スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:コミュニケーション 対話(ダイアローグ)

目次 国際的な小咄

8062 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 22:59:35 ID:av5Mp0.s


このスレでの議論が、建設的にもっと活発になれば良いなと思って、祭りが始まる前に作りました。


◇読者投稿:コミュニケーション 対話(ダイアローグ)



.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        今回は、誰でも知ってるけど馴染みが薄い対話について紹介していきます。
  /:::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  /:::::::::::::::::::::!::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
. {:::::;::::::::::;:::;イ;:::;ハ;:::::::i::::::::::::::::::::::::;}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      対話とは、お互いの価値観が違うことを尊重した上で行なわれる、
. !:;/i:::::::::::!::{=|::!ニi;:::::|'!:;::::::::::::::::::;!:::::::;:::::::::::;::::::::::::::::::ト、;',
 |::{{|::::::::::::トてyラミ!:::;| |イ::::::::::::;イ::::;イ::::::::;/:::::::::::;:::::::::! ヽ'、    相互に自身の経験を語り合って
. !;`|:::::::::::::!ゞニ'__ノヾ::! ! !:::::::::;/フ:;/=};:::::;/::::::::::::::|:::::::::|  ``
  |:::!:::::::::;:::i   `` `!  |::::::;/イy'メミ/:::;/::;::::::::::::;i::::::::::;!     相互理解を深めていくコミュニケーションです。
.  !ハ!;:::::::ト;::!    .:::: , i::;/ ゞニ'_,/;/:::/::::::::::/:::::;i::::;i
.  ' !;!;::::::| ヾ!   .::::   y    '´/:;/:::::::::イ:::::;ハ;:::;!
  /´i:::|、   .,   '        イ:::::::::;ィ:/ }::;/ !::|
-‐'   ヽ! ヽ   ``''-..,,     ,.イ:::::ィ:::;//´ i;/  ヾ!      それは、単なる「情報の移動」ではなく、
     }  ヽ  `゙`   _,..-‐'7::::/|;/   /'    '
      ',   ヽ、,,..-‐''フ  ', //  !'               自分の考え方や経験談・主観を話すことで、
      ',   //   /  ヽ'´
    _,,,r┐',  〉〉  /    |ト、_                 お互いの前提(価値観・背景・常識など)の違いを楽しむ行為です。
  ニ-‐'"  ', | | /<\   } | `'‐、
        ', /  \\  | |    ``ヽ、
       ,r'´      \\ | ト、     ``ヽ、
     ,r‐'´         ヽ>| |  ``ヽ、





8063 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 22:59:53 ID:av5Mp0.s




  i, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :::::::::. ::::::..::::\::::::::\
  iヽj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::\、::::::\        実際の「対話」では、お互いの意見が
 |::、::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::i、::::::i::::::::::::::::::i!::::::::|::::::::::::::::::::',` ‐--\
.  ';:::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::iヽ:::i、::::::::::::::八::::/!::i::::::::::: .::::::',           不一致・対立・衝突(コンフリクト)を起こして、
.  ';:::::::::::::::\::::::i、::|´\::::! ヽ|丶::::::::/-zV=}/}::::::::: /、:::::'、
.   ';::::::::::::::::::::ト、{rV==ヽi   |::::::/.イ_ノ:::{`}::::::../:::::ト、:::ヽ          話がかみ合わないことがしばしば起こります。
.   ';:::;i::::::::::::::V  {__r'´::}     l:::/ ┴―‐ィ::::/:::::::::', \:ヽ
.    ';:{ト;::::::::::::::\┴一'"´    l/      //|::::::、:::::::',  ヽi
    'i'、ヘ::::::::::ヽ、:\        '    /´  i::::::::ト、:::::',            対話の意味は、この他者とのかみ合わない話をきっかけに、
     i::ヽi::::::::::::::ヽ`゙`               /::::::::| ヽ:::',
     i八::::::::::::::::::::\         ..' _,    /:::::::::::|  ヽi            自分の中にある「いつの間にか当たり前になっていた前提」に
      i:i、:::::::::::::\-\   ` ̄_´    /|ヽ::ト、::|―-、`
      `i `ト、:ト、::::::ヽ {        イ::i:::| `゙ ゙l  /           「裂け目」を入れることです。
        'i ` 丶、:ヽ|` ‐-  __/|ハ::!      /
         i,     `゙ヽ         {' l/      /
         }        |        ヽ.、   ∠.........__           つまり、自己の前提を覆い隠しているヴェール(布)を
        _.ノ ヽ    {       / }   /       ̄  ―- 、__
    _ - ´        ヽ、    /: : ト、_/                  切り裂いて気づくこと、自己理解が対話の本当の効果です。
_.. -‐ ´            〉.\ / : : /  \
                /. . ゙'、: : /    丶


8064 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:00:18 ID:av5Mp0.s




            _.. ¬  ̄ ̄ ‐- _              対話のざっくりとした定義は
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `  、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :. : ヽ.. \ヽ、             ① 共有可能なゆるやかなテーマのもとで
        /:::::::::::::::::::::::::::::: : . : : :::i::i::i::::\:.:.ヽ `
       , :::: :: :: :::::::: :: : ::i:.:i ::::.:: :l::lリム::::::\::\           ② 聞き手と話し手で担われる
       l. : . :. :: ::: . .: ::/!:ハ:i::::::::jリキj::i::::::、ヾヽヽ
       {::.:.::.::!.:::::::i:::|!:/≠7イ:::::/ 代ハイ:::|::::ト\ `\       ③ 創造的なコミュニケーション行為
        V::::::|::i:::::l::Ⅳ≠テ、l::/  亠' 7:::l::!:l  `
        ヽ:::川::::l:::!{{ _V_シ l′ V  j/ハ::!
         V、{ヘ::ト从  ̄    _'_ /-ッ、|l             ① 参加者が共有できるテーマでなければ、
          リ \l:!、_,、     <ノ /j/  ヽ
            ヽ从ト::`ト -  __ノ'′   >― .、        気楽で真面目なコミュニケーションを続けることが難しくなります。
                V`!ヽ- >'     /:::::::::::::::::\
              _/  l /       ,':::::::::::::::::::::::::ヽ      よって、「緊急性や即時対応が求められるもの」ではなく、
            //  /       ,:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          _/::::/ ,くr―、     ,l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   「日々の仕事にとって本質的に重要なもの」を選ぶと良いでしょう。
     _ - 三 - Vハ/くヽ>、:::::::ヽ    l::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::/
   〈‐ ' ´     Vハ,イ、\ヘ__:::::ヽ   !:::ハ V::_ -― 二 -     ② 話し手が一方的に話していては、
     V       Vハー二,r≧ヘ:::ヽ  l:::::::::jヘ_, -‐ ´::::::::::::
     〉、       Vハ:.:.:{/へ:.:.ヽ::::\!、:::::fハ !::::::::::::::/::::     一方通行の「独り言=モノローグ」となって「対話」ではありません。
.   /,-ヘ ,、__    Vハ:.:.V:.:.:ヾ:.:.ヽ::::::::\::::} }l:::::::∠::::::::::
 /, イ:.:.:.∧>- `ヽ、.__Vハ_:.:V、:.:.:ヽ:.:.\::::::::゙::V/:/.:_:::-―     対話の本質は「聴くこと」であり、聞き手が積極的に相手の話に
く-く {__:/:./´ ̄,    `ヘ:::::::::::¬──…─---く:::∠::::__::::::::
 \\マ:./:.V´ノ      V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ:     耳を傾けて「最後まで聴き取ること」でやりとりを続けることが重要です。
   ヽ/:.ム:.:.:ヽ く^ ー- ._ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,:.:厂につ:.:`ハ    厂l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ③ 人は対話をすることで物事を意味づけ、新たな意味が生み出され、
   ,i:.:! /'、二つ:.:.:ハ  |  |::::::::__.  ァ´::::¬──…─r─ '"
   l:.:l l  /K´:.:.:.:.ハ___!   ̄   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{       物事の理解が深まり、新たな視点や気づきが生まれます。
   l:.:l //  l::::\:._{{fノ1  _ ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   {:.:!´   l::/rく7_  |/// \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧      そして、客観的事実(知識・情報・データ等々)に対する
   ヽ:.\  l/ノ ̄ノ’  / /    ` ,、:::::::::::::::::::::::::_.. イ′
    ` <二. = '"    ゝイ     l: :\::::::::_>'´: : : l       意味を創造・共有していくことで、相互理解が深まっていきます。
                /     /: : : :`¬: : : : : : : j
                 /. . ._   !. : : : : : : : : : : : : : {


8066 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:00:30 ID:av5Mp0.s




                  _, ---──---- 、 __
               ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二ニ=-
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::` -、
            /:::: :::::::::: .::::::: :: :: ::::::::: ::::::: ::: ::: .::::::::ヽ、    次は、対話と他のコミュニケーションを比べてみましょう。
            /::::::::  .:: .::::::::::: :: : :::::: :: :::::::: :::::: ::::::::::、-`;_、
           ,':::::::::: ::::: :::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:、
           j::::::::::::::::::::ヽ::iヽl‐ヽト、:::i::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::::::゙:、    「対話」は、「自由なムード」の中での「真剣な話し合い」であり、
           {::::,r'|:::::::::::::::ヽィフテミヽi、:::::::ハ从:::::::::::::::ヽ::::',
           |ハ{ |:::::::::::::::::',┴-<    ',:::l'rテlィ::::::::::::::::| ヾ:、    真面目なテーマについての話し合いを真剣に楽しむスタンスです。
            ';ハ`::::|:::::::::::::ゝ      ',l ヒ_j_|::::::::::::::::|
             jハ::jヽ:::::ハ::i       >  j:|::::::|:::|::::i       前提となっている「選択肢」や「条件・評価の基準そのもの」を
            __|_\i ヾi   、--‐   /::lヽ:::iヽiヽi
             /     ̄ ̄ ̄7  ヽ=' /リヽi ヽi          再吟味する方向へ話し合いを進めていきます。
          _∠        /` 、 _ ,∠__  ゙  ゙
     , -‐' ´  ヽ.      ∧ニ{     _,7|
  ,- '       ..:::::::' ,     / y´ , -' ´   |            また、対話はお互いをよく知らない者同士だけでなく、
/      .::::::::::::::::::::',    /フ_, -'´\     .|__
` 'ー-、  ..:::::::::::::__ ヘヾ',   /:::::::::::::::::::::::`、  |:::ヽ              親しい人との間で異なる価値観が表出した場合にも行われます。
   { \.:::::::::::::://::::ヽヽ',  ,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ ',::::::::\
`Y´   `-、:::://:::::::::::〉ィ ∧ ヽ::::       \',:::::::::::::ヽ
 {       〉ヘ<:::::/  レ'ヽ:ヽヽ       .:::::::丶:::::::::::::〉


8068 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:01:08 ID:av5Mp0.s




                . -‐‐‐‐‐-  .
             . ´ .:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
            /   .: .:.::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          「雑談」は、「自由なムード」の中での「戯れのお喋り」であり、
            , .: .:: . . .:  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         //.:/. .: .:::.:. . .: .:: .:::.:: .: :::.::::::::::::l            お互いの事情をよく知った者同士の気軽で気楽な会話です。
          /イ.:/.:::::::/.:/ .: ./. :: . .  :. .:::::::::::::}
            lイ::i:::::/|イ::!:::/.::/イ:::/.:::/ .::::::::::::,′
            l:::|::,代」リ|/ |厶x|/!:::/.::::::,/.:::/          実際には「話し合った」という印象だけが残り、
          Vi::::}  }   ヒハ }イ,.:::::/ }::/
           Ⅵi、       /.::::/ィ:;く             話の内容について正確に覚えていないことが多く、
          /. }l ヽ 、)    /7.:///: : :丶、
       .  ´   |   ヽ  -‐ '/イ /: : : : : : ヽ         親睦や友好を深める場となります。
     .  ´     ∟__ {    / \: : : : : :__: /
   /          : :} ヽ、 イ  /. : : : /_/厶
  {`丶、. . .      . : {   ヽ l  /. : : : 厶,Vく
  ,} . : \: :__; :       \ { } /. : : : :{{/, 、丶、      「議論」は、「緊迫したムード」の中での「真真剣な話し合い」であり、
  厶 : : : : :{{__}}/        ヽV/. : : : ://   丶丶、
   」 : : :/{{__}}ノ: .     . : : : {: : : v ‐≠===,ァ 丶}   最終的に何かについて意思決定する場だということです。
 _ノ. : :/ /} : : : : . . . . : : : : : : : : : / / ̄ ̄ ̄ ̄/  /
  ^} └'. : :', : : : : : : : : : : : : : : : : :/ /       / . イ
  {     ハ_: : : : : : : : : : : : , -‐ァ      /厂 ノ     言い換えると、「選択肢を事前に用意し、その中から意思決定する」
  ′   { }: : : : : : : : : : :/ く /      /ヽ、_ノ
  ′   ノ}斗- ‐─‐‐ ¬'    ` ̄_ ..二7/`¨´         というプロセスが議論の典型的な形になります。
 }   /         ` ̄/   ̄/ ̄ ´
 ヽ、____        /‐-‐ ´{
        |: : : ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : :l


8070 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:01:42 ID:av5Mp0.s




          =ニ三=::::::::::::::::`ヾー\               残った部分に関する知見はありませんでしたが、
          _,.-‐"::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       _,.-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             私は「口論(口喧嘩・言い争い)」が当てはまると仮定しています。
     ,.;:';:-;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     '",.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     ,.':::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l            「口論」とは、「緊迫したムード」の中での「戯れのお喋り」です。
    ,:'イ:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::ト;|
  ,.イ:-‐'´/:::::::::::::::::::::::::;ィ;::::::::::::;::::;/_i:メ、!:::::::::l,i|
  '"´  /::::::::::::::::::::::::/_i_=!:::::::/'/"!,:'::)、!::::::::::i:;|           言い争っている場では、お互いが感情的になって
      i::::::::::::::;::::::::::/!、;:ヾ!::://  "´  !::::::::::::iヽ
.     i::;:::::;/|:::;:::::ヽ`"´ |/i     /;ィ:;i::::;:ト、             緊張した雰囲気となり、建設的な意見はなく、互いに傷つけ合い、
     |/:/  |::!ヽ:::::;ヽ、  ヽ__,...,  /' /' レ'ヾ \
     {'!´    !| ヽ:::!|:!レヽ、. ‐   /  〉  /          喧嘩や戦争に発展することがあります。
         ` /゙ヾリ   `丶ー ´    / /、
         /         ,'`    ,.' /   `ヽ、
         >- 、_      l     /, '       `ヽ、      これらの4つのスタイルを整理すると、次図のように表わせます。
        ,.'    _, -`ー   ,'、   _,..ハ`ー        \
        /    ヽ    i   ´ /  〉           ` 、
        {      ヽ   !    ,.' , '              ヽ
        '、 ! |    ヽ  l   / /       ,i      ヾ i




                          ┏━━━━━━━━┓
                          ┃    話の中身    ┃
                          ┗━━━━━━━━┛
                             真剣な話し合い

                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    |  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |           |    |  |             |
                自    |     対話     |    |  |      議論      |     緊
   ┏━━━━┓  由    |           |    |  |             |     迫
   ┃        ┃  な    乂______ノ    |  乂_______ノ     し
   ┃  雰囲気  ┃  ム   ――――――――――|―――――――――――   た
   ┃        ┃  |                    |                      ム
   ┗━━━━┛ ド   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   | ┌────────┐   |
                  |           |    | │                │    ド
                  |     雑談    |    | │    (口論)     │
                  |           |    | │                │
                  乂______ノ    | └────────┘

                             戯れのお喋り


8071 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:01:58 ID:av5Mp0.s




:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾヽ、:`ヽ          実際に対話を行う際に心掛けたい場の特徴やルールとして、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:ヽ `ヽ:ヽ      次のような事柄が挙げられるので参考にしてみてください。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト,.:.:ヽ  `ヾ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l:.ヾ'、:.:'、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.ト,:.:ヽヽ:.',                 [対話の場]
:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.lイl:.:.:.:.:.:.:! ヽ:.! ヾ!
:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:/:.:∠!:./、!:.:.:.:.:.:/{ヒリ!:.:.:.:.:.:.:! ヽ!  ′       ① 心理的安全が確保されている場
:.:.:.:.:.:.::.:.l:.:.:.:.:.:/!/=/テトl:./:.:.:/ ゞイ:.l:.:.:.:.:.l  `
:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:/ 〈_ ゞシ/イ:.:.:./  ヽ l:.l:.,イ:.:.!            ② 多様な参加者による多様なものの見方が提供される場
\:.:.:.::.:.:.:.ヽ:.:!   ̄  l:./ :::::::: >:.:l l:.:/
:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:∧|      |′    r' |/ .|/              ③ 答えを押し付けられず、物事の意味や形を
:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.l         ,. -イ   ′
:.:.:.ト、',:.:.:.:.:ト、          ,.イ                       自らつくり出すことが求められる場
l:.:.:!;;;;`ヾ:.:.l  `>-..,,,_    ノ ト、
ヽ:.|;;;;;;;;;;;ヽト<::::::::::::::::: ̄::´::/;;;丶                   ④ 「ゴールとアジェンダのある会議」といった定型化された
;;;;`';;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;>:::::::::::::::::,;;;'´;;;;;;;;;;;;;',
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::r''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l                     コミュニケーションスタイルから自由になれる場
;;;;`;;;;;;;;;;;;;;,.イ:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾl:::::::::::::::::::::::::',;;;;;;;;;;;;;;;;,,..jr――-:、           ⑤ 時間的余裕が確保され、そのあいだに熟慮することが求められる場
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::::::::::::::::::::::',;;;;;;;;;;//`l____,ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶、:::::::::::/;;;;;;;;/〈_/´                  ⑥ それゆえ、必ずしも予想できることだけが起こるわけではない場
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉::,:::';;;;;;;;;;;;;,.>≦,,._


8072 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:02:10 ID:av5Mp0.s




       |  |∧i ∧ | \ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : \               [対話のルール]
      |   ∨ `! : ヽ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
       |       : : : : : : : : : : i: : /!: : : i : : : : : : iヽ\      ① 「私」を主語にして語る(一人称の語り)
      |      |  : . : : : : :i、: :ハ/-|: : : ハ: : : : : : ヽ\ヽ
      | ,|   ./! |、: : : : : : :| ヽi≠ミ、|: : /カ!: : : : : : :ハ `丶    ② 経験談や主観を歓迎すること(多様性を受け入れる)
     |' |  :{{ r1 |ヽ: : : : : : :∨ レt!`|ィ/ ヒj: : : : ト、 : ハ
      | | : :ゝ |: N| : : : :、: : ハ` ̄  /' 、!: : :|、| ヽ: i       ③ 「人はそれぞれ違っていて当たり前」という意識をもっておくこと
      |イ: : : `¨|:|W: . : : : i\ i         ヽ :|`   ヽ!
       /人: : : :j从 :、: : : : 、 `     _ イ、: |             ④ とりあえず判断を保留すること(評価ではなく、違いを探す)
       /イ: :`'‐く__ ヽ: ト、: : ハ     '´_ハ | ヽ|
        |: : : : | ヽ! \ ハ、    {ヽ `  `           ⑤ お互いが話し手と聴き手になって聴くこと(双方向性)
     _ 」: : : : |     \!ヽ¨¨¨´ ハ
  ‐  ̄: : : : : : :|      /: :}    /'ー- 、___         ⑥ お互いの意見や考え方を尊重し、きちんと話し合うこと
 : : : : : : : : :|     Lィ:/  /: : : : : :`丶、


8073 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:02:20 ID:av5Mp0.s




           / _,,.-‐ニ=‐
         /ィ‐'´  ´ ̄ ̄ ̄二ニ=─              対話の場とルールの中で、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄``'‐- 、
.     γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、           私は「主語を誰にするか」が最も重要だと思考します。
     /´::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=‐- ``ヽ、
    /7::::::::::::::::;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ```ヽヽ、    コミュニケーションにおいて、主語の役割は非常に重要であり、
    /;:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::\   ``
   /:;:::::::::::::/;:::::::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::::::::::|:::::::::;:::::ヾ、 ヽ      主語を変えるだけで話の内容や意味が大きく変化します。
.  /イ::::::::;r'7;イ::::::::::::::::::::::ト:::ト:::::ハ::::::::::::::::::i::::::::::ヽ:::::::',`ヾ ヽ
   i:::::;::{ /'r'|:::::::::::::::::::::::|ヽ|=|/ニ}::;:::::::::::::!::::::::::::::ヽ::::::',  `ヾ、   対話は、「私」を前面に出した一人称的発話による
.   |:::;/::レ'  |:::::::::::::::::::::::! イ´{"スjリ!::::i:::::;イ::::::::::::::::::ト::::::',    ヽ
.   !:/|::::ヽヽi::::::::::::::::::::;:::| ``ヾ‐ |;イ:::;/_!ハ::::::::i::::::::!ヽ:::!      語り合いであり、主語が自分以外では対話ではありません。
   |/ !:::::::`T!:::::::::::::::::::ト::i      ' |::;イメゞ:::::::::|:::::::::i ヽ:|
   '  |::;:::;::} !::::;::::::::::::::!ヾi     .::: !'ヾィ/::::::::::;ハ:::::::::! ヽ
     !ハト:::ト|:ハ:::::::::::::| ヽ     ::  `、:::::::::::;! ヽ::::::|  ヽ
.  γヾ_ ! ヾ ! !::::::::::::!    ー-.._ 、 -‐'゙::i|::::::|  ヽ:::::!       実際に、「感情論で言い争う人に対して話しかける意見」について、
  , '   `ヽ、  ヽ:::::|:ト、    丶,`イ::ハ:::||:::::i   ヽ:::|
, <       ヽ、 ヽ::|リ`ヽ、、.,__,/   !' ヽ||::/    ヾ|       主語を変えて書き出したら以下のようになりました。
>、`ヽ、       \゙!   〉          ! |'       !
  \.\        ヽ、,く                            (わたしは)感情論で言い争うよりも冷静になって話した方が建設的だと思います。
   _,>、,\        \`ヽ,
< ̄   \ \     /`>ヽ、 ヽ                     (あなたは)感情論で言い争って喧嘩がしたいの?喧嘩したいのなら他所へいけ。
. ヽ      \ ヽ <´ /    }  ',、
.  ヽ     \ ヽ `´     ヽ  ヾ`ヽ、                  (私たちは)感情論で言い争うのではなく、冷静さをもって話し合いに望むべきだ。
   ',  _,.-ニ-‐´        ' ,  `ヾ、`ヽ,
   _,.-'´  \          ',    ヾ ヽ


8074 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:03:06 ID:av5Mp0.s




        / / ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヽ\
    //,.ィ /´ /,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:.:N:.:ト| l ヽヽ .,           一人称では、相手に配慮して建設的な意見を出せますが、
   //.:/.:.:l/ /.ィ l.〃.:.:.:.:.:.:.:./ l/ l:l   l トi ト:.:.
   ,.: イ.:.:.:/.:.i/.:.:.l /.:.:.:./.:.:/.:/ィ /! ハ i i. N:l/.:.:.}          二人称では、相手や話の内容にレッテルを貼ったり、
   // /.:.::::i.::.:.:.::.:.:.イ/.::/.:.:/.:/.:.::! /:.li.:.:.ハl.:V.:.:.:.:.:.:.l
  〃 :.:..::::l:::.:.::::.:.:::/.:/l.:.:/.:/:.:.:.:.'/./l.::/l.:!:.:|::.:.:.:.:|:.:|          拒絶や否定するような文体になりました。
  /'  l.:.:::::小:.:.::::.:::ム/-!:/.:/::.:.:.:./:/≠にム:.:l::.:::.:.:j:.:!
    |::::/::l::::i:::::::/ィ示|ハ:ハ::.:.:./l/,ィ孑令ミlイ::.:::.:/.:.l           三人称は、主体が曖昧になって、理想論や一般論に落ち着きましたね。
    l:::ハ::::::::|::::::ト.迂r-}  |::./   {ぃfッ}_ 7::://::イl
    l:l l:|::::::l、、:!` ̄ ̄  l.イ     ̄ ̄ /:::/.イ::l |j
    |! |ハ:::::ト-トヽ     {        /ィ.:/ l:/           比べてみると、二人称では口論に発展し、
       ヽ| {:ヽ    __.._     // l′
             ヽ|>‐f´      `!  . イイ′               三人称は会議で面白みのない結論や予定調和の場で見られそうですね。
          ,  ´` く.|        l/  !ハ
        / -―ー 、j      |   / }
    __. -‐{  -――V.! ______ j   /  厂ヽ、              また、相手を主語にした意見は、コミュニケーションでお勧めしません。
 ,  ´    l、  -――! ト ----- ' ./   V   `    __
      l     ノ }- 、   _  イ    !         `  、     なぜなら、人は自分の内面を全て知っているわけではないので、
       l    く/ト、  ヽ '´  /    |            ヽ
   ヽ.  ,j      } .| ヽ __ ノr―x.   !              l   他者の言葉と自己の内面が一致することはなく、
   l  | ./     ノ |         ! ハ.  !             l
   {  V      / / !        ノ /  \|       /      l   大なり小なり苛立ち(コンフリクト)が生じます。
   >′     / ヘ |      〈               /       l
  /     /   ハ |        }           /          l


8075 : ◆sYFOiuOuow : 2020/09/05(土) 23:03:28 ID:av5Mp0.s




                   _ -'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               , -':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ      これで、対話についての投稿を終わりにします。
               /:::ィ:::/::::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /:://:イ::::::l:::::::::::::ムi:イ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::l
             // ///:::::::|:::::/::/ リ1::::::::/:::::::::::イ::/|::::/:::::::::::::::::::::|     最後に、実際に主語を変えて書いてみれば
            /' 〃,':::::::::i:::i::/テ≡ミ|::::::ィ:::::::/=|/=|::イ:::i:::::::::::/:::::|
             / ハ::::ィ::ヘ!' 辷イj |:::/ |:/ rテ≠メ、}::::!:::::::::/:::::ハ     対話の話し方に実感が湧くと思いますので、
              |::::/ |{{ | ``ー'-'|/  ′  辷'´ j !イ::::::::/、::/
               |::/ リゞl    .::: ;    `ーニ´‐'/:::::イ/ヽ}       興味がある方は投稿中で出した例題をやってみてください。
                |/   !ハ     i           /:::/'_, ノ
                ′    ヽ   t=- .._     //イニイ{
                     >、 `‐-‐'´     /' イ/i' `        皆さん、ご清聴ありがとうございました。
                    /  ヽ `~  _, ‐ '´ /  ヘ
                __ --7     {、二´--‐=‐'´      ヘ
          __ - ¨ ̄.:.:.:.:/     lヽ--‐フ'´       / ヽ、
 r==- .._   , ' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./      > -‐'´        /i.:.:.:.:.`ヽ、
 ∨‐- .._  ̄¨ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ∠ --、            {.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  ∨ r‐ニ ‐-∧.:.:.:.:.:.:./     , ‐'´.:.:.:.:.:.:.ヽ            l.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. __∨{   ヽ ∧.:.:.:/  _ ‐´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ          !.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/´  ̄`ヽ、 ノ  ∧ ' , ‐'´{  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       |..:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


「テーマ:感情論で言い争う人に対して話しかける意見」
(わたしは)
(あなたは)
(私たちは)


参考文献
ダイアローグ 対話する組織
知がめぐり、人がつながる場のデザイン-働く大人が学び続ける“ラーニングバー”というしくみ
対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術


8076 : 尋常な名無しさん : 2020/09/05(土) 23:05:01 ID:Obfuy4Cg

投稿乙です
難しそうだけど、ためになるなぁ(コナミ)


8079 : 尋常な名無しさん : 2020/09/05(土) 23:07:48 ID:zAuGdIPI

乙~
「私は」を意識できる様になってから少し余裕が生まれた気がする


8080 : 尋常な名無しさん : 2020/09/05(土) 23:08:44 ID:fyUX00as

投稿乙
咀嚼するのに読み返さないといけないようだ(眠たくなってきた)


8081 : 尋常な名無しさん : 2020/09/05(土) 23:09:36 ID:qqHo8tKY

乙でした

ここらへんの話は現実政治の話にも大きく関わりそう(小並感)





9/11
修正頂きましたので反映しました

関連記事
[ 2020/09/07 15:35 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(5)
124416 :日常の名無しさん:2020/09/07(月) 17:04:17 ID:-[ ]
西洋では違う意見の持ち主たちが議会では侃侃諤諤の舌戦をしていても
アフター5では同じテーブルを囲んで夕餉を共にしながら談笑している。
そういうのは日本の場合だと天誅騒ぎになってると福沢諭吉が嘆いてた。
でも昨今のトランプ騒動やBLM運動を見てるとガチギレ勢というのは
日本にも西洋にもいてキレるツボが違っただけなのかもしれない。
124453 :日常の名無しさん:2020/09/07(月) 22:29:31 ID:-[ ]
ちょっと二人称の使い方に偏見がありはしないですかね?相手に対する問いかけなら対話で二人称を使っても問題ないかと。
例文の(あなたは)感情論で話して何がしたいの?喧嘩したいのなら他所へいけ。も
後半部分が無ければ相手の意見を促す問いかけとして成り立ちますし。
というか後半部分は人称関係なく付け足せてかつアウトなものでしょ。
それにしても相手への問いかけの手段が無ければ相互理解が出来ず、お互いの意見を言い合うだけのものになりそうですが
そのあたりはどうお考えなんでしょうかね……
124469 :日常の名無しさん:2020/09/08(火) 03:35:53 ID:-[ ]
好ましく思う相手が否定感情を表しているなら
(わたしは)○○を大切に思います
(あなたは)何を大切に思いますか (否定の元は何ですか)
(私たちは)譲れないものは譲らずに、協調できることを見つけよう

小さい子相手なら対話を選ばず、むぎゅーってしてぽんぽん
感情的な時点で心理的安全が足りていなさそうだから

肯定感情は……良い面もあるので取扱いに悩む
例. 恵まれない子どもたちに愛の手を。この洗剤飲めるのよ。
124500 :日常の名無しさん:2020/09/08(火) 11:49:35 ID:-[ ]
二人称は対話の時にもあると便利だけど
一歩間違えば口論の火種になるから怖いんだよね
対話参加者が全員一人称しか使ってなければ口論になりようがないけど、それもまた難しい
124556 :日常の名無しさん:2020/09/08(火) 22:02:16 ID:-[ ]
共有可能な緩やかな話題 神の存在について
聞き手と話し手によって行われる 個人の価値観を交換できる
創造的なコミュニケーション 空飛ぶスパゲッティ

よし!できた!
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 国内的な小咄 2065 吉野家の親子丼 (06/25)
  • 国内的な小咄 2064 恐ろしい話をしよう (06/25)
  • 国内的な小咄 2063 各党首の字 (06/25)
  • 国内的な小咄 2062 割るビールやで (06/25)
  • 国内的な小咄 2061 もうだめだぁ (06/25)
  • 国内的な小咄 2060 性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律案 (06/25)
  • やる夫とベネット その後のお話 (06/25)
  • やる夫とデマ子転移 その2 (06/25)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ エヴァ (06/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「シュレディンガーの箱」 その2 (06/25)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「シュレディンガーの箱」 その1 (06/25)
  • 国際的な小咄 9006 ピューリタンを簡単に (06/25)
  • 国際的な小咄 9005 キラキラしていると思っている過去はやばかった (06/25)
  • 国際的な小咄 9004 腐るほど (06/25)
  • 国際的な小咄 9003 実に矯風会 (06/25)
  • 国際的な小咄 9002 それ以上に (06/25)
  • 国際的な小咄 9001 ひぃぃぃいいいいい! 世の理が壊れる (06/25)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十八話 (06/25)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十七話 (06/25)
  • 妖夢達は半妖の少女のようです 番外編 (06/25)
  • 読者投稿:あからさまな現場猫のせいでクラスター (06/24)
  • 読者投稿:小ネタ 世界の冗談 韓国編 (06/24)
  • 読者投稿:性を(略)ぐる(略)めに(略)作(略)る(略)の(略)り及び(略)する(略)め(略)に(略)則(略)る法律 (06/24)
  • 読者投稿:中国の防疫システム:健康バーコードについて (06/24)
  • 読者投稿:小ネタ フィンランド大好きおじさん (06/24)
  • 読者投稿:『服だけを溶かすスライム』についての追加考察その2 (06/24)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 21 (06/24)
  • やる夫と幽香 その8 (06/24)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです 語られなかったとあるお話 (06/24)
  • やる夫とお隣のイポスさん (06/24)
  • 国際的な小咄 9000 国民連合は極右? (06/24)
  • 国際的な小咄 8999 ドイツ人あれ食うやん (06/24)
  • 国際的な小咄 8998 長いし息が続くんだよなぁ (06/24)
  • 国際的な小咄 8997 フランス国民議会総選挙 (06/24)
  • 国際的な小咄 8996 狂乱のるつぼ (06/24)
  • 国際的な小咄 8995 本当に欧米産社会実験やっておりますね (06/24)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十六話 (06/23)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百六十五話 (06/23)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 20 (06/23)
  • やらない夫千年紀 第五四話 (06/23)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百八十六話 (06/23)
  • 国内的な小咄 2059 違うぜよ (06/23)
  • 国内的な小咄 2058 確かに見たことない…… (06/23)
  • 国内的な小咄 2057 あそこ、三国蕎麦だったな…… (06/23)
  • 国内的な小咄 2056 うっそだぁ!? (06/23)
  • 国内的な小咄 2055 ええ…… (06/23)
  • 国内的な小咄 2054 そもそも (06/23)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 20 (06/22)
  • 真・女神異聞録ブルードラゴン 第五十六話:常闇の唄 (06/22)
  • やる夫は夢と現実の世界を旅するようです 第17話 謎の剣士 (06/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!