スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:読者投稿で学ぶ古典軍事学

目次 国際的な小咄

3328 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:03:47 ID:ifPOx/Gg


読者投稿で学ぶ古典軍事学

1/7

                             ___
                       _,.._、rセ7アi:i:i:i:i:i:i\
                      _(:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    _、‐''゛  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    /         \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_/      ごきげんよう、知識サキュバスとその眷属諸君。
                  / .:/ /:.. |. :i  `''<:i:i:i__/⌒T⌒)
                ′ '  | i:. |. :ト、 ',:.    ,{ rく/^){:i\      本稿は無謀にも「あー、読者投稿したいな」と思い立った考え無しによるものだ。
                  | :| |:. | |.i |. :| \',  ',|乂_ノ丁_)i:i:/
                  | :| |:. | |.i |. :| -‐-.|:   |└彳:i:i:i:i:i>'       どこにどんな不備があるか知れたものではないが、
                  | :| -‐-:| |.| _|´」斗‐=ァ:  |-、.i|廴彡':/,
                 八乂x=ミ ┘ /乂rシ|:   |i^}.i|:i:i:i:i:i|:i:/,      できれば生暖かい目で見守りつつ指導鞭撻や質問してくれてやると中の人は感涙に咽ぶぞ。
                | |: 乂i)        i|:   |_/ 乂___人_ソi,
                | |,八   ′     l|:   |=ミ:. .:|:i:i:i:i:|:i/,     例えば中の人は本スレもまとめも追いきれていないので、
                | |:. | ヽ   ー=ァ .,l|:   |i:i:i:`、 |:i:i:i:i:|:i:/,
                | |:. |:i:.:.:>...._  .イil|:   |i:i:i:i:i{ 廴:i:i/:i:i:i|    ローカルルールが身についていないなど、何でもやらかしかねないぞと戦々恐々だ。
                | |:. |:|:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il|:   |:i:i:i:i_}  |`ー ''"
         /〉       | |:. |イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il|:   |r''":::``ヽ、       もし不備があれば即刻修正させる所存である。
.        /=/.┐      | |:. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_l|:   |i:::::::::::::::::::`、
      _//i/     /:| |:. |r┐i:i:i:i:i:ir┐i/l|:   |i:::::::::::::::::::::: _      アバターはFateシリーズから、ライネス・エルメロイ・アーチゾルテでお送りするが、
    __/イ 二つ^>  / ::: | |:. |乂竺__竺乂´: l|:.. 八'"⌒\:::::::::〉
   /i/_/ィつ=/  ./:::{::: | |:. |__// /::: _-::八/::::::::::::::::::::``-、、     「女性アバの方が華がある」などとろくに知らんキャラを採用した中の人は
  /:i:i/_/=/==.ノ  ./:::: 乂:|/:::::::::ア-=ニ:::::::ー--......-‐::::::::::::::____:::\
. |:i:i|{_=/=/ノ} _〈__:::::::::::::{:::/::/::::',--―――――r一 ''" \ ヽⅥ}   今回のテーマを理解してるのか?
  Ⅵ\三‐=彡/,/   丁 /乂/ -‐く:|i|           \     |__| `、
  }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{     .〉 }::::::::|:::::::::: |i|         :}.  `、        `、
  {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉  ./ /: ::::: |:::::::::::|/i、      ;′   `、        `、
.   }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{   |__/::::::::::::|:::::::::::|\\            `、        `、



                  ___
             _、‐''゛      ``ヽ、
              /              \
.           /..:/: /  .:/         `、
            / .:/:. / .:/:/  .:: ,}     } :_
           j{ :/:. 、 :/:/  .:/ / } .:}   }   _                 さて、「古典軍事学」と奇をてらって銘打ってはみたが、
         八/j_ /:∨:/  .:/ / ハ .:}  }:.  ′
          (_/ 八狄㍉、′ :/-― - ',   :}:.   :_                結局はある書物の紹介を予定している。
        / / .:/i 乂りー┴└'___  }  .:;′   ′
.        / / .:/:i:{   ,    `^~⌒ / .:/)`、:.  `、               しかしその書物を明かす前に、一つ
.       / / .:/:. 込、 、      / .::;′: \:..  \
    /:/:/ .:/>=ミ ヽ ^=‐   イ   :ハ_\:. \:..  \            クイズと思って五分ばかり頭を捻ってみてほしいところだが、まあ任意で。
   / :/:/,ィ(i:i:i:i:i:i:i:i\>-r_<,../ .: :{:i:i}:::``~、_\:..  \
.  //,.://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i// :/ :/:i:/::::::::::::::::::⌒ヽー-  __        Q. 次の人名はある点で関係している。その関係とは?
 // .:/ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:// ;′{/:::::::::::::::::::::::::::::}      `、
.//  /  }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i|   | |::{/:::::::::::::::::::::::: /::/       〈\     「~~を~~した」「~~(ものの名前)」などで答えてみてくれ。
{ {  .j//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ー--i|:  | |,イ:::::::::::::::::::::::::/::/‐r 一 ''"   ノ\〉
乂_,> /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/Cc,。,ci|:: |/::::: /:::::/):::::: /  ト....____彡:'/`、      新井白石
    〈:i:i/〉:/)┐:i:i:_/_   ||| i| ;′/:::::/::_ -‐::/~⌒{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{`、:.',    荻生徂徠
    Ⅴi,///:i_/ i `、^^^八/:_;;:、丶´^^::::::. イ_  ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧ }:. }    佐藤一斎
     〈=〈_|_〈:i:i/〈_/⌒)}::::{::::::::〉__:::::::::: -‐ ´  } ^^i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} |八/    林羅山
     乂{i{.=ⅤイーくソⅥ_:}彡':^\ -‐     ./  〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;′      山鹿素行
      |`丁{:i人i:i人彡'}:::::::::〈::::`、`、     ./    Ⅵ:i:i:i:i彡ハ       吉田松陰
.      \丁i:i:i:i:|:i:i:i:i|/::::::::::::}:::::::}::::}-‐ '"   /    ̄∧=∧i}n
        /:i:i:i:i:i/:i:i:i亅::::::::::::{::::::::}::::}=- _-‐   _,..    \__つア     なお、皆儒者ではあるが、「四書五経(を研究した)」などではないぞ。
.       /:i:i_彡'}:i:i/ ノ::::::::::: /::::::/川/    ̄ ̄|      } 乂_┐
.         レ′ └'′}:::::::::::://///^/         |     ./
               川:i:||〈///厶'^        |    /
.               /└'^´  //          \_ /
              〈      .//             _ riア′
                 \    //       _ -=ニニニ.イ
               丁:.:.‐-,..._     ¬ニニア ′
                |:.:.:.:.:/::::::``~、、___ ノ__/
                |::::::/:::::::::::::::::::::::::::/

.





3329 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:04:19 ID:ifPOx/Gg


2/7

                   。s≦三三三≧s。
                ‐=.〈三三三三三三三Y        まあ、タイトルと合わせて勘付いた人もいるのではないかな?
           _   ´     \ 三三三三三 ア
           ´         ` <三=>‐‐ミ         答えは「兵法書を研究・注釈した」だ。
         /   /            V Y 〈アヽ.Y 、
        ′  ,'   i     }ト.、   i 人 ゝィノィ:i:i 〉      その兵法書は、おそらく一度くらいは耳目に触れたこともあるのではないだろうか、
        '   i   |    | }  /  i  .T:i:i:i:i::/ム
       i{   i ゝ,._|_   |七´  \}   ::i:≦ム:i:i:iム     「孫子の兵法」という。
        i{   iィzzzzx乂」_.」,斗if斧气   |_:ノク:.ム:i:i:i:ム
       八   i .|マ ::::::::|      {::::::::::i    }´>┐__ノ     もしかしたらなるほどと思ってもらえたのではないかな?そう、あの「孫子」だ。
        ゝ_」┘ 乂:::」     `~~~´i    }´:  ,
         i: : :Y :::        ::::: i    i: :.  i        よしんば「孫子」は知らなくても、「風林火山」「正々堂々」「脱兎の如し」は耳に覚えがあるだろう。
         i: : 込、 n  ゝ-‐ヤ  .イ;:}   i:: : :  i
         {: : : : }: {:::::Y:i:i:i:i ̄´:i:i:> ,:   i: : : :  i      あれらは全て「孫子」に記述がある。
         | : : : :i┌==┐、:o…o: >.゙   i⌒ヽ:  i         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         | : : : ::└==┘:.〉.::::}::ム: : /   /:i:i: ノ〉  i
         V: : イ: :乂:ノ: /::::::::i!:::ム〈  イ(ゝ┘′:  i
         ´⌒i}: : : :/: :^^^^^^^^: : : : : : :∨: : : : :. i



                   _......................_
           _....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
        /:::::ハ::::::::;::-―‐-:::::、::::::::::: '
       /:/,.Y  ';/:::::::::::::::::::;:::::ヽ./
.     ,::ィ-メ_,ヽ'ヽノ:::::::;::: ィ'"´     、 ` 、      「孫子」の著者は、同じく孫子と呼ばれる「孫武」である、とされている(以下書名は「孫子」or孫子兵法)。
    /::λ厄Yノ j: <.'  .'  !    ',  ヽ. ヽ
.    /::::::`ゝニ>'l.l\ ,'   .! ' ハ l',   , .! ',  . 、   孫武は春秋時代の兵法家・軍人であり、当時山東省に位置した斉の出身という。
   `‐-=/ /' .!l ヽ!   .! !./ ', !.l   ! l i  i
    /  // .ハ .l   ! |/  .リ_.}  ハ.l !  l  }    のち、今の蘇州あたりにあった呉の国で、
   ´ ̄j//ィ、/,. ヽ.!   .l Trー= 、 ヽ/ ノ.!_l__ ! l.!
.      l   l.{ ´:j l  !l .l. んソヽ   ,ィ=,Lノ¬,l    時の王、闔閭(こうりょ)に自身の軍事理論書十三篇を提出し、
.        l.  l. ヽ ー |  ll .|         (rソi   {´
       l.  l  l  ー!  l !         ' .!  .|      面接と実地テストを経て採用されたと伝えられているな。これが大体2500年前のことだ。
.       l.  ! .l l .l   .l |  ヽ   ,   ,.'l  |
      l  l  l l  .l   ! .ト 、     .ィ  .!  .!       三国志ファンには青州、及び徐州から揚州にかけての出来事と言えば分かりやすいかな?
.     l      /l   l .l   ,: -イ .l   l  .|
.       l.  '  ./ .ノ l   l .l\ 、 ノ /',  .!  |

.


3330 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:04:52 ID:ifPOx/Gg


3/7

.           _,,...-‐==‐-..,,_ ____
.          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉     ``~、、
.        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/          \
       {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/        、 \     `、
       辷__i><竺彡′ :/:..   i:. ',: `、  `、 ',
        _ _{ r㍉:}:.  :′ .:i:..   |:. ',: ',  :. ',
       /厶乂^ヅ\.:|:.   :|:..   ハ  |:i:.. :|:. | |:. |
       \_/{:i:/,ー ┘::.  :|:  /  |:l!:|:|:.. :|:. | |:. |       「孫子」は中国の、そしておそらく世界でも、現存最古の兵法書の一つだ。
           乂__〉  : :|::.   :|/   |:l!:|:|: . |/j八ノ
           |/:i:i/, : /|::.  ´| ̄ `` j」L⊥'',ィf^〉:. |        にもかかわらず、その完成度は非常に高く、宋代に至って「武経七書」の筆頭に数えられている。
         〈:i:i:i|:i:〉r‐|::. :ァ灯示㍉    じ /:. :
         /:i:丁´ 八',|:.  :└冖′   ,   ;|:. |
.         /:i:i:iハ| . .:i:|::.  :|           ,小:. |
        辷i/:i:i:〉 . :i |::.  :|.._   ー ´ .イ-|: . :|_
           | 丁 .:| . /|::.  :|  > .... イi:乂|: . :|:::`、       「武経七書」は、「孫子・呉子・司馬法・李衛公問対・尉繚子・三略・六韜」という
           |.: |: ..:| 〈:i:|::.  :|ー==彡:i:i:i}:i:il 八 : ||::::::',
           |.: |: ..:|_ rヘi|::.  :|=--.....-=彡i/ ,_-=- _:::::〉      優れた兵法書を総称している。
           |.: |::/   八::.  .:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   しアニニ= _
          / ̄⌒`~、、:\ ..:乂-一 '"∨cC└L/ニニニ=- _    孫子の評価については、
          /:: ̄:``~、、\ `¨⌒(_)C%%%  └'^=ニニニノ|=ミ
.         |::::::::::::::::::::::::::::::::``~、、  ゚° .∨,    /::/丁Tニニ〉) }  曹操の「吾れ兵書戦策を観ること多きも、孫武の著す所深し」という評が最も端的だろう。
        /{:::::::::::::::::____:::::::::::___:::::::``~、、__r==ミ/イ:::/ |乂_彡i:i}
       / |乂/:´:::::::::::::::::::::::ゝ......__:::::::::::::::::^ヽ::::〉:/  }:i:i:i:i:i:i:i:i}
.    / //:: 〈::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:::::::_}.イ:\  {:i:i:i:i:i:i:i:i{
  / . :// ::/ {:::::,::二´::::::--‐::::::::::::::::_ -‐  丁 |:::`、:::`、 }i:i:i:i:i:i:i:i:}
  )__// .:/:/ Υ:::::::::::::::::::::::::::_ -‐       ||/|::::::`、:::| 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:〉
    / .:/:// {:{::::::::::::::::_、‐''゛^\    _,...-‐:i:i:i|:::::::::|:::| 辷:i:i:i:i:i:i}
     { :|/ ′{. \___/       `、__rく_:i:i:i:i:i:i:i:i:|:::::::::|i::|ノ   ̄ 丁
    八;〈_:.|: .:{_  |  \      /゙}`'  \:i:i:i:i:i:,:::::::: |i:::| \___/
      `⌒\(  ,乂   \     `    |:i:i:i:/::::::::::l:i::::|
          /  ``-、 `ヽ、     _,厶イ:}:::::::::::l i:::::|
        /        ̄ `ー--‐ "   |/::::::::::::l |:::::{
          /              ..::/ /|::::::::::::::|:|::::;′
.       ,′        __,,.. -‐  ..:/  .//{::::::::::::::: |_/
.        {  /\    ⌒´     "´  .// .乂:::::::::::/




        __  ハ |∨       ___       /| ,ィ  ,.
      弋\\∨Vハ   x≦        ≧x   /,リ/,リ/丿_
      / ̄` <∨Vハ /            \ { ./ /  _´/
      ` <_   `ヽ,V/ /        ハ       \ //  ム /\__
     x     \<XV//  /  /  / ,゚} ,゚i Vハ Vハ  ∨/≧斗く      /     曹操と言えばもちろん、大日本帝国がリスペクトし(違う)、
.   / \` <_え ∨》 /  /  /  / / , ゚ | 「i .!゚,∨゚,  Y⌒i         {
   ` <_ .\\゚マニム丿 ′アー,<_X.// // .| , | | .V゚, }|i | ..|  ├  ナヽ  \     NSSネキの前世である(違わない)あの曹操だ。
  _   \\\マ《V { {__//ム=、`ー/ //,斗‐リ十,゚} |/|   d-、  d-、  /
. /  ` <_マ ∨ハ. V¨{ {弌´圷癶≧x / ノ≦三/,リ //ハ  │   .Lヽ   |     その戦上手ぶりは、特に三国志ファンに骨身に染みて知られているだろうから
. 《 \\\`ーx∨}-' V{〈 .Vハ ',乂沙′    圷孑 》リ////} . └‐'  __〉  |
. \ .\\\<丿  ∨x_ハ∧ ´¨ ̄     . 弋沙′//∧_..7   ┃ | 十〃. |     深くは言及しないけれども、戦の現場を知る人にも評価されていることが分かる。
    \ .\\゚,     \ヾ>ハ     __ ′   //_丿 /   .★ レd-、. /
     \ } i }      ≫xX     「-‐‐-、〉   /7/   \            \
      ノ丿丿    // >゚ト、  `ー─′ / └,゚ヲ  //う__,. - 、    /
     // /      \\{ _」_≧x   /    //   { { /    `>' ´      あと曹操自身も「孫子略解(最古の孫子注釈書)」を作っている。
   _/'´             /.: :: :: ::》x=7 ´    ー′  .!ハ〈
             __>'⌒ヽ:.:.:. //∧V}_          ヽハ{
           >'´    \    \///リハ VXー 、__
         /       ∧   《 //}.| ハ_》 〉 ∧   ∨  魏の武帝・曹操(155~220)
       {         ∧    Y゚|リ !.{Y_ノ   ∧   ∨

.


3333 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:05:14 ID:ifPOx/Gg


4/7

       /ニニニニニニニニ \
       .〈ニニニニニニニニニニニニヽ
     ./  \ニニニニニニニニ>‐┘___       ., -―- 、
   〃/    i  -=ニニニ」 __/^ヽ///〉     /       \
..   / /    .∧<  ム  マ, 〈ィァノ〉//    /          /    時計の針を春秋時代に戻そう。当時、周王朝の権威は揺らぎつつあった。
.   ' {     ∧ ` <  マゝ_」マ//,'/> /        /
.  { ム   ヽ  ノ ィzzx. ∧^ヽ `┘// /         /     各地の諸侯は国際的地位を高めようと争っていた。
.  {  ム    _〉゛ イ ぅリ ∨ ∧.ノ   ∨/...|i        /
. ∧  ∧~ヽ     :::: V ∨ム   ' /|l:、       /        国際と言っても当時の中華文明圏の範囲内だがな。
. / ∧  >ィぅx       ', .∨<,  |        /
.     ̄~~`ヽ`´ ` _ ノ  /:,  ∨/ム .|       /         既存の秩序が崩れつつあるそんな中で、新しい秩序の在り方を模索する思想家達が現れた。
      ム 込   _///∧  ∨/イ:j       /  ̄ ̄`ヽ
        ∧ V:~´://////∧  ∨广}     , //      |    彼らを総称して諸子百家という。
         j  i: : :{////////.ム   ./ \_  l/′     \
       i  V.┘、///>`.::::..../_   _ /     //   ヽ
       }  }:::::::.〉⌒V:::___/   l\.   /      /´    |
.      〃;   j_=‐(::::::ノ./   \ l  _ /       /      / l
     ./:~| /. : :/.::Y::::./    ー―く |      /      /  〉
   _>. : : :..|.i{: : :.,'::::::i{:::::\  /      l、\、  /     /  |
. . : :^\: : : :.从: : {::::::::ム:::::::.入l   ―-  \__/      ./  /
∧ : : : : : : >` .ゝ:.マ::::::∧::::::::::ヽ 〈    `! 卜、\   /  /
// : : : :.>`    ∧: マ::::::∧::::::::::::  ̄\__ 丿/  `匸¨´ 、 /
彡.‐‐‐゛     .∧/',::::::::∧:::::::::::::ム : : : : . ̄      ̄ ̄ \



               __ - ニニニ=-、
               {ニニニニニニニニ丶
            ≠  {ニニニニニニニニニ\
          ´    Vニニニニニニニニニニヽ
       /       ヽニニニニニニニニニニヽ
      / /   /     \ニニニニニニニニニヽ
      '  /   '        >ニニニニニニニ/ィヘィ´    孫子はその中でも、軍略や政略を研究し、ひいてはそれを通じて
       '   :'        ハ  >――{代薔ソ、
    /  .:   !   :     : ハ  }   "7⌒-くハ    富国強兵策を考察した流派「兵家」に分類される。
    {   :   :    :   : { : ヾ }   /ニニノニニ}
    :   i   i!  l ハ  ハ、.:!.  ヾ}  〈ニニ'ニニノ    言うまでもなく、軍事学は国防や武力の行使についての理論であって、
    :.   i   {:. _∨ ハ __}、≧ー― i    /ニニ}ニヘ
     、  :.   {´:, : ,ノ 川 ‐--   !   くニニ}ニソ    詳しければそれだけ戦争に勝てるし、国際社会での地位が向上する。弱ければナメられる。
     i、  vト -、_...ィ ノ ' ` 丶` ̄c´l    :l   !
     l ヽ : {ハc ̄    '      .i    .:   !     やっぱり弱肉強食じゃないか、国際法作らなきゃ(グロティウス並感)
     :    lヽ     _ ノ‐┬   ,i    : !   !
      :   l > 、 _ ⌒'゙´_ ィ:;:;:}   : :ハ   i
      i   :l   {;:;;:;:;:;:(;:¨:;:¨:;:;:;::;:;:;:i   ' ハi   i
      .!   !  ,"三丶(;:;:;:;:;:;:;:;_;:;:ィ!   .: :ハ}    .:
      .!、   .! {三三三≧x辷} ノノ  : : } イ :.   .:
      .l 、  .: ≧ミ三三三ハニノハノ ノノ }_:.ニ{ :   :.
      .i  丶ヘ { イ;:;::;:;:;:;:`}ごゝハイ;:;:;:;:;:;:;-:} }   . :
      .i   :i  i  .};:;:;:;:;:;:;:;}  }川{:;:;:;:;:;:;:;:;:;}    i! :
      i   :i  `ト{:;:;:;:;:;:;:へ ノ川}、:;:;:;;:;;;:ノハ_ }i i  ハ .:
      ::.:、  }i_ -.iニニノノi川_i} Vイ {ソ   }ニ` ノィ⌒ :'
       ヾ^ ´    lニニィ   !{/   ― ン 二!
             !ニニ、    l/     =辷ソ
              ト<__'   _......ィ
               :::::::::::::i  ̄ ̄i:::::::::::/
               :::::::::::{    }::::::::/
                V77i   /777
                ヽ/ノ   <//

.


3334 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:05:38 ID:ifPOx/Gg


5/7

                    ‐‐
と  ⊂ <          ¨¨` <ニニニ\   _ r ぅ
 \\   ヽ   /         `寸ニ } γ _ノ_ _う
   },,,,,,,,,,,,, } 〃 i  l  l  l  |`ヽヽニ /:i:i:i:i:i:i:i:i_}    「勝ちたい、ナメられたくない」。そんな需要とマッチした思想家が兵家だったというわけだな。
  {:i:i:i:i:i:i:i:i:i}.′ i  l  l   |  : ⌒∨ マ 、¨¨¨¨ }
    }´¨¨¨¨ |′ _」ー┘‐┘‐┴ ┘  ∨ i. ヤ    j      そんな兵家だが、前漢末後漢初ごろには53家、790篇、図43巻を残す。
   ,    ! |  |  .ィ≠ミ   ,ィ≠ミ マ.|= ヤ   /
   ,    | |  |  ゙ ィ,._ム   .ィ,.._ム   i== 〉  /       まあ神秘的兵法や武術などもあるんだが。
.         γ.:   |   {///.}   {///.} i } ̄  ,
   i    i{ .}  |  ゝ_ツ    ゝ ツ .l |   .         このことは後漢初頭に編纂された「漢書・芸文志」から伺える。
   i    .乂i.  |     乂人 ノ   .}.i   /
           l   |              ' ! /          「芸文志」とは当時の宮廷図書をリストアップしたものであって、つまり図書目録だ。
  ./∧      |            ムi '
   /∧   |  ∧ _______ ム.i/           これさえ手元にあれば後漢初頭の知の全貌が手に取るように分かるぞ!(なお現存してるかは)
    ./∧  .|   |´ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: Y |
     ./∧ .|   |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: } |
      /∧..i  |`≧=‐‐  ――‐‐=彡.!
       ./〉i____」 \::::::::::\ /:::::::::/}__ 」
        .}      ヽ:::.:::::::y::::::イ ∨/
       ,'        ≧「::」/    '/
        / ___           /:::}!ム     }
.      / ⌒ヽ        /.::::.i!::ム  〃}




                   _
          .>      <::::::::ヽ     さていよいよ「孫子」そのものの紹介に入ろうか。
.        /          \::::::::',
       ./    ./   i{    }`ヽ丶::::」_   「孫子」は十三篇構成で、約6000字から成る。
      /     7 _}!____}  ∨(〈rァ〉
        i   i{  i  iii       iii ∨|iii    中国古典は表語文字で書かれる関係上、内容の濃さの割りに紙面がコンパクトだが、
         i   {  ||!     ||! }.|_」
              {.            } i    その中でも「孫子」はかなり短い方だろう。
        l   |   ム、______ .イ} }
        |    l  {:ァ.:`'<i:i:i:i:i:i:i:} i :    レイアウトにもよるが、A5用紙に片面刷りしても5枚で足りる。それだけ濃度の高い書物なのだと私は思うぞ!
        |    从_」/_:::::::::::\/:::::〉.}_ノ
        |      /. : :`~}:¨〈」_〉: :.∨ ←かなり短い感じ

.


3335 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:06:02 ID:ifPOx/Gg


6/7

                         ‐…   ,
                           Y ニニニニニニニ > ,
                   ニ=‐ ┴ ‐‐<_ニニニニニニ>,
                  ´           <ニニニニ ヽ
              /     /            <,ニニニヽ
                   '               寸ニニム    「孫子」は「計、作戦、謀攻、形、勢、虚実、軍争、九変、行軍、地形、九地、火攻、用間」の
            /       l   ~"''~、.  }       寸ニニ:,
           ./       i{   {   ./ `ヽ!:      }!  マニニ}   十三篇で構成される。(実はテキストや版でまちまちだったりするが、
          /    i    「¨≧s。_/   /|    ,'  i    Vノ
          ,     |    |  イ芯ミミx_/ .}   .' -∧‐‐   } Y   不運にも聞きたくなってしまった人や質問がない限りはスルーするぞ。)
                  |    |  i{⌒uて.ヾ |   /  /  ',   .}_ノ
              Y⌒|    |  ゝ、::::::ノ     ィzzzzzミ   リ\   基本的には最初ほど戦略的で、だんだん戦術論や割合具体的な方法論、
          |   .乂. _     |(: : :)  ⌒         Y斥い》   ム:::」
          |     }     |   r v           {:::`:::ノ ,'  / |~    専門技能を用いての方略が説かれている。
          |    .' }   .{、  乂:.:.:\     ` ~ .イ イ :::|
          ,    ,: :,   ,i〕> ,   ` ,::::≧s。    (: : :.) |::::::|    しかし「孫子」は、それでも原理原則についての記述をメインとするスタイルを取っている。
              ,: :ム   .|:i:i:i:i:i:> ,          }  ト:::_」
         .'    .: :〃,   }::`ヽ:i:i:i:i:i:i:i:.≧=‐ r‐┐‐彡.. |
        /     }/.::::ヤ i {:::::::::.`<:i:i:i:iノ.「 Y゙.::/  }    l
.       /    〃::::::::::\|_」::::::::::マ、..¨:.V{:.:Y⌒> }    l
       ,    .〈::__::::::::::::::::::::::::::::::::〉∧/:::}:iゝ,ゝ_イ .|    l
        i     /: : ⌒> ‐‐‐―‐.┘:::∧_」:i:i:i:i゙¨ }  |   ,'
        |    /: : : : : :/ゝ====彡}::::::i!:::i{乂:i:i:i:ノ.. |  .イ
        |    ゝ: : : :.イ: : : : : : : : :i:::::::i!::::}\:_ /   └イ
.       从    {: ̄/: : : : : : : : : :i::::::::i!::::} |゛      .リ



          /                  \ニニニニニニニニ |      /|
            /   /  /    i   ∧      r゛⌒ヽニニニ/    M/ .|/|_
        /   ,'   ,'        i ∨    〈 「ィァ」 〉ニ /         /
        , i{   ,   /!  !   i   .|  ∨    ゝ‐=彡:.\          Z
          , i   i  \.|  |   |    :| / ∨    |!:i:i:i:iム.i:\
       .{ i  .{_」__\_ 」  」:__/   .∨    |:i:i:i:i:i:ム:i:i:i:〉  なので「敵が~~の時はこうしろ」というような具体的テクニックは、割合としては非常に少ない。
        i l  i{ マ≠=zzx  ̄     x斗~゛:}ヤ   }|__:i:i:i:i:i:i〉¨
         .}_」  つ:::::リ        つ::::::ノ_ }   .i }=== ´     言うなれば数学の公式のようなものだから、
         ,'  }! ` ̄          ̄´  :i   , .ノ   |
        ./   j  ///   rv  ‐‐ 、 /// ,   iイ゙}   |     きちんと個々の事例に当てはめて応用しないと、なかなか神髄に至れない。
        ,   .人   U  .{ : : : : : : : ,    ,   i: : l.    |
        {   l::)>。    i : : : : : : : :}   イ   ': :.:l   ,        結局は日常で活用したり、実践することが最高の学習法だと、要求はしないが
        {   |: : : : >  ` ー‐‐ ´  <.:   .i : :.:l.   ,
        ',   i : : : : : : 「:i:i:≧= =≦:i:i:i:}: ,'   i: : : l    ,      覚えておいてくれ!(そもそも中の人もちゃんとできているのかと言うとゲフンゲフン)
        ム   .i : :_:____:_{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.} /    i: : :..i    ,
       /ム   |:::::::::::::::::乂:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ツ/    i::: ̄⌒V.  ∨    ちなみにそういう具体的な戦術やらはむしろ「武経七書」が一、六韜において詳しいぞ。

.


3336 : ◆tWi64A7Uww : 2020/12/04(金) 20:06:26 ID:ifPOx/Gg


7/7

 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、   今回はもとより背景説明や導入パートの予定だけれども、まったく本文に触れないのも寂しいし、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´          冒頭部分だけ取り上げて締めとしよう。
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄        孫子兵法・計篇第一「孫子曰く、兵とは国の大事なり。
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \             死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり」と。
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ         大意「軍事は国家の一大事である。
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}              国家の死生存亡はまさにここにかかっており、知りませんでしたでは済まされない」
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>




                   _......................_
           _....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
        /:::::ハ::::::::;::-―‐-:::::、::::::::::: '
       /:/,.Y  ';/:::::::::::::::::::;:::::ヽ./
.     ,::ィ-メ_,ヽ'ヽノ:::::::;::: ィ'"´     、 ` 、
    /::λ厄Yノ j: <.'  .'  !    ',  ヽ. ヽ
.    /::::::`ゝニ>'l.l\ ,'   .! ' ハ l',   , .! ',  . 、    難しい字句はないだろうから注釈はしないとして、この種の調子は実に中国的なものだと思う。
   `‐-=/ /' .!l ヽ!   .! !./ ', !.l   ! l i  i
    /  // .ハ .l   ! |/  .リ_.}  ハ.l !  l  }    孫子は兵法の何たるかについて、「それに無知だと死ぬ/滅ぶもの」と
   ´ ̄j//ィ、/,. ヽ.!   .l Trー= 、 ヽ/ ノ.!_l__ ! l.!
.      l   l.{ ´:j l  !l .l. んソヽ   ,ィ=,Lノ¬,l    非常にプラグマティックに規定していると言えるだろう。
.        l.  l. ヽ ー |  ll .|         (rソi   {´
       l.  l  l  ー!  l !         ' .!  .|     ギリシア流の、定義や理論を重んずるロゴス的態度ともまた違って、
.       l.  ! .l l .l   .l l     ― -  ,.'l  |
      l  l  l l  .l   ! .ト 、     .ィ  .!  .!     一々急所をえぐるような迫力を覚えるのは私だけだろうか。
.     l      /l   l .l   ,: -イ .l   l  .|
.       l.  '  ./ .ノ l   l .l\ 、 ノ /',  .!  |     (ミジュニキ氏のような哲学畑の人はどう見ることだろう。)




                   _......................_
           _....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
        /:::::ハ::::::::;::-―‐-:::::、::::::::::: '
       /:/,.Y  ';/:::::::::::::::::::;:::::ヽ./
.     ,::ィ-メ_,ヽ'ヽノ:::::::;::: ィ'"´     、 ` 、       そもそもからして、戦いはモロに生き死にを左右する。
    /::λ厄Yノ j: <.'  .'  !    ',  ヽ. ヽ
.    /::::::`ゝニ>'l.l\ ,'   .! ' ハ l',   , .! ',  . 、    だからと言って安易に戦いを捨てれば平和が手に入るのだろうか?
   `‐-=/ /' .!l ヽ!   .! !./ ', !.l   ! l i  i
    /  // .ハ .l   ! |/ _.リ_.}  ハ.l !  l  }    戦いは本当に何も救えないのか?戦わなければ全てが救えるのか?
   ´ ̄j//ィ、/,. ヽ.!   .l .!     ヽ/ ノ.!_l__ ! l.!
.      l   l.{ ´:j l  !l .|  ー--    l.Lノ¬,l    少なくとも、戦いのシビアさを真に悟らなければ、平和を望むことすらままならないかもしれないぞ、と。
.        l.  l. ヽ ー |  ll .|         (`"i   {´
       l.  l  l  ー!  l !         ' .!  .|      孫子がそう問題提起しているものとも、私には読まれてならない。君たちはどう読むだろうか?
.       l.  ! .l l .l   .l l     - -  ,.'l  |
      l  l  l l  .l   ! .ト 、     .ィ  .!  .!     考える材料を投げかける形で、次回(反響があれば)への布石としたい。
.     l      /l   l .l   ,: -イ .l   l  .|
.       l.  '  ./ .ノ l   l .l\ 、 ノ /',  .!  |     投稿は以上だ、ご清聴ありがとう。

.


3339 : 尋常な名無しさん : 2020/12/04(金) 20:08:29 ID:gDZ5NXXc


武経七書で一番面白いのは李衛公問対、将軍の心持を知りたいなら呉子、軍法知りたいなら司馬法・尉繚子辺りが楽しい


3340 : 尋常な名無しさん : 2020/12/04(金) 20:09:48 ID:8ItmUiCY

乙です
軽く読んだことあるけど、孫氏はあまり戦うのを推奨していない気がする・・・気のせいかな?


3341 : 尋常な名無しさん : 2020/12/04(金) 20:10:59 ID:9PWmKPPM

乙です。

やっぱ聞いてて思うけど孫子だけ基礎の基礎であって
兵家を学ぶ際の心構えを説いてる気がするわ。


3342 : 尋常な名無しさん : 2020/12/04(金) 20:11:01 ID:kxfXf/w.

乙ー


関連記事
[ 2020/12/06 22:18 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(2)
137777 :日常の名無しさん:2020/12/07(月) 00:02:18 ID:XcyhX9Lg[ 編集 ]
>3340
昔からそう考える人が多いのか、老子の系統に入れることもあるみたいです。
老子の「兵は不祥の器云々」の章で、なるべく戦わず、止むを得ず戦うことになったら淡々と行い、戦いを楽しむなって意味の部分があるから。
137809 :日常の名無しさん:2020/12/07(月) 01:33:44 ID:-[ ]
>>3340
そら膨大な戦費、物資を浪費し、何より回復が難しい、訓練した軍人と本来労働力になり、次世代の誕生と育成に大きく貢献するような働き盛りを失い、十分な戦果がなければ赤字事業確定で、第三国に隙を見せるんだから、推奨できるわけがないよなぁ…
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第25話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第24話 (09/27)
  • 彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。 リペア一四回目「椅子と木人をリペアする」 (09/27)
  • 読者投稿:将棋の世界について「第71回奨励会三段リーグの結果」 ~ .「奨励会概説 どこが特に大変なの」 ~ 「JT杯の仕組み」 (09/25)
  • 読者投稿:模型の国の女王陛下 (09/25)
  • 読者投稿:は?(真顔) ※フィクションです(願望) 他 (09/25)
  • 読者投稿:たのしいけいば~Your Majesty~ ~ たのしいてんのうじ ~ 「たのしいうんてん」~繰り返す者~ ~ たのしいえいが~デリシュ~ (09/25)
  • 読者投稿:コロナに感染ケース紹介(本当に軽い方の軽症) ~ このラノ2023投票の広告 ~ 中立公平な両論併記と、情報受け手への影響 (09/25)
  • 読者投稿:ニュースネタ EV補助金の予算切れ 他 (09/25)
  • 読者投稿:たのしいことのは その10 (09/25)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その五 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その四 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その三 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その二 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その一 (09/24)
  • 読者投稿:カーネル・サンダース ~ クロモリのクロスバイク紹介 MARIN (09/24)
  • 読者投稿:和歌のテクニック「本歌取り」について ~ 月を見よう ~ 藤原道長「十六夜? そんなの関係ねぇ、俺にとっては今夜が満月だ!」 (09/24)
  • 読者投稿:ダイビングに行こう23~32:ダイビング用機材について(1) ウェットスーツ、ドライスーツ 他 (09/24)
  • 読者投稿:増量の友 ~ とある侵略的外来生物 ~ 車の窓って丈夫なんだよ? (09/24)
  • 読者投稿:川崎病じゃねぇ! ~ 在野の理学療法士 ◆Cgv/IcOLlc さんの投稿の補足 ~ 医学研究紹介 (09/24)
  • 読者投稿大会:辛い物 (09/24)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十六話 (09/24)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第四十八話 (09/24)
  • 昭和名馬列伝 第6章 トウメイ伝 附 テンメイ (09/24)
  • やらない夫千年紀 第五七話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十三話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十二話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十一話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十話 (09/24)
  • 読書的な小咄 276~278 中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。 ~ カタギモドシ ~ イリオス (09/23)
  • 読書的な小咄 273~275 潮が舞い子が舞い ~ イブン=ハルドゥーン ~ 妖怪始末人トラウマ (09/23)
  • 読書的な小咄 270~272 転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます ~ D.Gray-man (09/23)
  • 読書的な小咄 267 「魔夜の娘はお腐り申し上げて」「魔夜の娘はお腐り咲いて1・2」 ~ ありゃ馬こりゃ馬 ~ 優駿たちの蹄跡 (09/23)
  • 読書的な小咄 264 ご当地アイドルの経済学 ~ 王様の耳はオコノミミ ~ 鬱ごはん (09/23)
  • 読書的な小咄 261~263 『小説スパイラル~推理の絆~』シリーズ ~ 百姓貴族 ~ サトコとナダ (09/23)
  • ソロやる夫くんソロる その23 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十九話 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十八話 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十七話 (09/21)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!