スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 16

目次

4031 : 雑談鳥類 ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 19:19:36 ID:UeESQ9sU

21時からカワイイです

基本的にオニイチャンは「カワイイとはなにか?」を問いかける側で、見出された答えを肯定する人なので、こうやって言葉にするのは初めてなのだ



4032 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 19:25:05 ID:vuXuXlnq

数多のカワイイに悩む人も、新たなるカワイイを見つけた人も見てきたんだろうなって
それを見てさらに己の中のカワイイを問い続けたとするとカワイイが無いときがないな


4033 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 19:26:41 ID:PrbvUqbp

例の腕組うなずきポーズで「うんうん、それもまたカワイイね」と言ってるのはなんか似合う


4035 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 20:38:22 ID:lRAAd9LL

この世界だと、むしろ言葉がカワイイを表現するために生まれたと言っても過言じゃない。事実として、カワイイがありその後言葉が生まれた。
すなわち全ての言葉がカワイイに通じるのだ。肯定にせよ、否定にせよ、それ以外にせよ。



4037 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:10:03 ID:H5YsZu4B

だいたいブッダ

ではやっていく



4038 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:10:30 ID:PrbvUqbp

カワイイヤッター!!



4041 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:20:44 ID:H5YsZu4B




:`丶、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::8:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´|::|:: : : . .
⌒ヽ `丶_______________8____________/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |::|: . .
⌒ヽ\: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,.. -‐ '' "´-┻‐ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : |  |::|
    .:i::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:._、‐''゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:_.:.:__\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.::|.:.:.:.:.:.:.:.: .: : :   |  |::|
-:..     ¦: : :.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : | ̄|: :|  | |  | ̄|.:.:.: : : : : :/^ヽ: /⌒ヽ:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :   |  |::|
''r-:::..   . . : : :}.:.:.:.:(::::): : : : : : ̄匚「匚| :匚| ̄(:::::::::): : : |:::::: | |:::::::::::| |.:.:.: .: : : : : .   |  |::|
¦ |::..     . :ノ.:.:.:.:.:{ } : : : : : : : : : : : : : : : : : >---<: : ゝ ノ: 、::::::::/::|: /´l: : : : n: : :|__  ┘
¦ |:::|::.    .′. : : :U : : : ___ : : : : : :, '´ ,、----:、`丶、: : : `¨´: : | :|┌「: : : :パ。┌''|
¦ |:::|::::..    _ __ : :x-x: || ̄ ||: :/⌒', \/-:、.:.:.:.:.:.:\/: : : : :/⌒>|::|: |-┐,'  |:|:::|::::|   . . . : : : :
¦ |:::|:::::|:__    .i|:::|:::::::| ||   ||: :|   :|: ::| |===|.:.:.:.:.:.:.:. | |〈\∧| /: :|::|: |l: :| |  :|:|:::|::::|  . . . : : : : : :
¦ |:::|:::::||__i:.     .: .:ゝ 丿||__|| 人__ノ:.:.:| |┼‐|.:.:.: .: /| |く\\∨⌒>:|:_||__| ',  リ:└'' : : : : : : : : : : : :
¦ |:::|:::「| ̄´´´   ´´ ̄「|::| ̄n: : :}{.: .: | |┼‐|.:.:.:/| |:| |<⌒V^Y´ ̄ ̄`丶、ヽ‐' i"´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
⊥ |:::|:::|:|──‐ ‐   .:‐|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.| |ニニ|.:.:.| | | |:| |.:.:く\| | i´ ̄.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:└宀.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
::::::| |:::|:::|:|___ _ _   ::|¨|¨|¨¨¨¨|¨|¨ : | |.:.:.:.:.:.:. | | /| |.:.:ア⌒¨´>----ミ__ノ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
丁i :|:::|:::|」______ _ _   :|: |: : : : |: | : : |_| ̄ ̄::::|/:: :|_:.:./.:.:ノ´/:/⌒ゝ..___/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┤|冖¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´´   ´´ ̄ ̄'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.:.:|:::::|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..|_|: : : : : : : : : : : : . . .     . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ゝ.::|___|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|⌒ニ=-  _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   . . : : : : : : : . .   . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:. :: ̄└'´ ̄ ̄`┘::::::::::::::::⌒ニ=-  _.:.:.:.:.:.:.:.:
  . . . . . . : : : . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::⌒ニ=‐





         ┌┓┌┓
         己┗己┗┓
       ┏┛ニニニニ〔__
        └己┐ニニ‐=ニ二二ニ=‐__
           √二二二ニニニニ=‐\
          √二ニニニニニニニ=‐\
.           |‐=ニニニニニニ〉二二ニ=‐
.           人‐=二二二r─く二二ニニ=‐|
        / :.:\‐=ニニ|     ̄ ̄}:.:.:∨
____/     /⌒l/ ̄ \__〕 [:.:.:.:.:〉┌─────────────────────────────────┐
:.:.:.:.:.:        .::.|{     └tッ┐ 厂/ .│   イイネがリツィート達と共に心を落ち着ける間                   │
:.:.:.:.         .:.:.:\_〕        ∨   │   オニイチャンは怯えるカワイイナイアチャンの気配を確かに感じながら    │
             .:人           _〉   │   何ら動じることなくふたつの国の王達に愛の国の全貌を語りました。   ....│
   \      :.:.:/ .:]ト    、_  丿\  └─────────────────────────────────┘
     \            \  ーr┘ .:.:\
                   [>‐┸―─┐|
      :.:|           /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄匚]〕
      :.:|     ̄ ̄\ /      ∠二二二二〔
     ノ   ‐=ニ二¨ ̄        ____匚]〕
‐=ニ二¨ ̄                〔二二二二二〔
                       _____匚]〕
                           匚]〕
            /:.:.: / ̄厂{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
            /:.:.:.:/  /   \:.:.:/     .:.:丿







4044 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:29:48 ID:H5YsZu4B







                          >   ̄ ̄ `  、
                           /   /    /⌒ヽ\
                         /   〃 / | l     i  '.
                            // ∧/∥l 人 | |   j}
                       // |  |l斗- 、丶l   /从 / :.
                        // |l | .从弋rッx八  ./_.ィ       ――つまり、水底にそなたらの王都はあると。
                      /  |l:|八( \ `` \(tッアノ 从
                      / /  从 /        〉`彡.イl |^\
                     / /  /l ∨八    -    /^7∥V/     この港街は、海中と陸上を繋ぐ中継都市でしかないと?
                    / /  / / /l  丶     `イ ./ :l| .∨/
            >  '"   _ - / ./ l|\__  \ _//l |、   \
        .> '"  ィr―ァ /7 /  / |.リ  \\ /‐ァ :|八 、\\   \ __
        /イ  / /' ./ / /  イ>'「     丶只/ 、 l  丶\\\__  \
       l( |/  |( /_r―/ /r 、   l     / 丶  ̄l ̄ \\  r/_ ヽ  \__
       | \\ 八 \\ // イ」 \  \   ./   \ :|    l 〉 .'/// | l  l |\ヽ
      \ 丶乂  ヽ 丶 l |、__}    \  \ \___/  |   ./ /ト、 '/ /.ノ  l |  }: |
          )/}⌒  | \} l |    l     \  \ / ∧    /ノノ }___'//   八} / /
                _/  ノ八 \__:j         ̄ / /  '. l  l(     丶7  /  / /
            {      ` ー―      /__/ |   '. 、 丶       乂(  l /
              ∥       /       〈     |    '. \       / }⌒  乂、_
             ∥     l  /         l|     |     .、 丶  ̄ ̄/ /    /⌒
            ∥      | ./         .l|     |      \ \_./ /. .≧=- '
           ∥     //_        l|   () |         :\__/ . . . . . . .'/
          ∥       }. ./_        l|     |       ∥. l. . . . . . . . . . . ..'/
           .∥ 丶   ./. . ./_       l|     |      ∥....|. . . . . . . . |. . . ..'/
          .∥⌒\\_/. . . . ./_        l|     |       .∥. . |. . . . . . . . | . . . ..'/
        /       〉. . . . . ./_      l|     |      .∥.... .| . . . . . . . .|. . . . . '/
       /Λ       {. . . . . . ../_      l|   () |      ∥ . . .| . . . . . . . .l. . . . . ..'/
         ./∧      }. . . . . . ..〈 '.     .l|    .|     l: . .. . .|. . . . . . . . . . . . . . ..'/







.        `、  \     |,  ´ ̄           \  \|   /       /
           \      /              ` ⌒ヽ\ /       /
           \ /                       \〈       /
        ___/                /             ヽ',    /
       \___                /       |         ',__彡'゙
           _//        /   /         ノ
          /           //       /        |
            /         ,|  / /     / |          |
.           /         /:|i /___ |     /  | |    |     \
          //       / |/   `|   ,'゙__   八∧  |   「 ̄
        /       |/x=≠ミ  l   /   ̄ ̄  \  |    |
.      < ____彡/   l |《 んiiハ ヾ l | |   ,x≠ミ,  |\|:   |
.         //   八| 、乂_ノ  / 人|     んiiハ ヾ |     |     海底に住む魚の人間がいて
         ̄/  |   \ `''''''´ / ´     乂_ノ ノ∧    ∨
           |  ∧  ', ̄            `''''''´/ \   \
           |  /  \ \     、 ,     し / /  厂 ̄ ̄    海中に根を広げているってことですか?
           |/| |:  込 ̄            ⌒T  _彡イ
           |  |∧    |>、   'こ>      イ八 /  l |
.            |  \  ト、|>       ,. <ヽ.ノ   {  l/
                 |  ノ  \`''=≦  /_ノ|     ノ
      _____/|/      \  /  /\  /
    /           \    ∨  /    ̄ ̄ ̄\






                              ┌己 ┏く\
                              ┌己ノニTつ)ニニ〕
                              └|ニニ-|二ニニ┗ク>
                              ,、ゞ''"゚~~~~~~゚"''~く
                         /‐=ニニ二二二ニニ=‐\
                       /‐=ニニニニニニニニニ=‐`_
                          /‐=ニニニニニ二二ニニニ=‐`_
                           |‐=ニ「\‐=ニニ二二二ニニニ=‐|
                           |‐=ニ|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂:.:.:.:.|ニ‐|      然様に御座います。
                           |‐= /         [:.:.:.:.:.:.:|ニ‐|
                       l⌒V   ̄\     [/ ̄:「V⌒l
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|  ∧  ―tッ\〕: :、イtッ一  | l |      その証左に、私の鼻は皆様ほど高くなく、手指の間に膜が張っています。
         / ̄ ̄ ̄\: : : : : 丿 :\      ー=彡  |: : |:.:.:.ノ    ノ\
  ___/            ̄ ̄ ̄ ̄| : :\〕       |: : |/  〔/: :  \
/: :___/  / ̄ ̄ ̄ ̄\___/ : : :人        ′     /|: : _/ ̄ ̄ ̄\ これこそカワイイの民の特徴らしい特徴ですな。
  /    /         \    : :/  |\ `ー=   =┛ /:| |      : :   \_____
/  : :/     __     \__: :  :l: : :\   ―'  /「 ̄\\___人: : : :  \     \
       : : : :/:.:.:.:.:.:\___丿:.:.:|   | : : :\__/: : :| : :   \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \
        ̄ ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   | : : : : :Lノ : : : : :/\: : /    : :__: : : : : : :  |    : : :|
       : : : : : : :   \ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : /  「 ̄   : :/:.:.:/       \|    : : :|\
   : :/ ̄ ̄\: : .  \                ̄\ \.: : : :/ ̄ ̄\__/:.:.:/         \      : : :\
  : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\__丿             \ : :  / ̄    |:.:.:.:./   : :/\: : : : : : :|       : : :|
: : / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./                         : : :/       |:.:.:.(   : :/ ̄ ̄ ̄   :|       : : :|
: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:          \:.:\_/|___  : : : :|       : : :|





4047 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:35:54 ID:H5YsZu4B






                                     厂]
                          ,、 ''"゚~~~゚"''~くニノニ7
                         /‐=ニニニニニニニ\ニ己┓
                             /‐=ニニニニニニニニニ`_二]
                         〈/}:.:.:{ ̄|‐=ニニニニニニ|⌒’
                        | [/}   ̄|二/⌒Vニニニ|
                        〈 ィuノ}    [/   |ニニニ/     生物学における、カワイイ進化の法則というやつですな。
                       ノ }:.:.:.}     〔_,ノ\ニ7
                      く _ L.ノ  /   |: :  ∨
                            〉 _ノ |    |: :  |       生物はその環境において最も適した進化を
                        └く_       人    `_
                              |     ‐=ニ[  \   \
                        └―<: : : : \  \   \___膨大な世代交代の果てに行うが、成功するのはカワイイ進化という……
                              /\: : : :       \   \  \
                  / ̄ ̄ ̄ ̄\_,、-‐=ニ[                   \____
            /: : :        \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         \
               /: : : :                                         \
           |: :        : : : :/            \/: :         \: :      \
           |: :          : : :/: :             : :|: :           `_: :     |
            /\      : : : :/: : :             : :|: :               `_: :      |
          /: : 丿  : : : :⌒\|: : : :             [ ̄\           : :|: :      |
            |: :            人: : : :              : :( ̄ ̄ ̄ ̄\     : : :/⌒ヽ   \
            |/    /: :   /: : |\: : : : : : : : :_,、rセ'⌒ ̄ ̄ ̄[__   \: : : : : :/: : : :      \
           /    /: :   : : : :丿 : \_,、rセ'⌒           : : : :\   \__/|: : : :        \
        /    /: :   ,、 ''"゚~~~~~゚"''               : : : :ノ‐く : :|     |  |: : : :     : :\    \
         |    : : : :/   : :/               ___/\__|     |\ノ: : : : :       : :\    |
         |     : : /   : :/           : : :/⌒\  :\____人      `~、_________|
         |   : : /   : :/            : : :/   /:.:/\___丿: : :\_              : : : :\
        \]: :               : : : :/: :   |:.:.|___ノ:.`ー―┬く: : \                : : : :\
         |: :              : : : : :/ : :     |:.:.|     }:{    丿 \: : \                  : : : :|







.               / //                      \ `、
              / /           /      |         ヽ|
              ー=彡          / /       |
            / /       /  ,l       | |       `、
            ,′      /   / /|   /  /| |        \___
.              |       | '゙  |      / 八:l   ∨ /   l⌒´
             |  |/   |  /|/ \|  |  , ' / |`、  ∨    |
.           | /,    |: / x≠ミ  |   |/ x=≠ミ \__ \  |
            </     ∨ 《 | |::j |ヾ | | |   | |::j | 》 `、  ̄   \__     ちょっと何言ってるかわかんないです!
          <____     ',  乂_ソ ノ 人l    乂_ソ  / \   \(⌒
           |   ∧  \\ `¨´ /      `¨´_,ノ ノ   \_彡'⌒
            八  | \  `⌒     、 ,      ⌒ア´   l |         頭のおかしい学問を展開していないで
              \l |   \_ \               /   /jノ
            И     圦 ̄     -- 、    |   /
            /人      |\   ゝ   ノ    ィ| /・・…‐-ミ        話を本題へ進めましょう!!
.            /  _,.\  \∧∧' .,       . イ / ∨        `ヽ、
           /, '´   ∧   | ヽ}   >  < {/             \
        /      / ∧ l |   \__    /    /
          /       / jノノ、     \ /      /          |





4048 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:38:27 ID:PrbvUqbp

(そっと目を逸らす)その頭のおかしい学問と本題ってカワイイテーマデッキでチェーン処理されてるんですよ……


4049 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:38:40 ID:v0YyGMFt

頭がおかしく聞こえるでしょ?
目の前のがその体現者で行きた証拠なんですよ(遠い目)



4052 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:43:04 ID:H5YsZu4B






:`丶、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::8:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´|::|:: : : . .
⌒ヽ `丶_______________8____________/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |::|: . .
⌒ヽ\: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,.. -‐ '' "´-┻‐ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : |  |::|
    .:i::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:._、‐''゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:_.:.:__\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.::|.:.:.:.:.:.:.:.: .: : :   |  |::|
-:..     ¦: : :.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : | ̄|: :|  | |  | ̄|.:.:.: : : : : :/^ヽ: /⌒ヽ:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :   |  |::|
''r-:::..   . . : : :}.:.:.:.:(::::): : : : : : ̄匚「匚| :匚| ̄(:::::::::): : : |:::::: | |:::::::::::| |.:.:.: .: : : : : .   |  |::|
¦ |::..     . :ノ.:.:.:.:.:{ } : : : : : : : : : : : : : : : : : >---<: : ゝ ノ: 、::::::::/::|: /´l: : : : n: : :|__  ┘
¦ |:::|::.    .′. : : :U : : : ___ : : : : : :, '´ ,、----:、`丶、: : : `¨´: : | :|┌「: : : :パ。┌''|
¦ |:::|::::..    _ __ : :x-x: || ̄ ||: :/⌒', \/-:、.:.:.:.:.:.:\/: : : : :/⌒>|::|: |-┐,'  |:|:::|::::|   . . . : : : :
¦ |:::|:::::|:__    .i|:::|:::::::| ||   ||: :|   :|: ::| |===|.:.:.:.:.:.:.:. | |〈\∧| /: :|::|: |l: :| |  :|:|:::|::::|  . . . : : : : : :
¦ |:::|:::::||__i:.     .: .:ゝ 丿||__|| 人__ノ:.:.:| |┼‐|.:.:.: .: /| |く\\∨⌒>:|:_||__| ',  リ:└'' : : : : : : : : : : : :
¦ |:::|:::「| ̄´´´   ´´ ̄「|::| ̄n: : :}{.: .: | |┼‐|.:.:.:/| |:| |<⌒V^Y´ ̄ ̄`丶、ヽ‐' i"´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
⊥ |:::|:::|:|──‐ ‐   .:‐|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.| |ニニ|.:.:.| | | |:| |.:.:く\| | i´ ̄.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:└宀.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
::::::| |:::|:::|:|___ _ _   ::|¨|¨|¨¨¨¨|¨|¨ : | |.:.:.:.:.:.:. | | /| |.:.:ア⌒¨´>----ミ__ノ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
丁i :|:::|:::|」______ _ _   :|: |: : : : |: | : : |_| ̄ ̄::::|/:: :|_:.:./.:.:ノ´/:/⌒ゝ..___/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┤|冖¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´´   ´´ ̄ ̄'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.:.:|:::::|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..|_|: : : : : : : : : : : : . . .     . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ゝ.::|___|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|⌒ニ=-  _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   . . : : : : : : : . .   . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:. :: ̄└'´ ̄ ̄`┘::::::::::::::::⌒ニ=-  _.:.:.:.:.:.:.:.:
  . . . . . . : : : . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::⌒ニ=‐



       /     |::/ ∧ /        ′   -‐ァ'        l     |
         /   、__/__/          .|  /   :′     ,ノ |   |
      i       \_____,     | / l/⌒ヽ/      /  |    、
      | /     Ⅵ | |/ノ   |/      `/    / / .l   ;       \__
      | .′       .Ⅵ | |⌒     j弋{≧z..,,,__′   レ'γ⌒|  ′   厂 ̄
      |           Ⅵ| | i     | | ^ヾrツ⌒!  f |  ′  !i |    .′
      |j         ゝ_〉| i    八_,   ^¨^ |  /りf元==ァ八{    /
     _リ,.. -‐     -=ミり.  \  「       }/{ ゙ゞツイ j    Ⅳ    つまり、無尽蔵に供給されていた食糧は
    ´              `v  |\_}           〉   / :|    |
.   /         --―┬ ⌒i、 |、            -=彡  |\  |
  /                 | _____,| \| \    - 、    ノ  ,ノ  ーヘ     それだけ備蓄のある国家があったというスペックのゴリ押しでしょう?
               イ_____,|      \      . .: ´   '′
 i        /    {     `ヽ ,  --丶 __,.  ´〉  八/
 |     ,,..        ∧      ∨           /、∨             それだけ富んだ国の持ち主が、この地上に侵攻する理由とはなんです?
 |_,,..  '"         / ∧      |        /   ー―― --
´        ´ ̄ ̄   ゝ {三三[l三三三}   /            \
     /            ー〈/ ゝ〉                      ヽ
               〈/⌒¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨⌒い                :.
    {              〈            〉                }






                     )‐=ニニニニ二二二ニニニ=‐く
                     /‐=ニニニニニ二二ニニニニ=‐\
                      /‐=ニニニニニニ二二二ニニニニニ=‐\
                   /‐=ニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ニニ=‐`_
                /‐=二/         \___:.:.:.:|二ニ=‐`_
                   /‐=ニ/           /|:.:.:___「\ニニ=‐`_
              |‐ニニ| / ̄ ̄ ̄\   |  |イ n   丿  \ニ=┤
              |‐ニニ|     __  \ |  「 ̄ ̄ ̄\   |ニニ=|      侵攻とは人聞きの悪い。
              |‐ニニ/  _/⌒⌒′ /⌒   ̄\:.:.:.:.:.:|   ∨ニ|
              |‐=ニ|      ノ  /∧ 「\ )  \:.:/     ∨=|
              |‐=ニ|           〈〈         |/      V⌒\    この面相がそのような極悪人に見えますかな?
              |‐=ニ|                        /  /⌒ \
               ∨ニ|          / ̄ ̄ ̄\__┐  /      }|
                  /⌒\|        _、イ‐=ニニ二⌒~′            / /  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             | 「\  \   〔/     ―━¬               / /  | 自分で見えないんですか? |
             | |                              〔_/    乂___________ノ
                 \\                               | |
                  \\                        | |
                   \_〕         ,、''"゚~~~~~゚"'''~、__/ :|      ちょっと見えるので常々注意しております。
                   |\     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    |
                   | \__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     |



4053 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:44:12 ID:lfQ5ALt4


4054 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:44:40 ID:5B+l0uHL

あ、自覚はあったのねww



4056 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:49:45 ID:H5YsZu4B






                      /‐=ニニニ二二/ニニニ二二辷彡ヘ二ニニニ┏┛
                      /‐=ニニニニニ二/ニニニニニニ辷彡ヘニニニ┗┓
                        √‐=ニニニニニ二/ニニニニニニニニニ二V⌒Lノ⌒
                      √‐=ニニニニ=‐:.:[ ̄|‐=ニニニニニニニ二二|
                    √ / ̄ ̄}:.:.:.:.:.:.}  \‐=ニニニニニ二二二|
                      \|    {/:.:.:.:{   \‐=ニ/⌒\ニニニ人           私達の行いは皆様の知る通りです。
                        /  〔/}:.:.:.:.:..:{     L/    |ニニ/:.: \
                    | ̄\  rッ/:.:{           Lノ | ̄  :.:.:.:. \__
               / ̄|   \rt/   ̄}:.:.:.:{  /    〔_/    \:.:.:.      \    困窮した者に手を差し伸べ、飯を食わせる。
.             /⌒ /     |/    \/       |          \:.:.:.:....   \
        / ̄|/   /       (_ -     ┐      人           ̄ ̄     \
          |  /⌒ // ̄ ̄ ̄ ̄〕  |  __/       / :.:\                      居所のない者を受け容れ、自立させる。
          |/  /    ‐――く  └く_/      イ|     .:.:|                    \
       /  /   /   __丿   |⌒    /   |:|     .:.:|/           ノ         \
.      |:.   :.   /  /   〕     〔__/⌒\ 丿    /          [/              |








                                /⌒>
                           ┏く] |ニニ(  ┌己‐┓
                           \LノニニうTづ二二|
                            )ニニニニノニニニニノ
                            ,、 ''"゚~~~~~~~~゚"''~く
                           /‐=ニニニ二二二ニニ=‐\
                        /=ニニニニニニニニニニニ=`_
                           /=ニニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄|ニニ`_
                      |=ニニ|     丿〈:.:.:.:.:.:┌|ニニ |
                      |ニニ/ ー─=┛ ┗=─一 \ニニ|     ――その善行は、我々にとって「カワイイ」のです。
                      |=ニ| <二二ト  / イ二二> |ニ=|
                      |=ニ|   /   |  |\:.:.:「  |ニ=|
                     /⌒V        n n \:.:.:.|  V⌒ヽ    .カワイイとは見目だけでなく、行いにも在るのですから。
                       | i⌒ ┌             [/ ┐ '⌒i|
                       | 凵   \ー―――――一/   凵|
                   /\_〕   \'⌒~゙  ゙~⌒'/  〔_/\   その点、地上というのはとてもよき修行の場でもありますな。
                  _,、rセ'⌒     人      ̄ ̄ ̄ ̄     人    `''~、、
           _,、rセ'⌒        〈: : :\     ̄ ̄    /: : 〉          `''~、、
  _____/                  : : : :\_____/: : : :             \______
/    : : : :/               : : : :\  : : : : : : : : : : : : /: : : :              〉: : : :        \
      ⌒\|              /  : : :|  |       |  |: :                  /⌒            \
: : :/       \            /   : : |  |  :|  : |  |: :              /        \: : : : : \
/                : : : : : : : :/     : : :|  |: : :Lノ: : :|  |: :    \: : : : : : : :              \: : : : `_
               ̄\_/     : : :|    : : : : : : :  |: :      \_/ ̄                   |: : : : : |
            : : : :/]    \      : :人  \: : : : :/  人: : :     /    [\: : : :           |: : : : : |





4061 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 21:57:06 ID:H5YsZu4B






       /     |::/ ∧ /        ′   -‐ァ'        l     |
         /   、__/__/          .|  /   :′     ,ノ |   |
      i       \_____,     | / l/⌒ヽ/      /  |    、
      | /     Ⅵ | |/ノ   |/      `/    / / .l   ;       \__
      | .′       .Ⅵ | |⌒     j弋{≧z..,,,__′   レ'γ⌒|  ′   厂 ̄
      |           Ⅵ| | i     | | ^ヾrツ⌒!  f |  ′  !i |    .′
      |j         ゝ_〉| i    八_,   ^¨^ |  /りf元==ァ八{    /
     _リ,.. -‐     -=ミり.  \  「       }/{ ゙ゞツイ j    Ⅳ
    ´              `v  |\_}し          〉   / :|    |
.   /         --―┬ ⌒i、 |、            -=彡  |\  |
  /                 | _____,| \| \    - 、    ノ  ,ノ  ーヘ
               イ_____,|      \      . .: ´   '′
 i        /    {     `ヽ ,  --丶 __,.  ´〉  八/
 |     ,,..        ∧      ∨           /、∨
 |_,,..  '"         / ∧      |        /   ー―― --
´        ´ ̄ ̄   ゝ {三三[l三三三}   /            \
     /            ー〈/ ゝ〉                      ヽ
               〈/⌒¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨⌒い                :.
    {              〈            〉                }

┌────────────────────────────────────────┐
│   獣妃はオニイチャンの言葉を大層訝しんでいました。                       .│
│                                                           .│
│   彼女はあらゆる氏族の訛りを使いこなす言語学の達人でこそありましたが          ..│
│   オニイチャンの訛りは聞き慣れないもので、しかしとても古めかしいものだったのです。    .│
│                                                           .│
│   彼女からすれば、それは全て殺した筈の、古い古い長老達のようでした。          ....│
└────────────────────────────────────────┘





4062 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:58:20 ID:5B+l0uHL

まぁね、見た目通りの年齢じゃないんだぜ?


4063 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 21:59:10 ID:0IS4MJzs

その長老より古い可能性は大いにあるというか......w



4067 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:05:01 ID:H5YsZu4B





.      > _ /           ヽ         ゝ、
         /      ',    、  、   ヽー'
         /     / .!    /\. \   ',
.       /      /  ,l   /"⌒ヽ _ゝ   ,
     < _,      { / {  ./  ,.,.ィ、‐、ゝ、  ゝ、
.         l     l /__-\. ヽ. '{ノ:::} } } >、ー
.         l       ハ{.i::ヽ` ヽ; ゝ `ー'" .ノ,.イ  }
        j   ',.  \.ゞ_ソ,   ノ      / ',  ,
      ノ   八. \ゝ´´    '      ハ (
       ̄ ー"{ `  _ 、    _  '   /`ヽ``
           、    > ._       ,イ   ハ
            \  {   .>r   ./ l,. --、 }
            ゝ. ヽ r'⌒> 、 ./   j/
                 ーヽ    Y  ,.ィ /、`ヽ
                 / \ 匸二". く_ 、  ー―- 、
.            ,.‐  ´    / ̄ ̄ ̄ ̄  〉        \
          /        >,..,.___、く         ヽ
           /          〈/  八 ヽ.ノ  ┌────────────────────────────────────┐
        l              /l .l l`<   .│   実利主義の彼女にとっては、カワイイがどうこうという説法も              │
         l          >'" -、!.l l ,.  `" │   何ら興味が湧きませんでした。                              ...│
          l      >,__'"__    ヽ./  _ │                                                   .....│
.         l / / __V: : : : : : ̄:〉ニ Y ニニ'; : :│   その為、彼女は食糧を供給する確約さえ取れれば                    │
         l/ /<//{: : : : : : : : :{ニニ',.l二ニ}: :.│   後は神人王の機嫌を損ねないよう様子を伺うことだけに注力し始めました。    │
        /./V/////!: : : : : : : : :',  l !   j : :.└────────────────────────────────────┘
.       l/:::::::∨///,八: : : : : : : : :,  j.{  .ノ: : : : : : : /////l:::::::::ヽ}







                      >--------<
                     / /~~   \  \
                   /   /l       ヽ 丶
                     /   / :|    l    |  i  '/
                  ′ :|  i    |  l |  } i  '/
                 / |l  l  '.   :l / |  } l  '/
                   / ( 从^ヽ、  ヽ__,/-― l  ' |   '/
      /|         /八 \代tッ 、 V玳tッ/ /  ' |   '/       ――では、カワイイの民は食事を摂らずともよいと?
       }           .//  丶 }  / 丶:|   /ィ  /  l:   '/
       }  '.        //   :l  ::.  `       / ./  /从
  <ニ二    '.  /|   /'   :|   ::. ‐ -   .イ ./  /∧ \  \     カワイイもの、を感じていれば暮らしていけると?
       、   ∨ :|  ./   ∧    丶 _ / :|/l .// | 丶  \  \
   /⌒ヽ\  〉/  ./  //:::|  :| :/:lヽ  //  :|/   '/      (⌒
\―――┴┤__|/\/|/ , //:::/  |/ |  ∨ .'   l   :i '/ \\   \
  丶     「| ̄ ̄ ̄ ///イ/   :|  :l>┬<:|      :|  '/  \\ -=ニ
    >――ゝ\  //ノ ./|  | :| / 《_》 V  八   l   、   \\  \
  /   _)/___l/ /  ' l/| .' {       } へ 丶  丶   \   \\  \
 ./_ -=≦/   / /   /./   / \  /  /   }\. \ ⌒丶   ヽ}    丶
     /   / イ  ./ 7 | 〈/   l  /  / l     :|丶  \  \
      }   ./   l./l  :l  |     /  /|   '.    | |  ヽ  ヽ   ヽ        \
      ∨⌒)/ ' | / :从     (__)‐ <  |   '.   | l  ∧   l    ∨          \
       /  /      ヽ| ⌒Y  |    |   '.  / ./  / l: / |    /          ヽ
       ヽ / .へ     r乂_ノ        :|    //     .}/ ./    〈
        ) \\\  (__)     |    |    〃     //     ヽ
       イl   ヽ \\/      |-0       l{'    //
         ∥    ∧ | (      l    |     '.   l(
       ∥      } |  \     |    |:       '.
        .∥     :} | へ_〉    :|    |:       '.
┌──────────────────────────────────┐
│   逆に、神人王はオニイチャンの言葉を興味深そうに              .....│
│   一字一句逃すまいと聞き入っていました。                    .....│
│                                                  │
│   それは王の振る舞いというより、学び舎に通う熱心な生徒のようでした。   .│
└──────────────────────────────────┘




4069 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 22:07:19 ID:5B+l0uHL

いやぁ~、残念だけどそこまでカワイイ極めてるのは現状聖オニイチャン猊下くらい・・・ワンチャンオネエチャンも?



4072 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:14:08 ID:H5YsZu4B






                                )へ厂]
                               /ニニ|ニ〔/⌒>
                                ( ニニニニニ〈/]
                      ______〕ニニニニニニニ[厂)
                      /‐=ニニニニ/ニニニニ\__/
                      /‐=ニニニニ/ニニニ二/〉ニ\
                 /‐=ニニニニニニニ二二/ニ/ニニニ
                   /‐=ニニニニニニニニニニニニ/二ニ=‐|
                     〈ニ/ ̄厂 ̄| ̄}二二二ニニニニニニ=‐|
.               __/⌒マ  〔:.:.:.:.:ノ   ̄ ̄|二ニニニニニニ=‐|
           /   _ノ  {/:.:|      |二/⌒\ニニニニ=‐|
           /   /  〈</:.:.:.:.:.〉     |/    |ニニニニノ      如何にも。 カワイイとは余裕を取り戻し保つ術でもあります。
.        /   //⌒Y\ rッ一}          /二ニニニ|
         /⌒   ̄ ̄ ̄| / / 〈:.:.:.:.ノ   /       _/ ̄ ̄ ̄\|
.       /    ―   |′/  \{         |:        \      尤も、余裕ある暮らしというのは、捨食によって成るものに非ず。
      /     \  Lノ 〈_           人            \
.     /      ├┘     L.___ノ`       |            |
    /     へノ       〔_      /              |\   嗜好品として茶や菓子は――このように、愛用しておりますな。
     |   ー=彡|            〕    /                    |
     |        :|         〈__/}      /                 |
     |       :|          __/    /            /  |
     |         |       /   /  /  |          /   |
     |        |       /   / /    /|                   |
     |       |    _/   / /     /::::::\     /           |
     |      | /  {   /   /    |                   |








                         >--------<
                             / /   ヽ   \
                      / :/ /     '.  :  ∨/
                      ∥ /  l   l八 '. | | ∨/
                     l|  |ー/-、 ‐:|‐≦  :| |
                     l|  l/く苡\ | 苡∧/   } |'/      それが万民にできるならば
                      从 l ´´  '   ``/  .イ | '/
                        ∥∧_、    __  u/ / | | '/
                       ∥ . . .丶    ` ⌒7   | |  '/     無理な税を強いることもなくなるではないか……。
                |\        ∥ . . /. . \__  -≦/     |  '/
         |\   |  丶 |\   .′ . /. |. . . _| /~        .|   '/
         |  丶_|__r― | r丶   ./. ..|__r< ∨--/ . . l            是非学びたいものだが、一朝一夕で身につくものではなさそうだな。
          _\    l   | {_   ̄./ . ./ く/ 只、 l. . . .|\. .      \
       __\__>-乂  }  }   /. . / .〈    〉 \. .l  丶\. . .\. .  丶     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       \___//   \  /. /  ∧ / / \\  \\. . .\. . . . . : . .  | そうですな。どれだけ心に余裕を持てるか、これが肝要ですから|
            /_ノ|     )/. . / /  / / /  |   \\  \\. . .\. . . . . . \ 乂__________________________ノ
             ≧--..,: . / ../ l  rr┐/   ∧    l. . ヽ  )\\__>=-. .丶
            /. . /.. ./.. ./- 、r‐乂ノ\   /      . . . .| ヽ. ..\   ∨/. . . . . .\
              /. /. . ../ . . | (_) )  l  \\ l  :|    l. . |  l   l   ∨/. ..\ ⌒
             l/. . . . イ. .  l ーイ  l|   \\ l      :|   |   |  / ,∨/. . . \
          /_____/l: |    :     l| (_)  |\\   '   ′__|  // / ∨/..|\. 〉
          /  .∥ |     l    l|    :l   \___//)/__.ノ  /__/   .∨/
         /   .∥ |/ \ | |   |      |   l      /7/          ∨/
         ⌒7 l  ∥       :|   | (_)  |   |                   ∨/





4073 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 22:16:11 ID:HURw3lD2

むしろ余裕ある者が乏しき者に分け与えるあり方に繋がるという
聖者の道すぎる



4076 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:22:11 ID:H5YsZu4B






                         /⌒> /[ノ⌒〉
                        (ニニ凵ニニ∠ノて[
                     ___〕ニニニニニニニニ)
                    _、rf〔ニニニニニニニニニ__/
                  _、rf〔ニニニニニニニニニニニ\
.              /ニニニニニニニニニニニニニニ\
           /二二ニニニニニニニニニニニニニニニ
             〈ニ/ ̄| ̄ ̄厂|二二二二ニニニニニニニ|
             ∨   |:.:.:.:.:.{_  ̄ ̄ ̄|ニニ/⌒Vニニニニ|
              /    〔:.:.: /}      |二/    V二二ニ|
          /__   </:.:./      |/     |二ニニ|     宜しければ、この街の民の為に書いたカワイイ指南書をお譲りしましょう。
.            \_}   _j:斗一          /二二ニ|
           〔_リ   〈:.:.:.|          〔_/\二ニニ|
             |/   {/  /       |:     \ニニ〉     是非、国の為、貴方の生活の為にお役立てください。
           〈   、     /         人     〔 ̄\
      ☆      \           /:::::::〉       |
          \   /⌒{___,         :::::/         |\
           /  /〔 ̄           ::::/           \
.          /  /  「    /      /        \]    \
.     r―/⌒/  /   |__/\






                       ,,。s== --.、
                    .,。s''~ /~ ,' '、ヽヽ\
                   /,' / .{  {  } .} ', ',
                  ./,'  {  i  ',  ! .! .} }:',
                   '{ !', }',!  '、  })、.り  ,! !: ',
                 // { { ,,-、  '、ノ,- 、,' ./ .} !ヽヽ
        /{        //{. '、 ,-、`ヽ|{,-=、.' / ,' i!ヽヽヽ、      それは楽しみだ。
        { !ヽ      .,'.,' i! {ヽゝ /    レイ ./ ト、 '、.'、 '、
      ,-―}: :. :'、    ,.'//:': |!: ヽ `._ ,  /,イ /{. ',. '、 \\
     .'⌒⌒ヽ: : '、{ヽ /// i i| } ::\    /// ./ !i '、. \. \`ヽ、  読み込むので、是非早めに頼みたい。
   ,、_ /⌒ヽ'、:. '、: }// ,!./{ i l } ヽ><-/ {/ }|\ \ \ ヽ、`ヽ、
   ( \`ー-―ゝ__ }ヽ/ / ,'::,! ! !ノ }_Y_./! i| ,' .{ ', \_\ \ ~"'*、~*、
   X⌒\__ゝ { .{ ̄フ./ /./ { }  i!;:;:( );:;:;{ ∨ {  |! .',  \>s。\  ~'''}=‐- 、
    !. \<__ /ゝ ヽ` ' / /./ ,’ i ./;:;:;:;:;:;:;', ,,{. ',  \ \  |.\\ `ヽ~`メ、 \ヽ
   >''~ _,,-={_/./ /./ {ノ / '、:;:;:;:;:,,*'" ,,{'、ヽ、  ヽー`、!__ ヽ\  \ }   ヽ}、
  / ,,-=''~ レ' ./.,イ} /,イ {/ /: : :!ヽ*" ,,*'' \ ヽ、 '、 ! `ヽ `',}   ヽ|i=-,,_ノ }
 レ''~     (/ /.//.,イ { ! : !ノ: : : ( ),,*''~!: :}  ',}  }⌒', ヽ=-、 ヽリ    :::\_ `ヽ
       十{ / ノ! !/从}ノ  ',-、( )\\ .i: : ',  .! ノ   }  }`ヽ } ∧   .:::::::::',)ヽ ',`ヽ
        {/{ ./ { .! {//ヽ (/) {.  \\: : ', //   /{  !  リ { !   .::::::::::::ヽ} ', ヽ',. )
       /イ./} !< \ヽi|{〇} }: : :i    !、 ~/''*/ ',___ノ/ /  .'  !ノ   .::::::::. : : '、}  }∨
        {.ノ/ { .{ \ \=-、 ', }: : :! o  i: :` { /\ー'' ./     {{ゝ、 .:::::::::. ...::::ヽノ }
        { {メ .,’  .', \o .リ: : i    i: : : ヽゝ\Y人/._      ヽゝゝ .:::::::::::: : : : : :>、リ
        `ー ,'    .}   \: : : {    !: : : : : :}   ',  ~"''~、、    :::::::::::::::::::::/: : '}
         ./    .レへ /: : : !  , 、. !: : : : : ,{',  ',      ~"''~、、--――''::::::::/',
         .,'     // >〃三三ミゝ'  } : : : : :{: ',   ,.    : : ::.   :::~"''~--―''~:::::::::',





