スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

読者投稿:大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼

目次 国際的な小咄

7250 : 尋常な名無しさん : 2020/09/24(木) 17:53:02 ID:o0C/QiPU

8レスほどなのですが、住民投下ってしても大丈夫でしょうか?


7251 : 尋常な名無しさん : 2020/09/24(木) 17:53:49 ID:az6HvcXw

バッチコーイ


7255 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:55:46 ID:o0C/QiPU

許諾をいただきましたので投下させて頂きます


7257 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:56:05 ID:o0C/QiPU




         / ̄ ̄`ヽ _.............._
         /:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶
        ./:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
       /:.:.:.:.:/:/:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:ヽ
       !:.:.:.:.:ル':.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./,イ:.:.:./:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:'.
       .l:.:.:.:.:}ゝ:.:/:.:.:.:.--∠/ |:.:.:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.ト{
       ,!:.:.:.:.K___j/:.:.:.:.:./_/_.`ト,く|:.:.:,__j_}_:.:.:.:.:! \
      ./:.:.:.:.::に〈/}:.:.:.:.:《 かヾぐ|:.:/ .|:.:.:.:.:.:l
      l:.:.:.:.:.:.:.V:.{、!:.:.:.:.:! た少  .j/'丁》:.:.:.:,:.:l
     .}:.:.:.:.:.l:.:.}ハ|:.:.:.:.:.|  ̄  /  lり./:.:/!:.:|     16世紀といえばデンマーク王国からスェーデンが独立した頃。
     ./:.:.:.:.:,l:.:/:.:{ |:.:.:.:. ト、   r-ァ′ ¨イ:.:/  |(
    /}:.:.:.:./|:.:.:.:.:| '.:.:.:.:.:| 丶  ,. イ:./|/   ゞ="  ...大航海時代の真ん中ら辺。ルネサンス期の終わり辺り。
    ././.:.:.:./_L --へハ:.:.: !  {_  |:.:.:.:.{ |
   / /, へ<    '. }:.:/   ト、 ̄`ヽ| |         そんな16世紀における製鉄と製鋼について、この場を借りて語らせて頂く。
  ./ /:::::::::'.ヽ    ヽ|/   , - 、_!   |ハ.、
 /  {::::::::::::::'. ヽ    V三彡=へ|   |!!'.
./   ヽ:::::::::::::ヽヽ   ヽ      .|   |! |::::'.
l    .|〉-:::::::::::ヽヽ   丶    |   |! }::::;イ
{    .|ヽ::::::::::::::::ヾ、\.  \  ./   |!/::/:::!                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
     .!:.ハ::::::::::::::::V>>- 、厂 ̄`V//:::}::::::!                   ┃ 大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼 . ┃
     .|{  ヽ:::::::::::::::〉 ヽ:::/:::::::::::::::}.ヽV::::::::l                   ┗━━━━━┳━━━━━━━━━┻━━━━━━━┓
    .|!  .}::::::::::::::ゝ-::::´::::::::::::/::::::「`ー>:::::l                                ┃日本だと大まかに室町~安土桃山時代. ┃
       .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::;ノ::::::::::::::::/                                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


7258 : 尋常な名無しさん : 2020/09/24(木) 17:56:25 ID:riwF9uTc

>>7248
手間暇を含むコストが安く抑えられるうえで高く売れる。

なおデメリット





7259 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:56:39 ID:o0C/QiPU




      .│ .... ... │                                                          .│ ... . . │<ミシ
┏━━━┻━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┻━━━┓
              【石灰石】        ┌                                                     ┐
            【木炭】or【コークス】     .鉄鉱石     = 原料
              【鉄鉱石】         木炭orコークス.= 燃料を兼ねた還元剤。
                ↓                          木炭が主に用いられ、18世紀ではコークスが主になる。
     ...┏━━            ....━━┓. 石灰石     = 不純物除を目的に入れられる。
     ...┃     【木炭】or【コークス】   ┃.└                                                     ┘
     ...├─────────────┤..┌                         ┐
     ...┃       【鉄鉱石】 .      ┃  スラグ = 鉱滓。鉄鉱石の鉄以外の成分.
     ...├─────────────┤. .溶鉄   = 溶けた鉄。とても熱い。
     ...┃     【木炭】or【コークス】   ┃ └                         ┘
     ...├─────────────┤
     ...┃       【鉄鉱石】 .      ┃
     ...├─────────────┤
     ...┃     【木炭】or【コークス】   ┃
     ...├─────────────┤                           _,,. --ミ
     ...┃       【鉄鉱石】 .      ┃                              '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:、ーミ、_
     ...┃                    ┗━━━━                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`''<:ィ彡、:.:.:.:.:. ̄|
     ...┃                   【←送風口】                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:`''<ハ: /|:.:.:|、
━━━━┛     【スラグ】        .  ┏━━━━               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.__:.、:.:r-=キ一|:.:.:.:.\
【出鉄口】       【溶鉄】         ┃                        /イ:.:.:.:.ト、:.:.:.:∧'\:.:.: |:.:廴:.;′ ー- .._\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛                    / |:.:.:.:丁`\V∧fT抃ム:.:.V/        ̄`''ミ、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  i |:.:.:∧示゚! \' }リ  ヽ∧              }} ━━━━━━┛
                                               |  Ⅵ:.:.:∧ゞ'      fア\'.          八
                                               |   Ⅴ:.:.:.r≧o。二´イ ,j、  `\        /  )
     まず大雑把に製鉄について話そう。                         i:.:/`'く)-‐ 'フ / \.         /
                                                 ,j/:::::::::::::\ 廴/    \
     16世紀ともなると製鉄は主に高炉によって行われていた。         /:::::::::::::::::://,ア     。rヽ_
                                                  i:::::::::::::::::/ .i/   _.  ´:::ノ、 \`ヽ
     高炉とは雑に説明すると、                             |::::::::::::::/ / ̄ ̄\::::::/  ` ̄}/
     縦長の炉の頂部から素材を順繰りに入れていき、                  |:::::::::::/`く r-==ミ 、ノ: /
     底に溶鉄とスラグを溜めて、出鉄口を開いて排出するというものだ。_r―┴=::_::::::::〈 |ヽアヽ_〉::/
                                                  (ア/;:::::::::::::::::::‐-:::ト`7:::::::::::厶--ミ、
                                                  ,7i:::::::::::::::::::::::::::::::`'く::::::::::/、i  ̄ ̄



7260 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:57:24 ID:o0C/QiPU




               │      │                                               . .│      │<ミシミシ
         ┏━━┻━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┷━━┓

                                                                  / ̄ ̄\
               *映像はイメージです                                   / _ノ  ヽ、_ \
                                                             | ( ●)(● ) |
                                                             |  (__人__)  │
                               なんか軟い鉄の製造依頼が来ただろ……    |   `⌒ ´   |
                                                              |           |
                                                              ヽ       /
                                                                  ヽ      /
                                                                  >     <
                           ____                                |      |
                          /     \                                |      |
                        /        \
                       /           \
                       |              |   軟い鉄が出来やすい産地の鉄鉱石を注文しとくお
                       \              /


         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                                                  _,∠二≧x、
                                                                   ,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
                                                                  ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                                             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                               ナンカ、ヘンナオトシテネ?>      /:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:i:.:.:.∧:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.,
                                                            ' :.:.:.: i/\|/|:.:/_...斗―:l:.:.:.:.: i|
       当時の製鉄は素材に大きく左右されたらしい。                             |:.:.:.:.:.:|,x≧=、 |/ 斗==ミ、:.:.:.:.:.リ
                                                               |∧:.:.:.〃 l_r.:|     |_,r:.! }}:.:. i:/
       何でも素材となった鉱石の性質と偶然によって、                             \∧ .ヒ斗    `'くン /:.:.:.|'
       《柔らかな鍛鉄》や《硬い鋼質の鉄》が造り出されたのだそうな。                    |:.:人 u  r―っ  . '、|:.:.:.i
                                                                |:.: i∨ニ=-----<、 |:.:.:i|
       要するに製造法によって異なる性質の鉄を造っていたのではなく、                ',:.:.|  ∠__廴/_. ィ  |:.:.ハ
       製造したい鉄ができやすい土地の鉄鉱石を元にして製鉄が行われていたわけだ。       ',:.|   {_x≦二ノ ./:.,:':.:.}
                                                                ',|   /:::::::H::::::::',/イ:.:. /
       ┌                             ┐                           〈:::::::: l |:::::::::} .}/}/
        《柔らかな鍛鉄》  = 軟鉄と思われる。                                 く`ー┘'ーイ>
        《硬い鋼質の鉄》 = 銑鉄か鋳鉄と思われる。                                  丁iT丁
       └                             ┘                               「:l |::|


7262 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:58:11 ID:o0C/QiPU




               │      │                                               . .│   > !ヘ│<ビキ
         ┏━━┻━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┷━━┓

                         【↓注ぎ口/溶鉄を流し込む。開閉する】
                        ┏━───────━┓
                        ┃            ......┃ 【←容器/傾いたり、回転したりする】
                        ┃            ......┃
                        ┃            ......┃     2ゲットロボじゃないよ、ベッセマー転炉だよ。
                        ┃            ......┃     実は空気に混じった窒素を不純物として混入しちゃう欠点があったよ。
                ┏━━━┫......            ┣━━━┓
                ┃.....   ┃......            ┃   .....┃
                ┃  ┏━┫......            ┣━┓  ┃
                ┃  ┃  ┃......            ┃  ┃  ┃
                ┃  ┃  ┃......            ┃  ┃  ┃
                ┃  ┃  ┠─────────┨  ┃  ┃
                ┃  ┃  ┃.. . ○   ○   ○ ┃  ┃  ┃ 【←羽口/○の部分。
                ┃  ┃  ┗━━━━━━━━━┛  ┃  ┃        内部に高圧の空気を供給する為の送風口】
              ┏┛  ┗┓                ┏┛  ┗┓
              ┗┻┻┻┛                ┗┻┻┻┛
               ┌                                                          ┐
                1855年にヘンリー・ベッセマーが特許を取得した、世界初の大量の鋼を安価に生産する生産法。
                1851年にウィリアム・ケリーも独自に同じ製法を発見していたという。
                銑鉄の温度を保ったまま風を吹き付ける事によって酸化を促進させて、不純物を取り除く。
                酸化物はガスとなるか、固体のスラグを形成する。
                鋼として転換した溶鋼に他の物質を混ぜることで、望む性質を与えることもある。
               └                                                          ┘
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                                              -‐:.:.:.:.:.‐-イ ̄`ヽ
                                                            _,,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶:.:.:.',
                                                     ,,´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.,
                                                       /:.:.:〃:.:i:.:.:.:ヽ:.:.\ト、 ! :.:.:.: |: i:.:.:.,
                                                    i:.:i:. |i:.:.:.|ハ :. |\-┼ット:.:.:.:. |: |:.:.: ,
                                                    |/|:.八:.:ィ1\|  ` __, .! :.:.:.: |:リ:.:.:.: ,
                                                    |. ヽト、:.、i _,,   ‘¨´ !:.:.: i: |):.:.:.:.:.:.,
                                                           \Ⅵ“´ ' __   |:.i:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.: ,
                                                        |:.ゝ _ヤ )   .|イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
                 そして鋼の製造だが、                              |ヘ:.:.i` .,r ´ |/「\:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                 高炉で造った溶鉄を転炉に放り込めばでき上がる。        r 、_     ,,' ̄ソ,.ヘ   /^ ´ ̄ ̄ `ヽ
                                                   ry、_)  ヽ..__ /:i   /'⌒ー/       /´::ヽ〉
                 はい、閉会! 終わり! 解散!!                  `Lj^i」^L .ノY::::|  .iニ二7       ./ :::::::: i
                                                       ⌒ア`〒T::i、 |  .|  ./     /::::::::::::::|、
                 ――――となるのは18世紀半ばになってからの話。      〈ゝ::」_:レ': 〉ハ  | /    /:::::::::::::::::::::::i
                                                     /`::::::::::::イ::':::', .| /   /::::::::::::::::::::::::::::
                                                     i:::::::::::::::::ハ::i:::::ヽ |'  ./::::::::::::::::::::::::::::



7263 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:58:52 ID:o0C/QiPU




               │      │                                               . .│ _>-!ヘ│<ビキビキィッ
         ┏━━┻━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┷━━┓
                      弋ミ≧=''"ヾ 、、ミリ
                  __,,>≦三{ t=、   .Y刈
               ー=三三_,   /: ぇォ r=:| i {
         __    _,,..>ァ_,,..   ハ:: '"、 /::::f ミ=-           混在物を粗鋼とする手法は各地で色々とあったようだが、
      __   -  ,ィ'´    ./乂   .  };'' t=ュ’,;/  ';≧=-、        機密扱いで他所に手法を盛らさないようにしていたらしい。
      _     /      .リ/ /    弋;;;二ィ"  i .リ   `ヽ、
         - ./       从 / / i  ! !  .リ   | i      `ヽ,    まあどこでも職人の手作業で大量生産は難しいものだった。
          ./          .リ f |  i   ト、| リ        .i
         /    、_     \i |  i  / リ从         |
        ./      `::::Y      ヾ、  i .乂            |
        ./  、 ...::::::::/|       `ゞ-イ       i       |
       〈  _二ミ=〈  |::..                |       .i
        .〉'´:::::::::::::::::Y .弋___,,...-- i ー- ......,,_,,,,人       |
        {:::::::::::::::::::::::::}  .八:::...  .---十-、__   `'::::::::::::ヽ::.=-    |
        .V::::::::::::::::::::/  ( .\::..   、__|__  ;;'   :::::::::::::У      〉
        .V:::::::::::::::::{-イ´   `ー-、_ ’     ┌                                                    ┐
     ,,,ィ"ア斤::::::::::::::弋ミ、      //∧`ー    スェーデン製鋼法      .=  スェーデンで行われていた精錬法
   /  弋__|:::::::::::::::::::/ーゝ、_,,..ィУ///∧     アグリコラ製鋼法     .. =  アグリコラ氏が解説した精錬法
  /    ::: :';弋::::::::::::::::ト、_    ̄ん/////弐     ビリングチオ製鋼法     =  ビリングチオ氏が解説した精錬法
 {   `ー-、';i: ::`ーェェェツ   ̄`ー-{////////|:    ブレスキア精錬法      .= オーストリアのPaal鍛冶として維持される古い精錬法
 |     _,,.>'''"´       _,,.ィ|////////|    ケルンテン粗鋼作業    = ケルンテン鍛冶が行っていた精錬法
 ゝ、_,,斗'´   :::..     ,,ィ"   _>-----イ     ジーゲルランド鋼精錬法  .= 西ドイツはジーゲルランドで行われていた精錬法
       ...:::: ::: :::.. .,,ィ'"´ >''"´            └                                                    ┘
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  /|  ┛
                                                            , <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.x:.:.:ハ /  |__
                                                           イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.: \  /
                                                              //:.j:.:.:./:.:.:|、:.:.:.:.:}:.:.:.:.i:.:.:.:i:.:.,:.{  |   \
                                                           }/:.:,|:.:.Α:.:.j ヽー十:、:.:ハ:.:. |:.:.}:|    ̄ ̄
                                                           ハ:/|V xtiヽ| _>ォx:.:/:.|:.:.,:. リ:.!
            実のところ、鋼もまた鉄の製造と同じようなもんだった。         .. .        |イ:.:.} J   .かリ ”/:.:.∨:./:.:.|
                                                            V!:.""     ゞ’ ./:.:.:./Y:.:.:i:.:l
             《鋼ができやすい鉄鉱石》を高炉に放り込んで、               .          V:ゝ、 ,、_""./:.:.:./ノ:.:.: |:.:|
            出鉄口から排出させるわけだな                           .       V:.| `ー -’イ}:.:.:/|:.:.:.:.:/|:.:|
                                                              V{┬イ{__.イ:.:.∧}:.:.:.:/ .|:.:|
            ただ、出来上がるのは当然ながら均一の質を有したものではなく、          /::} {{./ヾ/ |/>へ:/  |:/
             《柔らかい鉄》と《粗鋼》の混在物だ。         .                  /:::::::Vl/./∠-イ:::::::::'.   .|′
                                                          /::::::::j:::::}ル'´::::::::::::}::::::::::|  j
             この混合物を更に精錬処理を行うことで粗鋼にしていくわけだが、        }::::::::::/::::/}^Y:::::::::::::/::::::::::!
             処理方法に関してはレス数の関係から次回(があれば)説明する。       V:::::イ::::L_!__〉::::::::::::{:::::::::::!
                                                          V::::リ::::::/ハT!::::::::::::ゝ、::::::|



7265 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 17:59:52 ID:o0C/QiPU




               │      │                                                        <バキン
         ┏━━┻━┳━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┷━━┓
         ┃粗鋼    ┃圧延や鍛造などの加工を施す前の鋼。
         ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
         ┃錬鋼    ┃軟鉄とも。炭素0,02~0,2%。鋼に比べて脆く、粘り強く、衝撃抵抗が強い。
         ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
         ┃鋳鋼    ┃鉄寄りの鋼。鋳鉄と比較すると鋼としての性質を持つ。展延性と強度が強いが、鋼に比べると脆い。
         ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
         ┃溶鋼    ┃溶けた鋼
         ┣━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
         ┃滲炭鋼  ┃低炭素鋼を表面硬化加工したもの。中が柔らかく外が硬いので耐摩耗性と靭性が両立する。
         ┗━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━r―, ━━━━━━━━━.  ,.、ー:, .━┛
                                                      _).(   ;「 ̄ ̄|  _.. -‐ ~‐- 、 /:.:.:.:.:| ./::::\ノ;.┌─z ガシ
                                                      ̄). '、_,. ;∨::/::ヤ´:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:. |/::::::::::: 〉; |  >
                                                      /´`Y´ ||∨:::/7:.:.:.:.:.:./|:.:./|/:.:.:.:.:.V/:::::::::::::/||. ノ_,ゝ
                                                           |  ∨ /:.:VヽX V /Vヘ:.:.:.|:./::::::::::::; ' || |
                                                       ||V:.:./ {{二}}  {{二}}^|: |/::::::::::; '  || |
   ...        ちなみに一言で鋼と言っても色々と種類があるわけだが、          | .|:.:.lwv ̄/\   ̄  |/::::::::/  |     .<ヌルイワ!
           製鋼法によって区別された名称は存在しなかったらしい。             |:./\  ― ' ^^^ /::::::/
   ...                                                     .|/'\::7 ヱ_7  ア::::::/
           なので上記のような区別は当時は存在していなかったそうだ。           |  l:::| 「 /  /::::::「
   ...                                                       l::::| | /  /:::::::::|
   ...                                                        /:::::Ⅵ' ,.イ :::::::: |
                                                              /:::::__|Vム!| ::::::::: |
                                                          /::::::{__|*_ノ.!::::::::::::|
                                                              >、:::::://|__|::::::::::::|
                                                             L....二二__二二>
                                                               |__|   |__|
                                                               |:::::::|   |:::::::|
                                                               |:::::::|   |:::::::|



7268 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 18:01:02 ID:o0C/QiPU




                         ヽ_,
               │      │バキン  ヽ(_/
         -―ミ  .┻━━         ) (
          /:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_               ノ (`
      ,,{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.:`  、          ´⌒\
    /:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.ヽ、
    , ':.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:'.
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.、:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:,
 ./:.:.:.:.:.:、:.:/:.:.:.\'、:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l  <ナゲオトストキ ハ アタマカラ
.,/イ:.:.:ト:.  ∧ .:.:.:.:.:.:`:',:.:.: {、:.:.:.:.: l
.  }、:.{>、:.:. 廴):.:.:.:.:.:._}:.:.:.:l:.'、:.:.:.リ               ならどういう形で区別を付けていたのかというと、
   `、! ヽ:.:.:.:.:.:.-:.:彡l:.:.:. l:.:.:.:、/_              それは製造地――地名によって分類されていた。
    ㍉ーへ:.:.:.:.:.:.:.:._,j:.:.:.:.:.:.:.:.:\ \
    ‘、\:.:'.≧ァ'" {:.:.:.{、:.:.:.:.:.:.`ーミx         . 《ダマスカス鋼》《シュタイエルマルク鋼》《フランドル鋼》
     `ァⅥく    l:.:.:.:ヾ、:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.ヽ        《ケルン鋼》《ブレスキア鋼》《インド鋼》《スペイン鋼》《インド鋼》ってな具合にな。
      / ̄ ̄`ヽ  ‘.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.\:.:.:.}
      /       ‘.  、:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
<ドスン.{/      }  `ーi:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:. { ‘、
      く   /   .{    .l:.:.:.:.:.:}:.:./}:.:.:/   `
────────────────────────────────────────────────────────
                                                                     -――- <:.:.:.:.>-、
                                                                ,,'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                                         _ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:. }
                                                         7:.:/:.:i:./{:.:.:.:.|、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:,'
                                                         ':.:/:.:┼- '.:.:.i-―-:.:.:.:.:.i:.:.:.: i|:.:.:./
                                                          |/|:.:i:.「}:r}`Ⅵ"了カ、:.:/:.:.-=リ:.:/i
                                                         厶斗:.i`”    ー'ノ:.:∧:.:.:.,:':.:.:.: l
                                                             //∠∧ ' _    ./:.:/ノ:.:, ':.:.:.:.:.:.l
                                                         /   r≦:.:.ヽ ー'  /:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:{
 個々の土地で産出される、、性質の異なる《鋼ができやすい鉄鉱石》を用いて、       {   / __Ⅵ:i`_r アイ:/イ‘、:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
 各地で別々の手法で精錬が行われたことで、異なる性質の鋼が製造され、        「 ̄`ーv':::/ ',|7   //ノ `ー-ミ、:.:.:.:.:、
 それによって製造地の名で呼ばれるようになったのではないだろうか、という私見。    | ̄`ー::}::/  ∧___,,/:.{   ,,'⌒`l:.:.:.:.:.:、
                                                     ,ノ:::::::::::::{:::{  / /  |:.:|_,,'"::::::::::::::{:.:.:.:.:.:.',
                                                     }:::::::::::::::l:::;| './ ,, "|ハ|:::::、::::::::::::::::∨:.:.:.:.:.:,
                                                       /::::::::::::::::;:/.lムイ /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::、:.:.:.: i
                                                    {:::::::::::::::::{/[_]ヽ  ':::::::::::::::::::/'、:::::::::::::::::V:.:.:. l
                                                    ‘、:::::::::::/rア/ l`、> l:::::::::::::::::/  ‘、::::::::::::::V:.:.:.l
                                                     >--':::l {{ l l  .l:::::::::::::::{    ヽ::::::::::::: V:.:.l



7271 : ◆EOtH2MQcYI : 2020/09/24(木) 18:02:13 ID:o0C/QiPU




              _
          -―-r':.:.:.:.ヽ
       ,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.`¨¨¨ヾ
      /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /:.:.:.:.:i:.:.:.:. |.:.:.iΛ:.:.:.i:.:.:.:.:,
    .':.:.:.:.:.:.|、:.i:斗ヽ| ー-A:.:.:.:.:      以上、16世紀の大雑把な製鉄製鋼事情でした。
    |:Λ :. T¨´     ,xz-ョ,i :. |
    |' ‘.|:.:|'ィ==   ´ ,, |:.:.:|       本当は精錬して粗鋼にする部分までやりたかったけど、
        .|:.:|     '      .|:.:.:|       レス数が30枚を超えそうなので断念しました。
        .|:.:l‘、  r   フ . :.|:.:.:|
       .':.:| /≧ - ... イl:./|:.:.:|       現代のように転炉での大量生産はできず、鋼向けの鉱石で溶鉄を造って、
        /:.:.:辷=-7    {⌒|:.: |┐     それを職人達が手作業で粗鋼にしていたのだと伝われば嬉しい。
     ./イ:.:.'   {-. -、┤ | : | 厂l
     _(:'.|:.:'    l-――.l  .|:.:' l::::::l   場を貸していただいたこと感謝します。そして見てくださった方々、ありがとうございました。
    ノ:::::Ⅳ     l-―‐-| |'./:::ハ
     {:::::::}ヘ    .l   .l   /イ::::::l



         __    ト、
      ,. <:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ .}:.:)
    r-v'三==/:.:.:.:_:.:.:.:.:.:'┴.、
   .|:.:バヽ:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   ハ:|:.:.:.:./:.:/:./;.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ「
   .|:.:.|:.:_/:.:/⌒ヽ /:.:.:.|:i:.:.:.:.:}:.:.:.ヽ
   .|:.:.V {:.:.:{≠= /:.:.;∠Lj:.:.:/:.:.:.:.:}
   V:.ゝ|:.:.l   "´ zx_ |:./:.:.:.:.Ⅳ
    ヽ:.:|:.:.|  r- 、_   イハ:./
   . <^|:.:.ドヽ_/ _. ィ1≠く       それと、使用した資料は、ウィキペディアおよびに
  |:::::::::::|:.ハVハ |「:.\:.:.|:.:.}レ'       《ルードウィウヒ・ベック/中沢護人編訳》の《鉄の歴史》という本です。
  }:::::::::::|'{{. \ヽh!V\:.:|:./
  〈:::::::::::::>-くー' ヽ__::ヽ\        欧州圏の産業革命以前の製鉄について調べるにはよいと思います。
  |:::::::::::ー:: ̄\\ノ ヽヽ\ト、
  |::::::::::::::::::::::::::::'くn∠/:::::::}ヾ\     あと中世の製鉄で検索をかけると、
  .|::::::::::::::::::::::::::::爪ゝ.._ノ}        私よりもよっぽど分かりやすく纏めてるサイトがヒットしますので、興味がある方はどうぞ。
   「 ̄ ̄⌒「 ̄_∀|:::ト、
  〈/::::::::::::::l  トハイ\::::\
 ./:::::::::::::::;L__ ,、__ヽ:::::\
 ト、:::::::::::::/     ^   .}:::_;:イ
 `ァ<二ア          ド- へ
 /  / ヽ         .|ヽ  .>


7273 : 尋常な名無しさん : 2020/09/24(木) 18:03:27 ID:o0C/QiPU

終了。
改めまして場所を貸して頂きありがとうございます。
お目汚し失礼したしました。


7275 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/09/24(木) 18:05:03 ID:pqDXXjPY

乙!(別にレス30越えてもええんやで)


関連記事
[ 2020/09/27 23:44 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(6)
127122 :日常の名無しさん:2020/09/28(月) 00:30:56 ID:-[ ]
燃料と鉄鉱石を交互に積み重ねて送風口つけてって説明+簡略化した図式だと
1000年くらい前の製法と変わらないので、詳細解説してもええんやで。

一回作業するごとに炉を壊さなくてよくなるだけで大進歩。
127143 :日常の名無しさん:2020/09/28(月) 04:35:59 ID:-[ ]
検索したことあるけどこの手の情報は企業サイトはマジで有能
めちゃ詳しい情報がある
127157 :日常の名無しさん:2020/09/28(月) 08:10:21 ID:-[ ]
年代的に見て、
鋼の製造製法については日本のたたら製鉄が400年ほど先んじてるかな。
そりゃ、日本刀がオーパーツ扱いされるのも仕方ない。
127191 :日常の名無しさん:2020/09/28(月) 13:12:01 ID:-[ ]
日本は玉鋼になるが、あれはかなりの大型施設というか、規模が必要になるらしいからなぁ・・・。
しかし、玉鋼が無いと日本刀は作れない・・・。
127197 :日常の名無しさん:2020/09/28(月) 14:52:42 ID:-[ ]
すみませんがメモ代わりに使わせて下さい
昔のヨーロッパでの製鉄について詳しいのでお勧め
//asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/section4I/kuiper_section4I.html
ページ内で繰り返し述べてますが日本は異常な例外で比較が無意味なので注意
127467 :日常の名無しさん:2020/09/30(水) 12:38:20 ID:-[ ]
よく外人が日本刀関係でいう「日本の鉄は粗悪」はこの製法からきてるのよね。

この製法だと日本の鉄鉱石は不純物がおおくて粗悪ってことなんだけど、それが拡大解釈されまくってるのよね。

でもこの製法で固くて高品質ってのは相当限られてくるから。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十四話 (05/14)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 13 (05/14)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 12 (05/14)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 4 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十一話 グレンジャー家とマグルの策略 ~ 第三十二話 皆マグルはどれくらい好きなの? (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十話 失った者たちの傷の舐め合い (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十八話 ネウロ・グレンジャー、その経歴 ~ 第二十九話 マグルの狐 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十七話 ダイアゴン横丁のバカSurvivor (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十五話 マルフォイ家の夜 ~ 第二十六話 悔いは一輪の花の如く (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド 色素薄目PT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド いかない夫PT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド リベンジ!突発冒険者できない夫! 4 (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド ミアキスPT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド カオルルウプテ神官やる夫! 17 (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク仮面ライダー響鬼 緋室灯 ラーゼフォン 中山直 (05/14)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #124 (05/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その7 (05/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その6 (05/13)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 144 (05/13)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 11 (05/13)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 10 (05/13)
  • 血まみれ勇者 第四十九話 (05/13)
  • やる夫とばくだん 22.地底湖の戦い 後編 (05/13)
  • 国際的な小咄 8145 ハーバービジネスオンライン (05/13)
  • 国際的な小咄 8144 キモイぞ日本人! (05/13)
  • 国際的な小咄 8143 エロいぞドイツ人 (05/13)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百三十九話 (05/13)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 3 (05/13)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 149 (05/13)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十三話 (05/13)
  • 料理的な小咄 47 手軽で罪深い クリスプサンド (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 15 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 14 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫とブラックPT 13 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド リベンジ!突発冒険者できない夫! 3 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド 孤児院の為に冒険者やるキル夫 4 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド ダークトロールマスターやらない夫 開店祝い ~ 十三魔将 (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十四話 Whitehall (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十二話 ゆめうつつ ~ 第二十三話 父の思い、子の願い (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十一話 父の愛、家長の務め (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第十九話 マルフォイ家に向おう! ~ 第二十話 ディオ・マルフォイという男 (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第十七話 ジークフリートお兄さんのドラゴン講座! ~ 第十八話 タンジェロ・ポッターと日常掌編(第一次ウィーズリー家編) (05/13)
  • 青の星の勇者たち Numbers 7 「隔絶の淵を越えろ」 (05/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 257 《DAY279》 (05/12)
  • 読者投稿:香港フレンズとの一幕 pt4くらい「香港に帰ったよ!」 (05/12)
  • 読者投稿:病理解剖的腎臓小話 (05/12)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 27 ポンペイに棲むもの (05/12)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ カズマ (05/12)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】Cの物語 (05/12)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 6月4週目 その17 (05/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング