スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:裴松之について

目次 国際的な小咄

6187 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:10:09 ID:VL2NRt3o




 ._..-シ'′ ,ノ./       .,ν          ,/゛ ./   /   ._..-'"゛ _..-'″
../ . l゙   .,i''レ′      ,ノ/゙,,    ,..-'"  /  _../   .,i',゙_z-‐'"  メ し¨¨" ̄ ̄ ̄゛て_ニニ--‐''" ̄ ̄ ̄
 /゛ ./        / ,i〃゙  ,..-'"゛   .,/ン''"゛     .‘゛     . _ノ
'"  ..i | ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  〃./ ┃三国志……それは滅び行く王朝を支えるべく我が身を賭して戦い続ける忠臣の物語 ┃
 / し   ┃                                                    ┃
/゛    ┃それは絶望の時代に腐敗した王朝を打ち倒し新たな国を打ち建てる英雄達の物語 ┃
      ┃                                                    ┃ '
      ┃あるものは病に伏し、またあるものは刃に斃れ、自らの信念に、欲望に殉じていった ┃ -、.
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   .`''-..、
    .i.l",!  i′       i!''/     ./  l′                                   ___
    .,ill |  l  /{         /     ./                                        `\ ̄´
   ./リ ,! ./  }/        i! ._   /                                         ヽ
  .i''i.!   .ll゙          |, .!l.  ,!                                          ミ
  | |    .!     /l、     リ ヽ .l
 ││./ l   ,, /゛│       `'廴                                   'ニー ,,_
  .l   l .!   .ネ !  |                                          `'-、 .`''-、
  !  l l    ! .}  {                                             \  廴__
  ヽi .||    l、.l /                                               ゙''-、
   |  ″   ∥ .l/                                  -.._、            ゙''-、
、  │    .、 .!|                                         `'、`'-、               ゛
..ヽ、i,,ト    .カ, | l                                         \ ヽ, .i
  .゙!//!    l l ! ヽ、                                   /{         }  ゙'、|し
   l レl    l !ゝ  .!                             / !     l.!イ     {
i   !、.l    ヽ   ㍉.〟           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ヽ   ㍉、    ヽ.  `乂ヽ          ┃そんな理想と野望に身を焦がす人々が争い合った1800年前の物語 ┃
、.\   丶 .'ト,  ヽ     ヽ       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. `-..}      l\ ヽ      `'-..,_           _,,〃 ._..-'"∠z-'"      { ィ  /         イ  /レ    }
〟     .}ヽ,  .ヽ, `'-,ヽ       ´゙¨¨¨¨¨´"゙゙´ ..┴'″           `゛/  /           / _..-゙     /リ
. \     \\  \                                  {し¨´         ~゛        {





6188 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:10:31 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃中身については読者投稿どころか、普通に本でも何冊分にもなるので ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ____________
                          |┃┃
                          |┃┃
                        三三三  |┃┃
                          |┃┃
               / ̄ ̄ ̄ \      |┃┃
               /   :::::\:::/\三三三|┃┃
          _ /    <ー>:::::<ー>    .|┃┃
        (((とヽ|      (__人__) .j     |┃┃
          \ \、     ` ⌒´,;/    |┃┃て
      ‐=≡ /ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ(      |┃┃ て  ┏━━━━━━━━━━━┓
       ‐=≡(   ⌒⌒ ̄ ̄`r::\ヽ     |┃┃ そ ┃ 割愛します。あしからず。 ┃
      =≡  (´ー-、_,. -‐'´/l  . ヾ_つ.;.   |┃┃ て  ┗━━━━━━━━━━━┛
      ( ̄ ̄ ゝゝ    /              |┃┃そ
      `゙´ \/    /          三三三 |┃┃
           (   /               |┃┃
          \ J                |┃┃
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃今回のテーマはその三国志をまとめた歴史書、正史三国志を編纂した歴史家・陳寿 ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6189 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:10:46 ID:VL2NRt3o




        ∩⌒ヾ
        い   )
         、 . ノ
         |  | / ̄ ̄\
         |  |./  ┏━━━━┓
         |  |   ┃でもなく  ┃
         |  |   ┗━━━━┛
         |  |   / ̄(__丿
         ト    /ー、/
         |     \ノ            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         |      )             ┃その三国志に注釈を付けた裴松之について、┃
         |      /ヽ              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         |      /三)
     ┌─────────┐      ,r'ニニニヾヽ、                 //ニニニヽ、
     │陳寿(233~297?)  │     ("´ ̄ ̄ヾ))     _____   ((/ ̄ ̄`゙`)
     └─────────┘     |   、ィ_ノと)'   / "\, 、/"\  (つ(_,,ア   |!
     /   /    |   |         i|   ` イ_/  / (‐-、)、 ,(,-‐ ) \. \_Y   |!
                          ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
                               \  \l     i|    |!     l/  /
                              l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
                                  \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
                               ヾ、    ``"´      /
                                ゚   |!  Y           ィ |!  。
                                ,.  '  、 ┌────────┐  ’  `
                              ゚, i! `| ゜、l │裴松之(372~451)│゚ ゜ 。
                               ヾ从ソヾ、,  └────────┘ /∨ゞ〆´  ,.,
                             _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ´::ゝ .::::...ヽ _.:::`
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それも三国志の編纂に関する部分のみをピックアップしてお届けしたいと思います。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6190 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:11:04 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とは言え、正史三国志の著者陳寿に全く触れずには語れないので極簡単な紹介を。    ┃
┃                                                        ┃
┃正史三国志は元々、正史(国家事業で作られる公認の歴史)ではありませんでした。    ┃
┃                                                        ┃
┃故国の蜀を滅ぼされた陳寿が、晋の初代皇帝・司馬炎に文才を買われて晋に仕えた時  ┃
┃                                                        ┃
┃仕事の合間に晋の資料を読み耽り、半ば趣味として書き上げたものが「三国志」でした。 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    : : : : : : : :      i
                      i : : : : : : : : : :    |
                     ゙<.、: : : : :_;    :、     _
                    __トゝ.!^≦z.、: :    |:|>=≦.:、.:ニ=‐- ,
                 _,、,r':ハ: .:i ´ .; ; : : :    |i .:.:..:.:.:.:.: ..:.: ,r'⌒ヽ、
             ,r'/ .: .: .:(.人.___)       !l:! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              リ : : : : : : : ゙i´. `: : : :、,r': :/:|.: ┃しかし、この三国志がバカウケ。「時人稱其善敍事、有良史之才」  ┃
             ノ!゙i : : : : : : :.ト-‐‐=ニ 、<: : : |: ┃                                            ┃
             ,r'リ:ヘ: : : : : : ::レ^<:ヽ::ハ: : :\|i :┃世間では文章が上手い、歴史家の才能があると評判になりました。 ┃
          /ゝ:_:_: :.\ : : : : : : :: :`ソ|: : : : :.: : ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃スキルを買われて入社した奴が気付くと社内ニート。     ┃
┃                                      ┃
┃空いた時間で趣味に走って雇い主もびっくりの結果を残す。 ┃
┃                                      ┃
┃現代でも稀によくある現象です。                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                              ┏━━┓
                                              ┃なお ┃
                                              ┗━━┛


6191 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:11:24 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃この「三国志」があまりに出来が良く絶賛を受けたことで世に大いに広まり      ┃
┃                                                  ┃
┃書かれた人物の子孫に「俺のご先祖そんなんじゃねえから」と酷く恨まれる事に。  ┃
┃                                                  ┃
┃魏の高官の子孫は晋でも高官であったため              ┏━━━━━━━┓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃あっ……(察し) ┃
                              i!i||!!               ┗━━━━━━━┛
                             i!i!:; :;!i!|
                           !i!|i|!i    i|!i|!|i!
                        i!i!i!!!||  ./ ̄ ̄\  |!i|!,,,
                        i!i!;;;  / ノ  ヽ ヽ ;:;:;:;!i!|
                       !|i    |  (__ )( __) |  ;;;::||i!
                      !i|     |:::::::(__人__)::|  ;;;;;i|
                      i      .|   |i!i!i!i!|  |   ;;i!i
                     !!!!i      ヽ  |;;;;;;;;;|   }    !i!|
                      !i!      ヽ `⌒´ ノ     !i
                    i! !i     /  `⌒´  \   !i |!|i!
                    !i!;;!!    (<<<)     (>>>) !i!| i|!
                     i!ii!!     |、 i、   ,i  /  !i!i!
                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    ┃陳寿の後半生はあまり良くないものであったと正史・晋書は伝えています。 ┃
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃まあ、前半生も不遇だったんですが。  ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6192 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:11:41 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「三国志」はそのものは名著としてその後の時代にも高く評価され、      ┃
┃                                                  ┃
┃「良史」陳寿の名とともに後代に伝わり現代の我々にも親しまれています。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____        、__人_人_人_人_人_  人
   | |.    /⌒  ⌒\      )裴注・正史・三国志  (
   トニィ'  /( ●) (● ) \      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y Y
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \  |     |r┬-|      |
    \\_  `ー'´    _/
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃後の時代には王朝の認める正式な歴史書として認定をされますが、                       ┃
┃                                                                ┃
┃この頃になると「三国志」はとある注釈書(サブテキスト)と一緒に読む事が前提となっていました。  ┃
┃                                                                ┃
┃それが「裴注」(裴さんの書いた注釈書)、このお話の主役の書いた注釈書の事です。           ┃
┃                                                                ┃
┃現在、「正史三国志」という場合、書名から「裴注」が省略されているものだと思って下さい。     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6193 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:11:59 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃裴松之が主君・劉宋の文帝から勅命で注釈書を求められた時期は明記されていません。 ┃
┃                                                        ┃
┃ただ、上奏した時が429年であったため、その数年以内であろうと考えられています。    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             /       ,,イ゙\ /入  .\
            /      -‐''"_ヽ'、 l l′/`_''   \
  ┏━━━┓  /       ../∠´ `ヾ' l lレ'´ 'ヾ  ...ヽ
  ┃しかし ┃ /         ..u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }   ...゙、
  ┗━━━┛          u uヾく,_,ノ′  .ゞi-rイ      .゙、
         ,'         .u    ' ' `.               |
          |            .(       人    )     | ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          |           /,r`T"T"´ | `丁¨´|     ./ ┃この「三国志」の注釈は困難を極めました。 ┃
          |         ,イ  |__,∟ ⊥._|__,l|.|      /  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        \         .| .i l_/       _,ノノ||   ../        く  ーヘ __/ ィ>
          \       .| .|Y/      ‐┴''" ||   ./        \_   ゙ ー'ノ
           \   ..|. 仁   _,__      || .<______/        /
       / ̄ ̄       l lニレ'´     `ヾ'、  ||                 /
      /            .ヽ 「]、       ヾ>、||  .\            /
    /               .ヽ`「ヽ        }H|   ...\  _____/
   /        __   ..ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||       \
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓     \
/ ┃陳寿の書いた本文が至極簡潔だったことに加え ┃      .\
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛        .\


6194 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:12:19 ID:VL2NRt3o



: : : : / / : : : : : : : / |  | >。, \  ,/ /  / /  / /   /\/:::::////
ー-:/ /: : : : : :.::/┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
: : :/ /``丶、 /  ┃一つの事件に対し三国それぞれの視点から書く事で断片化された記述  ┃
: :/ /: : : : :/ /:.: ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
:/ /: : : :/ /`'v//| /.:.:.:.:.:.:.j{\| |ヽ  ′ ,′ \/ \/:::::////
| ̄j\/ /: : : ://゚《,/.:.:.:.:.:.:.:/∧.:\| \j  j    \/ \// /\
|::::_|.:.:`'<_:_:_:_://_:_/.:.:.:.:.:.:.:/\ ,癶:.:.::|  |  |     \/ \/  /
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃ひっそりと別の人物伝に記載され、本人の人物伝では隠される不名誉な事象 ┃
_ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
i:|:i:i:\⌒/.:.:.:.:.:.:.:/\../',/,  ′  /::.  '.  |   \      \/
i:i|i:i:i:i:i:\.:.:.:.:.:. /\ /   ∧ ヘ  ',/.:.:.:.:.:.  ',  |      |       /::::
i:i:|i:i:i:i:i:i:i:|.:.:.:/\ / V/  ∧ ヘ  ∨、/ へ  ', l      |   ____/::::/
\i: ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
/| ┃ある時までは事件の流れを書いてあるのに、そのある時を境にぷっつりと記述が消える  ┃
i:i:i:| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
|i:i:i|i:i:」」_i:i:i:i:i:i:i:i\', ./.:.:.:.:/ /',: : : : : : : 〕iト ____ \   /i:i:i:\::::\:\
.|i:i:i|ii|i/_|i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:\.::.::. / /  ∧: : : _、‐''゛_,-∨∧/∧´ヘ   寸i:i:i:i:\::::\
⊥-‐i|i/_|i:i:i:i:i:i|≫x:i:i:i>、__/',  〈.:.:_、‐'゛〈  ∨ニ∨∧/∧'´゙i,  寸i:i:i/\
    |i/ |'弌i:i: ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
''⌒≧s。/.:.:.: /i: ┃そしてまたある時は、何を言いたいのかよくわからない思わせぶりな記述  ┃
-‐'”| |⌒≧s。i ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
-  _| |`'| | :|``'‐ .,_ V//∧i:i:∧─- _、‐''゛,x*ヘ”  /∨∧/∧/:::::::::::::::::::
   ”“ ー- L  /|`' <,∧i:i:∧、‐''゛,、ァ'`/ヘ,∧ 〈 /∨∧/∧:、::::::::::::::::
 ̄ 'ァ┬- ..,,_ ̄ '' ┴- .._V〉/ ̄ /´レ' ∧: Ⅷ/,:∨/ ∨∧/∧\__,、<
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃これらは春秋の筆法と呼ばれ、言外に物事を浮かび上がらせる技法なのですが  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ,.ィi{_jー| |  |__/i,  〈'//'∧::∨∧〉.: :V∧_‘《,┘  V》<∨∧/∧\\
ィi{>''~ :| |  |/⌒\i, : V//'∧::∨∧〉: :.V∧_‘《,  \   `''弌jI>''~
'"__,.、、-ー| |  |/⌒ヽ,|i,  :〈///∧::∨∧〉''"´ / /   . 〈\  丶   `丶、
”__,,..、-=ァ| |  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ニ>''~. . . | |   ┃「良史」陳寿はさらに、同時代性故に皆が知っている事は極限まで省いたため  ┃
´ . . . . . ..| |  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   . . . . . | |_,.。s≦|: : : : ://   V〉   /∥    γ´ γ´ ̄ヽ    \ \
  . . . . . 。s≦: : : : :|: : :/: /   /: V〉 //j{     {==弋_彡'′    \
 _,.。s≦⌒: : : : : : : :|/: : :〈  /: : : ∨// /    乂_    __彡


6195 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:12:39 ID:VL2NRt3o




                    罠燃魂霊魔闘罰悪儀f裁櫃裁審闘罠f施錘闘裁燃智錘
                    獣錘墓赫挑罠沌冥i赫i術f緲'ⅷi櫃奮f融黒獣罠赫f施挑
          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃記されてから150年余り過ぎた劉宋の時代になると「三国志」は簡素に見えるだけ。  ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    罰融闘燃霊亀   ``'′      `' ´    ,g$燃i審裁罠
                    罠魂磁砦f融f亀               ,g$挑悪裏智魔
                    勇獣墨墨墨墨疊、            ,ィ墨墨墨墨霊fi疾
                    沌鴒赫℡、                          ,gf毯審冥
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃その実態はまるで白紙のジグソーパズルのような難解さを含んだ、歴史の迷宮と化してしまっていたのです。 ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    竜鴒魔f赫f審f爺ゎ。          gf毯闘悪魔櫃術竜
                    冥錘f磁獣闘罰燃裁亀、      rf龕導疾i施f挑勇竜闘
                    融導審櫃f智f獣砦墨翊[     ]黯霊墨儀i櫃魔裏鴒赫
                    墓闘罰罠砦闘緲’   [┐    ┌]    `謇f審墓f罰i沌
    ┏━━━━━━━━━━━━━━┓  l?瀉      [┐    [┐     ?瀉f挑闘i燃f疾
    ┃裴松之はその迷宮に陥りました。 ┃ ?瀉      [┐  ┌]      ?瀉獣罠i導f融
    ┗━━━━━━━━━━━━━━┛ ?瀉        [┐  [┐       ?瀉磁f儀竜試
                    儀櫃i奮赫?瀉        [┐ ┌]       ?瀉沌魔智闘
                    燃冥lff審?瀉'           [┐ [┘         ?瀉f赫f魂罠
                    挑l罰l儀?瀉           ┌ ┼┼ ┐         ?瀉i挑i獣魔
                    黒術墓?瀉             くrfΩ〕>'       ┏━━━━━━┓
                    裁f審f?瀉              \/       ┃ただ、同時に ┃
                                                  ┗━━━━━━┛


6196 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:12:56 ID:VL2NRt3o



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃裴松之は陳寿という歴史家の限界にも気付きました。  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ノ,' 〃,リ   ヽ         / ̄ ̄\
      /./ '〈 !ゝ-,イ         /      ノ      ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´            {       (      ┃「彼は書かなかったのではない」 ┃
      /i : :  !ハ            {        i)   / ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓⊃!、  ノ  !
  ┃「書きたくても書けない禁忌がそこにあったのだ」  ┃  --'¨¨! ,  ',
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ノ,}' 、ヘ
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ _,.! '     ; ゙  ',        }'  ハ, ',
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、     、  \--、     ,'    ハ.}
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´  ヽ'⌒ヽ'''''ヽ、.    ゙!
      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃例えば晋朝成立以前、司馬一族と配下による魏帝暗殺事件を全く記さぬ春秋の筆法……  ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {.  ト-.ァ' ヘ.__, ,.- '´
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  } !_  _/
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` . ゝイ /  ̄
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃陳寿という偉大な歴史家の文字に出来ぬ抵抗と、その圧倒的な筆力にも。 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               ! ノ  ``  ;   ',   ∨
               ∨ ,.. _...=- ...__ ハ  ,{
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃簡潔な文章で前後関係を見事に描き『何かがあった』ことを読み手に伝えるその執念にも。  ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃「現代の歴史家たる自分やらねば後世の人にはもっとわからなくなるだろう」  ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6197 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:13:10 ID:VL2NRt3o




             ,. -─────────‐- .、
            /                  \
          /   ;仁≧ミ          .>==<、 ..\
         /  ..ミ,《 (:い:)ヾゝ      .,イ{ (:い:) .》`   ┏━━━━┓
       /     ヽミ≡彡        `ミ≡彡'"    ┃「ならば」 ┃
      /                            ┗━━━━┛
    /          /       |      ..:::ヽ.        \
   /             {       |     :::::::::::}             \
  /             .{    _rー― -‐―-::::::::::/             ヽ
 |                   ‘、(ヽ _,、_, _  `ー´                |
 |                    ヽー'´:::::::::::::::::::::::`丶く|              |
 |                    Y Y:.:.:.ヽー:.:.:.:⌒Y ヲ      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 |                 に{、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ,/       ┃「同じ時代に生きた陳寿の出来なかった事を」┃
 ヽ                 ゝ`ー=ー‐r‐-イ.ノ        ┃                                ┃
   \                   ヾミ _ 彡'          ┃「晋に仕えた陳寿の出来なかった事を」    ┃
    \                冫ー 二二 イ         ┃                                ┃
                                      ┃「そして陳寿の死後明らかになった事を」    ┃
                                      ┃                                ┃
                                      ┃「陳寿は個人で、自分は国家事業なのだ」   ┃
                                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃「自分なら陳寿の残した謎を解ける」  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6198 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:13:25 ID:VL2NRt3o




                   ';';,..
                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ                ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                             vymyvwymyvymyvy     ザッ
                 ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                      / ̄ヘ,-v' ̄ヘ,-v' ̄ヘ,-v' ̄ヘ,-v' ̄ヘ _
     ザッ    ____/ ̄ ̄\___∠ ̄ ̄\___ / ̄ ̄\ __∠__\  ザッ
.           /      \.   /     \ /      \    /      \
.          / ─    ─ \/ ─    ─/ ─    ─ \/ ─    ─ \
.        /   (●)  (●)  \..(●)  /   (●)  (●)  \. (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |.  (__人_|      (__人__)     |  (__人__)     |
.       \    `⌒´    ,/   `⌒´\     `⌒´    ,/    `⌒´    ,/
.       /     ー‐    \.    ー‐./     ー‐    \    ー‐    \
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃文帝の勅命による国家事業として人手が惜しげもなく投じられ、そして何より        ┃
   ┃                                                      ┃
   ┃西晋の混乱期にかなりの数が散逸した貴重な三国時代の文献が劉宋にはありました。┃
   ┃                                                      ┃
   ┃これらを生かした裴松之の手法は、陳寿の「三国志」には採用されなかった記録で    ┃
   ┃                                                      ┃
   ┃陳寿の残した簡潔な文章の隙間の出来事を確認、時には補完し               ┃
   ┃                                                      ┃
   ┃断片化された情報を逐一精査して断片毎の異動を補正し、                    ┃
   ┃                                                      ┃
   ┃時には準備した資料同士での異動を比較して『歴史的な事実とは何か』            ┃
   ┃                                                      ┃
   ┃ただそれだけを求めて洗い出すという極めて地道な作業の積み重ねでした。       ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6199 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:13:40 ID:VL2NRt3o



┏━━━━┓
┃こうして  ┃
┗━━━━┛
                      _.. -‐  ‐- .._
.    __      |⌒|            '´          `'            |⌒|      __
    ( \    |  |        /  \        /  \        |  |    / )
.     \ \  |  |            ┃        ┃            |  |  / /
.       \ \|  |      {  ///            ///  }      |  |/ /
         >    \           {__人__}           /    <
.        {  ( ̄ ̄)     \                /     ( ̄ ̄)  }
          ゝ.,_^¨フ         >            <         ゝ.,__ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃膨大な資料を集めた「三国志」の注釈書は完成しました。             ┃
┃                                                    ┃
┃注釈書は簡潔な本文とは正反対に大量の他資料との比較が行われたため  ┃
┃                                                    ┃
┃ともすれば注釈の方が長くなるようなそんな状態でしたが完成は完成です。  ┃
┃                                                    ┃
┃現在の三国志のイメージは、この裴松之の注釈によって武将の人柄や     ┃
┃                                                    ┃
┃ちょっとした逸話から垣間見える一面が元になっているものが多くあります。 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6200 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:14:20 ID:VL2NRt3o



┏━━━┓
┃429年 ┃
┗━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃裴松之が上奏した裴注三国志を読んだ文帝はただ一言こう述べました ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        \
         \
          \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_
           \   _,,.-'゙::: : : '"      ` 丶、
             `ヾ '"         :..,! _,,. --ュヽ
 \                       ‐-=-''"   〈.. ノ_ `
   \  ` 、      ,,                  /  `丶゙'ヽ
     ヾ:::::...... 、   ''"           ,.- '′     ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-''゛           '' 、
        ゝ --''"``丶、、zz==''"                   \
      ./                                   ヽ,
     /     ────           ────          ヽ
     /         _                _          ヽ
    ./       /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ        /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ          i
    /      ,' ,;::::::::::::::::::', ',      ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',        l
    !       {  {:::::::::::::::::::::} }       {  {::::::::::::::::::::::} i     ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
   .,!      '、 ヽ::::::::::::::/ /       '、 ヽ::::::::::::::/ /     ┃     裴世期為不朽矣      ┃
   l.           ̄                 ̄       ┃(裴松之は不朽の仕事を為した)  ┃
   _|,                                   ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
. ‐'″ ゙            /´          ヽ              /
      `'        丶    人    丿            ,/
       `'         `ー ´  ` ー'            _/'ー、,
            `'-,                     _,,. . -'"゛    .`''-、
           `''ー--、,       ___,,,....   -‐"゛                \
                 ̄ ̄ ゙̄´                           \


6201 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:14:36 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━┓
┃この言葉通りに ┃
┗━━━━━━━┛
                      ____
                     ィ        `  、
                  ,ィ´             ` 、
                .≠                 \
                7   .//ヤ               \
                  /   /,.心  i!                 ヘ
              7  /,≠テ:::リ ,ノ                   i
                .7    乂Zソ                  i    ─┼─  │ │
              /.._                            7     ─┼─  │ │     ・ ・ ・
                 j示     --、                   /        │       │ ツ
            7:ソ       i              _, =t-、_,
            !¨ 冫     _,ノ            . イ´   ヘ ≧‐-   _
             | /  _, - 彡' __人__          '"         \      `≧-  _
            ヤヽ__ノ-- '"   `Y´    _, -               \             ヘ
              ヘ         , -‐'" ̄           ,      \         i
               \      /                     ',:         \       _ノ
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃後世、「裴注三国志」は「正史三国志」として国家の保護さえ受けるようになりました。 ┃
 ┃                                                    ┃
 ┃明代に至って「三国志演義」が成立すると三国志人気は不動のものへと変わります。┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6202 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:15:33 ID:VL2NRt3o




                           _  ,,     イハ_,, _
                       ., ィ- "´  ` ‐イフ,ィト{/  ィ‐ .ヽ
                  ., ィ "´      ,, -‐、 _ヾト!-‐イ    .ハ
              ., ィ "´  イ>――<,,,,_   `‐"ヽ フイハ   .',
            ィ'"   /::::::::::::--::::::::::::::::::`:ヽ、 /::::::::::::::', ',   ',
            !   /::::/:::::::::::/:::::::::<:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::', !   .',
           .|   ./:::::::::/:::/::::/::::::::::::ノ:、::::::::::::ヾイ::::::::::::::::|    ',
           .l  /::::::::/::::::/::_/::::: イノイ. `ト::::::::::}:::::::::::::::::::!    !
            !  .!:::::::/:::::::/rュ、::/ /ヽ、   !:::::::::ハ::::::::::::::::::|     |
            j  j:::::::{::::::/!弋;;炒   `,ョュ,_` !::::::::ハ:::::::::::::::::::ノ     j
            .', !:::::::',::::ハ{///  ,  匁炒./::::::/ ヘ::::::::: イ      }
            ',,'::::ノ::::ヽ:{ ',   ,、  ///ノ::,':::,'  ,ゝイ       /
            ソ:::::::::/ ヾ ヽ  `゙  ,イノ::::::/ ,イ       ,イ
          , イ:::::::/    .ヽ ヽ_ -イ:::::::::/イ        イ::::j
         /::::::::/',      ‐j    /:::::::/       ./:::::::::::::',
       /:::::::::::/  ヽ レ   ', ,,--7::::::/ /     イ ヾ:::::::::::::::',
     ./:::::::::::::/, -‐‐‐'イ   __ '  /::::::/ /  / /´    ヾ:::::::::::::::',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃現代に生きる我々にもかつてその時代に生きた人々の息遣いを感じさせたり ┃
┃                                                    ┃
┃女体化したり、フリー素材として活用したり色々したり。                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
:::::::/     ', ヽ j      ヽ、 {_ イ' ./               .}::/:::::::ハ
:::::/     ヾ   .!        ',    /                ,'/::::::::::::j
::::{          !           /                ./::::::::::::::::j
::::!          !           {               /::::::::::::::::::::j
:::ヘ         !           ヽ             ,イ::::::::::::::::::::::,'
::::::\       ,'             \         ./:::::::::::::::::::::::::/
ト、:::::::::ヽ、    !               ` 、     イ::::::::::::::::::::::::::::::/
  `ト:::::::::::ヽ、  !                 ヽ _,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     `ヽ:::::ヽノ                  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今でも三国志の人気は止まるところを知りません。                  ┃
┃                                                ┃
┃そんな正史三国志の二人目の著者とも言える、一人の歴史家について  ┃
┃                                                ┃
┃今回は語らせていただきました。                          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     !           /   .',             ',


6203 : ◆hm3LsfVrgE : 2020/09/23(水) 02:16:18 ID:VL2NRt3o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃拙作に長らくお付き合いくださりありがとうございます。                                ┃
┃                                                                ┃
┃読者投稿を求めてくれるイッチにも多謝、貴方の広い度量無しに作成には踏み切れませんでした。 ┃
┃                                                                ┃
┃前回の読者投稿に味を占めて二匹目のドジョウを狙っての三国志ネタですが                ┃
┃                                                                ┃
┃陳寿はやる夫スレで以前見たため、裴松之語りをちょっと盛ってやってみました。            ┃
┃                                                                ┃
┃これで世の三国志好きが少しでも増えてくれたら幸いです。                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                                      ┏━━━━━━━━━━┓
                                      ┃それでは失礼します。  ┃
                                      ┗━━━━━━━━━━┛
          _      ∩   _    _
          \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄/
            \ ∈◎∋  ./  ./
             \ ル   /  /
               \  ./ ./
                \//


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あっ!あと歴史パズルはまだ一杯残っています。同志求ム ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6204 : 尋常な名無しさん : 2020/09/23(水) 02:22:54 ID:DyayNL/E

三曹の人だ!投稿乙です。
やる夫スレは作ってなくてもなにか文章書いてた経験ある人ですよね?校正力や表現力が上手過ぎる。


6205 : 尋常な名無しさん : 2020/09/23(水) 02:23:19 ID:FXttKh0c

乙でした
どこ作者さんですか?w


6206 : 尋常な名無しさん : 2020/09/23(水) 03:49:31 ID:Dz0VUFKI

投稿乙ー
これがプロフェッショナルか・・・


6209 : 尋常な名無しさん : 2020/09/23(水) 06:33:41 ID:zbpVmtXw

すげえ構成力とエンタメちから。。。
演出力もくどくなく、メリハリが利いている。。。
乙でしたが素直に湧きでるわー


関連記事
[ 2020/09/27 00:35 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(6)
127018 :日常の名無しさん:2020/09/27(日) 00:55:22 ID:-[ ]
マジで注釈は大事というか、
世界中の書物が時代とともに消えていく中で、
注釈が残ることで逸書を補填するなんてケースがザラにある。
ギリシャ文化やローマ帝国時代、さらにはイスラム世界の貴重な文献が、
キリスト教によって散逸されモンゴルによって燃やされまくった中、
かろうじて残った注釈書が後世に伝えられることで、
歴史やら文化やらがかろうじて分かるなんて話が多い多い。
もっとも、そこまでは行かなくても古本文化ってのは本当に大事。
127020 :日常の名無しさん:2020/09/27(日) 01:06:21 ID:-[ ]
ざっくりとした時間経過
三国志→西晋(陳寿)→八王の乱(西晋滅亡)→五胡十六国→東晋成立→南北朝(北魏成立)→劉裕、東晋を滅して劉宋成立(裴松之)

端的に言うと、北は漢人胡人入り乱れてグチャグチャ
南は政権腐敗とクーデターのエンドレスワルツ続けてグダグダ
そんな時代じゃね

この後に来るのが、隋・唐の黄金時代と、白村江の戦です
127042 :日常の名無しさん:2020/09/27(日) 07:47:35 ID:-[ ]
知る人ぞ知るって感じの三国志にまつわる歴史だな
そりゃ千年経っても残りますわ
127058 :日常の名無しさん:2020/09/27(日) 12:25:06 ID:-[ ]
裴注で印象が180度変わる人物もいるからな、王允とか高潔な人柄がただの自己保身中になっちゃう
127065 :日常の名無しさん:2020/09/27(日) 14:50:37 ID:-[ ]
他所のスレの話を持ち込むのはNGなのはわかっていても、
陳寿はやる夫で裴松之はできる夫であって欲しかった…!
乙です。
127106 :日常の名無しさん:2020/09/27(日) 20:46:05 ID:-[ ]
裴松之は個人的な好悪を注釈に載せたからあんまり評価できねえ
三国志No1のサバイバーとも言える賈詡をクソミソに貶してるし
老害と化した孫権に苦労させられた陸遜も貶してるからな
描写もやたら感情的な貶し方

注釈が重要と言うのは勿論理解できるし
三国志で最大の注釈者と言えば孫子兵法を注釈して後世に残した曹操だしな
原本竹簡が出土するまで最古の孫子兵法書は魏武注孫子(魏の武帝=曹操)だったくらいだしね
でも個人的な好悪を載せる必要はないわ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第25話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第24話 (09/27)
  • 彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。 リペア一四回目「椅子と木人をリペアする」 (09/27)
  • 読者投稿:将棋の世界について「第71回奨励会三段リーグの結果」 ~ .「奨励会概説 どこが特に大変なの」 ~ 「JT杯の仕組み」 (09/25)
  • 読者投稿:模型の国の女王陛下 (09/25)
  • 読者投稿:は?(真顔) ※フィクションです(願望) 他 (09/25)
  • 読者投稿:たのしいけいば~Your Majesty~ ~ たのしいてんのうじ ~ 「たのしいうんてん」~繰り返す者~ ~ たのしいえいが~デリシュ~ (09/25)
  • 読者投稿:コロナに感染ケース紹介(本当に軽い方の軽症) ~ このラノ2023投票の広告 ~ 中立公平な両論併記と、情報受け手への影響 (09/25)
  • 読者投稿:ニュースネタ EV補助金の予算切れ 他 (09/25)
  • 読者投稿:たのしいことのは その10 (09/25)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その五 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その四 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その三 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その二 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その一 (09/24)
  • 読者投稿:カーネル・サンダース ~ クロモリのクロスバイク紹介 MARIN (09/24)
  • 読者投稿:和歌のテクニック「本歌取り」について ~ 月を見よう ~ 藤原道長「十六夜? そんなの関係ねぇ、俺にとっては今夜が満月だ!」 (09/24)
  • 読者投稿:ダイビングに行こう23~32:ダイビング用機材について(1) ウェットスーツ、ドライスーツ 他 (09/24)
  • 読者投稿:増量の友 ~ とある侵略的外来生物 ~ 車の窓って丈夫なんだよ? (09/24)
  • 読者投稿:川崎病じゃねぇ! ~ 在野の理学療法士 ◆Cgv/IcOLlc さんの投稿の補足 ~ 医学研究紹介 (09/24)
  • 読者投稿大会:辛い物 (09/24)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十六話 (09/24)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第四十八話 (09/24)
  • 昭和名馬列伝 第6章 トウメイ伝 附 テンメイ (09/24)
  • やらない夫千年紀 第五七話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十三話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十二話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十一話 (09/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百三十話 (09/24)
  • 読書的な小咄 276~278 中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。 ~ カタギモドシ ~ イリオス (09/23)
  • 読書的な小咄 273~275 潮が舞い子が舞い ~ イブン=ハルドゥーン ~ 妖怪始末人トラウマ (09/23)
  • 読書的な小咄 270~272 転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます ~ D.Gray-man (09/23)
  • 読書的な小咄 267 「魔夜の娘はお腐り申し上げて」「魔夜の娘はお腐り咲いて1・2」 ~ ありゃ馬こりゃ馬 ~ 優駿たちの蹄跡 (09/23)
  • 読書的な小咄 264 ご当地アイドルの経済学 ~ 王様の耳はオコノミミ ~ 鬱ごはん (09/23)
  • 読書的な小咄 261~263 『小説スパイラル~推理の絆~』シリーズ ~ 百姓貴族 ~ サトコとナダ (09/23)
  • ソロやる夫くんソロる その23 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十九話 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十八話 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十七話 (09/21)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百二十六話 (09/21)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】オール・ファッキン・ガイズ! 番外編 (09/21)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】NEVER FORGET STORY 15 (09/21)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第三部 『最後の指令』 第十一話 (09/21)
  • ユーノくんとなのはさんがルームシェア 8話 (09/21)
  • 読者投稿:一般蛮族異常性男子高校生 (09/21)
  • 読者投稿:たのしい工作 ~ 詩歌的な小咄3・血腥い風 (09/21)
  • 読者投稿:ドライバーあるある そのいち~そのじゅういち (09/21)
  • 読者投稿:共学 ~ 男爵ディーノがいるじゃない ~ 縮毛矯正すげえ ~ 駄菓子 ~ プラモデル リトルアーモリーシリーズ ~ お守りと言えば (09/21)
  • 読者投稿:名古屋市SRT社会実験(連接バス) ~ 物価高騰対策 ~ あんかけスパのメニュー名 ~ 味噌カツの起源? (09/21)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!