スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
修羅場は乗り越えたか……?

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
1/7
婚約破棄令嬢は告られたい
クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※SSの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:油脂の酸化(不飽和脂肪酸)

目次 国際的な小咄

6149 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:21:33 ID:ZzXfOUw2


読者投稿 油脂の酸化(不飽和脂肪酸)


7116 ミジュニキ ◆XksB4AwhxU sage 2020/12/07(月) 07:46:54 ID:0Gp6j6.c
二重結合の近くの炭素が酸化されるっていう表現が個人的には疑問。
二重結合している炭素なのか、それとも二重結合している炭素とは違うのか…。

二重結合していない炭素が酸化されるとして、なぜそっちの方が酸化されやすいのか、
それはワセリンに限ったことなのか、それとも二重結合そのもの性質なのか…。

…ここら辺めっちゃ興味あるので知っている人は読者投稿してくれ!!




             _
         i>≦i:i:i:i:i:〕iト.,
.     ヽ ̄ ̄'i:i:i:i:i:i:i:i:´i:i:i:i:i:i\
      〉__/i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:ィi:i:i:i:i:i:i',
     〈i:i:iノi:i:i:i:i:i/i:iニ ー―Li:i:}
      /Li:i:i/ vi:i:i:!ソ`  ヒソ i        解説させていただきます
     '  i:i:丶 丶{   '   }!
       Ⅶi:i:i:i`   _  イ」        まずこれは、ワセリンに限ったことではなく
         ]i:i:i:i',\∧ー "          他の油脂の二重結合でも同様の現象が起こります
       / ⌒ヾr,\|!:〉
       ,      ヾ. }!ヾ,          そして、二重結合している炭素ではなく、
.     /        i:|! }」           二重結合している炭素の
.     ,       \ i:|! | ゙,        「隣の炭素」が酸化されやすいです
.     |      ∨' ,  iヽ
.     |        .∨/  .| !
.    /        ∨  f_\
    i    _ 斗――>―"=-、`ヽ
    丶            ∧ ∨ }!



                    ,
              〈 | __
          _ -=ニニニ(_ノ´
         7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iマiヽ
       ' /i:i:i:i、i:i:i:iヽi:i_i:i:}`
         /i:i:(i:i:i:マi:i:_i:}i fマ:i!
         Ⅶ、__  __}:i r/:i:i}_           それはなぜか?
         }i:〉、 '_ _ "/,:}i:i/  ヽ
         _ ./ > イ/ }〈    ∨       二段階に分けてご説明いたします
        ∠_,__i{_Y-==- 、  Y
      / ./ / 了         |.、
       i   / / ∥         √∨     1.紫外線でやべーのができる
       |.  !.〈. ∥          ′ 丶
.       、 乂丶_、         /イ   },     2.やべーのが大暴れ
        \  フ Y       /  N  _.ハ
         ̄   ト _ <     |ニv'ニニニ',
                7ァr _ 斗'ニニ/ニニニ、
             ,/:/!ニニ|ニニニニニ/ニニニニ
            √{::|ニニ|ニニ7ニニニニニニニ|
            ∥ーゞ―ニニ'ニニニニニニニニ
           ∥ニニニニ|ニニニニニニニニニニニ|

.





6150 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:23:19 ID:ZzXfOUw2


1.紫外線でやべーのができる



            _ -====- _
        r  _v i:i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶
        ヽ__7i:i:i:i:i:7i:i:i:_/!i:i:i:iトi:i:i',
        〈i:i:i|i:i:i:i:i7i:i{-= 、"―_寸}!       油脂(不飽和脂肪酸)に光が、
        Yi:|i:i/` |i:i:!らリ  紗/i:|        特に紫外線が当たると、
         '''7i:i.、 ⌒     ' :!i:i:!        『ラジカル』というものが発生します
          |i:i:i:i:7丶.   - / 丶
          {i:i:i:i:ト   >  イ          (※光以外にも、熱や放射線でも発生します)
        _ / `寸!\ /|i:',_
      /     Y|:\ 丶!}i \         ラジカルとは
     /      φ::::::v ::E- ̄',         「ペアになっていない1個だけの電子がある状態」
     ,       }:i! У,:::ii:i!ミ !}、        という意味です
     |     \ '" / /:::|'" ∧ }ヽ ト _
     |       丶./ /:::::|  |:::リ  }   Y    このラジカルこそ、酸化の原因です