4078 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:31:22 ID:H5YsZu4B





                _ __
            >'"         "'<
           〃 __(   \   \   丶
            /      丶   丶
           /                '/   '/
        /  :|      l    i   '/   '/
         .′   l     }:}   | |  |  l  ::   '/
        l|  、      /∧   l    i  :  :::.. '/
        l}   l|:メ  } /--l   /  .'     ::::::.            ――さて。では、此方からの要件を言おう。
       八 从 vッヽ}/¨¨vッフ ./ . / /   :::::::::.  \
       /|)乂 . /  )/    )./ .. ./ /:   :::::::::::.   \
        / ⌒} . .ヽ      )/./ /:::   | ::::::::::::.  \ 丶      この戦争において愛の国は大いに助けとなった。
      〕 |  |   . .丶一    / / /::::   |  ::: 、:::::::.  \ \
    _〕__丶 |   . . . .___,.、/ / /::::/   | 丶:: \::::::.   \ \
   ⌒\\ /  i  . . .// / /l.../::::∧   |  \  丶:::::.    \ \ だがそれは、律の国、獣の国に等しく、だ。
   〕 \ 〕 }/   .:   ../∧./ / /:: .' ∧  l\    -    -  _ 丶
   \_\'  イ:::|  : /_l | :|  l  ∧  丶  ̄二=- _....       \
      //::: イ:l  /o /l. .、 :|  |    \  \      ヽ:::::..   \   \
    //::/ l/ ./   / \丶  、    \  \       ∨::::.   丶
    ./ ./: : / / :/l   〈    丶    \    \  \     ∨::::::. :::.. \   \
   / ./: : ::l/  イ: }   ヽ .//\    \    \  "'<  ∨::::  ::::.  丶   丶
   } | : : /   /l/::/l   //   ):ヽ   ヽ     丶   \ .∨| ヽ:::::  l
    、 \/   / |: : | __(__)l o |./: :∧   i      \    l   :|  :|:::::  |    |
     \l|   | ∨l rア^ | |   /./  ヽ   l        丶  }  /   l -ニ |  | |
     从  l   | l|   | | / /    :}  :|         }  / /   /    -ニ||
     ⌒\ \ :|    :| | イ |     :|  :|\         / / /   /       ヽ l
        \ }:|.∧  l |   |    /  /  丶    /./  l   /          ∨
          )/ | ∧  l o  l   / .:/     \  {/   |  {           }
             :|  .∧ l :|   |  / ::/        \       \ \       /






       ┏┘ニニニニニニニニニ<____
       ┗己ニニ二二二/⌒\ニニ\ニニニニ=‐
         |ニニニニ/‐=ニニ二\ニニ\ニニニニ=‐
             ̄ ̄\/‐=ニニニニニニニニニニニ二二\
              |‐=ニニニニニニニニニニニニニニニ\
              |‐=ニニニニニニニニニニニニ二二二|
              |‐=ニニニニニニニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「\ニ|
              |‐=ニニニニ二二| ̄        |:.:.:.∨
              |‐=二/⌒\ニ二| \〕        \ ∧
              人ニニl 「   \_ノ   ー――┘ノ 〔__〉
               /  \人         「 ̄tュト    /:./        無駄な諍いを街に齎さぬよう
             /      ̄\_〕         ′   〈:.:.|
          /          |      \          ∨       /⌒l
.         /              |             __ノ       |  |  求めに応じたのみですからな。
       /〕               \            〔     厂\|  |
       //        ̄\    |>       -‐=r┘   ( \ \ :|    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     /.:.:             \  |:.:.  \     r┘    「\ \ \    | 如何にも。それを糾弾するには余りにも我らに利している |
.    /.:.:                  \ |:.:.   :.:.\___|        | {〉 | |   .乂________________________ノ





4080 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:37:26 ID:H5YsZu4B





                               >-----------<
                             /  ̄ ̄ __  ⌒ヽ   ` 、
         _  ----ァ               /  / 〃   l   |   \ \
       //⌒                    /  ∥    |   |\   ヽ  丶
      / ./                    /   /  /八    |   |  ヽ      \
       /                     /   /  /   :\  |   |  :l        ヽ
    /   : |                 / /  .'   |     \    八  |   |
    |   |                  _/ /  |  /l      /\ /  ヽ|   /    |l  \
    |   |      |\     _ -/ /   l| :| l       /  / ..| | |  |/|    :|l '.  \
    |   丶      |  ヽ  _ -  /l   l| :|__\   //)/、  |_ l/-‐l一'  /|l  '.
            \   |   _ -   / ∧ :/八":| ̄ ̄ヽ     ∨"| |// / /  :|l  '.    \     だが、それによって戦争が激化した。
__  \     \  |_ -     / /  ∨ | ∨ 弋汞圷、 \   :|弋汞刃イ,//  .八  '.     \
    ̄ ̄丶   /└===< /   /\| 「'. ´´    \(\ |    ``/  .'  ./  丶 '.         それもまた事実。
\      _>/⌒Y/⌒\   /  /イ   /∧ .                ///l   /    \l      l
  >- '"   人  \―― /  /  /    ./∧__      |        / :| イ丶    l      :| ______
-―= '"  ̄ /  \  \-――――――  、 /  込、   _  _,    /  l /  \  / ___ニ=----=ニ
 /    .//  .\ _______/   / ̄ ̄└-- 、`¨¨¨¨   /} 〉 乂      / / 〃:::::::::::::::::::::::::::\ そこで、今後は隊の独断でなく
/  _ - //      > 、____/   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ┐./ / |   \  ./  /  ∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
- '"   /    /r――‐\\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     / /  /l  |\__ /  /   }l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} 国と国との交易として
     /    〈  \    丶}__//    \   \  ./  /、_./  | /     人__/ ̄\ \::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ./   _ -_-\ └┐ ./____      } ̄ ̄/   .イ---- 、:|     _ -rえ \    /⌒\:::::::::::::} ̄ ̄\ 兵糧を購入させてもらう。
   / _ -_-_-_-_-_|___|/⌒   r――― 、   _ -'"  / / {{  }} l_ -=<  / ̄ ̄\_/____/-‐/  ̄\
   _ -_-_-_-_-_-_-_-_-_-}/  .r―┴―/ ̄ ̄ ̄´    / ./ _ -=ニニニニニl_l〈___/          ∨〉  ̄\
._ -_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_| r―┴ r― '"    \   _/_ -=ニニニニニ=- '"   _- \__________{    |
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-| ┴┐/    丶   丶 -=ニニニニ=- '" ._ -   _ -    l  |/  /  \ \  \ \_/
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-|  /        \   \ニ=- '"    _ -   _ - \    l  | /     |  | \  \
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-} /    \      |ヽ   }  \  _ -    _-       \  l  |./     |  |  丶  \
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ - \      \    :|/    /     丶__            丶/ /\\  / /     \__
_-_-_-_-_-_-_-__ -=ニニニニ\     ヽ   }   /          \          \   \\'  /





4082 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:45:55 ID:H5YsZu4B






        |ニニニ二二/‐=ニニニニニニニニニニニ\
        ̄|二二/‐=ニニニニニニニニニニニニニニ\
       ┌己ニ/‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニ\
       └|ニ/‐=ニニニニニニニニニニニニニニニ二二|
         ̄|‐=ニニニニニニ二二「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂\/
          |‐=ニニニニニニ二二|           |:.:.:.:.:|
           `_‐=ニニニニニニニ/ : :|         \:.:.:\
          `_‐=ニニニニニ/ : : :ノ         ]//
              `_‐=ニ/ ̄\ニ|       ――━━ 丿/ュ:/
            |‐=ニ| l⌒ 凵       ―tッ┐    \|     ――ふむ?
            |‐=ニ| |      : :\     /      \
           / ̄ ̄\\      : :|           _,ノ
             /: : : : : : : :\_〕   : :|            ⌒ /     それでは皆様が飢え、此方が富むだけでは?
         /    : : : :|: : : |             __〕
        /       : : : :|: : : :\         /   〉
        /       : : : :|: : : : : :]二ニ=‐          〈
.     /           : : :| : : : : : |: : : : : ]二ニ=‐ __/
                    | : : : : : |: : : : : : : :/\_____
             ___      |: : : : : : : |   \      \
          /: : : : : : : :\   \: : : : : :|  ⌒\_/      \
          / : : : : : : : : : : : \   \: : : :|  : : : : :/          \






                          >   ̄ ̄ `  、
                           /   /    /⌒ヽ\
                         /   〃 / | l     i  '.
                            // ∧/∥l 人 | |   j}
                       // |  |l斗- 、丶l   /从 / :.
                        // |l | .从弋rッx八  ./_.ィ
                      /  |l:|八( \ `` \(tッアノ 从     そうでなければ、戦はいつまでたっても終わらぬ。
                      / /  从 /        〉`彡.イl |^\
                     / /  /l ∨八    -    /^7∥V/
                    / /  / / /l  丶     `イ ./ :l| .∨/    適正な価格帯を敷き、各軍団にそれを厳守させるつもりだ。
            >  '"   _ - / ./ l|\__  \ _//l |、   \
        .> '"  ィr―ァ /7 /  / |.リ  \\ /‐ァ :|八 、\\   \ __
        /イ  / /' ./ / /  イ>'「     丶只/ 、 l  丶\\\__  勿論、獣の国も同じく。
       l( |/  |( /_r―/ /r 、   l     / 丶  ̄l ̄ \\  r/_ ヽ  \__
       | \\ 八 \\ // イ」 \  \   ./   \ :|    l 〉 .'/// | l  l |\ヽ
      \ 丶乂  ヽ 丶 l |、__}    \  \ \___/  |   ./ /ト、 '/ /.ノ  l |  }: |
          )/}⌒  | \} l |    l     \  \ / ∧    /ノノ }___'//   八} / /
                _/  ノ八 \__:j         ̄ / /  '. l  l(     丶7  /  / /
            {      ` ー―      /__/ |   '. 、 丶       乂(  l /
              ∥       /       〈     |    '. \       / }⌒  乂、_
             ∥     l  /         l|     |     .、 丶  ̄ ̄/ /    /⌒
            ∥      | ./         .l|     |      \ \_./ /. .≧=- '
           ∥     //_        l|   () |         :\__/ . . . . . . .'/
          ∥       }. ./_        l|     |       ∥. l. . . . . . . . . . . ..'/
           .∥ 丶   ./. . ./_       l|     |      ∥....|. . . . . . . . |. . . ..'/
          .∥⌒\\_/. . . . ./_        l|     |       .∥. . |. . . . . . . . | . . . ..'/
        /       〉. . . . . ./_      l|     |      .∥.... .| . . . . . . . .|. . . . . '/
       /Λ       {. . . . . . ../_      l|   () |      ∥ . . .| . . . . . . . .l. . . . . ..'/
         ./∧      }. . . . . . ..〈 '.     .l|    .|     l: . .. . .|. . . . . . . . . . . . . . ..'/

┌─────────────────────────────────────┐
│   それは獣の国にとってトドメに近い措置でした。                       │
│   元より獣の国の資源は焦土作戦によりとても乏しくなっており               .│
│   愛の国から徴収する頻度も量も獣の国の方が圧倒的に多かったのですから。     │
│                                                     ...│
│   飢えれば最早、戦うことなど出来ません。                          │
└─────────────────────────────────────┘




4086 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:52:03 ID:H5YsZu4B





                ヘ V  l ,.. j.-‐  ''''''''''' ヽ./l !   ./ /
                    ヘ ,. '"           V | ./ /
              , ´             `  ‐-く
              /                       ヽ
             /                '       '      、
.        _  >'"               /      .:
       ` ー-.'          .i    /       '        ',
            /         ./l    イ       '    V     、
.          / ,        /-! / l   .  ,.イ     V     \
        //       ./ j/` .l   {. /⌒ 、.     V  lー― ゝ
.        /      .{ /     ` }  .l' ´   \ - _\ ',
     , '    .l    ∨ ,,ゝ-、、 ./   ',   ,.,_ ,   Y丶     、
      ̄  >  .!     {´    ` //`ヽ、'"⌒`ゝ' ノ  >- _ .>
       ー 'T  V   ヽ     /'           /    /
          {  ;\  ', ゝ     ヽ      /_,.     /
             V ハ >- 、   、          /   /
             V.{ ヽ    ゝ 、        ´  , {   /
.            ヽ,  ヽ  l  ト 、     ィ  .!./
            :、   .ハ /--.!、  -  __l   {
              / j/    \ , '"   `ヽ
.              /   {   __.l.__       〉
         _   -――-  '"l   ー,.大、―'    〈,,,,, _
.      /            _,,,,,,,,,//,,,ヽ',,,,,,,,,,,_       `   .、
      /               〈/            |」             ヽ
.    /                \        /              、
.   ,                />―― <',                、
┌───────────────────────────────┐
│   にも関わらず、獣妃はニコニコと調印を押すばかりです。       ...│
│                                            ....│
│   何らかの密約があったものと見た方がいいだろうと          .....│
│   カワイイナイアチャンはこっそりオニイチャンの脳に囁きました。   ...│
└───────────────────────────────┘





4088 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 22:59:44 ID:H5YsZu4B






                      /]ノ ̄】
                   ┏くニニTつ)
                ┌己二二,、''"゚~~゚"''~、
                └|ニニ/‐=ニニニニ=‐\
                     ‘⌒7‐=ニニ二二ニニニ=`_
                      /‐=ニニ二「\‐=ニニニ=〉
                  |= l⌒Yニニ|    ̄ ̄ ̄|
                  |= | l |/ ̄  \_〕 /.:.:|
                  /⌒\〕   ー=く  {=‐:「     では……そうですな。
              __厂\  : :|       ∨ ′
             _/ニ〈‐ニ二\: :\       ´/
        _,、rセ'⌒ニニニ\‐ニ二 ̄|:\/ ̄|ヘ/\
   _,、rセ'⌒ニニニニニニ二\‐ニニ|/ ⊿ 」/ニニ|
    |‐=ニニニニニニニニニニニニニ「    ̄ ̄〕ニニ/`'~、
    |‐=ニニニニニニニニニニニニニ|    二] ニニニニニ`'~、
    |‐=ニニニニニニニニニニニニニ| |   r┘|〇ニニニニニ=‐\
    |‐=ニニニニニニニニニニ二二丿    |:.:.:.|二ニニニニニニ=‐|
    |‐=ニニニニニニニ二二二二厂\    丿 :.:|二ニニニニニニ=‐|
    |‐=ニニニニニニニ二二二/‐ニニ\/ :.:.:.:.`_二二ニニニニ=‐|
   \‐=ニニニニニニニ二/‐=ニニニニ〉:.:.:.:.:.:.:.`_〇ニニニニニ=‐\
      |\‐=ニニ二二二/‐=ニニニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`_二ニニニニニ=‐|
      |‐=ニニニ/ ̄ ̄‐=ニニ二二二/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|二ニニニ|ニニ=‐|
      |‐=ニニ/‐=ニニニニニニニ二/ニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|○ニニニ|ニニ=‐`_
     \‐=ニニニニニニニニニ二/ニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|二ニニニ|二ニニ=‐`_
      \‐=ニニニニニニニニニ/ニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|二ニニニ|二ニニニ‐`_
       「\‐=ニニニニ二二二/ニニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|二ニニニ|ニニニニ=‐`_
       |ニニ\‐=ニニニ二二/ニニニニ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|○ニニニ|ニニニニ=‐〉
       |‐=ニニニニニニニニニニ二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|二ニニニ|ニニニニ=‐/
       |‐=ニニニニニニニニニ二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄「 ̄ニニニニ=‐/
       |/ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|ニニニニ=‐/
       |___|                      |厂\ニニ=‐/
               |____________     (_/ |二ニ/
            √‐=ニニニニニニニニ二二二\__〔_/ |_/
            √‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニ〔_/
           √‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐|
          √‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐|
┌───────────────────────────────────────────┐
│   と、同時に。                                                     .│
│   リツィートが裏で糸を引いていた策謀がおじゃんになったことで                     ....│
│   どう動くべきかの算段を、オニイチャンはこの場で考える羽目になりました。              .│
│                                                              ..│
│   疲弊した民を集め、導いてイイネこそが統一王にふさわしい、と宣うには                 .│
│   相手が正当でないやり方で戦争を続けねばならないのですから。                   .....│
│                                                              ..│
│   イイネを立てる方針を捨てず、よりカワイイを伝導しやすい算段として、オニイチャンは……。    │
└───────────────────────────────────────────┘




4089 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 23:09:21 ID:H5YsZu4B






                                  ┃   ┃ ┏┓
                                  ┃   ┃ ┗┛
                        ┌=┐        ┃   ┃
                       ┏くノ └┐      ┃   ┃
                   ___〕ニニニ[ノ⌒7         ┃     |
                  /‐=ニニニニニ二二⌒7           _|i
                /‐=ニニニニニニニ二|┛           |  |i
                 |/ ̄]/:.:「 ̄|=/⌒Y=ノ             | | ̄|      ――では、こうしましょう。
                 {__  -rテフ:〉 |/   ノ=|                 | | 厂|
               \)  \:.:.:|    |\|          ( ̄\ノ |   |
              く    \〉    人 \_      \      [ ̄|     我々に、施しを与える権利を頂きたい。
               \r=‐     /     ∨ \       |      |  |
                   {___      }   ∨  \    \_    |  |
               /ニニニ|\   ノ     \  |__   /| [\_ノ\|i
             _/‐=ニニニ\        /\_|ニニ二\|\     |ニニ|
          /‐=ニニ\‐=ニニニ|\______/   \ニニ/ニ|‐=\____j__/|
         /‐=ニニニニ\ニニニ\    【】      \/lニ|‐=ニニニニ=‐|
.       / ̄ ̄\ニニニニニ|ニニニニ\          / [ニ|‐=ニニニニ=‐|
    /‐=ニニニニニニニニニニニ二匝]ニ|       \_/  \ニ=ニニニニ=‐|
.  /‐=ニニニニニニニニニニ二/ ̄)ニ/    __)    <⌒|‐=ニニニニ=‐|
厂‐=ニニニニニニニ=‐―┐ / ̄  /ニ/     \       ]ニ|‐=ニ┌───────────────────┐
‐=ニニニニニニニニニニ/ ̄    「ニニ/        }/ ̄ ̄\[二|‐=ニ│   ――ひとつ、奇策に出てみました。    .│
ニニニニニニニニ二二/        |ニ/       /      |二|‐=ニ└───────────────────┘
ニニニニニニニニニ二|        \|       /       /二「\___/
ニニニニニニニニニ二|_    \ \              /ニニ|  |i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐=ニニ\\\ \ \          |二二|  |   ━━┓
                |‐ニニニニ\\\ \__)         |\二|         ┣┛
               ̄\ニ匝]| ̄\\__)           |  \|         ┃
                  \ニニ|     ̄              /
                | ̄                〈            ━┓
                |                   /\
                   /⌒\______]――くニニ=‐\      ━━━━━━┛
                /‐=ニニニニニニニニニニ二二\ニニ=‐\





4091 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 23:15:57 ID:H5YsZu4B





.           /     /         ∧          `、 l |:::::}
        /       |      |  / `、 |        \l |:::/\
        /  _/     ∧       /    \|、  {    マ⌒∨  \
.       ⌒¨´ /    |  ,゙ `、    |/―--   \ {     ∨ } }     `、
             八 |/ ∨  |  x代卞㍉ :|\{    ∨∧      `、
            l /   |ヽx代㍉V||   | {:::j |  》| ``~、、トミ \ \     ',
            ∨   |' {{ | {::j | l/\  乂_.ソ   :|    | 〉 ̄  `、
.          /   | l∧ 乂.ン/        ¨´   / /   | イ         |   ――施しを?
         /    :| ∨|  ¨´  ノ        厶イ    /ノ       |  /
       /     人\\_   ヽ         |:  / /           /
       ̄ ̄ ̄  |\ 圦             u | /∨     \   , '゙     それで、貴方達にいったい何の利益があるんです?
               八 \{\    ' ⌒       / ∨|   /     \/
                \ {\ `    `    /-―‐┴-ミ        `、
               `  ヽ l> .,_,. <         |        ',
                  } {   ∨          / ̄ ̄ ̄`丶、|
               -―-ミ∧ ⊂()ニニ⊃                 \
           /          /∧ヽ                  ヽ
              /           ----------へ                ',
          /         /         }                   ',






         ┌┓┌┓
         己┗己┗┓
       ┏┛ニニニニ〔__
        └己┐ニニ‐=ニ二二ニ=‐__
           √二二二ニニニニ=‐\
          √二ニニニニニニニ=‐\
.           |‐=ニニニニニニ〉二二ニ=‐
.           人‐=二二二r─く二二ニニ=‐|
        / :.:\‐=ニニ|     ̄ ̄}:.:.:∨
____/     /⌒l/ ̄ \__〕 [:.:.:.:.:〉
:.:.:.:.:.:        .::.|{     └tッ┐ 厂/       勿論、大きなカワイイ修行の場が得られるということですよ。
:.:.:.:.         .:.:.:\_〕        ∨
             .:人           _〉
   \      :.:.:/ .:]ト    、_  丿\        困窮した方を助けることは、己のカワイイを育てる大事な修練です。
     \            \  ーr┘ .:.:\
                   [>‐┸―─┐|
      :.:|           /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄匚]〕 それを国益如何で奪ってしまっては、若者の成長に繋がりませんから。
      :.:|     ̄ ̄\ /      ∠二二二二〔
     ノ   ‐=ニ二¨ ̄        ____匚]〕
‐=ニ二¨ ̄                〔二二二二二〔
                       _____匚]〕
                           匚]〕
            /:.:.: / ̄厂{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
            /:.:.:.:/  /   \:.:.:/     .:.:丿





4093 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 23:22:35 ID:H5YsZu4B






                           ______
                          /‐=ニニ二二ニ=‐く⌒Lノ⌒l
          ┏┃             /‐=ニニ二ニニニニニ=‐\ニニ└┓
   ┃  ┃ ━┛              /_/ ̄ ̄ ̄ ̄) ̄\ニニ辷彡-二己┛
   ┃  ┃                |/ {    __/:.:.:.:.:.:.:\ニ辷彡-ニ└己┓
   ┃  ┃               /__,,ノ   \____丿ニ辷彡-ニニ┏┛
   ┃  ┃                 〈  _  }   j_:.:.:.:| \ニ辷彡-ニ〔
   ┛  ┃               〉ィ⌒~__ノ   ~⌒ヽ丿  |ニニニ| ̄`┛
       ┃                 |    l⌒   〈:.:.:.:/     |二/⌒\     損して得取れというならば
       ┛                 |    |  D  |:.:/     |/   ]|
                          |ヽ   〈r─┐ |/  /         /
                         │  r┴ーヘ   /:.:.    〔_/|       我々に損をする権利を頂きたいのです。
     ━┛  ┃           |   〔 ̄ ̄`           |:.:.:.:. |
           ┃          |   ノ   \]         人:.:.:.: \
         /           |            ‐=ニ[:.:.:|:.:.:.:   \    如何でしょうか?
         /               \_____/:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:     :.:.\
                           /⌒\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |          :.:.\___
                    ____/    :.:|                        .:.:.:\
              /:.:.:.      __  ┌────く二ニ=‐                 .:.:.:\
              /:.:.     ‐=ニ/⌒\ |____  \二ニ=‐   :.:/           :.:.:.:\
            _/:.:.:.     ‐=ニ/\_/ ノ  |         \二ニ=‐                .:.:.:\
       /:.:.:.:.      ‐=ニ/  :.:.:.:/⌒Y└┬──‐     \二ニ=‐                .:.:.:\
┌──────────────────────────────────────┐
│   これは半分本心で、半分打算がありました。                        ......│
│                                                       .│
│   施しを自由に出来るのであれば、困窮した民や兵は益々此方を慕うでしょう。     ...│
│   そしてカワイイの若者達は自らの修練を彼らに捧げる貴重な機会を得るのです。    .│
│                                                       .│
│   自国民の教育と、他国民の救済。                                .│
│   どちらもスムーズに出来たのならば、それを取り仕切ることとなるイイネの名声は  ......│
│   より安全に高めることが可能となります。                            .│
└──────────────────────────────────────┘




4094 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 23:30:22 ID:H5YsZu4B






                          >   ̄ ̄ `  、
                           /   /    /⌒ヽ\
                         /   〃 / | l     i  '.
                            // ∧/∥l 人 | |   j}
                       // |  |l斗- 、丶l   /从 / :.
                        // |l | .从弋rッx八  ./_.ィ
                      /  |l:|八( \ `` \(tッアノ 从     ――施せることを厳密にできるなら。
                      / /  从 /        〉`彡.イl |^\
                     / /  /l ∨八    -    /^7∥V/
                    / /  / / /l  丶     `イ ./ :l| .∨/    内容については、追って詰めていくとしよう。
            >  '"   _ - / ./ l|\__  \ _//l |、   \
        .> '"  ィr―ァ /7 /  / |.リ  \\ /‐ァ :|八 、\\   \ __
        /イ  / /' ./ / /  イ>'「     丶只/ 、 l  丶\\\__  \
       l( |/  |( /_r―/ /r 、   l     / 丶  ̄l ̄ \\  r/_ ヽ  \__
       | \\ 八 \\ // イ」 \  \   ./   \ :|    l 〉 .'/// | l  l |\ヽ
      \ 丶乂  ヽ 丶 l |、__}    \  \ \___/  |   ./ /ト、 '/ /.ノ  l |  }: |
          )/}⌒  | \} l |    l     \  \ / ∧    /ノノ }___'//   八} / /
                _/  ノ八 \__:j         ̄ / /  '. l  l(     丶7  /  / /
            {      ` ー―      /__/ |   '. 、 丶       乂(  l /
              ∥       /       〈     |    '. \       / }⌒  乂、_
             ∥     l  /         l|     |     .、 丶  ̄ ̄/ /    /⌒
            ∥      | ./         .l|     |      \ \_./ /. .≧=- '
           ∥     //_        l|   () |         :\__/ . . . . . . .'/
          ∥       }. ./_        l|     |       ∥. l. . . . . . . . . . . ..'/
           .∥ 丶   ./. . ./_       l|     |      ∥....|. . . . . . . . |. . . ..'/
          .∥⌒\\_/. . . . ./_        l|     |       .∥. . |. . . . . . . . | . . . ..'/
        /       〉. . . . . ./_      l|     |      .∥.... .| . . . . . . . .|. . . . . '/
       /Λ       {. . . . . . ../_      l|   () |      ∥ . . .| . . . . . . . .l. . . . . ..'/
         ./∧      }. . . . . . ..〈 '.     .l|    .|     l: . .. . .|. . . . . . . . . . . . . . ..'/






                              ┌己 ┏く\
                              ┌己ノニTつ)ニニ〕
                              └|ニニ-|二ニニ┗ク>
                              ,、ゞ''"゚~~~~~~゚"''~く
                         /‐=ニニ二二二ニニ=‐\
                       /‐=ニニニニニニニニニ=‐`_
                          /‐=ニニニニニ二二ニニニ=‐`_
                           |‐=ニ「\‐=ニニ二二二ニニニ=‐|
                           |‐=ニ|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂:.:.:.:.|ニ‐|
                           |‐= /         [:.:.:.:.:.:.:|ニ‐|      寛大な措置に感謝致します。
                       l⌒V   ̄\     [/ ̄:「V⌒l
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|  ∧  ―tッ\〕: :、イtッ一  | l |
         / ̄ ̄ ̄\: : : : : 丿 :\      ー=彡  |: : |:.:.:.ノ    ノ\
  ___/            ̄ ̄ ̄ ̄| : :\〕       |: : |/  〔/: :  \
/: :___/  / ̄ ̄ ̄ ̄\___/ : : :人        ′     /|: : _/ ̄ ̄ ̄\
  /    /         \    : :/  |\ `ー=   =┛ /:| |      : :   \_____
/  : :/     __     \__: :  :l: : :\   ―'  /「 ̄\\___人: : : :  \     \
       : : : :/:.:.:.:.:.:\___丿:.:.:|   | : : :\__/: : :| : :   \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \
        ̄ ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   | : : : : :Lノ : : : : :/\: : /    : :__: : : : : : :  |    : : :|
       : : : : : : :   \ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : /  「 ̄   : :/:.:.:/       \|    : : :|\
   : :/ ̄ ̄\: : .  \                ̄\ \.: : : :/ ̄ ̄\__/:.:.:/         \      : : :\
  : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\__丿             \ : :  / ̄    |:.:.:.:./   : :/\: : : : : : :|       : : :|
: : / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./                         : : :/       |:.:.:.(   : :/ ̄ ̄ ̄   :|       : : :|
: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:          \:.:\_/|___  : : : :|       : : :|
┌─────────────────────────────────────┐
│   この辺りが落とし所だろうと、オニイチャンは神人王の沙汰に頷きました。     ......│
│                                                     ...│
│   カワイイナイアチャンはオニイチャンの内側でそれを見守りながら            │
│   オニイチャンの外交力が意外にあることに感心していました。               │
│                                                     ...│
│   まるで家では変なことばかりしている夫の仕事ぶりを見た妻のようでした。
└─────────────────────────────────────┘




4095 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/13(水) 23:31:13 ID:PrbvUqbp

草ァ!!



4096 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 23:42:16 ID:H5YsZu4B






:`丶、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::8:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´|::|:: : : . .
⌒ヽ `丶_______________8____________/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |::|: . .
⌒ヽ\: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,.. -‐ '' "´-┻‐ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : |  |::|
    .:i::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:._、‐''゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:_.:.:__\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.::|.:.:.:.:.:.:.:.: .: : :   |  |::|            .::|
-:..     ¦: : :.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : | ̄|: :|  | |  | ̄|.:.:.: : : : : :/^ヽ: /⌒ヽ:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :   |  |::|    \      /::::|
''r-:::..   . . : : :}.:.:.:.:(::::): : : : : : ̄匚「匚| :匚| ̄(:::::::::): : : |:::::: | |:::::::::::| |.:.:.: .: : : : : .   |  |::|    |:::\ ____ /:::::/
¦ |::..     . :ノ.:.:.:.:.:{ } : : : : : : : : : : : : : : : : : >---<: : ゝ ノ: 、::::::::/::|: /´l: : : : n: : :|__  ┘    |__/ ̄ ̄{>只<}
¦ |:::|::.    .′. : : :U : : : ___ : : : : : :, '´ ,、----:、`丶、: : : `¨´: : | :|┌「: : : :パ。┌''|     //       \
¦ |:::|::::..    _ __ : :x-x: || ̄ ||: :/⌒', \/-:、.:.:.:.:.:.:\/: : : : :/⌒>|::|: |-┐,'  |:|:::|::::|   . /  /´   }`|   |
¦ |:::|:::::|:__    .i|:::|:::::::| ||   ||: :|   :|: ::| |===|.:.:.:.:.:.:.:. | |〈\∧| /: :|::|: |l: :| |  :|:|:::|::::|  . . . :| |/tッ}ノ}ノtッヘ|  \
¦ |:::|:::::||__i:.     .: .:ゝ 丿||__|| 人__ノ:.:.:| |┼‐|.:.:.: .: /| |く\\∨⌒>:|:_||__| ',  リ:└'' : : : :/| 乂'' 、  uノ  \_>
¦ |:::|:::「| ̄´´´   ´´ ̄「|::| ̄n: : :}{.: .: | |┼‐|.:.:.:/| |:| |<⌒V^Y´ ̄ ̄`丶、ヽ‐' i"´|.:.:.:.: ̄/\> __ <_ノノ_>
⊥ |:::|:::|:|──‐ ‐   .:‐|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.| |ニニ|.:.:.| | | |:| |.:.:く\| | i´ ̄.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:└宀.:.:.:.:.:.: ̄ }/イ ∧__{/ヽ
::::::| |:::|:::|:|___ _ _   ::|¨|¨|¨¨¨¨|¨|¨ : | |.:.:.:.:.:.:. | | /| |.:.:ア⌒¨´>----ミ__ノ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_/:|__|:|_}__ノヽ ビク
丁i :|:::|:::|」______ _ _   :|: |: : : : |: | : : |_| ̄ ̄::::|/:: :|_:.:./.:.:ノ´/:/⌒ゝ..___/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ニニ|:::|ニ|:|ニニニノビク
┤|冖¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´´   ´´ ̄ ̄'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.:.:|:::::|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{///}::|__|:| ノ//}
..|_|: : : : : : : : : : : : . . .     . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ゝ.::|___|:::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|⌒ニ=-/ ̄ ̄ ̄\|ニ{三Y三}ニニ|
   . . : : : : : : : . .   . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:. :: ̄└'´ ̄ ̄`┘::::::::::/   / ̄ ̄|/ニ/ ̄ヽ``ヾ
  . . . . . . : : : . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|,/ /     /ニニ。|::| |::|。ニ-\
                                                 |  |    ,/ニニニ|::| |::|ニニニハ
                                                 |  \__  〈\ニ__/┬┬'|___/ヽ/
                                                 ヽ_/   V_/〈〉.ハ.〈〉V_}/
                                                          |....../  }.....}
                                                          |//|  |//|
                      >--------<
                     / /~~   \  \
                   /   /l       ヽ 丶
                     /   / :|    l    |  i  '/
                  ′ :|  i    |  l |  } i  '/
                 / |l  l  '.   :l / |  } l  '/
                   / ( 从^ヽ、  ヽ__,/-― l  ' |   '/
      /|         /八 \代tッ 、 V玳tッ/ /  ' |   '/      …………。
       }           .//  丶 }  / 丶:|   /ィ  /  l:   '/
       }  '.        //   :l  ::.  `       / ./  /从  ジロッ
  <ニ二    '.  /|   /'   :|   ::. ‐ -   .イ ./  /∧ \  \
       、   ∨ :|  ./   ∧    丶 _ / :|/l .// | 丶  \  \
   /⌒ヽ\  〉/  ./  //:::|  :| :/:lヽ  //  :|/   '/      (⌒
\―――┴┤__|/\/|/ , //:::/  |/ |  ∨ .'   l   :i '/ \\   \
  丶     「| ̄ ̄ ̄ ///イ/   :|  :l>┬<:|      :|  '/  \\ -=ニ
    >――ゝ\  //ノ ./|  | :| / 《_》 V  八   l   、   \\  \
  /   _)/___l/ /  ' l/| .' {       } へ 丶  丶   \   \\  \
 ./_ -=≦/   / /   /./   / \  /  /   }\. \ ⌒丶   ヽ}    丶
     /   / イ  ./ 7 | 〈/   l  /  / l     :|丶  \  \
      }   ./   l./l  :l  |     /  /|   '.    | |  ヽ  ヽ   ヽ        \
      ∨⌒)/ ' | / :从     (__)‐ <  |   '.   | l  ∧   l    ∨          \
       /  /      ヽ| ⌒Y  |    |   '.  / ./  / l: / |    /          ヽ
       ヽ / .へ     r乂_ノ        :|    //     .}/ ./    〈
        ) \\\  (__)     |    |    〃     //     ヽ
       イl   ヽ \\/      |-0       l{'    //
         ∥    ∧ | (      l    |     '.   l(
       ∥      } |  \     |    |:       '.
        .∥     :} | へ_〉    :|    |:       '.
┌───────────────────────────────────────┐
│   それはそれとして、カワイイナイアチャンはバレないよう遠巻きに見つめている中で   ....│
│   段々とわかってきたこともありました。                              ....│
│                                                         .│
│   おっかない神通力を有した神人王ですが、どうやらいきなり事を荒立てるような       │
│   頭のおかしい狂信者の類ではないようです。                           │
│   むしろSAN99とかそういうたぐいの、とても強い心身の持ち主だと見て取れました。   ...│
└───────────────────────────────────────┘






4098 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/13(水) 23:51:19 ID:H5YsZu4B





                          >   ̄ ̄ `  、
                           /   /    /⌒ヽ\
                         /   〃 / | l     i  '.
                            // ∧/∥l 人 | |   j}
                       // |  |l斗- 、丶l   /从 / :.
                        // |l | .从弋rッx八  ./_.ィ
                      /  |l:|八( \ `` \(tッアノ 从
                      / /  从 /        〉`彡.イl |^\
                     / /  /l ∨八    -    /^7∥V/
                    / /  / / /l  丶     `イ ./ :l| .∨/
            >  '"   _ - / ./ l|\__  \ _//l |、   \
        .> '"  ィr―ァ /7 /  / |.リ  \\ /‐ァ :|八 、\\   \ __
        /イ  / /' ./ / /  イ>'「     丶只/ 、 l  丶\\\__  \
       l( |/  |( /_r―/ /r 、   l     / 丶  ̄l ̄ \\  r/_ ヽ  \__
       | \\ 八 \\ // イ」 \  \   ./   \ :|    l 〉 .'/// | l  l |\ヽ
      \ 丶乂  ヽ 丶 l |、__}    \  \ \___/  |   ./ /ト、 '/ /.ノ  l |  }: |
          )/}⌒  | \} l |    l     \  \ / ∧    /ノノ }___'//   八} / /
                _/  ノ八 \__:j         ̄ / /  '. l  l(     丶7  /  / /
            {      ` ー―      /__/ |   '. 、 丶       乂(  l /
              ∥       /       〈     |    '. \       / }⌒  乂、_
             ∥     l  /         l|     |     .、 丶  ̄ ̄/ /    /⌒
            ∥      | ./         .l|     |      \ \_./ /. .≧=- '
           ∥     //_        l|   () |         :\__/ . . . . . . .'/
          ∥       }. ./_        l|     |       ∥. l. . . . . . . . . . . ..'/
           .∥ 丶   ./. . ./_       l|     |      ∥....|. . . . . . . . |. . . ..'/
          .∥⌒\\_/. . . . ./_        l|     |       .∥. . |. . . . . . . . | . . . ..'/
        /       〉. . . . . ./_      l|     |      .∥.... .| . . . . . . . .|. . . . . '/
       /Λ       {. . . . . . ../_      l|   () |      ∥ . . .| . . . . . . . .l. . . . . ..'/
         ./∧      }. . . . . . ..〈 '.     .l|    .|     l: . .. . .|. . . . . . . . . . . . . . ..'/
┌──────────────────────────────────────────┐
│   血の奉公によって生まれた恐るべき存在には変わりませんが                      │
│   彼が纏っている空気は淀んだものでなく、むしろ静謐な信仰者の体現に親しいものでした。    .│
│   つまり、彼が捧げられた血の概ね過半が、妄執や狂信からではなく                ......│
│   きちんとした理解と覚悟を以て捧げられた生命だ、ということがわかったのです。         ...│
│                                                            ....│
│   いや、それはそれで嫌な話だな、とカワイイナイアチャンは思いました。                │
│   全員が全員、血の奉公を「たったひとつの冴えたやりかた」だと見て実行しただなんて      ...│
│   カワイイナイアチャンにとっては全く好ましくない合理性なのです。                    │
│                                                            ....│
│   人間はもっと不条理で、感情でものを考えるべきだとカワイイナイアチャンは思いました。    ...│
└──────────────────────────────────────────┘



4102 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:02:18 ID:lDANNt9g





                           .::|
                  \      /::::|
              |:::\ ____ /:::::/
              |__/ ̄ ̄{>只<}
                 //       \
             /  /´   }`|   |
               | |/tッ}ノ}ノtッヘ|  \
             /| 乂'' 、   ノ  \_> ムー
              ̄/\> __ <_ノノ_>
             ̄ }/イ ∧__{/ヽ
                 /_/:|__|:|_}__ノヽ
                 {ニニ|:::|ニ|:|ニニニノ
              {///}::|__|:| ノ//}
         / ̄ ̄ ̄\|ニ{三Y三}ニニ|
      /   / ̄ ̄|/ニ/ ̄ヽ``ヾ
        |,/ /     /ニニ。|::| |::|。ニ-\
        |  |    ,/ニニニ|::| |::|ニニニハ
        |  \__  〈\ニ__/┬┬'|___/ヽ/
       ヽ_/   V_/〈〉.ハ.〈〉V_}/
               |....../  }.....}
               |//|  |//|
               |//|  |//|
               |//)  (//ノ
┌────────────────────────────────────────┐
│   ともあれ、さっさと追い出してほしい、というのがカワイイナイアチャンの本音でした。    ....│
│                                                           .│
│   実はさっきから神人王が座っているソファは                            ...│
│   カワイイナイアチャンが寝そべって丸くなるのに最適のふかふかソファなのです。      ...│
│                                                           .│
│   海底では得られない重力とふかふかの二重奏に酔い痴れる最適な調度品が        ...│
│   あろうことかノーデンスのケツで押し潰されるのはちょっと業腹なのでした。           │
│                                                           .│
│   (尤も、これは貴賓室の応接用なので、むしろ神人王の使い方の方が正しいのですが)  ....│
└────────────────────────────────────────┘









|i| |l |i        /‐=ニニニニニ|
|i| |l |     /‐=ニニ|\__-ニニ|
|i| |l |i     /‐=ニ二二|   | -ニ|
|i| |l |    〈‐=ニニニニ|   /ニニ|
|i| |l |    ∨ ̄| ̄ ̄| /'⌒\|
|i| |l |    |  |/:.:.:.:.∨ |   |
|i| |l |    |//:.:.:.:.:./:.:|   |
|i| |l |    /  |:.:.:./:.:.:.:.:|   |
|i| |l |i   {   [/}:.:.:___|   |
|i| |l |    \  r。  /]    |
|i| |l |      ) ├─く :.:.|    |      (カワイイカワイイナイアチャン!!!!!!!)
|i| |l |i    /⌒ |:.:.:.:.:.:.:.:.|    |
|i| |l ||         \:.:.:.:.:.:|    |
|i| |l |i   /     |:.:.:.:.:.|    |
|i| |l |  /        |:.:.:.:.:.|    |
|i| |l |i 〈___     \:.:.:|    |
|i| |l |i      \⌒    )ノ   | ┌───────────────────────────────┐
|i| |l ||      |            | │   そんな思念を受け止めて、狂信者らしいデレデレ顔を見せず     ..│
|i| |l |      \__      |│   平静を装いきったオニイチャンは真にカワイイの伝承者でした。   ...│
|i| |l |i         く⌒` ┘   | └───────────────────────────────┘
|i| |l ||       |⌒>     |
|i| |l ||       |      /:..|
|i| |l ||       〈    /⌒ |
|i| |l |i          \_/    |
|i| |l ||                    |
|i| |l ||                    |
┌─────────────────────────────────────────┐
│   これが済んだらすっかり拗ねたカワイイナイアチャンを                        │
│   あの手この手で宥め賺すご褒美タイムだと内心オニイチャンはウッキウキだったのです。   .│
└─────────────────────────────────────────┘




4103 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:03:11 ID:NmNefo/2

オニイチャン???



4105 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:12:40 ID:lDANNt9g




┌─────────────────────────────────┐
│   そんなことをしている内に。                           ......│
│   オネエチャンからイイネの準備ができたとナイアチャンは感じました。  ......│
│                                                │
│   (オネエチャンは唯一ナイアチャンが直接力を与えているので        │
│    そういった便利なやり取りが簡単にできるのです)             ....│
└─────────────────────────────────┘
              /:::::::.             .:|
                |::::::::::|         _/:/
                |::::::::::|___    /::::::::::/
           ''"~ヽ___/________}\/:::{:::::::::/
         /   /      /.......}..〕__/
        /   /       /   ̄ ̄\../
          /  /     /         \
    /    /   |         |  |
     | |   |  /| ̄\         |   |
     | |   |  /| |        _/  |   |
     | |   |ィ⌒うぅ:ヽ  /  / \/  |
   /| |   |丶 乂..ソ)/|/ ァぅミx|/  , |
 /⌒| |\  \""        (...j.ソ 〉/./ /|     ちゃーんとおめかし、できたみたいだよっ。
  _/|    \___>         ""/Y77  /、\ヒソ
  \/\ \__>  (\_,    / /(ヽ ./ { ̄ヒソ
    / ̄|  |  \__/ }/ / / /⌒ヽ、>     どんな姿になってるかな?
   ./    | /.{      / / __/ /   |
   {    /|  \   / {/   ./    .|
  ∧   /::|    /⌒ヽ{  ′  /     |)\
  /ニ\_,|::::|\//\/\__/|\   _ -ニニ\
 .{ニニニニニニニニ7三o三|\|__/ニ|-=ニニニニニニ}
  \ニニニニニニ/::{   :|‐ニニニニニニニ|ニニニニニニニ/
   \ニニニ |::::{    \ニニニニニニ/ニニニニニ/
     { ̄ ̄ \:\__ノ::|ニ\___/ニ\ニ/
      ≧=―‐}≦⌒≧==={ニニニニニニニ\}
       ニニニニヽニ/\ニニ\ニニニニニニニノ
        ニニニニニ}´ニニニ\ニ|\ニニニニ/






       ┏┘ニニニニニニニニニ<____
       ┗己ニニ二二二/⌒\ニニ\ニニニニ=‐
         |ニニニニ/‐=ニニ二\ニニ\ニニニニ=‐
             ̄ ̄\/‐=ニニニニニニニニニニニ二二\
              |‐=ニニニニニニニニニニニニニニニ\
              |‐=ニニニニニニニニニニニニ二二二|
              |‐=ニニニニニニニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「\ニ|
              |‐=ニニニニ二二| ̄        |:.:.:.∨
              |‐=二/⌒\ニ二| \〕        \ ∧
              人ニニl 「   \_ノ   ー――┘ノ 〔__〉       さて、どうでしょう……。
               /  \人         「 ̄tュト    /:./
             /      ̄\_〕         ′   〈:.:.|
          /          |      \          ∨       /⌒l  その心が凪いでいるといいのですが。
.         /              |             __ノ       |  |
       /〕               \            〔     厂\|  |
       //        ̄\    |>       -‐=r┘   ( \ \ :|
     /.:.:             \  |:.:.  \     r┘    「\ \ \
.    /.:.:                  \ |:.:.   :.:.\___|        | {〉 | |

┌────────────────────────────────────┐
│   イイネは頑なに素顔を晒そうとはせず、常に鎧兜を被っていました。       ......│
│   そんな彼がどんなおめかしをしたのか、ふたりは少し気になってしまいます。    .│
└────────────────────────────────────┘



4106 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:12:41 ID:F1MxGry5

親は親なら子も子だなw


4107 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:13:31 ID:9cV/+TTE

おお、イイネの素顔がついに



4108 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:16:06 ID:lDANNt9g















                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |   ――いや、待たせたな。   |
                    乂____________ノ
















4109 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:23:03 ID:lDANNt9g






           /}/         /         \:ハ__:.
          .: : }      /   ′    }     {: : ::, 、
           in: }           /     イ       {: n: }ノ}\
           |ノ: }     / / /     ./ i |、    {: u: }ノ}  、
       -=彡|: :ノ   {  j 斗-、i  | |/斗-リ、:,    ∨:_ノ,ノ   :.
        ⌒7「.i|   | j/レ'   |  | |      :、   { ハ\   j:.
      ー=彡/ j|   |/斗夫ミt| 八{ .斗-夫ミ \ ∨  }ゞミ=ー} i
         .′j|   lY゙ |r{//| j./      |r{//| Y }、\}   } }   } |
         |  i|  { 八 乂rソ /      乂rソ ノ/\ .j____ハ 、   } |
         「:「:i| 、  }'`¨^¨^         ^¨^¨´/   .「:「:「:「|入 .ハj
         LLi| \人 :::::::    〈   ::::::::::u イ    LLLl」  //
        /  ィ j/\}              |  j/ ^^^^ /
       -=彡'⌒7ハ /   :、      o        | jリ    / \
               {    介ト     ー    /八 { \ /     ヽ、
           __、   |.{  }>   ___     {  }   ` ーr  ..,,  い、
         /   }  j:r'゙ {  }             }    }     `ヾ:::.
             //リ   、            /  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       i      { 、    \__     ___/    | 漁から帰ってみれば王が来ていると言われてな.|
       |      {:: \    {::「 ̄ ̄{::「      乂___________________ノ





  ∧  ,〈/ ../ i :  〉::.  ...: /:;
 .: . // .::/ U ,/::./    /::::/
 {  } v、 :::    /::./-‐…/::::〈
 ‘V  V\、 i { _L,,.. -‐ニ‐⌒
  ′  V‐\ .:.V{ニ‐七¨,;;;_
  '   ∧ ・/‐ '^、 〈 ・  ノ
 l   :'  7 ^ Y {::≧≦
 |  l ', /    . U {:.:.:.:./  /::.
 |l |l | ,/  .::::::.   {.:.:/  /::
 || || |l八 _ --   {/  /:
 || || || `¨「⌒     {    ノ
 || || ||  〈_‐‐:、      し
 || || || l  〈ゝ- へ 〉                .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 )\ || |  ,∧¨"  ,.:::    _、‐          | 大急ぎで香草風呂に漬けられたよ |
    ̄ ̄ { }'丶 ノ   _、‐'゛:::::           乂______________ノ
   ナ ‐   レ_   _、‐、::::::::::>''゛
    `¨    { l‐< / >''゛ニニ
   つ    { |  _,>''゛‐ニニニ
   _   ノ |l { {ニニニニニ
 ィ'|| |l l\「|| || { {ニニニニニ
 || || || || || || || ll\ ニニニニニ
 || || || || || || || ||/〉 ニニニニ







   |\                   /⌒\ Y//////|
   |//\__          ―‐/.............\//////}
   |///////ヽ  -======={................../\_/、     ,,、WAミミミミミミミミミ≠、,,_
   ∨//////,/       ` ―― ´ー{.........\\  Aⅳ゛         キ::::'Wiト,.
   ∨///,/             \     八.........../  \Aⅳ          キ::ミ  リ
    \//    /         \    \/    ⅨI           Y
      /        ∧       |        =_  Ⅶi|
             |   (◎)      |     |    ニ_    | ミョイン
     ′      |  |   V    |   |/   |   | |    \
    |       |  |        _|_/|     |   | |     \
    | |  \|_|_        |   |\ \|   | |    \ ̄
    | |    |  |         | ,I斗==x |   | |     \
    | |    |\| \  |  |  ノ .ハヾ   |\  \ ̄ ̄
    | ||  、,ィf示ミ\|\|  乂 ソ / | ∧ \  \     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    | ||  lィア J::゚:ハ        し/ /|./ |/   \  \   | ごしごしやられて背中がこそげるかと…… |
    |∧.\  圦 乂:ン  ,        /イ  ′  /| /  ̄ ̄    乂_________________ノ
      |\ \ \              }  / ̄ ̄Yフ
      /  .\/ ̄ ̄}     (⌒ ⌒) u /⌒\}   }
    / /|/{ /⌒\:...       /⌒ヽ\ ` ノ
    ̄ ̄   /  /´ ̄\≧s。.,_∠/`      /
         \    / ̄\-|  /     /
      / ̄ ̄`` 、   ̄`\-/      /-‐ ''"~ ̄ ̄\
      ./         \      .}:{     /            ヽ
     {     :.、  /::{Υ    }:{   イ ::\   .:/          }
     |/ ̄ ̄ ̄ ̄\/V   /::{___|アヽ:j/ ̄ ̄ ̄\   ′
     /::::::::::::::::::::::::::::::/::::: ̄ ̄ ̄〉 ̄ ̄::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::\/
     |::::::::::::::::::::::::::::八:::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::::::::\
     |:::::::::::::::::::::::::::::\\::::::::::::::ハ____/:〉____:::::::::::::::/
     |::::::::::::::::::/ ̄/:: ̄ ̄ ̄| |::::::::::::::::::::::|´ ̄ ̄ ̄\::::::::/
    \__:/...../::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::|........................\::|
        {........../:::::::::::::::::::::::::::: | |::::::::::::::::::::::|........................//





4110 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:24:49 ID:NmNefo/2

本性漏れてる漏れてる!


4111 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:28:09 ID:UgXtbRPg

アウアウ!(AA略)


4112 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:29:37 ID:OcPaBirJ

カワイイが剥がれてますよ



4113 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:29:48 ID:lDANNt9g






                         >--------<
                             / /   ヽ   \
                      / :/ /     '.  :  ∨/
                      ∥ /  l   l八 '. | | ∨/
                     l|  |ー/-、 ‐:|‐≦  :| |
                     l|  l/く苡\ | 苡∧/   } |'/
                      从 l ´´  '   ``/  .イ | '/     …………!
                        ∥∧_、    __   / / | | '/
                       ∥ . . .丶    ` ⌒7   | |  '/
                |\        ∥ . . /. . \__  -≦/     |  '/
         |\   |  丶 |\   .′ . /. |. . . _| /~        .|   '/
         |  丶_|__r― | r丶   ./. ..|__r< ∨--/ . . l
          _\    l   | {_   ̄./ . ./ く/ 只、 l. . . .|\. .      \
       __\__>-乂  }  }   /. . / .〈    〉 \. .l  丶\. . .\. .  丶
       \___//   \  /. /  ∧ / / \\  \\. . .\. . . . . : . .
            /_ノ|     )/. . / /  / / /  |   \\  \\. . .\. . . . . . \
             ≧--..,: . / ../ l  rr┐/   ∧    l. . ヽ  )\\__>=-. .丶
            /. . /.. ./.. ./- 、r‐乂ノ\   /      . . . .| ヽ. ..\   ∨/. . . . . .\
              /. /. . ../ . . | (_) )  l  \\ l  :|    l. . |  l   l   ∨/. ..\ ⌒
             l/. . . . イ. .  l ーイ  l|   \\ l      :|   |   |  / ,∨/. . . \
          /_____/l: |    :     l| (_)  |\\   '   ′__|  // / ∨/..|\. 〉
          /  .∥ |     l    l|    :l   \___//)/__.ノ  /__/   .∨/
         /   .∥ |/ \ | |   |      |   l      /7/          ∨/
         ⌒7 l  ∥       :|   | (_)  |   |                   ∨/








                         ̄ ̄ ̄ ̄`  、
                       >'"/   l
                / /    |   |         \
                   /  / :l  |   |   | l l \ \  ∧」
               /  /  l  |   |   斗匕_ ヽ⌒) l__
               .′    l|   |   |    V,、く莎 //  {
                        l|   |   .八   丶¨       〉     ……やはり、此処に居られましたか。
                ∥    八  |     \   \    . : :l 、
              ∥     /    :|      丶( ⌒     ̄  ∨/
            ∥   /     |       \         ∨/  兄上。
                ∥        |/         \    _ -=≦
              ∥   /      .′        丶   ̄ / '/
            |l   '      /  /   /|         l  '/
             /从/  /   ./  /   / :| \    '.  }   '/
         .// ′  '     ./  /    /  |      ' /    \
  |\    / /  / ./     /      ./--/   /丶   ̄ヽ    \
  |  丶 ./ /  /    _ -       / /   /|: ∧ :l\ ヽ   }\〉
   \  \ ./ / -‐        / /  /  |: / /  |  ヽ---<
    \  \´             /  /    / /  /   }丶     、
      丶   ̄\       < __/___/ /_/  / __/   \    ヽ
      /\    丶         ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄/       \   |
__r――――、    \_/ ̄(/|        \    }\+]        丶  :|
\__________\____/  / .乂       丶   :l  丶          \|






4114 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:34:09 ID:i+9dsqjA

アニィ!?


4115 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:34:12 ID:bAwNTl1e

イイネは……オニイチャン!?



4116 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:35:38 ID:lDANNt9g













                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     |   ああ……息災のようだな、弟よ。   |
                     乂_______________ノ



















                                    "´  .::..、`ヽ
                            ‐ ´     ,.      ー- 、
                       '"  ,..::,::.  ,.:::/
                      ' ,:: ,..::::/   '" ,   ,'´,..:::.、 .},.´  丶
                         } ' ," ´ ;::  .:::j   ; (::::. ソ´⌒    ヽ
                 {、 .ノ  '    :'  ,ノ  ;    ハ::. ':.   ヽ;
                      ヽ ノ  ト、  ノ  .{ヽ .ノ   :'  .',  ::..    :.  :. }
                     .:'  .:  .人 _,.  '   、_, ィ .'   j.}  :.、   、  .'
                   { ,::  .::' 乂  -ー,.ノ_ { i   ノ/ヽ.、 .::.. 、 ゝ. (
                    jノ   .:'  ,:  (,.'"-‐tッーゞ、 ./ ‐ tッ‐ ソヽ  ソ  、 ゝ、    ――だが、今の俺はこの街の領主・イイネだ。
                /  ,  ! .:;:/ :{'        ヾ(         ハ ノ   ) ヽ;
                    ;  /  ', ::{'人 :、_,.      .:: `       、ノ イ:.   .::j
                、' ,:   ヽ(   :.      .::::          '{ .::.   ノ ; jノ     畏まらず、そのように扱ってくれるか。
                 {ノ   '::.. ヽ.  :,       ` ´     / ゝ  ;   {. ノ
                   /    .:} ,ヽ ヽ. j 、   -‐   -    ' }:;   (   乂
              ,   , '  .:ノ ハ.;   ソ.!  .     ̄     イ .: ノ    ヽ  .ヽ
                  / ..:::::ノ  リ ,イ .:l   \      / l ,. '   ::..  ':,   )
.               {, '  .::':::;:'   ノ ノ {:. ;|.       _    l':;:'     丶    、
.               (,: ,:' .::' ., " .::{.(:::!  ̄  ‐- 、 ,. -‐ (;:   ヽ   ヽ  :.. }
.           __  --{ / ノ ,:     ヽ ー.ノ  r',ニヽ Y ./ ,ニ.ヽ. 、  :. 、':,  jヽ ソノ―-   _
 -―     ̄      |:::::{ ;' ' { .:i   .:.   ヽ. 、 '.{ 'ー! | lー' )ノ.',.ヽ ;. 、;: ヾj )ノ':::::::!       ̄   ‐-
           __, ‐┘、.{ 八 ハ   .:::   丶. }ヽヽ.ヽ ! ! ! ノ '/ .ノノ)  } .:. ソノ L:::::::∟  _
_ -―= i. Τ l  l ` `_  乂,::'      ヾニ_ `,...!..,´ _-=-./  ..;:: ノ '/ ! .| l  .! Τ.T T=―--
.|   l   l   .|  .l  .l  ト    ` ー-/.::   ヾ、 ', ー, ' , -‐- ,ヽ,.-―´'  .:::;'./ "    .!  ! l  .!  ! .!  !  !   !
.|   l   l   .l   l  .l  ! \      ' :{     :..ノー--'__ ; .} -‐.{ { ::::(       l  .! l  .!  ! .!  |  l  l
.|   l   l   .l   l  .l  l     、   { 、  :.   }         ̄ ̄   、 :. ヽ:::.、     .l  .! l  .!  ! .!  l  .!   !
.!   l   !   .!  .l  .l  l      > ヽ 、ヽ :,  .j              ー 、;:::}     .l  .! .!  ! .l  |  l  .|  l
l   .l   !   .l   |  .|  l 、        ー-ヽ; ノ_         _   -  ノハ丿  /.l  .!  ! .!  ! .l  l  .l   .|
!  l   !  .l   |_,. -ー' 丶 、         ソ     ̄ ̄   -‐'"    _ ノ<   .l  .!  ! .!  ! .! .l  .|   .|
!_ 'ー ' '" ´ ̄´       ヽ \                _   -‐ ´    _, -└ー--'ー'--∟.!_l_ ,!   ,l





4117 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:36:59 ID:bAwNTl1e

強い(確信)


4119 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:37:13 ID:NmNefo/2

“!?”


4120 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:39:28 ID:bIYsR6w8

国どころか星を統べられる顔ですよこいつは


4121 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:40:05 ID:geDvoh5J

これが太陽賛歌のポーズを取っていたという事実よ



4124 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:40:51 ID:lDANNt9g















                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |  今は、貴公が王なのだから。  |
                 乂_____________ノ

















4125 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2022/04/14(木) 00:43:46 ID:lDANNt9g








   |\                   /⌒\ Y//////|
   |//\__          ―‐/.............\//////}
   |///////ヽ  -======={................../\_/、     ,,、WAミミミミミミミミミ≠、,,_
   ∨//////,/       ` ―― ´ー{.........\\  Aⅳ゛         キ::::'Wiト,.
   ∨///,/             \     八.........../  \Aⅳ          キ::ミ  リ
    \//    /         \    \/    ⅨI           Y
      /        ∧       |        =_  Ⅶi|
             |   (◎)      |     |    ニ_    | ミョイン
     ′      |  |   V    |   |/   |   | |    \
    |       |  |        _|_/|     |   | |     \
    | |  \|_|_        |   |\ \|   | |    \ ̄
    | |    |  |         | ,I斗==x |   | |     \     【適当にじゃれついたり何かねだったりして】
    | |    |\| \  |  |  ノ .ハヾ   |\  \ ̄ ̄
    | ||  、,ィf示ミ\|\|  乂 ソ / | ∧ \  \
    | ||  lィア J::゚:ハ        し/ /|./ |/   \  \
    |∧.\  圦 乂:ン  ,        /イ  ′  /| /  ̄ ̄     【粗雑に撫でられたり魚を咥えさせられたりした街の領主が】
      |\ \ \              }  / ̄ ̄Yフ
      /  .\/ ̄ ̄}     (⌒ ⌒) u /⌒\}   }
    / /|/{ /⌒\:...       /⌒ヽ\ ` ノ
    ̄ ̄   /  /´ ̄\≧s。.,_∠/`      /           【神人王ばりのとんでもねー加護持ちだと知った時の】
         \    / ̄\-|  /     /
      / ̄ ̄`` 、   ̄`\-/      /-‐ ''"~ ̄ ̄\
      ./         \      .}:{     /            ヽ
     {     :.、  /::{Υ    }:{   イ ::\   .:/          }    【カワイイナイアチャンの心境を述べよ(配点:生命の危機)】
     |/ ̄ ̄ ̄ ̄\/V   /::{___|アヽ:j/ ̄ ̄ ̄\   ′
     /::::::::::::::::::::::::::::::/::::: ̄ ̄ ̄〉 ̄ ̄::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::\/
     |::::::::::::::::::::::::::::八:::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::::::::\
     |:::::::::::::::::::::::::::::\\::::::::::::::ハ____/:〉____:::::::::::::::/     【きょうはここまで】
     |::::::::::::::::::/ ̄/:: ̄ ̄ ̄| |::::::::::::::::::::::|´ ̄ ̄ ̄\::::::::/
    \__:/...../::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::|........................\::|
        {........../:::::::::::::::::::::::::::: | |::::::::::::::::::::::|........................//






4126 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:46:31 ID:bAwNTl1e

乙でしたー
太陽信仰する男は、太陽のようなイイネは まさかここまでの存在だったとは
てかナイアチャン落ち着いて ちょっと生えてる生えてる


4127 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:46:37 ID:NmNefo/2

デデドン
乙でしたー


4129 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:53:09 ID:/jzG/517

そのイイネからトンデモナイと言われたオニイチャンw


4130 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:55:06 ID:bIYsR6w8


ちょっと出ちゃってるナイアチャンもカワイイ


4131 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 00:56:40 ID:UgXtbRPg


鎧兜が加護を覆い隠してたのか
ノーデンスの加護を宿す太陽のごとき光の戦士とかヤバヤバのヤバ(ジュワッ)


4133 : 梱包済みのやる夫 : 2022/04/14(木) 01:14:05 ID:0yvVGCLf

乙乙
ブラックサンとシャドームーンに挟まれたクライシス怪人の気分とか
絶対味わいたくないやつ


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第5話 ハイリア湖の小さな住人 (08/08)
  • カナちゃんのおしながき 第83回 (08/08)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第7話 藁人形 (08/08)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第34話【ピンクと溜息】 (08/08)
  • 読者投稿:小ネタ 鈴鹿 アヒルレース (08/08)
  • 読者投稿:鈴鹿サーキット周辺の交通事情等について (08/08)
  • 読者投稿:中国食事的小話:仁義なき会計争い (08/08)
  • 読者投稿:実地指導 \(^o^)/オワタ (08/08)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄: グンマ編 54 避暑地 (08/08)
  • 読者投稿:舞鶴旅行その3 (08/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その14 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その13 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その12 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三話 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二話 (08/07)
  • 読者投稿:稼働のリスクと停止のリスク (08/07)
  • 読者投稿:トマトのお酒 (08/07)
  • 読者投稿:弾ける美味さ、とまとじゅーす! (08/07)
  • 読者投稿:そういえばペルシャ湾で海に潜った日本人がいた。 (08/07)
  • 読者投稿:単発ライフハック スマホを冷やそう 謎の病人X式 (08/07)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 33 エビデンスに乏しい分野で、医療関係での「権威」の言葉をどう受け止めるべきか ~ 34 平壌運転極まれり (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第4話 森の盗賊団と木こり姉妹 (08/07)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第6話 ロッジへ…… (08/07)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -  第拾一話 社の攫い鬼 (08/07)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 10 (08/07)
  • このクソッタレな世界に復讐を! Interlude11 Ecstasy (08/07)
  • やる夫は剣で食っていくようです 83 (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第3話 勇気の意味 (08/06)
  • 国際的な小咄 9083 中東だと海水浴のほうが地獄 (08/06)
  • 国際的な小咄 9082 ほんとだぞ (08/06)
  • 国際的な小咄 9081 殻を分厚くする (08/06)
  • 国際的な小咄 9080 そこらあたり割と雑だよね、ロシア (08/06)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第5話 かまいたち伝承 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その11 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その10 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その9 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百一話 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百話 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百九十九話 (08/06)
  • 目次 できない子はマスターソードを手にするそうです (08/06)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第2話 カカリコ村の幼馴染 (08/05)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第1話 雨の降る夜に届け、悲痛な願い。 (08/05)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 予告編 (08/05)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第4話 かまいたち荘 (08/05)
  • 国内的な小咄 2169 勧誘が時代遅れ (08/05)
  • 国内的な小咄 2168 真にうまいトマトに塩などいらぬ (08/05)
  • 国内的な小咄 2167 死に体&ボロボロ (08/05)
  • 国内的な小咄 2166 ごんぎつね (08/05)
  • 国内的な小咄 2165 死屍累々 (08/05)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十話 (08/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!