スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

いまだ魔法は解けぬままに 埋めネタ 3年B組ハンバル先生

目次 現行スレ

529 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:18:49 ID:b8513c3c


               y小( {rイ ノイ〃彡≦ミ弌辷ーイ
             Y( ミソ(( {|{. l彡イr彡辷==ー--=ニニムャ彡イ
            ヽミ辷ミヽヽ}.|〃 リ y彡=≠≦三辷==ー彡⌒
          `ー==ミyーヾハ从ハイrィイ¨´ ー=辷三二=====≦⌒
              Z辷彡/             ミ辷三辷ニ===ー-
            ー-イムイ ムミー-、、i.r __,,ノ⌒¨   ミ弌__  辷二==<⌒
           八 ィソ辷──-ニニ二二,,-=、 彡  斗´ ヾミ辷彡===ー-、   、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_...人
         (  j{rイ{ミニ三弌ミヽ、ミ弌`ヾミヽノハ}. Yミl |ミ弌ヾミ≦ミ      )                    (
         r彡ー{リ 辷ニ=ー、ヾミヽ、ヽ、ヽ、 \\  ノ ノ从 .(ミヽミ弋ー-  ...)   .3年B組ハンバル先生  ......(
       , イ   ,从|ヽ弋''ァ、 , 、 \\ ヽ、ヽ、ヽ \___八ヾヽミニ===ーミ     )                    (
      / .{、   _ノ ハ `ミ==::|  ミ=ヾミ_ヽ辷=ー  ∨ミヽ辷二==ー-、     .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y  Y
   __/  .|ヘ_     |, ヘ、   :::|   rヘ 、`¨¨'''ーミ辷彡イミヾミ彡ヘ
.  / 「    |      イイ∧   .::{   / ヽ ミ_ | j   j' ハ |::::::ノ
  く  ヾ        丿(  ヽY,,,,`ーr',,,,,,___ノヘ } j /   :::::::jノ/
/⌒ヽ、               弋 ー--=ニイ   ソ/   ::::::/
                      ト、ミ=ー-==< 〃::::::::::::彡''
                      jィ, '''' ヾ,,,,, '''´ j'::::::彡'''´
                     j,,     ,,ォハ{
                       ハj小j,ィ,j''





530 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:18:53 ID:b8513c3c


   \      ☆
             |     ☆
      コノヤロー  ⌒ヽ   /    ボカ
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ; __,,__ ⌒ ::⌒ )      ボカ      わー!
     (´  ( ´・ω・)      ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
     (⌒::   ::   (・ω・´)  )  ::⌒ )
    / (       ゝ  ヾ      ) ─


531 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:18:57 ID:b8513c3c




                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    シリア、ダマスカス

                    十四世紀初頭、イスラム世界は荒れていた
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      \        |         /
        \              /
                 / ̄ ̄\                      ┌─────────┐
               / ノ 三\ \                    │イブン・タイミーヤ君 │
.            |  (●)(●) |                 └─────────┘
.            |   (__人__)  |
.            |   `⌒´   ノ
.            |         }
.            ヽ        }
      \     ヽ     ノ ''       /
            /`ー---"ヽ.
           ,,/"/ ⌒ ヽ "\,,  パアアアアアァン!      .うおおおおおおおお!!
          (=m/ \_/ヽ、 = \
            / ヽ、    ノ ヽ,(⌒)
           ヽ、 \ 2 ○/ /  \\
―――=== (  ) i`――´i (' ) .=\\==――――
             ヽ,| | |γ⌒ヽ| | |/      \\    ,.+,.,
           (_| | | | | | | | |_)       \\  ,.,.,
             ヽ|_| | | | |_|ノ.          \\,.,+,.,
        /     `'ー | | | ー´     \     \l,., ギャギャギャ
     /        ヽ_i_ノ         \
 ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \  ̄ ̄ ̄ ̄


532 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:01 ID:b8513c3c




             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                その前世紀、十三世紀はイスラム世界にとって試練の時代だった

                いや、試練とすら言えない 大いなる災厄……

                モンゴルによる蹂躙をひたすら受け続ける時代だった
             .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                          , - v- 、      ()
                       /(_人_)ヽ
                   ゚   | |──‐┤ |
                        | |ilililililili!i| |
                        ∧ Lニニニニl ハ
                    υ      ヽ      /       0
                        }li     {
                        il . .< i! ヾ  .><i ...il、
                      i|´ll:. :. :. :.><. :. :. :. :.li:. liハ
                  。 Vl|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヾ..:. :. :.V
                    V:. :. :. l:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. i :. :. V
                     / :. :. :. l:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. il:. :. :.从
              ┌<:. :. :. :. :. l:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. il..:. :. :. :\
                  \!i!ilil7V:. : l:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :il:. /厂>>   イスラムは、ウンマは敗れた!
                   \/ ∨ l..:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :...il/ |ilili/
                 /   Ⅵ. :/:./:. :. :. :. :. :. :. :.:.i|  |i/   ....なぜだ! イスラムは、アッラーは間違っていたとでも言うのか!
                    ili ⌒  从イ彡. :. :. :. :. :. :. :. :. :{   l l!
                  /   从N_ニ=-:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ム   ヽ
               /  rNN:. :.ー-:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.乂   ∨
.              i| l  〈77ミ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :i :._:._;>ァ i l !
             /     Ⅵ/ハ:. :. :. :. :. :. :. :. i. :i :. :> | {ililililY 、  \
.     r つ ヘ   /  .Ⅵr≦:. :. :. :. :. :.>川 l l二二 ヘi!ilil{ \.   \ヘ斗┐
     く. 「 .「 rヤ /     .乂  ` ̄ ̄ ̄ | |        ̄三マ.   \  rヤr┬|
.      } l l.⊥ /!l   /          Ⅳ___      l||   \ `⊥j⊥j
.      `¨^¨ ̄     /    ─=ニ二≦=≧        ̄ミミ、 \   ` ^ ^¨´
              /        ,. '/      \            \
             /        ,. '/         \          ,
.         /        ,. '/            \            ′
.         /        ,. '/、             r \        ‘,
.      rf           ., '///ソ            V//\         ‘,
.      |          '////,ハ                 「/////\         ‘,
      从         /}//////|             l///////,ヾ        〉
      \     '/ /'//////            乂//////,'从     ./


533 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:05 ID:b8513c3c




            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                .それ以前でも、ムハンマドの時代ですらも、ムスリム達が負けたことはないでもなかった

                .しかし、それらはアッラーが全能ではないことの証左ではなく

                .ムスリムに教訓を与えるために、アッラーが敗北を下さったのだと

                .そのように解釈がなされた
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        /
                   /
             ,. -‐    ̄
         ,
.        /                     / .'
        /                   ' ,'
.       {                     { |
      、               ノ        ; |          違う! アッラーの啓示に、イスラームに誤りなどない!
       \         _/        !}
        `{.ー― 'i"´ ∧        .'.'.          誤ったのはムスリムだ!
            '´、;;;;;;ヽ, イ;;;;;;i        '.'
             ヽ;:'ベ;;;;;;;;;i        ;゙             .俺たちには、真のイスラームが足りていない!!
                };;;;;;;;!      ,'
                l;;;;;;;;!
            、,. 、ィ;;;;;;;;;'      ,'
         ,-―'‐i   ;ーノ      /
         /` ー―‐ ''"´         /
        ヽ           /   /           ,
        /               (_′
.      /                       /
.       /                 _
        、               -‐
         、 _,..-‐      ...._

                        ヽ
                           、
                           、


534 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:09 ID:b8513c3c




                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                イブン・タイミーヤは、人々がクルアーンに立ち帰り

                ムハンマドとその教友たちのイスラーム初期の社会を理想として

                さらには「ジハード」を全ムスリムの義務とした
                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



'                `
             ii、   ,i
      ゞ、、,_____j| ゝ,.__ノ
        `'t-弋_フ´゙j rf_フji
        , `ー ´  ` .  j            ……「アル・サラフ・アル・サーリヒーン」
  !            ....::::ノ ヘ
'.         ゝ  _, ´  ̄ `、_ j          .今こそ原初のムスリム共同体に立ち帰り、ウンマ全体でジハードを行う時なのだ
  入      ̄   、,,,   ,, j             ___,. -、
 |  ゙\            |          ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  | ヽ \       _,..::::::::jiヘヽ,           `''''フく _,. -ゝ ┴-r-、
上 、 | .:.:.::::`::ー--イ.:::::::::;,.:{_∧{ イ二二_,..-''"´ / ̄,./´ゝ _'ヲ
::| |_> .:.:.:.:.:_____;;;;;;;_::::..  .::ヘ  ̄ヽ.:::::/ _,. く, / ゝ_/ ̄i
:.ヽ:::::::.:.:.7'`ー―――― 、:::::,.::  ̄ ̄ ヾ/ にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
::::::.\_{           :.::      /  /  .(_ヽ -'__,.⊥--t-⊥,,_
\::::::::::.. ̄\         :::::    /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
::.:.:\:::::::::::::::..\:        ´:..  ,/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ.:::ヽ\.:::::.:.:.:.:...\        ::::,/      /   ゝニ--‐、‐   |
.::..l:::.:.:.ヽヽ.:.:.:.:.:.::::...\        /             /‐<_  ヽ  |ヽ


535 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:13 ID:b8513c3c




          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            元々クルアーンにおいて「ジハード」とは

            「武器を持って立ち上がること」を意味していない


            いや、意味している場合もあるのだが、そうではなかろうと取れる箇所の方が圧倒的に多く

            その場合は、「奮闘し努力する」ことを意味している
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                           .ィ圭≧ュ.
      /´   ム -イ;‐ァ                             |才⌒ヾ:i
      ,!      〃 /                            Ⅵ 」  |   _
      /      ィ! |          {                      \_/フ/´ ハ
    /     ;'´ i  l     \    |l|w/L ,r_/                 . ィ" / ̄〉、_}
   l  /|   !:  !  |      \\{w└ ¨ ´ /              / _イ  /ー=1
   |./  l   |!  l  |        \´     彡x            rt=={  ノ才   ∧
       |   l! |  |          >  ; ’  ∠─       _,,..-=::ヾ_ ノ ̄`ヽ    ∧
       !  |l' |  |        /      }|      _,,..-=:::::才"    ̄`ー=彳    ∧
       |  |! .|/        /´ヾ,  r、r‐|^` _,,..-=::::::::::::才"         |       ∧
       |/      ,、       //  }´ ,ィ圭::::::::::::才"          |    __,,..ィテ
              ,l |       /     Ⅶ圭才"                L..ィ≦IⅣ.:::::::::!
              ,! L.-ヾi=,                           |::::::::::Ⅳ.:::::::::::|
            _,.-'´  _, - '_´                           l::::::::::::::::::::::::::::!
           |_,.- '´| L-'´_                            |::::::::::{::::::::::::::::|
              ,.-'´  ,.-'"     /|                    |::::::::::{:::::::::/.::ノ
             |,.- '´| |       //     __     _       Ⅷ::::/.::::イ:::::j
                |,i     / ィ'    /__ノ  /丿        Ⅶ::|::::::::::::::/
                     く/レ           / /         Ⅵl:::::::::::::′
                             ,____,. - '´ /            }/.:::::::::::i
                            /____,/              |:::::::::::::/
                                                人::::::::/
                                               /   1
                                                 ゞ≧ュノ´


536 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:17 ID:b8513c3c




           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ところがこの時、モンゴル自体がイスラムに改宗しつつある時代でもあった
           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  ./ 7
  / /              / 7
ニ  ニ二7          / /                 / 7
/ /      /二二二 ニニ  ニ二7           / /                         /
.../            /// /      /二二二 ニニ 、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人
/            // ./ /            //..)                                     (
          //  / /          // /. )  . 立ち上がれ、全ムスリムよ!              ..(
        //  / /         //  / / )                                     (
       //   ./ / _____ _ /   ./ /  )   .武器を持ってモンゴルを、異教徒をぶっ潰せ!!   (
            / / .|.:.:に__」」:::::::Y^^^`ヽ___  )                                     ....(
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ     |┘. :.⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y.Y
                ̄ ̄ ̄ ̄ く       | .: .:. :. :./」二」p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,o彡ミミヽ __.: ;: ;:; ;:;;:;:;;
. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :.: .: .:.``ヽ  ,、、ノヽo b .〔」゙''' ''l〕.: :;:; p'゙;;.:O q .: .::.}-',ミミミ!「 -‐ ─ヽ; :; ;;;;;;
.../ l. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .O od .:'`;:; ,.: ;oV"´   1  ..」ゝ‐/:`ー-、   「 ̄ |  L_ノシシ  , - ─ ミミヽ;:;:;;
/  | p'゙;;.:O od .:'`;:; ,.: ;oQ r;;;;;;;;;、p o ..:.,,、、、、',     1 .::.:.:::〈瓜ノ:::::::::',〈⌒〕二二ニ‐.:::::::::ノ  - ─ ミミ _丿;:;;;
  .|. ム) p'゙;;.:O od .:'`;:; ノー`ミミ!   彡',',',',',',;',    l!.:.:::::::::::::::::.:...:: /ハ`ヽ-─-、.:::::::ノ.:.\  ノ    ニ三
レ彡ミ |:::::l  ,;彡ミミヽ   },_, イ:::::::::ハ;;';';';'';';'';;;!   il!.:::::.:.:.:.:,r ‐く ノ ノ__/。:::.:.   /. :; :; :;: ;V . :. :ィイ三三
l彡彡_ノ.::ノミyイ彡ミミミミ;:y.:.::::.:.::::::::::.:}‐、i;;:r ,;:;:;:;:;!   ll!;:;:;;:;:;;/jjjjjijijレ;:;:;;!  i!    /.: ;: ;: ;: ;:;ニ三 三 三三
レ.:.:. ニ三三 〉彡ミミミミミノィイ彡 ミミヽ.〈  ソ;:;;;;;:;:;|   llll!;:;;;:/jjlijiijijiリ;:;:;:;:;! リ  ,..イ. :; ; ;;;;; ニニ 三 三三三三
.:.:.:.:ニ三三ハ彡ミミミミ,'ィイ彡 ミミミミミ',ハ  ,r-─ノ    ノ;:;:;ヾ州州シ;:;:;:;;ノ  レ'´. :; :;:;;:;: ;;ニニ ニ 三 三三三三
.:.二三三/  ヾ彡ミミミ{ィジ jijijijijijijiiiji! フ""´ ̄7    /iijiijijijijjijijjijijijijiijィイ; :; :; :;ニニ 二 三 三三 三三 三三
 iニ,r'"´    ゞ;:;:;:;:;{jijijijijijijiiijijijijijl!     /    .:;1ij1iji1ji1ji1ii1i1l1lj1i1j; :; :ニニ ニ三 三三 三三三三三
 |/    ,. .: :;:;;:;;;;;;;;;;;;:{jj州州州州州   /    .:;1jli1jkl1jlk1jil1j1kj1klj1li1jil1kj ニ 三 三三 三三 三 三
 |  .:ィイ.:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;{州州州州州!   /    .:;jl1jil1;k1;1kk1||1||1||1|1||1|1|1|||||三三 三三 三三三三
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


537 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:21 ID:b8513c3c

.


                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   イブン・タイミーヤ サラフィー主義の祖とされる男の誕生である

                   現代におけるサラフィー主義と全く同一のニュアンスだと

                   言い切れない部分がある気がするので注意を
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             /⌒ヽ
           |   |
           |   |
           |   |
           , --J   |
       __ノ |   |    \
.       / {  ヽ r――- ヽ
      {   \  \__     }
.     \__>一'  \_/
        \        /
.        )ー   一'|___
.       /|      l |
.         /∧        |/|
       | | `ー―一ァ' |     -――- 、             あいつらは、真のイスラームではない!!
       | |     /  |   /
.        `ト----    │   |   \_  _/|             .キリスト教も、ユダヤ教も、シーア派も!!
        l           |__  |  (●) (●)|
        |        Λ  |   (_人__) |              全てがジハードの対象である!!
        |          /  ∨{     |  |  |
.        ‘,     /    ト\   `¨´ /
         ‘,            |__ ト、   /
.          ‘,         | {\丁{
           ‘,         \\_>‐「|
.            ‘,            \ Vハ \
            }              } ∨} 「\
              ‘,           ∨Λ |  |
            ‘,           ∨Λ」  |
                ‘,            ∨Λ  |
              ‘,              \|  |
                 }                 |  |
                 ノ                |  |
            /                 |  |


538 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:25 ID:b8513c3c




              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   彼はあらゆるものに敵対した

                   異教徒はもちろん、ウラマー達を批判するのにも躊躇はなかった

                   民間的な信仰実践も、真のイスラームではないとして

                   大衆の支持も得られたとは言い難かった
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           /(_..、 -‐……ァ           __
          /(/  ´   ''"~ ̄ ̄~"''ァ       /.: /⌒
.         / /         -‐…,ハ  ´"'''‐--イ/:/
.     ⌒∨      _   ─''゙ ノ‐-ミ``ヽ、_ノ/     ___
.       {  /''"´∠      ''"⌒  \\_    / .:.: /⌒
        \/ /  `ヽ、  _  ̄~"''~、、\\`ニニ´-‐''"´              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.         |/x==‐-  \{⌒`,   \ ̄  `''‐--‐ァ              |.. .ハンバル先生、あのままでは彼は……
        { ̄ ̄´"''~ .._   }   \\  ̄´"'<,                 ヽ_________________乂_
        `、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``~、、〉 :|\\  \\_>
          ^ト.,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_..、イ/∧|  \\  \\
         |   /二二二   / / ,,.+''"~ ̄ ̄ ̄┴- .._
         Lxく,  _..、-‐ } }/,,.+''’ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ヽ
           `[    ,,.+''’.:.:.:.:.:.:.:.: ,.  ''"~ ̄ ̄ ̄ ̄~"''~、、
.            //,,.+''’ .: /..:.:.:.,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄´"''~ .._ .:.:.:. }
.          /,,.+''’.: /:/ .:.://..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``~、、
.          {:.:.:.:.:.: /:/ .:.:.: /´ :.:.:.:.:.:.: ̄´"''~ .._ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\           うむ……
            ゙̄>'^/ .:/.: 厶-─- .._ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``~、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,
            {/ .:.:.:´.:.: /       `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、 :.:.:.:.:.:.:}
          { .:.: /.:.:.:.:/             \ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:.:.:.:/
              \/.:.:.:.:/           /\\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \{
            〈  //|           /    \\ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
              /∨/: |  /     /       ./\\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
          /  〈〈 .: | /    /        / ./\\ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            |:   \/                 //    \\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


539 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:29 ID:b8513c3c




                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       ハンバル先生は、スンナ派四大法学派の一派、ハンバル派の祖である

                       四大法学派の中では最も遅く成立し、855年に没した
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                     乂ー‐- `ヽ´ -‐──彳
                        γイ ≧-‐   ̄'─zニニニミ
                      从イ二ニ 、ー- 、    ミー==
                     ー ァムチ二二ニ_  \   ミ、__
                        /  、 {二二二、  }  从__
                     r" -=、 、 マ二二ニム }!   从、
                   ー≧ュ、 } ¨マ二二二_ヽ 〃⌒マ
                       f¨´-‐= \ マ二二ニ_  ァ^} }
                   くー`-、__ ミ、 ヽ二二ム .ノ イ
               ー=彡}^¨ー=  ノノ  乂二二ム´乂
               、ー イ    / ´ / }r 、ニニムヽ
                γィ  ^ー-r‐--     〃 ノ^ー┐、}         .┌────────────────┐
                  _ノ r__´イ 彡'-‐==ニニニニニニニ==‐        │..☆ハンバル先生に、悲しい過去……..│
                x≦{从  {^´     二ニ=二二二二          └────────────────┘
.              {     _    -‐──────ミ
                }x ´     -‐====ニニニニニニニニニニニ
.        / ̄ ̄〈  x≦二二二二二二>    ̄ ̄  `
.     .イ x≦二二二二二二二二> ´    r=ニニ=‐-
   / .ノ'二ニ=‐   ̄ ̄     /        ̄ ̄ ̄


540 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:33 ID:b8513c3c




            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ハンバル先生が生まれ育ったのは、イスラーム圏が急激に成長し続けていた時代で

             ヒンドゥー、仏教、さらには古代ギリシア人の哲学が盛んな翻訳活動を通して流入してきて

             それらのエッセンスを積極的に取り入れ、やがてムウタズィラ派という神学派が形成された
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


'';;';';;'';''';;';';;'';;''';;';';;'';''';;';';;'';''';;';';;'';;''';;';';;'';''';;';';;'';''';;';';;'';;''';;';';;'';;;,.,;''';;';';;'';;''';;';';;'';;;,.,'';;''';;';';;'';;;,''';;';';;'';''';;';';;'';;''';;'''';;';';;'';''';;';';;'';;''';;';';;
';;';'';';''''';;';'';';''';;'';;;,.';''';;';'';';''''';;';'';';''';;'';;;,.';''';;';'';';''''';;';'';';''';;'';;;,.';'';';''''';;';'';';''';;'';;;,.';;';'';';''';''';;';'';';'''';;';'';';''''';;';'';';'';';''';''';;';'';';'''';;';'';';''''';;';'';';'
';;''';;';'';';;;''';;';'';';';;;'';;'';';;''';;';'';';;;''';;';'';';';;;'';;'';';;''';;';'';';;;''';;';'';';';;;'';;'';;;;'';';;;''';;';'';';';;;'';;'';;;'';;';'';';;;'''';';;;''';;';'';';';;;'';;'';;;'';;';'';';;;''';;';'';';';;''';;';'';';;;''';;';'';';'
;';';;'';;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;';';';;'';;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;';';';;'';;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;';';;'';';';;'';;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;';'';''';';';;';;'';';';;'';;;;'';';';;'';;';'';';';;;'
MVvvMVvvMMVvMVvvMVvvMMVvMVvvMVvvMMVvvMv r'ミ〈...vvMvyMVvvMMVvvmyvyvymy vymyvvvymy vymyvvymyvy
=v=.__MVvvMM y vy r=v=. __MMVvMVvvMVvvMMVvv_r=/三/.r=、MMVvMVvvMVv VvvMVvvMMVvvMvyvMVvvMvyvMVvv
.、ノ{_},f^yr=v-、_   _ィ 't、ノ{_},f^yr=v-、ymyvvvym_,,、r=v= ,ィ三ソ_、ィ_ヽイ__ -、_.._ymyvvvVvvMM _r=、 ,=、r=、MVvvMvyvMVvv
゙'::゙´|`!ヾ辷^-'::(_)fヘ{'゙{::!::.゙´|`!ヾ辷^-'::(_)fヘ{'゙{::ェ|ト、〉y、):、 r'三ヲイ ! 「j iY}.| トヽ ::(_)fヘ{'゙{::!.vvvym ,、r=v=y'+ヽr'_、ィ_ヽイ__ -、_';'';';';;;';';'';.
..}{ i}兮.、!} ト'ニ}{ i}兮i´<|‐^‐〈....、!} ト'ニ}{ i}兮i´<| ィ三ヽ ,ノ三 ノ}_/} !r'/ Уノr,'.」..}{ i}兮i´<|'゙{::!..〉y、):、ィト'tfゝイ ! 「j iY}.| トヽ ::(_)fヘ{'゙{::!
 !-|;;;;||. ;;〉;;ネ!-|;;;;||┬|:::|::ハ i、!..;;〉;;ネ!-|;;;;||┬|i.{三彡≦三 /.〈;;;Yーハ`^i、У 〉;;ネ!-|;;;;||┬i´<|゙′「!ト._/j!, i}_/} !r'/ Уノr,'.」..}{ i}兮i´<||
|!:|.i|:llll| |i !|「|!:|.i|:llll| |i }:::!:{ }_!}」l..!|「|!:|.i|:llll| |_,r≦三三三ニ「!|| || i!/ T/,i |.゙!|「|!:|.i|:llll| |i }.||┬|.゙ィ!ハ};;;;〈;;;;〈;;;Yーハ`^i、У 〉;;ネ!-|;;;;||┬|
                         ハ三三三三三ニヽ                                           iペi
                         !三三三三三ニ〈                                       __ji圭圭圭圭
                         /三三三三三ニ                                    __j生圭圭圭圭圭
                           /三∧三三彡三〉                                    }圭圭圭圭圭圭圭圭
                       r三ヲ  }三彡三ニj                                __ ー_¬=r------r --
                        jニヲ   j彡三三三ゝ                               r'-_-_-.1    }i「 ̄||7 ̄
                         └ '   }三三三三{                               r≧≦.'ォ   |il  /i
                             |三ニT三三l                               | | ̄| | l.    |i|_./'||
                              !三ニハ三ニ!                               Ll  Ll┘   t.j-' .tj
                              |三 ノ ヾ三ヽ、


541 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:37 ID:b8513c3c




              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    倫理、道徳など人の理性的活動を重視したところに特色があり

                    厳格な保守派とは相容れがたい部分があったが

                    新進的で当時の権力者サイドとは相性がよかった
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||         ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、
                         ||{}i   〃`'''ヽ i{}||       /.:.:.:./```ハ.:. :. :.:. ``ヽ
                         ||{}i    {{ ` ,'' }} . {}||      ,.イ.:.:.:.ノノ   /ハハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                         ||{}i   ,.ハ`ニ' ノノ i{}||     jハ.:.:,ィイ   ′  ヾ.: . :.: .: .:ヽ
       ,. '"´  ̄`ヽ  ̄`ヽ          ||,r‐‐ ' li.:.:.:.:./ム i{}||      ヾ{ 二ヽ ー='´__  ヽ.: .:.lii.:.:.i
     /        \  \      /     VハハV  ̄`ヽ     /:,′ ¨7  ``  ̄``  V.:lii.:.:.:l
    /           ヽ  ヽ    /   ,.ィつハハハ   リ  '、   ,'.:.{   〈 .. .,、      ハ:.:.:.:.:.ヽ
  / /        ,r'ニミ彡ミヽヽ.   /  _,ム/  ソll: :::ll  /   i   {.:.:.!  ,r=== 、_,    ハl.: .: .: .:.ヽ
 / /        ,.ィ彡'     ',  ',  L ____ノ´  ll::::::ll,. イ   l   l.:.:.l  ヽ ___ノ  , '  _ ノ.:.:.l.:l:.:l:.:l!
 .:/      ,.ィィ彡'′      l l l l  (  ()   /.:.:ハ.:/ Vノノ イ    ',.:.:.',        /,.: .:. :l .:l :. :/
 /.:/.:/.:.:./ 乍彡'、、、,,_     ,,,,,iソノノ   /.:.:.:.:`V:.:.:.:.:./ハハ/.:.:.:.:.:!      ヾ.:ヽ    __ /  i.: l:l :l: :l: /
 VV/.:.:.:ヽU〈   ==`′ ,r==イjjjj!    l.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ヾ「¨¨¨´     .: .: .l :/
  ``ヾ彡'ゝ1     "´ l!  ノソソ     ヽ.:.:.:.:.:ノ`Y´YY ハ.:.:.:.:.:ノ      / L    ,. '´  ``く
  , .ィ 〈   {      ,__」  /        l  ',.:.:ノ________/⌒7  _ _,.. イ  /⌒ヽ"´      /```'''''
 .:.:.::l  ヽ  ヽ    r---ァ/         l   l     ,.ィ "´. :. :. :. :.: .:l/     ヽ    / . :. :.: .: .: .
 .:.:.:.:l   \.  \   `ニ./.:.:.`丶、       ',  l    /:./. :. :. :. :. :. :. :./       ヽ /. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.::.:l     \  ヽ __/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:`丶、    i.  l.   /.:/. :. :. :.: .: .: .:/        ,. イ. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:
 .:.:.:.:.:l      \_/  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ   l  l  /.:.,′.: . :. :. :. :. :.`7~~~~~~~~~~~~ト、/.: .: .: .: .: .: .: .: .: . :.
 .:.:.:.:.:.ト、    ,.イ((  ハ l.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.r==== ∩、 /.:.:,′.: .: .: .:. : .:. `7ーー ー ー ーー ーV.: . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:l \/// `ー' V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l lノ.:.:.:.:.i .: .: .: .: .: .: .:.:7ーー ー ー ー ー ーV. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:.l   //     ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ̄`ヽ ,.イl.:.:.:.:.:.:l. :. :. :. :. :. :. :. :7~~~~~~~~~~~~~ V.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :.


542 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:41 ID:b8513c3c




               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ハンバル先生は、その厳格な保守派だった

                  クルアーンとハディースにのみ従い、原初の共同体に立ち帰るべきだと

                  そのように説いて回った
               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

               y小( {rイ ノイ〃彡≦ミ弌辷ーイ
             Y( ミソ(( {|{. l彡イr彡辷==ー--=ニニムャ彡イ
            ヽミ辷ミヽヽ}.|〃 リ y彡=≠≦三辷==ー彡⌒
          `ー==ミyーヾハ从ハイrィイ¨´ ー=辷三二=====≦⌒
              Z辷彡/             ミ辷三辷ニ===ー-
            ー-イムイ ムミー-、、i.r __,,ノ⌒¨   ミ弌__  辷二==<⌒
           八 ィソ辷──-ニニ二二,,-=、 彡  斗´ ヾミ辷彡===ー-、
         (  j{rイ{ミニ三弌ミヽ、ミ弌`ヾミヽノハ}. Yミl |ミ弌ヾミ≦ミ    .何をやっている痴れ者どもめ!
         r彡ー{リ 辷ニ=ー、ヾミヽ、ヽ、ヽ、 \\  ノ ノ从 .(ミヽミ弋ー-
       , イ   ,从|ヽ弋''ァ、 , 、 \\ ヽ、ヽ、ヽ \___八ヾヽミニ===ーミ   .このように奢侈を尽くすことなど、アッラーはお認めにならぬ!!
      / .{、   _ノ ハ `ミ==::|  ミ=ヾミ_ヽ辷=ー  ∨ミヽ辷二==ー-、
   __/  .|ヘ_     |, ヘ、   :::|   rヘ 、`¨¨'''ーミ辷彡イミヾミ彡ヘ
.  / 「    |      イイ∧   .::{   / ヽ ミ_ | j   j' ハ |::::::ノ
  く  ヾ        丿(  ヽY,,,,`ーr',,,,,,___ノヘ } j /   :::::::jノ/
/⌒ヽ、               弋 ー--=ニイ   ソ/   ::::::/
                      ト、ミ=ー-==< 〃::::::::::::彡''
                      jィ, '''' ヾ,,,,, '''´ j'::::::彡'''´
                     j,,     ,,ォハ{
                       ハj小j,ィ,j''


                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      やがてムウタズィラ派と論争になり

                      敗れ、獄に繋がれた
                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


543 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:45 ID:b8513c3c


                                       乂ー‐- `ヽ´ -‐──彳
                                          γイ ≧-‐   ̄'─zニニニミ
                                        从イ二ニ 、ー- 、    ミー==
                                       ー ァムチ二二ニ_  \   ミ、__
 _r─-                                       /  、 {二二二、  }  从__
八 乂    r‐ ̄ ̄ `ヽ                             r" -=、 、 マ二二ニム }!   从、
  {^ー  二 \   ̄ヽ ∨                       ー≧ュ、 } ¨マ二二二_ヽ 〃⌒マ
  `¨ ‐-=ニニ ⌒{  ∨,                          f¨´-‐= \ マ二二ニ_  ァ^} }    まぁ、もう少し見てやりましょうや
         }///!ー‐ マ,                        くー`-、__ ミ、 ヽ二二ム .ノ イ
        }///!    ,                    ー=彡}^¨ー=  ノノ  乂二二ム´乂    ..挫折を経験した時こそが
         八'/∧    }                   、ー イ    / ´ / }r 、ニニムヽ
            乂/ム、    }                      γィ  ^ー-r‐--     〃 ノ^ー┐、}     .あいつが最も輝く時なんです
             | i⌒i!^イ :}                  _ノ r__´イ 彡'-‐==ニニニニニニニ==‐
.           i i  i!  ! !                  x≦{从  {^´     二ニ=二二二二
.             i i  i!  j j                 {     _    -‐──────ミ
.         i i     i !                 }x ´     -‐====ニニニニニニニニニニニ              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.           i i      ! .ト 、          / ̄ ̄〈  x≦二二二二二二>    ̄ ̄  `             |. .ハンバル先生……
.         i i     ! マ:.、 ヽ       イ x≦二二二二二二二二> ´    r=ニニ=‐-              .ヽ_________乂_
.         /i i       ! マム ∧   / .ノ'二ニ=‐   ̄ ̄     /        ̄ ̄ ̄


544 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:49 ID:b8513c3c




            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              「その主張している内容がなんであれ

              その強硬なパフォーマンス自体がとある層に対して一定の説得力を生み出す」!

              そんな現象がいつの時代においてもしばしば見られることは

              例を挙げずともなんとなく脳裏に浮かぶことだろう
            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                             , ――-、
                            /       .:\
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´



                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ハンバル先生においても、イブン・タイミーヤ君においても

               同様のことが起こった

               つまり、獄死したことでかえって、民衆の支持を得るに至ったのだ
                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



545 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:53 ID:b8513c3c




                                        、__人_人_人_人_人_人_人_  人
                                        )                    (
                                        ). .そいつはどうかな!.   (
                                        )                    (
                                        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y.Y

                     / ̄ ̄\     ヽ_,
                    / ノ  \ \    ヽ(_/
                    |  (○)(○) |    ) (
                  | u(__人__)  |   ノ (`
           _ __       |  |!i!i!i!i|´   |  ´⌒\          誰だっ!
        .r( \\r、  ‘, ` ⌒´  ノ
         \\\ヽ}    ヽ      /
        r─ヽ `   ヽ  /     '⌒ヽ
          ̄`ヽ     \|   /   ノ
              \____ \_/   /|
                \   /  |
                  | ̄       |


546 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:19:57 ID:b8513c3c


///////    |/|!/∧>''"</////|///゙|
///////    |/|iV/∧\| __`ヽ/从///|
//////      |/l \/} 彡'´  寸////|
/////        |、乂  ソ        ∨///| ピ   ./ ̄ ̄ ̄`ヽ  フ
////          | ⌒∧        |/// | タ  /  .な      ∨ フ
///            |     \  ノ   |/// | ッ   |       :   | ッ
                  |      >  _ ィ^| ///|    |   .る       .| :
              ム  |      .}// / |/| //-|    |       :   |
             ニ  |  _   ノ///  .|>''⌒'|    <   .ほ      |
     / ̄`丶   ュ |'´,, '' `゚ヾ//_r〆  ,,  |    |       :   |
   /.  ル   ヽ     |''   ,, ''^ーr'/ '' .,,  .|    |   ど       |
   .'    I  ......|     |  ,, ''  ,, '' V  ,,  ,,   |    |           .|
   |.  ...ミ   ..|     | ,,''  .,,''    |  ,,  ,,   .|    ∧  .ね      /
   |  ....I  ......|     |,,   ,,    .,,''|  ,,  ,,   .|       \_____/
   |    :    |     |   ,,   .,,'' |  ,,  ,,   ,|
   |.         |     |  .,,  .,,   .|  ,, .,,    |
  ∧.  :   /    |  .,,  .,,   .|  ,,     ,,.|
    \__/      |    .,,   l .,,  ''  '' |
                  |ゝ。., _ ,. イノ ,,  .,,  ,, |
                  | /:::::::ヘ:::::: 〈   ,, .,,  .,, |
                  |´::::::::::::l::::::r'  ,, ,,  ,,''ノ|


547 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:01 ID:b8513c3c


         //////| ///       !/////////////////\///γ´
   や     |///// | //" ̄ ̄"''~////.|V//∧///__//∨/(    で  で
    ば    |///// | /|  u    |////.| ∨/七"´、////´"''~ )
    い   |///// |./.|         |////.|  \/∧ \///// ∨    れ  っ
          |/////∧/|       ..,,_V///.|   \∧__ \/// (
         !//////∧{  、     V //!     ''"ヾV    \/ ヽ     そ  :
          |/////.|// l   `''ー--― V /|   ‐''"笊で芯~、\/}        u
         |/////.l// |         \|     弋_:_:_:_ソとつ|.`乂.  う  u
    /しi    |///!/|//.| /////  j       .////|////ヽ :
\__ノ   乂_.l/  l/.|//. ////    {     /////| //// | ?
                |/.|//∧               //u //|///// >-'⌒ゝ__ノ
  余  あ       ∨|///∧                   イ////////|/////|
          う  \////l\     マ ̄   ァ       / ///>‐<__/ ̄ ̄\
  裕  の       \//|//>.   ヽ   /      ´ / / 助      ふ
          わ      `¨¨ア/∧/.> _   _   < lヽ∠ノ
  が   ル            /////}///l//l ̄//∧ u  〉      け      ふ
       I    っ       乂///リ///l//|/.|.//.ハ γ′ :
  な  ..ミ        u  γ⌒././//.|/.ノ/.l////.|/{.        て       っ
       I     .u    乂//////ル//ノ>''//,八  :
  い   .が        γ⌒////////「´  ////// }       :       :


548 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:04 ID:b8513c3c


| |:田: |E|  |\    | ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |  / l    l| | |  |_______
| |:田: |E|  |  \  | \:::::::::::::::::.. ○ ..::::::::::::::|   |/   l__l| | |_|::::::::::: : : :
| |__,,|E|_| .::::::::::\|  l]\   ○○○     |/ll |      |  | | |居|:::: : : : :
すや    :::|`ヽ.:::::::::::::|  ___`_l'_´__.!..::|l       |  | | |酒|二二二二二
 ̄| ̄| ̄l,,| |  l ̄ l::::: /´:_:_:_::_:_:_:_:_:_:`ヽ、  l  ̄l...::|  | | |屋||----/||---
:`l´_l_`|_|_|:|::: \::ヽ:/ ._________ ヽ::ヽ/::ノ :|  | | |--||___||___
:::| l| |_|_| |:::  ヽ::<: |[|| 歌舞伎町..、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人
TTTT,;|_|_| |::::::  ヽ::ヽ_ . ̄ ̄ ̄ ̄ )                                      .(
:::=||,l |_|_| |______  /::/:::::::::::.).. .小アジア、アナトリア地方                 (
:::===l |_|_| |__ |::,l` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )                                   ..(
:::三ll| |_|_| |:::::::  |[]l |  |]」|i i!+|  ). ..ムスリム達は違った方法でモンゴル襲来後の   (
:::三ll| |_|_| |:::::::  | l | ( ).|]]l]":::::| 8..)                                   (
:::三ll| |_|_| |:::::::  | l | 只8 8 8 8  ).  イスラーム復活を遂げようとしていた           .(
:::三ll| |_|_| |: ∧∧  ,、,、 n n ∧∧(.)                                   (
 ̄ ̄ ̄    (*´ⅴ) (-^* )::::::::) ∧∧(.⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y..Y
     ,-'" (   ヽ(゚*  ) )   ( `ー) (∀・,,) vvv 〉 ノ 〉   l i_)(Y ノ..........i/...........
___,-"´   ノ  〉 (   )    (   ) (   ) (v` )         Y ノノ~~'ゝ ∩∩ .∧∧
  ∧w∧  ▲,,,▲  (  (    (/`ヽ) 〈 ヽ (   )ノリルリ λλ (__) し`J (::::::::::).(:::::::::::)
 ( ・∀・)(∀`  )    ∧_∧  ∩_∩  し' Jノリ゚ ー゚(ー ` )   ∧∧ ∧_∧::::::::つ
 と    )(    )    (@Д@* )(´∀`*)     ( つ (v,と)   (   ´)(゚   ):::::::::|
  Y  人  Y  人    (つ<V>)と  <v>)    /~~~~ Y 人   と  | |   |∪∪
  (_)`J (_)`J    |  | |  人  Y     ^^Uヽ)(__)ヽJ   |   ~ |   ~


549 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:08 ID:b8513c3c


j::::::::|_j:::::八::| |.:.:.ノ 〈 :|   {.:.:.:.| /(.:.:ヘ`'<  |ニニニア         ,.。s‐…-s。   `「 j i:| | i| ||| ||  | i
L_|二=- _| |.:.:{  {___|_   j.:.:.:.| {.:.:|.:.:|\ヘ``''<_/      ,,'’ _,.二二.,_`丶  j/ヽ| | i| ||| ||  | |
:>-j  .j‐<了Ti=- __}::::}   {:::::::| ヽ:|.:.:廴)__> |ヽ:.、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人.人
ヘ/ヽ ノ\ >|:::::|i丁T竺]]   }::::::| j |.:.:.:ハハ√乂j )                                                .(
弌_人_小ノ:::::川:::|丁丁__   ̄√⊥ ̄:::|::::|ー:┬「.)   小アジアはモンゴル襲来以前から          .              (
:::::}.:.:.:.:.:.:.:.{しj::::::し'|: |:::|::|:::| 丁丁¨|  |  ̄  ̄└┴ )                                                   (
:::/ ̄ ̄ ̄Ⅵ|::::::「「し|:::|::|:::| └┴-- ̄ | ̄丁iTi=─-.)  .長年キリスト教徒とムスリムの最前線となっていた            (
゙:|.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:i|::::::::|::|::|:::|::|:::|zz──z─:|  | ̄ | ̄「「..)                                                .(
::|.:.:.:.:.:.:.:. :. }::|::::::::|::|::|:::しし}{}} ̄ ̄||j∽| ̄|__|_L. )  .十字軍の勃興と衰退とを経て、モンゴルがどうこういう以前から    .(
::::レ'⌒T⌒|::::|:::::::j::川 ̄「{}{}{}______,||j∽|「 ̄」 |{__.)                                             (
::::}:::::::λ j:::::|:: /|'^|_|xi「 {}{}{}∝∝||j∽l======|レレレ )  .幾多の中小の勢力が乱立する、荒れた環境にあった         (
::::}::::::::::} ̄「¨丁: |: :|xix| リリリ∞Y'''Y∽|_..||_し|レレレ()                                                .(
‐:|i::::::/  }  }:::::|: :|⌒_」」」γ'弋^\| ̄|| ̄|^|  /´⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y.Y
 |し'゙:|<三⌒ヽ_|_⊥⌒ヽ⌒V_ノ:::{:\::)==||==し|_r' ノ ハ||          ├‐'笊 ̄r─「 ̄f⌒Y^)ix_「|三|三
()二)└|\.、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人.< `i三マ三辷辷x=ミ⌒| `¨丁¨
)二)ニ)ニ..)                                     (: {  i||i, ゙̄i,匚]:::/  }/^;::::::|
‰‰∝゚_.).  人々は絶対的な支配者による庇護など求むるべくもなく. (.|:j廴ノ||丁ニニi|/   /ー┴‐弌
 ̄ ̄ ̄。o..)                                     (__b ||::|  | | | |三三>L二二
-:|''"´ ̄ ̄.).  自分たちが属する職業や階層による団結と自治     (  .....L|  | |_|_\__\_
 |乂_____.)                                     (     .`二二辷辷ヘ二二二(_
竺竺=‐¨. ).  フトゥーワにイスラーム神秘主義が加わった        .(      ∩| |‐|三‰‰0o。 ̄ ̄
'"|´    .)                                     (    .ЦЦ三三丈二乂丁¨¨|
 |  _,。o1.).  スーフィー兄弟団によって強く結びつけられていた     .( .「 ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄\/ ̄\
辷辷辷㌻..)                                     (. └┰──┰┰二∧¨゙∧二寸
辷辷㌻”. ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y.  「 ̄ ̄ ̄丁|:|:::|/∧∨/ ̄丁


550 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:12 ID:b8513c3c




             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   ジャラールッディーン・イ・ルーミーは小アジア(ルーム)で活躍した人物だが

                   彼がコンヤで教鞭を取っていたある日
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  |: : : : : : : : : : : : i     _,,,.............,,,__   i: : : : : : : : |
  |: : : : : : : : : : : / _,.> '":::::::::::::\::____:::::‐-= ..____:{
  j: : : : : : : : : ,....:∥__\:::::::::::::::::::´\:::::::::::\:::::::::::|: :/
  /: : :: : :>'":::::::∥_,,二二::::::::\::::斗‐ァく:::::::::i::::::::::|ノ           .へい、見かけない顔だが
 (r‐=ニ|:::::::i::::::::::辷弋fラ,ミ` \::::::::\ ̄`` \:::|:::::::::|
  `` <:::::::|::::::::i:::| ̄``     )八「``ー一  }i:::::::::             君ははたして私の生徒だったかな
      :::::|:::::::|:::|          i       从:::::::i
       :::jハ::::|:::|        _ ∥     /::::i∧N
        V込::|::|、             ,.:::i::::|:::::|:i             なぜ授業の邪魔をしつづけているんだい 名前は?
       }::::::::V:::>.,    -t   フ´  ,.:::|::::|::::|::人[
       ]:::::i:::|:::i:::{ ゚' .,         ,.:::::::|、::|::::|::::::{\
       /:::/:::j::::|:人   > .,_./:::::::/ \::|::::::\::::ー-、___
     /::::::/::::/::::::{  }   :::::::::::{{:::::::::::/::}   \::::::::::\二二二へ


                                                          _、‐''゛::::::::::::``ヽ、
                                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                         '::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}',
                                                       l::i{::i:::::|::::::::::l::::::::::::::::::::}:|
                                                       |::i|::|:::::|:::l::::::|:l::::|i::::l::::/::|
                                                       |::i|::廴从LL从::」廴L/::::|
                                                       |::ヾ|i弋莎  弋莎`|:::::::|
                 シャムセ・タブリーズ                            |::::::|iヽ    i    /!:::::::|
                                                       |::::::|i`i:、  _ _   イi:|::::::::
                 お前を導きにやってきた                          |::::::|i:i:i:i:i> __ ィi:i:i:i:|::::::::|
                                                       |::::/i:i:ィ7 Y   Y∨i|::::::::|
                                                      , -‐<//  V ‐/ Vニ=寸、
                                                      {ニ}ニ/厶ヘ V 厶ヘ〉、ニ/=|i
                                                      |ニ}ニ>''"=l 〉 /<ニ=ヽlニ|i
                                                      |ニ}/ニ\ニ', { /ニ/ニゞlニ||
                                                      ノニ{ニニニ>Υ<ニニ=_lニ|',
                                                     |:|ニ八ニニニ=゚|ニニニニリニ|:|
                                                     |:|_ア‐ヽ__>‐<ニニヽ-〈ノニl|:|
                                                     |:|(/ノニニニニニ}ニ>ゝ_}ニl|ノ


551 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:16 ID:b8513c3c


           _ --/ ̄ ̄::::::::...
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
        ,.::::::::::/::::i:::::::::::::::::\::::::::::::::::\
          /:::::::::/|::::::|::::::::::::::::::::::::., :::::::::::::::::.
       /:::::::::/ |:::::|\::::::::::::::::::::::., :::::::::::::::::
      :::::::::::/   ::::::|  \::::::::::::i:::::., ::::::::i::::::i
      ∥::::::∥u  |:::::|  _,. <´::|::::::i:::::::::|::::::|
     j{:::i:::::i|,,..-‐jハ:::| / __, \「\|::::::::|:::::::
      ]|:::|::|'゙|  __    ァ==彡 |:::::::i:::::i:::|::::::|            .はぁ こんな日がいつか来るだろうと思ってはいたが
      人|V叭 ,,__xク          j/|:::|:::::|:::|::::::
         V∧ ̄ 〈        u  |:::|:::::|:::|::::::|          それは今日だったか ……
        V,ム       __ノ'   /|:::|::: |:::|::::::|
            i::込,,  ー'´     / :::::|:::::|:::|::::::|
            |::::i::::> .,,_   /  j/|::::::|:::|::::::|
           |::::|:::::::::::::::: ̄∧  / |::i:::|:::|::::::|
            jノ'\::::::、:::::\::} /  |::|::/⌒\
             \:::>く「 |/|    V'′   /\
            /  /] { |   /     / / \
              |  / V V| /    / /     、
           / | ∥   ///    ///


552 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:20 ID:b8513c3c


                    /: /    、: \
                   /: : :,      V: : .
                   /: : : |       |: : : :.
                   { : : ::|        .|: : : : :〉
                  /: : : :/       ヽ:_ イ
                  `ト ――_-----_一:T::::::|
                      |:::::|/ -- ヽ}\::::::::|::::: |                 ……今日の授業はここまでだ
                      |:::::::∧   .__ ヽイ:::::::|
                      |:::::/:::|\  Vソ ,/ ::::: |                  どうやらこの人と行くことが
                      |::/::::::|::::{^{^{^}^}^}/::::::人
                  /|ハjヽ}ノ ≧{i!}≦{ハ/: : :^ヽ             私の人生にとって大事らしい
                 /: : : : /     i!     ヽ : : : : :|
        n         ./: : : :./       i!  継   ,: : : : |        n
   ,. ─ー'、ヽ、     ./: : : : :.{        i!      i}: : : :|     r-´ノー^)           、__人_人_人_人_人.人
    ` ー-/ /\     / : : : : : : ,      i!      /: : : :|    /////〉 ̄               )              (
       ヽ/: : : :ー: ´: : : : : : /^`t: -- ‐ 个ー- -イ : : : :└<: ´: :^:^:^:/                  )  . 先生!?   .(
         \ : : : : : : : : : /  .|             |: : : : : : : : : : : : :/                    )              (
          ` ー―― ´    |             ト、: : : : : : : : /                    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒.Y


553 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:24 ID:b8513c3c




                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      それから、ルーミーとシャムセは常にともにあり続けた

                      ルーミーは自作の詩にシャムセの名を記し続けた

                      「シャムセ・タブリーズ詩集」
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                        //     \: : : :\
                                            //        \: : : :\
                                           /: :/            \: : : : :.、
                                     /: /   / ̄  ―--====t―<^\
                                     : :.|   ,..フ''" ̄ /      }  }、 \
                                     i: :|  く,.-ニニア゙/ _____ |  | \ \
                                     |:.j/::::|、:::(///::_,,.. --:::V___/     `
                                          j/i:::::|::::|___\::::\Y゙<::;;;__\|:::iL,,,__     `` 、
                                    /: :|::::イ"「   \::::\ ,xぅf'i゚了|::|::::::| >、       \
. -‐   ̄ ̄ ̄:::::........._                            {{: :jハ:::、::|   __ ` ‐一 Vク  //:::::::|/  \       \
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                      \: : \\ '冖'^       ノイ::/:::/7´ ̄ ̄\
.:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ                        ´^''=]ハ[心,   '     ‰/:::::| i i     廴_     }
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.                            i::i:::::::|> .,_ ー ’//j/|:::i::| | |     { 二二 ノ
.:::::::::::::::::::::::::::::::::l::l:l:::::::::::::l::::::::',                            |::|::::::|:::rく´≧=" ノ  |:::|リ |、 、    二>'"
.:::::::::::::::::::l:::::::::::::|:从:::::::l:::l}::::::l:l                       |::|::::::|'゙|   { fYへ  ]:i::| ノ   \  /
.:::::::::::::::::::l:::::::::::::|:l三ミゞ-l}:::::ハl                       }/|:::: |人 、 \| Y \八|i     ‐-\{
.:::::::::::::::::::l:::::::::::::|ゞ 弋リ `|=='                           |:::::|  \ `'ー\\ // |    i  ::::::.
.::::::::::::::::::'::::::::::::::l     、                               |::i::|}、  i ̄ i'' ‐、{,{       i  :::∧
.::::::::::::::::/::::::::::::::l         7                           j/V \i |  |    {: ::  i   |  ::::i::.
::::::::::::::/::::::::::::::::l    ー - ′                              {ハ  |  : :|::/  |     ::::|∧
.:::::::::::/::::::::::::::::::'、    /                                    ヽ}i   i   i;:        i..::::| ∧
.::::::::/::::::::::::::::::/ r─r‐'                                       ||   |   |   i   .:|::::八}い、
.:::::/::::::::::::::::::/ .|::::::l}                                        i{  i    、   、...:::::::V:::/::|::::}`` 、
:::::::::::::_,,..-‐''⌒丶、:ノ                                    人   、. . .:::>-‐―==彡/::/:::::|::::i:::::\
.:::::::/-─ミ>、  ノ ゝァ                                        }>----r‐- ニニ____,,,,/::::::/::iノ i:::: }、
.:::::///////∧/〕iト Vl                                    /r-   __ }\  >'"¨¨ ‐-=ニ二_ / ハ
:::::'////////∧〕iト、〕iト、           /Y77                     }j r―-、 Y>'"             ̄  ‐----'^Y、
.::::|/////////∧////>=、        r、 / ///l                      ]/    V                           |:i
.::::|//////////l}////////\       l l'  ///                      /    ^i [                     _  -ク
.::::|寸////////l}//////////ヽ    / ヽ  /                     _,. --r7 i | | | {                _  -‐=ニ_f ̄
.::::|∧'////////l}//////////ハ  /!  ′/               , '゚ rf二7〈 | i |_人)          _  -‐=ニ二=-‐fア
.::::|/∧'///////l}'////////////;;;;;{__, -'──っ              .j{  {_{,,斗t `弋,し′      _  -‐=ニ二=-‐.:::::::|::::jノ┘
::::://∧///////l}//////////,,,;;,ィi〔/∧    ̄三三ヲ          .{{  rf二         -‐=ニ二=-‐::::::人::::::::::___i/
.::::| //∧'//////l}//////ムイィi〔/////ハ---- == '"            人  匕=--t__  -‐=ニ二=-‐/7ー‐ '"´   ̄/
.::::|'///∧/////弋、__,..ィi〔////∧//////l}                     ー=<二二ニ=-‐      //        /
.::::|////∧/////////////////∧_,..-'''"                          |       //       /


554 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:28 ID:b8513c3c




                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     ある日、シャムセが忽然と姿を消した

                     彼を妬んだ他の弟子の仕業が原因だったと言われる
                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                         __
                          /:::::::::::.....、
                      /::/::::、:::::::::ハ
                          从トューrャ、:;:::::ヽ      、
                  _..ェ、-リ、 '、  ト、::::::ヽ _  ノ)
                  , ニ三三三「ニl /- ..,イj`ー _:::::::::::::/
             /三三三ミ_/三「ハ.,イ」ミ」     ̄
             ヽ三ニ</三三三oY三ニ/
               >''"-=-、三o_ノ三_ノ
              ///ニ三ニ}ニo/三三/ヽ
                /三/ニ三ニ/l三三 ̄三三i}
            〈三/三三,/ニl三三三三,/
                 ヽ,三三,/三三三ー=二´
              l三三,'、三三三三≧ 、
              |三_,'_l ヽ三三三三三.\
              l三三ハ   ≦三三三三ニ〉
             /ニ/三)    ヽ、三三./
           _  // l_,/     /三三/
  , ェェ     ̄\ ><::ヽ      }三_,/
 (  .l           ヽ   ≧ 、   /三ニl
  \ノ         .}      ≧ f土(ー'
   \           /         ≧ 、
      <  _ /           ノ      ....;::;;...:::;;;    _,.__
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ::;.      ==(=_) _f二ヽ
                               ::.....,,:::;;; ∠_/_/ニiニ二ニハ
                                    ヾヽ==ヾゞソゞソゞソ
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


555 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:32 ID:b8513c3c


 |::::::|、::::::|ハ:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::|     ____ `~、、::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ヘ::::|ヘ::::::lハ::ヘ:::::::ハ从ヘ:::::::|   .,,ィzzzzzzzzx、、.    `~、、:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヘ:{ ヽ:::',.  ヘ::::l'   .ヘ:::|  .,ァ''"´   ,、、、、`''ミx.   ヽ:::`~、、::::::::::::::::::| ̄`<:::::::::
      ヽ',   ヘ:|    ヘ| 〃   ,ィ:::::::::::::::::ヽ `ヾh、  ヽ::::|::::::::::::::::::::::::| ̄>、ヽ::::
                          ん:::::::::::::::::::::::ハ : :マミァ  ヽ|::::::::::::::::::::::::| .  ハ V::
                      {::::::::::::::::::::::::::::::}  : :マミ  |:::::::::::::::::::::::::|_> } .}::
                         l'"⌒{:::::::::}⌒''カ   : :}ニ≧=-:::::::::::::::::::::::|    }  }::       ああ、シャムセ、シャムセよ!
                      、__) ゝ-彳:o:./   :/ア   |:::::::::::::::::::::::::| ̄>.}  }::
                        _乂: `'===:彡′  ./′   |:::::::::::::::::::::::::|   / /:::      どこに消えた!
                   Y´   `''~~''゙ー―‐''つ o.   |:::::::::::::::::::::::::|  / /:::::
                       乂 ノ⌒"'' ―~、 こ.ノ      |:::::::::::::::::::::::::|  / /:::::::      この私を置き去りにして!!
        /|           { }        {  }      |:::::::::::::::::::::::::|/ ./:::::::::
       /::|           { }         {  j  。    |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::
        ヽ:|!          .}.{         .}  .l      |:::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::
                        { }        .i ,'      ,'|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                       }.{           { j       ./_|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                   { j           l /      ./:::::\:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                                 }{     /:::::::::::::\::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::


556 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:36 ID:b8513c3c




           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ルーミーはこれを機に、25000句に及ぶ長大な叙事詩(マスナヴィー)

               「精神的マスナヴィー」を記すことになる

               それは彼を神秘主義者としてだけではなく、ペルシア文学史上においても最高の詩人にした
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                               /.....................................................................................V
                                          /.........................................................................................V
                                        /斗===========< ............................. V
                                       /´/:. :. :. ハ: \:. :. :. :. .: .: .: .: .: .:`>。..........................V
                                      ヽ /:. :. :. .: .: :.:'  `>。:. :. :. .: .: .: .: .: .: :..`>。...............ヽ     x*''"´:. .
                                        {:. :. :. .: lヽ:. :..'.,  ,xセチテ==<:. :. :. .: :. .: :. :`>。.......Vx*''"´:. :. .: .: .: .
       .聞け、葦笛の歌を それが奏でる物語を          l/ヽ:.l、:. ヽ>。:.ヽ だリ    l:./:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .`>.V:. :. .: .: .: .: :. :. :
                                          N/:. :..ぅ  `> :じ'     !':. :. .: .: /:. :. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:`".: .: .: :. :. .
       .別離を悲しむ、その音色を   >=<             ,.':. :. :. :.ハ        :/:. :. :. :../:. :. :. :. :. :. :. :. :. .: .: .: .: .: :. :. .: .: .:
                               i{   V           /:. :. :. :. :./         .,:. :. :. : /:. :..l:. :. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
                             i{   V     j{  ヾ   /:. :. .: .:/人   、 ァ ./:. :. :. .:./   >=、:. .: .: .: .: :. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
                          i{     V     .j{   V/:. :. :../   .>。    .j{:. :. :. /jIセ"´.......\:. :. :. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .
                        _    ハ,     ,   i{    V:. :. :.'       `>。 .j{:. :. :/'´...............。<´:::::::`"''<:. :. .: .: .: .: .: .: .: .:
                    ハ  `''<   ハ,              Vリ/             ハ:. :.j{.............。<´:::::::::::::::::::::::::::`Y:. :. :. .: .: .: .: .: .
                      ハ    \  ハ     ヽ  .V   V      _      ぅi{.....。<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}!:. :. .: .: .: .: .: .:
                          ' ,   \  V    ヽ . V   .V   >'":::::::::::丶ー''"´...........,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:. :. :. :. .: :. :. .: .
                                \ .V     ハ .V   .V::::::::::::::::::::::::::: /....................{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:. :. :. .: .: .: .: .: .:
                          \    "''<     "''V    ヽ::::::::::::>''"..............................,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:. :. :. :. /`"''<
                          \    \     .V     \,.'...........................................,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:./l:. :.../
                             >。    `>。           \..........................................,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ !:. :..V
                                `Yx、.   `>。. ヽ.        \................................../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}!  ヾミ=-   {
.    ト-=ニ二                          l            \      .\<,::::::::::::`"''===::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     `>  `"''< __   __       / ̄>===xノ            "''===''"   \:::::::::::::::::::::::: \:::::::::::::::::::::::::ハ
 >''"´            :{ ̄lV:i:i:i:<==i{                      /     ハ   V:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::ハ       ト、
ハ。o<´ ̄.ア        乂_l }:i:i:i:i:i:}::::::::::::ヽ                       {      ハ  V:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::l       \:
    、''"´  。x―=<   :/:i:i:i:i:i,':::::::::::::::::`>o。                 ヽ.     ハ.   V::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::::::::::::l
    ´        >。 /:i:i:i:i /:::::::::::::::::::::;:::::::::::`"'x               ハ       }!  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


557 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:40 ID:b8513c3c




.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
.:ノ⌒¨¨⌒\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒~~ つ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
(       ⌒\.:.:.:.:.:.:.:.:乂___ノ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ノ⌒        ⌒ヽ_.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
     ___ノ   ;   ⌒\.: : .: : .: : .: : .:ノ⌒'~ _ : .: :..:..:                                .. .: : .
 `"""´⌒   ノ      )'"⌒⌒'⌒"´      ⌒'^:..:  .「慣れ親しんだ葦の茂みより刈り取られてのち   ...: : .
-‐‥‥ー-。。_    _,_,_, 。。 --ー‐…iニニニTニニTニニTT : :  .私の悲嘆の調べには、男も女も涙する       .  ..: : .
┌‐┐: : : : : :'”~”'i二二i;';'}: : :__r‐(;';');';')‐''":  ̄ ̄ ̄.: :                                   . .: : .
'”゚ '' ・*+ 。。_. . . : : : : : : : : : : (;';')ー'′. . . . . : : : . . . ...:..:  .別離の悲しみに私の胸は引き裂かれ          : : .
: : . .  . . : : : : : ”~゚" 冖¬・・…‥ + + + + ‥ ・ ・ ¬ ' :..:...  愛を求めて、痛みは隠しようもなくこぼれ落ちる.. .. : : .
.:.:. .  . . . : : : : .:.:.:.::(;';';'). . . : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :..:..:                                    : : .
i:i:i:;:;:;, , ,_,_,_, 。。。 + + ‥・ ・ ¬¬冖冖 '' '' " " / ゚ ゚ “.:..:.  . 誰であれ遠く切り離された者は切実に願う     . .: : .
""゚゚~~ ̄,. : . : . : /: . : . :/: . /i: :, : . /, :/ /iノ:|; v/:|:./|.:.: ::.:  .かつてひとつであった頃に戻りたいと」      .  .: : .
: /!:/!//iノ!v; ; /!/!/!.:/|/i/:/ノ(:/(./!/i/:/:|.:.i.:.//:|//.:. :..:                                    : : .
//// /.:. 从八/:|/:|/し(/ /.:.///:/.:/:/ノiノ://.:////.:::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :
// ̄二ニ=-/ :/.://.:./.://///::/.:/:/\/|/ ////|.:/.:/´ ̄`ニ=-//\.:\//!.::/:⌒ヽ:、:/.://|∨://.:/:/.://
//⌒ミ /〈.:.:/.:/\/.://.:/://::/ノ:/\.:.\|.://::.//.:|/.:// ̄/从///〉\/.:///⌒ /.:ハ\/:/.:/.:.|//.:/|/.:/|/
/// / / ∨://\\/.:///.:.:.//.:/\.:.|//.:.//.:/.:./.:.:/.:.://.:ハ\/.:./|.:.//'/⌒/_/.:∧:∨.:/.:.:.|//.:|.:/ :|.:./
/.::厶ィイ八ノ|:|//.://\|:///.:.////.://.:.:∨/二/.:/.:./ヽ/.:.:/_/ハ.:.\/ :|//'´/ ̄/.:/:ハ.:∨.:.:./.:.:/.:.:|/.:./:/
///)//ノ|:|/.://.:.:////://:/.:///´|:|/.:/}:/.:./}.:.:.}.:./⌒7/.:.:.|.:.:.:.|.:./.:|/.:.:./.:.:.:/:/.:.:}.:.:}.:.:/.:.:/.: : |/.:.:/


558 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:44 ID:b8513c3c




            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             彼が設立したスーフィー教団

             「メヴレヴィー教団」は今日でもコンヤで盛んだ


             結局、モンゴルに効率的に立ち向かえたのは

             サラフィー主義よりはスーフィー主義だったと言えると思う

             何しろ、その後のモンゴル諸帝国達は、自らが丸ごとムスリムになってしまったわけだから
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                |l|_|l
                          \\ ,>'゙´ |
                    \       ,>'゙´    |             |l|
                    \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
                       〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
                       ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
                       ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                         \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
                         \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
                                |l| |                    /  /
                                |l| | . r‐、, i⌒i i⌒Y     ////
                              \ |l| /ヽ |/,  '/,  ∨.    //
                              ∧ ∨:∧ .∨,  /,    r.、-、/ /
.  ,ヘ__ / /       \\  rv^!  /! /^!___  ,へ  /^i、\∧ ∨/∨   ,r‐\\\/
 ∧ ∨〈 ̄',/         (∨ | || / ; ; ∥ /\ \ \ .| ',  \! /、 ∨  |У^!\\\
_/ ∧ ∨',.  ,/      (\':,Ⅵ } .∨ レ' ∥/\   \ \_',   ヽ  ヽ .|/  〈_/_〉   ,|/
( \∧ ',|  |/    \\\ ;        /        /,\             |/   !/)  ,/|/
\、 \  ',: |     \ ヽ ,′    / _i^i^i^ii^i.,'^,', ヽ           |/  弋_{    才
、 \ ヽ   ;          { {       /  | ! ! ! !| |' //, :::∧        |   //、   Y\_
.:〉      ./         八 乂  \/\ .ヤ   /   .ハ ::::∧         ∨    |__>、 / ///
|     ,′           ヽ ヽ  /^!  キ  |   / ∧ :::\__      /\   〈///// ////
|      {_             (_入___/ ヽ 乂__入  丶/ |ヽ   アヽ  ./   〉、  ∨//>/////
::\    〉\         |  ∧   \∧__/〉イ /..: !   //  |/ .   ///\ ∨//\///
  \   /   )\.        |   :∧    \//\/_、+''" ̄ /| ,/    ,//////\'////.\
____/〉`У  ,////\      |   .:::∧      \ /| C    ,//| \ C /////////.\/////


559 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:48 ID:b8513c3c




              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   イスラーム世界が危機を迎えるたびに、ムスリムのあり方を問う厳格な運動と

                   それとは関係なしにイスラームの寛容さと

                   ちょっとばかり逸脱しがちな解釈で信者を獲得しつづけるスーフィーと

                   ニュースで目にすることが多いのは前者になってしまけれども どうしても
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    タタタタタタッ
                ,___ 、      タタタタッ
                _j___∇ヽ                     ___ 、                 , ___
_______   从   (・     ) . ___________ _j___∇ヽ __________ _j___∇ヽ
           ∑ =!二⊂   )                   (・    )                 (・Д・ )
             W  凵/   ヽ     ,___ 、           (⊃二二i=       , ___      (⊃二二i=
                (__)_)  _j___∇ヽ           l_l┘凵        _j___∇ヽ    l_l┘凵
                    从  (・    )      ,___ 、  (__)'J       (∀・  )     (__)'J
                   ∑ =!二⊂   )      _j___∇ヽ |           (⊃二二i=
                     W  凵/   ヽ     ∑(・     ) |            l_l┘凵
                        (__)_)     (⊃二二i=            (__)'J
                                   l_l┘凵


560 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:52 ID:b8513c3c


                 ,
          -、     (、
           \     }|
         >-‐=ニヽゝ=彡
       ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/.:.:.:.:.:.:.\
     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   _,ィ:.:.:.:.:.:.:.:./{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    ̄ァ:./.:.:./ `;.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:厂
    f:.:.i:.:.:/、__ノ\{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
    {:.:.乂{ __  `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
     〉:.:.:.| 亠‐    Yヽ.:.:.:.:.:..r、:/
      メミ__}          Υイ乂八__
      从     _   r.f1 /√        .だけど、歴史上の人物たちとスーフィー主義の関わり合いなんか見てると
        \      /i | |、 ~
         ≧=‐- / ! ! | |≧=ァ_        豊かで、穏やかな、春の日差しのような宗教の地味豊かさが垣間見えて来るわけで
       f二二二〃   ,仁二二ニ!
       |ニニ二二i   ,仁二二二i        .そういうのを色々な形でおはなしにしていけたらいいなって、そう思うわけで
       |ニニ二二}   {二二二ニニ|
       !ニ二二/ \ 」二二二ニニ|
        |ニニ二/. : |二二二二二ニ|
         |二二/. : : :!二二二二二ニ|
       .!二二!: : : : |二二二二二ニ|
       |二二∟___!二/ 7二ニr、ニ|
       }二二二二二≧ ` ̄~ ,仁|
       !ニ二二二二二{    ,仁ニ|
       ヽ二二二二二≦二二ニニ!
       ノ二|: : : : : : :|二二二二ニ{


561 : ◆JKuGXxCoRE : 2021/03/21(Sun) 17:20:56 ID:b8513c3c


               __
          ___,/i:i:i:i:i:ヽ__
         〃/.:.:.:ー─--、∨¨ヽ、
        //i:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.}i、i:i:i:} \
       /.:.〃/.:.:.:.:.:.:.:}i:.:.:.:.:.:.:.{i:{:.:ヽ}:.:.∧
      ヽ.:.ヾ{:./.:.:.:.:.:/ \!:.:.:.:}ヽ{:.:.:.:.:.:.:.:乂
       }:.:.:.:.:.).:.:.:i/ ヽ }:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:厂
       ノノ.:.:.:{:.:.:.:.{ てハ`!/ヾ.:}:.:.:/.:./
        {:.:.:.八:.f:.ゝ ̄   〉 i/!ハ{:.:.:r                   とか言いつつも今やってる脳筋スレが終わったら
        ヽ:.:.:厶ヾ   r‐─-   !从
       r 、 ノノ}/ハ、  乂.  ノ  从 //!                イスラム席巻前のシルクロードを舞台にしたおはなしを書くと思います
       ∨/\  |//!>   _ </∧///
          ∨//ハ|ヽ/}: : : : : : {////////      r‐‐-、
     ‐‐--</////   : : : :.</////7    {¨{ ̄¨ ヽ   ..バーブル・ナーマは夏以降かなあ……
       \////∧´        \////|    ヽ{ ̄`  i
        \///∧ ヽ     -‐=ニ\///!    i fニ¨  i!
        /\//∧‐‐-  __      }//∧    Υ  i!/! //
      ////∧///!          /|///∧   !ヽ7  //|//
     //∧////\/ト、      //|//7/∧ }// ///i!/_
     ////∧//////|: :≧=‐--彡: : : :.|/////斗'////////i!//
    //////∧/////|: : : : : : : : : : : : :.|////////////////


562 : 普通のやる夫さん : 2021/03/21(Sun) 20:52:43 ID:b0dab238


あなただったのか、気づかなかった!


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 1 (05/11)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 2人目 キャラメイク (05/11)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第七話 ウィズリー家と恐怖の悪魔 ~ 第八話 君の血を舐めたい(直球) (05/11)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第六話 隠れ穴へ (05/11)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四話 生涯ついていきます! ~ 第五話 ハウスエルフ (05/11)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二話 和解 ~ 第三話 知力3 (05/11)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第一話 暗躍する邪悪 (05/11)
  • やる夫たちでソードワールド 三姉妹PT 7 (05/11)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク ネプテューヌ クロエル いかない夫 モルジアナ イグナチウス (05/11)
  • やる夫たちでソードワールド 選ばれし二人と凡人ダディのソードワールド 12 (05/11)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 12 (05/11)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第2章 4 (05/11)
  • やる夫たちでソードワールド ソードワールド2.5 (05/11)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 9 (05/10)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 8 (05/10)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】異能学園モノ (05/10)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】メガテンあんこ 強くなりすぎたやる夫の物語 (05/10)
  • それ行けサイヤ人やる夫! 第22回天下一武道会編 11 (05/10)
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです ペテルギウスと!九条カレンの!世界樹の迷宮4 クラス解説コーナー!(偏見マシマシ) 「ソードマン」 (05/10)
  • 読者投稿:金糸雀 地球紀行 ~ 森林公園で××××に遭遇編 (05/10)
  • 読者投稿:ダディクールが電気工事士資格に挑むようです(7) ~攻略!複線図~ (05/10)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」そにょはあぁちぃ 「ソングマスター」 (05/10)
  • 読者投稿:フリーゲーム紹介「ダンス・マカブル(La Danse Macabre)」 (05/10)
  • 読者投稿:農家とジェネリック (05/10)
  • 読者投稿:構造主義生物学の池田先生は何を言ってるの? (05/10)
  • 目次 やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです (05/10)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 7 (05/10)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 6 (05/10)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #122 (05/10)
  • 国内的な小咄 1519 個人的な駅弁の楽しみ方 (05/10)
  • 国内的な小咄 1518 こいつ、車も駆るんだ (05/10)
  • 国内的な小咄 1517 聞かれても困る (05/10)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第32回 (05/10)
  • かくして少女達は出会う 小ネタ『TVマンというマスゴミ』 (05/10)
  • やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 第34話「海辺の居住者 / Seaside Residence」 (05/10)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第5章 神殺しの罪人と幻想のエリクシル - The truth of elixir and the world - episode 10 後編 その1 (05/10)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 あとがき (05/10)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第八十六話 ダドリー家へ (05/10)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第八十五話 一年時通信簿 (05/10)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第八十三話 おうちにおいで! ~ 第八十四話 また今度! (05/10)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第八一話 試験結果の時間 ~ 第八十二話 首席同盟! (05/10)
  • やる夫たちでソードワールド 残念美人とできる夫PT 15 (05/10)
  • やる夫たちでソードワールド 破軍やらない夫の過去語り (05/10)
  • やる夫たちでソードワールド 王族冒険者 ~ からかい上手 ~ ハイマンハーレムPT! (05/10)
  • やる夫たちでソードワールド リベンジ!突発冒険者できない夫! (05/10)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第2章 3 (05/10)
  • やる夫たちでソードワールド 超越者達 5 (05/10)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】あんこでバカエロ (05/09)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その3 (05/09)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その2 (05/09)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング