スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼 16世紀頃の《焼き入れ》について

目次 国際的な小咄

11518 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:28:00.605 ID:pFTjqhK5 (+0)




             / ̄丶,,. - ―― 、
.            /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::\
.            i:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
            l:::::l:::::::::::{::::::::{:ヽ:::::::::::}::|::::lハ
.           i:::::::l::::::::::|/サ十‐'\:::ノノィノ:::|
.            l:::::::::i:::::::ヽ .ィ;チ示   ィチ;ァ:::/
               l:::::::::|:ヽ:::::、弋zソ  ,弋ソレ'ィカ
               l::::::::f、:::\_、  r‐ ¬ィ''〔 ノノ       はい、突然だけどキョン子ちゃんの話を聞こうね。
.            l::::::::i. \::::ヽ  | /{ メ く__つ
.            i:::::::i   >ー一'´:.:.:.:..\>          興味がないって子は自己暗示してして興味を抱いてね。
.           i:::::::i  了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\
            メ,/ ∧:.:.:.:.:.:.:.K. モ ,::l:.:.:I         というわけで今日も鉄の話だ、
                i:.:.:.>=イ:.丶ヽメ|:|:.:.:{        以前の話を知らない人は日常様で見ような!
                l:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:ヽ∨/ト、:.\
.                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iヘ./〈 \:.:.}ヽ、
                /__.:.:.:.:.:.:..:.:.:.l  i_ヘ   ト-',メ
.             ∠」/ l ̄ ̄ ̄    ヘ `.メ_r′
                ` ┼┴-,.――f‐一!<
.                  l   /    i  l


大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼
大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼 ビリングチオ製鋼法編


:.:.:.:.:.:.:.:|        _.... -‐- ....<       ヘ.
:.:.:.:.:.:.:.:|    ,, <´: : : : : : : : : : : `>. 、     ヘ
:.:.:.:. _|_ ''´}'´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、   ハ
:.:.:.:(、  `ヽ': : : :,,: : : : : : : _: : : : : : : : : : : : : ヽ   }
:.:.:.r ''    l: :/:_; - '' ア´: : : : :_:_:,,: : : : : : : : ハ ノ                アシスタントだよー
:.:.:.>     .}' '´   ''ヘ ̄ フ´: : : : : : : : : : : : :.ハヘ,                               、__人_人 人
:.:.:と、     ノ   ⌒`ミ、 ィ ''ア'': : : :_:_:,,: : : : : : :.ハ‐- x 、                          )誰!?  (
:.:.:.⊂....__, ノ      }}  >'ィ- ''ラ''': : : : : : : : : : :ヘ   ヽ、                             ⌒Y⌒Y  Y
:.:.:.:.:.:.:.:|        ソ    ,,=≦-‐≧''': : : : : : : : ヘ    へ、
:.:.:.:.:.:.:.:|   l         ´   /: :ノ}: : : : : : : :.ハ    ノ
:.:.:.:.:.:.:.:|   ',           ノ,,>' /: : : : : : : : : : }   /      擬人化したシャミセン。
:.:.:.:.:.:.:.:|    ヽ   、       '´l' /: : : : : : : : : : : :l. /
:.:.:.:.:.:.:.:|       l      ,,,,,_   レ: : : : : : : : : : : : :リ´
:.:.:.:.:.:.:.:|     ヽ、      ヾ} ノ}: : : : : : : : : : : : :,'                          、__人_人_人_人_人_人_  人
:.:.:.:.:.:.:.:|       丶        ノ イ: : : : : : : : : : : : /                      )お前、女だったの!?  (
:.:.:.:と⌒ ヽ           '' ./: : : : : : : : : : : :ノ|                           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y  Y
:.:.:.r ''`   ハ- 、    _ ー x': : : : : : : : : : : : :/ |
:.:.:.>    }    ̄ ∨ ヽ''´ __): : : : : : : : :>''    |
:.:.:.゙っ    ノ      ` ''''  ̄ ≦_:_:> ''´       |
:.:.:.:.と__ ,,x'            /'             j



.





11519 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:28:35.098 ID:pFTjqhK5 (+0)




             _,....,
          ,. .-:´‐:.:-`:...、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
.      /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.l:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.l.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヾ:..
.     /:.:.:.:.:.:.:i_:.ハ:.:.i:.:.:.:.ハ:.:.:ト:.:i:.:.:.:.:.::ヾ.,
     i:.:.:.:.:.:.:.:l,_:l`ヽ:i';.:.:.i i:.:l i:.l:.:.:i:.:.i:.l ヽ、      といっても、鋼の製錬に関する大まかな説明は前回までで概ね終わってしまっている。
.    l:;i:.:.:.:.:.:.トア:`トヾヽ:i  ̄ソ`'i:.:.;':.:.:.i';i
.    l:ハ:.:.:.:.:.:i ゚=ソ   ` ,,_ '  .l:./:.:.:.:i 'i         キリスト教世界ということもあってか、
     'ソト:.:.:.:ヘ.    ′   ̄,イ/:.:.:.:.:l .i        他の製錬も細部は違えど基本的な部分は類似しているので語るところもない。
.    /:.:.;ヽ:.:.:.:.、  -_ 、   ,ノイ' i:.:.:.:.::l
.    .:.:.:.:.ll:ヽ:.:.:.:i:i 、_  i.<   i:.:.:.:.l             じゃあ何でネタもないのに投下してるの?
   /:.:.:.:.:_;[、:ィ';、:.:.リ   _.'ヽ  ̄`;:l:.:.:/:\,_       馬鹿なの? 脱いで? 早く脱いで? そう思う人もいるだろう。
  i:.:./::::::::l ';:', ヽ:.l=/ヽ`'弋   ;l:.:イ::::::::::::::\_
.  i:.:/::::::::::::i .;:', ヽl- '´,ィ-`、l   l:イ |::::::::::::::::::::::::`::::::......、
  l:.:i::::::::::::::::i '::',  ヽ"´: :   l  イ:l l::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  l:.i:::::::::::ヾl:.i ';::',  ヽ  :   .〉  .l::l l::ヽ::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::l
  l:i:::::::::::::::ソ::ヽ ヽ:.、. ヽ  : ./  ,.リ/::::::l>ー--≡三-‐:'::::´:::::l
.  il::::::::::::::〈::::::ヽ ヽ:ヽ、ヽ  :./ /;〃::::::::l      l´:/:::::::::::::i
  l:::::::::::::::lヽ:::::::ヽ、 ヽミ:..ヘ :/イ:'''ィ::::::::::::::l     .丿::::-:::、:::::::ノ
  l:::::ー::::、:〉|:::::::::::::::l ー 、ヾソ'/ |::::::::::::::::、   /::::::::::::::::'::::/



                    _
         r――-.、     ,. '"(、
        __j: : : : : : : ヽ-v´∠__: )
       {   ,..:.:.'"´ ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:.:.`  、
       >'":.:.:.:.:.:/:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /:/:.:.:.:.:.:/:/:.:/:.:..:,:.:.:.!:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.|
    /: :/:|:.:.:.:.:/:/:,.イ:.:.:/:/!:.:.:ハ:.:.:.i:.:.ハ:.:.N!
    '⌒7: |:|:.:.:.:|A/‐v 7ノィ/ ゝi-A/T:i!:.!/
     〈_: :N_:.:.:.| '⌒frト、`  ,〃イ「``「:.!/
      `ヽ.`ヽ! 、 U        U  レイ
        ∧ ヘ  ` ̄´    ` ̄´レ'
          `ヽ      ´    ,.'
           `  _   rっ ,. イ            (裸になったほうが受けはいいんだろうなって……)
         __,.ヘ/ >―<ト、_ ,.へ
          /  ヽ. : ヽ/7´ ト、V : Y  ヽ
       /   ヽ! : 〈  '   〉「|: : :!    〉
        |  \  }: :ノ    〉 j : : |   /
       ヽ、  冫‐く \__ノ ̄: : : :|  /
        / /   `ー〈: : : : : : : | イ
       `う n!     /:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ !
          { |      /_z―っ:.r'   |
         \    /:.:.:.ー―:.:.ヽ  |

.


11520 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:29:27.993 ID:pFTjqhK5 (+0)




                /⌒:、
            ,.. --ミ、:.:.:.:,
             ,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:,
          ., ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:,:.,
        /:,:.i:.::.,{:.:.:.{:.:.:.}:.:l:.:.:.:.,:.,
        ノイ:.:.レトハ:.:.ィ-ミ:.:l:.:.:.:.}:.l
      _,..ノ‘、.N__ ‘、{ 斗z:.:h:.:リ:.:l       今回、語るのは16世紀頃の《焼き入れ》についてだ。
    /   ニlヘ ヒl   ヒリ:.:lル:.:.:. l
    '  ,. --1/:.:ヽ、' _  .l:.:.l:.:.:.::.:.l        当時の《焼き入れ》は浸炭鋼を精製するための土台となる技術の一つで、
   j  '    .l:.:l___`ァr''" l:.:.l、:.:.:.:l        肌焼き硬化法(Einsatzhartung)の一種として利用されていた。
    '  .l   _,.'^!:.l  /   l:.:ハ! `ァ、
   '  l-r'^   '、l 「 ̄`ヽj/  . ' ‘,
  '   l、‘,   ハ  l  ./  , '   ‘.
  {    } l l // ‘、 l/  _,イ      、
  ‘、 .ィj__L/ j   >-r''"    {    }、
         ,! /ハヽ     rへ _,.  '"^!
        / `T! iT’    /  「  _,..ィ’


          {      \      _
       ,, -/ ,, = --- = 、7っ- '' ´  `゙ > -,
    ,, <´  ,.x:'´: : : : : : : : : : `゙: :.<、.      /
.  /   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、    /
  ヽ、  , ' : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : :ヘ    }
   } /: : :,': : : ,: ,': : :.乂:,: : : : : : : : : : : : :ヘ  ノ、
   しl: : : {: :_:,ムハ-:,/ {:ハ; : : : :.,': : : : : : : ハ< ハ
    {: : :.ヽ: : l リヽ/` リ {- X:ハ-:、: :,: : : :}.   ∧
     ヘ: : :{\{==ミ、   レィリ' }/レl:/}: : :.リ    ∧
      ゙iヽl     `      '⌒ヽ、 /:/,,/  r ' ´
        {     '       ゙ レ' ノ=- ''        焼き入れって、熱した鉄を素肌にジュってやる……
        ゝ、   tv ‐‐ァ     ./,,/
         ` 、 ヽ_ ノ    , ィ´                                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          n_. -r'{>,, ... -7'´{'' -,....、                                                  | それじゃない
      r'.| | ヽ,: i  ヽ、 ./,i .l: : :} ,'ハ                                               ヽ______乂_
      ,{`',! !  ヽヘ、  ヽ/  }: : l,' }
.     /ヘ. ソヘ ' , ):.ヘ、./{l}ヽ-': : :l ,'、           じゃあ、熱した鉄を水の中に入れて急速冷却する手法のことだね。
     { _ノ-'' / ヽ: : : `:{{ノlilヽ}: : : ハ  }
     (ヘ、__ノ/ `)´: : : : : : {_ll: : : : : ヘ .ハ
     {ヽ   ' 7 {: : : : : : : : l: l、: : : :.ハ .}
     l       l: : : : : : : : l: l:ヽ: : : : リ-'゙

.


11521 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:29:51.450 ID:pFTjqhK5 (+0)




             _,....,
          ,. .-:´‐:.:-`:...、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
.      /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.l:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.l.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:ヾ:..
.     /:.:.:.:.:.:.:i_:.ハ:.:.i:.:.:.:.ハ:.:.:ト:.:i:.:.:.:.:.::ヾ.,        そうそう。
     i:.:.:.:.:.:.:.:l,_:l`ヽ:i';.:.:.i i:.:l i:.l:.:.:i:.:.i:.l ヽ、
.    l:;i:.:.:.:.:.:.トア:`トヾヽ:i  ̄ソ`'i:.:.;':.:.:.i';i            刀鍛冶は焼き入れ用の水の温度を調べようと手を漬した男の腕を切り落としたというが、
.    l:ハ:.:.:.:.:.:i ゚=ソ   ` ,,_ '  .l:./:.:.:.:i 'i         それくらいの秘密だった。
     'ソト:.:.:.:ヘ.    ′   ̄,イ/:.:.:.:.:l .i
.    /:.:.;ヽ:.:.:.:.、  -_ 、   ,ノイ' i:.:.:.:.::l          そしてそれは西洋の鍛冶師にとっても変わらず、
.    .:.:.:.:.ll:ヽ:.:.:.:i:i 、_  i.<   i:.:.:.:.l           秘されるものだったそうな。
   /:.:.:.:.:_;[、:ィ';、:.:.リ   _.'ヽ  ̄`;:l:.:.:/:\,_
  i:.:./::::::::l ';:', ヽ:.l=/ヽ`'弋   ;l:.:イ::::::::::::::\_
.  i:.:/::::::::::::i .;:', ヽl- '´,ィ-`、l   l:イ |::::::::::::::::::::::::`::::::......、
  l:.:i::::::::::::::::i '::',  ヽ"´: :   l  イ:l l::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  l:.i:::::::::::ヾl:.i ';::',  ヽ  :   .〉  .l::l l::ヽ::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::l
  l:i:::::::::::::::ソ::ヽ ヽ:.、. ヽ  : ./  ,.リ/::::::l>ー--≡三-‐:'::::´:::::l
.  il::::::::::::::〈::::::ヽ ヽ:ヽ、ヽ  :./ /;〃::::::::l      l´:/:::::::::::::i
  l:::::::::::::::lヽ:::::::ヽ、 ヽミ:..ヘ :/イ:'''ィ::::::::::::::l     .丿::::-:::、:::::::ノ
  l:::::ー::::、:〉|:::::::::::::::l ー 、ヾソ'/ |::::::::::::::::、   /::::::::::::::::'::::/


             ,....、    /⌒ヽ、  r‐ 、__
         / ノ  ,,/ -‐‐-<ヽ_> 、 \ハ
        / /) ,, ': : : : : : : : : : : : `>ヽ.  ヽ
      r {  ,'//: : : :,,: : :,,/イ: : : : : : : : :ヽ, ノ''ヽ
      / \く,,': : : : : /l: //ハ、; : : : : : : :ひ,,.  }
       l  '' ノレ: : f'リ ̄ヽ '    ,,乂+: :,: : :入   ハ
.     |   ( レ-,l    fj゙    'n  レ'}: : : :}    l
       l   ヽ, l tlヽ、__,       ¨   レj: :.ノ    |      でも、それってわざわざ説明紹介をするようなこと?
      l    ヘゝl     ' '   丶-‐ '´,ソ´{    |
        ',     ''ヘ    __      , ノr‐'x.    j      水の温度とかあるだろうけど、
.      ヽ      \  l_j     , -‐' 丶   ,'       結局は熱した鉄を水に入れて冷やすってだけじゃない、
        ヽ   ',.  /j` -- ,- イ/l         /
.         ヽ、  i. /:}  l/   /: :ヘ       /
           ''-レ: :'- ´{}. 、ノ: : : :.ハ   /
             l: : : : :j:l: : : : : : : : :ヘ/
               l: : : : {: :l: : : : : : : : : :.{
            l: : : :.,': : l: : : : : : : : : :ヘ

.


11522 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:30:21.646 ID:pFTjqhK5 (+0)




         厶―`--ミ
       ,,'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      ,,':.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ
  -=彡:.:.:.:.:.:/:.:.i\:.:.i斗-ミ:.:.:.:.,
    /:.:.:.{:.厶-:|  ヽ| .}/}Λ:.:.:.i
     |/|:.:{' ヽ{,斗    == '|:.:.h
     |、{. ''"´   '    、、.|:.:.lノ
     |:.:.:'. 、、     _   |:'       そうでもないんだな、これが。
     |ヘ:.:.〉 、   ´ ’  ,,.|/
       、|:.:.:`  .,_ イ:.!            当時の西洋鍛冶師達は、
        .|:.:.:.:.r{   {-i、         この焼き入れに使う水を《硬化水》と呼んで非常に重視していた。
        .|>'" l    }  `ー-、
      rf'"   .l-―-リ     .lヽ     何故かというと、
     ノ:::'、   ‘.   '     ':::::〉    『水に浸した際に鉄がよい物質を吸収することで硬質化になる』と考えを持っていたからだ。
     |::::::::ヽ   ‘.  .'    ./:::::;'
     |/::::::::\.  ‘. .'    /:::::::{
      〈:::::::::::__r―--ミ ,,-<┐:::」
     }:::::::/ /::::::::::::::::::`' 、  ,〕::/


          {      \      _
       ,, -/ ,, = --- = 、7っ- '' ´  `゙ > -,
    ,, <´  ,.x:'´: : : : : : : : : : `゙: :.<、.      /
.  /   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、    /
  ヽ、  , ' : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : :ヘ    }
   } /: : :,': : : ,: ,': : :.乂:,: : : : : : : : : : : : :ヘ  ノ、
   しl: : : {: :_:,ムハ-:,/ {:ハ; : : : :.,': : : : : : : ハ< ハ
    {: : :.ヽ: : l リヽ/` リ {- X:ハ-:、: :,: : : :}.   ∧
     ヘ: : :{\{==ミ、   レィリ' }/レl:/}: : :.リ    ∧
      ゙iヽl     `      '⌒ヽ、 /:/,,/  r ' ´
        {     '       ゙ レ' ノ=- ''
        ゝ、   tv ‐‐ァ     ./,,/           ふーん、じゃあ、どこそこの泉や川の水を使って焼き入れすると、
         ` 、 ヽ_ ノ    , ィ´             よく硬質化するみたいな感じだったんだ。
          n_. -r'{>,, ... -7'´{'' -,....、
      r'.| | ヽ,: i  ヽ、 ./,i .l: : :} ,'ハ              で、そういう情報を秘密にしてた、と。
      ,{`',! !  ヽヘ、  ヽ/  }: : l,' }
.     /ヘ. ソヘ ' , ):.ヘ、./{l}ヽ-': : :l ,'、
     { _ノ-'' / ヽ: : : `:{{ノlilヽ}: : : ハ  }
     (ヘ、__ノ/ `)´: : : : : : {_ll: : : : : ヘ .ハ
     {ヽ   ' 7 {: : : : : : : : l: l、: : : :.ハ .}
     l       l: : : : : : : : l: l:ヽ: : : : リ-'゙

.


11523 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:30:48.789 ID:pFTjqhK5 (+0)




                ...-‐.:.:.:. ̄:.:.:.:.:.‐-......
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
.         /:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\
         /.:/.:.:.:.:/ .:.:.:.l :.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:ヽ.:.: \
.        /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:ヽ :.:.:.:.:.:.:.:. :.\
       / ,: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ \
.      l ,:.:.:.:.:.:.:.:.:{斗┼ヽ:ト:}゛:j廾ミヽト、}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ   ヽ
        l:.ハ:|:.:.:.:.:. f爪ハ. l    f爪心 ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.
        |l iハ:.:.:.:.:、 込リ      込.リ/イ:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:   |        いいや、ちょっと違う。
        |   〉:.:.:.:.ヽ.     ,     ,:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.: l  |
         /:.:|:.:.:.|:.、   ___   イ:.l:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.: |  |        鍛冶師達は、その《硬化水》自体を自作してた。
          :.:.:.|:.:.:.|、:.`:...       イ !/ :.:. l:.:.:.:.:.:.:.:.: |  |
.          l:.:.:.l:.:.: | ヽ:.:.:.:〕  ´  |' / l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |
.          |_ :.:.: l-‐` T      |` 、l:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  ノ
     _/ヽヽ :.:.:.l    | -‐-  !   ,:.:.:/77‐:.:.:.:.:.: l
      ´ー 、  > ヽ:.:|    |´ 二 `l  /.:.:, ///ヽ :.:.:.: l
.         ヽ/ニヽ ヽヽ  ´   `l /:////ニニヽ:.:.:.|
        /三三 、.ヽヽ  ',    .l / ///三三 l:.:.:.l
        三三三.ヽ ヽヽ ,   l   ///ニニ三|.:.:.l
.         |三三三ニヽ ヽヽ',| ノ l //=ニニ三|.:. |
.        |三三三三ニヽ ヽヽ. L'./(ニ|.=ニ三三l:.:.:|
          | /ニニ  \= ゝ ≦三三ニ|ー,ニニ三三|:.:.:l
         {ゝ─ _x≦三三三三ニニニ'./ニニ三三|:.:.:|
     x≪三|.ニ`/三三三三三三三ニヘニ三三三|:.:.:|
  /三ニ./|=./三三三三三三三三 /ニ三三三|:.:.:|



        {:.:.:.:.::.:.:. -:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
    , --i:.:.:.:.:, '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:.:.:.:.:.\
  /:.:.:.:.:.:ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:.:..:
 ./:.:.:.:.:.:.:.:.:,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヾ:.:.:.:
../:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/`ヽ:::::::::i:::::::ヾ::::::::::::::::∧:.:.
〈_:.:.:.:.:.://:::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::/   }:::::/i:::::::::::}:::::::::::::::::∧:.
   i.:.:.:.:i::i:::::::::::::{::::_::::i::::::::::::::/   i:::/ |::_i::L::一::::::::::::レ
   L.:.:.:i::{:::::::::::/::::::::/ヽ:::::::::/   ,_z=- i::::/ヽjヽ::::i::::}:::/
    -i:::ヽ::/:::ヽ::::ハj i::×/  N   -‐}/   }:::/:::ト/
     {::::::\:::::::i乂j ‐≠=-n   ∠ - ― フ レ::::イ |
     ヽ::::::::::{ー‐   _ _     r 廴ノ -‐  ム 〉 .i
       ト、_戈弋 ̄廴ノ_ ノ             レ  /
       ∨ ヘ    ̄                レ'                錬金術師かな?
        \ ヘ U           ' ´       /ー- _
          ト、                 /:.:.:.:.:.|
         -―ヽ、_     _  ‐v   / l|.:.:.:.:.:.:|
       /   |.:.:.:.:.:.:.-    ー_-__  イ   ||.:.:.:.:.:.:| ,/
        / ヽ   |.:.:.:.:.:.:ト 、  ̄\__  /    |.i.:.:.:.:.:.:|/
        /   } .|.:.:.:.:.:.:| \  ,-‐fフ‐- 、 / .i.:.:.:.:.:.:i
       i    ヽ |.:.:.:.:.:.:.i   Y ,イi i\ ハ,/  |:.:.:.:.:./
      i    ヾ|.:.:.:.:.:.:.i   V 〃ヾ i     .|.:.:.:.〈 i
      ヽ     |.:.:.:.:.:.:.i     レ'  L|   _|.:.:.:..:.ヽ|
       入    i.:.:.:.:.:.:.ト-- ―──―..: ̄ .:.:.:.:.:.:.:.|
       ト、_/ i.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.i
       |      ∧.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∧
        7       ∧:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.::∧

.


11524 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:31:09.339 ID:pFTjqhK5 (+0)



               ┏                                                                    ┓
                スイバの汁(Sauerampfersaft)+にんじんの汁(Schirlingsaft)、または油の中に七回漬け込む。
                赤熱した鉄に、ヘレボルス(Niesswurz)、Agstein(コハク科)、またはEuphorbio(トウダイグサ)の汁を何回も注ぐ。
                その後、自然冷却させる。
               ┗                                                                    ┛


         _    ,...............,_
       /:.:.:.:.:>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`::....、
.      /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.      l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.;.:.:.:. ,  ヽ
.      l:.:.:./:,:.:.:.:.:.l:.:.l;.:.:.:.、  l、. ヽ .,l....:.:.:,:ヽ
       l:.:.:l:.:l:.:.:.:.:.l:.:.ハ:、l,_、:.:.l ヽ:.:!:.:l:.:,:.:.:.:.l、:l. ,ィn
       l:.:.:.l:.:l:.:.:.:.:.l_i_キ;l_.ヽ:.!. r.ァィ:i:.ハ:.:.:lヘ:lヽ,ソ
.  ,ri゙h  /:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:弋几トィ  ヾ l:ij:ll:.;イ入:.l::::ソ:ノ        手元資料にある《硬化水》と焼き入れ法はこんな感じだな。
.  l.‐ノ}-ム_:.:.:.:.ヽヽ:.:.:..:トヒ::ン    '‐' l:.l::::::l:.:l:::::/
   ゙tュノ::::::::::`:':::‐ム;.:.:.ヽ_.   rァ ,、イ:.:.l:::::::l:/::/        恐らくは鍛冶師の流派ごとに異なるやり方と《硬化水》があったのだろう。
    ゝ、::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.ヽ ヽ_,=,i´ i:.:.:l::::::::リ/
.   /:.:.:.:.:.:<::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ヾ゙ 'l /l:.:.l::::::::/゙
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.,:.> 、:::::::::::::::::::ヾ、 ヽ l.//:l/i:::/
.  l:.:.:.:.:.:./ソ'   ヽ、:::::::::::::::lヽ、'i/'l:::'::::i'
.  ヽ:.:.:./        'l::::::::::::::l//トト,ヽ;:::::!                                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   ヽ:.i.        ノ:::::::::::/、//l.l,lノノ::::l                                         | これ、効果あったの?
    ヽ'、     _,./::::::::::::::フフ´ l l ´.i::::::!                                             ヽ__________乂_
         \:::::::::::::::::イイ‐-イ トイl::::::\
         ./ヽ:::::::::::::':/  ヽi.  l::::::::::/
         \  \::::::/     ./;:>'´\
          ,.ハ 、 /l゙'        .ハ /
        /::::::ヽ、フ''‐- 、,_,,〟-イ`´                                 Agstein=不明。調べても分からなかった。
.       /::::::::/´       .ト--ィ
       /:::,/          l::::::::l
      丶'            .l::::::l
                    .!:::::!
.                    ヽ::l
.                     `

.


11525 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:31:44.383 ID:pFTjqhK5 (+0)




         厶―`--ミ
       ,,'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      ,,':.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ
  -=彡:.:.:.:.:.:/:.:.i\:.:.i斗-ミ:.:.:.:.,
    /:.:.:.{:.厶-:|  ヽ| .}/}Λ:.:.:.i
     |/|:.:{' ヽ{,斗    == '|:.:.h
     |、{. ''"´   '    、、.|:.:.lノ       著者曰く、大部分は迷信とあまり変わらないってさ。
     |:.:.:'. 、、     _   |:'
     |ヘ:.:.〉 、   ´ ’  ,,.|/        まあ部分的には効果的なものもあったって考えよう!
       、|:.:.:`  .,_ イ:.!
        .|:.:.:.:.r{   {-i、           というわけで、十六世紀頃の《焼き入れ》でした、
        .|>'" l    }  `ー-、      たぶん予想とは違ったからレス数だけ腹筋しますって人もいるんじゃないかな。
      rf'"   .l-―-リ     .lヽ
     ノ:::'、   ‘.   '     ':::::〉
     |::::::::ヽ   ‘.  .'    ./:::::;'
     |/::::::::\.  ‘. .'    /:::::::{
      〈:::::::::::__r―--ミ ,,-<┐:::」
     }:::::::/ /::::::::::::::::::`' 、  ,〕::/


:.:.:.:.:.:.:.:|        _.... -‐- ....<       ヘ.
:.:.:.:.:.:.:.:|    ,, <´: : : : : : : : : : : `>. 、     ヘ
:.:.:.:. _|_ ''´}'´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、   ハ
:.:.:.:(、  `ヽ': : : :,,: : : : : : : _: : : : : : : : : : : : : ヽ   }
:.:.:.r ''    l: :/:_; - '' ア´: : : : :_:_:,,: : : : : : : : ハ ノ
:.:.:.>     .}' '´   ''ヘ ̄ フ´: : : : : : : : : : : : :.ハヘ,
:.:.:と、     ノ   ⌒`ミ、 ィ ''ア'': : : :_:_:,,: : : : : : :.ハ‐- x 、
:.:.:.⊂....__, ノ      }}  >'ィ- ''ラ''': : : : : : : : : : :ヘ   ヽ、
:.:.:.:.:.:.:.:|        ソ    ,,=≦-‐≧''': : : : : : : : ヘ    へ、       まあ、溶液を調合してそれで焼き入れしてたとか、
:.:.:.:.:.:.:.:|   l         ´   /: :ノ}: : : : : : : :.ハ    ノ       予想外だった人もいたろうね。
:.:.:.:.:.:.:.:|   ',           ノ,,>' /: : : : : : : : : : }   /
:.:.:.:.:.:.:.:|    ヽ   、       '´l' /: : : : : : : : : : : :l. /           うん、じゃお疲れさまでしたー。
:.:.:.:.:.:.:.:|       l      ,,,,,_   レ: : : : : : : : : : : : :リ´
:.:.:.:.:.:.:.:|     ヽ、      ヾ} ノ}: : : : : : : : : : : : :,'
:.:.:.:.:.:.:.:|       丶        ノ イ: : : : : : : : : : : : /
:.:.:.:と⌒ ヽ           '' ./: : : : : : : : : : : :ノ|
:.:.:.r ''`   ハ- 、    _ ー x': : : : : : : : : : : : :/ |
:.:.:.>    }    ̄ ∨ ヽ''´ __): : : : : : : : :>''    |
:.:.:.゙っ    ノ      ` ''''  ̄ ≦_:_:> ''´       |
:.:.:.:.と__ ,,x'            /'             j

.


11526 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:32:16.055 ID:pFTjqhK5 (+0)



                                                                        ガラガラ、ピシャ>



       --       --、
 、__,,'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽィ:.:.:.:.:.:.:.:.:、
  7:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 /:.:.:.:/:.:/}:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
./イ:.:.7T/ .}/丁/}、 :.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 .|:.:/斗x  斗-ミ:.:. i、:.ト、:.:.:.:.:.:.:.′
 .|/:'. .ト-j   ヒuj:.:. | }ノ }:.:.:.:.:.:′
  |:.:.、 ̄   ` ̄|:.ハ|イ  ,':.:.:.:.:.′
  |ハ:.> .,_-  イ}/   .':.:.:.:.:.′                 あと、これはオマケだけど。
   }/   rく / ̄^`V:.:.:.:.:.:{
      ∠/'´ ゙̄ヽ {:.:.:.::.:. l                  創作で日本刀が西洋剣を真っ二つなんてシーンを見た人もいると思う。
      .' . './    ‘.l:.:.:.:.:.:.:.、             創作的誇張表現、日本刀神話、そんな風に感じちゃう(ビクンビクン)人もいるだろう。
     .'/ .{      l:.:.、:.:.:.:.:.:`  .,
     ノ'  ∧     ∧:.:.:ミ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、       その描写を補強する、ちょっと面白い記述がある。
    {  / {`    イ| `ー彡⌒7:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        曰く、『(前略)大根の汁と地虫を煮た汁を同量に配合したもので
    '. /  ,}     j |_ イ   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}            3回か4回焼き入れすると鉄を鉛と同じように切ることができる』というものだ。
     V   l    / ./ ‘.   /イ:.:.:.:.:.::/

.


11528 : ◆r2gufsG7 : 2021/04/04(日) 23:33:07.503 ID:pFTjqhK5 (+0)




                /⌒:、
            ,.. --ミ、:.:.:.:,
             ,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:,
          ., ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:,:.,
        /:,:.i:.::.,{:.:.:.{:.:.:.}:.:l:.:.:.:.,:.,
        ノイ:.:.レトハ:.:.ィ-ミ:.:l:.:.:.:.}:.l
      _,..ノ‘、.N__ ‘、{ 斗z:.:h:.:リ:.:l         こういう背景があるとそれとなく説明していれば、
    /   ニlヘ ヒl   ヒリ:.:lル:.:.:. l        玉鋼製で焼き入れとかされてる刀なら質の悪い剣を二つにしても、
    '  ,. --1/:.:ヽ、' _  .l:.:.l:.:.:.::.:.l        説得力が与えられる、のではないだろうか……
   j  '    .l:.:l___`ァr''" l:.:.l、:.:.:.:l
    '  .l   _,.'^!:.l  /   l:.:ハ! `ァ、        あと鉄の話は次回で終わり。
   '  l-r'^   '、l 「 ̄`ヽj/  . ' ‘,        最後は比較として日本の製鉄について語ろう。
  '   l、‘,   ハ  l  ./  , '   ‘.
  {    } l l // ‘、 l/  _,イ      、      ご静聴ありがとうございました。
  ‘、 .ィj__L/ j   >-r''"    {    }、
         ,! /ハヽ     rへ _,.  '"^!
        / `T! iT’    /  「  _,..ィ’



<ガラ
      /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
      i ノ   川 `ヽ'     ただいまー、チュールくれチュール。    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      / ` ・  . ・ i、                              | あれ、人間から戻ってる
     彡,   ミ(_,人_)彡ミ                             ヽ___________乂_
 ∩,  / ヽ、,      ノ      猿になった覚えはない。           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 丶ニ|    '"''''''''"´ ノ                                | ………お前、性別どっち?
    ∪⌒∪" ̄ ̄∪                                ヽ____________乂_
                   生まれてこのかたずっとオスだよ(ボロン)

                                                 _n_,、   .           _ n_             n n
                                                └i rヘ〉           l リ r┐|              l」 l l
                                                (才P_)           └1」 L」             rリ

.


11529 : 国際的な名無し : 2021/04/04(日) 23:33:58.745 ID:pFTjqhK5 (+0 -0)

お目汚し失礼しました。こっちだと同じ酉でも変わるんやな


11530 : 国際的な名無し : 2021/04/04(日) 23:37:33.031 ID:qwDGmXF2 (+0 -0)

おつー


11531 : 国際的な名無し : 2021/04/04(日) 23:45:55.073 ID:6culZfIC (+0 -0)

おっつおっつ


11532 : 国際的な名無し : 2021/04/05(月) 00:02:40.854 ID:3eRgyxqV (+0 -0)

乙です
ワイど素人なんで急速に冷やすと質?が上がるのかパープリンだけど
あれ熱いままだと周りが危ないからとかじゃなかったのか


11533 : 国際的な名無し : 2021/04/05(月) 00:20:42.080 ID:pFTjqhK5 (+0 -0)

>>11532
饂飩を冷水にぽーいするとコシがでるじゃろという冗談はおいておいて、
実際のところ急激に冷却すると、表層構造内で炭素が強制的に固着した状態になって硬質化するそうな


11535 : 国際的な名無し : 2021/04/05(月) 00:44:37.977 ID:VEBpOhev (+0 -0)

>>11532
鉄+炭素は温度によって安定な結晶構造が違って、高い温度からゆっくり冷やすと
高い温度で安定な結晶構造から低い温度で安定な結晶構造に変わるけど、
一気に冷やしたら低い温度で安定な結晶構造に変わり切れなくて、別の結晶構造になる。
この結晶構造が硬いから、高温から急冷すると鉄は硬くなる。


11536 : 国際的な名無し : 2021/04/05(月) 01:12:02.004 ID:pFTjqhK5 (+0 -0)

急速冷却すると堅くなるってのを、試行錯誤で発見してるところとかほんと昔の人たちは偉大やなって


11537 : 国際的な名無し : 2021/04/05(月) 02:34:02.315 ID:wwfnc5R2 (+0 -0)

急速冷凍もそうだけど、多層構造の日本刀、アレどうやって思いついてどうやって有効性が認められたんだ……


関連記事
[ 2021/04/06 21:49 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 第39話 (08/12)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第7話 魔法屋と三人の娘 (08/11)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第9話 足りないのは……? (08/11)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第8紀行 「ローリンヒルの悪魔と秘密の楽園」 10ヶ月目 (2) (08/10)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第8紀行 「ローリンヒルの悪魔と秘密の楽園」 10ヶ月目 (1) (08/10)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 10ヶ月目 (4) (08/10)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 10ヶ月目 (3) データ面の処理 ~ 安価 (08/10)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第8話 迎える夜 (08/10)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第6話 砂漠道場 (08/10)
  • 国内的な小咄 2174 北海道っすね (08/10)
  • 国内的な小咄 2173 地元の米屋にやっていい活動なの? (08/10)
  • 国内的な小咄 2172 ちょっと注意ー (08/10)
  • 国内的な小咄 2171 路地裏にはたくさんある (08/10)
  • 国内的な小咄 2170 ああ……なるほど、法律とは難しい (08/10)
  • 国内的な小咄 おまけ 我が家の冷蔵庫の中 (08/10)
  • 異能対戦・ソウルギア その5 (08/09)
  • 異能対戦・ソウルギア その4 (08/09)
  • 国際的な小咄 9087 コンピューター・ラース (08/09)
  • 国際的な小咄 9086 ああ、納得がいった…… (08/09)
  • 国際的な小咄 9085 顔が見えないと基本全部コミュニケーションは難しい (08/09)
  • 国際的な小咄 9084 逆風 (08/09)
  • 次回作予告 『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ (08/09)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです ちょい役 紹介 (08/09)
  • 昭和名馬列伝 第5章 ニホンピロウイナー伝 第4話 (08/09)
  • DirtyPair. (Season 2)第2話 生徒会長、襲来 (08/09)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第5話 ハイリア湖の小さな住人 (08/08)
  • カナちゃんのおしながき 第83回 (08/08)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第7話 藁人形 (08/08)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第34話【ピンクと溜息】 (08/08)
  • 読者投稿:小ネタ 鈴鹿 アヒルレース (08/08)
  • 読者投稿:鈴鹿サーキット周辺の交通事情等について (08/08)
  • 読者投稿:中国食事的小話:仁義なき会計争い (08/08)
  • 読者投稿:実地指導 \(^o^)/オワタ (08/08)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄: グンマ編 54 避暑地 (08/08)
  • 読者投稿:舞鶴旅行その3 (08/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その14 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その13 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その12 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三話 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二話 (08/07)
  • 読者投稿:稼働のリスクと停止のリスク (08/07)
  • 読者投稿:トマトのお酒 (08/07)
  • 読者投稿:弾ける美味さ、とまとじゅーす! (08/07)
  • 読者投稿:そういえばペルシャ湾で海に潜った日本人がいた。 (08/07)
  • 読者投稿:単発ライフハック スマホを冷やそう 謎の病人X式 (08/07)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 33 エビデンスに乏しい分野で、医療関係での「権威」の言葉をどう受け止めるべきか ~ 34 平壌運転極まれり (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第4話 森の盗賊団と木こり姉妹 (08/07)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第6話 ロッジへ…… (08/07)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -  第拾一話 社の攫い鬼 (08/07)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 10 (08/07)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!