スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:存在と時間の概説

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

8409 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2022/04/29(金) 11:36:40 ID:dZV70tGw


存在と時間の概説

        .  -―‐- .
    . ‐ァ'´           r―-、
   {::::/           ',:::::::::}        世の中には理解できないものが二つある。
    V              \_ノ
   ,                 |         場の空気と「存在と時間」の人気度だ。
    | 、_         _ノ  ,
    、 {;;;フ/´ ̄`ヽ イ;;;;}  /
     ヽ∵ ヽ _ ノ_,ノ] ∵/ }         哲学をやっていない方々からも人気だし、
     {>/⌒ヽー /⌒^´  く
      Y^ヽ.    ̄    /⌒!|        哲学している少なくない人間からも人気だ。
        |   |//⌒l\/   ' | ___
        |   |、.〈  {__ |  / /::::::::::::::::\
       ヽ_人 └‐┘ し' / \:::::::::::::::::}  そしてその割には難解だと囁かれやすい。
      (::(::(::::>‐---‐<::::)::)::) ` ̄ ̄´




             _ , <  ̄ ̄ > 、  _
              {: :/          {: : : :}    俺が読んだ感じでは、「存在と時間」というのは
            V               '; : :/
            ,'               ヽイ     厳密な用語を用いた未完の書というもので、
            {   _         _   |j }
          ∧ ミ== ' (: : : : ) '==彡 ,      時間性によって存在(あるいは存在しているもの)
             \' ,'  n   ' ,'  /
             ( /⌒\U /⌒ヽ ⌒)       を分析しようとするものだ。
              ∧ // ̄ ̄l \ ∧/⌒\
              { \_{    } _/  }'    ノ
            _ 人_   )   (   _,ノ__ /    概略だけならハイデガーの主張ってまぁ簡潔なので
          xく\ヽ  ̄´  ̄ ` ̄ // >、
          \\\\        ////     それについて今回は解説していこうと思う。
            丶 __)、___, (__ /

.





8411 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2022/04/29(金) 11:37:21 ID:dZV70tGw




       . -――- 、
  , -‐/         r┴‐- 、          おそらく、ここが「存在と時間」が難解だと言われる所以だと思うのだが、
  /::::/          \::::::::::|
  l::::' u              \::::!           ハイデガーの考える”時間”という概念は通常の俺たちの感覚での
  ∨  _ノ, -―- 、u      V
  | T廿T{:::::::::::::::} T廿T u |           ”時間”という概念と余りにもかけ離れすぎているんだ。
  l ・  ・ ヽ--- '  ・  ・   /
  ヽ ・ , ―-----―、・, ‐く
    \(/⌒ヽ _ /⌒ヽ/   )           読んだことある人には分かるが「存在と時間」という著作において多くのページが
    {    └┘      ヽ    __
     `T|         /⌒ヽ   V´::::::::::::::ノ    大衆とか良心とかについての分析に割かれているが、
       l |  /l⌒l\/    |  |::::::::::::/
       | l   ヽ〉 V |    /  j::::::/       これは彼の考える本来的な時間に深く影響されているんだ。
      しヽ 丶--' 、__/   ノ/
        >、       .xく´
       く(_(_>――<_)_)_〉          この時点で自然科学的な時間概念とは随分違うことが分かるだろう。




              _,,..  ..,,_
        , -―ァ "´       `丶              じゃあ彼の考える本来的な時間とはなにか、
        |:::/             , ―- 、
        l/              |::::::::::::} .           それは”死への恐怖”なんだ。
       /                 ヽ:::::::/ ',
         l               ー'  |
         | ,\_ , -‐- 、           |          例えば、「三カ月後あなたは死にます」と言われれば、
         l , ' {:.:.:.:.:.:.:.ヽ ___     /
       ヽ  丶---‐'  ,  ,     //⌒!        日々を過ごす内に”死が迫ってくる”ことを感じるかもしれない。
         \  /^\   ,    /⌒l/   /
          {\/⌒\_ /⌒ l /    /-―-、
           \ /        ヽ __,/::::::::::::/     この”死が迫ってくる感覚”が人間が本来感じてる時間で、
            / `|   //⌒>、     ヽ :::::::/
              /   | 〈  {  〈  〉       }/__     その”死が迫ってくる感覚”を忘れることで、日々俺たちが感じてるような
          {_/^!  `7   T´      /::::::::::ー-}
                  \   ̄ ̄     /:::::::::ー-ノ     通常の時間理解が生まれる、
             /::::丶. __.  '´  ̄ ̄ ̄
                /:/:::/::::::::/                  とハイデガーは主張しているんだ。
            ヽ{::::{::::/
              ̄

.


8413 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2022/04/29(金) 11:37:59 ID:dZV70tGw




          /⌒>-―‐- 、
           /- '´       \ _      ここで「本来感じてる感覚を忘れるとは何なのか」
        /l/ ,  , -‐、       ヽ }
        x / {{   }, -‐-、, -、 ∨     「理解が生まれるとはどういうことか」について考えているのが
         X/  `¨´ ヽ _,ノ   } }
       __〈 \   ァ ¬、 `¨彡'      「存在と時間」という著作の上半分の内容である。
    / ̄‘x   〉 ⌒/   /_  /
    〈/ / /X_/   丶--' ノT´
   / Xx  /  r ァー 、  T^ヽ        そう「死が迫ってくる感覚を忘れて通常の時間理解が生まれるとは?」
     /`X /  `〈  /}  /  ̄
     く/ヘ、   ヽノ┘ノ           ということを初っ端から厳密にやろうとするのがハイデガーなんだ。
      \_/` ¬ァーr'´
           〈_/_l」             彼の「存在と時間」が厳密だと言われる理由だな。




               ...::::ヽ
          />≦´ ̄ ̄``丶.           で、話を戻すと彼は本来的な時間を”死への恐怖”と見なしたわけだが、
        //::( ノ       \
       / , ゞ-‐' 、         ヽ        これを”存在について問うことができる存在者”…彼の用語で言うところの
        / , ' {////∧           ',
      ,    ヽ ///ノ         」       現存在と深く関わっていると考えたんだ。
        {   /l>、`¨´    ,ィ= 、    /:::\
      ',   ' / \_    /:::し:/   ,:::::::::::}
         、 {    l/フ , ゞ-‐'    {::::::/      ハイデガーが言うには”存在について問うことができる存在者”は
         ヽヽ _./    ,     `フ´
           \ , -‐-、 ' , -‐- 、  /}         常日頃から自分の存在について考えると苦しいので、
       く´ ̄ ̄`丶   V     }'´ ノ
       \     \       ヽ         自分の存在について問わないようにしよう、あるいは忘れようとして
           \    }        ヽ
            /{丶 _/             ',       ”自らの存在について問わない自己”になりきって、本来的な自己を忘れるんだ。
         { ハ              }
         ヽ∧             ;  -― 、
           `ヘ           __ノ::::::::::.ー}   この自らの存在について問わない自己はよく世人と翻訳される。
             \      r 、 {:::::.. ̄ ̄ ̄¨フ

.


8414 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2022/04/29(金) 11:38:28 ID:dZV70tGw




          , -――一ァー―‐-  .
            /: : : : : : /        `丶                 例えば、「自分という存在は世界にとってどんな意味があるのか?」
         {: : : : /               `丶
       /⌒ヽ‐'´   /´ ̄`ヽ         \- 、          みたいな問いをしてみると
        /    ヽ  "      l    , -―- 、  ',: :}
        /       V ・           /: : : : : : :\  ∨          「そんなものはない」と即答を返すことができるし、
      ,'       V      ・    {:: : : : : : : : :}- 、l
      |          ',  ・       ヽ::::::::: : : : /   l|          「家族のため」と答えれば、「家族という存在は世界にとってどんな意味があるのか?」
      |           l      /\   丶--‐'´・  |
      |           |        |  丶 _       ・;           みたいに問いが無限後退し、いづれ「そんなものはない」と答えるしかなくなるかもしれない。
     ‘.        jー- 、    l     >     /
    / ∧         '    ヽ   ヽ _,/     ・/
     {  ハ      /    |             /             というわけで通常の生活において、人々はその辛さから自分の存在の意味というもの
    ヽ、  \   /     j         _,. イノ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `)
      `T  `¨¨´       /ー---‐=ニ´  /\       /     について考えずに生きるようになり、存在について問う可能性が失われてしまう、
       |                   _/     \    /
       |                           \‐'´        とハイデガーは言っているわけだ。




                         , -‐…-- 、_
            .  -―r‐- .   _ /         \:::`',      しかし、存在について問う可能性を取り戻し、本来的な自己に引き戻す
         ,  ´     {     `ヽ:/   , -‐- 、 xくヽ   ヽ::}
        /{      |       }/>、{:::::::::::::}  {J:::}   lノ      ものがある…それが”死への恐怖”だ。
       /  .         ',      ハ::し}ヽ--‐ '  ー'    }
        /    ',      ヽ     /  ー'、_  -‐'´ ∵   /
      {    ヽ         \ /ヽ ∵              /        死ぬまであと僅かな時間しかないと分かると
      \    \       `) ̄`丶⌒ヽ         /
         丶---- 〉     /      \/⌒\-‐/⌒\_        「自分は世界にとってどんな意味があるのか」とか
             丶--‐ '´ \       }        ノ \
                        丶. __ /        ヽ  }      「遺された時間をどのように使うか」とかそういったことを問うことになり、
                 _       |             }/
             r ::::::::::::::::\     |           }
             丶 ::::::::::::::::: 丶 _」               八       ある人は全てを諦めるかもしれないし、ある人は自分の全てを注ぎ込んで
                 >   __/:\         , く
                        //::;::::`ァー----r='´::::::丶、      後世にも伝わる偉業を成し遂げるかもしれない。
                    (:/:::::/:::/       丶 ::::`丶))
                      ̄ ̄´          ̄ ̄       とまぁ、こんな感じで本来的な自己への復帰についてハイデガーは書いてるんだ。

.


8416 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2022/04/29(金) 11:39:27 ID:dZV70tGw




            _,.  -――‐- ..,_
       , -‐ァ'´           `'t‐- 、       ハイデガーの「存在と時間」の概説はここまでとして、
        /: : ::ノ               ヽ: : : ',
      {: /                   \: }       今見てきた感じだと、時間(本来的な時間)=死への恐怖
      /´                       `',
      ,'        ,. :"´ ̄`': .、         ,      だと分かれば別に難しくはなさそうに見える。
       i  ヽ _,ノ  {: : : : : : : : :} ヽ _.ノ  i
       :      _   丶 :___: ノ        :
        ', ・  ・ 〈 \_           ・  ・ ,'       実際「存在と時間」という本は、そこさえ押さえておけば
       ヽ ・  ヽ _|_〕二エニ=--‐く  ・ /
        >、   , -- 、    , -- 、 \r‐く        文量を考えなければ意外と初心者向けなので
          {  `"     ヽ._/    'ー.ノ  ',
        /´ ̄`丶 -―…―- 、/´     }       気になった方は手に取ってみるといいだろう。
       {        ', ィ'" ̄`',:、  \   /
  , . : : ̄`丶ァー---‐く {    } >   ヽ'
   \: : : : : : {      `L ___」´       }
     >- 、::|                | _ _
   x'´\: : :`: . 、            , ´: :/: ノ: >
  く: :丶: : : : : : : :\          / : : : : : : :/
    丶  : : : : : : : : )、_____,(: : : : : :_,. ´
          ̄ ̄ ̄´          ` ̄ ̄                                   ~~~おわり~~~

.


8418 : 尋常な名無しさん : 2022/04/29(金) 11:41:24 ID:pcE3WFyg

投稿乙


8419 : 尋常な名無しさん : 2022/04/29(金) 11:41:57 ID:MgjET9OI

乙でした
根本的な質問だけど、時間は主観的な視点より観測される物で客観的に存在している物ではないという前提?


8421 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2022/04/29(金) 11:45:37 ID:dZV70tGw

>>8419
yes. ハイデガーは前者を本来的な時間と考え、後者を前者の派生形と捉えました。
つまり人間の時間感覚においては死への恐怖が何よりも大事であり、
人間の感覚とか神経が”時間”という客観的なものを捉えるわけではないと主張したんです。


関連記事
[ 2022/05/04 12:49 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(6)
168819 :日常の名無しさん:2022/05/04(水) 15:59:36 ID:-[ ]
ミジュニキが自然科学的な時間を理解しているかも疑問だけどねw
俺は当然理解できてません
自然科学は深淵すぎる
168820 :日常の名無しさん:2022/05/04(水) 16:03:36 ID:-[ ]
100分de名著の4月が「存在と時間」でした。

哲学書の翻訳って大変だよな。
「世人」とか、訳語として相応しいかどうかが論争になったりするんだろうか。
168833 :日常の名無しさん:2022/05/04(水) 16:57:57 ID:-[ ]
時間は人が作り出した概念であって実際にそんなものは無く、
だからタイムトラベルなんてものは不可能、なんて説もあるな
168835 :日常の名無しさん:2022/05/04(水) 17:39:33 ID:XcyhX9Lg[ 編集 ]
古代中国やインドの哲学を独学で少しでもかじってると、形而上的な事柄に関しては近代西洋哲学は「今更?」って思うのが多いな。
西洋では神学が担ってたんだろうけど、ルネサンス以降の流れで神学の超克という名の車輪の再発明になってる気がする。
168839 :日常の名無しさん:2022/05/04(水) 18:26:00 ID:-[ ]
以前、哲学性ゾンビって話題になった際に、
それ、孟子やんってなった時点で、
西洋哲学って全然東洋の思想体系を理解しとらんのなって思ったっけ。
正直なところ、死への恐怖から始まる思想とかいう話は、
手塚治虫先生のブッダが一番わかりやすかったけど、
多分、どこの国でも、どこの時代でも、どこの人種宗教その他もろもろでも、答えはあってないようなもんだろうから、
ある日突然分かることがあるぐらいでいいと思う。
168843 :日常の名無しさん:2022/05/04(水) 19:54:09 ID:-[ ]
>>168819
大丈夫だ
完全な意味で理解できている人類はおそらく存在しない
あくまでも現代物理学における時間の概念は大学レベルの物理学だけどそれが本当に正しいのかは誰も知らないのだから
だからこそ研究するんだけどね
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その五 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その四 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その三 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その二 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その一 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その34 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その33 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その32 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 後編 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 前編 (10/02)
  • 読者投稿:注射嫌いの健康診断 ~ なんか頭に引っかかってたことを思い出したので消化しておく / あるいはどうでもいい考察 ~ 動画チャンネル紹介 : Bertram - Craft and Wilderness / キツネ (10/02)
  • 読者投稿:サイクリング (10/02)
  • 読者投稿:なぜ女子高に腐女子が多いのか ~ 国際医療ネタ「健康診断」 ~ コロナによって変化した看護手技 (10/02)
  • 読者投稿:変態の巣窟 ~ 偏差値70overの高校の姿か……これが…… ~ シンクタンクイズ (10/02)
  • 読者投稿:北東北の小咄:その略称はどうなの!? ~ ギャル夫ぷれぜんつ 盛岡外食紀行(21~24) 宮沢賢治ゆかりの井戸と盛岡の美味い蕎麦屋 他 (10/02)
  • 読者投稿:中身は社長さんからもらってくださいね ~ 実務家はマスコミに叩かれる ~ スマホ更新 ~ デジタル献花 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その31 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その30 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その29 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その28 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その五 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その四 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その三 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その二 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その一 (10/01)
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!