スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/16
ジェイガンなアリス
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

読者投稿:ファクトフルネスのすすめ

目次 国際的な小咄

9610 : 尋常な名無しさん : 2020/09/07(月) 03:18:27 ID:ovfX8Rjs

急にネタが降ってきたので12スレほど借りてもよろしいでしょうか


9611 : 尋常な名無しさん : 2020/09/07(月) 03:19:02 ID:ovfX8Rjs

スレ…?いくら書くつもりだよ!
レスの間違いです


9612 : 尋常な名無しさん : 2020/09/07(月) 03:25:17 ID:XK10PA7U

イッチなら12スレでも歓迎しそう


9613 : 尋常な名無しさん : 2020/09/07(月) 03:32:36 ID:QJPBjYcE

なお管理人からは怒られる模様w


9614 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 03:40:04 ID:ovfX8Rjs




                        r'´`ー、
ー.、      __  _             `i ̄: `<)
: : : l       ( ヾ}: : :`ー-.、      /:,: : : : : ヾ、
: : : `ヽ、    _フ /: : : : : : : : `ヽ.   r'‐': : : : : : :l {
: : : : : : `ー-}_ /: : : :ー‐--:、: : ><: : : : : / : |__)
`ヽ、__: : : : : :<丶: : : : : : ;.:-‐`‐ゝ-∠_ー': : : : l、
、    ̄ ̄ア(.ノ___;.-'´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、-tニへ.     12スレとか個人でスレ立てしてもやれる気せんぞ…
::`ー---‐'´:.:.::::::://::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::::::::ヾ': : : : :ヽ
`ヽ、__:.:.:.:/:.:::/;:/::/:::::/;イ::::/ |::::i: : :.:::::u:::ヽ: : ┌'    では、夜中ですが人もいるようなので始めさせていただきます
,..--‐‐`'´:.::/:::/:|::/:::::∠∠//  ,'::/:::::::l::::::::::::::ヽノ
-──‐ァ'´::::::/:::|::|::::;イ/rニ<、`  /ノl::::∠}::::::::i::|::::l´     タイトルは、『ファクトフルネスのすすめ』です
   /:.:.:.::/::.:.:l/レ': |{|h::::l`  /' // ,イ::/:::|::l:::::iヽ、
-‐‐'´_;.:::イ::::.:.:.:./┴、:ハ `- '  ,  ´、_/イ://:::i::l
;.-‐:'´::::∠:--‐‐'`-ァ、.ハ   r‐-、  ``フイ/l:./l::.:|/      別に深い意味はなく、
:.:.__/二=-:.:.:./∠:.:.:::ヽ、 ー'  ,..イ‐‐'</:/:.:.lヽ
/:.:.:.:.`ヽ、___/rl´: :ト、__;、| ` ‐ <:.:.:>‐-//::.:.ノ|:.ヽ     ただハンス・ロスリング他二名著、『ファクトフルネス』をオススメするだけのものです
;/:.::::__/::::::::::< {: ヽ: : : ヾ'   _Lァ´:.:,:.:トt';:/ l/
l:./∠-‐-、,-二ゝ、|: : _ヽ,.-三-:.:.:.:,:イ:/ノヾ:、         勢いのまま書いたものなので、個人的な見解を多分に含みます
´ ̄_....  _ヽ   ̄`=-<´フ´:.:._;.</' 「`{
コ└‐‐‐' ヾ:|       /-<´__r‐ニ--'  |         ですので、既読の方は補足やらを入れてくれると助かります
ー-、__  _.ヽ.  / / |: : : ヾr'イ ,.ヘ__,..-`---、__
  r=- >‐=ニァY`Y ´   l: : : : :[l: {ヽ.ノ'   r‐--、  `ヽ、
ァ/´ ̄,アーァ',':_: :ヽ、 / : : : r、: |ノ/ __   ̄` '   ,、   |
人_∠__ノ「´,.」_l」: :__: : : : : :_<ノ;/': | //       ヽヽ ヽ
       ヽl  }: : : :`ヽ、: :l」: :ll: : :ヾ' ー 、       `'ヽー}
  ,..-‐ァ/l |__/: : ‐-: : :`ー-; :_:/ ヽ   ヽ.      人 ノ   あと、誰かとAAがかぶってたらごめんなさい
' ´  /'´ }_ノ: : : : : :L___: : :': :ヽ   |          |  「ヽ
   ',..-‐'´: : :/: : : : : : : `ー--: : : :ヽ. l     ヽ、   l、ノ‐'
-─': : : : : /: : : : : : : : : : : : ; : : : : : :V        ーヽ
: : : : : : : /: : : : i: : : : : : : : /: : :/: : : :ヽ          ヽ、__





9615 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 03:44:09 ID:ovfX8Rjs




        r'T"´`ヽ、            ,. -rァ
        r'7:./:.:.:.:.:.:.\        /.:.:.:.i:.!,」
       r'7:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.,,___   ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.! (
       「/:./:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-ヽ.,/:.:.:/:.:.:l:.「 !
      r'ン:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''"´ ̄::`ヽ`>'、:.:.:.:.:.:.!コ
      L!:.:.i.:.:.:.:.,.::'´::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::'"´`ヽ!」、    まず、本書のタイトルですが、ファクトフルネスとはこの本の著者が考案した造語で、
      !ヘ:.:.:.:./::::::::;:':::::::/:::::::;':::::;:::::::!::::::::;::::::::::Y
      /ヽ!ヽ/:/::::::::/:::::_/___:/:::::/!:::::;'::::::;ハ:::::::::::',>    特に学問の専門用語というわけではありません
     ,'::::/:.:;'::;':::::::::;':::::::/___/!_`7 |:::/|ー/-:!、::::i::::i
     /:::/:.:.:!_レ、;___L_/i´ !┘ i` レ' .レ'rァr'、!::::!::::|    まあ、著者の一人は偉い学者さんなので専門用語といえば専門用語なのかもですが
    ,':rイ:.:.:.:.:!;'::::|::::::| ヘ.  '、_,ノ      !' ! !7r'ヽ!
   .,:'::ヽヘ、___!:::rト、:;_;!.  `'ー      , `´ノi/!:.:.:',
  /::::::/`ー^ー';::`i`ーi '"'"     _    ,., レ^ヾコ
  ,':::::::;':::::::::::::::ハr!____,ト.、      '´┘     ,ハi
 .i::::::::i::::::::::::::,':::i`rー‐i':::::`i. 、.,     _,. イ_,ム!
  !::::/!:::::::::;:イ::::::::|:::::::|r'イ`ヽ、 `"T"´i:::::;|:::::::|
  V  ';:::::/:::!::::rく|:::::::| ヽ   >rィ'^ヽ、:::::!:::::;'
     V '、::レ'´ヽ';::::::ト、.,_____,.イムヽ  >:|:::/
       r7    ヽ;::!:.:.:.:.:.:.:./ / ハーヘハ、|/
      i´`' ー--‐='i':.:.:.:.:.:.:/ ,'  i ';.:.:.Y´i
     /` ー -- '|:.:.:.:.:.くヽ、.,___,,.ィヽ;.:!-'ァ、




         riー、             , ‐iァ
         7!  \          /  !「
        」i    \ ___ /    i7
        r!  `ヽ,,...-::´:::::::::::::::::`::‐...,,ア´  !ュ
        7i  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  i」
        L7/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::',L7
         /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::',
        i':::|:::::::::,イ-‐-|、 /\,|-‐-/、:::::::::::|:::|
       ./|:::レ::;ノ レi/レ'   \/  レ、;:::::」:::|',
       / .|::::::|  |〒テ〒=   〒テ〒=|  |::::::|. ',
      ./  |::::::|_|弋_ソ    弋_ソ  |_|::::::|  ',    この本書が何について論じているかと言いますと、
      `ヽ|::::::|::::::|`i //////i´|::::::|:::::::|./
        |:::::|::::::|ヽ ̄`ヽ、‐ r ´ ̄.ノ|::::::|::::::|      「錯覚」について論じているのだと私は受け取りました
        |:::::|::::::|、 ` l  i‐‐i  l ´ , |:::::::|:::::|
        !,.-レv、,! 、 l、 l- -l  ,.l,r‐-レv、,!::::|      いきなり私的見解バリバリですいません
       //    }/l .l  l ー' l  l l   \\::|
     //     / l .l l ハ l .l. l',    \\
     ',      /  l .l l/  ',l l. l \     /
____',         l .ll__l l. l       /____
       \        l .|     |. l      /
        \_____|    |____/




  ,rィ'ヽ、-''´\
  |l、  ヽ___!l
  7:!. _ /´::::::::: ̄`ヽ、    といいますのも、本文中では「本能」という文言に包括されているこのワードですが、
  |ノ`7::::::;::::::::::::l:::::::::',
  7レ'l:;;;;;':;;─-'´ヽ::::l:::l   こちらの方が本書の中で語られているものの性質をより端的に表していると思ったからです
  ,'::::::'i:::lコ ─   {::ノヽ!
  l:::l::::l:ノ:::ヽ、 - ノ´
 ヾノ\lヽノヾi~´


9616 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 03:45:52 ID:ovfX8Rjs




                「^ヽ,ry'^i
                .,ゝ"´ ⌒`ヽ       /[]
          γ´‐`ヽ.,くi Lノノハノ)」      / []]
        ,、-リ-ー-.,、‐λ.[i ゚ ヮ゚ノi!、     / [] []
      /    ,、‐( ,_l|γ´、-'l| .,_メー-,、_ / [] [][]
     .//   テl  §/ l /[]ニ〈 ソl    lツ
     /  /   ヽ.,_.メ .リ/l lヽ>ヽ .|   /        錯覚って、日本で暮らしていると自然に覚える単語ですよね
         l   γ´ `'ー〈´ .//   ノノリ-‐''`
       ゝ、.,_l,    __,//、、‐''´i            私もテレビで<ー>や>ー<みたいなのが書いている図を見ると、
             l   [_,.メ §   l
          ゝ.,_   __,.メ    ,l            「あー、はいはい。知ってる知ってる」みたいな感じになります
         /    ̄        /
         L           /
          ゝ.,_   __,,,メ
           (__,/' ̄/ ,/
               /_/
             / /
             (__,/


夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー
ーナワ夏ーナワ夏ーナワ夏ーナワ夏ーナワ夏ーナワ夏
夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー夏ワナー


        r'T"´`ヽ、            ,. -rァ
        r'7:./:.:.:.:.:.:.\        /.:.:.:.i:.!,」
       r'7:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.,,___   ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.! (
       「/:./:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-ヽ.,/:.:.:/:.:.:l:.「 !
      r'ン:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''"´ ̄::`ヽ`>'、:.:.:.:.:.:.!コ
      L!:.:.i.:.:.:.:.,.::'´::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::'"´`ヽ!」、     例示の必要は薄いかと思いますが、強いて挙げると上のようなものですね
      !ヘ:.:.:.:./::::::::;:':::::::/:::::::;':::::;:::::::!::::::::;::::::::::Y
      /ヽ!ヽ/:/::::::::/:::::_/___:/:::::/!:::::;'::::::;ハ:::::::::::',>    これは新井仁之さんが提唱している文字列傾斜錯視という錯視の一種です
     ,'::::/:.:;'::;':::::::::;':::::::/___/!_`7 |:::/|ー/-:!、::::i::::i
     /:::/:.:.:!_レ、;___L_/i´ !┘ i` レ' .レ'rァr'、!::::!::::|     一行一行が斜めに大きく偏っているように見えるのが不思議ですね
    ,':rイ:.:.:.:.:!;'::::|::::::| ヘ.  '、_,ノ      !' ! !7r'ヽ!
   .,:'::ヽヘ、___!:::rト、:;_;!.  `'ー      , `´ノi/!:.:.:',
  /::::::/`ー^ー';::`i`ーi '"'"     _    ,., レ^ヾコ
  ,':::::::;':::::::::::::::ハr!____,ト.、      '´┘     ,ハi
 .i::::::::i::::::::::::::,':::i`rー‐i':::::`i. 、.,     _,. イ_,ム!
  !::::/!:::::::::;:イ::::::::|:::::::|r'イ`ヽ、 `"T"´i:::::;|:::::::|
  V  ';:::::/:::!::::rく|:::::::| ヽ   >rィ'^ヽ、:::::!:::::;'
     V '、::レ'´ヽ';::::::ト、.,_____,.イムヽ  >:|:::/
       r7    ヽ;::!:.:.:.:.:.:.:./ / ハーヘハ、|/
      i´`' ー--‐='i':.:.:.:.:.:.:/ ,'  i ';.:.:.Y´i
     /` ー -- '|:.:.:.:.:.くヽ、.,___,,.ィヽ;.:!-'ァ、


9617 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 03:51:55 ID:ovfX8Rjs




       ,.へ                        ,' ||ヽ、
      .//:::::`ヽ、., _,....、_____ _,.、__          // || / i
      | |::ヽ: >''"´ ̄:::::::::`ヽ、;:/7.          / / || | |
      >..,ゝ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::<i         !/ ..|| Y
     くヽ::/::::::::::::::/‐-:/::::/^i::::::::::::`ヽ.        ハ    || 〈     ここでは錯覚を「仕組みを知っていても、人の感覚・知性がそう捉えてしまうもの」
     /:Li::::::::::::::/,!ィ=,!;:_/  |::‐!、i::::::::::',     / |.   ||/ ヽ、
     /::::::Li__::::::_i〈'i、_,j`   ,rt;! ハ:::::;::::i.     /   |  ..||\  \  としましょう
    ,':::::::::::::i. [__] 〃    . ヒj !/::i::::i::::|   く   /,.、 _,.|j''、 \/´
     i::::i:::::::i::`::i::::i    r‐- 、  "i_];:ィi⌒    _,,..-'" iイ'i--  i  ハ  著者が本文中で論じているものを考えるだけなら、
    |::::|:::::|::::::::|::::ト、.  !.,__ノ  ,.イ:::|::::| ,、-=''"´    |i i二  i / |
    .';:::|::::|:::::::::|::::|:::;L,__-rr<r-:|::::|-┴| |_|     ヽゝ-rr´i/   | この定義でおそらく必要十分だと思われます
     ヽ::|:::|::::::/|::::|´ \,,,/  ,;|::::|  | i┐     \_||//   /
      ヽ::i::/:::|;;/ヽ、/〈ム,〉ヽ、/::|;;/-─ヾ |_|          ||/.ヽ/
        ヽ/"ヽ、イ:::::/λヽ、:::::::i /ハノ  `─------─''''.|j
       /  ヽ i;/ / ヽ、 ヽ、Y:i
    _r‐''"´ヽ     く___/,ヘ,__ヽ/;;/
 ,⊂_ヽ       / ゝ====='"ヽ
 !__,.ィ‐i      / /:::::/::::::::::::::::::ヽ:::::\
  `「 /     / /:::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
   Y     / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::':;



    rへ
   r7´ `ヽ、-,. ─-、  ,.へ_、
  r7   ァ'">'-─`-<  ヽ!_
 r7'   >'´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ. ハ                 へ
 ,くi ヽ/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y i_{             //〉    著者はこの錯覚(書中では本能)が多くの人の世界に対する見方を歪めている、
 ヽ./!/::/::::::/:::/:::::i:::::ハ:::i:::::::;::',」            //〉〈〉
  /:7 ,':::i::::::/:ハ,ゝ、ハ/ !:ハ::::i::iヽ.          //〈〉〈〉     と主張しています
 くk__!::::::L:ハ/〈 !_ソ`  ォ'r7!/!」 !         // 〈〉 〈〉
   |::ハ:::::::}__.| "  _____└' i__{ヽ、!  _,,. -/⌒ヽ//   〈〉 〈〉
  ノ:::!ハヘ::|::::iヽ、 (  `i ,.イ:::|,.-'"´ l l i しゝ'    〈〉   〈〉
 /:::::ハ::::!::ハ::::!;:イ>ーr<ハ:|::/!     | lY__ノ´
 i:::/:::::!::::::rィ';:|´ |/、  /」|:/ !-   ヽヽゝ'i
 レ'i::::::!;:へ、ヽ!/ムヽ、_/_i ィ,ヘ、     Y /
  ヽ/⌒i、._ Y:::::/ i」::::::::::!-/レ' `ヽ.    i/
   !  iノi 7:::く__ハ|:::::::::::Yiハ|    `'ー-'
   /iヽ-イ| .i::::::::::ハ:::::::::::::ハ!


9618 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 03:55:04 ID:ovfX8Rjs




                        r'´`ー、
ー.、      __  _             `i ̄: `<)
: : : l       ( ヾ}: : :`ー-.、      /:,: : : : : ヾ、
: : : `ヽ、    _フ /: : : : : : : : `ヽ.   r'‐': : : : : : :l {
: : : : : : `ー-}_ /: : : :ー‐--:、: : ><: : : : : / : |__)
`ヽ、__: : : : : :<丶: : : : : : ;.:-‐`‐ゝ-∠_ー': : : : l、
、    ̄ ̄ア(.ノ___;.-'´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、-tニへ.
::`ー---‐'´:.:.::::::://::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::::::::ヾ': : : : :ヽ
`ヽ、__:.:.:.:/:.:::/;:/::/:::::/;イ::::/ |::::i::::::::::::::::::ヽ: : ┌'    著者の主張を理解するために、ここで問題を出してみましょう
,..--‐‐`'´:.::/:::/:|::/:::::∠∠//  ,'::/:::::::l::::::::::::::ヽノ
-──‐ァ'´::::::/:::|::|::::;イ/rニ<、`  /ノl::::∠}::::::::i::|::::l´     世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は過去二十年間でどう変わったと思いますか?
   /:.:.:.::/::.:.:l/レ': |{|h::::l`  /' // ,イ::/:::|::l:::::iヽ、
-‐‐'´_;.:::イ::::.:.:.:./┴、:ハ `- '  ,  ´、_/イ://:::i::l
;.-‐:'´::::∠:--‐‐'`-ァ、.ハ   r‐-、  ``フイ/l:./l::.:|/      A.2倍ほどになった B.ほぼ変わらない C.半分ほどになった
:.:.__/二=-:.:.:./∠:.:.:::ヽ、 ー'  ,..イ‐‐'</:/:.:.lヽ
/:.:.:.:.`ヽ、___/rl´: :ト、__;、| ` ‐ <:.:.:>‐-//::.:.ノ|:.ヽ
;/:.::::__/::::::::::< {: ヽ: : : ヾ'   _Lァ´:.:,:.:トt';:/ l/
l:./∠-‐-、,-二ゝ、|: : _ヽ,.-三-:.:.:.:,:イ:/ノヾ:、
´ ̄_....  _ヽ   ̄`=-<´フ´:.:._;.</' 「`{
コ└‐‐‐' ヾ:|       /-<´__r‐ニ--'  |
ー-、__  _.ヽ.  / / |: : : ヾr'イ ,.ヘ__,..-`---、__
  r=- >‐=ニァY`Y ´   l: : : : :[l: {ヽ.ノ'   r‐--、  `ヽ、
ァ/´ ̄,アーァ',':_: :ヽ、 / : : : r、: |ノ/ __   ̄` '   ,、   |
人_∠__ノ「´,.」_l」: :__: : : : : :_<ノ;/': | //       ヽヽ ヽ
       ヽl  }: : : :`ヽ、: :l」: :ll: : :ヾ' ー 、       `'ヽー}
  ,..-‐ァ/l |__/: : ‐-: : :`ー-; :_:/ ヽ   ヽ.      人 ノ
' ´  /'´ }_ノ: : : : : :L___: : :': :ヽ   |          |  「ヽ
   ',..-‐'´: : :/: : : : : : : `ー--: : : :ヽ. l     ヽ、   l、ノ‐'
-─': : : : : /: : : : : : : : : : : : ; : : : : : :V        ーヽ
: : : : : : : /: : : : i: : : : : : : : /: : :/: : : :ヽ          ヽ、__




            / ヽ
           /   ヽ
| ̄ ̄ "ー- 、_/、ー―――  _
ヽ       /             ヽ
 ヽ     /             ヽ
  ヽ.   / / /  /   /|  |ヽ ヽ   |
   ヽ / | /   |.  / | リ | リヽ. .|.
     |  り.  | | /  | / リ   | . |( ;;;;(  まあ、こんな前振りしてるんですからぶっちゃけCが正解です
     |   ∨  =====   ===.|∨. ) ;;;;)     (引用よりソース:ttps://data.worldbank.org/indicator/SI.POV.DDAY
..    /   Γ ̄|           |  /.;;/
     | ,  |.|   |         ==≠==/    こういう本を読むときって筆者が求めている回答に対してついつい逆張りしちゃいますよね
.     り | | | ̄ヽ┬―-┬-- ’
.      ヽ| リ リ |- ,_ ヽ~ ' ヽ\      ちなみに私はこれ以外の問題で逆張りの逆張りの回答をして外しました
       / り    /- 、-、| |
       r' - 、__/i:i:ヽ-'i:i:i:i:ヽ レ
         |   ヽi:i:i:i:i:i:i:i:|   ヽi:i:iヽ .|
      _」_   i ヽi:i:i:i:i:i:iヽ_ ゝi:i|/
       \ ~ - |  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| \
         /'--/\|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i !.  \
        /.  .|  |ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: |     \
        /.   | |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: !.     \


9619 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:00:26 ID:ovfX8Rjs




      _rイへ        /へヽ
     rン::::::::::::\     /::::::::::::Y
     rイ:::::::::::::::-、__ゝ__,.イ、::::::::::::)(
     !ヽ、:::,.-‐ァ'"::::::::::::::::::::::`'<;:イ
     >'":/:,::'":::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::`ヽ.     本書によると、世界各地の人(ぱっと見全部先進国でした)がこの質問に答えた場合、
    rく::::::::/::::/:::::::::/::/::;:::::i:::::i:::;:::;:::::',::::::〉
    ',::::`ヽi::::::i::::::::/:__i:::」:::ハ:::」_!:::!::::::!イ     どの国でも正答率が33%を下回っていました
    \::::::i::::::L:::」'ァ'7ハ    ァハ !:::_」ン
      `'r ':,::(|__| ! ヒ_ソ   'ヒノ ! !_|       日本も正答率10%と無作為(33%)の場合と比べても統計的に有意な値に見えますね
       |::::ヽノ::::|、"      "ハ::',
      .|::::::/::::::ハ>.、.,__~_,,..イ:::::::〉      計算とかはしてませんが
       !:::ハヽイ,イァ--、`'ーァ--、イ
       レヘ/○二`ニニ'二_ゝ  !二二二)
          ,ィ/,イ _/==ハ__ノ!   〈〉,
          ヽ二ン二二ニイ___ノ   〈〉〉
           /::::::/:::::!::::::ハ    〈〉〈〉
         /::::::/:::::::!::::::::::::ヽ.   〈〉〈〉
        rく::::::::/:::::::::!::::::::::::::::::',
         ヽ>、/_r、__r、___rニン´
            !___,.! !____!
            ヽ--'ヽ--'


ちなみに、本書の質問と回答の統計はここ(ttps://www.gapminder.org/ignorance/gms/)からダウンロードできます


9620 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:02:19 ID:ovfX8Rjs




   ,辷ー-<ニー''"´ ̄ ̄``ミく ̄~汲
    廴. γ´          丶乃'
   廴 /==─-   ヾ   -=彡゙、   つまり、私たちには世界が実際より悲観的にゆがんで見えているらしいです
.  /弋_!    ノノ_\∧ハノ/_Vj  j
  .ん、_,j!   ャ彳( ヒ_]   ヒ_〉) j,ハノ   しかし、この結果を受けて私の中のゆがみは断ち切りました!
   Υ' iY `ГI '''   ,__,  '''「Ι
.   」, !ゝ_| |     丶_ン′   } i|    前任者は薄汚い悲観論者でしたが、私は違います!
   ヤ И . |__j         イ_j!
    ヤwИ|Nj{≧=‐-- --‐''.´ N{



     _人人人人人人人人_
     >   うー!うー!  <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^ ̄
            | i |  |
              !| |  |  i         ーーとはならないのがこの世のつらいところです
             |_| ||
            [__] |!        さきほど提示した錯覚の定義を思い出してみてください
      ゛= ゛  _,イ____|  "-
    // ,--, (_,、_|,` - ,、 ヾ
.     / ""  ,___,   "" ` ,_
.    iヨi      ヽ __ン     ',ヾi]
.   [=Y             「 !ヽ
     「 !.             ノL」| )
.    /L」|ヽ、         ,イ| イ| /
.   i  レ ル` ー - -─ ´ルレ レ


9621 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:05:14 ID:ovfX8Rjs




                            _,, _,,r‐┐
                         ,r-‐´:::::::'`i └i,
         {` yー─-- ,,_      /::::::::::::::::::::::::} く,
         」 /:::::::::::::::::::::::::`二ゝ-――――- 、:::::::} 」
         く {::::::::::::::.:::::::/ : : : : : : : : : : : : : : : `丶、::} L_
         [、 {::::::::::.::::/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : \ 」
         「 {::::::::::::/ : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :ヽ,
         `アゝ..:::,': : : : : : :l: : : : :│:: : : : :|:|: : : : : : : : l:ハ
         └ェゝ:l: : : :|: : : |: |: : l: |: :|: : :|:.l:|ハ: : :|: |: |:.|: lハ
           くィ |: l: : |: : : |: |\|: l: :|: : :|:.l:|/ l |: |: |:.|: |: |
           /::く|: |: : |: : : |: |∨l\:,ヘ: :j|イl j/ j/j:/: |: |: |   そう、「仕組みを知っていても、人の感覚がそう捉えてしまうもの」です
           /::::::|: |: : | : : ヤ〒戈Fヽ∨レ 〒戈Fカ : /:/V
          /::::::::|: |: : l二ニl 弋::ノ      弋::ノ イ: /j/     矢印の向きによって線の長さが変わって見えるように
          `ヽ:::::|: |: : :!:::::::|            |:/|
            ー|: !: :l:.l:::::::|U           イ:::」      私たちが人である以上悲観論やその他の錯覚は
              | ! : |: l二:| \     -―   / :!二!
              リ: : |: :|: : |: l j`ト 、 __  <:|: : :| : :|      切っても切り離せないものなのですね
             ,': : : | : | : ∨/l      i :|: : :|: :∧
             /: : :_/; -ヘ: : マl  `\ /´  ト、/: ,': ヘ
            j : : : : イ::ヽ ヽ: :}  イ ⌒iヘ  /: /i: : ヘ
            /: : ,.  ┤::::\ V /::〉ー ヘ.ハ //::::ト 、 l
.            l: : /   |:::::::::::\ /::./ ハ`i:::::V:::::::::::│  ヽ
          へ /    |::::::::::::::::::::::!  ::;'  \:::::::::::::::、 ._ 」_
         r'  `‐- ._ ':::::::::::::::::::::l      ヽ:::::::::::ヘ/   }
        /         l |:::::::::::::::::::::i        ゝ::::::::::i    \
       /        、::::::::::::::::::::`⌒ー‐..´::::::::::::::::::ノ      \


9622 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:08:09 ID:ovfX8Rjs




                        r'´`ー、
ー.、      __  _             `i ̄: `<)
: : : l       ( ヾ}: : :`ー-.、      /:,: : : : : ヾ、
: : : `ヽ、    _フ /: : : : : : : : `ヽ.   r'‐': : : : : : :l {
: : : : : : `ー-}_ /: : : :ー‐--:、: : ><: : : : : / : |__)
`ヽ、__: : : : : :<丶: : : : : : ;.:-‐`‐ゝ-∠_ー': : : : l、
、    ̄ ̄ア(.ノ___;.-'´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、-tニへ.
::`ー---‐'´:.:.::::::://::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::::::::ヾ': : : : :ヽ   では、この錯覚を抱えた上で、正しいものの見方を養うにはどうすればいいのか?
`ヽ、__:.:.:.:/:.:::/;:/::/:::::/;イ::::/ |::::i::::::::::::::::::ヽ: : ┌'
,..--‐‐`'´:.::/:::/:|::/:::::∠∠//  ,'::/:::::::l::::::::::::::ヽノ    本書は、そのようなアプローチで人間の錯覚を紐解いていく
-──‐ァ'´::::::/:::|::|::::;イ/rニ<、`  /ノl::::∠}::::::::i::|::::l´
   /:.:.:.::/::.:.:l/レ': |{|h::::l`  /' // ,イ::/:::|::l:::::iヽ、   そういう本だと私は思っています
-‐‐'´_;.:::イ::::.:.:.:./┴、:ハ `- '  ,  ´、_/イ://:::i::l
;.-‐:'´::::∠:--‐‐'`-ァ、.ハ   r‐-、  ``フイ/l:./l::.:|/
:.:.__/二=-:.:.:./∠:.:.:::ヽ、 ー'  ,..イ‐‐'</:/:.:.lヽ
/:.:.:.:.`ヽ、___/rl´: :ト、__;、| ` ‐ <:.:.:>‐-//::.:.ノ|:.ヽ
;/:.::::__/::::::::::< {: ヽ: : : ヾ'   _Lァ´:.:,:.:トt';:/ l/
l:./∠-‐-、,-二ゝ、|: : _ヽ,.-三-:.:.:.:,:イ:/ノヾ:、
´ ̄_....  _ヽ   ̄`=-<´フ´:.:._;.</' 「`{



                                    .  - ──≠rァ
       「`Y⌒ ヌー ──  -  .           .   ´. : : : : : : : : 〉: : j人
       ∨∧:.く : : : : : : : : : : : : : > -=≠==- < : : : : : : : : : : : : : 〈 : :/⌒}
       ∨∧: :\: : : : : : : :,  ´:: ::: ::: :: :: ::: :: :: :: ::`  . : : : : : : : : : :〉: {  /
.         ∨∧: : :〉: : : : :/. ::: ::: ::: ::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :\ : : : : : : く: :从 /
           }/ ∧:〈: : : :/. ::: ::: :/::/ ::: :: :: :| :::.Y :: :: :: :: :: :: :ヽ. : : : : : 〉: {.く
        从.{ !: 〉:/. :: :: :: :::/::/: :: :: :: :::|:: :.:l:: :: :: :: :: :: :: : ::ヽ. : :/: 人 )
         )从j: :/. :: :: :: : ::::/ : i :: ::: :: :: :|:.:::::ト、::: ::: :: :: :: :: :: :.∨: X: : :}'
         (  〈:./: :: :::::/: :: :i: :: :l :: :: :: : : |: :: :!∧ :: : ::: : Y: :: :: :::∨ :〉:メ
         \ /:/: :: :::!: ::.::::|:::.::.| :: :: :: : : |:::::∧:∧ :: :: :.:::l :: :: :: :: ∨X
             /:/ :/: :::l: :: ::::|:!:: :|: :: :: :: : ::!::/ ∨∧ :: ::.:::l:::i :: : :: :::}: ∧    この、本書の自らのあり方を受け入れていく姿勢は素敵ですね
          i:/ ./: :: ::|: :: :::从:从: : :: : : : l/   ∨ハ :_: :: |:::| :: :: : : l:/:.∧
           j:レ i: :: :: :!::::::/:≧‐-x: :: :: :::::| __ . 斗<!: ::: ::|:::|: :ノ: : :::|: :': ∧   なんだかソクラテス味を感じません?
           //:l:l: :: : l:|::::/,x≠=ミ\: ::: :|  〒 ≠=ミ: ::::} :i:Y :: :.::::|∨: :∧
            //: :|:|: ::: :l:|:: 「 「 テ〒「  \::j  { テ〒「!::ル':.:|.::: :: :::|. ∨: :∧
.          //: : :N: ::: 从: | 乂___ソ       乂___ソム!: : : :! :: :: : |  ∨: :∧
        //: : : 从::: ::j:人! xxx ̄    '      ̄xxxム斗く :: :: ::::|.   ∨: :∧
.       //: : : / }i:.:::.「.:从                |:: :: :::| :: :: : :!    ∨: :∧
      , '. : : : :/  l|l:: : |: ::.人               . イ. :: :: :|: :: ::i:::|     V: : ハ
    /. : : : , '  .从:::::|: : i: :.l\      r‐‐ュ   . イ.:::|: :: :: ::|: :: ::l从    }: : : :i
   /. : : : /   //:∧.:|:: ::!::::|: ::〕>  . _   ´{ :: j:: ::!: ::.::::::|:!: :::j      |: : : :|
  /: : : : jイ    j/ /  N: ::: ::.:|: ::j!::r‐|        .トx:i:: ::|: :: :: :从:ル'      j: : : :.!
 i{: : : : :ノ〈         Y: :: ::.:|/ / :!         Ⅵトx.j:: :::::/:::::/      从: : :.}
 从: : : : ハ   r =x __ _|: :: : ::|  {_ノ        V}  !: :::/⌒\ __   /⌒{ノ `Y
  ∨: :/: : }   Ⅴ/\ 从: :: ::|  |  /Yヘ       /  j::::∧ / ノメ ヌ 人     /
  く⌒ ーへ   入`X 人 :::::!  入 ./ ∧.ヘ   /   |:∧ ∨ 「  `ヽ   ー‐ く
   \ __ _ノ    /⌒ヘ  \j   / / ∧. ヘ /    j'  ∨ .人    .
           /  }人  jⅥ  / / / .∧ ヘ     ∧ ∨ /⌒)    i
            /  人 ) ∧ j  / / 〈\ ∧. ヘ   ∧ ∨ /⌒(    j
         厂 ̄ `ヽ/.::::\j ./ / ´〉\ \\. ヘ  ∧ ∨ /⌒Y´  ̄ ̄`ヽ
         /二フ  ./.: : : : :j/  /j  \ \.  ∨ ∨∨. : : j.      〉
          /    く7: : : : : :/  ./.    \   ∨/ ./. : : : :}二] [二フ.∧


9623 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:12:26 ID:ovfX8Rjs




       ,.へ                        ,' ||ヽ、
      .//:::::`ヽ、., _,....、_____ _,.、__          // || / i
      | |::ヽ: >''"´ ̄:::::::::`ヽ、;:/7.          / / || | |
      >..,ゝ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::<i         !/ ..|| Y
     くヽ::/::::::::::::::/‐-:/::::/^i::::::::::::`ヽ.        ハ    || 〈      さて、ここから十個に分類された錯覚すなわち本能について詳しく解説したいのですが…
     /:Li::::::::::::::/,!ィ=,!;:_/  |::‐!、i::::::::::',     / |.   ||/ ヽ、
     /::::::Li__::::::_i〈'i、_,j`   ,rt;! ハ:::::;::::i.     /   |  ..||\  \  私には解説することができません
    ,':::::::::::::i. [__] 〃    . ヒj !/::i::::i::::|   く   /,.、 _,.|j''、 \/´
     i::::i:::::::i::`::i::::i    r‐- 、  "i_];:ィi⌒    _,,..-'" iイ'i--  i  ハ
    |::::|:::::|::::::::|::::ト、.  !.,__ノ  ,.イ:::|::::| ,、-=''"´    |i i二  i / |
    .';:::|::::|:::::::::|::::|:::;L,__-rr<r-:|::::|-┴| |_|     ヽゝ-rr´i/   |
     ヽ::|:::|::::::/|::::|´ \,,,/  ,;|::::|  | i┐     \_||//   /
      ヽ::i::/:::|;;/ヽ、/〈ム,〉ヽ、/::|;;/-─ヾ |_|          ||/.ヽ/
        ヽ/"ヽ、イ:::::/λヽ、:::::::i /ハノ  `─------─''''.|j
       /  ヽ i;/ / ヽ、 ヽ、Y:i
    _r‐''"´ヽ     く___/,ヘ,__ヽ/;;/
 ,⊂_ヽ       / ゝ====='"ヽ
 !__,.ィ‐i      / /:::::/::::::::::::::::::ヽ:::::\
  `「 /     / /:::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
   Y     / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::':;



       ,.へ                        ,' ||ヽ、
      .//:::::`ヽ、., _,....、_____ _,.、__          // || / i      \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人人_人/
      | |::ヽ: >''"´ ̄:::::::::`ヽ、;:/7.          / / || | |      ≧                             <
      >..,ゝ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::<i         !/ ..|| Y   -=ニ だって私、この本のイントロ以降は読んでないから!
     くヽ::/::::::::::::-―-/::、__,::::::::::::::`ヽ.        ハ..  .|| 〈       ≧                             ≦
     /:Li::::::::::::::/ ,!'叨¨ヽ/  `ー-、i::::::',     / |..  ||/ ヽ、    /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
     /::::::Li__::::::_i  ` ー  /叨¨).ハ::;:::::i.     /   |   .||\  \
    ,':::::::::::::i. [__] 〃    ヽ,  /:::i:::i:::;:|   く   /,. _,.-''、 \/´
     i::::i:::::::i::`::i::::i  `ヽ.___´ "i_]:::ィi⌒    _,,..-'" iイ'i--  i  ハ
    |::::|:::::|::::::::|::::ト、.   `ニ´  ,.イ:::|:::::| ,、-=''"´    |i i二  i / |
    .';:::|::::|:::::::::|::::|:::;L,__-rr<r-:|::::|-┴| |_|     ヽゝ-rr´i/   |
     ヽ::|:::|::::::/|::::|´ \,,,/  ,;|::::|  | i┐     \_||//   /
      ヽ::i::/:::|;;/ヽ、/〈ム,〉ヽ、/::|;;/-─ヾ |_|          ||/.ヽ/
        ヽ/"ヽ、イ:::::/λヽ、:::::::i /ハノ  `─------─''''.|j
       /  ヽ i;/ / ヽ、 ヽ、Y:i
    _r‐''"´ヽ     く___/,ヘ,__ヽ/;;/
 ,⊂_ヽ       /.7'====='"ヽ
 !__,.ィ‐i      / /:::::/:::::::::::::::::ヽ::::\
  `「 /     / /:::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ、
   Y     / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::':;


9624 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:16:06 ID:ovfX8Rjs




         __            /,',',ヽ
       /,',',',',',ヽ          /,',',',',',',',',、
         |,',',',',',',',','\   ___/,',',',',',',',',',',',',
        !',',',',',',',',',',','ゝ:::::::::::::::::::::`:::..'‐' ',',',',',|
        ',',',',',',','/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/
        V,','/:::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::ハ::::::::ヽ
        ∨:::::::::::::::::::::::/    ヽ:::::::::/ '.:::::::::::.      正確にはイントロ以降、付録以前ですが(引用はちゃんとしたかったので)
        /::::::::::::::::::ハ::/   O |::::::/O  '::::ハ::::\
.        .::::::::::::::::::::| レ   |::| !/ .|::|  ∨ i:::::::::ゝ   以上、「本をすすめてくる奴がちゃんとその本を読んでいるってのは錯覚じゃね?」
        l:::::::::::::::::::::|     0     .0    !::::::::|
         |:::::::::::::::::::::|      '  ̄ ̄ ヽ   (二二)   というネタのための前振りでした!
          |::::::::::::(二二)     (       丿  ';';';';',
.        |:::::::::::Y ';';';';';.     ー──     ';';';';',
.        '::::::::::::! ';';';';';',              (二二)
       /::::::::::::,  (二二)               (::::::::ヽ
     /::::ノl:::/   (::::::::ノ                 | ´ ):ノ
      ̄  レ |   ヽ::(                 |
            |     `               |
           |                        |
.          」___  _           __|__
       ,r≦三:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 、:.:.:.:.ヽ  _  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     r=彳:.:./ ̄ヽ:.:.:.:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   // ̄|:.:.:.:.\__ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
    | | ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_/:.:.:.:.:.:/  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.|
   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   〉:.:.:.:.:.:.|
    ̄ ̄ ̄ ̄ヽー────''=======ー-======ゞ




                「^ヽ,ry'^i
                .,ゝ"´ ⌒`ヽ       /[]
          γ´‐`ヽ.,くi Lノノハノ)」      / []]
        ,、-リ-ー-.,、‐λ.[i ゚ ヮ゚ノi!、     / [] []
      /    ,、‐( ,_l|γ´、-'l| .,_メー-,、_ / [] [][]
     .//   テl  §/ l /[]ニ〈 ソl    lツ
     /  /   ヽ.,_.メ .リ/l lヽ>ヽ .|   /        いやーまいった
         l   γ´ `'ー〈´ .//   ノノリ-‐''`
       ゝ、.,_l,    __,//、、‐''´i            まさか本が面白すぎて本文に行く前にネタが降りてくるとは
             l   [_,.メ §   l
          ゝ.,_   __,.メ    ,l            あ、でもイントロはしっかり読みましたし嘘は書いてないと思いますよ!
         /    ̄        /
         L           /
          ゝ.,_   __,,,メ
           (__,/' ̄/ ,/
               /_/
             / /
             (__,/


9625 : ◆oABLxeeD92 : 2020/09/07(月) 04:18:40 ID:ovfX8Rjs




   ,辷ー-<ニー''"´ ̄ ̄``ミく ̄~汲
    廴. γ´          丶乃'
   廴 /==─-   ヾ   -=彡゙、  もし私の話が面白かったと感じた人がいらしたら、
.  /弋_!    ノノ_\∧ハノ/_Vj  j
  .ん、_,j!   ャ彳( ヒ_]   ヒ_〉) j,ハノ   ピエール バイヤール著、『読んでいない本について堂々と語る方法』もお勧めします!
   Υ' iY `ГI '''   ,__,  '''「Ι
.   」, !ゝ_| |     丶_ン′   } i|
   ヤ И . |__j         イ_j!
    ヤwИ|Nj{≧=‐-- --‐''.´ N{




       ,.へ                        ,' ||ヽ、
      .//:::::`ヽ、., _,....、_____ _,.、__          // || / i
      | |::ヽ: >''"´ ̄:::::::::`ヽ、;:/7.          / / || | |
      >..,ゝ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::<i         !/ ..|| Y
     くヽ::/::::::::::::::/‐-:/::::/^i::::::::::::`ヽ.        ハ    || 〈
     /:Li::::::::::::::/,!ィ=,!;:_/  |::‐!、i::::::::::',     / |.   ||/ ヽ、
     /::::::Li__::::::_i〈'i、_,j`   ,rt;! ハ:::::;::::i.     /   |  ..||\  \   以上、お目汚し失礼しました!
    ,':::::::::::::i. [__] 〃    . ヒj !/::i::::i::::|   く   /,.、 _,.|j''、 \/´
     i::::i:::::::i::`::i::::i    r‐- 、  "i_];:ィi⌒    _,,..-'" iイ'i--  i  ハ    さあ続き読むぞ読むぞ~~~~!!!
    |::::|:::::|::::::::|::::ト、.  !.,__ノ  ,.イ:::|::::| ,、-=''"´    |i i二  i / |
    .';:::|::::|:::::::::|::::|:::;L,__-rr<r-:|::::|-┴| |_|     ヽゝ-rr´i/   |
     ヽ::|:::|::::::/|::::|´ \,,,/  ,;|::::|  | i┐     \_||//   /
      ヽ::i::/:::|;;/ヽ、/〈ム,〉ヽ、/::|;;/-─ヾ |_|          ||/.ヽ/
        ヽ/"ヽ、イ:::::/λヽ、:::::::i /ハノ  `─------─''''.|j
       /  ヽ i;/ / ヽ、 ヽ、Y:i
    _r‐''"´ヽ     く___/,ヘ,__ヽ/;;/
 ,⊂_ヽ       / ゝ====='"ヽ
 !__,.ィ‐i      / /:::::/::::::::::::::::::ヽ:::::\
  `「 /     / /:::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ、
   Y     / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::':;


9627 : 尋常な名無しさん : 2020/09/07(月) 04:37:04 ID:5vw8iYpQ

投稿乙乙


関連記事
[ 2020/09/08 16:04 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(4)
124536 :日常の名無しさん:2020/09/08(火) 21:12:41 ID:-[ ]
この例だと、”具体的な統計値を知悉していない場合、悲観的な回答になりがち“ではあっても”錯覚“では無いと思う。

私見なのはともかく、自分の提示した定義と異なる例示を行なわれても困るっていうか…。
124554 :日常の名無しさん:2020/09/08(火) 21:56:14 ID:-[ ]
俺も持ってるがいい加減にしか読んでないな
124588 :日常の名無しさん:2020/09/09(水) 02:00:00 ID:-[ ]
錯覚でしょ
ユニセフなりなんなりの慈善()団体はシャレにならない汚職はあっても働くことはしていて
結果としてアフリカや中国の貧困地帯は回復してってるっていうのをだいたいの人は知っているんだから
過去20年と言えば2000年の時の中国だぞ、今となっては上澄みだけではあっても、かなり裕福になった
でも、なんとなく貧困は変わらない、あるいは貧困している人が増えたって考える人は多い
124600 :日常の名無しさん:2020/09/09(水) 08:02:53 ID:-[ ]
あの本読んだけど、温暖化の話題で作者が露骨に中国贔屓してるんだよなあ……
中国よりアメリカのがよっぽどCO2出してるぞって意見を真に受けてるし
まあ、デマへの耐性をつけるきっかけの書としては有用だとは思うけどね
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 10 (05/18)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十八話 (05/18)
  • 国内的な小咄 1533 宍道湖は、美しい (05/18)
  • 国内的な小咄 1532 長門は要所 (05/18)
  • 国内的な小咄 1531 京阪神の民が驚く山陰某所 (05/18)
  • 国内的な小咄 1530 山陰楽しむならとことこトロッコ (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 17 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第3章 3 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド GMが使ってみたいキャラ! (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク 薬師丸法山 アンリ・マユ アトラム・ガリアスタ ユキカゼ (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド 王族冒険者 2 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク リヨぐだ子 できる夫 アーチャー 鷺沢文香 (05/18)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】チートはないけど縁に恵まれていたようです (05/17)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #127 (05/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41「幼年期の冒険」 その9 (05/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41「幼年期の冒険」 その8 (05/17)
  • ジェイガンなアリス 第6章 レフカンディ侯の罠 (05/17)
  • ジェイガンなアリス 第5章 オレルアン解放 (05/17)
  • ジェイガンなアリス 第4章 陰謀の草原 (05/17)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 9 (05/17)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 8 (05/17)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」そにょきゅうぅぅぅ 「PS2版ああっ女神さまっ」 (05/17)
  • 読者投稿:韓国関係の記事を読む際に提督が着目しているポイントについて (05/17)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~42かいめ~ (05/17)
  • 読者投稿:美術館博物館のススメ「砂の美術館」 (05/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第5章 神殺しの罪人と幻想のエリクシル - The truth of elixir and the world - episode 10 後編 その2 (05/17)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十七話 (05/17)
  • やる夫は仲間達と冒険するようです 第27話「制裁!賞金首!」 (05/17)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十六話 Flying car (05/17)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十四話 Who am I ? ~ 第四十五話 二年目の始まり (05/17)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十三話 ロックハート先生の小説の作り方 (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第3章 2 (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド アルフレイム大陸おためしPT (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド 色素薄目PT 2 (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド タビットリカントライカンPT (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド ナギ様アルフレイム一番乗り! (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド ステイル ブーディカ リース 狩人 PT 2 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第16話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第15話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第14話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第13話 (05/17)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #126 (05/16)
  • 国内的な小咄 1529 やっぱり王道大山! (05/16)
  • 国内的な小咄 1528 さぁ出かけよう、宮津の地へと (05/16)
  • 国内的な小咄 1527 大森の地にあるすげー企業 (05/16)
  • 国内的な小咄 1526 出雲市より西 (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第3章 デビルマウンテン (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第2章 ガルダの海賊 (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第1章 ヤルオのたびだち (05/16)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第28話 人生楽ありゃ苦もあるさ (05/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング