スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

芝居しようぜ!―十八番花道の異世界演劇史― 塩の国についての解説

目次 投下巣箱

948 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 22:16:44 ID:Btp90maq




   【仕事の合間に塩の国についての解説】



                                                                   ┌─
                                                    ‐‐           ┌┴r‐
                                                /.:.:.:.:.:.:\─┐__┌| ̄ ̄|├
        ____,、-──--     _                    ┌|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|─| ̄/ ̄[ ̄|_|┘
ー----‐''""´. . . . . : : :/: : : : \: : : : : : : : : ´~"''ー-     _      _┌冂「「|`¨¨¨¨~¨¨゙´| | ̄|  ,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
- - - - - - - - - -r'゙ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_、‐''゛ ̄ ̄┌「 >─‐<|_[]__/\[]_| |  |/:|
. . . .        ´"''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ''"""´´´´´´´´´_†_ :;.:,:;.:,/┌「/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/    \ ̄ ̄|  |
: : : : : : . . . .                 __/.:.:.:\ /┌[./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨]      ̄ ̄|  | 匚]
: : . . .          . . . : : : .       r''"´_|___|_ . . : __|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |_    | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|\
            . . . : : : : . . .      /{ ;:;:;| i⌒i |  | |;:;:; |`~¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨~´| ̄ /|__|__┌┘ ̄ ̄ ̄ ̄
. . . .: .: .: .: : . .       /¨\   r-=¬'^:;:;:{;:;:; | |  | |  | | ゙̄| i^i  i⌒i      |\_/        ¨¨゙|¨|¨¨|¨|¨¨
.: .: .: .: .: : : : . . .   . . .く;:;:;:;:;:;:;:>_ノ;:;:;:/;:;:;:;ノ:;ノ |/  ̄ \ |____| | :|  |  |  卩  人, | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :| ̄| :| ̄
.: .: .: .: .: .: .: .: .: : : : : : : .: .:`ー‐'´ `ー、/:;:,,ノ'´,.:'´:;: |  i⌒i  |  |¨¨¨¨¨¨¨二_¨¨¨¨¨¨¨´_,ノ`|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .:.:.:.ノ,.:'´ ,.:'´:;.:,/ | ̄|_| ̄|  |_,.  -,.:'´  ` . / ̄\__|   /\
.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.:.: .: .: .:.:.:.:.:.:/::;{:;.:,:;.j/ ̄|  |  |  |  |_|_、‐''゛`''-、_    `''<____〕|   |  `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: `丶,{;:;:;;/ γ⌒ヽ,| ̄ ̄ ̄´~¨¨¨¨¨¨¨¨¨~` ̄廿─く< ̄ ̄ / ̄ |          /
.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.: .: .: .: .:.:.:.:.:.::::::乂_|\乂___ノ|            _//  |X爻爻|\__,|  _____/ ̄ ̄
.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.:.:.::::::::__/|/ /   |        .|¨:|TTTT|¨:|冖┐ ̄ ̄ ̄ ̄ |  | _/
::.:.:.:.:.:.: .: .: .: .:.:.:.:.:.:.: .: .: .:.:.::::__| ̄|_| ̄ | _//|_,,、- ''"| ̄¨| | | | | || |   | ̄`i\______,| | ̄
::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / ̄ / ̄ / ̄/__,、-''"    :|__,|_,」 -ー   ̄ ̄ ̄\|  \|二T|
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/>''"´|\ /__,,、-''"   _,,、- ''"_/: : .         \  | ̄\─┐
:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,..  ´    | _,,、- ''"   _,,、- ''"  |\  |: : : . . .            | :|   \─‐┐
 ̄ ̄|.:.:.:.:.:/ ̄`|\   _,,、- ''"    _,,、- ''"      .|  \|: : : : : : . .          |/       \──‐┐
    | ̄ ̄\:;:;::;|_,. -‐''´    _,,、- ''"         |  ‘, : : : :         /        |─────┐


         ・港街を中心とした都市国家

         ・大陸間の交易が盛んであり、別大陸に存在する法の国の輸出入を商の国・本の国などに届ける中継都市である

         ・その性質上他国との関与は避けられず、過去には複数国家を巻き込んだ大戦で何度も他国と殴り勝ちしている

         ・法の国に対して唯一戦勝した国家






949 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 22:24:52 ID:Btp90maq






                      }i ]l[ i{  _  ___
.               _ー==ミト}i ]}.]:[ {[ i{: : /辷彡<⌒
             >─: : : : ]} ]}]:[.{[.{[./-=辷==一\
            _〉⌒\: : : : Ⅵノ八V{l : :/⌒ /〕iト: :}
             r「\⌒>-=彡/}><()><{:/ -=ニ⌒ヽ/>┐
.    . : : .     八V/:丶⌒>彡ノoYr刈< : -<⌒)ノ/ /\_,
    . : ノ( : . /.:.:.:\ト-=彡//:>个<\: : ⌒ニ=- -=ニ辷辷彡_
    . :(ノ: . . .〉/.:.:.:.:.``~、 // ィ川ト \ <⌒\\〉.:.:.:.:.:.:.ニ=-<⌒
    . . :ハ: . 辷辷- _.:.:.:.:/{./ィ / / :}:V/\〉/.//} /=-.:.:.:.:.:.:.:V辷彡
   . : :ノノ: . . / : . .-辷彡\v{ {∧ :{( )}八(/.:.//.:.:.:.:.:.:.:_ -辷〈⌒      ・初代王グウィンが国家の王を務めている
  . . : :) { : . . {: . Y.      \(:.: \〉/⌒.:.:.:.:/(.:.:.:. -辷辷辷辷ハ
    . . :} { : .  _}: . /         {\.:.:.://.:.:.:.:/r/辷辷辷- -=ニニ}
   . :.ノ し: . ._]=-,       r<\辷辷辷Y⌒Y辷=- -=ニニニニノ      ・グウィン王が推進する塩田やそれに伴う魚類保存食の製造によって
  . :i{: Y ( : [\-ト      /\>-≧=- r「>-<:.:)ニニ=- {⌒
  . 八: \ )LYヘY    /\/rヘrヘr「/.:.:.:V/  . :⌒)}           諸外国へ貴重な塩分・タンパク源を輸出している
  . /ノ ハ /  」=-}」   .:.:.:.:.:.乂]乂]乂]ノ}\.:./   . . /ハ
 . :{(: ( : : . 」=-    /.:.:.:.://_.:.-ヘ//>''~\ _ -ニ.:./∧
. :ハ .ノ) :{.: . 」=-   //.:./.:.:乂_ ヘ: .\=- . .>''~ .:.:.:.:.:.:.:./∧         ・そのため、比較的裕福な国家のひとつでもあり
: .V/ /ノ.: . 」l=-   ./.:.:. //.:.:.:/. 八}  V//.:.: V/.:.:.:.:.:.:.:. /∧
 :八 }'. : : . 」l=-  ⌒Y.:./.:.:.:.:./.:.:.:/ /}^.:.}.:.:.:.:.:V/ .:.:.:.:.:.:. /∧        演劇・彫刻などを始めとする芸術にも一般の関心が高い
 . . :\:   」l:=-     }. )/.:.:.:/.:. 〈 /./〉:八.:.: \V/ .:.:.:.:.:.:. /∧
. :ハ . :_): 」l:=-     ⌒)/.:./Y.:.:.:.[.//〉{.:.:.\.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:./〉
. :V . :}  」l:l=-    -=ニ- /.八\.:. ̄ ̄.:.{.:.:.:.:.}\.:.:.:).:.:. _ -=ニ/       ・王族はグウィン王一人のため
  . :./: 」l:l=-   -=ニ三ノ/ハ{.:.:}.:.:}丶.:.:rヘ}.:./\.:/ハ-=ニニ-
. . :ト/  」l:l:=-  -=ニ三〈////,\}.: }.:.:.:.:.{.:.:〈ニニニニニニ=-.:.:.:.{        グウィン王をトップとした貴族・市民による評議員会制政治を取っている
/( {   」l:l:=-: .  -=ニ三≧=- ⌒}.:ノ.:.:.:.:.{.:.:.:.V/⌒V/ニ=-V/.:.:.:.:.:{
 ) ', .」l:l:l=-: .    -=ニ三三三ニ⌒\V/.:.}i =-       V/.:.:.ノ}
Y(  ) .{l:l:l=-: .        ─==ニ三三三三ニ==─   v=- -}
_)八_) V/-: .             ─==ニ三三ニ==─ ノ}=- -}ヘ
\    V/ (_ : .                ─==ニ三三{_ >ヘ.:.:.:./=-
. : \   ノ⌒: .                    ─==ニY⌒ヽ.Y三ニ=-
 . . :}  /: . . .                         -=ニ三/⌒\/三三ニ=-
. :r(_ノ }: .                          -=ニ三三/⌒〕iト}三ニ=-
. :乂 ノ: .                       -=ニ三{.:.:.:.:./三ニ=-
 . : : : . . .                         -=ニ三三三ニ=-





950 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 22:29:16 ID:C3gqBgGZ

王族は最初から最後まで一人なのか、一人になったのか


951 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 22:30:40 ID:09VyUqKn

建国数十年の都市国家で千年王国跳ね返したヤベーやつ



953 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 22:39:32 ID:Btp90maq







                                           {                       /l   ___
                                           / /                    / ', /__  \─ 、
                    _______                 7 L                   //  V/: : : : : : : : L \_
                ,ィ二三三三三三三≧、              7                    .{ /     ̄l/ ̄ ̄\/ ̄ ̄ \
                      iニ三f  ̄ 又フ^^^^^ヽメi             l^ヽ  /ヽ  .,              /ヽ/l / {___: : : : : : : : : : }
                      lニ三j  ―-\--- 二l           / .l::::.l ./::::// l            ./   └‐,   _ -/ ̄ ̄l: : : : : : }
                ⊥=ヤ< ̄≧ー \ -―-}          <  _l::::レ::::./ /  l         _{ ⊿   丶_-‐  l    .{: : : : _/ _
                lrヘj´ ニ fて!j  `´Y´ ̄}          .\ヽ.l::::::::::::::-‐- 、 \      ''"        /―- _\_ ,ヽ: : \/: : \
                li 〈  ´ `ー'  i   ト==イ             ,'::::::::::::::-―― /      ヽ-‐  ̄`     >   _// \__ ヘ /
                 ヽ之 ヽ.     _j   |  |            ,'::::::::::::/  \√l/\     丶―- - _  l/ ̄ ̄ /,\      / /
                 |  |      斗 ーrく  j             ,::::::::::/         .l.    _ _ヽ::::::::::::/  _ -‐/   l     .//
                _|  |  /∠ィ´ ̄`ヽj イ             {::::::::::\            '‐丶 /::::::::::::/  / / ̄    /ヽ、
               ,仆、 >、ゝ   ´¨¨`  /             \::::::::::::\           ‐ --\ _ -‐ \  \l  _ -‐   :::::/
               ム:::::::`ー---`ー-----く               ヽ::::::::::::::\       / /》《》 《》 《》  ‐- _/     ::::::::}
              ム:::::::::::::::::::::::::::::::ffYY^!::::l                丶::::::::::::::::\   /`‐-/ _ /l ヽ、_ l  ヽ::::::::::::\     :::::l.
             x≦フ外、 ::::::::::::::::::: jj V ::L::ト==x_              ヽ::::::::::::::::::\/   / /  /    l ヽ  丶::\::::::\ _   :::.l.
          x≪フヘj≧'´:::::`:::ー一'´::::::r<::::::::::::::::::::\             l::::::::::::::::::::::::/   .l / /\   .l  \::::::::::/l_ -   \ :::.l.
         x≪フヘj≫'´\\:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::`:::::::::,:::::::::::\            {_::::::::::/l   .l/ l  ヽ  ヽ::::::::::ヽ/ {‐  ̄ l. /ヽ::ヽ
     x≪フヘj≫'´.::::::::::::::\\:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::( ):::〉:::::::::::::',            _ヽ-‐ 人 \/.l  .l   ヽ  ヽ::::::::/   l\__/  lヽ .l
     /.:::::::::::::::::`ヽ.::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::: /::::::::::::::i::l           \-‐  ̄  ヽ .ヽ .l  .l    \  ヽ .l  _ .l  _ _  ヽ丶
    /.::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::\\:::::::::::i:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::i::l            .\_ -‐  ̄_ - l  l     _ヽ- ^ -‐::::::ヽl/  \ ヽ /

              【代表的な現地名士】                               【代表的な神造名士】


         ・元々は転生者の障害として機能させる筈だった国家という背景もあり

          国家運営に携わる名士や官僚・騎士の中には神・道鏡が創った人物も存在する


         ・グウィン王と共に出現した四騎士達は神・道鏡の干渉によって刷り込みのように現地の名士に受け容れられており

          元々代表的な取りまとめ役もいなかった港湾都市だった為、すんなりとグウィン王の台頭が成立している


         ・だが、元々は滅ぶ筈の運命だった都市国家が 何 故 か 転生者連合に勝ち、千年王国に勝って列強に認められるというバグにより

          近年においては徐々に「なんか付き合いにくいな……」という感じに思いつつ

          お互いリスペクトはしているので微妙な距離感が保たれている政治模様が繰り広げられている




954 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 22:42:39 ID:9pjbMZ3a

イクサに絶対はないのだ…


956 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 22:49:00 ID:ENkYIjLH

ふわっとしてんなあwww



957 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 22:53:22 ID:Btp90maq






                         -―━―
                _/ `     \\\\
                ///   ||.| | ┼┼ .\\      //
              /. / / /∥/||.! ! ―┰ 、 _} _}__/ ./
               | |彡|  | |l  ┼┼     ┃ }   |____/
               | |彡|  | ||. , ―┰        `ヽ、
                  \v .\ \ . {   ┃           |
                   ヾ (\ \__      ヮ    /
                     ∧`ー\___ 二ニ  , .-<
                      >   ___   < ./    \
             _ -―== ./  _ イ         ./      ./==―-_
           . ̄_ -―== |__/   /"      .\__/\==―-_ ̄
           ̄  -―== _|_|    |    rr―へ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ==―-
                      ,[二i_]\- \_|ー ̄ ̄|             }
          |\ __ |.[ー―|. ||     |ニ    | _____/     __/|
          |  .ー\  ̄[二ニ|/ ̄ ̄ ̄..`ー―'..<><> 、  三 ̄./ー'  |    ← 一般的筆頭騎士のモリソバ氏
              廴r―ー\  _               `l.<><>三 /――、(
                    \   `~              |.   ` ´ -―==_彡
                 ミ_==  ` ー.、 ヾヽ <   _   _/        ̄
                ==―-   \.      " "/
                         \       , '
                             |\  .__/
                  ミ_==―-   |_l|/-―==_彡
                 ミ_==―- ̄  | ̄|    ̄-―==_彡
                ミ_==―- ̄   |  |     ̄-―==_彡
                          ̄  / ,、>      ̄
                         //

          ・軍事的には陸・海での戦争に際して訓練を受けた騎士による専守防衛戦が主体であり

           自ら侵略戦争を行ったことは一度もない


          ・しかしながら、貿易摩擦などで国家間トラブルは絶えず発生するため

           ヘイトを稼いで戦争を吹っ掛けられたことは数十年間の歴史の中でもしばしば存在する


          ・とにかくヘイトは集まっているため、他国から暗殺者などを差し向けられる事態もあったが

          初代王グウィンがバグのように強いせいで夜襲などはほぼ失敗している




959 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 23:05:53 ID:S1a5pblW

敵キャラの強さ設定ミスはクソゲーの始まりですよ、道鏡ちゃん…



960 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 23:17:01 ID:Btp90maq







                                                               ///
                                                             ////
                                                           /////
                                                        ///   //
                                      / //            ./      //
                     |lii              ///〃            /      //
             |lii        lllllii  i |         _,,-= .フ ー--,,,_           /      //
             .|lliii       .|llliii .l l.     _,,,,ィ''~   .,'     `ヽ   _  ./     ///
             |lliiiii      illlliii | |  .,ィ''       '          ̄ィ、 ヽ     .///
             ヽllliiii ',     ', l l l l.  /,,ィ''~              . : :\{ヽ \  ///
              .\ .', ', ヽヽ .', ',  ,ィ~         .,      . : : : : : : :ヽ{'、  ヽ //
                 \.', ', \  ./  /    / ,'/     ,: : : :-:-:-:-:- '.,}  .i 三ニ=-
                ヽ\\    ./   / /  / /// / { {.{.{   l: :ー:-:-:-:-:-:-:',/  } 三ニ=-
                \\    ./   / /  / /// / l |.|.| . : : {: :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:} /  三ニ=-
               \\\\   ,'.i  .,イ .{   {メ、}{,イ  .l l l l :_;,;,:{l : : }ー:-:-:-:-: },' ./
           \    \\\  .{ {   ' { l .、{_{/メ{ {  { {ィ弋_,,,{',: : :}-:-:-:-:-://
             \ \\\      ',  { ', {', ネてぅ、{    ,ィちかマ: : : }二二二/
              \ \\\.    ', { ', }ヘ :{`ー /`    ー--イ}} : : lー:-:-:-/
            \ \\ ,--,-、 、 、ヽヽ', .〉` `,'l:i:i:i       :i:i:i:{: : : l二ニ/,-、
             ヽ\ .__i   ', ヽヽ    /  ./ '、  「二二ヽ : : : l}: : ::}ニ/イ: : :',
             /ヽ、.Y  '.,  .'、  {ヽヽ ,  ./}:::::::\ ヽ:::.  } : : : i{: : '/:~ : : : : : \
   ヽ      .┌.'   '∧  .'、___\\\ {  { i:::::::,〈:::\ _,,、-‐''':~::} イ  : : : : : : _:,:-:=- 、
    .\    ┌.{    ',ゝ \ノ   _\\\ヽ {ノ::::::{ ',::::::::{ `、::ヽ::::::_,,} {  ,.ィ  ̄   : : : : \
    \\\\,ィ      }\\~ ̄ .\\\\\::: { ., `ー \ `ー''~ .ノ.ノ、/      : : : : : : \
  ヽ \\  \ヽ  ,ィ二ニ、 }/ }\\\:::::\\\\::::レ     `ー一'' ://         : : : : : : : Y',
   //  /',/イニニニヽ  .\\\  /ニニ./    ,   : : : : :/ ./     . . . : : : : : : : : : : : } ',
  // .// /\ニニニニニ\.\\\\/ニ./    /   : : : : / ./  . . . : : : : : : : : : : : : : : : : } ',

              ↑ 大戦時もっともカッコよく戦った時の筆頭騎士モリソバ氏

                (理由:直前に小姓に告られたと勘違いしたため(その後フラれた))


         ・戦歴としては突如国家台頭を宣言し、諸外国との小競り合いを蹴散らし、存在感を現す


         ・塩の国の存在を知った転生者国家との戦争後、これに当初の仕様通り辛勝。

          続いて転生者国家の連合軍が塩の国を襲うものの、薪の王グウィンの自我覚醒により三ヶ国連合を退け、転生者を抹殺した

          (この影響で転生者国家三ヶ国は首魁を失い内戦が勃発。瓦解している))


         ・事態を重く見た白王率いる白法軍が奴隷解放を題目に別大陸から戦争を仕掛けるも

          神造の名士や騎士達もその頃には自我を獲得しており

          白王が唯一経験の浅い海戦に一点賭けする形で遠洋での戦争を実行。見事賭けに勝ち白法軍を撤退させることに成功した


         ・これにより白王は講話を提案

         講話の条件に薪の王グウィンは白王の法典を要望し、白王は法典と共に「円卓」の一部を渡している





963 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 23:19:32 ID:rzCNTmPM

モ、モリソバ氏…自分の戦いには負けてるのか…



964 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 23:26:41 ID:Btp90maq









             ―――――― 、__
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.\
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\        .      {   /V'~V::::ミh、    \}
       /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.Λ             V/ /:::{  }:::::::::::::\     }
.      /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/\:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:|            /:::::::Λ,,ノ:::::Λ/::::Λ   V
      / :.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:/   \:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:. |_          /:::::::::::/\|:::::/,、-―|/Λ  /
       |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:Λ/       \|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.―|: : :\         //|/艾さ::/ イ丐少」ノVイ(>x、
       |: |:.| :.:.:.:.: /\_   { L/⌒ \Λ|:.:.:.:.:.:|:.:.―|: : : :/          イΛ /     / ||:::::::::\にニ]ト.,-‐::、
       |/|:.|:.:.:.:. /         云===== |:.:Λ: |「:.:.:.:|: : :/          -アニ}:ト、 、` -'゙ イ、Jj::::::: \::\コ/::::::/´"'~、、
       |Λ:.:.:/=====云     乂__ ノ |/ |Λ||:.:.:.:.| ∨       /   〈に」::|::::>、_,. イ `¨´::|::、::\::::::::::::::::::/     `` 、、
.          ∨ 乂_ノ////////////   /:|  ノ:.:.:.:.|: :.〉     /      | 八l::::|         |:::|::::\::::::::::::::::/   /     `` 、、
           Λ 八_////////////// /:. |イ:.:.:.:.:.:Г     /     ,   | に八|      八|::::::::::::::::::::/:/   /       ``、、
           |:Λ⌒     ―┐   |:.:|:.|:.:.:.:.:.: |           |  |  に」 ー- 、 -‐''´ ',::::::::-‐''゙::::::/   /            ``、、
           |:.:人     └―     イ |:.:.:|:.|:.:.:.:.:.: |           |  |  に」           Λ:::::::::::::::////                `、、
           |:.:.:.:.|≧=‐┬‐ r<    |:.:.:|/\:.:.:.:.|           |\    に」\    _、X >ノこ}////                   `、、
           |:.:.:.||:.:./|ニ{|      /|:.:.:|\ノ\: |           |\\   に」しハしハしハし ノこ} ///
           |:.:.:.|| /  ∨ >、__/|| ノ/   \          |\\\  に」 しハしし「ノこ}//⌒ヾ)


            ・その後の塩の国だが、ヘイト満載で大戦に乗り込み戦勝したものの、その犠牲に対する反省はしっかりしており

             諸外国の有力者に支援やコネクションを確立するなど、外交努力はしっかりと行っている


            ・特に「本の国 叡智の姫」や「商の国 黄金卿」などはグウィン王が直接的に支援を行った人物であり

             彼らからのグウィン王への信頼は篤くなっており

             後にそれぞれ王として台頭し、「円卓」で結ばれた諸王連合となっている


            ・とはいえそれが他の国からのヘイトの遠因にもなっていることもあり

             神造の官僚でさえも頭を悩ませる憂慮であることは疑いの余地がない






967 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 23:39:07 ID:Btp90maq






             乂__ノ    /  / /:::::::/::::::::::::::::::',\\:::::::::_`ニ=-乂__ノ
               ||     ∥/:::::::::::/::: : /:::::::',: : \ \\:: ∨ ∧   ||
            γ⌒ヽ.  /::: /-‐ ´/_/|::::::::::::::::::|:::::\:: ⌒:: ∨/ \/⌒ヽ
              乂__-=ニ´_// ̄:::::::: : / |:::::::::::| |::::::::: \ \. l:: 「⌒乂__ノ
               j|   ∥ノイ::: : __ /:::::∧:::::::::| ト、:::::、::::::\ \ |     li
               ilil   /: : ∥//~^/ーヘ:::::、_ 斗‐\¨\:::::丁^ト、   lili
            il-=ニ´ イ-=ニ イ {丈"恋> .|| <恋"ア>、 \ |::: : _`ニ=-ilili
          ililililil / /  !:: \ \ ¨¨   |∧| l|¨¨ / /`⌒|::∨    lilililili
                      |::::::::: >`ー     !}ノ\| _ノイ:::/ /∨
                      |::::::::::: |i\.    ,_、  u//::::/ /
                      |::::::::::: l-‐‐〕h、    イ‐-|:::::::::んヘ
                     人:::::::::::マ'=亠--ミ ´  l>∧:::::::∨∧
                 /―-\:::::::\ ̄`\\ //´: :∧:::::::∨┴-ミ
               {ア¨ ̄`\\:::::::∨: : : ヽヽ| |: : : : ∧:::::::∨ニニ∧       ><
                    /ニニニ二\',: : V: : 丈三三ヌ: : :∧::: : ∨_/ニ|.      /  \\
                  レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄>:: _∨: :/ii/ノ:\ii\: : \::: :∨ニ|、   /    \ヽΥ
                 八ニニニニニニニニ\〈ii/: : : : : \ノ : : ヘ\ ∨=| ゙>'´     ,斗ト Υ
                  \ニニニニニニニニ`ー-、: : : : -‐: : : ̄\>''´     _/ヽ|i| ̄
                V\ニニニニニニニニニ`ー'⌒~ ̄/ア''´    . <´    |i|
                 ∨=\ニニニニニニニニ二二二//      . <∧ ',.    |i|
                      |\'ー∨ニニニニニニニニニニ| |     イ : : '.∧|    |i|
                     〈 : :  ̄∨ニニニニニニニ二二二| |,. <==|.: : : :∨',|.   |i|
                    } : : : : ∨ニニニニニニニニ二| |=====.| : : : : :W∨  |i|
                  ヽ: : : : :.∨ニニニニニニ二二/ .|==== /.: : : : :√∧  |i|
                      }ミh、: :.:∨ニニニニニニ二/ /====/: : : : : /ニニ∧. |i|


          ・尚、創造神・道鏡は

           「元々地理的には遅かれ早かれ戦争で滅ぶ都市だったので

           転生者育成用に割と少ないコストでこしらえた強いだけのユニット群が

           なんか自我が芽生えて無双しはじめただけなんで、私とくに悪くないです。

           一応、某蜀とかそういう例もあるにはあるらしいですが

           まさか自分の世界でそうなるとは思ってなかったんで……。

           転生者達にはちょっと悪いことしたので、条件のいい別世界に下取りしてもらいました。

           個人的には損なんですが、評価はなんか上がったのでまあいいかな……」

           とコメントしている。




968 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 23:42:12 ID:GJL0F0wn

場合によっては次の世界に行けることもあるのか……


969 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 23:43:51 ID:C3gqBgGZ

一国築いてグウィンとガチれた傑物どもだしな
敗北者とはいえそれなりの価値はあるだろう


970 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 23:45:43 ID:N7fil3Gl

逆に価値の低いの死に方した転生者は
どんどん下位の世界に下取りされていくんだろうか…



971 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/17(火) 23:50:46 ID:Btp90maq

なろうでも国興すまでやる転生者って珍しいじゃないですか。多分そんな感じ



972 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/17(火) 23:53:36 ID:QBMJWqrx

良くも悪くもそれが出来るだけの能力と意志があるって事じゃけえな
実際つよい


976 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/18(水) 00:09:24 ID:Krx1NE6o

グウィンさんも国興しという点では転生者たちと同じだが、神造の騎士たちがいるのが有利になってるのかな


977 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/18(水) 00:36:31 ID:Uyn88YYo

港という運輸の要があって、塩という一大特産品がある環境に武力を保証したらどうなるかという一例


978 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/18(水) 00:49:11 ID:fOUUROSQ

国作ってクソヤバボスキャラと戦うまで行くだけでもなかなかポイントつくのかwww


979 : 梱包済みのやる夫 : 2021/08/18(水) 03:57:51 ID:95d9X7RX

そこは実績でボーナスポイント貰える類と考えよう



980 : 雑談鳥類 ◆.jWOXYLbLo : 2021/08/18(水) 11:55:28 ID:dyN9uwe6

死に方で価値を決めるとどう考えても歪なエクストリームスポーツ「自殺」が大流行してしまうので、どう生きて何を成したか次第で価値が決まるんじゃないかな……


関連記事
153233 :日常の名無しさん:2021/08/19(木) 06:26:49 ID:-[ ]
最強術師系のなろうだと亜人モンスター配下にして村→町→都市と発展して
展開的に時間が飛ぶタイミングでいつの間にか近隣国から国扱いされてる話はたまに見る

んで他国の高慢なお貴族様(笑)が野蛮なモンスターの国だと言い勝手に襲撃してきて無傷で返り討ちにあい
逃げ帰っても諸々の悪事がバレ色々剥奪までがテンプレ
153283 :日常の名無しさん:2021/08/19(木) 20:53:02 ID:-[ ]
安価でファンブル連発したようなものだから
見てる分には面白いよね→評価上がる
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その五 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その四 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その三 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その二 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その一 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その34 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その33 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その32 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 後編 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 前編 (10/02)
  • 読者投稿:注射嫌いの健康診断 ~ なんか頭に引っかかってたことを思い出したので消化しておく / あるいはどうでもいい考察 ~ 動画チャンネル紹介 : Bertram - Craft and Wilderness / キツネ (10/02)
  • 読者投稿:サイクリング (10/02)
  • 読者投稿:なぜ女子高に腐女子が多いのか ~ 国際医療ネタ「健康診断」 ~ コロナによって変化した看護手技 (10/02)
  • 読者投稿:変態の巣窟 ~ 偏差値70overの高校の姿か……これが…… ~ シンクタンクイズ (10/02)
  • 読者投稿:北東北の小咄:その略称はどうなの!? ~ ギャル夫ぷれぜんつ 盛岡外食紀行(21~24) 宮沢賢治ゆかりの井戸と盛岡の美味い蕎麦屋 他 (10/02)
  • 読者投稿:中身は社長さんからもらってくださいね ~ 実務家はマスコミに叩かれる ~ スマホ更新 ~ デジタル献花 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その31 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その30 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その29 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その28 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その五 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その四 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その三 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その二 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その一 (10/01)
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!