      ,.. : : ...、            電子というものは、2個ペアで揃ってないと
     ,.:'::゙   :::`,           安定しない性質があります
    ;:,:.:   ...:.:.:.:;
    ';:::::.:....:::::::::;:;;;'           なので、普通は2個ずつのペアで存在します
     、::;:;:;:;:;:;:;;;;:'
      `~゙"~´            それが電子1個だけの状態では
           ,.. : : ...、       非常に不安定になり、即座に他の物質と反応する性質をもちます
          ,.:'::゙   :::`,
         ;:,:.:   ...:.:.:.:;      (※ペアになっていない、この1個だけの電子を「不対電子」といいます)
         ';:::::.:....:::::::::;:;;;'
          、::;:;:;:;:;:;:;;;;:'       このラジカルの発生が、酸化のスタートです
           `~゙"~´

.


6151 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:25:45 ID:ZzXfOUw2


2.やべーのが大暴れ



     まず紫外線などにより、脂肪分子の中でラジカルが発生します


       H
       │
     ─C─C=C─
       │ │ │
       H  H  H


     ↓↓↓↓↓↓↓   紫外線などで結合が切れる


         ●H
       ●
     ─C─C=C─
       │ │ │
       H  H  H     ※●が不対電子



                _,,..、、、、、、..,,_
             .:.:".:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
            /.:.:|.:.:.'.:.:.::../⌒.:.:.:.:.:.:.:. \
        r―― ミ.:|.:.:|.:.:/___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         \ 二二/⌒|--- /.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.: |.:|
          |⌒/./.:.:.:.∨ ̄ .:.:.:.:.:.:.:/_|:.:.. |/
          |.:.(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|..:.:.:.:.:.:.:.:/.:./ | ̄:「
          〕\:、.: _. 人  ̄ ̄ .:.:. 人 | .:.:.|     ただしここで、そもそもの問題が
           | .:.: (.:\.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:/  厂 ̄
           |.:.:.:.:  ̄.:\.:.:.:.:.:.\(´  /        先ほども説明した通り
           |.:.:.:.:.:.:. 〔 ̄\.:.:.:.:.:.\/         ラジカルというのはかなり不安定なんです
          人 .:.:. / ̄ ̄ \.:.:.:.:.:.\
           /  ̄/ ̄ ̄/ ̄ ̄\.:|         元の状態で安定してる物質は、
          /   ,:          ∧         そうそうラジカル化なんてしないのです、が……
         /   /          / '_
        /    ,:           |   '
        /    |             |   |       ※例:なかなか酸化しないサンホワイト
.        |     |             |   |

.


6152 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:27:25 ID:ZzXfOUw2



       しかし隣に二重結合があると、
       ラジカルにこのような共鳴が発生


            ●
          ─C─C=C─
            │ │ │
            H  H  H

             ↓↑
                                         __
                   ●                     /i:i::i:i:i:i:i:i>.、
          ─C=C─C─                   ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
            │ │ │                    /_i:i:r―― W、i:i:i:i:|` Y
            H  H  H                    ,7i: |仗リ,  沙}i:i:i:i:iKi:7
                                    (ゝ.〈!     ,ィ/⌒i:i>"
                                     _斗、>ー‘ '__ ,、_ イ!
ラジカルの不対電子が非局在化されます          , <  /   7/イ}i:i:/
(※ラジカルという不安定な『尖り』が平均化される)  _/     i!   / )_/:イ、
                               γ /   //!  / 7 ∥  ∨
これによって、ラジカルの不安定さが         √, _ イ   }  , /'  "    Y
一気に軽減されます                   |        、 !:|  /   7
                               、       />\__   ,
                                \     /'   丶    |
                               _/ >r- "        / j
                              _j≧'ニ/ /,           /
                       _ ――― ≦!ニニ/- 、 \        〃
                     _<ニ<ニニニニニニ|ニイニ|ニニニニ=―- __ ,イ、
                  γニニニニニニ`ヽ/´ニニ/ニニニ!ニニニニニニニニニニニニ',

.


6153 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:28:38 ID:ZzXfOUw2




             _ -=ニニニニ=- _  _ - ァ
            /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`i:i:i:i:i:i:<   j          つまり……
              /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:ー<
          ∥i:i:i:i:i:i、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i:i',i:i:、        二重結合がある
           'i:i:i:i:i、i:i:i マ> ´ ̄ ̄.|:i:i:i:i:_i:|i:i:〉         ↓
          i:i:i:i:i:i| マ "     /んう|:i:|Y  Y"         ラジカルでも安定しやすくなる
          |Wi:ir -==、    らソji:i!  /           ↓
          i{иi;i、{ らソ  、    ' ,、ィi:i{         ラジカル化の敷居が下がる
           |i:i:ム      、   /!i:i:i:i:i:、          ↓
           jW:> \   ゝ '  .イ |i:i:i:i:i:i:iヽ       ラジカル化がしやすくなる
        -、   "  |i:i:≧- __ イ / >i:i:i:i:i:i/、_
           Ⅶ       |i:i7i:i:i:i:〉. / / /!i:i:イ    ̄    となるわけです
           .Ⅶ     乂i:i:i:/∧/ /  /::Yッ
       r 、.Ⅶ    _ /i:i:i/::! ∨  /::::::|:i:',             、
        ノ 、 Ⅶ   -   7!|:::| /  /::::::::/hi!             ∨
      { 、 ヽ∨〉/     i:i:i!::!./  /::::::::/. 爪              ∨





             _
         i>≦i:i:i:i:i:〕iト.,          さて、二重結合があることで発生しやすくなったラジカル
.     ヽ ̄ ̄'i:i:i:i:i:i:i:i:´i:i:i:i:i:i\
      〉__/i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:ィi:i:i:i:i:i:i',       ここに空気中の酸素が結合し、酸化するわけです
     〈i:i:iノi:i:i:i:i:i/i:iニ ー―Li:i:}       (不対電子の場所も変わります)
      /Li:i:i/ vi:i:i:!ソ`  ヒソ i
     '  i:i:丶 丶{   '   }!
       Ⅶi:i:i:i`   _  イ」          ●
         ]i:i:i:i',\∧ー "          ─C─C=C─  +  O2
       / ⌒ヾr,\|!:〉              │ │ │
       ,      ヾ. }!ヾ,            H  H  H
.     /        i:|! }」
.     ,       \ i:|! | ゙,
.     |      ∨' ,  iヽ           ↓  ↓  ↓
.     |        .∨/  .| !
.    /        ∨  f_\
    i    _ 斗――>―"=-、`ヽ       O─O●
    丶            ∧ ∨ }!       │
                         ─C─C=C─
                           │ │ │
                           H  H  H     ※●が不対電子

.


6154 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:30:09 ID:ZzXfOUw2



                                 ここで、>>6151で発生した水素ラジカルが再登場
                                 酸素の不対電子にくっつきます


              _ -=ニニニ=- 、              O─O●
         _ ―,:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\            │
         `\ /i:i:i:'i:i:i:∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ        ─C─C=C─   +   H●
          {i;i;7i:i:/i:i:i:__!-Ⅶi:}_}i:i:i:i:}  、          │ │ │
          乂{i:i7i:i:i:i| _    _, 、|:i:i:i!           H  H  H
           /i:i{r 守{'らリ    紗}:i斗
            ̄人丶`     '  7'
              ,}7:ト    -  イ{、            ↓  ↓  ↓
              _/|i:i∧、 > イ/、i:i::ト
           /' |i:7:∧ 、  ./':::}寸! Y
          /    マ! ',:∧ 、.//::::! |!  |          O─O─H
         /     Y:i ',::::::<./:::::,  リ  .Y         │
        ,      、 マ,、',:::::/:::::/  ,}!  |        ─C─C=C─
                爪.〉'::::::/  7"   !         │ │ │
,        7       |  ./:::::::/  .7   |          H  H  H
.       7        |./::::/   . /     Y
       ,         Y::::/    ∧ト    |
.      / 、   \、  マ        丶 \ |       これで反応が終了
     /  ∧    \ Ⅶ       ∨   、      酸素原子が2つ結合し、過酸化物となりました
     !         \!       ,ィニ>_ ヽ
     |             Y     /ニニニニニ>、    以上、これが不飽和脂肪酸の酸化反応です

.


6155 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:34:13 ID:ZzXfOUw2


3.アリル位「来いよラジカル!水素なんか捨ててかかってこい!」



                        ''"゚~ ̄ ̄~゚"''
                    /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:(/⌒.:.:.:.:.\
                _/⌒7.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒\_
                  \  /.:.:.:.:/./.:.:.:.:.::..:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:∨ /
                   ∨|.:.:.:./ :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:./.∨       二重結合の隣の炭素が
                   |.:|.:.:/.:.: /.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:. ∨.:/.:.       「ラジカル化しやすい」
                   |.:.:.:'.:.:.:/ .:.: |.:|.:.:.:.:.:.:.:| .:|.:.:.:.:.:.:∨ |.:i       というのはお分かりいただけたかと思います
                   | .: |.:.:.:|:| .:.:.|.:|.:.:.:.:.:.:.:|.: |.:.:.:.:.:.::.| .:|.:|
                   |⌒|.:.:.:|:|.:.― |.:.:.:.:.:.:.:|.:―.:.:.:.:.: |'^|.:|
                   |i( |.:.:.:l`⌒´ ``⌒~~` ~⌒| .:.: |).|.:|
                   |乂|.:.:.:|__      __|.:.:.:八:|/         二重結合の隣の炭素、
                   |.: 人.:_|´⌒^      ^⌒~´|_.:/.:.:.:|          この場所を「アリル位」といいます
                   |.:.:.:.:込 ' '     、   ' '   ィ.:.:.:.: |
                 /|.:.:.:.:.:.个         个.|.:.:.:.:.:|\           ▼
                / 人.: \.:| |:> └┘ < :! :| :/人 \       ─C─C=C─
               /    /\.:.八 |∧\`¨´ // 八Y :/     ヽ       │ │ │
             /       /〕〔 |人 、 \/ / / |.〕〔      ',       H  H  H
               /        / |.:| |   、 \/  / / / .|.:|      ∧
           /    |    〔_〕.|:.  \   / / / 〔__〕 |    / .     上の解説の通り、共鳴によって
             /     :|   | |.:||::. \ \/ / /  |.:.| |   ./  ',    反応性が高まりやすい場所です
            |     |   | |.:||::.    / / /   :|.:.| |  /   / |












                  _,,..、、、、、..,,_
               .、-''".:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `丶、
             //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:`、
            .:'.:.:.:.:.:.:.:|..|.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:. /. `、
           /.:.:. |.:.:.:.:.:|.:|   |     ∨ /:.:.:. __
          .:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|./.:.:.:|.:\.:.:.:|.:.:.:∨.:.:.:..〈 / /
          i______r---  ̄ ̄ ――:|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|_/
          |.:.:. .:.| __    ________|.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|_〉
          |:.:.:.(.:| |'//|     | //| |.:.:.:.:|⌒Y.: |」
          | .:.:.: j   ̄   `   ̄ /⌒(  八(      ……はい、唐突ですがここで
            ̄:八     __       --く|        二重結合を 増 や し て み ま し ょ う
             个 .,_  ヽノ   イ.:./:ノ
               |.:.:./| | ̄/ /:./:/                ▼
                厂|  | |// ロ'⌒ \        ─C=C─C─C=C─
               / ||  |//   |.:|  |  ヽ         │ │ │ │  │
              ノ  .|| /:::::/  L( /     |        H  H  H  H  H
             /   |,/:::: /   /     |
             /    j::: /     /     |
             |   \:/       {/⌒   |      二重のアリル位!
             |   (中)     /      |      反応性がもっと高まるよ!
            ∧   |∪|     /         /       やったねアリル位ちゃん!

.


6156 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:35:28 ID:ZzXfOUw2




           _ -======-≧、 ,-― -  、
         _,<i:i:i、i:iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\__, < ´
        γi:i:i:i:i:i:i:i:i:i寸i:i:ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i:i:i:}!
.        /i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:i:i:i寸i:i:∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:iWi:i〈
      /i:i:i:i:i:iWi:ム寸_i:i:i:i:i∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|!
      'i:i:i:!斗"ヾ,´―_,,,_ !:i:i:ii!、i:i:i-、i:i:/i:i{⌒'       ……実際、青魚の脂で有名なDHAなどは
      | |:i:i}- _、   仗:ソ }i:i:i:i:i:!Y/ マ:i:i:i!丶       こんな構造をたくさん持っています
       7 !:i仗j       /}:i:i:7}! }レ/i:i:i:i:{
        { ,i:i:i} 丶    / ,i/   _,,/i:i:i:i:i:i',         「反応性が高い」「青魚の脂」
.        /i:i:i:、    _      '⌒}i:i:i:i:i:i:i:',       と聞いて、料理する方は
       "´  丶 "ー     _    |i:7i:,i:i:i:i:} ̄ \    ピンと来たかもしれませんが……
               、_  <   / }i:i:i:ii:i/      、
               _,/i:i:i',  ,/  ,i:i:i:i/   _  丶
             / /i:i:i:イ v/ //、イ_ 斗 ´      、
           _/  / Yイ ∨__,r_==≦―   _  ` <  Y
       _ ィ≧ー――   ̄ ̄ ̄       ー―       \!
   _ イ´  \                          Y





            r 、_    ___
            >―"<__ア
         .ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i}
         ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i<_
         'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}⌒         この、二重結合に挟まれた炭素
        /i:i:i:i:i:i:i:、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
.         Иi:Li:i:i:i:i丶i:i:i:i「 v⌒,|                  ▼
        |:ヘ〈・ヽ::::〈・ }:!::  /i:|           ─C=C─C─C=C─
        i:i∧  '   " .厂i:i:}             │ │ │ │  │
         」丶 -  _ .イ/ i:i:ヘ            H  H  H  H  H
         / i:i:/ニ/j..//,i:/ 丶
        ,ニi:i{ニニi// φ    ゙.
.        ,ニiφ! //   }!     ゙.      ものすごく酸化されやすい
        ,ニ!i」 /ニ           ∨
       ,ニニ|./ニニ    |:.      ∨    反応性が め ち ゃ 高 い
       jニニ|ニニニニ   ヽ  /     v
       /ニニjニニニニニ   _ 7.//      v
      ノニニ/ヘニニニー-" /! /.        v
     /ニニ,ニニ\ ー  / :|         .

.


6158 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:36:22 ID:ZzXfOUw2




         _  -――- _             先ほどの反応では、最後に
        ィ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:i:i> 、           ラジカル同士が結合して終了でした
      ,..i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:i:i丶, ―― -
.     /i:i:i/i]i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:'、_  _/       O─O●
     i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|!:i:i:i:Ⅶi:i:i:i:i:i:Ⅶ:i:i:i:i:i:}i:iム        │
    /:i:i:i ̄、__"'' -=、_i:i:i:i:i:i}i:i:i:i:i:i:/i:i:i:ノ      ─C─C=C─   +   H●
    i:i:i:i:! _    ̄     j:i:i:i|⌒i:i:i:i:i:リ          │ │ │
    |i:i:/! 伐ソj   丈才i:i:i:i:i!j !i:i:{´          H  H  H
    ''" 、  丶    /斗''",,イi:i:i:!
        \      _ イ〉i:i:i:i:i:i:{           ↓  ↓  ↓
         丶` _ 、 </,:i:i:i:i:i:iイ、
         /{i:イ7i//}i:>"´ / .∨         O─O─H
        /  ,}! 7 |'////      ∨        │
        / | {:i! | / / }"/      .∨      ─C─C=C─
                               │ │ │
                               H  H  H




          ''"゚~ ̄~~"''~、、
      / / .:.:.:.:| |.:.:.:.:.:.\.:.:.\
     .:'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.| |.:.:.:.: |:.:.|.:.:.:.:.:.\
    /.:./ .:.:.:.:.|.:.:.:.:.|_|.:.:.:.: |.:.:| \.:.:.:.::.\
    .'.:./.:.:.|.:.:.:.|.:__|└――┘⌒\.:.:.:.:.|
 ̄ ̄|:/ .:.:.:|.:.:.:.| ,.斗=ミ     x=ミ,|\__|
  ̄ |.:.:.:. /| .:.:.〃 ノハ      ノハ|.:.:.:.:.|
\__ノ.:./.: |.:.:.八 乂;ツ   . : :.、乂ツ|.:.:.:.:.|
  〈.:.:.:.:Y 八.:.:.:.:.:、            |.: |.:.:|     しかしもしここで、
  ).:.: 八 (〈冖''⌒          八厂     反応性の高い『二重のアリル位』が
  ⌒  |\__      rノ   イ       周りに 大 量 に あったら?
      |.:.: / : 个       /:ハ
      |.:./.:.:.:.:.|.:./{  =--  |_.:.:.: |
      |.:.:.:.:.:.:./.八    /〉Y.:.:|
      |.:.:.:.:.:/| |  \_/ /〔____〕\
    /〔__〕 | | \/  / |:.:.:|   \

.


6159 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:37:31 ID:ZzXfOUw2



反応しやすい場所にくっついてる、
簡単に奪われやすい水素
      ↓

       H
       │
─C=C─C─C=C─
  │ │ │ │  │
  H  H  H  H  H


   +


  O─O●    ←反応性の高いラジカル
  │
─C─C=C─
  │ │ │
  H  H  H




           _ -======-≧、 ,-― -  、
         _,<i:i:i、i:iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\__, < ´
        γi:i:i:i:i:i:i:i:i:i寸i:i:ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i:i:i:}!
.        /i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:i:i:i寸i:i:∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:iWi:i〈          二重アリル位から
      /i:i:i:i:i:iWi:ム寸_i:i:i:i:i∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|!        あっさり水素が引き抜かれ、
      'i:i:i:!斗"ヾ,´―_,,,_ !:i:i:ii!、i:i:i-、i:i:/i:i{⌒'         ↓のラジカルが発生します
      | |:i:i}- _、   仗:ソ }i:i:i:i:i:!Y/ マ:i:i:i!丶
       7 !:i仗j       /}:i:i:7}! }レ/i:i:i:i:{
       { ,i:i:i} 丶    / ,i/   _,,/i:i:i:i:i:i',                  ●
.        /i:i:i:、    _      '⌒}i:i:i:i:i:i:i:',         ─C=C─C─C=C─
       "´  丶 "ー     _    |i:7i:,i:i:i:i:} ̄ \        │ │ │ │  │
            、_  <   / }i:i:i:ii:i/      、      H  H  H  H  H
               _,/i:i:i',  ,/  ,i:i:i:i/   _  丶
             / /i:i:i:イ v/ //、イ_ 斗 ´      、
           _/  / Yイ ∨__,r_==≦―   _  ` <  Y
       _ ィ≧ー――   ̄ ̄ ̄       ー―       \!
   _ イ´  \                          Y

.


6160 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:38:55 ID:ZzXfOUw2




              r 、_    ___
            >―"<__ア
         .ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i}         このラジカルにまた酸素が結合し、
          ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i<_         過酸化物が生成
         'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}⌒
        /i:i:i:i:i:i:i:、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/                 O─O●
.         Иi:Li:i:i:i:i丶i:i:i:i「 v⌒,|                 │
        |:ヘ〈・ヽ::::〈・ }:!::  /i:|          ─C=C─C─C=C─
        i:i∧  '   " .厂i:i:}            │ │ │ │  │
         」丶 -  _ .イ/ i:i:ヘ           H  H  H  H  H
         / i:i:/ニ/j..//,i:/ 丶
        ,ニi:i{ニニi// φ    ゙.
.        ,ニiφ! //   }!     ゙.     ここで反応が完結……しません
         ,ニ!i」 /ニ           ∨    別の二重アリル位を相手に、
       ,ニニ|./ニニ    |:.      ∨   また>>6159の反応が始まります
       jニニ|ニニニニ   ヽ  /     v
       /ニニjニニニニニ   _ 7.//      v
      ノニニ/ヘニニニー-" /! /.        v   二重アリル位か酸素が尽きるまで、
     /ニニ,ニニ\ ー  / :|         . この連鎖反応は止まりません
    ,ニニニ!ニニニニ ー-"  |.         !






              _ -=ニニニ=- 、
         _ ―,:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
         `\ /i:i:i:'i:i:i:∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
          {i;i;7i:i:/i:i:i:__!-Ⅶi:}_}i:i:i:i:}  、
          乂{i:i7i:i:i:i| _    _, 、|:i:i:i!      総じて、油脂の分子に
           /i:i{r 守{'らリ    紗}:i斗      二重結合が多ければ多いほど
            ̄人丶`     '  7'       油脂は酸化されやすいことになります
              ,}7:ト    -  イ{、
              _/|i:i∧、 > イ/、i:i::ト
           /' |i:7:∧ 、  ./':::}寸! Y     なお、二重・三重結合している炭素は
          /    マ! ',:∧ 、.//::::! |!  |     「不飽和炭素」と呼ばれ、
         /     Y:i ',::::::<./:::::,  リ  .Y
        ,      、 マ,、',:::::/:::::/  ,}!  |     それらを含む脂肪は
                爪.〉'::::::/  7"   !    「不飽和脂肪酸」と呼ばれます
,        7       |  ./:::::::/  .7   |
.       7        |./::::/   . /     Y
       ,         Y::::/    ∧ト    |
.      / 、   \、  マ        丶 \ |

.


6161 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:40:12 ID:ZzXfOUw2




                             . . . ─ . . . _      ト
                           ´: ─: : : : : : :⌒〕iト   } .}
                        /: : ^^: : : 、: : \ : =- : : : :\/ /⌒¨¨>
                       .: : : : : : :\: : :\: : \: : : : :.\: :V__/、
                      / : : :|: :i: : | : \: : :\: : \: : : : : =-v、 : : : : }       「不飽和脂肪酸」という単語に
                       : : : :|: :l: : ト、 : : \: : :\: : \:-= / v \: :/      聞き覚えのある方も多いと思います
                      l: : : : L:」:_:」 斗── l: : \: :} 彡://: \}/
                     └─斗─          | : : : |\:彡: :/ }: : :}        魚や植物に多く含まれ、
                     i{:. :{       jI抖尖K : : : :)v'¨V.:/|¨⌒        人体では合成できない栄養素
                     i|: :ハ ィ笊K     乂'ソ : : :.八(/¨} .}/.:          『必須脂肪酸』
                      八/∧ 乂ソ         |:/ ./ ´/: : }
                           `           ¨¨´: : : /}           それらはすべて、この酸化されやすい
                         込    、         .イ{V: : : :: /l }           不飽和脂肪酸なのです
                        __.     ‘      イ: :/{ : : : / .l/
                    /(./ /   .:个 -=≦ : : //.} : : / ./
            __r‐v‐く⌒ヽ/ / ./ア .   i{/: : /} // /{.: ://\           今回はそれら食品にも関係する内容でした
            |ゝヽ ヽ ヽ  v  <  ../.}:/ || } '/ /. ..∧/´. . . . `ヽ
            | ヽト ト .}∧.}¨¨⌒ /. ./8.| | |レ ' / . . ../. .8. ./. /. . . . .\      光や熱を避けて食油を保管する重要性も、
            |   l.」し' /`    ノi. .i. .{/ .| | |./ . . . . /. . /}./. / . . . . . . . V/     (ワセリンのついでに)
.            人<ヘ _  <    /. .i. .i /}. . |/. . . . . . . . ./ {::}. ./. . . /. . . . .V/     ご理解いただけたかと思います
          〈 ` .ゝ\.-------<. . .i . /: !/.. . . . . ../ . . . . X.「|.//. . . . . . . .V/
          / l   -=ニニニニニニニニ/¨}... ..{_/. . . . . . ./. . . . . i./: :}|:|//. . . . . . . . .W
        / . l 、- 、ニニニニニニニ/.! }. i. /. . . . . ./. . . . . . . .i{:_:_}.v. . . . . . . . . . . .
        /. . .l  \\ニニニ=イ ノ  V./. . . . /. . . . . . . . . . i. . ./. .//. . . . . . . . |                         おしまい

.


6163 : ◆M6cHz5znRQ : 2020/12/12(土) 02:45:52 ID:ZzXfOUw2

お目汚し失礼した

遅くなりましたが、山のなんでも屋 ◆KJHckPdXLwさん、
ご紹介いただきありがとうございました
お礼は更なる投稿でお返ししたいと思います

>実は新潟も狩人目線から見るとやべー土地です。
バイパスから数百mの車道で、生の子熊を見たことありますね
大きな川の近くだと、平地でも山から流されてきたマムシの幼生をたまに見ます
料亭の庭でタヌキを、夜の街中でキツネを見たこともあります
うん、自然が豊かだ(白目)

>>6157
実際には水中では水分子にくっついて、H3O+となってますね
便宜上、H+と表記されてるだけです


6162 : 尋常な名無しさん : 2020/12/12(土) 02:43:13 ID:bq2EG5Tg

投稿乙
ゆえに冷暗所に保管してくださいだったりオリーブオイルのボトルに色が付いていたりする…ッ


関連記事
[ 2020/12/18 20:52 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(1)
138933 :日常の名無しさん:2020/12/19(土) 03:37:51 ID:-[ ]
完全に知識を高める広場になってるなぁW
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十六話 ダンスマスターの講義 (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十五話 策略 (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十四話 図書館パニック (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十三話 日刊預言者新聞号外 (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百十二話 死ぬかと思った (01/28)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百二話~第二百十一話 得点集計 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十七話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十六話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十五話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十四話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十三話 (01/28)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十二話 (01/28)
  • 読者投稿:新たな賞レースを見てて思うこと (01/28)
  • 読者投稿:「たのしいまるち」~中編~ (01/28)
  • 読者投稿:病人の勧誘はデメリット多いんじゃない? 自分だけ? (01/28)
  • 読者投稿:ロシアさんと中国さんはそういう所どうにかしようか? (01/28)
  • 読者投稿:国際的な小咄RESCUE28 オスマンの血統 (01/28)
  • 読者投稿:国際的な小咄RESCUE27 プロテスタント性の違い (01/28)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ エヴァンジェリン (01/28)
  • ちょうたんぺん 魔道具屋やる夫の店 (01/28)
  • やる夫が異世界で前を向いて・・・・誰だお前!? その2 (01/28)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ 風見幽香 (01/28)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 お願い小話 (01/28)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようですLv2 最終話 (01/28)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようですLv2 その9 (01/28)
  • 読者投稿:「たのしいまるち」~前編~ (01/28)
  • 読者投稿:太古のイッチ質問「 なんで国際系スレ増えんの?独立せんの? 」に実際やってみたから答えてみる (01/28)
  • 読者投稿:新春日本外交の本気~受け継がれし安倍外交とその進化~ (01/28)
  • 読者投稿:真冬の夜中のテロリスト (01/28)
  • 読者投稿:vs 会計検査院? (01/28)
  • 読者投稿:サルの同性愛 (01/28)
  • 目次 やらない夫と真紅はパリに出るようです (01/27)
  • やらない夫と真紅はパリに出るようです あとがき (01/26)
  • やらない夫と真紅はパリに出るようです 最終話 パリを回ろう (01/26)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百九話 (01/26)
  • 承太郎とやる夫は、今も風都の探偵のようです 【tに気をつけろ 2/相棒は魔少年】 (01/26)
  • 沙英は看板娘のようです 第8回 (01/26)
  • やる夫は軟式野球をするようです 埋めネタⅡ 嗚呼、仁義なきプロ野球界 (01/26)
  • 国際的な小咄 9326 貧乏の定義 (01/25)
  • 国際的な小咄 9325 それはそれでどうかと思うの (01/25)
  • 国際的な小咄 9324 そんなこと言われても…… (01/25)
  • 国際的な小咄 9323 痴漢対策は日本を見習うべき! (01/25)
  • 国際的な小咄 9322 頭のいい痴漢対処法 (01/25)
  • 国際的な小咄 おまけ 痴漢は怖い (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 26 (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 25 (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 24 (01/25)
  • あんこ゛ーるど・ラッシュ 23 (01/25)
  • 読者投稿:詩歌的な小咄5・補遺 (01/24)
  • 読者投稿:共通テスト小ネタ (01/24)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!