スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第六十二話 愛し君の文

目次

3864 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 21:43:28.54 ID:5CGkq8B5



タンジェロ・ポッターと秘密の部屋

第六十二話 愛し君の文


 ある日の夜、ホグワーツのだれも寄り付かない薄暗い部屋にて


                  _       /  \
           // ̄ ̄ヽ\   /    ヽ\
.            / /    -‐:::::\|\     i }
           / / ,.::´::::::::::/::::::\ ` ー一 ノ`::.、           , -‐- 、
.          / / ,/::::::::::::/::::::::/::::` ー―.::、:::::::::::\      、゙       ゙、
.     , -‐- 、/ i|:::::::::::/:::::::::::/::::::::::/:::::::::::::|:::\ ______<{       }─
    、゙       ゙、 i|::::::::/:::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::|::::::::: ̄::::::i     ゙、     ゙
  <{       } 八::::/:::::::::::/::::::::::/::::/ヽ:::/:::::::::::::::::|:::|       ゙ 、 __ 、 ゙
   ゙、      ゙   ':|:::::::::::::|:::::::::::i:::/   V::/::/:::::::::::::::{
    ゙ 、 __ 、 ゙     L::、:::::::|::::::::::::/ =-─ V::/:::::::::::/:::|ヘ、
    ̄”''←‐rf 7´ ̄ ヽ::i|\{\::::::|  __ V:::::::::::/::::::|::ト\
       `  ,!     |八   , \! ヘ弍歹/::::::::/彡ヘ|/  `
. ` .,       ` .,   ヽ::::\      /:::::/ノイ
.    > ., _      ̄ ̄ `ミ、 ‐=≦:::::::/:::::::/
         /_`  .,     _ ̄V !    }/ヾ};/
      /〈////.}ハ > 、 ヽ V、     |
.     /    ̄ /. }/ ,.ィ/ヽ }/∧      |
    _ =-‐     ̄ ̄     |///|     |
   ´                  |///|      /
    _  -‐=    ̄ ̄ T_ フ//ノ     /
   ´ /   /.         \  ̄      /
    }─=-{.___      冫-── '’
    /   { ̄        /


 アーヤ・クリービーはこの薄暗い部屋にこそこそと入っていく





3865 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 21:45:07.03 ID:5CGkq8B5



 一冊の本が置かれた、薄暗い部屋だ


                    /\
                   //\.\
                   //.   \.\
                   //     /   \
                  //     /      \
                //     /         \
          //     /             \
         //     /       /~ ̄ ̄~\ \
        //     /         |.         |   \
       //     /           |  /|    |    \
     /\\    /            メ__|__/      \
     /  /\.\/             /    .|           \
    \/  /\      /~ ̄ ̄~メ、 /~ ̄| ̄~\  /~ ̄ ̄~\ \
      \/  \     |.    / |  |     |     | .|.       |  \
        \   \.   |     ̄ ̄| ̄|. ̄ ̄| ̄ ̄.| ̄|~又     |     \
         \   \  \____/.  \__|__/  メ____/    /
          \   \              |   /         /
            \    \        /~ ̄| ̄メ         /
             \   \.     |.    |/ .|         /
               \    \     |        |     /
                \    \   \____/    /
                  \   \          /
                    \   \       /
                     \    \.   /
                      \   \/
                        \_/


 この部屋は誰も開けない物置

 生徒はおろか、教師も知らない古い部屋



3867 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 21:46:50.95 ID:5CGkq8B5




                      /厂 ̄\     ,ノー: ,_     ,. ,
                     ┌[-- ‐,Zニ=‐--:;゙    :ー-‐‐ミ;'゙   `、
                   __,ノ;'^⌒´    .:   ゙:、_,_,、:':ー-  ゚:,   ,、
                       / / (       . : : .、   . . : : :`:. ゙' '' ゛ `ヽ、
                  ,:'´,ン゙ {    \. : :   : . .   : . ^⌒ヽ\      \
                  ,' ,′ / \  ⌒\___、  : : .  : \ \_,ノ)   ,:'゛^゙':,
                  ゛,,′ ,| .:{ \)抃ァt、 \_,ノ  : .   \__/   :,   ,:、_
                   {  ;小 ゙^i)   У, 人\___/   \   \__   ゙' '^゛ ┘
                   {ノ(ノ丿く       \___/ ̄\ \)      \
                 ′ ,:ヘノ ! _, ノ     ,ノ{\^⌒ヽ\_,/ ̄\ ̄)’
                 )ノ/^)ヘ心、        {  )   \_/゙\(\)
                    人(\j(\ ー‐‐く     \、\_)\ノ)   )
                j} / __   \「\`ーy'´}    ,ノ⌒⌒^^フ^(
                 ∥///}   _人___)y′,}   /    _,.ノ( __         ねぇ、トム
                ∥'"/  { ,:'⌒^7弌} {  /   _,ノ゙     \
              〈(/    {,/   ,:'⌒ヾ{  {/_,ノ`':、´        冫
                〈ハ     {′  ':.,, ,,.:└;ん'´  __,ノ         ;′
              《k┌i 冫^>'⌒^^ ,〈^'ー-‐宀ー-‐ァ ノ     :{
              《{¦| 〈y'゛     @ ゞ-rifー‐…'"/        ;{
                  ∧): V;′    ,:′   |li|   /         '\      今日も光を広めることができたの
             /⊂ニ、!    、{      |il|ーt/゙        ¦   、
               / ⊂ニ、’_};、 __ _ _込, ..  ⊥L.,⌒^^ヽ、      ¦  /
             '   ノ'^´             ,:′     `>、_ ‐-:i′ (
             ′             __,,.ノ゙      ,:'゙  _,\___,/
          ,.., !         _,.、-t、'^^´         ,〈\;ノ,\
       ,'゛  :, ` ‥ァオ7^    ,ノ\        />、丶ヽ\\_        トムの言うとおりにしたら、みんな光の在り方を理解してくれたの
      「 ゙̄:.,_ ,.:'ー‐‐┘ー{    {   `      ,.イ( ̄しUJ ̄\\:\
      \⌒>'⌒⌒^^⌒^;}     @      ^¨゛ { |く\「[{h'゙~゙':,ヽ`、:.\
      ,.);.,ヘ、    /′   {          { | { 代弌}:, ,.:': :} }: : : |
      ;`  `:,\__,,/ ,      )、            { | {{ ^V( ̄\} }: : : {
       ^: .,_,ノ _,,ノヘ、 /      {:::::.          , { |ヘ}{ー:'゙ : \_广~\; : \
          /: : ; : : \,       {:::::::.        /: { |: :}{: : : : : : : \(\}\: : .
       {. : :/: : ; : : \    {:::::::::.    xく: : : :{ |: :`、 ; : : : : : : : : \)'⌒ヽ}
       {; :'゙. : : /: : : : : .\___{::::::::::::.,_xくノK}┐: { i、: :` \: : : : : : : : :∨ ̄「\
        丿, : : :/: : : ; : : : : :` : : : : :└iLノ)モ}┐:\ 、__,) | : : : : : : : : : ,⌒「 ̄{\
        く, ./. : :/ : : : ; : : : : : : : :. : :\: : .└iく,ノ人{┐: :\__,ノ: : :、: : : \:∧ノ⌒'匕ノ
        )′. ;′ : : ; : : : : : : : : :. : : : \: :└匕イ冫\: : : : : : : : :\: : : /  \_{弖ノ
      〈 . : :! . : : { : : : : : : : : : :. : : : : :\ └i个ト√]┐: : : : : : : : :ヽ: |      ̄
         \;_;_}: : : :└:t冖冖ー- 、:. : : : : : : ` └{¦{_フ⌒>、: : : : : : :_;/
            └─…i┛⌒⌒⌒弌_:. :/ ̄ ̄\:└i、( / /[\/


 その本にアーヤは話しかける

 すると、文字が文として浮かび上がる



3870 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 21:50:34.89 ID:5CGkq8B5



 「喜ばしいことだ」

 「しかしながら驚くべきは君の才能だ」


 「凡愚なら僕の言うことをそのまま行っても成果は出せない」


 「光を布教することができたのは、間違いなく君の才能なのだ」


               , i' ‐-_、
              / .i..  -‐===‐ -ミ
              .≠´..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::\
          .:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::
       / .:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ハ
       ,′::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::;
.      i .:::::::::::::::::::::::| \:ー+:::::::::::i::|:::::::::}::::::::::::::}
      ,| :::::::::::i:i::::::イ|   \ド|\N弋:/V:::::: i:: :i
      | :::::::::::从:::::刈     ,示::云か |:::::::::|:::::人
      l :::::::xヘ厶孑介    乂:ツ   |:::::::::|:::::::::::Y
      |/ }:/\从乂ヅ        ;:;   l:::::::::|:::::::::,リ
         V|:::::ヘ :;:; 丶        |:::::::::l::::ノノ
          |::::::ハ       _,ノヽ   /|:::::::,'/        えへへへへ
          リ:::::i、ゝJ   `ー一′/ , リV   ___
          i/Vノ V ≧=-u-rく /   }"´   \
                __,,.|ヽ}_rf´     /        ,   そういってもらえると嬉しいな
              / ̄  / / ,ハ   / /       i
             ,゙     レヘ_/´>'´   ,′      |
             i   }  { [::::フ /     :{        }   もっともっと、私は光を広めたいのです
             仁_7  V:::{/     :{ },_____  ;
             | ./   /::::|       ∨ニニニ二7
             V   /::::::|      / ̄ ̄ ̄ ̄ソ    どうすればいいと思います?
              {  /::::::::|      /       /


 ダイアゴン横丁で、教科書の値段に呆然としていた時、親切な魔法使いが本をくれた

 その中にたまたま入っていたのが、この本であった



3872 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 21:51:31.15 ID:Mq44XYdw

光がナニを指してるかわかってるのかな?w


3873 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 21:52:00.80 ID:AmS4wX2d

女装後も合わせてだろうからヘーキヘーキ(震え声)



3874 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 21:53:39.41 ID:5CGkq8B5



 「焦ることはないさ」


 「タンジェロ・ポッターは魅力的な英雄さ」


 「アーヤ、君が焦らなくてもホグワーツのみんなは、否、魔法界のみんなは理解してくれる」


                  , 、
                  //^\
                _,,/^´i,´ ̄ ヽ,..、
.           ,.イ::`ヘ __l__,. -´:::::`ヽ、
.           /:::::::/:::::::::!:::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ
.         /::/::::/:::::::::l::l::::l::::l::::: !:::',:::::::∧
.         ,'::,、:::::l:::::::l:::::::V::::j:::::::l:::::::',:::::::::i!
.        j::l.l、l::::.|::::j::l:::://!::/!::.,'::j!i:::',::::::::',!
       j!.l.!::l:::::/V-┼レ' \ ヽ、l'i:::::',::!::::::!
      i!j:;:j:::!::::!f〒ミ   `ニ弍,ヾ、j._:!::::::!
       i::i::::i::;V1 |:゚::}   ´|:。:下, |'f:i::i:::::::!
.       !::!:::i::!;:ト!::: ̄     辷ソ /::;i!;:i::::::i    そういうものですかね?
.       !/l:::::::!:|ヽ    '     u ノ:::i::::!::l::l::.|
        l::j::l:::,':|  \. ゚_   /:!:::::i:::::!::|::l::.',
      , -!::.!::!:::::l─'ノ/-‐ヽ/::::.!_::.j!::.jリ、.!ヽ!
     /-、 |j.!ノイ-イ/、|  ,.二}〉/./ `゙''ー-リ、    しかしながら、光は未だに自らの価値に気が付いていませんよトム
     l  \ゞヽト、{. |ー|  r1.}/,イ    }_,ノ,イ
     | ヽ \.\ゝ「⊥  厂〃ノ  / /,ハ|
     |  \  | ,.ベ、ヽ\/ /フ   〃 .リ     トムの予想では、そろそろ光が私に接触すると思ってたのですが……
    〈ヽ、   ゙/   \/  /,.イノ‐‐'' ´/
     |     /      /_/'´  /   /


 「……確かに、それは奇妙なことだね」



3875 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 21:57:48.90 ID:5CGkq8B5




                      , .へ
                      /  /^ \
                ,,/^´´ i,´  ̄ ヽ,._
             , rf..'´:::`ー'.,__ l__, . -´`:'::::::\
            ,∠::::::::::/:::::::::::::::::::::::\::::、::::、:::::::\
         X:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::i::::|:::::::::::::::::::::\
        ,_'::::/:::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::\:::::::::::\
        i!:::::::::::::::::::::::i:::::::│:::::::.:/::/:::::::.::::::::::::::::::i:::::::::∨;
       /:::::':::::│:::::::|:::::::│::::..:/::/::|::::::|:::::::::::i::::│:::::::::∨
       //::::i::::::::|: |_:/L /斗'′..:/ .::|`:7ト:∧_:|:::::|:::::::.:i::::'.           不安で仕方がないのです
       //::::::i::::::::|/|/ :|:/| /|:.//.::::/| / j:/ Ⅵ:::::|:::::i..:l:::::|
       〃::::/::::;;| ル伝竿ミ乂:....::::::斗テ弐竿ミ|::::.:::::::i..:l:::::|ソヽ
    ,/;::/::i::::::::爪 iし)::i |   '::::::/ iし):::i | 爪/:::::::i:::|:::リ ヽヽ         あの神々しい光の価値を皆が理解せずに
   〆ソヘ:::::::::::!';:::..│込 (リ   ∨   込_(ソ '::/::::::::::::/∨;  ヽヽ
 /´`ヽ ノ:::::::::::ハ:::::八\\\\\\\\\ /:/ :::::::::::/:::∧',   ヽヽ
 '、.r,_ノ |:::l!:::::::|八:::::::i\              /ィ::: ハ:::::/:::レ'´}!   /´`ヽ
  ソf  |./|:::::::Vトハ从\    r:v~~┐    人/心:/::从八リ  '、.r,_ノ      もし何かあれば……そう思うと、不安になるのです
  ヾ'  ソ彡ヾ`,从ノ\{丶、‘ー─一′ イ}/|/ル,::リ入ルリl!`  ノj
       .x<⌒「l≧=ーヘ }>  .._,. ,<}⌒)ー¬ー-、У
      :{  \        \_    {  |         ∧
        .、  `.         ヽ/⌒\/       / }


 「ふむ、ならばスネイプ先生を頼ってみるのはどうだろうか?」

 「彼も君と同じく、タンジェロ・ポッターに惹かれるものだったはず」

 「彼に協力してもらうのを僕は提案するよ」



3876 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 22:01:27.30 ID:AmS4wX2d

理解されないほうがタンジェロのためなんだよなぁ…



3877 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:01:53.95 ID:5CGkq8B5




                   / ̄ `ヽ
                    ├┼< jレ- 、
                ,ィ升⌒ :::::::::::::: 丶、 __
                  /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `ヽ
                /:::::::/:::/:::/:{ :::::: i ::ヽ:::::::: i  .i}
             l:::::::/:::/:jム:ハ:::!::リ ::_:i::::::::ハ  リ
             |:::::/rくl i:x=.ミ)ルハx=k!::: ::::::::∨
             |/::{ 从!以リ   以! :::i:::{ ::::::\
               /)::: 人 ハ"" 、__'  イ ::iルハ ::i!::::〉                ……うん、それはいい考えかもしれません
          (メ) ル:(\:):ル: i> - <:リ:::ハ .ノハルヘ         _
          Y  ノ )__r┴へ /  └ァ'⌒ヽ. ( li       /´ :::::: ::: :ヌ
            }  厂  | _/介ト、  /     ∨:リ\    / ´ ::: ::: __メ´
       _ _ノ /´\ .j く / ! \\{       〉::::::::::ヽ   } :::: ヌ´       そうだ、どうせならオークレーも巻き込みましょう
     ≦三三\\ :::::::\ く /l| _〉 「|     ./:: :::: :::::::::\ノ ::メ
      \::::::::::::: \\::::::: \o  {  /〉⌒ヽ/: ::: ::::::::::::::: :::´:。`ヽ
       \:::::〈\へ、:: x<   !./ 勹⌒V __ フ⌒ ::: :: :彡' :::: :: :::}
          ̄\ \ Y_≦ __ ̄ __/ヘJ / ⌒Y ::: :: :: :::::::::::メメ⌒ヽj
            \ _ _________ /⌒\}\/⌒7::: ::::ノ            彼の忠義は、私の光に対する感性とは違いますが
               ー <\   _//   \ ` ー─<乍
                /⌒ `文Z :: メ       \     |
                /     }             \    !             もしかしたら彼の在り方を肯定してくれる人がそのうち光を理解してくれるはず!
                /      ∧            \ ノ
           く          / ∧            ( ̄\
               ∧        ///∧          ).///\
.            //∧    ///// }   /⌒ ー < //////\


 「それはいいね、別の方向からのアプローチ」

 「マグルの世界ではマーケティング戦略などでよく行われている」

 「アーヤは頭がいい、柔軟性がある」



3878 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:07:03.52 ID:5CGkq8B5




                _,.へ、
                 ,.// !ヽ\
           ,.ィ:71ヽ!‐-- -‐ ll__
         ,_rf´:::::::`ー'.,__l__,. -´ :::::`ヽ、
      /´`ヽ´::::::::::::::::::/::::::::::::,:::::::,:::ミ'i/´`ヽ
      ,'、.r,_ノゞ:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::'、.r,_ノミヽ
      /::.,':::::::::::::/:::::::/::::::::/;/:::::::::/::::::、:::::::ヽ /´`ヽ
    /´`ヽ:.,::i:::::::!::::::斗-/!:{::::::::::/i:::::::::ヽ:::::::',、'、.r,_ノ
    '、.r,_ノ:,:{:l:::::::i:::::://  i/.i::::::/ ト、:/:::::}:::::}::::ト∥
    / i::i;:ハi::::lii::::;iィ竓守` { i:::/__j:::∧:::/:::ノi::::i `ъ
 /´`ヽ::i仆::ハi:l::::::}i込;タ    }/,芳ハ リ:/i :/l::|::} /´`ヽ
 '、_,,_ノ',{从:i}!:ii::;::j!  ̄      〈タノ ,イ::::i/::::L|;j! '、.,.,_ノ
  ´゙  ヽ´ ヾλ:リ!、   、 _ '   ,/;::::{:ト、::::::::リ   ´゙    ふふふ
        ,,_Y ノ}ヽ、 _.......-‐<:i:::;∧{ ヽ;;/
       /{''",ィ' ヽ_/  i. `ァ、_ j/    ソ
      j! {  ヘ   云  i  /  ヽ             トムに褒めてもらうと悪い気はしません
      λ }   ヘノH'`ヽj'  ?   {
     ノ `j      r'}::|::{ハ ='= ゙、  \
    弋  i      |:::{;;;}彡i    }   〉           でも、違いますよ
      \{     {:::{ }:::::}     / /
      〈人    ij:::ハ:::',    ..:;{-ヽ、
        `「ゞ、::‐'´ ¨ i!`´  ̄   iハr'            私がこうして考えを思いつくのはあなたとの対話のおかげ
          i ゙i     ●      ;i 弋
        i V     i     ∧ `ヽ、
          ノ ∨    ●    ソ彡^ヽ `ヽ、
       /   }7-=イ={:}=-=彡イ   \  `ヽ、     そう、これなくして私の思いは皆に届かなかったのですから
     /  _/!      ●         ヽ     `ヽ、
    ノ   {!.:/      {:}             )゙ト、    ヽ
    /  /弋{         ●        ノ 人 \  人
   j!   l/::气\弋_ゞ_、_弋_ゞ、_:j斗'"x彡"∧ j    〉
    j  _、 }:::::::::::~'i~-、二、_r-~rーァ~''":::::::::::::::`ミ〈 {ー-〈
   ヾ/´ノ i:::::::::::::::::|:::::::i::::::l:::::::::::::l::/::::i::::::::::::::::::ー--‐ゝ)::::::::}
    /::::{_ノi:::::::::::::i:::|:::::::i::::::l:::::::::::::/:::::::i::::::::i::}::::::::::::::::::::/::::::::::i、
   j!::::::{::::i:::::::::::::i::::::::::::i::::::l::::::::::/:::::::::l:::::::::ii!:::::::::}:::::::::::::ノ:::::::i∧
  j!:::::::::::::゙、::::::::::゙、::::::::i::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::::/:::::/::::::::::i::∧
  !:::::::::::::::::゙、:::::::::゙;::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::/::::〈''"~|`ー、〉∧
  //~廴~、!::::::::::゙;::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::/:::::::弋_::i::::::::〈(_:i
 〈(::::::::::::{:::r":::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::/::::::::::::::::::::i::::/:::::i:::::::{__)}:::::::::::::::ゝ}
   }::::::::::と:::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::/:::::::::::::::::::::i:::::::::::::i::::ノ_r~''"⌒`''''"
   ヽ、,,~┴-::、i::::::::::::::::::::::!::/:::::::::::::::::::::j:::::::::::::jf''"


 「確かに、魔法族やマグルの世界において、対話というのは重要だね」

 「対話とは自分の奥底にある英知を引き出し、思考を鋭敏にする」

 「君の地頭の良さが、僕とも対話によって引き出されたんだろう」


                           , .へ
                           /  /^ \
                      ,,/^´´ i,´  ̄ ヽ,
                 ,.::''"´´::`ー'.,__ l__, . -´`:':`:..、
               /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ\
             /:::::::::::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::;ハ::::ヽ
                /:::::::/:::/::::::/:::::::/:::::/|::::::/:::::|:::::::|::::}::::::i!
             ′::::〈∨::::::::i::::::/|-:/‐ト::/|::::::j:::::::|:::,ハ::::::|
            i!:::::/!:::::|::::::::::|:i:/_L厶八i:::|::::/:::从|/|:::|:::!|
             i::::/イ:::::|::::::i::i爪 ん:::仆乂;;/::/⌒iVi/;|:::::i
             ',ー亠=壬:::N.  弋)/ソ  //ィチ心 八:.,′
            ,i'::::ゝ、 〈_,,ノ:::|    `ー       弋)ソY:;fー‐ァ
           /:::::::|ハ:::::;/:::八u //////ー {/|//
            /::;/V/:::`::'::!:ヘ      ,、_         i:;/    そこまでべた褒めされると
          ::::/ /::::::!:::::!:::::\    {/  ̄`7   八
         i/ /:::::::::::::::i:::::::::::i     、::::::_ノ   イ
           ヘイ::::::i::::::i:::::::::::|  丶、    .イ:::::|       こっぱずかしいですよトム
                |::::::ii::::::|::::rーリ     ` ァ‐:介:::i::i::::|
             -リ::::八:八r'   `丶、 ∧:/_:|::::i;:i乂
           /  //  \ハ     >く }、_ |:./|八
         {{二二\      \__,乂/|∠__} `''<_
        /    \\\     《_,从_》      i`}
       {      丶\}.冫   弋| |厂´   \ i |ヽ
          ;       \∨     兀    \∨/ ∧
       i{\.       ⌒∨\              V / .}


 魔法界に昔からの知り合いがいなかったアーヤは、この奇妙な本にはまってしまった

 彼女の奥底の願い、自分の渇望である光に対する自己犠牲を皆に理解してもらいたい

 本の文章を執筆しているであろう「トム」は、そんな彼女の要望に事細かに答えてくれた



3879 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:10:11.94 ID:5CGkq8B5



 「僕は事実を言っているだけさ、アーヤ」


 「君の手によって、タンジェロ・ポッターは真に人々の希望となり英雄として完成するだろう」

 「ねぇ、アーヤ。君ならできる、君ならタンジェロ・ポッターを世界に名だたる英雄にできるんだ」


                        _,.へ
                      /.! ヽヽ
                     // ! ヽ \
                 _,..:::::::::iヽ‐-十―- ‐::l::::::::::...ヽ
               ,.- ':.:.:.:.:.:::ヽi,__|__i/:.:.:..:.:.::.:.:`ヽ
             /::/.:     :|::.\::::.  \ ヽ;:::::\;;:\
           /.::::::::/::/.:     :|::.\::::.  \ ヽ;:::::\::\
            /.::::::::/::/.::/       :|:::..\::::.  \ ヽ;:::::\::\
        /..:..::::://::/ /::/ .::|   | ..:::|ヽ::. ヽ:::.  ヾ::ヽ::::::.ヽ:..ヽ
      /::/ :::/ /::/ /::/ ..:::|   :.:.| |::::| :|ヽ:.. ヽ::.  ',:い:::::::..ヽ:.ヾ:、
      //::/ ::/  /::/ .:|:::|  :::::| | ::::| |::::|:::|.|..|:.  ヽ:.  l::::||::::::::...ヾミ、ヽ
      //::/.::/ :i /.::/ .::l::::| .:::::|::! | :::| |::::川::|..|::.   ! ::::|:::||:::::::|:::i:.ヽ::::|`
     //::/ .::| ::|.| ::;′::|:::|l:. ::::|::| | ::l::|::/||::| |..| :l.l   ! :::|川:l:::::|:::ト、.`:::|
     //::/ .::::| ::|.| .:| :::|:::||:::. ::::|::| | :l:::|/!:||::| |:.|: l.l.....  ::: |川:l:::::||::|::|ヽ:::!
    //|/! .:::::| ::|.| .:| :::|:.:| !::::.:::||:| |::j../::| ||::| |::|:..小i:  ::: |::rヘ:::::||:::!::|ヽ::!
   // || !:::::/l ::|:||.:| :::|__|__!_||::||::l:|:j/ハ!__|」⊥斗||ヾ  ::: ,ィ1Y}:::||:: !::::::|         できますかね……
    l/  !::::/ | ::|:|:l:|:. :::|ィ≠ミヽ:|!|| X:::| 丁´ィ'下:::テz_|. .:: :〔ノ/:::::|リi::!:::::|
   !   |::/  !:. :|:|:l:ト!  !iノjr1` | 〃 ヽ!   ヾで辷ノu|:..::..::レ'::||::::|:|:::|::::|
        |/, ┴!::ト|:::lヾミ..! ヾ='   ..:::::::::::::...   ^ ̄´ |::::.:∧::::ト!:::l:::|::|::|  ̄`ヽ
       〃   |:| ヽ;::ヽ!! ////  ,   ///// ,'|:::://::::::|ヽ|ヽ::|:::|    ヽ
     /      !!  ヽ;ヽヽ、      `     u u/} |::/:::::::/::::|::::|/::::|     \    私に、できますかね?
     〈 ─‐ 、     ヽ::、`丶、_ `"^⌒   / / //_:::/:::::│/::/::/     / 〉
     /    \    |ヾ:、  _`ヽ、__,. '´   ///|| :::_/::::|::/:::/    /  ∧
    |       \   |  /\ 「トュ|       /〃  |\〉|^/::/::/ _/    / }
    |        \ | / \  \|ト 、   ///  |  ヽ    /    /  /
    |          ヽレ′  \  \\,,__// /  /   ヽ / / /   /
    ヽ        \ \     ` ヽ、`く  〉/  /    V /      /
     ヽ         \〉}       人⌒へ  /     V       /
       i        \ ∨      /:::::∨::::::|/       |         /
       |\        ヽヽ     /::::::::::|::::::::|         |      /
       |  〉        ヽ|     /::::::::::::|:::::::::|          |      /
      \             |   ん::::::::::::|::::::::::|        |      /
       {            |      `ーイ~、J         /     /


 「できるよ、僕が保証する」



3881 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:12:49.41 ID:5CGkq8B5




                          ,.ィi:、
                        ,ィ "/ 丶`ヽ、,
                       i"、, /  __`、. ィ"!
                         .."!  l'    !   ,!:...、
                  ..:.:´:.:ヾ、_L__,,,,,-‐:.:.':":.:.:.:`:...、
                    ,.イ .,.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:`ヽ、
                  ,.ィ'''´:./:.:.:.:.:.:.''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.`マ:.:.:.、:.:.:.:.:.:`',
               /://::::/::.:/::.:.:/:/;:.:.:./j:.:.:.i:,:.:.:!:.....:!i:.:.:ii::.:.:.:.:.:.;.;.:!:iヾi,
           ///:.;:.:..:/::.:./::.;.:,':/::;.:.:.;'!:i:.:.::i:.!::.i:i:.:.:.:ii::;;:!:!:.:i:.:.:.:.:.:.!i:.:.:.i:',
            /://:.::.:..:./::.:/::.:.:/:/;:.:.:./j:.:.i::.:.:..:!:!:::!i:.:.:...ii::;;.:!:iヾ:.:.:.:.:.:.i:i.:.:.:.i',
.           /://:.::.:..:./::.:/::.:.:/:/;:.:.:./j:.:.:.i:,:.:.:.:.:!:!:::!i:.:.:.:ii::;.;.:!:iヾ:.:.:.:.:.:.i:i::..:.:.i',
.        ///:.;:.:....:/::.:./::.;.:,':/::;.:.:.;'!:i:.:.:i:.;.:.:.:.:i:.!::.i:i:.:::.:ii::;.;.:!:.!:.:i:.:.:..:.:.:.!i:.:.:.:.i:',
       ///:.;:':...:./:.:..:,':::.;.:i.:;'j;斗-=、!:.:.i:.;.:.:.:.:!:!::j'斗‐=ト、;i!:.}:.:.i!:.:.:.:.:.:.i:i:.:.:.:!:i
.      //:/:;;':.:..:/;.:.:...:!:::,:.i!';´:!!:.:iハ:゙;:.:!:.;.:.:.:j:il::,i; !::.::j'ii:.:リ`ヾ:.:.li:.:.:.:.:.:.i:.!:i:.:.i:.i
      /イ:/:;':':.:.:,':.;.:.:.:...!:::,:.!!:i i,!:.:! !:.!!:.!:.:.:i'!リj:/ jj:.:/ノ!;/,リ' i:.:.:ii:.:.:.:.:!:j:.!:i:,:.:!:.i
     /' ,':/,;.:;'.:.:.:!:.;.:.:.:.i..!:::,:i从 '从i '!| ゙、:.:.il/ l/' jj:/ ノ/ /  リi:.リ:.:.:.:.!:.':i:.i:.;.:i:.:!
.    /' i:,':;'::;':.:.::i:.:,:::.i:.:.!.!:::;{ ! !  '!-‐リ ヾ:j,' !' ノ'-‐- ′ /,':,':.:.:.:.j:.,:.i:.i:.:,:.!:j
.   /′ i:.j:';::;':..::.ii:.:,:::i:i:.:.i.i::::i ,z=≠=ミ、  ヾ ,′ ,z≠≡ミ、' //:':.:.:,:,:.;:,':.i:.:;.,':.′
  /  .i:.i !:::;...::.リi:.:;::.i::i:.:.i゙、::゙、´      `   ,           `//:.,':.:.;:,':.,:,:.,:.::;.,',′    うん、じゃあ私頑張ります!
  ,′  ,':.!j:::;':.:./.:.i:.:;:.:.!:i:.:.!:.ヾ:、、///     ′   /// //':./:.:,:/::,/:,':.::;//
     ;:.i j:::;.::/.:/ !.:;:.:.'i、!:.!:ヾ'、'、                 ' '/'//:.;.::/::/:/:.:.:/イ
    /′!:.:./:/  i.:;:.:.}_}.;:.!;.:;ヾ、ヽ、            ,/ //::;:.:/::/:/:.,イ'/;′      そろそろ戻らないと、ダヴィンチが心配するので帰りますね!
    /  ,':./:./ /´ i.;:::.i,i;∧!!:.;.::;ヽ     、,_   _ノ   /'/':;.:/::://:./// j′
.   ′ // !;' /  .!:;:j !' ゙i':i:.;.::;.i:i,ヽ、     ̄        イ;':;./:::/','/>.,、'′
.     /′!! i   j:;:!'、ヽ i:.:}:.;.:;.i:i ヽ iヽ、      . イ'//;/':::/' /'/  ≫'' ‐ 、
    /  ! .i    i:,! ヽ.j:.:i!::;.;.:l:!  Λ ゙. > .  < /イ'//::::/;'/'/  /  ,. ‐ ヽ    おやすみなさいトム
       ! !    jl   j:.;'.!::;..:;':l!  Λ       /´イ/;::.:/!:! /:  /  /   ハ


 「うん、お休みアーヤ」



 アーヤはスネイプと会う日、すなわち合法的に夜寮から外に出られる時間を利用して本と会話していた

 誰にも気が付かれない、彼女の楽しみにしている逢瀬であった



3882 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:14:31.28 ID:5CGkq8B5




            _                               >. ヽ
            | l                               ヽl ヽヽ_
            ノ ヾ三ニl.                      /l,     Yヽ∨
  l ヽ..._       /     ノ /l                      >ノ     jヘj i
_l   ,.ニ'、   /     /´ il'´       ,._            il'´      .ノ/ l
ヽ  ,.r'シ'''´ヾ、 /ヽ    l    i!   ____,. -''/|\'‐ _         i!     ,..'    ノl        /l  ,.,
. `Y:シ    ヽl  ヽ、.,_ ヽ  i!,.-</く /  l.  \ .7、ー-、.    i!   ,. '   /l       ,イ7 .l ././
   `ヽ     ヽ    ,..、..ヽ//ー./ /`‐-=i!=-‐' ヾ ヽ`ヽヽ   .i!  ,.'   / .l    _,r==ミ、 レ ./
     ヽ       ヽ ニ¨l>=.ノ_,-'''"ヽ/    .|    ヽ ノ ヽヽヽ   jj ,.'   /   j_,..-'''´     ヾ) ./
.       ヽ     ∨ ≧=二 シシ=,`‐、.,_  |  ,. -‐<ニ、ヽ ヽ'ーノノ/ー‐=-、_  _ノ´  -=ニ二 ./( ` ヽ、
.         ヽ   __j_j'' /__/  j // /≧ァァ7l ヽヽヽ `ヽヽミ ミ ≧シ' / _,,.ノ ー -,=   _,..''''´ ̄ ̄
          ヽ  i' .l.リl /   // /' / //./ .l ヾ ヽヽ i!ヽヽミー-=シ' 二i> 、リ/ ;  ,' /'´
       ,r-ミ=..__lノ八. l /ノ/ ,.' / ./ / イ / リ l li ヽヽlヽヽヽ、 ー彡''./ ,..ニ..、.; シ'' ´            急がないと……
       ´  .)レヘ. シノ∨ ,イl / / ,イ//./l /  /,i!  l lヽ ヽ ヽ、 ヽー---ァ''´ ./ ./
       //::::ヽ,.二フ∨( l .ァフ7ァァ/,i! i!l  /ハ‐ ァ;- lヾ リ) l `ヽ 〉i´   //1、
       ( ./::::_,.=',ニ三八 l l lN九iヽ l .!l :/./r=∨l、i!リ ノ )ノl ヽ l ヽ ヽ=./''___、ヽ`ーァ:'ヽ、
     _八/:::::::::::>二ノノl l/ ヽl.弋z シ  ヾ ´弋z::シ l/lr'イヽヾl Y,.===ッ'''´:::::)':::::'´:::::::::::::ヽ
    / /::::'::;:::::::i!ハ  ノ.八ヽ ヾ,`¨ ´       ` ´ /// j) ヽハ l   ,.':ヽl::::::::::;:'::::::::::::::::::::::)
    レ:::::::::::::::::':::,i!:::::〉,,.'l >_))) )、.    _'__   _ノシ,/ノ ∨l (`ヽヽ/::::::::::::::::::;':::::::::::;:::::::::l´(
.     i!::::':::;::::::::::::::::',::::::::',.i ! ∨l (_ ヽ.、 l'´  `j ,-ン'ノlノ/jノlノハヽ /)::::::::::::::::;::'::::;:::':;':::::::::::l  ヽ
.   lヽ、::::::'::;:::::::::::::',::::::::',`  ヽミヽ   ``ー-‐´'´ . ノシl/( .l .l. )リ,..'.'´::::::::::::::;'::::::::::;';:':::;::::::::'ヽ r´
    l ノ :':;::::'::;:::::::::::',:::::: ',   "'''-.._=ー  三 _,.-'''ノ  `ー ソl::::::::::::;:::::':;:'::::::::;:':;':;::':::::::::::::ヽl
    Y:::::::::'::;::::'::,::::::::',:::::::l',      `ヽlzzzz<´         ./ .l;::::::::'::::::;:':::::::,:::':::,':::::::::::::::::::::;:i!
     ヽ:::::::::::':;';::::':::::;:';::::::l.',       ノ:l:::l:::::)       ,. '  l:::;::::::'::::::::;::::',':::::,':::::::::::::::::;::':::l、
     l ヽ::::::::::'::;::::';:::::::::::l ヽ     ノ::ノ::::lノ:::l       /   j::::::::::;::::::':::::,':::::,':::::::::::;:::',':::::::l }
      i!,.ヽ :':;:::::';:::::';:::';::::',  ` ´<:::ノ:::::i!:::i!::ヽ    _ノ   /:::::'::::::':::::::;:'::;::';'::::::::;::'::::;':;:::':/ ./
      <ヽ l::::::':::;::'::;';:::::';::::ヽ ミミニ=`ヽ、.,l:::::l>'´ __/   .ノ :::::::::::::::::;:'::'::;:'::::::::'::::::;:::'::::/ノ
      ノヽノ:::::::::::::':;::';:::::';':::;::::ヽ、.  `ミ、  ̄ / >  __,.-':::::::::::::;:::::::':::::::;::':::::::::::::;;'':::::::/ /
        lヽl::::::::::::::::::':::l、:::::';:::::::'::::`'- .._   二.‐'''´::::'::;::::::::::::::::::::::'::::::;::';:':::::::::::;:':;'::::::::/ j
      `ーl:::;::::'::::::::':;:::::';:::';::'::;::::::;:::::':: 三:: ̄:;::::::::::;::::::::'::;::::':::;::::::::::::::::::';::'::::::::::::;::'::;'::::::::::/ ノ
        ヽ::>ー -、:::::':;:::':::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::'::;:::::':::;:::::::::'::::;:::':::::::;::::':::::::;:::::::'::;:::'::::::::;::: ノ /
             〈>、.::'::ー:::'''´::::::::::::::::;:::;:::::::':::;::::';::::::::::::::'::::::;::::::::::::::::::::::;::':::::;::::'::::::l ヽ、
              `l-=二ニ==二=、,ミ、::'::;;;:::'::::; ';::::::::::::;::::':::::;;:::::::''::'::::::;::::'::::::::::ノー'
                  ',            j.,'`ヾi、.,_::::::::::::::::::::::::::::,.=''¨''' - ... -'¨´ ̄
                    ',           l,'   ヾ≦三ニ=ニニ彡'´
                ',        l,'           ,.'
                 ',         l,          ,.'
                 ',.        i!         ,.'
                 ',      l        ,.'
                  ',      l        ,.' lヽ
                  ヽ、.,_, -',      /l ノ l
                        ヽ     ノ ノ l
                        `ー‐┬'‐'´   |
                            l、    .j
                            `ー-‐‐'


 アーヤは部屋から去る



 そして、はらりと本が開き文字が現れた


















 「がんばれアーヤ、彼を僕に相応しい英雄にするんだ」












To Be Continued→



3885 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:16:22.93 ID:5CGkq8B5

一応想定していたルートではほんの持ち主は
80%→ダヴィンチ
10%→ボーボボ
7%→アルトリア
3%→アーヤ
という感じでプロットを組んでました
一番想定しなかった奴が本を持つことになりました
では、また明日



3886 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 22:21:52.16 ID:LMS+4pls

ダヴィンチが持ったら、本を解剖しません?


3887 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 22:24:06.22 ID:VPsfut++


トムに女装見せて拗らせるルートはないのか


3888 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 22:25:22.05 ID:ORQeApUt


なおその英雄が女装性癖爆弾する模様



3889 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/21(金) 22:31:05.58 ID:5CGkq8B5

ちなみに各没ルートの流れ
ダヴィンチ×トム→急に輝きだした姉に対する劣等感から解剖しようとしても解剖できなかった本に心を開くダヴィンチちゃん
ボーボボ×トム→ ト   ム   発   狂
アルトリア×トム→アルトリア病むルート
尚、トムがタンジェロ堕ちしてたらアルトリアルートに進む予定でした
ではまた!



3890 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 22:40:15.57 ID:oXHoOqgp


トム発狂が見たかった!


3894 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 22:50:46.29 ID:yksRUUSf


アーヤが日記所有者だと一番ラスボス感あるな


3895 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 23:05:54.01 ID:AmS4wX2d

乙です
ホグワーツは今タンジェロに汚染されかかってるから


3896 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 23:12:30.40 ID:PjiL2jot

そうか、この時点のトムだと、まだ文字でしか世界を認識できないのか……。
そら汚染される余地がほとんど無いな。


3897 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/21(金) 23:34:34.76 ID:D4VpY5qs


トム発狂が一割もあるのは笑う


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その五 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その四 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その三 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その二 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その一 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その34 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その33 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その32 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 後編 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 前編 (10/02)
  • 読者投稿:注射嫌いの健康診断 ~ なんか頭に引っかかってたことを思い出したので消化しておく / あるいはどうでもいい考察 ~ 動画チャンネル紹介 : Bertram - Craft and Wilderness / キツネ (10/02)
  • 読者投稿:サイクリング (10/02)
  • 読者投稿:なぜ女子高に腐女子が多いのか ~ 国際医療ネタ「健康診断」 ~ コロナによって変化した看護手技 (10/02)
  • 読者投稿:変態の巣窟 ~ 偏差値70overの高校の姿か……これが…… ~ シンクタンクイズ (10/02)
  • 読者投稿:北東北の小咄:その略称はどうなの!? ~ ギャル夫ぷれぜんつ 盛岡外食紀行(21~24) 宮沢賢治ゆかりの井戸と盛岡の美味い蕎麦屋 他 (10/02)
  • 読者投稿:中身は社長さんからもらってくださいね ~ 実務家はマスコミに叩かれる ~ スマホ更新 ~ デジタル献花 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その31 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その30 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その29 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その28 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その五 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その四 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その三 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その二 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その一 (10/01)
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!