スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:再三言ってるのですが目次の更新は不定期です。結構遅れます。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷
2/25
キル夫は運命をひっくり返したようです
2/19
あんこ時々安価で惑星のさみだれ
2/18
・やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
2/17
シャーマンファイト IN あんこ
蒼星石とお姫様
2/12
いまだ魔法は解けぬままに
2/8
・のうみん!
1/28
・ダイスでライダーバトル(仮面ライダー龍騎)
1/26
・やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです
1/25
やらない夫は代打の神様なようです
1/17
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~
ヤラナイオと幽香りんの12花月
1/8
和人は最後の日常を過ごすようです
1/7
異世界転生したいやる夫のお話


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

読者投稿:トランプ・バイデン両派に言いてえこと+前回の補足

目次 国際的な小咄

2063 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:05:18 ID:ile92ALY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  読者投稿:トランプ・バイデン両派に言いてえこと+前回の補足
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   さて、前稿の投稿から一週間が過ぎた
   相変わらずスレも現実の大統領選情勢も混沌を極めている

   個人的にはディープステート論は信じていない
   ・・・ が同じぐらいにバイデン派も信じられなくなっている
   なぜ自称「 勝利の確定している 」勢力があの断末魔じみた行動をとるのだろうか?
   イジメの類似例など合理的な説明は可能だが、正直な感想としては「 訳がわからない 」だ

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                            _-‐ 、
                         , -.::''.:::四代ー-.、
                        /::::::/:::;::::::,::::::::::::..ヽ.
                      イ/::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::.ヽ,
                       /::::i::::/.:ハ:::,iヽ:::::::i:::::::::l
                      /;ィ::{:/ _::ハ:;∧::::::::l::::::::l
                    '⌒)  ´ Y///}- {////) :i:::::/
                     l´   i  ̄,    ̄ ̄l! l:::::i  ⌒)
                     ゚  /入 ヽー -,   ノ' |'lノリ   l´
                      /   ー- ̄lj-‐'"  ヽ    ゚
                       /  /ヽ         i
                     l  /    \      l  i |
                     | /      \     } i l
                     | i    ,..----'  / /  \
                     | |  / _.... -ーァ' /--、 ヽ
                     ,r' ヽ i  / _...--' /   / ,r'
                    l rrr「`.| i  フ_ッ r'    / cら_
                    ゙"゙'゙ ゙ | .|   ´ 'フノ     (_ ュェ三)
                        |__l           ̄ ̄
                      cゅっ )
                     /∧ /
                     (__.ェ="

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   また、この数日間、スレや他所を確認して一つ確信じみたものを持った
   どうもトランプ派・バイデン派の両陣営ともに、どこか「 期待しすぎ 」なきらいがある
   前稿の直接的な補足を行う前に、これを説明しておこう

   ※両派の動きについては、あくまで日本語の使用されているものに限る

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





2065 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:06:17 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   まず一つ
   バイデンに政権移譲後、米軍が白昼堂々とクーデターを起こす可能性は限りなく低い

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           > ´i
        > ´:::::::::::|                               > ´i
       > ´:::::.==ニ<l_.             > ´i         > ´:::::::::::|
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!...... > ´:::::::::::|.      > ´:::::.==ニ<l_
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト.  ´:::::.==ニ<l_    ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!
          }::::ノ マヘ¨      ||...ヽ> ´イⅥ  ゞ       !! :::::::j マヘ  ;      .|ト
        >¨ベ 、i      {¨:」.゙∧:::::::j マヘ  ;      .|ト...}::::ノ マヘ¨      ||
          ,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|.   }::::ノ マヘ¨      ||. >¨ベ 、i      {¨:」
       , 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l   >¨ベ 、i      {¨:」゙:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|
       ,'7::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|......,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|. ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l
       i::::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|..., 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l ::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|
       ∧:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}...::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::| . ::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|
      ∧:::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,:::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
.       ∧:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|゙:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨} :::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
         ∧:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「 :::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,.:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|
          ¨i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、゙::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|..゙:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
          ハ___.∧::::::::::∨ |::::::| !」 . :::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「.゙i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
       ,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,.¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、 . __.∧::::::::::∨ |::::::| !」
       7:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<゙__.∧::::::::::∨ |::::::| !」゙:::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
.     7:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |..゙,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー., :::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
      ¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i..゙:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一< ::::::::::::ゞイ´ ヾ |
.       l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヾ:::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |. ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
.       |:::::::|||:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚.  ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i゙::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
.       |:::::::|||:::::::::::::;::::::::::j::::::j   l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ |:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   最大の根拠は、歴史的に見て遠征地での独断を除いて、米軍は文民統制から外れたことがほぼ無い
   つまりサムライの国や軍隊が国家の主たる国とは異なり、おそらくその類の発想がないと考えられるのだ

   彼らはやたらと文民統制を誇る
   ペロシ氏への例の行動に対する米軍の反応から見ても
   米軍の忠誠は「 国家 」という概念に凡そ向いており、法律の下に職務を遂行してきた誇りが伺える

   だからこそトランプに近い米軍関係者は現状に不安を抱えているだろうが・・・
   これに関しては20日まで待つ必要があると考える
   20日までの各人の動向で情勢は全く違うものになるため、占い師ではない私が予測することはできない

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2066 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:07:20 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   しかし米軍が不動であることは、米国人が不感症であることを示す理由にはならない

   これに関しては前稿で示した通りであるため深くは語らないが
   この時期のトランプのアカウント凍結、口座凍結はハッキリ言って「 気が狂っている 」としか考えられない

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                              ―- 、
                         /        \
                         ´          .ヽ
                        /       / }   .i
                      ,ィ.      /  /::::   l
                     . イ     /≧z ノイ::::   !.      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      !ハ   /!\三ニャ≦:::::::: |.      |  これマジ?
                    .  ル'{ ハ. {   _¨´ ト三¨::::ハ.!      ゝ_____ 乂
                     〈::::::::≧ 从__   ^=‐':::::::::|Ⅵ
               __,, -‐≦::::::::::::::::::::::/ `こ:::::::::::::::≧ァ
             ,-‐´   \::::::::::::::::::::::./ ヘー´::::::::::::::::::::/-、
            ./     ,.イ::::::::::::::::::::{ヽ、 \::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ
           /      /:::::::::::::::::::::::::::::‘,  豸:::::::::,イ:::::::::::ヽ ∨
           !     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ノ:::::/ {:::::::::::::::l .ノ
           〉、ト.、_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ フ:::::`‐´:::::::::::::::.{_\
          /  l:::::::::::豸::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ }
          !       }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<!::::::::::::::::::::::γ^  |
          | .ノ     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::A:::::::::::∧:::::{   .{
          !イ    ノ::人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴}:::::::::{ .ゝ::::   八
         /     ,´:イ  ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.!   ) ー´  ヽ
         l     (:::}    .1{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ノ 丨 〈│  ∨
   .        ト、    Y.',    !.て:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.{  λ  ヾ,   l
         {      /    〈_\::::へ:::::::::::::::::::::::::::::|   ’,      !
    .  .  λ   .  7     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈    \    .|
          ’     {     イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     ヽ   l


2067 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:08:20 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   結局、お互いの行き過ぎた言動は「 米国の分断の深さ 」と「 ある程度の両陣営の拮抗 」を追認するのみだ
   肝心の「 今後どうなるか 」「 どちらが勝利するのか 」は全く分からず、事態を制御下に置く存在もない
   ( ディープステートとやらが事態を制御可能と考えているのなら、鉛玉が飛んでくるだけだろう )

   困ったことに、不明瞭な時代だと思う

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                               ,,,,,,,,,,,,,,,,__
                                 ,彡彡彡ミミミミミx.、
.                             ,彡彡彡彡ミミミミミミミュ、
                      γヽ,      ,彡彡彡'¨´   `ヾミミミミミ、
'.                  _,.イ .ノ.     ,彡彡彡   ,z=x、  `ヾミミミュ、
              ,-‐ヽ_,.イ  _/     /¨ヾ彡'   ::: ,ztッ、`    `ヾミミュ、     奇蹟のカーニバル
'             / /   _/.      | l!,ィ       :::...~`::''´ ::==ニミミミミミ,
.          .「 ┌  ,,-‐' ヽ       .∧'ヾ.          _.ノ  i,.=ッ、 }iiミミ     開     幕     だ
           l       k'' 〉     彡itー'       ,:' ゙=、_ ノ '::..,イiiミ''
           !        ~~`,     ,彡/ .:        ___ ~i!.   !ミ''            .r.`:
            !.      ,ィ_ノ      'V .:     :.   匁卅i》 ! ,ィミ             { _{
.           l       i      _,/ヽ .:    ::      ̄   / `             i  .i
.         _ノ        /     _,.イ/  \     ::       , /           _ .,-‐ヽi  .i
       __/ヽ       /ー─t≦ニ∧    ヽ    ` ::...__,;:::'´,イ           /〃⌒ヽi   i
     /ニ,イ.  ヽ.   /二二/二二ニ∧.    ヽ       /            じ⌒ヽ、   ,}
.    /ニ/ニヽ  \イ|!二二/二二二二',      `ァ、 _ ,ィ              { l、    '  /
.    //ニニニ\   `t|!ニニ\二二二ニ',     ,イ::::::::::', .,イヽ              フ       /
   /二二二二二\_,イi}ニニニ>二ニニニ,_>''´  ヽー-〈V. V:',>。.           /     /
  /ニニニニニニニニ`Z7ニニく二二ニニニニ,      l::::::::l   Vヽニニ>。、       {     .ム
/ニニニニニニニニニV二二ニVニニニニニ,     l:::::::::!.   V=\二二>。、    /ゝ-──' {
                                               ※AAMZで拾った(責任転嫁)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   個人的かつ低精度の予測としては、トランプ派に勝算があるのなら、このまま政権移譲まで穏当に進むわけもなく
   また彼らが滅びの美学に酔っていたとしても、
   米国を破壊したとすら言えるバイデン派に全ての米国人が素直に従う訳もない と考える

   では続いて前稿の補足に進もう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2068 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:09:22 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   Q.「 いきなり不正認定かよ、トランプッパリらしいな 」
   ( 有難いことに前稿に対し上のような批評は存在しないが、不正否定派のために補足を行う )

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      ____
   〃         ヽ                ______
   |   か ト              〃             ヽ
   | ア .よ ラ   .|                |   オ  オ オ   !
   | イ    .ン  ..|                |   イ  イ  イ   |'////// //// ///,
   | ツ    プ  . |                |             |////////////// ///,
   l        派  |              \__   ___ ノ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≧/////,
   ヽ _   __ ノ                     \ | l ///               \'///
       \|                         `  | 〃                 V//
           / // // // // / ///,          V    、≦三ミ、l! !、z 二 ミ  Y
         // // /////////////∧          l  〃     `      ヽ |
           // //////////////// /∧            |   〃  ̄ ヽ  / ´ ≧、    |
        // /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ/∧          -|     О |   О )   |-、
          l//                v/i       | ヾ    ー "  | i  ー "  | 1
          |/   _ ノ    \ __   V|       ! λ        j  、      八 l
          |       _        _    l!        、`       ( - -)       " ノ
         _l     ( оヽ     〃о_ヽ |        `∧       __        ∧
      /ヾ      ̄       ´  ̄    ≧、       ∧      /.:::::::::::.ヽ   ∧
      ∥λ        /   ヽ        | ハ           ∧    ヽ::::::::::::丿  ∧
       ! (( i    r 、 丶` ´ノ   _ヽ   ! ) リ          i丶       ̄´     '
      ヽ `    \≧ー―― ≦/    ´ノ          |   ≧   _   <
       `l       \::::::::::::::::/      !            /!            | ヽ
        八        ̄ ̄´      ,          / ∧           V }≧- __
       〃丶        ̄      イヽ        /l /∧           / /       ≧ 、
       ∥'/i >           < l/∧ー ―-≦ _|/ /∧          / /             \
    ≦ j{ /∧      ̄ ̄ ̄     ///∧       ≧ 、/∧       / /                 \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   A.不正があったと考えている ≒ トランプ贔屓に見えることは否定しないが
     それはトランプ大統領が続投すべきという意見には直結しない

     さらに言うなら四代は不正行為肯定派・反バイデン派の立場である

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2070 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:10:02 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   1月17日現在において法的には1月20日を以て現大統領の任期が満了し
   過半の選挙人をバイデン候補が確保しているため、そのまま進めばバイデン大統領就任の予定である
   ということを四代は否定していない、前稿においても同様である

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                                      t______
                                     |   (
                                     「 ̄`゙
                       _            |             ___
                       |ニ|    _,,,,__,...,,⊥,,...,__,,,,__    |ニ|
        ;  trーrrrrrーrrrrrーrrrrr‐inirrrff「[L|-|┴|‐|゙┴゙|‐|┴|-|=l]ff'rrrini‐rrrrrーrrrrrーrrrrーrァ ,:''
        `、 jj二!ニl二lニニl二!ニl二lニニj少‐…¬二二 ̄二二¬…‐心!ニニl二lニl二lニl二lニl二l{,;':.',
        :;゙゙ ]竺竺竺竺f´`:.'´ヾ竺竺竺込斗=圷二i圷二i行二代ニぇ以竺竺竺竺竺竺竺竺竺;''゙:.:';:、
        :'、 ||.:.||幵||ヾ´:.';.:,'´:.;''´ヾ.||幵||.:.| |ff| |.j幵| ||廾|| |幵l| |云| |:.||幵||:.||幵||:.||幵||:.||幵||.゙;;i;''、:';
        ;;′||.:.||任|lノ';.';、.: ,:':,':,'´ハ|任||.:.| |エ| |.|任| |l辻l| |任|| |辻| |:.||任||:.||任||:.||任||:.||任||.:.||`;:';:
          ||.:.ァ'ニ,'':ヽ:.、ヾ;' ,:'ヽ:':,.:'iァ'ニミ.:.| |ニ| |ノヽ| |,二_| |/ヽ| |へ| |:ァ'ニミ:.:ァ'ニミ:.ァ'ニミ:.ァ'ニミ.:.|| ;:.:::
          ||.:.|lヲ′、:.';ヽ;''.:.;' ;.' ;'ノi|幵||.:.| |ff| |.|幵| ||廾|| |幵|| |刊| |:.||幵||:.||幵||:.||幵||:.||幵||.:.|| ;:';,:
         ,,_||;''";`';.:';:';.゙:、;';' ; :;';'、';ハ|任||,;,| |エ| |.|任| ||幵|| |任|| |凶| |:.||任||:.||任||:.||任||:.||任||.:.|| ゙';;.:
        '´;':;゙`ヽ、:.:'':;;.:ゞ'';;i:゙;;,;;'::;,' ;,:ゞニア''フ辷Lニlニl゙二゙lニlニ辷iヽ、\゙ー'二'ー''二'ー'二'ー''厂|二l"
        ';゙:.:'ヽ:.;':;;ヾ'゙"`゙l:.:{´rn`'''゙ ̄`| ̄ ̄\i⌒i! ll⌒ll ll⌒l/ ̄ ̄|´;,::''.;'`´;:'':.;`"::;;'';':`ヾ ̄|三|
        ー''‐;;''';;;‐:::''=::;:;':::゙'':'';;'ー''''=;;''";;'';;;‐;;=;;\jl__」|任||__||,/;;'''::''=;;''';;'''';;''=;;;ー;;=:;;='''ー::;;‐''::''='';;='''

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   善き市民として法律を遵守する四代は、トランプ大統領が違法行為を犯すことを肯定しない

   「 現時点では 」トランプ氏が大統領だが、1月20日に少なくとも現在の任期は切れるのだ
   そして手続きに問題が無ければバイデン氏が新大統領となるというのは先述した通りである

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2071 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:11:14 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ただし選挙不正の存在を確信しているので、
   無釈明・無裁判のままバイデン氏が大統領に就任することも望まない
        ..
   事態がそこに至った時点でアメリカにおける自由主義と民主主義
   ( とついでに二大政党としての共和党 )は死んだものと強く感じる次第である

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

            ◯                    ____
          //           _____/三三三三ミ\_____
         // |\_____/☆ ☆ ☆ i          ヽミミミミミミ/
        // │ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /三三三三三三ミヽ      /
        // │ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /           ヾミミミミミ/
       //  .│☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ i三三三三三三ミヽ       /
       //   /☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /           ヾミミミミ/
      //   /☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ /三三三三三三ミヽ     ./
      //   /☆ ☆ ☆ ☆/ ̄ ̄ ̄ ̄           ヾ三三ミ/
     //   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  三三三三三三三三三三ミヽ    /
     //   /三三ミミ彡三彡´                ヾミミミミi
    //  /             三三三三三三三ミヽ      ./
    //  /三三ヽ    ノ 三三彡´             ヾミミミミ/
   // /    ヾ三三彡´      ノ 三三三三三ヽ      (
   //<三三ヽ         三三三彡´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ三三三三>
  //    ̄ ̄ヾ三三三彡´ ̄ ̄ ̄
  //


2072 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:12:58 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   また筆者が不正選挙を認めようと認めまいと
   アメリカの半数に近い人間がトランプ大統領に投票している以上
   不正選挙疑惑が囁かれる中で無釈明と無裁判のまま新大統領就任となると
   彼らの多くはアメリカにおける自由主義と民主主義に疑問を持つ

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\__人_人从__人从/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ./ 7                                    _)             (__
   / /              / 7                      )  U ・ S ・ A  (
 ニ  ニ二7          / /                 / 7      ̄ ̄)           ( ̄ ̄
 / /      /二二二 ニニ  ニ二7           / /       /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒\   /
 .../            /// /      /二二二 ニニ  ニ二7                    _/ /
 /            // ./ /            /// /      , . /  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄
           //  / /          // / /           ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄/ / ̄ ̄
         //  / /         //  / /                   .ニ 二二 ニ≡≡三三三
        //   ./ / _____ _ /   ./ /              ニ ≡ 二二 ≡三三三三三三三
             / / .|.:.:に__」」:::::::Y^^^`ヽ___   . :. :. :. :.: .: .:.|、  = ニ 二三 ≡三 三三 三三三三
  \__人_人从__人从/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ     |┘. : .:. :. :. :. :. :. .p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,od .:'`;:; , ニ三三三三
  _)             (__ ̄ く       | .: .:. :. :./」二」p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,o彡ミミヽ __.: ;: ;:; ;:;;:;:;;
 . :. :)  U ・ S ・ A  (. :. :. :.: .: .:.``ヽ  ,、、ノヽo b .〔」゙''' ''l〕.: :;:; p'゙;;.:O q .: .::.}-',ミミミ!「 -‐ ─ヽ; :; ;;;;;;
  ̄ ̄)           ( ̄ ̄d .:'`;:; ,.: ;oV"´   1  ..」ゝ‐/:`ー-、   「 ̄ |  L_ノシシ  , - ─ ミミヽ;:;:;;
 /  /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒\;;;;;、p o ..:.,,、、、、',     1 .::.:.:::〈瓜ノ:::::::::',〈⌒〕二二ニ‐.:::::::::ノ  - ─ ミミ _丿;:;;;
   .|. ム) p'゙;;.:O od .:'`;:; ノー`ミミ!   彡',',',',',',;',    l!.:.:::::::::::::::::.:...:: /ハ`ヽ-─-、.:::::::ノ.:.\  ノ    ニ三
 レ彡ミ |:::::l  ,;彡ミミヽ   },_, イ:::::::::ハ;;';';';'';';'';;;!   il!.:::::.:.:.:.:,r ‐く ノ ノ__/。:::.:.   /. :; :; :;: ;V . :. :ィイ三三
 l彡彡_ノ.::ノミyイ彡ミミミミ;:y.:.::::.:.::::::::::.:}‐、i;;:r ,;:;:;:;:;!   ll!;:;:;;:;:;;/jjjjjijijレ;:;:;;!  i!    /.: ;: ;: ;: ;:;ニ三 三 三三
 レ.:.:. ニ三三 〉彡ミミミミミノィイ彡 ミミヽ.〈  ソ;:;;;;;:;:;|   llll!;:;;;:/jjlijiijijiリ;:;:;:;:;! リ  ,..イ. :; ; ;;;;; ニニ 三 三三三三
 .:.:.:.:ニ三三ハ彡ミミミミ,'ィイ彡 ミミミミミ',ハ  ,r-─ノ    ノ;:;:;ヾ州州シ;:;:;:;;ノ  レ'´. :; :;:;;:;: ;;ニニ ニ 三 三三三三
 .:.二三三/  ヾ彡ミミミ{ィジ jijijijijijijiiiji! フ""´ ̄7    /iijiijijijijjijijjijijijijiijィイ; :; :; :;ニニ 二 三 三三 三三 三三
  iニ,r'"´    ゞ;:;:;:;:;{jijijijijijijiiijijijijijl!     /    .:;1ij1iji1ji1ji1ii1i1l1lj1i1j; :; :ニニ ニ三 三三 三三三三三
  |/    ,. .: :;:;;:;;;;;;;;;;;;:{jj州州州州州   /    .:;1jli1jkl1jlk1jil1j1kj1klj1li1jil1kj ニ 三 三三 三三 三 三
  |  .:ィイ.:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;{州州州州州!   /    .:;jl1jil1;k1;1kk1||1||1||1|1||1|1|1|||||三三 三三 三三三三
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   このいずれ生じる潜在的反体制派の存在を肯定する限り、前論に致命的欠陥はないはずだ
   もし否定する人間が存在する場合は、論理的に反論してほしい
   あなたの指摘に感謝する

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2074 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:13:39 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   Q.「 殺人を促すものは正義ではなく憎悪である 」

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:              :..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   A.言われてみれば確かにそうである
     セルビア然り、ウガンダ然り ・・・ 彼らは「 正義 」に基づいて「 正当な 」憎悪を燃やし、事件を引き起こした

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2077 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:14:15 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ただしコレは視点と言葉の定義の違いで説明できる

   上記の例では、直接的な殺意に結び付いているのは憎悪だが
   憎悪の前提条件として「 正義 」があるのだ

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                                               ┌──────────────┐
                                               │  「 正義 」に基づく怒りの一例  .│
                                               └──────────────┘
                         ,;}   人;,           -‐-                         ,;{;
                ,;;/;,    ,;人  {⌒;,.          ≦=ニ三三≧=x`ヽ                  ,;人;,
              ,;/んr~'ひく    しイ; ,     /,il:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:lハ__ `マ                ,;}  `ヾ;,
             ,;;(              人_;   / Yil:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:i:i;, `ヽ.   i             ,;i:ノ   {;,
              ,;)        _______|  ill:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:トl、E i   |_______人; ;从    );,
             ,;i      ''" _,,x: .i:.l:l:l:l:l:l:l:l:l:|  ill:l:l;l;l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l≧ュ  |l:l:l:l:l:l'" `ヾ:i:l:l:=--: :: :: :: :`ヽ  i;,
             ,;}     /   ''"´   l:li:l:l:l:l:l:l:.|   ilア´ニニニニ,ァ===ミニニニ ,_j:|:l ; : : : : : }:|;'      : : : :   i  ;,,
          ,,;んイ    /  ィflハ     . : : :从:.i{t--《lニニニニ/ :i:| ;レ 厶寺=/:i从; ; ; : : : i:j: ,      /l:l:l:li: i  ;;,
    ヽ;,     ,;/      .,' /l:l:l:l:l}.   . : : : i.::.Y´_ヾ||` ー云t≧ミ从 ィ≦赱 Y ,ノ//し; : : : : : : ;    /l:l:l:l:l:l: : i  };;,
     };,     ,;{         ,'l:l;'i:l:l;'i   . : : : /しi从 ft, l!,   ー''´ |:i.、` ー  i「 V//|; : : : : : : :.     !l:l:l:l:, i: : i  i;;,,
    :(;,      ;i      .i il:li;': :: ::i  i:んイ   i:l:|:ゝrf;, `i   r  个ー 'i ヽ  i |: V/:i;, ; : : : : :     |: :: :: : :i: : i  ,ゞ;,
     \ _ ,,ノ      i ii;'': : : ::i  从    {i:|i:;' ;从 |i  i   ___ ,i  i.}:   V/l:i:..; : :_:.      !: :: : : ::i: : i
    .            i i: : : : : :i     .:Y:: .:.:ハ   i: |\  i fニ======┘ 人   Vl:l:l:i ノ人__,   |: :: :: :: :i: : i
    .            i i: : : : : :i    .:;ノ  人(   :i |l:i: \    ̄    / |:li i:. Vl:l:li:.    }  |: :: : : : :i: : i
    .            _i i: : : : /ii   . .;;ゝ''";'⌒\  /:l:i:  ≧======_彡  |:l:i i:i Vl:从   (; ,:.,ノ}: : : : : : i: : \
            x≦7. : : :.:ノ i . :i:|: i:h"; ; ;,.:. :} fi     /f`ヾx  ´ i|:i:     i:l:i. !::: . ;ヾ   Y ノ\; ; ;; : :\: : ヽ
         x≦l:l:i:i:i/. . : :.:{(i.Yi . : 从: :l:l;,,; i;i:,. ,/ :h:.   イlli:.       :!:l:      l:l:li |:::::::,;i:ハ   }!; , , ; 从_;;. : : \
        /l:l:i:i:i:i:i:i/. . : :.:/ゞ i::.: :: :: :. ;ノi;i;ノ(l:.//:l:l:l:i   |l:l:i::.      |:       Vl:i. }:::::,;l:l八 八; ,, ;(   }l:l:l:l:l:l:l:i
       ノl:l:i:{し イi : :i/l:l:l|`ヾ;, : ; ;/  ); ; ;:,/:l:l:l:l:li:  |l:l:l:i:::.      i:: /l:i   i;lVi/ )::::::::::` ー- ミ {   {l:l:l:l:l;;'
     /´l:l:l:l:i:i(   i:j;, イl:l:l:li/; ; ; :(: ;(;.  ,;| i; ;〈l:l:l:l:l:l;i'   Vl:l:i:::..      /l:l:li   .i:l:l:/○⌒)::::::::::::::::::;;""    i.;,: :
    V|:|r~''"´~)   ヾi; ;; ;i{; : ; i : ;Y   :i:|:.j:. i;Vl:7''"    Vl:li:i:..     /l:l:l:l:i;,. .i:l:l/::∧√::::::::_;; ''"     人; :;
    l:l:l:j  . : :;{    i:.; ;人;:,. { : :;{  . :从 i::.,; :V `ヾ;.,.  `ヾi:i::..  ,イ:l:l:l:l;'   i/::::::::::::::< : : ; ;{    , イ;⌒ );, :.
    l:l:l:|  . : :;人    )){⌒:..i :: : ( . : fY⌒ `ヾ、: :: : : :) }、 ,ゞl:i:;ィi:|:l:l:l''”   /::::::::::::::::::::::::{`し'    r:j:.   i;, :.
    l:l:l:| . : ;:;'⌒ヽ.  {:..{::. .:;;r~く;,: : ij:{    ( {: : ; イ;.i;:::::\         ,/________):.. . .       i;, :.
    l:l:l:{   : : : : f:j ;ノi::|: : ;;f       _)ハ   `ヽ; :j.::::::::::::::\    ..:::::/:::::::::::|i:::::::::::::::::{  ,;;,  fj'~`) :j;, :.
    l:l:l:|   : : : : ;'   i:j: .. ;i:.      V  ゝr~く f :}i; : ,ノj::::::::\  /::/::::::::::::::::i:j:::::::::::::::::| /; ;}   {; ;; ;し’;, :.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   「 この正義を前提とした憎悪 」を私は「 正義感 」 ≒ 「 詩的表現における正義 」の一種と捉えた

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


3046 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 23:16:05 ID:ile92ALY


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そして例えば先例では憎悪であったが、宗教的事例などで考えよう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

      ,,           惨めまみれて生きてきたヒッキーのヲタたちよ
     __||_           いよいよ君たちが目覚め、
     |_ _|           そしてわたしの手伝いをするときが来た
     | |           君たちは犯罪に際して
     | |           決して後悔しないようにしなければならない
     _|_|_          君たちがもし選択を誤れば
    |   |          君たちがこの人間界へ生まれてきた意味を
    |   | ___     完全になくしてしまうことになる
    |   |/三 三||    君たちは確かに今生、情報により、煩悩により、けがれた
    |   |||  )Θ( ||    しかし、君たちの本質はけがれるはずはない
    |   |  ̄ ̄ ̄ |    なぜならば、君たちはわたしの前生の弟子であり
    丶  |      |    そして本質的には他の魂と違い
     |  |   _   |-   救済の手伝いをするために生まれてきたからである
     |  |   ||   | |  わたしは、君たちがわたしの手となり、足となり
     |  ヽ__/ ヽ____| |  あるいは頭となり、
     ヽ         | |  救済計画の手伝いをしてくれることを待っている
      |         | |  さあ、一緒に救済計画を行おう
      |     ⌒   | | そして、悔いのない死を迎えようではないか
      |         | |
      |          | |                      麻原彰晃
      |_         |__|
      | ``-ー、__   | )      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      |       ̄ ̄| ''''     <                     >
      |     /|   |     <   さあ、今こそクソ人間を破り    >
       |     / |   |     <     救済のために立ち上がれ! >
       |     |  |   |      <                     >
      |     |  |   |        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
     |____|  |__|
      /,,,,,,,,,,,,|   |  丶
      (_____(__)    (__二__⊃
                               ※AAMZで拾った(責任転嫁)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   あのオウム真理教の教義の一つに「ポア」がある
   悪人を殺害することで更なる悪行を防止し、悪人と己の徳を積む という理屈の教義だ

   この教義自体は悪意に塗れた、松本智津夫元死刑囚の嫉妬や憎悪を源としていると考えられるが
   果たして実行者の弟子たちは殺害対象に憎悪をもって向かったのだろうか?
   グルに認められたい功名心や、あるいはグルへの恐怖など正負様々な感情はあっただろうが
   その殺意はグルの定めた「 教義 = 正義 」に基づいており、土台に彼ら自身の憎悪はないだろう

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2080 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:16:10 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   処刑人、彼らの処刑は自身の憎悪に結び付かず、法という社会正義に基づく

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             ∠二二二二二二二二二二二二二二二二二二.二.二ヽ
             |../   .,' |  O   (fi二二!     .| ',   ヘ O !Oミ彡ヾi,
.___           |.'    ,' i._____l.l_____| ',     ヘ ! ̄ ̄ ̄'!i,
__/i           /    .,'  !i圭圭圭圭圭圭圭圭㌢.li .',    .ヘ|      .ヾi,    ___
i:i:i:i  i         /    ,'.... il圭圭圭圭圭圭㌢   . _,,,:li  ',    ..ヘ     .ヾi,   .i\__
i:i:i:i  i       /      ,'. ...il圭圭圭㌢   _,, :rー''¨´  .i  ',    . .ヘ    .ヾi,   i  i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i. ...i      /      .,'......i㌢  _,, :rー''¨´         .i  .',    . ヘ     ヾi,....i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i. ...i       ./      ,' . irー''¨´              .i   ',     ..ヘ    ヾi,..i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i......i     . /      .,' .....i                  ..i  ',       ヘ .  ヾi!.....i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i......i    ./      ..,'   i                    i ....',        ヘ    i ..i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i   ./      .,'  i                      i  .',       . ヘ   i  i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i ./      ,' ....i                     .i   ',        ヘ  i ..i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i./      .,'   .i                       .i .   ',      . ヘ.i......i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i\     .,'   .i                         .i   .',      ./i  .i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i   i / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '.,i..... i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i   i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三.i   i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i /|   .,'  .i                            i   ',.... ..  i':, !.... .i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i' i   . ,'..... i                           .i    .',  ...i . i  i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i . i  ,'   i___________________i   .',   .i....i ....i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i .! .,'   i          _,,,,,,,,,,_              i    ', . .i....i... ...i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i. . . i .!..,' .. i       ,r ''ニ一''''''''''''ーニ''ヽ,           i     .',. i i  . i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i. . . i .i,'..... .i─────{'´          `ヽ}.─.─────‐i     ',i i   .i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i .,'.....  i         ヽ、          .ノ            i     ..',. !..  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i,'   i          `'' ー---一 ''´              .i    ',i.   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i .,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ':,.....i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i.,/                                            ':, i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三 三 三.三i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


2082 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:17:03 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ナチスのホロコースト、ナチの煽るユダヤ人への憎悪は背景として存在するが
   アドルフ・アイヒマンを始めとする実行者にユダヤ人への憎悪はあっただろうか

   アイヒマン裁判における彼の供述によると、彼は憎悪なしに、単に総統命令という正義を執行したのである

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   |
: : : : : : : : : : : : : : :/ ̄    |
: : : : : : : : : : :/ ̄       |                  __,,,,,,,,,,,======
: : : : : : :/ ̄          | .     __,,,,,,,,,,,======¨¨¨¨ ̄ ̄: (
-─¨ ̄      __,,,,,,,,,,,======¨¨¨¨ ̄ ̄ . : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            ¨¨¨¨ ̄ ̄ l7. : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; : ; : : : : ; ; : : : : : : : :ヽ
                     /: : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; ; : ; : : : : ; ; : : : : : : : :.ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; ; : , : : : : : ;__: : : : : ヽ
                   /: : : : : : : : : : : : : ; : : : :_>─¨¨¨ ̄___二ヽ: : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : _>─ァ ニ-" /, ̄ ̄ー─'" / : : : :ヽ
             /: : : : : ,--‐''¨ ̄,--‐‐'¨∠_/∠--─z  _/: : : : : : :ヽ
                /: : : : ( 、─-、_    ̄`-ャ  ,---ヘ /  /: : : : : : : : : : : : ヽ
             /: : : : : :\`ヽ-、_`゙~ー´/¨ _// ../; ; ; : : : : ; : : : : : : : : ヽ
.             /: : : : : : : : :ゝ、_  `-‐⌒   ∠__,-^ /: : : ; ; ; : : : : .' ; : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : ̄¨ー─--──~´: : : : : ; ; ; ; ; : : : .', ; : : : : : : : :.ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : ; ; ; : : : : : : ; ; : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; : : : : ; ; : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : . ,', ; ; : : : : : ; ; ; : : : : : : : : : ' ; ; ; ; ; , : : : '. ; ; : : : : : : : ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; : : : : , ; ; ; , : : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; , : : ', ; ; , : : : : : : :.ヽ
.        /: : : : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; : : : : : ; ; ; ; ; ; : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , : : ; ; ; , : : : : : : :.ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : .' ; ; ; ; ; , : : : , ; ; ; ; ; ; , : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ' : : : : : : ; ; '. : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : ; ; ' ; , : : : : : : : ; ; : ; ; : ; ; : : : : ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : ; ; : : : : : : : : :.ヽ
.    /: : : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ,' : : ; ; : : : : : ' ; ; ; ; ; : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; : : : : : : : : : :ヽ
    /: : : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ; ; ; , ; ; ; : : : : : : : ; ; ; : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; ; : : : : : : : : : ヽ
.   /: : : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : ; ; : : : : : : : ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : ; ; ; : : : : : : : : :ヽ
  /: : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : ; ; ; : : : : : : : ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : : ; ; ', ; : : : : : : : : .
. /: : : : : : : : : : : : : : , ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : , ; ; ; ; , : : : : : : ; ; ; ; ; , : : : : : : : : : ; ; ; ; ; , : : : : : : : .
                                          . . . : : : : : : : : ' ; ; ; ; ,: : : : : .


2083 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:18:21 ID:ile92ALY



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   つまり現代において殺人の忌避感を超えるための直接手段として、憎悪というものは度々使用されているが
   例外もあり、先述した例の全てに存在し、包括的である「 正義 」という表現を私は用いた
   なお前論では憎悪も正義にある程度包括して述べていた

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                 }:::o::::o/ |: : : : : : |: : :l| : : ∧: : : l: : : : : l\─j─l一 : : :|\ : : : !: : :{::o:::o::/
                 /o:::o::/  i|: : : : : ‐|:─l|─/一、: :\: : : :l: : \|\| \: :|  |: : : |: : : \o::/
                  {:::::o::::|  /|: : : : : : l: : 八 /─ \: : :\: :V.: :| 笊芋弐芍ミ辷.: :| : : : /:::ol   思   そ   な
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   {o::::o:| / |: : : : l: :j/笊芋弐芍ミ\: : |: : \|彡⌒{くりてi} ∨: :| : : ∧:o::|   う   こ   か
                 \   \:::::l,::o::|: : : : l: : 彡⌒{くりてi} ゝ \|\: : l  、 父匕ン_i|: : |: :.//\|   よ  ま  の
     千  な  真   |   }o:::o:::::l: : : : :\: : i、 父匕ン_      \|     ̄      |: /: :/゙⌒l  |        で   人
     代  ん  顔    l    {:::o:::o:∧: : : : :i|\|  ̄         ノ               |/|: /レ ′ l        考
     ち  て  で     |    \::o:::o:::\: :.从                          |//  //|       え
     ゃ こ       .!     _ヽo::/o::\: :.ヽ                          /_//::o::|        て
     ん  と         !   /:::o:::}:::o::::o:::}\∧                       /.: : :/: ̄`|        な
         言        !   \o:::o}o::::o::::::l: : : : 丶           r    ̄丿        /.: : :/ : : <       い
         う      .!      ⌒´ ̄ ̄|: : : : |: : : \           ̄         /.: : :/.: : : :/:|       と
         の     /           |:|: : :|: : :.l: : \                   /|: /: :/.: : : :/: :|
                 /               l:/ : : |: : /: : : : : . .             /   〉: :/: : : : /: : :\
   ______/               / : : : |: /: : : : : : : l: : : .     _   ´   /: :/: : : : /: : : : : :\______
                             /.: : : : :|/: : : : : l : : | : : : /| ̄          /: :/: : : : /: : : : : :/: : : :
                         /: : : : : :/.: : : : :/: : :.:l.: :/  〉,       /|/ : : : :/ : : : : : ∧: : : :
                          /: : : : : :/ : : : : /: l : : |/     { l       / /: : : : : :/ : : : : : /: :|: : : :
                        /: : : : : :/ : : : : /: /: : : |     ヽ}    ノ⌒V: : : : : :/ : : : : : ∧: :|: : : :
                       /: : : : : :/.: : : : :/: /: : : :/__ノ⌒\ \   {  /: : : : : :/ : : : : : /、:l: :|: : : :
                      /: : : : : :/: : : : : /: /: : : :/:::::\|:::::::l ヽ }  ノ/: : : : : :/ : : : : : /::::}.:l: :|: : : :

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   簡単に言うと、「 ご指摘の憎悪とは正義に含んでいました、説明不足でゴメンチャイ 」 ということになる
   すまんな

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


2084 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:19:14 ID:ile92ALY


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そもそも、この正義と憎悪論に関しては拙稿より
   読者投稿:正義の殺人を実行させるもの

   ※注 レス部分は当まとめでは非掲載とさせていただきます。

   のやり取りが詳しい

   四代は言葉の定義付けに関しては深入りせずに本論を終える

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

              ┳
             ooo
            o○○○o
           ○o(゚Д゚)○   ・・・ ・・・
            ○(ノ○oつ
            o○○○                      , -ー- 、_
             ○o○                     ,.‐ '/////////,ヽ
             ∪∪                    ///////////////l
                            .          '///////∧//!////!
                                    l////l-Vー !V-`!'/!リ
                                    l,'ヽ'l!{///}-{///}il.     上のやり取りは非常に興味深いで
                                     !ヽ.l!       l/
                                   /ニ!\ 、 丶ァ . イ、     諸兄も見ろよ見ろよ!
                                 /二ニ=‐,、.   /_l=\
                                /二ニニニニ< l  /\ニニ\
                            .   /二二二二二ニヽ /ニニニ二二\        定義づけとか
                              {二二二二二ニニニニニニニニニヽ       面倒やからやらんけど
                              !二二二二二ニニニニニニニニニ!
                            .    }二二二二二二二二二二二二ニ{

                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━おわり
                             読者投稿:トランプ・バイデン両派に言いてえこと+前回の補足  糸冬
                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2085 : 四代 ◆Ui8SfUmIUc : 2021/01/18(月) 02:19:48 ID:ile92ALY

これ以上の補足はしないためにも注釈がちょっと多くなりました、すまんね
あとネットなんだから語録を始めとした言葉使いの多少の粗は許してくれよな~頼むよ~

なお四代の言葉はフワッフワです、共同幻想を共有幻想と何度も書くくらいには


2086 : 尋常な名無しさん : 2021/01/18(月) 02:20:24 ID:Xm.zlLK2

ぶっちゃけたw
まぁ定義づけし始めるとレス数が膨らむからなぁ……。討論や議論の類であれば定義づけから始めたほうが良いが


2088 : 尋常な名無しさん : 2021/01/18(月) 02:20:57 ID:Xm.zlLK2

乙でした


2094 : 尋常な名無しさん : 2021/01/18(月) 02:42:12 ID:.U0srjEo

乙ー

「正義感が強い」って凡そイコールで「悪を憎む心が強い」になるからなー
今のアメリカは「ダーティハリー症候群」が全土に拡大してそうな有様


2097 : 尋常な名無しさん : 2021/01/18(月) 03:50:26 ID:NCLQ5Dys

乙ー
正当性は、社会が与えるものであれ、個々の倫理がもたらすものであれ、殺人へのハードルを下げるからなぁ・・・


関連記事
[ 2021/01/20 15:29 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2章 コミュ その1 (03/07)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2章 その5 (03/07)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2章 その4 (03/07)
  • 国内的な小咄 1312 私なりに魂を群馬好きにする方法 (03/07)
  • 国内的な小咄 1311 魂を群馬県民にしろ、の補足 (03/07)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第5章 神殺しの罪人と幻想のエリクシル - The truth of elixir and the world - episode 8 前編 (03/07)
  • 稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす! 第4話 2/7編 (03/07)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―それぞれの夜編―) (03/07)
  • やる夫は転校生のようです ラジオ・魔人解体新書 第2回 「で?こいつら、ダレなの?」 (03/07)
  • やる夫は転校生のようです 第参話 「妖刀」・後編 (03/07)
  • やる夫は転校生のようです 第参話 「妖刀」・前編 (03/07)
  • 正義屋さん 第24話 (03/07)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第21話 ぼくのなつやすみ (03/07)
  • やる夫はEMAGOSUKをプレイするようです (03/07)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第61話 (03/07)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その23 (03/07)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 幕間 (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 夜会話 ~ 次週予定表安価 (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 イベント (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 その5 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド ナギ様が大活躍する話 他 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 剣闘士やる夫 2 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 39 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 38 (03/06)
  • あんこ戦隊 第10話 その2 (03/06)
  • あんこ戦隊 第10話 その1 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ラジオ・魔人解体新書 第1回 「そもそも、これって何よ?」 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―美里&遠野編・壱―) (03/06)
  • やる夫は転校生のようです 第弐話 「怪異」 後編 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―醍醐&桜井編・壱―) (03/06)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 19 お酒食えよ (03/06)
  • 読者投稿:過酸化水素の特性、活性酸素 (03/06)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~35かいめ~ (03/06)
  • 読者投稿:本当の電波浴 たちむかう メスの証明 (03/06)
  • 読者投稿:「たのしいけいば」~漢字馬名~ (03/06)
  • 読者投稿:小ネタ 電波浴の基礎知識 女性の定義 (03/06)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第六章 謎のプリンス(プリンセス)編 第四十話 六年生の終わり (03/06)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 129 (03/06)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 128 (03/06)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 56 (03/06)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 55 (03/06)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その22 (03/06)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ121、お家で応援っ (03/05)
  • 国際的な小咄 8102 漢字ファッション (03/05)
  • 医学的な小咄 多形慢性痒疹 ~ セカンドオピニオンのススメ (03/05)
  • 目次 やる夫は転校生のようです (03/05)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―蓬莱寺編・弐―) (03/05)
  • やる夫は転校生のようです 第弐話 「怪異」 前編 (03/05)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?)・壱 ―蓬莱寺編―) (03/05)
  • やる夫は転校生のようです 第壱話:転校生 (03/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/1)
    ※完結作品は集計した前の月(1月)までに最終話が更新された作品を対象としています。


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5やる夫は聖杯を落としたそうです
    6あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG6横島くんは死神になるそうです
    7やる夫は魔導を極めるようです7やる夫はソロハンターのようです
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    9異世界転生したいやる夫のお話9あんこ時々安価で鬼滅の刃
    10白頭と灰かぶりの魔女10異世界食堂できない夫
    11日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅11現代知識チートで無双する男のおはなし
    12アカガネ山のやる夫12やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    13それ行けサイヤ人やる夫!13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14やる夫の現代ダンジョン14アメリカンヒーローアカデミア
    15やる夫たちでソードワールド15やる夫はギルドを経営するようです
    16やる夫とあかりで異世界暮らし。16レベルを上げるスレ
    17鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい17デーモンスレイヤー
    18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです18魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19ドクオが異世界転生したようです
    20やらない夫は代打の神様なようです20STALKING!!
    21できない子とSCP21ストレンジトゥエルブ 十二柱の神々
    22妻が新型コロナウイルスで自宅隔離になりまして22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23やる夫はアーランドの冒険者になるようです23やばキャン凸
    24やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです24コンピューター様、情報更新は義務です!!
    25IT業界のやる夫さん25やる夫たちは三連星(代理)のようです
    26フェイトが北の大地で勇者になるようです26オーバーあんこ
    27ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~27ご加護なカンジ
    28ほぼ日刊英雄()をつくる28やる夫がロードバイクに乗るようです
    29やる夫達は人間ではないようです29やる夫はLVが上がらないようです
    30和人は最後の日常を過ごすようです30やる夫青春18切符20日47都道府県巡り
    31血まみれ勇者31やる夫王子の暇つぶし
    32やる夫は奇妙な友達ができるようです32やる夫は男子校?に通うようです
    33やる夫は仲間達と冒険するようです33できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    34ポケットモンスター 安価・あんこ34めぐみんの楽しい独身生活!
    35やらない夫は集われるようです35金欠ほのぼの冒険物語
    36彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです36魔王子がんばる!
    37やる夫はリュー使いになるようです37やる夫がDQ2で最強データを目指すようです。
    38あんこ時々安価でヒーローもの38新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    39やる夫の伝説39主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    40やらない夫がサッカーで天下統一するようです40


    過去ログはこちら
    人気ページランキング