スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:『自分』と呼んでいる存在の範囲

目次 国際的な小咄

5371 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:34:06 ID:bEPjZ1nU


西田哲学・前回の補足


          , -――一ァー―‐-  .
            /: : : : : : /        `丶
         {: : : : /               `丶         前回は西田哲学の基本的な認識論をやったな。
       /⌒ヽ‐'´   /´ ̄`ヽ         \- 、
        /    ヽ  "      l    , -―- 、  ',: :}
        /       V ・           /: : : : : : :\  ∨      純粋経験についてだが、
      ,'       V      ・    {:: : : : : : : : :}- 、l
      |          ',  ・       ヽ::::::::: : : : /   l|      もっと分かりやすい例えが思いついたので
      |           l      /\   丶--‐'´・  |
      |           |        |  丶 _       ・;       復習がてらみんなも考えてみよう!!
     ‘.        jー- 、    l     >     /
    / ∧         '    ヽ   ヽ _,/     ・/
     {  ハ      /    |             /
    ヽ、  \   /     j         _,. イノ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `)
      `T  `¨¨´       /ー---‐=ニ´  /\       /
       |                   _/     \    /
       |                           \‐'´




                   _,,..  ..,,_
             r::::::::ァ'"´      `丶:::::::┐
             l:::/           \:::l
             〃      ___         ヾ     今回、考えてほしいのは
             ' === /´: : :`ヽ === ',
            { ///     ゝ: : : : :ノ   /// }
                ',  ,   '    ` ̄´    '   , '     『自分』
             ヽ   '   /\    '  /
             / >/⌒\` ̄´/⌒ヽ<ヽ
               乂     'ー一'      乂     と呼んでいる存在の範囲についてだ。
                    V⌒\     /⌒V
             r― 八   ヽ ⌒ /   八
               ヽ:::::{  丶 _ノ  、_  ´  }       つまり、周りの景色と自分は何が違うのかってことだ。
                ヾ',    >   <   /
               ヽ、   ̄ ̄   〃
                 /::::` ァー----‐r::::´\       じゃあ、考え方の方針としてヒントを出す。
              く/:::/:::/      ',:::',:::', >
                ` ̄´         ` ̄´

.





5374 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:34:51 ID:bEPjZ1nU




           _,,..     ...,_
         , .:'´       ノ }<´ ̄`ヽ
         /        ,.:: ´. '´   ` 、:::}
      〃r ―― -='´.  ´         \        そもそも考えないといけないのは、
      ゝ-――-‐='´             ヽ
    /:::}                  、 _ ',       「山」、「小屋」、「寒い」といった情報の区分けは
   〃:::::ノ              , -― 、 lし:::', ',
三二ニ= _              /: : : : : : :', ,:::::::} |      脳の演算に掛けられる結果
三二二二ニ= _     ノ、    ,: : : : : : : : : :} ー' |
三三二二二二ニ=_T::::しハ   { : : : : : : : : / ・ ・l      整理される情報にしか過ぎないということなんだ。
三三三二二二二ニ=_ :::::ノ   丶----‐='´   ・/
三三三三三三三二ニ=_ ・   r‐v::::::´ V}  /⌒ヽ
三/´ ̄ ̄ ̄`\三二ニ=_   \ ___,ノ /    }
/二二二二二二.\三二ニニ=_ -、     {    ノ .:: :: .   例えば、唐辛子とお湯、この二つの情報っていうのは
三三三三三二二二 ヽ三三二ニ=_\_/    ..: :: :::
三二二二三三三./´ ̄ \三二ニニ=_   ....: :: .:. :: .:    受容体的には区別がつかない。
二二二二二三/三二二二\二二ニ=_ .:: .: ::.: .:
二二二三三/三三三二二二l三三二ニ=_:: :         でも、人はこの2つの情報を区別するんだ。



               _,,...     ...,,_
          /⌒\'"´         `丶、
       /:::::::::::/             \
       {:::::::/                ヽ- 、     これって言ってみれば、舌の刺激っていう雑な分け方が
      /ー'            _,,.. ..,,_    ヽ:::〉
      ,'             /: : : : : : `ヽ   V     「辛み」や「熱さ」について整理された状態になったってことだ。
      |          ー-‐'´ {: : : : : : : : : }   ',
      |       .      \: : : : : : ノヽ __ |
      |            .      ` ¨¨¨´ .   |      このように、意識されるものっていうのは
       、_     .              .
     /´   ヽ       ⌒'ー--――- 、     ./       一般的に考えてみると、
     {   /´ ̄ `ヽ― 、       \   /
    /´ ̄ ̄`\    \ ヽ        /         脳内で、情報が組み立てられて作られるんだ。
   /:| ::.. \   丶 __)、└- '´ ̄`ヽxく         
  / :|  ::... \        \  /´ ̄`\ )

.


5376 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:35:29 ID:bEPjZ1nU




|  __
|/::::::::>-―‐- 、
|:::/        丶
|' 、_             \         これらを踏まえて、今見えている世界とか景色っていうのは
| /:し>             ヽ
|八:::ノ , -‐- 、       ',\      お前さん方の頭の中で演算された結果のはずだが、
| ,    {: : : : : :ヽ  、   |::::::〉
| /l>、 \: : : : : ノ /し:7  ,:/
|ヽ\ \_丶-‐' {:::ノ  /
| l  \  l>、  '  ,  〃         じゃあ、その世界の中で
|ー---=、⌒ヽノ  '  /
|、     \ )ーァ '´
|/\_   丿 _/_                 『自分』
|   / } ̄  }:::::::::::::ヽ
|\ァ'ー'     /:::::::::::/
|      /  ̄ ̄              の範囲はどこから、どこまでだろう?詳しく定義してみてくれ。
|ー-r― く
|  乂_)_)_) 

難しいので60分+α(AA貼り付けの都合上)後に戻ってくる。


5380 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:36:41 ID:bEPjZ1nU



5165: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:05:23 ID:.BoJhgag
情報を演算して組み立てるもの?
組み立てる際の基準かな?


                     __
                , -‐ァ"´     `丶 _
                 /::/     , -―-、 \::::}
        , -―-、   {/  丶==' {:::::::::::::::}   V     これは良い線行っていて、
        / \   }   /   ' , '、 丶--- ' 丶=' |
     /、   \_/   l      \_    _ ' , ' ;      『自分』という存在そのものではなく、
      { \     } 八         ̄ ̄   /       
     ヽ __ >、_ノ{⌒丶ゝ          _  /       それを成り立たせる仕組みに着目している。
            \  〈 Y⌒ヽ _/⌒V´ `Y
                  \/        , ―<
               /        〈     )
          ___ {          `T¨ ̄        基準というよりも、組み立てる作業そのものを
         {-‐ :::::::::::ヽ.           l___
         ヽ-‐::::::::/ \       /:::::::::::\      『自分』としていたら完璧だったぞ!
            ̄     丶--- r<::::::::::::::::::::::}
                  /:/::l:::|     ̄ ̄ ̄
                  ヽ--‐'

.


5381 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:37:54 ID:bEPjZ1nU



5166: 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 :2020/12/05(土) 21:06:47 ID:W7q2txRI
自分の範囲について
所詮世界とは自分が認識したものあんだから、その瞬間「これが自分だ」と認識したもの全て。
例えば、スレを作るために今私はPCを使っているが、このPCも今この返答を書いているときには「自分」という存在の一部であると自分は認識している。
よって、今現在自分が自分であると認識できるもの全て、である。



              ___
       _ , '"´      `丶―-、
     /´.: : : ノ /^ヽ   __  \:/
     {:: : : :/ /   ・ l /.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ‘ ヽ       それ言おうとしてたやつー!!
     ヽ_/ l|    | ヽ :.:.:.:.:.:.ノ    ',
      |  ヽゝ __,ノ     ̄        l
      |     ,   ,    /^ヽ  '   ' l       詳しくいうと、これは没頭しているということだ。
       、     ,    / ⌒\l   ' /
       \       \   /   /
            \       ヽ./-‐、イ }-‐ 7     自他の区別をつけないようにして、
         /^ ー/⌒ヽ---‐{    ノ   /     
     r―― ゝ. _           ヽ /      自分が使っているツールを使いこなす。
      ヽ、   /     , -―- 、   V
          ̄{    / {   } 〉 , ⊥.. _
           |    \ ヽ. ノ//: :/: :/: )     さすが仏教徒だなーと思いました。
              ヽ    ∟ -┘ /: : : : :/
             > 、 _    _人_,/
           /: : : : :/  ̄
          (:_(_:_:(_/

.


5385 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:38:54 ID:bEPjZ1nU



5179: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:13:50 ID:.BoJhgag
脳が世界のマップデータ作って、自分はその世界マップの中で動かすPCキャラ。

答えになってないな。



          _,,..  ..,,_
     r ー ァ '"´      `丶__
     {:/          {: : : : 〉
    /  __          丶:_:/l         これが哲学における人間の捉え方の基本だ。
    ,' /し:}, -- 、 、_ノ      |-- 、
    { V//{:::::::::::::::} {しハ      ,': : / 
    八∵  丶 --‐'  V//    /}-‐'―┐_    これめっちゃ参考になるので、
     \   /^\  ∵, - 、/ /   /:::::)
     /`/⌒\   /    く _/::/´    いつか例として使っていきたい(所信表明)
    /   \  ` ̄´       |/
   丶 -----{   , -―-  、     '
         ヽ 〈 {   {  〉   /
          \` Z _く   /
               ` T::::::::T"´
             /::::::::::::〉
            ヽ{:;;:{/

.


5388 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:39:46 ID:bEPjZ1nU



5196: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:20:02 ID:G.wUyOac
自分の定義
感覚がある物質
例えば特定のDNAを有する生きている細胞を持つ存在と定義すると
ディオゲネス的な手法になるけど、腕が今ここで切り落とされると
切り落とされた腕も自分という事になる
なので感覚がある物質



    | | : : : : : : : : |, -‐ 、 _
    | | : : : : : : : : |∠´      ̄`丶、
    | | : : : : : : : : |;;(ノ          _>、
    | | : : : : : : : : |/⌒\      /:.:.:.:\        感覚という情報はそもそも、
    | | : : : : : : : : |{    }      {:.:.:.:.:.:.:}
    | | : : : : : : : : |、\__ノ  {__,ノ  \_/ |        視覚的情報や音などと分けられるのだろうか?
    | | : : : : : : : : | |`¬   ・  ・      /
    | | : : : : : : : : | V_ノ    ・    / , -- 、
    | | : : : : : : : : |⌒ヽ__/⌒\/⌒ く  /.:.:.:.:.:.:.:ヽ    そもそも演算に組み込む前の情報は
    | | : : : : : : : : | /  , -―-、    V '.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ` T¬---‐'(_l_/     }   ∨.:.:.:.:.:.:.:./     感覚的な性質を有しているのか?
      /\_ ./ \_   _/      ':.:.:.:.:./
      ,'    /   /   ̄ `ヽ     /.:.:/
    {、   /  /        }   ∠´           むしろ感覚は自分の成立と同時にあるだろうな。
    └、二` ー '、____ ノ}ーrく:.:.:.:.\
        ` ー 、____/  丶.:.:):.:.)ノ



5202: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:21:51 ID:94.bxDtY
>>5196
爪や髪の毛は?
突き詰めると例外が出てしまう不思議



_,.  -――-
/⌒ヽ       `丶、
: : : : : :|            丶
: : : : : :|           \
: : : : :.ノ     /{_,ハ     /´ ̄`\     この突き詰めると例外が出るというのがいいね!
\_/     |:::::::::}   l. . . . . . . l
         ゝ._ノ ,  |. . . . . . . |
           ,     ヽ . . . ./
             '    `T´

.


5389 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:41:07 ID:bEPjZ1nU



5190: 提督 ◆clDIOx66pY :2020/12/05(土) 21:17:35 ID:14vfhgcM
自分の範囲ねぇ……

物理的には触覚の及ぶ範囲が基本
視覚的な面から見た場合、触覚の及ぶ範囲が視界に入っていればそれが自分の一部と認識している
触覚の及ぶ範囲以外は外部と認識できる
というか、自他の境界線が引けている人にしてみれば、考える事でもないように思える(引けていない人は疾患の恐れあり)

うん、詰まらない答えになったorz




          ,  "´ ̄ `¨f´ ̄`!
        r‐;.'        \ _ノ     自他の境界線が引ける人には関係ないって言葉、
      V  , ⌒ヽ  ○   `',     
      ,' ○ゝ-‐'  ∵    }     正鵠を射てます…。
      ', ∵_,ノニ ¬┬     /
       ゝ. ヽ、  丿   /
    〈⌒ヽ{ ^ ⌒ヽニ/⌒ Y/ ⌒〉    これも後で解説すると思う。
      \ 〉 _       {   /
      //l  /\    ヽ イ




5240: 闇深兄さん ◆Gs8J4TBCv6 :2020/12/05(土) 21:37:24 ID:621gvHP2
ミジュニキのお題について、どこまでが「自分」の定義って言われると今の情報社会だと段々わからなくなるよね
自分としては目で見て肌で感じられる範囲の情報までかなー
ネットや本の情報は自分で観測できるまでは確度半分ぐらいで考えてる。


    |
\  | .  -―-  、
  丶|´       \_
    |x.j〈  _,,..,,_ 〉j.xヽ:::}         え…、目に写っている世界を
    |::::::} (: : : : :){:::::} V
    |ー'  ` ニ ´ ー' |         そのまま『自分』だと思っているんですか…?(震え声)
    | u ' /^ヽ '  'u ,
_   | '  丶---'  '  /      
   ̄|r―- 、/⌒ヽ _/}    , -― 、   まぁ実際には、その通りなんだけど、
    |:.、    \  、ノ   /:::::::::::/
    |//\    〉  \   /:::::::::::/     その意味だとネットの情報とか『自分』だな。
    |/7ヽ丶- '     ヽ /:::::::::::/
    | {  〉       }:::::::::/
    |  >'           ノ:::/        …このスレ色物多くない?(誉め言葉)


5390 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:42:11 ID:bEPjZ1nU



5244: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:39:58 ID:IxcrsE9E
自己の範囲
脳内映像を表現するのも思うように行かないし思うように体を動かすことも訛ってしまって今では難しい
内蔵どころか手足も自由に思ったとおり動かないので認識する意識だけが自分と言ってみる


                 _,.  -―- ._
          r― ァ'´        `ヽー┐
          |::/            ヽ|
          /´              ',       この認識する意識っていうのは
         ,      _,      、_    l
         {   、__, /´ ̄`ヽ 、_, |       主観と客観が分けられている状態で、
            〉、  ,  ,  ヽ __ ノ ,  , /
         { \  '   _,ノヽ    ' ,.〈        西田哲学を考える上では違うな。
          >-‐く´ ̄`\`ニ´/ ̄`Y´ /
       /⌒´   }    ` ̄´    イ `⌒\
        └-、   ノ              }   , -┘




5264: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:46:57 ID:wyu11kaM
>>5164
自分は認識するまでは世界そのものの一部で、「自分」を意識した瞬間に世界から切り取られる事象すべてですかね
自分の範囲は、自身が世界から切り離した部位というところでしょう


            -―-  .
         r::ァ'´       >‐ 、
       V         ヽ:::::::}
          {          `¨}      おぉ…すごい。
        ', ー(::::::::) ー ' u /
         ヽ∵ーv―vク∵ /       そこにもう二歩足を踏み入れると完璧だ。
        (⌒>-=く⌒⌒) __
         `(_   /⌒`ヽV´::::::::}    
         / 〈_厂`ト┬―' |:::::::/
         {  〈_ノ ̄   ノ:/      やっぱり日本人には簡単だったかな?
          _ゝ. _     _ く´
        ((_(ノ  ̄ ̄ {_{__))

.


5391 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:43:03 ID:bEPjZ1nU



5215: 鬱ボ ◆MutJBUECtM :2020/12/05(土) 21:27:16 ID:cR1NHeAE
自分の範囲について

受容体に刺激を受ける事によって脳内での情報の組み立てが開始されると考えると
・受容体に刺激をもたらすものを認知した時点で対象の情報は自己の範囲内に含まれる
・しかし受容体に与えられる刺激そのものは自己の存在と無関係に存在しているので自己とは言えない
・すなわち受容体で刺激を認知する瞬間まで、対象は自己の範囲内であるとは言えない

上の3項目から『認知できているものが自己の範囲内であり、認知できていないものは範囲外である』となる

この手の論理の組み立て苦手なんだがこんなんで良いのだろうか


                  ,  -―――- 、
               __/          \ __
             /:::::}               ヽ:::}
              |:::::::/                  V
              ヽノ      , -―- 、     ',
                  |   /⌒ヽ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.} /⌒ヽ |
                  l   '  '  丶---‐'  '  '  '
                、   '  く´ 厂 ̄`>  '  /      やっぱり、このスレ民すげーわ。
              `Y⌒ >―┐、__/     イ
               { /   /⌒ヽ_ノ⌒ヽ/ }    
                /     /        _,/丶、
          , -― 、八__,/   __     |    )    たぶん、満点回答かな?
         く::::::::::::::::::ヽ|     /ヘ   ∧  | ̄ ̄
             \:::::::::::::::|     \ }   }ノ  ,'
            丶--- \    く___〉  /
                /:\         /:\
                   /:/::::::::/` ̄ ̄ ̄´ヽ::::::ヽヽ
               (::(:::(:ノ          ヽ::):::)::)


5392 : 尋常な名無しさん : 2020/12/05(土) 22:44:05 ID:F8gVeaV.

なんだこのスレ(誉め言葉)


5393 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:44:08 ID:bEPjZ1nU



5219: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:28:32 ID:WwG5082A
水槽の脳仮説に基づくなら全てが"自分"
そこから考えれば認識している全ては"自分"であり
その認識を生んでいる刺激の生成主体が"自分以外"
その意味では例えば手足は自分の外側に存在すると言えなくもない

生物学的に考えれば細胞膜の内外で切り分けが可能であり、その外側が自分以外

また極端な議論では"自分"とは"世界"の構成因子であるので
世界とはすなわち自分を含意する
故に自分とは最大限拡張すれば全てを意味する

逆に最小限に縮小すれば景色などを意識上に構成している部位とは別に
その構成された存在を認識している部位があるはずであり
その断片の集合体が自分
すなわち自分とは脳のごく一部の断片を指す
これはさらに最小化が可能かもしれないが現時点はむりぽ

個人的には生物学的な定義を推したい
正しいか否か、ではなく分かりやすく生活において実用的な定義なので


                 ,  -――-  ._
              . ´         `ヽ‐-  、
           -‐f´              ',:::::::::)
         (:::::::::::;               ヽ:ノ
          '、::::::/                 {
           Y    ,f^li         ,f^li     |     細胞膜の外って言っても
              |    |:しl| , -‐- 、 |:しl|   |
              ',     ゞ_ノ {:.:.:.:.:.:.:.:} ゞ_ノ    '     
               ヽ   ' , '  丶--- '  ' , '   /      人間は細胞の群体だが、
            r\      _       /
       , - 、 人_ 丶. _  (__/⌒ヽ/⌒ヽ
       /^丶 ∨ /      ̄/        /        そこらへん詳しく聞きたい。
     /    \|_,/           /´ ̄`ヽ . _
     ,^ 丶.   └!            ヽ.    _):::::`ヽ
     |    \  ,|            /  ̄.:::::::::::::::ノ
    丶---‐'^{_/ ゝ            /------‐=彡
            /:::::::::`ァー----‐r.::´::::::::\
           く:(:::(::::::::/      ヽ:::::):::::)::ノ
           `⌒ ´        ` ⌒´

.


5394 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:44:51 ID:bEPjZ1nU



5297: 尋常な名無しさん :2020/12/05(土) 21:59:44 ID:HSJKluJY
外からの情報をX
整理された今見ている世界をY
XからYの演算をF()
としてこれらの関係は
Y=F(X)・・・【a】
で、まずこのF()を『自分』と定義する。

一方で人は何時も同じ演算F()を繰り返す訳でなく認識した世界Yに対して行動し、
それに対する評価と世界に対する認識を改める場合がある。つまり演算F()を更新された演算F´()に変える。
この2つ演算の差の部分をG()とするとF´()とF()の関係は以外のようになる。
F´()=F()+G(Y)
ここでYは【a】なので
=F()+G(F(X))
となる。演算F()も演算F´()も『自分』ならG()も『自分』と見なして良い。

何が言いたたいかというと、『自分』は演算F()と『自分』を客観視してをそれを変えていく部分G()からなっている。

がワイの解答でオナシャス!


       o            ○    °   ○
      。   ○              _
   o         .   -―――‐=ニ、:::::::::::ヽ  o
    。     ,  ´       > 、_   `丶::::::| 。
        / ,  -―- 、.  {i _ノ::::::ヽ    ヽl    ○
○     ,/ ィ 〃: : : : : : : :ヽ  ∨ :::::ノヽ}     ヽ
    ///:しi| {: : : : : : : : : :ノ   ヽ. __/      ',  。        それ絶対矛盾的自己同一ーーー!!!
 o  {:::;' l:::::::リ 丶 : : : : : :/      ,        l
     V {`ー/   ` ̄´ , vヘ        '     |
      | `¨´,   rv― '´    \    '    〃`:, !           次回やろうとしたのも当てやがったよ!!!!!!
      | '    |         ヽ      /   V
     ',   '    ',    /´ ̄` 〉     /    ,
      、      、  /      /    /7       |       , -―‐-、
      丶     \ /    /, -―-' /       |.    /::::::::::::::::::/
       { \    _,≧、ー='´ /    {      ,  /::::::::::::::::::::::/
       ',  {` ー'´    \_,/     丶      /  / :::::::::::::::::::::::/
        ', ヽ、 ,               ー-〈  '::::::::::::::::::::::::::/
           、 `/                   ∨:::::::::::::::::::::/
          \/                      ',::::::::::::::::/
             |                      ',:::::::/
             |                       }/
            ',                         ノ
            \                 /


他にもいっぱいあるが、体力面から見て打ち止め。


5395 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:45:41 ID:bEPjZ1nU

一番最後で爆弾を投下された気分だが続けるぞ(濁った眼)


5396 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:47:21 ID:bEPjZ1nU


じゃあ、これからは説明していきます。


          ..::::..、  '"´ ̄ ̄ ̄`丶、
         /::::/            r::::....、
         {〃                  {:::::::::::ヽ       まず、脳というのは
           /                 ヽ:::::::::::}
        /                 \_ノ        「目に見えている景色を内包している。」
          {                       |
         '   /⌒ヽ , -―- 、  , -‐-、    }
        、 ,    { : : : : : }   ,   ヽ  /        言い換えれば、自分たちが世界だと思っているのは
         \ , ' 、_ー--‐'_    , '    /
          i>'⌒ヽV ̄ ̄V }, --、/⌒Y          単的に言えば脳の演算処理そのもので、
         , へ、  l ヽ _//       ノ
       /   /    ̄ ̄´       /⌒ 丶、       
      く _    '   , -‐- 、      {     \- 、    単純に脳を『自分』と定義してしまえば、
            ̄{  く /  / ヽ    丶 ___ ノ::::::\
           ',    ヽ  {_,/     }:::::::::::::::::::::::::::::ノ  見えている世界そのものが『自分』ということになってしまうな。
             ヽ   く_.〉        /:::::::::::_,,  -‐'´
          / \         /l  ̄ ̄ 




                  , ニ=‐ _,   -―‐  .._
                   /-‐, '´-         `丶.
                    { /-‐              `ヽ
                /-‐                      \- 、   もしそうだとしよう。
                   〃-/´ ̄`\               ヽ \
              /-‐/        l , -―- ._          ', /
              ,'-i |ハ      //       \        ∨   もはや、求道者じゃねーか!!!
              |-‐ ヽ` ー--‐ ' {         ',  , -― 、   |
              l---       \       / /     ', |
      _        ',---        `   _/  l        〉,'
      l-‐ `ヽ         >- -  -‐ァ ' "¨´ヽ       \     //
      |-‐   \  /´- \- -  /      \     `二ニ´./    ということで一応、これは間違い、
     ',-‐     \{ -‐ ./ ̄` /        l\     -/
     ',---    ヽ-‐/    〈           /― 、__, /       …ということにする。(一応ってのが大事)


5404 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:49:22 ID:bEPjZ1nU




                 _,.  -――- ..,_
              ,  '´          `丶.
             , -― 、              \¨ 丶
          /::::::::::::::ノ               \::::}
          {:::::::::/                   ∨      じゃあ単純に脳が『自分』ではないとして
             ハ_/                    ',
          l    し                      ',      『自分』と呼んでいる範囲はどこまでだろうか?
           |                             |
          ',           , '"´  ̄ `ヽ      ;
          '、     ー-‐ ''´ {: : : : : : : : } ` ''ー, /
           丶    '   ,     ` ー----‐'  '    /      そもそも、人間にはなんとなく
            { \  , . -‐- 、  /^! , -- 、 ' /
       ,  -―‐-ゝ ` ー'    ヽ 'ー-‐'/   `フ         『自分』と『それ以外のもの』を分ける能力を備えている。
        〈:::::::::::::::::::::/ , -―-  、 'ー--'     イヽ
       ヽ:::::::::::::::,′ {      \         |  \
          ヽ::::::::::i  ゝ、      >        |   ',       でもそれって別に厳格なものって訳でもない。
           \:::|     ` ー--‐'′       ;'ー-- '
           `',                /           例えば、自分を想像するときに服とか着ていても、
                ヽ             /
              >、          /.、            テニスラケットを持っていても、
              /::::::` ァー----r…'´:::::::::\
            /::/::::;::::::/     \::::::::、:::\:}         『自分』というのは成立できるんだ。
             〈::/::::/::::/         丶 _> '"
            ` ー='

.


5406 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:50:06 ID:bEPjZ1nU





                 ,  -――-  ._
              . ´         `ヽ‐-  、
           -‐f´              ',:::::::::)
         (:::::::::::;               ヽ:ノ     サッカーなんかをしている自分なんかを思い浮かべても
          '、::::::/                 {
           Y    ,f^li         ,f^li     |      『自分』と呼ぶこともできる。
              |    |:しl| , -‐- 、 |:しl|   |
              ',     ゞ_ノ {:.:.:.:.:.:.:.:} ゞ_ノ    '
               ヽ   ' , '  丶--- '  ' , '   /      こんなふうに、『自分』というのは緩い概念なんだ。
            r\      _       /
       , - 、 人_ 丶. _  (__/⌒ヽ/⌒ヽ
       /^丶 ∨ /      ̄/        /         これを西洋の哲学者たちは何世紀にもわたって綿密に分析していた。
     /    \|_,/           /´ ̄`ヽ . _ 
     ,^ 丶.   └!            ヽ.    _):::::`ヽ     そこに仏教的な方法を持ち込んだのが西田幾多郎だ。
     |    \  ,|            /  ̄.:::::::::::::::ノ
    丶---‐'^{_/ ゝ            /------‐=彡
            /:::::::::`ァー----‐r.::´::::::::\          その方法とは 「分析しないこと。」 なんだ。
           く:(:::(::::::::/      ヽ:::::):::::)::ノ
           `⌒ ´        ` ⌒´

.


5408 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:51:09 ID:bEPjZ1nU




         _,  -―‐- ..,,_
      ,  ´         `  、          西田幾多郎が言うのは、
     /      __        \ 
   〃      /.:.:.:}         ヽ
   /       {:.:.:.:.:.;'     ゝ_    ',      「もともと『自分』というものは緩くしか存在せず、
  ,'          ゝ._,ノ     /:しハ   〃⌒ヽ
  |                {:::::::::j   |:..:..:..:..}    分析、つまり主観と客観にわけると、
  l                    ゝ _ノ  ':..:..:..:.ノ
  ',                 ,  ,   ァー'     そもそもの『自分』という存在が持つ意識の統合作用を
   '、                 , /V
   ヽ                 (_ 〃 '⌒l     無視していることになる。
     \/⌒ 丶 , -―- 、       /    ノ
        {: : : : : : : : : : : : : : ヽ-‐=≦)   /     つまり、自分というものが本来持つ性質が失われるんだ。」 といった感じだ。
      ヽ, - 、: : : : : : : : : : : : : : : ヽ./

.


5411 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:52:06 ID:bEPjZ1nU




                 /⌒l
                 /   ,'     __
            /    /,  '"´,  , - 、`丶‐- 、
    ,  -―…‐く     /   '  , く  > ヽ  \::::',    『自分』という概念を知るには
  ./        `/⌒ヽ ___    ` _/    ヽ:j
_〃             ノf ヽ<|  , -‐-、       ヽ    意識の統合作用によってしか成立せず、
'            r-‐' ノ  l 〈  /: : : : : ',        ',
              L._ 〈  | ノ  !: : : : : : l      |    いくら分析していっても把握できないということだ。
               `',   | {   ',: : : : : ノ      l
               }  ,'<)   ヽ--‐'         '
              ノ、 / /   , -‐ 、       /    意識の統合作用に不具合が起きた例が
',          , -‐ 、ヽ`~ , ' { へ ヽ       /
::ゝ.        /     ヽ}   , ヽ-‐'/    /      統合失調症などの精神病だと言われているな。
/ \       {     ',、          イ
    ` ー---‐ ヘ.     | ` ー---=ニ´::::::::/
              \  ,⊥,          ̄´        そんなわけで、『自分』という定義ははっきりできない、
               `く  └- 、
              /  、 ヽ./               …と答えるのが西田哲学での答えだ。
                  ヽ   l /
                ̄




|  __
|/::::::::>-―‐- 、
|:::/        丶
|' 、_             \         逆に言うと、『自分』を成り立たせているのが統合作用で
| /:し>             ヽ
|八:::ノ , -‐- 、       ',\      このとき、『自分』と『それ以外』を分ける。
| ,    {: : : : : :ヽ  、   |::::::〉
| /l>、 \: : : : : ノ /し:7  ,:/
|ヽ\ \_丶-‐' {:::ノ  /       この『自分』と『それ以外』を切り離す前の意識を
| l  \  l>、  '  ,  〃
|ー---=、⌒ヽノ  '  /         『純粋経験』とよび、
|、     \ )ーァ '´
|/\_   丿 _/_            ここでは詳しく語らないが、『純粋経験』に近づくことで
|   / } ̄  }:::::::::::::ヽ
|\ァ'ー'     /:::::::::::/          矛盾した世界を統合する作用をもつ『自分』
|      /  ̄ ̄
|ー-r― く                 仏教用語でいえば『ブラフマン』に近づくことができるんだ。
|  乂_)_)_)

*ここらへんは絶対矛盾的自己同一でやる。


5413 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:54:03 ID:bEPjZ1nU




           _,,..     ...,_
         , .:'´       ノ }<´ ̄`ヽ
         /        ,.:: ´. '´   ` 、:::}
      〃r ―― -='´.  ´         \          つまるところ、
      ゝ-――-‐='´             ヽ
    /:::}                  、 _ ',        明確な『自分』という範囲はなく、
   〃:::::ノ              , -― 、 lし:::', ',
三二ニ= _              /: : : : : : :', ,:::::::} |
三二二二ニ= _     ノ、    ,: : : : : : : : : :} ー' |       主観と客観を分けて考えすぎると
三三二二二二ニ=_T::::しハ   { : : : : : : : : / ・ ・l
三三三二二二二ニ=_ :::::ノ   丶----‐='´   ・/        自分の本質を見失うっていうことだ。
三三三三三三三二ニ=_ ・   r‐v::::::´ V}  /⌒ヽ
三/´ ̄ ̄ ̄`\三二ニ=_   \ ___,ノ /    }
/二二二二二二.\三二ニニ=_ -、     {    ノ .:: :: .    
三三三三三二二二 ヽ三三二ニ=_\_/    ..: :: :::
三二二二三三三./´ ̄ \三二ニニ=_   ....: :: .:. :: .:
二二二二二三/三二二二\二二ニ=_ .:: .: ::.: .:
二二二三三/三三三二二二l三三二ニ=_:: :                         ~~~おわり~~~

.


5414 : 尋常な名無しさん : 2020/12/05(土) 22:54:07 ID:6YiDBisk

ラベリングするということは物事の把握を容易にするが本質の理解からは遠ざかるってことかなぁ
月を指差す事で月に目が行きやすくなるがそれは月を見ているのか差された指を見ているのか


5421 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2020/12/05(土) 22:56:30 ID:bEPjZ1nU

>>5414
めっちゃ詩的な表現だなぁ。認識論においてはラベリングとはなにかを考えたりするんですよ。


5415 : 尋常な名無しさん : 2020/12/05(土) 22:54:34 ID:6YiDBisk

乙ー


5418 : 尋常な名無しさん : 2020/12/05(土) 22:56:09 ID:.BoJhgag

乙ー


5419 : 鬱ボ ◆MutJBUECtM : 2020/12/05(土) 22:56:12 ID:cR1NHeAE

投下乙でしたー
あれ、ホントにアレで良かったの?
俺担がれてない?!(挙動不審)


5420 : DR ◆UTZnFul//w : 2020/12/05(土) 22:56:25 ID:dKw0IcQg

おつです。なるほどなぁ…
考えてみれば幻覚なんかは当人の頭の中にしかない物だけど、当人からすれば外に見えてる訳だもんね


関連記事
[ 2020/12/08 12:21 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(5)
137989 :日常の名無しさん:2020/12/08(火) 14:40:25 ID:-[ ]
刺激の受容から発信までの過程そのもの、あるいはそれを追認する影、ベクトルの積分に過ぎないと
138078 :日常の名無しさん:2020/12/09(水) 04:56:58 ID:-[ ]
>「自分」の範囲
「自分」という言葉は世界のどこにでもあり、発祥はおそらく人類が歴史を記録するずっと前からあると思われる。
つまり「自分」という言葉を作り出したのは下手すりゃ猿と変わらんような人たちで。「自分とは何ですか?」って聞いたところで「自分は自分だろ何言ってんだ」という答えしか返ってこないと思う。

よって、「自分」とは「自分」であるが正しい。

実際のところ、こんな議論なんて宇宙から互いに分裂・融合を繰り返すような異星人がやってきたらたちまち廃棄処分にされるわけで。
考える範囲が限定的過ぎてあんまり意味がある気がしないなぁって思ってる。
鶏の羽根をむしって「これは鳥ではない」ってドヤ顔するのが関の山やん?
138146 :ミジュニキ◆XksB4AwhxU:2020/12/09(水) 19:43:55 ID:-[ ]
>>138078
自分とは何かを考えることが利益をもたらさないかもしれないが、知りたくならないか?
138203 :日常の名無しさん:2020/12/10(木) 02:27:11 ID:-[ ]
>>138146
「あなたが自分だと思うものが自分です、ただし他人の同意を得られるとは限りません」ってだけじゃない?
いわゆるラノベ定義論。
結局とらえ方、ものの見方の話でしかないし、正解も不正解も無い。みんな違うんだねぇ以上の感想が出てこないたぐいの話だと思う。
例えば「自分の範囲?自分の魂の色に染まってるのが自分の範囲ですよ。ほら見えるでしょ?ここ、ここまでです!」って言う人がいたら
「お、おぅ。そうか」しか言えないじゃん?
自分と他人で感じ方が違ってその自分と他人の意見に優劣がつけられない以上、発展のしようがない話題だと思う。
138260 :ミジュニキ ◆XksB4AwhxU:2020/12/10(木) 17:47:08 ID:-[ ]
まず、俺は客観的に定義できるとは思ってないなー。
その点を踏まえて、
『自分』と呼んでいるものについて考えるのが
今回の目的といったところかな?

そうすると『自分』と『それ以外に分けられるもの』に分割でき、
ここから自分について考えることができるんじゃないのかなーってのが味噌。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百八十七話 (06/30)
  • DirtyPair. 第5話 別の惑星のラブリーエンジェル (06/30)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:北海道編  大泉洋(と後二人)のやらかし ~早起きクマさん襲撃事件~ (06/29)
  • 読者投稿:「営業部長」の中国戦略 (06/29)
  • 読者投稿:ラジコンヘリを飛ばそう(法令編) (06/29)
  • 読者投稿:ラジコンヘリを飛ばそう(導入編) (06/29)
  • 読者投稿:ニャル子で学ぶ変態的なCO2対策 (06/29)
  • 読者投稿:一日だけ期日前投票所になる場所の一例 (06/29)
  • おっさんと女子高生 第15話 (06/29)
  • やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです 第32話 (06/29)
  • 岩崎さんは無口 第83回 (06/29)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 21 (06/29)
  • ナニモノ 9 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十二話 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十一話 (06/29)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第50話 さよなら、やる夫 (前編) (06/28)
  • アクア様がみてる 第6話:走るって素晴らしい (06/28)
  • 昭和名馬列伝 第4章 キタノカチドキ伝 第4話 (06/28)
  • 読者投稿:参院選が始まったので 参議院議員の実績開示 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:共産党について 2022 参議院選挙政策 (06/27)
  • 読者投稿:自民党の公約について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党 玉木代表の原子力潜水艦保有論とその背景? (06/27)
  • 読者投稿:変態技術? 新500円玉 (06/27)
  • やる夫とほむら(眼鏡付き) (06/27)
  • 1周目シモンとニアとやる夫の―――― (06/27)
  • ナニモノ 8 (06/27)
  • 国内的な小咄 2071 修士が少ない理由 (06/26)
  • 国内的な小咄 2070 はい (06/26)
  • 国内的な小咄 2069 学部生を含めると (06/26)
  • 国内的な小咄 2068 じわじわと効いている (06/26)
  • 国内的な小咄 2067 実際どんなもん? (06/26)
  • 国内的な小咄 2066 いや……そうでもないと思うです (06/26)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 22 (06/26)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 39 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十話 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十九話 (06/26)
  • ナニモノ 7 (06/26)
  • 読者投稿:リンガーハットの自販機 (06/26)
  • 読者投稿:北東北の小咄: 待ってた!ずっと待ってた!! (06/26)
  • 読者投稿:政策に関連して出てくる「LGBT差別」これって何なんでしょう? (06/26)
  • 読者投稿:「たのしいけいば」~世紀末覇王~後編 (06/26)
  • 読者投稿大会:おっ〇いまつり (06/26)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 04 (06/26)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第五話 雛鳥の意地 (06/26)
  • このクソッタレな世界に復讐を! No.43 Explore (06/26)
  • やる夫とばくだん 30.ウラエウスの出現 (06/26)
  • やる夫とばくだん 29.マーズ・ミステリー・リサーチ・7 (06/26)
  • 国内的な小咄 2065 吉野家の親子丼 (06/25)
  • 国内的な小咄 2064 恐ろしい話をしよう (06/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!