スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:承認の欲求

目次 国際的な小咄

4086 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:16:31 ID:JNzRvUI2

待ってくれた人がいたようなので、これから投稿しますね

以前の投稿で勘違いしやすい承認の欲求について
ttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-43548.html


4087 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:17:08 ID:JNzRvUI2


◇読者投稿:承認の欲求

[1/7]

/:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
r:::::::::::::::::::;|!::::::ハ:::::ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
{:::イ:|::::::::::::|=|:/=|;:/=!::ハ:::::::::::::::/::::;イ:::::::::::::::::::::::ヾ 、::::ヽ
|::{:r'|:::::::::::|rィ='うミy'  !::::::::::;イ::::/=}:::::::::::::::::::::::::::\ヽ、ヽ       今回は、単語から勘違いされやすい
.!:::{{ |::::::::::|、ゞ-'´,.ノ    |::::::/_/∠ !::/::::::|::::::::::::::::::::ヽ ヾヽ
..|::ヽ |:::::::ト、`゙='‐'    |:::/k"´うヾy'::::/:i::::::::::::::::ト、:::ヽ  `ヽ     承認の欲求について解説します。
. !ハヽ|::::::|      ..::::: ,リ' ゞニ'ノ イ::/:::イ::::::::::ト:::::| ヽ::ヽ
. ! }::::;!:::::|      ::::::: !  ` ̄´ノ;イ::::;ハ:::::::::| i::::i   ヾヽ
.  ル、|::::ト、     ___ .. '     '/ノ:::;:::| |:::::::::! |::!    ``      まず、承認とは「何かを認めること」ですね。
.  | !::|``\    `‐-`'   ,/}:;イイ::! !::::::|  y
.  } i::! ``ヽ \  ゙゙゙ , ‐' ´y' !' !/ル'  |::::!
.  /  !'    ```'‐<´ォ        ′    リ               例えば、事実や正当性、相手の言い分、立場、
-へ       ヾ| ///7'
   `ヽ     メト////                         地位などを認めることが承認に当たります。
     `ヽ  ゝ'////、
       ``'‐、{_{_{_ゝ``'‐-.._
 ´ ̄´ヽ、     /ヽ      ``'‐-.._
      \   /  ヽ  /``'‐-、   ``'‐-.._





4088 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:17:26 ID:JNzRvUI2


[2/7]

: : : : : : : : : . : : : : : : /// ,  ., i : /  //: i   、ヽ: : . ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : ///イ//// / : /:  .//: : /:   i ヽヽ: : 'l
: : : : : : : : : : : : : : '. : //イ/ / / : /: : //i: : /:   / : i ト:  'l        それに対して、承認の欲求は「自己の評価であり、
: : : . : : : : : : :/: : . : l / | / /: :〃: : 厶V:イ: :   /: :  |、 lヽ: !
:  . : : : _. ィ /. : :/: : l′ j/././//、ハハ/イ. : イ:|: : : ! ヽ 、 l      自分が価値ある存在だと認められたい」となります。
. : : : : : :l v. : : /: :   /  /: : ! ´   ヽ!  j:/:/: ハ: :  l    '|
: : : : : : : V. : : /: : : . /  / l: !     /´ヽ/ l/ l: : l'    l
: : :/. : /:/: /1: /: ./  /! ハ l          \ ,l: /            両者を比べると、見かけ上は同じように見えますが、
/:ィ /イ: /`l: i: :/  / l l' ! |          ノ l: /
////: ∧/:ハ:/  / , ノ l |     _  r'′ //                その意味は大きく違っています。
´~  {// // i'  ハ /′ ヽ    ´ーf'"   /′
    l'′ /′ ,l  /、 /         -r'
     '.     | /  \ _ , 、       ハ
     '.    |′   /ハ/イ> 、...__.ィ l
    _ '       r/イ、//  i: / | /     _  / ̄`ー 、
_..  ´ ハ     //∧ヽ \ヽ、/:/  !′    {  ∨   ,___ ー 、
   _. - ' '    ///,、 '. ト、   /' ` ヽ、      ヽ  {  / i>′   '、
‐'"´     '   } } !ヽ\', ',ゝ、_    ヾ 、      '. !  !'"   , 、   }


4090 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:17:41 ID:JNzRvUI2


[3/7]

         ,.ィ-‐ zニ,,,...__
        /::´::::::::::::::::::::‐=;`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;;丶、                 なぜ、このような違いが出るかと言うと、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ`゙ヽ
        l::::::::::::::::::::::::、:::::::::::l:::::::::::}::ヾヽ              承認はその対象が自由であるので、
        l:::::::::::::::::、ヽ::ヽ::::::::トハl:::l::::::ヽ`
      l:;:::、::::::::::、zミ、ヽ:::::lィう1/:::lヽ:ヽ                どんな物事でも承認することができます。
       ' ';:{ヘ::::ヾ`´ゞ' `ヽ/´ l:::;::::', `ヽ
       ';irヘ::::ヽヽ     , /ト;lヽ:',
        ``r;::::、ヾ`  ‐''", ' リ ヽ `
        / ヽ:l ゙ヾー‐rィヘr―――- 、             それに対し、承認の欲求を読み解くと
       イ   ゙ヽ   l/,、_ ヽ.      ヽ
     /'´  ll  , ク ヽ j }!` - コヽ-  ̄ヽ  r!        「欲求を承認する」のが妥当であり、
  _,.-'´   _,.-ll //   ヽl ll     `-ニ_ヽ! ll
 y'´ ,.-― ''´  ノj ~     ヽl          } ,7 {丶        その対象が固定されていると推測します。
 l、 {     //           |      // j ヽ ヽ
 l_ヘヽヽ   _〃           l    //  /  ヽ
 ヽヽヽ_ノ∠- ,,,,...__     / _ -_ニ ,´ク} /
  { 丶 ヽ ̄ ~`''‐- `ニニニl // r'_ ニ' /l`ヽ、


4092 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:17:52 ID:JNzRvUI2


[4/7]

/レ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... :::::::::::`"'‐- 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::-、-;;;`;_;;;、
::::.:: :: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... ::::::::`::‐ 、 ``            ここで、欲求の性質を一言で言うと、
::::::: ::.::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::. . ::::::::::::::.`ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::: :::: ::::::.:::.: :::::...:::::::::::::::::.`ヽ          「生存のために必要な行動を促すこと」です。(動機付け)
:::::::::::::::::::::::::::::: .: :.::::::::::::::.: : : . ::::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、
::::::::::::::/::::::::::::::.::: :. ::::::::::::::::. ::. ::.. :: :::::::::::::::::::::::::.`ヾヽ、::::.ヽ
:::::::,r'/:::::::::::::::::::::: ::.::|:::::::::::;:::.::::.::::. .::::::::;::::::::::::::::::::::.ヽ `ヽ、ヽ
::::〃イ::::::::::::::::::::::::::::::ト、ト、:::|::::::::i::::::.:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::'.,   `ヾ    すなわち、承認の欲求は、次のように読み解けます。
::::l l l::::::::::::::::::::::::::::::::|弋ヽ::ト、::::!|:::::::::::::ハ::::::::::::::ヽ:::::::::::゙.,
::::',レ':::::::::::::::::::::::::::::::::!/´゙f'_ラi:::|゙l:::::::::::! ',:::::::::::::::ト、:::::::::ヽ       「生存に必要な行動を実行する上で、
::::;;イ::::::;::::::::::::::::::::::::::::ト、 ド'::ハ:| l:::::::::∠ニ!:::::::::::::::'., ヽ::::::::ヽ
::::':::|::::::i;:::::::::::::::::::::::::::l, ` ̄´ リ ,!::::〃ク´::::::::::::::::::::l  '、::::::ヽ     自分が役立つこと、自分に価値があることを認める」
:::::::i!::::::|:::::::::::::::::::::::::::::l        |::/ヾ':::::::::::::::::::::::::::l,   ヽ::::'.,
:::::::::';::::ト、::::::::::::::::::::::ト、:',     レ'∨::::::::::::::::::::::::::::::l    ヽ:::',   言い換えると、「自分が生きていくのに必要な力がある」
|::ハ::::ト、ト'、:::::::::::::::∧| ヾ:',       ,.>:::::::::::::∧::::::::::::l     `ヾ
!:ト';::| ` ヽ:::::::::::::i ゙  ` ___ ,r'´ハ:::::::::::::::! ヽ:::::::::l
リ  ';|\  \:::::::|     ´ -,イ'::::::::! !::::::::::::l   ヽ:::::::i
\ `  `ヽ  ヽ::::ト     ∧::ト、::::::|  i;::::::::::l   ヽ:::::l        その結果、主観的および客観的に
`ヽヽ、    \゙〉、| `-‐ '´ ';:l ヽ::::|  i;:::::::l    ヽ::l
:::::::`ヽヽ、   ヽ、゙      ':| ヽ::l   !:::::i     ヾ        「自分が価値ある存在だと認められたい」
:::::::::::::::`::‐ニ 、 `、ヽ        ヾ   i:::/
:::::::::::::::::::::::::::::`゙ 、ヾ、.          `  レ'                という欲求や願望が表れます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::``:.、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::___::::`ヽ


4093 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:18:07 ID:JNzRvUI2


[5/7]

          ,..  -──--. 、
       , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ                また、この欲求は、主観/客観の視点で二分されます。
      ,.:"ィ ..::::::::::::::::::::::::::: :::::. : . :::ヽ
     /:::. ::.: :: . :: .: :::: : .:.:::::::::::.::::::',
.     /;イ.:::: .:.:: .:.::i::.:::i:: : .:.:i::::i:::l:::i:::::::::',           ・他者からの評価・他尊 【客観】
    /' .i:::::::.::;::i:i:::ム::i::l:::.:::i::j::/}/}::}::::::::ト`
     l:::::::::::l::从lニリリl::::l:/|イか斗::/:::}              評判、尊敬、信望、地位、名声と栄光、優越、承認、注意、
     |:ハ:::::::∨'_ヒソ`|::/'   ゞ-7:/::::::l
     l:j l::i::ヽ'、    ' i :::   /イ::::i!:j                重視、威信などを求める。
     ` ヘ:ト、::ヾ`    _;_   ,j:::/:jリ
       ヾヽ:::::lヽ.、 ゛ニ'  ∠}/l:/
          l:ト、l_,イ- ゝ- '´'´ ,j`ヽ              ・自分自身の評価・自尊 【主観】
         ヾ7`、l  ll    /  l`r、
     _.. - ''' 〃  _l jj  ∠    l l  `ヽ           強さ、達成、適切さ、熟達と能力、世の中を前にしての自信、
   /  _... -イ/ -' フ l///ヽヽ、_  l l ヽ、  ` ‐ 、
  /r  ̄_.. ,z_/ゝ'´  7 '´   `ヽ、.j l l   \   `ヽ      独立と自由などを求める。
  | j- ¨/ ̄     /        ヽヽ、   `>  , イ
  ト `r-ヽ、    /           `ゝ`ヽ、/  / !
  ヾ、`.  `ヽヽ'       ___.. - ニ - ァ'' /  |     マスローは、他者からの評価を低いレベルと定めて、
   l! ヾ!  / -― ニニニ - ニニ.=´   /  ./ ,_/
   l!  |  l r  ̄´      ├─ …」 i ./  { /ハ      高いレベルである自分自身を評価することを推奨しています。
   ||  l   l.l        └  ̄´  ∨   } ヾソ
   |.l ヘ   l l              入   {  7


4094 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:18:21 ID:JNzRvUI2


[6/7]

           ___
      -=ラ''´´:::::::::::::::::::`` 、
      ,,-‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ,
    ,/イ:::;:::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::、              承認(自尊心)の欲求を充足することは、
    ' /:;/:::::::::::::;:::::::::;::::::::::、:::::::::::::::i
     i:;/:;イ:::::::;イ::::::::ハ:::ハ:::::i::::::::::::::;!            自信、有用性、強さ、能力、適切さなどの感情や、
.    !イ::i:::::;∨‐`、::::;|_i;!-∨}:::::::,..,:;i
    ' {:;イ::::::ハ仁リ'、:;! '仁リi::;:::;|)i:;!              自分は世の中で役立つ存在だという強い感情を引き起こします。
     レ'゙i:::::::i  ̄':::`   ̄´i:;!:;/r'y'
       |:::;ハ;:、 _,,.._    /;イ/,:;!
      /'´ !'!`ヽ、  ,.r/'´i;!,ァ、
          ,./lT'´ ,../´  \               逆に、承認(自尊心)の欲求が欠乏すると、焦燥感や劣等感、
    ,..---‐‐'''//=レ'´====  //`'''‐-..,
    / 「 ̄´ク/ /      くく.,```ヽ, `''ヽ、      弱さ、無力感などの好ましくない感情が表れてしまいます。
   /| <l ̄´,/        \\  ,> ,..-‐i
.   { }  |`\/``二========'´-`>/  /
.  //  |  | / ̄´  ┌──┐ /,./ / ,._,,,.../
.  //  i  ∥      [二_二] ,i'´ ,/ /ヘ ./        よって、承認の欲求を満たして
. /´  _」_ ∥        ,,..//  / i` 、i/
. /  E´三ミヽ|| ,..-‐‐''´ヽ‐二.,_ /  /   ヽr         心理的健康を増進することは重要なことだと言えるでしょう。
./〆`''‐‐‐/´ ̄    / ̄´   /  {    /
      /      /_,..,__,..,r'´   '、  /
     /     /´/ / /{     `/
__,,,,...-/     { /  i ゝ {    /


4095 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:18:34 ID:JNzRvUI2


[7/7]

            _.. ¬  ̄ ̄ ‐- _
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `  、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :. : ヽ.. \ヽ、
        /:::::::::::::::::::::::::::::: : . : : :::i::i::i::::\:.:.ヽ `            承認の欲求を満たす言葉としては、
       , :::: :: :: :::::::: :: : ::i:.:i ::::.:: :l::lリム::::::\::\
       l. : . :. :: ::: . .: ::/!:ハ:i::::::::jリキj::i::::::、ヾヽヽ         「行動」「生活」「理由」を使って次のように表現できます。
       {::.:.::.::!.:::::::i:::|!:/≠7イ:::::/ 代ハイ:::|::::ト\ `\
        V::::::|::i:::::l::Ⅳ≠テ、l::/  亠' 7:::l::!:l  `
        ヽ:::川::::l:::!{{ _V_シ l′ V  j/ハ::!            「あなたの○○という行動は、△△という理由で
         V、{ヘ::ト从  ̄    _'_ /-ッ、|l
          リ \l:!、_,、     <ノ /j/  ヽ            ◇◇(日々の生活:仕事・学習・家事など)に役立っています」
            ヽ从ト::`ト -  __ノ'′   >― .、
                V`!ヽ- >'     /:::::::::::::::::\
              _/  l /       ,':::::::::::::::::::::::::ヽ     具体例として読書を挙げてみます。
            //  /       ,:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          _/::::/ ,くr―、     ,l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   「集中して本を読めることは、知的能力を向上させて
     _ - 三 - Vハ/くヽ>、:::::::ヽ    l::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::/
   〈‐ ' ´     Vハ,イ、\ヘ__:::::ヽ   !:::ハ V::_ -― 二 -      日々の生活をより楽しむ力があると思います」
     V       Vハー二,r≧ヘ:::ヽ  l:::::::::jヘ_, -‐ ´::::::::::::
     〉、       Vハ:.:.:{/へ:.:.ヽ::::\!、:::::fハ !::::::::::::::/::::
.   /,-ヘ ,、__    Vハ:.:.V:.:.:ヾ:.:.ヽ::::::::\::::} }l:::::::∠::::::::::
 /, イ:.:.:.∧>- `ヽ、.__Vハ_:.:V、:.:.:ヽ:.:.\::::::::゙::V/:/.:_:::-―     最後に、
く-く {__:/:./´ ̄,    `ヘ:::::::::::¬──…─---く:::∠::::__::::::::
 \\マ:./:.V´ノ      V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ:     承認の欲求を読んだ皆さんはどうですか。
   ヽ/:.ム:.:.:ヽ く^ ー- ._ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,:.:厂につ:.:`ハ    厂l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    「自分を価値ある存在だと認めていますか?」
   ,i:.:! /'、二つ:.:.:ハ  |  |::::::::__.  ァ´::::¬──…─r─ '"
   l:.:l l  /K´:.:.:.:.ハ___!   ̄   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
   l:.:l //  l::::\:._{{fノ1  _ ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   {:.:!´   l::/rく7_  |/// \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧       以上で投稿を終わります。ご清聴ありがとうございました。
   ヽ:.\  l/ノ ̄ノ’  / /    ` ,、:::::::::::::::::::::::::_.. イ′
    ` <二. = '"    ゝイ     l: :\::::::::_>'´: : : l
                /     /: : : :`¬: : : : : : : j
                 /. . ._   !. : : : : : : : : : : : : : {

(日本の文化では、欲を悪いものだと決めつけて捨てる人が多いと感じます。従って、日本人が承認の欲求を満たせているのか心配ですね)


4097 : 尋常な名無しさん : 2020/09/21(月) 01:21:01 ID:AZQ151bc

乙ー
ツイッタのRTがRTされただけでも満たされるようなレベルのところがあるのでちょっとまずい気がする


4100 : 尋常な名無しさん : 2020/09/21(月) 01:24:15 ID:889BEnTk

乙でした
残念ながら現代の他者を承認することは間抜けのする事って風潮が根深いのは悲しいですね


4101 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:25:30 ID:JNzRvUI2

かなり不味いと思います
日本人の幸福感って先進国で最低レベルだったり、精神的な病気が多かったり
探してみると、社会全体で、愛や承認といった精神的欲求が欠乏して不健康や病気なってるように見えるね


4108 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:28:13 ID:JNzRvUI2

祭りの時間過ぎてるけど、イッチが珍しい駅を要望してたので

読者投稿指定権
都道府県:埼玉県
指定駅:内宿(埼玉新都市交通ニューシャトル)

周囲に何もない場所で、ネタにもならない駅だからスルーしていいですよ


4104 : 尋常な名無しさん : 2020/09/21(月) 01:27:03 ID:.E5E75Ms

投稿乙―。
他人からの評価より主観的に自己の評価を高めることが必要かー。
これ出来てる人意外と少ないんだよなー……


4105 : 尋常な名無しさん : 2020/09/21(月) 01:27:48 ID:htmt9ly6


承認の欲求は難しいよなぁ
「私はこんなに満たされてる!」てなった事が無い。
お金や将来の不安や仕事や上司との関係やらで、考える事が多いからかとは自分で思ってる


4106 : 尋常な名無しさん : 2020/09/21(月) 01:27:59 ID:Hs4./Lg6

欲求が欠乏というより、欲求が過剰なのが問題だと思うな。
何の役にも立たず、立とうともせずに、ただ称賛だけさせた方が効率的とか思ってる奴。


4113 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/21(月) 01:32:26 ID:JNzRvUI2

>>4105、4106
この基本的な欲求って、満足して充足してると、停止して表に出なくなります
だから、不満で欠乏してるほど過剰に動いて、満足で充足してると気にならなくなります

これって、他人を見ただけじゃ区別つかないよ


4112 : 尋常な名無しさん : 2020/09/21(月) 01:30:50 ID:3OYbJDl6

幸せと感じるかどうかなんてのは最終的に自分次第だからなぁ
金銀財宝に埋もれながら不幸を嘆く人間も居れば、着る物すら困るフーテン暮らしでも幸福な人間もいる


関連記事
[ 2020/09/25 01:15 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(9)
126741 :日常の名無しさん:2020/09/25(金) 04:23:17 ID:-[ ]
承認欲求を満たすことが目的になってるのも不味いと思うけどね
126775 :日常の名無しさん:2020/09/25(金) 08:04:52 ID:-[ ]
この欲求を満たす行動がプラスになる事もあると思うが、目立つのはマイナスに働く行為だからなー
悪貨は良貨を駆逐するじゃねえけど、そういう風潮になっちまうのもむべなるかな
吾唯知足の境地に至る事のなんと難しい事か
ともすれば周りへの無関心にもなりかねんし…バランスだよな
126817 :日常の名無しさん:2020/09/25(金) 13:52:41 ID:-[ ]
承認欲求というのも、ここ最近で大きく広まったなぁ
昔の漫画読むと、そんな単語は全然出てこない
野心とか、認められたいんだとか、信じてくれとか、解ってくれとか言ってる
126832 :日常の名無しさん:2020/09/25(金) 18:27:13 ID:-[ ]
急激な近代化で自己の内面にあるものを失った日本人は、他国と比べても不健康だと思う。
自己の内面に政治を入れて、孤独と親密さから解放するのが手っ取り早い解決策かな。とりあえず承認欲求は満たされると思うよ。
126846 :日常の名無しさん:2020/09/25(金) 20:12:06 ID:-[ ]
自尊心を実際の実力以上に持ってしまって、
自分の実力が他人に尊敬されていないという現実にストレス溜めてしまう、ってパターンとかな
126901 :日常の名無しさん:2020/09/26(土) 06:24:10 ID:K2Rmj1sE[ 編集 ]
他人からの評価を基準に動く人間が多い、ってのが現状だしなぁ。
例えば物買うにしても「人気の商品」ってだけで買うやつ多いし。
自分なりの評価基準ってのが無いのが良くないんだろう。結婚とか恋愛もそんな感じだろ。
126917 :日常の名無しさん:2020/09/26(土) 11:58:55 ID:-[ ]
承認欲求は社会生活に不可欠だと思う。
これがない人間って、「他人にどう思われようと気にしない」わけで、
社会に貢献する必要も他人を顧みる必要すらない。それってサイコパスでは?と思う。
人間が社会的生物であるために備えた生物的機能だと思う。

問題はそれがゆがみまくって出てきてるのがSNSというわけで・・・
127939 :日常の名無しさん:2020/10/04(日) 11:11:04 ID:-[ ]
他人を承認することの代価が
自分または別の誰かの財貨の目減りであることが多いからな

そう簡単に他人の承認などできない
136510 :日常の名無しさん:2020/11/28(土) 14:56:33 ID:-[ ]
>>127939
連帯保証人の承認かよw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです 第32話 (06/29)
  • 岩崎さんは無口 第83回 (06/29)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 21 (06/29)
  • ナニモノ 9 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十二話 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十一話 (06/29)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第50話 さよなら、やる夫 (前編) (06/28)
  • アクア様がみてる 第6話:走るって素晴らしい (06/28)
  • 昭和名馬列伝 第4章 キタノカチドキ伝 第4話 (06/28)
  • 読者投稿:参院選が始まったので 参議院議員の実績開示 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:共産党について 2022 参議院選挙政策 (06/27)
  • 読者投稿:自民党の公約について 2022参院選 (06/27)
  • 読者投稿:国民民主党 玉木代表の原子力潜水艦保有論とその背景? (06/27)
  • 読者投稿:変態技術? 新500円玉 (06/27)
  • やる夫とほむら(眼鏡付き) (06/27)
  • 1周目シモンとニアとやる夫の―――― (06/27)
  • ナニモノ 8 (06/27)
  • 国内的な小咄 2071 修士が少ない理由 (06/26)
  • 国内的な小咄 2070 はい (06/26)
  • 国内的な小咄 2069 学部生を含めると (06/26)
  • 国内的な小咄 2068 じわじわと効いている (06/26)
  • 国内的な小咄 2067 実際どんなもん? (06/26)
  • 国内的な小咄 2066 いや……そうでもないと思うです (06/26)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 22 (06/26)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 39 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十話 (06/26)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十九話 (06/26)
  • ナニモノ 7 (06/26)
  • 読者投稿:リンガーハットの自販機 (06/26)
  • 読者投稿:北東北の小咄: 待ってた!ずっと待ってた!! (06/26)
  • 読者投稿:政策に関連して出てくる「LGBT差別」これって何なんでしょう? (06/26)
  • 読者投稿:「たのしいけいば」~世紀末覇王~後編 (06/26)
  • 読者投稿大会:おっ〇いまつり (06/26)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 04 (06/26)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第五話 雛鳥の意地 (06/26)
  • このクソッタレな世界に復讐を! No.43 Explore (06/26)
  • やる夫とばくだん 30.ウラエウスの出現 (06/26)
  • やる夫とばくだん 29.マーズ・ミステリー・リサーチ・7 (06/26)
  • 国内的な小咄 2065 吉野家の親子丼 (06/25)
  • 国内的な小咄 2064 恐ろしい話をしよう (06/25)
  • 国内的な小咄 2063 各党首の字 (06/25)
  • 国内的な小咄 2062 割るビールやで (06/25)
  • 国内的な小咄 2061 もうだめだぁ (06/25)
  • 国内的な小咄 2060 性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律案 (06/25)
  • やる夫とベネット その後のお話 (06/25)
  • やる夫とデマ子転移 その2 (06/25)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ エヴァ (06/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「シュレディンガーの箱」 その2 (06/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「シュレディンガーの箱」 その1 (06/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!