スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:再三言ってるのですが目次の更新は不定期です。結構遅れます。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷
2/25
キル夫は運命をひっくり返したようです
2/19
あんこ時々安価で惑星のさみだれ
2/18
・やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
2/17
シャーマンファイト IN あんこ
蒼星石とお姫様
2/12
いまだ魔法は解けぬままに
2/8
・のうみん!
1/28
・ダイスでライダーバトル(仮面ライダー龍騎)
1/26
・やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです
1/25
やらない夫は代打の神様なようです
1/17
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~
ヤラナイオと幽香りんの12花月
1/8
和人は最後の日常を過ごすようです
1/7
異世界転生したいやる夫のお話


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

読者投稿:正義の殺人を実行させるもの ~ 戦士学解説番外編 殺人の解剖と普通の人

目次 国際的な小咄

3713 : 葡萄 ◆5d3N5K3xD6 : 2021/01/12(火) 20:25:10 ID:MQcqgzQ.

読者投稿:正義の殺人を実行させるもの


 ┳
○○○○     はじめまして、私は葡萄です。
○○○      四代氏の投稿(>>1749->>1776)について若干の異見ないし補足があるので投稿させて頂きます。
○○       最初に断っておきますが、氏の全体的な分析には同意します。重箱の隅を突くような指摘になりますのでご容赦ください。



 ┳
○○○○     さて、氏は>>1751において「人は正義を確信すれば躊躇なく人を殺せる」と述べておられます。
○○○      異見いたします。普通の人間は、正義『だけ』では人を殺せません。
○○       人が人を殺す決定的な動機には、もっと別の要素が必要になります。それは何か?



 ┳
○○○○
○○○      「憎悪」です。これが必要です。
○○



 ┳
○○○○     あくまで正義は憎悪を煽ったり、正当化する為に利用されます。
○○○      憎悪というエネルギーが無ければ、人が人を殺すほどのモチベーションは簡単には生まれません。
○○       憎くもない相手を正義だけで殺せるのは、特殊な素質があるか高度に訓練された人間だけです。
○        いくら正義を提示されても、ぶっ殺してやりたいほど憎い相手以外はそう簡単には殺せないものです。


 ┳
○○○○     さて、ここから少々踏み込んだ内容に入りましょう。
○○○      一般論として、「正義が人を殺す」という言説がございます。四代氏も引用されました人口に膾炙した言説です。
○○       アニメなんかでもよくネタにされますので、まあ皆さんよくご存じでしょう。



 ┳
○○○○     正しくは、「正義で人を殺させる」です。
○○○      正義は人を殺しません。
○○       何故なら、「殺人は正義ではない」からです。



 ┳
○○○○     やり方をご説明いたします。正義によって人に人を殺させるには、先に述べた二つの段階を踏まえます。
○○○      第一に、「正義を利用して憎悪を煽る」段階。
○○       第二に、「蔓延した憎悪を正義で起爆する」段階。
○        第一段階は元からの社会情勢によっては省略できますが、概ねこの二段階によって組織的殺戮は達成されます。


 ┳
○○○○     結論を申し上げますと、例え正義があったとしても、それだけでは内乱にはならない。
○○○
○○       ――アメリカ人がアメリカ人に鉛弾ぶち込んでやりたいと願っていない限りは。



 ┳
○○○○     上記の結論を四代氏も恐らく分かってはいたのでしょうが、ネット掲示板という場を弁え、不特定多数のスレ民に動揺を与えまいという深慮遠謀を以て、賢明にも口を慎まれたのでしょう。
○○○      しかしながら氏の論において、この点が引っかかっていそうなスレ民を散見いたしましたので、僭越ながら補足させていただきました。
○○       以上となります。






4165 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:55:57 ID:9WbNdb0E


戦士学解説番外編 殺人の解剖と普通の人


          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |  ひさしぶり、今回は戦士学とはちょっとずれるけど、
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|. 人はどういうときに人を殺すのかという殺人学のお話をするよ。
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″ ちなみに戦士学はこれをベースにしたうえで、
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    `二´    / l゙   .|/ .l     .どうやって兵士に人を殺させるかって学問なの。
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.::.:.:.| |.:.:.:.:.:.:.:.|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|


                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |ソヘミ ー<厶/`У / /
.                ∨ | トx≠ミ   x=ミ.∨ / /      ちなみにフードの変な人は、パイロットの私に解説させているのに
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  マ__フ  〉/ /´ |      戦術機を批判しようとしたせいで、反革命分子とみなされて
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\    .シベリア送りになったからいないよ。
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  \
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /   \
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }

.


4166 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:56:46 ID:9WbNdb0E




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .       /   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l  .まず、葡萄さんが言っていた殺人を犯す原因の憎悪、恐怖、責任感だけど
       .|│ ||.|  .ト、    -─-    / l゙   .|/ .l
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |   すごく核心に近いの、
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |  .それで、それがどうして殺人に結びつくのか、一つ一つ見ていくね。
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.ニ三ゞソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|三三三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|



        ____
      /    :\
    /        :\    まず、憎悪がなぜ殺人に結びつくのか、
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧  . それはね。”相手を同じ人間として見なくなるから”
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|
  | :| |/示    示ヘ| | :|   なの。
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/
   .| | | 》     `  《| | |
   .| | |\_二_/| | |   ..人間じゃないものは殺しても心が痛まないから、人間を殺したことを否定できる。
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |
  /| |\o\/o/| |ヽ  .....憎悪によって相手の人間性を否定すると殺人へのハードルが下がるの。
 /_ | ||二└┘二| | | /|
  / | .|     Y   Y | \  ..もちろん、頭に袋をかぶせて相手のシルエットから人間性を奪ったり、
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ   宗教的に人間じゃない判定を出すことでも同様に殺人のハードルが下げられるの。

.


4167 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:57:25 ID:9WbNdb0E




                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |芹云 ー<厶/`У / /
.                ∨ | ト じツ    じハ∨ / /             次に恐怖
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  っ  〉/ /´  |             これはどちらかというと理性が薄れて、感情や体が動く状態
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\          いわば、肉体が自動化された状態なの。
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧          戦士学では、訓練でこの状態でも適切に動けるようにするの。
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵          普遍的人間恐怖症って覚えてるかな?
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |
  /  /   ∨ /           /  /∨  `ヽ.       |  |    |
  { /     '∨ヽ    {        ∨ /   ∨     Y       }  }    /
  |./    ./  〈    〉      ∨     \   j     /  ./   /



        ____
      /    :\
    /        :\
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|   この状態だと理性のストッパーがあんまり働かないけど・・・
  | :| |/示    示ヘ| | :|
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/   .逆に本能的な部分での殺人忌諱も出ちゃうから、
   .| | | 》     `  《| | |
   .| | |\_二_/| | |   ..ちゃんと殺すか、逃げ出しちゃうか、殺さず脅そうとするか、降伏するかは
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |
  /| |\o\/o/| |ヽ  .....本人のこれまでの経験や訓練、性格が出るの。
 /_ | ||二└┘二| | | /|
  / | .|     Y   Y | \
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ

.


4168 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:57:57 ID:9WbNdb0E




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|    .最後に責任感、
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |   これは権威に対する服従と共同体に対する服従に分けられるけど
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|  ...権威に対する敬意や、集団の自己同一性や人数、
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″   そしてその正当性によって、
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    ー─    / l゙   .|/ .l        それらが指示する殺人へのハードルが下がるの。
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|


                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |芹云 ー<厶/`У / /
.                ∨ | ト じツ    じハ∨ / /    私たち軍人は、この三つをうまく使い分て、人を殺すの。
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  っ  〉/ /´  |    だから基本的に、このどれかがそろわないと人を殺せないの。
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  \      でも、例外がいる
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /   \
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |
  /  /   ∨ /           /  /∨  `ヽ.       |  |    |
  { /     '∨ヽ    {        ∨ /   ∨     Y       }  }    /
  |./    ./  〈    〉      ∨     \   j     /  ./   /

.


4172 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:59:09 ID:9WbNdb0E



        ____
      /    :\
    /        :\
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧  ...そう、以前話した人口の2%を占める社会病質者(ソシオパス)の人、
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|
  | :| |/示    示ヘ| | :|  ....この人たちは正当な理由が与えられれば、憎悪や恐怖、指示がなくても、
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/
   .| | | 》     `  《| | |   ....人を殺すことができるの。
   .| | |\_二_/| | |
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |   ....もちろんできるというだけで、特別攻撃性が高いわけじゃないよ?
  /| |\o\/o/| |ヽ
 /_ | ||二└┘二| | | /|  ......権威に反抗的という分析もあるけど
  / | .|     Y   Y | \
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ





          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |   よく”普通の人”ならこれ位なら殺人を犯せない。
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|  っていうけど、その”普通の人”って
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |. .人口のどれくらいでどんな人の事?
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    ー─    / l゙   .|/ .l     それに、もし整っている人が権威として指示を出したら、
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |      それに正当性があれば、”普通の人”に限らず、
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|     だれでも人が人を殺せる条件は整うよ。
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.ニ三ゞソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|三三三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|

.


4175 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/13(水) 00:00:21 ID:Ru4Grd3Q


以上です。
元ネタは戦場における人殺しの心理学です

注)ソシオパスの人を差別したり悪く言う意図はありません。
むしろさりげなく普通の人の分類から除きそうになるのが怖い・・・


4177 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:20 ID:A18cKy8.

普通というのも所詮はその状況下における多数くらいの意味しかないからなぁ……乙ー


4178 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:30 ID:ZShDXnfg

人を殺してはいけませんの道徳教育と、
殺人で受ける刑罰と社会的リスクを知識として持ってる人間のうち、
10人中5人が殺さないラインが”普通の人”が殺人を犯せないラインかなって思ってる


4179 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:41 ID:90DnZuPo

投下乙
中々、人を殺すのにはハードルが有りますなぁ。
そうやって、傷付いて帰って来た兵士に罵倒を浴びせる、マスコミって連中がいるってランボーで言ってた!


4180 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:42 ID:0xrPtRvI

乙です。

やっぱこういうの効いてるとそんな教育されたエリートの中でも
ぶっこわれる人間が出るゲリラ戦やテロリストの戦いの恐ろしさを実感するねぇ・・・


4181 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:03:40 ID:x/t4wCbY

投稿乙ですー
戦士学はそこまで踏み込むんですねー


関連記事
[ 2021/01/15 22:21 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(4)
140927 :日常の名無しさん:2021/01/16(土) 00:14:45 ID:-[ ]
人を殺すのに理由が要る?それってただ単に責任を誰かに転嫁したいだけでは?誰々が命じた、奴等は人間では無い、あいつらはこんな事をしたんだから〇されても当然と言うのは理由付けされた責任転換なだけだな。

要は勧善懲悪の中で俺様善!俺以外悪!をしたいだけで錦の御旗が有れば正当化されると思っているお花畑だと思うがな。

同族殺傷に嫌悪感を抱くのは当然、だから同族をみんなとか普通と言う括りに入れて自分も其処に入る、そして同族以外を絶対的な敵対者として認識させる、こう言った行程があるから憎悪だの善悪だのと言う尾びれ背びれが付いてるだけだと思うがな。
140928 :日常の名無しさん:2021/01/16(土) 00:14:47 ID:-[ ]
ゲリラ戦やテロリストは自分が殺される恐怖だからまた別ものじゃないかなー
140940 :日常の名無しさん:2021/01/16(土) 04:13:40 ID:-[ ]
戦士学というのは市民を戦士に育てるための研究らしいが戦士を市民に戻すための研究もしてるのかな?
戦場帰りが元の市民生活に適応できなくなってしまい戦場の勝って生きるか負けて死ぬかまで市井に持ち帰ってしまう
荒くれ退役兵問題は育てた戦士が多ければ多いほど社会負担になるだろう。
140942 :日常の名無しさん:2021/01/16(土) 05:14:36 ID:-[ ]
確か戦時中のB-17のプロパガンダドキュメンタリーで、この下にいるのは我々と同じように暮らすドイツ人たちです見たいなセリフがあって、単に善悪とは別の義務的要素はあると思うけどなぁ
無論すべては殺人忌避に意図的に存在するセキュリティーホールを通るためなんだろうけど
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2章 コミュ その1 (03/07)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2章 その5 (03/07)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2章 その4 (03/07)
  • 国内的な小咄 1312 私なりに魂を群馬好きにする方法 (03/07)
  • 国内的な小咄 1311 魂を群馬県民にしろ、の補足 (03/07)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第5章 神殺しの罪人と幻想のエリクシル - The truth of elixir and the world - episode 8 前編 (03/07)
  • 稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす! 第4話 2/7編 (03/07)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―それぞれの夜編―) (03/07)
  • やる夫は転校生のようです ラジオ・魔人解体新書 第2回 「で?こいつら、ダレなの?」 (03/07)
  • やる夫は転校生のようです 第参話 「妖刀」・後編 (03/07)
  • やる夫は転校生のようです 第参話 「妖刀」・前編 (03/07)
  • 正義屋さん 第24話 (03/07)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第21話 ぼくのなつやすみ (03/07)
  • やる夫はEMAGOSUKをプレイするようです (03/07)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第61話 (03/07)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その23 (03/07)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 幕間 (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 夜会話 ~ 次週予定表安価 (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 イベント (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 その5 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド ナギ様が大活躍する話 他 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 剣闘士やる夫 2 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 39 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 38 (03/06)
  • あんこ戦隊 第10話 その2 (03/06)
  • あんこ戦隊 第10話 その1 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ラジオ・魔人解体新書 第1回 「そもそも、これって何よ?」 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―美里&遠野編・壱―) (03/06)
  • やる夫は転校生のようです 第弐話 「怪異」 後編 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―醍醐&桜井編・壱―) (03/06)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 19 お酒食えよ (03/06)
  • 読者投稿:過酸化水素の特性、活性酸素 (03/06)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~35かいめ~ (03/06)
  • 読者投稿:本当の電波浴 たちむかう メスの証明 (03/06)
  • 読者投稿:「たのしいけいば」~漢字馬名~ (03/06)
  • 読者投稿:小ネタ 電波浴の基礎知識 女性の定義 (03/06)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第六章 謎のプリンス(プリンセス)編 第四十話 六年生の終わり (03/06)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 129 (03/06)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 128 (03/06)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 56 (03/06)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 55 (03/06)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その22 (03/06)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ121、お家で応援っ (03/05)
  • 国際的な小咄 8102 漢字ファッション (03/05)
  • 医学的な小咄 多形慢性痒疹 ~ セカンドオピニオンのススメ (03/05)
  • 目次 やる夫は転校生のようです (03/05)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―蓬莱寺編・弐―) (03/05)
  • やる夫は転校生のようです 第弐話 「怪異」 前編 (03/05)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?)・壱 ―蓬莱寺編―) (03/05)
  • やる夫は転校生のようです 第壱話:転校生 (03/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/1)
    ※完結作品は集計した前の月(1月)までに最終話が更新された作品を対象としています。


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5やる夫は聖杯を落としたそうです
    6あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG6横島くんは死神になるそうです
    7やる夫は魔導を極めるようです7やる夫はソロハンターのようです
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    9異世界転生したいやる夫のお話9あんこ時々安価で鬼滅の刃
    10白頭と灰かぶりの魔女10異世界食堂できない夫
    11日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅11現代知識チートで無双する男のおはなし
    12アカガネ山のやる夫12やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    13それ行けサイヤ人やる夫!13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14やる夫の現代ダンジョン14アメリカンヒーローアカデミア
    15やる夫たちでソードワールド15やる夫はギルドを経営するようです
    16やる夫とあかりで異世界暮らし。16レベルを上げるスレ
    17鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい17デーモンスレイヤー
    18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです18魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19ドクオが異世界転生したようです
    20やらない夫は代打の神様なようです20STALKING!!
    21できない子とSCP21ストレンジトゥエルブ 十二柱の神々
    22妻が新型コロナウイルスで自宅隔離になりまして22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23やる夫はアーランドの冒険者になるようです23やばキャン凸
    24やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです24コンピューター様、情報更新は義務です!!
    25IT業界のやる夫さん25やる夫たちは三連星(代理)のようです
    26フェイトが北の大地で勇者になるようです26オーバーあんこ
    27ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~27ご加護なカンジ
    28ほぼ日刊英雄()をつくる28やる夫がロードバイクに乗るようです
    29やる夫達は人間ではないようです29やる夫はLVが上がらないようです
    30和人は最後の日常を過ごすようです30やる夫青春18切符20日47都道府県巡り
    31血まみれ勇者31やる夫王子の暇つぶし
    32やる夫は奇妙な友達ができるようです32やる夫は男子校?に通うようです
    33やる夫は仲間達と冒険するようです33できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    34ポケットモンスター 安価・あんこ34めぐみんの楽しい独身生活!
    35やらない夫は集われるようです35金欠ほのぼの冒険物語
    36彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです36魔王子がんばる!
    37やる夫はリュー使いになるようです37やる夫がDQ2で最強データを目指すようです。
    38あんこ時々安価でヒーローもの38新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    39やる夫の伝説39主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    40やらない夫がサッカーで天下統一するようです40


    過去ログはこちら
    人気ページランキング