スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:編集負担軽減のためダイスの色付けちょっと減らします。ダイス側は色を付けず当たった選択肢だけとか。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/28
フレデリクなルーナ
5/16
ジェイガンなアリス
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十三話 ロックハート先生の小説の作り方

目次

2982 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:25:49.94 ID:z4BRJ9vW



タンジェロ・ポッターと秘密の部屋

第四十三話 ロックハート先生の小説の作り方


        __       __
        \.....\―...<.............\_
          l........................\............}.......\
        /...............................)........ノ.............l
      _/.....――‐≧ ====== ミ ............|
   <......................./  ――――  \.......∨
      \..........//   ――― 二二 \...∨
        /......l{/ _/  __≦―‐ ミ ノ......\    で、俺の最初の疑問のロックハート複数説
     /.........l{/  _/ ̄    ̄ ̄  丶............\
    .//l.....l{ /r === ミ    r === ミ }l......l´ ̄
       |......了 ( (::::)      (::::) ) }、.....|
.        ノ.....r∧   ー-   ,   ー-  / }l....\
      <........八∧                ノ´ ̄     これについて答えてもらってないんですが、まさか本当にロックハート先生があれをやったんですか?
          ̄ "/∧    ⊂ ⊃    /l
           l/∧           /rj
           |{l|= >   __   <)l|}l|        それが強さの証明なんですか?
.        >-l{l|===\   __/=l|}ll
      >-=/......|=====l | |===== |......"<
    -==/......... ノ\===l | |== /=|.............}="<



         \////////////∨/i/!
      .。s≦/////////////////L_
  _.。s≦////////////////////////
  ̄ ̄ア'/////////////////////∧
   /////////////////////////∧
  ⌒ア////////////////∧///////∧
   ////////////////// ∨//////,∧
  .イ //////////////// "  ∨//////,∧   んなわけあるか
. /|{//////////////// ーz≦_V////∧、∧
/|{//////////////  ィ以リ }/////∧\:,
  | ∨//////////// __  `¨¨´ }/ ∧///,
  | ∨////.イ/////   `  "; /}/,i ∨/,}    俺ですらあんな多種多様な呪文はできんわ
  |   \///:|///i/ `_ ´  ; /: }/,|:  ∨,}
. 八    |'∧ |//   /^ヽ> .イ:.:.:}/;|  /
   、  |′: | ′:.、//:.:.:}_. イ:.:.:.:.:}/:| ./
    \ 」:.:.:.:.|∧:.:.:′:.:.:{^ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.L _
    ィ !:.:.:.:.:|{:.:.∨′:.:/_:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:||:.≧s、
 /:.:.:|| .:.: |{:.::/:.:.:/:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:. ||:.:.:.:.:
く:.:.:}i:. ||:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:./^ヽ:〉:厶斗也\:.:.:.:.
:∧:.}}:.:/ ̄ ̄ ̄ }:.:.:.:.:.:.:.:r:.:.:〉      /:.:.:.:.
:.:∧}}/     ./}:.:.:.:.:.:.:人:/__ .  ヘ:.:.:.:.:



  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      \
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.      \
. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .   i     〉
.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  l     {
:/ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://∧.:.:.:.//∧ .: }::..:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i l    .|
{ : :/ . :i: :. : i  .:i :.:.: トミN.∧i/彡ソ}::. :|:::::.ト、.:. : i.:.:.:.:.:: ト、:l  i. :|
| .::{ : : |: :.::::| :::ハ i: :|          |::. ハ::::.| |.:. : |.:.:.:.:.:.:|:::|:l   |. :|
:l: :l : ::.|: :i::::|..::::|│l: :|          |:::.| |::::|│. : |.:.:.:.:.: |:::|:l   ハ :|
:l :ハ: ::.|、 |::::|::::::| |::|: :|          |: :| |: :| .!. : /l _i. :. |::::ソi:./ | |
ヘ{:::|: ::ト:辻xト、::| |::ト. |         }:::| |: :| .| :/イ .ハ /⌒V/   }ノ
‐-ミト、T 寸士_┴ト.{ ミi          |:/斗チ≦二ナメリ/-‐、 ',
 .:∧`{ r─┬─ミ_`ヽ 、    ,イ' 彡ー┬‐┬ァ´.|   リ./
、厶∧  `ー┴‐‐┘_   ::.     ハ `ー‐┴‐'′ .厂l ./人
.ヘ\∧       ´  .::::i   ′ `       ム‐'/   \
. : \_ハ            .:::::|                ム-´: :. : \__三=‐'    まぁ、私は詐欺師だからな
.:.:.:.:.::::.ハ           .:::::::|             爪: : : : : : : .\
.: .: :.:.:{:∧       ::::::::|              ムヽヽ: : : 、 、: : :}
: :{ .: .:〈: :{\      :::、:|            厶 : l:: :l:.:.: : N\:|
:从. :::N\\\  、_   `ー‐'´   _     /.: }: :i: : i: :i: :|  リ
{:爪.:::| \ `ミ_ \    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ./   リ ノi :リИ A         しかし、その詐欺行為に意味がある
i:i:i:\{ニミ\   .\           ./   /彡ミ}//レ':i:|
|:i:i:i:i:i:\三ミ\   .\     ./ _,-=≦┌:'¨ ̄:i:i:i:i:i:i:i|
|:i:i:i:i:i:i:i:i ̄|ミミ≧=-、 .`ー─‐‐'´_/ニ三三ミ|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:厂\
:\:i:i:i:i:i:i:i:i|ミ三三三三三Y彡三三三三ニニ|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:`ー-、
:i:i:i:\:i:i:i:i:i|ニニ三三三三|三三三三三三ミ|:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i¨ー-、





2983 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:28:04.53 ID:z4BRJ9vW




                __      __
              ,:r'"^,:r;;‐;`ミミゞ'"シ'^三ミ`ヽ、
            /  /;;;;;;;;;;;;;;;ミfヽ /;;;;;;;;;ヽヾミ:、
            /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミソ;;ヾシ;;;;;;;;;;;;;;;ヽヾミヽ
             / /;;;;;;;;;;;;;;;;;ィミミy;;;;;rVハ;;;;;;;;;;;;;ヽヽ 丶
          / /;;;;;;;;;;;;;;;;/^`"~7;;;;/^""`ヾ;;;;ヽ;;;;';, ヽ ゙i,
          / /;;;;;;;;;ォ;;;;/    l;;;;;l    ヾ;;ミ;;;;;;;';   l!
         / /;ィ;;;;;/テ/      !l;;l!      ヾf^N;;;;'; ヽ l!
         f , l;〃;;ノ,;;/      ゙i;;;!     ヾ;;、_lぃ;,  ゙i,l
          ,! !; !ソ`7'7ー-::、;_,,、ヾl  、,_,: -‐''ベ´ソl;;;l いl
         l l l;l  ィ;;l _,,,..-ェ、、 l;l ,r ,,.ュ==ェメ;;w ;;l、、lN
          |l| l;l,l lリ;;l '´,ro゙ミヾュ ,リ l シ"ro;;;ヽ`'i;;;リレト、 il ゙'
         lj、 il;;tチ;;;lヽ.ヾ::::ノ,ィ  f l  ヽゞ:::ノ,r l;;;;l;;;;l ゝlil!
         lハ l,l;;;;;;;;;l  ` ̄ ´   l |   ` ̄´  l;;;;;;;;l リヽ」
        / l lt;;;;;;;{            |        |;;;;;;jl |! ▽
            lj ,〉;;;;;ト、         |       l;;;ィ'トl」 j!
          ノルll;;;;;;lぃ、      '^      ,:イ;リ,ll▽     詐欺行為に意味がある、とはどういうことですかな?
         ▽,リ゙i;;;;l ソl\    , -――- 、  /リ;;ハ!リ
          t! ゙l;;;;l リ,/l>;、、 `,二二ァ´ ,ィl7lノl;/
           ゙' ヾ;;;l ▽ リ」 丶.l;;;゙l   ,:ィ'7!リ▽l;l
             ▽,ン'´フ!  l;;;;l― '" / トミヽ▽        吾輩にはダンブルドア先生とロックハート先生の意図が読み取れないのですが……
         (_ノ   ,ィ´  {イ   l;;;;l!   ,/ ソ `lリーュ、
           ,ィ"{ ヽ  ヽ、  ,!;;;;l   '′/   f! ,! ヽ、、
       _,:r:ァ'´:::::〈    ヾ`ソ;;/'^丶、,r'′    / イ::::ヾヽ、、
    ,. -‐''"::/:::::::::::人 、   /;;;{ ,:r''^ヾi,  ,ォ' ,:ツ /l::::::::::\::`丶、、
,. -‐''"::::::::::/::::::::::::::::ト、 `ミヽ, /;;;;;'";;;;ィ;;;;ヽl,ィ彡'/ノ / l::::::::::::::::\:::::::`ー::、



                                          、__ ト、_,ィ
                                       ,ゝ‐- ``  ' ̄≧_
                                       /  ,ゝ-     、  ミ、
                                      ソ / /,. ,、,、. 、ヽ \ ミ、
                                     ノ.{.,イ | |゙'"| ト、 } i| ΝΝ
                                        |∧.トИ | ,|/ Иノレl Ν
                                      `.f∧狂ュ, 斥弋7, i´リ|
                                         ゞヘ  〈|     /‐'弋         では単純な問題を出そう
                                      彡イ ヽ ー==- ∠ィ , イ
                                       「レリrl丶-イ─ノイヘノ
                                     ,-───'L|人 `Y ̄|___/ハ__      私の作品の中に「ハッピーエンド」はどれほどある?
                                 /  |  / //| `メ-イ{    / i  ,ィ´ ̄\
                                     |  ハ.../ //...| /  ハ∨    .| ./     |   いや、違うな……「死別や永遠の別れをしなかった作品」は
                               _У  У ,リ  | j /  .| |     .| /      ノ
                                  〉   } .//   Ψ    .| |     .|.|     .|    どれほどあるか知っているか?
                              /   .|  | |.   ╋   .| ト、    ソ       く
              __  r=-、              /     |  | |.   ┃   .| | 、  .`Y      〈
         /π-、`}ヽ Y                j     } ノノ   ノ      | |  、  .|        \        ,ノフ _辷 、
         `Y´,r‐く    \_    __,r‐<      | | |    |      | |  、  {          〉 .     / ノ辷ー、`|
              `〈_.タ´`y-ヘ }| ` ̄´       ``ヽ   /| | |   /      //   、  入    ,ゝヘ-‐y‐フ r- 、| |/
               `-'廴__.」.|               / ノ | |   |     | |    、./  Υ  /    ./ Y   入 Υ
                  匕丿                / ,ゝ | |.   ノ      | |    く    |       .〈  ト-┬‐‐┴'
                     卜-───--───'´ ノ  .| |  /       .| |      .|   ヽ      .ヽ \ノ



2984 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:36:26.41 ID:z4BRJ9vW




             < ̄`ヽ
.              `ヽ !_.... -─- .._
             ,  -一,        、`''ヽ,,_, へ
         / / /ハ i     、i   ヽ   \ ゙i
        / /  / ハ ! 、   ゙|    !    ヽ人
       / 〃 ,.ィ´/ 小x.、  |!  ∥     ゙、 冫
       i /i  k=レ  弌ヽ、\ | i  |      レ'、  いわれてみたら、0作ですね
       V ! 芹j   乍≡气、`| !   |_ -─  i  }
         / ∨ヒン    !じ ノ 〉| !   |-─ ´   /_ノ
         /  ノr`    ┴─''´ | !   iへ_ / /´!    雪男とゆっくり一年は、最後雪崩の崩落からロックハートを守るために雪男が死に
        ,' , {         u   |  i | /,彡 /__」
       i / ハ  i ⌒ヽ      |  i ト'彡/ ´/       グールお化けとのクールな旅も、グールお化けは仲間の群れに帰って記憶をなくす
       |i   人 ヽ  丿    イ   i //:::::\´
       卜 i  ヽ     _   /,  リ'::::::::::::::::::ヽ       泣き妖怪バンシーとのナウな休日は最後はロックハートにほだされたバンシーが悲観して身投げをする
        ,ハ  !  `一 7´1r‐ /,' ノ'¨`ヾ:::::::r、::::::',
        ヽゝ'⌒''ー∠イ::::ヘ ' '"´     ヾ:::」 `一′    鬼婆とのオツな休暇も鬼婆をロックハートが見とりますね
         /,   /::::::ノr:::ヘヽ     / ̄`\
        ! i   ぐ:::::/ |::::::::ヽ\/     `ヽ       狼男との大いなる山歩きも、最後は狼男の死で終わる
        |, l / 〈:::/   ト:::::r┘ /          |
       /!ノ  V    !_」 ゙,,! !        イ



              ー-、__  -─ 、__
                 /              `ヽ
             /                ',
           / 小             }小从
          イィ ::/ イヽ::...ヽ:...ト::..j:..  ::. |::::::::::ヽ
           ルレハ:从 从弋:::.}ミ:::::::::::.. |:.. j:::::::::::::::',
             从| ZTラ ソ ㍉ヘ::::}ィ:::::::::::::::::::ハ
               / `    / イ }ハ从::::::::::::::::/
             く:::.    j   イ:::::::::::::::::::::::::しイ         そうだ
               トー    j  |::::::::::::::::::::::::弋'′
                 Y'''  /  ルハ:::::::::::::::小. )
                    ヽ-イニニニニニ }:ノ::;ィ:::|:::トハ            何故ならば、私の作品全て
                  「三三三三三イムイハ小从
                  _ィ┴──------辷ニニ==一Z-、_
          _r<三三三三三三三三三三三三三三ニ>ュ、_      物語のパートナーは魔法使いに殺されたり迫害された亜人や人なのだからな
        x<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧t
     .zく三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ:}
      {三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ:|
     |三三三三三三三三三三三三三ニ|三三三三三三三三ニ:|
     |三三三三三三三三三三三三三ニ|三三|三三三三三三:イ
     |三三三三三三三三三三三三三:.ノ三三{ニ三三三三三ニ㍉
     |三三三三三三三三三三三ニニイ三三三辷三三三三三ニj
     {三三三三三三三三三三ニニイ三三三三ニ',ニ三三三三ニニ|
     |三三三三三三三三三ニニY三三三三三三ヽニ三三三ニニ:|
     |三三三三三三三三三ニニl三三三三三三三}ニ三三三ニニ|



2985 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:39:05.51 ID:z4BRJ9vW




.           /
       _ Y: (
、   , r≦: : 人 ゝ、
: :ー:': : : : : : : : ヽ: : : :- 、
>: : : : :ー― 、: : ): : ):ノ、
: : /: :, -:/     ヽ: :l
/: :/: : :/     _  彡:l
彡: : ,: : :/  /    ヾ:ゝ、
: : :,ノ: |: {   , =ミ  ,= :、
: : , -ヽ: 、  、廻   廻:彡    え?
: : |〈、Yヾミ≧  `     > l: (:
彡'\ !,へヾ       r, ノヾ
  ノイ籵 l>  _    イ
   |l|l| ヽ ヽ  ~ T'ヽ||
    ,ヽ|ヽ  >r‐r ' ノ、
,  ' ヽ ヽ \ |O|/  /´ヽ<
   、 ー  , |ノlノ       ヽ
    \\    ! ! / ;;;;;;      l
     \ ー  lOl/  ;;;;;;     |
   \  \  ! !     ;;;;;;  |
;;;;;;   \ ;  lOl     ;;;;  ノ|
、;;     \ ; l l   ;;;;  /イ



      /    _       _   \              ____
.      /  //   \  \. \   l         ─=ニ三 ̄¨!li       _
     /  / 〃 瓜i瓜  l   l   l  r‐|         ─=三    :!il     〃 ̄ミ、   __    私の小説に作り方は簡単だ
.    /  / 八 |⌒⌒ヽ ト、/|  | i |rリ\      ー=三     il!     !li   !i|   ili! ̄ミ、
...  И ∧ } }L._  | レ'ィラト、 | l├' \ミ=‐'    .ー=三   .:i|!     i|!    il!   !li   il!
.    }ノ | |  kェラ`i'レ` ̄jノ Ⅵノノ、、 ヽミ辷,     -=三    !}i    !l!   !li   il!   !li!   まず、魔法使いに迫害されて死んだり後遺症を得た哀れな亜人を見つける
...     | | ∧ '´│|        / | i | 爪     .ー=三   ,ii!   i|i   i|!  !li    ili
        | ∧ ||∧   }ノ   _,  / /l j .从{, `\_-=三 ‐==!li  ili   !i|´ !il!   !li      そして、亜人のコミュニティと加害者に忘却呪文をかけ
        jノ }从.| \‐   ̄  /./ ノイ ′     .-=三  三i! !li   l|!彡'   il!i
             リ   \__/./  /,′        .-=三 __二ミi|iー==彳   =彡'´        忘れた記憶の代わりに私の小説の内容を埋め込む
               `ー=彡作T| /           -=三          丶=二三=-====ミ
                 _,∠斗-イ             .ー=三             .!  =     ,ミ  私の作品に出てくる、亜人と私の間に立ちふさがるヴィランは
          __/Z´   \ }         ─=二三  ミ三≠=、_      .三≧==彡'
           ゙7/¨     //       .,,-==三彡      三≧=- ̄  ,/          実際には亜人を迫害してアズカバンに送られたものだ
            ゙′    〈〈    .-=ミ      三-‐- 、 ___,.==、__二三
                   } }   ー=ミ __彡       ̄
                           ̄ ̄



2986 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/16(日) 07:40:05.73 ID:sWRDdPqx

有る意味カウンセラーみたいなもんか



2987 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:41:15.60 ID:z4BRJ9vW




                 ヽ、   ヽ   i!
               ______ヽ ニ=-ヽ-∨|!
             ` <ニニニニニニニ≧=-
             /ニニニニニニニニニ\
            /_ニニニニニニニニ∧ニ_.\
               /ニニニニニニニニ,.、它ニム ̄
              /ニニニニニニニニ , ‐.'ヽ}ニニム
          'イ /ニニニ><}}ニニ,'./=ヽ .リニ|ヽ}      卑怯な手段ではあるが
      .      /ニニ7////,',}}ニ7 '    / |ニi!
           /ニニニ|//////}}ニ's。≧_チ= !ニiヽ
         . /ニニニニi}//-/=/}}7:::::::::::::::}==|:7|/|       現状最も効率的に
         // ><,7/>‐r'',::::`ヽ:::::::ヽ._|'=|/|
        ' /r'//////::::::\∨::::::::::::::::::::::i::::ヽ,ヘ _
         /////ri//::::::::‐=-≧、:_:_:_ ::::::::::::::}}:::\∧
        ,'7r/7/{{}_'::::::::::::::::::ζ::ヾヽ////≧x::i:_:_}_∧    亜人や人狼などから我々魔法使いに対する憎しみを軽減する作用がある
          ,//////7::::;::::::::::::::::::::/::⌒i⌒ヽ/_/}、::::::::}∧_
        ,/////,'7∨∧::::::::::::::'::::::::;':::::`:::::::〉 _ )⌒´:::}∧
        {{__。r≦ニ〉/\:::::::::::::::::::::::::::::::/イ::::::::::::::::::`:::}!
           |ニニニ{{:::::::/::\:_:_:_: : :-:‐='(:_:_:_::::::::::::::::::::::}}
           |ニニニニ}! :/:://///∧/////////>.、:_:_: イii}
           |/|ニニニ}:::///////∧/////////,∧ニ=‐ ''
          ' .|ニニニレ//////////}}//////////,}}
           |ニニ{´//////_/_/_/}}/_/_/_/_/// '}}
           |-|ニニ{{//r/,´//////}}////////¨/,{{
           |,'.!ニニ}i´//{}/r/,{}‐/¨''¨///=/-///{}}i_
           |ニニリ/´///|//////////////////∧



                 _____
            /`ヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.ト、__
          「`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\
       rー┤:.:.:.:.:.:. ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
       | :.:.:.|:.:.:.:.: !i:.:.:∨:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       i :.:.:.|:! :.|:.:|:!:i:.:.:∨:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       | :.:.:.|:! :.|:.从乂:.:Ⅳミヾ.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉
       |:.i:|:从:.i|イ⌒从リ ミく ノハノ:.:.:.:.: : Y
       リ从Уハリノ´   /   //:.:.:.:.:.:.:.:.:八....ノ         さらに、亜人や人狼からは
          /      j   ぐイ:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:く
.          く   _,     //:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:.ヾj
           `<´      イノ:.:.: ノ!:.:.乂Уノ          「お前たちを守る英雄ロックハートがいるぞ」と知らせ
              ',    イー=彡イノ:.:.ノ从乂
               ノゝ-<ヽ___∠ ̄ ̄::::::::::::|
            Ⅵ-r―||:i:i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::ュ、、___          反亜人の魔法使いは「ロックハートという亜人の味方がいるぞ」という牽制にもなる
             _j:::j:::/イi:i:i:i:i:|二ニ─/:::::::::::::::::::::.:.:.:......
        _ ... ィ´:::: / /i:/i:i:i;  |:::::::: /::::::::::::::::::::/::: ̄ ̄::.:.:.:....
       /:i::::::::::::::::/ /i:/i:i:i:i'  ハ:::::::::::::::::i:::::::: /:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
         i:::l:::/:::::: / /:i/:i:i:i:/ /:::::::::::::::: : |::::::/:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
         l:::l/::::::::/ /i:i:i:i:i:i/ /::::::::::::: : : :.:|::::/::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.         ハjノ::::/ /i:iヘi:iイ' /:::: : : : : : : : :|::/:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.       /:::/::::: / /i:i:i:Πi:i /::::.:.:.:. : : : : : :.|/::::.:.:.:.:.:.:.:.:



2988 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:44:54.49 ID:z4BRJ9vW




               - _
                ヽ ≧s。_ .   | 、. . .|、
                ____-=ニニ≧sx}ニ\ |ニ
         _ 。s≦ニニニニニニニニニニニヽ=-   ____
         ̄` <ニニニニニニニニニニニニニニニ> ´
        _。s≦ニニニニニニニニニニニニニニ=-<
     _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- _
     ´  ./-=ニニニニニニニニニニニニニ/|}ニニニ=- ̄ ̄
         -=ニニニニニニニニニニニニニ/ . |!ニニニ=- i
      -=ニニニニニニニニニニニニニ/r=‐‐|!ニニニニ=-i
     -=ニニニニニニニニニニニニニ,.'⌒(<_刃ニニ=-:|ヽ-i
   ./-/=ニニニニニニニニニニニニ,   ヽ   :|!ニニ=-i \!    日刊預言者新聞でしばしば俺とロックハート先生が対談しているのもそういうことだ
   ///-=ニニニx ≦  ̄}}ニニニ7ニ./  ´ '  ヽ |!ニニ=-!  `
   ´ ./-=ニ////////,}}ニニニ/ニ/__     .}、i|!ニニトミ、
   ./-=ニ//////////,'}}ニニニ./| 7 ´ ‐ 、ヽ  , iリ|iニニ|//,|i       ロックハートの裏にはダンブルドアがいる
   /-=ニ//////////,' ,}}ニニ/ .|/‐       ,.∥:|}ニニ!/,',|i
  ,-=ニ7///////////,}}ニニ'≧s。_       ,.イ´7:|}ニヨヨ//,|i
.  ,-=7 '////////////}}ニニ,'____ .≧=‐ チ}!ニニ,: :|!ニ,'ヨ//,|i     そう知らしめる
. ,-/∥'///////////,',}},イニ'::::::::::::::::::::::::≧s。{,7|==:!ニ,..ヨ//,|i
 ,7'.∥{{////////////}}: !7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}} ===| 7=}}//,|i
. ' _。s≦ ̄/`/>、///,'{i:::!,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ===!,'==i!//,!i
///>r////////////フ}:::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`<' ==リ///ト、
77´イ`〉'//////>< }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::ヽ{/////,ヘ



         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
.         / .:/:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/,ヘィ1:.:.:.:.:. 〉
        { .:/.:.:/:.:.:.:.:.:/.:.:,〈:.:.:.:j !ミシ{:.:{i:. (
        レ'i.:.:/:.:.:.:.:.:ハ:.:/ ハ.:.:〈〈  }:.:!i:.:i: }
.         乂.:{ ,.へ__} |=}≧丈z}_}  {ィ孑ハリ
.      -=彡 レ{ - i  刈亠イ`ソソ il圷ノリノ
     =≦三:.:.:.:ヽzソ ミ        i| ′          ダンブルドア先生が明確に亜人に味方することは難しいからな
       z彡:.:.:.:.:.:.:ハ      ヽ 」イ
       / ィ.:}:.:.:.:.:こム   `ー―‐'´:.:ミ=-
.       {/ !:ハ:.:.:.、ミ=- \____/.:i:.ヽミ=-          彼等は人に害をなすこともある
          | ̄ ̄ ̄ ̄}―‐┴‐1^iハノ
      厂`: : : : : : : : |:::::::::| ::l::| :|‐、
 _  -‐ ´-: 、: `: :―-: :{__::j__j∧/ ム` ‐- . . _      故に、私がその矢面に立ち
´: : : : : : : : : : :\: : : : : : | }::ヘ::::ヽヽ ハ: : : : : : : : :`f´: ヽ
.: : : : : : : : : : : : :ノ: : : : : : :|i :|:::::::}::::::ヽ\: : : : : : : : : l: : : :!
: ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : |i :|::::::::ヽ:::::::', ハ: : : : : : : :/: : : :l  ダンブルドア先生がそれを支持すればいい
: : : `,: : : : : : : : : : : : : : : : !i :!::::::::::::}::::/|: :|: : : : : :∨: : : : :!
: : : : `,: : : :/ : : : : : : : : : !i :!`:---z'´::|: :|: : : : : : :', : : : : !
: : : : : :': :〃: : : : : :.: : : : : :!i :!::::_| |_:|: :|: : : : : : : ',: : : : |
: : : : : : V: : : : : : :.:.: : : : : :|i :|└‐┐ ー┘ |: : : : i : : :i: : : : |
: : : : : : :|: : : : : : :.:.:: : : : : :|i :|::::::::::| |::::::|: :|: : : : l : : :|: : : : !
: : : : : : :| : : : : : :.:.:.: : : : : :|i :|::::::::::|_|::::::|: :|: : : : l : : :|: : : : |



2989 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:47:34.70 ID:z4BRJ9vW




   ヽ__::::::::::::::::::::/::::/:::/         /;;;;;L;;;;;;}:\___
   //::::::::::::|::::::::|/:::/            );;;;;;/  }:::::::/
   /::::::::::::: |::::::::{:::::/ .》    っ        }:/x=ミ |ヾ´
   ::::::::::/::|:::::::::ヽ::7((,,_          \  ィ伝ハ |ニ=一
   ::::::::::::::::::::::::::::::_,ニ=一`"''ー-、、..,_ / /  乂rジ /.} __________
   ⌒}:/::::::::\:::\   ,ィチ示ハミx    :.、一' Vー{燕Κ( 】
   /:/::::/⌒ \:::\   乂こツ        〉  .}   ̄ ̄ ̄
   ⌒}:::::/{  ノ.> `⌒\ ー一 '"     ´ ′          あ、亜人に効く忘却呪文??
.   ー=ニ二\ \ヽr    u    _____  イ  /
.     _,,..、-ノイ`ト、__\ノ.へ,      丶ニ二:::::/ /
    /二二ニニノイヽ, <x(::)x\ _         ./          ど、どこまで高いレベルの忘却呪文なんだ……
    二ニニニニ/ニニ\\/ K´\ ≧=‐



     /イハ /.:   /::::  l  l  .ハ  l   l l ト、ハ
.     { l Vi::    l:::: / / / / l  .| ト、 | | | ハ ',
     / |.  |::   .l:: ./ / /i ./  |  | |k. | | | j i l
     ヾ小ミ、|    .|〃./i ./ .l/   .| .ハ .| } | i イ八;
      iヘミ|   |ィ示≧=-,;    .lィ彳=、イ / /l,' リ
       >il   | ll {:::} i Y     il{:::} ! / l/,/|/ /
       ヾil|   | ゞー ソ     ゞ┴'´ ./  .|
.          |:::::i: | u             /::  |      レベルが高い、なんてものじゃないですね
.          |:::::l. |        i}     イ::::. |
       /::| :::l, |>、    (  ァ  / |!::;;i |
.       /:::∧..:! ,| |\       <   |::: l |      忘却呪文すら人に賭けるには緻密さがいる高度な呪文なのに……
      /:::/  i  .| _|  >  _ /|:::::>  |::. ! リ
      ヾ.'  ∧  |\         |.K   |  イi
        /∧> .|  \    /  \ _| ハ/
'` ー── ''´ヽ  .', .|   \ /      lイー─ ''´`\
    i     ヽ  il    /::::ヽ     /    ヽ   .\



        ,. __=ニ二ニー-__-―- 、、
       ,:ィ':::::`丶,.、 , ,=ニr‐、 ,..、\
      /:::::::::::::::::/:::V:::::ヽ:;:ヽ:;ヾ、::\
.      /:.:.:.::::::::::r-/:.:/twィi::ヽ:;:ヽ:;:;!ヾ:;:
    /:.   :./ l:.:/   ',:.: l:;:;:l|:;:l }:;
    |::.:.... .:/、__ |::!    |:...|:;:;lj:;:;l/:;:;
    |:::::.:.:/__、_.:`|::!    __!:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;    成程、これは詐欺行為と言っても
    |::::::/'、 l:::i`' |:|  ,.ニ゙,..,l/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
    ',:::::l !  ̄´  リ  ー'-ツ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;イ
      ヾ:;:、'、u .::/′   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/l|l    意味があるし、何よりも詐欺をするために一億ボンド稼げる人間を持ってくるようなもんだ……
      ',:;l| '、 `     ,!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_Ll|_
      !:!l__l>ヽニニヽ  、:;:;:;:;:/´:.:.:.:.:.
       l:l▽ リヽ.二.. ィ^ヽ:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ▽  ,. -f: -、_,、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        //>'′ く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



2990 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:52:44.75 ID:z4BRJ9vW




                               __...__
                             ,,,イ::::ヽ::::>、
                                 爪::::{:::::::::::::::::::',
                           从ハトヾ:::::::::::::::N
                             {ノイ::ヾ::::::ソ:イ!
                            У,イ从::::::乂爻                 作られた物語という幻想の前には
                       ,..ィニニニニニニソ从从、:::::::爻
                         /ニニ三三三三三三ヾ三}ih。、,,__                 例のあの人のごとき恐怖すら薄れる
                          〈三三三三三三三三三三三三三ム
.              /⌒i.         ィ'三三三三三三三三三三三三ニニム
            i'  {      ,,/三三三三三三三三三三三三三三三}          いや、というよりも例のあの人は
            } '" i___ ィ≦三三三三三三三三三三三三三三三三ニ>x
         ,....__./.  V三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ.价z、      強さと恐怖という共同幻想こそがその強さの原点である
       〈 /ヽ¨''=ヽ. 乂、三三三三三三三三三三三三三三三三三ト三三三ニニ‐ト、.     __
      ,.....、''ト,、__ノ__./_ヽ:i,三三三三ニニ./イ |三三三三三三三三三ニ〉ヽ三三三三三ヘ、___、.,イ ノ
.,.....、   〔.ノヽ`ヽ=ミ     }:i:i三三三ニニ.У  {三三三三三三三三三三ニ>、ヾニ三三三三ニニ|} 乂
ヽ、 〉⌒ヽヾ,  ,  ,,/ ¨イ/:i:i三三三ニイ    ヾ三三三三三三三三三三三ニト、 `''<三三三}}   >‐''i
  ヽ_`_ ,  `>‐ニ''_厶イ:i:i:i'三ニ=''"´       《三三三三三三三三三三三ニ>、  `''<,イイー‐''"¨ ̄´
     `¨¨¨¨´ ̄ヾ:i:i:i:i:i:i:ノ=イ           /三三三三三三三三三三三三三三`ニニニニニ==-
             ̄ ̄´.             }三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニ=-
                            ム三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ‐
                               /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニ
                            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ



                          _ ...... _
                           /.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
                     ヽ、くミ辷彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                   {.:.:>>ぐ彡イイ //.:.:.:.:.:.ヽ、
               (、、__..ノ彡イ{γ} |:// Ⅳく|:./ヘⅣ!iヘ!
                  ≫>.:/.: 人ゞ j′  j/㍉ゞ 厶!!|
               {イ.:/.:.:.:.:.八:.ヘ、j    ´┌仞イリ
                 彡.:.:-=彡:.:.`:.ぐ `ー 、 >、j彡イ         故に、共同幻想にはさらなる共同幻想で対抗するしかない
                イ.:ハ.:.:.ノ.:.:.:リミ`ー=≠ー 、
                  ノノ从.:(((人ノ   /´     `\
                    ///// ヽ` ー   `ヽ      ' 、        ダンブルドアという共同幻想と、虚像であるロックハートという共同幻想
               /'////       i          \j
               /     /          {          \
          . イ    ヽ |i:、、         }___      `ヽ/          物語というソフトパワーで対抗するのだ
         // /,   `ヾV/,\ヽ、    く、    `ヽ   ヽ
           {/ヘ//    ////////7ァァ==…ヽ、、      \'、
         Ⅵ/\   //////////    /`\ヽ、、___   `\     その役割を折ったのが、私というわけだ
         くУ/∧ヘ//////////     /     }/ヘ<    ヽ\ヽ、、
           ////∧∨////////{ /  /     |//ハ⌒ヽ  ̄`>/∧´ ̄`ヽ、             _ ノ )
        {//// ヽゝ/////////  /     イ///ハ、     '/ ハ     ` ー──-rrx、 _/  /
        |////  ハヽ\\∨/  /     /////小ヽ、、______               //¬'´     く
        |////, /  ∨ ヽ丶ー=《′      ,/////// ヽ////////7ァァ、、     //   、 `ヽ ヽ
        |/////,  /へ\\   |    / //////   ` ̄ ̄ ̄ ̄``'<//ァァ、、,{{、、___  `ヾ、、ヽ ヽ、、_
         j/////_/∧  `\\__|___/ /ヘ///ハ               ``寸///{{/// ``ヽヽ Y^ー- -ー′
.         {////////∧  ヾ、、__}_____ ___Ⅳ/ハ                   \//||//      \ \_
.         ∧/// //  \   /            ヽ\ヘ



2992 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:56:48.49 ID:z4BRJ9vW




                                                       /::
                                              _,,..、-‐ァ‐-:':::::
                                            )\/:::::::::/´:::::::::::/
                                       {\/::::::::::::::::/:::::::::::::__:::`
                                        _.-→::::::::::/:::::::/:::::::::::/´::::::::::
                                      j:::::::::::::::>'(( ̄ ̄^^>'::::::::::::::::
                                     }::::::::/          ⌒¨¨¨ヽ::::
                                    ___/// `\   u    , --、>
                                \::::::::::::::/ し   ヽ        /ニニニ
                                  `ア::::/   ____   V       ___)ニニ
                                      /:;/l.ィ"´ ̄`ヾ  :} } /___ヾニ/⌒
                                 <::/rヘl′ f國  }l    { ´  ____ ̄ ̄     では、何故今ホグワーツに?
                                     { {_tl 丶、         '"´ ̄`ヾ,、
                                  八  l   `'ー=  .:::     f國   ヾ
                                     Xl  U   t} ,、     、
                                 /(:::)> l                `¨¨¨¨´
            /\           ________     / 不/       r‐
       ___/ニニニ\r<二二アニニニニニ <'⌒)/   ∧   t二   __〉  U  し
     /  \ニニニニニニ>''"\ニニニニニ二` ニ>ー-/ ∧      ` ー'         ,、



               _ 。 r≦ニニニニニニニニニニニ=-    __
              ‐-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ> ¨´
            _。r≦ニニニニニニニニニニニニニニニ\
             ` <ニニニニニニニニニニニニニニニニ\
               /ニニニニニニニニニ人ニニニニニニ、_≧s 。_
              /ニニニニ,ニニニニニ,/  ヽニニニニニニ、  ̄
            イ>/ニニ/ニニニニニ/   _ィヽニニニニ∨ニ\          ヴォルデモートが復活するからだ
             '  , ニニ〃ニニニニイ /  ≦/灯' iト、ニニニ∨トミヽ
            ,イニニ'〃/|ニニニ/∥'  ̄|ト、_ ̄_ ム'ムト、ニニト,∨∧,  ̄
           / イ / /ニ∥.ニニ/ レ  、 ,  ヽ ∥ニ|ム}ムニ∨ '∧,         昨年の事件からわかるように、
             ´  /ニニニ∥ニニ/ム   ____   ,イニ|/|//,}ニムニ |r<,∨,
               /ニニニ,∥ニ/|ニ}i\  ‐‐  /i{ニ|/|/////ム,|ト、//へ        ヴォルデモートは復活の手段を択ばなくなっている
          _ r≦i=----}}!,/,',|ニr===ゝ __ イ===}ニii,',|'/////_/_/_へ//,\ト、
       _ イ//ノ///////\//|==': : : : ,: :Y:ヽ: : : : : : : r≦| ̄: : : : : : : ∨\/,!\
     ィi////‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐'‐i'i‐'': : : : : ,:イ: : i: : :∨: : : : : : ::|:|: : : : : :/ : : : ∨__ヽヽ/\   そして、ヴォルデモートは必ずホグワーツを狙う
    ,イ/ノ//‐/: : : :ヽ: : : : : :_|,|r====/: : ::∧ : : ∨:=====:|:|: : : : :/: : : : >: ´ ̄∨//ヽ
.  ,イ//,//: : \: : : : ∨: : : }ri}}/>:´`: : ://∧: : : \////n/}: : : |: : :/: : : : : : : :ヽへ'/}
  //// ,/: : : : : :ヽ/ ̄`: ´>:´: : : :> `/_//,'ム: : : : ヽ/r‐、/! : : !/: : : : : : : : : : : :∨,
. |/‐'  ,/: : : : : : :/>‐: : :´: : : : : <: : ‐: : ̄∨//,'\: : : :>:、: `‐: ¨¨ヽ: : : : : : : =:=:=:=:=:=、



               ∨-=、 /ニニニニニニニニニニ≧s。_     r=:.、   /::::::::::/  /::::::::::/    /
                   ∨-=ニニニニニニニニニニニニニニ≧s。_ }:::::::i!   .ム::::::::/ . ./::::::::::/   /::::
            ____ __-=ニニニニニニニニニニニニニニ=-      i::::::::|  .|:::::::::リ /::::::::::/  /´::::::::::;
           `<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-    {::::::::i!  ,::::::::::;'__/::::::::::リ./::::::::::;/´
              >ニニニニニ|! ヽニニニニニニニニニニニニ=-   !::::::::i_,:::_::::r':::::::_:_:::-:'::::::::::::/
             /:ニニニニニi!., ィ∨ニニニニニニニニニニニ\ .‐、}!:_:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/    DADAの教授に無能を置いておく暇はなく
            /ニニニニニニ忙ノ .∨ニ|ニニニニ∨ニニニ}i、ニニヽノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃
            /_-=r/ニニニ∧ニi'__ィ ‐∨:|ヽニニニニニ∨∧ニニリ∧ニ/::::_:_:::::::::_:_ 。s≦ ̄:::_::::::/
             /ニニニニ,{:|.∨´  ̄.∨ヽ∨ニニニ.∨∧ 7//}}_ノ:::::::::::: ̄:::::::::::_:_:_: ̄::::::∥
               /,イニニニ, :|_ ,   __  '|  .∨ニニ|\∨フ///'::::ヽ::::::::::::::::::/´:::::::::::::::::::::: ||        なおかつ確実にヴォルデモートの手が入っていない人物
           /' /ニニニニ| ∧ / ‐    .∨ニニ|_....ヽr、//:::::::::::::ヽ_ 。s≦::::::::::::::::::::::::::::::‐=、
           _イ7ニ/∨ニヨ ==ヽ/{{     /.∨ニ:!:::::::::::::::∧::::::::::::::::::::‐=\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
        /ニニニ/ ニニ∨ニ :==//{ト、  /ィ/::∨ |::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::/≧=====‐ .、:::::::::::::::::::ヽ  即ち、ロックハート先生になったわけだ
        ->/ニ7ニニニ∨ :==∨,'{{/`チ/:::::::::::::∨!_::/     ` <_:_:_:_:_/ミ、//≧x/,'へ ` <::::::::ノ
      / ´/ニニニニニニ∨=<ヽ,'{{==>ヽ:::::::::/i:::〉            〃::::::::::::::::`:<∨//,'∧
        /ニニニニニ>r‐∧//////ム/:_:_:_:_:_/::::::{'          /::∧::::::::::::::::::::::::`::\/,'∧
     -=ニニニニニ>´_∥_////,>.::´::/::::::: /:::::::::::::∨          /:_:_:_∧_:_:_:_:::::::::::;::::i::: ∨,'∧
_。s≦ニニニニニ/'////,{{///'イ:::::::::::::/:::::::: ∥::::::::::::::::::\      イ//////////\:::::∨::::::::::::∨}i!
 ̄ /ニニニニ//.レ////イ,'/::::::::::_:_:_/:::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::≧=‐‐r':://///////////,ヽ:::|i::::::::::::|::∨!
./ニニニニ///'/|///r':´:::::::/:: : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /////////_/∧//-/ヽ:::::::::::i!:::::::ヽ/../
ニニニニニ'////ノイ==i|:::::::::::i::::::::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ//></////,∧////'∧::::∥:::::::::::∨../
ニニニニニ|/// =====i!::::::::/|:::: : ∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |´//////////////////∧〃:::::::::::::::∨../



2993 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 07:59:10.74 ID:z4BRJ9vW




                       ___
                 __/ ̄`´:.:.:.:.:.i___
                   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.: i
                  ノ:.:.:.:.:.:.:.// /::/::/:ハヘ:.八
                 .:´:.:.:.:.:.:.:.イ:.:/:へ/::/:/"`V .:.:`ヽ
               /:.:.:.:.:.//!/i:.从ィ芝ト㍉   Ⅵ:.:.:.リ
                リ:.:.:. /イ⌒レ' ハリ┴┴  xイハハノ
            ヽ:.:.:〈て( ヾ:        ヾソノリ
             八:.:!ヽつ   :. 、_   イ          現状私ほどデスイーターに怨まれている存在も少ない
          -=彡:.:.イj:.:ハ:        ` ー/
              イノ:.:.:イ八:.:.ヘ 、    `"/i
           イ:.イ:.:.:.i:.:.:.: ミ彡 ` ー - 〈:::ト、         月に【1D5:3】回ほどデスイーターからの暗殺をかわしている
           从リ:.:ハ!:.:.:ヽ\ー―v「 ̄`ヾミ
            Ⅵ ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:i:i|:i:__rヘミ=ー
             __ ...r┘、 :::::──L:i:i:i|:i:_::|:::|、           だが、そろそろ危ない
     . . ..:.:.:.::::::::::::::::::::::\:::::::: |::::|:i:i:i:i:i:i:i:::i:::`:::.....、__
    . . ..:.:.:.:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|::::|:i:i:i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::::\
      . . ..:.:.:.:::::::::/::::::::::::::::::::::::::i::::iヽ:i:i:i:i:i:i ハ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . . .:.:.:.:::/:::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:\i:/:i: ヘ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . .:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:i:i:i「i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::.:.:.:....



                 _____
            /`ヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.ト、__
          「`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\
       rー┤:.:.:.:.:.:. ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
       | :.:.:.|:.:.:.:.: !i:.:.:∨:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       i :.:.:.|:! :.|:.:|:!:i:.:.:∨:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       | :.:.:.|:! :.|:.从乂:.:Ⅳミヾ.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉     昨年度の事件でデスイーターが活発化している
       |:.i:|:从:.i|イ⌒从リ ミく ノハノ:.:.:.:.: : Y
       リ从Уハリノ´   /   //:.:.:.:.:.:.:.:.:八....ノ
          /      j   ぐイ:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:く     ホグワーツにて後進を育てることは一度やってみたくてな
.          く   _,     //:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:.ヾj
           `<´      イノ:.:.: ノ!:.:.乂Уノ
              ',    イー=彡イノ:.:.ノ从乂      渡りに船というものだ
               ノゝ-<ヽ___∠ ̄ ̄::::::::::::|
            Ⅵ-r―||:i:i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::ュ、、___
             _j:::j:::/イi:i:i:i:i:|二ニ─/:::::::::::::::::::::.:.:.:......
        _ ... ィ´:::: / /i:/i:i:i;  |:::::::: /::::::::::::::::::::/::: ̄ ̄::.:.:.:....
       /:i::::::::::::::::/ /i:/i:i:i:i'  ハ:::::::::::::::::i:::::::: /:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
         i:::l:::/:::::: / /:i/:i:i:i:/ /:::::::::::::::: : |::::::/:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
         l:::l/::::::::/ /i:i:i:i:i:i/ /::::::::::::: : : :.:|::::/::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.         ハjノ::::/ /i:iヘi:iイ' /:::: : : : : : : : :|::/:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.       /:::/::::: / /i:i:i:Πi:i /::::.:.:.:. : : : : : :.|/::::.:.:.:.:.:.:.:.:



2994 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 08:01:56.11 ID:z4BRJ9vW




               ∨-=、 /ニニニニニニニニニニ≧s。_     r=:.、   /::::::::::/  /::::::::::/    /
                   ∨-=ニニニニニニニニニニニニニニ≧s。_ }:::::::i!   .ム::::::::/ . ./::::::::::/   /::::
            ____ __-=ニニニニニニニニニニニニニニ=-      i::::::::|  .|:::::::::リ /::::::::::/  /´::::::::::;
           `<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-    {::::::::i!  ,::::::::::;'__/::::::::::リ./::::::::::;/´
              >ニニニニニ|! ヽニニニニニニニニニニニニ=-   !::::::::i_,:::_::::r':::::::_:_:::-:'::::::::::::/
             /:ニニニニニi!., ィ∨ニニニニニニニニニニニ\ .‐、}!:_:ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/
            /ニニニニニニ忙ノ .∨ニ|ニニニニ∨ニニニ}i、ニニヽノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃
            /_-=r/ニニニ∧ニi'__ィ ‐∨:|ヽニニニニニ∨∧ニニリ∧ニ/::::_:_:::::::::_:_ 。s≦ ̄:::_::::::/       俺は君たちに期待している
             /ニニニニ,{:|.∨´  ̄.∨ヽ∨ニニニ.∨∧ 7//}}_ノ:::::::::::: ̄:::::::::::_:_:_: ̄::::::∥
               /,イニニニ, :|_ ,   __  '|  .∨ニニ|\∨フ///'::::ヽ::::::::::::::::::/´:::::::::::::::::::::: ||
           /' /ニニニニ| ∧ / ‐    .∨ニニ|_....ヽr、//:::::::::::::ヽ_ 。s≦::::::::::::::::::::::::::::::‐=、       今年度は、ロックハート先生の指導の下力をつけなさい
           _イ7ニ/∨ニヨ ==ヽ/{{     /.∨ニ:!:::::::::::::::∧::::::::::::::::::::‐=\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
        /ニニニ/ ニニ∨ニ :==//{ト、  /ィ/::∨ |::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::/≧=====‐ .、:::::::::::::::::::ヽ
        ->/ニ7ニニニ∨ :==∨,'{{/`チ/:::::::::::::∨!_::/     ` <_:_:_:_:_/ミ、//≧x/,'へ ` <::::::::ノ
      / ´/ニニニニニニ∨=<ヽ,'{{==>ヽ:::::::::/i:::〉            〃::::::::::::::::`:<∨//,'∧
        /ニニニニニ>r‐∧//////ム/:_:_:_:_:_/::::::{'          /::∧::::::::::::::::::::::::`::\/,'∧
     -=ニニニニニ>´_∥_////,>.::´::/::::::: /:::::::::::::∨          /:_:_:_∧_:_:_:_:::::::::::;::::i::: ∨,'∧
_。s≦ニニニニニ/'////,{{///'イ:::::::::::::/:::::::: ∥::::::::::::::::::\      イ//////////\:::::∨::::::::::::∨}i!
 ̄ /ニニニニ//.レ////イ,'/::::::::::_:_:_/:::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::≧=‐‐r':://///////////,ヽ:::|i::::::::::::|::∨!
./ニニニニ///'/|///r':´:::::::/:: : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /////////_/∧//-/ヽ:::::::::::i!:::::::ヽ/../
ニニニニニ'////ノイ==i|:::::::::::i::::::::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ//></////,∧////'∧::::∥:::::::::::∨../
ニニニニニ|/// =====i!::::::::/|:::: : ∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |´//////////////////∧〃:::::::::::::::∨../



              ノ|: : : : :ノ|
             /:.:|, ' ´: :.ノ, ‐ 'ノ
.              /: : :./: :, : ´: : :/ ヽ
.         ヽー― '´l: : :./: /: : : : : :, : ‐: : ヽ
.         _>、: :.人: :.{: :{: : : : /: : : : : : : :ヽ
       >‐/: , :-:/  ̄ ̄ ̄ //>、-- :': :/
        、_ノ: :.': : / u.     /'⌒)∧ー‐ >
          フ: :. :./ , -    -<∧: : :.>
        ゝ, :ノ:}/ _ _ u  ,  - 、 ヾ:、: :ゝ   はい
.        ノ:_:_:rl! ィ = 、   ィ = 、∧: :_\
            乂、、廻      廻 ∧'_
         イ‐r∧"""  '  "" /ノ
             l籵 ヽ u  -   /z|籵
.      ,≦==l__|、ヽ>  _ イノll_,|__!== ≧ 、
      /     l! lヽヽ>r r '  / l /    / ヽ
.    /         ヽヽ ヽヽ|O| / / /     /  ∨
.   / \  ̄ ̄ ヽ ヽヽ | |  /       ∧   |




To Be Continued→



2995 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/16(日) 08:03:13.64 ID:z4BRJ9vW

前年度賢者の石騒動が起きたのにダンブルドアが無能をホグワーツの教員にするわけないやろ
という理由でロックハート先生は改造されました
原作ムーブはファッジが悪い(確信)
ではまた昼頃に



2996 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/16(日) 08:03:22.15 ID:ZeVrvLIF

原作での忘却術の設定を生かしつつ、よい方向に持ってきたな。


3000 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/16(日) 08:55:41.76 ID:eTvYaAgc

こんな忘却術の使い方をするロックハート先生は初めて見るなぁ
素晴らしいお方だ(掌ドリル)


3001 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/16(日) 09:05:59.74 ID:JxUZoCpj

なにこの斬新な新解釈デスイーターは派手に活躍してるみたいだし
お辞儀様の活動も派手なことになりそうだ


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 176 (06/24)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第十七話 タンジェロVSアルトリア! (06/24)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第十六話 闇の帝王とマグル (06/24)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】あんこでいく異世界転移もの~~~駄女神になんか絶対負けないんだから!~~~ 19 (06/24)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百四十三話 (06/24)
  • 国内的な小咄 1564 納豆だけにあらず (06/24)
  • 国内的な小咄 1563 行ってみようぜ、北の果て (06/24)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 6章 コミュ その1 (06/23)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 6章 その4 (06/23)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 6章 その3 (06/23)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 6章 その2 (06/23)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 228 (06/23)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 227 (06/23)
  • キル夫は光の少女を守るようです。 15 (06/23)
  • キル夫は光の少女を守るようです。 14 (06/23)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 7月1週目 その3 (06/23)
  • 【新訳天庵記】やる☆おだ 第89話 : 小田城の戦い (中編) (06/23)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第十五話 ダンブルドアが把握している現状 (06/23)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第十四話 ウィーズリーエジプトツアー御一行様 (06/23)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #139 (06/23)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #138 (06/23)
  • 読者投稿:たのしいけいば~黄金の不沈艦~中編 (06/23)
  • 読者投稿:Minecraftで遊ぶ際の注意点や、体験談 (06/23)
  • 読者投稿:将棋の世界について「トップ棋士のスケジュール」 (06/23)
  • 読者投稿:コロナワクチン1回目 レポート (06/23)
  • 読者投稿:親族相盗例について (06/23)
  • 読者投稿:FCモルドヴィア・サランスク (06/23)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第五十四話 (06/23)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第五十三話 (06/23)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです キノコタケノコ編 13 (06/23)
  • 小ネタ スぺオペあんこスレ (06/23)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 番外編 水着ジャンヌ達のミズーギィ復興 (06/23)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 番外編 アストルフォ達の孤児院 (06/23)
  • 読書的な小咄 122 丸まった亀 (06/23)
  • 読書的な小咄 121 満腹ボクサー 徳川 (06/23)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 6章 その1 (06/22)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ インタールード 一方通行 後編 成長ロール (06/22)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ インタールード 一方通行 前編 (06/22)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 5章 コミュ その5 (06/22)
  • やる夫の伝説 第四十二話 (06/22)
  • やる夫の伝説 第四十一話 (06/22)
  • やらない夫とまどかタイタス 第69話 (06/22)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 175 (06/22)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 174 (06/22)
  • 血まみれ勇者 第五十二話 (06/22)
  • 血まみれ勇者 第五十一話 (06/22)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第十三話 夢見る黒犬 (06/22)
  • タンジェロ・ポッターとアズカバンの囚人 第十二話 腐ったハーポとタンジェロ・ポッター (06/22)
  • 魔法コミュ障女★結芽は怠惰 1周目エピローグ (06/22)
  • 読者投稿:声優のテレビ業界への進出について (06/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング