スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:ちょっと余裕ないから軽率に規制します。言葉遣いには気をつけましょう。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
1/26
・やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです
1/25
やらない夫は代打の神様なようです
1/17
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~
ヤラナイオと幽香りんの12花月
1/8
和人は最後の日常を過ごすようです
1/7
異世界転生したいやる夫のお話
1/5
やる夫はリュー使いになるようです
1/1
妻が新型コロナウイルスで自宅隔離になりまして
やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
12/21
ポケットモンスター 安価・あんこ
12/20
鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
12/13
現代知識チートで無双する男のおはなし
12/12
2X歳、OLアーマードエージェント:コードネーム セイバー
12/11
ほぼ日刊英雄()をつくる
11/6
うわべだけ魔王様
10/28
おねショタ探偵の事件簿 登山サークル殺人事件


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 89

目次

495 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 01:42:54.02 ID:YNPM16Ht




                    ,.;;;;;;;;;;;;;;,,
                /i、;;;;;;:;:;;;;;;i
                 i〃;::;;;;;;;,,,リ
                ',_, :;;;;;;ノ
            ,.._,..._ノ_   |
           ノ;;;;;;;;;, ;,;;;;;;;;;;;;;;,ゝ、
          ノ;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
             ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
          < ,,;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;八
         \ ;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;:/            『仙水忍。
          ノ ,;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;;;; }
           { ;;;;;;;;;;;;;;;;;: };;;;;;;;;;;;;;'/;;;;;;;:ノ               彼は幼少期の物覚えのある頃から
          /¨゙ー、''''ノ;;´;;;;;;;;;; i';;;;;;;;;;;; >             その胸中にある疑問を抱き続けていた――』
         /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;:ア、;;;;;;;;::ィ
         /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ト'" |
        ,'  ./| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,', ',  i!
       ,'  {  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; } i!, ,!
       ノ   ム | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; {r'"  {
       ト从>‐' | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;, ト}( 丿
            | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;,ト-'
           | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;,',
              i ;;;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;,',



 |::::::|、::::::|ハ:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::|     ,,斗七__    ヽ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ヘ::::|ヘ::::::lハ::ヘ:::::::ハ从ヘ:::::::|;斗七,ィzzzzzzzzx、、     ヽ::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヘ:{ ヽ:::',.  ヘ::::l'   .ヘ::::| ..,ァ''"´   ,、、、、`''ミx.   ヽ::::::::::|::::::::::::::::::::::::| ̄`<:::::::::
      ヽ',   ヘ:|    ヘ| 〃   ,ィ:::::::::::::::::ヽ `ヾh、  ヽ::::|::::::::::::::::::::::::| ̄>、ヽ::::
                          ん:::::::::::::::::::::::ハ : :マミァ  ヽ|::::::::::::::::::::::::| .  ハ V::
                      {::::::::::::::::::::::::::::::}  : :マミ  |:::::::::::::::::::::::::|_> } .}::
                         l'"⌒{:::::::::}⌒''カ   : :}ニ≧=-:::::::::::::::::::::::|    }  }::
                      、__) ゝ-彳:o:./   :/ア   |:::::::::::::::::::::::::| ̄>.}  }::            『――なぜ人は自分に対して
                          乂: `'===:彡′  ./′   |:::::::::::::::::::::::::|   / /:::             1人1人違った感情を向けるのだろう、と』
                         `''~~''゙   /      .|:::::::::::::::::::::::::|  / /:::::
                      `========´      |:::::::::::::::::::::::::|  / /:::::::
        /|                             |:::::::::::::::::::::::::|/ ./:::::::::
       /::|                             |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::
        ヽ:|!                                 |:::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::
                                          ,'|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                                     /_|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                                        /:::::\:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                                   /:::::::::::::\::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::



         .:::::::::::::: ::::::::::::::::<
       ⌒{''"´ '-,::::::.. ::::::::::::::.
       i     ミ::::: ::::::::::::i
       | i,,二   ヾ:iニ}i:::::::::::}            『自分は他人に対して
      ノ ´      ッ, ,}::: : . !             誰1人分け隔てなく“無感情”という本心を向けていた。
      ゝ       、'/::::: :::::i
        ゝ         / ',::::::::!..             ――しかし、相手側はそんな自分に対して
       |         ','"|'.                求めている“無感情”とは別の意思を返してくる』
       >‐''"!¨  /     i
           {  /     ',
             } /      ',,
         r''//   _,...=-=.,,,ゝ-、
        r''} '" ̄フ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\





496 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 01:59:29.70 ID:YNPM16Ht




                 ______
             Zニ===ニ三三:=x、
                 x≠¨¨¨ミx =三:心
             〃  z=ミx. ヾ,  .マ_ハ
            ,,′ /   l!  }}   }.刈
              {{  .l ♥ ′ .リ  .リ//            『そして他人が向けてくるそれらの意思は――』
            }}  ゝ.._ノ ,,"   ///
            ¨ ==z ,〃   //,イ
                    /´

\\\\\\\\\\

              U



                    |
                    |
               ',.  |   .{
   __        ヽ..  ー }.  |  }   ゝ _,,.ィ´         ___            『大雑把ではあるが
  .`マ   ̄ f≧z    \:::ー、    {   .!   /::::::/: :     __,.. -=  ̄ ア..            “善意”と“悪意”のふたつに分類することができると
  ヾミ    乂zツ`''- 、 : :\::::',   〉  {   ./::/: : : _,,. -=弋z_ツ´   /..             最終的に結論付けた』
    ヾミ=--   _  \ミ、 ヾ .ノ、 __ ,乂__/: : : :/´  __   ..z彡
      `  ̄ ̄ ` : : : `ミ 、: : . `ヽ /´     /´ ̄ : : : :=-  ´
              ` : : : : : : :. } .Y     .: : : ´
                ヽ: : : : :          .: ;
                  `: : :       ,:
                    : :



                        ,......-::─::::::::-.....、
                          /::::::::;:::;:イ ソ-‐:::::::ヽ
                      /:::小l-|彡//:::::二ニ 、::::.
                        /::ヾ'i'=‐i/   ̄¨フ::::::二_::.
                     i:::∠ ! ・       ≧:::::ミ:::.
                     !:::F‐'   ,  __,,∠二¨ ヽ::三::i
                         Yァ‐。-t >´´-゚‐''´   i:;-‐、
                      ,!  ̄フ/ `  ̄¨`   , '/`) ',            『オレはお前たちには何の感情も抱いていない。
                        !.j   /          /  ,!)┐ 〉
                      `,   ヽ `      /  ,- ' /.              善意も悪意も。それ以外もだ。
                       ',  ,── .、     ,!:::7
                       ',    ̄        /|:::/.                 ――それなのに
                       ',         ,.イ .!/                  なぜお前たちはそんなオレに対して善意や悪意を抱く?
                             ',       //'! :|
                            iヽ     /// ¦ |                 オレがお前たちに興味がないのならば
                           | 'ー‐ '///  ,'  !                   お前たちも“つまらない奴だ”と
                         ! ',.V////   ,'  |                   オレに興味を抱かないのが普通ではないのか?』
                         | ', `‥'   /   .!
                              |  ',    /    `ー-=,_)ー- 、_,..‐ 、.__
                             |   i   /    ,,-''´ ̄/////////////// ̄'''''‐- ...___
                            |        ,,-''///////////////////////,,..-‐''¨ ̄//\
                 _____,..-''´_   ,.-‐''フ´////////////////////////./ ///////////\
              __///`<_‐''¨  `,ニ-''´////////////////////////// / //////////////ヽ
                ////////////i_,,..-''¨////////////////////////////// / //////////////|//i
            _,,.-''///////////////////////////////////////////////// ///////////////l:. /|
         //////////////////////////////////////////////////// /////////////////|:::./|



497 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 02:01:11.09 ID:Z+0b1Mqm

普通じゃないです


498 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 02:12:55.13 ID:/j+Eu6tn

世の中には「俺に興味を抱かないなんてオモシレー奴…」する物好きもガチで居るからな…



500 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 02:22:59.01 ID:YNPM16Ht




                ,.::::::.
            /__' __',
             {!¨}、¨゙}
                ヘ⌒ノ!
               |`´' i、
        ,_,=,.-'ノ _  ニ‐-=‐、
       ノ  `ー-、_/´ ̄  \_
      ノ ヽ \   ',     //   )            『幼い頃からご近所さんや学校のクラスメイト
      r'ハ ヘ ヽ   ',  / /    {'                親族や家族、実の両親にすら何の感情も抱かず
        }  ヽ{ i   ', / /_,. 、  !                延々とその“謎”を自問自答し続けた――
      ,i'ーゞヾ、____∠_,,..、 }_,.ノ
      /  i!//'"  _,.....__  ヽ=L }                 そして10年以上もの間
      ヽl!', ゙ッ==ニ=‐''" ゙、 、ミ_|'                   考えて考えて、考え続けたその果てに
       ゙̄'フ' ̄__,.. -‐{リ} \.                   彼はひとつの答えに至った』
       / .ノ ̄-i!=-'{ ̄`}
        {,i/=くヾ{'"   i  ∨
        ゙!{  iヽi!   l  ヽ
          ! l  |     !   {
        | i  |   i   }
         i! l  |    !    !
         i l. |  l     {
          i i |   i    !



                         ,.=-―、
                           /       ヽ
                      /       ヽ
                      {         ',_
                      ,.|            !i!}
                       {i!、           i!,!                    _ .,=i           『――ああ、そうか。
         /// }             ヘ、i!,  _;;;;=- .i/                 {,〉{ |
          /// /〉             \      /!                  ,=,|i !|.            オレに向けられる意思が“善意”と“悪意”しかないのは
       ノ/ ,' //                ゙!\    ./;:|                ', ',i! .|i               人間には“善い奴”と“悪い奴”の2種類しかいないからで
      / ! ' /              |  ゙¨¨´;; i             ,..、  i、i! i!             そして、“他人に悪意を向ける人間は悪い奴”なんだろう。
       /  j  / _            |       i             ゝ`゙i、ノ!  {
     /  i  'ー' /             ノ       `、              \ .|  |.             善い奴ならば他人に悪意を向けるなんてことは
    ノ  ノ   ./        _,..=-''"         `¨ー-、__         | {  i.            悪いことなのだからできるわけがない』
   {  =' .,='""   ,=-''''''''''''""                    `ヽ、      'ーヽ  i
   .!    ',     /                                  `ー=、     }   ',
   .}     i   /                                 ヽ_   .!.   ',
   i     ', ノ´                                         ゙i、 |    ',
   !       i'                                       ヽ|    ',



     /::::::::/:::::::::::,-'´   ヽ::::|\::::::::::::ヽ、::::::::::::ヾミミ=:::::::::::::::::::}
    /!:::::::::::〃:::,'l´       . ヽl  ヽ;:::::::::::! ゙',::::::::::::::::ミミ:::::::::::::::::::l
    l/::::;:::::::::::::!'│   ,',.   ´ 、 l    !::l:::、:ハ ミ::::::::::::::::ニ-、:::::::::::ノ
    //l::::::::;:::', l       ' l   l:::!::::::::ヽ 'ミ:::::::::::::::ミ=:::::::::::}            『それは紛れもなく自己完結――
    /7 /::::/:::〈   ;    ・   ';;  l:∧:::ヽ::ヽ ミ:::::::::::::::ヾ:::::::::::7
    / /7/:::::::{  ;;'、      :';;;;,. リ ヽ:∧/ヽ`' ,::::::::::::::;'´`ヾ               それも、限りなく“最悪”に近い形での結論であった。
    / / 7/:::/ ‐- ;      . ___!__l_j_ ヽ `、::::/ ,ヘ l
       //:∧ t干=、‐=     `  ̄__=___二二._  "  l::.ハ }              当然、問題の発生から解決まで
           、 \弋ゞ、     ´'ニ__弋ケフ"´ .:. . :  }::ノ /               全て仙水個人の中で行われていたため
            、   ̄  j   ,;、,'     ̄ ̄   `:;  ん' /.               誰もこの“狂気”の誕生に気づくことはなかった。
              '  ;   ノ   、;:"   ";~;;'"  ;  人o /
            `、   ヾ、    '    :: '    / `‐イ.                  ――そして、この答えに至った後の仙水の行動は早かった』
              '、    _        ::    /     !
               \  ヽニ=-'.. :  : ゙, '´ ;'".   l
                \ '‐‐  :;   ::/:   ',   , l
                  ヽ      / ::   ",  :゙' l
                   ` ‐┬  '´   :, ..    ;,゙ ;; l
                      l   ,;:  '、"' ;.   ,''    l



501 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 02:24:50.91 ID:Q2YTN0dz

典型的な社会不適合!!



503 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 02:40:12.97 ID:YNPM16Ht




             , ...-‐--....- 、       //      |!
           ,-'´:::...::::;; ;; :::::::::::-=ニヽ____//       ||
          ,‐'´::,、:::::::::::::::;; ;; ;; ;;; ::::ヽ`┐ 〈      |i        /
            l::;;,'”。`ハ_ヽ_A-‐ヽ;;; .,-、::ヽ l  /     | l      /
          }:;:i __  チ!エ=ア `ヾ-' F7|:::l l l      l |     / /
         ヾイf7         レ/::::} | L┌-、「`7/._     / /            『仙水は自らが“悪い奴”と認定した者――
           l く 、          イ:::::/  `1 L l ト、i / 〉_/ /
           、 =_-.        l:::/  , ┤ ヒノ└-l ハ/  ___」               自身に悪意を向けてきた者を徹底的に排除したのである。
             、         Y  /、 j _ _  └'.  〈 l
             ヽ.           l  し'′「 卅7 ヾェlュ‐|」.                  時には直接。時には間接的に。
               ̄l       ゝ /   ノ"´  |l   」 \へ
                |     /::::::「  __ヽ= =≡>   ヽ/:::::              そして時には堂々と。時には人知れずひっそりと――
                }  __/:::::::::丿 / 」工 7へ「`7   {/´7:
              _ノL/´::::::::::〈∨  ノl /彡ソ三ィl ハ   / ./::.            とにかく、自分の目についた“悪”は残さず消し去った』
              )::::,、:::::::::::::::::! \ |ソ´彡/nn ヾl/テ!/ /:::::
             /:::::U::::::::::::/:::::ヽ \!彡/ S◎3 ヾ/ /!:::!:::::
             /::::::::::::::::::::::::::!::::::::::ト _  |!ヘ _°∧/   l ||/:l/
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::|! `‐-'ニ ‐┴-┴ヽ'′∥::レ::
        〈::::::::::::::::::::::0:::::::::::::::ヽ::::l:::|l 、  \     ///{::/:::::



                    ,.;;;;;;;;;;;;;;,,
                /i、;;;;;;:;:;;;;;;i
                 i〃;::;;;;;;;,,,リ
                ',_, :;;;;;;ノ
            ,.._,..._ノ_   |
           ノ;;;;;;;;;, ;,;;;;;;;;;;;;;;,ゝ、
          ノ;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
             ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
          < ,,;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;八
         \ ;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;:/            『この世から“悪”が一掃されれば、世界は“善”に満ちて平穏になる――
          ノ ,;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;;;; }
           { ;;;;;;;;;;;;;;;;;: };;;;;;;;;;;;;;'/;;;;;;;:ノ               その頃にはそのような考えを抱くようになった仙水だが
          /¨゙ー、''''ノ;;´;;;;;;;;;; i';;;;;;;;;;;; >             彼が望んでいた平穏が訪れることはなかった』
         /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;:ア、;;;;;;;;::ィ
         /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ト'" |
        ,'  ./| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,', ',  i!
       ,'  {  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; } i!, ,!
       ノ   ム | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; {r'"  {
       ト从>‐' | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;, ト}( 丿
            | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;,ト-'
           | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;,',
              i ;;;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;,',



                 Nヽ-‐‐..'.:′ ̄`'′丶‐-‐ー 、
               -ニ.´:::::::::::,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,`=-,_
                __ゝ:::::;「 y⌒'‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊂ゝ:;>
                \:::ノ ノ  ゝ'´__つ:::::::::::::::::::::::::_⊂ゝ:;:ニ-
                   /     ´ ノゝ、::::::::::::::::::::::::(ヽゝ7l′/l
                   |  u  ´ ̄ ,ノヽ‐-‐。-一っ:ヽ、 {、V Lノ         『仙水が“悪”を排除すればするほど
                    ハ   U  / -‐- 、u u .(7ヽ:l  k'  レ         逆に彼に対して悪意を抱く者――“悪”が増え続けていったからである。
                 , -‐大 l     ,   ! ‐ 。 ,` '‐, ̄u入 `ヽ. )  (_
       , -ー.,.,., '´;.;.;.;l/ ;.∧!  : u   lニ=_-‐=< ノ=‐-/:/ヽ 7′ (_          そして、そんな新たに生まれる“悪”の中には
      / .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; il|;.;.;.;l !       ト‐-・ゞ   ィ。7Y   u l\ /.            かつて仙水に対して善意を抱いていた者――“善”だった存在も含まれていた』
     ノ__ ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;. i!ハ ;.;. ソ  :u ノ。/ ,-  ! ヽ´/ 。 イ .;.;.`,7ヽ
   /.;.;.;.;.;.ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l|.;.;.ヾ.;人    {   u  L介ィ」' 人   U l;.;.;.;/.;..;.;ヽ
   (;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;._.;/\;`..‐- ゝ,  ⊂ニ=っ/.;l.;.|    i_.;/.;.;.;.;.;.∧
  /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ;.;.;.;.;.;ノ;.;.;.;.;.;.;.;`.;- ;._人 、 '‐‐', /..;.;.;.;{`‐-‐'´;.;|__;.;.;.;.;.;.;.;l
 {.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ.;.;ノ..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;)ヾ、__;_/;.;.;/ヽ、;.;.;.;__ ノ.;.;\;.;.;.;.;}
 ハ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;∨;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/`'一--‐'´;.;(.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i.;.;.;/
 〉.;ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/ ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;丿;;人



505 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 02:55:34.17 ID:YNPM16Ht




         .:::::::::::::: ::::::::::::::::<
       ⌒{''"´ '-,::::::.. ::::::::::::::.
       i     ミ::::: ::::::::::::i
       | i,,二   ヾ:iニ}i:::::::::::}            『――なぜ“悪”が増えている?
      ノ ´      ッ, ,}::: : . !
      ゝ       、'/::::: :::::i              “悪”はオレが消し去っているはずなのに――
        ゝ         / ',::::::::!
       |         ','"|'.                仙水の中に新たな疑問が生まれた』
       >‐''"!¨  /     i
           {  /     ',
             } /      ',,
         r''//   _,...=-=.,,,ゝ-、
        r''} '" ̄フ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



                           ,..::::::::::::::::::::::..
                           ,..::::::::::. :..::::: ::  ..::::::..
                         /:: ..:.:.:.:.:.:.....:.::.:.:.:.:.:... ::::.
                           /::. :: ' ーヾ::::::::::::〆´ ヾ、:.. ::.
                           .:::: ..:::{     `´ ヽ    ):: :::
                       i:::. ::{、          i!   ヾ::..:::
                         |:: ::〆      ” '      く: ::
                         }::.::ゝ                <::.n            『――環境が悪いのだろうか?
                         i´{  二ニ‐_-.., ノ ,.ッ_‐ニ二  }r !
                     ∧ ヘ  `"”"" '   !丶"”"´  //,'             こことは違う場所――たとえば外国。
                         ∧ ヘ        .,|      ,'//
                           ∧;、                ,';'                 違う国でやってみたらまた違った結果になるかもしれない――
                          ー.、     ` ´    ,i!´
                          |\   ー - 一  , ' !                  今度はあっさりとそう結論づけた仙水は
                          |  \  `¨¨´  , '  |                 人知れず日本を離れて海外――大陸へと渡った。
                          |   \     /   |
                        リ       `¨¨´     .|                   今から7+【1D3:2】年ほど前のことである』
                  _____ノ            弋
               ,...<三三三='"               \三三≡‐
           ,..=<三三=‐''"´                    `¨‐=≡三三=-
        ,.-<三三三三、ー- ..._                      __>三三=-
   ,.. -<三三三三三三三=ヽ    ̄¨¨¨¨¨ヽ       -―――‐''''''"""<三三三三三=-
<三三三三三三三三三三三三=>、                       /三三三三三三三三三=-
三三三三三三三三三三三三三三三.>、              ,..-<三三三三三三三三三三三三三≡、
三三三三三三三三三三三三三三三三三>、           ,..<三三三三三三三三三三三三三三三三三i
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三>---‐<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三=i



506 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 03:13:43.16 ID:YNPM16Ht




                    ,.;;;;;;;;;;;;;;,,
                /i、;;;;;;:;:;;;;;;i
                 i〃;::;;;;;;;,,,リ
                ',_, :;;;;;;ノ
            ,.._,..._ノ_   |
           ノ;;;;;;;;;, ;,;;;;;;;;;;;;;;,ゝ、
          ノ;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
             ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
          < ,,;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;八
         \ ;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;:/            『異国の地に渡り、ここで再び“悪”を一掃しようと気持ちを新たにする。
          ノ ,;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;;;; }
           { ;;;;;;;;;;;;;;;;;: };;;;;;;;;;;;;;'/;;;;;;;:ノ               ――だが、そんな彼のある種の熱意や情熱は
          /¨゙ー、''''ノ;;´;;;;;;;;;; i';;;;;;;;;;;; >             意外な形で氷点下まで冷め切ってしまうこととなる』
         /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;:ア、;;;;;;;;::ィ
         /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ト'" |
        ,'  ./| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,', ',  i!
       ,'  {  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; } i!, ,!
       ノ   ム | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; {r'"  {
       ト从>‐' | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;, ト}( 丿
            | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;,ト-'
           | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;,',
              i ;;;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;,',



          /:: ..:::::、、:::::、、::::, '' "      ` ゙ヾ:::.. :::.
         /::: .:::_ '"`                ヾ:::::::. ::.
        ./:: .::/       {|}         ミ   ヽ:. .::
          .::: :::::::/             _,,,,=―-ミ.,_ `ヽ::...:,,,_
        .:::: .::::./           //´,...__ ミミ  ヾ: ヽ、
       {::: ::/     __    ´/ /    ヽミ   :: ∧ ゙i
          ::: .:..:/ 彡_,.=''" ̄`ヽ、  彡 ' //__○_ノ,,ミ    iミ{i!|
        :::. ::/ 彡´_,=-'''''''' ヽ、゙,,, 彡 "ヾ;;;;;;;;;;;;;;::::::       }i!} |
          r!::::/ 彡´i"  ○_,. '彡" 彡   ヾ;;;;;;;::::      ::|i!i i!
       | \:   彡ー‐''",,;;;;;/   彡    };;;;;:::::     :::::!i!} i!            『単身異国へ渡ったため
       ', {i!,i!   ''彡  ::;;;;;;;;;   彡  、 /        ::: :|!' |                人間関係が完全にリセットされてしまい
        ', !i|!i       ::: :::::::::..,/{...,,,,,  }        :::  !{} |               この時点では周りの者は誰も仙水に対して
        ∧ i!ヘ:.            ゝ、i|!_ }|!='        ::   i!ノ                 善意も悪意も抱いていなかったのである。
            \、i|!::::..            > ,.._       :  |i!
           .∧゙i!ヘ :::::::.        /=-'/>--ー、、     ,! i!              仙水忍。この時17歳。
           ∧ ''ヘ  ::.     /ー ̄"´  ミミ ゙ミ    /  i!
            ゝ、ヘ      ,,/´;;,,,__,,,,=-'彡      /   i!.              若さゆえの凡ミス――若気の至りであった』
                 ∧i!、    ゙ '''''''''''::::;;;;;;;;;;:::::    /;  ::  i!
                 ∧ \、       ::::::::::::::.    /;;  ::   i!
                ∧ ;;;>     .::;;;;;;;;;;;;;::::::::  /;;  :::     i!
                 ∧  ;;;   >    ::;;;;;;;;:::  ノ;;;  :::     i!
                 ∧  ;;;;;     > ..,,__,,..=‐''" ;;;   :::      i!
                  ∧  ;;;;    i!      ;;;    ::::       i!
                 ∧   ;;;   :}!     ,,;;;;   ::::        i!、
                      ∧   ;;;   i!    ,,;;;;    ::::          ゙=三三三三、_
                    }i   ;;;  i!  ,,;;;     ::::    ......::::::::::     `'''ー=三三
                _,.=-''|i!;    ;;   ;;;      :: ....:::::::               `''''
           _,,..=-ニ='" / i}!      ;;;       ::..::::::



                ,.::::::.
            /__' __',
             {!¨}、¨゙}
                ヘ⌒ノ!
               |`´' i、
        ,_,=,.-'ノ _  ニ‐-=‐、
       ノ  `ー-、_/´ ̄  \_
      ノ ヽ \   ',     //   )            『――完全に消沈した。
      r'ハ ヘ ヽ   ',  / /    {'
        }  ヽ{ i   ', / /_,. 、  !                ここには最初から“悪”がいない。
      ,i'ーゞヾ、____∠_,,..、 }_,.ノ
      /  i!//'"  _,.....__  ヽ=L }                 出会う者たちは皆
      ヽl!', ゙ッ==ニ=‐''" ゙、 、ミ_|'                   自分のことを“若い旅行者”としか見ていないので
       ゙̄'フ' ̄__,.. -‐{リ} \.                   (下心なども含まれているだろうが)善意しか向けてこない――』
       / .ノ ̄-i!=-'{ ̄`}
        {,i/=くヾ{'"   i  ∨
        ゙!{  iヽi!   l  ヽ
          ! l  |     !   {
        | i  |   i   }
         i! l  |    !    !
         i l. |  l     {
          i i |   i    !



507 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 03:22:09.30 ID:8Za5BhR2

やったやん 悪 おらんなったで



509 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 03:32:33.42 ID:YNPM16Ht




                        ,......-::─::::::::-.....、
                          /::::::::;:::;:イ ソ-‐:::::::ヽ
                      /:::小l-|彡//:::::二ニ 、::::.
                        /::ヾ'i'=‐i/   ̄¨フ::::::二_::.
                     i:::∠ ! ・       ≧:::::ミ:::.
                     !:::F‐'   ,  __,,∠二¨ ヽ::三::i
                         Yァ‐。-t >´´-゚‐''´   i:;-‐、
                      ,!  ̄フ/ `  ̄¨`   , '/`) ',            『日本に帰ろうか――と当初は思ったが、やめた。
                        !.j   /          /  ,!)┐ 〉
                      `,   ヽ `      /  ,- ' /.              どのような形であれ、“悪”がいないのはいいことだ。
                       ',  ,── .、     ,!:::7
                       ',    ̄        /|:::/.                 “善”に満ちてこそいないが
                       ',         ,.イ .!/                  “悪”の存在しない平穏な世界をオレは望んでいたのだから――
                             ',       //'! :|
                            iヽ     /// ¦ |                 こうして、特に目的も行き先もない、仙水の平穏な1人旅が始まった。
                           | 'ー‐ '///  ,'  !
                         ! ',.V////   ,'  |                   ひとつの地に留まっていたら、また“悪”が生まれてしまう気がしたからだ』
                         | ', `‥'   /   .!
                              |  ',    /    `ー-=,_)ー- 、_,..‐ 、.__
                             |   i   /    ,,-''´ ̄/////////////// ̄'''''‐- ...___
                            |        ,,-''///////////////////////,,..-‐''¨ ̄//\
                 _____,..-''´_   ,.-‐''フ´////////////////////////./ ///////////\
              __///`<_‐''¨  `,ニ-''´////////////////////////// / //////////////ヽ
                ////////////i_,,..-''¨////////////////////////////// / //////////////|//i
            _,,.-''///////////////////////////////////////////////// ///////////////l:. /|
         //////////////////////////////////////////////////// /////////////////|:::./|



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉            『旅の途中、ブリタニアの侵略を受けて日本がなくなったことを知った。
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ...             ――しかし、仙水にはそんなことはもう関係がないし、興味がないことであった。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /               彼にとって重要なのは、“悪”が存在するかしないか――ただそれだけだからだ』
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



                    ,.;;;;;;;;;;;;;;,,
                /i、;;;;;;:;:;;;;;;i
                 i〃;::;;;;;;;,,,リ
                ',_, :;;;;;;ノ
            ,.._,..._ノ_   |
           ノ;;;;;;;;;, ;,;;;;;;;;;;;;;;,ゝ、
          ノ;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
             ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
          < ,,;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;八
         \ ;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;:/            『そして、旅を始めて数年が経過したある日のこと――
          ノ ,;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;;;; }
           { ;;;;;;;;;;;;;;;;;: };;;;;;;;;;;;;;'/;;;;;;;:ノ               彼は通りかかった【1D2:1で、運命的な出会いをした』
          /¨゙ー、''''ノ;;´;;;;;;;;;; i';;;;;;;;;;;; >
         /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;:ア、;;;;;;;;::ィ
         /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ト'" |
        ,'  ./| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,', ',  i!
       ,'  {  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; } i!, ,!
       ノ   ム | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; {r'"  {
       ト从>‐' | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;, ト}( 丿
            | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;,ト-'
           | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;,',
              i ;;;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;,',


1:中華連邦の砂漠
2:ロシアの氷雪地帯



510 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 03:43:18.54 ID:YNPM16Ht




                                                                  _,,...
                                                     _      _,、、-≦ニ三
                                                  _/ />─_x≦三三三三二
                                               _、‐''゛: : /: : x≪三三㌻'''7'"~/: : :
        /                                    __ /.:.:.:.:.:.:.:.::;.:,∠三三三㌻_'_: : : :
       {{  _____/ _                         _/;:;:;:;:/.::.://.:.:.:.:∠三三三㌻  |─|-:| /
:─┼─「「 ノiレイilililil<┌| |_____┌‐┬ィ'⌒i  _ []     盂_、-‐''"´.:.:.:.:.:/:::::/;:;:.:: :.:/三三三ニ{:| ̄| ̄| | | -二
: : :¦: : ,.ィ(ili>──<ミh<,,,¦ | |_|辻辻辻 | ̄「|ー─Г丁| ̄L_.:.:.:.:/.:.:::::/;:;:;:;:;:;:;,.イ三三二「:丁二|  |_┌二二二
: : : : ,.イilililil/_:_:_:_: : : : : :}:!ノ⌒'< ̄: : /: : : :.:¦.:.:¦.:.:.:.¦ i┌┬┴┐_[];:;:.:.:.:.:.:.:./ 二二___ノ_|__|_┌二二二二
  ,イililililililililililililililil><´}i}_:_:_:_:_:>< .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;i;:;:i;:;:;:;:「|:::::| ̄|_/⌒V;:;::;ーj;:;:| ̄| ̄| ̄|二二二/三
レilililil/ ̄ ̄\_.:.:.:.:.: ̄{{ ̄.:.:.:.:.::::::::::``'' < ̄;:;:;:;:;:;:;:;:──三三三三⊥:⊥/ / /;:;:.:.:.:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|__∠三三
ililili/二丁丁  ̄┌ー ┐  ヘ,__    . . . : \─| ̄丁二二⊥...¦.:.:.:::::/ j// /:;:: / ̄ ̄ ̄:7─「_rニ∠三三三
ilili/;';';';'\ | ̄ ̄|    | | ̄|jj\_ ̄⌒'ー─: : : `了:: ̄ ̄:|二二 : : : .:.:.:.:{ /: :/ /__/ .:/┌-  /: : rニ∠三三三二
ilil{;';';';';';';'; \  |__|_|_|¨|¨~|\ ̄|┐ ¦: : : :¦.:.:.:.:.ニ|─ ‐ ‐.::.::.:;:;:;:} .:.: ///┌-  _.:.:|;;;;;;| :|_rニ∠三三三二二
ili{;:;:\;: ;';';';';';'\|_ |   :| ̄ ̄~| |丁二丁Tニ∟_:_:_:_:|─ ‐ ‐ ‐ : : .:.爻爻.:.:.:./.:;:;:/ |一r- ”~¨ ┴=ニ三三三二二二
ノ:;\;:;:\;';';';';';';';'\ ̄ ̄| i i i i | ̄| ̄|二二|_:_:_|三三丁二二L,、xX爻狄_ノ..:;;:;:j_|  | |⌒|_>-ミ     ~^''  -=ニ
;:\;:;:\;:;:\;';';';';';';';'\| ̄|¨¨¨¨¨¨..|: : |`i¨¨¨¨¨¨:丁|¨¨¨¨¨|¨ア´.:.:/ ̄ \ ̄二.._|  | |‐-| |:i|_| ||⌒V二x≠x
;:;:;:;:\;:;:\;';';';';';';';';';';';'\⊥二二二| ̄|: |: : : : : : :||=====|/ .: ::/ /   /;:;∨ ̄L__二⊥_|  | |:i|  | ||   | |:|   | |
ー=彡へノ;';';'\;';';';\;';';';'\工工工工工|: : ロ: : : : |::|====:/ /: :/ /  / {;:;:/.:.:: : : : 「   }::\┴_ | ||   | |:|   | |
i:i:i:i:i:i:ノ⌒\;:;:;:\;:;:;:;\;:;:;';'\二二|\ ̄ ̄ ̄\ΞΞΞ'′. : :/ /  / j;:;:爻淡淡ソ  /⌒/ /「二 = ┴ニ   | |
:;\i:i:\{i:i:;:;:;\;:;::;\;:;:;:;\;';';';-二二ヽ| ̄ ̄ ̄.:¦:;:;:;::/ . : : : {  ′ /:;:;/爻爻7⌒ /  .:.:i:i:i{ {;:;∧.:.:.:.:.:.:.: { ̄  ̄
;:;:;:}\i:i:i:\;:;:.:.:.\;:;::\;:;:;:;:\;';';\. . : |: : : .:.:.:.:.:¦::::::/ . : : :: :}/  .: : : / /: : :/ :/ / ..:.:i:i:i:i:| |;:;:;∧.:.:: : :/{   .:./
\ノ;:;:;;\{;:;:\.::.::.:}i:;:;:;:;:\__}i:i:\ノ ̄ヽ   .  . .:/ . : : :::γ  . : : : ::/ 〈: :/∨ /.:.:;:;:i:i:i:i:i:j/;:;:;:;:∧: : /;:;:∨/:/;:;:
:;:;;:\;;::::;;\;:;:∧:;:;:i:i:i:;:;:;:;:;;::;;\i:i:}i:i:i:i:i:i}      /  . : : //  . : : : ::/: : : /.:.:.:;:;:〈;:;:;:;:i:i:i:i:/;:;:;:;:i:i:i:i:i::∨;:;:;:;:∨/;:;:;:
:::;:;;::::\:,;:;;::〉:;:;:i:i:.::.::.::.::\:;:;:,;;::;∨i:i:i:i:/ ̄ ̄}  ,:′. : :/::::/ . : : : /  : : :{ : : i:i:{;:;:;:;:i:i:i:i:/;:;:;:;:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:;:;:;:;:;:;:\:;:;



         .:::::::::::::: ::::::::::::::::<
       ⌒{''"´ '-,::::::.. ::::::::::::::.
       i     ミ::::: ::::::::::::i
       | i,,二   ヾ:iニ}i:::::::::::}          これは……
      ノ ´      ッ, ,}::: : . !
      ゝ       、'/::::: :::::i           砂漠の地下にこんな都市が存在していたとは……
        ゝ         / ',::::::::!
       |         ','"|'.             しかし、このような場所が存在するなんて情報は――
       >‐''"!¨  /     i
           {  /     ',
             } /      ',,
         r''//   _,...=-=.,,,ゝ-、
        r''} '" ̄フ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



             >      <
           ./三三三三三三\
         / 三三三三三三三三 \
        /三三三三三三三三三三三V
        / 三三三三三三三三三三三 V
       ,三三/ 三三三三三三三 V 三V
       ,三三/三三三三三三三三 V 三 V
      , 三 /三ヘ// \三三/ /// V 三 V
      i 三 / 三三三 .о о三三三 V三 i
      | 三|  /二二二二二二二\  .| 三 |          ――ッ!?
      .リ三 i/./i          .i\\i 三{
     ., 三{/ {::{     ′    }::} .\}三‘            貴様、何者だ!?
     , 三\ {::i>   ⌒   <i::} /三三‘
    ,ィ|三三/ 八::V从 L___ 」从リ::ノi \三三|
   ,ィ" .{ /    Y / .ヽ↓イ V Y     \三}そ__ ,
  ´ァ K、      { ヘ   .|   〉 }        >|  Kx、
  ムイ   >ェェェ-=ニ\\  |  //ニ=-ェェェ<  ヽK
  7/          \\↓//         ヘV
   1イリi从N从/,イ   /.弋i iフ へ  从N从人从リヽj
      | 三三 .N,イ-/ ,へ.{ },ヘ  レ‐x 三三三 |
      | 三 .i 三レヘ / .i V i .\,へリ 三i 三 .|
      | 三 .|三三三三 | {・}| 三三三三.| 三 |
      | 三 .|三三三三 | {・}| 三三三三.| 三 |



                        -
                          /   ` 、
                     '        ヽ
                      _/         ,__
                f ,...-゙  ,,  !!  ,,     ―i .!
                 l', .!::::l 〈l li ||. 〃/〉   i:::::! .l
                   (l | |::::l.  k li ll.〃〃  _l::::l__l)
.                _f,-、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,-,ヽニ‐-_          ――イレヴン!?
                ,.イニニl'ー'  ト、  ◯   ,.イ   ー /ニニニ\
           /ニニニヽ   ヽ.` ー一'" /    /ニニニニニヽ.       なぜイレヴンがこんな所に……!?
.           ,イニニニニニ\   ー--一   _ イ二二二二ニニ,
.         /ニニニニニニニ> ___,. <二二ニニニニニニニ,      い、いや、それよりも――貴様、ここに何の用だ!?
        /ニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニ,
.        'ニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニi
.       'ニニニ二二二/ニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
        'ニニニニニ二/ニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
      'ニニ二二二二/ニニニニ!二二二二ニニニニニニニニニニl
     'ニニニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
.      'ニニニニニニ,ニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
.    'ニニニニ二二/ニニ二二二lニニニニニニニニニニニニニニl



511 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 03:58:16.16 ID:YNPM16Ht




                        ,......-::─::::::::-.....、
                          /::::::::;:::;:イ ソ-‐:::::::ヽ
                      /:::小l-|彡//:::::二ニ 、::::.
                        /::ヾ'i'=‐i/   ̄¨フ::::::二_::.
                     i:::∠ ! ・       ≧:::::ミ:::.
                     !:::F‐'   ,  __,,∠二¨ ヽ::三::i
                         Yァ‐。-t >´´-゚‐''´   i:;-‐、
                      ,!  ̄フ/ `  ̄¨`   , '/`) ',          イレヴン……?
                        !.j   /          /  ,!)┐ 〉
                      `,   ヽ `      /  ,- ' /.           ――あぁ、確か日本人は今はそう呼ばれているんだったな。
                       ',  ,── .、     ,!:::7
                       ',    ̄        /|:::/.              そのどこか中世の欧州風の装いに
                       ',         ,.イ .!/               オレのことをイレヴンと呼ぶということは――お前たち、ブリタニア人だな?
                             ',       //'! :|
                            iヽ     /// ¦ |              ここは中華連邦内のブリタニア人街なのか?
                           | 'ー‐ '///  ,'  !
                         ! ',.V////   ,'  |                このような場所があるなんて聞いたことないが――
                         | ', `‥'   /   .!
                              |  ',    /    `ー-=,_)ー- 、_,..‐ 、.__
                             |   i   /    ,,-''´ ̄/////////////// ̄'''''‐- ...___
                            |        ,,-''///////////////////////,,..-‐''¨ ̄//\
                 _____,..-''´_   ,.-‐''フ´////////////////////////./ ///////////\
              __///`<_‐''¨  `,ニ-''´////////////////////////// / //////////////ヽ
                ////////////i_,,..-''¨////////////////////////////// / //////////////|//i
            _,,.-''///////////////////////////////////////////////// ///////////////l:. /|
         //////////////////////////////////////////////////// /////////////////|:::./|



                    ,. - 、
                    /    \ _
.               -‐ニニ.'       ゙,‐-`.ヽ
            ,'"r;;;;;;;;;;/         ';;;;;;;;;) )
            ト、\;;;;;!   ri lll r,   l;;;i r' l
           r'  ヽ l;;l  〈i, li, .|| 〃i〉 l;;l l  l          な、なにをとぼけたことを――!
          __ゝ' __!_l;;!   ヾヾ ll./'/'  l;;!_! .l‐-__
      _-ニ二ヽ. { O   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ O`/ニニニニ=-_
      /ニニニ二二\     ト、   ◯  ,.イ   ./二二ニニニニヽ
.   /ニニニニニニ二\  ヽ  ー-一 .ノ   イ二二二ニニニニ',
  /ニニニニニ二二二二\  ` ー一 ´  ,.イ二二二二二二ニニi
. /ニニニニニニニニニニ二\. ___ , イ二二ニニニニニニニニl
 {ニニニニニニニニニニ二二二ヽ二二二二二二二二二二二二二l
 lニニニニニニニニニ二二二二ヽ二二二二ニニニニニニニニニl



                   // /                  __
                / {_/                 / \ \
             / /  イ´ ̄>、..r‐―===z 、    {  ´ヽ ',  \
                 { {  ′             ヽ  ヽ、_ ハ .1   |
                | | .′               V    .}.1  /|
             ', .V                      V   ./ ./ /,-イ
              マ.} ―‐- 、               }  // /'   {
               | ト _7.二ハ   , - ―‐ -  .. _   1―´  /   ハ
               | |ハイf行ト、     7.二..__  ` |__./     ハ
               | | ハ弋芝外     ィ不丐rfミ、. | ト、        ハ          ん? 随分とにぎやかだね。
               | | }, `¨¨´ ,      比丞少  | |,!       ハ
            r‐┴┤ .ト    、      `¨¨¨´  _..|  .!ハ       ハ.          どうしたんだい?
           /     | |.\   、..._         イ/1  |   '       ハ
           /     | |   \ └‐`    _.  ´/ /| |  ハ         \
.        /        .| |   マ>._.. __<´_/ /.| |  ハ
    __/          | |    ∧/  `-/   /   | |   ハ、
   ´ ̄ ̄ ̄ ̄/`ミ x  | |  //  /  ./   /   ! |   ハ \
         〃  / ヽ 1 .|  {//  ./  ./   /   | |    ハ   \
       /    }   | | //  /  {   /    1  |      ハ   ',
.        /     |   l  .| .//  /   .{   /   _. ‐┤ |     }    i
       /      .|   |  .レ'/  /     { ./ /   1 .|\    {   |



             >      <
           ./三三三三三三\
         / 三三三三三三三三 \
        /三三三三三三三三三三三V
        / 三三三三三三三三三三三 V
       ,三三/ 三三三三三三三 V 三V
       ,三三/三三三三三三三三 V 三 V
      , 三 /三ヘ// \三三/ /// V 三 V
      i 三 / 三三三 .о о三三三 V三 i
      | 三|  /二二二二二二二\  .| 三 |          きょ、嚮主V.V.!?
      .リ三 i/./i          .i\\i 三{
     ., 三{/ {::{     ′    }::} .\}三‘            お戻りになられたのですか!?
     , 三\ {::i>   ⌒   <i::} /三三‘
    ,ィ|三三/ 八::V从 L___ 」从リ::ノi \三三|
   ,ィ" .{ /    Y / .ヽ↓イ V Y     \三}そ__ ,
  ´ァ K、      { ヘ   .|   〉 }        >|  Kx、
  ムイ   >ェェェ-=ニ\\  |  //ニ=-ェェェ<  ヽK
  7/          \\↓//         ヘV
   1イリi从N从/,イ   /.弋i iフ へ  从N从人从リヽj
      | 三三 .N,イ-/ ,へ.{ },ヘ  レ‐x 三三三 |
      | 三 .i 三レヘ / .i V i .\,へリ 三i 三 .|
      | 三 .|三三三三 | {・}| 三三三三.| 三 |
      | 三 .|三三三三 | {・}| 三三三三.| 三 |



512 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 04:03:34.87 ID:YNPM16Ht




         .:::::::::::::: ::::::::::::::::<
       ⌒{''"´ '-,::::::.. ::::::::::::::.
       i     ミ::::: ::::::::::::i
       | i,,二   ヾ:iニ}i:::::::::::}
      ノ ´      ッ, ,}::: : . !
      ゝ       、'/::::: :::::i          嚮主……?
        ゝ         / ',::::::::!
       |         ','"|'
       >‐''"!¨  /     i
           {  /     ',
             } /      ',,
         r''//   _,...=-=.,,,ゝ-、
        r''} '" ̄フ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



               //   }: :_: : : : : : { : : : :_: : : : : {  、 ヽ、
           /´ /_/: :_x≧=ミvレ≦三三ミ、: \_〕   ',
              〃 / : : _/             \: : `、   ト、
.         /{  { : : :/                ∨ : ',  l ',
         / ∧ ∨:,′                 V : } ,'  '.
.          ′ ∧ `{  _, -─       ─- 、_    }:_/ /   」
         {L../_/ \j /  ___       ___ \ L/ /!
         ∨:7- 、 {   ____`     ´ ____   {__ く⌒V            ――おや?
          // : : r;ihーrFじL.八     ヘFじこハ ,'ト、: : \{_
      ,. ´ : :_:_/{」: :! ー`= ′      `= ′/: ! }ー-、_ `ヽ、         君は誰だい?
     / ー=≠彡.:.个: !V^!        {       /1: レ'` ̄``ヾ、: \
.   / : : : /  .:.::.:::.:l: :l{ { V^!     _     {^V /j:!       \: : ヽ       見たところイレヴンのようだけど……
.  / : : :/  .:.::.:::.:::.:l: :ト、\L. \   ‘ ’   _ノ ノ/厶 !:.        ヽ: : `、
  { : : /   _ .ィi⌒ヽ、:{二二 、  `ヽ.__, '´   / _〕::.:. _, --、_   `、: : ',
ー:个 : {.ィ7´: : !   /〕r、 } \\__  }  {  __/ // _ }_/    }: `ト、  ',: : i
: :八: : : { { : : : i   /: |」 {〔__   `ー、`L.r┴ '´ /  { { 〕!       !: : }: :}\}: : l
:/ : !\: い: : : :}  /: :! `ヽヽ   ` ̄「 ̄´   /_」 L!: 、   |: :,': :,' : : :   l
: : ∧ : \、\:/ /: : :|   vハ     l    //   |: : 、  /V: :/: : : : : ,〈
/  ヽ: : :ヽ:/ /: : : :/「〕    } L_    |  __,/ /    〔ト、: :V´   ∨: : : : : ∧ \



                           ,..::::::::::::::::::::::..
                           ,..::::::::::. :..::::: ::  ..::::::..
                         /:: ..:.:.:.:.:.:.....:.::.:.:.:.:.:... ::::.
                           /::. :: ' ーヾ::::::::::::〆´ ヾ、:.. ::.
                           .:::: ..:::{     `´ ヽ    ):: :::
                       i:::. ::{、          i!   ヾ::..:::
                         |:: ::〆      ” '      く: ::
                         }::.::ゝ                <::.n
                         i´{  二ニ‐_-.., ノ ,.ッ_‐ニ二  }r !
                     ∧ ヘ  `"”"" '   !丶"”"´  //,'
                         ∧ ヘ        .,|      ,'//
                           ∧;、                ,';'          ああ、オレは――
                          ー.、     ` ´    ,i!´
                          |\   ー - 一  , ' !
                          |  \  `¨¨´  , '  |
                          |   \     /   |
                        リ       `¨¨´     .|
                  _____ノ            弋
               ,...<三三三='"               \三三≡‐
           ,..=<三三=‐''"´                    `¨‐=≡三三=-
        ,.-<三三三三、ー- ..._                      __>三三=-
   ,.. -<三三三三三三三=ヽ    ̄¨¨¨¨¨ヽ       -―――‐''''''"""<三三三三三=-
<三三三三三三三三三三三三=>、                       /三三三三三三三三三=-
三三三三三三三三三三三三三三三.>、              ,..-<三三三三三三三三三三三三三≡、
三三三三三三三三三三三三三三三三三>、           ,..<三三三三三三三三三三三三三三三三三i
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三>---‐<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三=i



513 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 04:17:34.72 ID:YNPM16Ht




                    ,.;;;;;;;;;;;;;;,,
                /i、;;;;;;:;:;;;;;;i
                 i〃;::;;;;;;;,,,リ
                ',_, :;;;;;;ノ
            ,.._,..._ノ_   |
           ノ;;;;;;;;;, ;,;;;;;;;;;;;;;;,ゝ、
          ノ;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
             ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,∨
          < ,,;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;八
         \ ;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;:/            『仙水はその少年――V.V.にこれまでのすべてを話した。
          ノ ,;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;;;'/;;;; }
           { ;;;;;;;;;;;;;;;;;: };;;;;;;;;;;;;;'/;;;;;;;:ノ               なぜそうしようと思ったのかはわからないが
          /¨゙ー、''''ノ;;´;;;;;;;;;; i';;;;;;;;;;;; >             とにかく話せることは全部喋ることにした――』
         /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;:ア、;;;;;;;;::ィ
         /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ト'" |
        ,'  ./| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,', ',  i!
       ,'  {  | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; } i!, ,!
       ノ   ム | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; {r'"  {
       ト从>‐' | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;, ト}( 丿
            | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;,ト-'
           | ;;;;;;;;;;;;;;;; i;;;;;;;;;;;;;;,',
              i ;;;;;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;,',



     /::::::::/:::::::::::,-'´   ヽ::::|\::::::::::::ヽ、::::::::::::ヾミミ=:::::::::::::::::::}
    /!:::::::::::〃:::,'l´       . ヽl  ヽ;:::::::::::! ゙',::::::::::::::::ミミ:::::::::::::::::::l
    l/::::;:::::::::::::!'│   ,',.   ´ 、 l    !::l:::、:ハ ミ::::::::::::::::ニ-、:::::::::::ノ
    //l::::::::;:::', l       ' l   l:::!::::::::ヽ 'ミ:::::::::::::::ミ=:::::::::::}          『――不思議と悪い気はしなかった。
    /7 /::::/:::〈   ;    ・   ';;  l:∧:::ヽ::ヽ ミ:::::::::::::::ヾ:::::::::::7
    / /7/:::::::{  ;;'、      :';;;;,. リ ヽ:∧/ヽ`' ,::::::::::::::;'´`ヾ             この少年にならすべてを明かせる、という安心感がどこかにあった。
    / / 7/:::/ ‐- ;      . ___!__l_j_ ヽ `、::::/ ,ヘ l
       //:∧ t干=、‐=     `  ̄__=___二二._  "  l::.ハ }            自らが望んでいるもの――“悪”が一掃された平穏な世界。
           、 \弋ゞ、     ´'ニ__弋ケフ"´ .:. . :  }::ノ /
            、   ̄  j   ,;、,'     ̄ ̄   `:;  ん' /.             しかし、その望みに反して“悪”は増え続ける――
              '  ;   ノ   、;:"   ";~;;'"  ;  人o /
            `、   ヾ、    '    :: '    / `‐イ.                どうすれば“悪”は一掃されるのか――その答えを求めている、と仙水は語った』
              '、    _        ::    /     !
               \  ヽニ=-'.. :  : ゙, '´ ;'".   l
                \ '‐‐  :;   ::/:   ',   , l
                  ヽ      / ::   ",  :゙' l
                   ` ‐┬  '´   :, ..    ;,゙ ;; l
                      l   ,;:  '、"' ;.   ,''    l



515 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 04:22:46.22 ID:YNPM16Ht




          /  /           \
       /    ,, ,,  〟 ,,,   Y⌒ヽ,ヽ
        /   ,  `´       'ヽ 乂_)、 \i
      /i /"            ヽ,   | | \
      / } !                !.  } }  `i
     i|{ |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` i   |ノ   |
     || | | /⌒ヽ   〃 T二ニニ= |/ /⌒}
.     l ゝ、 ! ニ二ヽ     'テ{乙圷 {_/| ̄ ̄{                  ――なるほど、興味深い話だ。
     |二二',イて斥    ヽ、ゞ=孑 | |ヽ{ ',  !ゝ、_______ノ
     \_r‐-', ゞ少 |         | |.八 \ ヽ ` ー───‐─、.       イレヴンにも僕たちと同じような大望を抱いている者がいたなんてね。
       | ハ    `  _.      /| |川 \ \ ` ー───‐==ニ
        | ,' ! ゝ   ´ r     イ| .| | | |\ \ \_______...     仙水忍――といったかな?
       ,|/ ,'| | >、      ,`ヽ``ヽi ! | |.  \ \. ゝ、
       // / | i  |<``  r_´_ }   ! !‐┴ 、   \ \  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      // ./ | L-┴‐\/// / ≦ ! !    \   \. ヾニニ二三ミミ
    //  // ̄    // //   / ! ',     \   \ \
    {/  / /   / /  / i   /   ! ヽ' ̄ ̄|`ヽ\    \. \
  /゛/  /⌒iヽ / /   / l  /  /ヽ ヽ   }\        \ 丶、
/  /  /{ / i/  /   /  |  / /   ヽ ヽ  |   \      \
  /  / ∨   へ /   /  | //     \ \ \   丶、



                        ,......-::─::::::::-.....、
                          /::::::::;:::;:イ ソ-‐:::::::ヽ
                      /:::小l-|彡//:::::二ニ 、::::.
                        /::ヾ'i'=‐i/   ̄¨フ::::::二_::.
                     i:::∠ ! ・       ≧:::::ミ:::.
                     !:::F‐'   ,  __,,∠二¨ ヽ::三::i
                         Yァ‐。-t >´´-゚‐''´   i:;-‐、
                      ,!  ̄フ/ `  ̄¨`   , '/`) ',
                        !.j   /          /  ,!)┐ 〉
                      `,   ヽ `      /  ,- ' /
                       ',  ,── .、     ,!:::7
                       ',    ̄        /|:::/          ああ。
                       ',         ,.イ .!/
                             ',       //'! :|
                            iヽ     /// ¦ |
                           | 'ー‐ '///  ,'  !
                         ! ',.V////   ,'  |
                         | ', `‥'   /   .!
                              |  ',    /    `ー-=,_)ー- 、_,..‐ 、.__
                             |   i   /    ,,-''´ ̄/////////////// ̄'''''‐- ...___
                            |        ,,-''///////////////////////,,..-‐''¨ ̄//\
                 _____,..-''´_   ,.-‐''フ´////////////////////////./ ///////////\
              __///`<_‐''¨  `,ニ-''´////////////////////////// / //////////////ヽ
                ////////////i_,,..-''¨////////////////////////////// / //////////////|//i
            _,,.-''///////////////////////////////////////////////// ///////////////l:. /|
         //////////////////////////////////////////////////// /////////////////|:::./|



                   // /                  __
                / {_/                 / \ \
             / /  イ´ ̄>、..r‐―===z 、    {  ´ヽ ',  \
                 { {  ′             ヽ  ヽ、_ ハ .1   |
                | | .′               V    .}.1  /|
             ', .V                      V   ./ ./ /,-イ
              マ.} ―‐- 、               }  // /'   {
               | ト _7.二ハ   , - ―‐ -  .. _   1―´  /   ハ
               | |ハイf行ト、     7.二..__  ` |__./     ハ
               | | ハ弋芝外     ィ不丐rfミ、. | ト、        ハ          僕なら君のその望みを叶える力になれるかもしれない――
               | | }, `¨¨´ ,      比丞少  | |,!       ハ
            r‐┴┤ .ト    、      `¨¨¨´  _..|  .!ハ       ハ.          そう言ったらどうする?
           /     | |.\   、..._         イ/1  |   '       ハ
           /     | |   \ └‐`    _.  ´/ /| |  ハ         \
.        /        .| |   マ>._.. __<´_/ /.| |  ハ
    __/          | |    ∧/  `-/   /   | |   ハ、
   ´ ̄ ̄ ̄ ̄/`ミ x  | |  //  /  ./   /   ! |   ハ \
         〃  / ヽ 1 .|  {//  ./  ./   /   | |    ハ   \
       /    }   | | //  /  {   /    1  |      ハ   ',
.        /     |   l  .| .//  /   .{   /   _. ‐┤ |     }    i
       /      .|   |  .レ'/  /     { ./ /   1 .|\    {   |



         .:::::::::::::: ::::::::::::::::<
       ⌒{''"´ '-,::::::.. ::::::::::::::.
       i     ミ::::: ::::::::::::i
       | i,,二   ヾ:iニ}i:::::::::::}
      ノ ´      ッ, ,}::: : . !
      ゝ       、'/::::: :::::i          なに……?
        ゝ         / ',::::::::!
       |         ','"|'
       >‐''"!¨  /     i
           {  /     ',
             } /      ',,
         r''//   _,...=-=.,,,ゝ-、
        r''} '" ̄フ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



516 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 04:34:49.87 ID:YNPM16Ht




               //   }: :_: : : : : : { : : : :_: : : : : {  、 ヽ、
           /´ /_/: :_x≧=ミvレ≦三三ミ、: \_〕   ',
              〃 / : : _/             \: : `、   ト、
.         /{  { : : :/                ∨ : ',  l ',
         / ∧ ∨:,′                 V : } ,'  '.
.          ′ ∧ `{  _, -─       ─- 、_    }:_/ /   」
         {L../_/ \j /  ___       ___ \ L/ /!
         ∨:7- 、 {   ____`     ´ ____   {__ く⌒V            もちろん、タダってわけにはいかないよ?
          // : : r;ihーrFじL.八     ヘFじこハ ,'ト、: : \{_
      ,. ´ : :_:_/{」: :! ー`= ′      `= ′/: ! }ー-、_ `ヽ、         僕たちも君の望んでいるような世界を作りたいって願いがあるんだ。
     / ー=≠彡.:.个: !V^!        {       /1: レ'` ̄``ヾ、: \
.   / : : : /  .:.::.:::.:l: :l{ { V^!     _     {^V /j:!       \: : ヽ       その願いを叶えるために君が協力してくれるのなら――
.  / : : :/  .:.::.:::.:::.:l: :ト、\L. \   ‘ ’   _ノ ノ/厶 !:.        ヽ: : `、
  { : : /   _ .ィi⌒ヽ、:{二二 、  `ヽ.__, '´   / _〕::.:. _, --、_   `、: : ',
ー:个 : {.ィ7´: : !   /〕r、 } \\__  }  {  __/ // _ }_/    }: `ト、  ',: : i
: :八: : : { { : : : i   /: |」 {〔__   `ー、`L.r┴ '´ /  { { 〕!       !: : }: :}\}: : l
:/ : !\: い: : : :}  /: :! `ヽヽ   ` ̄「 ̄´   /_」 L!: 、   |: :,': :,' : : :   l
: : ∧ : \、\:/ /: : :|   vハ     l    //   |: : 、  /V: :/: : : : : ,〈
/  ヽ: : :ヽ:/ /: : : :/「〕    } L_    |  __,/ /    〔ト、: :V´   ∨: : : : : ∧ \



             , ...-‐--....- 、       //      |!
           ,-'´:::...::::;; ;; :::::::::::-=ニヽ____//       ||
          ,‐'´::,、:::::::::::::::;; ;; ;; ;;; ::::ヽ`┐ 〈      |i        /
            l::;;,'”。`ハ_ヽ_A-‐ヽ;;; .,-、::ヽ l  /     | l      /
          }:;:i __  チ!エ=ア `ヾ-' F7|:::l l l      l |     / /
         ヾイf7         レ/::::} | L┌-、「`7/._     / /
           l く 、          イ:::::/  `1 L l ト、i / 〉_/ /
           、 =_-.        l:::/  , ┤ ヒノ└-l ハ/  ___」            交換条件――「取引」というわけか。
             、         Y  /、 j _ _  └'.  〈 l
             ヽ.           l  し'′「 卅7 ヾェlュ‐|」.               いや、この場合は「契約」と言ったほうが正しいか?
               ̄l       ゝ /   ノ"´  |l   」 \へ
                |     /::::::「  __ヽ= =≡>   ヽ/:::::           互いの目的のために手を取り合うのだから――
                }  __/:::::::::丿 / 」工 7へ「`7   {/´7:
              _ノL/´::::::::::〈∨  ノl /彡ソ三ィl ハ   / ./::.         それに、その言い分だとオレとお前の望みは似ているようで違うようだしな。
              )::::,、:::::::::::::::::! \ |ソ´彡/nn ヾl/テ!/ /:::::
             /:::::U::::::::::::/:::::ヽ \!彡/ S◎3 ヾ/ /!:::!:::::
             /::::::::::::::::::::::::::!::::::::::ト _  |!ヘ _°∧/   l ||/:l/
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::|! `‐-'ニ ‐┴-┴ヽ'′∥::レ::
        〈::::::::::::::::::::::0:::::::::::::::ヽ::::l:::|l 、  \     ///{::/:::::



          /  /           \
       /    ,, ,,  〟 ,,,   Y⌒ヽ,ヽ
        /   ,  `´       'ヽ 乂_)、 \i
      /i /"            ヽ,   | | \
      / } !                !.  } }  `i
     i|{ |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` i   |ノ   |
     || | | /⌒ヽ   〃 T二ニニ= |/ /⌒}
.     l ゝ、 ! ニ二ヽ     'テ{乙圷 {_/| ̄ ̄{                  察しが良くて助かるよ。
     |二二',イて斥    ヽ、ゞ=孑 | |ヽ{ ',  !ゝ、_______ノ
     \_r‐-', ゞ少 |         | |.八 \ ヽ ` ー───‐─、.       そう。これは「取引」ではなく「契約」だ。
       | ハ    `  _.      /| |川 \ \ ` ー───‐==ニ
        | ,' ! ゝ   ´ r     イ| .| | | |\ \ \_______...     僕たちの力を利用し、僕たちに力を利用される覚悟はあるかい?
       ,|/ ,'| | >、      ,`ヽ``ヽi ! | |.  \ \. ゝ、
       // / | i  |<``  r_´_ }   ! !‐┴ 、   \ \  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      // ./ | L-┴‐\/// / ≦ ! !    \   \. ヾニニ二三ミミ
    //  // ̄    // //   / ! ',     \   \ \
    {/  / /   / /  / i   /   ! ヽ' ̄ ̄|`ヽ\    \. \
  /゛/  /⌒iヽ / /   / l  /  /ヽ ヽ   }\        \ 丶、
/  /  /{ / i/  /   /  |  / /   ヽ ヽ  |   \      \
  /  / ∨   へ /   /  | //     \ \ \   丶、



517 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 04:36:49.12 ID:YNPM16Ht




                    ,...-:::::::::::::::::::::::::::::
          / ,...<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ///:::::  :::: : ::::: :: :::::: ::: ::::::
         {i!::: ::...:..:.. . . ..::: .: : ..: :..
            }::: ::;ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..:::::
         {::.::::{   ヾ:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         i: :::::i /¨´´         ,,,
          {::::i゙` ,'  ,
         }:::{ |  ”
         /   ゝ
        ハ\   ヽ、
         i'\_\   ヽ
           i  ゝ仍', .. ヽ´¨¨==‐- ,,,,,,,,,,,
          .i    `/   ハ  =ニ、ラ==,,,_
        {.    /    i `ヽ `”’ー''
         ∧  /     }
         ∧ ./       ノ
         ∧乂,.:::::;;,                    無論だ。
            ハ 、 ヽノ
           ', ゝ- ..._
           ',ヽ- .._ `¨''''´        ,
             |   `¨゙      , <;;
               乂        ,. <   ;;;
                 `''ー-、- <     ;;;
                ゙i      ;;;
                 |     ;;;;
                    ハ     ;;;
                 i!   ,,;;;
                    |  ,,,;;
                  リ,,;;;
                ノ;;
             ,.. '"     _/三三
    ,.<'"<,.'",.. '"    ,.. <三三三三
__/三三三三三三≡≡三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三



      l::||  |   /       ___                  ヽ    /ヽ
       l::{ヽノ   /   , -‐ ´  ̄ ̄丶     ___        |   |  }ハ
      l::::::\\  |  彳                ̄ ̄ ̄` ヽ、     .|   >‐' |
     l:::::::::::::::`ヽ、!    ___                       |__/_/|
     |::::::::::::::::::::::::ヽ ィ´ ̄ ̄ ヽ\           ___     l ̄:::::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::::|  | ,イ示心 ヽl          /  ̄ ̄ ヽ    l::::::::::::::::::::::!
     l/ ̄ ̄ ̄¨7  | 廴fvl少   〉        イ ,イ示心  ト   ト、ヽ:::::::::::::::l
     |/ ̄ ̄ ̄ |l   `¨¨¨´               廴fvl少 ノ   /  \\::::::::|
      }     .r┤l  ー==´            、`¨¨¨´    /     \\/
      |       | .| l             l.         ̄ ̄     / | |   ヽ/
      |  / / ヽ!  l            , l::..           /ヽ | |    |
      |  / / . .|  l         __            /_ノ | |    |
      | / /   |  | \     マ´  ̄ ̄ ‐- __       /|   .| |    |
     / / /     .|  |  \     ヽ __  /     /  /   .| |    |
    // /     .|  |   /\     ー---       /{  /    | |    |
   / /       |  | /〈  | ヽ          <  /  /    .| |    |
  / /        |  |/::::::::ヽ  \ ≧、   -≦´ / /  /\    | |    |
/ /          |  |:::::::::::::|   }        /  ./  /:::::::::\   | |    |



                       _ -‐'      ヽ  |  __ -ヽ
               _ -─  ̄   __ -─ヘ キニ-─  ̄ヽ
___, -───  フ ̄     , -─ニ -──  ̄ ̄ヽヽ
 /  /      /_ - ニ 三-ニ-──────---ヽ├- 、_
    /     /二-‐_ニ-‐" ___         ` ヽ ヽ \ ̄
_, -ァ    / ̄_ -‐"   ,-‐       ヽ、         `\、 \
-‐ァ    /_ニ-‐´  /、, -‐  ̄  ‐-   ヽ          冫 /
 /  /,.ァ/    /  >、\        >イ ヽ           / /
./  /" /       /  / \\    // ヽ ヽ        / /
 / /.       |  .|    \ヾ::::ソ/   |  |       /
  /           |  .|     /〈  〉ヽ    .|  |
    - 、       | ヽ    \`´/    /  /
       ヽ     ヽ ヽ    `´   /  /     /
         `ヽ、   \ `ー  _ -'   /    / ,
           `ー 、  `ー  __ -‐'  , -‐'/" ̄
               `ー- ____  -─  ̄        _
                              _ -─  ̄
                    __ -─   ̄



518 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 04:53:38.46 ID:YNPM16Ht




                   ,.ィ. --. . _
                , :` : : : : : : : : :.> 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ゝ
                 /: : :i: :ハ!`´ \: :.ト: : : : : : :ハ
            /: : : !l/     ヽ! \l.ヽ: :.l
             ノ: : :!  ___,   __ 'lハ`
              ハ: :ト -t‐ト   ' -t.テ- l:.l            『――その後、仙水は嚮団の研究者であった茅場晶彦と共に海を渡った。
                 {ヽ         {    .!ハ
.                丶':      :    '.ソ....            かつて日本という名の自分の祖国だった地――エリア11へと向かうために。
               ` :.       '     '
                   ヽ.   ー   ‐   '               そして2人は、同地で表向きはテロリストとして活動していくこととなる――』
                      l.\    ,.イ
                   ,.ィ\   ー  lハ. 、
             ,.。< l   \    / l ヽ. 、
            ,..<  /   .l、   ./ヽハ  /|  V. >。_
     ,.‐      /    l \ ./!::::::::l', ./ .l.   V    >.。_
.     /         /    .l  ´ .!::::::::!.`  |.    V        >、
   /   ',      \   .l    〉:::〈    !     .〉     .l   l
    !    ',        \   l    .l::::::::l   .!  /      l.  ',



                           ,..::::::::::::::::::::::..
                           ,..::::::::::. :..::::: ::  ..::::::..
                         /:: ..:.:.:.:.:.:.....:.::.:.:.:.:.:... ::::.
                           /::. :: ' ーヾ::::::::::::〆´ ヾ、:.. ::.
                           .:::: ..:::{     `´ ヽ    ):: :::
                       i:::. ::{、          i!   ヾ::..:::
                         |:: ::〆      ” '      く: ::
                         }::.::ゝ                <::.n            『自らに対する悪意を一掃することで
                         i´{  二ニ‐_-.., ノ ,.ッ_‐ニ二  }r !              自身の世界に平穏をもたらすことを望んだ男――仙水忍。
                     ∧ ヘ  `"”"" '   !丶"”"´  //,'
                         ∧ ヘ        .,|      ,'//              そんな彼に与えられた力は
                           ∧;、                ,';'                 “自身に対する善意と悪意を逆転させるギアス”――
                          ー.、     ` ´    ,i!´
                          |\   ー - 一  , ' !                  “入れ替える”ことはできても“消し去る”ことは絶対にできない
                          |  \  `¨¨´  , '  |                 彼の願いを歪んだ形で実現させる能力――
                          |   \     /   |
                        リ       `¨¨´     .|                   偽りの平穏を作り出し、その中で生き続けている彼は
                  _____ノ            弋               その事実に気がついているのであろうか――?』
               ,...<三三三='"               \三三≡‐
           ,..=<三三=‐''"´                    `¨‐=≡三三=-
        ,.-<三三三三、ー- ..._                      __>三三=-
   ,.. -<三三三三三三三=ヽ    ̄¨¨¨¨¨ヽ       -―――‐''''''"""<三三三三三=-
<三三三三三三三三三三三三=>、                       /三三三三三三三三三=-
三三三三三三三三三三三三三三三.>、              ,..-<三三三三三三三三三三三三三≡、
三三三三三三三三三三三三三三三三三>、           ,..<三三三三三三三三三三三三三三三三三i
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三>---‐<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三=i



519 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/08/05(水) 05:03:38.45 ID:YNPM16Ht




.              /{
            八_|___
            /      `
                     ' .
         / n       n
.        /  ∪       ∪     ,          突発の投下でしたが、今回はここまでです。
        ⊂⊃  <>    ⊂⊃ ′
.       /                 ∨ .         「ギアスの効果は能力者自身に対する皮肉になっている」という法則から
      /      \   /.         ∨         仙水の過去はこんな感じになりました。
.     /{.       〈_____〉.         、.   、
     ⌒.        |             ` __〉
.      八                  /
         \                /
         ` ー――――――‐



520 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 05:22:43.48 ID:ANSi3KUB

乙でした


521 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 06:39:04.03 ID:HOgfhcWa

乙でした
捕まえればラグナロク計画についてある程度察知出来そう


522 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 06:45:41.35 ID:vx9CW4Sm

乙でした
これ相当実戦積んでるって事だからカラテに持ち込まれたらルッル、ゴッドスピードでは?


523 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 07:14:32.23 ID:D5ygMjvy

おつです
うまくキャラつくったなー


524 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/08/05(水) 08:09:43.93 ID:LmK4S0Zk


ここまでV.V.に気に入られてたなら、ラグナロク計画に関して聞いててもおかしくなさそうやな


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
読者投稿:中国のチベット語教育と同化 (01/28)
  • 読者投稿:思わずため息が出そうになる瞬間 (01/28)
  • 読者投稿:オバマをネタにしたアニメSouth Park (01/28)
  • 読者投稿:相撲入門編 その4「相撲国際よもやま?」 (01/28)
  • 読者投稿:鉄工業的な小咄3 「現場での諸注意」 (01/28)
  • 読者投稿:将棋の世界について「加藤一二三伝説:ひ孫と……」 (01/28)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百二十六話 (01/28)
  • 【◆KuKioJYHKM】鷲尾くんのイヌワシ日記 箸休め回の13年目 (01/28)
  • やらない夫千年紀 第三七話 (01/28)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第13話【好敵手 前編】 (01/28)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第12話【悪魔が目覚めた】 (01/28)
  • やらない夫は代打の神様なようです 埋めネタ ねらう夫は優勝請負人となるようです (01/28)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第11話【いてまえ打線の恐怖】 (01/28)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第六章 謎のプリンス(プリンセス)編 第八話 お菓子、燃えないじゃねえか!! (01/27)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 33 (01/27)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 32 (01/27)
  • やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです 第5話 (01/27)
  • 異世界転生したいやる夫のお話 その34「やる夫と肝試し1」 (01/27)
  • 異世界転生したいやる夫のお話 その33「やる夫と勇者達と魔王共」 (01/27)
  • 国際的な小咄 8040 アメリカンマッチョイムズ (01/27)
  • 国際的な小咄 8039 真の生物学系強者 (01/27)
  • 国際的な小咄 おまけ 外と中から三号と一号 (01/27)
  • 国際的な小咄 8038 大本営 (01/27)
  • 国際的な小咄 おまけ 三号……こわ…… (01/27)
  • 国際的な小咄 おまけ 初代イッチ面白エピソード (01/27)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第10話【BEAST】 (01/27)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第9話【各々の決意】 (01/27)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第8話【生きていた伝説】 (01/27)
  • やらない夫は代打の神様なようです 第7話【新たな伝説】 (01/27)
  • そんな二人は同棲中 第二十六話 寒い日に (01/26)
  • やる夫の伝説 第三十九話 (01/26)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ37「ガシャン!」 その1 (01/26)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク29 (01/26)
  • やる夫たちでソードワールド 一輪とやらない夫 筋肉布教日記 9 (01/26)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫戦竜伝 (01/26)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです Battle19『バルバトス領についたぞ!』 (01/26)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです Battle18『続・“月姫”討伐』 (01/26)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです Battle17『“月姫”討伐』 (01/26)
  • やらない夫はカルゾラル高原で戦うようです 部隊名 ~ 支援絵小ネタ (01/26)
  • やる夫とあかりで異世界暮らし。 その3 (01/26)
  • やる夫とあかりで異世界暮らし。 その2 (01/26)
  • 国際的な小咄 8037 アメリカの医学部とか地獄やで (01/26)
  • 国際的な小咄 おまけ 気味が悪かった(おいたわしい兄上風に) (01/26)
  • 国際的な小咄 8036 政治学部の友人ってスレやるのに便利 (01/26)
  • 国際的な小咄 8035 これ、見せてたんかい…… (01/26)
  • 国際的な小咄 8034 今回のアメリカの選挙の歪みを理解するための本 (01/26)
  • 国際的な小咄 8033 二大政党って、お金かかるぜ…… (01/26)
  • やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです 第4話 (01/26)
  • やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです 第3話 (01/26)
  • やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです 第2話 (01/26)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/10)
    ※完結作品は集計した前の月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1ローグライク異世界転生
    2ハリポタ世界と鉄血のオッサム2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    4女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝4横島くんは死神になるそうです
    5やる夫の現代ダンジョン5あんこ時々安価で鬼滅の刃
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7やる夫は聖杯を落としたそうです7やる夫はソロハンターのようです
    8あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG8華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    10ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11血まみれ勇者11デーモンスレイヤー
    12やる夫たちでソードワールド12やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    13できない子とSCP13レベルを上げるスレ
    14日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅14ドクオが異世界転生したようです
    15アカガネ山のやる夫15STALKING!!
    16やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。16証言と証拠は安価とあんこの後で
    17ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1117やる夫はギルドを経営するようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18コンピューター様、情報更新は義務です!!
    19やらない夫がサッカーで天下統一するようです19アメリカンヒーローアカデミア
    20うわべだけ魔王様20やる夫たちは三連星(代理)のようです
    21森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠21やる夫の野望
    22彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです22ご加護なカンジ
    23それ行けサイヤ人やる夫!23オーバーあんこ
    24やる夫は仲間達と冒険するようです24やる夫は男子校?に通うようです
    25あんこ時々安価でヒーローもの25人形使いできない夫の旅路
    26やる夫達は人間ではないようです26できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    27やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~27やばキャン凸
    28英雄を作ろう!28新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    29やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです29ダンガンカオス
    30やる夫と武蔵さん30やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    31【新訳天庵記】やる☆おだ31やる夫はLVが上がらないようです
    32METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~32やる夫がアイドルになるようです
    33やる夫の伝説33金欠ほのぼの冒険物語
    34正義屋さん34魔法使いはオタクばっかり
    35やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです35めぐみんの楽しい独身生活!
    36そんな二人は同棲中36Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    3759号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです37やる夫は恋を応援するようです
    38魔女はやる夫になるようです38カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    39やる夫王子の暇つぶし39主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    40やる夫達は死の遊戯に抗うようです40ライドウ聖杯戦争


    過去ログはこちら
    人気ページランキング