スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫が異世界で前を向いて生きるようです(旧題:やる夫が目的もなく生きるようです) #1

現行スレ wiki 一周目目次 ニ周目目次

1 名前: ◆tC1gMIWp2k[] 投稿日:2014/06/02(月) 20:13:19 ID:nzFY1R2E


 初めて投稿します。
 かなり不慣れな所ばかりですが、少しずつ書いていきたいとおもいます。

 もし、なにか不手際などがありましたら教えてもらえるととても助かります。
 プロットはなし、ストーリー性は特に無し、よくある転生ファンタジーもの? です。

 それでは、お暇な方が居ましたら、駄文にお付き合いください。





2 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:14:35 ID:nzFY1R2E




 思えば、ろくでもない人生だった。

 自分は底辺の人間で、これ以上不幸な人間なんて居ない、なんて傲慢な考えを持ってしまうほどに…




3 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:15:18 ID:nzFY1R2E




 その頃の自分が、今の自分を見たらどう思うのだろうか?

 多分、理解しようともしないか、逆に喜んでしまうのかもしれない。

 実際に体験しなければ、今までどれだけ自分が幸福だったか実感するだろうが。




4 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:16:00 ID:nzFY1R2E


――???

 人間の境遇なんて、実際体験しないとわからないものなんだと、今自分は痛いほど実感している。

 もし、戻れるのだとしたら……自分は一体どうするのだろうか。



           ____
          /      \
        /    ―  ―\
       /   ( ●)  (●) \
       |      (__人__)   |
       \       `⌒ ´  /
        /´⌒` ̄  ̄ ` 丶'
         |      _゙_ 、  \
        ヽ イ´ ̄ /  ヽて   〉
          l     /  r  ヽ彡'
         ヽ   /    ,ヽ  ヽ         _-‐、
         ,ィヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」


5 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:16:37 ID:nzFY1R2E





 ■やる夫は異世界で目的もなく生きるようです―





6 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:17:39 ID:nzFY1R2E


 自分の名前は入速出やる夫、どこにでもいるダメ人間【だった】

 オタクでひきこもりで、見た目もダメで、社会の底辺に居るような人間で。

 一人じゃ生きていくことも出来ない社会のクズといえばいいだろうか。



       ___
      /     \
    /        \
    /::::::           ヽ     腹……へったなぁ…
    |:::::          i
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)


7 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:18:38 ID:nzFY1R2E


 そんな自分が嫌で、でも何もしようとしないで日がな一日PCの前で気持ち悪く笑うだけの毎日。

 ネット小説などを見ては自分がアドバイザーにでもなったかのように罵倒し指摘し、自分の満足の行く話を作らせるように誘導し…

 今思えばそんな電脳空間でしか威張れないのかと、更に情けなくなる。




             ___
           /     \
            ,.-―      \     獲物は……今日は無理かお…
            ●)        ヽ
            (__)'          |
          ヽ         /
             )       イ
             '     /⌒ヽヽ
           |     l      }
             l      |   :| |
              |      l   / |
              !     〈  ¨}  i
             l        `=ア  ,'
           |            /
           圦  /      ,'
           ヾ:  i       {
            \ i     ',
               ≠),,,,,   ノ


8 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:19:51 ID:nzFY1R2E


 転生ものの最低系主人公やハーレムものの主人公を強く、深く自己投影し、ただ悦に浸る…

 そんな事しか出来ず、死ねば転生できるのかと下らない妄想をして、自分ならなんでもできる万能の主人公になれると妄想していた。

 出来る訳が無いのに、脳内で空想するだけなら子供でも出来る…でも自分はそれしか出来なかったのだ。




             ___
           /     \
            ,.-―      \
            ●)        ヽ  寝床……探そうかな……
            (__)'          |
          ヽ         /   もう、暗いもんな……夜は……怖いし…な。
             )       イ
             '     /⌒ヽヽ
           |     l      }
             l      |   :| |
              |      l   / |
              !     〈  ¨}  i
             l        `=ア  ,'
           |            /
           圦  /      ,'
           ヾ:  i       {
            \ i     ',
               ≠),,,,,   ノ


9 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:20:34 ID:nzFY1R2E


 自分は幸せだったのだ―

 両親が居た、家があった、食べ物は食べられた―

 働けばお金も稼げた―

 なんでも出来たんだ、腐った意識を捨てれば、芽はあったのに―

 でも、もう遅い…自分はもう、戻れないのだ……




       ____
     /     \
   /  ::::::::::::::  \
  /   ::::::::::::::::::   ヽ  かーちゃん……とーちゃん……
  |   :::::::::::::::::::::::::   |
  \            /


10 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:21:35 ID:nzFY1R2E


 夜が来る……真っ暗な夜が来る…

 自分が居た場所ではありえないほどの暗い夜。

 聞こえてくる鳥や動物の声が、心臓を鷲掴みにする。

 出来るのは怯えて隠れることだけ…



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ  見つかりませんように、見つかりませんように、見つかりませんように……
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://


11 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:22:33 ID:nzFY1R2E


 異世界なんてものに希望を持つのは愚か者だけだ。

 そして、自分はその愚か者だったのだ。

 たった一人で、この恐ろしい世界を生き抜かなくてはならない…

 怖くても恐ろしくても…それ以上に死ぬのが怖かった。




          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;  何でやる夫が、こんな場所に居なくちゃいけないんだお…
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |; やる夫はこんなの望んでなかった、望んでなかったのに……
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;   帰りたい…元の世界に帰りたいよぉ……


12 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:24:05 ID:nzFY1R2E


 早く朝になれ、朝になればまだなんとかなる。

 動物を殺して、肉を食べられる。そうすれば生きていける。

 それだけを望みに、震える身体を両手で押さえつけ夜を耐え凌いだ。



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\   叫ぶな…叫んだら死ぬんだお……
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  眠くても寝ちゃいけないんだお…!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  朝になれば…朝になれば少し休めるから…!!
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


 涙だけは枯れることなく、流れ続けていたが。


13 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:24:33 ID:nzFY1R2E



                             .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
                               ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
                                        ..,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
                                         ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                                                 .. .. .,,.. ..;:..
                                                 ..  :;;  :;
                                                     .. ..:


14 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:25:13 ID:nzFY1R2E




 自分はただのニートだった。

 何かを願った訳でも、お約束のテンプレが発生した訳でもない。

 気がつけばこの場所に居たのだ。




15 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:25:53 ID:nzFY1R2E


 初めは親がついに切れて自分を捨てたのかと錯乱した。

 でもそれがすぐに違うと気付けた。

 何故なら―




                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~

――バケモノが其処に居たからだ。


16 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:27:09 ID:nzFY1R2E


 今思えば、何馬鹿げた事を考えていたのだろう。

 でもその時は何よりも喜びが優っていたのだ。

 そう…自分が異世界に行けたという、そんな喜びを。



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\    うはっ!! テンプレktkr!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |  【やる夫が異世界でハーレムを作るようです】が始まるおっ!!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


17 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:28:02 ID:nzFY1R2E




               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \
            |      (__人__)     |     角が生えてるけど、あんなちっこいウサギ程度に負ける訳がねぇお。
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \      この勝負は早くも終了ですね。
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/


 異世界に来たら万能になれる、確かにそう勘違いする奴も多いだろう。

 自分もそうだったのだから、特に自分の様なダメ人間なら尚更だ。


18 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:28:51 ID:nzFY1R2E




       ____
      /     \
    /ノし' "\ , 、/゙\
  / ⌒(( ◯)ヾ'(〇)ヽ              さぁ! とっとと経験値になるがいいおっ!
  |     "⌒(__人__)⌒゙l
  \      `i ヾ/´ /               やる夫秘技! 恒星龍神脚!!(ただの蹴り)
 /´⌒ ̄ ̄"⌒`ヽ ィ´`ヽ─-一、
 ヾ、ー;──(ゝ,〆  ト'ー一'~′    人,
    ̄l"        l         __ノ⌒;て_
     |         _|_-─≠ ̄三≠/ (
      l           ̄  __-─=ノ Y`。
     l, _       __≠─ ̄
    /   、、 〆"´
    (´ ⌒ ̄ ̄ソ⌒l
    `ー───~″



                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~

―ミス! ??にダメージを与えられない!!

―??の反撃!!


19 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:29:39 ID:nzFY1R2E



                          | |! || |              , -、//
                       \    ! | || || |             )  `-、,、   //
          / ̄ ~/   __ __   | | || || !               )      `-、,_
.        /   /___./  //  /\ | | || ! l |              ,/          _)
    / ̄ ̄       /  //  /  ヽ  | |! ||             _ ,/         , ''¨ /
.   /__   __ /  //  /    ヽ  |. || | !         (__, --― 、_     /
      /   / / /._M//_M/       ヽ  | || ||      //f      \  /.//
      /   / /   /               l  | || | !        {        }. | /
.     /   / /   /               !  !  | |   //   ゝ     _  .|.J
    /   / /   /               !    !  /.      `'-、,____.ノ.
.   /μM/ /   / _ _ _      ヽ |   |    //,・・¨¨    //
        /μM/ / // // /      ヽJ .       ,;   /   /
           /M//M// /       ,_≧     。
                   / /        ≧
               /M/          ~



―ヒット!! やる夫に中ダメージを与えた!!


20 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:31:34 ID:nzFY1R2E


―やる夫は驚き戸惑っている!!



           ____
         /ノ   ヽ、_\
  (⌒ヽ   (○)}liil{(○)  \      なんだおこいつ! めちゃくちゃつえーおっ!?
  \ \/  (__人__)     \
    \ | ヽ |!!il|!|!l| /     |    痛いっ! 角がっ! 血がっ! 血がぁあああああっ!?
      \  |ェェェェ|      /
      (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    く
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ
           \         ヽ     γ´ 7
             \           `、  (  /
          ,.-――――       リ、/  /
          弋   、_____ノ `  /
           \  \      \_ノ
             \  \
                \  ヽ
                \__)



 逃げればいいのに、錯乱してその場で喚き出す自分。

 よく考えなくても下策でしかない、でも初めて感じる鋭い痛みはもともとなかった冷静さを更に奪う。

 そして、それを待つようなモンスターは居ない。



                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~

―??の攻撃!!

―やる夫に小ダメージ!!


21 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:33:04 ID:nzFY1R2E


 恥も外聞もなく自分は逃げた。それが正解だったのだろう、モンスターはやる夫を追ってこなかった。

 体中が痛むが、それでも生き延びることは出来たのだ。

 後先も何も考えず、ただ無心に全力で駆け抜けた。



             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)    い、嫌だ! 死にたくないっ! 死にたくないおぉぉぉっ!!
      / /\ .| l|lii!:::::(__人__):i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|   助けてっ! 誰か助けてぇぇぇっ!!
         / \     `⌒´_/
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /
    ヽ、_/ / /
        (/



―やる夫は逃げ出した!!

―…………逃亡成功!!


22 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:34:15 ID:nzFY1R2E


 後は想像するまでもなく、叫び喚き散らし、どうにもならないことを理解するだけ。

 こんなことなら異世界の転生なんて望まなければよかった、そんな意味もないことを泣きながら愚痴る。

 何故自分がここに居るのかも理解できず、ただ感情のままに泣いた。




         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \    あああああ…うわああああああああっ!!
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ


23 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:35:30 ID:nzFY1R2E


 そして、今に続くのだ―

 死にたくないから食べ物を探し、水を探し、寝る場所を探す。

 人間なんて居なかった、居るのはモンスターや動物、虫、そして化け物ウサギ、それくらいしか見つけられない。

 この森のような場所で、あてもなくただ日々を過ごしている。

 ここが何処なのか、人間が居るのか、そんなことを考える暇があれば生きるために食べ物を探すしか無い。




         ____
        /     \
      /  _ノ  ヽ、_  \   今日も生き残れたお……
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \
      |      (__人__)     |  ご飯、ご飯探さないとお腹が減りすぎて死にそうだお…
     \     ` ⌒´     /
      >    / )ヽ   <
      (  \ / __ハ ) /  )
      \  ゙  /ヽ ゙  /
         \_/   \_/


24 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:36:10 ID:nzFY1R2E




 願うのは家に帰ることよりもなによりも…まず死なないこと、食べること…

 今日も自分は、生きるために重い足をひきずり、獲物を探すのだ。

 いつか、もしかしたら助けが来るかもしれないと、僅かな希望にすがりつつ……




25 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:36:57 ID:nzFY1R2E


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

【入速出やる夫】
【人間:異世界人】
【年齢:20】
【HP】12 【力+体×2】
【MP】11 【知+魔+精】
【力】3  【速】2
【知】5  【魔】4
【精】2  【器】2
【体】3  【運】1
■所持スキル
【???:???】
【サバイバル:最下級】


26 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:37:52 ID:nzFY1R2E


 まずはじめにやった事は火を起こすことだった。

 タバコを吸わない自分がライターを持っているはずもなく、テレビやネットで調べた簡易的な知識で火を起こす用意をする。




        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)  えーと…たしか、棒と板を……
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,


27 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:38:34 ID:nzFY1R2E


 はっきり言えば、舐めていた。火なんてすぐに付けられるだろうと。

 ネット小説なら、まず当たり前のように焚き火なんて起こせるのだから。

 けど、そんな淡い期待など打ち壊すかのように、火はいつまでたっても起きなかった。




        : ィ´ ̄ ̄ `ヽ :
          ー-''  ヽ、__ヽ
      : / (  )  (  ) ヽ    はひー…はひー……
       { |i|T(_人_) u  }
       !  u  |--|    / :  おかしいお、もう数時間位やってるのに火どころか煙もでねぇお…
      : 丶.    |_j  _ノ
         ゝ  ー‐  ヽ :
        : /        ',
        /         ',
       !
      : {          i
        i  /      i j } :
        lヽ/       !ノ !
        !          l
       : i  |ー --- ―i j
         ヽ!       |/ :


28 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:39:30 ID:nzFY1R2E


 結論から言えば、結局火は起こせなかった。サバイバルの基礎すら出来ない自分が情けなくて涙がでる。

 でも誰も助けてくれないし、泣いてもどうしようもない。自分に出来ることは鳴る腹を満たすために食べ物と飲み物を探すことだけ。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   :::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     :::::::::::ヽ:::::::::::::::::でも、あのウサギは…::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  --‐` ´::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  (○)  ::::::::::::::::::::::::: ::::::やる夫でも取れるやつなんているのかお…
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  (_人_)::_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/     ::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       :::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |          ::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |          ::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. | |          ::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:/|          ::.:|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(_|     __   .:::|_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 考えても答えは出ず、ビクビクしながら食べられそうなものを探す。


29 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:40:32 ID:nzFY1R2E


 自分にとって幸いだったのは自暴自棄にならなかったことだろうか。

 泣いて騒いでも助けてくれる人が居ないのだから無駄に体力を使うくらいなら獲物を探す。

 あれほど痛い目にあったのに、まだ何処かで自分ならなんとかなると考えていたのだ、でもそれがこの時は優位に作用した。




        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \    あ、あれ…もしかして…動物の死体…かお?
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .| まだ腐ってなければ…た、食べられるかも…?
   \     |i!|i!||    /
   /(<<<) .`⌒´(>>>)\




 少し探索した所で動物の死体を見つけることが出来たのはラッキーだった。

 周りをきょろきょろと見回し動物の死体を見つめる。


30 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:41:37 ID:nzFY1R2E


 見た目は犬の様に見えるし、猫の様な感じにも見える。大きさは子犬程度で自分でも持てる位だ。

 小さな羽虫? が飛び回っているが身体はまだ温かく、つい先程死んだようだ。

 首元を食いちぎられている所を見ると、病気じゃなく殺されたことくらい自分でもわかる。

 動物の死体を見て精神がごりごりと削られるが、なによりも食べ物を見つけられたことが大きかった。



          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \      ま、まずは血抜きをして…あっ! 水場で洗わねーと!!
     /   (●)  (●)   \ n
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)  火はまだ付けられないから…いや、まずは水場だおっ!!
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/


 死体を触る気持ち悪さより、食欲の方が優っていた、でなければ自分なら多分怯えて近づかないだろう。

 極限になれば人間なんでもできるのかもしれない。

 血で汚れるのも気にしないで水場を探して走りだす。


31 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:42:18 ID:nzFY1R2E


 10分も走らないうちに運良く川が見つかった。とても透き通っていて自分が住んでいた川などと比べられないほどだ。

 すぐに死体を水につけ、そこで止まる。



       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ   こ、こっからどうすればいいんだお……
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
   |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  サバイバル関係なら小説などで死ぬほど見たのに……何も思い出せねぇお…
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l
   ` 、        (__人_) .;/
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\



 ナイフなんてものも持ってない、自分に出来たのは死体を逆さまにして水につけ血を洗い流すこと程度だった。


32 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:43:03 ID:nzFY1R2E


 今更ながらに、自分が一人では何にもできないことを突きつけられた気がした。

 持っていた知識など1%も使いこなせず、思い出してもその全てがうろ覚え、役になどたちはしない。







                   /´         \
                 ___,  '´               `ヽ 、
             ,,. ´                       ` ー- 、
             ´        ___         ___         \
            /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',       うううう…うわあああああああああああっ!!
            {  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }
            .'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /     ああああああああああああああああんっ!!
             >-ヘ -‐⊂⊃       ,    ⊂⊃‐->=イ
            .(  _ノ          |i    //  人 _)
           ( ´「          .||    〃    .ハ (
            人 l し        J.!|    |l     .しl 〉
           .',  | l  {,   .、_ _八__ 」L.、    | :|
         ノ│ ヾ、/ ,v─‐r──‐ハ r‐v、\__,,,,ノ /
            ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ ノ /(/
                  ` ̄´      l |
                   、        (ノ
                   (_` ┐-イ´



 あまりにも自分が情けなくて、自分はそこでまた泣いてしまった。

 泣いてもどうにもならないけれど、もう自分を抑えることが出来なかったのだ。


33 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:43:45 ID:nzFY1R2E


 暫く泣いていたお陰で、心もだいぶ落ち着いてきた。泣いていても仕方ないと気持ちを切り替え動物の解体を始める。

 ナイフは無いので辺りで尖った石などを探し、腹を裂いていく。




        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \     えーと、内蔵は全部とって……うぐっ、気持ち悪いお…
   /   (●)  (●)   \
   |  U   (__人__)     .|   これが、えーと……くそっ、全然切れないお。
   \    |i||||||i|     /
    / __` ー'
    (___)


34 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:44:32 ID:nzFY1R2E


 何時間も夢中になって解体を続けた。そして辺りが薄暗くなってきた頃に、ひとまず解体は成功した。

 初めての解体に成功して飛び跳ねて喜ぶ自分。毛や革はそのままだし、骨も満足に取れていないがそれでも食べられる部分は作れたのが誇らしかった。



      γ⌒) ))
      / ⊃__          やったお! やる夫だってやれば出来るんだおっ!
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)  さぁ! 後はこれを焼いて食べるだけっ!!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)



 火を起こせないことに気がついてすぐ落ち込んだが…


35 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:46:09 ID:nzFY1R2E


 これが小説などの主人公なら火も起こせて食べられたのだろう。

 最悪は生でも食べられたかもしれない…今思えば何故さっさと食べなかったのかと悔いが残る。

 無駄に火を起こし始め、再び時間を使う。今自分が何処に何をおいて、今の状況と時間を完全に忘れ……






          _,,
.        , '´::::ヽ
       , '::::::::::::::i
.     ,. ':::::: : : : : ::l
..     ,':::::::: ;;;; :: :: ::::i
   /:::::::::;;;;;;;:::::: ::::::l
.  /::::::::::::;;;;;:: ::: :::::::i、
  ,.'::::::;;:: :::;;;;:::::::::::::::::::` 、
'''´:::::::::::::::::'' ::: ::::::::::::::::::::::丶 .   _.-、
::::::: :: :: :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、''::::::i
::::: :: :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::l
::::: :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ               ぐるるるるるるるるる………
:::::::::::::::: :::: : ::: :: :: :: ::::::::::::::::_,,,-‐-、:::: ::::`.
::::::::: :::::: :: :: :: :: :: : : : : : :: ::::`、:::o。ヽ:::: :::::',
:::::: :: :: :: :: : : : : : : : : : : : ::::::::: `''''‐-'::: :: ::::i
:::: :: :: :: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::`、
:: :: :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: ::::::::::::::::::`- ,,
: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : : : . . . . . . . . : :: :: ::::::::::::::::::::` 、
:: :: :: :: :: : : : : : :: :: :: :: . . . . . . . . . . . :: :: ::::::::::::: ;;;;;;r´;`-、
:::: :: : : : : : : :: : :: :: :: :: . . . . . . . . . . :: :::::::: :: :: ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;`,
:: :: : : : : : : : : : : : : : : : : . . . .,,,,,, :: : : : : ::: :: :;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;/
:::: :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;;‐-、_: : :. . . .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;ノ
:: :: :: :: : : : : : : : : : : : : :: ゙;‐-,,__::::::::`-、_,,:: :: :  __;;;;ノ
:::: :: :: :: : : : : : : : :: :: :: :: :: ::;;;;;;;`''‐-、,:;:;:;`''-''"";;;;;;;;;/
::: ::: ::: ::: ::: ::::: :::::::::::::::::::: ::::: ::::/ ̄ `''''‐-‐'''´
:: :: ::::: :::: ::: ::: ::: ::::::::::::::::::::: :/
::: ::: :: :: :: :: ::: ::: ::: ::::::::::::::/
:: ::::: ::: :: :::: :::::::::::::::::::::::/
::::: ::: ::: :::: :::::: ::::::::::::::::´、
:: :: :::::: ::: :::: :::: :::::::::::::::::::ヽ
:: :::: ::: ::::: ::: :::::: ::::::::::::::::::::i



 どれだけ自然の中の夜が恐ろしいかを、知らなかったのだ。


36 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:46:49 ID:nzFY1R2E


 気づいた時にはもう遅かった。自分より一回りは小さいだろう犬が数匹、此方を睨んでいた。

 正確には隣においてある肉を注視して居た。



     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \   あ、あばばばばばばばば……
  /  <○>  <○>  \
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /
  /              \



 うさぎにも勝てなかった自分が、犬に、それも複数に勝てるはずがない。

 真っ白になる頭を無理やり動かし、やる夫は全力で行動した。


37 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:47:59 ID:nzFY1R2E


 解体した肉を掴み、犬達の前に投げ込んだと同時に走りだす。

 犬が肉じゃなくて此方を狙っていたら、多分自分はこの時死んでいただろう。運が良かったのか悪かったのか…

 いや、自業自得なのだが。



             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)    ちくしょう…ちくしょうっ!!
      / /\ .| l|lii!:::::(__人__):i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|   何で、何でなんだおっ! やる夫のご飯がっ!!
         / \     `⌒´_/
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /
    ヽ、_/ / /
        (/



 犬は追ってこなかった。あんな小さな獲物より、自分の方が大きさ的にも見た目的にも肥えているのだから狙われやすいのに。

 その御蔭で助かったのだから、文句は何もなかったが。


38 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:48:50 ID:nzFY1R2E



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。  もう少しで! もう少しで食べられたのにっ!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜  何で! 何で何で何でっ!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



 嘆いても仕方ないのは分かっている、でも叫ばずにはいられなかった。

 初めて自分で解体した獲物が横から奪われたのは凄くショックだったのだ。


39 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:49:35 ID:nzFY1R2E



              -─‐──‐-、
         /             \
        / ;            ヽ         このままじゃ餓死にしちまうお……
        l  U                l
        |     , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、  なんとかして明日は食べ物を……暗くなったら危険だから明るいうちに…
       !、  _ノ" "ヽ、__  ∪        \
        ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`       l: あんな幸運滅多にないから、今度は自分で獲物をとって……え?
         /ヽ~゜(__人___)~__ ,ノ|     ,     |
         /   /` ⌒ ´    |     |    ,   !
          /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
       /   /     |    |    |     ,lー─- 、
    , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
   く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'  コツン……
    `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄



 運良く見つけた小さな洞窟に入り、明日のことを考えながらうずくまっていると足が何かにぶつかった。


40 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:50:12 ID:nzFY1R2E



                ̄ 二イ  :,. -- 、 \   \ \ \ `  、 ヽ、   \
                ,.イ' ,. = |fヘ!`ト:\. ` ー- ______ヽ__丶、  ` - ニ= 、 \ _
               / /:/ ,/、 || }ト,. |ヽ! ー- /:/´ ̄ \`:、 ̄ ̄丁丁 ̄ ̄丁:|
               ,.'  i/  /\ヽ! .|ハ. マ `ー/ /     ヽ:\ く::::::\. 「 ̄::::::\
                 /   / ,'/`ヽ, ヾ;、,.レヘ V7 /         \\ \:::::| |:::「 \::::|
             /   / / ! / ハr:'´:::::::/\\{  __.. -‐  ̄ ̄,\\ ヽ:!.|:::l、  ヽ!
              ,'   | /! { | :i {|r‐'::/:::::/,ヘ\´     \_    \\ ヽ::\
              !.    | | | |. ',.i. |レく:::::::::/j仁. 二´______ー--  ̄,ニ=ヘ,.\ \:::`ー
               |.   | | || ヾ!.|゙仁ニ=1'"〃,ィ" ̄Y!}》}i/  ̄ ̄ _厂{. rヘ、\ ヽ、
            !   | |. !..ト、  ヽ!{_¬!{ 'リイヘ;___,ノ'  'ー=、   ハヽ  トく \: \
                ',    ', l ヽト、\ \Yトュ'" ' ヾ≡彡'メ、   三\ ! `|      ノ\
            ヽ   ヽ.{ ヾ \\. }ト、   - = 彳,勿ァァ 、¬ヽ, !     / ,|iiiiiiii!
                   ヾ,  \.\`〈 tx,ヽ  ー - ' ´彡 '^フ`ヽ} ,'   /,イ {iiiiiiii!
                  ヽ.   \`ート、゙い }   -t¬ァ'´__/^Y:1i.   /|! :',iiiiii!
                      \     Y_ヾソ ` ̄ `'_ ノ\__ト-'_ i:|  / :| l  ',iiii!
                     ヽ    ヾ, 、  __ /^Y `!__ノr‐く_ノi:|   1  !   :',ii
                           Y''く  `i |、_,ノrベ!_ } Y! /ハ     }!
                           \ハ___jニr'⌒ト、_}. `′ ハ_八_i〃   /
                              亡「\ `r:J r~',x'^⌒ヾJ| _, イ! /
                              ヽrヘ┘, _,x:+く    __,比ィイ //::::
                                \.メ^      , ',∠=イ //::::::::::
                                    i.    // lYト,//::::::::::::::::
                                  ヽ -='-:'´   lレ' /..:::::::::::::::::::
                                            入:' ..:.:.::::::::::::::::::
                                          l//ハ ..:.:.:::::::;::::::;
                                         〈//:|:} ..:.::/::/
                                             //:::|:|::/::/


41 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:51:44 ID:nzFY1R2E



                   _____
                 /::'⌒:::::::::::; '⌒゙\
                /:::::::::::::::::::::::::∪    \
              /::/´  `ヽ::::::::::/´  `ヽ \     し、ししし…死体っ!?
             /::::::(     l:::::::::::::l     )  \
           /::::::::::::::ヽ_   _ノ::::::::::::ヽ_  _ノ  ; \  くぁwせdrftgyふじこlp!??!
           |:::: ;:::::''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |:::::U::::::::::::::::::::`┬─'^ー┬'′       .|
            \::::::::::::::::::::::::::::|エエエエエ|         /
             \::::::::::::::::::::: !llllllllllllllll|   U  /
             /:::::::::::::::::::::::!llllllllllllllll|      \
            /:::::::::::::::::::::::::::└ .u U┘         ヽ
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ,    |



 動物の死体はまだしも、白骨化した人間の死体を直視してしまい意味不明な言葉を叫んでしまう。

 漏らさなかったのは、最低限のプライドが働いたお陰だろうか。


42 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:52:31 ID:nzFY1R2E


 やや暫く怯えていたが、ゆっくりと落ち着きを取り戻し改めて死体を見る。

 よく見ればこの死体は今の自分にとって現状を打破できる物を数多く持っていたのだ。



          ___
         /     \     こ、これ…ナイフだおね、少し錆びてるけど使えないこともないお。
       /         \
     /     \ , , /  \  他にも大きな剣、ロングソードかお? 盾は無いけど…後は読めない本と幾つか…
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/  これがあればあのウサギに勝てる…いや追っ払える位は出来るかも。
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /



―ナイフ【13】を手に入れた
―ショートソード【25】を手に入れた
―本を手に入れた
―本を手に入れた
―メモ帳?を手に入れた


43 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:53:15 ID:nzFY1R2E



        ____    ━┓
      /      \   ┏┛
     /  \   ,_\.  ・
   /    (●)゛ (●) \     え、何今の…? 頭の中で文字みたいなのが…?
   |  ∪   (__人__)    |
   /     ∩ノ ⊃  /     ショートソード【25】? 25ってなんだお?
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /




 そして、初めて理解する異世界という理不尽。

 自分はここで完全に自分が異世界の存在なのだと理解した。


44 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:54:49 ID:nzFY1R2E


―情報が一部解禁されました

―技能【鑑定:最下級】獲得

―技能発動、対象ショートソード

―ショートソード【50/25】
何の変哲もない鉄の剣。振り回しやすいが安価の為、壊れやすい。
■25回使用すると修復不可能



           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \    わけわかんねーお、ゲームの世界なのかお…?
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ  例えそうだとしてもやる夫には無理ゲーだお…
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o



 此処に来た直前なら素直に喜んだかもしれない、そのままゲームや小説の主人公の様な状態なのだから。

 でもウサギに殺されかけ犬から逃げてきた自分には、有難いがテンションが上がるものではなかった。


45 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:56:25 ID:nzFY1R2E



            ____
          /      \
        /         \    でも、少しは希望が見えてきた気がするお…
      /   _ノ   ヽ、_   \
      |   ( ●)  (● )  |  調子には乗らない、これだって回数制限が有る…どうやって生き残るか…
      \    (__人__)    /
       γ⌒  ` ⌒´   ⌒\  火も起こせないんだから、まずはそこから、飲み物はあの川で良いとして、食べ物を…
       /  (___    __) \
      (____ ヽ γ' ___) 本が読めれば、何とかなるのかお……
      /    ヽJ  し’    \
    /  ./   \  /  \  \
   ./ / \         / ..\ .\
 /' __)    ヽ、__人__ノ    (__  ’\
(_/                    \_)



 こうして自分の生活が始まった―

 毎日怯え、食べ物を探し、夜になる前に隠れる場所を見つけてはそこで怯えて夜を過ごし、朝方に少し仮眠をとる生活。

 まるで小動物の様な生き方、でも今の自分にはそれしか出来なかった。


46 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:56:58 ID:nzFY1R2E



:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . . . . . .
::::::::::::.:.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . .
::::::.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . .
::::.:.:. .: .: .: .: .: . . . . . . . . .
:::.:. .: .: .: . . . . . . .
:;.:. .: .: . . . . .
:.:, .: . . . . .
:.:, .:, . . . .


47 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:57:42 ID:nzFY1R2E


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

【入速出やる夫】
【人間:異世界人】
【年齢:20】
【HP】12 【力+体×2】
【MP】11 【知+魔+精】
【力】3  【速】2
【知】5  【魔】4
【精】2  【器】2
【体】3  【運】1
■所持スキル
【???:???】
【サバイバル:最下級】
【鑑定:最下級】

■ショートソード【50/25】
■ナイフ【13】未鑑定
■本【未鑑定】
■本【未鑑定】
■メモ帳?【未鑑定】


48 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 20:58:49 ID:nzFY1R2E


 まず自分ができることから始めた。空腹が集中力を遮るが、それでも必死に頑張った。


――本鑑定 【生活魔法の書】
――本鑑定 鑑定失敗、熟練度が足りない
――ナイフ鑑定 ナイフ【40/13】
――メモ帳鑑定 【メモ帳】

――鑑定熟練度上昇

――【生活魔法の書】解読開始・・・・・・・・・・・・・・文字が読めない 【解読:最下級】必要
――【メモ帳】解読開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・文字が読めない 【解読:最下級】必要

――【解読:最下級】取得条件
1:元世界の人間【知】3
2:異世界の人間【知】6





      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ    文字が読めない…知力が1足りないってイジメかお…
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )  てか、ステータスが見えるって……
  \ ヽ (__人__)   / /


49 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:00:35 ID:nzFY1R2E


 この世界はもしかしたらゲームか何かの世界なのかも知れない、そう考えると自分がおかれた立場がどれだけ危ういか理解できる。

 ないないづくしだった自分がどれだけ危ういのか、どれだけ危険なのか身にしみてわかったからだ。

 もしこれが初めから人のいる場所で、このステータスなども見れたのなら自分はまた馬鹿をやっていただろう、そう考えると寒気がする。





       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   でも生き残る可能性が出てきたお。生活魔法ってのがもしやる夫でも使えたらなんとか生きてられるお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    | ありがとうやる夫、魔力もっててありがとう。
  \     ` ⌒´     /



 最早、自分がチートなどとは微塵も考えてない。何よりもまずは生き残ることを優先した。


50 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:01:59 ID:nzFY1R2E


 それからは早かった。朝は川に行き水を飲み(貯めておくものが無い)川辺で魚などを探す。

 昨日の今日で火なんか起こせるわけもなく、最悪は生で食べるつもりで全力で獲物を狙った。

 そう上手く出来る訳ではなかったが、1時間程度でなんとか小さめの魚を取ることが出来た。



        ____
      /      \        やった! やったお!! この際このままでも食べるお!
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |
    \ / /  `― '     /



 また動物やモンスターに横取りされてはたまったものじゃない、すぐに隠れていた場所まで戻る。


51 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:02:58 ID:nzFY1R2E


 戻ってきてからナイフでぎこちない手つきで魚を捌く、骨などはついているがほぼ無視して齧り付いた。

 決して美味という訳ではなかったが、それでも今の自分にとっては最高のご馳走だった。



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\     美味しい、美味しいお……早く火を使えるようになりたいお…
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|  この本が読めたらきっと出来るはずなんだお……
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./


52 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:03:54 ID:nzFY1R2E


 腹も多少満たされ、ある程度落ち着きを取り戻したので次は本を読めるように試行錯誤する。

 本を読むのには【知】6が必要で、今自分は【知】5である。1程度なら理解できても良さそうなものだが正直全く理解できない。

 外人が他の国の言葉を、知性が足りているからと言われすぐ覚えられるかと言えば否でしか無い。



     ____
   /      \    ぜんっぜんわかんねーお…ステータス足りてれば一気に覚えるのか、それとも…
  /         \
/           \  これが覚えられたらきっとかなり楽になるはずなのに。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


53 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:05:34 ID:nzFY1R2E


 しかしこれを読めるようになれば、最低限の生活が出来る様になるかもしれない。

 もしこの世界が自分の想像したような世界ならば、ステータスが足りていれば読めるかもしれない。

 読むことが出来れば、魔法が使えるようになれば、今以上の最低な生活レベルは抜け出せる、そう信じ理解できない文字を黙って読み続けた。




     ____
   /      \    えーと、こことここの文字同じで……
  /         \
/           \  もっとしっかり外国語とか覚えておけば、すこしはましだったかお…?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


54 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:06:11 ID:nzFY1R2E


 結局その日は読めないまま1日が過ぎた。もしかしたら結局覚えられずぬか喜びなのかも、と心の中で落胆しながら。




             ____
           /      \    もしかしたら…いや、諦めちゃ終わりだお…
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \  あのウサギとかを倒せればレベルアップ…剣があるけど…防具が…
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/  というかレベル表示がないのにレベルアップするのかお……
        /    `⌒´    \


55 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:07:28 ID:nzFY1R2E


 後は冒頭まで戻る―

 結局自分は一週間以上道具を抱えて怯えて逃げ惑っている。

 水は何とか飲めるが、火は結局使えずじまい。魚などを食べて飢えを凌ぎ、たまにあたって腹を壊し、痛みに耐え逃げ続けた。

 小さな動物を何匹か殺せたがレベルアップもなにもなく、未だに本は読めていない。

 森から抜け出せる事も出来ず、きっと自分はそろそろ死ぬのだなと諦めかけていた。




                         _____
                   / _ノ  ヽ_\
                  /  (○)  (○)      今日も獲物はダメ…あの草は食べられなかった。
                     /     (__人__)  ヽ
                     |  U   ` ⌒´   |    キノコは毒があるかもしれないから……魚があれば…今日は何処に隠れよう…
                 \         /
                 /         \
                /  ,        l  |
                   /  /|        |  |
               /  / .|        l! .|
                 /  /  |        || .|
              /  く  . |         l'  {
             (__{ー'   |    |     .|ヘ__)
                   |    |!     |
                    |    ||    |
                     |    l.!     |
                      |    l.|    |
                     ノ    l !    ヽ
                    (___ノ ヽ ___)


56 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:07:56 ID:nzFY1R2E





           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ    結局やる夫には無理だったんだお…
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ  こうやって生きてるのすら奇跡で…小説やゲームの主人公はきっと特別で…
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /  満足に火すら付けられないなんて……情けなさすぎるお…
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


57 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:08:23 ID:nzFY1R2E



 /;; ゞ ;;; ::|;ll;:lソ;;:;;;ヾ;:::|;l;::l|;;::::::;;;ノ ヽ ;;::::::;;;;:ゞ;;;::::: ;;::;;; ゞヾ
  ソ : :; ;; ;;|::;ll;l|ヾ ヾ;;::;|;;;:ll|;;;::;;ハヾ;;::::ソ;;::/ヽ;;;::ヾ ;;;;::::::;;;:ヾ
      |;ll;:ll|    |;l;::l|      ;;::|;;::ll| ;;:::: ;;;ヾ;;;:::ヾ
      |::;ll;l|    |;;;:ll|      |::;;:l|      ;|;;:ll;|;;::ノ
      |;ll;:ll|    |;l;::l|      |;;::ll|      :|::;;ll|
 ;;;:: ::; ;;:::|::;ll;l|; : : :; ;;:|;;;:ll|::::;;; ;; ;;::: ;;.|::;;:l| ;;:: :::; .,|;;:ll;|::;;;;;;;;;;;
::;; ;;:: :::;; ノ ::;;lll;;:: ;; ;::; |::;;ll|;;; :::: ;;: :ソ;;::llハ ;;:: ::::|::;;ll|" ;;;::::.......
 """" :::::: ;;;;;; ;;  ;;'''""" ::;;;;;;;;;;;  ;;::::::::  ;;::ノ ハ:ヾ  " ;;::::::
;;;;;;:::   """,,:::::   ::::;;;  ;;;"""" ;;;::::........,,,,   ;;''   ::::;;;:::;;;  ;;;""
:::::: ;;;;;; ;;  ;;''   ::::;;;  ;;;""" ;;;: ::   " ;;::::::  "" ;;;::::........,,,,
""" :::::: ;;;;;; ;; :::   ::::;  ::::;;;  ;;;"""" ;;;:::;;;  ;;;"""" ;;;::::........,,,, ;"""" ;
;  ;;;""" ;;;: ::  ;;: ::   " ;;:::::: ::::;;;  ;;;"""" ;;;::::..;; :::   ::::;  ::::;;;
;;;;;; ;;  ;;''  ;;''   ::::;:::::: ;;;;;; ;;  ;;'''""" : " ;;::::::  "" ;;;::::.......::::;;;  ;;;""" ;;;:
;;; ;; :::   ::::;  :: ;;: ::   " ;;:::::: ::: ::  ;;: ::   " ;;:::::: ::;;'''""" : " ;;::::::
" ;;;: ::  ;;: ::   ;  ;;;"""" ;;;::::..;; :::    ;;''   ::::;;;   ;;''   ::::;;;


58 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:09:37 ID:nzFY1R2E



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \   ぐちっても仕方ないか……
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  | 早く眠れる所に………!?
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ                          ガサッ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ




―モンスターが現れた!!



                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~


59 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:10:06 ID:nzFY1R2E




        : ィ´ ̄ ̄ `ヽ :
          ー-''  ヽ、__ヽ
      : / (  )  (  ) ヽ   な…ぁ…!?
       { |i|T(_人_) u  }
       !  u  |--|    / : う、ウサギ…ウサギかおっ!?
      : 丶.    |_j  _ノ
         ゝ  ー‐  ヽ :   あれから逃げ続けてきたのに!!
        : /        ',
        /         ',
       !
      : {          i
        i  /      i j } :
        lヽ/       !ノ !
        !          l
       : i  |ー --- ―i j
         ヽ!       |/ :


60 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:10:56 ID:nzFY1R2E




     , -──-、  ガタガタ
   /      \
  /    ノ   ヽ、 \             逃げっ!! …また逃げられるとは限らないお…
/   (●)::::::(●)  \        ,
|  ヽ   (__人__)'    |      //   こっちには剣もあるから、牽制して逃げれば…
\、  u `⌒´    /      //
 (⌒ヽ        ィヽ     //
 l \  \     ,   |   //
 |  \,, \   |  | //
 |    \  \_  ヘ//
 |     \_r' ソイゝ
 |        r_ゝィ'〆




―やる夫は身構えた

―モンスターは様子をうかがっている


61 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:11:41 ID:nzFY1R2E



                               や、破れかぶれだおっ!!

                                コンチキショーッ!!
                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\
               /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)          _   三 ─ _-
               \         `i ヾ/          ≡ | |____=≡____
               γ         ⌒` ̄二 ̄= ̄== |───────── 〉
             //           y──≡三 ─ 二. | | ̄ ̄二 ̄ ̄三 ._ ̄ ̄
             / /         /               ̄  ̄  ─ ̄  ̄
               ゝ__/         /
                 /         /
            /       /   \
           /    / `\     \
         /    /    `ン    !
        /    /      /    /
      /    /       !、____`)
       !、____`)



―やる夫はショートソードでモンスターを攻撃!!





                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |  1Hit!
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~


―モンスターに中ダメージ
―モンスターは衝撃で動けない!


62 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:12:33 ID:nzFY1R2E



             _____    i|      |i
            /     \   i|       |i
          /ノし' "\ , 、/゙\  i|       |i    う、うわあああああああああっ!!
        / ⌒(( ◯)ヾ'(〇)ヽ, i|        |i
         |     "⌒(__人__)⌒゙l  i|         |i
        \      `i ヾ/´ /   i|         |i
       / ̄        ⌒ヽ  i|           |i
        /  ,、          |  ,i|          |i
.       |  ||       /  /  i|           |i
.       ヽ、 ヽ、   /  /  i|i           |i
     / ,\  \,    /  | i|i             |i
     |  ヽ\  ゛^`1   j|iヽ             i|i
.    /   / ゙̄i, ^ ,.,r' j|i   \            i|i
   (    /     `\ ' \ヽ   ヽ        i|i
    `ー‐'′     . \ //    |__      i|i
                  \;; \,, _)    i|i
                  \,:;\ "   i|i
.                     \,//  i|i
                        `ーi|′


―やる夫は大きく振りかぶった!!





                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |  1Hit!
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /        ピギィィィィィ!!!
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~


―モンスターに大ダメージ!!
―モンスターを倒した!!

―角ウサギカード1枚獲得
―角ウサギの角を1個獲得

―やる夫の【力】が1上がった
―やる夫の【知】が1上がった
―やる夫は【解読:最下級】を覚えた。


63 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:13:47 ID:nzFY1R2E





      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    た、倒した・・・・・・! やる夫が、やる夫がウサギを倒しんたんだおっ!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |  やった・・・やったああああああああああっ!!
  \     `ー'´     /


64 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:14:56 ID:nzFY1R2E


 倒したモンスターは消えていた。動物とモンスターはやはり違うらしい。

 何よりも違ったのはステータスが上った事、動物より強かったから、という可能性もあるがそれは後で調べればいい。

 手に入った角とカードを鑑定してみる。

―角ウサギの角 かなり堅い角、棒の先端につけて槍などに用いる事が多い、特殊な魔力などはない。

―角ウサギカード 永続カード。セットしている限り【速】+1 重複不可能

―【鑑定】ランク上昇!!



         ____
        /     \    よくわかんねーけど、武器のお陰で助かったお・・・
      /  _ノ  ヽ、_  \
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \  力と知も上ったし、もしかしたら本読めるかも・・・・・・早く寝床探さないと。
      |      (__人__)     |
     \     ` ⌒´     /
      >    / )ヽ   <
      (  \ / __ハ ) /  )
      \  ゙  /ヽ ゙  /
         \_/   \_/



 かなり便利な能力だが、いまいち使い道がわからないので保留にし、寝床を探しにいく。


65 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:15:34 ID:nzFY1R2E


―ショートソード【50/23】



                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\    武器の使用回数が減ってる・・・出来るだけ使わないようにしなくちゃ。
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |  今日はもうウサギには会いたくないお。
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }


66 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:15:56 ID:nzFY1R2E



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,,::,::;;,::,,.,..::.,, :.. ..                              .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:,,,.,:;;:;.:;:..:;;:;:.::,,::...,.. . .. .、...  .:..  .. ,. ..        .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;:;:;,,;,:;;:;;:;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.    ..                    ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;:;:.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..                                 ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:;:;,,:.;:,,::;:;,,:,:,::..,. ..                                        .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,.;;:;:,.;;:;::....,,.,.                                               .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;:;;,;:.:;;:;:.::.,,..                                                    ..,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;:;;:,:.:;:.::,,..,,,...,.  ..,,  ..    .  .:..  .. ,. ..                .. ., ..  ..:.  .    ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,:;;:;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;,;:.,:;.,.;:.:;,,..;::.,,..:;.. ..,,. .. ..    ,       ..   .  ..      ..  .   ..       ,    .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.:;.,.;:,.:;,;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:,.:,.:.,,..,.,...:.,.:..;:.:,..;:.;.,,.,. ..::: ;:  ;;:  ..                    ..  :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,:.,:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,,::,::;;,::,,.,..::.,, :.. ..                              .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:.,;:.;:.:,..;:.;.,,.,. ..::: ;:  ;;:                        :;;  :; :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


67 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:19:30 ID:nzFY1R2E


―小さな洞窟



  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \   やった!! 読める! 読めるおーーー!!
 |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ



―鑑定成功 【火炎魔法の書】【解読不能:要【解読:下級】】

―解読成功 【生活魔法の書】【5割読破】【必要知:8】

―必要【魔】到達

―魔法取得
【火魔法:最下級】
【水魔法:最下級】
【風魔法:最下級】
【土魔法:最下級】
【治癒魔法:最下級】

■所持魔法
【灯火】MP:1
指先からマッチ並の火を起こせる。

【浄化】MP:1
バケツ1杯分の水を浄化できる。浄化した水は飲むことが出来る。

【弱風】MP:1
一定時間、うちわで扇ぐ程度の風を起こせる、場所指定可能。

【活性】MP:1
一定距離の土が活性化する、作物栽培に適している。

【軽癒】MP:3
擦り傷、軽い切り傷を回復する。 【魔】点分HP回復。


68 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:20:45 ID:nzFY1R2E





        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o     【灯火】・・・・・・これで焚き火が出来る・・・焼いたものを食べられるお・・・
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |      どんな仕組みかなんてどうでもいい、今は出来ることを喜ばないと。
    \ / /  `― '     /



 これで漸く小動物並の生活から人並み以下の生活が出来る、そう考えただけで涙が止まらなかった。


69 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:21:13 ID:nzFY1R2E





         ____
       /     \     こっちの方は火炎魔法の書かお・・・
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \  まだ読めないけど、これで攻撃魔法が使えれば武器の節約ができるお・・・
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /  でも普通にステータスが上がらなかった以上、やっぱりウサギとか倒さないと・・・
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./


70 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:21:44 ID:nzFY1R2E



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   あれは運が良かっただけ、死ぬ気だったからいけた・・・
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )  でも次行けるとは限らない・・・やる夫は弱い、弱いんだから・・・
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



 一度染み付いた恐怖はそう簡単に取れるものではなかった。

 魔法が使えるようになったという事も、喜びは多いが慢心を生むことはなかった。



71 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:22:08 ID:nzFY1R2E





         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\  ・・・ひとまずは食料を集めることに専念しないと・・・
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |  てか、生活魔法の土って、地味に使い道ないし・・・水と火は凄く役立つけど。
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、 風はうちわでよくね?
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


72 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:22:54 ID:nzFY1R2E


―【灯火】発動、小さな火が灯った





               ___
              /      \      焚き火・・・あったかいお・・・
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\  長い詠唱とかなくて良かった、これならすぐに使えるし。
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /   明日は小さな動物や魚集めに専念しよう。
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',   何はともあれ・・・まずは食べ物を手に入れないと
          :、_     )  ( ̄ _丿
          |   /  ̄`i  / ̄  `i
          |      |     ,    |
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/
          (__)  、__)



 この世界にきて初めて感じる火のありがたみ、恐怖はまだあるが、生きる希望が漸く見え始めた・・・


―続く予定


74 名前: ◆tC1gMIWp2k[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:24:25 ID:nzFY1R2E


 し、心臓がバクバクいってます・・・と、とりあえず今日はこれで終了です。

 見ていた皆様、駄文にお付き合い頂き、有難うございました。

 続きは未定です。書きたいけど、時間が・・・(涙


75 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで@三周年企画に参加された方、ありがとうございました。[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 21:33:19 ID:MyiRviwM
乙です。
魔法を覚えてまずは一歩前進か。

77 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで@三周年企画に参加された方、ありがとうございました。[sage] 投稿日:2014/06/02(月) 22:50:02 ID:9NYaoXxI

このやる夫は見てて心が痛くなってくるなw
その分、前に進めた時の喜びも共感できるけど

78 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで@三周年企画に参加された方、ありがとうございました。[sage] 投稿日:2014/06/03(火) 00:19:14 ID:YYiQq.xM


面白そうなので完結を祈る

79 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで@三周年企画に参加された方、ありがとうございました。[sage] 投稿日:2014/06/03(火) 00:41:07 ID:e9xSvlLM

このやる夫はチート要素は無いけど努力次第で何とか生きていけそうだから
コツコツと成長して欲しいな

80 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで@三周年企画に参加された方、ありがとうございました。[sage] 投稿日:2014/06/03(火) 02:29:54 ID:nwZrx5rg
乙、好きな雰囲気だ
ちょっとずつ強くなって、人助けしたいな

81 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで@三周年企画に参加された方、ありがとうございました。[sage] 投稿日:2014/06/03(火) 10:56:49 ID:pWIQbNJ2

チートもない、アイテムもない、仲間もない…ないない尽くしのやる夫の明日はどっちだ!
関連記事
1761 :名無しさん:2014/07/09(水) 21:47:20 ID:-[ ]
最終的にはチート無双になりそうな気配がするけどどうかな?
まあ魔法が出てるしな。
1971 :日常の名無しさん:2014/08/01(金) 14:54:48 ID:-[ ]
最初からチートよりも過程を見てるほうが楽しいのは俺だけ?
2011 :日常の名無しさん:2014/08/06(水) 23:11:51 ID:-[ ]
ある程度強くなったときに読み返して
「強くなったなあ」と感慨深くなるの割と好きよ
2130 :日常の名無しさん:2014/08/17(日) 12:39:20 ID:-[ ]
特殊技能持ってるだけマシだな
異世界リアルサバイバルだとニートじゃ生き残れん
3163 :日常の名無しさん:2014/11/17(月) 23:24:04 ID:-[ ]
こういうサバイバル要素?が入った話の立ち上がりとしては充分チートというか、希望に満ち溢れてる気はするよ
文字読めない、敵にはダメージ与えられない、生き抜く知恵ない、魔法なんてもってのほか、なんて絶望的状況もあったりするしね
つかいっかくうさぎなめんなw
4222 :名無しの壺さん:2015/03/12(木) 08:07:40 ID:-[ ]
ニートじゃなくても生き残れんよ
サラリーマンなんて技能0だからね、会社の歯車なだけであって
自衛隊(ガチ)とか特殊部隊しか無理っしょ
4256 :名無しさん@ニュース2ch:2015/03/15(日) 02:43:20 ID:-[ ]
チート云々関係なしに応援したくなるようなやる夫だから好感持てるわ
5210 :日常の名無しさん:2015/06/09(火) 15:16:44 ID:-[ ]
フロム・ソフトウェアの名作にダガー一本で巨大イカだらけの海岸からスタートする奴があったな
5629 :日常の名無しさん:2015/07/05(日) 22:06:04 ID:mQop/nM.[ 編集 ]
チートで一足飛びに進むのも、地道に一歩一歩進んでいくのもどちらもいい
前に上に進む姿が面白い
ワープし始めると敬遠したくなるけど
6350 :日常の名無しさん:2015/08/28(金) 10:20:47 ID:-[ ]
小説版連載開始記念に。
全てはここから始まったっ……!
8485 ::2016/01/28(木) 02:08:46 ID:[ ]
このコメントは管理者の承認待ちです
13484 :日常の名無しさん:2017/03/09(木) 13:50:35 ID:-[ ]
一週目は何回読んでも面白いなぁ・・・
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫のオウガバトル64 第4話 進むべき道 後編 (11/17)
  • アカガネ山のやる夫 お話その6:カミングアウト (11/17)
  • アカガネ山のやる夫 お話その5:女神の目覚め (11/17)
  • 国際的な小咄 5938 中国人笑顔 (11/17)
  • 国際的な小咄 5937 あれ? って思った(By韓国人) (11/17)
  • 国際的な小咄 5936 ちょっと待って、ここまで言われたのは初めて! (11/17)
  • 国際的な小咄 5935 親の得意料理 ~スイス~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5934 風邪になったら ~中国編~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5933 他の大学の奴から聞いたトラブル (11/17)
  • やる夫はギルドを経営するようです 26話 出会いと別れとストーカー (11/17)
  • カーきゃん□ 19回目 「夏キャンに行こう 【まずは茅野までの旅路】 ~なでりん編②~」 (11/17)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第七話 「遭逢する幻界のイド」 (11/17)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 12 (11/17)
  • エデン 第四話:「私の想う幸せ」 (11/17)
  • 国際的な小咄 5932 一度イッチがハーレム物を書いたことがある (11/16)
  • 国際的な小咄 5931 もしもイッチが転生したら、という与太話 (11/16)
  • 国際的な小咄 5930 ギフテッド教育のいい点悪い点 (11/16)
  • 国際的な小咄 5929 韓国の服 (11/16)
  • 国際的な小咄 5928 二極化するやーつー (11/16)
  • 国際的な小咄 5927 少なくとも日本国内でのイスラムの見方に大きく影響を与えた事件 (11/16)
  • 目次 アカガネ山のやる夫 (11/16)
  • アカガネ山のやる夫 第3話 (11/16)
  • アカガネ山のやる夫 ちょっとした補足 (11/16)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 11 生死の問題 Part3 (11/16)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 197 《DAY202》 ~ 《DAY203》 (11/16)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第17話 「人生、たまにははじけた方がいい」 (11/16)
  • 国際的な小咄 5926 米国の赤狩り ヒスパニック目線 (11/16)
  • 国際的な小咄 5925 実はこんなメールが来てた (11/16)
  • 国際的な小咄 5924 イスラムの国から買うならおすすめのも (11/16)
  • 国際的な小咄 5923 性的文化が違う (11/16)
  • 国際的な小咄 5922 オーストラリアから見たインドネシアと日本 (11/16)
  • 国際的な小咄 5921 雨イジングスパイダーマン (11/16)
  • アメリカンヒーローアカデミア 33 (11/16)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #58 (11/16)
  • ロケッ都団が征く!! 第十七話:絶対就活戦線ウルク (11/16)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第13話「救え!白き魔道士 挫け!黒き魔道士」 (11/16)
  • やる弟切草 埋めネタ ピンクのしおり (11/16)
  • やる弟切草 最終話 (11/16)
  • 国際的な小咄 5920 ド正論火の玉ストレート (11/15)
  • 国際的な小咄 5919 入管のはなし (11/15)
  • 国際的な小咄 5918 海外の靴磨き (11/15)
  • 国際的な小咄 5917 韓国の豚コレラ (11/15)
  • 国際的な小咄 5916 中国人「ああああああああああああああ、チョコオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!」 (11/15)
  • 目次 やる夫は光を目指すようです (11/15)
  • やる夫は光を目指すようです 第三話 「湧く泉にも水涸れあり」 前編 (11/15)
  • やる夫は光を目指すようです 第二話 「トレインパニック」 後編 (11/15)
  • やる夫は光を目指すようです 第二話 「トレインパニック」 前編 (11/15)
  • やる夫は光を目指すようです 第一話 「運命のプラグイン」 (11/15)
  • BLUE METAL 第六話 「 死の稜線 」 (11/15)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