スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:ルバイヤートな小咄 その1~そもそもルバイヤートって何よ~

目次 国際的な小咄

2928 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:23:37 ID:1l75ttVU



____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ルバイヤートな小咄 その1~そもそもルバイヤートって何よ~
____________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         「特に強い目的もないけど、今回ルバイヤートを紹介していきたいと思う。

               あえていえば布教目的か?」



                               「投稿者の自スレで解説役やってるので

                                   手になじんでるキャラとして俺が起用されたが」
             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |            「もちろん農学のあの方とは別人だということを
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、               まずはご承知おきいただきたいだろ」
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v              「あちらはスーツ来てないからセーフ理論。
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}
                                               そしてきっと農学の人は怒らない(一方的な信頼)」



1/6

.





2930 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:25:07 ID:1l75ttVU




    / ̄ ̄\              「禊をすませたところで本題に移ろうか」
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃               「今回は”ルバイヤート”とはそもそも何か、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉                    という話を簡単にしていきたい」
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|                     -------  ──       ──── ---──  -- ─
                              , '"´   元来の意味はペルシャ語の四行詩『ルバーイイ』の複数形、    ヽ
                             /                                              \
                            ′      それが『ルバイヤート』なのだが、ここでは特別な注釈がない限り    ヾ
                            i                                                  i
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚. {.         セルジュク時代のペルシャ人オマル・ハイヤームが                 }
                            i                                                  i
                            丶      創ったと『される』四行詩の総称のことをさすと思ってほしい        /
                                   ─ ───  -- - ----  ──────  --   ───   ´
                 , ―==――--
ー――---、        / /                              '"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       \       l  /                             /                             \
ヽ 〉〉 〉ヽ λ ヽ      、 ヽ            <心               なお、ハイヤームの読み方として『ハイヤーミー』   ヾ
::t // /-/ /_| .|       > フ――――- 、    ヾ 〈            i                                 i
:::´::l |:::::ソ::::ヽリヽ     ´         \ \    | |.           i..゙『カイヤム』『カイヤーム』などのブレもあるが.     .i
::::::::`":::::::::::::::::::::::::ー-' __ i        、 \ \  | |.           i                                 i
_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   / _∧    ヽ ',ヾ ヽ | |            ここでは『ハイヤーム』とする                   /
  ≧ー- __ノ/ ̄  t--- '   ト .T二ヽ―-- l マムy/               ─ ───  -- - ----  ──────
/     `ー、ノ l  i  | ィ'´ヽヽ  | ', |ス tj Tヽ l | レ7/
          |  l / .,tォミ ヽ | ヾー=='-メ' | l | `|
          |  Y .V ヽツ   \ :::::::::::::::::V  イミ|
          ', i  .|\ー'::::::::::、:::      |  / |ヲ            『名前のほうもオウマだったりなんだったりする』
           ヽ\ヽ |`    r==、    // .|  __
             ',` ヾ     | ,-,‐ヽ //  /三三三三三
             _」  \   ∨  ノ  イ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ―
       _, ――‐ヽ  弋>、 ヽ_ノ__/ /  /|≦三≧ュ_
 ̄ ̄ ̄ ̄         \  \: :ヽ    l  / l: : :ヽ三三三≧
                 ヽ  ヽ: : ト、   | イ  ヽ4: ∧三≧、三
                  ',  ',: :ト、.   |  |    ∨∧≦三マ
               l   ∧  l: | ヽ |  | ----∨: :ゝ `
―――――――--   l  /: :| | .|:/    l ,、|     .K: :|
        ∨三/ヾ  | /:く´| || 〃    レ'リ     |: : \         【オマル・ハイヤーム】
          ヽ/,仼  /: : : ',ソ ソ     i      、|: : /
          ,仼//: : : : : :|/      |       ヾり          ※実際は男です。ただこいつ以上の適役がいなかった。
          `>': : : : : : :/        }        \

〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。o ゚〇 o。o ゚〇 o。


~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

ハイヤームの本名はギヤース・ウッディーン・アブル・ファトフ・オマル・ビン・イブラーヒム。
『ハイヤーム』とは『天幕づくり』のことで、ハイヤームの父がこの仕事に従事していたためにこれを号した、とされる。


2/6

.


2932 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:26:36 ID:1l75ttVU



         「ハイヤームが創ったと『される』という言い方にはもちろん理由があるが

             ひとまずは脇においておくことにする。解説するとしたら続編でということになる」


                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!



             「で、ルバイヤートは、ペルシャ文学の中で

                 世界に最も知られている作品だ、といわれることが多い」



                    「実際、英語、日本語、ロシア語はいうに及ばず、

                         ラテン語、ギリシャ語、中国語エトセトラ、

                              



~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

ルバイヤートの翻訳が行われた言語は

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、日本語、中国語、ラテン語、ギリシャ語、スペイン語、

ポルトガル語、カタロニア語、バスク語、オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、

チェコ語、ポーランド語、ハンガリー語、ロシア語、アルメニア語、ゲール語、ウェールズ語、ローマニ語、

ウェルシュローマニ語、アラビア語、トルコ語、ヒンディー語、ウルドゥ語、ベンガル語、オリッサ語、グジャラーティ語、

マラッタ語、ヴォラピュック語、エスペラント語、シンディー語、パンジャブ語、セイロン語、テルグー語、

ラムヤム語、マン島語、アイスランド語など、らしいですわよ奥様。


3/6

.


2934 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:28:09 ID:1l75ttVU





           / ̄ ̄ \
           ⌒ `'⌒  \            「日本国内においては、最も早くルバイヤートを紹介したのは
             |(⌒.) (⌒ )   |
          |(__人___)    |                小泉八雲が行った帝大での講義において、ということになると思われる」
              |         |
              i          |
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :         「作品としての登場は、明治四十一年に蒲原有明が英訳に基づいて
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i            六篇を翻訳したことを嚆矢とする」
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i





~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

※蒲原有明(かんばら-ありあけ)

明治八年(1875)~昭和二十七年(1952)生没。
詩人。
著作として『草わかば』『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』他。
本邦における象徴詩人の一頂点であるといわれる。


4/6
.


2936 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:29:12 ID:xdKoBn4.

たしかアルスラーン戦記で単語としては出てきてたような>ルバイヤート


2937 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:30:07 ID:1l75ttVU




                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)           「蒲原版を皮切りとして、日本語でのルバイヤート翻訳は
                  |        、'
                 |       |             竹友版、森版、堀井版、小林版、長谷川版、澤版、矢野版、蠣瀬版、田辺版
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´                 荒木版、大住版、黒柳版、徳沢版、赤木版など様々な人物によって
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_               度々繰り返されていく」
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、          「ただ、多くの翻訳は英国人エドワード・フィッツジェラルドによる
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,           ルバイヤートの英訳版を日本語化したものになり、
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '            原典であるペルシャ語からの日本語訳は、

                                             上記の中では小川版、荒木版、黒柳版くらいだ」


                                            「とはいっても、ペルシャ語の方でも

                                                  様々なバージョンがあるんでこれまたややこしい」


~読んでも読まなくても特に問題のない注釈~

※エドワード・フィッツジェラルド(Edward - FitzGerald)

1809年-1883年生没。
イギリスサフォーク出身の翻訳家。
もともと裕福な家柄なので必要に迫られての仕事はほぼなく、仕事上の業績は多いとは言えない。
好きなことしかやってない変人なので、翻訳家、詩人というよりもディレッタントと呼ぶのがふさわしいとも思われる。


5/6

.


2938 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:31:17 ID:1l75ttVU



          「……といったところで、ルバイヤートとはなんぞや、

              と簡単に紹介してきたが、今回はこれくらいにしておきたいと思う」


                                              / ̄ ̄ \
                                              __ノ `⌒   \
                                                (●).(● )    |
                                             (__人___)    |
                                                 , =二ニニヽ、   |
                                               /  二 ヽ、`,┘   ト、_____
                                               /   -、 }、j┘  イ// : : : .`' ー- 、
                                          /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
                                             _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、
                                            / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'
                                            : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
                                          ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
                                          ,' : : : : : : : ハ : : : :',i::::::ii : : : : : : : : : :.| : : : : : :/|
                                    ,' : : : : : : : /. :ハ : : : :',:::::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
                                        / : : : : : : :./ :/ V: : : : ',:::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|


                  「次回のテーマは『ルバイヤートの世界』を扱いたいと思う。

                        それに先駆けてルバイヤートの中から小川版より一篇紹介しておこう」



  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄            恋するものと酒呑みは地獄に行くという               ̄|┃
┃|                                                    |┃
┃|              根も葉もない囈(うわごと)にしかすぎぬ                |┃
┃|                                                    |┃
┃|              恋するものや酒呑みが地獄に落ちたら               |┃
┃|                                                    |┃
┃|_            天国は人影もなくさびれよう!                    _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛


6/6

.


2939 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:32:27 ID:1l75ttVU

ありがとうございました。
続きは内容をチェックして正午ごろに投下する予定です。


2942 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:35:25 ID:1l75ttVU


とりあえずテンプレに従って
都道府県:香川県
指定駅:観音寺駅

青春デンデケデケデケ好きなんで


2940 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:32:50 ID:URrijS9o

おつ。
ペルシャの文学といえばアラジンと魔法のランプだと思っていたから、
ルバイヤートが一位っていうのは違和感ある。


2941 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:33:27 ID:.qWgxN2o

導入投稿乙
ハイヤームさんは超一流の詩人なんかな


2943 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:36:29 ID:5K3Wid.Y


小説の翻訳家は大変なのはわかる、詩の翻訳はよくやれるな


2944 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:40:09 ID:ju29kdcQ

投稿乙
ルバイヤートはハイヤームさんの4行詩集でいろんな言語に翻訳されてるベルシャ文学で一番有名な詩集なんやなー(脳死的反応)


2945 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:40:30 ID:RRQ1I1vc

ペルシャで飲酒者を持ち上げるのはいいのか…と思うが
飲酒に厳しくなった革命以降(1978年)のイランの印象が強いせいか?


2946 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:45:37 ID:xdKoBn4.

>>2936で書いたけどアルスラーン戦記だと四行詩って書いてルビがルバイヤートだったから
てっきり「俳句」とか「短歌」みたいな作品の形式を指す単語だと思ってたわ
特定作者の作品集だったのか


2948 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 11:53:40 ID:1l75ttVU

>>2946
いえ、四行詩ルバーイイの複数形がルバイヤートです。
ですので四行詩とかいてルバイヤートでももちろん(単数複数を除けば)あってるんですが
文学の歴史上ルバイヤートといったらやはりハイヤームのこれになると思います。
そのあたりは個人的な認識をそれぞれ持って全然かまわない部分かと。


2953 : 尋常な名無しさん : 2020/09/20(日) 11:58:02 ID:ju29kdcQ

4行詩(ルバイーイ)
4行詩集(ルバイヤート)
ルバイヤート(ハイヤーム氏の詩集を指す)

こうなのか


2955 : ◆bn0Dp4gWLs : 2020/09/20(日) 12:00:40 ID:1l75ttVU

>>2953
四行詩集を意味するルバイヤートという言葉の代名詞がハイヤームの詩集、って感じですかね。

反応ないので続き投下します。
よろしくお願いします。


関連記事
[ 2020/09/21 23:39 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(3)
126274 :日常の名無しさん:2020/09/22(火) 01:26:20 ID:-[ ]
ルバイヤートの解説別のスレで誰かやってなかったっけか。
126302 :日常の名無しさん:2020/09/22(火) 09:07:41 ID:-[ ]
ヤバいルート?(難視)
やらない夫君、遂に裏仕事に手を染めたの?(違う)
126384 :日常の名無しさん:2020/09/22(火) 18:18:06 ID:-[ ]
ハイヤームのルバイヤートはニコ動の奇書の世界史で知った。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 更新リスト (06/25)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その五 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その四 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その三 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その二 (10/02)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十一月 その一 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その34 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その33 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その32 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 後編 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 前編 (10/02)
  • 読者投稿:注射嫌いの健康診断 ~ なんか頭に引っかかってたことを思い出したので消化しておく / あるいはどうでもいい考察 ~ 動画チャンネル紹介 : Bertram - Craft and Wilderness / キツネ (10/02)
  • 読者投稿:サイクリング (10/02)
  • 読者投稿:なぜ女子高に腐女子が多いのか ~ 国際医療ネタ「健康診断」 ~ コロナによって変化した看護手技 (10/02)
  • 読者投稿:変態の巣窟 ~ 偏差値70overの高校の姿か……これが…… ~ シンクタンクイズ (10/02)
  • 読者投稿:北東北の小咄:その略称はどうなの!? ~ ギャル夫ぷれぜんつ 盛岡外食紀行(21~24) 宮沢賢治ゆかりの井戸と盛岡の美味い蕎麦屋 他 (10/02)
  • 読者投稿:中身は社長さんからもらってくださいね ~ 実務家はマスコミに叩かれる ~ スマホ更新 ~ デジタル献花 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その31 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その30 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その29 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その28 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その五 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その四 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その三 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その二 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その一 (10/01)
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!