スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十五話 Interval of a different world ~ 第六十六話 ある男の二人言

目次

1358 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 09:07:34.09 ID:hw3/zODX



タンジェロ・ポッターと賢者の石

第六十五話 Interval of a different world



                            _-ニ ⌒ ''~ ,,_
                         _,,.、/   \     \
                      /  /ハ      ''~ ,,_   ',
                      ヽ  〈ニニh、、       ̄⌒{
                    _,, ~h、 ` マニニh、、       ノ
                 _ -_-_-_-_-_-川h、  ` マニニニニニニニニ八
               _-_-_-_-_-_-_-八:i:i:i:ir=ミ、、  ̄¨¨¨⌒   `、
               /_-_-_-_-_-_-_-_从:i:i八fぅャ~''~ ,,_  __/
               }_-_-_-_-_-_-_-_-} (       〃fぅ チリ-_-_-}
               }_-_-_-_-_-_-_-_八      j     ノイ_-_-_-_}
               }_-_-_-_-_-√ ∧ `、  ~‐- /ヽ \_-_-_}       すまないな、ユニコーン
               }_-_,, ~''~/ニハ::::ヽ  \ _,,.、イ j.  `、 V/-}
              √:::::::::::::::::/ニニハ::::::::\   /⌒レ仆、    V/}
              _-ニ:::::::::::::::::/ニニニハ:::::::::::ア寸:::::::::∧::::个、  V/\
              _-ニ::::::::::::::::::::`マニニハ::::::::/  ヽ:::::://ハ:::::::::ヽ/:::::::::∨/
             _-ニ:::::::::::::::::::::::::::`マニハ::::∧  ∧:/ニニハ::::::::く::::::::::::::::::∨/   私に協力してくれたこと、感謝する
            _-ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニV/'√ Vニニニア:::::::/∧:::::::::::::::::Ⅴ/
           〃(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニⅤ}    }ニニト、::::::::::::::/ハ:::::::::::::::::Ⅴ/
          八::::`、:::::::::::::::八:::::::::::`マニニV     }ニニア:::::::::::::::::/ハ:::::::::::::::::Ⅴ/
         八`、::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::`マニ}   /ニア:::::::::::八::::::/ハ:::::::::::::::::Ⅴ/
        _ニ:::::::`、:::::::::::/-}::::::::::::::::::::::::::::::`マ /ア::::::::::::::::,'_-_ゞ::/ハ::::::::::::::::::Ⅴ/
       〃:::::::::::::::::::::/}-_-ト、、::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::,'_-_-_.V/ハ:::::::::::::::::::Ⅴ/
      √:::::::⌒ニ- _√ .}-_-}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::,'-_-_-_-V/∧::::::::::::::::::∨/
     √::::::::::::::::::::⌒~''~ ,,_}::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::〉-_-_-_-_}:::::::::::::::::::::::::::}
     √:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒''~ ,,::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::'/-_-_-_-`ヽ:::::::::::::::::::::/
      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ̄⌒''~‐- 、、::::::::::::::::'/_-_-_-_\ ~''~‐-ィi{
      /~''~ ,,::::::::::::::::::::::::::::::八        `、V/::::::::::::'/_-_-_-_-. Гニニニニニ}
     /      /ニア::''~ ,,_/:::::::>-‐~''~   ⌒-_::::::::'/_-_-_-\∟ニニニニニ}
    Гニニニニニ}ニ/_-_/:::::::::::、丶`             ∨/`ヽ_-_-_-_-{ニニニニ}
      ̄ 丁ニニニ}_-_-_-~''~/       八       ∨/ ∨/-_\ {ニニニニ}



                                               ,. -,
                                          ,..- '",. -'"
                    _                ,. - ''",. -',. -'"
           _,..- ''''"  ̄ ヽ   \       ,. -i  , -'"  ,. -',. -''"
          /ヽl: ::'、 ,. -‐--  ,   , - 'ヽ、  /  ,.|'" V-;'", -'"
         , \ ! ,,'、\      "'''- 、 __ /'""/ l", -'"/- '"
      , -i'-"'l'" | l~i~""''' ‐- .. ,,_ i'''''l∥Y , - '" l ,./ /
     /.:::::l:::::.. l::! | |_,i: : : : : : : : :/ \ >、'ヽ-、   |  "~       _,. -..,
    /;:::::::l:::;,-'"'-、Y/ゝ- ;_ : : /,-'   >、 ' l '<     ,.. -‐ ''"~ \ \ヽ'''- ._    ふん、お前の言うとおりにした方が
   /;;:::::://::;;:::/.:::::::::"l、: : : : "' 、     //i\ |\ l  ,..-' /"  〉'''"~/:::/ /,, ,_ ミ''
-‐'''Y ''~//;:__ノ/.::::::::::::|-'\: : : : l ....,,_///"'i'Y /,-'"~  /    /   /:::/ //::::. "''-
::::;;;;;:::::/_/;;;;;_ "''- :: |;;;:::::::\ : : '''';''''''''''ゞ、.:/'"_,-'    ∥    /   /-' ノ/::::::::::.     俺の無念が晴らせると思ったからだ
;;;;;;;::::://::::::::::ョi::"'''- ._;;;;::::::::::::::::l_"'''- ._ /l/ '" ' . : : : : :∥    /   /Y::::/::::::::::::::::.
;;/ ̄ /::::::::::::l:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト 、ミ- 、 r─y' : : : : : : :∥   ,-' ─..,,_/_/,-'‐- ..,_:::::::::::.
/ ,.-'::::::::::::::::l::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾフ/ /  /. : : _,. -'''"~\,. -''"/   /K、     "'''- ._
: /::::::::::::::;;::::l:::::::::::"'- ;;::::::::::::::::::::::::|:l.i. |::::l_,. -'''". : : : : : ∥   /   /"'''- ._"'''- ._ィ /
/:::::::::::::::!_ノ/ゞ、;::::::::::::::::"'- ;;:::::::::::::|:l:l:::::|:::l : : : : : : : : : ::∥   /   / l;;;;;ソ、  >t'"/ /.
,,,::::::::::::::::::/:::"''- .ヾ;::::::::::::::                ∥   /   /リ:::l巛、ゝ'"..t:::'、/ /::
/:::::::::;.-;:/::::::::::::::::::/:"'-、



                     ___,.:‐-.、__
                   /:::::::::::::::::::\:`ヽ
                  /:::___:::`Y:::::___::::\:::\
               r''":/::::_:::\:/:::入::\:::ヽ::::}
               {/::::/::::\:::::/::::::}:::::::\}::::\__
               {/:::/::/⌒  ̄ ⌒ {::::::::::::::}:::::rへヽ,_
                 /:{::::{/          }:::l{:::}:::ト、::ヽ  `⌒
.                〈:::{:::〈_____         {::八::::::{:::VL
                \::::}   ``    ''"V ̄ヽ::∨ヽ:}
                   {f 〉}弋f;li`ト   ィ;il;)ア ./:::,′ リ
                 Y::::}       /|     (:fア
                  ヽ:::.=ミ、 〈 :| ,    /八
                 /ニ)込   ー =一  イニ\)
              /ニニニ} \  ^  / }ニニ∧_                         なに、必ずやお前の無念はタンジェロが叶えてくれる
             //二二ニ}\ .>--< ./}ニニ∧\___
        ____/ニ/ニニニニ}  `ヽ、__,.. イ  jニニニ∧ニニヽ__
      /ニニニニ/ニニニニ{   /:::::::ヽ   }ニニニ∧ニニ\ニ=- _
.      /ニニ/ニニニ/ニニア⌒ヽ}  ∧:::::::::::}  //⌒`'<ニ〉ニニニニニ=-                  お前は私に従えばいい
     {二/ニニニ/>''"´ニ◯ニ}〉 / }--:::〈 /ニニニ\ニニニニニニニニ} _-=ニ二二ニニ=- _
     {=/ニニニニ/ニ二二ニ/∨ r':::::::::::::}〈ニニニニニ\ニニニニニニ/ニニニニニニニニ    私は間違えないからな
     {二二ニニニ/ニニニニ/x}   }:::::::::::::{ }ヽニニニニニニ=一''"´ ̄ニニニニニニニニニ
     {ニニニニニニニ/ }xixi\ .}:::::::::::/ /i} \ニニニニニ>''"´ ̄ ̄} ̄ ̄`'<ニニニニ
     /ニニニニニニ/}   Vxixix\::::::/イx/    /     /  /    }ニニニニニ ̄\ニニ
.    /ニニニニニニ/こ/   ∨xixixix>'ixixix{    /   ;  / /     .}二二二二二二`'ー





1359 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 09:10:05.68 ID:hw3/zODX




                   \、                       /    〉.|\_ハ
                     \、                 ____/ ̄ ̄/ |_/ |¨:|
                      \、              / ̄ヽ∨   /``~、、| |
                        ヽ‐、__      __,,/ / ̄|/   /     | |
                         ∨ヘ「) )7^ヽ  ∧//   /  /ヽ       | |l
                         トt‐ァ,ィ〈  ゚。 | / /  //  /   |    /ヽ |
                          Y=彳 「 _、⊥/|‐' / ∧/  _,,|     /  | |
                          .>ヘ>ィ/ ̄丁|_/  / ∧ /   ヽ  /-、 | |
                       x<>'"//7 / ̄/ 乂__/ヽ/ .∧     |¨|´  V/   ユニコーンにすら傲慢に対応する
                      〈∧ニニイ´ / // ̄\ 弋ニ/  ∧xヘ   凵   川
                       ∨ ∨ |_/ ∧   /\_〈   |/|  ゚。    /\リ
                       ∨/  / ∧__/ ̄∨___\/| │  |\ /|   〈
                         \ ̄\  ∧   /:: :::::// .| │  |  「l  |     〉
                         ヘ  ヽ / ∧_,∧ ̄ 丁l   | │  |  l」  |   ∧
                       ∠_xヘ___/   /:::::::∨:: | .|.   ¨| ̄ ∧    j  /     お前は本当に人間なのか?
                      / / ∧  ∨ /:::::::::| ̄l:| :|    |  マ∧  /〉ヽ/   〉
                      |∧   ∧___∨--‐゙7  | :|    |   \| |/  /   /
                      く  \// }  |    /   .| :|    |     | |.  ,′  ,′
                     r<><,.イ__ノ_  |  /    |_l|    |     | |  ′  ,′
               _,,.........。s竺〈^Y / /‐〈 \|     / |    |     | | |   ,′
          _ - '  ̄    >'"⌒ ∧  ∨.∧ /   .。o≦  /|    |     | | |  .′
      _ -   ̄    _ - ¨     | |  ∧  ∨|。o≦⌒  / l|    |     | | |  .′
 _  -  ̄      _ - ¨        | |/ ∨⌒ヽ ____/  l|    |     | | | .′



              ′             ~''~-ニ : : : : : : : : : : : : /∧
              {                   - : : : : : : : : : : : : : :',
              ′                    ~''~ : : : : : : : : : ',
             j                         -ニ: : : : : : : ',
             ′ _,,.、s≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ~、、
             √ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
            √ニニニニニニニニニニニニニニ>-‐…    ……   …‐-<ニニハ
            √ニニニニニニニニ>~'' ⌒              _,,....................,,_ ⌒''~ ,,_
           √ニ>~'' ⌒           -‐………~-ニニニニニニニニ八: : : : .. \
          _ ~''~      _........~''~: : : : :⌒~''~-ニ:i:iヽ:i:i:i从:i:i八i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i从: : : : : ..  ',
     _ ~''~       _ ~''~>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : )i:i:i〉:i)i:i:i∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i巛: : : : : :  }
   /    _ ~''リ:i八:i:i巛〔 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 巛 (リ〔:i:i〔 マハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iマハ: : : : :  〃
  √  〃      川:i:i:i:i:i:}i:i:i}                〕:i〉 〈:i(  マハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i从: : : : /
  {   . : : : : : : : : ノリ:i:i:i:i:〃i/                 〈〔  )リ  ノリ:i:i:i:i:i:i:リ从)ノ 、丶`
  ヽ   . : : : : : : 巛:i:i:i:i:i:巛            〃  ,,斗rz=ミ、  〃γ⌒寸:i)八)ノ
    ~''~ ,,_ . : : : :川:i:i:i:i:川 斗rz=气 ',   / 彳 〔豺 〕 〃  〈:i:i(   ノリ)ノ
        ~''~ ,,_从:i:i:i〔i:i代 〔 豺〕 、 ',       -‐…⌒    ノリ 〔:i:i(:i〔
             从:iリiリ ⌒ …‐-                 〈:i(  ノリノ)ノf
              川:i:i八         j               )ノ .i〔:i:i(
              〈:i:i( 八        .:                .i )ノノ
              〕:i:i〉 ',       〈                八       ああ――人間さ
              〈:i:i(         `ヽ               / {
                )リ    ヽ                    /  {
                      \    ⌒こニニ= - ⌒〉        h、-_     だが……
                       厂ヽ     _ -⌒  〃   /   〃/ハニ-_
                     7  h、  /    /ヽ /    /:i:i:i:i/ハ:i:iニ-_
                    7   } У    /  /ィ    /:i:i:i:i:i:i:i:/ハ:i:i:iニh、
                    /   ノ/    /  /     /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7:i:i:i:i:i:ニh、
                   /   〃    γ   ハ   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i~''~ ,,_



1360 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 09:13:07.66 ID:hw3/zODX




        .,..,      、-、
   ..、  , '' /        ヽ.\  .,,、
  ./;::l /;:;;/            ヽ;: l  |;:ヽ
  ./;;;/ .|;;;;;.l、           / ; !  .!;:;゙l
 │;;;.l.  ヽ;;;;;|  ..、   ,.、  /;:./   /;;;;|
  ヽ;;;;;;\、ヽ;ヽ .|;;|  .,!;;.! .,/;;/._..-'゙;:;/
   `''-、;;;;゙'";;;;;`゙;;/  .!、";;;;;;`゛;;; /
   ./、,:、゙l;:;;;;;;;;;.∠, , _\;;;;;;;;;;;;L,ィ┐
   \,,,,_;;;;;;;;;(  .`. ″ ゙''|;;;;;;;;;;_..../
     / ゙''-,;;;ヽ_   _./ ; / ヽ
    . !  、_,,,ン'゛ `ー‐゛ `く__,   .゙ヽ    少しばかり、鹿になれる
    l   \..ィ⌒i  i'⌒i,/    .|
    i.     ヽ‐"  ヽ-′    .|
    \     │ .!      ./
     .l\    . ゙、./      ,.‐|      それだけの魔法使いさ
      |  ゙'''i......、   ,,,....,,/  |
      .l   !  . ゙'"″  .|   .}、
    _.. ┤  ヽ,     !  / ::ヽ
  ./ _,,. -l   !、    ./   .|::::::::::|
  ( (     l    ゙L,,,,/   .!:::::::::::|
  .゙、\.  .l   │:::|   .l ::::::::::/
   `' 、,\ ヽ  ノ :::.l   ./.l::::::::,!
      `i }  l, .{ヽ : l  / .ヽ::::|
     ././   l .l .ヽ:|  l   l::: !
     ‐'    ! .| .|:.l !   |:::l゙
          | .| !.i'〕 .l   !:::゙l
             l゙ .| `│ .|   .゙‐"
            `-"  . `‐″



                 ∧
                  l l
                    l___l
                     |  |
                     |l__l|
                  _/|  |\_
             ∧ 〕 |_| 〔 ∧
              _/\  |  | 〈/ \_
.             /∧ //|l__l|\〈\/∧
            _∧ ∧/ 〈〔_〕/ \∧ ∧_
.        / 〉〉 l_ 〈/〔l_l〕\/ _l 〈〈 \
         ∧ 〈〕〉  \_∧__∧_/  /〔〉 ∧
        |_ /〉_l∩   l〕  〔l   ∩l_/\ _|
        | |/ ̄| lト‐-=\__∠=-‐_ア| ̄\| |
        | |    | 〔l  ̄\____/ ̄ l〕 |    | |
        | |__|]∧          / 〔|__| |
        ∨ l ̄〔〕 ∧  l  l   / /l/ ̄| |/        ふん……
.    ̄ ̄\∨  |__〕 \_l____l_/ 〔__|  |/_/ ̄ ̄
.    __〈 〈>ー二ン、_      _∠二ー<〉 〉__
.     /-/〈 ∨=二二二>‐‐<二二二=∨ 〉\-\
.      ̄ ̄ ̄〈 ∨二二ニニニニニニニ二二∨ 〉 ̄ ̄ ̄     まぁ、お前の言葉には説得力があるから
    \_   〈 ∨ ̄ ̄\______/ ̄ ̄∨ 〉   _/
..   / ̄〉   〈 ∨ ̄ ̄     ̄ ̄∨ 〉   / ̄\
.        〉   〈 ∨二ニニニニニ二∨ 〉   /         暫くは従ってやるさ
        〉   〈  ̄ ̄ ̄ニ ̄ ̄ ̄ 〉   /
          〉/ 〈______〉 \/
            〉  l______l  /
   ______〉__             __/______
                \      /

























To Be Continued→



1361 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 09:14:13.86 ID:hw3/zODX

バッドイベント(隠していたギミックがばれる)
タンジェロ本人からするとこの禁じられた森のもろもろは、いいことも悪いこともどっちも多いのでその変化やルート分岐はどっかで話したい
ではまた



1362 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/01(土) 09:57:34.59 ID:X1MQN/CJ

もしかして分霊箱化のおかげで助かった?


1363 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/01(土) 10:31:43.03 ID:p9JCUY+I

これだと無惨が炭治郎を分霊箱にしてるように見えるな


1364 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/01(土) 11:05:54.76 ID:WzfzVwO4

このジェームズはAAのせいでまるで信用できないぞ




1367 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 14:17:31.11 ID:jukIf2nu



タンジェロ・ポッターと賢者の石

第六十六話 ある男の二人言


 DADA教授室にて


                                  r ┐_____
                                 人┴ 、///>、
                                //Yi>、 、////\
                             /:i:i' :i:i:i:i:i:i:i:. \////ヽ
                             .:i:i:i;  :i:i:i:i:i:i:i:i:i:.。∨㌍ミY
                         ハi:i:  i:i:i:i:i:i:i:i:iノ/ノ/_ヽ{!
                           〈Λi:  i:i:i:i:i/〈/∧{ {二 〉
                           Υi:i:.  i:i:i/:i:i:i人/Λゝ、イ             「うまい事いったではないか、クィレル」
                           Λi:i:i:. ∨:i:i:i:i:i:///7彡′
                               Λi:i:i:. ∨:i:i:i///ニニ}≧r、
                            >、\ヽ//ニニ>``::::::Y>ー 、
                        _,.。s≦ニ7Λ=匕´ニ,、イ:::::::::::::::::/ニニニニニ=- _
  \~^''~                  ,、イニニニニニ/::::::::>''":::::::::::::::::::::::::/ニニニニニニニニニ=- _   はい、我が君
   \        ~"''~、、    /ニニニニニニニ/:::::乂,,.. -‐ '' "´  ̄``ヽ、ニニニニニニニニ=- _
     \          ``ヽ,/ニニ,,.. -‐ '' "´               `、ニニニニニニニニ=- _
      \                ヽ´                     _人ニニニニニニニニニ=- _
     r<人           Λ                     / ,、イ>、ニニニニニニニ=- _
     {二ニニゝ            Λ                  /∨_,,.、丶´ヽニニニニニニ=- _




                    ____
                   /7ニ77…….. 、
                 .ィ 77  ̄\: : : : : \
                〃 7/´ ̄\ \: : : : : \
                〃 //     }。 }レ'´: : : : :ヽ
                 〃 //   _..ノ ノレ'´ ̄`ヽ: : }
              〃 / L_ _ ィ ニ く ノニニコ  } V!              「しかし、あの忌々しきポッターが生き残るとは……」
               i1 l l「 ̄   ヽヽ 人_ _ノ Ⅵ
               l1 l l|     / ∧: : : : : : : ノノ
               l1 l l|   . ィ´/: : ヽY´_,. イ               「お前が改造した戦闘用庭小人の調整が不十分だったのでは?」
               lL 「リレ'´. ィ´: : : :,.ィ'´  ̄``ヽ
               L_ _. ィ´: :レ'´ /       \
              /: ハ レ'´.:.:.:./  ,.  ´ ̄ ̄`ヽL
             / /マノ .:.:.:.:.:.:./,. ィ´ ,.  ´ ̄二二ミミヽ     いいえ、私が改造した庭小人は確かにポッターを刺しました我が君
           イ  /`V .:.:.:..:.:.イ´  / /   /. :.: .: .:. `ヽ.:`ヽ
            / /  ,∧    ,.イ  ノ  / /  / .: .:. :./. :/.:.:.:.:.:j.:,}
         / /  /   V祈ヽVヽ,ハ /__/__ノ. :. :. :. .:/.:.:/.:.:.:.:.:.ノ;ノ    恐らく、ダンブルドアが何か行ったかと
          / /  /   ∧手ノノ ノV.⌒.VハV. :.: .:.:.:.:/::;;:/.:.:.:.:.:((.:.:\
        / V  /   /  Y´  レイ>X< i l .i.:.:.「「7/;:;:;:/.:;:;:;;;:;::ヽ\.:\
       /: V  /   /   i   レiXXXソノ.:ノ.:.:///;:;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;);).:.:.!      「ふん、父親に似て生きぎたない男だ」
      /.: V  /   /   ,ハ  レイ≧≦.:く ./77;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.く.:.:.:.:j
     / .:./ .:.:/ .: .:./ .:. :. :/. :. :.: i.:. :.ハ.:j :.,:!./.: /;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;三三ミミヽ


 お辞儀とムズァーンの因縁 50+【1D50:26】



1368 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 14:20:44.74 ID:jukIf2nu




                _ -=ニニニ=- _
                _ 〈 ryゝー==- _- _ __
              _ -=y'´ Λ:::::::::::::=- _:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.:.、
            _ ‐=/::::∨ Λ::::::::::::::::->ー- 、:i:i:i:i:i:i:l
             'ニ/:::::::::∨ Λ:::::::::::::::- {=}ー┴‐─┴┐
          {ニ{:::::::::::::∨ Λ:::::::::::::-_ゝ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i人        ほう、そこまで我が君とムズァーン・ポッターの間に因縁が?
             Y∧、:::::::::::∨ Λ:::::::::::-_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/,
           {=人\:::::::::∨ Λ::::::-_ ト、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,
          >ーゝ、ヽ、:::::ゝ_∧:::-_ / '/ニニニ=- _:i:i:i:i:/,            「あやつは一度、私にアバダケダブラを当てたことがある」
              人>─‐‐匕     ,ニニニニニニニ=- _/,
             _ -=ノ'  /ヽ       Λニニニニニニニニ=- _
            _ -=ニニ\/:i:i廴_,.、丶V::Λニニニニニニニニニ=- _     何と!
          _ -=ニニニ/:i:i:i人::/WW∨::Λニニニニニニニニニ=- _
           _ -=ニニニ人:i:i:i:i:i:i:i)ヽ   〈∨:::}ニニニニニニニニニ=- _
         _ -=ニニニj>'´>ー匕 廴,ノ ∨{ニニニニニニニニニ=- _          「私が死を克服していなければ、あの時私は敗北していた」
        _ -=ニニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨     ∨ニニニニニニニニニ=- _
        _ -=ニニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′     }/Xヽニニニニニ{ニ=- _
        _ -=ニニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i′       ノゝー'ニニニニニ}ニニ=- _         「否、あの時一度死を克服したからこそ――
        _ -=ニニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ¨^> ´::::::{ニニニニニニニ{ニニ=- _           ムズァーンを襲った時に私はこのような存在になったのかもしれない」
        _ -=ニニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::::::o:::::::::o:::::}ニニニニニニニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
           _ -=二.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\::::::::::::::/{ニニニニニニニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
         _ -=ニ.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::::::`¨¨¨´::::::}ニニニニニニニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   ……ふむ、興味深い話ですな
            _ -=ニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:::::o::::::::::o:::::{ニニニニニニニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i


                 ____
              >''^´    `~、、
.        _ >''´   _____     `丶、
        | ./}!  , イ<            \
        |/_.}!zz<ニニニ> -‐‐- 、、   ≧s。\                   「クィレル、お前が研究している愛のようなものだ」
        ∧__}!h、::ヾ/ニニ>―‐‐ ``~くニニ/┐
       , //ニニh、::∨ニニニニニニニニニ> //__
.     i l lニニニ/::/´ __ `''<ニニイ/ア´) )                     「私とポッターの間には、愛の如く濃密な因縁があった」
.      l l lニ二ニニ7 <ノマム  ̄ニ=-/ 〉/,{//
.      l l lニニニニ' /」{」 .}zz=-<ニ廴/>'゙ ,ィ(                    「それが、あの忌々しき息子にも継がれている」
       l l lニニ二{ { _,,、ィ⌒/ニニア''´  ///ヽzzzzx
      ', l ',ニニ,ィ乂    _,,ィ´  _///  /ニニニ≧=┐
      ヽ.ヽニ/ニニニニ} {⌒ヽ」////  /ニニニニア ./
.         ヽ.ヽニニニニ///////,/  /ニニニニア  ,,イ、       興味深い話ではありますな
            \寸ニニ///////  /ニニニニア  ,ィニニニ)h、
.             ヘ マ /{.」///  /二二二ア´ ,ィ(二二ニニニ)h、___
            }// /   / ,イ二二二ア  /ニニ>''´ニニニニニニ≧
             {/. /   / /二二二ア  /ヽニ/ニニニニニニニニニ
                \.  ∨二二二/  /   /ヽニニニニニニニニニ



1369 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 14:25:44.75 ID:jukIf2nu




                                     _,,..、、、、、..,,_
                                  _ -=ニニニニニニニニ=- _
                                     _ -=| f⌒! |ニニニニニニニ=- _
                                     _ -=ニ乂⌒从ニニニニニニニニニ=- _
                               _ -=j>'´//::::::::::``ヽ、ニニニニニニ=- _
                                _ -_ ´::::::| |::::::::::::::::::::::\ニニニニニニ=-_
                               _ -_::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::∨ニニニニニ=-_
                                  _ -_:::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::∨ニニニニニ=-'
                                 //-_::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::∨ニニニニ=- ′
                               /ニ/-_ :::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::/ニ/ニニヽ‐′
                               }ニ{-_゙::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::: /ニニ{ニニニニ}‐′
                               {ニ}-_!::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::/ニニ从ニニニ{-′
                                  ヽ{-_:::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::人ニニニ乂ニノ′
                              -_:::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::〉ニニ=- ′
                                   -_:::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::/ニニ=- ′         しかし我が君、あなたは本当に死を超越したいたのですな
                                  -_:::::::::::::::| |::::::::::::::::::::/ニ=-匕}、
                                    ` - _::::::人ゝ::::::::,、イ´      ノニ=- _
                                  /〈   ` ー--=ニて>'´    /}ニニニニ=- _
                   ,.、        _ -=ニニ\             ,、丶`ヽニニニニニニニ=- _         「当然だ。だからこその、ヴォルデモートだ」
                  / / ,. 、  _ -=ニニニニニ/`ヾ 、    _,,.、丶´   /iニニニニニニニニニニ=- _
               γ/  // /, イニニニニニニニニ乂    `¨       /i:i:i:iニニニニニニニニニニニニニ=- _
              r/ /  /    'ニニニニニニニニニニニニ}:i`ヽ、       ,、丶`i:i:i:i:i:i:iニニニニニニニニニニニニニニニニ   「私は死を超越した、
             〃/  /    ,'ニニニニニニニニニニニニ!:i/∨\_,,.、丶´ Λ:i:i:i:i:i:i:i:iニニニニニニニニニニニニニニニニ    我が方法は完璧と言わざるを得なかった」
           / /  /    /ニニニニニニニニニニニニニV /´  ̄ `ヽ、 Λi:i:i:i:i:i:iニニニニニニニニニニニニニニニニ
                  /    /ニニ>、ニニニニニニニニニ/  { /ヽY Y /ヽ ', Λi:i:i:i:i:iニニニニニニニニニニニニニニニニ   「それが壊されたのだ――
         _ -=ニニニ⊃ '   />''~ ,ノニニニニニニニニ/  Λ{ ∪ ∪ }ノ  Λi:i:i:iニニニニニニニニニニニニニニニニ    ムズァーン・ポッターとマリィ・ポッターの小賢しき手で」
      _ -=ニニニニ⊃       (ニ=-,_ ニニニニニニ/    Λ      /   Λ:i:iニニニニニニニニニニニニニニニニ
     _ -=ニニニ斗 、         /ヽニニ=- _ニニニ/     }       〈     ∧iニニニニニニニニニニニニニニニニ    「だからこそ、タンジェロ・ポッターは殺さねばならない」
     _ -=ニニニニニニ \_ -=ニニニ=- _ノニニニ=- _ニ/      ゝー── ´     Λニニニニニニニニニニニニニニニニ
    _ -=ニニニニニニニ 人ニニニニニニニニニニニニ=-V                     Λニニニニニニニニニニニニニニニニ    「奴は、必ずムズァーン・ポッターのように
                                                                     私を滅ぼそうとする」



                __       ____
              /_:::::i  - 二三――- ヽ、_
              i::/ _i::::|′/--   __ヽ:::丶::`ヽ
                j::jイア:::j_ /    .::::::::::::::: ̄ー::::}―┴‐-、
                /:::{/:::::: o`ヽ、 /o:::::::::-=二-――<::::ノ¨´
                ,::ィ::::i-―- 、 o\  /示ミヽ::x<二ノ´~二ヽ-‐
            j i:::j     ヽ  Y //ィiイム i二ニ/_斗/        ならば、愛の勝負になるでしょうね我が君よ
             i |:::l     /.::::://={ i!ゝ/ィlニ_-イi::::::::j
              | |:::{     ,′:::j! {ニゝ=ニ=‐}二//:::::::′
              ! |:::l     /i:::::::乂_ー-ニ二二ニ¨ノ:::::::::′                            「愛の勝負?」
                {  !:::l  /:::乂_:::::::::: ̄ i{ ̄ ̄::::::::::::,斗
            ‘,‘,::, {::::::.:.:.:.:.:.:. ̄} o l!-..― 77/ |
               ‘,‘,::,!:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  l}::::::///′  .|            ムズァーン・ポッターは嘗て、自己愛こそが究極の愛だといった
                 ‘,‘,:::,::::::.:.:.:.:.:.:.:ノο}ゝ'///  /.|
               \\:::\:::::.:.:./ /////  //.!           その在り方は、本来我が君に最も近いはずであった
                \\:::\/  /////: // /|
                      \\::::} /////::: ノ/ /:.:.:.:l           だが、今のポッターを見ていると別の愛が薄らと見える
                     ヾ〈>'入//::-二-‐′:.:.:.:',
                        (ー-/:::/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:∧            ムズァーン・ポッターが至った愛と、我が君の自己愛の勝負となるでしょう
                         〉"::::::(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.>



                        _ -‐……‐-  _   }{\
                       - ::::::::::::::::::::::::::: \:::\ }{ }{
                        /::::::::::::::::::::::/ ::::::::::: \::ヽ]{ }{
                  /::::::::_ -‐…<:::::::::::::::::::::::::::\:::\ハ
                 个:::::::√::::::::::::):iハ::::::::::::::::::::::::::::::V:::::}{
                      V//∧:::::::<:i:i:i:iノ::::\:::::::::::::::::::::::V:i:{l
    -‐…‐-  _         }////≧=‐‐=彡':::::::::::):、:::::::::::::::::: V:{l
  /::::::::::::::::::::::::::::::\\ニ=‐=入'//////////////:::::\:::::::::::::::::}i{l
<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \\:::::::::::::\{ニニ\ ///∥::::::::::::::\:::::::::::,'リ
:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::\ニニ}'//,∥::::::::::::::::::: `、:::://               「やはり、お前を拾ってよかったよクィレル」
:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::::[\ニノ//∥::::::::::::::::::::::::::∨/
:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::'//, ::::::::::::: [:i:i:i\///\::::::::::::::::::::::://
::::/ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::'//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i\//∧::::::::::::::: //                    「お前の愛の理論派、我が魔法界の支配の理論を完成させた」
‐ニニニニニ}::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:∨/∧:::::::::, ', '
ニニニニニフ:::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\'/,\, ', '
ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::}><_/、                     「私の愛こそが、魔法界の未来を作る」
二ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }//}:::::::::::::::八:i:i:i:i:i:i /::::: }/}{:::::::::`、
ニ‐ ̄:::::::::::::::::::/ ̄\:::::::: }//,:::::::::::::√:i:i:i:i:i:i:/{ ::::: }/}{::::::::::::::.
::::::::::::::::::::::: /ニニニ‐_:::::::V/∧::::::::√_::i:i:/ii{ ::::: }/}{::::::::::::人                   「あのダンブルドアの耄碌した愛ではなく、な」
:::::::::::::::::::/ニニニニニ}::::::::V/∧::: √} }'∨:i:i:{ : : ノ/}{::::::::::::::::::\
:::::::::::::/ニニニニニニ7:::::/ ̄`ヽ:√:} } イ:i:i:i{/ . /}{::::::::::::::::::::/}{
:::::::/ニニニニニニ/:::::/ / ̄\√ ' '  〉:i:///イ:::}{:::::::::::::::::/ 八      そのように言っていただき光栄です、我が君よ
:/ニニニニニニ/::::::::::' ,'\/ヽ{    /:i∥ ̄`}{:: }{::::::::::::::/::::::::: \
‐ニニニニニニ/::::::::::::: { {/ ̄ ̄ ̄\/:i:i:}{/\/}{:: }{::::::::::::::::::::::::::::::::}\



1370 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 14:28:16.49 ID:jukIf2nu




                            ┌┐
                           _-ニL..lニ-_
                        _-ニ:i:〕l〔:i:ニ-_
                      -ニ:i:i:i〕l〔:i:i:iニ-
                        〈-ニ:i:i:i〕l〔:i:i:iニ-〉
                          ‐ニ〉>〕l〔<〈ニ‐                              「私が蘇れば、お前を我が腹心とする」
                       ,八:i:i〕l〔:i:八、
                          /∨.:\_/.:.:/>、、
                    /ニニ个 、.:.:.:.:/.:l{ニニニ- _                          「なぁ、もう一人のウォルデモートよ」
                  ,、イニl{ニニ}l\r┬ 、/l{ニニニ}lニニ- _
                  r<ニニニニl{ニニ}lニハ V;ノ、ニ∨ニニ}lニニニニ-_
                  {ニΛニニニl{ニ二}l∨:└┘.:.\}ニニニ}lニニ/ニ-_
             ムニΛニニl{ニ二}l_{.:.:.:.:.:l:.l.:.:.:.:.\ニ√ニ〈ニニニ-_               はは、私が死を超越したヴォルデモートであると?
             {ニ\乂ニ/\ニ}l_}.:.:.:.:.:l:.l.:.:.:.:.:.:.:∨⌒Y/ニニニ-_
                 ノニニニ∨ニ{ΧΛ/人ゝ、_乂>─-人Χノニニニニ-_
              〈ニニニニ/,ニゝ‐<>、ニニニニニニニ/∨ ̄ニニニニニ-_
            {ニニニニニ/,/ニニ√_ト、_________,.イニニ∨-、ニニニニニ-_               私は、高々ユニコーンに呪われたに過ぎない
          _ -=ニニニニニVニニ√ニ〕ニニニニニ〔ニニニ∨‐_ニニニニニ>、
   __   _ -=ニニニニニニニ>l{ニニ√ニニ>──‐<ニニニニ∨-_ニニ/ニニ\  r‐、
   ` 、>_|ニニニニニニ>`´ニ7ニ√ニ二〕ニニニニニ〔ニニニニノ∨-_=/ニニニニニニ\ノ 人    アバダケダブラを食らい尚生きる我が君とは、比べ物になりませんよ
  r 、 〉/ />、ニ>`´ニニニニ/ニ√ニニ/\_______/\ニニ八.:.:∨-l|=\ニニニr γY´jヽ
  ゝ‐乂/_/_乂}|ニニニニ>`´ニ√,、イニニ{ニ{ニニニニニニ^’~、、.:∨_\ニ\ニ叭,ノ 人人j
     `''<二「ニ>`´ /ニニ√/ニニニニl{ニ{ニニニニニニニニニ'/,.:.:.∨-_\ニ\ニニニ>
          `¨¨´   /ニニ√/ニニニニニl{ニ{ニニニニニニニニニニ/,.:.:.:∨‐-, \_」>`´
             /ニニ√/ニニニニニ人ニ}lニニニニニニニニニニ/,.:.:.:.∨ニ-_                    「それくらい認めているのだ、クィレルよ」
               /ニニ√ΛニニニニニニニУニニニニニニニニニニ/,.:.:.:.:∨ニ-_
             /ニ/.:.:{ニニニニニニニニ什ニニニニニニニニニニニ/,.:.:.:..∨ニ-_
            /ニ/.:.:.:.:.:}ニニニニニニニニ|「ニニニニニニニニニニニ'/,.:.:.:.:.∨ニ-_



                         _____┌─┐
                      , '´:i:i:i:i:i:| l⌒l|、、
                      /:i:i:i:i:i:i:,、<二二>、
                   /:i:i:i:i:i:i:i://:i:i:i:i:i:l} {l:i:i:i/,
                     ム /\/ (:i:i:i:i:i:i:l} {l:i:i:i:/,
                    丁{ 〃ヽヽハ:i:i:i:i:i:l} {l:i:i:i:i/,
                  `Λ乂ノ ノ/`丶、l} {l:_:、'乂
                  }\/∥:i:i:i:i:∥∥:i:i:/
                  r〉、:i:i:i圦:i:i:i:i∥∥:i:i:/         光栄ですな、我が君
                  ,、<乂厂 >\i∥∥i/
                  r'´.:.:.:.:.:.:.:.\─ ̄ >‐彡〕h、_
            ,、<\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\─  ̄ ‐{.:.:.:.∨〕h、
           ,、<.:.:.\\\.:.:.:.:.:.:.:.:.Λー‐>-、}.:.:.:.:.∨.:.:.:`ヽ    まことに光栄です
          //.:.:.,、<.:.:\\\.:.:.:.:.:.:.:Λ.:{Ll_|_|ハ.:.:.:.:.八.:.:.:.:.Λ
         i{.:}.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.\\\.:.:.:.:.:.:Λ\ 从.:.:./乂j.:.:.:.:.:Λ           厂l    __
          i{.:{.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\乂)>‐-.:Λ 厂 Λ//r<.:.:.:.:.:.:.:.\       _,、-=/ ノ<「  ─┴┐
          i{.:/ヽ.:.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.`¨¨/⌒ヽ〔ハ{  ', Λ.:.{i }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   /ニニ/     r<  ̄ ̄)
       ノ/(C.:/.:`ヽ.:.:.:.V:.:.:..:.:.:.:.:乂」ノ:〔.:]  人_Λ乂ノ.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.Λ/ニニニV      >'´ ̄)
      {:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:┬‐/\〕´.:.:.:.:.:.八⌒Y/.:.:.:/.:.:/ニニニニニ{       j>'´ ̄
     rV.:.:.:.:./.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| 「.:.:.:.:.:.〕\__/.:[.:.:.:.:|.:..:./.:.:.:./|ニニニニ<八    /
     /V.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.∨:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人「.:.:.:.:.:.].:.:.:.:.:.:.:.:.[.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/.:.|ニニ/ニニニニ\匕_〕
    叭.:{.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「.:.:.:.:.:.]\___/:[.:.:.:.:|.:.:.:.:/.:.:圦/ニニニニニニニi\/




To Be Continued→



1371 : フクロウ ◆BfUSmHuT/. : 2021/05/01(土) 14:29:57.95 ID:jukIf2nu

賢者の石をGW中盤までには終わらせるんだ
ではまた



1372 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/01(土) 15:15:59.02 ID:vNVEUEZD


お辞儀も変な方に強化されてて草


1373 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/05/01(土) 16:46:01.32 ID:yEhZsDFv

おつ


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ナニモノ 最終話 (07/01)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 40 (07/01)
  • やるゆかまきのイナカデビルサバイバー (06/30)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ? エヴァ (06/30)
  • 国際的な小咄 9012 アメリカは清い国でーす (06/30)
  • 国際的な小咄 9011 2は知らんが…… (06/30)
  • 国際的な小咄 9010 二郎そんな扱いにしなくてもいいだろぉぉぉっ!? (06/30)
  • 国際的な小咄 9009 「これ、ラーメンです」 (06/30)
  • 国際的な小咄 9008 そうか、ジョージア人には二郎か! (06/30)
  • 国際的な小咄 9007 ジロウヘルシー (06/30)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 23 (06/30)
  • ナニモノ 10 (06/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百八十七話 (06/30)
  • DirtyPair. 第5話 別の惑星のラブリーエンジェル (06/30)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:北海道編  大泉洋(と後二人)のやらかし ~早起きクマさん襲撃事件~ (06/29)
  • 読者投稿:「営業部長」の中国戦略 (06/29)
  • 読者投稿:ラジコンヘリを飛ばそう(法令編) (06/29)
  • 読者投稿:ラジコンヘリを飛ばそう(導入編) (06/29)
  • 読者投稿:ニャル子で学ぶ変態的なCO2対策 (06/29)
  • 読者投稿:一日だけ期日前投票所になる場所の一例 (06/29)
  • おっさんと女子高生 第15話 (06/29)
  • やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです 第32話 (06/29)
  • 岩崎さんは無口 第83回 (06/29)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 21 (06/29)
  • ナニモノ 9 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十二話 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十一話 (06/29)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第50話 さよなら、やる夫 (前編) (06/28)
  • アクア様がみてる 第6話:走るって素晴らしい (06/28)
  • 昭和名馬列伝 第4章 キタノカチドキ伝 第4話 (06/28)
  • 読者投稿:参院選が始まったので 参議院議員の実績開示 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:共産党について 2022 参議院選挙政策 (06/27)
  • 読者投稿:自民党の公約について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党 玉木代表の原子力潜水艦保有論とその背景? (06/27)
  • 読者投稿:変態技術? 新500円玉 (06/27)
  • やる夫とほむら(眼鏡付き) (06/27)
  • 1周目シモンとニアとやる夫の―――― (06/27)
  • ナニモノ 8 (06/27)
  • 国内的な小咄 2071 修士が少ない理由 (06/26)
  • 国内的な小咄 2070 はい (06/26)
  • 国内的な小咄 2069 学部生を含めると (06/26)
  • 国内的な小咄 2068 じわじわと効いている (06/26)
  • 国内的な小咄 2067 実際どんなもん? (06/26)
  • 国内的な小咄 2066 いや……そうでもないと思うです (06/26)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 22 (06/26)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 39 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十話 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十九話 (06/26)
  • ナニモノ 7 (06/26)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!