スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:専門用語を使いたい!ヘルツ接触理論の原著論文

目次 国際的な小咄

5992 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:08:56 ID:7EhXOh3Q

ではお言葉に甘えて

専門用語を使いたい!ヘルツ接触理論の原著論文

              ,斗--'::ヽ、
            斗:七≧x、>≦フ'': :フ≦三≧x、
          /: : ァ:': : フ:./≧x、: : : ≦: : : : ≧x≧x、
         〃: /: ': :.ア:./, :ア: /`: : : : rミメ: : : メ: :ヽ: \
         〈: : :f: : //'/: ://: ///:i: :!:rミ、ヽ: ヽ:':,: :ヽ: ヽメヽ    せっかくベアリングと言う普段光の当たらない部品を
         ∨:.{: 〃/://: ://: :,': !|: :!: !:i  ム-ミ;:V',: : V: :∨ヾ、
           }: :.〃:': ':' : :,':,': :;>七T: !:{  !V!',:|`:!:}: : :V: :.! ',    紹介してくれている人(◇3DtLISXDqc)がいるので
           }: ,'/f:{: ':i: : :!:j/:|',: :!',:!Vハ:  }竓ミ}:!:!: : : V: | !
         ,ィィ!;ア!:!: :i: : :/: :{N,ァ云ミヾ ヽ  fぅr,∨:ノ: : :!V|       便乗して優緒ちゃんも頑張っちゃいましょう!
        〃}} !|,イ|ハ: :',: : !: :.{/f'f:r:ム`    Vタ人: j'!: iハ:|
        /jz≦r!: ハ斗: :、i: :ハ`乂うタ     `´ !/:リ:/`メ、     私のほうは専門用語を使いたい!方で行きます。
        /:/>'´ィ! Viハ:V:',ム `¨´    :.    ハ://  `ヾ:、
       >'"フ´ /  jVハ: Vハヽ     __´,  ,: :// >.、_ ヽ
     ア´.:'": (_/ ,.イ==ヾ'ハ: Vメ、     {:::/ ,.イ:/ ´     `ー'
    / '一 ' ´ .ァ'"´(、    `メハヽ>..、  ` .イ:/:'
  〃斗rァーf<ハ、  ` ー----イY:}:!、  ≧f:´: / |
     > '>'//. 7メ.、_     j::v  \,{-r-、ゝ、_斗七 Tメ、
  r≦>:'/ //j../ ,'. . ,' Y"'''f Yハ: :i  ///,ハ ヽ::::V  ノ  )r--------、
  `7: :_/' ./ノ,ノ,'r‐‐、. ,' i. . . ! !: : :i,/. . \//ハ ハ:j一'  /s。≧s。 ̄ `
 ァ '"/ (_/イ/:::::iア⌒v  i. . . i .!: : :|.、. . . .∨/ハi 人__rイ\` 、. V≧s。 `Y
f:(  { y:≦::___::::ノハ   !V !. . ..!  !Y: i,ム、. . . V/,'ハ ∨,ハ \. .ヽ ヽメ \`´
i ,  ,フ Y´ i   !'ー':! r !`ヽ. . .i  .!j: :.!、 `メ ,j///ハ V:, ハ ヽ. . \ ` Y_ノ`ヽ
:', V ! ji  i  !、:::::`フヽ__,). .i、__! }:/ `  < V//,ハ__`ヽハ  \. . ヽノ/   /!
ム  ヽー',ハr :r,__j `~´ ノ ノ___ノ!  j/      `V///! `メ).ハ  ,). . /   ,/:,

.





5993 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:09:22 ID:7EhXOh3Q




               _ ... _
            r七---::ミ::ヽ__
   ____    ノx≦::::::::>'>--r七:::≧x、
'´斗――――>'::>---ミ>':=ミ:::ヾ:::Y:_:::`ヽ:メ`::..、
=-ミx、_,斗rく::::/:::::::ア::/:::/ム:ィヘ/::::):´:::::ヽ:::',:::::::ヾ::.、
----:::::):::)::::/::/'ア:/::::/::r':::/:/::::/::::/j{:::|::::V::v::::::::::::V::.
ー===≦::/:::::/ /:/::::/!::::/::|:::|j___:::/ }::::!:斗-ミ::::}:::::',:V::.
:::::-=ニ:(´:::::::/ /ム|:::/::|::/::::,ィ:!|::/!:'  j:::/ }/!:ノ ',メ、::::}::}::iハ          今回扱うのはベアリングの基礎理論、ヘルツ接触です。
::::::::::::::::::::-=人_,斗!::{::::i::::::/从{≦z{, ノ:/ / ァ笊芍:ノ:::j:::}リミ!
---=ニ二::::=---//V:::::|:::::{::::〃ぅrハ j' ' /{:r' リ八::/::/|`j| `> .、      1881年に電磁波の単位で有名なヘルツさんが言い出した理論ですね~。
         j {´>:{|V::!::ヾ{乂rク     ` ー'/彡':::/X、ヽ \: :. \
         ア´/jノ V!::!ヽ、~´   ,   〃/::::::/ム{ ` <二 ___ヽ
        /, イ´ ノ_ノV' 'ム,ヽ   , -、,.:' /:::::ア´  `Vi:.、
       , /(,ィ"´:::/´  Vi`:...、   - ' {ィ:::::::,'  ヽ、 '" ):、
        / /,ィ,::::/:ア     V, ,__≧s--≦/::,    _ノ  ,ソ:::::::、
     />'´ {::/_,'::{  斗r七フ´/ニV::::V'"_ノく,ゝr≦__j_)r≦ニニニ
     {(/二二{二::!斗r≦二二ニア´!:/彡-:'ア ,.ィY{`ヽ:. . 、 メミs。_
     V::..>'",.斗イニニニニ>'":/-|:!--ミニ!' .|' |: :.、 ヽ: j{:s。__):
       く>'"^''/ニニア´二 斗 !{≦!|≧s。' ,'| ,: : : :.、 V!:、:.、
      Y´    }ニ/ ~~ ´  乂:、v   / /:| !: : : : 斗--====-
      ,     '´          v, !__/: :~´: :/  ,.斗r七ニミ
      八                ヽ |: : , ' , ィ´
      斗-- ミ、 j |--s。._          人' ,ィ       _,.斗
     ー--==!-ヾV_!---v: : :≧s。___ ..イ:,' /     ,.s≦く>'
         .}: : : ー'ミs。}: : : アr‐ミ{:__: :!_,'    ,ィニニニム,>'
         .}: : : : : : : : ~: : : 人:ミ=':彡'_斗>s。(_Vニニ>'" \

.


5994 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:09:44 ID:7EhXOh3Q




              ,斗--'::ヽ、
            斗:七≧x、>≦フ'': :フ≦三≧x、
          /: : ァ:': : フ:./≧x、: : : ≦: : : : ≧x≧x、
         〃: /: ': :.ア:./, :ア: /`: : : : rミメ: : : メ: :ヽ: \
         〈: : :f: : //'/: ://: ///:i: :!:rミ、ヽ: ヽ:':,: :ヽ: ヽメヽ
         ∨:.{: 〃/://: ://: :,': !|: :!: !:i  ム-ミ;:V',: : V: :∨ヾ、     ◇3DtLISXDqcさんのたのしいベアリング~日本のベアリングはどこで使われてるの?編~
           }: :.〃:': ':' : :,':,': :;>七T: !:{  !V!',:|`:!:}: : :V: :.! ',
           }: ,'/f:{: ':i: : :!:j/:|',: :!',:!Vハ:  }竓ミ}:!:!: : : V: | !      などでも言っていましたが、この業界信頼性が大事です。
         ,ィィ!;ア!:!: :i: : :/: :{N,ァ云ミヾ ヽ  fぅr,∨:ノ: : :!V|
        〃}} !|,イ|ハ: :',: : !: :.{/f'f:r:ム`    Vタ人: j'!: iハ:|        日進月歩の工学の世界では100年前の理論がまだ現役で使われているのは
        /jz≦r!: ハ斗: :、i: :ハ`乂うタ     `´ !/:リ:/`メ、
        /:/>'´ィ! Viハ:V:',ム `¨´    :.    ハ://  `ヾ:、      珍しいのではないかと思われるかもしれませんが、
       >'"フ´ /  jVハ: Vハヽ     __´,  ,: :// >.、_ ヽ
     ア´.:'": (_/ ,.イ==ヾ'ハ: Vメ、     {:::/ ,.イ:/ ´     `ー'     古い理論のほうがその限界もわかっててありがたいなんてこともよくあります。
    / '一 ' ´ .ァ'"´(、    `メハヽ>..、  ` .イ:/:'
  〃斗rァーf<ハ、  ` ー----イY:}:!、  ≧f:´: / |
     > '>'//. 7メ.、_     j::v  \,{-r-、ゝ、_斗七 Tメ、
  r≦>:'/ //j../ ,'. . ,' Y"'''f Yハ: :i  ///,ハ ヽ::::V  ノ  )r--------、
  `7: :_/' ./ノ,ノ,'r‐‐、. ,' i. . . ! !: : :i,/. . \//ハ ハ:j一'  /s。≧s。 ̄ `
 ァ '"/ (_/イ/:::::iア⌒v  i. . . i .!: : :|.、. . . .∨/ハi 人__rイ\` 、. V≧s。 `Y
f:(  { y:≦::___::::ノハ   !V !. . ..!  !Y: i,ム、. . . V/,'ハ ∨,ハ \. .ヽ ヽメ \`´
i ,  ,フ Y´ i   !'ー':! r !`ヽ. . .i  .!j: :.!、 `メ ,j///ハ V:, ハ ヽ. . \ ` Y_ノ`ヽ
:', V ! ji  i  !、:::::`フヽ__,). .i、__! }:/ `  < V//,ハ__`ヽハ  \. . ヽノ/   /!
ム  ヽー',ハr :r,__j `~´ ノ ノ___ノ!  j/      `V///! `メ).ハ  ,). . /   ,/:,

.


5995 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:09:59 ID:7EhXOh3Q




                   ,...、    _,,、
                 /:/~^ー::≦斗::メ、
             ___ ,斗-===(_ソv}=ミx、:::::::.,
         ,.斗r≦'":::::≧x,:斗r七:::::::≧x、マ::::,
       ,.イ::::::/::::::::::::::::::/j|:!:::::!::::!::::::ヽ:::::ヾ::,:::ハ
     /ア::/:/::/:/::::::::!::::/^~'::::::|:::::!:::::::::::V:::::∨::ハ           とはいえヘルツ接触は非常に優秀で、
    /´/:::/:/::/:::{:::::::__!:::{  }::斗≧、:::::::::':::::::::v:::::,
      {::/|::'::,':::::::V´!:::';`|  }!::ハ::::|:i:メ、:::}::::::::::,::::::!           次の有力理論が出てくるまでに100年近くかかりました。
      {::| j:|::{::::::::从z≦,:{  ノ|:,竓zz{,_:::::V::::::::::::}:::::{
     八! |::{:::::::::{ア frハ`  j' .んr:うマ::/:::/::::::/::::::,           接触領域の境界付近の接着力を無視して計算するので、
       ヽ V';:::::::人 vタ    乂hタ'";'::::ハ/:ア'、::::::.、
           ∧:::::{'''   、     ~´''/::::人:/ ヽ ヽ::ハ          エッジの弾性応力が無限大になるJKRモデル、
        ,.:'/ v八          /イ:/:ハ\ ヽ \!
         / / ノノ/ム、 `   ´   〃::/::{::::ゝ、ー'ヽ  、        それを無視することはまかりならん!ということで接触応力をきちんと入れたものの、
      / ` / .|::::|::::\     ,. ィ:::::,':::::{::::::::::>..、  ∨
      ,  , '"  .!::::!:::::| .>-=≦  {:::::{::::/!::::::::斗--`:..、}        応力分布がヘルツのままであるDerjaguin-Muller-Toporov(DMT)モデルなんかは、
      !_ノ 斗---|::::|:::::|斗|     !::::j::::({ア´      ` <
     ,.イ´    j:::::!:::::!アニニニvr七 !::::{:::::j           Y、    当時の東西冷戦の雰囲気も含めてなかなか熱い論争が繰り広げられていたようです。
    / {      !::::{:::::!ニニニ}   v:::,:::::{、          八、
   (  乂     从:{:::::{ニニニ!':、  }::j:::::| ≧s。 __ 。イ  ハ
 /,.ヘ  ` ~~ ´  j{:j:::::{ニニニ{ ヾrく|::|::::::{ 、         く`ヽ

.


5997 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:10:28 ID:7EhXOh3Q




             _ノヽ、__
            f'/::-=≦::__:>:r七ミx、
            ノ:::>‐ミ:::、::!:く´::::::::::::ヾ:..、
          /:ア:::::ヘ:::::::::!::}::::::V:::::::V:::\ヽ
          ,イ'ア:/::::ノ::::::::{,ム:::斗--:ミ::::::::ハ::::.、                  この辺はMorgeがその遷移を
         /' ./:/::/::/::|::::::ノ! ',:::|,::|:::!:|::::::::::'ハ:::::ヽ
        ,:" ,::,'::/:::/::::j,ィ{::|!  ,::| ,v_j_!_:::::::::} }:ハ::.                 ダグテールモデル(破壊力学でよく使われる仮定の無限板中の二次元き裂)を
      〃 ,:::,!:,'::::::::´:!:{::j_j{_  j'〃´  ヾV:::j、'  }:ノ           
      〃 ,'::/|:{::::::::ハ:|:,ィア´       ''' }::/{ヽ\                  使いながら説明しているので、abstructだけでもだいたいわかりますね~
      '  ,:::{ j从:::::::!:〃     ヽ    从:| ヽヽ :.、         
        ,/::! v ∨八'''     _  ‐v  人:!ヽ ー'ヽ \              ttps://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/002197979290285T
        ( ':| !// ヾ!:::ヽ、   ゝ _ ,ノ .イ::::::!  `  <  :、
         ! // / .ノ::::::| ≧s。 __ イ{ !::::::! 斗r七 ‐‐ミr'             これにBowdenやTaborの真実接触面積に関する話題が出てくると
         ,' V /=|:::::!、  , }    !,|::::::|´       ` :、
        >!  ノ  ,::::|_>' {、 __ / !::::::!         ヾ,          現在の摩擦摩耗の話が出揃ってくるのですが、
      /  ! r'"   v:::!:、   )芥{   ,:::::!ミx、       ))ト 、
     , (    `   /八| 〉、ノニニ〉、/;::::! ヽ!Y ≧s。____ノく 、 >  _    よもやま話はこのへんにしておきましょうか。
     / ゝ ---r≦ く\ j ',  ハニニ,  ,' V:{: : :! !:`:T {--j v彡:、\ ー
   / { r 、 r , 彡ヽ: ヽ \', :, ,ニニニニ, ,' ,'j': : :.! !: : :! .|: : ! ,: ,  ヽ \
 / / 7 ,'=rく!V: : :.、 ':,: : .、ヽ:Vニニニ,}  /: : : :! |: : :| !: : ! ':,.   ヽ .\
..(__/ , ,: |: :| ,: : : ヽ ,: : :ヽ_):Vニニニ, /: : : : :!」: : :.! !: : ! ',     ヽ  )
    ,  '  |: :|  ,: : : : ヽ): : : : : : :Vニニニ,,': : : : : : : : : : ー: : :ー'

.


5998 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:10:55 ID:7EhXOh3Q




                        斗r‐ミ斗r――:.、
         斗------ミヽ、     /::::::/:::::::::::::::::::::::::::)
       , '"      __ 斗r‐‐‐‐‐r七≧s。.__ <=---::〈
      /     ,x≦::'::>:'":::斗---_::::く:::::斗--:ミ≧x、:::ヽ
         ,.ィ::ア:::/:::::;:ィ:´::/:::/::::}:::,:-::ミ::::::∠:::::::::ヾ::::::.、
       ,ィア::/::::/::::/':::::斗-ミ,:/::::::ハ:::j!:::::::::v::::::::V:::::::::::ヾ::::,
      ,:' ':::/::::/:/::/:::://:::::/ヽ::::::{~^~|:::::::::::}::::::::::V::::::::::::ム::!
.      / ,':'::'::::::'::'::::::::!::/!/{:::::'! .!::::ハ!  .j/:::::´⌒メ:、}::::::::::::::,::ヽ       さて話を戻してヘルツ接触ですが、これは良い概説があったので引用します。
     /   !{::!::::::!:{::::::::|::',x竓=ミ、 '::::{ {  ノ }::::/::/:|::::::ヽ:::::::!::::::,:::,ハ       ttps://indentpt.com/pdf/Indenter_view-20171107.pdf
       { ',!:::::j:ム:::::::〃笊示:,マ!V:!    ':/ア }!:::::::人::::|:::::::|::i:::,
       八_v::::|{ )::、!' f::'f'r::}i ' ヾ  ノ´ ' ___/:::://}::::八::::j:::!:::}       「1882 年、弱冠 24 歳の Heinrich Hertz が公表した論文
      > ´ .v:::!/:ァ‐ 、マ;rzタ      ,ィア'"^ヾ:.、 ,':::/|::::::::':ノ::ノ        On the contact of elastic solidsが現在の圧子力学の根幹をなしている。
  _ / /´ .V:{:::ゝ.、___)         `    V}/::/:::!::::/::/!ハ        彼は対面する二つの凸レンズを接触したときに生ずるニュートンリングが
〃   `ヽ、__,ィア'V:、::八__    、ヽ      (´ `ヽく::イ::ノ:::/::>=ミ:,          接触力の強弱に伴い変化する現象に興味を持ち、
ゝ、     V:/ィ'!::ヾア´  .)   !`:':ヽ     ` ー - イ:イ:':::/    },       専門としていた電磁気学におけるポテンシャル理論と弾性理論の類似性に着目し、
.  \     vア|::::/   /':ヽ、 .!: : : :}   r ‐‐ ミ彡'ノ::::/ア     人!       レンズの弾性変形に関係づけてニュートンリングと
    ヽ   人,___!   /:! ./:ヽ、: :ノ  :.、   ヽ:::/ア    /  V         レンズの接触力との関係を理論的に論じた。」
   ア" ̄ "'ミjニゝ,_,.ィヾV|ニニ≧ニ二,´:.、   .V_ノ{   /、  :.V
   f'      )ニニニニ!  Vニニニニニハ/ハ   人ニ>'"~"'<-≧s。
   ゝ---  -{ニニニニ}  .!ニニニニニ!〃 !≧≦ニア      ,ヽ
   (     jニニニア  iVニニニニニ!'  jニニニ≧s。______ 八_ヽ
    ゝ____ イヾ>'"´  ノ .Vニニニニム  Vニニニ'、    )


.


5999 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:11:22 ID:7EhXOh3Q




     , - ミ、                    ヽ、
  , ィ´   `メ::.、- 、 __斗、__ , ..斗r七:、__,、   ノ}
./ く     `ヽ ヾ::.、V::ァ/:::::::;::'::::::::/::/:::::::ヽ≧<
    }   --  V ヾ::.、/::///:/:::/:::/ヘ':fム:}:::',:V:.、`ヾ:、
    `ヽ   -- ィ≧zくヾ:、|':::{::r七iフ丁 !{ /j_::::}::!:::ハ  ヽ                  というわけでちょっと原著論文を見ていきましょう。
ム     `ヽ   j{≦ニニム::ハ:==≠  `/ `メ,ノ:;':|:::ハ       _ 斗-ミ,
≦:.、    jr-≦ニニニニ{::!::{ヾ!      ミz/::/::|:从!     ,.ィ. . _._._. .ハ`> 、      H. Hertz, Uber die Beruhrung fester elastischer Korper,
斗r::\ ,、__!__!ミヾニニニア仆ハ      _'   从'::ノ´ リ   ∠..∠_´⌒`ヽ:}  〉 { ヽ,       Journal fur die reine und angewandte Mathematik 92, 156-171 (1881)
':::/:::::7 / ____ Vハ! ヾrく'V{ |ハ ヽ  ,.´::リ 人/イ::.、 _,x≦:___::::::::メ、. . . '!  !  〉 ハ
:/::::/ { v   ノ }:く j'ヾ }' j }: :.、  ー´,.イ/ vヽ::ー'"::/´. . ..`ヽ:::)イ /,' 〈  〉  ,    というやつだと思うのですが、概説とちょっと年数ズレてますね
'::::/_ノ人 `~~  人:::.、-ミ_'__,j  : r--≦ __≧=' ァ`~~´. . . . . . /V:' ,::'、 !  〉  |
::イ::::::/ ≧zz≦__ _`ヾ  Yノ` ー'-vァ´ ,  ヽァ'. . . . . . . . . /  }::!/ニニくハ__ 〉 i    wikipedeiaでも1886-1889と書いているし、このへん対象としてる論文が違うんでしょうか。
:::::::/  ,jr七rィ /: /´ |:.7メ!: :ヾ:、ィニ≧x_ 斗-!v, .. 、. . . . ,:'    j' ヾニニニニア___j
:::;:'  /_/〃__/__,  |:' }:!斗r‐‐‐ r-- ‐ ' " )ニ≧x、v__/ィヽ、_ノ  ∨ニニア,' ,' ',Y    ttps://en.wikipedia.org/wiki/Heinrich_Hertz
/   ,ィ>'"_ 斗---~-〈__jく!: :> '"´`~^'</__)--ミニxノ´   ヽ    `~^' ! { '"j !
  /_〃'"´        `ヾ(       `ー'´ ミニニニハく    ノ       人_ニ,ノ
   人    斗----- ミ  ノ: : : : : : : : : : : : : : :Vニニニ, V イム
     ヽ (`ー|ニニニニ!/:八: : : : : : : : : : : :__: : Vニニ, }ニニム
       `^''|ニニニニ|: : : :ヽ.,: : : : : : : : : : `ヽ }ニニ|八ニニハ
         !'"´   `|ヽ:,j: : :,:≧ー=≦´:r vミvjニニj{ Vニニニ,
         |      | Y /: : : : : : : : : __V{__Vニア:{ V^~´  v
         |      |  ( \__ 斗r≦ _____j{_X{∨_ミ`ノ:、   ,


.


6000 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:11:41 ID:7EhXOh3Q




               ,.....、
ヾ:.、  ,...、_ ,.斗r七:''''/:::::::::::`<s..。._
 斗ァ::::::::::::\:::::::,、::/:::::::ミ:::ヽ、::`:<::::::≧s。,
::/:::::::::::斗-,:::::::'::::V:::::::::::::く⌒::メ,:::::メ::、::::::::::ヽミx、
':::::::::::/::::::::_:::::::!:::::::v::::::::::::::V::::::::::V:::::::::ヽ::::\::::\ヾ:.、
::::,ィ:/::::::::/:::::V!:、::::V::::::::::::::,:::::::::::::V::::::V:::.、:::ヽ:::::ヽ ヽ
:/::::,::::::::::!:::::::::fvrハ:::::::v,::::::::::::|:::,::::::::::i:::::::::V::::ヽ::::V::::ム  ':、          しかしあれですね、どいつごむずかしい。
::::::,'::::::::::j:::::::::|   V:::::, ヽ斗==ミ;_::::::|::::::::::V:::::::V::::v:::::ム
::::::{:::::::::ハ:::::::::{   ',:::::' v::::::j.!:ハ:`ミx、::::::::,(__)::V:::,::::::::ハ            文系の方々と違ってとりあえずヨーロッパ諸語は読めなきゃね!
:::::ハ::::::_{斗ミv{    }::::|  v::/ !' !:::::ハ:|'メ::::|:::::::::!:,:::,:::V:::::,
:::::! V':f:{ V:i :,    i}:::i  .}:;' j' .!::/ .|:! v::::|:::::::::!ハ::::::::V:::| ミ          みたいな訓練を積んでいない我々エンジニアにはつらいです。
:::::{´ v:!{  V! ':,   iハ;'  ,j'__ノ_,j/_}|_,!__:j、::::::八}:::::::!V::|ミ、`メ 、
:::{ハ V!   '!    j'  ´~'茫':_: :j':_:_:,とつ7 }::/:::::j::::::::! }::': : : `メ、\     (平成始めくらいまでは工学博士にドイツ語の試験があったと聞きますが)
::::、ヽ 斗r-ミ≦'          ̄~^~r‐‐'-― v:::::::::::i j': : : :.ヽ: : :ヽ ヽ
--とYニニ{- 、ヽ             ー-----r彡::八:::i、! \: : :V: : : `ヾ、
{i| ノ::jニニ!ヽ V                 八|:::,':::::::::!ハヽ、 `~´ '´    V
`::::/ニア、___)r'                 ,:' メ:/|:::::::::!ム V≧s。_____V
r≦ニアr-'                  ,.イ  ,::/ '|:::::::::! V-' く :.、
 `~´ノ´ ≧s。_   、_,__、ノ      _.。≦  `  /'  .|:::::::::|:Yv  V :、
-=≦´ ̄ ノ jニ≧=----- =≦ム   {     `ヽ!:::::::::!イ }   V :、

.


6002 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:12:01 ID:7EhXOh3Q




               /\       /´ )!
         >:≦: ̄:::zryf≧x、 _    //
  ,,x=≠==ァ=ミx、:::::::>--=≦ ̄/::::≧≦::ィ=ミ、
ィ´    ./:::::::>-=ィ::>-::::::::::::,へ::::::::ヽ:ヽ:::::≧xヾx、
     /:::::/,ィ:::/:ィ::::::i::::::::ヽ'::::::::ヽ:ヽ::::ヽ:ヽ::ヽ:::ヽヾ,
    ./::/イ:::_,,/;':::::::::i::::!:::!:::::zv:ヽ::::::!_::!::::::ヽ:',::::',:ヽヽヽ
   /:::(_>,,ィ/::!:::::::::::!::!::_!__!{ ヽ:!´!丁:!メ::::::',:!:::::!:::!メ、!        >≦三≧x、
   ,j'.≠≦:::zi:::::!:::::::::!:!,≠:!::!{  !}:!::/!_!_}/!:::::::!:::::!:::ix!',      >::´:_ ===ミ:::::::/      ですが当時のノーブルな人たちは違いますね!
 /ィ:::::::_//(:::::!::::::::イ',::::!{,!{',  }:}/斤::卞!:!::::}::::ハ/ノ ` <  /ィ´       ム',::::',      
,:'/ {:::/rメ-!:::ヽ::',::::::::::!,斤r:ム`  'ノ 弋zタリ!::/:::/メ.__  >:/       ノ }::::}      コーネル大学のデータベースが凄い!、ちゃんと英語に翻訳してくれてる!
/  !/::::i !::::::!:::ヽ:',:::::::ムゝ夕       ´' }::::!/:::::::≧-≦:::::ィ一'     -イ ノ:::/
   {::::::! ィ::::::!ム:::ヾヽ:::::ゝ、    .,     ムゝ≧x__:>´        __ノ::::/       (これがなければ今回これを作ろうとは思いませんでした)
   /!:::::!´ !:::::{ ム::::ヽ:}ゝ::ゝ、    r y   イト、ー''¨ }            !::::/
  / !:{´  .!::::::',´ヽ::::ヽ!::ヽ:}>。.  ` ' ∠、.}:',ヽ、 ノ            ¨´            さあ、じゃあちょっと気になるところを見て行きましょう。
  //ヽ  i::::::::',:::::∧::ゝ彡:!   >-升::ム丿:>≧{
 ,'/ __,,ィ'! ム::::::::',/ \:::::::::!}x、__/:i:::::::::::::ヽ´/ ゙̄ヽ                       ttps://archive.org/details/cu31924012500306/page/n183/mode/2up
 !-'´ ',::::::::', .ム:::::::',\  \ソ }__≧z≠=-ゝ:::::':,    ∨
 !{   ',:::::::ヽ .ム::::::ゝ、ヽ、  j __,r--一'´.ヽ::::::,     ',___
 !{   ム:::::::::::ゝ、ゝ:::::ヽ   /イ丿        ',:::::',    ムzム
 ',!    ゝ::::::::__iヽ∧,ヘヽ_//        }::::::!   ィ--ミ,{ミ、
  '{     i ̄>≧--====!_: : :.     . . . .!::::::}s≦/    ノ:):`ヽ
  ヾ,    ゝ、_    ̄・二==!: : : : : : : : : ィ,!:::::::!ヽ ヽ一彡イ::::::::::!y
   ヽ、  ノ}- 二ニ==---,>s __ ィ: :{/i:::::::トV !iノ_ノ::::::::::riヽノノ
      ̄  !、   r--r-! ∧ヽ: : : : : : :./:::::::i i-从{/>--〈___ヽ'
          ̄!`::::::::::iミz_`マ`--r=_____/:::::::::iイ!マ!::!::!ヾ

.


6003 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:12:21 ID:7EhXOh3Q




                 ,...、    _,,、
                 /:/~^ー::≦斗::メ、
             ___ ,斗-===(_ソv}=ミx、:::::::.,
         ,.斗r≦'":::::≧x,:斗r七:::::::≧x、マ::::,
       ,.イ::::::/::::::::::::::::::/j|:!:::::!::::!::::::ヽ:::::ヾ::,:::ハ
     /ア::/:/::/:/::::::::!::::/^~'::::::|:::::!:::::::::::V:::::∨::ハ       んん~ 少なくともイントロでは、あくまで2体間の接触問題をやりたいとしか書いてませんね~。
    /´/:::/:/::/:::{:::::::__!:::{  }::斗≧、:::::::::':::::::::v:::::,
      {::/|::'::,':::::::V´!:::';`|  }!::ハ::::|:i:メ、:::}::::::::::,::::::!      複数枚のレンズ接触の問題が解きたくてこの解析をやったという話は
      {::| j:|::{::::::::从z≦,:{  ノ|:,竓zz{,_:::::V::::::::::::}:::::{
     八! |::{:::::::::{ア frハ`  j' .んr:うマ::/:::/::::::/::::::,      よく聞く有名な話なんですが、これって別の論文とかで後から語った話なのかな~?
       ヽ V';:::::::人 vタ    乂hタ'";'::::ハ/:ア'、::::::.、
           ∧:::::{'''   、     ~´''/::::人:/ ヽ ヽ::ハ
        ,.:'/ v八          /イ:/:ハ\ ヽ \!
         / / ノノ/ム、 ´  `    〃::/::{::::ゝ、ー'ヽ  、
      / ` / .|::::|::::\     ,. ィ:::::,':::::{::::::::::>..、  ∨
      ,  , '"  .!::::!:::::| .>-=≦  {:::::{::::/!::::::::斗--`:..、}
      !_ノ 斗---|::::|:::::|斗|     !::::j::::({ア´      ` <
     ,.イ´    j:::::!:::::!アニニニvr七 !::::{:::::j           Y、
    / {      !::::{:::::!ニニニ}   v:::,:::::{、          八、
   (  乂     从:{:::::{ニニニ!':、  }::j:::::| ≧s。 __ 。イ  ハ
 /,.ヘ  ` ~~ ´  j{:j:::::{ニニニ{ ヾrく|::|::::::{ 、         く`ヽ

.


6004 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:12:38 ID:7EhXOh3Q




             _ノヽ、__
            f'/::-=≦::__:>:r七ミx、
            ノ:::>‐ミ:::、::!:く´::::::::::::ヾ:..、
          /:ア:::::ヘ:::::::::!::}::::::V:::::::V:::\ヽ
          ,イ'ア:/::::ノ::::::::{,ム:::斗--:ミ::::::::ハ::::.、              とおもったらありました。
         /' ./:/::/::/::|::::::ノ! ',:::|,::|:::!:|::::::::::'ハ:::::ヽ
        ,:" ,::,'::/:::/::::j,ィ{::|!  ,::| ,v_j_!_:::::::::} }:ハ::.             p158(原著のページ)l15
      〃 ,:::,!:,'::::::::´:!:{::j_j{_  j'〃´  ヾV:::j、'  }:ノ            「If, for instance, we press a glass lens of 100 metres radius
      〃 ,'::/|:{::::::::ハ:|:,ィア´       ''' }::/{ヽ\                with the weight of 1 kilogramme against a plane glass plate
      '  ,:::{ j从:::::::!:〃     ヽ    从:| ヽヽ :.、           (in which case the first Newton's ring would have a radius of about 5-2 millimetres),
        ,/::! v ∨八'''     _  ‐v  人:!ヽ ー'ヽ \          we get a surface of pressure which is part of a sphere of radius equal to 200 metres.」
        ( ':| !// ヾ!:::ヽ、   ゝ _ ,ノ .イ::::::!  `  <  :、
         ! // / .ノ::::::| ≧s。 __ イ{ !::::::! 斗r七 ‐‐ミr'         「例えば、半径100m、重量1kgのガラスレンズを平面ガラス板に押し付けると、
         ,' V /=|:::::!、  , }    !,|::::::|´       ` :、       半径200mの球の一部の表面圧力を得る。(この時のニュートンリングの半径が5.2mm)」
        >!  ノ  ,::::|_>' {、 __ / !::::::!         ヾ,
      /  ! r'"   v:::!:、   )芥{   ,:::::!ミx、       ))ト 、     この辺りのニュートンリングへの言及あたりがこの辺の根拠なんでしょうかね~。
     , (    `   /八| 〉、ノニニ〉、/;::::! ヽ!Y ≧s。____ノく 、 >  _
     / ゝ ---r≦ く\ j ',  ハニニ,  ,' V:{: : :! !:`:T {--j v彡:、\ ー
   / { r 、 r , 彡ヽ: ヽ \', :, ,ニニニニ, ,' ,'j': : :.! !: : :! .|: : ! ,: ,  ヽ \
 / / 7 ,'=rく!V: : :.、 ':,: : .、ヽ:Vニニニ,}  /: : : :! |: : :| !: : ! ':,.   ヽ .\
..(__/ , ,: |: :| ,: : : ヽ ,: : :ヽ_):Vニニニ, /: : : : :!」: : :.! !: : ! ',     ヽ  )
    ,  '  |: :|  ,: : : : ヽ): : : : : : :Vニニニ,,': : : : : : : : : : ー: : :ー'

.


6005 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:12:56 ID:7EhXOh3Q




                        斗r‐ミ斗r――:.、
         斗------ミヽ、     /::::::/:::::::::::::::::::::::::::)
       , '"      __ 斗r‐‐‐‐‐r七≧s。.__ <=---::〈
      /     ,x≦::'::>:'":::斗---_::::く:::::斗--:ミ≧x、:::ヽ
         ,.ィ::ア:::/:::::;:ィ:´::/:::/::::}:::,:-::ミ::::::∠:::::::::ヾ::::::.、       また、彼は電磁波の実験的な発見者でもあります。
       ,ィア::/::::/::::/':::::斗-ミ,:/::::::ハ:::j!:::::::::v::::::::V:::::::::::ヾ::::,
      ,:' ':::/::::/:/::/:::://:::::/ヽ::::::{~^~|:::::::::::}::::::::::V::::::::::::ム::!       当時エーテルが本気で語られていた時代だったのですが、
.      / ,':'::'::::::'::'::::::::!::/!/{:::::'! .!::::ハ!  .j/:::::´⌒メ:、}::::::::::::::,::ヽ
     /   !{::!::::::!:{::::::::|::',x竓=ミ、 '::::{ {  ノ }::::/::/:|::::::ヽ:::::::!::::::,:::,ハ      彼は実験的に何かが空間を伝わっていることを明らかにしています。(1887)
       { ',!:::::j:ム:::::::〃笊示:,マ!V:!    ':/ア }!:::::::人::::|:::::::|::i:::,
       八_v::::|{ )::、!' f::'f'r::}i ' ヾ  ノ´ ' ___/:::://}::::八::::j:::!:::}      当然、最新科学である電磁気学と弾性接触のアナロジーを考えるわけです。
      > ´ .v:::!/:ァ‐ 、マ;rzタ      ,ィア'"^ヾ:.、 ,':::/|::::::::':ノ::ノ
  _ / /´ .V:{:::ゝ.、___)         `    V}/::/:::!::::/::/!ハ      (なお、電詞都市でもエーテル(流体)は小道具と出てきます。
〃   `ヽ、__,ィア'V:、::八__    、ヽ      (´ `ヽく::イ::ノ:::/::>=ミ:,
ゝ、     V:/ィ'!::ヾア´  .)   !`:':ヽ     ` ー - イ:イ:':::/    },      こんなにかわいい優緒ちゃんが出てくる!
.  \     vア|::::/   /':ヽ、 .!: : : :}   r ‐‐ ミ彡'ノ::::/ア     人!
    ヽ   人,___!   /:! ./:ヽ、: :ノ  :.、   ヽ:::/ア    /  V     皆で買おう 電詞都市DT! あんしんのカワカミん含有!)
   ア" ̄ "'ミjニゝ,_,.ィヾV|ニニ≧ニ二,´:.、   .V_ノ{   /、  :.V
   f'      )ニニニニ!  Vニニニニニハ/ハ   人ニ>'"~"'<-≧s。
   ゝ---  -{ニニニニ}  .!ニニニニニ!〃 !≧≦ニア      ,ヽ
   (     jニニニア  iVニニニニニ!'  jニニニ≧s。______ 八_ヽ
    ゝ____ イヾ>'"´  ノ .Vニニニニム  Vニニニ'、    )

.


6006 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:13:14 ID:7EhXOh3Q




               _ ... _
            r七---::ミ::ヽ__
   ____    ノx≦::::::::>'>--r七:::≧x、
'´斗――――>'::>---ミ>':=ミ:::ヾ:::Y:_:::`ヽ:メ`::..、
=-ミx、_,斗rく::::/:::::::ア::/:::/ム:ィヘ/::::):´:::::ヽ:::',:::::::ヾ::.、
----:::::):::)::::/::/'ア:/::::/::r':::/:/::::/::::/j{:::|::::V::v::::::::::::V::.     p.151 l15
ー===≦::/:::::/ /:/::::/!::::/::|:::|j___:::/ }::::!:斗-ミ::::}:::::',:V::.    「we shall regard P as the potential of a distribution of electricity on the finite part of the plane z=0.」
:::::-=ニ:(´:::::::/ /ム|:::/::|::/::::,ィ:!|::/!:'  j:::/ }/!:ノ ',メ、::::}::}::iハ    「Pをz=0の細分化された電磁的な分布のポテンシャルとして扱う」
::::::::::::::::::::-=人_,斗!::{::::i::::::/从{≦z{, ノ:/ / ァ笊芍:ノ:::j:::}リミ!
---=ニ二::::=---//V:::::|:::::{::::〃ぅrハ j' ' /{:r' リ八::/::/|`j| `> .、
         j {´>:{|V::!::ヾ{乂rク     ` ー'/彡':::/X、ヽ \: :. \     ポテンシャル場の分布と弾性応力分布が似てるっぽいから使おう!というノリですね。
         ア´/jノ V!::!ヽ、~´   ,   〃/::::::/ム{ ` <二 ___ヽ
        /, イ´ ノ_ノV' 'ム,ヽ   , -、,.:' /:::::ア´  `Vi:.、         私はヘルツさんのことは詳しくないのですが、
       , /(,ィ"´:::/´  Vi`:...、   - ' {ィ:::::::,'  ヽ、 '" ):、
        / /,ィ,::::/:ア     V, ,__≧s--≦/::,    _ノ  ,ソ:::::::、         wikipediaの実験から電磁場を発見したことといい、似てるから合わせてみよう!
     />'´ {::/_,'::{  斗r七フ´/ニV::::V'"_ノく,ゝr≦__j_)r≦ニニニ
     {(/二二{二::!斗r≦二二ニア´!:/彡-:'ア ,.ィY{`ヽ:. . 、 メミs。_      というノリだったり、実にえんじにあ~な雰囲気を感じます。
     V::..>'",.斗イニニニニ>'":/-|:!--ミニ!' .|' |: :.、 ヽ: j{:s。__):
       く>'"^''/ニニア´二 斗 !{≦!|≧s。' ,'| ,: : : :.、 V!:、:.、
      Y´    }ニ/ ~~ ´  乂:、v   / /:| !: : : : 斗--====-
      ,     '´          v, !__/: :~´: :/  ,.斗r七ニミ
      八                ヽ |: : , ' , ィ´
      斗-- ミ、 j |--s。._          人' ,ィ       _,.斗
     ー--==!-ヾV_!---v: : :≧s。___ ..イ:,' /     ,.s≦く>'
         .}: : : ー'ミs。}: : : アr‐ミ{:__: :!_,'    ,ィニニニム,>'
         .}: : : : : : : : ~: : : 人:ミ=':彡'_斗>s。(_Vニニ>'" \

.


6008 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:13:42 ID:7EhXOh3Q




               ,.....、
ヾ:.、  ,...、_ ,.斗r七:''''/:::::::::::`<s..。._
 斗ァ::::::::::::\:::::::,、::/:::::::ミ:::ヽ、::`:<::::::≧s。,
::/:::::::::::斗-,:::::::'::::V:::::::::::::く⌒::メ,:::::メ::、::::::::::ヽミx、
':::::::::::/::::::::_:::::::!:::::::v::::::::::::::V::::::::::V:::::::::ヽ::::\::::\ヾ:.、          ヘルツは自分の実験の実用的価値を理解していなかった。~(中略)~
::::,ィ:/::::::::/:::::V!:、::::V::::::::::::::,:::::::::::::V::::::V:::.、:::ヽ:::::ヽ ヽ
:/::::,::::::::::!:::::::::fvrハ:::::::v,::::::::::::|:::,::::::::::i:::::::::V::::ヽ::::V::::ム  ':、        その発見の今後について聞かれると、ヘルツは次のように答えている。
::::::,'::::::::::j:::::::::|   V:::::, ヽ斗==ミ;_::::::|::::::::::V:::::::V::::v:::::ム
::::::{:::::::::ハ:::::::::{   ',:::::' v::::::j.!:ハ:`ミx、::::::::,(__)::V:::,::::::::ハ          「たぶん、何もない」
:::::ハ::::::_{斗ミv{    }::::|  v::/ !' !:::::ハ:|'メ::::|:::::::::!:,:::,:::V:::::,
:::::! V':f:{ V:i :,    i}:::i  .}:;' j' .!::/ .|:! v::::|:::::::::!ハ::::::::V:::| ミ        彼の発見の理論付けは後世の者が行い、それが無線通信時代をもたらした。
:::::{´ v:!{  V! ':,   iハ;'  ,j'__ノ_,j/_}|_,!__:j、::::::八}:::::::!V::|ミ、`メ 、
:::{ハ V!   '!    j'  ´~'茫':_: :j':_:_:,とつ7 }::/:::::j::::::::! }::': : : `メ、\   Wikipedia 日本語版「ハインリヒ・ヘルツ」
::::、ヽ 斗r-ミ≦'          ̄~^~r‐‐'-― v:::::::::::i j': : : :.ヽ: : :ヽ ヽ
--とYニニ{- 、ヽ             ー-----r彡::八:::i、! \: : :V: : : `ヾ、
{i| ノ::jニニ!ヽ V                 八|:::,':::::::::!ハヽ、 `~´ '´    V
`::::/ニア、___)r'                 ,:' メ:/|:::::::::!ム V≧s。_____V
r≦ニアr-'                  ,.イ  ,::/ '|:::::::::! V-' く :.、
 `~´ノ´ ≧s。_   、_,__、ノ      _.。≦  `  /'  .|:::::::::|:Yv  V :、
-=≦´ ̄ ノ jニ≧=----- =≦ム   {     `ヽ!:::::::::!イ }   V :、

.


6009 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:13:59 ID:7EhXOh3Q




               /\       /´ )!
         >:≦: ̄:::zryf≧x、 _    //
  ,,x=≠==ァ=ミx、:::::::>--=≦ ̄/::::≧≦::ィ=ミ、
ィ´    ./:::::::>-=ィ::>-::::::::::::,へ::::::::ヽ:ヽ:::::≧xヾx、
     /:::::/,ィ:::/:ィ::::::i::::::::ヽ'::::::::ヽ:ヽ::::ヽ:ヽ::ヽ:::ヽヾ,
    ./::/イ:::_,,/;':::::::::i::::!:::!:::::zv:ヽ::::::!_::!::::::ヽ:',::::',:ヽヽヽ
   /:::(_>,,ィ/::!:::::::::::!::!::_!__!{ ヽ:!´!丁:!メ::::::',:!:::::!:::!メ、!        >≦三≧x、     この論文のオチもそうで、
   ,j'.≠≦:::zi:::::!:::::::::!:!,≠:!::!{  !}:!::/!_!_}/!:::::::!:::::!:::ix!',      >::´:_ ===ミ:::::::/
 /ィ:::::::_//(:::::!::::::::イ',::::!{,!{',  }:}/斤::卞!:!::::}::::ハ/ノ ` <  /ィ´       ム',::::',       「For two steel spheres as large as the earth,
,:'/ {:::/rメ-!:::ヽ::',::::::::::!,斤r:ム`  'ノ 弋zタリ!::/:::/メ.__  >:/       ノ }::::}          impinging with an initial velocity of 10 mm/sec,
/  !/::::i !::::::!:::ヽ:',:::::::ムゝ夕       ´' }::::!/:::::::≧-≦:::::ィ一'     -イ ノ:::/          the duration of contact would be nearly 27 hours」
   {::::::! ィ::::::!ム:::ヾヽ:::::ゝ、    .,     ムゝ≧x__:>´        __ノ::::/        
   /!:::::!´ !:::::{ ム::::ヽ:}ゝ::ゝ、    r y   イト、ー''¨ }            !::::/        「地球と同じ大きさの2つの鋼球が接触する場合、
  / !:{´  .!::::::',´ヽ::::ヽ!::ヽ:}>。.  ` ' ∠、.}:',ヽ、 ノ            ¨´          初速度10 mm /秒で衝突すると、接触時間は約27時間になる。」
  //ヽ  i::::::::',:::::∧::ゝ彡:!   >-升::ム丿:>≧{
 ,'/ __,,ィ'! ム::::::::',/ \:::::::::!}x、__/:i:::::::::::::ヽ´/ ゙̄ヽ                        と地球壊滅思考実験で論文を締めるという、
 !-'´ ',::::::::', .ム:::::::',\  \ソ }__≧z≠=-ゝ:::::':,    ∨                          ロマンチックな論文になっています。
 !{   ',:::::::ヽ .ム::::::ゝ、ヽ、  j __,r--一'´.ヽ::::::,     ',___
 !{   ム:::::::::::ゝ、ゝ:::::ヽ   /イ丿        ',:::::',    ムzム
 ',!    ゝ::::::::__iヽ∧,ヘヽ_//        }::::::!   ィ--ミ,{ミ、
  '{     i ̄>≧--====!_: : :.     . . . .!::::::}s≦/    ノ:):`ヽ
  ヾ,    ゝ、_    ̄・二==!: : : : : : : : : ィ,!:::::::!ヽ ヽ一彡イ::::::::::!y
   ヽ、  ノ}- 二ニ==---,>s __ ィ: :{/i:::::::トV !iノ_ノ::::::::::riヽノノ
      ̄  !、   r--r-! ∧ヽ: : : : : : :./:::::::i i-从{/>--〈___ヽ'
          ̄!`::::::::::iミz_`マ`--r=_____/:::::::::iイ!マ!::!::!ヾ

.


6010 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:14:20 ID:7EhXOh3Q




           _,ノ、       '⌒Y
        ,。r≦::::,-vrメ.、_ ,、  ,ィ/
 .斗r七竺':≧x、::斗r七く:::r‐:、メ、≧x:.、
´   ./>,r:ア´ィ:/::〉く::〈::ヾ:::::ヽ:V::::ヽヾ:、
   ,::::〃:::::;:':::,:'::,':://::r:、ヾ:::!::v:::::V;::V:ム ':,
   ,'::::ァ>:/:!:::{::::i::{j斗!´∨T:T!メ::::v::::}::}ハ }      ,.斗r七ミ、
  ,ィ,≦::/´{:::!:::::::/:{从  }j::!,斗ミ:!:::}::::}:リメ!、   ,ィ斗-‐‐‐ミ:::〈
/' !::::::/_/ヽ:',::::::::{X芹ミ  'ハ!マr'リ八':::八'  `<ア'´     ハ::}
/  |'/:,' !::::{:ヾ:.、:八乂タ    `~´ }'::/:::≧=-彡ア-    ー ' ノ:リ      さて、というわけでベアリング業界というごく一部で有名な
  j'::::{,ノ:::::!Vハヾ::::ヽ~´   、   八、_≧=--‐'       r:':::ア
.  ハ:ア ',::::∨v:.V\:ヽ、  v:ア .イ V、~´j!          v'"        ヘルツ接触の原著論文の元となる部分を読んでみました。
  ,:ア{ヽ ,::::::v::ヾヽ::j:::| ≧s-イハ、ノ:ヽー{、
 ア ,.斗く V::::V ヾ::::::j}:..、.: j、//,ム'ア'´~ヾ                  いい時代になったもので、今回のこの話の元ネタ探しも
 }´ V:::ハ V:::ム  ー'j斗r七二,∨ハ    V       
 }  .V:::ムヾ:::ム、  ,'斗ァ´    v,ハ    }= 、               図書館に行って調べるのではなく完全にweb上でできました。
 },   ヾ::::::__j|≧s。 ,/´     }/ハ   .ノー=ミ,,_
 v、   } ̄ー==---'v、      }//|≦,' ___ノ::}ニム、.、              良い暇つぶしになるので、これを機に
  ヾ、  )s。.. ___⊂ニ{、    ノ^}//| ヾく_r'イニニニ!{ `メヽ、
    ー' }、`~^'ニニア,ハ≧=≦: : ハ/リ∨ヽr--ミr_ゝr'    ヽ:.        是非皆さんも気になる歴史的論文を読んでみてはどうでしょう?
       `}`~::::::! ヽ:::ーr---///,'くV从:、        V:,
         !:::::::::;   ヾ: :.! { .////  }´ヽ}ハ         v,
        ,'::::::::::!   r'ミ__} !,/,アヽ  〉/`:.、        }:,
         !::::::::::;   !ミs Vー' _____/,'::::::::::::ヽ        レ!      参考URL
         !:::::::::;   /∵フr‐‐<: : : : :{::::::::::,ィ"^:.、                 wikipedia 英語版 「Contact mechanics」「Heinrich Hertz」
       ,:::::::::;   !-ア:::::::::::::::`::.<j::::/    :、
      __j::::::::;   7~:::::::::::::::::::::::::::::::::`::<  ,ィ⌒:、
   /~~':<≧x   ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.<::::::..、
   〈~´__^'v: : :`ヾ、/ 人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`メ;::}
    ∨´` y、ミ: : !'/ ノ:::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /ゝr彡ニニ{___)' ,〃:::/':::::≧s。_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,ニニニア}-ア ' //:::/:::::::::__:ノ ,:::::::≧s。;:_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   !YY/  {_ノ ,:' ./,::::ノ::::::/  ,::::/:::|     `~V::::::::::::::::::::::::;
   .} ノ    ,:' ,'::::'´::::/  ,.::::/ }:リ       〉::::::::::::::::::::/
   ~   _,' ,.:::::::::/  ,イ::ノ ,:ア       ,:::::::::::::::::::/:::,
    ,斗≦; /_:>' -=≦'"´  ,.:ア       ,:::::::::::::::::::;'::::::::::,
 ,イ::::::::::::::, '          ,::ア       ,:::::::::::::::::::;::::::::::::|
':::::::::::::::::ア, ,         ,イア          .{:::::::::::::::::;':::::::::::人
:::::::::::::::;' | {       /ィ         .!::::::::::::::/:::::::::ア
:::::::::::::;' ..| {      /'"           j:::::::::::::/::::::::/
::::::::::::; ..| {                  ,:::::::::::::;:::::::::/
::::::::::::{  | {                   ':::::::::::;:::::::::,'
::::::::::::{  | {                  ':::::::::::;:::::::::,'
 ̄ ̄`  | {                 ,:::::::::::;':::::::/
        , {                ._,:::::::::::'::::::/
      , '、               Y´〈:::::::::/:::::;'
      V  ,              〉vノ::::::ノ〉:::'
       ',  ',             /: /.}::::/}:::;
       ,  ,           Y~:メ }::」,'::::;、
        ,   〉          rく_:j.,、___ノヾf'
        , ',.〈          rハ: :ヾーv'": /'}
        ∨r'          {_!jア´  |: : , |リ
                    |     .!: :, !
                    ヽ   !rア{
                    {ハ、   !'  '
                    .V:}  ,'  .{


.


6011 : ◆UIJO/9EZ1o : 2020/11/01(日) 15:15:19 ID:7EhXOh3Q

以上、ありがとうございました。


6012 : 尋常な名無しさん : 2020/11/01(日) 15:16:29 ID:mJ2FnSbU

乙、ニュートンリングとか物理に出てきたなぁ。


6013 : 尋常な名無しさん : 2020/11/01(日) 15:17:58 ID:ONhNXPzc

最低系の一部がやる夫スレにもよく流れてくるよね


6014 : 尋常な名無しさん : 2020/11/01(日) 15:18:06 ID:9n/kHIKs

乙ー


6015 : 尋常な名無しさん : 2020/11/01(日) 15:18:34 ID:q5hCj0E6

乙でした


6016 : 尋常な名無しさん : 2020/11/01(日) 15:18:37 ID:ONhNXPzc

乙でした


関連記事
[ 2020/11/04 21:07 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(1)
132762 :日常の名無しさん:2020/11/04(水) 22:27:03 ID:-[ ]
このへちゃむくれAAがデフォルメAAではないという驚きのキャラクター、UOちゃん。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その14 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その13 (08/07)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その12 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三話 (08/07)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二話 (08/07)
  • 読者投稿:稼働のリスクと停止のリスク (08/07)
  • 読者投稿:トマトのお酒 (08/07)
  • 読者投稿:弾ける美味さ、とまとじゅーす! (08/07)
  • 読者投稿:そういえばペルシャ湾で海に潜った日本人がいた。 (08/07)
  • 読者投稿:単発ライフハック スマホを冷やそう 謎の病人X式 (08/07)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 33 エビデンスに乏しい分野で、医療関係での「権威」の言葉をどう受け止めるべきか ~ 34 平壌運転極まれり (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第4話 森の盗賊団と木こり姉妹 (08/07)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第6話 ロッジへ…… (08/07)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -  第拾一話 社の攫い鬼 (08/07)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 10 (08/07)
  • このクソッタレな世界に復讐を! Interlude11 Ecstasy (08/07)
  • やる夫は剣で食っていくようです 83 (08/07)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第3話 勇気の意味 (08/06)
  • 国際的な小咄 9083 中東だと海水浴のほうが地獄 (08/06)
  • 国際的な小咄 9082 ほんとだぞ (08/06)
  • 国際的な小咄 9081 殻を分厚くする (08/06)
  • 国際的な小咄 9080 そこらあたり割と雑だよね、ロシア (08/06)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第5話 かまいたち伝承 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その11 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その10 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ62「ピース・メイカー」 その9 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百一話 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百話 (08/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百九十九話 (08/06)
  • 目次 できない子はマスターソードを手にするそうです (08/06)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第2話 カカリコ村の幼馴染 (08/05)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 第1話 雨の降る夜に届け、悲痛な願い。 (08/05)
  • できない子はマスターソードを手にするそうです 予告編 (08/05)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第4話 かまいたち荘 (08/05)
  • 国内的な小咄 2169 勧誘が時代遅れ (08/05)
  • 国内的な小咄 2168 真にうまいトマトに塩などいらぬ (08/05)
  • 国内的な小咄 2167 死に体&ボロボロ (08/05)
  • 国内的な小咄 2166 ごんぎつね (08/05)
  • 国内的な小咄 2165 死屍累々 (08/05)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十話 (08/05)
  • 君ガ知覚ニ 第8話 (08/05)
  • DirtyPair. (Season 2)第1話 ようこそ、オンナの園へ (08/05)
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 小ネタという名の宣伝 (08/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百九十八話 (08/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百九十七話 (08/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百九十六話 (08/05)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄: グンマ編 53 1kgのふわふわハンバーグ (08/04)
  • 読者投稿:コロナ禍四方山話6:コロナ禍とオタクの祭典 (08/04)
  • 読者投稿:結局はカネの話、バッテリー交換EVの課題 (08/04)
  • 読者投稿:大人用の解熱薬を他人、特に子供や妊婦に使うのはやめましょう。これは本気の警告です (08/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!