スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

魔法コミュ障女★結芽は怠惰 スレ埋め用小ネタ イッチ的「暁美ほむら」およびその救済法考察

目次

1191 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 14:53:39.58 ID:Qp5dwl+k




                  ト、‐- 、              , - ―.ォ
                       |: \  \         / /: : :.|
                      l: : : ヽ  `   ̄ ̄  ´  /: : : : /
                  ': : /              \: : /
                     У ,               `く
                     / /                 ヘ ヽ
                 / /  γ::o,      γ::o,  ハ  ヽ
              ,、  /  i   ヽ::ノ        ヽ::ノ  .i  ヘ‐- 、__              【スレ埋め用小ネタ】
              ヽ\,    、      、 _  ,      /   ヘイ/,> ,
                 ヾ_」   /\.      `´` ´     /ヘ   /イ     >、           イッチ的「暁美ほむら」およびその救済法考察
              / ヾ,.、 λ  `ー‐ァ----  r一 '   入/"   i\       \
         __ /    `>く}ヘ    /     ヘ   /厶へ     \__   ヽ
     , -‐" =      /  `´    i       | /      \        =二ァ
      ̄フ二__二, _・ /           j       l'        `ー-`、_三――"   ’
          /  ̄          /   |  /   ヽ、            ̄     /
  , -、     /             / 、|  | ,    ├‐- 、                 |
  ({      ./                |  ヘ |.i  /  |   `              丿
  ヾー--‐' ´           ,> ' ̄ ̄|  ハ l.| {  .j                /
   `ー-  ___ > '       ヽ  i | |  ノ   人                /





1192 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 14:54:03.53 ID:Qp5dwl+k




            ,. - ‐‐‐ 、
          ./::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::',
         .i::::::iニ二二二ニi::::::i                    スレを始めるにあたって
          |:::::|:::::i::::::::::::::::|:::::|i                     NetflixでTVアニメ版と劇場版を視聴し直しているんだけど
         .,.|::::|::i:ハ:|、::|i:::|:|:::::|、                         『魔法少女まどか☆マギカ』という作品において
        ./: |:::i:ij      |::i:|;;〉ヽ                   「暁美ほむら」という存在は媒体ごとに違う結末に至っているが
        .゙ヽ: .|:::::|>. .._-_.. <i::|j:::::::::∨                    根本的な部分はどのようなラスト・エンディングを迎えても
         .{ヽ:',',:::',::7ハ.',::i::リ:::::::::::::〉                    変わっていないという事実に気がついた。
         .ハ .',:ヽヽV.><i.|ム'::::::::::ィi"
        /::ヘ .',:::::::イ.i ||:::::::::/.ハ                   現状、公式の媒体において
       /::::::::ヘ .`Y .|| i |.|、/"/::::::',                   ほむらが「まどかと対等な友だち関係を築いて一緒にいる」という
      /:::::::::::::j}  i.|j | |j i  i:::::::::::\                 自らの願いの本質を成就させているのは
    .//:::::::::::,::ノ .|  .|‐t‐‐ | ./|:::::::::::::::::ヽ、               事実上最新作である『マギアレコード』だけだったりする。
   ///::::::::::/i/  {   .i |..- .|  |i::::::::ヽ::::::::::ヽ
  /:/ i:::::i|::/ /:iヽ、.|i   }|_ .|   |ヽ:::::::',ヽ::::、:::i                それ以外は一貫して「まどかを人として生かし続ける」ことに失敗し
  l::| .|i:::ハ:i i::::ヽ:>ヽ__,.ノ|ハ .ト‐-...j´~ヽ:i::i ヘ::|}::j|            その後悔を抱えながら生き地獄を味わい続けるエンディングを迎えている。
  .N .ij_ヽij_ノ,.ィファ三、}、;;|::', |;;;;/rニ jー、リ リムリ
. , -‐‐'´三三.v"三三三ヽ;;;i::〉;;;i {i"三三`ヽ..-----"三三ニ ヽ、
{三三_,.-‐‐ 、三\三三三|ニ|__....V、三三三三三三ニ--- ニ三三i
.` ̄´     \三ヽ三三 ヒ.ハ 、、 \、三三三./"      ` ̄´
         `~゙ー---‐'  ~ ヽ'‐'' .ヽ--‐"



1193 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 14:55:05.88 ID:Qp5dwl+k




                          _
                     .....::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
                      ,..::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   .::::::::::::::::/ _,. -‐ '' ¨¨¨ '' ‐- .,_ハ:::::::::::::::.
                /:::::::::::::::/´ _,. -‐ '' ¨¨¨ '' ‐- .,_` i:::::::::::::::,
                 /::::::::::::::::i'´::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::`i::::::::::i:::::
             :::::::i::::::::::::::::::::/:::::::/ |::|!::::::::::::::::::ハ:::::::|::::::::::|::::i            【TVアニメ版】
                i:::::::|::::::|:::::::::::i:::::::/  |:!.i:::::::|∨:::::::::}::::::|::::::::/|::::! _             ギャルゲー的に言えば「ほむらルート TRUE END」。
                |::::::i:::::::!::::::::/|::::/ |  |! .∨::! |∨::::::i:::::::!::::://!:/'|
             !:::::!::::::|::::::/弋:/'' ト |  .ヽ|孑弋::::N::::|::://:|!'::.∥           ただし、BAD END寄りのTRUE。
              ',::|:::::::!:::/ __|ェェ       ェェ____ヽ|::|.|/|\/
              ',|:::::::!',:|.'"ら//キ`      ら//キ` !:::'゙::|.氏、.             ここから追加ダイスでファンブルが出てしまうと
                  |:::::| ',! 弋zzЦ      弋zzЦ  !::::::::!_! ヾ,.            BAD END確定の劇場版ルートに突入してしまう。
                  |:::::|,  〟〟〟      〟〟〟 i::::::::::|
               ,|:::::::∧          ´        ,!::::::::::|!                 脚本の初期稿をベースに描かれた漫画版が
              /:!:::::::| >     `  ´     <!:::::::::::i::.               GOOD END寄りのTRUE ENDであることを考えると
              /:::|:::::::|::::::::::::::::≧   __   ≦:::::::::::i:::::::::::,!::::.                現在のまどマギは一貫してほむらが犯した罪を描き
              /::::::i::::::::!::::::::::::i<_!_  ___!>i::::::::::,!::::::::/:::::::.            それに対する罰を最後に提示して終わる物語だと思う。
              /:::::::::i::::::::i::::::::::ノ////i´i~´i i////!::::::::,!:::::::/::::::::::::.
                /:::::::::::::',:::::::i>f|/////| |//| |////>i:,!::::::/:::::::::::::::::.
             /:::::::::::> ',:::::::! |.|r=ニニ[]ニニ=-∥:::::::/` <::::::::::::.ヽ
          /:::::::/   ',::::::i |.|Lニ=∥//|||=ニ二∥:::::/    \:::::::. \
         /:::::::<\    '.,::::i .|.|///∥///||∨///,!::::/     / >:::::::. .\
        /:::::::::::::|\\   \', i ∨/ i///∧∨// //    //|::::::::::::::.  .\
       /::::::::::::::::|  \\    `.∨ />-<| |∨/    .//  i:::::::::::::::::.   `丶、
      /:::::::::::::::::::|   \\    / / / ∧.ヽ! |     .//   .!:::::::::::::::::::.     `丶、



                                            /{
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       //
                   /:::::::/=ニニニニニニニニニ=',::::::::∨⌒ヽ==≠-'´
               /⌒′:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::∨::::::::\     /}
          r‐=ニニ./:::::::::{:::::::::::/:::{::::ハ::::::::::::::::::::::ト:::::::',::::::::::}ゞ==≠ニニニニ'´¨
          {i:i|   .′::/|:::::::::::{::/}::::ト\ハ:::::∧斗 }∧}:::::::: |:::::::::::::::}
              \\/:::://:::|:::::::::::|,ィfテ≧x \}x=≦テミ ::::::::::|:::::::::::::∧
                /:::://:::: |:::::::::::|{{ 廴 .ぅ  ,  ゞ==さ | ::::::::::|:::::::::::/::::}                    【漫画版(ハノカゲ版)】
          /::::::::〈〈::::::∧:::::::∧::::::..        ..::::::}::::::::::/:::::::::::::::::::\                      TVアニメ版とはエピローグが若干異なる。
       .  <::::::::::::::::::}.}/ ‘:::::::∧     ∧     イ::::::::::{ \:::::::::::::::::::\
    ....<:::::::::::::::::::::::::::/}.}   ∧:::::::个.‐‐==ョョョ==‐≦}:::::::::::::::\ .\:::::::::::::::::::`¨¨¨¨¨¨≧..x.           戦いの果てにほむら自身も円環の理に導かれ
.  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::/{  }.}    .‘:::::::::::\┘{{:::}}::└=ミ}:/\::::::::::::\ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         そこでまどかとようやく「対等な友だち」関係を築いて
 /:::::::::::/::::::::::::::::/::::/.  ゞ'    -=\::}ヾ:::≧=-<:::::::i{\ .\::::::::::::\ >=ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\..     彼女に対する依存や
./:::/⌒/::::::::::::/}::::::::{     . ‘´,...........j/}i〈__/\_/::::::i{..... \ `>:::::::::}     \::::::::::::::::::::::}\::::::::',       「鹿目まどか」という存在に対する呪縛から
{:::::', /::::::::::::/  {::::::::| r=-'´   \.........}i.....} | !i ハ\:i{......../ー‐…‐r/      }::::::::::::::::::::::\ ',:::::/.      解放されたと思わしきラストを迎える。
.\:∨:::::::::::::′ .\:::|//    >´.\...}i/./ }i   } }{..../       }\     ./::::::::::::::::::::::::::::} }:/
  \::::::::::::{     {:::::::\  /    } \\}i  \\≧‐、   /::::::{^ーぅ /::::::::::::::::::::::::::/
    {:::::::::::|.    /\::::::::〉-'      |   .\\   .\\____¨¨´::::::::::/  \//}:::::::::::::::/
.    ',::::::::::',    `〉  `¨¨     -=≦.|     }/      \/ヽ ヽ_/\__ノ /::::::::::/
     \::::::\  ヽ/     \:::::/}    i{...\     }\/       ./⌒´^¨´
      `⌒^´           .//.../.\   i{..........\  ./\..\
                 /:::/..... /....|....\i{.................\/.\..\ノ



1194 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 14:55:47.13 ID:Qp5dwl+k




                                   -――――-
                            ....:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::......
                            /::::::>''" ̄ ̄ ̄~''~\::::::::\
                             /:::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::\
                         /:::::::/::/::::::::!:::::::::::}:::::::::::::::::l::い:::::::::::::ヽ
                           /:::::::::::::::;::::::l::::{:::::::::::j:::::::}::::::::::l:::}::l::::::::/|:::::、
                       /:::::::/:::::::j:::::::l:::ハ:::::::∥::::::l::}:::::::l:::::::!:::://l::::::i___
                        /::::::::;::::::::::{::::::ハ:l V::∥:::::ノl l:::}:::l:::::::l:://:::l:/l⌒〉〉
                      //::::::::l:::::::::从::{ {  }::/:::::/ l l:ハ::从::::〈〈::::/::::::} //
                   /::::l:::::{::::l:::::::トl 宀l―- j/l::::/ -‐/‐┼_l:l:: ̄癶\//
                      /'"⌒{/::l::::l:::::::l 冖逕歹Y {/  ア7茫f苡"|j:::〈/:::∨j
                   /   /::/∧::l::::「ト  ̄ '"   {  ノ`'''   /::::::/}}:::::ノ            【劇場版】
                    /   /:://:::::トl:::::`!       、         ノl:::::/ノ::::/.               言わずもがな。ほむらにとって最大のBAD END。
                    {   /::::://:::/:::::>八               l:::/{し:::/:l
              .....::::::::::彡j:::l>''"   ->x    ’   -‐ '’   /l:/::::::/::::l              重要な局面でファンブルを出しまくってしまった結果がこれだよ!
           --‐彡-‐冖"  ノ:::{       _ー、>x,,  `"   イ l/::/::::〈〉::::::::l
       / //   _ / {:::::l___,,x<::::::::{ノ::}  >ー''"--‐ /::/::::::::/::::::::::l            再改変後の世界における
        // x<___/  /l:::::l~"    \ー「 、   l l l   /::://:::::/:::::::::::::l               当初の「Vやねん!」と言わんばかりの
       //   /     ̄ ̄ l::八       }} \`ミ l l l_ /::::/`l::::::;::::::::::::::::l.              調子乗りっぷり&調子ぶっこきっぷりと
         {/   /           ∧::::\__, l   --――-r―r-/:::::/ {:::{::l `~-、:::!.             その直後に発覚した
       {   /         / \::ヽ  }〈         }__ノ/::::::/  \:::l  /   i::l           「まどかのそばにいることができない」という事実に対する
            /           /     ヽ::} ノ ヽ      /} /::://    /l::{ /    }::l              テンション大暴落っぷりは
            /ヾミー------‐/  ⌒\ }ノ/l  乂      /{{/::://   /}トい     /::::、.            愉悦部じゃなくても見ていて抱腹絶倒するレベル。
           /    ̄ ̄ ̄ /     ヽ  }    ll\__// {:/{::{_ノ ∥ Y::、 /\::::、
          /          /       }/    └--〈_/--{代:l--一   l:::} /   ヽ::、
       「/       /      _/ヘ             \      ノ:ノ _ ノ::::::、
       {        /{     /:::::::::::∧                 、_/ / /::::::::::::、
       }       /  >'":::::::::::::::::::∧          ll       / __ /〉\::::::::::::、
      ノ      /ノ >'"/:::::::::::::::::::::::::∧         ll       /  ̄ {::ヽ \:::::::::、
     /{     _/ /::::::::::::::::::::::::::::::::{ ゙、           |        /    l:::::::、 ヽ:::::::、
   /::::::`ー--‐''"   /:::::::::/:::::::/::::::::::/} `、                /     l:::::::::、 ヽ:::::、
  /:::::::::::::::::::/   /:::::::::/:::::::/:::::::::://                     /     |:::::::::、  ゙;::::、
/:::::::::::::::::::/   /::::::/:::::::::/:::::::::::/ /                   ∧       l:::::::::トl   ゙;:::l
::::::/:::::::/   /:::::://::://:::::::::/ //                   /:∧       }::::::::l }    !::}



                ...::――――::....
           ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
         /:::: == -―\::::::::\:::::::::::\
        .:::::/  -―===/ヽ:::::::::\:::::::::::..                                  これらの結末において共通するのは
          ///:::::::::\:::::\::::/∧:ヽ/::::\::::/∧
       /:{/:::::::\:::::::::\ー\:/ハ::∨::::::: ∨/::ハ                                    〇まどかを“人として”救うことに失敗している
      .::::|::::ト、:::::::::>/⌒   ヽ/|ヘ∨/::::::∨//l                                〇結局は自身がまどか
      l::::|ヽ| \:::\ ィテうヽ  Ⅵ::\/:::::::::/八                                  および「鹿目まどかという存在」に助けられている
       |:::ハ| ―  ⌒ ヒzツ     「|::|}ヽ::::::::\ハ                                 〇上記にともない、自らの願いを結果的に成就できていない
       |:/八 rぅ、          ζ|::|:::::|:\:::::::\                                 〇まどかまたはかつての記憶の消失にともない
   _  ヽ::/∧ ヒ}           厂|::|:::::|:::|::\:::::::\                                  理解者がいなくなった(というか自身が切り捨ててしまった)
   {ヽ` ´ |\ハ   ′ _       /:|:::|::|:::::|:::|///\:::::::\、                           〇上記に挙げた理解者に最も近い存在が
   У'o  |:::::/ハ    ´    ..:::::::::::|:::|::|:::::|:::|/////\ト―:`ー―――――   _              皮肉にも自身にとって最大の宿敵と呼べるキュゥべえ
    l l  ‐ーl::::::/∧` r ,._..:::::∠三三 |::|:::::|:::ト////////////////////////////厂_____     〇そしてそんなキュゥべえと
  _| ト--┐::::::::/∧ |:::::::::::|M|三三三 |::l⌒|:::| \///////////////////////////////////⌒      「共犯者」のごとくコンビを組んで行動している
 (⊂|__|⊃) 八:l\/∧!:::::::::ノ'ニ∠二フ / |ノ  |:::| _\///////////////////////////////
   不.| ̄  \  \'へ[二不||三三//   ;ノ//⌒l////////////////////////‐―<            ――などがある。
 ∠ィノ       \/ ⌒||||       //   \|/////////////////////////////\
          ィ  /У/八ヽ     //    /∧////////////////////////////// \       こうなったのも全てほむら自身の選択ミスというか
           | | // ∧ヽ \\ // \       /∧/////ー――――――――――――‐ヽ .     エゴを押し通した結果なので
           |_|,/ || \\ ΧУ     \     /∧//////////////////////\              杏子の唱える「魔法少女の運命は自業自得」という考えを
           ∨   ||    く_У\\  //\ |   /∧///////////////////////\            ほむらは見事に体現してしまっている。
            l   / ||          \\'////ヽ|   /∧\ '///////////////////// ヽ
             l     ||          ⌒/\//八    \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒
          ,l   | ||           //////\ヘ \|     \
           l|   |; Ll        /////////\ヽ ∨     \



1195 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 14:56:58.01 ID:Qp5dwl+k




                                ____
                          .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......
                            x<\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
                     /::::::::::\\:}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:/::/:::::::::::::\j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /::::/::/:::/:::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     //:/::/:::/::::::::l::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
                     /{::/l:::_l::{::::l::l:::::::j:::::::::::::/ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                    {从/l/l/ {ハTトl、:::i:::::::::::/∧V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      / 云,,l,,_l:l|l:::i:::::::::://:::ヘV::::::::::-―┐::::::::::::::::::::::::::::}            個人的に劇場版の再改変後世界における
                       /   __{沙l|`l|;:::::::://::::::::) 〉'" ̄::::::j l::::l::::::::::::::::::::::::j              さやかとのラストのやり取りの際
                 r-‐'゙   ~´     l/::::::::l {::://弋:::::::::::://:::::l:::::::::::::::::::::::;                 彼女から記憶と能力を消し去ってしまったことは
                     }              /::::::::└ /// ^| ト、:::://:::::::l::::::::::::::::::::::;              劇場版のほむらの最後にして最大のミスだと思ってる。
                    〈           /:::::::::::::://:/ rォl::ヽ//:::::::::::l:::::::::l:::::::::/
                 { ヽ       /:::::::::::::〈/::;,x彳l l::::::::::::::::::::::l:::::::::l:::::::/                  敵ではあるが理解者でもあったさやかがいれば
                   l         /::::::::::::::::::::{(_, {::l/::::::::::::::::::::::!::::::::l:::::/                  結果的にほむらは自らまどかから身を引いて
                 /乂        /::::::::::::::::::::/:  l:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::l:::/                   「世界を維持するためのシステム」に徹するという道を
              / ノ    ー-、   /:::::::::::::::::::/ :   !::::::::::::::::::::::::::l:::::::::!/                   選択することもなかったんじゃないか?
            / /        }:::ヽ /:::::::::::::::::::/・《》・弌:::::::::::::::::::::::::l::::::::l
           / / _       l::::::::/::::::::::::::::::/   ゚   ∨:::::::::::::::::::::l::::::::l                「人としてのまどかとそばにいられればいいや」と
         /   ̄ ̄ヽノ     l/r‐/::::::::::::::::::/   __ Y:::::::::::::::::::::l::::::::l                 自己完結してしまったがゆえの結果とその果てが
         /   _ ̄}       j:::∨::::::::::::::::::/   ̄ __ ̄∨:::::::::::::::::l:::::::::l                    事実上「まどかと自分の立場を入れ替えただけ」というね……
        /   `宀┐j      l::::/::::::::::::::::::/彡'" ̄ ̄ ̄~~∨:::::::::::::::l:::::::::l
      /   //てl l/    ///::::::::::::::::::/   '" ̄ ̄   ヽ:::::::::::::::l:::::::::l
     /     /  し    //  /::::::::::::::::::/              Y::::::::::::l:::::::::l
    _l     /         //  /:::::::::::::::/ /           い::::::::::::::::::::::、
  /  ノ  _/ヽ        //  /::::::::::::/ j/               } }::::::::::::::::::::::::、
  l   ̄ ̄ ̄  }       /l| /:::::::::/  /              j j::::::::::::::::::::::::::、
  l        l       { LL ;:::::/  /              {/:::::::::::::::::::::::::::::、
  l        l      〉/  j::::/   {`ー---‐   ̄ ̄ ̄`丶、 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::、
 ノ           l     ノ {  {::/     \            `~}::::::::::::::::::::::::::::::::、



                    r<フ>─ァ ァ'⌒7ー‐‐vへ
                   (二フ ´ / /  /   /   `ー ァ⌒\
                ヌ⌒(二フ _ノ { { __ .ム _/    .  ´     ー - .
                   //⌒}Yム. __ _メ. ´.:::::: :::\::::::` <                \
              //  //_.  /.::::::: /. --- へ .:::::::::\  _ __ ... --     i
               / {__.//ヌ⌒ /.:::::::::::/ _ ___ _ \.:::::::::ヽ´ \ __ __ /  }
             ノ 厂「ヌ.   /.::::::::: /´:::l:::::::::i:::::::|:::iハ.:::::::::: .     Ⅴ/    |
            /⌒ヾレ'    ..:::::::::::::l.::::: | :::::::l:::::::l:::リハ:::!::i::::.     /     .'            ――で、これらを踏まえたうえで
             //⌒}/     i.:::::::::::::|_!::_il .::::: l:l:::::|:/´`N: !::::l    /     /                 『マギアレコード』のストーリーおよびほむらが
           i {____八     |::::::::::l´トj从|ト、:::l:l:::リ芹ミY!::l::: |   /       /                 原作3周目以降かつ“「もう誰にも頼らない」状態”に至る前の
           `ー‐‐ヘ〉    从!::: i: l::l::|芹.K\jル' tソ ノl|:::ト.::|  ./     /                 時間軸からの派生ということを考えると
                       人::::!::l::l人tソノ   .    ノ|:::|ノ::!  /     /                ほむらはクーほむになってしまった時点で
                      )::!::l:l:::入         リ:::l::::| ./     /                  HAPPY ENDやGOOD ENDを迎えることは不可能ということが
                     ⌒ト从jハ    -‐‐ /i::::j::::l/     /                    公式から明言されてしまったことになる。
                       |::l::::l:::::}>  . . イ{ . j::/: /     /
                       |::l::::l厂リ  「「 ̄j::::://::/     ./                      つまり、ほむらの願いを成就させる
                           ノ::l::::|{ 〈ノ   | ! i:::i::://::∧     /!                       すなわち「まどかを救ったうえでほむらも救う」という
                      /⌒「 「| ::|/∧  | ! |::///:/ .∧   //|                      メタ的なクリア条件を達成するためには
                     /i \j |:|:: | /∧  j l .!'.//:/ :/ ∧  j//j                     メガほむの時点でほむらのコミュ障を解消すると同時に
                    /r ┴─‐ |:|:: |' //「 」ト、|レ/ / i  ∨レ'::i |                      彼女に「まどか以外の他人を少しでも信じる」ということを
               / .:: | : : : : : :从: j/:/「::!j:: Y::/ / .:: |  Ⅵ: :| |                       教え込まないといけないわけで……
              /.:::: /| : : : : :/: :/:/:::/|:::|:!::::|/ / .: :: |   } !::」」
            /.:::: /.:::::| : : : : i:: く:/〈: //|:::|:!::::| / :__|l__|   j::: :::∧                   口で言うのは簡単だが、正直これかなり難易度が高い。
             /.:::, '.:::::::::ノ: : : : 人::::{ /:::/ |:|:::| ー/⌒ー ┘  .メ.:::::': ∧
              /:/.::::::::X⌒ー=ミヽ.\Y:::/レ!:!: |: : j       /!.:::::::::':: :.\                   まどマギ世界で今後これが可能なキャラが現れるとすれば
          /.:::::::/(⌒ーr= ミヽ \j:/ : : : |: |: : |        /メ .:::::l |.:::::::::::\              それはきっと『P3』以降のペルソナシリーズの主人公のような
         /.:::::::/:::::/\ .j   \:./:/ : : : :.j: :!: :.|     // { ::::::l | .:::ヽ.:::::::\             完璧超人かそれになれる可能性を秘めた存在だと思う。
        /.:::::::/.::/::/ .::::::/    / Y⌒ \: :|: |: : !    //|:: !:::厂ト、:::::::ヽ.::::::: \
       /.:::::::/::/::/::/.:::::::/    /.::: | __ _ >_!:_:_!x < ./ ∧:!/ / ∧.::::::::ヽ.:::::::::::\.          ――たぶんそんなやつ絶対に現れそうにないな。うん。
    . '.:::::: / .:/::/::/.:::::::/   __ { :__人 __ __ . .斗イ/ ´   ' V  i l ∧ .::::::::i ::::::::::::::::ヽ
    /.:::::::/   /::/::/.:::::::/   ´    \ _    /: :/        i!  | |/ i .:::::: | ::::::::::::::::::: .
   . .::::::/   /::/::/ .:::: 〈     ´  ̄  ̄  `弋ヌ.< _ _____ /i.  | |.十|::::::::::ト、::::::::::::::::::i
    i :::::::i    i:::i::::l .::::::::/> x               \\:::::::::::::::::\!  | |l┼|:::::i::::|ハ :::::::::::::: |
    | ::::: |    !: l:: !.::::: // .:::::: 厂 > 、           \\::::::::::://!  | レ⌒! : l::::| :::i :::::::: :::: |
.   从:::::l    |::リ:リ :::://} .::::/ : ´: : : }> - 、       \\:::/∧!  | レ⌒! : l: リ:: リ :: ::i :::::リ
    ):::リ   .|/:/:::::// j / 厂「ト、:メ⌒X: : }> 、 _    }\j./  !  | }_.メ| :::l:/::イ!:: :从:/



1196 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 14:57:46.26 ID:Qp5dwl+k




             _,.........:::::::::::::::........
          /:::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::`ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ
        /:::::::/:::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::::\::::::::::::::::.,
       ,イ:,::::::::::::::::\:::::::::\:::::::::::::::::::::、::::::::::::::.
        /:://-――-、_\:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::,            『マギアレコード』も『P3』以降のペルソナシリーズも
    _/:/::l:::::::,::::::::::::::: ̄:::、::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::.                人と人の繋がり――“「絆」の力が世界を変える力になる”というのが
ーニ二_,イ::::::!:::::::、::::::l:::::::::::::::::':,::::::::::::\:::::::::::::::::::::::l             作品とストーリーにおけるひとつのテーマとなっているから
    /::,イ::::/,::::::::l:::::ト、:::::::、:::::::':,:::::::::::':,:\::::::::::::::::::l.             そういう意味でもほむらやまどかたちにとって難易度が高すぎる……
    ,:::/ l:::/r/ヽ‐、-、_、`ヽ、::、:::::l、_:::::::::ヽ::::\::::::::::::::.
    l:/ |::{:〉' / / / }:.、ー- '、´!l:::,、:::::::::、:::::::\::::::::::\.           まどマギのキャラはスピンオフも含んで
    |   ヽl{ ´、 ,   〈!  、__ッ'|::l ,::,:::::::::',:::::::::::\::. 、:::`ヽ       基本的に「自己完結」という形で自らの悩みや不満などを
       /::ヽ      ',/// ゚̄ l:/ l::ト,:::::::l::::::::::::::.\:::::::::::::\     放棄同然に処理してしまうやつらばかりだから余計にそう感じる。
     /::::イ,`--、   }     |!゙ ,.l::| ヽ::::l::::::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ
二ニ=-ニ - '´::/!   `ヽ/ ー=っ !,.イ !:!//!:::l//`ヽl:::!::::::::\:::::::::::.
    _,..- イ/:.}--、   /:...、 __,..イ゚ //イ///,::l////l:::l/ヽ、:::::\::::::::.
_,.../_,..-:.:.:.:.://///\/:.、/|///,V∧,//////.,リ////イ ´ ̄`ヾ、::::::::::.
    l:.l/`ヽ////////:.:.:.:://, -‐,-,_///////////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::l
   l/   \/////:.:.:./  //ヽ ヽ///////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|
   /      \/:./  / / /l ト, ∨/////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.  /      //,:.:.:\_// / /. l ! 、 ∨///!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|



               /::::::::::::::::::::::::::
              /::::::::::::::::::::::::::::::::
           /::::::::::∠三三三三
             /:::::::::::::::::::::::| ::::::::::::|
.            :::::::::::::::::::|::::::| ::::::::::::|
            i::::::::::::: |:::|::::∧ ::::::::::|            ただし、『マギアレコード』をはじめゲーム作品では
            |/::::::::::::}/}iイ  \::::::|            ほむらは「物語の主人公的存在」ではなく
            |/:::::::::::i| Τ  ̄Τ\{            あくまでも「登場人物の1人」「1プレイアブルキャラクター」にすぎないので
            |/:::::::::::l| 乂_ノ               原作のように「主人公補正」が良い意味でも悪い意味でも働かない。
            |/:::::::::::l| //////
            |/:::::::::::l|                        おまけに「プレイヤー」というメタな視点から
            |/ ::::::::八 u                 ほむらを直接的・間接的にコントロールできる存在もいるので
            ∨::::::::::/|>  、  _              原作以上にほむらにとってのHAPPY ENDや
            ∨::::::::/|:::::::::::}≧=ー                GOOD ENDに至るための難易度が低いことは念頭に置いておく必要がある。
              /∨::::::/|:::::::::/::::::::「
          / :::∨::::/|:::/ ::::::::::|               ほむらに主人公補正が働いている状況でも
            / ::::::_∨::/「::::::::[二ニ「_               彼女の願いを成就させるためには
.        .:'::::::::{: : :\i{\::::::: /  イ             やはりメタ的なテコ入れがないとだめなのかもしれない……
       / :::::::∧: : : : : : : \/ /: |
.       /..::::::::::} \: : : : : : / /: :_|
       / :::::::::::〈_,  \: : : / /:/ |
      .:::::::::::::::::/    /^ヽ/ /'´   |
.     |::::::::::::::::′  .  〈_ イ     :|_
.     |::::::::::::/^ヽ  |



1197 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 15:03:03.93 ID:Qp5dwl+k




                   -‐……‐-
             .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
            /::::::::::::::::,,-==-:::::.,::::::::::\
.            .::::::::::::レ≦㌻:¨¨¨¨::㍉≧ュ:::::::.
           i::|:::::::::レ'’:::::::|::::::::::::::::::::ヾニ}::i:::i
           |::|:::::::::|:::::j :::::ハ::::::::j:::::::::|:::::::|:::i_j_________________            そういう意味で最も起きてほしい「メタ的なテコ入れ」は
           |::|:::::::::l:::/|:::/  :::::::|∨|::|:::::::|::::iニニ{二二[[[[[圦ィ.             「虚淵玄のほむらに対する心境やイメージの変化」だけど
           |::|:::::::::|/`ト{--yV:::|v-レ十!::|:::::i¨¨{厂r┴‐--=ヘ__           『ティロ・フィナーレ本』を読む限り
.            v|:::::::::| 乍亥     乍亥V|:::::|  ー==⌒> ≪≫3 、.         虚淵はほむらに対して「昔自分を振った(虚淵からすれば)クソ女」に対する
             |:::::::::| i i i i     i i i i ハ|:::::|     {二..,,     }ト、.       恨みつらみを反映・投影している節があるので
             .:|:::::::::|、     ′    .:::::i|:::::|      L三」¨¨f  イ ハ‘,.     虚淵が自身の過去にきっぱりと見切りをつけて
           /:}i ::::::|个:....  ´ ` ....:个:::j|:::::'          {: :/:i:i| j@:, ,..   過去の呪縛から自ら解放でもされない限り
             /:::八:::::{::j::「ト> <{」:i::::|:::::,:::::ハ          ∨i:i/| {人!‘    ほむらが公式で救済される日は永遠に訪れない可能性が高そうだ……
         /:::/::::::',:::::,/i:i:i:i:i{i:i}i:i:i:i\:|__/:::/-ヘ_      〈 ̄  | { 0 } i
           /:::/;,-zヘ:::∨ir===y====ミi:i:/:::/ : : : : : }-ヘ__,、   ハー‐| {乂ノ.|
.          /:::/´: : : :v∧::∨斗-ハ---、/i/:::/: : : : : : :′ ´  `¨∧ ヾーヘ.∨j j
         /:::/: : : : : : ∨l\}i:i//i:i:ぃi∨/:::/ : : : : : : /          ‘,.@ ′
.        /:::/: : : : : : : : ∨i:i:i:小:i:i:i:i:| i:∨イ:i}: : : : : ://           /ゝ/
       /:::/:}\: : : : : : : ∨ /:| ト、jノ| |: :∨ i : : : : /⌒ヾ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
.      /:::/::::|  \..: : : : : ∨:.:| | /ヽ| |: : :∨ : : : イ、::::::::::\



                                /i
                        _      / /
                     ,.. /__ ',__  /  .イ
                    .イ///  V> ´ /
                _r -x/////   ´  .イ{  ィ
                V> ニ二 __  r≦彡{< /
                 マ {{: : `< ∨>: : } } /__
                 Ⅵ.マ、: : : :.}_{: : : : ノリ {   =- ..
                   ト、Vム: : : : : : :ィ//イ  ̄  t ..  <
             _    /__ヘ/くv~=~v メ___',    ',   \  <
            __j_j ̄7 ヽ== }\\ i_/イ===>..____ }}    .>   ,
         .ィ__ c| |_乂_ノ  \_` 二 ´_ニ }}__}}> ..  `'' く   \ ヽ              『仮面ライダー鎧武』の脚本が
        c_~  { /リ/ <__ ヽ /////////≧ rf////ハ > .  マ _ヽ ハ               事実上『魔法少女まどか☆マギカ』のストーリーの
     r/c c `ヽ//////<. ', マ',> c´ c c マハ c c cマア>..  マ  ̄ .ヽ..ム                 焼き直しともとれる内容だったことも踏まえると
     c'    c  /////////_マ| i |:',   c c  cマハ c c }ア  >.}}    ', } /}          ますますそう思わざるを得ない……
    /z== --≦j_j////////.ヽ}.| | }> __  ..z≦元≧zzイア,    o > ..  }//<ア、
    T ',  ヽゝン//////////}ノ | | マ、  c  c  }}} c c }//,c  c  .イ  X /..イ}>しひ、
     ≧=<zz彡f////////,j__ .ィ、 マ`ヾ     °||    ハ/ムー  ´    {_ i///、ニニ>
           !/////////ニニニ> =ハ  O O || O 0.i'///∧     _..イ///{ノ/></ ヽ
         /{j///////.イ=====ニ三}   o || o  ム////,}__,, z≦{   マ////   {ヽ. /
         { !///////ハ////////////≧==.:介=≦///////////∧  ゝイ     ゝ ´
            V///////  V///////////////////| ヽ////////////.>-- ´
        /{_}//////リ  i////////////////./}/{  マ//////> ´
         i { L//////   }__//__/////__zzz / .イ==、  ゞ==彡
          H .| }////,  __/:::::}V }777{{ アX /Y⌒ヽ}
          | H i!//// .ム\}ハ}:::}__.}ムムム||レ .ヘ__){乂_ノ.|
          H .H///,  マzzソ:///////,{{ヾイニニ./⌒マ」



1198 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 15:05:52.69 ID:Qp5dwl+k




-――― - 、         ト ,                 , イ
        \       |    >、 __   , <  |
          \      、    ´     `     .j
       , -- 、ヽ    / 〉             λ
      /     ヽ}   / /              ヘ ハ
.     /        リ  ./  i                 , ハ
    ,            /   ,                j  ヘ
     i        /     ゝ、                 ,イ   ヘ
    |      r 、/    j  > __      _   < |   ハ
    |      ヾソ    ,    / ,....、     |      ,    ヘィ=ァ            イッチ的「暁美ほむら」およびその救済法考察
     ,      入\  ム     , /::::::::ヽ   |     l    ヘ//
      ハ     /.。 `ヾュ厶」    i'::::八::::::',  |     入 _ /ヘ                          - 終 -
     ヘ   /   O o/      /:::/  }::::::}   |    'ー-イ    。、
      ヽ'    /  /     /:::::L__」:::::::|  ハ       , o O ヽ
       \ , イ ./     ハ:::::::::::::::::::/   ハ         ヘ     \
         \.レ'       /  `ー--‐ '   、j        ヘ  、 \__ゝ
          \     /             ヽ       ヽ、 \ `l
            \   ,                '         \_」`ー'
              \ i               j
               \            /
ヽ、              `ー         /
  ` ー -  _______,ィ、_____厶



1199 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2021/04/11(日) 15:14:34.31 ID:1BfEMG7e

おつ
ほむほむは無自覚ながらも自分から救済を手放している感あるよね
本来なら絆を結んで、解決に向かわなきゃならないのに、目覚めてしまった魔法によって孤独になってしまうというね



1200 : ◆wbLMu0PfuM : 2021/04/11(日) 15:20:55.09 ID:Qp5dwl+k

>>1199
実際漫画版は最後にまどかの救済を受け入れたっぽいラストなのに対して
劇場版は拒絶するどころか根本からぶっ壊したところに
現在の「暁美ほむら」というキャラクターの本質が見て取れる気がする

マギレコに悪魔ほむらが実装される日がくれば
それはきっと「ほむらがほむらの平穏や幸福を破壊する」ストーリーになるんじゃないかなぁ……?


関連記事
146432 :日常の名無しさん:2021/04/16(金) 11:49:59 ID:qatiFzUY[ 編集 ]
「巴マミの平凡な日常」世界ならハッピーエンド後の後日談だから……(震え声)
146434 :日常の名無しさん:2021/04/16(金) 12:54:40 ID:-[ ]
そこでスピンオフコミックの魔法少女ほむら☆たむらですよ
ギャグ展開でごまかされてるけど並行世界の無数の自分自身に救済してもらうって展開はかなりすごいと思う
146448 :日常の名無しさん:2021/04/16(金) 21:48:38 ID:-[ ]
変える事の出来る「主人公」の居ない物語(主役のみ)…って感想かなまどマギは。
150980 :日常の名無しさん:2021/07/13(火) 17:01:42 ID:vQU5PwVA[ 編集 ]
マギアレコードのストーリーを読んでいると分かるけど
もっとも頼れると考えた他人(巴マミ)を信用して真実を話した結果、チームの全滅の危機という最悪の事態になった本編に対して
マギレコの方は信用しないで真実を話さなかった結果のルートなんだよね・・・
だからほむらのコミュ障が原因で人を信じて頼れば全て解決!というのは真逆だったりする

実に虚淵っぽい救いの無い話だ

もっともマギレコの方は舞台背景が色々異なっているから一概には言えないけど
155961 :日常の名無しさん:2021/09/23(木) 10:14:19 ID:-[ ]
叛逆がバッドエンドかどうかは未だ意見が分かれるところなので断言するのはNG(面倒くさいオタク)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 読者投稿:あからさまな現場猫のせいでクラスター (06/24)
  • 読者投稿:小ネタ 世界の冗談 韓国編 (06/24)
  • 読者投稿:性を(略)ぐる(略)めに(略)作(略)る(略)の(略)り及び(略)する(略)め(略)に(略)則(略)る法律 (06/24)
  • 読者投稿:中国の防疫システム:健康バーコードについて (06/24)
  • 読者投稿:小ネタ フィンランド大好きおじさん (06/24)
  • 読者投稿:『服だけを溶かすスライム』についての追加考察その2 (06/24)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 21 (06/24)
  • やる夫と幽香 その8 (06/24)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです 語られなかったとあるお話 (06/24)
  • やる夫とお隣のイポスさん (06/24)
  • 国際的な小咄 9000 国民連合は極右? (06/24)
  • 国際的な小咄 8999 ドイツ人あれ食うやん (06/24)
  • 国際的な小咄 8998 長いし息が続くんだよなぁ (06/24)
  • 国際的な小咄 8997 フランス国民議会総選挙 (06/24)
  • 国際的な小咄 8996 狂乱のるつぼ (06/24)
  • 国際的な小咄 8995 本当に欧米産社会実験やっておりますね (06/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十六話 (06/23)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十五話 (06/23)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 20 (06/23)
  • やらない夫千年紀 第五四話 (06/23)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百八十六話 (06/23)
  • 国内的な小咄 2059 違うぜよ (06/23)
  • 国内的な小咄 2058 確かに見たことない…… (06/23)
  • 国内的な小咄 2057 あそこ、三国蕎麦だったな…… (06/23)
  • 国内的な小咄 2056 うっそだぁ!? (06/23)
  • 国内的な小咄 2055 ええ…… (06/23)
  • 国内的な小咄 2054 そもそも (06/23)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 20 (06/22)
  • 真・女神異聞録ブルードラゴン 第五十六話:常闇の唄 (06/22)
  • やる夫は夢と現実の世界を旅するようです 第17話 謎の剣士 (06/22)
  • 国内的な小咄 2053 べつに絶許案件ではない (06/22)
  • 国内的な小咄 2052 精神科あるある (06/22)
  • 国内的な小咄 2051 ちうにち (06/22)
  • 国内的な小咄 2050 信州料理>>>イギリス料理 (06/22)
  • 国内的な小咄 2049 過酷なる北の大地 (06/22)
  • 国内的な小咄 2048 プレオンは (06/22)
  • おっさんと女子高生 第14話 (06/21)
  • うろ覚えで甲子園を目指すパワポケ 第23話 (06/21)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第三部 『最後の指令』 第三話 (06/21)
  • やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです 第31話 (06/21)
  • 国際的な小咄 8994 嘘か誠か知らんが (06/21)
  • 国際的な小咄 8993 うまいけど…… (06/21)
  • 国際的な小咄 8992 刷り込みで変わってもろくなことにならない (06/21)
  • 国際的な小咄 8991 一時期フェミニズム学んでいたNSSさんどうなの? (06/21)
  • 国際的な小咄 8990 わ、わからぬぇ (06/21)
  • 国際的な小咄 8989 仏教⇔哲学 (06/21)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 19 (06/20)
  • 昭和名馬列伝 第4章 キタノカチドキ伝 第3話 (06/20)
  • なのはさんは巨乳フロント係のようです 第82回 (06/20)
  • 国内的な小咄 2047 育てていただくものではない、ともに育つものである (06/20)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!