スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

読者投稿:ポピュリズム(政治)が発生するその原因・理由についての個人的考察

目次 国際的な小咄

6928 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:43:58 ID:W9sO5kP6

では、8~9レス程投下しようと思います

ぶっちゃけスレでは幾度も会話ネタで触れられてるような話なので
「なんでえおめぇ、そんなのとっくにカラクリは分かってらぁ」ってなるかもしれません

というよりも確実に自分よりも詳しい人多いだろうから更に解説お願いしたいぐらい(小声)
それでもよければお付き合いください


6932 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:44:38 ID:W9sO5kP6


読者投稿:ポピュリズム(政治)が発生するその原因・理由についての個人的考察



.           /ィ/: : : : : : : : : : : : : : : : \\: : : \
   _   -‐::´〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: ∨ ̄ヽ : :\
.    ` ‐-‐ 7: ∥: : : : : :|: : : : : : : :l: : : : : : : ::l::|   ⌒ヽ:l
         /: : : /: : : : :/|: : : : : : : l ',: : : : : : : :l|___ノ: l
.         l: : : :l: :_:_/ |: : :ヽ _l__ ',-‐: : ̄: :l:: : :|::||: : : : l
        l: :|: .:|: : : /  ̄l ̄: : |:::/   ',: : : : : : |: : :|::||: : : : :l
.       l : |: .:|: : :┯━┯: : ::N┯━━┯:. : .:|: : :|::ゞ===:、l
.        l: ∧: |: : | |  | \l  |    |\ リ:\|: : : : へ||       では上のタイトル通り
       /::∧:Ⅵ\l ゝ_ノ    ゝ ___ノ /`: : : :/:/ : :/ ||\
..    // |: :| ∨             /:/: :/:/:/  ∥       「ポピュリズム(政治)が発生するその原因・理由についての考察」
..    ´   |: ∧ゝ_      r‐、   -'‐ 7: ::/:/|:/  〃
.        |/  ヽ: : T: : ‐-r‐‐v‐へ´、∠ /:/   リ  〃         を個人的にですが行います。
          ,,z====z,∧/\/:::ハ  ´       〃
         マ      /:|/\ /:::\::::∨ヾ __〃           これから出る用語的に基本は民主主義国家前提の話なのにご注意を。
.           マ  _ -‐:::/\ /:::::::::::::\:l    ̄ ̄
.          /二7Y:::::::::_<:|__|:::::::::::::::::::::ノ__                解説役は私古明地さとりで聞き手は妹の・・・こいしー?
        |―/__ト ̄::::::::\__>-‐::: ̄::/¬-‐ァ7
        _>'‐´  \:::::::::::/\:::::::::::/   / |
       ヾ       \::/   \/   /  〈
       / 〉        `          /    /






                           ハ
                       _    / ',
                   , .::´:::::::::::::::`/  |  ,   ´ ̄|
            ___ ∠二二二二 ー|   |/     /
             └─‐x ´ ̄ ̄ ̄¨¨¨  ミ  x.フ    /
              /        ‐大‐  `   ミ_<  x=ミ、x==ミ、
                /     _  |  / _、 |    l\ ̄〃   `′  }}
            / .  ,イ  /|/∨´んハ|  、/  ', {{       /'
              |/|.   |ィfこハ     マ_シノヘ |    lV ヽx ==彡
                    |ヽト、マ_リ ,       |    ,ハ| /'´ヾ               , 、    あいあいさー、しかしポピュリズムについてかぁ
                  ∨|  ハ    r ^i  人 xヘl ノ /    }}          ヘ.   / ハ
                    l.ヘ、 ゝ _ー ' イ/¨7´ _/メ、    ,リ       /.:::::;ゝ ´/ノ〉    割と政治用語として見るけど
                r===ミヽN /.://. : :/ / /  `¨¨¨ ー‐  ¨¨ ̄/.:L_/ _つ_´ノ
              ヽ、   `ヽ/ xヘ : : / /, '              /.::::::::::〉___ ノ       こういう広まってる言葉って大体Wikipediaで内容載ってたりしないの?
                    \ /´/ ' 〈〉 ヽ'_l^' /                 /.:::,、:::/.::::::::::ヽ
               _/`Tー====='´ `'.  、          /.:::/.::`:::::::::::::::/
        n 、/ヽー,^'´     ',  〈〉   、ー'ノ  \        /.:::〈 ::::::::::::::::r‐′
      ,、l l l/.::::::/        |            `>ー、       | :::::::〉::::::::::::::::)
      ヽ、 _] ::::::|         |  〈〉      _, <_   \    /.:::::/.:::::::\/ \、
        ヽ:::::: 、       /ヽ、___,    ´    `   、_\ /.::l^´.:::::::::::::::)   ヾ
         \:::.\       / /               /ーj ::::.ー, :::;r1/      }}
           ` :::`:::... 、_/'´       |             /. : 厶⌒´::;ノ ̄ ̄`ヽ、  ノ
             ` ー‐',|        八          /. : : : ヽ__厂: : : : : : : : : : .く
                __/:\   /. : .ヽ        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〉
           / ̄ : : : : : : : : \/. : : : : : \     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/





6935 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:45:05 ID:W9sO5kP6




           )、_,,.. -─- 、.,_
        , '"´    __,,,...,,,_ _   `' .、   、
      ./  !⌒)-、'"´      `"' 、  \ノ)
     , '   |_ ノ        l  ヽ  `ヽ.
     ノ     !/  _,.∠!_ ,ハ  /        !
    /     八  ,.イ __|./ | ,ハ  l       '、
   ⌒)    _ノ   Y 7ニ7Tヽ. レ' _!_ ハ   !  __,ゝ      そんないきなり投稿の意味を無くすような事は言わないの。
   /     !  八弋__.ノ     ∨`!  八/´
    l      ',  ⊂⊃      . `ー |/、_.>         というかそのポピュリズムについてのwikiの記事ですが一応の解説はあるとはいえ
   `ヽ     )  ,>         ⊂⊃(   \
     )ヘ. イ   (ゝ、    `    ノ   ,>   ',       どうも人間心理に関する話が少ないように見えるんですよね。
       )へ.  ,.イ >,  -rァi'"´  ,. イ     l
      /   ∨r<´ \__」ヽト、 /´ ̄`ヽ   /
      ,'   /´_`ヽヘ   /ム l7、 し、   i/        唐突ですがこいしは国家指導者、
      i  /./   ト 、__/(`'´)!  メ,ゝr''´「`7┐
      ヽ |'     ∨-'   Y ァ ⌒「 」-┴‐、/`ヽ.     日本で言うなら内閣総理大臣に対してどのような人物を所望されますか?
       `l      ヽ.    ()! <()ア´     !   l
       .∧       \_   lゝ、.,〈       |_ ノ
      / .ト、   ァ''"´  ̄`lこコ‐!      ,'
      〈  |∧  ´       | _|_j     /ヽ、






                    /\___
               ____/     〉
           ,..:::''"´:::::::::::::::::::`':く   ,∠、
        /::::::::::_;;;::::-───--<    ̄`!
       /::::;::::'"´:::_;;:>'"´ ̄`Y´ ̄`ヽ.- /
        |/::;:::''"´  |     ,ハ|  |   Y
      /:::/|    _|/\   /|ァ<,ハ  ハr、_  __/⌒ヽ
     /:::/  ヽ..  |,.ニ、\/  i´ハY.| /:::::\)(    ./
    ,':::八    ハ ./ ,'´ハ    弋リ,ハレ´イ\::/  \  /    んー、指導者ってつまりリーダーって事でしょ?
     ゝ、::::ヽ.    |八弋_ソ   _  "ソ `ヽ. /     X
     />ー-)...,,_八 \   i´ `ソ/ ソ⌒ソ/、__ /  )    なんとなくで言うなら頼りがいを感じたり親しみやすい温かさのある人とかになるかな?
   r/:::::/      `''、> )ァ--r<トイ  /   ./ ̄ ̄
   (.|::::::|         \  \_|  ハイ  `Y
    |::::::|          ,ハ\_/o∨, '⌒ヽ   |
    \:::\_,,,... -<´_〉   〈〉.!  ̄ノ   /
       ̄ (     ,.く\   〈〉 ` T´ /
         ` 、.,_/::::::\>ー-‐く,ハ‐''´
             く::、::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          /\\:::::::::'"::::::::::_|〉
         /`>''´ヽ、,_,,.. -r‐ ァ┘
        └ ''´          ト /
                   じ'
     ---─━━━━━━━━━━━─---


6937 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:45:31 ID:W9sO5kP6




                       ___
          __ -─    ̄      ̄ `  、
       ヽ、_ゝ    _,,..-―==- 、     \
        >, '.  ァ'"´         \   _ ` ,
          / /                  ヽア   `y'⌒:
       'ゝ,'                  i       ,'
        /       /            \  /',
        ,'     ,' / /|   l  | ∨  l ,'   `y|  |
         ',    |-|‐/'´ ヽ  |-┼‐|- / /    i|  イ     実の所その認識が結構大きな誤謬に繋がったりします。
.       ∠ ヽ / 廴i∠_    ヽミ辷,_|_/_/_.   i|  iゝ
      ,ノ| 人ー灯汀ハヽ    ⌒lう 灯/   人 |:! /      何故なら国家指導者(より広範には国会議員)の仕事、いわゆる統治という物の
       ̄|/ ノ |ハ Vし}        代ノ,rイ /.    i:||
.       ノ _{ ' `¨’ ,      `¨¨゙~乂       ; !!ゝ      その何割かは住む土地も職業も階級も世代も千差万別な人達の対立回避にあります。
        )ノ乂.}´´         ´´´、  /´.   //j
           )人     ,、        ノ,イ /i /イ人      よって大衆の「誰か個人にとって」の親しみやすい存在にはなり難いのです。
               ア¨フ ,_       _ イ   l/.|//
.            / 厶   ̄]    ∨.      ソ/
.            /´  ニV ̄Y^ ,、,、_,ノ^7ー __ //          加えて文明の発達やグローバル化、それに伴い必要とされる知識や大局的・長期的視野により
.          /{   、_ノ: : 人 乂ノ _, /: : ::⌒//
.         / ハ   リ: : : : :i⌒⌒iィ: : : : : ://: :ハ         ますます国家指導者は数多の大衆とは隔絶された存在と成らざるを得なくなります。
        / 匁ト- /: : : : : :\/: : : : :i : //: : : :|




            __
        ,.::''":::::::::::::::::::`"'::.,. ∧.,、
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/ }
     ,::-‐__ノ´  ´`´ `ヽヘヘ_ー::,,!
   ...:''´:::/´            `ト;::`゙丶、
  (:::::::::::ソ /             {::::::::::::)
   `"'ー}, )   ナノノ  )ノヽ、ヽ 人-‐'"
      ノノ .リ,ィ;=ミ jノノ.r;=ミxY )∫))         あー、時々「政治なんて難し過ぎるからもうAIに任せちゃえばいいんだ!」なんて
      彡ノハ〈::_:}   {:_::}八{メ (_
       (( 小 "   '   "( .ノ _)'"("'Y'")      冗談半分な話を見るけどそれこそ親しみやすさとは無縁になっちゃうよねぇ。
       )ノハノ>- /)  イ)ノ Y   .ヽ /
        (/: : {L/、`Yヘ_l}: :ヽ_,,./)        でも民主主義だとなまじっか国民が政治家を選べるから
         〈: : : : !::::::`ヽ!く : : : /:〉  /
        /: ノ : |:::::::::::::\): : :{: :{./         かえって親近感を求めちゃうのかもね。
        ∨: : ノ`'ヽ、::::::ハ__ :!: :i
        〈 /: : : : :\/___::Y : |
         | /: : : : : : :/、::;;ノ : : |
         ∧: : : : : : :/ : : : ll : : :|


6939 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:45:59 ID:W9sO5kP6




            ___
   ,,...-.  ,,.::''"´: : : : : : : :"''':::...、
  /: :(__/: : :,..::-‐'''"""''' ‐-:..,  ,:-:、
 (: : : :, : : : :/,..::-‐'''"""'''‐-::.,,`〃  }
  "''".' : ::// : : : : : : : : : : : : ::`{.   ⌒ヽ
    ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i____,,,ノ,、
   ,' : : :,': : : : :/',: : : : : : : : }ヽ: : : : : ',: : : ',ヽ
   !: : : :! : : : /  '.,: : : : : } :,'. `:; : : : ;: : : :i ヽ
   { : : :{: : : :;' ;---.ヽ: : : ノjノ---i i,: : : :!: : : }  '.,
   i: : : :', : : :!; !::::::::::!ヽ/ !:::::::::! }', : : !: : : !   .',      まあ少なくとも日本の場合は間接民主制なので、
.   !: : : ::'., : i ' '.,;;;;;ノ    '.,;;;;;ノノ. !: :,': : : :{   i
   ノ 人: :ヽト.,:\       / ノ}ノ: :人: '.,   i      国会議員までは選べても総理大臣は直接に選ぶ事は出来ませんけどね。
 ''" ´  ヽ、: : "''"....__-___...."''": : : :ノ  `゛''  }
       ヽ ノヽ< (`Y´) > ,,. : /       i
    ,,: '" ̄ V'ー`'/~丶,イ~:ヽ´ V        ,'      この親近感の欲求に更にもう一つ原因となる心理的欲求として
   ,.'       .,':,,::''"""''::.,:',         ノ
   ,'         i/::.,,______,,.:ヽi、       /       「人間は自分と同じような思考に見える他者を欲する」という物があります。
   i       /{ゝ '.;:::::::ノ ノ}\ー---‐''"
   !     ./ヽi "ァ‐--‐ャ" i/''::.、
   {    ,.:'´   .i/ .人 `ヽ.i   ヽ、
.   ',   <    ノ  ノ_,、_ゝ  ヽ     >
.   '.,  `''ヽ、 ~~    ~~´  ,,..:''´
    ヽ、   ~ヽ、        /
      "''ー---''t'''ー----一'''f´
           ?____..| |..____?
           ヽ;;;;;;;ノ ヽ;;;;;;;ノ




              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ      なんか奥歯に物が挟まったような言い方だねぇ。
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)     「ように」「見える」というのはどういう事なのお姉ちゃん?
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /


6940 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:46:44 ID:W9sO5kP6




                   _,,.....,,_
       ,.。c*∞∞*c。。 ,。♂'"⌒'㍉>-‐……-
       %7´         %'゚     . : : : : : :`丶、: : :`丶、㍉。
      〔j{       。㌻   / : : : : : : : : : : :,,..、、、..,,_: \ %:〉
        &       。%   , : : /: : : : : : : / ,,..、、、、..,,, r㍉〈
      ゚从      %'゚   ∥: :/ : : : : : :.://: : : /: : : : :∧ }:`、
       ゚*s。    #    {从: : : :| : : : ∥: : : : /: : : : : :.|:.∨: : `、
       ゚&。⌒>}圦‐< ∨: : / |: : : :.:|:/ : /: : : : : /:.|:.|: : : : :.i\
        '&y'__      ㍉: :/ : |: : : :.:|―/;‐ : : /‐∧|: : : : :.|'⌒
       _//:/// 〉  ,,......,, ∨: : :|: : : 斗ャミk: :/):ィか刈: : : : :.|
     ,。㌻{ v'∥r  ノ '⌒T''ヽ}〉ノ |: : : :.乂ツ  (   ヒツ ノ: : : /:∧       ようするに一時の言動や行動のみで他者を同一認定するという話です。
    (∠, 。。{  {< 乂::::ノ//:|: : :|: : : : :\     , ⌒7: :/}/⌒
      `⌒¨ }  }  `¨¨¨´ ィ:从 : 八: : : {      _  八: :从         実際は自分とそっくりそのままの思考の他人なんて極少数なのですが、
          }  ト --- 匕 :}%)\( \:/>   `   .ィ: : :ノ
             〈¶_  &∨_゚& ノ  \  {><⌒Y 〈            人間はある程度第一印象で他人を捉えようとする生き物ですからね。
            }  【: 〕  ∵g。 〔_〔゚:g。     \ノ   }i〈_〕㍉。。。。...,,,__
           }  :i 〕 / ゚%:。 〈^ '圦    r‐v㍉    }_〕 八^'"¨¨⌒㍉゚g。   この「自分と同じような思考に見える他者を欲する」というのは
         }   :L/   ゚£。 〕パ+h.   人  人∥/〕    〉     ゚%:〉
          /}   圦 \   ’∵aV∧:∨  | Y{  ∨ 〕_ ノ       ィ&゚   一種の安心感の欲求でもあります。
        〈 ∧  ゚∴  \__〉'&g。从   rヲ】  {/{    {__  ,.。6㌻
           '/∧_/ ゚* 。   ̄} ∥  ゚''&g。,,.※゚   }人   {つ。c&㌻
         }//7 / ゚∵。   / {     `⌒㍉☆CccccC☆c*7''゚
          {//〕 /    ゚*c。\  /    / /  /     。*'゚
         〉7 /   / ゚'∵gc。,,..__/ /_,,... 。cgC㌻゚´
           {/{./  /    `⌒''∞*ccccc**∞"¨´






       , : ': ̄ ̄ ̄ ̄>.、   //|
      /::::::::::::::::::::::::::::::::/\///
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  //‐‐―-―---,r
.    /::::::::::::::::::::::::::::::/  //        <
   /:::::::::::::::::::::::::::/  //           \
    l:::::::::::::::::::::::/  //           \__>
.   l::::::::::::::::::/  //  .i      i  i     \
    ',:::::::::::/  //   __l__ ∧   l _⊥、  i  \
    \/  // l   '´/l / }  ,イ∧ | }  i  iー-
     \//   i /_._ l/  l  / ' ,r‐‐'、 l  l  l         なるほどねー、確かに人は他人の思考の全てを捉える事は不可能なはずだけど
      //{   ソ r´  ヽ !/  { .__ l l  l  l
    /∠__,l     ト、ゝ二_ノ      `ー‐´ l  l  l         それでも一見でも考えが同じに見える人がいると安心出来るというのはあるよね。
        l    l \/// ,.--ー,  /// )ー┼'7⌒ヽ
    .   l (⌒Y`┴-、 \ (,  ソ    _<  l  ヽノ       そしてその同一感の欲求が他の大衆のみならず
       l ゝー゙i   ゙i  `ト-示― 7 ̄   ヽ l   l
       /  l::::::l   }  /iヾ〈+〉_/ '\   ヽ,!  l        国家指導者や政治家さん達にも向けられるという事だよね?
    .  /   \::ヽ   !/ ,l   . ヽ.   \     /
     //l /i  \ヽ.  //   〈+〉   >==Y
    ..'  .l/ l.    、!/__/     __i\/:::::::::::メ,__
         l/\ ,イ    ,.-―┘       .___/|
            /  `ー´          ./\::::::::/
           /               _/:::\ \
            ヾ`'ー--┬┬―――‐´:::::::::::/ヽ __)
            \:::::::::_| |::::::::::, ー´ ̄ ̄
    .         `ー-.| |-―´
                   `


6941 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:47:22 ID:W9sO5kP6




                 ⌒\
                     ト.
               -─━- jノ ‐ - ミ    . -≠== ミ
           .  ´. ::: ::: :: :: :: :: :/⌒ヽ:.\/        \        そういう事ですね・・・ですが―――
            / . -=≠ニニニ ミ {   └く:.\           ヽ
       /:/ . -=≠= == ミi      }: :::\               その同一感の欲求の肥大化が進むと
.       /.:::/ / .: :: ::: :ヽ: :: :: ::.::::|_ __ ノ. :: :: ::.\
      /.:::/ ' : :: :!: :: :: :.::l :: ::.:ト.:::ヽ. :: :::\ハ: :: :: :: : :\            今度は少しでも自分と思考が異なる他者を許せなくなるのです。
      . '. :: :: :: :: : :|: :: :: : ::!::::!:: iハ:∧: :: :: ::.\: :: :: ::.\::\      !
  ー=≠/ . : :: : : : :.:!.: :: : ::┼十::|- ∨ハ: :::!: : :::::\: :: :: :.:\: ヽ     l i   ゆえに同一感の欲求を政治の側が取り入れた場合国外はおろか
    -彳. :: ::: :::::i:.:∧: :: ::::リ .人::j   }リ !: ::|::: !::.::「.::ヽ. :: :: : :ヽ:}     | !
     リ. ::i: :: : :::|/´ \:j(    竿テハ》j::::イ!::リ: :i:|: :: :::ヽ. :: :::ル'     从   下手したら国内において敵を作るなんて事も起きるわけです。
    .': : 人: :: !∧r==x     匕.ソ   リ/: ::ル!: : : : :::V::::/(      //
   /. :: ::/.\j: :∧ Vj        """"  イ: :::: :::i: :: ::i :: :iル' )    //    その有名な例としておそらく挙げられるのが
 ー≠彳:./. :::/: :: : :!""" '          リ. :: :: リ: ::::リ:ル'      , '
     レi: ::./!: :: ::八     _     ー=彳: : :/::::/イ     /       アドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツでしょうか。
     八:/ i|: :::/!: ::\    `     . ィ/:.:/ー=彳      /
        从:/ r=≠ミ> .  _  イj:ル'´r─rメ!`ヽ   /
           {{人::j( \、 __ _/ 〉  .ノ/´ ̄`ヽ⌒Y            このようにポピュリズムの発生は
          从   __ /    / 〉厂/      ∨ハ
          ヾ∨´/  `ヽ  ' / リ /       V /            全体主義の発生にも繋がる危険性を孕んでいると言えるでしょう。
   x==ミ      {__ _ /⌒)/_ノ リ           lト、
 /   \ 、  r┤   `ヽ/∧_メ/         从〈            より言うと国民全体の同一化という点で経済政策においては
        ー≠{ /     ∨ ) /! /        . ' / ノ
             // /     ∨(//      / / (            社会主義的・共産主義的な物が行われやすくなるように思います。






                 ,,  ¨´ ̄ ̄`¨   、      __
                  //////////////////\ 厂ヽ//
                //////////////////////∨ /  (
           __/二二二二二二二二二二二二ヘ)__''´ l
        ‐=ニ二r――――――――――――――、二ニ=-
         /   /     /   (    ',  \ ',
         .′ /     /  /   ハ    ',   ', ',
       /、_/  /    /| /l  l  !      ',   ', ヽ
        |   ノ  l   /―レ‐| ./  レ|ーハ- l   l  )
      ` 7  、ノ /   n  .レ′   レ' n レ´ヽj /  (      なんだか話が進み過ぎてないかな?
        ノ  / ー i    |:|           |:|   ノイ  八
       ⌒lノ  / |     U          U   ´ l ゝ(  ゝ     あくまでポピュリズム発生の原因・理由の話だよね?
          )   人      `ー'^ー'′     人 ヽ (
        八   /   丶                 イ  )  l人
          )  |    __r≧==─u─==≦}z__  |  (
        八ノヽ / ゝ、::::::::::ヽrく:::::::::::::/ \人 儿
          rー '    `ゝ;::/〈〉 \::;イ     ー┐
          ,\   ,ィ      .〈〉\_|  r、  /,
            {__ヽノ {     .〈〉 (Θ)  } ヽィ__}
              くー――‐┼―' ー ゝ
               /:::`¨¨¨¨¨´::::`¨¨¨¨¨´::'、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
                \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /`¨T⌒¨'T^'T⌒¨'T¨´ ヽ
              〈   |――|  |――|   /
               `ー┼.(Y) }  { (Y).┼―'
                     {´ ̄`}  {´ ̄`}
                     `¨¨¨´  `¨¨¨´


6942 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:48:03 ID:W9sO5kP6




              ハ     ___
                 /:厶...::::;≫====ミ(⌒¬
            /::::::::::/::::::::::::::::::::::\/
           /::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::|::::リ⌒::::::::::.
.            ::::::::::::::::::::::::/⌒И:| f㍉:::::: |
          |::/:::::::::::::::::::jfそ㍉リ り И::::|
            И:::/::::::::\:代ツ     イ::从       おっと失礼、興が乗り過ぎました。
              И人::::::::::≧z___ '..イ::八(\、
               )人∧_/⌒\/人(  \ )〉     Wikipediaのポピュリズムの項と混ぜるとこういう所でしょうか。
                __√\(⌒Yフ \ /
                / ̄`ケ⌒'ー\/(箜)У
             〃  /     <Y> 〈(_        1、一定数の大衆は国家指導者・政治家あるいは他の大衆に対し
              〈(  ./     l   |  ハ⌒\        親近感や思考における同一感を要求する。
                \ /    |  <Y>__〉   )〉      2、そのような大衆心理を既存体制を打破せんと
                 (У>   |___厂_⊥_/        目論む存在(与野党問わず政治家や国家指導者の場合あり)が利用したり自ら作り出す。
              Υ'ーァ冖え__r┘    ̄\
               <_/_/__」 <人>       〉
                 / レИ冂ノ           /    これらの原因・理由によって生まれるのがポピュリズム、あるいはその政治と。
                 \               /
               ∟_          _彡      ざっくばらんですがこんな所でしょうかね。
                     `テーz__ ィ゙ |
                    |  /    」__⊥
                    _| /     〕 入
            _-_-ニ〔`'ーチΞΞΞ∨^⌒ヽΞニ
            ニ-ニΞノ 〈 三三三三\_,ノ三Ξ
            ̄‐ニ人/⌒ヽ三三三三三ΞΞニ
                  ̄-圦___j三三Ξニニ-  ̄
                     ‐ ニΞ三ニ -  ̄




 ゝτ´
  、__,....:イ : :ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : :>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゝ、 : : : / : : / -‐-/ : : : : : : : : : : : : : \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      > : 〃 : 〃: ://: : : : : : : : : : : : : : : : ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    / : : i{: : 〃 ∠  i!: : : :イ: : :゙゙'ト : : : : : : : : ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /'"フ  : :i! : i/⌒Yヾ! : : / i : : ハ: : : } : : : : : ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    /: : : i: 〃/::::::::::! { : /  {ィ-‐-ミ ! : : リ : : :! : : ハ::::::::::::::::::::::::::::::::
   〃: : __: : !:〃/イ::::oリ  ∨:/   /:⌒:ヾ:、 : :/: : : :}: : : : !:::::::::::::::::::::::::::::::
  /: : (  `゙` 、{ {::::( ツ   V:   /::::::::::::::::} i :/: : : : リ: : : : i:::::::::::::::::::::::::::::::
  i!: / /゙・、  .)弋::ン       /7:::::o::::::リ i}:/} : : : / : : : :i、:::::::::::::::::::::::::::::
  !/  / : { `~´           i! {::::/⌒V  } i! : : / : : : : ! `'' ー -----    そういえば現代日本における既存体制打破を目指す勢力って言えば
     {: :λ            λ 弋_,   ノノ : ,.イ: : : : ハ :λ=x
   .f^i{ }: /) '、             `ー'"   /イ'"ソ : : : : : }: :ヘ  }         要するに安倍政権に否定的な声を挙げまくってるマスコ――
  (ヽi ! y/7__:ヽ              x=‐- 、  / :イ : : : : !\ \/
   Y:::::〃/^ヽヽ\  r‐、        ゝ、  `丶、 : : : ノ : リ  ゙''メ :ヌ                                       さとり<こいし、ストップ
  Y弋___ノ:::::∧ ゙.、 \ `''          ゙ <__ノ: : : : イ: : /  /''" ̄ ̄ ヽ
 rノ::::::::::::::/ `''≒⌒}:iヾ            /: : : : 彡 /i: :/          i}      えー、そんなー― (´・ω・`)
./::::::::::::/      ':, ゙、\ >ミ≧--- - ‐ ‐''{  ,,../)/ノ/)} :/          ノ
.ゝ、:::イ        \ ゞ:::/ {::::::,,::イr''ヘ: __{ :/./ ヽ ゙./ j/          /
   \,          \  〃⌒ Y-‐'" ̄ハ j/イ::}  )::: フ          イ


6943 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:48:33 ID:W9sO5kP6




           -‐‐‐‐-  ..__丿
             -‐===‐-ミ`丶
        / /         ` く⌒L
     / /          l     `、丿
      .′  /|     |  l   \
    | |   {_」L/〉  _」L. |   〈⌒
     | |   { /  |   /  ∨   |      では最後に、
     . |   rぅテト|/Vrぅテト   l  |
    ノイ ,    { V.り     V..り}  ノ 〈\     恥ずかしながら投稿者は一応ホセ・オルテガ・イ・ガセットの「大衆の反逆」や
.    И   \〉xx   '   xx 厶イ  {
.     ∨\  {     A   .   丿 \{       ハンス・モーゲンソーの「国際政治―権力と平和―」等の本を一応参考にしていますが
          )ヘ. 〉个ー-‐<└┐/ ̄)
           r辷j  \___/ 辷厂./        現代に出版された直接的にポピュリズムの発生原因に関する書物は読んでおらず
          / v辷. <⌒'⌒>辷j/ |
       _」  }└辷. \//⌒丶.|         多分に粗雑な見解が入っています、なので――
      /  | {   └-x-┘く(:::)ノ| |
.    .′   |        rぅ人____..ノ|
.    |     |   |    rぅ     \l
.    |    |   |    rぅ      }






             ,..:''::"´:: ̄::: ̄`::ヽ./ ̄>
            /;:二 二 _ ̄ ̄ ̄`}>く´ ̄,}
          ,. :''"´::::::::::::::::::: ̄:::: ̄::二::‐::`<
        /:::::::::::::;r ー-、/  ̄`''ー'´ `ヽ、::::::`ヽ.
       l:::::::::::::/´              ト、::::::::::::',    ,.-、 / )┐
 r‐ 、    ヽ、/         ,ハ_ハ ヽ. ノ、:::::::ノ   / ノ / /
 '、  `ヽ、 、_ノ    __ イ  /_,」_/`i  |   〉/ ,rァ7´ / ´、 ノァ
  ,ゝ /: ̄_\〉    '´__,/ |  / ア,-、 ヽ,ト、 〉  イ⌒/ l::::|  )  ソ
 ヽ/:::::/´ ∠    ,イ´rァ` |/  !_り ノ| )' ハ 〈/  l:::::!    ノ        求む、ガチ専門家の方!!
  !::::/     ノイ ハ!. l_リ  ,       "''ノ  /,.イ     !::::i >イ
  ヽl         レ' 7'"  rァ'´ ̄ヽ ∠,  //       ',::::V´::::i
    \.     〈 ,八   ヽ   ノ  ノ  ! |      \:\/          さとり・こいし「「以上、ご清聴ありがとうございました!」」
       \  ,ノイ  `> 、.,__   ,.イ〈  ノ  |      ,. イ´ ̄
        >、,  l/   /´:;イ_ア´::::/}レ'   |    /  i
        !  ` 、   Λ/〈_〉ヽ;:ノ」     /  /   !
        '、   \ .!  `ヽ、   _  / /     /
         \    ヽ|   〈_〉 `Y;___ノV '、 /     /
           `"''ー-i       '、;___;ノ  イ    /
              ',  〈_〉       〉_,,.. ''´
             /`ー-ァr - ..,,_ ,,..ノ \
            rく   /::::'、        ノ`"''ー-‐ァ
        r.-‐.''"´:;::::`ー':::::::::::::::\_   /::::::::::\::::〈
       〉::_::/:::::/::::::::::::/:::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::\:}
        〈 ̄::::::::::::::::/:::::::::::/´ ̄ `ヽ;:::/:::::::;:::::::::::::::::::::::ア
     /`ヽ;:::::::::/:::::::::::::|      |/:::::::::::';:::::::::::::::::::ノ
    /     ヽl´;`ヽ、::::::::|    |/::::::::::::::::';::::,.::-<
    '、     V   \;ノ|     |::::::::::::::::::::l´    `ヽ.
     \   /    / .!`ー-‐'´i`'ー--‐'´       ',
         `"''7    /.,___|    |‐ 、          ノ
           /    /   !`'ー-‐''´!ノ     _,,.. -‐''"´
       _Λ    /   /(`⌒):'´::| ‐'' " ´ ̄
     ァ'´/  `'ー''7 ー‐'' |::::`'´:::::::::|
     '、Λ,    /     '、::::::::::::::/
     /'-、`ー-‐7       ヽ;__/
    / '、_,ノ:::::::::::ノ
    !::::::::::::::::::ノ´
    `ー -‐'´


6944 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:49:54 ID:W9sO5kP6

以上です、投稿理由は純粋に昨今政治的に話題になる事の多いネタなので投稿しようかなと。
スタンスとしてはこのようなポピュリズムの発生原因をどう抑止すればいいのだろうか?と言った所ですね。

取り敢えず自分含め大抵の人間は井の中の蛙である・・・
でも印象操作や思考誘導に注意を払わねばならないって世知辛いよねおやっさんって事で一つ。
(P.S.もっと小型AAを使用した方が良かったかもしれない)


6948 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:54:08 ID:8lTYm0KQ

投下乙でした

wikipediaの内容でも、整理して知らない人が分かりやすい内容にすれば価値があると思うので
自信もって投稿していいと思いますよ
ただ、ポピュリズムではなく大衆主義と言えば何となく伝わる気が……むしろ大衆迎合?


6954 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:57:05 ID:W9sO5kP6

>>6948
併記すればよかったかもですね 一応ポピュリズムのwikiだと
肯定的?な平民主義や公民主義、大衆主義等が先に来て
大衆迎合主義と言うのは否定的な意味という事で後に来るのですが。


6956 : ◆B5MqDypZqU : 2020/08/26(水) 21:59:15 ID:W9sO5kP6

というかそもそも否定の意味で語っていたから「大衆迎合主義の意味での」と
注意書きを入れた方が良かったかも・・・しくじった


6949 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:55:35 ID:ZfPxA./Q

個人的にポピュリズムという言葉は
自分が許容できない他者を攻撃する際に使われている印象はありますね。
本来はそこまで否定的に使われなくとも良いと思います。


6950 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:55:58 ID:zALi0ZPM

ポピュリズムという単語を見ると、ついついポピュラスを連想してしまう


6952 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:56:58 ID:/FVOXo/k



> 1、一定数の大衆は国家指導者・政治家あるいは他の大衆に対し親近感や思考における同一感を要求する。
そもそも論、これってなんでそういう考えに至るんだろうね。
よくよく考えればそんなの無駄以外の何物でもないのに・・・


6955 : 尋常な名無しさん : 2020/08/26(水) 21:57:38 ID:RGPgAvJA

ポピュリズムは同質性を国家や政治家に求めるけど、
そこが民主主義国家が民主主義国家でいられる最大の理由だからな。。。

一番の問題は個人意識が失われれる≒自由主義が失われる だな。


関連記事
[ 2020/08/28 23:03 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(7)
122948 :日常の名無しさん:2020/08/28(金) 23:31:04 ID:-[ ]
最盛期のアメリカを蝕んだのは、
最高の知性を誇る政府と、
その真逆の市民だった。
ベストアンドブライテストとたたえられた人々が、
遠く離れたベトナムの泥濘にとらわれたのは、
4年に1度の大統領選挙で大衆迎合主義(ポピュリズム)に走ってしまったせいだった。
てゆうか、当時のソ連の謀略がまさにアメリカのメディアを操作しまくって、
ポピュリズムイズパワーだと市民に勘違いさせた光景は、
ある意味、スパイ戦における一つの芸術だった。
最終的に、ニクソン辞任でアメリカの大衆は勝利して、アメリカはベトナムで敗北した。
非常に興味深いけれど、これを日本でやられるとさすがに困る。やられたけど。
122967 :日常の名無しさん:2020/08/29(土) 00:58:34 ID:-[ ]
まあ、納得のいけるところが多いよね。
アンチアベな人たちって、法とか論理とかよりも、感情に身を任せてるところが多々多いからねえ。
ツイッターで踊ってるタグとか見てれば、疑わしきは罰せずとか、自分たちの上げてる声に自分たちで興奮してるさまが見えるものなあ。
122971 :日常の名無しさん:2020/08/29(土) 01:22:57 ID:-[ ]
ぶっちゃけると選挙(普通選挙にしろ制限選挙にしろ)が
あるのだから大衆(有権者)が求めるようなことを言って
票を集うことは多かれ少なかれ無いわけがないんだよな。
出来ないと当選しにくい事もそうだが世間が何を求めているか
感じそしてそれをどう訴えていくか、それが出来ないというのも
政治家としてある意味駄目ではあるし。
123002 :日常の名無しさん:2020/08/29(土) 08:09:40 ID:-[ ]
こういうのがあるから民主主義ってのは欠陥だらけなんだよなあ
何故世界中で封建主義が何千年も続いたのか、今一度考え直すべき
123003 :日常の名無しさん:2020/08/29(土) 08:09:49 ID:-[ ]
情報の飽和や選択の偏り、そもそも接触できる情報の制限により、
自分と他人との間の意思の疎通が難しくなっている点も現代の分断では大事な点だろうね。
玉石混交の情報ソースの何を信じるかについて、リテラシーという言葉で片づけるにはいささか情報源が増えすぎた。
人は選択肢が多すぎると効率が落ち幸福度が下がり損をしやすくなる。
選べなかった選択肢に思い煩い不安を常に抱えざるを得なくなる。
だからこそ、解りやすさに偏りがちになる。
その解りやすさとは、単純化や、アクセス性や、自分の常識や周囲の道徳との一致であり、
つまるところ、自分を取り巻く既存の世間との親和性が高いことを意味する。
そうして一部の人は小数のコミュニティの中に潜り込み、世界と自分とを分断し、
複数のコミュニティに属することで、自分自身の論理すら分断して統合を失う。
残るのはその場その場の空気に漂う枯葉のような自己のみ。
それが積み重なったとき、誰かが扇動者となり火をつけると大火事になる。
という見方もできるのかもしれない。
123063 :日常の名無しさん:2020/08/29(土) 21:33:07 ID:-[ ]
政治と政治家がグローバル主義&エリート主義に陥って民主主義国家の原点から逸脱しているように思えてしまうのが問題だな。
外国勢力との関係を深めるより自国の国家指導者には自国民の代表であってほしいと思うのは有権者の本音だろう。
123932 :日常の名無しさん:2020/09/03(木) 11:23:25 ID:-[ ]
民衆の知性が退化すればするほど、国民は単なる国を食いつぶすシロアリにしかならんから
基本的にエリート層であるハズの政治家集団というのは国民を政策の敵としなければならない。

そう考えれば国民の支持を集めたものが政治家になるという
民主主義ものものが国を荒らす原因にしかならないという話。

国民のために国や政治がある、という国家の在り方そのものが間違っているのでは。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫の冒険は終わりました 第16話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第15話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第14話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第13話 (05/17)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #126 (05/16)
  • 国内的な小咄 1529 やっぱり王道大山! (05/16)
  • 国内的な小咄 1528 さぁ出かけよう、宮津の地へと (05/16)
  • 国内的な小咄 1527 大森の地にあるすげー企業 (05/16)
  • 国内的な小咄 1526 出雲市より西 (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第3章 デビルマウンテン (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第2章 ガルダの海賊 (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第1章 ヤルオのたびだち (05/16)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第28話 人生楽ありゃ苦もあるさ (05/16)
  • やらない夫とまどかタイタス 第67話 (05/16)
  • 読者投稿:唾液PCR検査をやってみた感想 (05/16)
  • 読者投稿:将棋の世界について「出雲のイナズマ」 (05/16)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 28 これがグンマのチャイニーズレストランアルね (05/16)
  • 読者投稿:奈良のグルメを探しに行こう その1 夢市茶屋 古代米御膳 (05/16)
  • 読者投稿:競馬のすすめ番外編 ~日本一小さな競馬場 益田競馬場~ (05/16)
  • 読者投稿大会 テーマ:鳥取・島根・山口北部・兵庫北部・京都北部の山陰地方 (05/16)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 4 (05/16)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十六話 (05/16)
  • 目次 やる夫の冒険は終わりました (05/16)
  • やる夫の冒険は終わりました 第12話 (05/16)
  • やる夫の冒険は終わりました 第11話 (05/16)
  • やる夫の冒険は終わりました 第10話 (05/16)
  • やる夫の冒険は終わりました 第9話 (05/16)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 7 (05/16)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 6 (05/16)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十二話 人とヒト (05/16)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十一話 ロックハートの真実 (05/16)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十話 ロックハート (05/16)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十九話 When You Wish upon a Star (05/16)
  • やる夫たちでソードワールド リカントベネット! ~ 床ドン魔法戦士ッ!!! (05/16)
  • やる夫たちでソードワールド ザールギアスに負けじとダルクレムのセンティアンを作ろう! (05/16)
  • やる夫たちでソードワールド 2.5雑談 ~ イーヴ神官を作ってみよう (05/16)
  • やる夫たちでソードワールド 魔動機文明フェチPT! (05/16)
  • やる夫たちでソードワールド ダークトロールの宿PT (05/16)
  • やる夫たちでソードワールド ヴァンパイアオリジンフランドール、姉の夢を見る (05/16)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #125 (05/16)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~41かいめ~ (05/15)
  • 読者投稿:反リバタリアニズム入門 ビックマックで考える市場原理の弱点 (05/15)
  • サイト的な小咄 28 アニメやゲームなどに関係する暇つぶし動画集 (05/15)
  • CUT THE CRAP 第弐話 : テレポーター(後編) (05/15)
  • CUT THE CRAP 第壱話 : テレポーター(前編) (05/15)
  • 【◆25NC1ovscM】嘘予告 薄めの夏 (05/15)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 150 (05/15)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 3 (05/15)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】やる夫はあくまのちからを宿した公務員のようです 2 (05/15)
  • やる夫の冒険は終わりました 第8話 (05/15)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング