Whomping Willow (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十七話 閉じ込められた魔法使いたち (05/18)
  • なのはさんは巨乳フロント係のようです 第72回 (05/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41「幼年期の冒険」 戦後処理 (05/18)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41「幼年期の冒険」 その10 (05/18)
  • 読者投稿:渡り鳥:ハチクマ & 以前の投稿のお詫びと訂正 (05/18)
  • 読者投稿:懐中時計 (05/18)
  • 読者投稿:ダディクールが電気工事士資格に挑むようです 幕間3 ~ダディクールは想像を逞しくしたようです~ (05/18)
  • 読書的な小咄 111 深海の雷鳴 (05/18)
  • 目次 ジェイガンなアリス (05/18)
  • ジェイガンなアリス 第9章 プリンセス・ミネルバ (05/18)
  • ジェイガンなアリス 第8章 ペラティの火竜 (05/18)
  • ジェイガンなアリス 第7章 ワーレンの無限湧き (05/18)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第3部 とある小話 (05/18)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 5 (05/18)
  • やる夫の冒険は終わりました 第20話 (05/18)
  • やる夫の冒険は終わりました 第19話 (05/18)
  • やる夫の冒険は終わりました 第18話 (05/18)
  • やる夫の冒険は終わりました 第17話 (05/18)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 10 (05/18)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十八話 (05/18)
  • 国内的な小咄 1533 宍道湖は、美しい (05/18)
  • 国内的な小咄 1532 長門は要所 (05/18)
  • 国内的な小咄 1531 京阪神の民が驚く山陰某所 (05/18)
  • 国内的な小咄 1530 山陰楽しむならとことこトロッコ (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 17 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第3章 3 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド GMが使ってみたいキャラ! (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク 薬師丸法山 アンリ・マユ アトラム・ガリアスタ ユキカゼ (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド 王族冒険者 2 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク リヨぐだ子 できる夫 アーチャー 鷺沢文香 (05/18)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】チートはないけど縁に恵まれていたようです (05/17)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #127 (05/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング