スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:雷怖い

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
7/16
逃げ出したスグリは、壊れたデスゲームを 終わらせるようです。
7/14
シオニーが都会deヤック・デ・カルチャー
6/25
キル夫は野球大会で逆襲するようです
やらない夫達はアウトサイダー
5/28
フレデリクなルーナ
5/16
ジェイガンなアリス
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

かくして少女達は出会う 小ネタ 『ケテル戦役とはなんだったのか?』 前編

目次 現行スレ

462 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 00:29:37 ID:???



                   __      ,.、
                   \ヽ__,.ィ/
        ` <        「ァ=== 、ニニミ
          ` <-、   !!:::::::::::::}ニニ=!      今日、時間未定だけど小ネタやるよ
        ((   ゞ<>!ゝ---イニニ ノ
               `ーY≦ヽ::::\





463 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:47:54 ID:???

                  __     ,.、
                  \ヽ___,.ィ/
               「 ァ=====、ミ
               |=!::::::::::::::::}.|    投下するよ!
                    !_ゝ----ィ_j
                 /≧≦::ヽ


465 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:51:35 ID:???



            ____________________
            |                                |
            | ┌────────────────┐ |
            | │                          │ |
            | │                          │ |
            | │                          │ |
            | │                          │ |
            | │                          │ |
            | │『ケテル戦役とはなんだったのか?』    │ |
            | │                          │ |
            | │            前編             │ |
            | │                          │ |
            | │                          │ |
            | │                          │ |
            | └────────────────┘ |
              (ニニニニニ(ニニニニニニニニニ)ニニニニニニ)
           / 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二',
            // -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- ',',
         // ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―  ̄ ',',
           //― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―  .',',
        //_/_/_/_/_//_____丶_',_', _',_',_',    ',',
       ./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',_',_',_', ',
        / ,;;;;;;;          ( i二二i二二i )               ',
     /                                       .',
     ト========ニ=================================ニ========イ
     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


516 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:59:46 ID:???





  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  注:今回の話は執筆中の本の内容の一部です。            ┃
  ┃                                          ┃
  ┃   正式出版の際に、修正及び加筆される可能性があります。  .┃
  ┃                                          ┃
  ┃  尚、正式出版は無期未定です。                       ..┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                                  __     ,.、
                                                  \ヽ___,.ィ/
                                               「 ァ=====、ミ
                                               |=!::::::::::::::::}.|
                                                    !_ゝ----ィ_j
                                                 /≧≦::ヽ


467 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:20 ID:???




                                                       _ -=-: ¨ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|/////////////////////////////////////
                                                  _ -=ア/: : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : :-: : : : :∨////////////////////////////////////
                                                 」>-=ニ-: : ¨|/ : : : : : : : : : : : : :_: : :-: : : : : : : : : : : :_:∨///////////////////////////////////
                                             _ -:_:ニ:=-: : ¨ : : : : : |: : : : : : :_: : :-: : : : : : : : : : : :_: -─=く_/|//////////////////////////////////
                                       /: /: 「il: 「 : : : : : : : : _|: : -: : : : : : :_:  -   ¨〉二r¬fつ(_ノニニく⌒Y/////////////////////////////
                                      /: Y: : : : :ヾ: |: : :_: : :-: : : :\:_ -  ¨        /_  -=ニニニ7⌒Yニr‐、ア//////////////////////////////
                                  __。_。__    |: : : :ヾ: へ: : :\: : : : : : : : : : /     _  -=  ¨ 〕ニ=-‐¬ニニ.ゝイニゝイ///////////////////////////////
                                   ゚¨゚__。_。__ 、: : : : \: :\: : \: : : : : : : :L -= ¨      ノ¬=ニニ才ニア'''": : : :∨//////////////////////////////
                      -Oァ=、Q- =8tェ8=  ゚¨゚    \: : : : \: :\: : \: : : : : :丈            才 ̄;;;;;;;;;;;;;;;ヽ: : : : : : : : \/////////////////////////////
                      ̄丈囘ソ,! ̄             \: : : : \: :\: : \: : : : : : ¨: :─t===‐ ''"_/く´ ̄: :`ー┘ : : : : : : : : \///////////////////////////
                       l^ー^l                     \: : : : \: :ヽ: : :ヾ-=: : :_: : : : :\¨¨  ̄: :\:.:.:.ヽ:_:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : ` <///////////////////////
                                               。  ~ :_: :丈=-: : \: : : : : :¨: : : -=: : :_: : : : : ̄_\:::::::::\_: : : : : : : : : : : : : : : : : : -=ニ////////////////
                                         ゚\ o     ~ 、: :─-≧x、: : : : : : : : : : : :¨: : : : : :-=ニ三三三三三三三三三> ̄ ̄ ̄ ̄
                               _rァ干┬_、__   o'::::ヽo      \: : ヾ」:|::::7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                <_ ̄ ̄ ̄ ̄丈‰、
   _,.。* ァ   _ -、,.。*ーァ-、      ,┐     (Q):::(Q)::(Q):(Q)     `o'\。      ∨: : : |::::|            =- _                丈__ 二ニ-' ̄
   ♀≦──‐○yァ←‐v○<ー-----fo|      r〕(Q):::(Q)::(Q)[       ゚      |: : |: |::::| <¨¨¨丈><=ニ._r 、'" >
   ♀' ̄ ¨¨ ¬、:」|:::::::||ィ<ア¨¨¨¨¨¨¨o|       (Q):::(Q)::(Q):(Q)             |: :ナ- ::」   >-=( ̄(_)厂 ゝ1≦>     ,ィ__ _
         ○'^¨¨¨¨ ○'         ^       `¨ ̄`¨ ̄`¨ ̄                」: :ナ- _≧´_  -=≧ r〈_斗 (_)´      ヾ¨¬三7
       __                                              `| : |: |:::「 <=- ''' ¨¨`''ゝ'               ̄
      /    ヽ                                           │:.|: |:::|
    / , -    ノ      _                                       |: :|: |: |
   ./_/ /   /      / 〉ァ ┤                         /l          │ !: !::|
   ゝ∞> '"      〈_/丈>[_]           _ -tュ _          「」、         │:|: l: |                         r,==、_
              __      └'        r≦   r、::r、 >       `トァ>‐ヘ     | :|: l: !                         `¨>、:::::=-...._
           , 、 /-、|                ¨ -=ニQr,Qr''´        [K:、o♀o〉    .l: |: l:.|  _                          `¨ ¬┘
        /_/、7 /ァ'''l   /¨ヽ            `¨♀´            ヾ::o/    .|:.|: l:.!  ()_ヾ- 、
         〈_/  ¨¨/7/-┐_7¬┘-、                             `^      | |: |:l    %ヽ\、_
            └‐/ /-/_√|  |                              r、」:|: |:!     丈r¬冖ァ=r-、
              〈7/ └‐┘ |冂|                              |: \: l:!      〈ヽ∩Q∪ゝ'!
                 `      `¨´                                 \: :ヾヘ        ヽ∩Q∪ゝ'
                                                      \:.'∧          ̄
                                                          ` ┘



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   新光暦228年に起きた『ケテル戦役』についてだが、この戦争について、多くの者にとって記憶に焼き付いているだろう。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


468 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:25 ID:???


                          __
                          ヽ ヽ    iヽ
                           ヽ ヽ   i i  iヽ,
              、─‐、   _       ヽ  ヽ  i i i i  /.i
               ヽ、 .\  iヽ __     ヽ  ヽ_i `‐i i_/ /
        __        iヽ ヽi_ i iヽ ,,,    ヽ        ./
        \ .\    _  ヽ.ヽ  \i i_//    ヽ       ./
         \ \  \ \ ヽ \   ̄─ _ /    ,‐、 ヽ_
        __  \  \__\  \i  `ヽ 、     /ヽ  i 〉─‐i_i─ 、
        \\─`──二.i   \__二i   /__> ─/ |    _i
      __ \ \‐ 、            _ ‐()二二二i ヽ i二二 i
       ヽ _ ̄    ̄``─,─,,,─‐,,,──二ヽ,()二二二‐_|  |´i´i  |/
          `────´─‐()‐=´/ /  i/ ()二二二二ヽ─‐´i/ ヽ_/ ̄\              _,,,, ─  ̄ ̄ ̄ ̄─ヽ 、
                    () _ /‐´ ,,.‐, ヽi \    / ̄ /‐ヽ─__,,__(__)iヽ      ,,,,‐ ´  _,,,───‐i i─_  ヽ,,,
                    ` / /  /‐.′  i´i─‐i>、〈 i i  () i i二フ─´    フ  ,,,,/ __,,,‐´ i__i─i i──── __/i
                    //      く<_i〈 i ヽ()‐ ヽ二   i   i `i    |// /  .i |__| i |_____i.i ─i |‐、        ,,,, ‐ 二>フi
                   〈‐く ,,─`‐i´,} / ヽ  ヽ二 ─ヽ ̄ ̄ ̄   i─i   /∠ / o二二_── )__)____) / ヽ  ヽi,,, ─ ̄ヽゝ─ ´,,, ‐´ヽヽ─‐i
                        ._/,,i .i    ̄ `ヽ二i () )        i‐i   ̄ ̄                     フ ̄ ̄/ヽ  `ヽ、ヽ ヽ<  ,,,,‐‐ヽi:. ̄
                          ̄ ̄       〉 i  i ヽi       ヽヽ,,,,─´ヽ                    /_─ヽヽ‐ 、ヽ  .ヽi─i‐i ´_ ‐ i´i´i.i::|二i
                                  ./ /   i‐´         ヽヽ,,‐´ヽ        iヽ、   _i二二     ヽ ヽヽヽ─,, i |─´二 ─| | | |
                                  i /_─i            /(__) ヽ      i‐i‐ヽ─ ̄ヽ / ,,i 、 ̄─_ ヽi i─<─/i/i   i二二ヽi
                                 i i__,,‐ /       _,,,/i/i/__  ヽ      ̄ ̄──__/  /,/´ヽ、/ i > ̄,,‐,、ヽく/i i ̄| 二()
                                //  /         //∠ _ ̄/─/´``‐           |__∠フ_─_ii__─ ̄i   i  i ヽ |  .| | i
                      ,,,,,,,、 ,─‐∠__|二i_./        (二i i_ フ´二(_)               =i/=´_/ ̄__i   i ヽiヽ  ヽく/ヽ‐ii─‐|/i |ii
                  ,,,─二─フ//__i_i__ヽ        //i i ヽ  /                         (二i /──‐i───i 7  / ミi  |__| |
                 ∠─二─‐ /    (__)   ヽ      /..//  ii i/                          / ゝ ./ヽ_ヽ ヽ´ヽi  i 二() |二二|二()
                   ∠‐,,,‐ ̄ _─────,,,,,__ヽ   /__/ ii_/ ヽ/                  ()()()二=二二二─‐|    ヽ_i__ノi‐.| |∠.  ゝ─i‐´/__
                    ´─ ̄ ̄                                                    ̄ ̄   ()()()__|__.|__|___| _i|__/__/__//
                                                                                   ()_()_()二/ ()/()/()/
                                                                                   ̄ ̄ ̄
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                      ユニオン
       ヴェルダイムの一部の諸侯勢がアグラッドヘイム同盟と名乗ってケテル恒星系に侵攻してきた一連の戦乱のことである。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


469 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:31 ID:???


.  / /        |                    _
  |  |        |          |   |  |/´    |   | |
  |  |  |  |  |  |  |         | |   |/|_ | |  |   |   l
  |  |  |  |Λ|  |  |         | | /|/|< | |  |  Λ  l
ニ⊃ |‐-|  |  |  |  |         | | /| ノ  ̄\|  |  /    l
  |  |>‐|  |二|=-|L|__ノ    /| |7 ri:iハ    /|  | :/      |
  |∨|/|  |  | ̄|\| ̄       |Λ Vヅ    |  |/| |
  |//|  |. / 「i:iハ   \ \    /      __,,  |  | |  |  |
  |Λ|  |/   Vゾ       \ /  ー―=⌒   |   Λ|  |  |
  ||\           __     ノ\          ムイ  l |||
  ||     ,,,. -=ニ/⌒    \(         从 |   |||
  |Λ                            //   |   |Λ|
  |〉                     _         /   /|    // |
  |Λ   /      _,.      ̄)|     /l/|  / :|   ://
  | 个 ///     /.___     ノ   /| |/ :|. /  |  /Λ
  |     /     └―    '"   /| | |/  j/.  | ://  \
  |      >            /: ::ノ |/.       |/     }

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   『ケテル戦役』は多くのモノを奪った。

   それは人名、財産、さらには自然もだ。

   この章では何故この戦いが起こったのか、いろいろと述べたい。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


470 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:37 ID:???


                                  ,ィ
                                /、l
                                  {、〈
                      、    ,、r、´ヽ /l /ミ/
                        〉ミ! r、/{。、!个 /l l 、/           ___
                           {彡=!,.ィェト'゚ミォliミ/- '      _ ,...-―=-, ,... >
                         `ヾ=ト ,{ -‐ヽli l|ヾ,_,..-x-'''´:::::ヽゝ>´∧/
                           ///li||i|lミ|i |i::/二/::::::::::,-´ー_,> ''´  〉
                           _/// li|,i l ||i l|/三/,イ!/`- レ'      /
                _  ,.........:::::::::::∨///::li//,イi ,l|{-〈/_,/          /
             < <__,..-- 、:::::::::////:}、:l/イ:l i l |,-/、 l´`ー、_       、ヽ
              / `ヽ、_l { /イ-////:.:.:./´:.:.:| i | r-,-,/ / , }__     \
                {  _    ////:.:.:.:.l:.:.,: -|i l |、-' ト-'_ノ_ノ, }   `ヽ、  /
                 〉'  _   ,///:./:.:.:l:.´:.:.:.:| i | |:.: ー-、__ ノ | |    ヾl  }
          ,ィl   ヽ/     l //:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l i ,.イ´ ̄lヽ l\ ,| |      ', \
        _ l |  l´     l//\:.:.:.:.l:.:.:.:/l | /   .|  | j`| | /    ∧  ‘,
       /,ニ ソ-'l  }ー '''´ /l从.  \/:./  | レ     |  | | .| |'    /∧
       {' r-‐'、 l ̄ヽ ー--/      `´    l/     |  、 V /    /∨∧
        ` ´二..y ヽ! |  イ    ',         /   /   ヽ'_l__/l  ∨∧
        / ̄ヽ  l l.   |      ,        /   /    ゙、.       |   ∨∧
       ,'   \! ,イ   l   ヽ  、      /   /     l      |   ∨∧
        /     ∨ /   .|    、        /   /        ',      |.    ∨∧
      /      .∨_/- ´'|      、      /   /        !    |     ∨
    /               .|            /   /        |     .!     ∨
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  まず戦争の切っ掛けは先帝のバーン様が亡くなったことは間違いない。

  だが、それは根本的な問題理由であって、あくまで切っ掛けの一つだ。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


471 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:43 ID:???


      _____                 ____
       ` <゙''<、         >''">''"
           ` <~゙''<____>''">''"
      ,≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ≧,
       |=!  ..x≦_、rー==ニニ〕h、.  W',
       |=! / :: _,, :::: ァ=ー=一ヘ,.ヘ:::::ヘ. ',=|     じゃあ、根本的な原因とは何か?
       |=! iヘイ'ヽ='"` ::::  ̄ヾベ/'^|! l=|
       |=! |,,..-‐''ー=≦イヾvィイゾ、:::j| j=|     まずはこの国についてほんの少し解説する
       |=!. V:::::::二二二::,ヘ ̄ ̄^≦j .;=|
       |=!  )ix ̄¬≠=¬ー―イ .ノ=!     非常に大事なことだ
       乂ニニニ==----------==ニニニ_ノ
           /::::::::::V!: : jt :j!ヽ、
         /::::::::::::::::::V≧、ヘ ! iハV
          /::::::::::::::::::::: Vニニヘjニ!ハj


472 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:49 ID:???



                ∧)ヽ                   /| ../ ./      | ヽ
               ∧/::::::::::::V!                     /: |/ / }==- 、  .7、 | ∧
                 /:::::::::::::::::::::::|               ∧ /:i:i:'  /,イ/:.:.:.:}.:.::.\.{ ..|_/:i:i
          __   ト/::::::::::::::::::::::::::{ハ              {:i:i{:i:i:i:i:  / .|=]{o>ヽ_rー〉 {i:i:i:i{
          ヽ\  }::::::::::::::::::::::::::::::::::} ィ          |:i:i:i:i{:i:i:i/  //.:.:.:.:.丁∨Υ(:{ }:i:i:i}
           \ `''!::::::::::::::::::::::::::::::::/´/        _ \:i:|/:} -- '--/.:.:.:. /.:.:}:{ Y:i:i:{
           \|:::::::::::::::::::::::::::::://           \ ` ー 、i:i:_//.:.:/ /.:.:.:/.:ヽ'.:|/:i:/
            トミ:::::::::::::::::::::/             \_廴_>:.:| 找ッ}   ̄._,ィ(.:.{-,
               \`ヾ'⌒`Y´                     丁:.:.:|:.:.:| ¨"   、⌒'.:.:'/
                / ̄ ̄ ̄ ̄\                    |.: .: |.:.:.|、  、  ,  ..:.:./|
             _∠ -────- \                j|.: _.:|.:.:.| > 、  . '.:.:./._|_
      _,. -‐: ´: : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、        _>--- '.. . |.:.:::.   「:.:.:.:::./{.......<- 、
    r<: : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : : : : : ``:~、、   _->.................人:.:.:.:.   ヽ ̄ ヽ............廴:i:i:i:.....
    |: : : ヽ.: : : : : : : : : : : : : ::|:: : : : : : : : : : : : :/:.} /:i:i:フ................./  \:.:\.   、  '............<i:i:i:i:i:i:i:i::...
    |: : : : ‘,: : : : : : : : : : : : :|:: : : : : : : : : : : :/ : :i:i:i/\.... 「⌒ ' |    ヽ.:.|      、..............)i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
   〈: : : : : ‘, : : : : : : : : : : : ! : : : : : : : : : : / : : :i:i:{:i:i:i:i)--..../ |  i   ヽ)/     i    }..............)i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
   〈: : : : : : ‘; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :./ :i:i:}:i:i:i:iト、......{ _|              ..............\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
   }: : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : |  :i:/:i:i:i:i|... ... |  |  |    ヽ  |    '...................)i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
    |: : \ : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :/ : :{ i:{_/{........∧...|  |       '. j /   ...................\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
    |: : : : :\/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :|  :i:/i:i:i:i:...../...... |   、     }' '    '.......................ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
    | : : : : : :|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ∧ : : : : : ! i(:i:i:i:i:/}/...j.. . | \       .}{     ⌒\............/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
    | : \: : :{ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/ 〈: : : : :/ | :i:i:i/:i:i:i(__/..........  ヽ  \ ..}{_     }. . . .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \i:i
    | : : : >=ミ;: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/  〈:::::/ : :| /:i:i:i:i//.{............'.   ー  /  }   ,イi. . . . . . . . . . . . .\ ̄
    !: :/: : : : :\::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::::{ /: ̄:\ :  :i:i:i:/:i:i:{......../..... '  '    乂ツ   ./  . . . . . . . ) ̄ ̄ ̄
    \: : : : : : : : :\:::::::::::::::::::::::::::::::}/::: : : : : : / :i:i/:i:i:i:i:i:i> '.......//     .' '.     i. . .}  ̄、
     \: : : : : : : : :\::::::::::::::::::::::::/: : : : : :/  :i':i:i:i:i:/i:i:{......../      / /       |ー'.:.:.:.:.:.\

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    ヴェルダイムを支配しているのは精霊族と魔族の二種族のヴェルダイム人である。

   彼らは外宇宙に進出する以前から存在し、先人と云えるべき存在である。

   他の種族は名誉ヴェルダイム人と"二等臣民"に別けられる。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


473 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:52:55 ID:???


                                                   、―=- _ _ -=ニ⌒>、
             ,ィ′   i!       i  `ヽ                       _ -=ニ=- _.::::.::.:_」L∟L」_.:::\
           r ' i /}   i!       }    \                   、<⌒v/ v/>、⌒>、. .. . _ ``~、、
          i! i //.}   i!          i       i               V/v/.V/}.::::}.::\</ハ ´. .. .. .. . . . . . \
         }ミv}L .ノ}   i!          i      i                 `¨ ̄ ̄〉⌒>、.:::〉へハ, , /. . . . . . . . . . v/
           }/    |           |      |             \ー‐- -=ニ ̄⌒>、v_/. :: :} /. . . . . . . . . . . . ..
           {      }           i       i               ` ー-=ニ=- _〈.::〈 \`¨¨./. . . ./ /. . . . . . . . .゙;
           }ヘ ノ / }               }       }                       √ . \.〉. . >. √. . . { :八._ . . . ._. }
           ト、i! ヘ、_}           i      i                     √. . . √ ̄. . √. . . .乂´ \. . . .´/ |
          ∧‘}  ゝ{           i      i                   √. . . √. . . . . }.. .. . ..斗r七ぇ\.:斗 |
           i  7    i |   |  i !    i      i                     /. . . . ./. . . . . .:::l . . . .込. Vrソ   {ソ..:|
          .i ./    } .i  i .i! !      i     i                  /. . . . ..:. . . . . . . ..|. . . . . |       〉リ
        K     i i  i i! i    /  }^ i    .!                   /. . . ..:/. . . . . ./. ./|. . . . . |        //
        ! ヽ´ヽ  .} i!  i i!.i   /  jリ }    .i                 /. . . . ..′. . . ../ ../ i|. . . . . |      ´//
           i      i i!  | i!   /}  /厶'    .i                 : . . . ../. . . . . ././rr.i|.:.. . . ..|.r〕iト . _ ′:
         i ミ、    リ i i j   ; j .// 7、    }                  /. . . . ≫=ミ「.:¨¨ヤ. . .ヤ|{うぅ .|. : ::i|
   , r======}  `ヽ、  } .! /  /} / / .j ハ }     {          /. . . . . . . . . . /.::::: : : ``~.ヤ. . .ヤ.:`Y(_|. : ::i|
 /ニニニニニニニ}       .} }/  /´} /   }′V }   !         /. . . .. . . . . . . ノ -=- _. : : : :.ヤ. . .ヤ.:::{}.、|. : ::i|.、
/ニニニニニニニニニ}     _ -} }  /  }′    V ト、. ∧       :: .. . . . . . ./. . ../.:::::´ ̄ ̄`~"''~.ヤ. . .ヤ.::[ヘ.|. : ::i|.::}
ニニニニニニニニニニ><ニ7i  リ  /  /       V}∧、 .∧     /. . . . . . . .:/. . . .{.:::_-= ̄ ̄`~、. : ..ヤ. . .ヤ\)ヘ.. . .ヤ:}、
ニニニニニニニニニニニニニ / }  レ′ /         ハ}ニム .∧    /. . . . . . . ../. . . . .V/: : : : : : : : : : \. :ヤ. . .ヤ、.`¨ V/ハ.|.ハ
ニニニニニニニニニニニニ /  ∧               / /ニニニム ∧  / . . . . . ../′. . .:::::√: : : : : : : :|: :: : :.| :ヤ. . .ヤ..:≧=V/ }. ::}
ニニニニニニニニニニニ /  /  }       /    / /ニニニニニム }  ′.:::::.:://. . . . .::::.::√: : : : : : :_ノ: : : : :i :|ヤ. . .ヤ. : : : .}/ ノ

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  名誉ヴェルダイム人とは、先述のヴェルダイム人に匹敵する地位を個人もしくは種族全体に授ける制度である。

  代表的なのは銀河の死神の種族であり、『鬼宿』や惑星アムドゥスキアの『龍族』であろう。

  彼らが能力的に従来のヴェルダイム人に比肩するのも大きな理由だろう。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


474 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:01 ID:???



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   中には支配階級の恩恵や高度な文明を捨て、辺境惑星に移り住む謙虚なヴェルダイム人も大勢いる。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



 。s≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧s。
 >''"´ ̄                                       ̄`"''<
           -‐━━━━━━━━━━━━━━━‐-
      。s≦゙   ━━━━━━━━━━━┓.        `≧s。
     ./                           ┃               V
    ,┃                        ┃              W
    ,..┃                        ┃                W
.   , .┃                        ┃             W
   , ┃        「話を戻そう」        ┃                W
    l ┃                        ┃ __      ,.、      l
    | ┃                        ┃ \ヽ__,.ィ/        |
    | ┃                ` <      ┃「ァ=== 、ニニミ        |
   ; ┗━━━━━━━━━━━━` <-、 ┛!!:::::::::::::}ニニ=!      ;
.   ,                       ((   ゞ<>!ゝ---イニニ ノ      ,
.    ,       ,≦=ミv                `{z}Y≦ヽ::::\      ,
    V        [DBS]j.NEWS ――――――┴'ー――――――┐V
.     V       ゝ -イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi¨¨.V
       ≧s.。       |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 。.s≦


475 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:07 ID:???


          ,ィ /           // ! :{   /                             ,____, -k´  `>-- 、
       / / /           /イ :{  { :/                   ____     ,/´  `}  {´r-´r´ メ^`ヽ、
        / / /           /   {  { :/                / ハ `=-,__ノ____   }  { ,ト {__r-、::::::::::\
     ト/   {        _,,./    j  !/              /  /  ヾ,-´ ~、__ ~~-、j  {イ / ____:::::::::::::::::::r--
     j!   :},、 _ 、丶``           /                /  /   {     ,-=^~二><、メ,-´  `y-、::::::::::く
     /   ,.j≦ ̄ .:{  ___       /′              /  /   / ____,/y-ィ´ | `ヽヽ、__ノUノイ/ ヽ:::::::::::::
    j′  /      // ̄`ヾV>''" /                /  /`)  ノ  ㌢  / /:| ,i ム、 ヽ ヽ、:<.........:::::::::::::::::
    }V   i{      {::j   @) jリ   ,/___              i  /  `V´  /  / /::::| | |::::i、 ヽ 、::::::::::::::::::::::::::::::
   ハj    ハ     ヘ≧ー≠彡'   /≦ ̄ ̄             {_ノ   {, ,//  ,/ /:::::::i ,i |:::::::`、ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::
    }!  ,..-=ヘ    ” jト、≧‐''" > ´                         y  .{  { /:::::::::} }{. {::::::::::::} }  }:::::::::::::::::::::::::::
    V_,/ (@;ヘ`__,,..ィ'VWヽ }≦< j{                    /´  {  У,---ィ_,人 V::::::::/ }  }:::::::::::::::::::::::::::
     ヽ≧≠<∧WハwハWハj:}i:i}  j|  ト、   V              i'    `ヾ_=二二二ィ、t `¨¨´ イ ノ::::::::::::::::::::::::::::
     )h。.__∧VWWWイヘリi:ノ  ji  :|ハ   V            _---t     -=<=====㌦ト、______ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::
   > ´ ̄ ̄V≧∧≦=彡  jイ    j!  :! ハ   V      _--<、   `、    \ト←冂冂→:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /         V  ゝ、_,,/    /|  :| :::∧    V    r´    `ヽy  h、_________ム、こここ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
. イ  / / /   V          / .|  :|  ∧    V  ムへ、   ノ、  r------、__≧s。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   さて、先程述べた二等臣民についてだが、歴史的背景から見ると彼らは過去ヴェルダイムに征服されもしくは、

   恭順した種族達である。

   ヴェルダイムの支配からの脱却と独立思想のある種族は今も決して少なくない。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


517 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/31(Mon) 02:03:44 ID:???


                                         , ィ==、、
                       _..._               /:´    ヾ 、
                     /ィ ¨ ヽヽ、           ,:'イ       ヽ:、
                    //      ヽ:、        ,:/          ':':.
                   ., /        ヽ:、       ,:'           v:、
                   ,: /          ':    _....._ハ            : :,
                  ,: '            .ト<r- 、r┬rトヽ 、         ':.':
                  .; ;            ,イ<lジ , `¨ノ  `ヾ 、        ':';
                  : ;          , ィ" ` -ッ'イ}`l'´  ヽ ' 、  \.      ':':
                 ; ;        ./ / ,: .// ,j__!_、__  ':  ヽ.   ヽ.     ': ;
                 ,: :       ,:'  .,.:   ,: //"´___二ニ=_  ':.   ヽ.    : :
                 ; ;      .,:  /   ,://フフ∠___\  `> 、 、.   ':    : ;
                .: :      ,:'  ,:   .//イ,:'  ∠  ゝ   .:   .:>ィフ ':   ; ;
                : :     .,:   ;   //',イ  >" ̄ \   :_.>≠:'´   ':   .; ;
                : :     ;   .;  //イ :  `7 ―,--┬`:ィ' :´   :    .:   ; ;
                : :     :   .;  `イ  :   ¨l ̄ y⌒ !ド= .;    ;    .:   ; ;
                : :     :   ;     :   .l  .l  ;   .;    ;     ;.   : :
                : :     :   .;     .:.  ! .l  ;   ;    .;     ,:    : :
                : :     .;    :.     .:, .': .!  /.  ,:    .,:    ,:    : :
                : :     ハ    :、.     :.. r-l-v'  ,:    .,:    ,:     .: :
                .: :      .':、    ':、     :. { {._.ノ  ,:     ,:    ,:      .: :
                 : :       ヽ    :、    `:.l .!、ノ    ,.    ,.       : :
                 : :        ヽ    :、    .l lヘ.    ,.:    ,.:        : :
                 .: :         \    ` 、  .l l ;、  , :    , :'         : :
                 : :           \    /.! l l ヽ   /          : :
                 .: :             ヽイ  .l l!. l   ,イ           ノ_!
                  : :           , ィ  .>くl l.j .l><  ` 、         { .}
                  ': ':        , ィ  , ィ"_... ィ l l┤- .._ `  、 `ヽ、     弋ノ
                  〉' 、   _., "  辷≠'"´   j`l l l    `  、辷- `  、
                  l  ':- '‐― '"´        //l l、!           ̄¨¨ ―-
                   ヽ_ノ              'イヘl ´`

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    千年以上前からヴェルダイムは多くの星々を併合し、版図を広げたという歴史がある。

    同盟を構成する彼らはそういった種族の末裔なのである。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


477 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:19 ID:???



                        /
         \            /
           .\        /      -==-- _-=- 、
             \  ____., ' _    /_ニニ 、三≧x }ヽ
              >ァ /.∥ マhニミ-/ニニニニノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`>
             ./il{`ッツ`ヽノノノ´  `ヽニ彡´:.:.:.:.:.:.:.>-っ:.:∨
       ∧    /ィマ// アニ彡≦:.:.:.:.:.:ィ==ミ,:./   )´ ノ }:.:.:.:}、
      ./三∨_ // .//./三三三ニ=''´  }},i__ ィ¨¨{´ ,':.:.:.:l }                /    __   /i
    マ/≧´:.:.:.:__ミx__.//三三三三/    ノノ i T´   ゝ_ノ:.:.:.:.:y                    | ヽ- "  `‐' /
    /´:.:.:.:/    // ¨¨¨`マニニ:/   // ,: ∨   /ニニミx{                ィ´/ ''''ー 、 ー, '‐、 ィ      _,,_
    .i:.:.:.:.:.:.{    //       マii、__// ノ: : :∨ {__.{ニニニl              /、,;、 ,イス へ Y /フ ' l     /,; : :: :: 〉
    .l:.:.:.:.:.:.ヾー ./.' ミ====<}ニs。{´ーア’: : : : :∨{__/ゞゞゞリ                '、 ヾ トl上シ |―|-〈    ヽ  /,; / ヽ个/
   y:.:.:./¨`ヽ_ // ゝ、 __ ィっニc___ ィi_ ̄¨¨¨¨¨  ゝ'ゝ'ゝ'             l  i"´   `ヽ!-〈" > へ ,; l'   ム i ―イ
   /:.:.:.:{     ∨: : : : ,ュxゝー───彡ィ:.:/`ヽ                           /  | 、二ヽ  l:、ヽ"  メ ヽ ヽ _ヽ  |.≠-l-
  .∧:.:(_ヽxィ´ニニ>ニニニ}¨)ミニニニ≧'':.∧{  }s               ,ィ―、__,-- 、 lヾT:ヽ ヽ l ヘヽ ´ \_ ̄.     | へ、|
 .人 ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ニニニニ}_):/¨¨¨マリヽ:.:.:{ ヽ:.:.:.,-ヽ             ヾ'ニi__i_,イ_/;-ヘ ヽ;ァ、__/;ヘ ト´  〈 ―― - 、  ヽ_/
   ゝ}:.:.:.___:.:.:.:.:.:.マニニニニ}_) `ヽ./ム i l:.:.:l  }、:.:{  i                 `-'  /    l  メ.、lミl‐、\\ヘ   フ "ヾ ヽ ヽ
    ..iミY   `ヽ:ィ`¨¨¨ゝー'、__ノニリ人}:.:.:ヽ/ \:.:.∨    / ̄ ̄ニ‐-     l ̄ト、 , イ.i  /  lミl‐、  \\   ゝ_/ヽ;イ,; ̄ヽ
    l/人___ノ     {.:.ィ:.:r-ヽi|  /:.:ィz,ト   \:∨   l        >  トへ l"  ,! 、 〉  lミl \ ヽ ̄ ヽ-、/\/  ゝtァ
                 iニァ:.、_ノ、 i ヽゞ':i }    .\i   \   〈 ̄ / `‐- l_ / /ヾ/   `'   〉 ; ヽ/ \ノ''' 、  l"
                 '  >s。ヽ ゝ_j:.:.i/            \   /`‐- _  `‐|´l-"_         l ヾl"`\__ ___  メ、  ̄;'
                      `  ∧:.:.i                ヽ'       ノ`7‐l´h、 ニ‐- _  ,- l ヽl    `   `´  l_, 'ヘ
                         .∧:.l                   ィ―"`;/ 'ー'" ` ‐- _  ̄ッ  ヾl          / 、-ハ
                          ∧j              / 二 ヽ 〉          く //         ヽ-ハ_ ノ

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            今回の戦争の発端はヴェルダイムの支配背景への不平不満にあるだろう。
                     ユニオン
           アグラッドヘイム同盟と名乗る軍事同盟も云わば二等臣民による独立運動だ。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


478 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:25 ID:???



   ` <::::::::::::: j`ヽ:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::/ヽ::::::::::::: /     ,
      ゝ、/   "''<:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::: /  _ヽ_,/ ∧     /
ゝ、_ ,,,、  /:::::::~''< `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;アー='"  、ヽ`:::::ヽ   ,′∨  ,
:::::::::::::::::::ゝ‐'"::::::::::::::::::::::\ ,、、\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,-=、_、+''"::::::::::::::::::≧ ,′. ∨ ::,
:::::::::::::::::::::::: r-≦^ヽ:::::::::::::::::::::::::\、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /::::::::::::::::::::::_、+'≦-┓::: {    !::::             彼らが反乱を起こした理由―――
ー------≧'  r-==='::f、:::h、、:::::::::::≧‐t=wwvy≦'::::::::::::::::: ,-t:::ィ'≦――h "人___ ノ ァ::
 ̄ ̄``¨≧ー'":::::::::::,...、:::::::`≧ヽ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 'イ::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::イ::::::::::::´ ̄:::::::::::::::::             そう、あれだ
::::::::::::: r=、::::::::ィ'"≦´  ー==r=、:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: ァ=t__r='"  `⌒≧::::::ア=t__アャ:::
ー=≦―‐≧彡⌒ヾ≧f、) ̄ヽ≧≧ー‐~ー―ー─≦`,....イ::::i___fj_/::::::::i /:::::::ヽ≦:::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `"::::::::::::::::: ≧ー<ァ==v ア'"j/'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
、_________r='"  ヾー≦ー≠ー≦<::::::::ァー≦ー‐‐‐≦ー≦::::/ `ー、_____________,y
            ,....vy≦´ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ::::::::'"⌒≦ ̄ ̄≧----t           イ




            r‐- _
           / ヽ  /`i
        , z‐/ニニ=‐--l
        ヽ,ニ_―=ニ二メ、
          rヘヽZ≧ 、_ ,ニ‐
          ミliヽ /∠_l、/
         ,r-メi、 l ノ/ ,ィY            ……
        /ヽ\`///ィ,、
       /  ヽ/////イ´i;/ニヽ
    z<´  イ´l lヽ〈//メv'/ ニ i _
  , <-‐ゝ ̄ / l l //l: lヘ k´、  lゝ`ヘ
 {ヽ ヽ=ニ/ ,/メx /、 l: l l マ . l   l
 、 ヽニ゙/   /l   l ヘ.l: l l ヽ  lヽ/ lヘ
 ノヽ\ニニヽ / ∨/l  ヘ: l   l、 lヘ// l
 l  ミヽニノ 〈 ヘ/ハ  ヘ   ,l//l  ヽハ
 l   >'   , \ヽli    ヘ /l//   `ヘ
 l  / /  /   / 、.   ヘ  ヽ      ',
 l /  / /   /   ー、 ヘ  ヽ     l
 ヽ  / /  /       ヽ ',  iヽ    '
  ヽ//l  イ    ○     ○,ハ  {ヽ__/
   ヽー'"/ミ、n _       ハ l
      ./ ニ|_|彡スヘニニニ二二lリ
      r   / メ, ヽ//    Uiヘ
     ,   l/ /   li    l:  l
      l   / i    i    i   l
     l    /   ィ;     ,l   l


479 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:31 ID:???


                  _,,、、-‐‐‐‐- 、.,_
                _、-'' `           ´''‐ ,_
            _、‐`       _ノ◇    Σ   ´'‐,_
          、 `     γν´_ノノ     ヽ     ^ _
           、`       )  ∞~~        \    ´ ,
        ,`      _ノ~              丶.    ´_
          ,` /|   /~~                 )      ',
.       / /  ヽ、 ヘ                 γ´  _ノ '.
      λ/    ヽノ                λ  く__  :
        !                           \     `廴i
        !                             \     i
       ,                           ゝ    ;
.        '.          __∧            (    ,′
         ´,          ,'     \|\         冫  ,'
        ´_      (⌒         \          /   _`
         ^、     \         /       /  .、`
            ' _     ゝ' ̄ ̄\__/    ⊿  //,`
             ´-._          ・    ⊿    、‐`
                ´‐、,_                 _,、‐'`
                ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    234年前に起きた戦争――

    銀河連邦の体制が大きく変わり、ヴェルダイムが光暦から新光暦へ暦を移行する切っ掛けになった戦争――

    銀河間戦争である。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


480 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:37 ID:???



                                 (⌒Y。      __
                               人'"      > ´ァ⌒y ゚
                        r‐―  .,_   'ィ___> ´>f''"⌒´
                         ≧s。、、,.. -‐jr'≦三三j )= ヽ
                         >''"≦.. -‐ ≦ 7/::::::,ィ゙ヽ=ハ
                      f、  , i= /'、:::::::::::::::::: 》イ_,.イ> ハ=i.|   ,;
                       `';、 |= iゝ\v::: _ jレ≦ァ≦::::::|=|.|    ,
                         ソ!.|= jrセ "゙⌒≫心彳::::::::::::: !=|.|Y  /
                        〈j |= !イ:::::::::::::::::::::iソ':::::::::::::::::j=j:jノ  イ
                       、 ', ;,|= | ',::::::::::::;,/'"ヾV,,.、丶´≦  j!゙
                         ; ゝ乂ヘ.乂--====≦ニニ<、  ,'
                       乂、 ‘. ≧‐=ニ{:.:.:.:.:(j:.:.:.:.:j:::::::\イ
                          `"イi:iヾy::::::ゝ≦" j!≧ハ::#:::ァバ   ,7'
                           /::::::`Y::::::::::j#ニヘj/ニニ',:::::j≦j__  i;
                            /#::::::/三ヽ::/ニニ Vニニニ,::::j::/三 ヽ ;j
                        '' /:::::::::/.三三Yニニニニニニニ.j≦'三三.ハリ
                          /:::::::::::i三三三!V /"`ヽニ./ /三三三i;
                       ' _/:::::::::::/|三三三! V     V i |三三三 |
                      /7⌒≧‐イ .|三三三! / ̄\  ',.!三三三八
                      ゝ≧‐‐ゝ' .乂ニニニノイ     >‐乂ニニイ
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    長命種なら未だに憶えている、二つの銀河を巻き込み、600兆いやそれ以上の生命が失われたこの大戦争。

    切欠については諸説があるが、とにかく最悪の戦争だ。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


481 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:43 ID:???




                                                ___
                                     ィiア _,,.. -‐ '' "´  /イ~~´
                                    。s≦,,.。*'"´        。s≦
             、,,__               /-=≦      _,.。 *ア´
          二ニ=-弋≧s。zzzzz、/~∨冖ア´_            /:.:.:/
        <´     .____\ / フ ノ/ ̄ ̄ リ        ./:.:.:ィ(
         〕h、  _∧ ̄ ̄`, ' /ィ( /    /-==ァ   ィ(''"´
               )h、、~ \ /〉 /,イ:.:.:.λ    /ニニニ/ィi〔/弋h、
               \ , '//}\:.:./  ≧s。/-==イ\./    弋h、
               , '/ λ }ノ}  /  ∧  }、_/       .弋h、
                 //   ノ、// ! /  /  Ⅶ{_          弋h、
                       /イ´7 } イ  /  ノ /}__}           弋h
                 ノノ /´{/ {/~~7__/ //              ∧∨
       ィ         /イ _彡      /_,イ  彡                 ∧∨
       / i ,イ     /イ/ ̄´        /./ ィi〔´                 ∧∨
     ,  ,イ i  /〕´ 。s≦  /}  /!   ノイ/                  }/!
    ./ ,イ / .///__   ,  ! .,  } /}´,。≦                     }/!
   / / /〉〕iトイ//  / 7./ /' ./,イ              _       /:イ
   ,' / , ' / ノ ィi〔/   ,  // / _/__/ ィ            /〉≦~~~Υ =≦ゞ´
  ,' ,' イ /イ´ ィ(     ., .// , ' /\_//       /〉≦ニニゝ==彡 ̄
  ,' / /   ィ(      , ,'/ / ./ノ/} イ    /〉≦ニニニニニ}!
 7/イ。s≦           , ノ, イ ,イイ /  ≦ニニニニニア ̄ ̄´
 ゝ'´              , / /´  /        ̄ ̄ ̄\/
               , , 7 ./
                { ,' イ./
              7 ィi〔
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    この戦争で投入された各陣営の兵器について、今でもその爪痕は各地で残っている。

    たまにその亡霊が動き出して被害を齎すこともある。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


482 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:49 ID:???






            i^,\ _,,_ /^l
            lノ        ヾノ
           シ " / i|l \( ;:;:;)
          メ( ;:;:;:;:;ノ   (=) ヽ            _____;
         彡;:;:;;;= (__人__) = .:::::ミ       /:;:;:;: ;     メ\ (⌒二\
        / ||    ` ⌒|||   ,ン        │:;:;:;:;:;:;:;        |´: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        / / |\/ /  /l |  ̄            │:;:;:;:;:;:;:;: #   メ | ',∴ ・':;;:::##;  ヽ\__
        / /__|  \/ / | |         ィ-=-;;;\:;:;:;:;:;:;:;:   #  / ',∴ ・' :;;     メ \__)_.
       ヽ、//////) /  | |        ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄#;il;;゙  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、    メ  )
        /  ̄ ̄ /   | |       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..    ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄
      __/  )--- ヽ   ヽ つ      l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ
    ⊂---― 'ー----'            ;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´

           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             そして、その犠牲の多くが二等臣民だった―――

           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


483 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:53:55 ID:???



 、_ ヘ    /    /    /     レ                          ,ィ ,        `マ`マ、
/ //⌒ l / ,     ,   {  ,        l   、                   /\ヤ,ィ       `マ´///>。、
 , ,:     |i}  イ | ´⌒≧=- __、       ,  } }     |ハ           //////ハ'ヤ´   ∧  `マ///--、ハ
.       |i}   、 、{xィ/¨¨¨マ ≧  /ー===-、}    |i}         ,'//: `Y/ノ i  i;;;;;i  i ` ,/「: : : :\\
  |:   |   \/_ ノ ´ ̄`  〔⌒´ く ¨¨ヽ/ /ヽ    , i!        ,'/,:': : : : :,'/}  .ム .,';;;;;;;;', .ム  ',ハ: : : : : :ヽハ
  |:   |八   ラ´¨¨       / |   ヽ   ,/ )  ,  リ       ,'/,:': : : : : :{/; {ミ{ |;;;;;;;;;u| }ヌ, .i/}: : : : : : ヽハ、
ー ――― 八  廴 ァ       、     \ } ,   / /      ///: : : : : : :i/{、 {ヌ「};;;※;;;;{「ミ} .l/i: : 、: : : : :\ハ、
       从   ≧彡 、  ̄ ̄  ,,    U ヾ    ' ,  /     ///: : : : : /: : ヽム `ヤt、--,ィ,Y _ノ/j: : : ',: : : : : : ヽハ、
      ,         ノ  V  ̄ ̄ ̄   、_ ト _〉     ノ ,      ///: : : : :イ: ィー―>「」`;;;二_ィ´ィ」| ̄ ̄ ̄}:',: : : : : : : `,/s
      八   ≧=∧   ,      } / { 、≧   /⌒\ ィ   ///: : : : : : |: :\、;;;;;;;;;「「」ミ三ヲ´「」|;;;;;;;;;;/´: ; : : : : : : : }/;
                ∧    _ _,   ,  }     ,       人  ///: : : : : : : |: : : :Yヘ、、| |「」`ー:'´「」|.|;;};;/|: : : : :|: : : : : : : : |/|
     ノ  ≧   /  ,         /  ≧=≦   ヽ   //´: : : : : : : : |: : : :i___};;i;;| |:「」:.:.:.:「」:.| |;;;i;__」: : : : |: : : : : : : : |/|
    ,  〃 ⌒ ヽ     \     ,   ト、      ,   ソ   /{ : : : : : : : : :ハ: : /「 ̄};;;;| |:.:.「」_「」:.:| |;;;;「:.:.」',: : :ハ: : : : :i: : : |/i
     从 ||    }} ソ    ー 一    / ー====一\ ̄   /}: : : : : : : : ,ハ: /√ーi;;;;;;;| |:.:.,イメト,:.:.| |;;;;「―; ',: | |: : : : ; : : |/|
       ゝ---々 / __           ,  / /      〕    /|: : : : : ,: :/|| |:i ,';;;;;;;|;;;;;;;;| |:::><:.:| |;;;;;|;;;;;;;;i .i: | |: : :ハ: : :|/|
\ -- 、\     /テテテテテテテ≧s。     |  ,       〕    /| : : : / |: | |  |.,';;;;;;;;;|;;;;;;;;| |:.:><:.:| |;;;;;;|;;;;;;;;', |:i | i: ,' |: : :|/}
//   、)  ’  |  /⌒\≧s。マ 、 、  ___ /     /|: : : ,'  |i |  ,';;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;| |:.><:.| |;;;;;;;|;;;;;;;;;;',Y |:i}:,'  |: : }/j
/    /,  / ))i} ,     }  /マ J \  ー// ____ /}: : :,'  |   L_____;|;;;;;;;;;;| |:.:.:.}{:.:.:| |;;;;;;;L----}  | |  | : //
     /从' __||__,___,_ ' /V  )   、|「       '/}: : i  |   L《o》《」;;;;;;;;;| |:.:.>:.:| |;;;;;;;;t《o》《o}  .i  i: //
   / / //    /  |    \ ,  (  (⌒ |i}        ',: : |      .{{{ {、U;;;;;;;;;;;;| |:.:.{{:.:.:| |;;;;;;;;;;;U} }}}/    ,' //
  / / //      ,  |      ヽ       |i}        ',: :;      `ー`;;;;;;;;;;;;;;| |マムヌ| |;;;;;;;;;;;;`;'イ"     ///

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   しかし、当時のヴェルダイム帝国は戦後、彼らに対して被害損害に補償をほとんど行うことはなかった。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


484 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:01 ID:???


                                                                 |¨|
                i Π                                           | :|
                |∨:|                               |¨|                   | :|
           _   |::::: |                             i| :|         |¨|     .| :|
            /:::::.   .|::::: |                             i| :|        _| :|_   _,|_,|_
            |__|   |::::: |           -‐━━━‐-     ∧   /:| :| | ̄|    ∧ |  :|   |  |
/ヽ| ̄|    /|:::::  \/:::::: || |    .  ´           `丶,| |┌┤:| :| |  |-‐‐‐| |……‥ :|  |‥
|::::::::|  |____,/:: : |::::::   \:::::乂__人-‐/__,∠二二二二\_______\ ̄| ̄| :| |_|  厂| | | ̄|   |  |
|::::::::|_|   |::::::::|"""""∧ ./\  -- ,ァ─〕二二二二二二〔‐‐ミ ロ卩  |  | :|   / ゙̄|'´| |_|   └ー┘
 ̄ ̄ _  .八: :: |^i ::.__,| | |:  i|∨二 乂___________乂    /|_|_,|\ .|   | |    ::..  ハ
¨¨¨¨¨| |¨¨|::::|::::::|: | | | | |:  i| |  |¨:|  ‐ ‐  _ ⊂⊃ v-‐‐‐‐‐‐(______)_|   | |         □
ニニニニ| |ー┴┴‐゙ ̄ ,:| | | |:  i| |  | |        ┴┴ { i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ーニ|   | |]¨ニ=-  __| ̄|
‐‐冂ニ- ̄     ./| | |,_,|_,_j| |  ニ=- ..,,_  ,, '’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ``丶、 __‐‐ニニ‐_|__/   _ _ _ _|_|ニ‐
 ゚̄|>──,∧| ̄|:¨丁丁 | | |゚¨/| |∠ニア¨¨  /\             /\===………‥‥‥ ‐ ‐
‐‐'゙____,| |  | || | | |¨|  | |ΞΞ‐‐ __-- ∧ \_______/   /二 ̄   ‐‐__  --_‐‐ ‐ _
アアアi¨¨.:| |  | || | | | :|  | | ⊆⊇‐ ̄丁 | |  /   | ̄ ̄ ̄|   \_、<ー-=ニ.,_    ∧  _¨二二‐_
// |/_| |_|ーー-| | | | :|  | | 冂     ,| | |≧=‐ッッ/⌒V二L-=≦ |\ニ=-  ,,_¨ ''¬|¨|=ニ,,_¨二二
丁 /__/二7 /  | | | | :|  | ̄|¨¨|  _‐ニ.| | | ̄ / f^'|   :|ニ\ ‐_ _\|\  _二ニ=ー| :| __ ̄  ‐
::|//__/ニ=-‐    ̄| | | | :|  |  |  |/ ニ| | |_|¨| l |¨:|   :|二 ヽ\‐__  \| ̄_二ニ=-|_:| /  二- _
/: : :|_|\\   \  .| | | | :|  |_|/   _‐| | |_|_,|/ | |   :|二__  \|:、\   ̄ /x==ミ\  \/  /
: : : :| |  | ̄|      | | | |_,|/    __ ‐‐ァ^¨¨¨´/二7 ̄¨|| ̄|Γ|ニi,  心,匚]     | 乂  ) } ∧ \/
: : : 込\|_|  冂_  \|_/__ --- 冂ニニ‐ ニ=‐--/_/7 ┌|_|∟|_| '//ヘ,‐\__ 乂  ̄_ノ_| |┬<__
: : : {  ̄\ _ァ'|_| \__‐→_二二二|:::| /‐--_‐ ̄/ ̄/ニニi| ̄匚]ニ」レ|]]<| /∧ 〉_|\  ̄  |\ \|\_ >┐
: : : 乂_二- 乂   /二二- ̄ ‐- _|─--/ ̄ / ̄/ ̄/7二口|二乂__ノニi  /∧ ̄:\匚]\| : |`T^|\|_」.⊥-‐
: : : | ̄ _\/ ̄  ‐ _/    /  ¨ニ=─--/ニニニニニ7冂| ̄|__|□H]  /∧_::::\ \\|::::| :|ニニ\_ ‐
: : : |\/〈\__\_  / ‐ __/    _‐/ ̄ フ/二二7|[三]巾而 |□□ロ    〈//∧::|く\ \\|_.|くく ̄ \
: : : |: : |-|\|_| 〕iト㍗   / ̄\  _‐  ¨ニ=-''′ / 冂|_| ̄凵凵├┬┬|‐‐‐L //∧| | ̄|i, `ー‐ '゙  ─ ‐

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  大きな理由の一つにそこまでリソースを割くことができなかったというのが挙げられる。

  当時のヴェルダイムは首都の遷都等、大型プロジェクトを進めており、そこまで手を回すほどの余裕がなかったのだ。

  そう、行えなかったという表現が正しい―――

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


485 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:07 ID:???


二二ニニニ/ニニニニ/二二二ニニニニニニニ/二=,/〉
二ニニニニ/二ニニ,/二二ニニニニニニニニ/二/,/
二二二ニ/ニニニ,/二二二二ニニニニニニニ/二=/
/=/二≧s。ニ/ニニニニニニニニニニニ/二/     __           __
二/ニニニニ〕iトニニニニニニニニニニ/二/      ∨∧        ‐=ニ二〉
=/二≧s。/二ニ}二ニニニニニニニニ/二/__     ,∨∧ ‐=ニ二二ニ=‐ ⌒^
/二二ニニ|二ニ=|二二ニ=‐マ二二ニ=‐ ‐==‐ ‐=ニ二} _ ‐=ニ二二二ニ=‐ ⌒
ニニニニニ|二ニニ,|/∨ニニ,}=‐ ‐=ニ=‐ ‐=ニニ=‐ ‐=ニ二二二二ニ=‐ ⌒^
二ィi二ニニ|二ニニ,|ニ=∧二ニ|二二マ二ニ=‐ 厂ア二二二二二二∠ _______
i:i:i:i:|ニニニ|二ニニ,|二=/ニニ,|=,/ゝ‐=≦i:i:i/=,/二二二二二二二二二二二二二ニ=‐
i:i:i:i:|ニニニ|二ニニ,|二/二二ニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/,/二二二二二二二二二二ニ=‐  ̄
---,!二ニ,|ニニ二,|ニ/二ニニ/ ‐===ニ二二二二二二二ニ=‐‐=ニ
i:i:i:i:i:iマ=/二ニ/_/二ニニ/二二二ニ=‐ ‐=ニ二二二二二二二二≧s。.,_
i:i:i:i:i:i:入ニニニニ∧ニニ二/二二二二二二二二二二二二二二二二二二≧s。.,_
i:i:i:i:i:i∧::\ニニニ∧ニ/二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>''´
i:i:i:i:i:i:i∧:::::\二/二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニニ>''´
i:i:i:i:i:i:i:i∧::::::::::::::\二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニ>''´
i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧:::::::::::::::ア‐=ニ二二二二二二二二二二二二二二><二二二二ニ=‐  _
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧::::::ィi〔i:i:i\:::::::\二二二二二二二二二二二/二二二二二二二二二二ニ=‐
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/\i:i:i:i:i:i:i:\ニニ}二二二二二二二二二ニ=‐ ‐=ニ二二二二ニ=‐  ̄
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,\i:i:i:i:i:i:}ニニ}二二二二二二二二二二ニ=‐ ‐=ニ二
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨二二ニ=‐\二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=‐
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨二ニニニニ\二ニ=‐ ‐=ニ二二二二二二二二二二二二ニ=‐
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨二ニニニニ,\二ニ=‐ ‐=ニ二二二二二二二二二二二二二ニ=‐           __      ,.、
                                                               \ヽ__,.ィ/
                                                    ` <        「ァ=== 、ニニミ
                                                      ` <-、   !!:::::::::::::}ニニ=!
                                                    ((   ゞ<>!ゝ---イニニ ノ
                                                           `ーY≦ヽ::::\

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        それに惑星を滅ぼす兵器の量産も国家予算を逼迫させるに十分だ。

        『第三番惑星の絶望』を引き起こした地球を壊滅させたセプタギンと命名された例の奴。

        その同型も幾つか製造され、一部の戦線に投入されたという資料にある。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


486 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:13 ID:???


.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r~~'´           _/::::;;/:::::|::::::\:::::|::::\::::::|:;;;
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒''~~'"~~"' 、.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:乂    _,,..........,,,,,,____//\厂:::|::;;/::厂ヽ\|:::|::::|::/ ̄
~~~t_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        `¨⌒丶、.:.:(⌒'~~┐.:.:.:.:.:.:.:.:`¨¨¨¨´.:.:.:.:.:r─‐‐‐/::;/:::;;;/:/ ̄V:::::|__|_/ ̄:::;;;;;\
     ⌒ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒ゝ..__         ).:.:`¨¨¨¨⌒.:.:.:.:.:.Л/| ̄|ヽ「|‐{ ̄::|::::::::::/ ̄|:::;;;/|/: : ::/ ̄\:::::|\:|:::;;;/ ̄}::;;;;
\--、     ⌒丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´"""""`⌒¨¨´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:. | | :|  | | |:::::\_| ̄:;:/: : :|::::/: |_: : ::|: :|: |: ::|:/: ::::|/ ̄/ ̄\
::;;;|::::|::\_  ノ⌒.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. √ ̄ ̄ ̄|_| :|  | |_|=- _/;:;:;:;/:::::::√:|: :|:  ̄`i: |/::;:;/:;:;:;/: :|: : : |/: :
:;;/_/`丶:\ ̄`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :__へ__へ       |  |  |  |:    ⌒ニ=‐┐:|:;;/::;;|:::;:;::|;:;:/:;;;:;/;:;:;:;:|::|::::|: : :/: ::/
/:;:;|\::;:|\:\:\/\へ,__ : : : : : :_/:/ ̄ヽ : : :/: : :\   :|  | |           |:::|/ ̄:| ̄ ̄|/::;/ ̄\:;;|::::|: : :|_|_:
{:;;:;|:;;:|:::::|.:.:|.:.:.:\:\/\_ i`丶、/ ̄`'く::/:::|/: :/:;:/\:/: : /::/\| | |  :|   _ -'⌒/:::|::|::|¨|: ::/::;:: /\:、::|`丶、: :|:;;|:;;::|
ヽ;;厂:|:::::|.:.:.\// ̄\: : i: : : :\: : :{: /::;/ ̄ ̄/^\_|_/;:;:/:/;:;: |  |  :| Л |rfT¨:;:;:|::|:;::/::|:|:;|::|;;:|::/:: ;;;/  | |:::|:/ ̄:\|:;;|:;;;:|
::|/:;:;|::\:\: ::|:;:;:|: :|: : | / ̄ ̄\/ ̄|:::::/ /:;:;|: |: ::;;/_/::;;/:: |::;::;:|  |  :| |/:/: |:;|;:;:/^\{;:;:;:;:;|::|;;:|/::;;;:/::  | |..::;;|: : :/: :|:;;|:;;: |
:::\:;|;;::;:;\:|:;:j:/^>─'´   --'--/ ̄| ´´"""´ ̄_/::;::;|_|__|_ /  .:|:  |;:;/{ ̄ヽ: : :\_:;::|::|::/:;:: /.:.:  | |:::;;;|:::;: |: : |:;:;;::; :|
辷'"⌒''ー‐‐<^¨¨´┌…‐‐  """""("⌒  . . . : ⌒二rく_r‐‐ Y⌒h| |/:〉ノく;;;:;j___}_」_>┘\/    :| | ̄\ ̄\|\_|_
 ``~、、    ´´´""""⌒'ー‐‐__'"´    . . : : └─{:::..j::/::::{‐‐' ノ/ / ̄/ ̄: : . .          /    :| |‐-----宀冖冖¬
     ``~、、        く   ``~、、へ、       ̄⌒""ニ´/ /ニ⌒¨""´ ̄        ./ : : : : : : | |
.\: : : : . .    ``   _   . . :\  . : ://^'|丶、:.:: : : : : : . . . . . ./ ./           . . . : : :/:::::: : : : :.::| | : : : : : . . .
..\\           ``   .,  \ .//::::: : |::::::::::> : : .     //:/                 /:::: : : : : : : | |      . . . . : : : :
  \\: : : : . . . .     . . . : :` 丶、/::::::: : :  |:;:;/-<\  .:./:/:/                  /_::::: : : : : : ::| |
    \\: : .__ .....::::::::::: : : : : . .  |......::::_ 、 ‐ ' `   \\:/:/::/: : . .      . . : : : ::::::⌒h、: : :.:.| |
     .><⌒'い:::::::::::::::::::: . .   _,,.ニ=-'"_    \. . . : : :}:/:/:::/ ̄ ̄\_  . .      . . : : :::::'⌒h: ヽ|:;.:,:;.:, ; : ,
. . . : :/      | :|::::: : : _,,. -=ニ⌒     \  . . : __,/:/::::/  . : : : _-: ; : ; : : ; . . .    '´ _ __ノ'ニ'′.. . .. . .
:;.:,:/ ̄. : : .   | :|-=ニ´   `丶、 /  ___ -‐ : :./:::::::/:/::::/ヽ、   _‐ ̄: ; : ; , ,           : .      _‐: : . .
;:;:/__: :、: . .   | :|_ `丶、   _、\/: : : }: : : /<: : \\|/::::::::`'<__. ., .: :; : ; ; : .    _ . : ; : ‐ _ : : , .   ~ニ: ; : ; : , ,
:/'::。丶、\/ / /⌒い   _、<\ \/ \:::\::\:::::\:::::/ニニ"""゙:;.:,:;.:,´\´\´\: : : :辷:, :, :, ´' ‐ ._: . : , : . . . . . . ー‐-
{:: : ノ´'ッ。,`ヽ,/ /::::::::}::}. . : 〈: : :.   //\ \::\:::::::::::/:::::´"';二二ニ:;.:,:;.:,:;.:, ; : ; :; ;, : : :ノ^:;.:,:;.:,^ : : ; : ⌒'' : ; :, :, : ; :; ;: :, :;:;;;
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   また銀河連邦から賠償金をほとんど得られなかったのも追い打ちをかけた。

   これについては銀河連邦側も同じ状況であったので、これ以上はノーコメントとする。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


487 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:19 ID:???


                 ∩__   __∩
                 /ノ  ヽゝ≡ ´    /ヽ
                 |○  ○ニ ●||||||● |
              __ミ (_●_ ) 三三 ( _●_) ミ
             (__丶|∪|  __  |∪|/  ̄ ̄`lつ::
              ミミ  /ヽノ __) ̄l⌒l ι  〇.:::ヽ::
                 _|_/   彡 .|  |     ⌒:::;;;;|::
               :/           |  |   () ●:::;;;;|::
               :l,_丿 ̄ ̄ ∪ι   |  | ヽi: ー〇;/つ─、:
               :l,_丿 ̄ ̄ :` ──ヽ_,ノ─ノノヽ- ̄-──'":
                      ;      ,'"~ ~`ヽ
                    ピュッ     `‐-- - '

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   結局、彼らに対するフォローは必然的に後回しにされた。

   このヴェルダイムへの憎悪が200年以上にも渡って続くこととなる。
                 ・・・・・・・・・・・
   これが『ケテル戦役』の最大の原因といえるのだ。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


488 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:25 ID:???


  {    ____   \   \      `フ        `ヽ ./::::
  |  //////:::::::`ヽ、 \   ヽ     ./  /  ̄`ヽ   レ::::::
ヘ | /////// ::::::::::::::::::\ \   .V   / /      Y ハ::::::
/.V///////:::::γ´ ̄ .`ヽ::\ .\  ヘ  //  ,イ<¨::ヽ  } /::::::ヽ:
/////////  {      \::\ `ヽ」 /  /   .}:::::}  レ、` ̄
///////    ヘ       \::::\ .V  / (0::)  /::::リ / ` ̄´
/////       \    ( )  \::::ヘ  /:{    /:://
///           > _____ >:::::V::::乂__ /:://
//  :::::::::::    乂  _____シ:::::::::::::::::::::::::::::// 、 ___
/  ::::::::::::            /三三リ  }_:::\ \  ` ヽ
   :::::::::::..            三三/   /   .`\ \   \
       ___    γ⌒ 三/   .ハ  ( )   \ .\ _
     /       ̄ ̄`ヽ― - く   ./ { ヽ      }::\
   /            \;;;;;;;;;;ヽ、/ ヘ  \ _ ノ:::::::}
  /                ー―‐く   ゞ   三彡イ//  /
        (  ̄  ヽ、         ',        /// / ノ
.::  ::::::     `ヽ、   \        .', ::::.............///.ム斗ヤイ
:::  :::::       \    \      .,  :::::::://///////
        ゝ、   \    V      }  :://////////
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   しかし、故バーン様や宰相らが生前に彼ら二等臣民に対する救済を行ってきたのは既に周知の事実である。

   ハルコタン会談で提示されていた和解案もそれを汲んだものであった。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


489 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:31 ID:???


`  .`'<///// |    |///////////////////////////////////////////////////////
≧o。`'i 〕iト zz|    |zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
 ̄~|i:i:i|  |i. | l. |´ ̄`|.l . |竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺
: :::::|i:i:i|  |i. | |. |    |.| . |二二二|:::||\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i:|]|::::
.: .:.:|i:i:i|  |i..| |...|__|.| . |───|:::||`| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:|:||/i|i:|]|::::
.: .:.:|i:i:i|  |i..|..l. . l. |.. l .|. ..|──ー|:::||: | | .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.|:|| : :i|i:|]|::::
.: .:|i:i:i|  |i..|..l. ..|...|.. l .|. ..|─ーー|:::||: | |  .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:. |:|| : :i|i:|]|::::
-'^゙|i:i:i|  |i. |..l....|. .|.. l .|. ..|─ー‐‐:|:::||: | |~'"´⌒'~~__,xxXXXxx、、,__. . . ''⌒|:||~i|i:|]|::::
____,|i:i:i|  |i...|..l...| . |.. l .|. ..|─‐ーー|:::||: | |___,、xxxxx州州州州洲洲洲ミh、,__|:||_i|i:|]|::::
.:.: .:|i:i:i|  |i...|..l...| . |....l .|. ..|──‐:|:::||: | |zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz|:||zzi|i:|]|::::
.: .:.:|i:i:i|  |i. .|..l...|. .|....|...|. ..|──ー|:::||: | | {{¨¨¨{{.:||.:.:.:.:.:.:.:.: .:. :||.:.:.:._.:.:.:.:「「 ̄〕|.:.|:||: : i|i:|]|::::
.:.:.: |i:i:i|  |i.:..|..l...|...|....|. .| .|ーー─ |:::||: | |_圦_代ニ二i|_:_:||_|:|ニヽノノ_√|_:|:||_i|i:|]|::::
`ヽヘ¨丶_」L⊥_-zzzュ....| .|──‐|:::||: | | | |┴..| |-‐'''T| | ̄ |  |:|^` ┼|─‐:| | :|:||  i|i:|]|::::
.....|: :|: : :|_二¨--┴…冖<> ̄ ̄``'弌L|_|  |_|  └ |__|  └   | |   |_| :|:||  i|i:|]|::::
-‐_二 -─¬  ̄  i| |、`ヽ_  -─  ,ヘ      ,.  -─…─-   二..,,,_  L〕iト]|i:|]|:::::
 ̄|_⊥-─_二 -─=二| | |\_|_  -/:o:\ ___(                 ̄``'' <|_|:::
__ -=ニニ二三三二ニi| lノ\,|| |ニ , ' i:::::o:::i. ` 、  〕iト  _                 _ノ ̄
三三二ニ=- __  -=il| |‐_‐ , '、  '、 i::::o::i  /  i` .、 `'ミ竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺彡'゚‐_‐_‐
 ̄ _  -=ニ¨‐_‐_‐_‐_ |_|  ィヽ、  ヽ.,、-‐'¨¨¨`'‐-./  //| |¨:||¨:|| ̄ ̄||`'||‐:||_:|| || .:|||‐_‐_‐_
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐__ /、,i .'、ゝ/- __,.‐‐、__  -ヽ. /i ∧ || ||    || || ||`|i''|トミ|||-_-_-_
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_─‐  ,'  i i '、i ,rタ´_ ゝン_ ``ヽ V.ィ./. ', || ||  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
‐_‐_‐_‐_‐_─   _ _  | ‐‐-i n.'、/ ---、ニニ,---.V ク/‐‐ |ニ三  | こんな場所までよく来たのう  |
‐_‐_‐_‐_  _‐_‐_‐_‐_ V __i iヘ.| ィ≧ 、 _ _, ≦ャ | iリ/--. / _‐_‐_‐ 乂____________ノ
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_  V   V ゝ 亡ケ_マフ  f././、_ /‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ : : : : :
                   ヽ' ´ ゝ:ヘ._‐.ノ`ニ´ゝ、ノiハ、  /、
              /\.'´7クレ:ヘ ヽ;;;;;/./ケN. /  .ヽ
             /。'ヽ  `ゝ 、, i__ヽww/__i,、- '     。.ハ.
              7:\。'ゝ    Vi i i i iV    ,、。 .,、‐エ
               /::i::::::\。\._/i i i i i \ /。 /:i::::::::|
             {::::::i::::::i:::::\__.   i i i i.i.i、 __, 、‐'::::i:::::::::::::} 《元貴族院議長 ザボエラ・バルバリッチャ》


490 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:37 ID:???


  { {;////// ./
  V,//// / 、,,,,..,
',  V,// / u,    ミh。,_        _,,.、 ャヤ
_',  V  /          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        _,..、ャヤ  ,,,,,,,;;;;;;;;;,
 ム :{ / ''"´  ニミ            u,    /     ヾュ;;;;;;;;;#;;
〃::::::ソ          丶、             / ,,,,,,         ヾ;;;;;;;
i::::::::: i   ;#;;       `    __  ''"´ ,,;;;;;;;;;;
ヘ:::::::ヘ.   , -‐=、。.                ;;;;;;#;;;  ,ィ  ミ 、ノ
. ヘ:::::::ヘ. ′    ≧.、               u,   ,ィ≦ `ヽ .ヽ ヾ
  \::::::.`:Y  〃   ,> 、._,   、 ., ′   , ィィ '        ハ  リ
.    >;;;∧  r=== ―、.....,≧ュ、〉〈  ィ≦ -、_ッー――ッィ-
 ∧,      '  ゝゝ  _`゙´ /,'..¨.ヽ ` .、 _ __ 彡' .,  , |         和議についてはクエント候らが中心になって進めておったわ
.  ∧;;;;;   ' ` 、 ゙゙゙  ̄ ̄, ′,;!::::.  }:.ヽ      ̄ ̄ _/  /  !ム
.    \ __', 、        ,r: ⌒  ⌒ヾ,      ̄   ./  .从⌒>      わしも内容は確認したが、少なくとも決裂にはならんとは思った
    ィ  ,ィ< 人 ` -‐=ー  .,/`i 、__,r‐=ー '. ヽ    -‐=ー '   / ⌒> 、
  ,ィ<  ィ< > 。,_ >    し         ≧ 、_, u,  イ- ⌒> 、 \     しかし……
<, ' , ィ<, ' /,.ヘ 从 〈 .r―    ―  ー―   - 、 .∨   |⌒.,∧ ' ,\ \
//  /  / /   ,'/ | i ゝ''"´ ̄ ̄ ̄ ` ー.、,,___}  i  リノヘヘ ',  \ ' ,
,      '  / /   /,' :! 人  ..:::::::::::::::::::::::::::::::.........    ノ  /,    ', ,   \
    /  , /  ,'/  ',  .` ー―       ―――≦  /     , ,


491 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:43 ID:???


                                                              /⌒ヽ
                                                          |. . . . |
                                             ./              |. . . . |    /
                                         ../ //             .|. . . . | ./
                                        / //              .|. . . .../
                                       / //-- 、_ /_/        |. . /|
                 _                         ./ //   / / / ヽ/     . |. . . . |                     ____
                  / \                       /./    . / /  |i   / ー‐、   |. . . . ./                _ . . .'. . . . . . . /
                    /   ヽ     |ヽ/|_       . i{、__,   {      |i       \ |. .../       ./     _. . - '. . . . . . . . . ../
                /  / ヽ ヘ    \   /            ̄ ̄⌒ヽ 、   /.|i         }./. .|   /   ./ _ -. .' . . . . . . . ./. . . . ./
               __ /__/{}{}{代 ',    |__>              \_  / |i    , ィ ⌒//~\..| . /...  / /. . . . . . . . . . . /. . . . ./
             - .,.// r、\_8__ハヤ=-、                       { |  .|i / /  //    ヽ/  / /....∧. . . . . . ..../. . . . ./
     r- ___く  // { 〈 .{`ヾーィ_}| マ=-、ヽ  ___    \    ノ(         {  .|i/ ./  //    /.|{ /__./. . . /  __ /. . . .../
     ヽ \\\{  \ヽ ヽ ̄:::::/ィ|   >'´ブ /  __|\V  「 ̄ ̄    、` .,|i  '  //__   / /'   ,j/  ̄ ./  }  /   \ ̄/
      \`ヾx\`ー、「`ヾ、 `i:::::::| ムア / /    -―≦     ≧――    \j |i .|   .'/  ヽ././   /  ./.'_/        /
         `、/`ー _`ヽ\≧ヘ|:::::::!/≦/∠ィ' |        <      て__      j{ ∨|  .{'   / /|   ./ / /   /  ., --- 、  ./
         /    `マ=|○ |ムィ_l○ j7    ト、      /⌒^V ^ヽ ̄ ̄      圦 (__) (__) ' / ..|__/|_./  '   /  ./    }/   ../
       /   ,イ´ . | ○|  ○ .|ヘ    \            \        } ⌒⌒__/        /  |    '  /      /    /
      入////  | / |  O(∴)) .! ヘ ヘヘ` ノ                       /  ./ \      _|  ..|   i  ./      /   ./
       `ヽ\__|/  |   |  ノ! .!  {__/                          / ー--   ー   j, === .、 {     /  /
          ト-z__/   !   !ァ‐く.|  !  |マ j                       //|     /    /       \、  /_    /    ./
           ヽヤ    .|..  |::::::::::!  !  ヘ'                        '  ヽ   /    /        , - }i- '   \/    ./
          /      .l   .|::::::::::!  |  ヘ                              / ̄ ̄.\  /        /  |     /.ヽ/ /
       /.       |.   |::::::::::! /   ヽ、                       /       \ . //  / ./   ./       ./ /
   _z<´    _    _> 、.|::::::::::!イ  _-ュノ`! `>                       /         //  /  |    '     / /
  ー-、     { `≧≦ヽ:::::::::::::::::::::/ ̄___ノ-'                     {            ヽ    ,乂_/
     ー一 ' `ー一 ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               だが、彼らは何故かそれを蹴って戦争に踏み切った―――

               端から見れば無謀である選択だ。

             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


492 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:49 ID:???


                                    __,--、__
                                 /´││    ヽ
  ,-/~/'-、                 /  └┘    ヽ
. / i__l   ヽ               /_          ゙i                        ___,冖、__
|        |              /____―――‐|                     /  |__|  \
|===========|              i__,-‐‐, ,‐‐、 ̄~l  |                    /         l
|l_-‐i i‐‐-、__|/〕〕             |ヘ   l l   `'-l/ ]〕                     i_____ニi
ヘ  l l  / | |             l )  ヘ   /  ||                     .|l_-‐‐i i‐‐-、_l||
i//^^^\ヘ  ヘ            /丿/   \ (_-- ||                   |   l l    |
/      ヽヽ )            l         \  ヘヘ                     |ヘ /"゙\/ |
(O)只(O)ノ 丿            |  i ■ ,'   ヽ  ノ----、               /       ̄ヘ
\      ``i、,--、  ,-----、,---'~(◯)  (◯)  ノ ̄ヘ    \     ,-----、_,-、 l (0) 只 (0)ソ ,----、
  `''‐-、_,ノ―‐ji  /  /´`ヘヘヘ――――┐┐┐ 丿Ξ\    \   /    l  |\`''''´   / ゙̄iヘl   ヘ
    |      / /    l(●)) ) )三三三三」 ] 」__ノ   ヘ\   ヘ  /     ノ  |  `''''''''''‐‐' ´    | ヘ   ヘ
    ,|      | /    ヘ`''''´∠ノノ=三三三ノ ノノ ̄ ̄|   |  \  ヘ /    丿  ノ      l       |   \  ヽ
    |       .|   __| ̄ ̄| |≡∩∩====」_=」   |/´ ̄\ヘ i  _,/  丿      l      |ヘ   \|
 ̄ ̄´ヘ_     i___/  └─┘ーーーl l lm|ー|)二)‐‐‐-、    |     \└i´‐‐、  /i         i       |ヽ / ̄´ヽ
 i i  i i`''‐-、 /ヽ/   __/ ソ / / ///〉―⊂≡) ゙i\   |      \i   \| l      ∧____| ヽ    ヽ
 i i  i i     / _/          /  |(ニニ) i  | |\     / ̄/  / l/ ̄ ̄ ̄ ̄        |  ,‐、   ヽ
三三三三「二」 ̄|'´  i  |´ ̄ ̄ ̄/\__   |(ニニ) i  l ̄ ̄ ̄ ̄~`\ ─ヽl ―────|f |l三三三三三「」∥|≡ ゙i

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   国力の差から勝てる見込みがないからだ。

   当時、ヴェルダイムにおいてはクローン兵による兵力増強が進められていた。

   無論、同盟側も周知の事実だった。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


493 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:54:55 ID:???


s。  `く>>、\____マム__マム___,|:|______||___∥__//__//____アxく>>'´
`弌is。 `'く>>、\____マム__マム__,|:|_____,||____∥__//__//____アxく>>'´    ,ィ㌻
  `弌is。. `'く>>、\ ̄ ̄マム ̄~~マム ̄~~|:| ̄ ̄ || ̄ ̄~∥ ̄~ // ̄ 7/ ̄¨アxく>>'´   ,.ィ㌻:|
    `'弌is。`'く>>、\ニニマムニニマムニニ:|:|ニニi||ニニニ∥ニニ//ニニ//ニニアxく>>'´  ,ィ㌻  :|::|
.      |::トミs。`'く>>、\二マムニニマムニニi:|二二||ニニ∥ニニ//ニ//ニアxく>>'´  ,ィ㌻     .|::|
.      |::| `'弌s。`'く>、`ー‐`ー‐‐┴─ ┴─ ┴─‐┴‐─'─‐‐"─くく >>'´ ,ィ㌻       |::|
.      |::|   `'弌s。`Y´¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨`Y´,.ィ㌻|       |::|
.      |::|     `'弌ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ:||彡'´..|::|       |::|
.      |::|        :|                  |i:i|          ||   |::|       |::|_,.。o≦
.      |::|        :|                  |i:i|          ||   |::|    _,.。o≦
二ニ=‐   |ニ=-      :|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ|          ||   |::|_,.。o≦ _二ニ=-‐ ''
-=ニ二三二ニ=- ̄_=- ,,,_|  | | ̄~~|  |~ ̄~|  |~ ̄~|:::|i:i|          ||_,.。o≦_ニ=-  ̄  :::|::| |
.     ̄”“l|::| ̄ || ーr =- ̄ | || ̄.:||  || ̄::||  || ̄::||:::|ZZZZZZZZZZ|l_ 。s≦|_,, ‐| |'¨¨ ̄|::|::| |
      ||::|   ||   l| |i:i:| ̄| ||  ||  ||  ||  ||  ||:::|i:i|_||_||_||_,,,||'´|| ̄||   :| |    :|::|::| |
      ||::|   ||   l| |i:i:|  | ||____,l|  |l____,||  |l____,||:::|i:i| ̄ ̄ ̄ ̄~|~゙|| ||  ||   :| |    :|::|::| |
      ||::|   ||   l| |i:i:|  | |ニニニ|  |ニニニ|  |ニニニ|...|i:i|:: ━┳  | || || O||0  | |    :|::|::| |
      ||::| o||o l| |i:i:|  |      (_)...Ω       │:|i:i| _ll_ ┗━━ || || .:|l   :| |    :|::|::| |
      ||::|   ||   l| |i:i:|_ ┴───/二二ム───┘,|i:i|ー||───'s。.|ト |l,_ ll   :| |    :|::|::| |
      ||::|  _||_ -┴ァ'ニニニニニニニニニニ〃ニニニニニニニニ|i:i|ニ||ニニニニニ≧s。.`|ー- | |__  .|::|::| |
      ||::|‐'"_,.。o≦===========ァ'=〕〔 ィニニニニム======爪============`'<≧s。.,`` ┘|::| |
 ::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::: //:::::::/ ─────rx‐、================`'<≧s。|::| |
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\_________ ≧s。| |
 ::::::::::::::::::::::::::::  -ミ::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::∠_ ================ \|二二二二二二二二二二二二≧s。
 ::::::::::::::::::::::/ __、__ \:::::::/ _ム:::::::::::::::::/_____,            \
 :::::::::::::::::::〈 〈{====ミ_, ` ノ===ミ::::::::::::::::::::: / ____  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 ::::::: -く:::::》 _(__rt_}   Yrt__)/:::::::::::::::::/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  立会人としても、会談の時はしっかりと見届けている |
 :::::::|  }::/  "   ┌┘ ト  ゙ V^Y:::::∠_________       乂_____________________ノ
 ¨¨.乂.ノ「¨¨¬=ォ  ゝ   ノ -‐========<⌒
 ::::::::::::::::::〉      _______________  ∨:::::::<_____ \
 :::::::::::::::/》 / (___________________〉 {::::::::::<¨⌒
 二}::/V    __,,..  "   ゙  ,__  \::/⌒_________________
 :.:.:|i{ {                    |'/¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_
 :.:.:|iV∧                     ∧ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /く
 :.:.:|i:i∨ \               /:.:..\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /i:i/
 :.:.:|i:i:i:.、    ___________________/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:i∧  《ハルコタン将軍 戦部シバラク》
 :.:.:|i:i:i:i:i\         /  |:i:i:i:i:i:i:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨/i:i/  ヽ


494 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:01 ID:???


    Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ/ /:::::::/
 ヽ:::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::/ ,
  }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ---、:::::::::::::::::::::::::::::::::::///
\ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   、、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ    ≧ミぇトヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{_    `マミミハ \:::::::::::::::::::::::::::::::::/
ヽ:::::::::::::::::::::::::::, ´ ヽ::::::::/    Y´ `ゝミ !`´`ヽ::::::::::::::::::/
 >:::::::::::::::::/   j::::::/       ` 、(ツУノ !   ,ヽ::::::::::::::7
"::::::::::::::::::::::{   ,イ:::::::ト .     `丶  =、イ三三て::::::::::〈
フ:::::::::::::::::::::ヽ_r:::::::::::::::ゝ `丶、   r‐   \ツノ ,イ:::::::::::::::>
::::::::::::::::::::::::::::::::h::::::::::::ゝ ,     丶、     ,)  Y:::::::::<         一番印象に残っているのは―――
 ̄ 7:::://:::/ Yヽ:::j イ { ̄` 丶 、   "´   〉::::::::::::::`丶、
: : :.//',',',/   / レ   L..... ̄ "'' 、ヾ 、   ――(-‐‐:::::::, ´      同盟側の代表が冷静なままであったってことだろう
: : : : : : :',',',     !              ``Y  }   l::::::::::::::::,
: : : : : : : :',',',    \                 __j  l::::::::::::::::\       何か確信があったという狙いか……?
 ̄`ヽ : : : ',',',    \                     l ̄ ̄ ̄ ̄
    \: : ヽヽ     \              /


495 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:07 ID:???


             ____       __,.-‐ 、
            /;;;;;;;;;;;;;;;ヘ    / -'   リ
           i;;;;;;;;ハ;;;;;;;;i    .ヘー" /
           {ニニ.......ニニ }    ヘ  ./
         __,.-|.|.{_。} {。_} |.|、___   .| .|
         i  .{ |.|.iェェェェェi.|.|  .}  | .|
         } V 。ii.||ェi iェェ||リヘ‐‐'-、 .| |
        .リ  ヘ  .ヽニニノ  .} ̄ヽ' r.Y‐ 、
     __......_フ~i、j{゙ー‐‐'゙‐―イ,イ~Y´}.Yニ }
   /ニ ∪  Y>' .|ー-r‐‐i‐‐.| ゙.Yヘ  j‐イ
   Hヽ、_j__....j  ハ`~゙ー‐"7 .}_  ~ 7 ヘ
   "レ'ヽj  ._< ', ヾー-‐// ヽ  .{   .}
       .{ 、{.._ ヽ ヽ-" / / \ `~'゙~
  .. --- 、r"-‐" i`~ヽ-、 ノ゙~~~Y、  }
./";;;;;;;;;;;;;;;;ヽ_∠ヘ       .{ー-j..ヽ
i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i---リ{.       j    /
',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ~ ̄ヘrj、      }ニ=‐‐{
. \;;;;;;;;;;;;;;,イ 、..._......>.<     ヽ ´~ ヽ
     ̄   `~~''~~'゙~"       ゙ー‐‐'


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       彼らはヴェルダイムという大国に勝つ確たる自信があったのである。

       おそらくその自信は彼らのその主力兵器からくるものであると考えられる。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


496 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:12 ID:???


                                   ,,、
                                   〉 ヽ
                                    i  ヽ
                                   ,,‐i   ヽ
                              ,,、、   i     .〈
                              ヽ .\  |     |iヽ
                               `ヽ  `‐     / ヽ
              iヽ、               ,‐ゝ   /\  /  .i′
               ヽヽ__              >   i  /\  /ゝ,,
                \`_\           ヽ    〉,─ヽヾヽぐ
                 \`_ \  _、  / ̄─丶/´i /´  ,,, ‐ `ヾヽ
             ,,, 、    \  ヽi=i ヽ ,, ‐ ´ヽ  i /
             \ ` \_ i‐、ヽ,、   〉´─ヽ_〉‐i /./ヽ __,,,、 ____
              \         ─‐くヽ|__iヽ ヽ \/─ >──三三
、‐,,,,,,,、 _  <─ ̄ ─,,,/   ,,,‐ 、   i‐>‐、 \ヽ‐/  __> <     ̄ ── __
 \      ̄          ヽ    ̄/ //_ ヽ、/─ヽ .ヽ、 i/‐ i |──ヽ i─、 ヽ、
    `ヽ、             /─ヽ ゝ/ /i  / ̄\__    `‐´ |   `    ヽ|i \ ヽ、
      ` 丶,,,,,─_  ,,─  ̄   _ヾヽ´_i   i ‐ ヽ_,,,,─´ i         `   \ \
           `─二二二二(ヽゝ,,ヽ‐ ヾゝヽ  / i   ,,フ_|/´               \.丶、
                       くヽi─|   i| | く、´                     `´
                         フく ヽ ヽヽi  二>
                        ii‐ゝ ヽ‐─ヽ_く二iヽ
                         ̄ i ii iiヽ ヽ 丶´ヽ─,,,,,,_
                          | ii .ii iヽ i ヽ  ヽ──`
                          |/ i/.ヽi ヽi  \  ` ヽ 、
                                   ヽ── _二─ __
                                           ̄─‐,ゝ

            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              では、まずは同盟が使用するその兵器について少し説明しよう。

            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


497 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:18 ID:???


                    ,,,,,/─/二二i─,
             ,─三三, ‐ ´/ _,┘ ̄フ ̄´ ,,‐,‐,‐,─,,,,,i    _,‐´/
            / /./   // ̄,──‐´ ヽ//// / ∠─_ ‐´_ ‐´
      _   / /./    //__/   __∠_─── ´─|/  //\
      |ヽ\/|三ヽ __┘ | i─‐.|__|  //\,、 . |  /  / /  / |
     ,,─ ─‐ヽ||三ヽ  ,─ ´二フ / // / \ |  | ̄ ̄/ /(二()〉
   //    //ヽ/三三三三__|_/ i´/   /,,,>─i二 ̄    /
 .//__─ ̄|   | ヽ三─|__|__/    =/`/  二二〉//ヽ、
.〈 〈 ̄  _,,,,,ヽ__ヽ,─´、_/ / |ヽ_ヽヽ  _─´| /   `|_|  |() 二()
   \〈´Vii/ フ \   /_/‐_┘─ |二二 /ヽ´ヽ     `─i`´ /
     .〉`´|ヽi` へ \\ |く//   `´ |二|__| ( )_丿       /─ 〈─,
     `‐_〉 ‐´/i´`>‐、〉/        .|  |ヽ‐/        .┘_|/ /─i、
       ∠ヽヽ | .(_) |          |〉‐/ /       ././ / i‐| ,i─´
       `〈 |_| ̄ `.‐ ´          / / /        `´.i_i |_||_|´
        `´              /`ヽ__/_
                       |   /_ / .ヽ_
                     ,,_.┘‐、/ / | (__(_)
                   /〉‐,>‐, ,‐、´ ./
                    |_| i´ // |. /
                     `i |_| .| .|‐´
                        `´

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   アグラッドヘイム同盟はブロックスと呼ばれる機動兵器を主力にしている。

   ブロックスとは金属生命体ZOIDSを人工的に再現し、作り出した人工生命体である。

   ヴェルダイムでも近年にいくつかが正式採用されている。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


498 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:24 ID:???


                         _,,.. .,,_
                          ,ィ㌻γ=ミt、ヽ
                           彑瓠::{/⌒Y}i:. ,
      ,ィ¨ ̄ミktュ、            彁lililikゝ=彡ヘ か
     ,イ ,ィf⌒Y: : Yハ┐          弧lililil|№,,__:: ィケ>
.      抓: 込_,ノ : : }=爿    ___  {延}壷壷壷多'゙
      獄№,,_: : :アシ(八_ f{: @: }〉/]]夥クク7フ
      対些竺彡: :ス\)::【刈:::@//〉リ】/,仏イ入;,;,;,
       `ー<沙ヘ\ヾY【k:::>z─ェく::】(_{龍rf:;' ';}、
         {;{ム;,;,〉赴J}>イ/レ=r=ミ,.hト、 Y^メ〕':,,;' 〕
           Y;'゙ ゙';,:.{ル゙j「 }(){g::|:::a}Ч[]l lkv〔___〕
            〉':;,.,;:'.:jノ)ilil []A__∧__Aノト、〕 }kセ壬彡,
         /〉∧_ノ7ムi}〔(:::V.:::.V.::::j}//} Ю]k彡公、
           〈巛沙'´ 厶以{`トヘ:_:_:_:_:ノ{/タN\愕弐驟衞℡、
      /{\ /)込竺ヲr'^[CマVーv==r=彡久ク◎[鳰詠衞夢為派㎏g。_
      彑{l \ル侶斤リ}_rヘノ◎狂竺|竺彡'゙   不气メミY耜砂火然汯為ッ,
      弓{{k_/\幺ムイ廖公、____j___彡幺イトg。_¨`寸毯(,;;',;;'泌為爲対lh
      庭爪{k::__/`ー‐く ̄ ̄ミメ、マ主主主彡う八遍翩狄(張狄泌為爲対埓(發g。,_
    /写ミY㏍k{㎏a。.,,_Y: : ..ィYX_.ノア¨庸需需零些炒)刈弥祕淡'゙~'狄泓派貔發g、
   彑亥刻狄歩=迹多ヘ、(ノ {ノ}>、::.(  慵乢几嵶些竺;;'^';;泳寸;'゙ヾッ淡綫飛刻駭刻№、
   卸斗セ^~´   {ll{::.9: :9: :: : n):ムべ二ア辷彡夕為飛狄災ぅ爲 `¨ ¨´ `'鳰飛刻l核刻|№、
              乂)、_几几厂}:大ヽ     爲襲龍豼須鬚梦”         `対垓亥寺ミ寸lk、
            Ч光_j__У.:ノ}|}     ,為麾髭裟鬣_,.ga、__          `寸刻`寸k`マk、
          _r匕三Y⌒辷彡仡フ   ゙等襲龍龍龍{{㌫Y裟k_            `マk `マk ヾt、
       , -rくク7ア^ヾ⌒Y´\入ノ}「       ゙等襲龍龍剔l鼎牋刻㎏a。,_        ヾt、 ヾt、 \
      /淡煽㌢.::::  V7燃、 ∨》′       ̄`竜魎鵐魎瑩甃燮燕烝辷ー-、     \   \
.      /淡煽孵゙:::::::::......:j(核彩;. У                    ̄¨¬-、  ̄`
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   本来は民間作業用だったが、様々な事情で軍事転用されたと推測はできる。

   実はある昔の兵器のコンセプトを参考に開発されたという噂もある。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


499 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:30 ID:???


                                        __ _,,,,,,,,、
                                      ./  >‐´ i
                                    /ヽ i ´     i
                                  / ///_ ─‐ヽ /
                            /`ヽ_,, く ./.  くヽ / ̄ フ─ヽ,,
                          .,/   ∠─‐ \∠ |─‐i─‐,,  _ |
                         .//         _ ‐\ i ,,,/ / ヽ ヽ、
                        i//_,,,,,,,─>‐  ̄     \/ /__| ,i
                        i__`ヽ‐´______i二ヽ_ゝ ̄二‐二>
                      _─>二____/二=──── ´ ̄
                   ,,,,,‐ ´─ ̄ _/  i i_()  i.()/    /
              _ ─  ̄    ‐,,,,フ/i` ヽ´i() i  ̄〉─〈_─
        __,,,─  ̄   ,,, ‐ ´´ ̄ ̄  \i__|,,,─ ´ /  /`ゝ,,
   __,,,,─ ̄ヽ  ,,,,, ‐ .´´                  `‐_/ /__〉i
  iヽ    ,,, .─ ´                        〈  i ─i_
  ヽi‐ ´´                              ̄─__ゞゞ〉
                                        ̄

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  人的資源に乏しい同盟が主に主力として投入したのはキメラブロックスというタイプだ。

  所謂無人兵器であり、パイロットによる操縦をオミットすることによって人件費を抑えられ、数を揃えられてるという利点もある。

  なおかつブロックスは分割可能なため、生産性とメンテナンス、さらに運輸としての面でも優秀な兵器である。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


500 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:36 ID:???


                     /
            ___   /
         , ィ ´     /ヘ/
       .//   '   _∠、 >.´}     ___
       i  j _ i   f f __Y  ィ -=≦  >ヽ
       l {.foo<]   ゝ=-'ィ、ノ, < .j |´ /ノ
       i  }二_ 、 ,o≦>-イ    `-`i./
      {>`{《《≦ニ> ´, ´.f\      i .,――、
     /, /   / /   ,l.iヽ .\    l/   i }
  r ┬i fャ-r‐ f { O] i  / ` ミ 7{ ` -ャ- /   i l
 .i   i k7 ヽ-k-ヽ>==ミ ノ、    /ヽィ .Y    .i l
 i  .i リ- /7{,――,、ノ  ` <zzイハ { , ヽ__ j .l
 l__ノノ__ j- 〉(==={ (ZZZzzzzz'ノ/ .r '      i .}
. l     ヽ.マl ― 'フr―  ´--ミi ./     ,ィ==、j
. k    .i./ | ̄  i  }       l―― ノ l  ノj´                           _  -ァ                -=ァ
. L l――ノl/l   .i  l ∨≧、   {r===〈 .}1ミ                       -=     ./   __    -=  ´    /
__}__{7マミ j.l ∧   i l ∨ ∧  /  }.Y-´i .il                     x ア´     。o≦ニニニ二 ___        /
l  i| , トl il.k_ヽ_ V、_∨ ̄v > / ./ .i .il                /} /     //x―,        /       ,  ´     __
l  i|t .Kニjマ l  {  l    ∨ {T- }i ./  l .il     、          /  j'    / ./´   /       ィ      /      /, -、 Y
l .i| ゝ--‐' .l  i ノヽ、   ヽ , 。oTマ  L /j       ヽ`ヽ    x 、 f| /   xィ .} /  x‐‐<     イ / `ヽ  /      / ./  //
L .」      >zz彡 '  ヽ   ハ≦ jノ \.L/        VA  .// ̄ }YV  ∠/  ./   f @ L/¨ヽ  l     Y\     ノ /  //
.Ll      l  }- ´  ム  l ∨  .l   ∧          VA  l. マ` -ヽ r<´ ノ-、 /、-= ゝ __ ノ/     Yl-、    ト ヽ   r<  l  i /
        k_リ     .i .i ∨- '   .lヽ          V ヽ.ヽ ヽ , i |@ム´ ). ヘ /二ヽo。 /|ヽ    }、 .j    l i l  / 〉イ__l .l l
        l _     .l  .i   _  .| 〉           ヽ \/ レ7 b '.ィ  .iマ  ヽ マ ヽノ    l_/ヽ、  __.k l l  〉 ヘ.ノ   . VA
          レ   ヽ  .ハノ  { 、 .l.、 iヽ iィノ           \  Llri┐x イi|   ノヽ   Vっzzヽ   | / .V 〈 ヽヽi  Lノ     .l .l
       fzzz{  ヽ_ィ{   ヽ j .}-k .、l             i\ ゞ .f/'-/ ∠__T=.l { {' ) j /ヽi   l  fヽヘヽi          /V
      //` <        | i,r―、∧              イ .∧マヘ´ノ /j '   /- '  フ´ l }  .iム   li .ハ  i ハ.、      //
    。o-ァ-=マ-,-、}        Li .} .i ヽj           イ_.イ { l /´  /  ̄   /ヘ   /  i .{` ´ kl  .i.マ   .l ハ ミozzzz彡'
 。≦ 。≦ ,r  /// ヽ      lヽi-.l ハ          ,イ ハ ィ、レL> '    イ イ  ,イ   l i i ヽ .l. ヽ  ヽ}  l-ヘ j
.'-'―'-'―――'――― '      } ,.ゝ-イ、∧        / i i l/.リ        イ ハ ./ i     i.`i  V_l ハ   \ノ  `
                    l i l [] ヽヽヽ        l__)-l__l ̄       / l-i  K_ノ     `l   i. ∨ .i
                    l i l/ ヽi i j                    {/ | ノ        \ノ  ゝ'
                     ̄     ̄                          ̄
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   無人制御と低コストの量産。

   現在のヴェルダイムの無人型兵器開発の本格化を見るに、彼らの取った方法は先見の明があったといえる。

   ちなみに銀河の向こう側も考えていることはほぼ同じらしい。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


501 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:42 ID:???


                                     .,,-7
                     .,,             ,-´ /
                   //           ,,,-´ /
                 / ./         ,, -´ /
                / /_       _,,-´  /                         _        _
        /ヽ、   ,,/ /i´ \  ,,,,- ´ゝ、 ./                          ':ヽ __  //
        ヽ  .i ///./ .i    /《 ,, -´ /    r‐-  __ r- 、            ..、―l l{ ̄ ̄}_//―ゥ            z‐┐ __ z-┐
        ヽ -ヽi´ ̄ヽ‐´ ,,-‐く  ヽヽ_/      ` ト _ >  、>-、ヘ¨ヽ、       ヽ.l l__ .__}'/_.イ       イ 7-<,.  < _ ィ ´
        くヽ___ヽ__∠___/ ヽ// ,,、           ¨ト 、_ ¨  ``  >‐、__r、く>ヘ_l_l.―l_l./イ'>-、__,‐< ''´ ¨     イ¨´
        ヽフ / / \ ヽ ,,,,/ヽ// ゝ          (__)-(__)>-ド 、_   /ミ    l |::::::| l   彡ノ    _,イ-<(__)-(__)
        / / 彡─二フ二ゝ_∠/ /7               {ィ‐、}    ―!``l / 、、 l:::::l ,., \  __} ―    {ィ‐、}
      / ./ .∠/ ,,-´ ヽ   _ / / / .ヽ ,,-、  _      __ _弋__ノ     >ニ〕{   (::ヾ  ̄ ィ"::)  }〔ニ<    弋__ノ
     /フ‐゙-.、/-‐´     </  / / i  // i/ `/`〉/`i/ ゙´._/       {二}\ヽノ`´ .l¨l `´ヽノ/{二}.
   i´-く  ,,< ─ 、 くヽ ̄ ̄-/  / /__二()   二 二 フ i‐ i__/´                 ヽ―´二`―イ
   ヽ-、--/iヽゝ,,,// ̄ヽ  < ̄\ /- 二二i /二i ─i__/─ ´                    `ヽニニ/´
     >ゝ_iゝヾ゙ .i´ヽ> /ヽ二二 /()‐<i 、/ ̄-´
    /  .i i ./´ヽ-´ ─//i i/ ∨ ヽ__()‐ノ
    ´─ ̄. ̄  ̄ ̄ ̄ ̄// .i i/ i //i/
               /─  ̄//- i_/

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   しかし、ブロックス兵器だけがアグラッドヘイム同盟の主力と言うのは実に間違った認識である。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


502 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:48 ID:???


                        ';';,..;;;;,.;;,. ;.,
                    '';;';';;,.,;..;,;,;;,,,;,,,.
                            ''';;';';;'';;;,.;; ; ;.;.;.;;;...;.,,,
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.;; ; ;,, ;; ,; ; ,, ,,
                            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;; ;; ; ;; ; ; ; ;; ;, ,
                         ',',;; ;';';';'; ,; ; ; ;; ; ; ; ; ; ;; ; ; ; ,       ラ-ジャラジャ
                ラ-ジャラジャ   nmnnnnnn n n nnn nn nn nn
                         m m m mm mm m mm m m  m
                        ,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,-,
         ラ-ジャラジャ      / ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄/
                       / ̄ ̄"',./  / ̄ ̄"'、  / ̄ ̄"'、. / / ̄ ̄"',./    ジオノーシスからキマスタ
                   /      |=', ./      |= ./      |=',' ./      |=',,
     ラ-ジャラジャ        ./     O /|=.'/     O /|=./     O /|=.',/     O /|=.',',
                 / ̄""''' 、   / |_', / ̄""''' .|./      / ./ ̄""''' 、 / |_',
              /      |=',  / |  ./      |=',      / /       |=', | |/   ラ-ジャラジャ
              /    O | =',,/.  | /    O | =', ,,...,,__/ /    O | =.', | |
              /     /|==..', ̄ ̄/     /|==..',  ̄ ||/     /|===',| |
              |       /| |―‐'   |       /| |―‐'    |       /| |―‐' ̄ ̄∧
             | _,,..,,_ / .| |  冂  | _,,..,,_ / .| |.   冂   | _,,..,,_ / .| ||     | .|    ドロイド工場からキマスタ
                └---''" .| |   |  └---''"  | |    |  └---''" .| |      .| .|
                __./ .|___.|__|_   __./ .|__.|__.|_   __./ .|___ //|
               /_/   |    /∧ /_/   |    /∧  /_/   |    /∧/|    ラ-ジャラジャ
ラ-ジャラジャ        /  L__/ ̄^/――l ,/  L__/ ̄^/――l , /  L__/ ̄^/――l ,
           / ̄’/  /   /   /| // ̄’/  /   /   /| //  | |/  /   /   /| //  | |
           | |.|/  |___|   | | | | |.|/  |___|   | | | |   | |  |___|   | | | |   | |
           -/ |    |     | |_|_-/ |     |     | |_|_|__/    |     | |_|_|__/
          //  |    |     |   //  |   |     |  |||  |    .|     |  |||  |
         ,//  /|    |    |  //  ./|   |    |   | .|  |     |    |   | .|  |
         // /~ .|. ,―┴ 、    // /~ .|  ,-┴ 、  |   | |. |   ,-┴ 、  |   | | |
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   次にバトル・ドロイドを中核とするドロイドである。

   このタイプは内戦においても歩兵戦力の代用として重宝され、戦線を支えていた。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


503 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:55:54 ID:???


                         「 |                       /|
                           _」-L __                      /i::|           ____ ___
          / ̄ ̄\       ∠´____ヽ.       / ̄ ̄`ヽ      | i::|             | || l || |
.      /  ,.‐‐、  ヽ ̄`゙>/ハ‘_ノ|::::ト’_,ノ} ! ̄ ̄ ̄7  .,.--、  ヽ     | i::|           、||/ ||/
      |   l .● !   ├/` ̄\:::::::::::::::::/ ̄ ̄ヽー┤  l ● l  |     | i::|     ト、     | ̄ ̄ |           ,.イ
.       、.   `ー´.  ∥    __  ̄ ̄ ̄ __    ヽ_l.   `ー´  .!     | i::|     | \___|     |        __/ |
.        \____/li┃┃// ̄ ̄ ̄ \\┃┃_! \_____,/      | i::|     |_,/   \__/ ̄ ̄\/´   \__|
          /  / / ̄ ̄ ./   .. - 、   、  ̄ ̄\_   |  |       | i::|     /        / { , -‐‐- 、}\     〉
           ,   , ,l‐,┐   |    { ◎ i(三三}     __,ハ  |  |       | i::|     \___    ∧ 、{:::( ):::}ノ  丶    /、
.         l   l| ,l┘   l.    `¨¨´  ̄ ∨   <_j l i  )__,人_      | i::|      / /\/  \\---‐'     \/\\__
        ∠ニニ .ト| l |  「 ̄ \         ./     | | | /  _,.ハ     | i::|   r〈_/  {      \\  〔(:::)〕 ノ  /| ̄l|\
        /     .| .| 二二二  ` ー--― ´ 二二二|   |「  ̄    、   __|_i_|__ /   〉   \___\\ __ / / | l|  \
        ,        !‐ | 二二二           .二二二| ト !!        |  〈____〉 /       }三三三≧=-イ  〈[l三\|  l|/三l]〉
.      kェ,     | .| 二二二           .二二二| | .|!     「,|   {三し{_/  / ̄}二二{         ノニ〔 ̄〉 \|_l|/
.      !リ      .| .ト、.ニニニ             二二ニ | | ,||     ki|    }__}´   └r‐/  ̄}二二}___{二二「 ̄l    ||
.       ∧|      ト、j \_             ,. ‐<Uし'|     ,`|            _|_l|__/             __|___ノ_  ▽
      {-、___,ノ!   / `7^ー――――‐‐べ   \  ヽ,==ニ二|        〈     | |〉         〈_| |_〉
.       >―――‐く   ./   .!           |    |  l_ノ、_,ノ!             ̄ ̄| |             | |

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   バトル・ドロイドというのは実に旧式、旧型に分類に入るドロイドである。

   純戦闘用のキラーマシンや拠点防衛用のGUARDOMONタイプに比べれば、固定武装と耐久の面で劣る。

   それでもバトル・ドロイドは汎用性と生産性が高く、さらにその低コストから多くの星系で流通している。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


504 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:00 ID:???


              __                    / ̄ ̄ヽ
            ,、´ 丶`丶ーュ                 /‐-‐--{'
            ∥≧sュ}_}z≦|                 fiィzx___|.       _.-‐-._
             ∥::丶 ̄l  l ̄/                   j i!.|| 厂    ,.ィi{ {、   ,} `ヽ
              |.::::::::::ゝ<o-o>゙i                '| | ||j/∧ ィi{ \  |  ̄ .| / }is。,- 、
          |:::::::::!{、__} |:::::|               rz|_|ニコ  }   /ヽ{.   }/ヽ  с {  ヽ
          |:::::| |::{  i .|:::::|              | Li!r'´∵ .}  ./   .i/ニヽj  ヽ  マ  廴}
    , _   ___{_{:r┘  ト、 ::::|      __,、       ヽヽ\   }≧/          ヽ≦{ 〈ヽ r‐
   |f ゝ< }-    {ニ{ l |l }  ̄ ̄ ̄ ̄-{フ-i|       7 z-.ヽ |〈             〉 . ヽ}} ∨ハ
   |lr-/ /  ̄ ̄ll ̄|`l.____|j´l ̄l ̄ ̄¨.i´`l丶j       { | | l_.〉 !∧  / /^ヘ \  /    }} / ム
   lj_/ / __.   lj  || |-━|:::l lj __|  l          ! | | i    !} ./  ムニマ   ヘ. {i    V∧ { {
    _// ̄:::::.ヾ.    |j }-━}:::j /:::::::::::::l  |___      `¨`´    { l//三三三三\ヘl }    v∧/ヽ
  (◎) (◎):::::::::>    }-━l} <:::::::::::::::::(ニ◎─◎                Ⅵ 三三三三三三Ⅳ       {ヒヘ.(),
   ∥,l:::::::::::/    :j-━ }  \:::::::::::::/丶∥                    ',三三三三三三/        >ィヽ-ィ
     ̄\/     /ゝ--∧   丶:/                   ',三三三三三/       l ゝ _ィ!
          _ ,f__ ̄ ̄ ̄_| , -. 、                       ___Z≦三 三≧Z___      } i ,-、 }
        /  )ニj   (ニ{|   \                     //∠r\ /ヘ /rムヘヘ      } .|/:ニ',j
       / / ̄ヾ - ─ ´ ゝ - 、__ .Y                   ' i{| | { {::i!:!ニ:i:i!::} } | i| ',     r;j! ^ヽj
       {コ}     }_∥       }- /                   l  廴マン寸ニ:iィマンノ丿 l    ,ィz/ ゝ-:イ
       ∨             l/                 l   | ヽ   ー'   f´i|  l   マ/7.‐-‐-/

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   他にもエヘイエー会戦においてもバトル・ドロイドの改良後継タイプやバリアを備えた、

   デストロイヤー・ドロイドが投入され、艦艇内での白兵戦に使用されている。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


505 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:06 ID:???


      _____                 ____
       ` <゙''<、         >''">''"
           ` <~゙''<____>''">''"
      ,≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ≧,
       |=!  ..x≦_、rー==ニニ〕h、.  W',
       |=! / :: _,, :::: ァ=ー=一ヘ,.ヘ:::::ヘ. ',=|
       |=! iヘイ'ヽ='"` ::::  ̄ヾベ/'^|! l=|
       |=! |,,..-‐''ー=≦イヾvィイゾ、:::j| j=|
       |=!. V:::::::二二二::,ヘ ̄ ̄^≦j .;=|     だが、アグラッドヘイム同盟は投入した兵器はまだあったんだ
       |=!  )ix ̄¬≠=¬ー―イ .ノ=!
       乂ニニニ==----------==ニニニ_ノ
           /::::::::::V!: : jt :j!ヽ、
         /::::::::::::::::::V≧、ヘ ! iハV
          /::::::::::::::::::::: Vニニヘjニ!ハj


506 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:12 ID:???


                     ____             /}
                   /  . : : :`ヽ         /...:.i}
        _____    /________ ___ ',       ‐く\ :_:i}
       /⌒`'< ___>_j>[i(Oニニ|__冂_j:]┐_/    \___廴__
.       ’ /〕iト。,_「 ̄ _{r‐{──{r‐‐r‐‐r‐ / ̄ ,ィ'⌒ヽ..    ̄ i/
      ‘ /ニニニ/┴‐┤辷[i二i]ニ(二i}二i}ノ  : : { :゚丶 i }:.:.    _|
.      ’ .:'ニニニ/{フ 。_/⌒/¨ー┘i:i:i:i/.:.:.:.:.∧ ', .乂___,,ノ.:.:...  _,,.:\
     .’ /⌒廴{___//.:.:./i:i:_i:i:i_i:i:i:i:/.:.:.:.: ∧/. ヽ.:.:.:.:  .:.:''" _,,.. ‐┤
.     ’ : : : : : i____i:.:./ーi{i:i:i:i:i|iー|ー…‐{:.:{ニ\ ..:.:.. '゙___ ‐=ニ7⌒¨
    .’ . : : : : : :「 ̄¨i{:.:.{i:i:i:{i:i:i:i:i|i:i:i:|.:.:.:.:.: ∨込__`ー=ニ⌒辷i「:.:.{
    | l: : : : : : | ___j_j廴_j:i:i:i:i|i:i:i:|:.:.:.:.:.:.: V/.:.:.:.:.:.厂: : : : :∨∧
    | |: : : : : :_l//〉{i>‐r━┴‐┴‐┐ニニニニ「 ̄¨¨7⌒Vニ=‐:.∨∧
    | l: : : : ://〈/>{辷i{:.:.:.━:.:.:.:.:.{{辷i{辷i{辷i{辷{少''゙V〉辷}_i竺'⌒',
    | |: : : :_j \i_{⌒7¨Y´ ̄ ̄`¨~Y¨¨¨ ̄:.:「 ̄「¨´ /i{斗‐''i{: :{: : : i}
    | l: : __/___/:.:∨乂/:.:.〕iニニi〉━|i .:.:.:.:.:.:._{.:.:.:{   {i:└─┘ :乂__ノ
    | |_/___.:゙\/∨/.:.:/_/|i:.:.: |i .:.:.:.:.:.:._{.:.:∧  ∨:__,,..i‐‐i/
.     ̄¨7___.:゙\/_,//.:.:.i ̄.:.|i:.:|i:.:.: |i .:.:.:.:.:.:._{ .:. ∧  ∨ ̄ : i 。 |
      厶_.:゙___/_,//.:.:.: |:.:.:.:.|i:.:|i:.:.: |i .:.:.:.:.:.:._{:.:.:.: ∧   {i─‐‐r‐┤
.     / _r‐iノ_i:[ ∨{i .:.: |:.:.:.:.|i:.:|i:.:.: |i .:.:.:.:.:.:._{:.:.:.:.i__i〉 __{i─‐‐r‐┤
     {i_ノi「_}_i_i_} ⌒i\_j_:.:.:_|i:.:|i:.:.: |i>ー…''⌒¨¨ |/_辷/⌒ヽ廴}
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そう、エヘイエー会戦では、銀河連邦の正規軍がかつて使用していたモビルスーツが大量確認されている。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


507 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:18 ID:???


                     _, -―- 、     r‐、
                       ,r'´-‐‐ 、 丶、ヽ   ム_マ
                       /      ヽ/¨}! ム マ
                      i', -‐ 、 o  ,..二.ヽム マ
                 |!   :.} r‐=′  }、! マ    _____
   ,イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\___r=、.{ゞ.__,.ノ L..._,―‐ォ,}≦__{三i三≧f^i
.  〈 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \___,ィ冖ミ、.__     ,′ /,'、>=、   ` <三∧ヽ、
   ゚,           Y: :.\゙ー‐-、 ̄i!`^ ='\‐-.、_>r―――ミニ} f〔〕
   ',゚, ̄ ̄ ̄ ̄\   |__\   \辷ニニニコi.ヽ___マ ____r‐‐‐/ニl |:::l
    〉,         ー‐ |',  i  ゚\   V二二二i 〉  i マ.    /ニニ| |::::l
   {∧ ii        |:.',  i   >、 V二二ニi/ヽ i ',    /三三}_l__|_
   ゝ込、 〔__〕   ロ |.: :',  i / fj ` ̄ ̄ ̄ fj `ー_j-‐≦三三ニ|゚i__i_〕
   /`ーァ`ー‐-ァ、   _ノ.: : :',._/___r―===―、-‐ァ/_ /三三三}_i::::l
   / ,' /  / /   ̄{: : : : : :〉r======ァ/:.',     |三/fiミfi{三三三ニ| |::::l
  ,゚ ,' / ‐‐/ /    廴: : ://三三三7'ヽ: :',     l ̄i三ミ}¨}r―ミ三ニ} i::::l
 __{ ,'/7―n /      〉`ーr―――イ: : : o: ', ____}  i 辷j |::::::::::Y三| l::::|
,イ Y//:::://^7    ,zz、{::::::::{:::::::::::::::/: : : : : /{::::/|  i    |:::::::::::|三| |::::|
{i   i三三/ /    /\::\:::::i__::-‐{: : : :/ ̄/}-、\ i     |:::::::::::|三| |::::|
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  しかし、投入されたのはそのほとんどが退役済みの旧式。

  僻地の基地でよく見かける、謂わば第一線を退いた老兵だ。

  一応、外装のみで中身は別物やコクピットを中心に大がかりな改修した奴も多かった。

  中には博物館送りにした方がいい貴重な機種も確認できた。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


508 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:24 ID:???

´
                        /}
               r====-  //
                   ノ{_/ -=ヽ\/                           >===ミ
               {‐─{廴〕 } }  -=ニニニh、               r===-     /7/ ̄~~}
        >====- _辷ゝ=冖二 /    人!Υ}           / ~''<:i:i}is。。i{┘-==ニi}  ___
         {   //_//__/ |  __/ /.ノ 〕          、    /_/-r-==ニニ二{ r≦ ̄ ̄ ̄~ }
       〈\__{= { ̄ | !{≠≠〕}=-.∧ ̄__ソヽ/ /              〕''<// _{i>==、∥`''}    ___}
          ≧ 人-!--〔.!ヽ__ ̄-=、ヽノ ̄{ _!__! }             / ~'' ∥廴i{┐__r=}i_]} }i≦ ̄ ̄ ̄ア'
           {┴! }∧-∧v{__//_≧=‐イY__{ }'h、           ィ、乂_八、<i{、   ノ{ _}i::::}ニニニニi{
        イ_/)イ 〉 ',__∧v_Ⅵ¬/ヽ_.!`¨´ ! ∨       ∥  77==ッ `''{ i  ̄__ル>''~:::::}____i}
       / ̄/ /7_/} ̄ ΥΥ'/,ニ= {    !  }          〕<//_/   ∨ 台 // .i|_}__{_リ===,
       ___' // {_} ! 〕   | | '/,   !=== }  |          }   ̄リ  >=} ̄~~~~|i==ニニ∨ ∧  i}
      ./_/∧'   !二ヾ |     | | ノ/=- {r=ニリ\i         }   i{ /=ニニ二   _|i__}}__.∨ ∧≦{
        〕二!ヽ {  ∧v\.!    | |イ__/_〔 ̄}ヽノ          乂__i{__ /ノ}=∥ ̄ ̄ /}::弋~~´ ∧
      { /、Υ ト _| 〕h、| -===、ノ   '/, { rヽ/ }          { Ⅵゞ{ {__} .イ  }__{i~i{~~}~ヾ !::::::∨  .∧
      乂〉〉リ ゝ=ニ_/ | ヽニ=‐'    .'/, \´_}ノ             `~~´└=ニニ_}__/==|i_ ┘_.}_}>'' ∨__ノ、
           ̄   ',  .'/,   }∧∨ ___'/,                   / /~"'''Ⅵ_∨二ニア::{__}:::', マ}__i/.〉
           __r=='/,  / ∧∨ ̄ヽ}_                   / /    .// |   |i   _i i .ゝ=イ
          /_/\'/,__∧  ヽ{_!-‐ '/,\                   / /    .//  |   |i  {()} .i
           ,  7\ 〉  ̄ヽ / ! ,  .'/, ヽ                   ト、{_r= 。,, ノ/.   ∨___|i_ `| |
            |  | !  / \}  ! { '/,  }/!  }                  / /ノ:i:i:i:i//i    ∨ ̄ヽ__ヽ.!.┘、
            {─! { ,      ハ , .'/,}二!/!  ∧               7/:i:i:i:i:///    {i ∨:i:|i ̄ ̄| }
          '/∧' /     ∧∧ ヽ}//!/  {_ノ              / ゝ<ア}┘    弋、∨:iゞ。,,,__}__}
           '/∧'     / /  ヽ  ≧≦  !              ,     ./        ∥ ┘ ', ',
           }ニ!       {´    ,   '/,  ∨               {     /         {    i .i
           }ニ!   >==<   ノ,  二ニ==ミ}\           ノ     /          .,    i .i
        / ̄ /〕h、ヽ/ ̄ '   !ヽ/!    ∧v\',       /〔_  /!          ∨   i .i
       /   //    }     }  | |  |i   _∧v リ      r/ /  ̄∧}           }   .i .i=、
      {ニニニ〈___ノニニニ彡  ∨  }i=ニ二二≧イ       {__i{。,,,__/ h          /ニニニフ、 .i_} }
     >====ミ-===≦// ̄ ∨  )ヽノ/     Ⅵh      7{r===乂_.リ          { i二i {  ==、}<
    /  // ≧=‐ ヾ {    ノ   { 人-=ニニニニ=-Ⅵ!      i{リ////i//〕          〕===、 ( (/))<i
   ヽ二二<_____}ニニ=- '   i/  }廴____} !ヽ}      >====イ           ∥<=、≧==イ////≧
                       ≧==========≦                     《//////┐{/// >''~
                                                           >===≦~~~´
           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             おそらくほぼ全てが払い下げの機体だと思われる。

             ボクはエヘイエー会戦を生き延びたある傭兵と接触することに成功した。

           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


509 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:30 ID:???



            _  -───-  _
          -_二          r、   <
      .// _ -─  `ヽ   ゞ        <
    // /       ./ノ       弋        <
    /:/ /  _∠二 _/    _     r、      \<            あの時は傭兵として参加してた
  .〈: |  /   ,ィ'O)::ァ       、  ヽ    ゞ           \` 、
    l`! ゝ _/`三彡'  /⌒、ヽ | /   \            ヽ. \        初めて乗る奴だったが、補助システムでなんなく乗りこなせたよ
   ヽ〉、ノ〈       __ ', ∨    \               \
    { {  >v7マw-≦ヽ∠  ノ   ヽ     \              \
      N`_ド、ー<!/         /        ヽ                ヽ- _
    .ハノ 丈´   __   / ̄丈¨         ∨               \
     ヽ  -}  /    ̄     > _          ∨                \
      ∨ ヽ'                ̄ ¨ =- _ ∨                 \_
                              ハ ∨      / ̄             \
                               /{  ヽ    /                \ 《傭兵として参加したサンヘイリ族》



      _____                 ____
       ` <゙''<、         >''">''"
           ` <~゙''<____>''">''"
      ,≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ≧,
       |=!  ..x≦_、rー==ニニ〕h、.  W',
       |=! / :: _,, :::: ァ=ー=一ヘ,.ヘ:::::ヘ. ',=|
       |=! iヘイ'ヽ='"` ::::  ̄ヾベ/'^|! l=|
       |=! |,,..-‐''ー=≦イヾvィイゾ、:::j| j=|    それであなた方を雇ったクライアントはどんな方でした?
       |=!. V:::::::二二二::,ヘ ̄ ̄^≦j .;=|
       |=.「`!)i、__ ¬≠=¬ー―イ .ノ=!
       乂j ィ‐イ_ノ----------==ニニニ_ノ
       .ハ 彡V:::::::::V!: : jt :j!ヽ、
       ∧ Yソ:::::::::::V≧、ヘ ! iハV
          人、、ノ::::::::::::: Vニニヘjニ!ハj


510 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:36 ID:???




            ___
          、丶`       `  、
        /                ヾ 、
     /                { 0 `ヽ、
    ./                 ∨.r、  \
    /           /     ∨ゝ,、  \
   ./ ヽ        /  /     }  い   \
   { 、           /      /  \ i ∨  ヽ、
   \\   ',   /  /  ∠、ー'  \ ヽ .∨   \
    〉fヽ ヽ  ',   /  /  /O}リ} ||    ヽ ! .| ∨  ∨\
   i{ { ゞ} i   ! i  |  ムz彡'ノノ′  イ / / .∨  ∨ ヽ              フード被った虫みたいな顔と無精髭のヒューマノイドだったな
   ハ 二ヘ. |   ! i   .|  /⌒ー"   _/ |/ / i  ∨  ∨  ∨
   ∧   \  i |  厂       /  」 /  l   ∨  |   ∨
   ∧    〉、〉、/ ヽ   __/ //   !    i      \
      Τヽ__/   .!     >ァ'ト/   //    |   |       ヽ `~、
     L_ マ>、_ノ、_ イノ トy    |        |   |         }.    \
       ヽ∨}><:::::∨:::ィヘ、j   _ 丿      |    .!              \
       | У ト、;:--:{ | 〉 /        l     !              ヽ、
       ヽlゝ-'ノ,レ⌒ヽ`´  | ̄才=─-- 、  .!   /        、丶 ̄ ̄ヽ  ヽ`~、
           |   /    ∧   j/ /  ヽ\ \ ',  /        /               \
         ー-'     >"       |  ', }. } i       /                 i


511 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:42 ID:???


                       _
             \、   > >´
             r―――\ニィ'> ´
             |ニヽニニニ ゝ≧イニ ヽ
             |ニニ ヽニニニニニニニニ V
             |-、ニニ!   >=-、  j!
            人ノニニ!  '    j! j! ァ、___     さて……
     r--fV、、_\ニ!  人  .ノ イヽ、 ィ
     ゝ、_j{::::::::::::::::::≧ー―――<>''"      ここまで話を進めて、ある疑問が浮かぶだろう?
        `"''<:::::イ::::::::::::::iィ'"´
              {::::::::乂:::::::::j!
            V:::::::::≧::::::ハ
              iV:::::::::::::j、::::j
            ', ヽ:::::::::ハVj
            ', \::ハ!i!
            ___V  } i{!
           とニニ≧=ィゝ=乂_______r__ャ





                           > ´ ̄j
                       > ´  > ´
     __               /   >''"
      ` '' <≧s.。、、>≦/>''>'"ヽ<
     > .,__,.. -‐≦ー= >''"三 >''W!≧<
      {!_ミミ≧s。 -‐ ''"/三>''"`ヽ .W!ニニニ.V
     !=j! ̄``≧<ミ>:::くィ≦一━━=ミミ<ニニニ',
      |,ィ≦一━━≧=ミ/:::,ヘ::::::::::::::::::り≧<ミV
     !/j! i::::::ァ=一j!ヘV {!ヘ,ィベ≧ミーイ /!ニニニニニ!
    .八 i! |^"/'^ノ::::::ハ乂、、___.ィ! jニニニニニj      何故、アグラッドヘイム同盟はここまでの戦力を用意できたのか?
     ≧ー━=<:::>''" ^ ` <:::: ̄/!.jニニi{ り}.j      ────────────────────────────
       W', V、/ゝ  ィVハV^ベ    .イ jニニ `"ニリ
        W',  `'<≦>ヘ/≦ -=ニ .イ≧ニニニノ
        乂)h。._,,.. -r=、-ァ┰==≦ー―‐―<
            /」_j{_ VZ/:.:.}/:::::::::::::::::::::V
           /:::/ー--、`"  ヽ≦:::::::::::::::::::::::::V
        /::::::}≦ー ´     i/:::::::::::::::::::::::::::::V
       /::::ー==jー―<    !V ̄ ̄ ̄`≧ヽ::V
       {:::::::::::::八ー=≦、   / ノ::::::::::::::::::::::::::::::::}!
       乂::::::::::::`≧ー<´≧イ_:::::::::::::::::::::::::/


512 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:48 ID:???



┌───────────────────────────┐
│        ∩___∩                        ..│
│        | ノ|||,,.ノ ヽ、,,ヽ                       .│
│       /  ●   ● |                      ...│
│       |    ( _●_)  ミ  ちょっと報復してくるクマッ!   .│
│      彡、  ,、、|∪| ,,,ノ                        .│
│      /   . ヽノ  ヽ                      ......│
│      |  _r'゚lニニニl]_ ____/l                 ...│
│fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ           ......│
│|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三iF             │
│      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー'                    ......│            __      ,.、
└───────────────────────────┘            \ヽ__,.ィ/
                                               ` <        「ァ=== 、ニニミ
                                                 ` <-、   !!:::::::::::::}ニニ=!
                                               ((   ゞ<>!ゝ---イニニ ノ
                                                      `ーY≦ヽ::::\
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       何故、過去の大戦での傷が未だに癒えない星の民にここまでの戦力を用意できたかだ。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


513 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:56:54 ID:???



                                ___
.                               /:::::::::::\
                              | ::::::::::::::::: |
                               j::::::::::::::::::::::7
                                L :::::::::::::: r'
                               |::::::::::::: |
                                 ノl\_/.}\
                           ,。sく=,| Yハ  }ニ≧=- ,
                         r'^ニニ= |. }ニ{   }二二ニ ∧
                         |二ニニ,∧. }ニ,l / r―┐ニニ|
                          |二二ニニ∧}ニ{/二三三二= |
                           |二ニニニニニニニニニニニ∧
                           |二二二ニニニニニニニニニ∧
                           |ニニニニニニニニニニト ニニ|
                           |ニニト ニニニニニニニ| |二二|
                           |ニニ| |二二ニニニニニ| |二二|
                           |ニニl/二二二二ニニニヘノニニ=|
                           |二二ニニニニニニニニニニニ|
                           |二二ニニニニニニニニニニニ|
                           |ニニニニニニニニニニニニニ=|
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        つまりだ、秘密裏に彼らに資金や兵器を提供した支援者が必ずいるはずだ。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


514 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:57:00 ID:???


       ゝ ̄ <               >'' ̄ノ
       ~゙''<` <、      >''">''"´
      _______≧≧二二≦≦_____
.     ∥ァニニニニ二二二二二二ニニニヽ、Y
       | i' /ー≦⌒ー≠==⇒¬r\.  W
       | | ∥::_,. -‐<::::::::::::::::>ヘv:::::::ハ .| |
       | | |ハヽイ'"⌒`ゝ:::::::イィ'⌒ヾ≧彡! | |
       | | |ミ、x≦=ミ、、:::::::::::::::_、rセ7ア≦j|!      というわけで後半はこの辺をやっていくよ
       | | .W"ヽ(`≧`¬≠ア"::::::::ノィ=^ソ | |!
       | | ゝ::::::㍉、__:::::::::::::::::::ァ'/::::::メ. | j!
       |_乂_≧s.。____。.s≦_乂j_,|
        ̄ ̄≦ T―≧≦―T ≧ ̄ ̄
        /::::::::::::::iー=イYゝ=ィi:::::::::::::ヽ
          i::::::::::::::::|:.:.V ]!{ V:.:!:::::::::::::::}
.         八::::::::::::: |:.:.:.V}i!{.V:.:.:|::::::::::::::八



            r‐- _
           / ヽ  /`i
        , z‐/ニニ=‐--l
        ヽ,ニ_―=ニ二メ、
          rヘヽZ≧ 、_ ,ニ‐
          ミliヽ /∠_l、/
         ,r-メi、 l ノ/ ,ィY        続くのか……?
        /ヽ\`///ィ,、
       /  ヽ/////イ´i;/ニヽ
    z<´  イ´l lヽ〈//メv'/ ニ i _
  , <-‐ゝ ̄ / l l //l: lヘ k´、  lゝ`ヘ
 {ヽ ヽ=ニ/ ,/メx /、 l: l l マ . l   l
 、 ヽニ゙/   /l   l ヘ.l: l l ヽ  lヽ/ lヘ
 ノヽ\ニニヽ / ∨/l  ヘ: l   l、 lヘ// l
 l  ミヽニノ 〈 ヘ/ハ  ヘ   ,l//l  ヽハ
 l   >'   , \ヽli    ヘ /l//   `ヘ
 l  / /  /   / 、.   ヘ  ヽ      ',
 l /  / /   /   ー、 ヘ  ヽ     l
 ヽ  / /  /       ヽ ',  iヽ    '
  ヽ//l  イ    ○     ○,ハ  {ヽ__/
   ヽー'"/ミ、n _       ハ l
      ./ ニ|_|彡スヘニニニ二二lリ
      r   / メ, ヽ//    Uiヘ
     ,   l/ /   li    l:  l
      l   / i    i    i   l
     l    /   ィ;     ,l   l


515 : ◆kpAhSgjX.M : 2021/05/30(Sun) 23:59:05 ID:???


                    > ´ ̄/
                    > ´  > ´
      弋≧=‐ 、、  ,,. / >''"___
        _,.. -‐≦"≦三三三ニ ヽニニ"''<
       /=>''"::::: ̄ ̄::::::::::::``ヽ=Vニニニニ Y
        ゙= /:::::::_,.. -‐=≧<__::::::il=|ニニニニニ|   、ノ
    _j,_ |= iー=≦__,:::::::、≦ニ、、_::::il=|ニニニニニ|  /ヽ
     Y .|= |_,,,≦<::::::::::::::::: `ー‐‐::il=|ニニニニニ|  ヽ /      とりあえず投下は終了
    。  /'" ̄ノ i,ァニ=-ー≦<:::::::::jl=|ニ/ ハニ .!  /
       /   ヽ(  {::::::::::______:::::ヘV:ノ=jニ乂ソニ j   、ノ      ガバったら指摘してね!
   ゚, イ ァ、 ヽ_j   ヽ⌒´:::::::::> '"=ノニニニニ イ  /ヽ
      八 {  ̄:i    Vニニ≦。s≦ニニニ> ´   ヽ /     ちょっとやることがあるので次の投下は未定だよ
      ハ乂 r-ミー‐':::{:.:.:.j(:.:.:.:}/!:::::::::::イ::V      /
     _,,.j ≧イノ:::::::::/=≦≧'"/::::::/:::::::::V    ・
      j-==≦__V::::::::::iニヘ j!/ニ/:::::::{:::::::::::::::::V    ・
.     {::::::::::::::::V::::::::::::|ニニニニニi::::::::乂::::::::::::::::V  ・


518 : 普通のやる夫さん : 2021/05/31(Mon) 19:57:38 ID:00a752d7

乙でした


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第八十一話 (08/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第八十話 (08/05)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 8章 その3 (08/05)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 8章 その2 (08/05)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 8章 その1 (08/05)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ インタールード 川村 ヒデオ (08/05)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG おまけ。 クトゥルフ神話におけるGM傾向 (08/05)
  • 国内的な小咄 1596 九州、じわじわと…… (08/05)
  • 国内的な小咄 1595 関西の鶏肉 (08/05)
  • 国内的な小咄 1594 塩治判官 (08/05)
  • やる夫たちでソードワールド 盾戦士PT! 17 (08/05)
  • やる夫たちでソードワールド 命が軽いPT! (08/05)
  • やる夫たちでソードワールド 事案じゃないPT! (08/05)
  • やる夫たちでソードワールド 事案PT! (08/05)
  • やる夫たちでソードワールド カルヴァリアシューター (08/05)
  • やる夫たちでソードワールド キャラ作成 ump45 薪の王グウィン ジ―ク 紅美鈴 (08/05)
  • やる夫とこなたが異世界に転移っぽい転生をしました。 その14 (08/04)
  • 読者投稿:奈良のグルメを探しに行こう その3 堀井松月堂 銘菓 きみごろも (08/04)
  • 読者投稿:より効率的なボディメイクのために(5) アイソレートとコンパウンド、そしてストリクトとチート (08/04)
  • 読者投稿:雅虎の兵庫南部食い意地紀行「メガネのグルメ」 第一食「あげ処 ぶんごや 神戸店」 (08/04)
  • 読者投稿: CCのほんわかぱっぱ解説!~番外編~ (08/04)
  • 読者投稿:酒の飲み方 酒の肴 (08/04)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 206 (08/04)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 205 (08/04)
  • 芝居しようぜ!―十八番花道の異世界演劇史― 第三幕:「光あれ!」⑥ (08/04)
  • 転生者やる夫は異世界で魔族と頑張るようです 16 (08/04)
  • 転生者やる夫は異世界で魔族と頑張るようです 15 (08/04)
  • 転生者やる夫は異世界で魔族と頑張るようです 14 (08/04)
  • 国際的な小咄 8240 ハッテンじゃないよ、ネタ (08/04)
  • 国際的な小咄 8239 コミケ考察 (08/04)
  • 国際的な小咄 8238 悪役扱いされる一族……一族? 民族? (08/04)
  • 国際的な小咄 8237 うんこの実話 (08/04)
  • 国際的な小咄 8236 ここらあたりアルビノ問題に近いものがある…… (08/04)
  • やる夫たちでソードワールド きんたろうPT 4 (08/03)
  • やる夫たちでソードワールド キャラ作成 マリアンヌ ロロナ 沖田総悟 さか奈 (08/03)
  • やる夫たちでソードワールド ごり押しPT! 2 (08/03)
  • やる夫たちでソードワールド 三者三葉PT 14 (08/03)
  • やる夫たちでソードワールド レイヴンやる夫! 13 (08/03)
  • やる夫たちでソードワールド 賞金稼ぎPT! (08/03)
  • 彼らにとってエンディング後の世界は狭すぎるようです 第2話 (08/03)
  • 彼らにとってエンディング後の世界は狭すぎるようです 第1話 (08/03)
  • 国際的な小咄 8235 ワクチン暴動? (08/03)
  • 国際的な小咄 8234 すまん、これは理解ができねぇ (08/03)
  • 国際的な小咄 8233 慈悲深し (08/03)
  • 国際的な小咄 8232 それに追加で (08/03)
  • やる夫とこなたが異世界に転移っぽい転生をしました。 その13 (08/03)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第二十八話 (08/03)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 二週目 8 (08/03)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 二週目 7 (08/03)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 二週目 6 (08/03)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング