スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:多分追いつけないなこれ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
10/28
おねショタ探偵の事件簿 登山サークル殺人事件
10/22
彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです
やる夫は聖杯を落としたそうです
10/18
流星のレイン
10/14
血まみれ勇者
10/13
日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅
10/9
METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~
10/8
かくして少女達は出会う
10/4
横島くんは死神になるそうです
10/2
ファンキー・デッド・ラブ&ピース
その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!
10/1
カップやる夫とマグない夫はタマシイを賭けてしまったようです


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

読者投稿:ルバイヤートな小咄 その4~”ルバイヤート”の時代~

目次 国際的な小咄

3672 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:17:59 ID:1l75ttVU


____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ルバイヤートな小咄 その4~”ルバイヤート”の時代~
____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               「チューリップのような美女が欲しい(挨拶)」



             / ̄ ̄\            「ルバイヤートな小咄のその4では
            /  _,ノ `⌒
           |    ( ●) (●)               ルバイヤートの時代、つまりハイヤームが生きていた
           |    (___人__)
               |          ノ                  時代や、その前後のことについて触れていこうと思う」
             i        |
         _.. ィヽ、 、___   |
   , ¬;;-ー=≦} : ヽ  丶__ ___r-´
 / : :ヽ : : : : : : :| : : :\  イ::::トlヽ
/ : : : : : :ヽ : : : :ノ : : : : : v' l:::::l、 :l>、、            rーーーーー,__
: : : : : : : : : : : : : : \ : : : `、 :::::l, :l : : : : :ヽ.          }/ )  .{__)
: : : : : : : : :l : : : : : : : : :、 : :`、::::::l : : : : :l : :l         √ /..  .:}_)
: : : : : : : : l : : : : : : : : : :`、 : `、::,' : : : : :l: : :l      _ /  }:...  ..::{_)
: : : : : : イ´ : : : : : : : : : : : :`、 : V : : : : : :| : :ト、   /:rj  イ:...  ..;.:}ノ
: : : : : ∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : :ヽ_,/ : : {{ 、 ルニ二ニ=r
: : : : / .V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : :/: : : : : ハ ィァー´
: : : /   V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :/: : : : : : : : ゞ才
: :\    V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : : :/´


                                 「ただ、この地域の歴史について紹介者はほとんど触れたことがなく、

                                    正直ほとんどが手元にある文献に頼るのみになってるので、

                                     間違ったこと書いたりするかもしれないが勘弁な!



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。


              //    _ -   ━‐       .
              { . ' _   -くニニム        \
             ゝX       `マニニム    ,_、    ヽ
            /  `         マニム   マム      、
           ,              マニム  i|i        :.
           /               Ⅶiム  i|i                『逆に考えるんだ。
           .′ /    i、         Ⅶiム !i|       i
          !  'i  !  :: ヽ  、         マ´≦:|i}ニヽ     |            ツッコミでスレを盛り上げればいいさと考えるんだ』
           | :/ {  i  ::.  、 ヽ       マ'::::}i|:.マム    }
          i { :   :.   ::.   \  _      、:::::::::}ニ|     -‐== 、
          :!  、 :::.、 :.`¨¨三_        }≧¨´ニi  .:::.、ニニニ}_
               ヽ ::::>、\ ´辷i フヽ   _  、:::::::::ニ! ,イ、::::::..マニニ}
            _  . . .  、ノ     °      } ` Tニニフ /:Ⅶニヽ:::::::::::::7
          /、-‐. . . : . ヽ ..   ..     |   }、 〈¨´}ニi:::.Ⅶニニニ≧‐
     __  __ / ' `  :. . . . . . .: __ : . : :     .′ / { ` Ⅶム:::マニ=<ヽ
   _/_ _ _>_.′ : : . . し : : . . : : : } 、    , ,  /‐ ¨¨ヽ Ⅶム::::¨マニニヽ\
   (__ _ { 7 ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . 、‐>- ¨ _〉  ′     } .マニム:::::.マニニノ
   ( _ 」ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'  ノ) i  >,' / .′  -‐━‐ 、ニム:::::.マ ∧
    (   } , .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ( 〉ノ,.: / /.'  ィ  , ´      ヽニム:/  i
    `¨¨ヽ ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  イ i.::::/i  i i /イ /          }¨ }    }

〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。



1/16
.





3675 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:18:41 ID:1l75ttVU




      「ハイヤームが生まれた十一世紀の半ばは、

      ペルシャにとって激動の時代だった」



                 「ハイヤームの故郷ナイシャプールがある北東ペルシャのホーラッサン地方は、

                    十一世紀初頭までガズニ朝の王マフムードの統治下で栄え、広い領土を有していた」



                        / ̄ ̄\
                      /   ⌒  ⌒
                          |   ( ⌒) ( ⌒)
                        |    (___人__)i
                      |        ノ
                         |        |
                       人、       |
                   _,イ ト、 ヽ 、 __ ,_ ノ
             ,. -─‐-´  `, へ  \__、_ハ
            /         :i  ハ、 イ;;ヽト、
           ト⌒        :i   `<´.〉:.;〈ヽ \、
           / , : . \       :L__ `v;;;;ヘ ' ,<ヽ
          ノ l : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
          i  !: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
          /   ´: : :  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
            /    : :   γイ: .       `、  ':;;:|  l、__j.|
        /     / /: : : : : : . .      `、 `':'}  |  |!



                   「ところが、マフムードが没し、ガズニ朝の勢いが衰えると1037年には

                       要衝ナイシャプールが北方の騎馬民族セルジュク族の手に落ちてしまう」



~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

ガズニ朝:アフガニスタンのトルコ系イスラム王朝。ガズニを首都としていた。
      962年サーマーン朝アルプティギーンに創始され、1186年ゴール朝によって滅ぼされた。


2/16
.


3676 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:19:16 ID:1l75ttVU




      「1040年にはセルジュク族はホーラッサン地方全域を掌握し、

            ナイシャプールを中心としてセルジュク朝を打ち立てた」




                    「セルジュク朝の勢いはそれだけでは止まらず、

                          南方、西方へと軍を進め、1055年にはバグダードに至った」


                                           r r┌,
                                          } l .l .l r 7
                                       r 、 i_i .L.レ´/
                                            'ヽ、Y  r' γ
                                         !、⌒ {   トマ、
                                ___       ヽ___‐‐ ソ.: :ヽ
                              /    \       〈ン´ : : : .\
  _,.-ー 、                         ノ        l        \ : : : : : : :\
  〉 \\\   .-,                   (_ノ、__)    i         ヽ : : : : : : : ヽ
  \\ '´⌒∨ /                   } '--´    .'           〉 : : : : : : : :ヽ.
   ヽ.  ィ  丿                    '、_、__   ,ィ'   ,.r‐-、_,、__,,..-´‐' i\ : : : : : : j
     ヽ_  rクヽ                    〕_____`,.‐ィ'`ヽ‐イ : :/ :/ : : : : : : : :N:ヽ : : : /
      〉彡´. : : \            _____,,.-‐ィ'!´「ヽ/. : : :/ : :/ :/ : : : : : : : : : :>-‐'"
       ヽ : : : : : : :\         /i : : : : ://ソ /. : : / : : :// : : : : : ,. -‐ '´
         \ : : : : : : \       ,ィ' :/ : : :,.イ':::::/ /. : / : :l : : i/ : : : >`´
           \ : : : :ニ= :ヽ、,ヘ--イ´〃/ : : : /:::::// :/ : : : : ヽ : : :>´
           ヽ : :// : : : : : :/ : / : : : /:::::/ : : : : : : : : : : :ヽ:/
            ヽ.  : : : : : : : : : : :,' : : : :i::::,' : : : : : : : : : : : : : : i
             `゙--‐‐ー--   イ : : : : :i/ : : : : : : : : : : : : : : ソ
                      i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
                       ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
                       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
                          i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
                       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{



                「この時セルジュク族の統治者トゥクリル・ベグは

                        アッバース朝のカリフから『スルタン』の称号をもらった」



3/16

.


3677 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:19:53 ID:1l75ttVU




    「スルタンとなったベグは自らを『イスラムの再興者』と宣言し、宗教戒律の強化を図った」





         「イスラム法が徹底され、ひそかに行われていた酒の醸造、

                   飲酒なども厳しく取り締まられるようになった」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。
               _
           y-一´-: : : : : : : : : : : `: .、
     / ̄ ̄':´: : : : : : : : : :\ェ、: : : : : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾミt、.: : : : : :ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  \ミ》、: : : : : ∨
.  /: : o: : : l: : : : : : !: : : : :   . . 。:  ヾ心: : : : : :.',
 ,': : : : :゜: : |: : : : : : ト、. . .: : : : : 、: : : : : . Ⅶト、: : : : :.',
 l: o: : : : : :ハ: : : : : :.ヘ\: : : : :__:1: : : .Vf´二、: : :.l
 !: : : : : : : :| ヘ: : : : : :.ィ ´ ̄: : : : :ヘ: !: : : . l/::::::ヾ',: : !           『だが呑む』
 |: : l: : : : ,+-─- : : : : ', __\: : ___:l:|: : : : |{:::::::::::}:!: :!
 l: : |: : : : :l l  ヽ\: : : イ;=≠示寸ハ!: : : : !ヾ:::::::ノl: :!
 l: : ト、: : : :|⊥二_\\: ´! V、_⊂リ l: : : . |\二ノ:./      _ .-┐
 ヘ: :l ヽ: : :!ヾVuハ   ` ` ゝ一'  l: : : . lミ彡´:./  ,>. . :´: : : : : : !
  ヽ{ 丶: :lハ `ー' ,     //////::/!: : : .i、: : :/:/{/: : : : : : : : : : : /
    \ \八l;//          ;ィ|: : : ハト、:/_/: : : : : : : : : : : : /
        |`ゞ、   ー ´  /。 !: : /、ィ_´: :!:_:_:_:_:_:_:_:_: : :-─!
        |: : : | `> -イ\   !: / ノノ\.{、.-.-.-.-.一: :´ ̄l
        l: : : !        丶  l://´: : : :ヽ\、: : : : : : : : : :l
        ∧__⊥=ミ、   _/: :} /: : : : : : /: :_\:丶、 _:_:_:_:__!
       / ̄ ̄´ア \//: : 「r´: : : : : : :./:/´  `  . `丶、_
     /  匕_´二}   ヽ,ヘ: : :!,ヘ: : : : : : /: :i      ヽ:、: : :`:ー<__
    /  ---  \r/7 /i: /\|}:/\: : : /: : :l       V\: : : : :/
.    !  ⊂_- _`ァー' r'/; レ: :|::|:/::/:\: l: : : !        ト\\/
    l r---、_丶 ゝ-{_///: : : f´::ゞ': : : : :ヽ!: : .ハ       l ヽ/
    | /㍊㌣ ̄生㌧ //: : : : }:::::::}: : : : : : : : : :.ハヽ      !: : :\
.    }/ゞ=ソ))tヘ ㌦/イ: : : : :l:::::/: : : : : : : : : : : :.`}     {: : : : : \



〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。




                「ハイヤームはこのような時代、1048年にナイシャプールで生まれた」



4/16

.


3678 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:20:47 ID:1l75ttVU



        「ベグがスルタンになった1055年当時、ハイヤームは8歳、

            おそらく幼少期から青年期にかけてハイヤームはセルジュク朝のイケイケドンドンを

             間近で見てきたことだろうと思う」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。


                 ⌒ヾ丶
                   ) )
               ,  " ̄ `   、. {ミ!
             /〃/ /ノ川  \||
            /_/.//イtイイ'| l |.|.l. ヽ
             {(j.イ f苞ヾ .レレリ.|.| .トj
.               |.`| :|     、苞iYル′
         _. ヽ.:| :|   _   /i| |
         !::::::ヽ|l」| :|\   ` イ ||:7
         ヽ:::::::: 〉:ト冖'示iノl ::::レ′
          ヽ ̄ノヾj、 トイ、{-、_:\
.         , ´´  l |    V.トr|. ヘ小. `ヽ:\
       丨  ヽリ l.i.|.  ├ヘ ヽ\   |´ ̄`
       |  ./ 川!  |:::∧  ㌧ヽ、.l
       |  丨 |.|.|.  |:::::∧. |!トl|
.          |    ,. |.|.ト  |:::::: /  ノ ノノ|
       |   ∧tゞ=ィ  ヽ />=、イ   ,
.          |   上.L.⊥ィ´ ̄/   i\__ ',
       丨´       └ォ'// i , ノヽノ ` ',
        、_ ,. ∠二 `U!//} j.l〉|K   ハ
.            /ッ.┬ ‐= Y.-「^'リ、` ー'  ヘ
           /'  |   |:::::| .ハ ∧  ヽ\\
             / .  _ノ   |:::::|/ .|.:.: ',   ヽ\ \
         /    〉-、 :ノ.:::::::::::ゝ.:.:.:.:. ',   }    \
         ,'    l \!:|::::__ |ノ:.:.:.:l   ノ ハ   ヽ\ ____
        丨   l :.:. |::::|  清|. :.:.::| /イ  〉ノ`ー― -=≧⌒ヾ)
         |    ¦ :.:.:.|::::|酔 酒| .:.:.:.|ィイ
         |.   ¦ :.:.:.:|::::|歌   | :.:.:.:|
        |  ¦ .: .:.:|::::|姫   | :.:.:..|
         |   l :.:.:.: |::::'、_,ィ | :.:.: |
        丨   | :.:.:./,ゝ. ___,ィ' :.:.: ノ

〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。



       「で、ハイヤームはセルジュク朝三代目のスルタンであるマリク・シャーの招聘で

              新しい暦を作るために宮仕えをした」



5/16

.


3679 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:21:28 ID:1l75ttVU



            「マリク・シャーはハイヤームを重用したことは間違いないだろうが、

                 個人としての親交があったという記録は見当たらない」


                  / ⌒\
                    ヽ\
               __ } )
              、‐'' ゛    ノ/ ``~、、            「また、ハイヤームのほうも、マリク・シャーに君主として
           /               ヽ
         ,   /            ⌒ヽ    ∧            傾倒していたなどということもなさそうで、
.       /  ,:/              ',     ∧
      /  ,:::i         |     __」__  ∧             ドラマティックな君臣の交わりなんか期待するだけ無駄のようだ」
      ′ ,::::|        斗       l   !    ,
      ′ l::::|.    /  |  i    | ハ |     |
      ,    l::::!   /  ハ  、 l     zzrf=ァ
      i   γ:::',      / ∨:jI斗f   .代リ |   ,'
     !  l:::::::::',   / ,rf笊T |  .ル' ~´ .小/!/
      , 弋:::::::::',   ハ.癶 乂ッ, l /  、 ""|i/ /
        ’  ゞ::::::, / ',  `~   l,/     从 |
        ヽ  `:::∨  ∧ ""   _ - ア イ  |  :
          \  ∨  ∧s。   ゝ- / li   |
          __ゝ ∨  ∧  う T爪  .li   |
       く三三三≧_∨  ∧   {.─ 、 i!   |              ‐
       \三三/ \  \ `` ∨``.  ノ                /丶 〉
         ゞ‐''゛     丶  ',   V  }iく_               /   /
.        / \         V   ',   ∨ ー三 、     __/  /
        /    \      、  }    /V  } ̄V     /.:.:.:.:.:.:.:.:..〈
.       /     \     \ _ ー / ̄~"''ヽ.}     /.:.:.:./Y.:.:.:.:.:.\
       ′     l \      _ \//イ ̄|:i:} } ヽ、 ./_、‐''..イ.:.:.:.:.:.:.:./
       i       l   \_ 仁ニハ ///、 }_j://ヽ=}/// /.:.:.:.:.:.:.:/ァ、
     .八      ∨_/ニニニニニニⅥ_/__ У /// /).:.:.:.:.:.:./‐ァ´
         ヽ   _-=ニニニ}ニニニニニニニニゞ'"}/_、‐''/   / .//.:.:.:.:.:.:.//
        _-=ニニニニニニ.}ニニニニニニ ///ニ /    //.:.:.:.:.:.:.:.:/
       /-=ニニニニニニニ}\.ニニニニ{ /ニニ /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
      /-=ニニニニニニニニニ{ニ }ニニニ/ニニニ /      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


                                     「なのでハイヤームとしては仕事や研究などに喜びは感じても

                                         宮仕えについてはうんざりしていたことは想像に難くない」


  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄          思い返せば「有と無」は定規と線で、               ̄|┃
┃|                                                    |┃
┃|            「上と下」は論理と記号で、明かすことができた。           |┃
┃|                                                    |┃
┃|            まこと、何事にも探り心そそられた私だけれど.           |┃
┃|                                                    |┃
┃|_          何物も深くはなかった――酒ほどには。              _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛


6/16

.


3681 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:22:21 ID:1l75ttVU



            「少しハイヤームの時代から離れた話になるが、

              ペルシャは642年、当時のペルシャの支配者ササン王朝が、

                ネハヴァンドの戦いに敗れて第二代カリフ、ウマル率いるアラビアイスラム軍団に屈した」




        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.           「当時の勢力としてはササン王朝の軍は、
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,            イスラム軍など問題にしないほどの軍勢であったが、
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|            国家の爛熟期特有の外患誘致にやられて大軍が寡兵に敗れることとなる」
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
  _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__           「他人事じゃねえよなぁ」
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|





7/16


.


3682 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:22:58 ID:1l75ttVU




           「652年にはササン王朝は滅び、それからペルシャはイスラム教国となったわけだが、

              世界史にありがちな現象が、ここペルシャでも発動してしまう」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、   c
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}   っ
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '   つ
.       ′    /」∧   T寸i=‐+   ハ|| !
      {1   ‐i爪{  、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′         『うわっ、征服者の文化レベル低すぎ……?』
.       八 个゙迦リ ∨  迦ソ|l  レ' ∠-‐. :7
         ヽ ゞ ¨´ ,    u |l   レ'_:::::::::::/
        | }、u c っ   , リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y




〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。



                    「力こそパワーの蛮族が文明国を倒したときにありがちですね」



                                    「中華とか中華とか中華とか」



8/16


.


3683 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:23:40 ID:1l75ttVU




               「征服された後のペルシアでは、公用語はアラビア語ではあったが、

                     文化言語としてはペルシャの方がはるかに優れていて、

                           ペルシャ語からアラビア語への必死の換装が行われた」





                                                         _
                                                       ヽ、__  ヽ
                                                      ノ'ヘ_ノ    }
                                                      ソ  )    ,'
                                                      {-' ̄     {
                                                      }``   __/_{
                                                      ト=ュヘ ̄ -‐≧‐-、_
                                                   _..ノrノ У´ : : : : : : : : :`、
                                                  ィ : :/;;;/>´ : : : : : : : / : : }
                                                 //:/;;;;;/ .: : : : : : : : :/ : : , - 〈
                                              _/ :レ:/;;;/ : : : : : : : : : :|:/ : : :, - :`{
                                    ,.. ‐- 、   __、<ヽ :ノ i/ : : : : : : : : : :ヽL{.._/ _,. : :i
                                  / : : : : : : :\/ : : : :i :./ : : : : : : : : : : : : : : : .:.(, ‐'´. : : : :j
                                 / : : : : : : : : : : :\、 : :|./ : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.} : : : : : : !
                               ,-'´,' : : : : : : : 、 : : : : :\、fZ二--- :、_:_:_:_: :`-、 : :.:.ヽ.:_,、 : : : !
                              / : : : : : : : : : : :)ヽ h : : : :`キ-- : : : : : : : : `=-、ヽ.:.:.f-‐‐‐= :i



                         「ペルシャ人の封建貴族や官僚や文人を大いに重用したため

                                ”アラビア文学を発達せしめたのはペルシャ人である”とさえいわれる」


9/16

.


3684 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:24:14 ID:1l75ttVU





       「うんじゃらうんだらやってるうちに、なんとか言語や文化の換装を終えることができ、

              その結果ペルシア世界の言語は階級によりはっきりと別れることになる」



                         / ̄ ̄ \
                      _,ノ ヽ、,__   \
                      (●)(● )    |
                        (_人___)      |
                         '、       │
                  <二ニヽ        |
                     /-‐   `i 、 ___,. イ i
                     {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
                 しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
                   ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
                     「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
                 /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
                    / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
                 / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
             ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ



               「これにより上層は外来のアラビア語を用い、

                   下層は土着のペルシア語を使う、ということになったわけだ」


10/16

.


3685 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:25:18 ID:1l75ttVU



            「ところで、出自はともかく世に出てからはクッソ上流階級の上澄みであるところのハイヤームが

              ペルシア語四行詩のルバーイイを詩作した理由もここにある」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。

                           ‐- . _
                -=ニ三 ̄三ニ=-     `ヾ≧ 、
             /   -‐==≡==-  ミメ、  ヽ: . )
                . : . : . : . : .:_,..xrz== ―-- 、 }:/
          /  . : . : . : . :,.ィ劣㌢´         )ノ/__
            / . : . : . : ._ィ升i/"           ヽ⌒ヽ
         ; . : . : . : /⌒> '〃        /    ’  }
  _      | . : . : .:〃⌒Y :/    _.>x._  //     }
  寸≧x.   !.〃彡{{i:::::::il :i  ー===彡' `刈ュ     /  i
   守三ニ≧x、:. . :〃|::ゞ=イ :li :〃 `{^℡、ミ ,′  、 〃 , :|
    '守三二ニ‘,. :从::己j :八{ !  ゞ込。》゙| !    `X / /  :!
     ヽ::::::::::::::::}. : .|. :ゝ._|: . l |       N  ∠ / /   :.|
      }:::::::::::,ィfヽ: |. :|. :||: . | |         j }/(沁/ /   i |
      {::::,ィ劣//.:|. :|. :!|: . 八!          { ` 7 /   i l
  _______,>三/ .: . :|. :| И: . |    _    ´   /イ   ,.  i |
く三三三三才´/.: . .: ;| :! !: . ト、     `'     .:    イ  ハ!
 ヾ少":::// 〃. : . : ,′| | |:. .小 iヽ.     . イ: . / |i /
  }::::/:::/ //: >'´//: | l |:. .  | }厂`¨マ爪 i|`¨7/   |l /
  ×::::x ≦´    /イ: : l l !: .   レ' ∨ヽ. | i| /′/´ ̄j/_「i
./  〃       |: : :l !j : .   |  ̄V∧l i|ヽ  /  / {  lリ
  /,′       |:_:_从!: . i |   ‘ .Ⅵ|. ∨   ヽ.} {
//i         /: :|: . 八{    .::ヽⅦ  {    ノ  ’
/. : |         \: :|: /\=‐- .: :   ハ} ヘA        }
:.: . : .|           ,′/`| /: : :..\    丶:. .:∨ハ‘,    ′
:.: . : .|         i/ : : |:{\: : : :.\.   ヽ: :Vハ:.、_____/_
:.: . : .|          |.: .: : : |j|:::::\: : : :.\   ‘,i: :}: .ヽ:::::::::::亅
:.: . : .|、 ___ _ ___,.|:.:.. :. : リ|::::::::::|>、: : :.\.  }:j :ハ: :.‘,ニニ|
:.: ./l、::::::::::::::::::::::::,.!、:.:. : : : |::::::::::| : : :>、: :.ヽノ レi::::ハ: : .ヽニ|
/  |三三二ニニ |:.:\:..:. .:|::::::::::|: : : : : : :`ヽ∨: |:::::::!: : ノ三|
    |三三三二ニ |:::::::::≧=|::::::::::| : : : _,. イ : : : : |:::::::| /三ニ|



〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。




                   「つまり『お上の目に触れないように』ということだ」


11/16

.


3686 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:26:04 ID:1l75ttVU



      「そして、これもまた重要なことなのだが、

         ペルシア語を用いる下層の人間たちの間では読み書きはほとんど行われない」


         「つまり、口の端に乗せて大いに詠ったとしても

            その場で聞きとがめられることさえなければ何の処罰儲けようはずもないということだ」



。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。

                     , -‐- 、
                        f r ⌒ `
                      弋 、_
                      ≦ ≧  ̄ ミ  、
                    /     ,′  ハ  ヽ\
                 /       ,.l
                    ′ ./    / !     ト、 ',   ',
                オ  ,′  ./ |    l ヽ
               / i!  l   /- 、!    ム-‐ ∨  | l
                 i! {  | .,.ム ミ ',  .,'≠ ‐ 、',  | |
.              __', l 弋て夕 .ヾ,/´夊歹,ゞ   ハ.リ__
                Ⅵ三|.}ハ刈 ー‐ ´ ∨   ー ´|  オ三Ⅳ
               ',-‐  l从. //ハ  i  //ハ ハ / }‐-/
                  : : : : |  、.  ーr┬r '  ,  |′: :/
                  ヽ≦l  |.ヽ  ゝノ   ィ:}  l≧.7
           、- ―― ´: : |  l: :|. ` . ー . ´. |:ハ .|、:`: . ―. .-. ァ
           ` 、 ―― ,゙オ  l: i!  . . . . .  l': :| | ヽ ― -- 、 ´
              ,′   \:|  |: |‐- 、 , - ‐.l : | | /     ',
                /:|  |: l       | : | |:`ヽ     l
             |       l: : |  l: l       l : l .l: : :l      .|
           l       ',ハ  !:.', :. .::  l: :| l: : /      ,′
              ',. -―― ‐  、.  Ⅴ  i!: :| |: :ハ
          /_ /     _.    .|   ハ 刈 !/: : ', D ,′
         /ォ´/ / ォー―: ´ヽ:` 、   `  、 : : ノlリ: : ο:}  ,′
        |`/ /:| || |:|. ',: : :Ⅶヽ \      <:.:.:.:.:./
        |: ¨: : |ノl,ノ:|. . ヽ :.:.:Ⅴ会、ハ. 、       `ヽ′  ,
         乂ニニニ乂. . . ..`.ヽ_Ⅵ_㍉∨: ヽ.      ヽ ム _
             / ハ          ` ーヽ       . .  ≧-、
       ___./__.',              :\    /. -‐ 、`ヽ ',
                ー―――――: : : : : ; ̄: :ヽ.._/-‐: :´: ー-.^´
〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。

       「その上四行で完結する簡便さ、韻を踏むという楽しさもあり、

         市民の識字率は低くとも、ルバーイイをくちずさむ者は多かったことだろう」



      「参考までに、ペルシャ文学、ペルシャ的思考のすべての源泉といわれる『王書』は六万句ある。

        この王書を一句も諳んじないイラン人はいないといわれているが、日本でいえば四書五経の扱いになるんじゃないかな。

            一方、ルバーイイは狂歌、落首、都都逸など、気楽な民衆芸に近いだろう」


12/16


.


3687 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:27:17 ID:1l75ttVU




           「さて、時計の針をぐっと進めていくと、

              ルバイヤートが生きた世であるセルジュク朝もやがて滅びの時を迎える」



                   「1157年に内紛を起こし、その後モンゴルに叩き潰された。

                       それはもう徹底的に叩き潰された」

            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



           「セルジュク王朝の都メルヴを襲ったモンゴル軍はまさに残虐の限りを尽くし、

             メルヴに暮らす人々を惨殺した。

               メルヴは、ハイヤームたちの名を刻んだ天文台が作られていた都だったのを覚えているだろうか」


13/16



.


3688 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:27:53 ID:1l75ttVU



           「このメルヴの惨劇の中で、一つの伝説がある」


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。



              _  '" ̄- _`  、
.            /,.-、,.-‐ 、  `ヽ. ヽ
           / .{    u. iヽ    '   ',
.          /'i  !-   ‐-!-. ',  l  、
.           {i l !rヽ   r lヽ. l l .l 、 ト、
         ヽl |トソ    ゞlイ ! !.ト } ! )
         l リ  ,     l l !  l'./ |
          | 八     ' ! .l l | ./{
          | l. ヽ ` ´  ヽ.| .ル' ; ノ
            乂 、 .r -  <从 .{  !
             ヽ_j  ̄∨ ̄ 乂 {
          _ ‐ /l ー- l! -‐ l ヽ 、
      , ‐  / ' .l::l. 人  l:::::!.  ',    、            【イズ・アド・ディン・ナッサバ】
     /    / ,  !::!  Y  .|::::l    ,    \
.    /     '  :  l:::!(. {.} )!:::l     i       ',
    '    ;     .l:::l.  Y  .l::::!    l        i
   i      l     .l:::l 、 〈〉 ,. !:::l    .l       l


〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。


          「百万人ともいわれる死者をだしたメルヴの惨劇を免れたイズ・アド・ディン・ナッサバというサイヤードが、

            徹底的に破壊され、二十一世紀に至っても復興がなされていないイスラムの『遺跡』と呼ばれるようになる

             メルヴを歩いたという」



~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

サイヤード:マホメットの直系子孫のこと。



14/16

.


3689 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:29:05 ID:1l75ttVU




       「この世の地獄かと思われる瓦礫と灰と死体の町をあるきながら、ナッサバは」


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o。。o ゚〇゚ o。

                   _       _
                      ´        `   、
.                /               ,.へ、ヾ`-‐ 、
             /       /   '   /―-,ヾ=ニ'   、
.             /            /   /    /'    ',   、
           /   /      /   /   /      l
            '  ,     .i  .:   '__ニ-、!      l   ',
.          l ノ   ,. 、 !  !   んハヽ l!    ,...、l    ,
.          l    / ' ヽ !      ト、zソ  l!  ,ィ=-、`!   .l.l
.           |   、 .{ :' !     |      l!  .じ' ノ ,|  ! l !
.           l    ヽ ー.!     |.      ll  、   小 :| |.l
         l   i   ーl      .|       リ  /  .;::!  :| :リ
          l   l    | i      |     /     ,:::!  .| ノ
         ,         .| l     ! .l    -  、   /:::!  .|
        , /  i   ,イl l    l |.          ,:::::::|   |
       ノイ   l   l !.!    l |       イ:::::::::|   |
          | .l ! i i.lー|.l    .| |  ーr- ..イ:::l::::::::::| .i.|
.           V、 l l| !|`jハ  ; .l i|ー-ヽ:::::::::j:::l::::::::::l .j |
           /ヽ {.}.人ノ }  j ハ ;リ__ .ノ}:::::/!::l::::::::/l ノ.l
  _  -‐ ´/  '{j/    j ノj./ ソヽ: : : :l';:/ ル:::::/ .|i /
´          ト 、       ´ ノ    '; : :.l V_ jハ( jl /
         ヽ  - _          :,: l  | > 、 '´
          \    -  _      V  ノ      \
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄..  いまなんとか合わさっている酒盃のかたわれ                    ̄|┃
┃|                                                    |┃
┃|    のんだくれとて勝手に毀してはならぬ                       |┃
┃|                                                    |┃
┃|    おびただしい数の上品な頭や、脚や、掌、                    |┃
┃|                                                    |┃
┃|_..  誰との愛を成就させ、誰との憎しみで破局に導かれしものやら。.    _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛


〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。



                    「このハイヤーム作のルバーイイを口ずさんだ、ということだ」



15/16

.


3690 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:30:00 ID:1l75ttVU



                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |  u.     、'            「さて、少し長くなったが、これで終わりたいと思う」
                 |       |
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }          「これから第五回目の制作に入るんだけど……
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、            間に合うかなぁ」
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }               「むりかなぁ」
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '



都道府県:長崎県

指定駅:島原駅

16/16


.


3692 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:30:55 ID:1l75ttVU

以上になります。

ありがとうございました。


3697 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 21:33:56 ID:ju29kdcQ

投稿乙

ルバイヤードは誰の翻訳がお勧めなのかな


3700 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 21:34:52 ID:u.qXMess

>>3692
乙でした


3707 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 21:37:41 ID:1l75ttVU

>>3697
おすすめということであれば小川版を提案します。
先ほどもちょっと話に出ましたが青空文庫で読めますし、解説も丁寧です。
この投下の内容の結構な割合も小川版からの引用だったりします。

で、投下内容を読み直していただいて「あれ、この引用小川版じゃないな」と気になってほかの本に当たりだしたらあなたもルバイヤート中毒の第一歩。


3711 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 21:40:30 ID:ju29kdcQ

>>3707
ありがとう!小川版買ってみます
青空文庫も落としておこう


関連記事
[ 2020/09/23 23:47 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
目次 METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ (10/31)
  • METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ 第1章《焔継ぐもの》 第2話「彼等の行方」 (10/31)
  • METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ 第1章《焔継ぐもの》 第1話「レゾンデートル」 (10/31)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #93 (10/31)
  • 国際的な小咄 おまけ 吉村知事がもしはめられたとしたら (10/31)
  • 国際的な小咄 おまけ そこをいじらんと行けないのか (10/31)
  • 国際的な小咄 おまけ 簡単な実際の人物のアバターの決め方 (10/31)
  • 国際的な小咄 7693 ひぎっ!? (10/31)
  • 国際的な小咄 7692 こんなかんじ (10/31)
  • 国際的な小咄 7691 朝鮮人参の扱い (10/31)
  • 読者投稿:乗り物酔い (10/30)
  • 読者投稿:沖縄の悪循環 (10/30)
  • 読者投稿:ズボラな人の淹れ方でお紅茶をキメよう! (10/30)
  • 読者投稿:できる夫先生! 休め!!! (10/30)
  • 読者投稿:本来、紅茶はもっと気楽なもの (10/30)
  • 読者投稿:R18ゲーム的な小咄「エロゲメーカーとスタッフについてのつれづれ」 (10/30)
  • AAで学ぶ人の死基礎 後編 (10/30)
  • いきものがかりたち 医療が勝ち過ぎた 他 (10/30)
  • やる夫王子の暇つぶし 第15話 (10/30)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第二十五話:聖杯戦争② (10/30)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第二十四話:聖杯戦争① (10/30)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第二十三話:亡霊 (10/30)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第二十ニ話:終わりの始まり (10/30)
  • 国際的な小咄 7690 ええ……女子、らしい? (10/30)
  • 国際的な小咄 7689 マジだぞ (10/30)
  • 国際的な小咄 7688 日本の唐辛子 (10/30)
  • 国際的な小咄 7687 うちの職場のオンライン昼休みに話題になった (10/30)
  • 国際的な小咄 7686 悲しい話をしよう (10/30)
  • 国際的な小咄 7685 VANKさんですねわかります (10/30)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ33「イエロウ・ウィンド」 その3 (10/30)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ33「イエロウ・ウィンド」 その2 (10/30)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 53 (10/30)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 52 (10/30)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ レヴェリー (10/30)
  • 読者投稿:維新で信用できるのは橋下氏と吉村氏のみ (10/30)
  • 読者投稿:軽い民医連ネタ (10/30)
  • 読者投稿:介護施設でできる医療行為とそうじゃないやつ (10/30)
  • 読者投稿:私怨だがタバコは止めて頂きたい (10/30)
  • 読者投稿:池波正太郎先生ゆかりの店:大阪、名古屋 (10/30)
  • 読者投稿:自分が出会った有名人 (10/30)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 番外編 2020年「ドルティー・マリー婦人のお店屋さん」 (10/29)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第二十一話:Like Dream (10/29)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第二十話 【非ず/NOT】 (10/29)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第十九話:NOT (10/29)
  • やる夫は聖杯を落としたそうです 第十八話:Thaumiel (10/29)
  • 国際的な小咄 7684 HERENDについて、イギリス人に聞いてみた (10/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 昔の自分を見ているようだ (10/29)
  • 国際的な小咄 7683 あ、はい (10/29)
  • 国際的な小咄 7682 フランス人厳しすぎて草 (10/29)
  • 国際的な小咄 7681 見ろ、これが新左翼の思想方法だ (10/29)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/9)
    ※完結作品は集計した前の月(8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1やる夫の現代ダンジョン1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3あさねこの小話空間3異世界食堂できない夫
    4気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部4華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5ローグライク異世界転生
    6やる夫は魔導を極めるようです6やる夫はソロハンターのようです
    7あんこ時々安価で鬼滅の刃7やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    8白頭と灰かぶりの魔女8やる夫博士とゆかいな仲間たち
    9やる夫たちでソードワールド9やる夫は恋を応援するようです
    10できない子とSCP10ドクオが異世界転生したようです
    11ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1111やる夫はギルドを経営するようです
    12アカガネ山のやる夫12召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    13デーモンスレイヤー13レベルを上げるスレ
    14やる夫がアイドルになるようです14コンピューター様、情報更新は義務です!!
    15やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです15証言と証拠は安価とあんこの後で
    16それ行けサイヤ人やる夫!16アメリカンヒーローアカデミア
    17やる夫は駅の記憶を集めるようです17やる夫はLVが上がらないようです
    18ご加護なカンジ18金欠ほのぼの冒険物語
    19やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです19やる夫は男子校?に通うようです
    20森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20やる夫たちは三連星(代理)のようです
    21やる夫は仲間達と冒険するようです21やる夫の野望
    22やる夫がロードバイクに乗るようです22二人はヒャッハー世界の何でも屋
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    24新やる夫はスライムベホマズンのようです。24オーバーあんこ
    25◆25NC1ovscM総合25めぐみんの楽しい独身生活!
    26やる夫達は人間ではないようです26やばキャン凸
    27【新訳天庵記】やる☆おだ27ダンガンカオス
    28ロケッ都団が征く!!28STALKING!!
    29やる夫は竜の人財のようです29カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    30IT業界のやる夫さん30できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    31英雄を作ろう!31主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    32正義屋さん32やらない夫とたぬきの嫁入り
    33やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです33やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    34いきものがかりたち34魔法使いはオタクばっかり
    35翠星石の『細川煩擾記』35食事処 ~やる夫の大釜~
    36やらない夫は集われるようです36ダンガンあんこ
    37そんな二人は同棲中37やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    38魔女はやる夫になるようです38できる夫達は呪われた地で抗うようです
    39人形使いできない夫の旅路39怪獣育成日記
    40やる夫たちの4コマシアター40ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング