スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:ちょっと余裕ないから軽率に規制します。言葉遣いには気をつけましょう。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
11/6うわべだけ魔王様
10/28
おねショタ探偵の事件簿 登山サークル殺人事件
10/22
彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです
やる夫は聖杯を落としたそうです
10/18
流星のレイン
10/14
血まみれ勇者
10/13
日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅
10/9
METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~
10/8
かくして少女達は出会う
10/4
横島くんは死神になるそうです
10/2
ファンキー・デッド・ラブ&ピース
その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!
10/1
カップやる夫とマグない夫はタマシイを賭けてしまったようです


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

できない子とSCP 幕間「鏡音リンについて」&67話予告

目次 現行スレ

3147 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:23:43 ID:ZsMln1/U0


                     \._ __/
                       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
                       |  |  |:| |    |       |      |
                       |_|_|_.| |。.  |       |      |
                     /      .\|    |       |      |
                    /        \  |       |      |
                  /            \|       |o    |
                 /                \      |      |
               /                     \   |      |
              /                       \  |      |
            /                           \|      |
           /                               \     |
         /                             \   |
        /                                \ |
      /                                    \
     /
   /
  /






          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|    !:i:i:i:i:|
          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  ∥:i:i:i:i:',
          ヤ:i:i:i:i:i:i:i:l   !1ニニ!!
.           ヤ:i:i:i:i:i:i:i:l   l:|:i:i:i:i:l:!
           ヤ:i:i:i:i:i:i:l   圦:i:i:i:リ:!        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              ヤ:i:i:i:i:i:i:l    !:::: ̄::::|       <  ―――というわけで、先日こういうことがあって……  |
            ヤ:i:i:i:i:i:l    ! :::::::::: |         乂______________________ノ
.            ヤ:i:i:i:i:il   ', :::::::: リ
            ヤ:i:i:i:i:l     ゙= "
              }:i:i:i:i:i{
.             i!:i:i:i:i:ii!
           !Iニニニil
.             !',:i:i:i:i:i:!!
.             圦i:i:i:iリ:!
               i!:::: ̄::: ',
            ',::::::::::::: }
               ヤ、__.イ
.               `ー ''′

                         ┌─────────────┐
                         │廊下を、ヤラナイ夫さんと歩く  │
                         └─────────────┘

                                             ┌────────────┐
                                             │目的地は知らされていない  │
                                             └────────────┘
      ./ ̄ ̄\
     / ヽ、_   \
    ( (● )    |
    (人__)      |
   .r-ヽ         |
  (三) |        |     ほう
   .> ノ       /
  ./二/ ヽ     /
  //// へ>个/ <
 .|////ヽ /\///)
   ̄ ̄ |\/////|





3148 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:23:58 ID:ZsMln1/U0


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     ミス・リトルブライト
  |     ` ⌒´ノ     【問題児2号】 と出会っていたとはね
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /::::::..ヘヤ:>.
    |::::::::::...:.ソ.:|
    |:::::::::::.::::::::|






         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´     みすりとるぶらいと?
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


3149 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:24:18 ID:ZsMln1/U0


■──────────────────────────■
│.        ∨          /                   │
│.       (⌒)         /                     │
│. _ >≦≧  ̄ ̄ ̄ミ、 >' 、   >──ミ、               │   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
│.   /           \  \/        \           │   | 鏡音リン研究員のことだよ |
│.             ,ヘ    \ {          ヽ_           │   乂___________ノ
│        、     / /   ,ヘ  ‘. ∨        _}  | \        │
│      / \ / /   / /   ∨\, ─ 、.>”   |   >、     │
│       i   ` <  / /  /|\ '  /     ヽ//ヽ     │
│       |       ̄ ̄ ̄  |<´iー '─ 、__ > ´>'    ∧   │
│       |           ,ィ7l :lヽ── _ -‐ ´         ∧   │
│       |二> 、       /∠ ! l ヽ ̄               ∧ │
│       |   > >      ー─' ∨   \                 l │
│       | //    `       }      \              l │
│.   l   l ¨´      ト - ィ   /l      \          :|  │
│.   ∨  l       /   /  / !          ヽ ─ 、      |  │
│    ∨ ∧       {__ /   / \!        ,イヽ__)     ! │
│.   ̄\ ∧____      /───── ´ ̄ヽヽ         /  │
│.   / ̄ \∧  ヽ` ー<|                >ー─ 、_ イ   │
│  /    >ヽ  ヽー‐} /ヽ           ‐< ̄ ̄      │
■──────────────────────────■







       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
.      |         }::\        いわゆる、トラブルメーカーというやつさ
     /ヽ       }:::::::\
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)      あだ名の由来は言わずもがな
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)


3151 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:25:01 ID:ZsMln1/U0


   /        }          ∧       ヽヽ   |
   |    ∧  从        /  ヽ       | |   }
   |    { l  ∧ハ    7寸  ̄_∨ヽ    }ヽ } }   |
   {    十弋寸云 ヽ  /   了77/i} }   }ゝ 、/  N   あぁ…リンさんのことですか
    }.     | 了///i}   \/   乂//ノ |..  /⌒ .}   イ
  ノ へ  { 乂//ノ          ̄  リ  ./  ノ   {
      ヽ \   ̄         ´´ ム/ 厂´   ト !   そういえば…私と出会った時もオブジェクトをテレビ番組に出そうとして
        丁´´       _    u.    ィ爪       }
        ヽ                  イ}}   }     /     怒られていました
           ≧=-r― ァzzr-r=≦zァ }辷ニ_ノ  ヘ/
               | イ((〃//////ム| |   ./
               !/ ヽ\〈//ヽ///ムリ/!/





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)     そう、彼女はしょっちゅう騒ぎを起こす
             |     ` ⌒´ノ
              |         }      動機は大概「好奇心」
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


3152 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:25:30 ID:ZsMln1/U0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        /\
      | ̄ ̄ ̄ ̄``丶、      / ̄    }
      |           \  /      /
.       、      \n ∨ /      /
          \__,/´ ̄⌒^'´ ̄``丶、    {                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      (   /   _         \_ノ               | あれをこうしたらどうなるだろう?  |
      __\V  |             ヽ       |          乂______________ノ
      ⌒`7   /\ \「| 「|      :.   _人_
 _人_,    /  :/\   \__|」_|」iイ      :|     `Y´
 `Y´   |  i灯弌ik   ぅ冬朮i |i、 :|      |                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        |  |{弋tツ   弋tツ ハ Ⅳ} ノー―ァ                | あのオブジェクトの能力をこう使ってみたい!  |
        l从 {'''   ′     ''' | |.ノ __ノ                    乂___________________ノ
        )沁,   マ ̄ ̄ノ  /|,ノ   \    _人_
       / ⌒ゝ._    ̄  .ィ   、___ノ    `Y´
    ☆  ⌒`<__⌒≧tr '"厶人_>/⌒ヽ、                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            〈///////ハ   |//////    i{                    | や っ て み よ う !  |
         / V/////`   |/////       |{                乂_________ノ
.        /   V///|¨¨¨¨7////| i    |∧
       /     V//|   ///// i| |     |/∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ    という興味が彼女を突き動かす原動力となっている
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃   ちなみに"財団の問題児"自体は古参であるブライト博士と若い彼女の間にもっと何人もいるのだが…
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉     騒ぎを起こす原因がブライト博士と似ていることから彼女はそう呼ばれているらしい
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|





          __ /{   _
        /⌒Yヽ.V´ <
     /  , ヘ ,_/ ヽヽヽ
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l (●) l,ルリ
    ノハ小  l      ─   .l,/    よく財団で働けていますね…まぁブライト博士やらがいる時点で不毛な疑問ですが
      //ヽゝ>, -r=.イ
       |!〃l│「ィ::ニE7 l


3153 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:25:54 ID:ZsMln1/U0


      / ̄ ̄\
    /     _ノ ヽ
   |       ( ●)
   .|          (__)
   |       ` )    まぁ…別に許されているわけではないんだが
   .|        }
    .i        }     彼女の状況はギリギリのバランス感覚で綱渡りを成功させているのと似ている
    ヽ     _ノ
     /   ⌒ヽ
     |      ヽ





          / ̄ ̄\
         /  _ノ   \
.         |   ( 一)(●)
           |     (___人__)
          |     ` ⌒´ノ
         |          }       第一に…取返しのつかないことは現時点で起こっていないのが大きい
.           ヽ     ⊂ニヽ
         /\    r┴│
  _ -‐=ニ/二_  \--/ニニ }
 /ニニ二二|二ニニ_ __/{_(_オノ |__
ノ二二二|ニニ\二ニ=_  | |  | |二ヽ
ニニニニ|二二_\二ニ_ | |ー‐ヘ|ニニ|
ニニ二二|二二二_\二ニ 」___/ニ=_=|
ニニニニ/二二二ニニ=_二=|二二二ニ=_
ニニニ/二二二二二二=_ |ニニニニニ|
二/ヽニニニニ二二二二| |二二二二|
=く   }ニニニニニニニ二| |二二二二|


3154 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:26:16 ID:ZsMln1/U0


    「    ー- 、 f´/     }
     、     Y      ノ
      \   \b, -一<                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       / ̄了¨/       ヽ       ‐-、      | 彼女の気まぐれによる行動の取り止め、   |
     /     { ,′       i    __,ナ‐、    乂_________________ノ
      i {   | {        |     ___,ノ
      |入  ! f㍍オ        |
      }ヽ| :|「|i |       |
       (  ! ム」i |        八                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         、| :厂        r一                      | 事件は起こるが被害は小規模…  |
        }/| ./}  ,イ /\ト ヽ                      乂______________ノ
          ' |/厶イニj/ニニ\
         rくマニニニニニニ>,>
        /  ヽマ二ニ=‐ ´}
          /  /ト彳   i |

                                       _  __
                               ,..ュ≦ ´: : : : : : `:≧x、
                              / : : : : : : : : : : : : : : : : : :::..
                             / : : ,r /: : :/ ∨ : : : : : : : ; : : :ヽ
                                / : : //,: : :入: :ヾ . .. : : : : : , !: : : : ‘,
                                , :∧/ハ!: :/ ヽ: :`、 . : : : : :/∧ : : : : ',         ,r、
                          ,': :l!:V: : :{!/`ニ==ヾ∨: : : :/__,,彡'!:ハ: :.             | , ヽ
                             ,: : :!: : : : :l´  ̄,ヾミヽヾ彡' ,x=≠ミリ! : : |       __,r 、|  V / _,,
                             {: : {、: : :.:.! ,彡'゙´,..v-...__ , .、 ヾミx、,!: : :    ,r':::::', ', ´ ' /
   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  :: :ヾ: : : : ⊂⊃/:::::::::::::::::::::::::ヾ⊂⊃: : :,!  _,ノ::::::.,/  \ =- `>
   | 直前で他者に止められる、etc…  |   》: : :' ,: : :.{::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::} :::::{! : ,イ!, イ:::::::::::,r{、   '  ,'´
   乂______________ノ  ,': : : : ヽ.: :.、 {:::::::::::::::::::::::::::::::::,  ,': ∧:::::::::::::::::::::ヾ丶=‐‐‐ '
                            /::;r=。、-ゝ:.∧ ゞ::::::::::::::::::::::::::::ノ<//::::::::::::::::::::::::::彡'::::::,'´
                           ,r':./::::::::::`ヽr,ュヾ `>‐---‐チ:.´: :{:::´lil::::::::::::::::::::/´  `¨´
                       /: : {:::::::::::::, γ  ゝ、 //圭∧∧: : :.!:::::ヾx._::::,r;イ:´\
                           /: :/: : ,:::::::::, '´     ヾソ'=ゞ,リ ∨:∧:::::::::::¨!ヾ : : \\
                         /: : :/: : ,ri「」=iゝ     ,ノ∧/// ,rニ∨:∧x≦:´: : :ヾ.: : :\ヽ
                     /: : :/: : : :/:::::::::{::{ヽ __,イ_ ..,》i《 ! ̄ ヾ}ミヾ: : : : : : :jヾ: : : ヾ 、
                    ,':.:/ , : : : , 》::::::::,':::! 三_彡':::ノ ,//} {  ,r!::::l:.:j:ミx: : : :ハ ヾ: : :.::.
                      /'´  {: : : /: !::::::/:::::`::::::::::::/´  ///! `¨,ァ'::::::!:∧リ: : : / !  ヾ彡'
                      l: : : l: :{::::/::::::::::::::::::::,'   ///リ   ,イ l:::::,イ: :.ハ:!:.:/ ,
                           |: : : !: :!::::::::::::::::::::::,ィ   ,r////  ´! .l:::::::|:./  ソ'


3155 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:26:40 ID:ZsMln1/U0


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、    意図してやっているわけではないんだろうが、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         }.,!  ノ'    最悪の事態は今のところ避けられている
.  ヽ        }モニカ
   ヽ     ノソ.:.::.:/
   /:::::.、ヘヤ/.:.../
    |:::::::::..`´.:.:.:/
    |:::::::::::.:::::.i´





         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨| u.   ,   |´      逆に彼女を何とかしたい人からしたらやきもきしそうな感じですね……
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


3156 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:26:54 ID:ZsMln1/U0


             / ̄ ̄ \ -、_
          _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
         (=)(= )/ ´/ /)
.          (__人_) {    , ' ´,/
          '、`⌒ ´  V __, <´
           |     〈´/::::Λ     あとは…仕事自体は出来ることと、
           |       ヤ::::::::::::::Λ
          `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ    知性を持つオブジェクトと友好的な関係を築きやすい点が評価されているというのがある
          /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
    //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
    j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
   i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
.  i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
.   | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/




          __
           > `ー∧―一 Z
          /r__     、 `ユ
        厶'⌒ー一 ⌒ヽ ヽ」 \
         /      ヽ \\   二ア
        ./   /   !  、」  ヽハ 、. ハ
       /   !ハ ! !    、 ヘ iゝ>ハ
      /i .i! l_i V ヽ_  \≧、 r‐\
      ̄! l!ト.∧iヘ   iヽト、. } l/   .f
     .人ハi |:::::::ト、r、!|:::::::| j!/i` .∧{
      ゝ} 、 `ー '    `ームレ |/レ′       友好的な関係?
       } ト、>x. _―_ .ィj ハ.|
       レ ゝ ヽ-r1ハ¨¨i/./‐x
          i \ゝ:l]::::::彳’  ハ
          | i  ヾ. y”   / ハ
          |ノ    ゙     }  .ハ
          l!        λ  ヘ
          |ゝ       f ヘ  ∧
          | ノ         キ ヘ.  ∧
         y′         キ /`  .∧
         /         ヾ     〉
        ./           \ ./


3157 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:29:17 ID:ZsMln1/U0


             / ̄ ̄ \
           /  __,ノ 'ヽ、_
           |   ( ●) (●)
.            |    (___人__)
             |    └ー '´ノ
            |     ⌒ |            , ァァ┐   知性を持つオブジェクトというのは、
             i ヽ      |         ┌、  ///./ 7
            }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /    全てが全て財団に対して協力的なわけではない
           _ノ >-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /
    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |
  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |







             _ Y r'  ̄ミ=-
        ,:'   ^  _ .. -  ゝ=-
         /,:'  j , :^´         ヽヽ
      ,.イ〃 //  j /ヽ  ト、ヽ   : 、}
       ノ   l !  /ナ-ト、 {-≠V トゝ
      ノイ  从 代いソ 弋んソ j!
        { i!   八}u.   i    ムイノ        異常な能力を持っているというだけで
       Vヽ ゝ _  - -  ノ {
           }小lil lil >- イi lilゝヘ       基本的に収容対象ですもんね……
             ゝ{iUjYYYYYYYij
          .イ/////////> .       納得できない方もいるでしょうね
           /////////   ∨///∧
         j//j/////===∨///∧     私もここでそういう方々と出会いましたし
          j//j///      \/j//l


3158 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:29:34 ID:ZsMln1/U0


            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)     だから財団や職員に非協力的、懐疑的なオブジェクトは少なくない
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |      暴れ回りはしなくとも、心を開いてくれない者などどれだけいることか
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\







         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|    あくまで世界を守るためとはいえ、
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ       収容対象の方々から見れば敵のように見えるケースもあるでしょうしね……
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


3159 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:30:06 ID:ZsMln1/U0


             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)
          l     ` ⌒´ノ     そうそう
            |           |
          ヽ       l      財団職員も財団職員でオブジェクトの気持ちを考慮せず
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\      無神経な態度で相手の心情を逆なでしてしまう奴とかいるしね
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||











       _______
     /          \
   __/             \
 /.            、    |
 |.         ,(⌒(●)ヽ    |
 l  lヽ      )> lllllll   /        う"っ
/    ヽ\   `(__,(●) / /
|      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
|     |ヽ、二⌒)、          \









         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´    。o(何気なく放った言葉が過去の自分へのブーメランだったことに気付いた即オチ2コマ漫画…)
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`


3160 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:30:28 ID:ZsMln1/U0


           / ̄ ̄\
      / 〉 _ノ  ヽ、_ \
     / /' ( ―)(― ) |
    ./ //〉 (__人__)  │    ま、まぁそれはそれとして……
    .l  ´ イ|   `⌒ ´   |
    .l    iY         u. |     そういう職員もいる中、鏡音研究員は余計な気持ちを含まずにオブジェクトに接する人間だ
   ./   ハ !       /
   ./  /  ' ヽ      /      元々好戦的だったり凶悪だったりと好ましくない精神を有しているような異常存在は別にして、
   l   /  .〉-r:::┬〈、
 __「 ー‐1  ./Λ 〉.:〈 7//\    心細さ故に財団に対して非協力的になるオブジェクトも一定数存在する
 i//7777|/////V::::::V/////\
 |//////|//////∧::://///////}
 |//////| ///////∨/////////{






■───────────────────────■
│               -‐ァ                   │
│            /    |     .  -‐  う    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
│           /     |  /     /    | 彼女の毒気の無さは、   |
│                  i   | /        /     乂__________ノ
│          (    ノ{  / _ノ      /         │
│             ーァ- _Y⌒Y´      ,、          │
│           /    `¬廴____,ノ  ヽ      ぃ   │
│             /   ∧     、 マ ヘ       ノリ   │
│         〃 ==| 、 ト、/Z _/7 ∨ハ   ゞ==彡   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
│.         / ; _」⌒ 、{ \_/ /\ Vハ 、_乂_   ノ} | そういったオブジェクトに対して強く作用するんだ |
│          ′|  ̄i| -‐\  x=ミ刈 ≧=-  、ー-=彡  乂____________________ノ
│        {  | ト、,仏=ミ    ″ ""|i 了f{」|  `¨¨ア   │
│            { i {い""  _' _ノv) | 爪__ン、‐-‐ ´     │
│          .乂'ゝ込、 `ー ´ .イ 从、__ >      │
│       、__ノ厶仆ゞっ≧=r≦〔、厶仆ソ≧_,         │
│        _ / ̄<√/⌒>'´/⌒ヽア         │
│        ハ   不ぅ ′/  /〃   }          │
│        ∠-ハ7´ 八 {_/  /}  { i  ′           │
│.     ∠_/>ハ. 〃⌒(う≦‐-く   Ⅵ  ;            │
│    .仁<∠ニニハ/ ⌒){ (ヽ   ヽ   }__{、         │
│   {ニニニニニニア/  / ‘,  }  }  {ニ{           │
│   マニニニア 厶イ     、   /   マハ          │
│     辷ア´    └┬…‐-\_ノ-‐…マハ           │
│               |           ヾ.}          │
■───────────────────────■


3161 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:31:34 ID:ZsMln1/U0


      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l         お騒がせな人とばかり思っていたんですけど、
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)      そういう素晴らしい面もあったとは……
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ






       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ        それが100%評価されているわけではないがね
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\      財団とオブジェクトはただ仲良しであればいいというものではない
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/     そういう意味で関係が近しくなることは、両者に対し好ましくない結果を生むこともある
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (       そういった悲劇が、財団内にはいくつもある
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)       ~~~~~~~~~~~~~~


3162 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:32:08 ID:ZsMln1/U0


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)         彼女は計算抜きでやっているからなおさらだ。ただただオブジェクトと仲良くなろうと…距離を近づけようとする
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }         私は、異常存在と、それを管理する側は……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ___mm     基本的には、一定数距離があるべきだと思う
   /:::.ヘヤ::フ<:::::::::::liつノ
    |:::::::.ヽi:::.ソ| ̄ ̄ ̄
    |::::::::::::.`´.:|







    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     しかし……彼女のオブジェクトからの信頼が、財団に対して好ましい結果を生み出したことがあるのも事実
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃   彼女が携わったオブジェクトが実験に協力的になったおかげで調査が進んだり……
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉     オブジェクトの協力によって重大な危機が回避されたりと、ね
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


3163 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:32:26 ID:ZsMln1/U0


              / ̄ ̄\
            / \_   \
           (一)( ●)     |
          (__人___)    │     そういった彼女の評価されている面と、彼女の好ましくない面
            (_`⌒ ´       |
.          {        │     だからこその”綱渡り”なんだ
          /ニ⊃     _/
.         / ┴┐    /}\                   メアリー・スー
        | ニニ}--/ /ニニ}ニ=- __    別の呼び名で【汎愛体質】
      __| _K_八__/ニニ/二二二二__
     /二/|  ̄|__/ /ニニニ〉ニニ二|二二二_
.    |ニ/\ー―| |/ニニ/ニニニニ|二二二{
.    |/ニ二\__|_/二/ニニニニニ|二二二=__
.   //ニニニ二/ニ/ニニニ二二二ヽ二二二二__
   |/ニニニ二//ニニニニ二二二∧ニニ二二二}
   |ニニ二二/|o二二二二二二二/  =ニニニニ|
    ヽニ二二/=|ニニニニ二二二二{   =ニ二二/








                   __  _
                 / ∧\| `ー、_
                /' /:.∧ !|    `ヽ、
             _彡/∠.-==≧ハ     ハ
             ,ィチ_ _     |ハ     ゙、
           /´ ̄     ゙ .  |! ヽ.     |
          / ,  /   \   ヽ   |ハ     !
        /  /  |  |    ヽ   ゙.  ∧   |
        イ  .' __リ   | ゙.   l   | ' ,∧   !
        /.'| | ,ヘハ ハT\ ┼   ! / /ハ从  |
       | | | 升ォァ|/ 冰二ト|    ∠、 .イ.|∧ {
       ヽ.| ト| !`"/  ´乏うヌ>'  イ,ヘ }ィ´!.| | | |
        ヽ. |ヽ|l ヽ   /´//う-',イ!| | ! !ハ !
           \ ヽ r_、   ´ ...-riチ l|.!_ノ | |' |.|   ……何だか、私が言われている言葉と似ていますね
                 \__.....-<  |-r_/|.|_/l|/ !'
              ゝY´Y´Y´/Y7リ ,' | / /
         _____ノニニニニニニニ{、_レ_                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ                    | 【収容体質】か |
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                乂______ノ
         |::::::/:::::::::::/\::::::::::::::::::ヽ:,':::::::::::::::{
        }:::/::::::::/──.\:::::::::::::::::l:::::::::::::::::|
       ,':/:::::/..{><}........\::::::::::::l::::::::::::::::{
        /::':::;イ.............'...................`ヽ:::::::|::::::::::::::ハ


3164 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:32:53 ID:ZsMln1/U0


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      あくまであだ名だけどね
     |     ` ⌒´ノ
.      |         }::\     体質といっても、鏡音研究員のオブジェクトに好かれやすいという能力は、異常の類ではない
     /ヽ       }:::::::\
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)    ………………
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)










             :.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l
             i.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l          ┌─────────────┐
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l          │ヤラナイ夫さんが、足を止める │
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l         └─────────────┘
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:. ′            i.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.l               n.___◎    ___
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:./               〈\.:.:.:.:.:l:.:.:.l            |┌‐┘   く,ニ !   [][]「l
              j:.:.j:.:.:.:.:.:.:ハ           ∨:.:.:.:.:. l:.:.:.l               L.二コ    くノ    くノ
             {:.:.{:.:.:.:./`Y            ∨.:.:.:.:.:l:.:.:.l
            「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ             ∨:.:.:.:.:.:.:.:!
.              |:.:.:.:.:.:彡升Y              {/\:.:.:.:人
     / /    /7777////リ                  ∨/////∧
   / /     //////////j                  Ⅳ/////∧
  |  |     .イ//////////!                 ヾ'//////∧
  |  |   //////////广"                    ∨/////ハ
       ///////////                      ∨//////}
.       ヽ/////> ´                       \////ノ
         `¨¨¨´                                `¨¨´


3165 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:33:40 ID:ZsMln1/U0


                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ー)(ー)
             |     (___人__)
                  |        、'     鏡音研究員のそれは、あくまで本人の人柄によるものだ
                 |       |
                }._\     , |      無理矢理相手の心を開かせ、自分を好きにならせるといったものではない
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '








                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |    ……鏡音研究員にそういった異常な能力は無い
              `               |
                             |
                               |     ヤツと違ってね
               ヽ             |     ~~~~~~~~~~~~~~~
               |             |
.人                /             |


3166 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:33:58 ID:ZsMln1/U0


        /   .     / .  /                         ヽ
      .   /     /  , '{, '                             .
      i /      '  /∨                                  i
       j,/      i /i,/                         .        l
      / ,ノ .   | ' ′          /            l,  | l  .    i |
.     //'{   i   |{ i          iイ'i  jハ    i    ,1  |_|  i    | |
.    ノ'  ‘,  l     .l         i  」.|_l _厶j    l   ./ | 厶|  |   ,ハ|
        ‘, l     i|     i  i/|  从{ l__,厂!|     jハ _厶rl /i} i}  |   .′
           、|    ,ハ l   l  |i,|_.厶斗j/i厂jハ  ノ }八ぅ'少'ノi | /
          .′    j/从 | 弋|人_う'少′   }/  i   ¨¨´  l /}/
.         / /    //,八\l、  '\ `¨¨¨´       |      j./ ′
         / j   j///i  }>、_\  、 \          }       /      ………?
      / /i   l///|  |/,|77介、{`¨⌒ u.           , ′
      ノ'´     、l///|  |/,|//|i川\           __, ,    /
            、  {///i__,ノ/,|//||i´{   丶、     ´    ,∠..._
           \l\/{////|//リヽ.\   `         /    `ヽ
             ` `7⌒7//,′ \丶.       -rく        .
                  ノィi ,///      `  ミー‐‐ 、,」 .ハ    ┌───────―──────────┐
                 .ノ'∨//{,           ̄ ̄}}リ′ }     │ヤラナイ夫さんが、目の前の扉を強く睨む │
                   ///  \_           { {ih       j └──────────────────┘
                 {//              {爪,|rっ    {   |







                  ‐…‐                                    ‐…‐
                /     ┌────────────────────┐      ヽ
             /      │そこには、特殊な装備の警備員さんがいて…… │
             !    〈  └────────────────────┘  〈大〉    |
            ノ  _ -‐…‐- _  )                           ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、                       `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__                   _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :              / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :             ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :          /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :          」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :


3167 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:34:43 ID:ZsMln1/U0


   ┌──────────────────────────────────┐
   │扉の中にはさらに扉があり、幾重にも部屋を分け厳戒態勢で警備が為されている │
   └──────────────────────────────────┘

   ____________________________
   |\ │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ │
   |:::: \|           /> //     \ <\.           |:::: \|
   |\:::: |.        <///        \\>.          |\:::: |
   │ \|..     /> //               \ <\.       │ \|
   |\ │.    <///                \\>.      |\ │
   |:::: \|_____// /                \ \____|:::: \|
   |\:::: | ̄ ̄ ̄ ̄ / /                 \\_       |\:::: |
   │ \|      ̄ /                  \_      │ \|
   |\ │      ̄                               |\ │
   |:::: \|                                      |:::: \|
   |\:::: |                                      |\:::: |
   │ \|                                │ \|
   |\ │                                |\ │
   |:::: \|_______                _______|:::: \|
   |\:::: | ┌─┐ ┌─┐ト、 ヽ      // |┌─┐ ┌─┐ |\:::: |
   │ \| └─┘ └┐│| l|  | |      |│ |│┌┘ └─┘ |.. \|
   |\ │.       └┘| l|  | |      |│ |└┘          |\ │
   |:::: \|.       ┌┐| l| //      ヽ   |┌┐          |:::: \|
   |\:::: |          ││| l|            |││          |\:::: |
   │ \|.       └┘| l|            |└┘.       │ \|
   |\ │.       ┌┐| l|            |┌┐          |\ │
   |:::: \|.       ││| l|            |││          |:::: \|
   |\:::: |.       └┘| l|            |└┘          |\:::: |
   │ \|_______|_l|______________|_______|.. \|_.
    ̄ ̄/                              /  ̄ ̄
     /                              /









                  ┌─────────―─────────────────┐
                   │そしてそれらを抜けた果てに、そのオブジェクトは存在している  │
                   └──────────―────────────────┘





.


3168 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:36:31 ID:ZsMln1/U0


┌─────────────────────────┐
│先に言ってしまうと、今日この日、部屋に入る事はなかった │
└─────────────────────────┘
                               ┌───────────────┐
                               │この最初の扉の前。ここまでだった  │
                               └───────────────┘



     ┌───────────────────────────────────────────────┐
     │私の能力の性質上、なるべくオブジェクトと近づくのが好ましいのだが、それでもこれが許される限界だったらしい  │
     └───────────────────────────────────────────────┘






                ,イ
                 / ⌒ミ三ニ=ー‐--
            ‐r´-ー‐‐‐ー..  、  イ´
.          /         ` 、 ゚。  \
        /     ::i    、   \::::: 、  ヽ
       /        /!    ヽ    、:::',    \
     { ..::/ .:/   / {     {:::    \',    ヽ
     i / :i   /  !     {\、   i}:   、  }
       ,'  :| .ハ{  ∨     {  \   i}::    、y
      {   V_{____,.\  __{___j{  i:::     \
      ',::{ :::V_二,__  \___廴__{、  {::::      \
       {  弋忙尤}”   弌忙朮「ハ  {::     \::: }
       ヽ  \ ̄        \厂/ノ} }:::   、    ヽl     ┌───────────────────────┐
        ヽ   ゝ         u. .∧, }ハ{::  :::ヽ::   ヽ    │一体どんな恐ろしいモノがここにいるんですかと尋ねる  │
          ゚。イ、    ‐ー   イ:: \::::   ハ:::::  。゚    └───────────────────────┘
              `s。   __  .イ、ヽ:::. \.. イ   ヽ::┌───────────────────────────────┐
.     , -――--_._  }     {__\::::::,::  ヽ ',    │こんな、あまりにも堅く閉ざされた扉の先には……どんな怪物がいるのかと │
.     /-__    ̄ ー-‐‐‐― ≧-.__:::::: ハ::}    └───────────────────────────────┘
    /三三三≧=-_    ̄ー=三三ニ―-イ. v
.    {_三三三三三三三≧=-_   ̄ー=三`ヽ
     ',_ ̄ー=三三三三三三三三≧=-____ヽ
.     };;;;;;;;`,,,,,、  ̄ーニニ三三三三三三三三ミ、
.     {;;;;;;;;;;;;;;;;;/`ー- _  ー- _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ヽ
.    i;;;;;;;;;;;;;;;;;{: : : : : : : : : : : : : : : ̄ : : ̄: :};;;;;;;;;;;;}/
     i;;;;;;;;;;;;;;;;;i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i;;;;;;;;;;;;;i
      ハ;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/;;;;;;;;;;;/


3169 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:36:49 ID:ZsMln1/U0


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘

        ┌──────────────────────────────┐
        │部屋に入られなかった代わりに、記録された部屋の映像を見せてもらう │
        └──────────────────────────────┘
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘
                             ┌───────┐
                             │そこには――― │
                             └───────┘
                               └┘


                                   □

                               ・


3170 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:37:11 ID:ZsMln1/U0


                (__) O   。
                 O 0      O      。
                   O O   O           O
                   ○O 0  0        O
                   0 O    (__)    0        O
                    ○ ○ 0   O
                    (__) 0   O    0
                      0 O  0   。            。
                     (__)    0   O    O
                      (__)     0   O
      ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .     (__)  0   O
     : :深い深い意識の底: : .     (__) O    O
     : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :     ○ 0   O     。
                       (__)O  。
                        O O
                          ○  。
                        ○   O
                        O
                        (__)O  0            ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .
                               O O            : :遠い遠い意識の果て: : .
                               ○O 0        : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :
                               0 O
                                ○ ○
                                (__)
                                  0
                               (__)
                            (__)  0
                          (__) O
                           ○ 0   O
       ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .        (__)O
      : :暗い暗い意識の穴倉: : .         O O
       : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
                                   (__)
                                 O
                                O
                                  0   。
                                   0   O


3171 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:38:52 ID:ZsMln1/U0



                                  O。
                               O
                               0
                                  (__)

          ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .
       : :まどろみよりも先の先: : .       o
        : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :        。

                                0
                              。
                               O
                          0   O
                              O



                             o

                                   o            ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:. : .
                                。           : :  虚無にも似た、酷く冷たいその場所で : : .
                                             : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:. : :





                                  0



                                (__)





                             o





                                  __
                              /´ ̄     ̄`ヽ、
                            /           ハ
                            ∥   /丁´`ヾ、/  l
                           ,〃      `l   \  .|
                        ij  ノ   /:.:.|l    \ .|
                          ∥::.:.:ゞ   .i:.:.:.il    ,ィソハ
                          ∥:.:.:.:|    l:.:.:.:li    {.{´`}.}
                     ,-=≠'''"´=_ノ__,,ニ=イ`"''''ー-ァ=彳
                     `ー--==二二==--ー―'''┬''"´
                      / :V {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} }:/ / .::}ヽ _
               , -===彳i:::、 {: {i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ 彡'} .::/ . :v: :ヽ
                /. :{ {_  {:: l ::Ⅵ::i:i:i:i:i:i:i:i:i//__,.ィ/  . :} : ヽ:\
              ' . i:{: :i:i:i、Vi:i\i:i:iゝi:i:i:i:i:i://i:i:/  . : : ' : }: } : :.、
             /. 、:i:i:\i:i:i:  ., ┓ ,┸┓.・┳┐/ . :, .::  : :}
               r' /i,   .┏:┛┸;,:::::::::::::.;┛,.¨┗┰┓  . :∧
               },:i: ,┏┛┸’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘ ’‘】;. ,
            /;i:i:i;】::::::::::::::::::::::::夢すら見ずに魔女は眠る:::::::::::::【・ : : :.
.            /:/i:i:i:i 〝┯┓,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::】‡’  :\
         / /i:i:i:i:i:i:i:i:f¨7  `¨‘┳┷∵,:::::::::::::::::::..:::::::::::::::┝ 〓  〃  ̄\
{        //  {i:i:i:i:i:i:i:i/ 〈 { ー {: : : } 】 ┿┏¨  ╂・┓.† . : :/ /. :/   .::} 、
::ヽ   _ / :. '‘, Vi:i:i:i:i:i:{', \',_.. vー=', {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://'  . : / /. :/   ..::ノ .:}、_
::/{  〃/  ::. {i:i', ヽi:i:i:i:i:i:. ¨\>、 ::ヽi:i:i:、_)i:i:i:i:i:i:i:i://i:/ . :/ ィ . :/   ..::/ .::, .:}.::`ヽ_


3172 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:39:48 ID:ZsMln1/U0


:     |  |::::::/\       /                 /             ヽ
:/   |  |:::/   \   /        /     /       /;     ヽ   |
  /  |  |/^\ \   :′   /            ′    /  |  |    l
   八 |   \   |        |    /          |  ト、  |   |
/ .:/ | ヽ     \  |  /       _ __  /      |
  :i  |:::| \        / |l    ‐  「  /   / ̄ ̄¨>x]  |l ト    | |
 l |   |:::|   \      |/        |    /-― ―┐   |   |l | 〉   乂     ノ
 l |   |:::{\     ‐-/|  |l     |// ____     :  八 レ    |    ̄
 l |   |:::[  \   / 厶  |l     ̄| ̄ 丁¨¨Τテ卞、   |l /_〉     |     ┌─────────────────┐
 l l /:|:::|l、   \ {  {  \、      |   ヽ _し:::丿   /、了]   ∧ |     │会うことも許されない、扉の先のさらに先 │
 l | |::|:::|/\   人 ゝ ^八     |               \| /   ^    └─────────────────┘
 l | |::|:::|         \ \   \                   ヽ′ /
 l | |::|:::|     \   \_ ノ \ !  し             /   /
 l | |::|:::|      \   八 /∧     ト                }      え…? あ、あの扉の先には―――このコがいるんですか?
 l | |::|:::|       >/ ∨  \             -―― - ,                                 ~~~~~~
 l | ∨::j       ∧ /  /|                       ′
   | ∨      / ヽ /  |  /|  `                     このコのためだけに、あの警備が―――?
   |ヽ     _/ 、     レ  |  /| />      /
   /  )  / ヽ  \      レ  |′〉       ‐
/ / ,/   /   \   丶          |/|
 /     /       \   ‐-       /
l/   /            、             \







              ´ ̄ ̄ ̄ヽ
           /
             |´\  /`   '
             | (●) (● )   }-───── ヘ
             | (__人___)   ムム: : : : : : : : : : :.ハ
          八  `⌒´    ム|: ム: : : : : : : : : : : : :\        ……そうだ
          /: :∧      ./ |: : ム: : : : : : : : : : : : : :\
       ./: : : :./∧    /  .|: : : ム: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : :: : : :': : :|  ̄ニニ7\ イ: : : : :〉: : : : : : : : : : : : : ┌───────────────────────────┐
   (`: : : : : : : : |: : :|ヽハニ7   |: : :/: : : : : : : : : : : : : : │そこにいたのは、生命憎む大蜥蜴でも、禍々しき狂戦士でもなく │
    (\: :: : : : : ..|: : :|   二.   |: : :\: : : : : : : : :|`ヽ: : : └───────────────────────────┘
   |: : : : : : : : : : :> |   ニニ   |: : : : :}: : : : : : : :.|  \: : : : : : : : : :\
   |: : : : : : : : : /: : |  .ニ二  |: : : :/: : : : : : : : :|    \: : : : : : : : : :)
   |: : : : : :八:.∧: : !   二二.  |: : :/: : : : : : : : : :|     \≦匕 : :./
   |: : : : : : : |V:∧: |  二二| .|: :/: : : : : : : : : : :|     / : : : : : :./
   |: : : : : : : | V:.寸   {=== | |:/: : : : : : : : : : : :|    ./ : : : : : :./
   |: : : : : : : |   Vム  |ニニニ| |: : : : : : : : : : : : :.!     /: : : : : : :/
   |: : : : : : : |   .Vム. |ニニニ| |: : : : : : : : : : : : :|   ./: : : : : : :/
   |: : : :.>'⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/7ー‐㍉: : : : : : : :.!   /: : : : : : :/


3173 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:40:35 ID:ZsMln1/U0





┌─────────────────────────────┐
│おおよそ、厳めしい守りには似つかわしくないような、少女――いや、  │
└─────────────────────────────┘





                   /:::::::::::::::::: |      \/         / ::::::::::::::::::::::: \
                  /::::::_____|       ____    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::\     ,..  -‐=ニ::::::::::::::::::::::::`ヽ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ア|
               / :::::::::::::: \_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          / :: |
           /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘:,.      / :::::::: |
             /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,   /:::::::::::::::::|
            ./:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ‘,   \:::::::::::::::::|
           /___/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \:::::::::::|
          ./\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::/       \:::::|
         /::::::: \ :::::::::::::::::::::::::::::::::: //:::/}/}/\::::::::::::::::::::: /           \       ┌──―───┐
       ./::::::::::::/`¨¨¨¨¨¨アT「ミ== //   ̄`ヽ.  }:::::::::::::::/`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ア       │ 小さな、魔女  │
      /:::::::::/        /:::::::{         `===彡 }:::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         └──────┘
     ./::::::/        ./:::::::込、  '        /:::::::::/ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ../:::/        |:::::::::/  〕ト . `       /::::::/フ:::::::::::::::::::::::::::::::::/        ┌─────────┐
    .//             |::::::/    ノ≧=‐-‐=≦/:::/ /::::::::::::::::::::::::::::::/          │魔女が、眠っていた  │
   /            |:::/   __,ノ>==ミ   ,//\ / ::::::::::::::::::::::: /             └─────────┘
                  |/  ノニ/ O O }/ ̄三= /:::::::::::::::::::::::/
                     /ニ={mmmm,ノニニニ=/::::::::::::::::::::/
                   /ニニ/  ∧  }ニニニニ/:::::::::::::::::/
                /二ニ=/__/ ∧_,/ニニニ /::::::::::::::/


                                                                  ┏──┓
                                                                  │続く  │
                                                                  ┗──┛


.


3174 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:41:12 ID:ZsMln1/U0








                                      ――┐    __ .r―‐        _r―‐┐
                                      /::::: r―┘ ./::::::::::::| :|:::::r=ミ::\   / _|__ `丶、
                                       人:::::::\.   /:::::/ ̄ ̄ |:::::| __ノ::::::|   / ./ _rァ_ \. ‘,
                                       \:::::::\ |::::::|     |:::::||:::::: /  j |   rァ rァ  | {
                                     ___,〕::::::::| 、:::::\___.|:| ̄   〈   >く´  ``><.  〉
                                        |::::::::::::::::::/. \::::::::::: |. |:::::|        \__   ̄ ̄ __/
                                      ̄ ̄ ̄      ̄ ̄   ̄         ≧===≦
                                     S e c u r e ,  C o n t a i n ,  P r o t e c t



                                        幕間「鏡音リンについて」&67話予告








.


3175 : コナタデ ◆8VlxH6ynVs : 2020/09/01(火) 21:41:26 ID:ZsMln1/U0

幕間&予告でした
67話は9月7日にやりたいなと思っています
よろしくお願いします

新規AA
・アシュリー(メイドインワリオ)


閲覧ありがとうございました!


3176 : 名無し-Red-市民-2 : 2020/09/01(火) 21:43:10 ID:RqMlze6g0

乙!
この子かー


3178 : 名無し-Red-市民-2 : 2020/09/01(火) 21:49:50 ID:gUwivgIo0

投下乙
わざわざ先駆けてリンちゃんを出した以上、何事も終わるはずがない…


3180 : 名無し-Red-市民-2 : 2020/09/01(火) 21:52:32 ID:iRmGcmX.0


魔女が来たか


3183 : 名無し-Red-市民-2 : 2020/09/01(火) 21:59:21 ID:T/y7ef8Q0


3185 : 名無し-Red-市民-2 : 2020/09/01(火) 22:41:55 ID:Pzf/oia60

乙乙
最大限警戒しないとヤバすぎるヤツ


3188 : 名無し-Red-市民-2 : 2020/09/01(火) 23:35:12 ID:adY3ZQlA0

乙です


関連記事
123760 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 17:24:29 ID:-[ ]
ガチでやべーやつきちゃった……
124042 :日常の名無しさん:2020/09/04(金) 03:37:32 ID:-[ ]
財団にはがちでやべーやつなんていくらでもいるだろうが!!
124176 :日常の名無しさん:2020/09/05(土) 09:45:06 ID:-[ ]
最初に存在を示唆されたのが2015年のクリスマス回…長かったなぁw
124285 :日常の名無しさん:2020/09/06(日) 08:20:25 ID:-[ ]
世界いちー 皆のー人気もーの

そういえばあの博士役がワリオだったのってそういうことか...?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
読者投稿:ワセリンについて (12/03)
  • 読者投稿:六花亭のご容赦どら焼き ~ 我が家のスパイス (12/03)
  • 読者投稿:「たのしいぱちすろ」~スロッターの朝は早い~編 ~パチ屋に咲く花~編 (12/03)
  • 読者投稿:骨折についてと骨折はやばいんじゃについて ~ 簡単にですがМ1準決勝レポ(ネタの内容についてはないよ) (12/03)
  • 読者投稿:クロテッド・クリーム代用品チャレンジ (12/03)
  • 読者投稿:GEの話蛇足 「銃周囲の事情とその変遷」 (12/03)
  • 偶には懐かしい話でも やる夫とミクとヘスティアさんの崩壊世界暮らし(大変とは言っていない) その4 (12/03)
  • やる夫とプリンツ・オイゲン (12/03)
  • うわべだけ魔王様 第6話 (12/03)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百十九話 (12/03)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第十話 (12/03)
  • 国際的な小咄 7937 なんとも面白い話ではないか (12/03)
  • 国際的な小咄 7935~7936 暫く扱いません ~ チベットやウイグルの場合 (12/03)
  • 国際的な小咄 7934 ……お前は何を言っているんだ……? (12/03)
  • 国際的な小咄 7933 死ぬな……それは (12/03)
  • 国際的な小咄 おまけ (。´・ω・)ん????? 他 (12/03)
  • 国際的な小咄 7932 読者投稿がなぜ生まれたか (12/03)
  • 読者投稿:たのしいお酒の話 初めてのカクテル ~ とぅりびあるネットスラング 「シーフ」 (12/03)
  • 読者投稿:訂正とお詫び・下石橋愛宕塚古墳 (12/03)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄 広島県編 個人的な尾道ラーメン事情 (12/03)
  • 読者投稿:競馬のすすめ ジャパンカップゆる回顧 (12/03)
  • 読者投稿:鹿児島の小咄 ~こんなところに鹿児島が~ ~市町村合併のアレコレ~ ~鹿児島風俗事情~ アニメの小咄  ~新ゲッターロボ  原作:永井豪、石川賢~ (12/03)
  • 読者投稿:仏教 日常の中の瞑想 (12/03)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 35 (12/03)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 34 (12/03)
  • 残念美人オルタちゃんの華麗なる日常 最終回 (12/03)
  • METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ 第1章《焔継ぐもの》 第8話「涼宮ハルカの冒険・前編」 (12/02)
  • そんな二人は同棲中 第十九話 惚気 (12/02)
  • 読者投稿:政治思想の理想な小咄 (12/02)
  • 読者投稿:ペットボトル紅茶についての雑感 (12/02)
  • 読者投稿:君はこのゲームを知っているか! (12/02)
  • 読者投稿:先日の日中外相会談への批評についての話 (12/02)
  • 読者投稿:ゲーム史紹介!フロム・ソフトウェアKING'S FIELD三部作の1~2編 (12/02)
  • 読者投稿:広島焼きという名称の利点 ~ お好み焼き呼び方問題 (12/02)
  • 真成町の奇妙な人々 第十二話 ドールハウス (12/02)
  • 59号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです ふぉーるあうとすりぃ うらばなし 12 (12/02)
  • 【◆KuKioJYHKM】鷲尾くんのイヌワシ日記 (12/02)
  • 読者投稿:光学入門 第1回 光の速さ (12/01)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄 富山編……天神講 (12/01)
  • 読者投稿:日本の左派から見たサンダース ~ 日本の左派から見たポピュリズム ~ 簡単な読者投稿の話題の作り方 (12/01)
  • 読者投稿:インディアンの文化に対する評価について (12/01)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説~24かいめ~ (12/01)
  • 読者投稿:ペット紅茶と缶コーヒー (12/01)
  • やる夫たちでソードワールド 才能だけはあるやる夫! (12/01)
  • やる夫たちでソードワールド アスリートキングやらない夫 ~ シチュエーション戦闘やってみよう~街道での挟撃~ (12/01)
  • やる夫たちでソードワールド 選ばれし二人と凡人ダディのソードワールド 5 (12/01)
  • やる夫たちでソードワールド モヒカンの世直しラクシア旅 投げっぱなしジャーマンスープレックス (12/01)
  • やる夫たちでソードワールド ナイトメアオンリーPT ~ ラーリス教団PT! (12/01)
  • やる夫たちでソードワールド ギフテッドやる夫の冒険者学校 小ネタ (12/01)
  • 国際的な小咄 7931 Wow!!! Unbelievable! (12/01)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/10)
    ※完結作品は集計した前の月(9月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    \
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1女神転生・超儀典 やる夫の割りと暇な女神転生
    2やる夫の現代ダンジョン2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    4横島くんは死神になるそうです4あんこ時々安価で鬼滅の刃
    5やる夫は魔導を極めるようです5やる夫はソロハンターのようです
    6あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG6ローグライク異世界転生
    7やる夫たちでソードワールド7華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    8やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。8異世界食堂できない夫
    9白頭と灰かぶりの魔女9やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    10やる夫は聖杯を落としたそうです10ドクオが異世界転生したようです
    11血まみれ勇者11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱12ご加護なカンジ
    13デーモンスレイヤー13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部14やる夫がアイドルになるようです
    15日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅15やる夫はギルドを経営するようです
    16できない子とSCP16レベルを上げるスレ
    17アカガネ山のやる夫17アメリカンヒーローアカデミア
    18人形使いできない夫の旅路18やる夫はLVが上がらないようです
    19やる夫がロードバイクに乗るようです19やる夫は男子校?に通うようです
    20それ行けサイヤ人やる夫!20証言と証拠は安価とあんこの後で
    21英雄を作ろう!21やる夫の野望
    22やる夫は仲間達と冒険するようです22新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    23あんこ時々安価でヒーローもの23やる夫たちは三連星(代理)のようです
    24◆25NC1ovscM総合24主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    25METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~25やばキャン凸
    26やる夫王子の暇つぶし26やる夫博士とゆかいな仲間たち
    27やる夫達は人間ではないようです27ダンガンあんこ
    28やらない夫がサッカーで天下統一するようです28やる夫は人形使いと呼ばれるようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29あんこくさい連合
    30その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!30やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    31森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠31オーバーあんこ
    32ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1132STALKING!!
    33ファンキー・デッド・ラブ&ピース33ダンガンカオス
    34やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです34できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    35流星のレイン35Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    36彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです36コンピューター様、情報更新は義務です!!
    37やる夫は駅の記憶を集めるようです37翠星石の『細川煩擾記』
    38やらない夫は集われるようです38真紅はお嬢様呼ばわりされたくないようです
    39そんな二人は同棲中39やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    40魔女はやる夫になるようです40二人はヒャッハー世界の何でも屋


    過去ログはこちら
    人気ページランキング