スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最近の時間のなさをお伝えしておくと終電か始発で帰ってます。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:モビルスーツは何故人型なのか

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

8318 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:02:02 ID:BUZuKETU




   |::::::::::::::::≧x     {  `ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.  八:::::::::::::::::::::::::::::`ー,.ィ  Y⌒Vxく´ ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::∧
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::\  λ γ ―一'   /:::::::::::::::::::::::∧
   ∨^\ゝ⌒Y´ ̄ヒ升≧=-=ミ    /::::::::::::::::::::::::::::∧
  ,. ┴ r‐`ー=乂`ト、 し'⌒メ、\::::::`ヽ f `ヽ::::::::::::/\ :::::∧
  \     / 〃  /   く,. -‐==ヽ\.  \ ::,′ ヽ ::::ハ
   冫 ,-‐/  /   {    ハ ソ'⌒メ、\  ∨    ∨:::}
   く    {.       ',     } )   }`ヽ\ }      ヽ:}
    `ヽ  ! /  {   ∧ 丶  ! 人 }  `ー―‐\     ∫   変態技術、ということで一本書いてみた。
      乂ノ'{  八 乂_ゞ.∧ 八弋ト、,八 ヽ }冫::\
       入 ヽ j八 弌:iノ'  )イ 弌::} メ レ  .} ノ、\:::::::\      正直、このスレでやるネタか?と思うが
      〃 \ ハ、 乂リ    弋ソ ノル' 从 ,ハト ∨:::::∧
   ー=彡 {  } ゝ`ヾ u.   '     / jハハ  \}::::::::∧     まあ、余興と言うことで一つ勘弁してくれ。
     {八'   ノ 人  ト    ‐-、   イ У}   `ー一' ::::::::::::\.
    {  ! ノル'`_γ::/ > - .< / ' イヽ ハ  j丿:::::::::::::::::::\
     ∨ヽイ´ ̄ /:::::i! \  / ゞ、__丿 ̄下)イ `ー ――‐一'
       /  ヽ }:::::::| ヽ / ヽ ノ{ ゝヽ)' フ. ∧
.      /     ヾ::::::{  {i!i!i}  .レ一'ヽ/  ' ',
      く / i  ,ハ:::::',_{i!i!i}_{  , } }     八
      冫 {    リ:::::::ゞ {!i!i!}::::::7/jハ彡    メ ノ




                      ,ィ´ ̄ ̄`ヽ_
              ,ィi「 ̄i〕iト。,__/!    /:.:.:.V〉、   {\
             / /⌒V/\.:.:{ |___j_,,..r{]辷)__j :.\_  ___,
.            / /:i:i:i:i:i}h、//7i廴_(O)ノ.ィi{/⌒7 {__彡' ̄i「V´ ̄ シ′
.              / /i:i:i:i:/ : i辷L\__j__/辷)/: : :/: : `¨´: : ′:.ヽ/
          _,イ_,,厶斗 '⌒V(辷(辷r━‐ri斗tく : : 廴 _ : : / :.:.:.:.:.i}
         i(____,乂__ ノ/:/i:i:i:i[辷」]「 ̄ ̄廴_,≧=‐━くi:_:.:.:. ノト、
         乂|_|_|_iフ’ヽ/¨´{:.:{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:// ̄/〈_/: : : ̄\i:i:\ヽ,ノ___\
.           / /iィ竺竺7 「弖/:/j廴i:i:i:_>'゙~「 ̄i '⌒ヽ:.:.:. /i:i:i:i:i}.:.}¨ ̄ ̄`   「モビルスーツは何故人型なのか」
          / ,ィ竺竺i))゙_jI斗━く{ ̄ ̄} o   }_ {:乂__ ノ廴/___ ノノ
.        〈,ィ⌒Vi紗゙/〉i[]i[]i[] ̄〕i]_{__j_j_:.:.:.:.:.:.:.}/〈 ̄¨´
.       ,ィi〔三)少ニニ{」i_「j:「j:「j_ノシ'゙¨¨¨¨¨¨¨¨´____,ィ劣i〉
.    ,ィi〔三j>(〇))冖i辷i辷i辷iノー<_______,ィi{竺竺竺少'゚
    (〇 )/  `¨´   `¨7⌒¨ ./ /   i廴__}iー┴┬‐┘\
     `¨´          / :.:. /:./┐ /! ̄:.:./i| :.:.:.:.:|:V :.:.:.:. \
.           __〈:.:.:.:/⌒/ 廴//{ ̄}/i:i|:.:.:.:.: |‐∨ .:.:.:.:.: \
          /( ( /)i>ー':⌒Y゙. : : ://i:i ̄i:i:|i:| :.: .:. |:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:i〉
.          {乂⌒/ : : : : 〈i. . : ://! :.:.:. |i:i|rl :.:.:.:.:.|:.:.:.:.\_,ィi〔____
          辷{ /: : : : :/ \_//| :.:. i/i} |  .:.:. | : : : : : ヽi二)二ノ\
          {__ィi{\_,, / :.:.:.: / └─┴'' ーrッ‐┘: : : : _j:.:} ̄ ̄ \,ノ\
         ___,r'゙ \i〉/__,,ノ          \:.:. \r'´i:i:V〉、     ヽ..ハ
         }\\/(/⌒}_j_)            \_∨/i:i:\〉、     }ー}
         i  }\}:i込_ノノ i_\            ヽ__}\:i:i:i:i}Vハ   }ー}
         \i{__//:_jI斗 /⌒i}                了i:i:iV ̄\_ト、  }ー}
           }  {:.:{ヽー'i:.:.:.:.: lト、             Vハi:iVi:i:i:i:i}:.:.{\{_}
          /\j:.:.}: :i:. :|:.:._,,ノ}:.i}             ト、:.:. V /\: : :\ノ
        _,ィi{.:.:.厶:乂廴:i:.:._,ノ⌒i〉             {i: :\ V〉: : : \: : :\
.       /  \/ー\_:.:.:.「 ̄ :.:. /             ‘, /∧V〉: : : : ∨:.:.:/ヽ
       {\  /: : : : : : ∨〉ー‐ri}               ∨ /∧V〉 : : : i〉 .: \i)
       ∨/ーr‐━//// 〉____j>'’              ∨ /∧V〉_jI斗fヽ:.:.:.:\
        \j{i///////¨ ̄                 ∨  l  i|「i ̄ ̄ \:.:.:.\
           ̄ ̄ ̄                            \_j  i|i:|ト、: : : : : \⌒`
                                            「: : i|i:|i:.:.\ : : : : :ト、
                                            {i_//\ : \: : : i}: :\
                                            {⌒ト、   \: : :ー┛、:.‘,
.                                            `寸/\    Y´ ̄:.:.:.\:i}
                                              `'くi/\_j__,zzz77:i}
                                                \/////////>'’
                                                  `ー‐  ̄

.





8320 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:02:53 ID:BUZuKETU




            ,.-ー-、
           /    \
         , '        \
        /,  _,.へ、_   ,.ヘ、
        ´7  ゝ、  _,.r⌒i´ 〈ヘ
        ,'-'"く__ィ__,.-=ニ=ニ=-=`ヽ、
        / _,.イノ´         ', `'、_
       ,!ィ,.ィ´ γ   ハ  i  ハ-_ i  ハ>
      ,.' .イノ  /  ハ`|メ、_,、.ハノ,ィ'ハi イ i ,ゝ
       <、  i  イレ/==== \/r_ニ7ヽ|: :} }
      `ヽ)  .(、ハ          }/  ∨ノ   最初にモビルスーツが人型になった一番大きな理由を置いておく。
        ノ    Yヽ{`zv‐- 、  入  ヽ
       〈 i  / 'ヾX≧=‐┘ィ≦ = }   l   これはMIP-X1にコンペティションで勝利したZI-XA3を見たMっパゲの思い付きによる。
       .)ハ{ヽ: : :─イヽ、__ノヽ-─、 |   |
      .〈ヘ/  |::::::::::|ヽ、/iヽノ|:::::::|  |   |   技術とかなんとかすっ飛ばしてコレが来る。
          /   .|:::::::::::|___|:::::::|/|   }
        ヽ  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、____/
         / ヽ,.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       /   /.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       /   / .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




               _,..----、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)   人型ロボットなら戦闘兵器とは思うまい。
             lk i.l  /',!゙i\ i
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /   まして宙間戦闘機などとは。
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\

.


8322 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:03:46 ID:BUZuKETU




   _,,....,,_
-''":::::::::::::`''::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
!イ´ ,' | /__,.!/ V  、!__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi ━━    ━ レ'i  .ノ
,'  ノ   !'"    ______  "' i .レ'   実際、モビルスーツのヤバさを開戦前に理屈で説明できたのが
 (  ,ハ u   !______i  人!
,.ヘ,)、  )>,、.,______,. イ  ハ   政治力のない↓この人だけ何で正解ではあった。
 (  )',.イ ヽ、__ノ 「ヽ.レ'ヽノ
 ノヽ/  ';::ヽ、/iヽノ::i Y      他は兵器としての可能性の検討すらしなかったからな。
  ri   !:::::::`ー┘:::! i
  ./ヽー-,イ:::::::::::::::::::::!ンi




  .-、  _
  ヽ、メ、〉   .r""'''-.,,_     ________________
  ∠イ\)   ┣=ィ、._ア   .  |
   ⊥__  .ム, _, _l     | え--い、ホワイトベースはいいっ!
-‐'「 |nニニニニl_  レ⌒', `ヽ <
  (三 l゙'- 、 |u゙ン   ノ.   ヽ  | ガンダムを映せっ! ガンダムの戦い振りをっ!!
  | |`'‐、 `'-'  .,イ      ', |
__l.__l__゙、__,,.." . .ヽ     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|_..-‐'イ
                | |  ノ/




            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        / ̄_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     / //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ァ‐'  ̄_ ̄`ー┐:::::::::::::
  _,.- '  //::::::::::::::::::::::::::::::::::,./   /   / / ,イ   |\:::::::::
_/     i::::::,. ---、:::::::::::::/   / /  ∠ヽ //| ,イ  !ヽ::::
     _ノ `ー' ,. ‐ ´:::::::::::/  /// ィk卞ヽ/´  / /_| /  〉:
   ̄    /:::::::::::::::::/  /イ 〃`ゝ'-   / /ィrjヽ| '   ハ:
  ,. -──‐ヘ:::::::::::::::/ /イKr}/         {/`ゝ ' // / }::   また、最初の理由がこれだからこそ、
/       \__,イ / /ヽこ       ´ '     〃  / /:::
         / / 厶イ / rヘ     /⌒!   / / /!::::   ジオンは人型に拘らずモビルアーマーを
        /// / / //  ∧    ヽ_ ノ / / / ′:
      /ィ´ 7/>' /   /  ト、  ` /_,.イ  // //:::::::    積極的に採用することになる。
     ∠_」 //´ ̄      / /i′ ヽ /,.ィ/j  〃,イ/:::::::::
  /|     〃   rニ二三彡´ /  / ¨/ 7///〃 ̄ ̄
r‐/ ̄     ,イ!r--'───ァ、/       !  //  //
|     L__/ || |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃 ̄ ̄Zr‐─┤ // ,イ_
   /       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:.:.:|   rァ/ ̄.:.}}.:.:.: ̄.:ヽ

.


8324 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:04:20 ID:BUZuKETU




          __
       ,ィ≦三三三≧,、
       (_⌒マ三三三三三>,、/ヽ
         !>'''´ ̄ ̄__ム  7、
         },ィ≦三三三=三三三≧=,,、
       ,,ィ≦三三゙/^’ i ヽ .リヾ三≦彡’
     ,ィ≦三>'''´ . i λ-ト、} ( .ハi!>''´
   .r≦三三フ   ,┤!,ィtォ'ν)/メ| }   ちなみにコンペの審査基準はこれな。
    ``¨¨¨´.{   い {‘-’   f,!ル’             .┌─────────────────────┐
        j λ  `y   r 、,' ノ(                │・ミノフスキー粒子下における有視界での戦闘能力│
       〈 ./ )   i> _`._イ ソ!              .│                                    │
        ./ / i  /   ヾ 「iル'  へ\、        .│・宇宙及びコロニー内での戦闘能力          │
   , へ、'__ , へ.,ハ 〈     } | / ㍉ \_、        .└─────────────────────┘
   }__≧{ }≦__{`{ (_`ャ-i' ,!<    //
   ‘,ー / ハヽー'、`ソ、_,.ヘ ̄ 、__、_/〉_.j'}!
  ./ / / } .i   ヽ≦ ゝ   _ _ ォ'
/  \/  レ'    マ二二二 ̄二二二二|
  /    !      ∨//////////////|
 ./    |   ト  \/////////////!




    〉::::::「 ̄`ヽ、_::::::::::::/     L_
     |::::::/   _\>「 ̄ヽ//   フ
  __,,,!..-::::___rヽ、__,.ヘ「 ̄ ̄ヽへ__ー-'、____
-´::::::::::__rへ  i   /    // `ヽr、:::::ヽ、
:::::::___/   >┴─' ̄ ̄ ̄`ヽ-、__,.、/7__::::::::〉
:::」\  >'´        ヽ,    `ヽ、_」:::::/
/  、>' イ    i  |    i  ヽ, 、   i ̄L_
_____.,'  /  ノ  /\_!, !   ハ !_,.ィ 〈   〈イ /
L_ i  i /イ   .!ィ'=ー'ォ、)ノ !.ィーrト, ノ   /(」
 ヽ.i   V'ヽレ7 l !、 _r!     ヒ_rハ!  ハノ/   ZI-XA3のAMBACシステムばかり取りざたされるけど、
  / ハ    ハ !,,,´ ̄     ,    "!Yヘ人(
/  !   !  ハ、            ハ )  ', ヽ,  ...MIP-X1はどうやってコロニー内戦闘したんだ……?
  i /!  ハ /ヽ>、   ' ̄’ ,.イ´Y(   !ヘ〉
レヘ/〈_,..-'''"「 ):::レ' `>='T´ゝ!Yノレへノ (
 _,./´     〉ノ::ヽ、___/| |`!____/:::)ン`ヽ、^
_r '-、_     ヘ:::::/  /7   !:::::::}><{ハ  ':,
 `ヽ」-    /!:::!_____!」_____/:::::::::/|     i
   〈」_   7:::::::::::::::::!::::::::::::::::::〈ハ!     〉
,.ィ''"´`'ー-'7:::::::::::::::::|::i:::::::::::::::〈_r-‐'-'、_ _」
   「`ー-/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈7     /-'
  / ー〈7`'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::/     /

.


8326 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:04:52 ID:BUZuKETU




               ∠三三三三三三三三廴
            ∠三三三三三三三三三ニ≧==-、
      ,、   ,仁三三三三三三三三三三三三式_
___   }  ̄`゚''=ニ三三三三三三三ニラ‐''゙ ̄
三三三三≧=ェ-__ ̄二゛了⌒゙''ラ ̄´    _ -一
..三三j´ ̄/       >==┴‐===‐‐--  _
ヲ ̄.::::::/            .`ヽ、`弋´`ミ三ミ三三
::::::::::j..:′    `丶           \ ヽ::::`弋三
    /         \   ヽ  x_    ` ハヽヽ、:::::
 .: i    {  .|{X^ー=ミ  j く ヽΤ丁i } !    ヽ;:
‐、 |.x 、   ト :|-x芹f^7 \ i.   iヽ人iソ    V:::   ああ、AMBACシステムは
 `..|.爪 \ _ ヘ :| 八tソ ′  } ハ   i V j      i::::
  .|.|{ 、 {x弍、ヾ  ¨´    j′:::.. 个{,イ / i   ハ Y    「宇宙遊泳の技術を大型の機械に流用した姿勢制御システム」
  .j八 ヽ 代tj         /Ⅵx../χ,ィ゙ノi ハ / }./
     \ `圦 ヽ        ,:′ }{Y__,ィ゙´/レ' リ ソ   ....程度で流すぞ。
      \ \  ー’   /  /.〈Y__ノ=‐-ミ
        、 >   ∠、_/ .:.::ξ彡.:.:.:.:.:.:          今回、主題じゃないからな。
        .ハ  リ `.マ升=八 .:.:.:.:く`ァ''フ´.:.:.:.:.:.   ヽ
         .i .j ゝ_ ..,ゝ{ .:.:.:.:/, `ト-'.:.:.:.:.:.     ヽ
          ,' ノ ∨.v <´ .:.:.:.:.ハノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      /
         / /  ∧!  '. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|       /ヽ
        ノ ′ / ..| 、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..| /     /   ヽ
         r=z.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=z.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:x
        .:.:ゝ_ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ_ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.\
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\
        {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  .\          ヘ
        ‘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     \         ,
         ゚..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       >          ,

.


8328 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:05:20 ID:BUZuKETU




                ___
               f[]二[] \
                 | lーl |\ \
               r┐二!」_l| ハ
           _(二¨ヽ{ {_::::::::::/  ll  _
         (_, - 、)ー' -ヘ l\ l|   l|//\
          し'^ヽ _   」_l / \/へ、   \
             |l`ーく_丿l/ /    \   /
             `= | ∠/        /              で、モビルスーツの開発が始まるわけだが、
              /| /  _     /
               /_」ト r‐'´ /    /                 当初は「折角人型なのだから」ということで
            [/7 r7|j二V/  / /二二二.1
          r‐く /^Yタ_」ー‐z―― ' //::::::::::::::::l |             操縦方法にマスタースレイブ方式(※)を採用しようとする。
          //^7フl^ーァ丁[_.フ// //::::::::::::::::::l |
        //  」_ 〈7-く_了く/ / //::::::::::::::::::::l |
         /| }/  丶 _ ヘ/ / //::::::::::::::::::::::j |
::::,.-ー、    hl、 \_ /  /  / //::::::::::::::::::::::://              ※人間の動作の通りに動くシステム。
:::`ー''::: l..  .ゝ)\_,ノ ̄ 7/  /.// ´ ̄`ヽ:::::::://
::::::::::'''../...:::::::::'''::;;;;:::.......................,,,,  ,,,;;:::''':::;;::'''''''':::;;;;;,,,     ,,,,,,:::::;;;;;;:::  . 現代だと手術ロボットなどで採用されている。
:::::::::::::::::;;:"  "   '''"""    ';::''"      ,,.::'" "''::;;;:::''''"'''"
:':::::;::::;:: ヽ                          "
.::' ::'":  /ヽ、             _,. ィ      |/ ̄
:' ヽ:_-''"  ヽ、_           ,〈 /-ー''"ヽ、__ノ! ,l    O
   ヽ、    ''';;; ヽ、       /, , ;=リ笠、 ヽ、 -'-'ノ    l !
    \    ';; ヽ      /'/ 冷ヽ  ヽ、 l;)、-ニィ   _Lj_
     \    " ヽ、_    lll...lヽ {テヾ ヽ!,, _ー_ァ /二 -ー'ヽ、
       ヽ、,,,   "'''''';;,ヽ、 lヽヽ.lト.ヽ=' _,-ー'_フー{ ;;'    ,r'⌒ゝ-ー
         ヽ;;;_     '';;ヽ-<~リヾ `ェ=''  ,-'" ''  l;; "" /     ,,
           \    ー ヾ!  ;Υ_,,.-'";/    ゞ、_.ノ  _
             ヽ、_      ヽ_/~_,.-''" ̄ヽ  / / ー;;''"_,,,.、
               `ー-、:.. ヽ./ /::::::::::::::::/ -' /  " i~   `''''
                  `ー./ /::::::''''....../  ~     、l
                     ! ヽ_,,.-''"         ;;l
                     ヽ , ' ,,:::''':::;;,,,,_ヽ     ;;/
                      l ,,         ヽ   ;;''l
                      !;;          ヽ ;;' l
                      ヾ;;            ヽ

.


8329 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:05:40 ID:BUZuKETU




       ー' ̄ ̄>‐'´ ̄ ̄`ヽ.,__
          /       --、  \
         ////   ハ `ヽ、 l   ハ
        // l l .l .l /| | |  、i .|   .i
       /i /.l ! i / .!.iiヽ、ハ,| .|   .|   が、即行で没。
       | .|.|.|| | !‐- レ.ハ-‐ヽ| .|、  /
        |.|.|.V/==    ===ヽ| |ノ l     脳波コントロールでも使わないとスラスター制御ができないからだ。
        ∧|.ヽ"      " |! .|  |
        ノ !| ト、  r‐‐、 u /i! | __{
             l | >..._,.イ / | .|´  `ヽ  ※ちなみにキュベレイMK-Ⅱ(赤)は
           | .|  /.itニ/,.| |     !
          レ!.i / /!ヽ-'" |〉、   /  ..外部から脳波コントロール(サイコミュ)のみで機体を操作できる。
            | | .|/{   二 i::::iヽ+'
           V )::::ハ,___,._|:::i !:|




  ,/寸三三三三三三三ミ:、     -----===ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヾ二二{  i、
    ノ寸三三三三三三ニ込           ---==ニ二___ \、 \ ' , | ||
:、ィ'    寸三三三三三三ニ心                   `'<  ヽ    !! /
ニミ、ニ. ≠=Ⅵ三三三三三三弍                       \、 ∨  ||/
三弌'.  →《三三三三三三三Y                    \、∨ } /
三ニ:Y',-  ¬《三三三三三三三!                           ヾ  { / /
三三! !=‐  ‐-{三三三三三三三}                       ヾ,==、/
三三| |-‐  _,.⊥. -==- 、三三丑                       ノ=={
三三! !´ /           `ヾ三ヲ   ,.ィ⌒ヽ               =爻艾ミキ
三三メz'´  ,′  |、    ヽ、 ∨}  _ノ     '.                  彡ムvミぇ
三互,' ,/  ,|ヽ、 ', ヽ_メ、 > マ¨´ __/⌒ヽ}                 ムマ
ニフ l i! {廾=-\ヽ,r云ミx.Y )j! `=-‐- 、                   ハv′
へ、| j.|ト、.'vf云ミ、`゛仗し} }|,ィ'}ノ! \. 、  i    で、結局、モーションキャプチャで動作データを収集。
、、 ノイ八{ヾ.代し}   ゞ=イ ハ  ,)ヽ }| } .上ァ                  ハV
ヾ>''三:7\', `¨____,.ノフ!{ | (__ }. 八{ ,イ´    .そのデータをもとにOSを作成、という方式に落ち着いた。
>'三三‐{| ,》、 ヾニ.._,x<乂{`ー'´,レ')ノ \{                ,ハV
三三三:乂.{(、,>'´ ̄   `i¨'}‐┴─‐----─‐………─-- ....___fセ《
三三三三{ 弋{    `¨´ { |                            冫 そして、完成したOSを初めて搭載したのが……
三三三三≧=j、     ==ラ、,}:ャ‐z─‐………─---─……¬¬z‐yン
三三三三三才!ヽ._   / :` : Ⅴ、                八V
三三三才''"  | : : :`ー '" : : : : :ヽ: :`ヽ、             ,イヾV
三才''"      | : : : : : : : : : : : : : :\_:._;フ            /‐-、'{
         ∨: : : : : : : : : : : : : : : :\_            ヽ>'′
         ∨: : : : : : : : : : : : : : : /

.


8330 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:05:57 ID:BUZuKETU




                      ,'!
                      ,' l
                     ,' /
                    ,' (,,..--,,,..、
                   r'、'´,...∠,,、、 ヽ
                   ゙!l| l:( ):::::::゙!lΠl l    _,....-―-、、
          _,,....,_      ,.' ' '´, ̄``゙  ̄ ,! ,.._,.ィ'´ ''" O゙ヽ、 ヽ
        ,..'´    >,ニ=、、 r;::::;〈 ,.....--.、_,,..l_,l` i '´      !  |
       ./     /二ミ-┴i'゙ー'=レ--=ミ / ,,./ | |     O |  ,イ
       l      l l゙7゙ lニフ .,'   匚`ソ / :∧,ヘ、 _,,..-‐''`l  (!、
       ゙、    ,..! 1'  ! ,'r〒ミ、  /´゙、 l! / !o、_`,'´__,,..-ァt'"``!l
        〉,,...,∠___/,,___/l=' ' .,!、 ヾキ==-、' !ヾ、i--!Tl-=‐''''´ヾ,:.: ,ノ
       (、 r''' ー-゙、`" ゙、! r'" ___ヽ、_゙、  ゙、ヽ エユンi´    !l!-"
        `!     !ヽ,,..-ゞ,.r'´l ``'''``iー'7'7ソ /,.'ハ 、   | |
         |l___   ,'l ∧``!  l    / l! ,' `` !   lゝ-=、 ゙̄i`7
       ,..-Yニユ ' ノ. ゙i ゙、o.. -O.、/  l _!_,,.r.、/ r rl!%ノノ   l λ   「MS-05 ザク」だ!
       ,'  l。ヾl! l`゙l' ,rァ''- 、___ ,.r‐''"´゙i゙´l  li lヾソノ l,...``ヽ  ' /
       !  ゞ''  ヾ! l l  ∠彡ri   ,. 'li ゙  i! ゙、  ,゙、____,'   ,'
       l ,r''"´`ヽ,ノ,.r'∧ l ゙̄i,' |   l l|  、 ゙、. ゙、 ,'   !l,.、/
       l l__,,...、 l / / ,' !  l,! .!   ゙、 l!  、 l  ,、ゞi,テッヾヽ'/
       !´___,ハ ヽ! !。,'  !  .!l--|     人-‐_'.ニエ、!ソL,ノ( ',.〉´
       ゝ-=rミ、 /l'"lー-/____,!l  l| ,.. ,.'-'"`´  l ゙、ゞ三ヾノ
       | ,.!ヾ、) 7  ヾーヽヽ レ''゙、 ゙、     ! ゙、 `゙´
       ヽl ソソl!, !    !ヽ、_`- .、_,,_゙、 ゙、     l、 i
         `゙゙"  |l ,. ,..'   7' ,r―`'゙、 ,、    !,ヽ|
             !__    _,.ノ  !    V,.、ヽ_,,.../,' ' ゙!
           r-'、 ゙!   !l___,/    ゙、ヾ'      !
           / l ゙、.l ,. >``7      ゙、   r―‐、 |
           ! li. ゙、!/_! r''ヾ!      ヽ l     ゙、|
           ゙、   ,〉--ゞ=-' ',,,,、     !l ,.、 ,. Y、、、
            〉,,./       /     ,.<,゙、ゞ' ゞ !r' !
            l ` 、      _/      |  ゙、、__,.!  iヽ
            |   !  r‐ ''" |      l、  ゙i´   l ゙、
            !  ,' ,'     !      !ヽ      l   ゙、
           ,'          ゙,      |  ` ゙、    ゙!   ゙、
           /  ,'  !      !     |       、゙、  ゙、
          ,' 、_,'         l     |        ゙ ゙、. ゙!
       .  ,.!l`,,、         ゙、    !   ! !   、 、  l
         /  ,.. 'l   ゙、        !     ゙!   l l   ゙、 ゙、 ,!
       ,..'   , '   !  ,゙、     ,'     ゙!   ,'  _''... -、 。ヾ!
      ,.'  ,.'  ,.ィ'"゙、  _ 、  ノ      ゙、 ,'。 !l"´ ̄ヽ  ゙、
      /  ,.'  /    ゙、   ` ´ ゙、      Y。  ,!,゙、   ゙ト、 ゚ ゙、
    ,.へ、__,./   ,..' ` 、 ヽ、     ノ       ! ,/ `y ''    ! ヾ、,ソ
   r'        ,  _,...'- ''``tr--イ       レ'  ,/ ゙、:    |ヽ、 ヽ、
  r'゙`''-、__  __,,....- ''"       !i  l        !ヾ゙`l   ゙、 __ !  ゙i'''7!
  l ,........、  ̄         _,,...ノ゙ー'"        |  ヾ、 _,.二...、  >,.:' ゙!
  ゙-'ニ`-ヽ,,,,,,,,,,,...... -‐ ''"             ヽ、 `'´  ___ ``゙   ,'
                              \-‐ ',..---` 、,,.....ノ
                                 ̄` ̄ ̄´

.


8331 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:06:17 ID:BUZuKETU




_____
  /.// \  ≧s。
. /.//   .\  .ゞ ≧s。
/.//     \    ◎}i〉/7
./_i{_       \   ,ィ〈|ニ{
二i_ `'≦。,    .\.//ニ二},,,_          レバーやフッドペダルを操作すると、各種センサーから得られた情報から、
 i `'≦。, `''ヽィフニニヾニニニ'...........ヽ,
i .i      ヾ_i{    ヾ二{................∨       .最適なモーションを割り出し実行するというシステム。
i .i       マi。    .}ソ............... }
i、 ゝ,      ヾii。   /=====.、. ム       「これで動くんかい」と突っ込まれそうだが、
.\  〉,      .ヾii。 /≧s二≧ゝィ==<
ニニゞ .|'<     .ヾマ////iイ......// ̄.ヾ,}i    .実際ゲーム筐体でできちゃってるんで、現実的なシステムなんだろう。
ニ/|  |  .`''<    i////i......//:}i  _Y
ii|  |  |      `'<....i////i....//:::ソ┐ニミ
ii|  |  |         i////iゞ'´::::::::∧....`∨
ii|  |  |         i////i:::::::::∨:::∧..... ∨
ii|  |  |         i////i::::::::::::∨:::∧......∨              _      ,ィ、
ii|  |  |         i////i:::::::::ヽ::ヽ::::∧....≧、         。s≦コ |.|_,,,,,。イ |.|
ii|  |  |         i////i:::::::::::::ヽ::ミi::::∧...  `'< 〉s≦_      コ |´   i|  |.|
ii|  |  |         i////i::::::::::::::::::ヽ,∨:::≧s。  .`'</ニニ≧s。...コ |   . i|  ノノ



               ,.イ  ̄ `ヽ
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                γ´〃`ヽ:.:Y:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
            /.:.:./   リ八:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.   ちなみにテム・レイ博士の作った学習型コンピュータは、
           ノ.:.:./      \`ミ、:.:.:.}
              〈.:.:.:.:j _____、 /___j:.:.:人   その場で複数モーションを組み合わせて
              /二つーェォ-}-{-ェォーtj!.:.:./
          / / /{ }、_ / | \ __ ノ^}Y    .最適な動作を組み上げて更新、実行するという頭おかしい装置です。
        /へ. / / jヘ     |    ,イん′
        { 人\∨ |、  / `ー´ 、 j j|:.リ
          ! ヽ(.ノ/   !:ヘ ` ̄ ̄´ /:|K    ..……実行中のOSが自身のプログラムを組み換えながら動作するとか、
          l   \ /`i∧   "   / |_
         l     // |`ー `ーrー´ー'´|      何言ってんだお前。
.        ,rj   // _,|     ||    |_
       / \  ノ∧ \..  ||   /  ` 、
.    __/     ヽ--イ    \`Y´彡       `  _
   / {         /      }}            `   、
  ∧ ∧、     /         |                  ∧
  / ∨ ∧\  ,イ        |                  / ',

.


8333 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:06:44 ID:BUZuKETU




                  ∠三三三三三三三三廴
              ∠三三三三三三三三三ニ≧==-、
          ,、   ,仁三三三三三三三三三三三三式_
   ___   }  ̄`゚''=ニ三三三三三三三ニラ‐''゙ ̄
≦三三三三三三≧=ェ-__ ̄二゛了⌒゙''ラ ̄´    _ -一
三三三三三三三三三ラ'⌒≠‐-ニ>==┴‐===‐‐--  _
三三三三三j´ ̄`>'l゙´i    i   i  `ヽ、`弋´`ミ三ミ三三
三三三ヲ ̄.::::::/ l l   ト、 丶  \ __\ \ ヽ::::`弋三
三ヲ ̄..::::::::::::// , l l  ノ `ヽミ  ‐弋ヽ、__ \ ` ハヽヽ、:::::
j  ..::::::::::::::::ノイ ! ! ノ イ''ニ二、 `ー--ゝ ,ノΤ丁i } ! ヽ ヽ;:   以降、モビルスーツのOSは勢力を問わず
、     .:::::::::::{ l l ' /ヽパ:;:;:;ハ     ̄´  iヽ人iソ }ヽ、 V:::
.レ‐、  .::::::::::::l l レ' {   iヽ>゚´ ,      i V j / /  } i::::  ....ザクの物をベースに開発されるようになる。
   `ー-'⌒ヽ',  \__ゝ i\     __ノ   个{,イ / i   ハ Y
         ヽ  ヽ>、 i `ー-  _ //χ,ィ゙ノi ハ / }./    .(連邦軍も鹵獲したザクから基礎OSを入手している)
           `lτ` }\i ノ   }   / {Y__,ィ゙´/レ' リ ソ
             リ iiミー==ニY´廴_ 〈Y__ノミ==-⊥_
              l /《三三ニ「`>y-ァ,ヘξ彡三三彡゙へ、    ...結果として……人型から外れれば外れるほど
            ,〃/ll三三ヒグ、ノムく`ァ''フ三∥    `ヽ、
          /./  《三三/: フ三ニ/, `ト-',ィ="          .OSの開発コストが跳ね上がるようになるわけだ。
         / /  バテ‐゙ : ,ノ三ニ }ハノ〒"
        /   ',  /三{    `゙テ=" 三i           /
      / /    \{三ミ===‐-仁三三三ゝ        / ,
.     N !  _,.. -┴ ミ三三三三三三三三ゝ、     ,/ ,イ
     八 `ー一ォ―-  `==三三三三三ヲヽ \   ノ/
 _     り-⊂.´ォ'i "二,,_   } ̄入三三i  .i       ,イ
ノ,、`Y⌒ソ´       {ニし{ ,、_   ノ ノ  `ヽ、`ヽ、i     i
、-┘i /    ,.. -ク、ニし'ニ`┬ '  {     `   `ヽ、    {
 ーく 〈   ,.. ''゛/:::::;::::`ーi==ミーく__            i
    \y''´ /::::::/';:::::::::レ'´:: ̄::Τ`ヽ、             !
   /  /::::::/   ヽ::::::::::::::;:::O::::!    `ヽ、 _         }
 /   /::::::/     `ー一''゛ ';:::::::ト、       ̄ ー- ‐く
「\ /:::::::/            |:::::::|O\           ヽ

.


8334 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:07:09 ID:BUZuKETU




  /:::::,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{     λnく   ノ
. /::/ `ー´ ̄ ̄/:::::::,. -‐=一' 〉    ,r‐仆 ハ-‐ ハ
. γ        /-‐´     ,. -‐==´三三三三三三≧=‐-
          {  , -‐==' ̄::::::::::::ィ⌒i,.ィ升‐- 冫一' 八::::::::::::::::::`ヽ
          x≦三:::::::::::f⌒Y ‐- ヒ升 一' 孑廾ト、    \ ̄了:::::::::::::::\
      x≦三/´ ̄`一'  ,.斗匕 {ヘ   ノ .} } ∨.    ハ  `ーz:::::::::::::ノ
   /::::::::::::::冫/´ ̄  {/.ノル' \ { }八 / ≠=zz、  }   }ミ -'::::::::::/
  /::::::::::{´ ̄ {  ,   | / ,斗七爪   ′{::::{ィ 从 .}   }ヾ孑:::::::/
 {:::::::::::::::::::λ‐-,!   !  八 {::::し几     心リ  / ′ ノ !ノ'´ 一'  ちなみに連邦は
 ヽ::::::::::::::::::`7 :|  | ハ ヽ弋匕ソ    ,     /イ } /
   `ー-- 丕t_|  ハ  \ \           八   {       .人型になった理由を探って
     γ     ノ   ∧   `ヽ     ∠l   /{ヽリ } ヽ _ ィ
.    { 、_/  /  ヽ     ハ        イ 从ヽ iY \ヾ一'    .迷走したのか……
      冫一' ∠´ ̄ヽ.ハ }ヽ ‘,ヽ ≧=-〃 イ⌒(ヾハ \
     〃 /  {.     冫ノ' `ヽ 从 }   {{ 八  { `| ソ,、 ハ
     }八{  〃      \::::ノ'´:::j丿    `:::::::::. 「`ヽ / ヽ }
    ′ ヽ{           ヽ:::::::::::`ー――′::::::/ ゝ彡ナ丶' ト、
       {         } :::::::::::::::::::::::::::::::::/ 入/i∧`ヽ /
.       八          /::::::::::::::::::::::::::::::::::/,  \  | ヽ/
         \____,/::::::::::::::::::::::::::::О::::{   从ヽ  リ
.           |O    Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.    ヾ /′




               ___ ~''<//〕h、ノ}
                  \~\ノ 'Υ///ヽ\、 _
                  ∧v\ (_/ノ!/////} !.∧ ̄二ニ=- __
                     ノ >''~  ̄ ~'<ノ '/ ∧/ ̄ ̄ ̄
                {/       、  ヽノ/// !                /
               ノ      ∧ ∨~∨///!`~、、         /  /
                  イ   / / ノ'  ∧ ∨‐ 〕、_/ ̄ ̄``       /   '
                  {  |  {/ '. //_\ \/}_!\\_           '  /
                  ∧  { / /}//代ツ })h、_ノ    ̄ ̄        '
                 ∧ Y _./vカ)/   /个、.             /   /
                 /\^ヽ(\ ヽ_ ' /イΥ_  _    -=ァ /   /
              /   ヽ~~≧=‐'乂__ ̄ /   ヽ/ { / /  /,
          _  ' ´  )\⌒=- {ゝ=-Y /⌒_ノ__ /{ノ /{ '    / ,
        ,     ィi〔\ 〈_ノ\__.()-=ニノ_/ 乂 ./ v ‐=≦  /
       /  。s≦ r、_ >''~´  i__   -、rァ{⌒Υ´    ヽ     ,
      , / //   人 廴    /_r~>''~ l人∧v      \ ,
      / { !'   ,  \ 廴   /r~ゝ'´   })¨/∧v      /   ガンダムに二天一流のモーションを突っ込んだりしてる。
      、\、    {   ``~Y {¨´     ノ) /) ∧v   /
          `   乂    /ハ {、     /) 'ノ   ∧ヽ=彡 ∨/
           /  ≧=7// ! '//≧=‐ ¨¨¨7       〈     ∨/
          /   /\ヽ{_人ノィi〔´     {    ノ∧     ∨/
       -=ミ¨{  ./  /⌒{≫≪!_      ∨/  { ̄∧    ヽ/⌒Y-=、
     { ¬ }i )ゝ'´ 。s≦}   乂yノ_ニ=-       ∨/  ) ̄ ∧   ./{ ! У}=-、!
  -=ニ ニ=‐ ̄ 。s≦   从一┤ i}Ⅵ -=ニニ=-  ∨/、) ̄/⌒ ィ( { !>'´ ,=-、'
ニ=‐ ̄   / }  ニ=‐  ̄ 7 /./   Ⅵ    -=ニニ=-) Υ { {´{ >''~   ∨=-∥
      ゝ=‐ ̄    ィ(, /./\ .ノ∨∧      ̄¬(_\¨フ ヽ /¨¨∨ 7
          。s≦  // , \!/  .∨∧       ∧v -=ニニ=‐、人人人7
      -=ミ≦  >' / / \ 〕h、/\ \       .∧v   -= 7 -==- ∨
     { -、  Υ i {_//  ∨ ``~、、 .\ \     ノ }     {_Υ⌒<ヽヽ
    ィ(⌒!ノ_ノ  ゝ===彡   .∨∧   ``~≧s。 -==' /      八、}ニ=、}Υ! }
. ィ(⌒>''~ ̄    /| !. .//∨∧          ̄ ̄        /=- ,-=≦
廴ア´        //| !///  ∨∧         \          心ノ ,
             // 〕_/./   v 、\           \        心ノ ./
.           // |ヽ/     ∨ヽ \      / /ヽ    .心ノ
         //  ,          /∨ \ \  ./ /   ∨  .心ノ /
         //  !       ,:.:.:.:∨_ヽ ¨¨ .ィ(     .∨ 心ノ /

.


8335 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:07:31 ID:BUZuKETU




             _                        _
              ⌒ヽヽ     __  - __  ir┐ _-
          ├ ┼┤ |     | ┤   ̄- _|-┐_-
           乂,ノ ノ ノ    | |.   __/゜iΥィ゚├┐
            ]  |「―--- 、 | |    |-弋_大_フノノ7|
    ――、:―――く::::\_」\\」__|ニ|」 = | | |-| |
  〔( 〔 )::::::)::::; ::::::::::::Υ::::V:|二|:::::|――┐ ├[」ィ└气ノ
    ` ¬=彡_ノ::::::::::::: ノ ::::::| 「 ̄:::::| :::::::::|  「\\――ヘ__          /\二\
.          ¨¨i冖ニ |:::::::| 「 ̄:::| ̄ ̄|  |:::::\     |   \     / : :/ : : \\
            (O)_) |:::::::| | ̄Lノ___/  \_|:::::::::::::\_____|\____ \ /..: :/ : : : : : : :\\
            乂 __,ノ_,ノつ厂i\ 「\__/:::::: ̄ ̄〉- |::::::::|―|   /:\/ : : : : : : : : : : : | |
             |-| |こニI⊃ _ノ |  ()::::::::::::::::/ニΛ::::::∨/_/ : : : : |: : : : : : : : : : : : : | |
             |-| |こニI⊃ Y| |  厂 ̄ ̄/ ̄/::::/::::::::〉: : : : : : : : :..:|: : : : : : : : : : : : : | |
             |-| |こニi⊃ノノ |  /    /  /::::/::::::::/:. :. :. :. : /): :|: : : : : : : : : : : : : | |
              〈_// ̄匸___L/  ̄ ̄;`\/::::/::::::::/__:. /r―ヘ : : : : : : : : : :/://
                         |      ;   |:::/::::::::/   || |  〈二二|: : : : : : : /::: //
                         |_   ;  _|/::::::::/[_   || |  〈二 ノ: : : : : /::::://
                        _/ ̄\r―――‐ΤΤ ̄|―ヘ \____>┘|:..:.:/::::://
                   / / / /|| | | ̄ ̄| | |  |   ∨_/:. :. : |/::::://
                     / / / / 」| | |   || \ \ __/:. :. :. :..:../:::::://
                 / | ̄|/  || |/二二/|  |  ̄||.:. .:. :. :./::://
                   |____ 」|        |   | _|⊥/\ ///
                  ̄ / ̄/  \___/ /  //     \
                    /   /       / / _// \       \
                      /   /       /  ̄ \_ /     \      \
                  /   /       /       |_         \       〉
                    /   /       /.          \        \  Λ_/ \
                /   /                 \       \ | ∨\  \
              ⌒|  /                     \_   /⌒\|  |
               (__ノ /_ノ ̄\ /                      \ | _  |
               >―/       |/                       ( _) ノ
           /   |        |                        \ |   |
           /    /      /                            \  \

さらに戦後、連邦軍は兵器開発で大きな問題を抱えることになる。

┌──────────────────────────.┐
│・最初期にガンダムとジムという「正解」に辿り着いてしまう。  │
│                                      │
│・そのガンダムが伝説的活躍をする。                 │
│                                      │
│・そのガンダムとジムを開発した天才、テム・レイ博士が死亡。 │
└──────────────────────────.┘

これらにより、機動兵器開発に政治的に大きな制約を抱えてしまう。


8336 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:08:03 ID:BUZuKETU




                                   ,rッ-r‐┐
                                 // /,r‐┤
                                 / ./ /,!'.  |
                               .イ ノ-'--、..  |
                              ∠_`'"_/_____゙i |
                            / ̄ ̄/| ゙i   ゙i, |
                           /   ./  .| l,    ゙;|
                         /_  /    | | r-- ゙|
                       /―-/    ,,ノ ゙i,/゙i, rヽ.
                  __ ,,!__..!_rヽ--,r''フ―jr!ヽ/―‐-〉------、
                ,r--/..、-''ニ'/:::t‐''"__、t'"r''",、-'" / !,__,/ / ./ | r!| ̄`'i,
            ,,./~ヽ,r'"___,、-'",r|'"~ ̄――、゙i,"    /'ー―‐"_/ /| !, ヽ.  ゙i,
            i――‐ir'"~`'|r'"r",.r'――――|、゙i、 ./''"~ ̄ ̄/ヽ/::,!_ ,!- )‐-、i
            |r'" ̄i_'k....ノ ,i" r'"-r'"-二二ヽ ゙i, ゙,,/      / /__r‐'"r"r|r,、-'"
            ,|'"~ヽ`,、-、_|~ / /r"---/゙i," ゙i,,] / ̄~/ ̄// / ,...|   ~ .|
           / r'"ヽ|゙゙t...ノ ./、-'"~___/ ヽヽ、| /  /  // /  |:::|   |'i
          /,....!r''ヽ|r::::r:::r‐!二''"~__ `i"-i--r''|/____./__ ./____.!‐|   |゙i
        ,,/ /――r''"~`,! ,i'" ̄ ̄,r''"| | | | |、|_t,,,,,,,,,,,,,,,/~ヽ__゙i, ヽ、ー-'、!
        r"r'"二二i''" ̄~| (二二二ヽ.._| |,| ゙i,/''',|――‐i |   | ┌―‐!、_>、゙i
         | |ヽ== |   | ゙ヾ――ヾr'"__|::/ i"|___| |   | |__|  | 〉 |
       ヽ| r――-t---''ヽ. | ̄ ̄~iヽヽ,.....―‐|____|  ,.!____l'ヽ ヽ ,.!
       ヽゝ|   | ヽ――、.|    | ヽ ヽ::::::::::ヽ__、-----'―――'‐'―‐'――――――‐--、,,_
  ,,、-‐''二二二'|   !. ヽヽ―-゙|    |  ゙i, | ̄~|::::::::'"―‐'''ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |::::::|   l   ,〉 :::::ヾ|     ! /. |::|] .|:l~l::::::::::::::::::::,! |          .ノ
        ヾ:‐!、__/   ,.!.|__、-l"   ,r‐-、::ヽ、二二二''-、,       /
         ゙|、__ヽ,  i'"  |_ _|  ./ l  ゙i,:::::|     /゙|       |
          |゙ー、 ー、   ,! l  ゙i::゙i ゙i:゙i,  i'  l   ゙i:::::|   /  .|       |
          |, ゙i、ゝヾヽ. / l   .゙i、゙i、゙i,゙i、,,|  ・    |::;| /     |       l
.          | l'゙l ゙i,.! ゙i"|,    |_| ゙'''゙  |.     |./| |     | r―――, |
          | .!_|   | | .l   ||    |!、 __   |:::..| |     l .l      | |
          ゙t |    | .!、・ /i ,!|    | !、: /ヽl:::r''| |    | |    | |
            ゙|    |  ゙t_/__ノ::|    | ゙t,/__ノ:::'-'r| |     | |    |,!
           ノ    |     |::/    .|     |:::/-゙| |   l' |    |,!
           |、__,,...ノ    r-!、r‐---‐|    ┌゙i,r―‐| |  | |    ||
          /___/    | /____ノ    |、゙i/ ,...| |. | |     /.
          |-''"二''ヽ、   |  !,r――-、ヽ、.  |゙i, ゙t/--|, ゙t,| ゙ー―‐'/
          ゙t゙i:::::::::::::::ゝ、ヽ|r-'|,゙i:::::::::::r''~''-、`ヽ ノ / / ゙t/~ ̄ ̄ ̄/
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その最たる例は、元々浮遊砲台だったモビルフォートレスに

無理矢理ガンダムへの変形機能を付けて予算確保したサイコガンダムだろう。


8337 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:08:35 ID:BUZuKETU




                                  /\_     _/\
                ______    ──< ̄\_}____/ \_}
      . ‐───/    |     |   |    \_ √    | \  |
      |    「V    !     |  _|    | |/       |   |./
      l     :| |、   /     |/ |  _____,| |、    /  __,|
      ト. ___/| | \___/_,/才¨  /Y¨ \| |_\___/_廴}′
        :、 \/|_| ̄ ̄ //l  ,/ニニ|    |_|   //|/  \
        \i}〉    /ハr「 /7ニニニ|      //〕 「\   __|
        /|     /ニY卒イニニニハ      `7  \|   ∨   \
          l/\__7\/ニ/ニニニrくニ|`    ´/\  !  廴   |
          | /  / /r─| ̄|ニ{三「ニニニ|\____/   ハ  「「 ̄l_}/  ノ
          | |\{ /V√ハ._¨7  ̄ ̄ ̄\  ,| |Τ │ |__.ノ厂 ̄
         _|_|   V /_,/ニニニ|ー| 「 l‐┘ ̄∨i| │| │ |‐<___ ヘ、
     /_ \,/   ハ.ニニニl |_|_i|  __| ¨l| Τ   l_// ̄\|   |
      |/   、 |/\/ ___/   |     |宀|  j| |   |iハ iハ \_ノ
      | === |,/  / l  \ | |宀l|  |  | /_|_  |廴} 廴}  ト
     \___ノ/  /  7¨¨ ̄| |  l|  |  | f_L刈|   |      l_|   ≧=-
          l7  /\/{{_{_l} ハ|  l|  |  l/ ¨¨¨ |   | ̄\__/__i}}       \≧=-  __
         /  /  /_/ ̄ ̄_ |  l|─|  |    .|_/____ノ、          |     |__}
      .ィ/  /  /    / V |  l|  |  |     | \   \  ≧=-     .ノ    |__}
     │〈  /  /_____l_/ |  l|  |_|     |  l|     ̄ ̄ ̄   ≧=-  __.ノ
    /  ̄\_/    /     /|  l|   | \_/  │
   く //¨¨       /  ̄ ̄  |_l|   |         /
     ー──一 ¨ ̄               |、       .イ
                        │\__/ |
                        |   |  |  | |
                          \_|_|_|/

そして、そういった「ガンダム信仰」の極北がこのゼク・ツヴァイ。

ここまで膨れ上がった異形を無理矢理人型にしているのは、ただただそれだけが理由である。


             /:::`:.
             /:::_{:::::::::\
          |:::::::::`\:::::::::∨           ,、_..
             |:::::::::::::::::::ゝ、:::::>        /´ノ ∨/|__
          |::::::_;>''"´ ̄`く、       /∨>''"レ'フィv/|_
            r/^ヽ、,>─---┘`ー---:.、/ィ/  ノ/}  レ |
        ,べ{>''"::::::::::::;>''^`∨ ̄ ̄/ ∧/レァ f' イ__/}、/}
        { /:::::::::>'i"´  }   乂::::::/∧ ゙ /lヘ  ∧∧ ノ/
        У:::::/{  .:    :   }'"´|.| | /  }Vレi /∨ 7
     ,、_/:::/        |   ∧ | { /レ∪ィ  ノ /ノ
    r'〈_、:イ:{ ∧{  :  {  |   { ヽ|∧{  }//レv─ァく  こんな感じに「どんなゲテモノでもガンダムと名乗れば予算が付く」
    / └''T゙!//`!  }  ゝ∧  ヽ  | |  /  /,..:<´
  ┌┴‐-v'´  _{_}>ヘ乂  { ` ̄} } ゝ、__/_/<        あるいは逆に「ガンダムじゃないから予算が降りない」
  /-  -/ _{/ ` ヽゝ ハ: : : : 〉 くノ //彡´
  |   / {  /   }  }:::::ヽノ、/:::|、イノ/ ハ           という体制が長く続くことになる。
  〉   {/|       / /::::::::::::::::::::::::|:',//1∧}
  {  /!        /-'":::::::::::::::::::::::::::|/∧             結果、連邦の兵器はモビルスーツばかりになって行く。
  | ´ {    >ー┘::::::::::::::::::/:::::::::::ノ/  ∨
 ∧   ,,、< /::::::::\:::::::::::::{:::::::::://、__  ∨
   `¨¨     〈、:::::::::::::::.、::::::::i:::::::´{/ノ   /
        /ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::/   /
        /::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::〈  /
         ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ´

.


8338 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:09:04 ID:BUZuKETU




                            _______
                       , ...::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
           , -──-  _ ∠::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        {:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`~'::...、`'   、:::::::::::::::::::::::::::::::::厂`ヾ、
         、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙:::....、 `゙丶、::::::::::::::::/
         \::::::::::::::r─f二ニ=ニ二`ヽ __`丶、`' :、::::::|
              \:::::::冫´         ` ヽ>、::::\ ヽ!
             ヽ/  /{     ィ      / ヾト、:::\L
              l  厶イ\ / {丁癶ァ/{    ヽ::::::::::\
                  fⅥ    `     __  ヽ    〉::::::::::::::\
              」 〃⌒ヽ    〃 ̄ ̄`  ノ  く::::::::::::::::::::::::\  とまあ、大雑把だが宇宙世紀における
                (  rf」   ァ,-─‐ ヘ、  ; 〈     ヽ、:::::::::::::::::::::}
               \(    {!     l  u  ゝ  く ヽ\:::::::::::::ノ.. .「モビルスーツは何故人型なのか」
               /  \ー ..,_、___j,.  <(__ノ |  ̄ ̄
              \  `Y::ヽ  └─ '´   \rf}ア ̄ヽト、|          .を書いてみたぜ。
                   ヽト、{`7:∨::::|  , "´ ̄::::ヽ ゝト、ノ
                   /:::::::::::::レ'´:::::{:::::::::::::::l
                     /:::::::::::::::::::::::::::L____}             アナザーとかORIGINはまた設定が違うんで注意だ。
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  「
              ,. >  .._____l |
             /         丁:::::::::l  ヽ、_
              f:イ           ノ{::::::::::(__,    )
           ゝ\_____ <ノ:::::::::::::::`ー‐'::\
            `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〉

.


8339 : 底辺士族 ◆HhvHWDZMqk : 2022/07/04(月) 14:10:35 ID:BUZuKETU

以上です。

「人型ロボットなんて戦争で役に立たない」と言う意見に対して
「みんなそう思ってるから人型にしたんだよ!」と殴り返すのは中々例を見ない。


8340 : 尋常な名無しさん : 2022/07/04(月) 14:11:14 ID:5I35lH.s

投稿乙!

そこらへんの設定ちゃんとは知らなかったからタスカルタスカル


8342 : 尋常な名無しさん : 2022/07/04(月) 14:13:07 ID:mAY7p6GY


アムロにビームサーベルで葬られたやつは強者だって誇っていいんだ
雑魚はライフルやバズーカで仕留められるから


8343 : 尋常な名無しさん : 2022/07/04(月) 14:14:08 ID:jIyVq3kc


確かに偽装として発生したというのは盲点だったなあ


8344 : 尋常な名無しさん : 2022/07/04(月) 14:15:05 ID:MT3vQjcQ

投稿乙です
宇宙空間だと、速度と距離的な問題で一般的な人型の欠点が出るのか謎なんですけどね
急な方向転換に関しては、間接を動かせる人型の方が有利そうですし


8345 : 尋常な名無しさん : 2022/07/04(月) 14:15:29 ID:SXXzUocQ

乙でした。

MSが人型なのは戦闘を重視してるんじゃなくて
ジオンの戦略である「ジャブローへのコロニー落とし」に最適化したからなんだ。


8347 : 尋常な名無しさん : 2022/07/04(月) 14:16:28 ID:NhWwWRKg



昔ガンダムエースかマガジンZで連載していたジオンのMS開発物語だと
女性にモーションキャプチャースーツ着せて人間の動きを集めてたな
スーツ着たままトイレに行っちゃってたけどw


関連記事
[ 2022/07/10 21:43 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(17)
174022 :日常の名無しさん:2022/07/10(日) 22:15:39 ID:-[ ]
msの利点は、人間の目を凌駕する機械の眼で、敵を素早く索敵出来ること
人間の目視に頼る戦闘機ではmsに先手を取られやすい
現実の空戦はファストルックファストキル、宇宙戦でもファストルックファストキルは通用するだろう
174034 :日常の名無しさん:2022/07/10(日) 23:39:44 ID:-[ ]
モビルスーツがなんでモビル「スーツ」なのかってのも
『これは宇宙空間での作業用パワードスーツのでっかいやつだから』っていう建前だったからだっけ
174036 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 00:13:40 ID:-[ ]
ガンダムが活躍できる世界にするために世界が作られてるんだから、科学考察はやめとけとしか言いようがない。
174047 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 07:39:45 ID:oUPgpoCM[ 編集 ]
B松「おもちゃを売るためだぞ」
174049 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 08:12:58 ID:-[ ]
※174034
せやね。だから普通の宇宙服が「ノーマル」スーツっていう。
174052 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 10:20:48 ID:-[ ]
>昔ガンダムエースかマガジンZで連載していたジオンのMS開発物語だと
単行本持ってるわ
山崎峰水先生の[デベロッパーズ 機動戦士ガンダムBefore One Year War]って漫画
昭和の職人だらけな工場の連中がザクを仕上げるぜ
174055 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 12:42:50 ID:-[ ]
宇宙で戦闘する際の正解は球形の戦闘機って話をどっかのスぺオペで見た気がするな。
つまりボール。
174059 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 15:08:25 ID:-[ ]
空間識失調の防止という利点はあると思うんよな
深海に潜るダイバーや戦闘機乗りに起きやすい、宇宙空間のような前後左右上下が曖昧な空間で一番怖い事態
ダイバーがバディを組むのも空間識失調の防止という面があるらしいし、視界内に人型の物体があるのは有効なんじゃないだろうか
174075 :日常の名無しさん:2022/07/11(月) 19:30:24 ID:-[ ]
現実的に考えると機動兵器開発の一番の制約は緊縮財政だと思う
緊縮財政やってないなら空気税なんてやらないだろうしね
174110 :日常の名無しさん:2022/07/12(火) 04:08:35 ID:-[ ]
>空間識失調の防止という利点はある
ないでしょうな。というか戦闘機もダイバーも自身の機体や身体があるのですが、普通に起こってますが。
足が下向いてるかどうかわからなくなるのがそれなのに、足があるのを確認出来たら防げると思うのは、どういう論理展開?
174115 :日常の名無しさん:2022/07/12(火) 06:11:34 ID:-[ ]
>レバーやペダルで~これで動くんかい
今では信じがたい話だがSF方面からそういう文句が来ていた
「あんな少ないレバーやボタンでロボットが動くわけがない、馬鹿げている」
どうもモビルスーツをバイクや自動車の延長のアナログ系操縦システムだと思い込んでたようだ
174125 :日常の名無しさん:2022/07/12(火) 10:00:26 ID:-[ ]
>174110
174059は「自分の足」じゃなくてバディや僚機が目印になるって話をしてると思うんだけど

>174115
当時から作中で「基本動作はコンピュータがやってくれる」って言ってるのにね
174128 :日常の名無しさん:2022/07/12(火) 12:07:34 ID:-[ ]
>>174022
戦闘機でも人の目に頼らなければいいんじゃね?
174215 :日常の名無しさん:2022/07/14(木) 20:32:34 ID:-[ ]
宇宙空間でバディが上下(?)を保ってる保障こそないのだが……。
174221 :日常の名無しさん:2022/07/14(木) 21:55:00 ID:XcyhX9Lg[ 編集 ]
※174215
上下を保ってなくても比較対象があるだけで安心感はあると思う
174725 :174059:2022/07/20(水) 23:46:33 ID:-[ ]
>>174125 >>174221
まさにそうやな
視界内に人の形をしたものがあるだけでその「人の形をしたもの」を基準にできる

3つ丸があれば人の顔に見えるシミュラクラ現象に代表されるように、人が最も直感的に理解しやすいのが人の形だ
本来は前後が逆になっている鏡像を左右が逆と捉えやすい程度には、人間は上下前後左右の三軸の中で上下を絶対的に見ている
上下の基準がないことは生理的に多大なストレスとなるのだが、基準となる他人が視界にいればそれを基準に自分の上下を調整できる

>>174110 >>174215
アニメでも宇宙での描写にはきちんと上下があるっしょ?
あれは「その方が視聴者が理解しやすいから」であり、それは作中の人間も同じだと捉えるべきだ
なんの上下基準もない宇宙空間は容易に人の認識を狂わせるよ
そして宇宙では一秒のパニックでコロニーが破壊され人が大量に死ぬ

長文失礼しました
174789 :日常の名無しさん:2022/07/22(金) 15:17:46 ID:-[ ]
宇宙コロニーの外壁工事時に足着いたモビルポットで電磁石で足外壁に固定してたら作業しやすくって、そのままMSも足付けたままにしたってのどっかのガンダム小説で見たな
スパロボでもパトレイバーは宇宙を泳げないけどコロニー外壁を歩き回るのはできるって処理してたし
ザクですっ飛んで戦艦狙うにしても両手にはバズーカと斧持って塞がってるから、超接近したときは足で蹴ったり着地してMSの体を固定する必要のある場面はあるだろうし
純粋に戦闘オンリーで宇宙飛び回ることだけ考えてねな機体が、とにかく数が必要なボールと作業時間が足りないジオングなんだ
ジオングも高機動ザクみたく中身ほぼブースターなブースター足にしても良かったんなろうけど、デカブツMAの後方の足がでっぱってると狙われるとドカンとなるから、胴体に内蔵式のブースターはまあ正解なんじゃなかろうか
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 更新リスト (06/25)
  • 国際的な小咄 おまけ 唐突にクイズ (10/05)
  • 国際的な小咄 おまけ 君ら私のことを鬼と思ってません? (10/05)
  • 国際的な小咄 おまけ 息子か…… (10/05)
  • 国際的な小咄 おまけ NSSがついに壊れた…… (10/05)
  • 国際的な小咄 おまけ 将棋をやっている人は頭がいい? (10/05)
  • 国際的な小咄 おまけ 中秋の名月特別作品 (10/05)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その五 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その四 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その三 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その二 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その一 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その34 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その33 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その32 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 後編 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 前編 (10/02)
  • 読者投稿:注射嫌いの健康診断 ~ なんか頭に引っかかってたことを思い出したので消化しておく / あるいはどうでもいい考察 ~ 動画チャンネル紹介 : Bertram - Craft and Wilderness / キツネ (10/02)
  • 読者投稿:サイクリング (10/02)
  • 読者投稿:なぜ女子高に腐女子が多いのか ~ 国際医療ネタ「健康診断」 ~ コロナによって変化した看護手技 (10/02)
  • 読者投稿:変態の巣窟 ~ 偏差値70overの高校の姿か……これが…… ~ シンクタンクイズ (10/02)
  • 読者投稿:北東北の小咄:その略称はどうなの!? ~ ギャル夫ぷれぜんつ 盛岡外食紀行(21~24) 宮沢賢治ゆかりの井戸と盛岡の美味い蕎麦屋 他 (10/02)
  • 読者投稿:中身は社長さんからもらってくださいね ~ 実務家はマスコミに叩かれる ~ スマホ更新 ~ デジタル献花 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その31 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その30 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その29 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その28 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その五 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その四 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その三 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その二 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その一 (10/01)
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!