スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
修羅場は乗り越えたか……?

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
1/7
婚約破棄令嬢は告られたい
クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※SSの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:イギリス人政治学者マイケル・オークショットが記した「保守的であるということ」の解説

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

532 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:40:30 ID:w8kJbIvs


イギリス人政治学者マイケル・オークショットが記した「保守的であるということ」の解説



                    \_  __
            ∨/∧        <´
     /ヽ    ∨/∧    >´       ───────-、
      \  \   ∨/∧ //     /´ ̄ / ̄ ̄ ̄` >、 \
       \  \  ー=≦ /     /   /          i   \
.          \/    ./          イ          |    \       ラーメン大魔王さんが少し前に投下されたジュゼッペ・プレッツオリーニの
                /        /   /∧           j
                  / /  \./  ./ .i i           / ∧          『真の保守主義とは』の内容、良いですねぇ・・・(恍惚)
    ┌───┐ -=≦    /\/    | |       / /  ∨
    └───┘    .|    { ./ \ _| ト      厶イ   ∨
               |    |/__ 二、´ ∧     /厂 ̄ ̄ ̄ ̄       投稿者は政治における保守主義及び現実主義の考えに
              人     |  /    }   ∨ / ̄`フミ==≧
           ー=≦{  \乂{  h.   /    ∨   /       Y      いくらか興味が強い人間なのでとても面白く拝見させていただいたのですが
                 /|   ∧ |  じ_/         {つ
            //.|  {                    \     /      それに触発されたのでこちらはイギリス人政治学者マイケル・オークショットが
          / / n^^L∧                  >─</
.         / /  ∨ /}⌒\                   /         自身の複数の論文をまとめた「政治における合理主義」の中にある
         {  {   ト∨j   \      ∧         /
         |  |   | マ    `ヽ\     ∟」        /            「保守的であるということ」について解説していこうかと思います。
         |  |   | /      \>爿───┬─</
         |  |   | }      / >y  /⌒ ̄\./    > ´
         |  |   ∨      {_/∧ {_ /       ∧  /
         |  |.    ∨           ∧彡´ ̄}  .// } /



              _ ,,..,, _ __
          ,. ''"´:::::::::::::_::::::::::`ヽ、/´>
        ∠-‐ '' " ´  ̄    ̄ >l_7/ ̄ }
       / _ ,,.. -.─::''::"::´ ̄:::: ̄::`"''ー<
     ,. :''"´ >-‐'"´ ̄`ヽ'´ ̄`ー-<:::::::::::::`ヽ、
   /::,.:''"´/                 `ヽ、:::::::::::)
  / /::::::::/                    \::/
  V::::::::::::/      ,       ハ        ',
   `'ー∠_     /-‐- 、 ,.イ  / _},,_ノ  ',   |        確かマイケル・オークショットさんって以前の投稿にも.
     〈,/     ア-‐-'< |/ _」_/l  l  ノ
     ノイ    /,'´l `i     ´rァ,ヽ| / ! /         名前が出てきた事のある人だっけ?
     { ,ノ l  ,イ! ヒ'___,!     , !_j !レ'  レ'
     ノ〈  レ'  l''"     __   ''' 〉  / /´`'⌒ヽ
   ∠, ノ'´ /  ヽ、   (   ソ   ,.イ ノ  |    ノ
 / ̄/\   !     〉、.,, _ __,,..<´_ノ´    l  ,. '´
/  ./   ヽノイ  /::::::\   l:::::::::! `ヽ、  !/
|  ´ ̄/ ,:'´ `')'´ |::::::::::::::`ァ-ト;::::::::l    ':, /!
'、   レ'     `ー\:::::::::/〈_〉 ';:::/ ',  Λ|
 ヽ、 /     i     \/‐- 、 Y _ ! /  \
   /      !       〈_〉V´、_,V    `"''ー-r‐ァ-─ァ
,.:''´_       /l         ゝ.,___,ノ          /:::/  '´フ
´:::::::::`ヽ、   /〈       〈_〉    ト、       |:::::! つ´

.





533 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:40:51 ID:w8kJbIvs




                  _
                  \ ̄: : ー(⌒⌒)==ミメ
                 /:-=ニニニ \/    ゚?!
                /: : ̄ ̄: :Λ..:..: : :\   ||
               /: : : :Λ: : ::/ |: | : : : : \ ||
              / ィ |: :|: ∩∨/ ∩ イ: : :i:: :|⌒ ||      ええ、その通りで以前の下の投稿にて現代日本の国政において
              | |: :|: .U    UNレ /): :|   ||
              lイ: | |N V ̄ ̄)//イ八|  ノリ      自民党一強になるのはそれなりのわけがある事を考えないと
                 И込__厂「`Y´/ヘ _____彡'′
                厂/  |  |/ : : 〉 ̄         新しい政治状況を作り出す事は出来ないという話で
           ,x ===  r~v厂ベy: :Λ
          ((  __   | ̄: :| ̄ ̄}: :/⌒          オークショットの論の一部を既に紹介していますね。
           У _____ヽ |: : : :| : : :/ :Λ _________
         | 込rツ|八 : : | : ://: :} ̄ ̄ ̄))
          乂 ___ ノ く: :\L/: : : ノ  ___彡'′     【読者投稿:新しい政治秩序構築と経験主義の関係性の話】
        / {三}  _ノ : : : :ニ=-ベ., ”””´         ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-58224.html
      /   ((__)) ( : : : : : : : : : : : : : ノ____
        {{     _/\: : : : : : : : ,.'´    _ ノ
        乂_____{  ′  `¨¨¨¨¨´     _ ノ
         ̄ ̄ \_/          __ノ
              ̄ ̄\__ ノ    __
                  `,    !   |/   |
               `、   !   /  ィ |
                     `、 !    / |__ノ
                     `''~‐ ''´



             ____      __
          _..-‐::´::::::::::::::::::::::`ヽ_ -‐´  `i
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ     .|
      ./:::::::::::::::/ ̄ '´ ̄`ヽ:::::::::::::::ヽ__.|
      /:::::::::::::::/        ヽ:::::::::::::ヘ  ソ
     i!::::::::::::::/      ;     ヘ:::::::::::::ヘノ
     |::::::::::::/       ,'.,、     ヘ::::::::::::'.       21年の末に書いたものだから実質的には1年とちょっとだけど
      .!::::::::i´     ./,'ノ >、    ,ヾ:::::::::|
      ヘ:::::::!,     /:i、  ´(::゚::゙i、   |:ヽ:::::/       もう一昨年の話というのもなんだか不思議な感じがするね。
  ,..-─-._ヽ:::ハ    ├'  ,   ̄ノ` ,i./::::':::/
 i! ,-─- _ヽ`ソヽ、、 、_ヾ、  _,  ';/" ' 、-‐'
 | |    ヾソ ; `ヽ _ヽ、 _  ,イ   ヾヾ、
 | |     |,イ、    `.ヘ `´ ./.,.-、  } _ ゙
 | |       '.'.> 、  .iヾ、_ ./:::::| ,イ/,-,`i
 ヘ '.    ,/弋、ヾ、`ン:::::::::∧::::::::::"::,!.iマ//_
  ヘ '.    i!  弋>ヾ、::::::::_-'-'>、::::/:|.|/.'-,、`i
   .ヾ.、  |    ゝソ,-゙;∠   ヽ.ク´;ン '.'.  |/ /
     ヾヽ'- 、 ._-、, :' ´: .  `ヽ ノ<´:`i_ヾ・' ノ
      /`‐-、'ー:|: : : : : .  . :`i=:i=彳´`iヾ 、
     i!  ∧`ヽ!、_: : : : : : : _-:{ /::::::::|  | ヘ ヘ
     |    〉::::ヘ. .`ー─‐´//::::::,-'、  .| ヘ .'.
     |    .ヘ:::::::`ヽ: :__//:::::::/  '. .|  / .|
     |    ヘ:::::::::::::ヘ /::::::::::::ノ   ! | ノ ノ
     ヽ    ヘ:::::::::::::| i:::::::, -‐´    /─´

.


534 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:41:11 ID:w8kJbIvs




                  __
        _      ,.x≪至圭/`寸≧x、
      f圭圭ミx/`≪圭圭/    Y圭会、
      {ミ圭圭圭≧x、 `≪{     }ミ圭≫" ̄}
        Vミ圭≫=ミ圭≧x、,〉  ヾ/⌒/   ノ       ラーメン大魔王さんの投稿に触発されてという事は
       寸V: : : -、`≪圭{_ ノ、__/ミ   ィハ
       r<: : : (9 ): : :`≪圭圭圭ミx,,_ノ ̄}       オークショットさんもプレッツオリーニさんのように
     ニ7`: : : : : : : : : : : : : : `''ミ圭圭圭圭至j_
      {: : : : : ニ二__ー-: : : : : : : :`'''≪圭圭圭圭〉    「保守主義者とはかくあるべし」みたいな事を
      /⌒''く : : ー- :二 : : : : : : : : : : : : : : : } ̄ ̄
   /      \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ       勢いよく沢山述べられてる感じなのかな?
  /ヘ       ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ
 ⌒` /ヽ      ゙; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ
    ⌒ヽ}     } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ



                          _____
                          ̄`>-- : : : ̄``丶、    -----
                   ―――     / : : :___ : : : : :\// ̄ ̄\\
                   / ̄ ̄ \\//二二二二二二二(⌒⌒)__   \\
             /         /: :/ ̄: : : : : : : : : : : : ̄\/ : :/⌒
               //        /: : : : : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : ',.
           //      /: : : : : : : :./Λ: : : : : :/Λ: : : : : : : : : : :',      }}  うーん・・・触発されたとは言いましたが
.         ,.-‐‐-     / : : : : : : : : イ⌒|: : : : : :| ⌒ト: : : : : : : : : :',      }}
.        ,_´_      ヽ. ー-‐彳: : :|: : : |   | : l: : : :|   |:| : : : : : : : : ',     //  先に述べておきますと微妙に方向性は異なってまして
.      ;::::::::::``丶、  ',    | : : :|: : :====八 : : |====レ : : : : : |\.:',     //
      乂::::::ノ___ ,.ィ ├=ミ ||八: : :|      \ |    |:./ : : : |  \,  //   プレッツオリーニがテーゼとしての保守主義を説いたのに対し
.       丶        , ′   j人: : |\|     r  ¬ u イ : 八 :八      //
.         >=ニニ=<.        V|: :込    V  /   ィ:| :Λ∨       /      オークショットの方は人間の本能的思考や人間社会が
       /      _\_      ∨ : { ニ=-  -=ニNハ|/       /
.       /   ヒ二_   \_  __{ ̄V ̄ ̄ノ    { ̄ ̄ ̄\   /          元々所持している保守的性向に付いて論じているという違いがあります。
      /.     /    ̄   (⌒i : :| 【   (     )    ♪/\//
      ∥   ///  _メ(⌒ ) : : | 【    \  /    ♪/: : : :}{           なのでその辺は念頭に置いた上で話を見て頂ければ助かるかなと。
    ∥  く /////:::::(  / :| : :| 【   /(⌒⌒)==ミ♪/: : : : ノ \
    {{   └‐ ̄ 厂 /::::>/: : :|: :|   /: : : :\/: : : : )) : : : : : } \\
.   {Ξ}     (   {:::( / : : : : 八:/|/: : : : : : : : : : : : : //Λ/ : : :|   \\
.   {Ξ}     (   {:::( { : : : : : : :.{: : : : : : : : : : : : : : : //: : :ノ : : : :|    \\

.


536 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:41:34 ID:w8kJbIvs




                  __ __
                 ⌒>---: : : : : :vー-=、
                _: : ::__ __ _ __: : : :`ヽ
                  /: : -‐- ――― - 〈 Y ヽ: : : ∨
              //: : : : :|: : : : : : : : : : : \/: : : : : v
             /: : : : : : ::|: : : : ::|\: : : : : |: : : : : : : :∨
                /: : : : : |: :∧: : : ::|⌒)\: : :|: : :\: : : : }
             /: : : : : : ハ:⌒\: :::| xt斧ぅ、人: : :/: : : ::     ・・・ではそろそろ本題に入るとしまして、マイケル・オークショットは
           /⌒|: : : : ::ハィ笊ぅ\j  乂ソ/: :∨: : :}:::::|
               |::∧: : :∧ ゞ'       /: : : :}: ::ノ イ:|    1901年生まれで1990年に亡くなられた20世紀のイギリス人政治学者で
               レ ハ: : :∧   r 、  //: : :ハ ハ:: レ
               /  \{\>:.. _ ....:<: : :/:/ レ      やや生まれはずれるものの投稿者が前に紹介した福田恆存や
                  __\< ̄::|    { ̄>
                 -=「( / 〉.ノ, -=ニ  ̄ 〈_        ラーメン大魔王さんが紹介されたジュゼッペ・プレッツオリーニ等と同様に
               / / 〈ノ vノ   \ヘノ` /⌒∨
                /   〈v〉       〃    ∨     資本主義と共産主義あるいは自由主義と社会主義のような
                   / y L∨/v へ   ヘ入ノヘ
                / {:             |      ∨    イデオロギーの対立や二度の世界大戦・植民地支配の終了等
               ∧::.... 〈v〉   _ _  ..ノ|      ∨
             /   | ̄       ̄  ̄ ハ        ∨   目まぐるしく移り変わる国内外の政治を見てきた人物であります。
              }>  |   〈v〉       〈 ∨      ∨
            /   〉            }  {    \  ∨
             /   /   〈v〉      〈_ {      \ ∨
           / /       _ _ _ _ >‐-{ i         \
            //     〈v〉         ∧\        \
        / {⌒V     /     |     /: : 〉 \        |
       /     ̄|___厂`ヽ_|__/::::: : :| \ \      ∨
     /      /: : : : : |: : : : : : : ∨: : : : : : : : :|   \ \      `ヽ
    〈 /  イ   /: : : : : : |: : : : : : : : ∨: : : : : : : :|    \ \      \



           ト、  _,,.. --- ..,,_
          / '"´___    `ヽ-‐ァ
        _/  ''"´ - 、    `7⌒-、 `ヽ
      <´    ,  !  ヽ   |___ノ、  ハ
      /    / / |   ハー-|- 、  `' ト|、       そのようなせわしなく変化し続ける世界の中で
     ∠、   /   !-‐ヘ.  /ーrテ‐r、    ./ ! \
      |.  ,'  /|-‐イ∨   ! rり八  |  |        進歩的な考え方以外にも人間の生き様というのは存在するのではないか・・・
      ',  |  ,〈,ハ rリ  ,   `"´ ,.,.ノ   八    |
       ) !/ヽ. ` ´    _   <.,__ノ   `> ./
     <.,__ノ ハ"    ´    / |   /! /  /.      まずはおそらくそのような考えを持って生まれた論考である
        / ,  〈`ヽ.、.,,__,,.. イ  八-<//ヽ, '
        |/|  ∧ ∨ ,ィト、/|/  /`ヽ./ |      オークショットの「保守的であるということ」の中で
          ∨__,|  '二Y´)⌒)  /r┘/\./
         / | !  -‐、}/、/\ r┘/   ,ハ       序盤にある有名な一節について紹介していこうと思います。
          | / |  rン||/  , '´ ̄` '     |
         ∨ヽ ト-':::::! |  | <O/      ハ
         ,'|  | \::::::| |  ヽ、 /     / .|
         / !  \/ ̄|/「 ̄ ̄`"ヽ- 、  ,'__ノ
         ! `    ̄/_」         /
        く|      /__/`       ,イ

.


538 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:41:59 ID:w8kJbIvs




・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                            | :: :: :: :: :: }/////,x≦/////////..<
                       |:: :: :: :: :: ::{////,'///////////////≧=x..、
                      _|_::_::_:: :: ::_:i!///////////彡'"´: ̄ ̄:ゞ///)
              ,r==‐‐==:´ : : : : : `¨´ : /ヾ.=.=.:≦<:´:/}: リハ: : :ハ: :}./,イ
              >=‐-: :-‐───‐, : : : : : : :/: : : :,, :,'"´: : ∨ :ノ : ハ: :!´
                       >≧x二`¨´: : : : : : : :ヾ =彡/  {:_=、:_/ /: : >
                    x≦/////∨: : : : : : : : : : : :.:._:,ノ   `=´ ̄,rニニ!      (前略)保守的あるというのは、見知らぬ物よりも慣れ親しんだ物を好む事、
                ` ==彡':, : : : : : : : :,r  " ̄           ヾニニi}
                        メ、: : : : : : : (              `¨f"       試みられた事の無い事よりも試みられた事を、神秘よりも事実を、
                      _   ゝ' ヾ: : : : ,r≧x   _            }
                 ,ァ'.:.:`乂    ` ""   |: !  .{ ゝ     _   ,ノ  __      可能な物よりも現実の物を、無制限な物よりも限度のある物を、
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶  .r==≠==.┴x、ニ=-、 r,≧=x  》;i≧x
               , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧  ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{二==xr彡'::.ヾlilililililili/   遠い物よりも近くの物を、完璧な物よりも重宝な物を、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧,,__∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:::..弋li彡'
      __       ___/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,       理想郷における至福より現在の笑いを、好む事である。
      { : :\   r7:.:.:.:.==‐----:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,r=:.x:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:__:.:.:.:.:.:.:.:.:}
.      \ : : `トx{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.,r=,`:.=====彡'⌒!:.:.:.:.:.:.:《
       ≧x: : : :`丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:ゝ:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.}:}:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ
         ,∧: : : : : :∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ==x:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,r=彡:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         /:.:/: : : : : : :ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`¨/"}x'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨
.        /:.:/ : : : : : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.::刈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:/: : : : : : : : : : : : :}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
.      /:.:/: :,r.x: : : : : : : : :,:ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.:./゙.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /: :
     /:.:/{ : :!:.:.{ : :,r: : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:,' :.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧  ,r≦' : :

           イギリス人政治学者:マイケル・オークショット(1901~1990)



                   _f丶≦__
                   r≦ニニニニ\
                  ト、 ノ二二二二ニニi
               ',: :` <二二二二 {_ /
              ,.ィハ: : : : : : :` <二二〕iト、         得る所が一層多いかもしれない愛情の誘惑よりも、
             Y´::i´/ヽ: : : : : : : : :` ー弋¬
              ̄ ,.ニ: : : : -‐、: : : : : : : : t`             以前からの関係や信義が好まれる。
             Y7  ゙' '´  r── ミ ソヾ
                〈       l: : : : : : :.\           獲得し拡張する事は、保持し育成して楽しみを得る事ほど重要ではない。
              ゝy_,zニ}. l: : : ,. - ∠ < ̄`丶
             〈廾i7 /: : :{ }:./ :'´ : : : : : : : : :ハ     革新性や有望さによる興奮よりも、喪失による悲嘆の方が強烈である。
                  ヾ-′ `>_: =ニ二}: : : : : : : : : : : : : ヽ
                √:{__: :r=ニ: : : : : : : : : : : : : : :.∧
                 {: : : :.l: :l:.`丶,_: : : : : : : : : : : : : : :
                     ,': : : :.l: : ', : : : : : : ー: : : : : : : : : : :
               ,': : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               ,': : : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _;.:
                  i: : : : : |: : : : : : : : : : __: : r=ニ弋: : ;∠
              |x T: 〉ーニニニニ二二__: : {: : : __: / ̄
              ` ┤ゝ: L--_|: |:t-': ---: : ::x<r=ヘ: : :
                   { /: :l: : : :l: :|:.l : : : < てヽ, Vム  ∨:
                 ', !: : |: : : | : |: l: : : : :.\\}_j__>'´
                    |: : |: : :..| : |: :l: : : : : : :∨ム∧

.


539 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:42:27 ID:w8kJbIvs




                    _,
                   __,∨x≦! 、
                ,x≦///{!     `
                  ////////ミヽ、   ∧       ,,,
                   ,'//////////∧    ∧ .,,>´ /
                   {///////////弌   ,,>:´x≦ /
                   {/////////////}, イ: : // : :/
                  }x≦三≡===/l : : ;ゞ ∧/、
                /二二二二彡'´\:!: : : :`ヾ:/> \         保守的であるとは、自己の巡り合わせに対して淡々としている事、
               /彡=二ニ=≦´: : :_:_:_:_:_: : : : : : : `ト))\
               `¨´,/´ ̄ ヾ  `¨´    ) : : : : : : ハ彡'´       自己の身に相応しく生きていく事であり、自分自身にも自分の環境にも
.              x≦〉       ┌===≠─‐‐≠- ..
           ヾ彡'           }             \      存在しない一層高度な完璧さを、追求しようとはしない事である。
            ゝ         ,∠!             /
             /> 、_, ./ ./          x≦
           __ ̄`ヽ//'"´   /    ,_彡==‐'"─x ______
           {: :`‐x..//x≦`ヾ'x≦-‐=,r=、}              \
          /`ヾ、: : ∨{( )        ヾソ ノ            }
        ,ヾ,彡'  ̄: : :∨、≧≠==‐‐‐彡'             i
        (: :_:,,: : : : : : : : : }  / | \                 ,
.          `(:_:_: : : : : : : :∧r=、|   \                  /
          ゝ=: : : :_:_: :/ / \     \             /∧
           `! ̄´ ゞ" /  . \                      |
            /|   {弌:'  ,r'x   \                    |
              /     ヾ __/ヾソ     \..,,r=‐‐            |
          /     / \__/       \==≦            |



                      ,. --────-
                     /
        _rfク_          /
     ,. <::::;::::::::> 、      ,'
.     /::::::::::::′::::::::::::∧     '
    |:::::::::::::{::::::::::::::::::::::i_    l            或る人々にとってはこうした事自体が選択の結果であるが、
    |::::::::::::::',::::::::,. <:::::::> .,__l
   ノ::___∠_::::::::::>≦ノ_            また或る人々にとっては、それは好き嫌いの中に
_ - ^:_,. -‐: /\=彡 ̄::::   r:::::Y
- _ r─彡    .\        ``i′          多かれ少なかれ現れるその人の成功であって、
     \         >、__     / ̄\
      `ヽ-  ̄` __,. 「ゝ-へ rミ、ー、       それ自体が選択されたり特別に培われたりした物では無い。
    ,. <     {__,. --f^  V:::::/   \
  /´             l  \   ー  ー─'⌒ ー-- 、
.  {            /    ∧` <      , -==\\
 八        /   /     ∧  \   /::/ __  V }
   |      /   /      ∧-=ニ ー、-∠<_ ヽ', /イ
   |   , '             } // ̄ ヽ ハ_ノj/
   |              > ´ //     > ´
   |                /_, -=ニ/


                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

.


540 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:42:58 ID:w8kJbIvs




                _____
       _ -━━=ミ≪`‘≪ニニニ=-_   ___
     -=ニニニニニニア:^寸≫_ `‘≪ニニニ-/'⌒'^Y
      }ニニニニニア: : /:: `寸ニ≫_ `‘≪/    /__
      }ニニニニ7 -/| :::」_ 寸ニニ≫{」ji斗- ¨ア  )
.      从ニニニ7  テミ  ::L\`゙守ニニ=- __,/≫‘        なるほどねー、確かにこの内容だと政治的にこうすべきというのじゃなくて
         -=|  : }_}}\{´} }_,}  |:`゙守ニニニニニ=-_
.          И: :|i  '  `^´}: ::|: : : : |: :|ニ=━━=-_      あくまで元々の人間の保守性向について述べてるというのも頷ける所かな。
            」: 込. ヽ   /ji斗:匕⌒Y|ニニニニニニア
   ,*…・*+。  У⌒¨¨二ニ- : : : : : :__」:_ ̄ ̄ ̄
  :      ‘。 }: : : : : : : : : -=ニニ: : : 人: `.           言われてみれば納得する話と言ったらなんだけど、
  」ユ,    o9 /: /: :ー――: : : 。+*…・・∵¨””¨“*+。
  ん  *,   :゚⌒V: : : :。: +:*: :‰'´'⌒^⌒V :  +*・・ :    新しい物がなんでも安全とは限らないし
  乂_ ノ^¨¨ ・╋σ∽ : : : : : : /         /: :|i 9。  g
         У / 〈\:_:∠ /____    /: : :|i   ゚“”;     知らない物より知ってる物を頼る慎重な態度も大事というのは
        /)⌒7¨¨¨¨´   `ー=ミ   ./:_:_r┛   。*
          /に-/             {┛     +゚       大なり小なり感じる人も多いというのはあるよね。
.        { }__{            _ 」    +‘
         V V」           /⌒   φ
        ).」}L  ー――=━━く      ο
         }ノ「 \      /      。*
.         V」人, \ ____/    |   ・。
         }/  }i\_/        |  *‘



           )、_,,.. -─- 、.,_
        , '"´    __,,,...,,,_ _   `' .、   、
      ./  !⌒)-、'"´      `"' 、  \ノ)
     , '   |_ ノ        l  ヽ  `ヽ.
     ノ     !/  _,.∠!_ ,ハ  /        !      人によっては積極性が消失し過ぎていると感じる部分もあるかもしれませんが・・・
    /     八  ,.イ __|./ | ,ハ  l       '、
   ⌒)    _ノ   Y 7ニ7Tヽ. レ' _!_ ハ   !  __,ゝ      見ようによっては古代中国の著名な哲学者である老子が説いたとされる
   /     !  八弋__.ノ     ∨`!  八/´
    l      ',  ⊂⊃      . `ー |/、_.>       「足るを知る」という言葉を連想される方も多いかもしれません。
   `ヽ     )  ,>         ⊂⊃(   \
     )ヘ. イ   (ゝ、    `    ノ   ,>   ',
       )へ.  ,.イ >,  -rァi'"´  ,. イ     l     このようにオークショットは政治学者でありながら政治に関わる関わらないを問わず
      /   ∨r<´ \__」ヽト、 /´ ̄`ヽ   /
      ,'   /´_`ヽヘ   /ム l7、 し、   i/      生物としての人間全般の保守性について論じているのが注目点と言えるかと思われます。
      i  /./   ト 、__/(`'´)!  メ,ゝr''´「`7┐
      ヽ |'     ∨-'   Y ァ ⌒「 」-┴‐、/`ヽ.
       `l      ヽ.    ()! <()ア´     !   l
       .∧       \_   lゝ、.,〈       |_ ノ
      / .ト、   ァ''"´  ̄`lこコ‐!      ,'
      〈  |∧  ´       | _|_j     /ヽ、

.


541 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:43:33 ID:w8kJbIvs





           _,. -‐──- .,   ト、
        , '´:::::_;;:: --──-\' |-‐ァ
       / '"´  __,,,.. --――ー'-'´ ...,,_
       ,',. -::'"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"':、
     ,/'´::::_,,.. -‐           ヾ:::::::::ノ
   , ' ´:::::r                'l´
  (;::::::::: i    ハ >x/| /   |   `i i
   `"  ハ    jY´ \ 从  _从-‐ノ l      まあ考えてみればというかこれも何度も話してる事に近いけど
     (      li   ̄     _Yイ ゞ
     )    i ''''     , \ / (       一足飛びに新しい政治的思想やイデオロギーのみを全面に出すだけで
    ∠ <.,_,.ノ    _     /  ヽ
     `ヾ /⌒ヽ、  `  イ  `ヽ       新しい政治や新しい秩序が出来上がるわけではないという感じで
       ',/     VT爪_,,   ノレ,)
       {     rv \j:::::{ >‐=ミ       まずはありのままの人間の思考や行動形態を見るのも大事というのはあるよねぇ。。。
      八    ヘJ ̄ ̄ {_/ /   \、
        ト、          `トしヘ. _丿i\
        | \{.        =ァ′l /`r  \
        |   \       彳ヽ 〈ヌノ     \
        ヽ   |      ∨ ̄ノ\iエフ     ヽ
         ヽ  `i      ∨j   ヽラ        }
          〉  l      \  |ン       /
         /   |        \ iゞ      /
         /    i         \u _,,.. -‐
        〈     |          \
        / ー- - i



                       _____
                . : : : : : : : : . . . . . . : : : . . 、
              /: : : : . . 、. . \ . . . . . . : : : : .\
             _. : : : : : : : . . .\. . \ . . . . . : : : : : : ',
            /ニ=-{⌒⌒}: : : . 丶 . . 、 . . . . . \.: : : : :.
           7  ̄: : :\/(__: : : : . . . . .V/. . . . : : 、.: : : :.       政治的な保守の概念を説いた元祖とされる18世紀のエドマンド・バークも
             :. :' : : : :{ : \⌒V: : : . . . . . V/: : . . . . .V/: :i_
.           i: i : : : :八: : :.\:Ⅵ: : : : . . . .V/: : : . . . .V/. }^Y     オークショットと同じくイギリス人ですが、バークの場合
.           {: {: : : :{ : i\: : :.〕iト、: : . . . . . V/: : : : . . i. . .i }
           Ⅵ: : : :_斗‐‐\: : Ⅵ\: : : . . .vヘ : : . . ._j__: }/      あくまで国家の法的秩序形成におけるプロセスの中での
           i八 : : . .|     〕iトv: : :\: ._._.} }__: : -=}⌒7
.            : : ヽ: : ..i ^笊う㍉ Ⅵ : : : ⌒..i ノ: : : . . . . ..       急進的態度への批判や進歩主義への懐疑の観点であったのに対し
               i : : ノ\{  Vツ } V: i : : : : } : : . . . . . . '
               }: :〈          }: | : : . . } : : . . . . . /        オークショットは素朴な人間の思考・感情等の観点から
               }: i: : .          }:.И : . 人 : . . /:/}'
               |:ハ: : :. 、 __     .:}: } } : /⌒}ハ: /}/          保守的性向の存在とその大事さを説いているという違いがあります。
               |i ∧ : i\     ィ^j / }: /   乂 __
               |: / ∧八 ` r<: :{イ/} }/     / ⌒\
               i  / ∧: :\ 乂: :人:}ハ /   /      >、       オークショットは日本では決して知名度が高い人物ではありませんが
               / ∧: :( ⌒__/ ´   /     _厂ハ\
                     ^⌒_ノ⌒/ __/     __厂ノ⌒.:.V ',    繰り返し述べますように政治的秩序やその形成過程以外の部分から
                     { { '  /    ___厂ノ⌒.:.:.:.:.:.:.V乂
                    八∧{/   ___厂ノ⌒.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.V⌒)   政治にも繋がる人間の保守的性向を説いた事が彼の功績と言えるでしょう。
                     {.:.入__ _ 厂ノ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V^(__
                     }.:(`´).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:V ⌒)
                  j.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':{.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.V(⌒
                  {.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.:.}∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
                   圦.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:ハ.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.、
                       个.:.:.:.:.:.:.:.:--.:.:.:.:.:.:.:/.:./.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\
                  {.:.:.:i:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:/.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
                  i.:.:.:{.:.:.:丶.:.:.:.:.:.:.:\i.:.:.:.:.:/.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  \
                       V/.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   \
                  ノ.:.:.:\.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:} ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     \

.


542 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:44:03 ID:w8kJbIvs




                     __,,,,...........,,,,__
                 ,,.. -''"´:::::::::::::::::::::::ヽノソi
                ,'´:::::_,.-‐'' " ̄`‐-:、>'´ !
               /<'.. -‐'' "´ ̄ ̄`""'' ー--'、
            ,::'"´:::::::::;;;:r,'γ⌒`'⌒ヽーヽ_:::::::::::`ヽ.
           〈:::::::::::; _丿⌒'          ト々;:::::::::;〉
            ヽ、::;i´r  /       ハ 人 ヽ, ヘ;:::;ノ        中々に納得感の強い話とは思うんだけど・・・
              r'´>、 ノ〈  i ,ィヽ八,,、ノ'レ- ルi ハ〉 ハ ,ノfヽ
             ヽf;::「〈 / ,ヘレ'!.ヒ__ri   ヒ__ri)| /人〈/|::r'丿     ひょっとしてもうこれで終わりだったりするのかな?
               {:::|ノ'レ',/ .i⊃  __  ⊂i イr!/ ` ノ:f´
.             `;::| 〈´Y 人  ヽ、 ノ  イ.ハノ   |::r'       これでもある程度は伝えたい事は伝えれたような気もするけど。
.            );i  ) .i´ Y>.、.,____,,,..イイシ'´    i;ノ
            ´\     |   {L,ハ_」}  |    /`
                 \   \ `^〈〉^´  /  /
                     `ー-ィ `ー‐θ‐(ー)' ├'´
                        」___〈〉___」_
                      く_____∧____ゝ
                    /      .i : : : ヽ:ヽ
                 /: : : : : :l : : ノ⌒ト一、ノ
                  ノ : ノ : : : :l_ノi  |─ '
                 (_,-、_ノi_ノト-イ──‐'
                    ,`ー--|  |  `ー'
                     (    |,、,,|
                `ー--ィ:Y:i
                     ヽ_ノ



               _,, - ‐ー イ 、
            )ィ ´  __,,,,,、 (^^) ゝィ
         __/ /⌒     `~ヾ、  ゙ヤ
         ノ /           `ー-マ
        /           /ヽ    ゙k     いえ、まだまだ続きますよ。
        j   ル/ヽ/\/レ  \ル  jヽ
        ハ    l  ●       ● |  ( |    続いては同じく「保守的であるということ」の中から
        |    |ニ⊃ (__人__) ⊂ニ  ) |
        V    ハ、_/##\__ノ  ハ  !    オークショットが人間同士の友情という観点から説いた
            レヘハノノ ∠入###ノゝレルヘノ /
                l ノ、ゝ##ノ、ノ、(⌒⌒)′    保守的性向に関する論を紹介していきたいと思います。
              レイ   (')@ト,ノ-ゝ/
                 メ‐--‐‐---ヘl
               _/    ミ    ヽ
                 (人        )、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.


543 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:44:30 ID:w8kJbIvs




・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                           l\
                      ____|/´ ̄\
                  /:::::::::::::::| ̄ ̄ ` 、
                  /:::::::::::::::::::::l: : : : : : : ` ヽ    ィ" /
                /:::::::::::::::::::::::::::l: : : : : : : : : : ゝ ´///
             /::::::::::::::::::::::::::::::| : : : : : : : / / //
            __/__::::::::::::::::::::::| : : : : : / /  //           (前略)しかし、人間の関係にはもう一つの種類があり
        ,  ´: : : : : : :  ̄ ̄: : : ‐-:_| : : : / /  //、
         i´" ̄ >ー 、,: : : : : : : : : : `/   `ー´ l、:ヽ          そこでは、当事者達は如何なる成果も追求せず、
          ゝ<´_      ` ー--イ          ヽ ̄::`:ヽ
        `ー/        人/イ、 ヽ          `ヽ::::::::ヽ      その関係にそれ自体として携わっている。
            / ィ   ノヽ  |;/ ̄ヽヽ、ヽ            ≫::::::::〉
         l/ l / i;、 i.ヽl .ヒ:}  l _`____       ≧/
           ヽl  Vj i/ゝ.`ー´ ,|: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄: ̄/        この関係は、それがもたらす物のゆえにではなく、
         -―-'、 ̄       ̄ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : l_
           l,_ .,,/            |: : : : : : : : : : : : : : : : ^´: : : ` ヽ    それ自体として楽しみを与えているのである。
        〈              |: : : : : : : : : : , <´: : : : : : : : : : : `ヽ
         ヽ                 l: : : : : : : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           __\            |: : : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー
        <: : : : ヽ、         / |: : : : lイ
         ヽ: : : : : : 〃ー‐- ´ヽ /: : : /
          ヽ : : : ,|l: ヾ、 |  l/:: : : /
          : ,,,iii|li、 |l|_: : ヽl  /  ∠_
          :;,ll,l!ll゙'l゙ヽl|:,- 、l_/ , -ー-、
          :;lllllllli,,,ト,l]l、: {〇 ト ̄: : : ○ }
         /:゙゙!!lliillll″  `ー´ ̄ ̄` ー ´



                       /‘,
                  _,./: : :L_ ィ
            /!_,. <: :/.-=ニ:./
.            /レ: : : : : : : : : : : : : :'-=≦/
          ,': ′: : : : : : : : : : : : : : :./
          }: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.`丶
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧⌒ヾ、
ー-----=≦─: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧                例えば、友情がそうである。   :
: _--: : : : : : : : : : : : , : : : : : : :/: ; : :./: : i、:∧            ::
  ` ー-  _ー㍉、k|: : /|: :__//|: :/Ⅵ: ト\!           ::     ここでは、親しみが何となく伝わる事によって愛着が生まれ、
       }ィ: ,、: : |: /. | : /tツフi:/   <_  ̄ フ       :::
         「ヘ、}/  | /    }'     >/ / ≧===- 、 :::..    相互の人格的交流によってそれが維持されている。
         |  > .,_/─┐    「::::ィ./         \ ::::..
         / \     ≧=-    _ ノ_} _,.ィ∠⊃-- ミ、 ....:::::
.         /    `丶 _        / :厂>'´/  厂`ヾ弋ニニフ  (中略)友人が期待通りに振る舞わず、また要求に適うように
        /  _   \  ` ー-  // / ´  ′ 〔_    ゞ=='’
.        {   `丶 ‘ , _  { ≦/ ./         }          指導される事も拒んでいる、との理由でその人との関係を断つという行動は、
.       |      \∧ `丶\   「.{      /
.       ∨         ‘ ,  \  ./ |‘,    ,.ィ{             友情という物の性格を完全に誤解した者のする事である。
        ∨          ‘ ,   \! ゚, ≧=- } |
.         },           \   !  ト ,  o/ l      ,.ィ
.         |∨         / \//rヘ、 >、. ノ     / }
.         |.:‘ ,       /  〃 ヽ  \__ ,イ    / /
.        | :.‘ ,    /  /    \  //  _,.ィ >'´
.        人       |  l         /,. < >'´    _
         > 、 \__ L_ !        /Y ≦ ヘ \, </
              弋__   >  ____彡'∧ \_,. <   {__
                  7ヽ=≦_   / .人_____/\ \ ≧=- _
                  { {>  ___,...  -=  /\      \ \    `丶
             ‘, ‘, ノ        /   \       ∨ 丶     ‘ ,

.


544 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:45:02 ID:w8kJbIvs




            _   ヘ
           {/\//く_ _        _
             //,/ニニニ \≧ 、    /:.{
.          /// /ニニニニニV/∧  ,.′:/
          //// /ニニニニニニV/∧/:.:. /
.         //// /ニニニニニニ -‐=‐- :. /
 r‐- ミ   /////{ニニニ 斗<二二ニニニニ≧ミ        友人達が互いに関心を持っている点とは、
 ‘:,:.:. _`:</// {ニニ/二二二二ニニニニニ/
  ‘:, \ `丶、≧o。<{ニニニニニニ斗 ‐七厂          相手をどうすることが出来るかという事ではなく、
   ‘:, ≧=‐-:.:.:.:.:.:.:.:.≧ ,ィfミメ:.: / {;リ }}:/ハ{
.     ≧=‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃V;{:.//  \:.:l===ミ             ただ相手の中に楽しみを見出すという事だけなのであり、
      ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     `ー  、‘:,
       彡:.:.:.:.:.:.:.:.___/       r===ァ} ‘:、        この楽しみを可能にする条件は、あるがままの物を喜んで受け入れ、
       / 从ハ:.:.:.:.:.:.、             ≧≦/ 斗-‐=ミ
.     /    从:.:.:.:.:〕iト      ,ゝ------x.く  }..,,___,,..ニ}    それを変えたり改良したりする願望を一切抱かない、という事である。
    /      `从:{     ≧=‐‐--‐‐=≦ ヽ`}ニニニ{
.   /         ‘:,.    ´             〉、ニニ ノ 、
   /≧=‐――‐‐-- 、 ‘:,./ 斗-‐‐-ミ   /  `¨¨´  丶
.  /        {○≧=‐‐< __      \_/          \
./         \    (__) :|                     \
                ≧=‐――‐┘                    ‘:,
               /|                             ′
                 / :|                            ′
             /  |                         ′



             |\   \          i
             | : :\  ≧=‐-ミメ  |i     .
       ー=≠≡ニ二三 ̄    \ル(   i
          >'⌒ : : : : : : : : : : : : : : : : : \/|
       / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : しイ(
       ⌒> ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧ミ=一'
.      /  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,三二ニ≡=…‥一
.        / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_..: -=ァ
        ′ :/| :.i : : i : : : : : : : : : : : : : : : : : xャ≦三≫'′/       友人とは、或る振舞い方をすると信頼された人の事では無いし、
        |: :/ │ |i :|八 : : : :| : : : : : : : : : : : : う≫'′ ≪′
        |:/     八:| : :\ : :トミ: : : : : : : : : : : : :≪} : : __,≧=-      何かを求めている物を与えてくれる人、役に立つ能力を持っている人、
        }′   }/_ハーヒ斥升\ \ : : : : : : : : : : : : : _,乙
     ,.斗ャ' "´     \弋'}__> : : : : : : : : : : : : : : /⌒          その美点が単なる或る感じの良い物である人にすぎない人、
    {//∧        ー‐‥'' "´⌒ア : : xャが(
      ∨/ノ              /: :/  '/ \> 、         或る好ましい意見を持っている人、の事でもない。
     ∨         ,, '’ __  (:>'′   /    }    `丶、
        \      / ,,rf厂>'′      /    ’         `丶
        \  __,ノ イ |/>'′      /     ノ            友人とは、取り組んだ関係だけのせいで想像力を引き付け、思索を刺激し、
          `¨¨¨´ | :|く≧=-_ -=≦/′    / /    ___ _
            _,ノ >{ニニ[ ]ニニニ)/      //> '"´        関心、共感、喜び、そして誠実さを呼び起こすような人の事である。
.              {   |  Vハ⌒マニ//     / /             .
               /   ,  Vハ  `¨/     /〃          .:
           /    ′ Vハ  /{   _,彡イ厶,_         . .:.:
             /       \ Vハ//|  \(⌒¨´          . : :.:::
         /           \Yハ/,|   /`          . . : :.::::.::
          /          \ヽ|   /       .  . : :.:::::.::.::::::

.


545 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:45:38 ID:w8kJbIvs




                      ∥ ,x=z、
                       ,イリ,ィ -- 、
                      ,x≦ニニニ≧x  \       , r7
                      ノ{ニニニニニニ}  ',   , イ,、 /
                       { |二ニニニニニ}!   / / /,'
                     ,リiニニ===ニニx≦´ , ' /,
           r-‐ ‐==-‐-v/´        /  //,乂          一人の友人を別の友人で置き換える事は出来ないし、
           ` ヾ    /   __....::彡'‐-ヾ彡'/
                 ` ヾx≦Tリ_/ヾ` '=='   ヾ=->           友人が死亡した場合と馴染みの洋服屋が廃業した場合とでは、
                  リハメハ´`イ ヽ‐= ,   , イ
                   ゞ=i´ ==,    ノ,.< __            世界はまったく異なっているのである。
                 x≦: :ゝ `´__ ,, ,イ .{==  〉
               < ´: : : : : : :>`=´r=≦´ ̄: {_
           _, x≦: :`>、: : : : : :rソ ,{! : : : : : : , 「L」」_ 、 _      友人という関係は劇のような物であり、功利的な物ではない。
         _,r彡: : : : : : : : :,x==‐-'、 ヽノヘ, イ : / : : : : : : : : : : `:ヽ
         ソ: l : | : : : : : : :,xゞ=' r= ゞ 丶.{., r 7x、: : : : :) : : : : : : : ヾ   その結びつきは親しみによる物であって、有用性に基づいた物ではない。
          / : :! : l: : : : : / , =-、ノ`ヽヾ! `ヽ: 彡' : : : : ノ: : : : :i/,' : : : `ヽ
.         /: : : l! : l : : : 《 , '  ̄)ニ ヾ `    \: : : : :/ : : : : , 彡' : : : : : :\
.        ,': : : : l! : : : : : :ゝ  '  ̄): :/: > 、    ヽ: : : : : : : : l!:/.: : : : : : : : :.\
       /: : : : : li: : : : : : ∧   ´ ノ:,': ', : : : ヽ     ヽ=,: : : : : i,ィ: : : : : : : : : : : : : :≧x
.      / : : : : : :‘,: : : : : : }   {': : : : : : : : : >彡'⌒_ \: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : 》
    ,': : : : : : : : :ヾ: : : : : :.|   |: : : : : : : : :《¨´ , イ \、\' : : : : : : : : : : : : : : : : /



                      ,. 斗_,. ィ    _,.ィ
                    /{,.イ:::::::::::∠===<:::/
                     _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
            \ ー- _  ≦ ____:::::::::::::::::::::::::::::ヽ\
             \\- .>'´:-=====ミ::<::::::::::::::、:::::ハヽ
             \ヽ':/ >i:::/:::::::::::;:::::ト、ヽ:/i:::::::}:::::|:|          そこで発揮されている性向は保守的な物であり、「進歩志向的」な物ではない。
.                /:/、ヽ....|/ /イ//!::/Vム|:::::/|::/リ- 、
               l::lナ........|/....γ9ヾムイ、..Ⅵ/ }'  ハ Y       そして、我々に経験する物事の中にはこの他にも――例えば愛国心や会話のように――、
           , -- |::| \................... ̄. '´   |::ト _\    } L
           ,'     Ⅵ `ヽ __....:'´       ,':,'r-- ヽY /  }       そこから楽しみを得る条件としてそれぞれに保守的性向の必要とされる物があり
         j     Vム |  7ー- _    /:/ ヾ '.イ/∠_イ ト _
.        /      ト、:'<_ーi´ ̄:::::>':>'   /z____}:::::::7   \   それらに対しては、友情について当てはまった事が、全く同様に当てはまるのである。
          } 、  _   | L_<二二 -≦--ニ二::/⌒ヽ __,/     \
.        /  \ \ j i   }三{、 ∨∧   ,' |⌒', /` <          \
.         |   `丶、 __}|_ ∠三{-、 ∨∧ / l   /     ` <       ヽ、
        j  , -=ニ二 {     ¬, ! }  ∨ / /          ヽ       }
        ,' / /       j   `¬ー< ) l     // /            〈, - y    /
        ,' .{        ∧  ___,.ノ´ ,'    // /          / /    /
..     {          〈       ノ ,′  // 〈            ,.イ.'´    ′


                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

.


547 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:46:36 ID:w8kJbIvs




                      -‐―━‐-
                _,,  ' "´         `ヽ
                /⌒   /         \   \
              ,:′    /             \
               /          |               ゙;.
            ,:′     i     _,.L._         ヽ  ‘,
           /    i ,,.斗f、    ! \`ヽ      ∧  i        ざっくり要約しちゃうと友人と言うのは
             ,'  〃 | '" 从| \  |ゞア芹ミヾ.      } 从
              i   i'   ゞア芹ミヾ、\〃代心.}ヽ〉  |    i.| i       自分の言いなりになる存在でもなければ、同じ考えを持ったり
          八  |   〃代心}     乂zツ彳 \|   从 |
              ヽ人  i|八ゞzソ ,       ノ厶イ ,イ i!`ゝ      都合の良いように動く存在でもない自分とは別の考えを持った人間って事だよね?
                ∨リ ハ    r―     /ノi| )i/}! i乂
               从   ゝ    ゝ ノ  イ|从У /|ノ_   _
                \((、i 〕is。., _,.。g个爪ノ〈 ノ(  '´⌒γ⌒ヾ:,   ちょっと極端な例えだけど確かにもし自分以外の他の人間も
              _  `ヽ)厶イ刈////"´ Уト、___{   /    }
               〃 ̄`ヾ、,,〉./.::::}// _/.::::::::::::::/≧コ〃    ノ  自分とほぼ同じような考えしか持ってないような
             _||____,ζ//.::::::::::}/  /.::::::::::::::::://辷ソ   /
           /ニニニ=‐-`ヽ//.::::::::::::}_/.::::::::::::::::::::://辷},j`ヽ/     画一化されちゃった世界というのはディストピアめいた感じはするかもねー
          /ニニニニニニ=‐\::::'゙´/|\::::::::::::::::::::://辷}j   /i}ヾ\
   /`ヽ . /ニニニニニニニニニ=‐-\/∧〉 \:::::::::::://辷ソ    i}   ヽ
  i     ∨/ニニニニ=‐-ヽヽニニニ=‐-\j γ  ̄ ` ヽ辷ノ  /   i}    }
  |   /ニニニニニニ≧; ヽニニ(\ヘ、ヽ、____ノ}   ,:'     }   !
  /:::::::::/ニニニニニニニニi:::::}ニ(\  /ζ"\ ̄ノ   /      i}   /
  |::::::,ノニニニニニニニニニ}::::}(ヾ、 /辷〉     \'" {/       }   ,:′
.   ̄`{ニニニニニニニニニニ}::::}ニヽ_/辷〉        \{       },/
     {ニニニニニニニニニ}:::}ニニ/辷〉::.         \       !



                         」`´   ____      `丶
                     ´    ´ ̄㍉:::::`丶      \
       ___           /       /     丶:::::\     ヽ_____
.      / ̄`丶.     //        /        丶:::\   /´ ̄ ̄ ̄`ヾ
.      〃     \  _/ /       /             `/`L〃
     〃          \  /     \/}/    l.        {_ ノ    i
    {{   _      \/  / / {/\{:    ハ |      i            |     古今東西の保守的な考えを説いた方々は
      > ´   `ヽ   /i/ / {fぅ  |l   / } i      |l         |
    /\ `ヽ    V  / イ 八んハ 八 ./  j/ヽ    リ          |     現実対応の面での柔軟的な態度として功利的な考えを
.   ∧ r::\     r┴r=ミY ノ /`Vソ   ゙ {   ̄`}ヘ   /           |
.   i 込_:::::\  `丁  }}イ i {    ,   r ぅx.  }\/  /       }|     説いている事も多いのですが、一方でこのオークショットのように
.   〉、   ̄ ̄   ′ 〃 } 从          {_ノ心、/'イ   /      _ 八
   ヾ ゝ     rュ/  .〃 ∧  ヽ  、 _    ゞ辷ンヾ ノ  ,   /   / }      人間の関係という物は単に功利的であるかそうでないかだけで
        ̄`Y{   〃 {_/\__ へ       -=彡' /  / ,./  ノ
          |{  〃 rヘ{      r'7ー    ィ< //  _, '/   /       決定づけられる物では無いと説いている人も存在するわけですね。
          |{   {{ ノ 〈{    ノ       ノ〉 /⌒> ´ /   /
          |{  .У   廴_∠r―――f⌒7  / ̄fフ   /`ヽ
             `ーク=====ミ   ⌒)    /  /   fフ    i   〉、       更に同時に自分の考えを他人に押し付けないという部分においては
            {    f⌒ー、  ∠ __ イ   ./  fフ 、  _/   / ハ
  ________}    厶斗 '      i7      f八  `丶_/ //       オークショットの論は今我々がよく目にする自称リベラルの人間よりも
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                l{     〈}::.. `  、_ `ヽ ´
           {/               !     八::::..   }  厂          よほど多様性という観点から見ればリベラリスト的でもあると言えるでしょう。
              /  f⌒ー、                 |_):::. /厂
          /}   ム斗 '  i/     Vi      fi⌒:::  / {
             {/         /         リ      j{_:::::  廴ノ
           小  f^つ          ∧    /厂  j{___/}
           く八   V´   {       /  〉   { )  / }  ヽ }
.         /  \       _彡    /    ノイ / /   }r'

.


548 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:47:10 ID:w8kJbIvs




                        ,,..,, _ __
                    ,. ''"´:::::::::::::_::::::::`ヽ、/´>
                  ∠-‐ '' " ´  ̄  >l_7/ ̄ }     ,'⌒ヽ
                 / _ ,,.. -.─::''::"::´ ̄:::::`"''ー<    |   ⌒ヽ
               ,. :''"´ >-‐'"´ ̄`ヽ'´ ̄`<:::::::::::::`ヽ、 !___.ノ
             /::,.:''"´/               `ヽ、:::::::::::)
            / /::::::::/                  \::/
            V::::::::::::/      ,       ハ      ',
            `'ー∠, ' /)r|   /ァテ‐、!/|   ハ   Y ハ´
              〈  ,/./-‐'、 ,八|  rリヽ !  / |  |   |      現実ではない創作の話になっちゃうけど、
             ノイ ! ヽしノノ-、 ゝ‐'    |/,、`ソ    ./
              { ,ノ_,|   ) ノ'´|""     //,ハ'  ./レ '      例えば漫画やアニメのキャラクターも似たり寄ったりなキャラしかいなかったら
              .r/:::/   ,イ、  |   、 __´ `',.,∧/ ⌒ヽ‐、
             /|::::::|  /| |  /!\.,, _ __  ノ  ',    ノ     例外もあるかもだけどそこまで面白い物にはならないだろうし
           /  \::\  //..  |::::::\   l:::::::::! `!\_/
           '´     `ー‐イ   |::::::::::::::`ァ-ト;::::::::l i_ノ´ヽ     考え方や価値観が異なるキャラ同士の掛け合いが楽しいとかってあったりするよね。
        /           ∧.. ,  \:::::::::/〈_〉 ';:::/ l ´  |
        /         / i .',     \/‐- 、 Y_ !    /
        |         /  ∧         V´、_i,  ../
        i、__,,.. __,..- 、        〈_〉ゝ.,___,ノ  /
                   ト               ! \!
                  .. ヽ.         .  ハ    `> 、
                   .`|         〈_〉  `ヽ.__/ /`ヽ
                   .∧.       !::\____/ ../ヽ/ ̄`ヽ|
                   ,\\____/;::---─ '´  `、  、j\
                   /  \____/ /        \_)  ヽ
                  /         !/



          _,ノ)──- 、.,_
       , '"´   _,,,....,,,__ ` 、
      /   ,. '"´       `' 、\.
     ./(`'´)'´   |          `ーノ
     |  Y     /__  |   ,|    、 `ヽ `ヽ.
     ',  | /  !. ´| _ /!  / |  ,'  .∨ !.   ',
    _ノi_.ノ |   |ィソ ̄リヽ|/  !/‐ト  ! ト、(.    |    それこそまさしくオークショットが指摘するように
   / .ノ `ヽ ',  |,,´ ̄      、__, ! /ノ  `    !
   ! ./    )\,ゝ      .   ,,レ (       ,'    「友人という関係は、劇のような物」という事でその通りと言えるでしょうね。
   ヽ!    /    \   ` ー    八 >    /
   /ヽ、  _人   )ヽ、  _,,. イ  ノ´    , '
   ,'   )'´ \)イ\   ̄|ヽノ |/     /      では話を変えますが最後に政治において「統治者の職務とは何か」という話に関して
   !    _,,.イ´ \>、 \_rヘ |\-‐-、 /´
   ',  /´   、  \\/(`'´)!,. --、/、        保守的性向について説いた論を紹介していこうかと思います。
   \|     ∨  Y   Y  !<O>!/ \
     !       '.,   \ ( `')' 、__,.ノ    ヽ、⌒ヽ.
    ,'       ハ     `Y _ノ  ∨  /ト、  |
    ∧    ,.イ /| , '"´ ̄(')´|   |_./|  |__|   !
   く ∧ー-イ___|/∨     し'    |_|_ /   ./
  /`\!_∧     '>- 、,  (')  , '"´`ヽ!  /
 /       ∧   .〈_/ / , `ヽ. l /    ノ´∨

.


551 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:49:07 ID:w8kJbIvs




・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



               , x≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:::`ト
                /,';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|!:::::::::\
                  |,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!:::::::::::::‘,    ,ィ 、
                  ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|!:::::::::::::::‘, /: : :/
                  ||:.:.:.:. ===:.:.、:.:.:.:.:.:|!::::::::::::::::://|: : /
            , x≦゙´: : : : : : : :`゙ヾ |!::::::::::, イ// : :,'              (前略)或る人達にとっては、「政府」とは権力の貯蔵所として
       _,,..-‐''"´: :: : : : : : : : : : : : : :/ヾ ‐ イ / _/: : ,'
     x≦  __,,  -====‐- .、 ___, イ: : :´ : :´゙゙ヾ´': : :/:.、              現れてくる物であり、彼らはそれに刺激されて、それをどのように
    ((   ̄/ : : : /x=、: 、: : :.|l ヒ:)   } : : : : : : : '´ : /:::::::::≧x
..    ヾ  /: メ!: : lj! ヒ:)ヾlヾ: :|l    ノ : : : : : : : : : ´ ヾ:::::::::, イ           利用する事が出来るのだろうかと、夢を見るのである。
        ` |ハ: :ハ/ヽ   l` ヾ!丶   ' : :_:_:_: : : : : : : : : :`、´
            ヾ! =-ヾ-イ´  丶 - -‐ ´  ) : : : : : : : : >'
       〆≡=x                 ,.' : : : : : : : ,イ               彼らは、様々な要素を含んだお気に入りの企てを持っており、
        <三三彡'             , イ: : : : : : :, -ヾ
          ヾ゙゙゙´        , -,    , イ: : :_:= ==' 彡'!  , -、           それが人類の利益にかなった物であるという事を、心から信じている。
           ヽ         /--彡'   { : : :/    / : : :l=/: : : `===‐-
      _,    ゝ _ , イ´   x≦  ヾ_:_ヽ彡'゙ : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   x≦ニヾ     //     / ヽ   / : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  ヾ刈ニニ丶___,// /ヾ - '      \/ : : : : : : : : :x≦ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ゞニニニニニ/ ,.': : :〈        / : : : : : : :/ , -、 : : : : : : : : : : : : : : : : :
    `弋二二彡' ¦: : : : ヽ      / : : : : : : :/xl: :l: : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      ̄ ̄     | : : : : : : /`≧= =====´: ::|ソ: : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               ヾ : : : : : {: :l: :l : : l : : : : : : : : x≦'゙゙´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
            ゝ: : : : :ヾ_二: : : :_:_:_:_: x≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                <: : : : : : : : : : : ̄´川  ̄´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                 ヽ : : : : : : : : : : /ハ : : : : : :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
              ¦ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



                    x ==..X...=x、、
                      /:::::::::x≦:.:.:.:.:.:.:‘.:.,
                      , ':::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,::',
   .                /:::::::::,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',::l!          _,
                     ,':::::::::,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,::l!       x≦/
            _       ,'::::::::,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ‐- _:.ヾ!x==‐‐ ': : :/       そして、人が統治するという冒険として彼らが理解している事とは、
          |: : :`ヘ  /:::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:..:x≦: : : : : : : : : ヾ: : : : : :彡'
          ヽ: : : : `: :≧x::::l:.:.:.:./´.: : : : : : : : : : : : : : :\:.r7'         権力のこの源泉を獲得し、必要であればそれを増大させ、
            \:` ‐- x: : ` ̄ ヾ : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_:ヾヽ
   .     ___   ヽヾ    ヽ: : : : ヽ:_:_:_:_:_: ,,.x ==',彡ヾ: ヾ:! ))_       そして、彼らのお気に入りの企てを仲間達に押し付けるのに、
      x≦ : : : ` ==,ヾ == ' : : : ==/: :/ 乂__,,}: : :/ヒ:} ,ヾ:|リ : : : :`ヽ
     /: : : : : : : : : : : : 彡': : : : : : : : : : :l,ィ´  ヒ:} l,' : /v‐- ' |/ : ヽ: : : :¦     それを利用するという事である。
     !: : : : : : : : : : : : : ヾ:::: : : : : : ; = :_:_:` ‐‐_´/,ィ´ ` x! :_: : : : :ヽ: : :,'
     ',: : : : : : : : : : : : : : ´ ヾ=-x、 (     ̄  ´  x==x `ヽ : : : ヽ/
     ヾ: : : : : : : : : : : : : : /: : : : :≧x 、         ヾ圭彡´  !': : /<、      このように彼らは、統治という物を情念の手段として認識する傾向があり、
.      〉: : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : `≧x      ̄   / 〆: : : ¦
        /: : : : : : : : : : : :/ : : : : : :_,zx、 : : :_:_:_:_ゝ        ,ィ : :] :, =、: l!      政治の技術とは、欲求に火を着け、それを監督する事にあるとされる。
.       / : : : : : : : : : : : :|! : : :_:/´ :「: :二 、 : : : : `  ‐- ‐彡ヾ: /ヾ._ ,,))
     ,': : : : : : : : : : : : : :' ´ ̄ : : : : |! ( : : :) : : : : : : : : : : :〆ニヾ;;;;;;;;;;;∨
.    ¦ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ_:_: = :_:_: : : : : : : / : : : :ヽ;;;;;;;;∨
.    ヾ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :´ : : : :_: : ヾ == ' : : : : : : : : ̄/
      \ : : : : : ヽ : : : : : : : : : : : : : :-‐ ' : : : : / : : :‘, : : : : : : : : /

.


553 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:49:47 ID:w8kJbIvs




                    \ 、   |\  |、
                __\ \|  \|∧
                     ̄ ̄>: : : : : : : : : : : :Ⅵ
                    //: : : : : : : : : : : : :: : | /{
                 //|/、/{/{: : : : : : ::∨: {__
                /⌒ ≧一ノ\\: :{ : :/: ¨¨¨¨二___ノ
                        ̄: : : : {: /:ニミ一 : :二 ̄ ̄ )
                |         : : :.{/ : : : __ ィ─=彡
            乂___      . : : : : : : : : |       (中略)勿論、今日では、この種の私企業型の政治家が仮にあったとしても、
                    / ̄}   . : : : : : :.:.:/\|
               /ニニ/⌒V ̄丁ニ}/}/V          それは、人々の側における欲求があまりにも漠然としていて、そのような政治家の
                  〈ニニニ_{ニ/ニニ=|ニニニニ∧
             /⌒>-{/ニニニ=/|ニニニニニ_〉_        提供しようとしてる物を請い求めるように、促す事が出来るほどだという場合であるか、
             /ニ/ニニ={ニニニ=/∧ニニニ ̄ \ニ\
         /{ニニ〈ニニニニ={\}/}//ニ\ ニニニニニ〉ニ=ヽ     あるいは、人々の欲求があまりにも独立心に欠けた物であって、
        /ニニ{ニニニ\ニニ={  Vニニニニjl ニニニニ/ニ/ニハ
.         ′ニ{ニニニニニニニ_{   {ニニニニ_|=ニニニ/ニ/ニニニ:.    自分自身の責任において選択して活動する機会がある事よりも、
       ニニニニlニニニlニニニ=}   {ニニニニノニニニ/ニ/ニニニ ∧
      /ニニニニ=|ニニニ|ニニニ_{\  }/{//{ニニ=/ニ/ニニニニ= |   豊かさのもたらされる見込みがあると思っている、という場合であろう。
       /ニニニニニ_|ニニニ|ニニニ_{ニ=\ ,/ニ=}ニニ/ニ/ニニニニニニ!
     ′ニニニ二_|ニニニ|ニニニ_{ニニニ ∨ニニ{ニ /ニ/ニニニニニニハ
     lニニニニニニニ|ニニニ|ニニニ {ニニニ /ニニニニニ=/ニニニニニニニ=‘,
     |ニニニニニニニ!ニニニ!ニニニ {lニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ_]
     |ニ⌒\=}ニ|ニニ|ニニニ {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
     |ニニ/⌒ニ从ニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |
     |ニ/ニニニニ/ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl|
     ∨ニニニ=/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|ニニ |
     ∨ニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=|ニニ.′
.       ∨ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |ニ〃
.       ∨ニ!ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl| ′
.        乂l{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |/
          |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |



                               __  ,r:x
                              \:.∨:.:/
                                 ,..:rく三三三≧x
                               /:./二二二ニニニ\
                            /:.:./二二二二二二二il}       ,.イ!
                             {:.:.:.:.{二二二二二二ニニ{!   ,.:r.://
                       {!:.:x、     {:.:.:.:.{二二二二二二二ニ{:.'彡':.:´/
                      ヾ\\__ ⊥,r≠-..、x≦三三三三三}≧x/
                     \ヾ=::f:.:´∠二ニ===‐‐=r:.:⌒ヽ: : : ヾi三)
                      \:/: : =‐-:{/¨´/: :ヾハ: ∧/:_リハ:.:ハ
                            }: : : 二:ヾ : : iニニリ: }/ ヾ='':,イ'        また、その航海は必ずしも一見したほどに順風満帆ではなく、
                        .: : : :./:./: : r=== ''′,r==x`ヾ
                            {: : : : {:/ >(       ゞ=='  )        この種の政治家は状況判断を見誤る事がしばしばある。
                    r=rrイ : : /  ,......::f`{ ,r 、       /__
                      /: : ヾ ゝ='  /..............i}l¨ヾ\ __,ノ,z:イ       そしてその時、我々は民主政治においてすら、簡単に言えば、
                  /: : :_: :ゞ={ニニ>x.............∨{´: :`:": ヾニ≧x
                    /: : /: ヽ: : /: : : : : ::\......∧i!: : : : : : {トilililili}、 _     らくだが御者の事をどう思っているのかを知るに至るのである。
                      /: : : ゝ :_:_:/ : : : : : :/ゞ=≠vヘ:,r=≠'´:∨ilili/: : : :` :ヽ
                  / : : : : :¨ : ∧: : : : : : ゞ(_):_:_: : : (:):i}: : : : `¨´: : : : : : : :゚:。
                    / : : : : : : : ∧∧: : : : : :´: : : :乂 ̄彡' : : : : : : : : : : : : : : : }
                    /: : : : : : : :/ : ∨∨: : : : : : : : :{i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {!
               /: : : : : : : ,イ: : : :∨ : : : : : : : : /i| : : : : : :,;r============≠======   、
                ゞ===.彡'∨.:.: : : : : : : : : : : : :/: !} : : : : :/∧ニニニニニニニニニニニニ}
               {....................∨ : : : : : : : : : : : : 》: i{!: : : : :{/ゞ==================== 彡'
                   ∨..................∨ : : : : : : : : : : :///:! : : : ://////////////////////////
                 ∨..................∨ : : : : : : : : :///: |i: : : //////////////////////////

.


554 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:50:20 ID:w8kJbIvs




                        ,x;
                    >xィ /
                , x≦三圭二≧=x、
               , イ 二二二|二二二ニニ',ヽ
             / /二二二ニ!二二二二ニ', ',
            ,' ,'二ニニニニ|二二二二二! !
.            , ,レ二ニニニ|二二二二二! ',            さて、政治に関する保守的性向においては、統治という
           , {!二二ニニニ|二二二二二}  ,
              , .{ニニニニ =≡=‐- 三ニニ;!  }            活動についてのまったく異なった見方が、反映されている。
              l  ,x≦三三三三三三三三`≧x!       ,
..    、.x      ,{,/三三≦==≠=== xz、三三‘,.=. - イ,!
.     \ ≧=x、/x≦´ ``トヘ| l !{ ヽ彡' = 、 ヾ!=='   彡'       この性向の人の理解によれば、統治者の仕事とは、情念に火を着け、
         > , 彡' リ: :{  ヒ;! } 川!: : { ヒ;!  }: :ヾ!   /
            メ=l:j-! : ゝ ____,ノ: /リヽ: ゝ __.,ノ : : ヾ '´          そしてそれが糧とすべき物を与えてやるという事ではなく、
            リ {: : : ,x == '    ` =: : :-, : : }
              ゞ: :! ,   x≦≧x    ,〉,<            既にあまりにも情熱的になっている人々が行う諸活動の中に、
                  `ゝ{   ヾ圭彡'    `,       , -‐x、
                              } ,..___  〉::::::::::》     節度を保つという要素を投入する事なのであり、抑制し、収縮させ、
             , =ゝ           ,ノ-‐‐x、`.':::::::::::/
             ',\ ` > 、  ,_彡'´  _,,..x≦}` =彡'      静める事、そして折り合わせる事なのである。
              ヾ \   l`´,}x≦´ ̄    ,j
                   }  `>、,!  ゝ       ,ソr、
              ┌彡´     《  ,イ`     / //≧x、
            , x≦{ `x   ,....._}__.{_____     // /    >
.      ,r<      ヾ   r'´○        ◯ }  ´´ /       ヽ、
     /           ∨ ヾ== __二=__,, -= '    /         ∧



                            | :: :: :: :: :: }/////,x≦/////////..<
                       |:: :: :: :: :: ::{////,'///////////////≧=x..、
                      _|_::_::_:: :: ::_:i!///////////彡'"´: ̄ ̄:ゞ///)
              ,r==‐‐==:´ : : : : : `¨´ : /ヾ.=.=.:≦<:´:/}: リハ: : :ハ: :}./,イ     それは、欲求の火を焚く事ではなく、その火を消す事である。
              >=‐-: :-‐───‐, : : : : : : :/: : : :,, :,'"´: : ∨ :ノ : ハ: :!´
                       >≧x二`¨´: : : : : : : :ヾ =彡/  {:_=、:_/ /: : >       そして、全てのこうした事の理由は、情熱的であるのが邪悪な事で、
                    x≦/////∨: : : : : : : : : : : :.:._:,ノ   `=´ ̄,rニニ!
                ` ==彡':, : : : : : : : :,r  " ̄           ヾニニi}        穏和な事が有徳な事だからというのではなく、
                        メ、: : : : : : : (              `¨f"
                      _   ゝ' ヾ: : : : ,r≧x   _            }         情熱的になっている人々が、相互に目的追及の失敗という
                 ,ァ'.:.:`乂    ` ""   |: !  .{ ゝ     _   ,ノ  __
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶  .r==≠==.┴x、ニ=-、 r,≧=x  》;i≧x    状況に陥って脱け出せなくなるのを免れる為には、
               , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧  ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{二==xr彡'::.ヾlilililililili/
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧,,__∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:::..弋li彡'     節度を守る事が不可欠だからなのである。
      __       ___/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
      { : :\   r7:.:.:.:.==‐----:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,r=:.x:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:__:.:.:.:.:.:.:.:.:}
.      \ : : `トx{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.,r=,`:.=====彡'⌒!:.:.:.:.:.:.:《        この種の統治者の事を、恵み深い摂理の代行者と、
       ≧x: : : :`丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:ゝ:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.}:}:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ
         ,∧: : : : : :∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ==x:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,r=彡:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',      見做す必要は無いし道徳法則の守護者であるとも、
         /:.:/: : : : : : :ゞ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`¨/"}x'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨
.        /:.:/ : : : : : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.::刈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}     神の秩序を映し出す物であるとも見なす必要はない。(後略)
       /:.:/: : : : : : : : : : : : :}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
.      /:.:/: :,r.x: : : : : : : : :,:ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.:./゙.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /: :
     /:.:/{ : :!:.:.{ : :,r: : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:,' :.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧  ,r≦' : :


                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

.


568 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 21:00:04 ID:w8kJbIvs




!::::::::::::::::::::/                ´`ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ';:::::::::::::::/     /     {           ⌒ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.  `、::::::::ノ  / / l / /ト、   ヘ   ト、      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::'、
    ゙∠,  / // |/ |/   | \ l   | ヽ      ゝ:::::::::::::::::::::::::::::',
    <.,_/ {/ ,ゝ、」_   、 _ヽ_jノ .) ノ     !::::::::::::::::::::::::::::::::;    あー・・・確かに人によっては政治は調整する場と考えてる人も多そうだけど
    ∠ ∧ | i゙んi゚〉    'ん√ヾ;,リ {      {:::::::::::::::::::::::::::::::/
      ;'´ ハ| 〈しシ     {トr:::ノリjノト ハ     ノ:::::::::::::::::::::::::/     野党支持者というか自民嫌いの左派の人は政治家というのは権力の座にあれば
.     _ノ ノ/ ...¨´ '      `ー=' ∠.;'´,'    /:::::::::::_::_;: - '´
   , '´ ;'´ 八 '''  r 、    ::;:;:;:  /ノ    (` ̄ ̄,-、         好きに自分のやりたいように政策を進められると思い込んでるフシは感じるかも・・・
 _ノ   ノ i ,込、  i、 )          / 〈     .ノ   !  '´ )
;'´  , '´ ノ   .\__       ,.ィ´! ,ノ   , '´    ヽ、 /       もっと言えば民主党政権が失敗したのもそんな感じでやったからと考えちゃうかな?
.  ,ノ  ノ :、 r=彡^ト __,.     i / {   ノ       .У
-厶ー-厶ー-,>≠=ミ=z、_|    __| ノ   (ー―--―一''´ノ
      /     \ `ー‐┬:::::::::::::77´(`丶     /          でも、本当はもっと多種多様な存在の人間が存在してるから
      /        ,ヘ、__人:::::::::/ , -─‐ }一 '"´_._ _
       {              ̄ ー― ― -'-''フ フー‐´   `)        権力が有りさえすれば簡単に目標が達成できるというほど甘い話ではないよね。
      \                   /::/        ̄〉
       〉``‐- __               {:::{      ニフ
      /      Y               |:::| ̄`lー― ''´
.      {         ヽ              |:::|   j
       }        `/ヽ          |:::|  j
      /         '、!/`ー―- _ __人,レ´



                             //       | |
                     ____ ____   / /         / /
                 /: : : : : :./ : : : : : : : :\/ /         / /
                / :/ __{__: Y´⌒\___       / /
.             / :/ニニ/⌒√ ̄八        )     / /
            / : /ニ> /: : : : :| : : : : : \.   /Λ  //
.           / : // : / : : : : : : | : : :|: : : : :\/: : : : ∨ /
          / : /: : : : :|: : : : : : : :| : : :|: : : : : : : : : : : : : :∨
.         / : /: : : : : :|l : : : : : : :| :/八 :|: : : : : :| : : : : :|
        |: :/: : : : : :|八: : : : : : :|/: : ::_|_:|_ : : | : : : : :|        政治という物を様々な自己の欲求を叶える願望器のごとく捉えるのは
        ∨: : : | : 斗:┼‐ミ: : :./::Τ⌒: |: : :|: : ::八: : : : |
        ⅰ: : : | : :|::| :lΛ: : : : : |: : : ::|_ 斗:.:/:├⌒!: :|        ある種普遍的な考えではありますし、それ自体は否定される物では無いのですが
         |: : :|: : :_:_|_:|:  |: : : : |: | :灯Lノ「 : : |Lノ八|\
          : : :|八: : j扞匸ミ |: : : : |: |/ [L;;ツ|.: :/「.ィ(: : \       しかし一方で政治家が特定の人間だけの願望を叶えるという行為に走ると
           |八|: : : : |〉[L;;り八: : : |八  ,,,, ノ: :/八:八: : :「
            И\: : :|Λ,,,,,    \ |   ⌒フ|/: : : : : :|\|       別の立場の人間や事象に塞がれてしまい結果として双方が
.           |: : :\ : Λ             イ : ノ: : :.八 |
.           |八| : |\ 个: .     ' `   |イ: : ∠           得をしないという事も往々にしてあるという事は政治史に関して
              从:.:|:八\ノ \≧=<    {/  ⌒〕_ト _
          i^ーrリ ̄ ̄     \   j/       __   「  }    一定以上見識のある方であれば存じてる方は多いと思われます。
          {_⌒{  { [       \/       ノ ノ ノ ̄}
          {_⌒{  {_|       厂 {       く/  \ /: |
 ̄ ̄\     [_⌒〉   ヘ      /:: {      />   \ノ: ::|
   ̄\\    |{⌒〉 \\ Y⌒`⌒Y   く/   \ノ::: :: ::|
     \\   | {__⌒\    人   人  _,,   }__〕┘: :: :: :: | \
.       \\/|:: :: }__ ⌒\_,/  \/|:: :∨  }__〕┘::: :: :: :: :: ::|\\
.        \\ :: :: |\_/__{ :: :: :: :: | |:: :└‐く\: :: :: |/: :: :: :: 丿   \\
.           {:\\: :|:..:: :: :: :: :: :: :: ::| |:: :: :: :: :\\: ::|: :: :: :: :: :|    \\

.


556 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:51:02 ID:w8kJbIvs




           , -‐"´ ̄ ̄`"‐-、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ,-"7
         /:::::::::/"`゙ヽr"´`ヽ、三三i彡二ミ
       _/三=/: : : /: ヽ: : : : ヾ::::::::::: ̄`"ー‐‐--、
  , --‐"´:::::::/: :ノ: : :/: : : : :i: : : : :、: :`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::)
 (:::::::::::::::::::/: : : : : : i: : : : :人: : : : ヽ: : : `ヽ::::::_;: -‐'
  `‐- 、_i : :/: : : : /| : : :/  ヽ,∧: i : :ヽ: : !´
       .! : :i : : :rfアハ ,/   イi_ ,r!.|、: : i: : |            なんというか、突き詰めたら当り前の事なようにも聞えちゃうけど
      .ノ:_,: :', : :|弋メソ      弋zソ/: ', /ヽ,"ゝ_   _
     ∠-‐ノ /i :/、xxx   ,  xxx∠: : !,'-ト-ゝ/  `Y´  ヽ    人によってはそれが当り前の考えではないから
       ノ´i : | :‐-ミ       i : :/: : :ヽ i        /
       / : ト、: : )、  ^  .ノ、:(: :ヽ: : : ヽ|     /     この人の考えが光っちゃうって感じなのかなあ・・・?
   ___/: /:/ : ):/_,-i "‐" ´i,‐ζ:)__: ヾ : : ヽ,  /
.   ヽ;__/:,--'‐‐(/:.:.:.',     /:.:ヾ.:./ミ゙‐-、:.:_,×゙´
    /: __:/ \ζi.:.:.:.:.ヽ-、 .‐/:.:.:.:.:.:/シ/ ,イ: : : :|         でも考えてみたら政治家という物をあまりにもステレオタイプ化し過ぎた
   (_∠、_|   ヾ::|.:.:.:.:.:.:><:.:.:.:.:.:/リ//  | : :ノ.i
  / |/: : :i    ミ:';.:.:.:./∧ `ヽ.:./ミ,'/    ! :( .!         子供の童話に出てるような悪い王様みたいな権力者像のイメージで
  !/:._,イ:.:|   /"ヾヽ/\_∨  `'__ /    | : ,ゝ,|
  |`"´(: : :i  .",.^‐- )‐、_`ヽ、_,.゙´ `゙.,    !: :i/         大人になってもその認識のまま人とかいるというのはあるのかもねー
.  ',   ',: : !  彡二´ ):::::::i"ヽ、,|-─‐-i-‐  .|/!
   ヽ  ヽ'´!   ∠-/_,.-'"´ ̄`ヽ---"   iレ'
    \   ',   /      /       ,'
      \ ヽ,  /       ,く      /
       \|_\     ,./  `ー--―"ヽ
       ./  `ー-‐"´"──"´     \



                            _,,..、、、、..,,
                   _  . : : : : : : : : : :`丶、
                    /:iγ⌒Y: : : : : : : : : : : :\
               (: /⌒ 八  ⌒Y: : : : : : : : : : :.:\
               / : : : : : : ヽ_ ノ: : : : : : : : : : : : 〈⌒
                 . : : : {: : : :|: : : o: : : : :|: : : : : : : : : :
              ∥ : : ∧: : :|: : : :.&: : : :|: : : : : : : : :.:i
                  ∥: : :/ ̄、( |: : : : i‰: : |: : : : : : : : :.:|
                ∥ : : : ィf汀^|: : : : |: ゚*: :|: : : : : : : : :.:|     あるいは日頃人間心理という物にある程度触れてる方からすれば
              ∥: : :从 リ  ∥: : : |: : :゚o: : |: : :|: : : :N
            ノ |: : : r'   / |: : : :|: : : :.゚c |: : :|: : : :|      このような人間の性質に対して目新しさは覚えないかと思われますが
              |: : 八      : : : :.| \: :|: &: : |: :∧|
              |: /|:: :: .^   |: : :八  |: |: :|:%八/        おそらく政治学の世界においてはまず政治に関する目標や手段、
                /八 〈 \_/|: :/    |:∧: :/&
                 / ハ : {  |:/ } 、丶` ̄∧  ゚c        道具となる思想やあるべき秩序等の話が主となりがちな中において
                   / / ⌒  /   ____ / ∧   ゚。
              __r‐┤    / _( 人\/∧  &       繰り返しますようにオークショットは政治に関わるそれらの要素以前の
             /\ヽ_}   /|  //⌒  ⌒ヽハ   *
              { しし  フ   | ∥       ノ/∧  _∴     人間の思考や行動形態について語っているのが
             ;  ) _/    //   /  ( /   ∨ ( +
             {  ア    Lノ   /    ∨)  〈⌒〉c    政治学者としては異端という事で名が残っているのかと推測されます。
             /} ;   ¨¨´/ /    //y{     } 7 *
               /人八   ∥ /     //八\_/7 ♪
           /{ 人_} 、  ∥'        ///  `¨⌒´  *
              } 〈 ∧  /            /〉        。゚
          | Ⅵ\ ∨       /   / {        ∫
      γ^y㍉.|  √ン/       /           ♪
.       φ  ♪|   し /       /      ∧      ¶
       ¶  ‰ |    V             / ∧     † ,,..,,
     Å%  八  /      /       / ∧    〆⌒゚c
     〆  ゚C。.∧ /      /          / ∧   ♂ ‰cφ

.


558 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:52:30 ID:w8kJbIvs




                                -‐‐    _
                             ´             `
                        /  _ =-‐ニニニニニ‐-=     \
                            ィ´>''´  ̄ ̄ ̄ `''<\    ,
                       /   ´´               ``( `Y´ )
                   /                     \,/、
                 /                       \\
              ` ̄´ ̄/     ./                   \\
                      /     .∧‐-          _}           \\      今回紹介した内容のまとめに入りますと―――
                  {     ∧{ \{ 、      ´/ヽ}ヽ        ‐ 、 \ヽ
                  | l | ||イ示示ミヽ{  } /示示ミ .}     } } } ∨',
                  | l | |ゝ弋zソ    ヽ/}/ 弋uソ } }   \   } } i ∨',    ・まず人間は変化を必ずしも好むとは限らず
                      ゝ{ { {\ 、、         、、//    `¨ ノイ  ∨',    様々な保守的性向を示す事がある。
                      /  \〉、          ー ´ /    .}  } {'    ∨',
                  / /|  }ゞニ=          / {    } }  }\,   } .}   ・人間同士の関係は一方の人間を自己と無理に画一化させる物ではなく
                   ノイ !  ノイ \    ー 一   / 、 \ ノイ /}/      } .}    それぞれの違いを楽しむ在り方が存在する。
                          ヽ{、     > 、    , イ{ { /\__ニ-‐{ '       } .}
                           ヽ{、 {ニゝ }` ¨¨´  .リ { { \〉 ゝ、       } .}   ・そのように人間という物は多様な存在であるがゆえに
                        _( ノ\〉 ./       / .ゝ`ヽ、、        / /   違う人間同士を対立させないのが統治者の務めという見方がある。
                         (  /ri    {       /   〈/ /´`)     / /
              ==      /´(   { l」    ',   __/    _  /´ _)ヘ      / /
          r‐ '´ , 、 \ _,/´ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄> v <__   〈/ {´ _)   ∨ ./..イ      ―――・・・と言った所でしょうか?
       _ノ   `ヽ、`¨¨ゝイ}_  ヽ     {       } `ヽ、 /´ )    vイ/
       ノ   ヽ`ヽ'   r‐┴     ',     \   ,/    二¨´    //
.      /  r _ノ¨´¨` 、 ヽ-‐    ',       〉/     { 0_}  .// !
     {    フ -‐ ´`ヽ}´ ゝ-、     ',    //     /´: : : : :`ヽ/   |
.     /|  ¨´ {‐、   _´ ̄ヽ}    }`ヽ  //    ./: : -ァ==-.、  ',     !
  /  .!   _ '  ∨´ヽ    __ゝ、   .} │ { {     {/ /イう心\}     |
. 〈     ゝ/     〉    /   〉/´   !\.{     {\ )弋_ソソ/}     |
  ヽ  ヽ/    /    {    /     |.  \   ヘ: ` ゝ==イ: : /   │
.  /   {      {      \   {      |     \   〉, . .____ . /    .|



                            ィ'''" /
                              / / ィ ノ
                       /  ζ ζ( ̄ ー- _
                       //  く  ̄くヽζ      ̄ ̄ ー--ッ
                       /    く  < ミ```     _,,x、「r‐ ̄
                     /  //  )ノヽ}` /   \ `ィメいζ
                  /        /   j      Y  \ ヽ
                 ノ         / ノ l      l  }  い  !
              、__/         / ⌒い }  } j   l } }
                ̄ j   __彡ィ/斧ミx、 }ノ  ノ メ }  j l 人
                ノ    ̄/     {{:::r‐ソ}}-彡 彡ノ  }  ノl l メミー
               /   {  l    i`“''゙   ̄,ィ斧ミx、ノ  ノ トく__,       まあ口で言うのは簡単だけれど、
              {/(  λ  {  { `rゝ ,   弋(^シノ /ノ メ
                `ミ_ トミ乂 ヽ }\ ゝ__,`  /⌒~''" `ー-ノ       実際政治の話って難しい所もあるというか
                   )ノ、 /`ー)メ、 `r---‐ " 乂__ `ーノ  厂
                   r--く_:.:.:.:.:.:.\ハ:.\`ー<\  ヽ }ノj/=x、      何かしら拘りを持つ人が多いからどうしても対立は生まれやすいけど、
           。*'''゚ ̄ ゚̄'''*。,,戈-、:::::L:.:.:.:.:.:.:.ヽj:.ト、ヽ::j┐)ノヽノノ     ))
         〃         {ヽ 乂::::::廴.:.:/ヽ:./ `弋 ヽ    γ:::⌒ヾ      それでももうちょっとでも皆が互いに考えを認め合うような感じなら
         {(         j  \ 辷::::::Y   l`丶、\{    {::メッzz彡
           ゚*。       j   ヽ{  廴:j   j/j:::}   ヽ、ノ癶ミ;:;;;;ノ      もっと政治という物は進めやすくなるというのはあるかもねー
          _゚*。,,,__ノ__  〉      \l:/  __。x*゚  「///^ヽ
    /{ -‐''" ̄   ̄/  ̄/   ̄ ̄ ̄{~゚''''======*'''゚~ ̄  }   >-ッLj i
   ノ         ア   j    ゙、 l ノ  \           jハ  { 厂 / l
  /         /    /  ヽ  ヽ 〉    ミ       / \  { /Y ヽ  ノ  }
/        /     {    `丶、{ _         /_ }/   l __>xノ    /
           /      7 二ニ=―/::::jヽ _      \ /   }/::{/     /
       /        / /   /::::::ノ ̄    ̄`丶、      ヽ:::Uヽ /::ヽ
       (/(      /    ヽ /::::::::〉-‐弋      ヽ     ∨::ノ /:::::::}
        {     〈    \ j::::-::ノ:::ノ    ̄ト {_{_j/ /ヽ   /:::乂:::::::く
ヽ       ∨(ィ、  ヽ     ノ:::-::)::〔      ̄     / ヾヽ  ハ/::::::{:::::::::)
  Y         `ヽ  ハ    {:::::("::::/          \// __メ::::::乂:::/
  i           \ `~、 }::::〉::ζミxzzzzZZZzzzzx==~<  ヽ:::::::)::)
  i             `ー--ミ{::::::Yく     ̄ ̄ ̄  /:.:.`ヽミ__}ーミ(/
  {                 /`~:.:.:`<___>''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
   `ー---ニ二_  _     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
            ̄~--‐⌒/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧

.


559 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:52:49 ID:w8kJbIvs




                        ___
                    _ -ニ     ニ-
                  /  _ -=ニニニ=- _(⌒ v-、
                 / _. -=ニ ̄ ̄ ̄ ̄ニ=\   .}
                ./         /     .  \/
               /        /      八   ゚,
               l     /       l      Y  +
               {   / l  从.| .|   .,ィ  .}  ゚。
               ∧     / 八い. |   /|   .}   ヽ*          時折「日本は意思決定が遅いのが欠点」と言われる方も見ますが、
              / ハ. {  =zx、.,_  }八_/.、xz= /  い ゚。
              { .{ ヽ Y  乂ツ`   ´乂ツ リ´,.ィ   l. +        投稿者個人としては以上のような人間心理や人間社会に関する
                  人‘、{\ 从      、     /lノ lソノ }   ゚。
                   `~乂`ヽ.\   _   /ノノ} /ノ}jノ     ',      本質の話を考えるに多少は仕方ない所があるかなと思う所でしょうかね。
                       ⌒`)个 、_ , イ∧〈⌒´       ゚,.。+*+ 。,,.
                       _/⌒ ー 、 ,-─"i、ニ、     ,。+ ゚´。       ゚+,
     ,,.。+*+ 。,,. _     , ― ⌒)入`、 ./l卜 , ' 〉 (ー- 、,.+'゚    .*       ゚*.
  ,+゚´        ゚ '' *+ 。 ,,   W ⌒)ー.、ー---っ*⌒,.+'゚ \     ,゚        ,゚
  *'               /     ゚ '' *+匕.ヽ〉〉⌒ ̄,.+'' ゚    ヽ   +゚         +
  *            Y       { /Y  ´´─- _ Y .}\ー、-、 }*''゚        ,*゚
  ゚'+,。          /    厂/ { < 乂_ツ >.}彡ミ\ヽ, ',       ,,.*゚
     ゚''*。,,       〈     /,.λ 八  ` ー- ´ .ノー へ_〈 } , l      ,,.+゚
         ゚ '' *+ ,.。 〉    , / .〉,.+'゚ヽ 。   。'   ゚,  〉 { ,  ',,,.+* '' ゚
             /     ,.+'゚ / 〈 +  ̄ *    * 〈  } ,  ',
             {   ,.+'゚ |〈 /   〉*    +   +  〉 { ,    ',
             l,.+'゚   , / .〉   / ゚, 〈v〉゚,   ,゚  〈.  } ,    ヽ
            ,.+'゚    , { 〈   〈  *,  *  ,*  .λ \' ,   l
          ,+゚ 八    , l 〉   〉   ゚。+.,゚,.+'゚   { \ ヽ; ,  }
         ,+゚       , }〈   /    ゚'*., ゚'*,,.    \ ⌒\i , /゚*。
         *゚     \   ,{ .〉 〈.       ゚'+., ゚''+,,゚     \  ∨   +
        +゚     r イ\ V ./    ,.+'゚ ,゚'*´゚' '* 。,,   \._/  ,,..*
        *     ヽ -  ̄Y    ,*゚   +    / } ゚ '' *+* '' ゚
        '+       \ -      ゚+,    ゚,  イ─ ´ Y
         ゚+。    / > ニ - -  ゚' *''゚ < _ ィ〔 : \
            ゚ '' +/  ̄ : : : : :  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : \



                   {  \    /  {
           -=ニニ{   >、_// /^i
        _ -ニニニニ八  \}  }_/__厶,,__
       /-ニニニニ=-.∧-==ニ_ニニニニニニ-
      -ニニニ- _ -=/´/     \.ニ-ハニニ=-
      -ニニ-/⌒\:{ _、-- .,_ {\. \`¨´ノニニ-
.      -ニ// / ‐…‐:{/ ____ `、`、 ````ヽニ-/
.      {/_// /    /八 └--=ミ^'*、\ \ {_彡'
   i{  _-ニ/      { r-‐'^¨二ニ=--``' \.`、ー彡         まー、遅い方なら正義ってわけでもないけど
   { ゝ-- ' / .}  i   `¨¨´ r宀‐v_>ヘ   } }_Γ
   ゝ --r彡ノ  ノ   {   八_rf尖㍉Ν゚, ノノ ヽ__          少なくともそうした方がメリットの方が多いから
  /-ニァ`ー‐彡/.:   {    i<_.:迄彡)ノ}-ゝ-   〔__ノ   .}i
  {-ニゝ.,  ⌒}. :  /} }i人 ノノ人.:辷彡ァニTΤ :〔_.,,__ノ}__     そうなってるというのは省みた方が良いというのはあるよねー
  乂-ニノ/  /  ーxfでう )' 、  ```И. . ..| :l:  ,⌒ー<_
  ー=彡'. .  {/ 八. ´^^`    ー ^ ./ :} i :|     Ⅵい   }
      八. . . .{乂ト-へ 彡介=---=≦;∠ノ ::   /, Ⅵy   ノ     それを踏まえた上で一歩ずつ新たに踏み出す方法も考えるのが大事って所かな?
   {    >-弌__.`、. . .ヽ   Vノ八ヽ :{r人..|  '" _彡イ. {
 _,,人{乂_彡'.ノ   .} . r=}   .}. . . ´<` ./   | .,_   :〔_ ! 乂_
. {Γ.〃^''ー''゙    八./ /{ (     \{__r'']: Ξ   〔-_.`Y``i ノ
.人 、乂``~、、ー=ァ゙ /]{⌒/,\\ /V⌒V/,    .}ニ-ハ ノ'
ー一'’  ``ヽ \_ア .i {. _]´'く⌒>.,,_У./゚。  ,こ-_    八=-_ :.
.   {乂__ノ   '{ トミ-.]. . ./´<こ/ 〈 +ノ  こ=-}. .  こ_ゝ-}i :.    --
____>、、.,,_、ヽ`ゝミ . _〕/ .{  "   X´  に/. . . {ニニ//, :.、、/: : :X: :
.,,_ / ´ _、、、.ノ}. . ノ人 . _〕 / :     /'     {゛_込、. . {ニ-くニ/, :. i{_: :/: : :
 `>/ ー=彡     `._〕'. . .}   / ゚。     `トミ_〕i=个=r=ニニ-.人''冖^}i
  {(             r''゙. . ./}    V+ノ     | 「ニ=-}ニ] ̄ニニ-/ )>。,/_
.             ノ``/ / }   /`` \    | レ/.八-〕ニニ-,ハ   /
.            /../   八   {         !'-/ニニ〕Vニ/ }: /

.


560 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:53:14 ID:w8kJbIvs




          二|ニ
          く厂          /   ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、ノi
         ┼ ll      (、.,_,./ / 二二二二二7⌒)  i
           丿こ      >  //        |____) ヽ
          ‐七_      /   ./| /   .∧      \ i      ちなみに今回参考にしたのは最初に述べたように
         く乂 )     /   ./―|/∨|/ ̄∨\|\    \
    |ニl土   ┼       | ハ/           |    i .i   i \  )) オークショット:「政治における合理主義」の日本語訳(勁草書房1988年)で
    └' 寸   フ⌒)      |/i  i  .|          |    / .i   i  |
    曰 曰  一ァ      /  j │           ∠ ノ   i  |    中古での購入だったのですがそれでも2000円前後と少々値は張ります。
   │日│   (_,   (( ∠__ .|           ノ     )  |
         ー_ァ      /  八     rっ   ∠     〈  |
    | ll    ´c)      i   |≧=- --zァ= ≦〔_\/iハノ  |     よって今回紹介した内容は彼の論の一部に過ぎないのですが
    l__ノ   ├      レハ/    / ヽハ/ ⌒゙ヽ    /
     や   く厂              /./  o\ Y  i   /      他にも参考になる話は多く読んでみる価値のある本かなと。
     ┼ l    ,ゝ、          Z^⌒iヽ/ {   o (●)----- '
.    丿よ    ノ          `⌒\ .ヘ   o .Z¨¨i  .l
    /     ┼ l               ー´L___`T¬┘
     レ )  丿よ                /       ̄ \



       , : ': ̄ ̄ ̄ ̄>.、   //|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::/\///
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  //‐‐―-―---,r
.    /::::::::::::::::::::::::::::::/  //        <
   /:::::::::::::::::::::::::::/  //           \
    l:::::::::::::::::::::::/  //           \__>
.   l::::::::::::::::::/  //  .i      i  i     \
    ',:::::::::::/  //   __l__ ∧   l _⊥、  i  \
    \/  // l   '´/l / }  ,イ∧ | }  i  iー-        所々どう解釈したら良いのか難しい所もあったり
     \//   i /_._ l/  l  / ' ,r‐‐'、 l  l  l
      //{   ソ r´  ヽ !/  { .__ l l  l  l          一般向けとは言い難い所もあるみたいだけどねー
    /∠__,l     ト、ゝ二_ノ      `ー‐´ l  l  l
        l    l \/// ,.--ー,  /// )ー┼'7⌒ヽ       それじゃ今回の話は終了という事でバイバイダヨ―
    .   l (⌒Y`┴-、 \ (,  ソ    _<  l  ヽノ
       l ゝー゙i   ゙i  `ト-示― 7 ̄   ヽ l   l
       /  l::::::l   }  /iヾ〈+〉_/ '\   ヽ,!  l
    .  /   \::ヽ   !/ ,l   . ヽ.   \     /
     //l /i  \ヽ.  //   〈+〉   >==Y
    ..'  .l/ l.    、!/__/     __i\/:::::::::::メ,__
         l/\ ,イ    ,.-―┘       .___/|
            /  `ー´          ./\::::::::/
           /               _/:::\ \
            ヾ`'ー--┬┬―――‐´:::::::::::/ヽ __)
            \:::::::::_| |::::::::::, ー´ ̄ ̄
    .         `ー-.| |-―´
                   ` ´
               ...........................
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

.


561 : 筑紫草 ◆8mQ7OWf51k : 2023/01/13(金) 20:53:30 ID:w8kJbIvs

以上です、本当はもっと載せたい内容はあるのですが
あんまり冗長になってもだるくなるから省略しないといけないという難しさ


564 : 尋常な名無しさん@謹賀新年 : 2023/01/13(金) 20:55:17 ID:WGBOrI9w

乙です


572 : 尋常な名無しさん@謹賀新年 : 2023/01/13(金) 21:04:30 ID:TWXhoUMc


民主党政権は自民と相談したらメイン支持者から非難されるという酷い欠点があったので調整無理だったんだろうな
あと出来れば通し番号をお願いしたい


関連記事
[ 2023/01/24 23:47 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(7)
180528 :日常の名無しさん:2023/01/25(水) 05:10:57 ID:XcyhX9Lg[ 編集 ]
古代インドや古代ペルシャで、今は友情の神になってるミトラが元々は停戦の時の契約の神だったのもそれに近いのかな。
身内や戦友じゃない、考えや言葉すらも違う相手と結ぶ関係が友情であり平和でもあるって感覚だったのかもね。
180529 :日常の名無しさん:2023/01/25(水) 07:24:54 ID:-[ ]
面白いし、実に分かりやすい。本の方も読んでみたくなるが探すのが大変そうだ。

しかし、これが異端になるってことは…他の政治学者は全く「人間」を
見ていない、という事なのか。政治ってものは人間がやるモンなんだから
人間を見ずに語れるわけがないと思うのだがねえ…
180537 :日常の名無しさん:2023/01/25(水) 17:28:55 ID:-[ ]
ラーメン大魔王さんと違って無駄に引用して貼り付けているだけでなく
自分なりの解釈や紹介した内容のまとめがあった為、大変良い紹介を読めてよかったです
180544 :日常の名無しさん:2023/01/26(木) 01:12:48 ID:-[ ]
20世紀のイギリスの変遷を思う存分体験した結果の論評だなっと。
ヴィクトリア朝の終焉とチャーチルによる第二次大戦の薄氷の勝利、
そして、鉄のカーテン発言からの長い長い英国病の時代とEUの概念の萌芽、
さらには鉄の女サッチャーの登場とフォークランド紛争の勝利ぐらいを下地としてから読むと、
いろいろと裏を楽しめる。
同じように、現代の日本の状況も加味してこういった言説がどう受け取られるかもまた面白い。
ぶっちゃけ、腐ったリベラルが台湾や尖閣諸島、沖縄を捨てるぐらいまでいっちまってる中だと、
そういえば英国内でもナチスシンパや共産党シンパって大勢大勢いたっけなあって思える。
そりゃ、こういう話にもなる。
180570 :日常の名無しさん:2023/01/26(木) 17:35:00 ID:-[ ]
人間が持つ保守的な性質を肯定的にとらえる、ってことかな、面白い。
ただこれ、政治にそのまま適応するのも難しい。
だって、プーチンがウクライナに侵攻したのも、「ウクライナはロシアの一部である」という凝り固まった保守的な考えがひとつにはある、前はそうだったのだから今もそうなっていないのはおかしいという考え方だ。ウクライナを、ここで言うところの「他者」に見れなかった。
継続を美徳とするのは、たいていの場合良いことだけど、スタートがそもそも間違っていた場合は最悪な思考法になる。
180606 :日常の名無しさん:2023/01/28(土) 10:30:22 ID:-[ ]
日本の意思決定云々については昔から合議制の側面が強くて圧倒的な力を持つ専制君主が存在してこなかったからじゃないかなって思う
それこそ天武天皇と後醍醐天皇ぐらいじゃない?
後醍醐天皇は失脚して吉野で南朝作る羽目になったけど・・・
江戸時代なんて某地方領主が圧政やらかして反乱起こされて斬首とかそこまで酷くなくても大名が暗愚の場合家臣に幽閉されるなんて話もあったぐらいだし
佐々成政も両国経営に失敗して一揆が頻発した咎で切腹だし昔から統治する側もされる側も相応に納得できるように気を配ってったのはあると思う
180609 :日常の名無しさん:2023/01/28(土) 12:04:58 ID:mQop/nM.[ 編集 ]
中韓なんか権力持てば実際好きに出来ちゃうような国だからな
そういうのが東アジア的権力者だし自民だってそうしてるに違いないとある種の人々は思ってるんだろう
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十六話 ダンスマスターの講義 (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十五話 策略 (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十四話 図書館パニック (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十三話 日刊預言者新聞号外 (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十二話 死ぬかと思った (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百二話~第二百十一話 得点集計 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十七話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十六話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十五話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十四話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十三話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十二話 (01/28)
  • 読者投稿:新たな賞レースを見てて思うこと (01/28)
  • 読者投稿:「たのしいまるち」~中編~ (01/28)
  • 読者投稿:病人の勧誘はデメリット多いんじゃない? 自分だけ? (01/28)
  • 読者投稿:ロシアさんと中国さんはそういう所どうにかしようか? (01/28)
  • 読者投稿:国際的な小咄RESCUE28 オスマンの血統 (01/28)
  • 読者投稿:国際的な小咄RESCUE27 プロテスタント性の違い (01/28)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ エヴァンジェリン (01/28)
  • ちょうたんぺん 魔道具屋やる夫の店 (01/28)
  • やる夫が異世界で前を向いて・・・・誰だお前!? その2 (01/28)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ 風見幽香 (01/28)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 お願い小話 (01/28)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようですLv2 最終話 (01/28)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようですLv2 その9 (01/28)
  • 読者投稿:「たのしいまるち」~前編~ (01/28)
  • 読者投稿:太古のイッチ質問「 なんで国際系スレ増えんの?独立せんの? 」に実際やってみたから答えてみる (01/28)
  • 読者投稿:新春日本外交の本気~受け継がれし安倍外交とその進化~ (01/28)
  • 読者投稿:真冬の夜中のテロリスト (01/28)
  • 読者投稿:vs 会計検査院? (01/28)
  • 読者投稿:サルの同性愛 (01/28)
  • 目次 やらない夫と真紅はパリに出るようです (01/27)
  • やらない夫と真紅はパリに出るようです あとがき (01/26)
  • やらない夫と真紅はパリに出るようです 最終話 パリを回ろう (01/26)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百九話 (01/26)
  • 承太郎とやる夫は、今も風都の探偵のようです 【tに気をつけろ 2/相棒は魔少年】 (01/26)
  • 沙英は看板娘のようです 第8回 (01/26)
  • やる夫は軟式野球をするようです 埋めネタⅡ 嗚呼、仁義なきプロ野球界 (01/26)
  • 国際的な小咄 9326 貧乏の定義 (01/25)
  • 国際的な小咄 9325 それはそれでどうかと思うの (01/25)
  • 国際的な小咄 9324 そんなこと言われても…… (01/25)
  • 国際的な小咄 9323 痴漢対策は日本を見習うべき! (01/25)
  • 国際的な小咄 9322 頭のいい痴漢対処法 (01/25)
  • 国際的な小咄 おまけ 痴漢は怖い (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 26 (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 25 (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 24 (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 23 (01/25)
  • 読者投稿:詩歌的な小咄5・補遺 (01/24)
  • 読者投稿:共通テスト小ネタ (01/24)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!