スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:一部の話題に関して判断基準を一段階上げます

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
11/6うわべだけ魔王様
10/28
おねショタ探偵の事件簿 登山サークル殺人事件
10/22
彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです
やる夫は聖杯を落としたそうです
10/18
流星のレイン
10/14
血まみれ勇者
10/13
日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅
10/9
METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~
10/8
かくして少女達は出会う
10/4
横島くんは死神になるそうです
10/2
ファンキー・デッド・ラブ&ピース
その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!
10/1
カップやる夫とマグない夫はタマシイを賭けてしまったようです


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

読者投稿:ルバイヤートな小咄 その5~世界に広がるルバイヤート~

目次 国際的な小咄

6023 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:26:02 ID:SFSg8FNQ


変に時間が空いたので前に投下してた奴の続きやります。
色々あってトリップ変わりました。
32レスと多めです。

.


6024 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:26:38 ID:SFSg8FNQ


____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ルバイヤートな小咄 その5~世界に広がるルバイヤート~
____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                              「覚えてる人はお久しぶり
                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_              そうでない人はそれなりに」
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |
                }._\     , |               「読者投稿祭りで末席を汚しまくったルバイヤートな小咄の続きだ。
.        __ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、                 今回の解説も『視野は広いが心は狭い』やらない夫でお送りします」
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
.     { : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \           「ここまでの内容については以下のページで
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }            参照していただきたい。
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '
                                               サンキュー日常さん愛してる」





                        ┌────────────────────────────┐
                        │                                         .│
                        │ルバイヤートな小咄 その1~そもそもルバイヤートって何よ~    .│
                        │ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45352.html      ..│
                        │                                         .│
                        │ルバイヤートな小咄 その2~ルバイヤートの世界~        ....│
                        │ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45353.html      ..│
                        │                                         .│
                        │ルバイヤートな小咄 その3~オマル・ハイヤームという人物~    .│
                        │ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45368.html      ..│
                        │                                         .│
                        │ルバイヤートな小咄 その4~”ルバイヤート”の時代~      ......│
                        │ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-45417.html      ..│
                        └────────────────────────────┘


1/32

.





6025 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:28:04 ID:SFSg8FNQ




                   / ̄ ̄\              「今回は第五回。
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)              『世界に広がるルバイヤート』という見出しの通り、
                 .|     (___人__)
                 |        ノ               ハイヤームのルバイヤートが世界中の言語で翻訳されるようになる
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿                ほどの人気を博するようになったきっかけ」
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |             「そこのところを簡単に解説していこうと思う」
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ            「……が、その前に、ペルシャ文学とルバイヤートの
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \
                                                  関係のようなものについて軽く触れておきたい」

2/32


.


6027 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:30:51 ID:SFSg8FNQ



                            「以前ルバイヤートがペルシャ文学の中で現在もっとも有名だという内容の話をし

                                 俺もその立場に肯定的なんだが、一つ知っておいてほしいことは、

             / ̄ ̄ \               ルバイヤートはペルシャ文学史を学ぶ人たちにとっては
           /  __,ノ 'ヽ、_
           |   ( ●) (●)                 さほど重要視されてこなかった、ということだ」
.            |    (___人__)
             |    └ー '´ノ
            |     ⌒ |            , ァァ┐
             i ヽ      |         ┌、  ///./ 7
            }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /
           _ノ >-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿         「ペルシャ文学の代表として指を折られる栄誉は
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /
    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ              ペルシャの英雄叙事詩『王書』を著したとされる
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|                 フィルドゥーシー。
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |
  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |               ゲーテに東西詩集の霊感を与えたといわれる

                                                 ハーフィズ。

                                                  ルーダキー、サーディー、ルーミー、アッタール、

                                                   ニザーミー……彼らにこそ与えられて然るべし。

                                                     そう考えられてきた」



3/32
.


6029 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:31:41 ID:SFSg8FNQ





           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \
            (●)(●.)    |                 「一つ目の理由は、オマル・ハイヤームという人物は
         (_人___)    |
            '、       │                    そもそも生前に詩人として活動し、知られることがなかったからだ」
              }       {
          !、______ .ィ-ート、
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,                「ハイヤームのルバイヤートはあくまでも彼個人の楽しみとして、
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i                   己が無聊を慰めるために謡われた罪のない、
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |                    逆に言えばそれゆえに人目にさらされることがなかった詩だ」
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|




4/32
.


6030 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:32:18 ID:SFSg8FNQ




                           「もともとルバーイイという形式の詩は前回解説をしたように、

           / ̄ ̄\               アラビア語を扱えない下層階級の人間が土着のペルシャ語を用いて
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)                綴ったものなので、アラビア語が公用語となるイスラム世界に組み込まれた
        |   (___人__)
            |       _.ノ                  ペルシャの文学史の王道を歩けるようなものではないわけだ」
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|


5/32
.


6031 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:33:05 ID:SFSg8FNQ




                             「前回の投稿後に少し調べてみたところ、

                                 ペルシャ詩としての主流をなすのは
             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_              主として頌詩に用いられた『カスィーダカスィーダ』
            |    ( ●) (●)
           | U  (___人__)               叙事詩用の『マスナヴィー』
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_              抒情詩用の『ガザル』
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |               この三詩形であるらしい」
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧              「この三詩形はペルシャ語文化を基幹とした詩ではなく
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧               アラビア詩の形式から借用されたものだそうだ」
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}





~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~
          _
カスィーダ(qaside):左右一対の対句で形成される。その内容は導入部、称賛部、祝福部の三部からなり
            一篇が十五対以上とされており、一般的には四十から六十対句で読まれるが長さの制限はない。
            ”最初の一対句および各対句の後半部が押韻する”とされている。


マスナヴィー(mesnevi):英雄物語、歴史物語、ロマンス、神秘主義思想、教訓などを内容とする比較的長い作品が多い。
               フェルドゥスィーの『王書』、ネザーミーの『五部作』、ルーミーの『精神的マスナヴィー』
               ジャーミーの『ユースフとズライハー』などもこのマスナヴィーの詩形となる。
               左右一対句で各一対句の最後が押韻する。

ガザル(ghazal):「糸を紡ぐ」を意味するアラビア語、「ガザラ」から派生した語で、本来恋愛詩を意味した。
          1)開対句(マトラ) 2)カーフィヤ 3)ラディーフ 4)結対句(マクタ) 5)雅号(タハツルス) 6)韻律
          の六要素からなる。


6/32
.


6032 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:33:55 ID:SFSg8FNQ




        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.                  「そうした理由で文学のメインストリームなどなりようもない
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,                    ルバイヤートであったわけだ」
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l                    「だから『ルバイヤートをペルシャ文学史において重要視しない』
      ',: : . . (    j    )   ./
  _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__                   という立場や見解にも十分な根拠はあるといっていいだろう」
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



7/32


.


6033 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:34:31 ID:SFSg8FNQ




                       「第二の理由として、モンゴル軍とかいう力こそパワーな蛮族のために、

             / ̄ ̄\          都メルヴが蹂躙されまくったことは前回話をしたが、
            /  _,ノ `⌒
           |    ( ●) (●)           当然市民芸能であるルバイヤートなども
           |    (___人__)
               |          ノ                    散逸散逸散逸、アンド散逸アンド散逸」
             i        |
         _.. ィヽ、 、___   |
   , ¬;;-ー=≦} : ヽ  丶__ ___r-´
 / : :ヽ : : : : : : :| : : :\  イ::::トlヽ
/ : : : : : :ヽ : : : :ノ : : : : : v' l:::::l、 :l>、、            rーーーーー,__
: : : : : : : : : : : : : : \ : : : `、 :::::l, :l : : : : :ヽ.          }/ )  .{__)
: : : : : : : : :l : : : : : : : : :、 : :`、::::::l : : : : :l : :l         √ /大関:}_)
: : : : : : : : l : : : : : : : : : :`、 : `、::,' : : : : :l: : :l      _ /  }:...  ..::{_)
: : : : : : イ´ : : : : : : : : : : : :`、 : V : : : : : :| : :ト、   /:rj  イ:...  ..;.:}ノ
: : : : : ∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : :ヽ_,/ : : {{ 、 ルニ二ニ=r
: : : : / .V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : :/: : : : : ハ ィァー´
: : : /   V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :/: : : : : : : : ゞ才
: :\    V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : : :/´

                             「なんとかかんとか余命をつないだカスィーダ、マスナヴィー、ガザルと異なり、

                                    ルバイヤートは長い間ほとんどの人たちの記憶から消え去ることになる」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。
              //    _ -   ━‐       .
              { . ' _   -くニニム        \
             ゝX       `マニニム    ,_、    ヽ
            /  `         マニム   マム      、             『残念でもないし当然。
           ,              マニム  i|i        :.
           /               Ⅶiム  i|i                      世の無常を謡った詩が
           .′ /    i、         Ⅶiム !i|       i
          !  'i  !  :: ヽ  、         マ´≦:|i}ニヽ     |                 いつまでも残るほうが矛盾してる』
           | :/ {  i  ::.  、 ヽ       マ'::::}i|:.マム    }
          i { :   :.   ::.   \  _      、:::::::::}ニ|     -‐== 、
          :!  、 :::.、 :.`¨¨三_        }≧¨´ニi  .:::.、ニニニ}_
               ヽ ::::>、\ ´辷i フヽ   _  、:::::::::ニ! ,イ、::::::..マニニ}
            _  . . .  、ノ             } ` Tニニフ /:Ⅶニヽ:::::::::::::7
          /、-‐. . . : . ヽ ..   ..     |   }、 〈¨´}ニi:::.Ⅶニニニ≧‐
     __  __ / ' `  :. . . . . . .: __ : . : :     .′ / { ` Ⅶム:::マニ=<ヽ
   _/_ _ _>_.′ : : . . し : : . . : : : } 、    , ,  /‐ ¨¨ヽ Ⅶム::::¨マニニヽ\
   (__ _ { 7 ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . 、‐>- ¨ _〉  ′     } .マニム:::::.マニニノ
   ( _ 」ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'  ノ) i  >,' / .′  -‐━‐ 、ニム:::::.マ ∧
    (   } , .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ( 〉ノ,.: / /.'  ィ  , ´      ヽニム:/  i
    `¨¨ヽ ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  イ i.::::/i  i i /イ /          }¨ }    }

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。


8/32

.


6034 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:36:30 ID:SFSg8FNQ




          「となれば、ペルシャ文学の護り手であったという自負があるものほど、

               ルバイヤートがペルシャ文学の代表であるとされることは

                        耐え難いかもしれない」




                                / ̄ ̄\
                              / ノ     ヽ
                              |  (●)(●) |
                              |  (__人__) |
                              |   ` ⌒´   |
                              ヽ        }
                            __,, -ヽ     ノ -、
                           /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
                          {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
                          {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
                      _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
                      || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
                      || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
                      || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
                     _,,. -‐''"  `ー---''"


               「何が言いたいかというとこれをきっかけにペルシャ文学に

                    色々と触れてみるのもいいんじゃないかなーってこと。

                      黒柳恒男訳の王書とか読み始めてみたんでそう思った」


9/32


.


6035 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:37:10 ID:SFSg8FNQ




                                 「さて、本題に入るが……学者としてのオマル・ハイヤームの名は

                       __            数学史などに見ることはできた、だが再びルバイヤートが人々の
                       /    丶
                    /         `           目に触れるようになるには十九世紀を待たなければならない」
                      /           ',
                        /     ___,ノ ゝ丿
             ___ ____ /     (、__)(__ノ
     ___{___}:::::::::::::::::/  {     (___ノ、丿
    f:::::r──── l:::::::::: /ヽ\ ト.、     /  `ヽ
    |::: li::::::::::::::::::::::::}:::/ : : : .\\>、___,_∧:::::::::: |
    |::: |i:::::::::::::::/i ̄ : : : : : : : : :\ ∧:::: ヘ : :\:::: |
    |::: |i::::::::::::/: / : : : : : : : : : : : :ハ、}:::::{ `; : : : `‐-、              「時の流れに埋没したルバイヤートに
    |::: li::::::::::/ : | : : : : : : : : : : : : : : ::∧:::::`, |: : : : : : : :
    |::: li::::::: { : : | : : : : : : |: : : : : : : : : :∧:::::V: : : : : :.V :.                 再び日の光を見せたのはある一人の英国人だった」
    |::: li::::::::,': : / : : : : : : |: : : : : : : : : : :∧::::i : : : : : : | :ト、
    |::: li:::: /: :./ : : : : : : :ノ/ : : : : : : : : :.Λ::l : : : : : : |ノ: :
    |::: l!: / : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : :Λi : : : : : :.|:: : : :
    |::: l!∧: : : : : : : : : イ : : : : : : : : : : : : : : :`| : : : : : ノ : / : :
    |::::::{ ノ: : : /⌒< : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : :ι'´ : : : :〉- 、_____
    l::: /: : : :∠ : : :γ>'-=ニ< : : : : : : : : : : : : : : : i : : //: : : : : : : : : : :r´>ー- 、_
    |::::{: : : /: : : : : :{ {   ´`⌒⌒ヽ: : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : r´r´     、 `,丶、
    |::::ゝ─…‐=ミ:人__r}  { { { ト、: : : : : :}: : : : :ト、_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:{_{人 ι_Y } } } }
    |::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/ / ト { { }: : : : : :く: : : く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_ `y ム / / i
    |::::::|::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽィ / / ノ'´: :> : : :`ヽ、⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:`(_ ィ{ /ィ/
    f ̄`ヽ──=¨¨⌒l¨¨¨'-'-'´厂: :/: : : : : 人: : : : : :ヽ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´l ̄厂 ̄
   └┬个────‐┴─┬ー i’─=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ`───────┴┴=ミ
     |::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / : : : : : : : : : / : : : : : : : : ∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     |::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / : : : : : : : : : /// : : : : : : : : ∧: : : : : : : : : : : : : : :...-------  ──       ──── ---
                                          , '"´                                ヽ
                                         /                                     \
                                        ′..... その英国人の名はエドワード・フィッツジェラルド         ヾ
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚. i                                         i
                                        {    1809年にイングランドのサーフォークに生を受けた奇人だ...  }
                              ``ヽ、.     丶                                       /
                              __ヽヽ             ─ ───  -- - ----  ──────
                         , -‐' "   / jノヽ、
                            ,イ, ィ   , ./`゙゙¨フ i ハ
                      彳フ/  //   ./ /  .!
                            i/   /jフ=、_   // |  .|
                        √   /./弋ン  ` /ィァェ  i
                      〉  / /      、弋ノ   !
                        /i /、           ′/  , |
           i⌒ヤ  j⌒ヤ    〃i /:八    ´ ̄ 丶 /   / リ
   ,ィヽ、    ヤ ハ   i   i    7⌒イ i __,|\      /  /′
  ヽ   \   .ヤ .ハ .|  i,イテ-イ:.:./://///7ヽ,、__ イ〃/
,-- 、 \   \ ',   ヘ .!  i--'"i:.:.:.:.7/////// 7//////ー-、
、   > \   \!   ヾ  i,:.:.:.:.',:.:.:.i///////!_///////)ノ:.:.:.:.ヘ
 >、   >、    、,,     ヽ:.:.:.ヘ:.:.i///( o  oヽ///:.:.:.:.:.:.:.:.〉 ̄~ヽ
    >、   \        ヘ:.:.:.ヾi//////i¨!--'/:.:./:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:ヘ       【 エドワード・フィッツジェラルド 】
        \_          、ヽ=--- 、//:::i ,i://:.:./:.:.:., イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ
         >-二=-- ----冫--'"  `>、7:.:./=-'"--':.:.,-----':.:.:.:.ヘ
           ノ:.:.\三二=イ i、________ ヾ   >、,-、:.:.:.:./:.:.:.:., イ ̄:.:.:.-、           (1809~1883)
        /:.:.:.:r'ヽ:.:.:.\: : : / i              ヘ  ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ
       i:.:.:.:.:.ノ:.:.:.ヽ:.:.:.:.\___≠''!'‐- =-      :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       j:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ヾ、          j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。


10/32



.


6036 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:37:45 ID:SFSg8FNQ



          「フィッツジェラルドの人となりについては稿を改めるとして、

             このフィッツジェラルドの友人の中に語学の天才カウエル夫妻があった」


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。



                   ヘヽ
                    ヘ `゙''-、,
                       >ヽ   `゙''ー--、,_ ヽヽ
              __,,.. -‐''"~            ~//.__
                ≧-               , -v /   |ヽ__
                 /     /  ,  , -'"  / //ヽヽヘ
                  /    _, "   //- ,_ /, -'"〆    l ヤ
             /  _,,.-‐'/  , -'"/ lイ心 "´/ / /l      |
            / /  l/  /   !/' - 二’  //'"--.ヤ   _,,.-‐''"ヽ
               //   / /i           -'"/ '7ィヽ|, -'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヤ
                    /'"ヽ-,         、 〉 '==”":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        /ヽi      / "'-、        ___    //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ≧  ハ       |   ∧      ´   ヽ Z/\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙''-、,
       キ    ヘy、___,,-'"-  | ヽ   _    , -'"  //\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
        ≧,-"ヽ   // キ-.|  ''-/`゙''/, -'"/ .i/   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
          /:.:.:."‐‐ヘ::::::::::キ ノ   //:::::::::::://:ー-lー-、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
            く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ::::::::キ   //:::::::::::::::::::::::., -'":.:.:.:,,-ヽ--、 --/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
         _>:.:.:.:.:.:.:.:.:,/::::::>ヽ/〃::::::::_,,.-‐''":.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        /":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::> ゚------゚"::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7
      ,-".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::, -'"//::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。



                   「フィッツジェラルドはかの夫妻の導きでペルシャ語、アラビア語など

                       多くの言語を学び、多くの詩を英訳した」



                      「フィッツジェラルドはペルシャ詩人ジャーミーの詩集の翻訳も行っていて、

                         匿名で出版して少しだけ売れたらしい」


11/32

.


6037 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:38:28 ID:SFSg8FNQ




            「カウエル夫妻は、カルカッタの大学に赴任することが決まった時、記念品として

                フィッツジェラルドにオックスフォードのボードレー図書館所蔵の写本から

                    百五十八篇の『オマル・ハイヤームのウーズリー写本』を手ずから筆写して与えた。

                     これがフィッツジェラルドとルバイヤートの出会いだった」




。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。




              /   ./    {   !      ∨:| \  ',    ∧ト、\
           /   /    7V {       V|ィ ヘ |      ∧ i:、\
          ./ /'     7__V|      x:V|     ヘ i       ∧ }  ヽ、
         //7      7  Ⅵヾ、   ヽ'´ !x=ミx,. ∨       .',j
        /   '       i ,x=ミx       リ     i       ',
           i      |リ〃                  |      i  ',
            |      |'       .:i           |      |V ',
            | ',    i       ヾ 丶        | i   | ∨ ',
           i {V    i          _,  ---──ャ  | }    |イ ∨',
              ! | ',     ',     r≦      ___,.、7  | , i    !>、Vi
              V!  V  .∧      }─'        _ノ   :レ l   || Y } '{
               ヾ   ',ハヽ∧    `ー──   ´       ,イ l  |.!|;
                    ヽム ヽ',>-=ニニニニニニニ}   /,′l  ,'  :/`ーヘ
              _,.x<ニニ\ニニニニニニニニi イ  /   l i   ' ,:、 } j
          _    .{ニニニニニニニニニニニニニ!    'ト=ニi '__/ニ/ 7ー、
       /: : : : :>x Vニニニニニニニニニニニニ{   ,'ニニニリニ:/ニ/   '   }
       .〈: : : : : : : : : : : :>xニニニニニニニニニニ∧  ,'ニニニニニ'ニ:/ ', ,t  |  , ィ≦
     /: : : : : : : : : : : : : : : : >xニニニニニニニニ:',. iニニニニ/ニ/!  ̄{,  j-v'    ヽ


〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。




             「時に1856年、その出会い以降、ルバイヤートはフィッツジェラルドのライフワークとも呼べるものになり、

                      人生の情熱の多くをこの四行詩に傾けるようになった」



12/32

.


6038 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:39:54 ID:SFSg8FNQ




                                 「エドワード・フィッツジェラルドの翻訳によるルバイヤートは
            , -‐-、
         _/: : : : : : ヽ、                  全部で五版、出版されている」
         ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!
       ∧7: : :∨///∧ : ;i!
      ,.┴ァ;斗、: ∨//;∧: il!  ̄ ̄\
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/j|ノ  `⌒\
        j / /,/,ィフ////////j⌒) (⌒) |
      Y i '" r'7////////,ノ(__人__)  .|           「初版とよばれる75篇からなる翻訳本は1859年に出版され、
.       |    }ンー=ニ二ニィ         |
      j   /       |        |               最後の五版の単行本化は1890年……実に31年もの間
     jく、 k.          |        |
     ∧;、`ヾ≧      ,ィヽ  __,_  ト、                フィッツジェラルドの死後に至るまで
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`‐-.,___ ,.."};八、_
    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、           その出版は続けられたわけだ」
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}
  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イ
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|     ,ィニ=、
  ∨//////∨ァ'///////////」 ////////////////|    /,.气. )
   `¨¨´ ̄`´ ∨////////   ,/////////////////|  // く/
          ∨,'////   //////////////////;i,ィミァ"
              Y;///   //////////////////  /
           レ'"    //////////////////"ミ   /
             /    ,/////////////////∧ ;彡1
        r="ヘ、   ////////////////////7/::::{
       厂彡 ヽ //////////////////////ハ///イ
      /     ∨///////////////////////;///|

~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

初版:1859年発行 全75篇
第二版:1868年発行 全110篇
第三版:1872年発行 全101篇
第四版:1879年発行 全101篇
第五版:1890年発行 全101篇


13/32

.


6039 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:40:30 ID:SFSg8FNQ




                               ,. ~
                            ノ
                 __      .:;. ~
               /       ヽ . .;             「さて、フィッツジェラルドが精魂をかたむけたルバイヤートの翻訳、
              /        ,  }.||_
              |     __,.ノ ソ /.||_. .\             1857年には一応初版の原稿が完成していたようで、
              |     (●  / ̄ \y .\
              |      r   ノ/./ ̄   .ヽ           1858年1月に『フレイザーズ・マガジン』という出版社に
               |        `-ー´{/ミ/     ヘ
                |  }         ´ {./ ヘ       ハ           原稿を送付している」
                 |   '丶         ヽ__).\     _.ト、__
                  |  \ ` - 、 ___j丿    ヽハ/>ー弌┐
             r二ニ==- 、,__ _「       7/ : : : : : : ',
            / : : : : : :>、 λ::;;}>- 、  〈 : : : : : : : :.∧
              /_/.: : : : : .\{ ヽ:::ヽ :.\> 、_∨ : : : : : : :.∧
          /_____、: : : : : : : : . \ヽ:::::ヽ :.\: :.:.∧ : : : : : : : :∧
        / : : : : : : : : : : : : : : : : . \ヽ::::ヽ : :\:..∧ : : : : : : : :∧
       / : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : :. \'、:::::. : : .∨∧ : : : : : : : :∧
        / : :.:.:.:.:.: : : : : : : : .V: .:.:.: : : : : : . `、:::::::. : : V:∧ : : : : : .:.:.:.∧       「だがフレイザーズ・マガジンは1年もの間これを放置、
      У : : : : .:.:.:.: : : : .:.:.: : : :.:.:.:. : : : : : : `、::::::: : : ',::.∨ : : : : .:.:.: :∧
    /´ ̄¨¨. : . .\ : .:.:.:.:.:. ノ: :.:.:.:.:. : : : : : : ∧::::::i : :|:::ハ : : : : : :.:.:.:.:.: }          フィッツジェラルドはやむを得ず
  / : : : : : : : : : : :.\::.} .:.:.∠: : .:.:.:.:.:.:.:. : : : : : ∧::::} : :|.:::::.. : : : :.:.:.:.:.:. /
/ : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨八: : :.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : Λ::i : :|--<.:.:.:.:.:.:. /             原稿の返却を求めた」
: : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : __/.:.:.:\:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : V : :|     ̄¨¨
: : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:. : : :ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : :|
: : : : : :.:.:.:.:...\: : / \ : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : |
: : : : : : : :.:.:.:.:...∨    ∨ : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : |


14/32

.


6040 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:42:28 ID:SFSg8FNQ




             「返却原稿を受け取ったフィッツジェラルドは1859年2月、

                  今度は翻訳者名を匿名にして、自費出版として二百五十部

                     ロンドンのバーナード・クオリッチという書肆から刊行した」




。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。


                 __
                       `ヾヘ
                  /^> ' ´ ̄ ̄  〕iト.、
                    / /       i    ヘ
                / /          |    } ∧
                  / /        |!  ,:  }
              /.イ  ヽ \      | | ./  ,ハ
                  '´i ト, > ._    |!,    j i
                    | { ∨   \  j〃 /}  l
                    |/ `t'∨\ヽ  V// / / リ
                  / i ハ八_ト、ヾ、 ヽ / / /
                }/ iト {ヽ \\j/ / ./ |_
                r≦人  \ヽ ヾ // }:..ヽ
                     {_: : : : `:yー- ミ { _,.ィ く: : :j
          ,. '⌒ヽ<: : : : : : : :{  ヽ`Y´/ ノ: : :iトくヽ
.          ,.ィ-=、: : : : : > .: : : :`iト _、j /ハ: : : : : /: : :Y
         /: :∨: :.\: : : : : : : ≧=-{  ヾ{ /ノ: -=≦: : :./`ヽ
.        /: : : :∨: : : \: : : : : : : : : :`丶___/: : :/: : : :/}: /: !
        ′: : : :.i: : : : : : \: : : : : : : : γ⌒ヽ /: : : : :/: i:/: :.|
.         i: : : : : : :i: : : : : : : : > .: : : :/   ‘,: : : : /: : }': : :j
.         {: : : : : : :.V: : : : : : : : : : :.≧={     }=≦: : : : :i: : :.{
.       V: : : : : : :∨: : : : : : : <<={{{={/i  ハ !∧: : : : : i: : : {
        /: : : : : : :. :.}: : : : : : : : : : :Ⅵ:..八 ./ニリ:ゞ': : : : :.!: : :ハ
      {: : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : r≦r=彡: : : : : : : i : : : : }



〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。


~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

書肆:書物を出版したり、また、売ったりする店。書店。本屋。

15/32

.


6041 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:43:04 ID:SFSg8FNQ




               「これがもう、さっぱり売れなかった」




。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。




                                            , -‐'/ミゞrへ`ヽ、
                                          /  /| | | | | l ll',  ヽ
                                         /   // l | | ノ l | | |  ヽ,
                                            /  //`ー‐'| ||`ー‐ l    ',
                                        / / |/`ー‐   `ー‐イ   ト!
                                        l / / 「| ̄| ̄| ̄| |) !  lr }l
                                        |/l Y  | ̄ ̄ ̄ ̄``| |  /ノ
                                        l ヽハ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | /  ,rゝ
                                        ヽ  ゝr┬┬┬┬┬┤|イゝ‐ヘ
                                         __ゝーr-‐r----rト-ヘ'´
                                        ':::::::::::::::::::::::」_」::::::::::::::/
                                        :::::::::::::::::::::ゞ‐‐゙ ┘::::::::::``ヽ、



〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。






16/32

.


6042 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:44:21 ID:SFSg8FNQ





         「1859年4月9日付の「アシニーアム」誌の広告を見ると「只今発行」として

               ”1シル”の価格がついていたことがわかる」



                                   ______
                                 / ̄  ̄\
                                / _,ノ  ヽ、,_ \
                                | (⌒ ) (⌒ )  |
                               .|  (___人____)  |
                                |          .|
                                .|       u. |
                                'i,       /
              r- 、      ,.-‐ ‐-、,,_,,..-'"ト  _ , __   イヘ、     _ . -‐ 、
              ヽ、 \    /::::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヽ、   ,, / i;;;;;ヽ ̄ ̄:::::::::::::::::::::      __
           { ヽ!゙ヽ. __、 -l`ヽ ::::::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  __  | .| r ‐j
.           |  |  ll  Y´ l  !----、  :::::::\::::/! , '!::::::::∧   /::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::: _´| f  |__|  |_|  |__
.           ヽ、゙、 ||  |  |  |  ‐- ヽ::::::::/:::::::|/ };:::::{  .V/i:、::::\::::〉:::::::::::::::::::: f  |-|  | |  |.|  |___ )
             `゙ヽ|  ``"ヘ ヽ      !、:::ヽ::::::::::l  i:::::::i   /:::::::::::::::::〉::::::::::::r'゙  ̄ |  | .j  | ソ  .|'  / ̄
                `ー'‐―、_      /))ヽ、::::::::::i |:::::::::| /:::::::::::::::/::::::::::rr|   r'゙  |'´  /´ / ,/



                     「それが現在においていくらくらいの価値なのかちょっとわからないが

                          まぁさほど高額でないことは想像に難くないな」





~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

当時の(なんなら割と最近でも)ブリカスの貨幣体系はうんこなのでよくわかりません(憤怒)



17/32


.


6043 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:45:09 ID:SFSg8FNQ



                             「まぁしょうがないといえばこれはしょうがないんだけどな」


            ____
          , '        ' 、
        , '              ' .            「翻訳者の名もなく著者は『オマル・ハイヤーム』
        ,'           ;    `
       ,'      ;      、     }               『ルバイヤート』と題されてるだけの小冊子が並べられたとして、
.       |     〈   _...::::: ) ___
.       |      ; f (:::) ヾ( (:::)                  売れる要素はどこにもないわな」
.       |             丶  {
       '.  u.    ;      }  )
.         '.        `ー-- ´`ーy'
         }  ム       ⌒ ノ
      __ノ    \       /
      }////` < `: ..    .,'               「オマル・ハイヤームって誰だよ。
      /_/////////`<r'´ ̄
.     //////`/<///////ハ                      ルバイヤートってなんだよ。これが正しい反応だろう」
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ


18/32


.


6044 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:45:46 ID:SFSg8FNQ



                                    「かくして英訳されたルバイヤートの初版は

                   / ̄ ̄\                  長い間売れることもなく本屋の肥しとなっていた」
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                 .|     (___人__)
                 |        ノ
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿             「その間実に二年近く。
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\                  再び埋もれるかと思われるルバイヤートが
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶               人々の目に留まり始めるきっかけは1861年の4月のある日」
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \



19/32

.


6045 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:47:15 ID:SFSg8FNQ




                「聖マーティンズ・レインという小路の露店で一冊1ペニーの見切り本として

                     つみあげられていたこの不遇な小冊子を手に取った人物がいた」



                      __                「その人物の名はホイットリー・ストークスと
                     /    ヽ
                    /       \                 ジョン・オームズビーとされる」
                    i          \
                    l  、__,ィ、      \
                        V  ヘ _ノ-、      \
                   `ゝ 、___ノ    }   >、_   __
                        '、丿_ ,.     /}  // : :/. : 二ニ{ `マ:ヽ ,.- 、
                        `ヽ 、  /;:' ,.イ / : : :i : : : :.{¨V  \:Y  /
      __                   `-ュ<ィ</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ {
      ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト、
  r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',ハ
  } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:ハ
  } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r)、:
  } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._// : :
  ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、        /:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/ : : :
   ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´ : : : : : :
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V : : : : : : :
         ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : } : : : : : : :



~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

ホイットリー・ストークス(Whitley Stokes)という人物は同時代のイギリスのケルト学者に同名の人物がいるようなので
その人かもしれないしそうでもないのかもしれない。
ジョン・オームズビー(John Ormsby)についてはなんもわからん。
なんのための注釈だというツッコミただいま募集中。

20/32

.


6046 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:50:58 ID:SFSg8FNQ




              「ストークスとオームズビーは、友人である画家詩人ロセッティに

                 この詩集のことを紹介した」


            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒             「ロセッティは大いに興味を刺激され、
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)                友人スウィンバーンと共にこの小冊子を求めに
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |                   露店に赴き、知人に配るべく多数買い占めた」
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



21/32

ロセッティ:ダンテ・ガブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)
       英国の画家・詩人。ラファエル前派の結成に参加。伝説や神話、聖書などに題材をとった作品を多く残した。
       詩集「歌謡とソネット」など。

スゥインバーン:アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン(Algernon Charles Swinburne)
          英国の詩人・批評家。巧みな韻律美と異教的な官能描写で知られる。
          劇詩「カリドンのアタランタ」、詩集「詩とバラード」など。


.


6047 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:51:44 ID:SFSg8FNQ




               「ロセッティもスウィンバーンも当時の名士で、

                 そのような二人がそろって買占めに来たこの冊子のことについて

                     露店の主人としても思うところがあったのだろう」


                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!


                     「次の日には1冊1ペニーだった価格が

                        倍の2ペニーに値上がりしていたそうだ」


22/32

.


6048 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:55:39 ID:SFSg8FNQ




                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)         「突然の値上げにロセッティは驚き、露店の主に抗議をしたが、
             |     (___人__)
                  |  u.     、'               結局は2ペニーという価格を容れ、数冊を求めて帰った」
                 |       |
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\            「さてその一週間後、件のルバイヤートは1冊1ギニーという
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }              とんでもない値段のつり上げが行われ、
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、              しかもそれでも売り切れてしまったという事態を引き起こす」
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '           「こうして、全く知名度のなかった異国の四行詩集の翻訳本は

                                               人々の注目を集め始めることとなった」


23/32

.


6049 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:56:22 ID:SFSg8FNQ



           「こうした経緯のあと、ルバイヤートはロセッティを出発点とした

               ラファエロ前派の詩人の間で評価されだし、やがてその熱はドーバーと大西洋を超えることになる」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。



                |   /: : : : : : : : : : : : :‘,: : ::l: : : : : : : : : : : : : :∨  |
             ,|  ./. . . . . . . .. .. .. .. ..} } : : |. . . . . . . . . . . . . . ∨  |,
             ,゚:!  / . . . . . . . . . __,. ィノ/: : ;,ム /\_,、__. . . . . . ∨  |゚,
             ,゚z:! .,゚:=t=≦7¬¨ ̄}´/´: : : : : : : : :..i{   ¬圦=zz',  |_i
            ,'  |/  ゞ='’    ji: : : : : : : : : : : :.{ム     ゞ='’ ', | ',
          ,'             〃: : : : : : : : : : : :.ヾヘ.          ',| ,
. ,         ,'、          /'’ : : : : : : : : : : : : : : ヾ\_        ',| l
. |           l::::≧========彡': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` ≧=-   -=彡
. |        l::,'   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ',:|
.::!.         l:,'    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   :!
.,ハ.         l::    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    l
′l      l::     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :    |
.  |      l:::     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     |
.  ,!     l::::.     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :     .|
 / ',     l:: : :.     : : : : : : : : : : : : : : : :,  '⌒丶: : : : : : : : : : : : : : :.:   ,: ::|
. '  :',    .l:,:: : : :.   : : : : : : : : : : : : : /      \ : : : : : : : : : : : :  ,..::' : :::|
.{  .:',   | ‘ ,: : : : :..  ',: : : : : : : : : :/,  '´  ̄ ̄ `丶\: : : : : : : : :. :..:' : : : : ..:|


〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。



             「しかし結局、ルバイヤートが文壇で評価され始めたのは1869年。

                     しかもその時点ではこのルバイヤートの翻訳者が誰であるのか

                         知られていない」




24/32

.


6050 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:57:16 ID:SFSg8FNQ



                  「”ルバイヤートの翻訳者”エドワード・フィッツジェラルドの名前が

                        ようやく明らかになったのは1876年になってからのことだった」



                           「その時期には、フィッツジェラルドの訳本は英国で流行し、

           / ̄ ̄ \               やがて国を超え、アメリカはじめ各国にわたり
           ⌒ `'⌒  \
             |(⌒.) (⌒ )   |                多くの人々に読まれるようになっている」
          |(__人___)    |
              |         |
              i          |
             ヽ  、    . {             「訳者であるフィッツジェラルドが1883年に没した後
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、             1890年に第五版が発売されることになったことを見れば
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\            人気のほどがしれようというものだ」
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i



25/32

.


6051 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:57:52 ID:SFSg8FNQ




               「もちろんフィッツジェラルドのあとにもルバイヤートの英訳を試みたものは大勢いた。

                    だがいずれも今日のフィッツジェラルドほどの声望を得られていない」


             / ̄ ̄ \
           /  __,ノ 'ヽ、_                「日本におけるルバイヤートの訳本の多くが
           |   ( ●) (●)
.            |    (___人__)                    ペルシア語からの翻訳ではなく、むしろフィッツジェラルドの
             |    └ー '´ノ
            |     ⌒ |            , ァァ┐         英訳を翻訳していることもその一つの証左といえるだろう」
             i ヽ      |         ┌、  ///./ 7
            }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /
           _ノ >-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /
    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |
  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |


26/32

.


6052 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:58:37 ID:SFSg8FNQ




                             「ルバイヤートの流行はフィッツジェラルドの人生の終焉時期と

                                重なっている時期もあることから、
                ―― 、
             / 〉 ´      \            フィッツジェラルド自身に然るべき栄誉が齎されたかといえば
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l              どうもそうでもなかったようだ」
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !            「今日のように大量の情報を簡便に知れる時代でもないし、
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_              フィッツジェラルドの名は文壇において無名といっていいしな。
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、           フィッツジェラルド?誰それ状態だ」
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
                                        「それでも、ヴィクトリア時代を代表する評論家ジョン・ラスキンから

                                           祝辞をおくられたりしたが、奥さんがうっかりどこかにしまって

                                             フィッツジェラルド本人の手にとどいたのは十年後、

                                              などという逸話もあり、なんというか、うん」


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

               ,-‐-、
                 ,..、ヽ ,-―-、
               ,. '  ヽヽ.i、   ヽ 、
              , '    iヽヽ!i     ヽ
             /    /!i ̄ ´ヽ i     ヽ
            /,   , i i u.  ヽ.iヽ i  : ::ヽ
      ,...、 ,-、 i'  ./! i  !     ! ヽ!、  :: ::i: !
      ヽ、Y /  ! .i  !_!iー--‐  'ー=,-ヽ :::::ヽ!          『いいけどさぁ……』
       ヽi ,...!.-'"ヾ! .:i !~ト'`i    .!ヾ"丿i': :::::/
        i ! r‐―'-!.::!.i ヽ..ー'    ー`‐ 'i:::::::::i
        ヾ ! i― '!:::ト|     i      i::::/!:!-、
        i  ヾヽ ヽ:!ヽ  ,...,,,__,,,.....、 !::/、!':::/
       /!  ヽ ヽj、!、!ヽ._!、,'____,,..ヽ/!/ ヽ'""i
      /  iヽ  i  !  、ヽ=,ヽ--‐''i r‐-i  i_,/..、
.    /    iヽ 丿ノヽ  ! ヽ i i  i i  /   !―'、
  /      i ヽ_,i´!  ヽ、   ヽ.i !.,.//  i - /  ,..-―、
./´        ヽ' /   i.  ー 、 i iーi '  /    /    ヽ
i          ヽ ヽ  j  i  iヽ`!  !  / _____,,,.... -‐'' ヾ
!       ,,..-‐'" ヽ ,!  ,  iー!iiニ!! i i_ノ  i'       i
ヽ、    _,,.   _,, ,   i   ! ヾi`!´ i ,i   !        !
   ヽ ,,_,,.-―''" i '   /  ,!  i! !  i !   i        i
           !    /   ,   i i  ! i   i        i
〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇



27/32

.


6053 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 10:59:51 ID:SFSg8FNQ




                  「で、日本にはじめてルバイヤートが上陸した時期ははっきりしないが……」


                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)           「富山大学附属図書館所蔵のラフカディオ・ハーン旧蔵書である
             |     (___人__)
                  |        、'                『ヘルン文庫』に1888年版のフィッツジェラルド訳本が
                 |       |
                }._\     , |                  収められていることを考えれば、1890年にハーンが
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、                  日本に上陸した時期以降であることは間違いないだろう」
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',             「来日するハーンの荷物の中にルバイヤートがあった、と
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \             考えるのはなかなかロマンチックではあるが
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }            まぁロマンの範疇にとどめておくべき妄想だと思う」
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '


28/32


.


6054 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 11:02:04 ID:SFSg8FNQ



                   「ハーンはフィッツジェラルド訳のルバイヤートを称賛しており、

                        1903年に、東京帝国大学において

                                 『エドワード・フィッツジェラルドとルバイヤート』という講義を行った」
                   / ̄ ̄\
                   /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                 .|     (___人__)
                 |        ノ
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ         「ちなみに蒲原有明による初めてのルバイヤートの日本語訳が1908年。
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |            それを五年ほど魁ていたわけだ」
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \



29/32

.


6055 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 11:02:57 ID:SFSg8FNQ



         「ともあれ、今日においてはルバイヤートはその英訳者エドワード・フィッツジェラルドの名とともに、

             不朽の名声を得ることとなっている」



              「ルバイヤートマニアというのも世界中には大勢いるらしく、

                  言語を問わずルバイヤートの書籍だけを集めまくった展覧会が開催されたこともある」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


                             ,, - ー― フ,   _                            ‐- . _
                         > '' "      /i!i! ̄,、ヽ               -=ニ三 ̄三ニ=-     `ヾ≧ 、
                         / , イ      / ゙゙"ヾ /. ',            /   -‐==≡==-  ミメ、  ヽ: . )
                      / /,    , イ /     //,ヽ ',                 : . : . : . : .:_,..xrz== ―-- 、 }:/
                      !イ,イ   /r//、-、     // ! ', .',.          /  . : . : . : . :,.ィ劣㌢´         )ノ/__
                     イイ   / 代Zソ `  /イ,,, !. ', .!.        / . : . : . : ._ィ升i/"           ヽ⌒ヽ
                   ∠.イ/   /  /'  ̄    ' i!ソ.ゝi  i!.!         ; . : . : . : /⌒> '〃        /    ’  }
                        / /            ヽ ,'  i _      | . : . : .:〃⌒Y :/    _.>x._  //     }
                        ,'./ゝ、    、 __    " !  !...寸≧x.   !.〃彡{{i:::::::il :i  ー===彡' `刈ュ     /  i
                     _ レ- ' 、.',         ヽ   ,イ  ,' i 守三ニ≧x、:. . :〃|::ゞ=イ :li :〃 `{^℡、ミ ,′  、 〃 , :|
                > "       ヽヽ、           / , イ...   '守三二ニ‘,. :从::己j :八{ !  ゞ込。》゙| !    `X / /  :!
                i   , --、    ヽ>、       ,.イ//. /.      ヽ::::::::::::::::}. : .|. :ゝ._|: . l |       N  ∠ / /   :.|
              _, -‐'ー‐'ー―-ヽ、   ヽ ` ー-- ' 、/イ   ´       }:::::::::::,ィfヽ: |. :|. :||: . | |         j }/(沁/ /   i |
             /ー-- 、       ヽ    `ヽ、i!  /'ヽ、           {::::,ィ劣//.:|. :|. :!|: . 八!          { ` 7 /   i l
            /     `ヽ      ヽ、___ ゝ、   `i.    _______,>三/ .: . :|. :| И: . |    _    ´   /イ   ,.  i |
         r-ー==、、    ',      /  !  !ソ /;-';;ヽ   i、...く三三三三才´/.: . .: ;| :! !: . ト、     `'     .:    イ  ハ!
      r-ー‐'ー―   ヽ、   ',     /   !  ! /;;;;;;;;;;;;;!`ヽ ! `i、 ヾ少":::// 〃. : . : ,′| | |:. .小 iヽ.     . イ: . / |i /
      ,イ           ヽ   ',   / ,イ /  i!';;;;;;;;;;;;;;;;i!、-、ヽ i  }::::/:::/ //: >'´//: | l |:. .  | }厂`¨マ爪 i|`¨7/   |l /
  , イ"                ヽ  '、  /,イ  /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .〉、ヽ ヾ、..×::::x ≦´    /イ: : l l !: .   レ' ∨ヽ. | i| /′/´ ̄j/_「i
 ̄ _                ヽ  /イ   /, イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./;;;;;'、 '、../  〃       |: : :l !j : .   |  ̄V∧l i|ヽ  /  / {  lリ
     `ヽ、ー―――――――― i!'  /イ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./;;;;;;;;;;! !'、. /,′       |:_:_从!: . i |   ‘ .Ⅵ|. ∨   ヽ.} {
       `ー、          , イ、  ,イ、二!;;;;;;;;;;;;;;;;;/`'y';;;;;, -、!=}゙//i         /: :|: . 八{    .::ヽⅦ  {    ノ  ’
          !        イ /   /;;!='r-!;;;;;;;;;;;;;;/ヾ,イ;;;;;;;!  ヽ!./. : |         \: :|: /\=‐- .: :   ハ} ヘA        }
          !       , イ   ,イ;;ノ.!ゝ-'i!;;;;;;;;rヾ、/;;;;;;;;;;;}   ノ,゙:.: . : .|           ,′/`| /: : :..\    丶:. .:∨ハ‘,    ′
           '、   , イ     ,イ/ ソヽ,ゾヽ/ヾ、/;;;;;i""`'ーく、!゙:.: . : .|         i/ : : |:{\: : : :.\.   ヽ: :Vハ:.、_____/_
            ヽ       ,イ/ヽ、,イ, イ, -、 ヾ';;;;;;;;;;;ヽ、   /i. :.: . : .|          |.: .: : : |j|:::::\: : : :.\   ‘,i: :}: .ヽ:::::::::::亅
               ヽ     ,イ,イ  / /ヽ/ / ヽ;;;;;;;;;;;ノ=== /.゙:.: . : .|、 ___ _ ___,.|:.:.. :. : リ|::::::::::|>、: : :.\.  }:j :ハ: :.‘,ニニ|
'、            , --フ , イイ /、ヽ'  /ヽ,, イヽ 〉イ   ○ /...: :.: ./l、::::::::::::::::::::::::,.!、:.:. : : : |::::::::::| : : :>、: :.ヽノ レi::::ハ: : .ヽニ|


〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇


           「かつてはロンドンやアメリカにコナン・ドイルも在籍したという『オマル・ハイヤームクラブ』

              なるクラブも存在したらしいし、

                パリの酒場の看板にまで名前が用いられたりしたということだ」



30/32

.


6056 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 11:04:34 ID:SFSg8FNQ




                         「というところで、今回はここで解説を終わるとして、

            / ̄ ̄ \              最後にフィッツジェラルド訳のルバーイイを一篇と、
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)               ラフカディオ・ハーンの講義の中での言葉を紹介しておこう」
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ           「まずはフィッツジェラルド英訳、第一版から」
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \           「日本語訳は井田俊隆による」
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\




____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
22
And we, that now make merry in the Room
They left, and Summer dresses in new Bloom,
Ourselves must we beneath the Couch of Earth
Descend, ourselves to make a Couch ――for whom?


(そして今 彼らの去って行ったこの部屋で
初夏の百花に囲まれて 浮かれ騒ぐわれら――
われらとて やがて土の褥に入る身の上。
いずれの人のためにか 自らもまた土の褥となって)
____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

31/32

.


6057 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 11:05:34 ID:SFSg8FNQ




                  「次にラフカディオ・ハーンによる東京帝国大学における講義の一節だ」


                        / ̄ ̄\
                      /   ⌒  ⌒
                          |   ( ⌒) ( ⌒)
                        |    (___人__)i          「ハーンはルバイヤートと、東洋哲学である仏教に
                      |        ノ
                         |        |             多くの共通点を見出していて、それを学生に説いたようだ」
                       人、       |
                   _,イ ト、 ヽ 、 __ ,_ ノ
             ,. -─‐-´  `, へ  \__、_ハ
            /         :i  ハ、 イ;;ヽト、
           ト⌒        :i   `<´.〉:.;〈ヽ \、
           / , : . \       :L__ `v;;;;ヘ ' ,<ヽ            「ということで今回はここまで、
          ノ l : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
          i  !: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i           続きはたぶんいずれまた」
          /   ´: : :  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
            /    : :   γイ: .       `、  ':;;:|  l、__j.|
        /     / /: : : : : : . .      `、 `':'}  |  |!

____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

But the great,immortal charm of his composition happens to be in the way
that he treats this very problem of the universe which he advises us not to worry about.

(しかし、彼の詩作の偉大なる、不朽の魅力は、
この宇宙の重大な問題を不安に思うようなことではないと助言することにある)


which Omar Khayyam has considered in the most winning and beautiful
verse with a strange mixture of melancholy and of ironical humour
the impermanence of existence , the riddle of death, the fading of youth,
the folly of philosophy in trying explain the unexplainable(i did)

(なんとなれば、オマル・ハイヤームがメランコリーと皮肉なユーモアを交えた
奇妙な合成物としてその最高に成功した美しい詩の中で考察するのは
存在のはかなさ、死の恐怖、若さの移ろいやすさ、説明不可能なことを説明しようとする哲学の愚かしさ
といった人類普遍のテーマについてだからである。)

____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


32/32

.


6059 : ルバイヤート ◆j3QwDthlMk : 2020/10/15(木) 11:06:35 ID:SFSg8FNQ

以上になります、ありがとうございました。
色々加筆修正してたら遅れる遅れる。


6058 : 尋常な名無しさん : 2020/10/15(木) 11:05:59 ID:6qAFlT.A

乙ー


6060 : 尋常な名無しさん : 2020/10/15(木) 11:07:19 ID:Fl/U33b.


まあ海外に有名な文物と
その国で本当に人気がある物の乖離はよくある話
中国本国での岳飛>>>>絶対越えられない壁>>>>三国志の英雄とか
三国志が日本と和製ゲームユーザー以外で人気あるかは知らんがw


6061 : 尋常な名無しさん : 2020/10/15(木) 11:11:23 ID:D1MKkE3o

日本だと北条時宗とかも日本じゃあまり名前があがる人でないけど海外では……の類だよねぇ……。


関連記事
[ 2020/10/15 21:36 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(5)
129186 :日常の名無しさん:2020/10/15(木) 23:25:18 ID:-[ ]
あの、説教臭い絵を描くBRBの、しかもよりにもよってロセッティさんが、ハイヤームさんの衒学的な詩を気に入ったんですか?
やべえ、全く繋がんねえ
うーん
うーん
よし、ロセッティさんは諧謔を愛する人だったんでしょう、さすがブリカス懐が深い
ちょっとロセッティさんを見直しました、もっと妄信的な人ってイメージがありました
とても為になる情報をありがとうありがとう
129211 :日常の名無しさん:2020/10/16(金) 01:18:00 ID:fCzx63J6[ 編集 ]
1シルって1シリングの事かしら?
新刊で1シリングならページ数の割には安くないと思う
129300 :日常の名無しさん:2020/10/17(土) 02:23:56 ID:-[ ]
本屋で「ルバイヤート」(岩波文庫)を買ったので宣伝。
書籍版は解説がついているので興味ある方はどうぞ一読を。青空文庫は現在解説無し。
129424 :日常の名無しさん:2020/10/18(日) 00:41:06 ID:-[ ]
※129211
岩波文庫のルバイヤードの最初のページには、
この本はフィッツジェラルドが250部印刷した後、
少数を友人に渡し、
残りを1冊5シリングで売らせたとある。
129522 :日常の名無しさん:2020/10/19(月) 00:27:20 ID:XcyhX9Lg[ 編集 ]
イギリスの時代ごとの通貨換算できるサイトで、1890年当時の1シリングは2017年の4.10£になった。
日本円換算で560円弱ってところみたい。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
異世界からかえってきたやる夫君のお話 第3部 その12 (11/25)
  • 国際的な小咄 7900 世界と報道と混沌と (11/25)
  • 国際的な小咄 7899 Your Newswireか…… (11/25)
  • 国際的な小咄 おまけ メモ帳使う時の注意事項 (11/25)
  • 国際的な小咄 おまけ 脱無職のススメ! たのしい司法試験編 (11/25)
  • 国際的な小咄 7898 三次エロとヤクザ (11/25)
  • 国際的な小咄 7897 特権をもつもの (11/25)
  • できない子は電脳探偵になるようです 第三十五話 「究極を超える力」 (11/25)
  • できない子は電脳探偵になるようです 第三十四話 「LOST MEMORY」 (11/25)
  • できない子は電脳探偵になるようです 第三十三話 「完全なる敗北…そして」 (11/25)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 65 (11/25)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 64 (11/25)
  • 読者投稿:意外と役に立つライフハック? 年齢や生まれ年(西暦変換や和暦変換)の計算の仕方 (11/25)
  • 読者投稿:自由に紅茶を楽しもう(開き直り編) (11/25)
  • 読者投稿:中二的天文学入門 第3回 「ブラックホール」 (11/25)
  • 読者投稿:ネット銀行の勧め(勧めるとは言っていない) (11/25)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:北海道編 白い恋人の巻 ~ とうまんの巻 (11/25)
  • 読者投稿:経済 ロシア経済 他 ~ 医療か経済か ~ 中国の統計 (11/25)
  • 血まみれ勇者 第二十七話 (11/25)
  • METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ 第1章《焔継ぐもの》 第6話「世界を滅ぼす者」 (11/25)
  • そんな二人は同棲中 第十八話 しんしつ (11/25)
  • 国際的な小咄 7896 退場(物理) (11/24)
  • 国際的な小咄 7895 歴史の授業ではどうなってるの? (11/24)
  • 国際的な小咄 7894 ほんとそれ (11/24)
  • 国際的な小咄 ウソ予告 やる夫は何も気が付かなかったようです (11/24)
  • 国際的な小咄 7893 ベトナム人の上層下層 (11/24)
  • 国際的な小咄 7892 メヒコこわひ (11/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ34「デッドレックエンコード」 その5 (11/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ34「デッドレックエンコード」 その4 (11/24)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第三章 アズカバンの囚人編 第八話 二年生最後の日 (11/24)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第三章 アズカバンの囚人編 第七話 二年生の日常短編集 (11/24)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第三章 アズカバンの囚人編 第六話 空想ルンバ (11/24)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第三章 アズカバンの囚人編 閑話 Over 『Throw』 Heaven (11/24)
  • 読者投稿:素人テニス観戦者によるリアルな(?)テニスの王子様の技解説~第二回~レーザービーム~ (11/24)
  • 読者投稿:マイケル裁判で見るアメリカ (11/24)
  • 読者投稿:レモン牛乳 ~ 栃木県のお菓子事情 (11/24)
  • 読者投稿:現代日本語の母音は6種類あるという話 ~ 重さが異なるものを同時に落としたら、どれくらい同時に落ちるか (11/24)
  • 読者投稿:地元の名所?的な小咄 尼崎城 (11/24)
  • 読者投稿:川越はうなぎの街 ~ 丸広百貨店 (11/24)
  • やる夫の伝説 第三十三話 (11/24)
  • やらない夫千年紀 第三五話 (11/24)
  • アオイちゃん奮闘記~とある蝶屋敷にて~(仮) (11/24)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 27 (11/24)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 26 (11/24)
  • 【あさねこ ◆tC1gMIWp2k】とある短編 (11/24)
  • 読者投稿:よく分かるかもしれない長崎の甘味事情その③「和菓子編」 (11/23)
  • 読者投稿:入院のためのベッドがどういう感じで管理されているかについて (11/23)
  • 読者投稿:解剖の流れ EX(頭~ついでに縫うとこまで)~過去話添え~ (11/23)
  • 読者投稿:都道府県的な小噺 埼玉編1~2 小江戸川越について ~ 地域密着スーパーヤオコー (11/23)
  • 読者投稿:川越といえば (11/23)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/9)
    ※完結作品は集計した前の月(8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1やる夫の現代ダンジョン1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3あさねこの小話空間3異世界食堂できない夫
    4気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部4華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5ローグライク異世界転生
    6やる夫は魔導を極めるようです6やる夫はソロハンターのようです
    7あんこ時々安価で鬼滅の刃7やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    8白頭と灰かぶりの魔女8やる夫博士とゆかいな仲間たち
    9やる夫たちでソードワールド9やる夫は恋を応援するようです
    10できない子とSCP10ドクオが異世界転生したようです
    11ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1111やる夫はギルドを経営するようです
    12アカガネ山のやる夫12召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    13デーモンスレイヤー13レベルを上げるスレ
    14やる夫がアイドルになるようです14コンピューター様、情報更新は義務です!!
    15やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです15証言と証拠は安価とあんこの後で
    16それ行けサイヤ人やる夫!16アメリカンヒーローアカデミア
    17やる夫は駅の記憶を集めるようです17やる夫はLVが上がらないようです
    18ご加護なカンジ18金欠ほのぼの冒険物語
    19やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです19やる夫は男子校?に通うようです
    20森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20やる夫たちは三連星(代理)のようです
    21やる夫は仲間達と冒険するようです21やる夫の野望
    22やる夫がロードバイクに乗るようです22二人はヒャッハー世界の何でも屋
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    24新やる夫はスライムベホマズンのようです。24オーバーあんこ
    25◆25NC1ovscM総合25めぐみんの楽しい独身生活!
    26やる夫達は人間ではないようです26やばキャン凸
    27【新訳天庵記】やる☆おだ27ダンガンカオス
    28ロケッ都団が征く!!28STALKING!!
    29やる夫は竜の人財のようです29カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    30IT業界のやる夫さん30できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    31英雄を作ろう!31主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    32正義屋さん32やらない夫とたぬきの嫁入り
    33やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです33やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    34いきものがかりたち34魔法使いはオタクばっかり
    35翠星石の『細川煩擾記』35食事処 ~やる夫の大釜~
    36やらない夫は集われるようです36ダンガンあんこ
    37そんな二人は同棲中37やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    38魔女はやる夫になるようです38できる夫達は呪われた地で抗うようです
    39人形使いできない夫の旅路39怪獣育成日記
    40やる夫たちの4コマシアター40ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング