スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

読者投稿:ファイザーの『mRNAワクチン』って何? 解説しよう!

目次 国際的な小咄

6259 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:14:37 ID:D5MXPOkI


読者投稿 ファイザーの『mRNAワクチン』って何? 解説しよう!

                ,
              〈 | __
          _ -=ニニニ(_ノ´
         7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iマiヽ
       ' /i:i:i:i、i:i:i:iヽi:i_i:i:}`
        /i:i:(i:i:i:マi:i:_i:}i fマ:i!              今月中にも開始される、新型コロナウイルスのワクチン接種
         Ⅶ、__  __}:i r/:i:i}_
         }i:〉、 '_ _ "/,:}i:i/  ヽ           mRNAワクチンという新たなタイプのワクチンが目につきます
         _ ./ > イ/ }〈    ∨
        ∠_,__i{_Y-==- 、  Y
      / ./ / 了         |.、         ですが
      i   / / ∥         √∨
      |.  !.〈. ∥          ′ 丶        「そもそもmRNAって何だよ!解説読んでも分からん!」
.       、 乂丶_、         /イ   },
       \  フ Y       /  N  _.ハ       という方も多いと思います
         ̄   ト _ <     |ニv'ニニニ',
             7ァr _ 斗'ニニ/ニニニ、
             ,/:/!ニニ|ニニニニニ/ニニニニ      なので、ちょっと噛み砕いて解説させていただきます
            √{::|ニニ|ニニ7ニニニニニニニ|
            ∥ーゞ―ニニ'ニニニニニニニニ
           ∥ニニニニ|ニニニニニニニニニニニ|




       ○----●
        ○--●
         ●
        .●--○
       ●----○        「遺伝子」や「DNA」という単語はご存知かと思います
       ●----- ○
       ●----○
        ●--○         これら遺伝子やDNAは、生命の設計図と言われています
         ○
        ○--●
       ○----.●
       ○.----- ●        人間の身体も、そしてウイルスも
       ○----●
        ○--●
         ●           遺伝子という設計図を元に作られています
        .●--○
       ●----○
       ●----- ○

.





6262 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:16:09 ID:D5MXPOkI




            _ -=ニニニニ=- _  _ - ァ
           /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`i:i:i:i:i:i:<   j
          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:ー<
         ∥i:i:i:i:i:i、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i:i',i:i:、
          'i:i:i:i:i、i:i:i マ> ´ ̄ ̄.|:i:i:i:i:_i:|i:i:〉
         i:i:i:i:i:i| マ "     /んう|:i:|Y  Y"        さて、その遺伝子ですが、人間においては
         |Wi:ir -==、    らソji:i!  /
         i{иi;i、{ らソ  、    ' ,、ィi:i{        細胞の「核」の部分に収納されてます
          |i:i:ム      、   /!i:i:i:i:i:、
          jW:> \   ゝ '  .イ |i:i:i:i:i:i:iヽ
       -、   "  |i:i:≧- __ イ / >i:i:i:i:i:i/、_
        Ⅶ       |i:i7i:i:i:i:〉. / / /!i:i:イ    ̄  、
        .Ⅶ     乂i:i:i:/∧/ /  /::Yッ        / \
      r 、.Ⅶ    _ /i:i:i/::! ∨  /::::::|:i:',             、
      ノ 、 Ⅶ   -   7!|:::| /  /::::::::/hi!             ∨
     { 、 ヽ∨〉/     i:i:i!::!./  /::::::::/. 爪              ∨





遺伝子のイメージ           _
                ,..:::´::::二:::r-ミ::::::、
               /::/´   {_`oく ̄ }
              ./::::/_人_ノ::`ー'/ /! ト、ノ
             /:::::{:::::::::::::::::::、::::_`'::ヘイ::::i`ヽ‐- 、
             !::::::{::':"ハ´:::j!::__ハ::::ノ:::::::::ト、_ヽ¬`
             {::::::i::=≠、_( ¨¨っ) !:::::::::::.  }
             ハ::::(つ_ノ '   ̄   i::i::::::::::!  !          核(ここ)で一生過ごす
             {::::,::::!、  .(ー---´ソ ,::::::::::::ノi ⌒ヽ
             o::o::::;> 、 ̄ ̄ , イ:ノ::::イ:::o!   !        外に出たら負けだと思ってる
       _ - ‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二フo:::ヽ   l
     {辷――――――――――≦ ´ -‐"´ ヾ::::::.  .!
     '  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      :::::::::. ヘ
     .l                  !       :::::::::. .ヘ
    .j                   :       ::::::::::::.  ヽ、
   /                   :       、:::::::::ヽ  ` - 、
  /                     、       ゝ::::::::::::>_ ノ
  弋 ___                ヽ     _ -‐"````
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―――`  ̄

.


6265 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:17:20 ID:W9oRbNZQ

これは分かり易く解説する流れの雰囲気
転写のキャラ化かな


6267 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:17:40 ID:z9Z5af9E

これは間違いなく引きこもるw


6268 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:17:56 ID:D5MXPOkI



                _
         i>≦i:i:i:i:i:〕iト.,
.     ヽ ̄ ̄'i:i:i:i:i:i:i:i:´i:i:i:i:i:i\
       〉__/i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:ィi:i:i:i:i:i:i',
     〈i:i:iノi:i:i:i:i:i/i:iニ ー―Li:i:}
       /Li:i:i/ vi:i:i:!ソ`  ヒソ i
     '  i:i:丶 丶{   '   }!
       Ⅶi:i:i:i`   _  イ」      ですが、遺伝子は生命の設計図
          ]i:i:i:i',\∧ー "
       / ⌒ヾr,\|!:〉          ずっと引きこもっていられたら、
       ,      ヾ. }!ヾ,
.     /        i:|! }」         人体は傷を治したり成長したりできなくなります
.     ,       \ i:|! | ゙,
.     |      ∨' ,  iヽ
.     |        .∨/  .| !
.    /        ∨  f_\
    i    _ 斗――>―"=-、`ヽ
    丶            ∧ ∨ }!





タンパク質を合成して、人間の身体を作る工場(リボソーム)のイメージ


       ,.y __                         r-、r=、__
     ,-/ {{i´r//}        z--、ヾ、 /ヽ、       < ヽ Y Ⅵ ト ヽ
    {      〈        /  \∨/  \        /,′     /
    ト、_   ,. - ≧   ./   /ニニニニ:、 \    7 ̄: ` :ト、/
       >'´: : : : : :',  /  /`ー ミ元ヲ'´ ∨ ヘ  7: : : : : : : :.`Y
      ',: : : : : : : : :', .// ,イ `ー '´ニ`ー '´Vハヾ 7: : : : : : : : : 7
.         ',: : : : : : : : :',Ⅵ /:i  「 ̄ ̄ ̄ ̄`i |、 ' 7: : : : : : : : : 7
       ',: : : : : : : : :', },{ (!  |VVVVVVⅥ |', |7: : : : : : : : : 7
        ',: : : : : : : : :', | Y  |:::::::::::::::::::::::::::! レリ.': : : : : : : : : 7
        ',: : : : : : : : :',:/.i  !:::::::::::::::::::::::::::| | ': : : : : : : : : 7
         ∨: : : : : : : :ト、ヘ│:::::::::::::::::::::::::::! 从: : : : : : : : :./      てめー外出ろ!
         ∨: : : : : : : i: Y`!:::::::::::::::::::::::::::::i': :i: : : : : : : : :/
          ∨: : : : : : :i: : :ト、∧∧∧∧∧|: i: : : : : : : :./        こっち来いやコラァ!
           ∨: : : : : : i: :.|           |:.i: : : : : : : /
            ∨: : : : : i: └┬:┬┬─r:.┘!: : : : : : /
            ∨: : : : :',: :..:.|//! |//|: : :,': : : : : :/          設計図がなきゃ、俺(工場)が
            ,': : : : : : :',: :..|//! |//|: :,': : : : : : {
            i: : : : : : : : ゙,.:.|//! |//|:/: : : : : : : |          仕事できねーじゃねーか!
            i: : : : : : : : : : j//.∧i///!: : : : : : : : :i
            |: : : : : : : : : /i/./:::∧//ハ: : : : : : : : :i

.


6272 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:19:13 ID:D5MXPOkI




           /::::::::::::::::::ノ ̄/V
遺伝子      /:::/~~~ヽ_/r-x ̄乂
         ´::::::´_ノ ̄ ̄ヽ/ヽーう_/
        /::::::/:/:::|::::::::::::::廴/::f^ヽ|
       ,:::::::::|´戊ヌ从从r符ミ::/ヘ八
       |:::::::::,0。Vソ///乂_ソ ,::::::/::::::,
       |:::::::::| /~~!~。0/:::::,)::::::|
       人:::::::\\...............|../::::::/:::::::〈       うひゃぁぁぁぁっ!?
        \:::从f^ヽ―≦,:::::/ヽ::::::::::,
        /f´ ⌒ヽ-ン^ヽ´ (  |::::::::::::,     いや!引きこもってたい!
        /〈    У    ヽ) 、::::::::::,
       ./人≧―r `、    人 〈:::::::::,:::,
      ,:::i::::::≧――ノ二二二ノf^Y|::::::::| :,    遺伝子(わたし)のコピー持っていっていいから許して!?
       |:::|::::::_」^/:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ、__,::::::::!  ,
       |:::|::::::ヲ-f:i:i:i∧:i:i:i:i:i:i:i:i:/\ レ┐  |
     从:: 、::ヽ ∧/ ∨\:i/ \ ー´::!  !
       \\∧ / | \/ \ /\::! 从




            _ -====- _
        r  _v i:i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶
        ヽ__7i:i:i:i:i:7i:i:i:_/!i:i:i:iトi:i:i',
        〈i:i:i|i:i:i:i:i7i:i{-= 、"―_寸}!
        Yi:|i:i/` |i:i:!らリ  紗/i:|        ………こうして、遺伝子はコピーを生産工場に渡します
         '''7i:i.、 ⌒     ' :!i:i:!
          |i:i:i:i:7丶.   - / 丶
          {i:i:i:i:ト   >  イ          ただまあ、遺伝子ってむちゃくちゃ長いので
        _ / `寸!\ /|i:',_
      /     Y|:\ 丶!}i \         必要な部分だけ短くコピったほうが効率的って理由もあります
     /      φ::::::v ::E- ̄',
     ,       }:i! У,:::ii:i!ミ !}、
     |     \ '" / /:::|'" ∧ }ヽ ト _     そして、その短いコピーこそがmRNA(メッセンジャーRNA)です
     |       丶./ /:::::|  |:::リ  }   Y

.


6274 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:20:05 ID:W9oRbNZQ

これは分かり易い


6276 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:21:11 ID:D5MXPOkI



mRNAのイメージ


          /: : :./: : : :/: : :/ : ハ: : :.|ヽ: : :i: : :ヽ i
         /: : :/: : : :/: ://:/  }: : ,'  ',: :|: : : Ⅵ
         ノi⌒ヽ : : //__\   /: , '  , '|:∧ : : : |
       /:.ハ  ,: :/ ィら汀 ヽ // /_   |: : : :|
      / .:.:.:ヘ  ∨_ 〈弋_ソ      r=ミ、 }: : : :|
     ∠ イ:/ ,}ィ´⌒ヽ           ` ∧: : ∧
         {    _〉、      '      //∧∧:.' ,
          〉 `¨´   」   「  フ    , 'イ:/    \!
          〈  ー―‐'´}ヽ、 ⌒    /
       _/ ヘ       ノ  ` -‐ ァ7 ´
     / /  「ハ  ー '´}    |_           お待たせしました!
    j/ /   ヘ ヽ    イ |i  , ヽ_ ̄ヽ、
    | /     ヾ `<   /∧'´  -‐ミ|   \      設計図です!



            ー=ミ
リボソーム        ' ハ
             , へⅥ ,. へ
           /    ヽ/     、
.           /    /ヾヽ∠ヘ     \          待て
         , '     /      V    ヽ
        /      /       _',    ハ        いや、情報(中の人)は完全に同じだが!
.        /      ト .,  i  i、/ ', i    i
.      '  ,    Ⅵ- 、`''   `' r ⌒ !V   i        なんか色々と違くないか!?
.      j /!   l {   }    乂__,リ .l.    |}
     /  |   l ゞ='’          l   |
        |   !            u i   Ⅳ
        | ,:i l          _,、  ,i /ヽ   ハ/{_
.         j/,ハ |ヘ  ⊂ニ===ニ二- ' 人/ }./_   !        ※mRNAとDNAは『情報は』同じなのだが、
          ',! >.     _,. イ7≦ヽ´ ゙Y,、ヾ__,
          , --{==ヘ─‐j fニニ{=┐: : : 「ヽ '⌒フ        鏡合わせのように精密な正反対となっている
    _}ヽハィ,∠_: : rVニ=ム', l l二二ニ/: : ト、ノ    ヽ
   ≧      ーz_∨ニ=ム', l l二ニ=/:.r‐'      ,.

.


6279 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:22:44 ID:D5MXPOkI




          _ -=ニニニ=- 、
     _ ―,:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
     `\ /i:i:i:'i:i:i:∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
      {i;i;7i:i:/i:i:i:__!-Ⅶi:}_}i:i:i:i:}  、
      乂{i:i7i:i:i:i| _    _, 、|:i:i:i!
       /i:i{r 守{'らリ    紗}:i斗
         ̄人丶`     '  7'
          ,}7:ト    -  イ{、         つまり、DNAは人間の設計図の『原本』でしかなく
         _/|i:i∧、 > イ/、i:i::ト
       /' |i:7:∧ 、  ./':::}寸! Y      実際には、mRNA(必要箇所だけのコピー)を参照して
      /    マ! ',:∧ 、.//::::! |!  |
     /     Y:i ',::::::<./:::::,  リ  .Y     人体は成長や修復を行ってるわけです
    ,      、 マ,、',:::::/:::::/  ,}!  |
            爪.〉'::::::/  7"   !



            _ -=ニニニニ=- _  _ - ァ
           /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`i:i:i:i:i:i:<   j
          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:ー<
         ∥i:i:i:i:i:i、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i:i',i:i:、
          'i:i:i:i:i、i:i:i マ> ´ ̄ ̄.|:i:i:i:i:_i:|i:i:〉
         i:i:i:i:i:i| マ "     /んう|:i:|Y  Y"
         |Wi:ir -==、    らソji:i!  /          さて、では本題
         i{иi;i、{ らソ  、    ' ,、ィi:i{
          |i:i:ム      、   /!i:i:i:i:i:、         mRNAワクチンについてです
          jW:> \   ゝ '  .イ |i:i:i:i:i:i:iヽ
       -、   "  |i:i:≧- __ イ / >i:i:i:i:i:i/、_
        Ⅶ       |i:i7i:i:i:i:〉. / / /!i:i:イ    ̄
        .Ⅶ     乂i:i:i:/∧/ /  /::Yッ          先ほどまで登場してた、タンパク質工場のリボソーム
      r 、.Ⅶ    _ /i:i:i/::! ∨  /::::::|:i:',
      ノ 、 Ⅶ   -   7!|:::| /  /::::::::/hi!         彼が主役です
     { 、 ヽ∨〉/     i:i:i!::!./  /::::::::/. 爪




     ,、-'´  -‐'''"´イ /-―‐、
   /        /ミ、/彡!  ヽ
  /        / /‐―z'=|   ',
  /        /| /    | |   ',
 i  |      / | /       | |!
 l.,、-!     /ニ|/     ,||-|   l
 ',,= i     /´, Tヾ   ィ-ァ- !  l
 / -|    /ヽ-'|     じ'  |  l
 l (!    /` ー' ´    ヽ- イ  l
 ヽ、」   /       l    | .l
  r'´ l ハ /            | i
. r┘ l ヽト-、._ ,、-‐――-、_,ィ/ |/
┘ r-、ヘ└‐‐‐`‐‐、..._,,、r‐'-ュ___      ← リボソーム
ヽr┘  `ヽ,:::::::::::::| |:::::::/::// / l
-'   ‐--、_\:::::::ヽ'、 ヽ!//  `''i_      人体のあらゆるタンパク質を合成できる

.


6284 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:24:14 ID:D5MXPOkI




    丶   i
   ‐-  、___    _______    , -‐‐r
  ─   キ   `>'´       `ヽ/  ,メ
       ヽ /            \  /      「先ほどまで、リボソームが使っていた
         V     /i  ト、       〈
       /  /__/ l  l \_  \',       設計図は、人体のmRNAでした」
  _rvク  ,/  /´i /` l  l ´ \`     ヽ
  て_.う/   /,r===、    ,r===x  \ \ rvっ
   <ー-‐イ ハ′    `   ´     `ト、  \_乙  う
     \  \| // , ‐--‐、 /i/ i_ノ ̄ ̄ く⌒′
      \  ゝ、  {      i   ノ〉     /
       \   仄ゝ ____ノイ´/   /
            \i /  \_し___/ i  /       ← 人体のmRNA
          /  ,r─'人\  ヽl/
           /   ̄ ̄  \〉  ',






                                    「しかし、ここで使われる設計図が
                      _
         , 、            \ ` -、_           人体のmRNAでなく、
       //               ゝ:::::::::|__
     __ノ::/    //         |ヽ \::::ヽ:::\        『敵コロナウイルスの一部パーツ』
     |::::::|   /:::l          |:::::|_ゝ::::▽:::〉
    /::::::`ーノ:::::l           \__:::::::::::::::/        の設計図だったら?」
    \::::::::::::/ ̄              ̄\::::\
     /:::::::/                     \:::\
     /::::::/                          \:::\
    /:::::/     ∧        .∧        }:::::::}
    /::::/      |::::|.r-──---、|::::|        }::::::::}
  . /::::/      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       /:::/
   \:\    /:::::::::::::○:::::::::○::::::::\    /::/
     ヽ:::_`.‐/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /::/
       \::|:::/(:::ヽ ̄V ̄ ̄V ̄ノ::::)\:::|::::/        ← 人体のmRNA(?)
        \ヘ:: ヽ::\     /::/ /:::∨:/
         `ニ=\:::`ー―´:::/:::::::::::<            ……ではなく、ウイルスの一部分の設計図
             \:::::::::::::::::|   ̄ ̄

.


6288 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:25:55 ID:D5MXPOkI




                       ,.ィ . ̄ ̄ `ヽ
リボソーム               ,ィ弋   ,' _  .`YYYヽ     ,,―- .、
                    _/ \`./\.,、`ヽ、`ヽ!下YYー<      >,、
            ____/   /./`Y´|∧ \ \l_ l人リノ: : : : : : : : : : : : : : : \
.       ,,< ̄: : : : : : :.:::.://| ./l/、  ll,.ィ∨ ∨.Y\!\: : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
     /. : : : : : : : : : : : : : :/l: : |/i.伐ヌ   lj,ィ圦  ∨ /: : : Y: : : : : : : : : : : : : : : : :.:∧
.   / . : : : : : : : : : : : : : : : :| : :! .∧  ;     ! / /:: :: : :.|: : : : : : : : : : : : : :.     ∧
   /,,――<  : : : : : : : : : : l : :∨!ノ\_-=≡/!./ /: : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.    ∧
          \  .: : : : : :.:/ . : ::∧  |又千ヲ/1 . / : : : : l.:.: : :  : : : : : : : : : :     ∧
           \  .: :.::./ : : . |.∧.人 `Y´ _| . |   `ー: :〉.: : :    : : : : :.       ∧
             `'<_l . : //く . \ \   .\! : : : :./.:.: : :     : :: .          ∧
                /| . : : :l: : .\ \ \ ,' | : :: :/.: : : : :           >―- 、 ∧
         \/     ./: :/ : : : |: .: . ∧. .__∧ .! : : .|____     >'’      \ |
   \    /     ./: :〈   : : :.|: : :.::.:..∨_>r'´∨l  : : |: : : : : :.:|  `ー ´          ∨
    ∧         〈: :: : l  ..:::.::| ,, '´ ̄: : ./  ./  : . .!: : : : : : |
.     \|:   .∨ \: :! : : :. |_,,< ̄/    l   : . .|: : : : : :.:|     ./
. >.、 _  _/ヾ   /    .∨ : : : :|弋: ::::::::::/ i!  |    : ! : :..:.: |  ∨ /
   \_ 戈.  /     |___ .!   ̄ ̄.   _.   |   . : :|  : :   |  |/\       タンパク質工場であるリボソームは
   /     ∧, -= ,,<戈   .∧戈   /     |   : : :|     /       >
        \/  ,イ戈>八≧ノ l.  /   /!,.ィト=<ニト==-イ /  /       『敵コロナウイルスの一部パーツ』
.          弋  `ヽ!,.イノ ̄弋_ツ.∠    ./././_    \ \,.イ    |/
           ><       ,.イ ̄`ヽ,.イ.i.弋/ | |! | 弋ノ .》-、    /\       を設計図どおりに生産します
         /      ̄   ̄    ̄ ̄ 戈.     し'レ弋ノ ,.イ  .\/
                          `ー = -  -<_ /           精密に、そして大量に……



            _,,..、、、、、..,,_
         、-''".:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `丶、
       //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:`、
      .:'.:.:.:.:.:.:.:|..|.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:. /. `、
     /.:.:. |.:.:.:.:.:|.:|   |     ∨ /:.:.:. __     そうして作られた、『敵コロナウイルスの一部パーツ』
    .:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|./.:.:.:|.:\.:.:.:|.:.:.:∨.:.:.:..〈 / /
    i______r---  ̄ ̄ ――:|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|_/
    |.:.:. .:.| __    ________|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|_〉      人体が自ら作ったものであるにも関わらず、
    |:.:.:.(.:| |'//|     | //| |.:.:.:.:|⌒Y.: |」
    | .:.:.: j   ̄   `   ̄ /⌒(  八(        人体の免疫機能はそれを敵と認識
      ̄:八     __       --く|
       个 .,_  ヽノ   イ.:./:ノ         攻撃&データ収集を行い、抗体が作られます
         |.:.:./| | ̄/ /:./:/
          厂|  | |// ロ'⌒ \
         / ||  |//   |.:|  |  ヽ         ……まぁ、そもそも元・風邪ウイルスの一部分ですしね
        ノ  .|| /:::::/  L( /     |

.


6292 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:27:30 ID:D5MXPOkI




                       ,
            _、 ::''"~ ̄~~~"''.:<(
           / :..:|:   \.. \  \
           .:'.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:| .:.: | :.:.:. |\.:.: \
        /:..:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.:|⌒.:|∧.:.:|⌒ .:.:.:.. \
         //:.:|.:.:.:.:|__/  ̄  ⌒  \.:.:∨:〉          以上がmRNAワクチンの仕組みです
    _/⌒.:.:.:. /|.:.:.:.:|.ィ芥笊    ィ芥㍉ハ.:.|/
  ⌒\ \ |.:. / :|.:.:.:八 乂;ツ    Vツ/|.:.八            標的の一部パーツの設計図を送り込み、
     7.:/|.:/.:rへ.:.:.:.:.\:/:/:   i〉 :/:/:.|/ |:.:〉
.     〈.:.:. |〈.:.:{(八  ̄ ̄     . ‐┐  八/            人体に標的を合成させるわけですね
      \_.:ノ人_^ヽ       (  Y   /|     ______
       |.:./|.:.:| ̄八\       .イ.:.\-=ニ〔      |
        '⌒:|.:.:|.:.:(.:.∧   =- --く|.:|.:.:.:.: \  \_ -==-
          |.:.:|.:.:.:\ム     / / ̄ /⌒ 〇、 ∨-_-.|.-     ………ここで
           八.:.:.:.:.:.:.: \ハ   //√ニ/      O 〈 -_ |-
        ⌒> _.:.:.:.:.:.: ) \//  √(\ /|    ).:..Y-_|-_      「それならウイルスのパーツを
         /| /|ニニ/::((O //  /:{_\ _ヽ|  ___彡ヘ-|-
         , |  _/_\:人:(   .:〈_      \   |/\        直接注射したら良くない?」
         _| |r←―‐<::::::O /::::〔 ̄      ∨____/
       | _/  二二V:::/::::〉::::::::Y ___   ∨~\_      と思った人は鋭いです
      _,/    ⌒ニL}::/⌒::::::/ └く--( 八   |  \\




                _,,..、、、、、..,,_
              .、-''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.~:''~、、
           /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:\
          .:'  :/.:.::'.:.:.:.:.:.:.:. \.:\.:\.:.:.\(\
        __/ :/ : : : |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:\.:\.:\.:.:.\
         ∨/ .: .: .: .|.:.:.:.:.:|.:.: \.:.:. \/_:ハ.:.:. (\
         |  . : .:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:\\.:.:.:.〉  |:.:/.:.\
        _| .:/.:.:.:/.:.|.:.:.:.:.:.\___/  ̄   _ノ∨.:/):/    mRNAワクチンの最大のポイントは
        |八_/ :/..:.:.: |.:.:.:.::..: \       ┐.:V:/
       ノ /|.:.:.:.:.:.:/ 」:、.:.:.:.:.:.:.:.:\_,ノ^      }      『細胞の内部で』
     <  /人: ̄八 ( \.:(\ .:.:.:.:/::/:/:  ノ ,'
       ̄(.:.:.:.:\.:.:.:.\_^__\  ̄   r___ '_/ _      ウイルスのパーツが作られることなのです
         て ノ|.:.:.:.:.:.:\} ニ-  _  ⊂/ / // ノ、
          /_:|.:.:\.:.:.:. \    / ̄ |¬ー(_人 |
          /  \_\___\ ∧ |〈 i 〈   '_

.


6294 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:28:17 ID:ZCNOyapY

??一郎「俺たちが正義だ!!」
マイ??「Believe Your Justice」


6298 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:29:19 ID:D5MXPOkI




               ''"゚~ ̄~"''~、、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:./⌒\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ~"''~、、 .:.\             ウイルスには、他の生物の細胞に入り込み、
           / .:.:. //.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:\
         ' :. /.::'.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ .:.:.:.            その中で増殖するという特徴があります
          {/. :/ ..:.:.:.:.| :|:∧ .:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:|
          /.:.:.:./.:.:.|.:.:.:.:| :|  |.:.:.:.:.:.| |.:. | .:.:.:.:.:.:.\__))
       /.:.:.:./ .:.:.:|.:.:.:.:|八 j .:.:.:.. | |.:. | .:.:.| .:.:.:. | ̄ ̄        それらウイルスや、
        /.:| .:/:|.:.:.:.:|__/⌒\ ̄ ̄/⌒⌒''|.:.: |:|:|\
     /' | :Y |.:.:.:.:| __        __ |.:.: |:|:|_          細胞そのものが敵へと変貌する癌に対抗すべく
      |:  |.八.| .:.:. 《⌒)ハヽ     〃)ハ^》|.:.: |:|:|/\
      |:/|.:.:..:\.:.八 乂ツ      乂ツ  厂.:|.:// \       『細胞内の敵を、免疫システムに報告する』
     /  :|.:|.:.:.:.:.: 〈⌒/:/:/   、  :/:/: /.:.:./    |
  /     |.:|.:.:.:.:.:.|.:〉.、            イ.:/      |       という機能が人体に備わってます
   /    八.:.:.:.:.:.:.|//个 . ⊂  ' /(..:/ /    _.、-''"〉
  〈    |: \.:.:.:/|  〕| >  _ イ  〔,,,〕/ _.、-''"_.、-''"|
   \   |   〔__,〕|   \    /   〔_,〕 _.、-''"    人
   ̄\   |__〔__,〕|___)__/   /.:.// ̄ ̄ ̄ ̄\,〉    ※MHC(主要組織適合遺伝子複合体)クラス1
   ̄ ̄\ノ   \';';';';';';';';';';';'';o;\ //              〈     というのが活躍します
   _,/ \\  Y ̄ ̄/ ヽ:__》ノ  |  / ̄\' ̄ ̄ ̄ ̄|






          /:/: : :>-----<: : :.',: : ∨  ハ    ←MHCクラス1の抗原提示で
         〈: : :{: : /:::::::、:::::::::::::::ミ、: }: : :.i ./ ハ     殺る気マックスの免疫細胞
         ∨:./ィ  ̄ 、:',::::::::: -- 、:.、: :.|∨/ }
          ∨:::::::、 ゚ ..ノ:::}_::::::、 ・  V\:!'/  /   \_人_人_人_人_人_人_人_人_/
         r├ 、:::::::::::彡/ \:::::ー.::':::::::K ∨     )               (
         j ハ j;;;ハ;;;}  〈  };;;;r;;;;;;;;;ィ;;ノ |_ -、    < ウイルスはどこじゃ!? >
        八.`i{;;;{ ;;j _ -- 、乂;;;;;;{,/::}}/ィ }}     )               (
         ゝiヽ;;;;) 「 ー― -ヽ };;;;;;;;r  } .ノ/    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
           ', };;: }//´:.ー.、_リ };;;ハj __ ィ `ヽ
           ∧じ .V{:_:_:_:_://  J  ノ:::{ .V  }
           ∧};} `こ二 ´   ./;;;;;;;  〉 ト、_
             ∧   ¨¨    /;;;;};;;;;;:{,/_  ト} `''<       ただ単にウイルスのパーツを注射するだけでは、
           /,,n`iー― =≦,,ノ;;;;;;し;;;;/;;;;;} | }    `
        > ´/;;;;;;} ハ ',   };;;ハ;;/;;;;;/;;;;;(  リ          ウイルスのパーツは細胞内にさほど入り込まず、
    __.> ´  /、^じ  .∧   {;;;V;;;;;;;;/_;;;;;;;;;} ト、
   //   r;;;} ,,i 、\. V }   };;;;;;;;;;;/;;;;;\;;;;し.! .\        ワクチンの効果は格段に落ちます
    {     /| /\.\|、_    し^//ヽ:::::ヽ';;;ト、  ー-
   |  |  _/  |/  |ヽ. }  ヽ  -//;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;|;;;}
  .|  |/    j  .| rー―=≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;|;;;し、        一方、設計図であるmRNAなら、細胞内にさえ
   |  | _ノ;;;  /ヽ ! ハ  n,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r ア;;;;;;;;;;;;;;;;メ
   i! i! (;;;;;ノ   しヘ;;;;ー、i  };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;{⌒         送り込めれば、元のmRNAの数十倍もの
  { i!  {;;;;;;} (;;;) };;;;;;;;;;i! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;乂
   V   };;;;;;ー.,,;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;r;;;ー―;;;;;;―---、      ウイルスのパーツを細胞内で製造可能です
    \  };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  }
     ヽ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;|、;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ー―;;'|
      } {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{  };;;;,,|       効果の差はとても大きいです

.


6304 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:32:43 ID:D5MXPOkI




             .:''"゚~~~"''~、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.\
         /.:|.:.|.:.: |.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.∨: ヽ__
         .:.:. |.:.|.:./|.:.:.:|、| :. |.:.:.|.:.:.:(_/
         |⌒|~~ ̄  ̄  ̄ |.:.:.|.:.:.:.:|
         |.:.(j 弋ラ   弋ラ..:..:|ヘ:.:/      「細胞内の敵を発見!」の報を受けると、
            ⌒( ' '  `  ' ' ⌒ _厂
          个   _ ▽  イ.:ノ         攻撃的な免疫細胞たちが殺る気になります
            |.:.:/う爪/.:/\
            /〕〔 |/〕:〔   ∧
              / 从(// j:从 / '.       感染してしまった細胞(内部でウイルス増殖中)や
          /  |//    /  |
           | \|/_   //⌒  |      血液中を漂うウイルスなどの敵を、積極的に攻撃し始めます
           |   |'⌒ /      |




           _ -=ニニ =- .._
         ///       ', ', ` <
       _____{ 免 疫 系     | |    ヽ
     /―- __ ̄ ̄ ̄   ミ、| |     Y
    /: : /: : : :/`'''ー―  ― \     | |
   /: : /: : イ::::::::} /::j从ハ  /  ≧z._|_}         敵「来いよ免疫!武器(抗体)なんか
   ,: : :/: : i }::::::::},ィ ¨¨T:::| /     __  \            捨ててかかってこい!」
   ,: : : : Y { /:、::::::::、・ ._ノ::::}/::| / ./}/ } }  ト
   {: : : :/{ 八・ }::--、ヽ;;;;{-''´ |/| ./ r .イ   }_ -、
    ̄/ 乂{i!:〈    じ   ト, }/ __/  .i  i         免疫細胞「やろう、ぶっ殺してやる!!」
    iハ 从{´   _  -、    };;i ,: : : :}从トト{/
      乂{八:  ',ー.7:\ n,};;{,/    |i  ./(_,,;;;;;;;;
            v/: : /} };;;;;/_,n   | ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \ ー― ' ;/};;;::::{    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/、    抗体が作られる前だろうが、
            ヽ.._ イ;;;;`ミ、J  /⌒/;;;;ノ;//
            .ィ /⌒};;;ノ  /\ { i≧x;;;;;{ ;//      免疫細胞が直に殴りに行きます
           / | .{ \    ハ  .| | / \//
            i i |  /\ }   / /;;;;;;;;;;;;;;;し;,、    これを『細胞性免疫』といいます
            | | | /  .}=-- ./ ..イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           /| | .ー'、ノ;;;;;;;;;;}  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ', | ノ;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;し,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




          ''"゚~ ̄~~"''~、、           インフルエンザのワクチンは
      / / .:.:.:.:| |.:.:.:.:.:.\.:.:.\
     .:'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.| |.:.:.:.: |:.:.|.:.:.:.:.:.\        『重症化は防げても、感染は防げない』と言われます
    /.:./ .:.:.:.:.|.:.:.:.:.|_|.:.:.:.: |.:.:| \.:.:.:.::.\
    .'.:./.:.:.|.:.:.:.|.:__|└――┘⌒\.:.:.:.:.|
 ̄ ̄|:/ .:.:.:|.:.:.:.| ,.斗=ミ     x=ミ,|\__|         ※現行のインフルエンザワクチン=不活化ワクチン
  ̄ |.:.:.:. /| .:.:.〃 ノハ      ノハ|.:.:.:.:.|
\__ノ.:./.: |.:.:.八 乂;ツ   . : :.、乂ツ|.:.:.:.:.|           感染(細胞内に侵入)する能力をもたない
  〈.:.:.:.:Y 八.:.:.:.:.:、            |.: |.:.:|
  ).:.: 八 (〈冖''⌒          八厂           安全ではあるが、細胞性免疫が誘導されない
  ⌒  |\__      rノ   イ
      |.:.: / : 个       /:ハ
      |.:./.:.:.:.:.|.:./{  =--  |_.:.:.: |          それと違いmRNAワクチンでは、重症を防ぐどころか
      |.:.:.:.:.:.:./.八    /〉Y.:.:|
      |.:.:.:.:.:/| |  \_/ /〔____〕\       『感染すらさせない』絶大な効果を期待できるのです
    /〔__〕 | | \/  / |:.:.:|   \
                             ↑の細胞性免疫が、感染前のウイルスすら殺しまくるのです

.


6305 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:33:04 ID:B40m5ip6

アンタ元ネタAA白血球やろw


6312 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:39:52 ID:D5MXPOkI




    〈  i:i:/i:i:i:/i:i:r'アi/i:i:i:i:i:!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:i:i:i:i:i:i寸j
.      、i:i:i/i:/i:i:i:i:i:/i:i:/i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:ii!i:i:i:i:ム、i:i:i:i:i:i:i∧
       \i:i:i:i:i:i_i:イi:i:i7i:i:i:i:i:i:i:i!i:i:i:i:i|Ⅶi:i:i:i!_マ、i:i:i:i:i:{ヽ        まだあります
       }i:',i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7i:i:i:i:!|i:i:ムマi:i:_{ 寸i:i:リ " 寸i:iム '
      ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i|ゞ―"       ,z- ,爪i:ト _        mRNAワクチンのもう一つの特徴は、開発スピード!
      〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!:i:i:i:i:', _ -- ,_    ィう:}!i , 'i:i:i:\ー
       マi:i:i:i:i:i:i,- 、{|i:i:i:i:i:i∨ら心 ヾ   、心' | ,/}i:i:i:}! ヽ
        トi:i:i:i:7 f 、 守i:i:i:i:i、乂_ソ     〉  ', ,i:斗"  }     mRNAワクチンが『本質は設計図でしかない』
        ji:i\i|、 、 _ ` 寸i:i:\         /
       ,i:i:i:i:|i:i:i:\__rr,、   ̄ ` 、ー== ァ               ということが、大きな利点です
       〈i:i:i:斗i:i:i:i:i:i:i:K > ._     ̄  /
      γ< ∧i:i:i:i:i:i:i:、〉―  、≧ -   イ
      >、    ̄Ⅶi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ                   それはつまり、新しいウイルスが出現しても
      / ∧   丶__> ´ ̄ `マ∨__
     / /  ー= ´            寸i:i:iト.、             『設計図の情報だけ変えれば、即座に対応できる』
.    √    /   /        /, "ー<〕ト、
.   /      /               ∧   }i:i∧          ことを意味します





            .. -‐=''"゚~ ̄~~"''~、、
            / / /      |:    \ \
         .'   . :.: .: .:|:|.:.:.:|.:. \.:.: \ \         今までは、ワクチン開発に何年、何十年とかかっていました
          / : /.:/.:.:.|.:.:.:.| |:|.:.:.:|\.:.:.\:.:.:.:.:.:  `、
       / : /.:/ .:.:.:|.:.:.:.| |:|.:.:.:|  |.:.:.:. |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:`、
      .:.:.:/.:/.:.:.|.:.:|.:.:.:.⌒| :.:/  |.:.:.:⌒.:.:.:. |.:.:.:|.:.:.       長い世代をかけて、毒性を弱めたウイルスを作ったり
        | :/ :.:.:.:.: |.:.:|.::/  ̄     ̄  ̄\|.:.:.:|.:.:|
        | .:.: |.:.:.:.:.|..:.|斗tf===      ==fミx |.:.:.:|.:.:|        有効性の高いウイルス株はどれか、手探りで見つけたり……
        | .:.: |.:.:.:.:.|.:.:|乂ぃ ┘    、 └ ぃツ |.:.:.:|.:.:|
       |.:.:.:.|/⌒:| 八///////////.:.:.:.:|.:.:|
      |.:.:. |   |.:.:. \              __彡イ/
      |.:.:.人⌒ ´ ̄ ̄              /:(          mRNAワクチンで大変なのは、基礎的な技術開発だけです
      | .: .: .:`.:.:个       ^ ^    イ.: :|
      人 .:.:.:.:.:.:.: |.:.| 〕> ..       .:.:.:.:.| .: |          (最初の着想は1990年代 → 2020年に大急ぎで実戦投入)
        \:\ .:.:|.:.|〈:|   ニ=-‐<.:.:.:.:. | .: |
         \:\|:.:| 、\     / /ヽ.:.:.:.:.:.:/          それさえ完成すれば後は超速です
           /\.:.:.| \\   / / ∧ .:.:./
        /  | (___)   \\/ / / (___)\
       /    :| (___)     \ /    (_)  \
      /        |.:.|       /    / |.:.|     \      今回の新型コロナウイルスでは
    /        |.:.|:      /     / :|.:.|:     |
   /     \ 八 |\   /     /  人八    ∧      ウイルス遺伝子の全データ取得から、モデルナ社が
  /        \\      /     /        / |
   |         |    /     /      /    |     「初期の治験の結果が有望だった」と発表するまで4ヶ月でした
   |           \   /     /      /      |
  |           |/     /      /        |

.


6314 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:42:17 ID:D5MXPOkI




          _ -====- _
      r  _v i:i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶
      ヽ__7i:i:i:i:i:7i:i:i:_/!i:i:i:iトi:i:i',
      〈i:i:i|i:i:i:i:i7i:i{-= 、"―_寸}!
      Yi:|i:i/` |i:i:!らリ  紗/i:|     大きなメリットは上の通りですが、
       '''7i:i.、 ⌒     ' :!i:i:!
        |i:i:i:i:7丶.   - / 丶     気になるのは安全性です
        {i:i:i:i:ト   >  イ
      _ / `寸!\ /|i:',_          しかし、原理的にはかなり高いと言えます
    /     Y|:\ 丶!}i \
   /      φ::::::v ::E- ̄',
   ,       }:i! У,:::ii:i!ミ !}、
   |     \ '" / /:::|'" ∧ }ヽ



   (⌒)   (⌒)
    | |__/ /
    |      \
   /   (・) (・) \        mRNAワクチンと同じく、
  | /二二●二.\|
  |/ /.|  |  |  |\|       『細胞内に侵入して、細胞性免疫も誘導する』
  \|/|\|/|\|/ノ
    \_|_|_|_レ        という既存のワクチンがあります
   /   ○   \
  (__(|       |)__)
   ゝ__)     (__,ノ
     |      |         弱毒生ワクチン
    /  人  ヽ
   ,/ー‐/  〉ー )        毒性を弱めただけの、ウイルスそのものです
  (⌒  )   (__)
    ̄ ̄




 /⌒\                         弱毒生ワクチンには、欠点があります
人___;:::::\       -‐…‐-ミ ________
   \:::::\ /:::::::::::::::::::::/:_______:::::::`ヽ__   ウイルスそのものが変異し、毒性が復活しうるのです
     \:::::ヽ::::::::::::::::::://::::::::::::\ `丶::::::::}
     /:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,  乂_ノ
     /::::ミ:::::::::____::::ヽl:::::::::::::::::::::::::;       しかし、mRNAワクチンは『ウイルスの一部パーツ』の
     ':::r。テ}::::´r。テ=- 八::::::::::::::::::::::::}
    |:::::::::/::::::::::::::::::/⌒:::-‐=7 :::::′      それも『設計図』でしかありません(=変異しません)
    |:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::つ::/:::::/
    |::::::{__..,):::::::::::::::::::::::ι'::ノ:::::/
      ;:::ノ=ミ:::::::::::::::::::::::::; ̄::::::::::{           ウイルスの本体or一部が細胞内に入るのは同じでも、
     ,:ヽエエエゝ:::::::::::::,/::::::::::::::::}\
   /:::::::}:::::::::::::::::,::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::\       安全性では圧倒的な差があります
  /:::::::::::::: ー一::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

.


6315 : 六文銭 ◆M6cHz5znRQ : 2021/02/07(日) 09:44:55 ID:D5MXPOkI




     ○----●
      ○--●
       ●
      .●--○
     ●----○
     ●----- ○        また、mRNAは非常に壊れやすいです
     ●----○
      ●--○         壊れにくいよう加工しないと、流通すら難しいほどです
       ○
      ○--●
     ○----.●        ファイザーのワクチンの保管温度が-75℃ですよ?
     ○.----- ●
     ○----●        医薬品として異常すぎます
      ○--●
       ●
      .●--○
     ●----○
     ●----- ○



        \     ''"゚~ ̄~~゚"''  _,ノ
        / )/ .:.:.:.:.: / .:.:.:.:. \.:.:.:.\__
  ) ̄ ̄\-∨/.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:. |.:.:.:.|:\.:.:.:.\):)
   \   (∨__/ /.:.:.:.:\_.:.:.:|.:.:.:|/ .:| \       しかしこの特徴は逆に考えると
    /\__|__.:.:.:/.:.:|__/|__|_/⌒T´ .:.: \
    〈:.:(.:. /|\.:.:.:.:./ .:. |         ィ⌒| .:.:.:..| .:.|    『すぐ壊れて機能を失うので、想定外の悪さをしない』
    \:/.:.:.:|.:.: \.∥.:.:.:|,ィfて⌒   ヒリ ⌒ヽ八/
     {.:.: 八: Y⌒{.:.:. 八乂;;ツ    i〉 i         ということでもあります
     八.:.:.:. ヽ{ ( \.:.:.:.\       八
       \.:.: 个 ..-く  ̄ ̄    σ /
  /ヽr―ァ ヽ.:ノ.:.:.: /.:|~ ニ=-   __,/           総じて、非常に安全度が高いワクチンだと言えます
  ( ノ)>―/.:.:.:/.:.人 ̄\ ∧.:.:.:.:├┐
  >''/ /⌒/ ̄ ̄ \ \\\|\ :人 ̄\        気を付けるべきは、むしろ添加物へのアレルギーかと
  〔ノO.:|  /    \  \ \\!  O、 \‐|
   〈.:.:.:\ /     \:\_\ \ 〈.:ハ:Y(ニニヽ




       _. -=ニニニ=- ._
.     γi:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
      vi:i:i:i:i:i!:i:i:i:i:寸i:iヾvi:i:ト__
.      _|i:i:i:i:i:i|i:i:i:、i:iv寸' I_k1:I:〉        以上、mRNAワクチンの解説でした
     j Yi:i:i:i_{Wi:i:'.、  , 丶Y"
   <_ィi:i:i〈_>, マi:i:i:>'" _. ィ ′
     7イi:i:>r - __ ゝィァx         今までのワクチンの常識を尽く覆す、
     ,-(i:i:i:i:i_\ 小リ "''i{ ∨
      √  ̄ ヽ`iY/! }\  Y_〉       革新的なワクチンです
     |   丶  、}!. | |  ,〉 |チⅦ
     | \    〉}!∥/!  !ニト、
     ∧  \   廴/i′ ! .∧、.Ⅳ \     これは一刻も早く打ってみたいですね(猫猫並感)
.      ∧     イ /|   ∨ } \  /〉
      ,}、       、  丶 !  Y /
    , イ〈 \      \  N ̄ 丶                                  おしまい

.


6317 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:45:39 ID:hRGdufjM

投稿乙


6318 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:46:38 ID:B40m5ip6

おっつおっつ


6319 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:46:46 ID:z9Z5af9E

投下乙でしたー
わかりやすかったです


6320 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:46:49 ID:JBkNI/0k

乙です
とても分かり易かったです

「設計図」で体内で作られたウイルスが変異することは(一部パーツだけだから)無いと考えて良いんですかね?


6321 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:46:56 ID:Viq89Ego

乙~
これまでの常識から考えて開発が速すぎると思ったけど裏付けのある新方式だったのか


6322 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:47:22 ID:ZWNvbOQU

乙でした 面白く解りやすい
こんなに逼迫した状況でなければもう少し様子を見たい技術かなあ(慎重派


6323 : 尋常な名無しさん : 2021/02/07(日) 09:47:39 ID:urYXlcKE


科学の発達にびびる


関連記事
[ 2021/02/08 21:43 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(8)
142946 :日常の名無しさん:2021/02/08(月) 23:46:09 ID:-[ ]
医療関係で働いてるけど先行接種の供覧が結局延期になって何時かは不明だけど
自由意思に任せるらしいが罹患が死に直結する以上打たないなんて選択肢は無い訳だが
インフルエンザ予防接種で3日間寝込む身としては恐ろしい
あと赤卑の野郎が運搬業者漏洩しやがった何事もなければよいが・・・
142965 :日常の名無しさん:2021/02/09(火) 01:14:37 ID:-[ ]
ほー…
技術の進歩はすごい…
142969 :日常の名無しさん:2021/02/09(火) 01:33:06 ID:-[ ]
この技術が定着したらウイルス性の疾患は殲滅されるのではなかろうか
ウイルス進化論の支持者とか息してるんだろうか
142982 :日常の名無しさん:2021/02/09(火) 07:15:58 ID:-[ ]
https://www.naturalnews.com/2021-02-05-covid-vaccine-weaponized-medicine.html

(日本語訳一部抜粋)
これらのワクチンを使用すると、メッセンジャーRNAが人の体に注入され、遺伝暗号が変化して、免疫系が戦うことを学ぶ独自のウイルスの改変バージョンの生成を開始します。少なくとも理論的には。
しかし、この特定のワクチンが長期間にわたってテストされたことがないだけでなく、ワクチン接種へのこのアプローチ全体が、ヒトにおけるその安全性を証明するための長期的な研究を受けたことはありません。
動物実験では、人の免疫系がウイルスを体の一部と見なしているため、ウイルスが検出されずに体内に侵入する「抗体依存性増強」が示されています。
これは、迅速な死を引き起こす可能性があります。
142994 :名無しの住民:2021/02/09(火) 08:41:07 ID:-[ ]
これは非常に有り難い記事だ。世にワクチン不要説や悪害説が流れている中で、非常に判り易く有用性を解説してくれている。年齢的に摂取はかなり後になるだろうが、ワイも摂取しておこう。
143006 :日常の名無しさん:2021/02/09(火) 10:51:02 ID:-[ ]
乙でした。
猫猫のAA増えろ~!
143219 :日常の名無しさん:2021/02/11(木) 19:36:47 ID:-[ ]
naturalnewsでググったらwikiで分類の所にフェイクニュースブログって書かれてたんだけど、、
146400 :日常の名無しさん:2021/04/15(木) 12:33:27 ID:DAFdELt6[ 編集 ]
今月(五月)の文藝春秋にmRNAキメキメの学者さんの記事が載ってましたね。この人が諦めてたら今頃。。。

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 150 (05/15)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 3 (05/15)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 2 (05/15)
  • やる夫の冒険は終わりました 第8話 (05/15)
  • やる夫の冒険は終わりました 第7話 (05/15)
  • やる夫の冒険は終わりました 第6話 (05/15)
  • やる夫の冒険は終わりました 第5話 (05/15)
  • 国内的な小咄 1525 北松江線の…… (05/15)
  • 国内的な小咄 1524 行くぜ和田山! (05/15)
  • 国内的な小咄 1523 篠山に行くなら歩きが楽しいぜ (05/15)
  • 国内的な小咄 1522 若き桜の果てにあるもの (05/15)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 5 (05/15)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十五話 (05/15)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十七話 星をみるひとびと ~ 第三十八話 いずれ滅びゆく星の煌めき (05/15)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十五話 若きタンジェロの悩み ~ 第三十六話 ネウロ君から見たアルトリアの存在 (05/15)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十四話 未来への布石 (05/15)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十三話 新時代の萌芽 (05/15)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 16 (05/15)
  • やる夫たちでソードワールド 超越者達 6 (05/15)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 14 (05/15)
  • やる夫たちでソードワールド 桃太郎PT 4 (05/15)
  • やる夫たちでソードワールド コボルド冒険者 6 (05/15)
  • やる夫たちでソードワールドできる夫キノコ旅 第3章 1 (05/15)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 1 (05/14)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 小話 むかしむかしのおろかもののおはなし (05/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 215 (05/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 214 (05/14)
  • 国際的な小咄 8146 罪深いのはどっち? (05/14)
  • キル夫は光の少女を守るようです。 3 (05/14)
  • キル夫は光の少女を守るようです。 2 (05/14)
  • キル夫は光の少女を守るようです。 1 (05/14)
  • やる夫の冒険は終わりました 第4話 (05/14)
  • やる夫の冒険は終わりました 第3話 (05/14)
  • やる夫の冒険は終わりました 第2話 (05/14)
  • やる夫の冒険は終わりました 第1話 (05/14)
  • 読者投稿:健康サプリの紹介 (05/14)
  • 読者投稿:たのしいおさけ (05/14)
  • 読者投稿:オリンピックと興行中止保険と損害賠償 (05/14)
  • 読者投稿:柳生但馬守宗矩 (05/14)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十四話 (05/14)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 13 (05/14)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 12 (05/14)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 4 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十一話 グレンジャー家とマグルの策略 ~ 第三十二話 皆マグルはどれくらい好きなの? (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十話 失った者たちの傷の舐め合い (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十八話 ネウロ・グレンジャー、その経歴 ~ 第二十九話 マグルの狐 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十七話 ダイアゴン横丁のバカSurvivor (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十五話 マルフォイ家の夜 ~ 第二十六話 悔いは一輪の花の如く (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド 色素薄目PT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド いかない夫PT (05/14)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング