スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:実際の戦闘について扱う戦士学について

目次 国際的な小咄

9827 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:02:47 ID:U5.iuFYg

書きあがったのと、戦闘系の話題なので、6レスほど実際の戦闘について扱う戦士学について短く投稿してみようと思います。


9836 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:08:41 ID:U5.iuFYg




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l|.  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|  じゃあ、戦士学の解説をするね。
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |. .AAはイーニャ・シェスチナだよ。
       |-|、 |   l.       .      /   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l    ...具体的な戦いかたというより、
       .|│ ||.|  .ト、    ゞ二フ   ./ l゙   .|/ .l
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |      戦闘や命の危機に晒された人間の体に起きる生理的な反応と、
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |     その状況下の対応を解説するね。
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:..:.| |:.:.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|




                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }      .おはなしを書くときのアイデアにしたり、あぶない目にあったときの参考にしてね
            ヽ{  | |ソヘミ ー<厶/`У / /
.                ∨ | トx≠ミ   x=ミ.∨ / /      .ここで解説するのは、戦争の心理学(2008)(デーヴ・グロスマン
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  マ__フ  〉/ /´ |      .ローレン・W. クリステンセン)の本の内容の一部で、
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\    投稿で興味を持った戦う仕事の人はこの本を読んで
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  \. あと、作者は専門じゃないから、詳しい人のコメントや突っ込みがあると喜ぶらしい
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /   \
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |
  /  /   ∨ /           /  /∨  `ヽ.       |  |    |





9838 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:09:30 ID:U5.iuFYg




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .       /   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    -─-    / l゙   .|/ .l   まず、実際の戦闘状態というものがどういうものかを理解してもらうために、
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |   関係ないと思うかもしれないけど、恐怖症について解説するよ
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.ニ三ゞソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|三三三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|


恐怖症(wikiより)
恐怖症(きょうふしょう、英:phobia)は、特定のある一つのものに対して、心理学的および生理学的に異常な恐怖を感じる症状である[1]。

恐怖症は『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』(ICD)によると、不安障害に分類され以下に細分される[2]。

F40.0 広場恐怖 (症)
F40.1 社会恐怖(症)
F40.2 特定の個別的恐怖(症)
F40.8 その他の恐怖症性不安障害
F40.9 恐怖症性不安障害,詳細不明
このうち特定の個別的恐怖(症)は、雷などの自然災害や、蛇や蜂など特定の一種類のものに対しての恐怖を感じるものである。

恐怖の対象に遭遇したとき、恐怖心や不安感の程度によって、不快感やめまい、
吐き気といった症状を催すが、極端な場合にはパニック発作をきたすこともありうる[3]。


9839 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:10:07 ID:U5.iuFYg




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |   簡単に言うと、それに遭遇してしまうと理性を飛ばして、
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l      .生理的な本能の部分で反応が出てしまう不安障害のこと。
       .|│ ||.|  .ト、    ー─    / l゙   .|/ .l
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |     ちなみに、私(AA元)はボートで海に出ようとすると
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |     パニックを起こして泣き喚いたり、無理に海に出ると、
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|     恐怖のストレスで気絶するくらいの海洋恐怖症なの
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.ニ三ゞソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|三三三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|




        ____
      /    :\
    /        :\
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|    もし、強い蛇恐怖症の人の前で蛇の入ったバケツをひっくり返したら、
  | :| |/示    示ヘ| | :|
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/     .その人は恐怖症の反応が出て、考えることを捨てて全力で逃げ出して、
   .| | | 》     `  《| | |
   .| | |\_二_/| | |     ..人によってはおもらししちゃうの。
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |
  /| |\o\/o/| |ヽ       これを聞いてカンのいい人は分かるかな?
 /_ | ||二└┘二| | | /|
  / | .|     Y   Y | \
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ


9840 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:11:05 ID:U5.iuFYg




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .|| ,-| .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |, ム lリヽ .||,.l、   | |/__|| ||   .l |   |   そう、これは戦闘や命の危機に遭遇した多くの人間がする反応にそっくりなの、
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||  -|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|  それを恐怖症の反応とすると、ほとんどの人が持っている恐怖症の一つとして
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}      {r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少      :乏沙´.l/   .|  .|   |  対人間の攻撃に対する恐怖症というものが見えてくるの
       |-|、 |   l.       .      /   |  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |                 /|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、     r=.,    ./ l゙   .|/ .l
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |      .例えば、人が大勢いる部屋に入って、その内一人を撃ち殺したら、
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |       警察の人や軍人以外のその中の普通の人のほとんどは恐怖症の反応を示すでしょ?
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.:..i i=ll=i.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:..,ソr-、',.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ==i (●)ト!.メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.l トニ/!..:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.:.ト 、_,.、!'-‐、、..:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:..f'"`! ├、_,:;'-、..:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.l'_,.__.| ト-ノ,..  ヽ、.ソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:./(, ,  ー'`‐'" ̄  ト..三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|




        ____
      /    :\
    /        :\
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧  これを作者のデーヴ・グロスマン中佐は、普遍的な、
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|
  | :| |/示    示ヘ| | :|.  つまり、ほぼ全ての人間が持っている恐怖症として、『普遍的恐怖症』と名付けたの
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/
   .| | | 》     `  《| | |
   .| | |\_二_/| | |  ...普通の恐怖症と違うのは、出会う人みんな自分を殺しにくるかもって怖がってたら、
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |
  /| |\o\/o/| |ヽ.   ふつうに生活を送れないから、人間への恐怖は感じないけど、だからこそ自分を殺そうとする人に会ったら、
 /_ | ||二└┘二| | | /|
  / | .|     Y   Y | \.. .そんなバカなって、すごいショックを受けるから、前もって心構えをしておかないと打ちのめされちゃうの。
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ


9842 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:11:45 ID:U5.iuFYg




                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧  .....実際に、アメリカ精神医学会の出しているDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)によれば、
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }  ..ストレスの原因が人為的な物である場合、その影響はより大きく、より長くなるの。
            ヽ{  | |芹云 ー<厶/`У / /
.                ∨ | ト じツ    じハ∨ / /    .第二次世界大戦中の米軍は精神的衰弱によって50万4000人の兵士を失った。
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  っ  〉/ /´  |    .これは米軍の死者数41万と比べても多くて、
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\  米軍が投入した全兵力1635万人の3%を精神的理由で喪失したの。
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  戦闘状態とは、こんな『普遍的人間恐怖症』が支配する状態なの。
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /   \
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |



          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|  そんな普遍的人間恐怖症の精神的ストレスにまみれた場所で、
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″ 銃声が響く方向に自ら進んでいって戦える人間を作り、
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    ー─    / l゙   .|/ .l      その人が健常な日常生活を送れるようにする。
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |     .そのための訓練と教育を行うのが、戦士学の目的なの。
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|


9843 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:12:40 ID:U5.iuFYg



おまけ



          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l|.  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|  ..この普遍的恐怖症は、ほぼ全ての人が持っているの。
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .      /   .|  ,l-=''″   そう、"ほぼ"全て、人口の98%位の人、残りの2%は持ってないの。
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    ゞ二フ   ./ l゙   .|/ .l      2%の人たちは戦闘状態でもあまり恐怖を感じず戦ったり、
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |       ストレスを感じず殺したりできるの。
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:..:.| |:.:.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、




                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |芹云 ー<厶/`У / /
.                ∨ | ト じツ    じハ∨ / /    .この人たちは攻撃的社会病質者として分類される人たちで、
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  っ  〉/ /´  |    .社会病質者(ソシオパス)という他人への共感性が低いパーソナリティ障害を持った人の中で、
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\ .攻撃性も一緒に持った人なの。
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  人間には、それくらいの割合で戦闘の才能を持った人がいるってこと。
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /これについて、専門外の作者が詳しく取り上げるのはやめるね。
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |
  /  /   ∨ /           /  /∨  `ヽ.       |  |    |


9844 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:13:20 ID:U5.iuFYg

以上です。
緊張した・・・


9845 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:14:38 ID:Cj7YAV5o

投稿乙
途中まで読んで止まっているけど、興味深い本やったわ(戦争の心理学)


9846 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:17:08 ID:caxrN.UY

乙。
つまり、戦士学の目的とは
「戦場では、動じる事なく冷静に(ある意味では)機械的に任務を遂行(敢えてぼかします。殺すだけが戦闘じゃないんで。)する。
日常では、人を慈しみ、人の死や辛い事を悲しむ事ができるようにする」
でOK?


9852 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:21:38 ID:U5.iuFYg

>>9846
日常に関してはそこまでというより、純粋に健全な生活送れるようにすることですね。
戦争から帰った兵士や、戦闘することのある警官は、心壊しちゃったりトラウマ持ってたりで日常生活に支障が出る人が多いので・・・


9848 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:18:44 ID:8E8FS9xo

>>9843
メタルギアシリーズの雷電(ジャック)を思い出した、兵士から日常に戻れなかったヤツ
あんな感じなのかな


9853 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:23:01 ID:U5.iuFYg

>>9848
見てないので分かりませんが、また戦闘に行きたいと思って参加する人が多いそうです。


9850 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:20:56 ID:aUbpksbw

デーブグロスマンは一時期崇められてた反動が今来てるから評価が難しい


9861 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:29:59 ID:U5.iuFYg

>>9850
今は兵士や警察官がより良い日常を送れるようにすることに興味が移ったのか、
聖書に基づく、戦闘する仕事の人の結婚生活を成功させる方法とかの本書いてますね。


9854 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:23:32 ID:K9.SJDkA

>>9852
アメリカ政府「ベトナムで満期除隊する子は可能な限り早くアメリカ本土に返してあげよう」(善意)


9863 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:32:37 ID:U5.iuFYg

>>9854
本土アメリカ人「ベトナム出兵組は残虐無道な人殺しの糞野郎!」

このダブルパンチが・・・


9857 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:25:17 ID:P.ch98Z6

ふとした疑問、PTSDって治るの?


9867 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:35:47 ID:U5.iuFYg

>>9857
直す方法として、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)が薦められてましたね。
気力が持てばその内書くと思います。


9865 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:34:46 ID:8oR6wgZo

>>9860
日本人でFMJ見た人だと、
「ハートマン軍曹は人格破綻者だからこんな罵倒するんだ!まともな軍曹だったらちゃんと優しいんだろうな」って解釈しちゃってる人たくさんいるんだろうな


9868 : ◆GI6LgZV2Eg : 2020/08/29(土) 14:38:54 ID:U5.iuFYg

>>9865
実は最初はハートマン軍曹AAでやろうとしたんですが、文章がヤバいことに・・・


9847 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:18:25 ID:JtpACll2

乙っした

高所恐怖症持ちだけど、
戦場だとあの感覚が逃げ場もなく毎日かぁ…

ダメだな、3日で俺使い物にならなくなるわ


9851 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:21:32 ID:K9.SJDkA



>>9847
ワイも高所恐怖症持ちで昔は椅子の上に立ったりするだけでも足が震えていたけど
脚立使う仕事やってたら慣れたのか薄らいだでw


9855 : 尋常な名無しさん : 2020/08/29(土) 14:23:52 ID:d7i2hfD.

乙です
ということは、怖いと感じる98%を戦闘させるための、本能をねじ伏せるメソッドが何かあるのか


関連記事
[ 2020/09/01 23:09 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(11)
123664 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 02:01:06 ID:-[ ]
格闘技やって人と殴り合う経験をしてから恐怖感と攻撃性を少しだけ制御できるようになったなあ。
123675 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 03:12:16 ID:-[ ]
古代において肌の色が違うからアイツラは人間じゃないという教育をしていたのは
精神安定を目的とした合理的な意味があったのだな
123706 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 10:15:20 ID:-[ ]
格闘技って程でないけどその手のもののさわりをやってるけど
教育によって他者に攻撃を行うことへの忌避感を覚えている、攻撃されることへの恐怖の他に攻撃することへの恐怖ってのもある。
授業武道とかもろもろでこのストッパーを外せてる人もいるけど、ならしてこのストッパーを解除しないと約束組手の攻撃側(反撃されない攻撃の練習)もちゃんとできなかったりする
そういう意味で心→技→体で鍛えた方が強くなるってのはあるよね
123721 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 11:39:35 ID:-[ ]
むしろハートマン軍曹AAで見てみたかった
123732 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 13:06:30 ID:-[ ]
慰安婦ってPTSDの予防軽減よね
同じ地方から来た人とピロートークに訛り言葉で郷里のお話したりって大事
それが出来ない現代での損耗は…
123735 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 13:14:23 ID:-[ ]
じゃけん、死に起きして、肝練りして、子供時分に子犬を飼いましょうね
123745 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 15:05:35 ID:-[ ]
グロスマンの戦争における人殺しの心理学と戦争は女の顔をしていないを
一日で読んで頭があうあう状態になりました。 戦士の資質とも言える特性は
先天的だとサイコパス、後天的にはソシオパスでしたか、この両者の区分けが複雑な上
戦場の特殊性も相まってこの類の話は非常に重要かつ、難しいですね
123748 :日常の名無しさん:2020/09/02(水) 15:28:14 ID:-[ ]
第二次世界大戦のアメリカ軍のアルコール依存症で後方送りにされたのが
全体の2~3%でこの内かなりの数が恐怖心から逃れる為のものではと考えられています
ベトナム戦争時には阿片の原産地に近いことも相まって
かなりの数のヘロイン中毒者が発生し今日のアメリカの薬物汚染の遠因となっています
PTSDの治療だけでも難しいのに薬物中毒の治療も、なると打つ手有るんでしょうか
124036 :日常の名無しさん:2020/09/04(金) 01:34:15 ID:-[ ]
2%って言うと学校の1~2クラスに1人くらいはいる計算。
案外身近だよなぁ
124041 :日常の名無しさん:2020/09/04(金) 02:10:33 ID:-[ ]
ベトナム帰りの方が、俺たちの時代にゲームボーイがあれば、みたいな話があった記憶
124273 :日常の名無しさん:2020/09/06(日) 06:30:45 ID:-[ ]
マンターゲット訓練みたいに
簡単な動作を、反復練習で反射的に行えば
効果的に殺害できることができるようになるというのも
生き残るためには必要だ罠…でもその効果を目の当たりにしたり、理解するとやっぱりアレという話

>>アメリカの薬物汚染の遠因
アメリカの場合はそれに付随して、薬は創造性に革命的なインスピレーションを起こさせる(DNAの二重らせんを思いついたのはLSDをキメていた時と吹聴していた時もあった模様)。だからLSDを使う事は正義
として、無料で配布していた時代もあったのが余計に面倒な事態になったんだと思う…
(エイリアンの脚本を書いたダン=オバノンさんのお話を聞いたときは、マジか…アメリカの一部の映像系SF作家は未来に行き過ぎて過去に戻っている感が…と思ったものさ。そして音楽系の人が薬にハマるのも何となく納得はした感…理解はできんがな)

最大の薬物汚染の原因は、貧困の差とお隣からの大量流入なんだろうけどさ
そして最大の通り道のメキシコは
政府の統制が取れないリアル戦国時代と化しているという袋小路っぷり
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ソロやる夫くんソロる その34 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その33 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その32 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 後編 (10/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】唐突に氷河期になった世界 前編 (10/02)
  • 読者投稿:注射嫌いの健康診断 ~ なんか頭に引っかかってたことを思い出したので消化しておく / あるいはどうでもいい考察 ~ 動画チャンネル紹介 : Bertram - Craft and Wilderness / キツネ (10/02)
  • 読者投稿:サイクリング (10/02)
  • 読者投稿:なぜ女子高に腐女子が多いのか ~ 国際医療ネタ「健康診断」 ~ コロナによって変化した看護手技 (10/02)
  • 読者投稿:変態の巣窟 ~ 偏差値70overの高校の姿か……これが…… ~ シンクタンクイズ (10/02)
  • 読者投稿:北東北の小咄:その略称はどうなの!? ~ ギャル夫ぷれぜんつ 盛岡外食紀行(21~24) 宮沢賢治ゆかりの井戸と盛岡の美味い蕎麦屋 他 (10/02)
  • 読者投稿:中身は社長さんからもらってくださいね ~ 実務家はマスコミに叩かれる ~ スマホ更新 ~ デジタル献花 (10/02)
  • ソロやる夫くんソロる その31 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その30 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その29 (10/01)
  • ソロやる夫くんソロる その28 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その五 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その四 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その三 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その二 (10/01)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 十月 その一 (10/01)
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第25話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第24話 (09/27)
  • 彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。 リペア一四回目「椅子と木人をリペアする」 (09/27)
  • 読者投稿:将棋の世界について「第71回奨励会三段リーグの結果」 ~ .「奨励会概説 どこが特に大変なの」 ~ 「JT杯の仕組み」 (09/25)
  • 読者投稿:模型の国の女王陛下 (09/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!