スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:刑法ってどんなキャラ?

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

8025 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:12:51 ID:70MuKvss


刑法ってどんなキャラ?

                      ]:、 ]、 _,,.. -――'f /{-―z_
                      ]:::\] \ノ\ ,.. '"  'フ--/∟___
                 \__,,,.:::::::::::<    」j L...,,_ --  -く::::::::::::::::::/       こんばんは、徳川家康です(重大な錯誤)
                   \:::::::::::::/  >'~      ~''<  才::::::::::::::/i
                    了:::/_/           \ '<::::::<_j         一番身近な法律は、民法であることは間違いないのですが、
                      <二 /込,         ,f{  _ ヽ Y ̄\
                     / ./`''=≧x、    ,rセ佐ア~´  } i i  \        刑法もまた無視できないのも事実
                    __,,ノ  }_, ==ミ、     ,斗===t'   |  V i   \
                    ノ  气 ((・),ハ    / f(・)) 从  } i V|  「 ̄    というか、センセーショナルな刑法って注目集めやすくていいよね
                    ̄]r‐] `=‐- i/  ノ'=--- 彡  ノ | | | r-┘
                         / ノ|     ハ 、         /  jノ~\ \ ̄\   (不人気民法は見習って、どうぞ)
                    {__ソ!         __ /   /  / /} } }/⌒   >
                   / 从    Y'´___/    ̄| / /__ノ/{     {   さて、今回は初歩中の初歩、刑法の目的とはなんでしょうか。
                      /イ / ∧   寸7⌒`{      | i |_,/i  |   \[
      __          j/ / ム    `' 二ノi       j人八  |  |\ト、 [    それは「被害者の救済のため」
   r― /  _,,,>――t二二二二二ニニニュ、   フ     _,. /:::::::::| / |  |
   [二j _j/  _,..'"~}----― ::::::「 ̄ ̄]_\__ ,,...=ニ-- /::::::: : |'7 i |  |
      i f   _,.'゙  /)    |::i::::::i::|フ {二二二 | 「 ̄ ̄ ̄j/|:::::::::::|  | V 、
      |   f  _,.. ' /     j人::::「 ̄j_|:i:i:i:i:i:i:i: | |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::::|V    \[
      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i込{V   j\/⌒\
   _/|  |                      |  \i:i:i:__i:i:i:i|/∨     i\
 /{ |  |                      |    \   V:i:/i:i:i|      |  \
,fi:i:i |  |   |r─────────────‐ 、     Y   Vi:i:i:i:|      |
i:i:i:i:i:,  、  \\              __   \,.. '~    寸i:i:|      |
i:i:i:i:i∧ \ j |\\          (    `'´ ̄         V :|      |
i:i:i:i:i: ∧   \j  .\\        f´ ̄`ヽ ____           V:|      |
:i:i:i:i:i:i:i∧   > / \\____  ̄>-、            / ̄\,へ   |
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/{ ./ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `'::..,,_¨¨¨¨¨         /    /:i:i:i:i\ |
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7 /   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{{:i:i:i: ̄~T''ー      /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i||:i:(__):i:i:i`'ー---、 /  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\




        / ∨ヘ          , /^ミ二
         ⌒7, 代、_          ,イ/     }〉、    では、ありません。
           厶 {二弌      ,ィ升ニニ=- `ミ
           ) { ̄⌒\   ⌒¨¨´ ̄     ミ     刑法の存在目的は被害者救済とは別にあります。
          ^} ミxz___   ,            ヘ
          レ l `¨¨¨`    `≠===≠-   /     例えば、被害者の救済が目的であれば、「未遂」は処罰しなくてもいいということになります。
          / :.   ∥             /
         / ., ∧  ヽ _        , ′ /     殺されそうになり運よく助かったけども「未遂だから処罰しない」となるのは如何なものでしょうか。
       ムハ/  }∧   、__        ‘    l
        /   ∧/::.    ̄`     {     ヽ
          ⌒{ //,}: ::个:、       .:<{ハ  /  )
        __/'////}一'|=-≧≦__ -=ニノ/)/
  /  ̄   l{////,ハ /ニニ| l |ニニニ/////,{
  ′   / l{从{リ/ニ寸二| | |ニニニl{///,ハル
      /   l{ / /ニニ=寸」 | |ニニニl{八/ |

.





8026 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:14:52 ID:70MuKvss




              トト,j、,、、
             , ヾー _-ミ;,、                      では「社会的秩序の維持のため」
            |-i;r'"_、`' j::::\
            /フ _ '`''゚ ,, ):::::::::l                    というと、正解に近いと考えられています。Cカップですね。
            | こヽ  ,/ /'',ュ`レ'
.           |,,,_    ,,ィーr'ヘ_/^\               が、逆を考えますと、刑法以外の法律は「社会的秩序の維持に役立っていない」となり、
            `ヽ`''-='' / ,/ / / _,,ノ,|
              `r'  ,! /ヘ  / / / /^''-,,_            不適切ですね。
               ヽ、 !ノ  ∨ i/  、/r-''  ''-,,_
              //i:::| 、  `i フ'''"''-,,   ,   、''-,,_      刑法以外の法も、秩序の維持の為に存在します。
              |ノ |::j`'i  ,/ ,>i | ヽ  `'- r'、r//、 、_>
              | : K l // | / |     ヽ ^'7  i  )
              レク |:ヽl / | _,,イ /     ,/ 〈,  l |
              ,/ \|/-ニ/イ/   /ム    |  /  |
              `ー-ニ|,l| /   i   //_,,ノ=- 、|/   |
                 `''} i 、,  |^' //// ̄ ゙̄|、   i.|
                 ノニノ`,ノ ! l イ///⌒ヽ、_,| \ / |
                 `''" `i_ノノノ/_,, _,.::'::| {::::|  ヽ8'l,
                     ,r:。:。://:。:o:o;;;::'''" ̄|    'l,
                  _,,、-''''''''=''"'''''' ̄     |  ,ィ''''′
                ,r',、-'` ̄/ `'-、,,,,,,,,,,,,,,、-フ''レ'_,,ィフ
              _,、-'`    /       `ヽ,ノ |三ノ{
           _,、-'`_ -_ _,,-',/         /  ,} 、 |
         ,、 '` -- _,, -''  ,/         /   /  ノ,/
     _,、-'`    -'    ,/        ,/    | ブ/
   _/__,, / ̄     ,ィ'        ,/      |7l/
  /  -z.ミュ_,,,,,,,,、-'''`/       ノフZ      |j/
  `i、_,,,,,,,,-ミュ>    .|   ,,,,,,,,,  `=彳L_
   )  ,/l  `'' `i     `Y"   }      `ヽ、
   ト、,/  `'   |     `ヽ、 ,/         ト
.   !        |       \          l|
.    i      ノ/        \ 、       ,/l\
.    l   r''゙ {          \\     / | |l
.     li、 .{   l           \\-ー'" / | |
      l,ヽ `  |            \\-'" / !\
      l、\   .l              \`      \




                                 , へ
                            _. - '    \- 、     ,. -‐ 、
                              /:::::/.      ヽ::.ヽ  , '     ':,
                      ,. -‐={.{:::::::' r、〈.!.「l.,'〉/!.l::::; '        l   私が法を学んだ時の、主流の考え方は
                     /ニ二二ヽ::::::l ヾ '!.l.l,//イ./     / ,'   l
                   /ニニニニニ},!.⊥ _ _/ __  ./ /    .|   『厳しい制裁である「刑罰」によって保護することが適切で、
                   ,イニニニニ二二{. o 、ー--./ '"´   `> 、     |     刑罰以外で保護できない法益の保護のためある』
                     /ニニニニニニィヽ  ',.乂 , '          \   !
               //__ ̄ー―‐,ァ'"l  ',\ ゝ,.'               ヽ l   と、されています。
> __            / ̄  ヽ  }!ノイ   .!   V /                ',.!
'<.....> __.    _   /       i / l    ',   ヽ'     / !         l'l   おそらく、現在もそうでしょう。
   ` <.....> __/./-.、./        .l' l. l    、   /      ./__ !     , ,    l=!
      ` < /./.{. \>ヽ  / .l  ',     ヽ./,. '"  ̄ ̄`` 、   / !  /=!
         ././/⌒r、イ<)Y.ィ" l  l  /、=ニ ̄ l            >、.'_ ,'  ./!=l
        〈./ 、 / :! Y }_/ ヽ  :l  /;:', \. ー!               ヽ!  / l=l
           ´ー '-'ー' `"   ./;:;:;:;:;:ヽ > _!              ', ./ |=l
              lニニl ./;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\. .l  /l            /! .lニl
              l=ニl/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>! /  ̄> 、/!      イ;:;V .!ニl
              l=ニ{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ,. -- 、     l.   /;:;:;:;:;:Vニニ!
              l=ニ!、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!/;:;:;:;:;:;:;:;\  ヽ. /;:;:;:;:;:;:;:;:;:Vニl
              |ニニ| ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ  /;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;:V二,
              lニニ|  ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;'";:;>''" ̄    ヽ〉二',
              lニニ!  .l \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>'"/          lニニ,
               lニニ!  .l  ト、`'<;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>'" l   \   , '" ̄`ヽ!二二,
               |二|  l  l. \   ̄ノ/    ,' !     ヽ_/      ',ニニニ,
                |二l  .l  l     ̄  イ    / .l      }、       ./!ニニニl
                 l二l   l  .!     ./     '  l      l ー- __/ l!二ニニl
                  l二l      j、   ,.l       _l      .l       .l.!二ニニl
.                |ニ{    .l. >< .!  ,. ''" ̄  ヽ        ',       l__!ニニニl
              ヾ=ゞ゙ ゙̄ヽ/"   ヽl'"        ` 、    l       l .lニニニl
                    /     ',            ̄ ̄ j.   __  l  .l二ニノ
                      ヽ     .ノ              / '"   ヽ!  j=/
                      `ー--‐'"                /'"´  ̄ `ヽ',  '"
                                          {         .}
                                        ヽ     /
                                             `"'''''''"´

.


8028 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:22:25 ID:70MuKvss




    r'''"     ゙l,
     `l       `l、__                ,r‐ー-、
     |             ) /" ̄ ̄ ̄\    /     ヽ、
     l   ,r'"" ̄ニ、  .,//        ヽ、 /        i          道徳や倫理ではなく、法益保護のためにありますので、
    / _,r"∠ニ、'L- l,,/ l   ,rー---ヽ、 l /      ,,r 、 ゙l
  <" ,,r'" l 、___`_|.   |  / ,,/" ``ヽl l/    ,,,,ノ" ,,ハ ゙l          道徳倫理に反するからと言って刑罰を科すことは認められません。
  `>i`|.l ヒーーーラli.   |.i´l.|  '⌒ L ⌒ l/    l" ニ= r-‐ l  l
  〈  ゝ'ヘ、\., - 、/.li____ゝ || 、___イ_, 〔   r、 !、   ヽ l 丿         何かを盗んだり、騙したりすることは「道徳的に悪いから」と処罰されるのではなく
   vヘ、  ヽ、 ヽ==l,,ハ,,   ハミ lーー--ー-//ゝ、 ゝゝ7 、__ ' //
  ,,_.n ,,ゝ、,,,,,,,゙゙''''^'',,,,,,彡ーく./ ミ \, ‐-‐.//  l`ー‐=ト、`ー' /l ̄\_       「重要な法益を侵害する行為」だからこそ処罰されるのですね
. / l,,l,,厂  l\∧l'''''l∧l    ヽ \`ー-' イ  ノ,,r‐'''| | ヽ ,,イ .l  l'",,,、 ヽ
/,∪     l,   >‐i  l     l   >ー‐ヘヽ /   l l    | .|  ∪ l |.゙ト、
ゝ      |   l  l  l      |   ヽ_l  l ヽ   | |    | |    l,,,l,,l,l |
        |  |  |  |.     l    /  l  |  ヽ |  |

                            >------<
                             ∧     ヽ:.∨
                       ____|      ',:.{──┐
                      ヽ    :|二二二二二〉 >''~
                       ``~、_`    _ ィ㌻_
              r---、            | L・ァ-r´・ノ }:|i 〉 ゙\
             ノ   }、.       _ ∧ /   ̄'' }:|イ    \⌒¨¨¨¨¨¨¨ヽ
            /, -、/⌒\゙ヽ  / ̄ / ', ヽ  _ =、 7゙ }      ∧     / ∨/,
               /´ /^ヽ__ } .}  }  ,/  }-=ニ -ノ/: /∨     ∧    :i{   V
           {Ξ'Ξ//〉゙ ./  :!', /  7゙    // .∨     ヽ   :{   >、
           ^ミh、   /\′ :|∧{___`¨¨¨¨¨,´ ´   /{       \', {/  ̄ ´ヽ、       「道徳的に悪いのだから処罰するべき」
                 \   ,ノヽ  「    ⌒ヽ、 /、/^ヽ/ ::  < ̄ ̄⌒i 7゙: : 二二二ヽ
                 /r--イ/ }  〉     /  | ヽ-〈  :|     `"ヽ } {: : : :       \     と考える人がいるのは自然なことです。
             ∧---<  ∧ 7   : /   |  :|  ',  :|      /   `、: : : .      ヽ
                  、: : : :   ∧、  : ヽ     :|  :|  .∨ ∨    :/   :::::ヽ: : : .          しかし、刑法によって道徳による処罰(強制)することが
                \: : :.  ∧ヽ : : :}i`、  :|  :|   〉゙ 「     /    . /} \: : : . ._,,..
                 ヽ: ::.   } i : :,' ∨`、 ヽ \/ ∧   ,'     . : :/  〈ー   ̄       許されないのは三つ理由があげられています。
                  ∧: : :.  : : : /  ∨ `、 |-、´  /{   i    . :__{__,/       /
                  ∧: : : : : : /  /     :{_      :∧   ;  _/ /       /
                       ヽ: : : /  〈ヽ   7゙  r-、  \ __ --/       /
                      ̄    /     /   ⌒    ヽ-----/        :/
                        /     ′                /、   、 \/´ヽ
                           /     /    r-ァ         /  ミh、 ヽ/i:   |
                          / .:'    /      /ヾ       .ア     `¨ヽ.i|
                      /  ′     !     | {     /         \  |
                       / . |     :|_    :! ∧_ 、丶`            `、:|
                   / . : |   / / ``~、」___               ヾ
                   〉、  i|   /  {   , ィi〔::::::::::::::::::^^''‐= ..,_               ∨/

.


8029 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:24:26 ID:70MuKvss




            _ ,,               _,.―'~ ̄|                 ①「憲法が予定している社会は「個人主義」の社会であるから」
        _,...- '"  \     __  ,.. ,../   _// \                   価値観の多元性を許容する社会であるから、
      /       \  /   \/\\__,../ ~|  |                  他人に迷惑をかけない限り(法益の侵害)は
    /\  _,.. -へ   \| ,..,__,.-、|  |/    / ___|                  多数と異なった行動基準に従うことを認める必要があります。
 ⊂二⌒\ゝ-'    \   /|| (・・) |_|ヽ |    ⊂ ⌒ ヽ
 ⊂二   ,⊃       ヽ / (| ._,|) ヽ|    (|_,.._ ノ                 ②「道徳倫理は人や場所によって変わり、
   //l l⌒          | > | | /  / | < |       ~                   歴史的変化もあることから刑罰を科す根拠にふさわしくないから」
   U U          | ヽ|ヽ\_ノ/;;;| / |
            Γ ̄\| |;;;;∨〇;;;;;;|/ ヽ                        ③「道徳倫理は自らの良心の自主的に行うべきであり、
            |    | \;;;;;∧;;;;;;;;|  \ , ヘ、                     国が強制することではないから」
     ,.  、    _ |  / ∧ /;;;;| L__;;\  ∨;;;;;;;ζ      ,,
    /::`´::\ ,../::|  |  ' ∨;;;;;ヾ   ̄入/;;;;;;;;;;;/_,..,∧  ,./(__
   ├──┤_::::|   `  /|;;;;;;;;;;`ー-´;;;;;;;;γ;;;;;;/ / '\(:::::::::::::::::::::::ヽ
  _,.∠--―´,...>:::::: \_,/ ξ__,.-/;;;;;;;;;/;;;;;;/ /   /ゝ:::::::____:ノ|
∠_,..--σ-|β\:::\     丿;;;;;;;;;;ヾ(;;_;;;/;;;;;;;;|/ _  //||―' σ丿::丿
  (::ヽ|   /フ \:::\    /;;;;;;;;;;;,./|_,./ /;;;_ノ/;;| // _l、_ゝ/:::/
  /:::ノ二 ノΟ    \:::\_/;;;;;;;;;;;;/   / /;;;/ι/;;;;;;;| //  //- ' ∪'
 /幺夊彳 | \  \_::::/;;;;;;;;;;/-   (.,_(;;/;;;;;;/;;;;;;;ノ//\/∠/ ̄)|
 |::::幺彳\ \=\_ |:::::|;;;;;;;;;;/ /  〆\ '|/;;;/ |/_//    /|        /|
 |::::::::|  \:\\_  フ::::|;;;;;;;;;|/ ∧;;;;\| \,.ノ\ ,../      / )      //
 |::::::(   \:\   \ノ:::::|;;;;;;;;;;|/;;;;;|;;;;(  //二二匚|   _/  / |     //
 ヽ:::::\   |::::|─--'::::::::|;;;;;;/;;;;;;/|;;;;;;| /く/ / /  _/ _,..., / ζ   //
  |:::::::::::\_ \::|:::::::::::::,.-|;;;;;;;;;;;;;;人 ノ;;;ノ/   \/_/  //  )┬ '  //
  |::/~"""|  |:::|:::::::::::| ,..|_,./::::::\~ /    丿/  ,,.-/,./^~ヽ|   //
  \|    ) |:::|:::::::::::|(    \__,.人/    |___/_,//  ,.丿|//
   \ __丿  |::::|:::::::::| >     \,..ノ  __,./ /| ̄/ ミ /⊂  |
     ~      ̄|:::::::::|        |     / /  '-- '´ ///~
            |:::::::::|       |    ,イ /     //´
            |::::::::\      ~ ̄ ̄ `´     //
            \::::::::\                `~´




    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:x、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__::::::::::::::::::::::∧:::::::::::\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
::::\:::::::::::/:::::::::∧ \:::::::::-=V∧::::::::::::::\WVWVi/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|            となると、一つ問題が出てきます。
:::::::/ ̄ ̄\::::/::¨\/\::\:::\ \=-::::::::::: ̄ ̄Yi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
:::::/:::::::::::::::::::\__)::::::\__ノ―― 、::::::::::::::: ノ{i:i:iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|___        「誰も被害を受けていない犯罪」です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:八ハ「 ̄ ̄ ̄│ }i:i:i{ヽi:i:∧i:i:i:i:i>┐-_-_-´"''~、、
::::――::::::::::::::::::::::::::::::::: /∨アフ7‐-ミ|   -|-  |斗f七爪丁ハ:i:i/ / | -_-_-_-_-_-_-   麻薬や覚せい剤を自からに摂取して誰が被害を受けました?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___/{ {.   a   |  「王」 |′  a   } |/ /  j -_-_-_-_-_-_-
::::::::::::::::::::,、丶`::::::::::::{i:i八 、     ノl /」\. ト、      ノ | /) / _-_-_-_-_-_-_-   賭博をして誰が被害を受けました?
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::: \ 丶- ¨¨¨-彡|_______|ミ ¨¨¨-彡 // / -_-_-_-_-_-_-_-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: >――‐<:::::::::::::::::::::)丶     rく:( /∨ _-_-_-_-_-_-_-   しかし、一般には、これらは「道徳や風俗に反する行為」として処罰されています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::{:::::::::::::: >i`      /:::::从/ _-_∨ -_-_-_-_-_-_-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::: ____>'` |__/=‐ // /::/彡-_-_-∨ _-_-_-_-_-_-   法益保護を徹底するならば、この被害者のない犯罪は
::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;>――― \z‐- ̄ ̄ ̄ ̄ ‐zz/ /::/_-_-_-_-_-∨ -_-_-_-_-_-
__:::::::::-=ニ ̄| -_-_ /-_-\∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::/-_{´"''~、、_∨-_-_-_-_-_-   「処罰の対象から外す(非犯罪化)」べきともいえます。
 _-_-_-_-_-_-└‐< -_-_-_/-∧::::    ̄ ̄ ̄ ̄   ::/-_-∨-_-_-_\| _-_-_-_-_-_-
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-/-∧::..______ /-_-/-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-\        /-_-_/-_-_-_-_-/_-_-_-_-_-_-_-

.


8031 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:26:21 ID:70MuKvss




                  _
                 ;'´ ``、   i i i j;
                   _,,.;'    'ー、 ト   ;
               ー ;    ,'´  `、 _ ,'
     ,.- ‐ ' "ヽ.       '、   ;    r  ゙ ,          が、これら非犯罪化論に賛成しなければならない、とは断じて言えません。
 r─-、 ヽっ  r ニ._       ;::  `ー 、_ ',  ',
  ー -' i ̄    _|    ,.. '         `゙';   ',         刑法は「目に見えるものを法益として保護するだけではなく、
 i  ̄ | フ ,  、 _7   ,'´               ;
  二ニ-ヽイ  `ーi.__  ;::         ::; _ _ ,. '            無形であっても保護するに値する」と考えているからです。
  i__   ) フ__ハ_  ,i   ;::         ::;
  /  ``゙ー-、_ー-'   ',:         ::;            社会の文化的・精神的環境を保護することも法益保護なのですね。
  ー、/` ̄`ー-、ァ`゙、_ ,,;'   ,       ::;
  / ̄ ̄`i | ̄ ̄ ̄|    ,.'       :::;
  | iニ! | !  iニi  ! - ‐ '´゙;:::         ::;             反道徳的な行為というだけで処罰対象にはなりません。
  ! iニ! | !  !ニ! i     ;:::       :::';
  ー─一'/  _  |    ,':::          ::;            ですが、だからといって、目に見える具体的な法益を危険に晒さない、
      /_/ i_!     ;:::         ::;
       , ヘ         ;::     ;     :::;            といって刑法を適用できないとするのも誤りなのですね。
     / /       ;::    ;     :::;    _
    /  (_          ;::    ;'、    :::', _/く_
  /  _  `ー、       ;:   , - ─ ''''''""" ̄  ( 二---、
 く  / `ー、  `ー、    ;:   !     _,, - ‐ ;─ 、_三イイイト、
  `ー'    ``ー、/     ';:.  \ ー -く_    ; 彡イリニ 、_j !
 r──‐┐r ──‐┐   ;::    ',\ _ ノ `ー - '、川リイ ` j ー | ト.
 |  iコ ! |  iコ   |   ';:     '; ヽ、_   ..  i川リ cっ .ノ ノ
 |  iコ ! |  iコ   |     ';:.   :',    ):: .:::  ヽ、ヽ_.ノト j
 |  r ‐┘ ー─┐ |     ';:   ::;   /::::::::::::      三 ミ レ'
 |  | r─‐ ┐| |     ;'   _::;.  /´ ̄ ̄ ̄ ヽ.  ',_i   |
 |__| | = || | ;'"´  ,. '、_:;' /        ',  ',ヽ  ',
.      | = |   ̄   ``゙゙´    ./          ー-ノ   ',
        ̄ ̄              /           人    ',




                        />─…─ -.、___
                       / ハ           ヽ、  Z_
                          // |/ l/'´\`        ∨  く
                      /ハ⌒   r-、 \「\    「  ̄
                       | ,rハ   ヒ リ     \_ .ハ           また、もう一つの面を考えることもできます。
                      リ八ソ    `      r‐γリ
                     {   __ _      9 ノ/                それは「その人自身から、その人を守る」ための処罰規定です。
                         、  f/   ヽ    ノ' ´ `ヽ,
                        \ \__ノ   イヽ、. ┌"            厳しい処罰規定があるから、誘惑に打ち勝つことができるという考え方です。
                       じへ. _   フ /..\「
                             Уl l_/ /..............\           これを国家を親と見立てたパターナリズムとも言います。
                         /.......! ! │ l.........../........\
                     __/.............! ! l  .!......./.................',
                   /....,>.─┴┘ |  |.............................l
.                    ノ´ ̄三:::::ラ´ ̄ ̄ ̄ ̄\...................l
.                   j,  、て:::::{ イ   / ̄|\ ..............リ
.                   /ヘ,ハ_ハ´lハ::::しr_/::::::::::::|.....\  ......ノ
                  |ノ从T TTT从:::::::::::::::::::::::!........... ̄ ̄}
.                  从 |fテ  ィテ  リ::::::::::::::::::::::!......................|
                    ノ .ノ     ハ::::::::::::::::::::::|.......................',
                     ハ く     ノ !ハ:::::::::::::::::ノ.........................',
.                   i∧      ll ! l::::::::::ム-‐-、..................',
                   /:::::. ̄ ̄   リへ从ヘ./::::::::::::::\..............}
                  /::::::::::::..__ < .     /::::::::::::::::::::入_/
               _fニニ⊃:::::::::::::::/从ハ     /::::::::::::::::/
             fニニニ⊃:::::::::::/ .// !    /::::::::::::::::/
          fニニ⊃::::::::::::/ /..../  L __ム‐-ニ:::::/
   ____/:::::::::::::::::::/ノ /.........!咲 l   ノ-─- 、`ヽ、
    ////////ハ__::::::::::::/ / /...........l  l   〉'ー-     \
   </////////>、___ノ / /..............!   !  冫==
    ` </////////  l /................l宮 |  /`ー─、
       ` <////  l /..................l  |  //////ヘ.\
.            ̄|   l/....................!   !,ィ////////}  `
.             |    .}.....................|町 |ハ////////ノ
.             |    ',...................|   |/////////′
.             |     !..................|   ! `ー一'"´

.


8033 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:28:00 ID:70MuKvss




        -‐‐ '^~ ̄ ̄〔``
      / /三三二二ニニニ≧=‐- ..,,__
   r'^=/三三二二ニニ=-/三二ニ=-〔_ 、
   |ニ/三三二二ニニ=- ,/三三二ニ=- 「∧ \
  __jニ{三三二二ニ=- /三二ニニニ=-{,/∧   、
 ′ニ=ヘ、三三二ニ=-  -ミ三二二ニ=-「` /∧  ∨≧s。.,           ___        さて、刑法が法益保護のために存在するにしても、
.ノ三二ニ=\三二ニ=/   ``寸= r一 ≦ニ/∧  ∨\ニ ≧=‐- -‐=≦ニ  ----ミ
ヘ三二ニ=-,r――‐'^ __/ r‐-ヘ、」二ニニニ/∧/::, ∨,∧二二二二二ニニ/二二ニニ`ヽ      刑法単体で法益を保護できるとは考えられてません。
 }三二ニ=〈  _/, -‐ r‐'_ァイ } ∨ ̄ ̄``寸,∧::: , ∨,∧二二二二ニ/二二二ニニニ ‘,
 〕三二ニ=ノ  _rヘ 八{ ー=彡_,ヘ、V`ヽ. \. 寸ハ:::: , ∨,/ニニニニニ/二二二ニニニニニ|    刑罰は、「最も厳しい法的制裁」であり、
 `7= r=ミ,} ノ xr_ァァ   乂┐,',ノ } l ∨ }   l   寸,::::, V二二ニニ /二二二二二ニニニ/
. 人 人ヽ,ハ ー=彡 r人__ノ /} ,,'|  V  :l Y⌒'ーl:::::, l \ニ,。s≦二ニニニニニニニ /     犯人の法益もまた侵害するからです。
   \ 〕iトヘ、 r ,,',,' -‐‐'^ソ/ ,'',|   |  / У ̄|::: | |   \二ニニ /二ニ /ニニ/
   /三|ニ| ,∧,'ヽ ``ヽニ´/, ,, ,' |  / ̄/ (_/|::: | |    l`ヽ二,/二ニ /ニ /        犯人の人生を破壊してしまうことも考えられます。
.  /ニ=∧=〕iト ≧s。..',,  ̄,,',,'',,',,/  / ̄/o\(___/|::: | |    |  }ニ/二ニ /ニ/
  /二 / ∧ニニニ〕iト ≧=‐ '^´___,/ ,/\ oハ(__,|::: | |    |/∨二ニ=//           刑罰は使わないにこしたことのないので、刑法以外の法規範や、
. /二二 / ∧ニニニニニ〕iト . --‐      :, o(.  |::: | |    /   :|二二/´
/ニニニ=/ ∧二ニ=/|二二ニ〕iト .       |__/ ≧|::: | |_/|    \/              社会規範も法益保護の働きをしています。
ニニニニニニ ̄ ̄ニ=|二二二二二\        |::: | |ニニ \___/
-‐=ニ二三≧s。,,ニニニ ̄ ̄ ̄\ニニ\    / |::: | |二二二 \
ニニニニニニニ ``ヽニニニニニ \ニ= |___,/  | :| |\ニニニニ\
ニニニニニニニニニ \ニニニニニ|ニ=,|   /   |::: | |   `r―――‐ 、
ニニニニニニニニニニ=\二二ニニ|ニ=,| /    :|::: | |  |        \
ニニニニニニ  ---‐―‐‐--ミ二ニヘニ=|/      |::: | |  |        \
ニニニニニ/二二二ニニニニ\二ニヽ=|   ,/  |::: | |  |             \
\二ニニ/二二二二ニニニニニ \ニ= |  /    |::: | |  /
  ``ヽ /二二二二ニニニニニニ‐‐---ミ |   / ̄ , ::: | l /|                \
      \二ニニニニニニニニニニニニ\/    ∧:: , ,ヘ//\               、
      \二二二ニニニニニニニニニニ|   .〈/∧ ハ ∨/∧             /
.         \二二二二二ニニニニニニ |    ∨∧{/ } ∨/∧
            \ニニニニニニニニニ/|    .∨∧,ノ  :}/// \-‐‐ '^~ ̄ ̄
        //// ≧s。.,ニニニニニニ/   \     ̄   ///////\
      ////////////≧s。.,ニニ= |.  /   ≧=- -=≦ ///////// \
      ,/ ///////////////∧ニニ |、 r┤   ``ー‐┬┘/////////////\



                  _  -----  _
                   _ -ニニニニニニニニ- _
             / /ニニ/ニニ=- _ ニニニ\
.              /{二{ニ/ ̄ ̄ ̄)ニニニ=- _ニニ-
              /^ ー    。 __⌒\ニニニ- _ニ-
                   _j //⌒   }ニニニニニ-               以上のことから、刑法の適用は「ひかえ目」である必要があると考えられており
                \ {_/,r茄フ    }ニ/⌒゙Yニニ.}
.            jニ==く_:::::::_厂⌒:::;;::u   T{ く⌒:}ニニ }                これを「刑法の謙抑性の原則」と言われています。
             :.._r茄}{  \         |   } _ノ二二>rく⌒]
            :フ;;:: r‐::     ̄     __ノ ー┘}\ニニ } }⌒}           また、この原則の内容には「補充性の原則」「断片性の原則」
.              { { ーt ┘         } 「   \二} }二}__
              \  _J__ __,   }    }     ∨} }厂 ニ|        というのがあることも重要と考えられています。
                  ∟j {__ -‐ナノ{  く  }/       ∨八二ニ厂 \
              丶T⌒     .,__ノ   }       ∨   ̄ {二二}
               T      ノ::::ノ }    ノ      ∨   乂二人
                  {_  ..:<:::/ _ム-=''"~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}   (二二)
                ⌒T   _、-''"二二二二二二二二 { { ̄~"''くニく
                     { ∨ {二二二二二二   ________,{ {      ノ'"゚~ ̄ ̄~~゚"''
                     { 」Lノ二二二 _  -=ニ二二{ {~ ̄ ̄~^'く: : : .
                 厂{ T⌒二=-‐=二二二二二二{ {<⌒     \: : :                 \
                / /ニ厂ニニニニニニニニニニニ\              u           `
.          -―-∠ ノニニ>''^~ ̄~^''<ニニニニニニニニ\∨
       /__,.>―くニ>''´          }ニニニニニニニニニ.}
.     / _ -ニ/   /´      ι     ノニニニニニニニニニ }
    {/ニニ{   . :         _  -ニニニニニニニニニニニ}⌒\                        }
  /ニニニ人  /: .     _ -ニニニニニニニニニニニニニニ}           }         }    }
 -ニニニ二二ヽ{ / _ -ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}{             }         }    /
-=ニニニニニ二}_ -ニニニニニニニニニニニニニニニニニ==--八: : . . \       }         }
-=ニニニニニ=--ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- }\: . _>  ,.ノ           ___j
-=ニニニニニニ---==ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-ノ {/⌒    ⌒\       / ⌒{
二ニニニニ===---二二二二二二二二二二二二二二二二二二 イ{ {: .: .: .             /     \

.


8035 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:29:00 ID:70MuKvss




                (゚)(゚)ミ
                 ノ   ミ       補充性の原則とは、刑法は他の手段で法益保護が十分なされていない時、
                つ  (
               ノ    ー、      いわば「最後の手段」として用いられるべきとするもの。
              /    人 `i
             / ,ソ.   / ) |      つまりは、補欠選手のベンチメンバーですね。「代打! 刑法!」
            / / |   / (メ
 ___     /  / ⌒ 、ヽ
(___二二二)ミリ ( <    ヾ )
           ⊂_)  ⊂_)



     /⌒ヽ.
    /´・ω・ )           断片性の原則とは、刑法の保護は完璧で網羅的であってはならず、
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ         特に一部を選んで処罰するような断片的性格のものでなければならないとするもの。
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ        全部が全部刑法に任せていいというわけではないってことですね。
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/        これは実務的にも大変になってしまうからというのも考えられます。




   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;八;:;:\
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:xxメⅩ十メ、;:;:〉    つまり、刑法を擬人化すると、控えめでおしとやかだけど、やるときは徹底的にやる
≦≠乎千于ラ弐'/_ ノ' 、_|;/
  〉;:;:;: -、;:;:;_/  ー-≧ 〈_,!      ……
 /;:;:;:;:八  ∨ミ       \
 |;:;:;:;:;:;:;ハ          ´イ       ジョンウィックみたいなタイプですね
 |;:;:;:;:;:;:| `了      孑≦ヽ
,/;:;:;:;:;:;:;ハ  |      ヽ=〈      長くなったので、最後に講師が言っていた、法の格言を置いて、締めといたします。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉  ー- 、 _  ,;i!,}
;:;:;:;:;:;:;:;:;〈        /`        「法は、些細なことにはかかわらない」

.


8037 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:32:06 ID:70MuKvss

以上です。
ご清聴ありがとうございました

法は楽しいぞ!


8036 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:29:29 ID:tWpoU2cI

刑罰を規定することによって私刑を抑えることもあると思う


8038 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:33:27 ID:l7JyCo1c

乙です
刑罰がモロ「国が行う人権侵害」なので、人権至上主義な憲法の規定上、本当に最小限の場面でしか認めて貰えないんですよね…
基地外や薬中が時折「責任能力が無い」とか言って刑罰を免れるのも憲法のせいというか

刑法は特にそういう厳格なルールがあるお陰でパズルみたいな楽しみがありますよね


8039 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:36:38 ID:1qTXALCE

投稿乙です。というか深夜になんてもの投稿してるんだよ……根本とはいえ刑法のガチ理論面やんか。
これは内容的にもっと人多い時に投稿して、いろいろ意見でたり議論盛り上がるのが見たかった……


8040 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:37:20 ID:l7JyCo1c

>>8039
ぐうわかる


8041 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:40:16 ID:70MuKvss

ちゃうねん・・・
仕事終わって、イラストの勉強、筋トレと剣道の自主稽古終えて、なろう小説書いてたら
感想で外国人兄貴が「お前これめっちゃ心温まるわ!」って言ってて、その次の話で、主人公の心べきべきに折るつもりやったのが
「かけへん・・・」になって、必死こいて修正してたら、このありさまだよ!(轍や)


息抜きにちょうどよかった。
反省はしているので、情状酌量みとめて・・・


8042 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:41:59 ID:l7JyCo1c

>>8041
多芸というかツッコミ所多過ぎて草
読者の声が届き過ぎるのも考え物やねw


8043 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:48:31 ID:1qTXALCE

>>8041
そのエピソードだけで小説書けるレベルやんけw
しかしそういうことなら情状酌量してまた法学系の投稿することで許すわw


関連記事
[ 2021/05/23 22:54 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(3)
148608 :日常の名無しさん:2021/05/24(月) 01:28:37 ID:-[ ]
なろうだし、主人公もろとも外国人兄貴の心をべきべきに折ってざまぁしてもええんやで・・・
148618 :日常の名無しさん:2021/05/24(月) 11:33:26 ID:-[ ]
これまでの法学系の投稿の中で一番わかりやすかった気がする

出された知識を理解するために自分で噛み砕く必要が無くて
最初から切り分けられた調理済みの知識を出された感じだった

なぜそう思ったののかは自分でもよく分からない
148675 :日常の名無しさん:2021/05/25(火) 23:57:40 ID:-[ ]
「法は、些細なことにはかかわらない」


法律っぽいもの「会計基準」にも良く似たものがあるぞ。
重要性の原則と言われてるわ。(厳密に言えば企業会計原則であって会計基準ではないけど許して)
要するに細かいことは良いんだよ!だな。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 第39話 (08/12)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第7話 魔法屋と三人の娘 (08/11)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第9話 足りないのは……? (08/11)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第8紀行 「ローリンヒルの悪魔と秘密の楽園」 10ヶ月目 (2) (08/10)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第8紀行 「ローリンヒルの悪魔と秘密の楽園」 10ヶ月目 (1) (08/10)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 10ヶ月目 (4) (08/10)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 10ヶ月目 (3) データ面の処理 ~ 安価 (08/10)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第8話 迎える夜 (08/10)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第6話 砂漠道場 (08/10)
  • 国内的な小咄 2174 北海道っすね (08/10)
  • 国内的な小咄 2173 地元の米屋にやっていい活動なの? (08/10)
  • 国内的な小咄 2172 ちょっと注意ー (08/10)
  • 国内的な小咄 2171 路地裏にはたくさんある (08/10)
  • 国内的な小咄 2170 ああ……なるほど、法律とは難しい (08/10)
  • 国内的な小咄 おまけ 我が家の冷蔵庫の中 (08/10)
  • 異能対戦・ソウルギア その5 (08/09)
  • 異能対戦・ソウルギア その4 (08/09)
  • 国際的な小咄 9087 コンピューター・ラース (08/09)
  • 国際的な小咄 9086 ああ、納得がいった…… (08/09)
  • 国際的な小咄 9085 顔が見えないと基本全部コミュニケーションは難しい (08/09)
  • 国際的な小咄 9084 逆風 (08/09)
  • 次回作予告 『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ (08/09)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです ちょい役 紹介 (08/09)
  • 昭和名馬列伝 第5章 ニホンピロウイナー伝 第4話 (08/09)
  • DirtyPair. (Season 2)第2話 生徒会長、襲来 (08/09)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第5話 ハイリア湖の小さな住人 (08/08)
  • カナちゃんのおしながき 第83回 (08/08)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第7話 藁人形 (08/08)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第34話【ピンクと溜息】 (08/08)
  • 読者投稿:小ネタ 鈴鹿 アヒルレース (08/08)
  • 読者投稿:鈴鹿サーキット周辺の交通事情等について (08/08)
  • 読者投稿:中国食事的小話:仁義なき会計争い (08/08)
  • 読者投稿:実地指導 \(^o^)/オワタ (08/08)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄: グンマ編 54 避暑地 (08/08)
  • 読者投稿:舞鶴旅行その3 (08/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その14 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その13 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その12 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三話 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二話 (08/07)
  • 読者投稿:稼働のリスクと停止のリスク (08/07)
  • 読者投稿:トマトのお酒 (08/07)
  • 読者投稿:弾ける美味さ、とまとじゅーす! (08/07)
  • 読者投稿:そういえばペルシャ湾で海に潜った日本人がいた。 (08/07)
  • 読者投稿:単発ライフハック スマホを冷やそう 謎の病人X式 (08/07)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 33 エビデンスに乏しい分野で、医療関係での「権威」の言葉をどう受け止めるべきか ~ 34 平壌運転極まれり (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第4話 森の盗賊団と木こり姉妹 (08/07)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第6話 ロッジへ…… (08/07)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -  第拾一話 社の攫い鬼 (08/07)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 10 (08/07)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!