スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

読者投稿:心理学(人間性心理学) AAで学ぶ 基本的欲求

目次 国際的な小咄

2163 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:17:27 ID:U5jHtDDY

需要が無いかもしれないけど、
動物や人間の内面に関する心理学の雑学を5分後から投下します。


2168 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:23:11 ID:U5jHtDDY


読者投稿:心理学(人間性心理学)
AAで学ぶ 基本的欲求


          , ‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄´
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         動物や人間がもつ基本的欲求について、
      γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      説明と解説を始めさせて頂きます。
      {::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::\
.      |:|::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、ヾ\
.       |:|::::::::::::::::::|:::ハ::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::トヽ `ヽ、
.       |:|::::::::::::::::::|::|=l::ハ|ヽ:::::::::::::::::::ィ::::/=|::;ィ:::::::::::::::ハ `\   この基本的欲求は、
.       |:|::::::::::::::::::ト:|zリ=!ミヽ::::::ハ:::::::lzレ'=メ、 }::::::::::::::::ハ
.       リ',:::::::::::::::ハ ィに_,うj` ヽ:| ヽ:/ 廴う j`/::::::::::::ト:::ハ     精神的な病源の解明を目的とした研究で見出された
        l::::r、::::::::ハ、ゝ--‐'  ヾ   ' ゝ-‐‐'7:イ::::::::::| ヽハ
       ルト ヽ:::::::ヘ        .:: ゙       /','::::::ハ::::|  ヾ、    人間の行動を動機づけている基本的な欲求です。
        yゝ',:::::::ヘ`       ,      ハ::;::| ヽ:|
         |:::ハ:::ヽ      ..__..::._,,..  ,/|ハ:::|  ヾ
          ∨ ヽ:::i`iヽ、     ‐   , <  ′ リ
          /´ヾ、t`、_` ‐ 、   / |  ヘ            その内容は、1950年代にアメリカの心理学者が提唱した
             /    `ヽニ‐‐-`ニ‐'´,ノ   ヘ
        __../      `ヽ、‐‐‐'7       ヘ`ヽ、        人間性心理学の一説で発表されています。
    __.. -‐ ¨.:.:.:}        ,ヘ、/         ヘ:.:.:.:`¨ ‐‐- ._



                   _ -'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               , -':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
               /:::ィ:::/::::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /:://:イ::::::l:::::::::::::ムi:イ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::l  その一説は、生物学に基づいた人間の本性の成長が
             // ///:::::::|:::::/::/ リ1::::::::/:::::::::::イ::/|::::/:::::::::::::::::::::|
            /' 〃,':::::::::i:::i::/テ≡ミ|::::::ィ:::::::/=|/=|::イ:::i:::::::::::/:::::|  段階的に進むことを表した欲求階層説と言います。
             / ハ::::ィ::ヘ!' 辷イj |:::/ |:/ rテ≠メ、}::::!:::::::::/:::::ハ
              |::::/ |{{ | ``ー'-'|/  ′  辷'´ j !イ::::::::/、::/
               |::/ リゞl    .::: ;    `ーニ´‐'/:::::イ/ヽ}
                |/   !ハ     i           /:::/'_, ノ     基本的欲求は、この説の低層側にある4つの欲求であり、
                ′    ヽ   t=- .._     //イニイ{
                     >、 `‐-‐'´     /' イ/i' `     次の順番に基本的欲求は並んでいます。
                    /  ヽ `~  _, ‐ '´ /  ヘ
                __ --7     {、二´--‐=‐'´      ヘ
          __ - ¨ ̄.:.:.:.:/     lヽ--‐フ'´       / ヽ、





2171 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:25:29 ID:U5jHtDDY


                 /   _, -ニ=-‐
               / イ -‐ ' ´ ∠ -‐‐‐- - 、_
             /":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_二ニ=-‐    ① 生理的欲求 :生命維持に関する欲求であり、
          ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\      食欲・睡眠欲・性欲が代表されます。
        イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\
         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ:::::ヾ 、::\
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::i:::::::::\`ヾ、
        |::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::|::::;イ:;イ:::/::ト、::::::ヾ、 ヽ  ② 安全の欲求 :脅威・不安・混乱などの
           i::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ト、:{\:::ヽ:::::::::|:::j≠、j/:::::ハ \:ハ ヽ
         リ:::::::::_|::::::::::::::::ヾ、Xキうヾ`\:::||/fイ }イ:::::::::ハ ヽ:ハ    危機的状況に対する欲求であり、
         |:ト、/r'|::::::::::::::::::仆_ゝイ_j,  ヾl' 、ー'´ |::::::::::::|  ヾi
         リ ト、 ヽ::::::::::::::::::ヽ ̄´    .::: ヽ .j:::::::ハ:|   ヽ    秩序・安全・安定などを求めます。
             レゝ、ヾ、:::::::::::::ト、ヽ         ' /|::i!:| リ
           r'<仝ハヽ::::::::ヽ ヾ、   ー…'", ' |:ハ:|
           /   `\`ヽ、::ヽ      ¨ /  ′ !
          /      `ヽ、ヾ、`` ┬- - ヘ _           ③ 所属と愛の欲求 :共通の外的危険に対して
            >ー-、       ``==j     \ `ヽ
         /   ヽ         `ヽ、   r、ヽ  \       集団が団結するための欲求であり、共同体の皆から
          /     ヽ         r‐、`〉 /  `ヽ  ',
       /       ヽ       /   /イ    ヘ   }      愛情深く暖かく迎え入れられることを求めます。
     /           ∨     /  /  \    ヘ j
     , '             ∨    /  /     \  ハ<
   , '               |     / /       \ ト、\
  /             <|   ∠´          ヽl 〉、ヽ   ④ 承認(自尊心)の欲求 :共同体での自分の評価に
 /                    | ∠{{_}}ヽ、            j /\〉
./             __<ヽ|/___,二\_>            //     関する欲求であり、自分が価値ある存在だと
< ̄`ー-、_       / / `ヽ、_{{_}}ヽ、          〈'´
 ``ー、  } `` ‐- ._   / /       ̄\__>         }      周囲から評価されることを求めます。
  _. --`┤     ``/_/- ...__  }ヽ            / ト、
 ヽ ̄ ¨¨ー-- ..._//7〉___>‐'            /  l ヽ
  ',         <ニ/   /               /    l   \
   ',        / /     /            /      |     \


2174 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:27:22 ID:U5jHtDDY


            _.. ¬  ̄ ̄ ‐- _
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `  、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :. : ヽ.. \ヽ、        この並び順は、相対的な優先度が高い欲求から順に並び、
        /:::::::::::::::::::::::::::::: : . : : :::i::i::i::::\:.:.ヽ `
       , :::: :: :: :::::::: :: : ::i:.:i ::::.:: :l::lリム::::::\::\       低層の欲求が充足すると、次の階層の欲求が獲得されます。
       l. : . :. :: ::: . .: ::/!:ハ:i::::::::jリキj::i::::::、ヾヽヽ
       {::.:.::.::!.:::::::i:::|!:/≠7イ:::::/ 代ハイ:::|::::ト\ `\    この欲求の発展が段階的に進むことから欲求階層説と呼ばれ、
        V::::::|::i:::::l::Ⅳ≠テ、l::/  亠' 7:::l::!:l  `
        ヽ:::川::::l:::!{{ _V_シ l′ V  j/ハ::!         段階が進むごとに個人の欲求・能力・人格が成長していきます。
         V、{ヘ::ト从  ̄    _'_ /-ッ、|l
          リ \l:!、_,、     <ノ /j/  ヽ
            ヽ从ト::`ト -  __ノ'′   >― .、
                V`!ヽ- >'     /:::::::::::::::::\     また、基本的欲求は欠乏欲求や本能的欲求とも呼ばれ、
              _/  l /       ,':::::::::::::::::::::::::ヽ
            //  /       ,:::::::::::::::::::::::::::::::ハ    その欠乏が心理的病気を生み、その存在が病気を防ぎ、
          _/::::/ ,くr―、     ,l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _ - 三 - Vハ/くヽ>、:::::::ヽ    l::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::/   その充足が心理的健康度を増大させて病気を治します。
   〈‐ ' ´     Vハ,イ、\ヘ__:::::ヽ   !:::ハ V::_ -― 二 -
     V       Vハー二,r≧ヘ:::ヽ  l:::::::::jヘ_, -‐ ´::::::::::::
     〉、       Vハ:.:.:{/へ:.:.ヽ::::\!、:::::fハ !::::::::::::::/::::
.   /,-ヘ ,、__    Vハ:.:.V:.:.:ヾ:.:.ヽ::::::::\::::} }l:::::::∠::::::::::   実際には、欲求が欠乏すると主観的に不満を感じて
 /, イ:.:.:.∧>- `ヽ、.__Vハ_:.:V、:.:.:ヽ:.:.\::::::::゙::V/:/.:_:::-―
く-く {__:/:./´ ̄,    `ヘ:::::::::::¬──…─---く:::∠::::__::::::::   その不満を解消するために衝動・緊張・葛藤などを
 \\マ:./:.V´ノ      V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ:
   ヽ/:.ム:.:.:ヽ く^ ー- ._ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   生成し続けて不満を解消する行動を動機づけます。
    ,:.:厂につ:.:`ハ    厂l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ,i:.:! /'、二つ:.:.:ハ  |  |::::::::__.  ァ´::::¬──…─r─ '"  そして、欲求が満たされると不満と動機づけが消えます。
   l:.:l l  /K´:.:.:.:.ハ___!   ̄   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
   l:.:l //  l::::\:._{{fノ1  _ ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   {:.:!´   l::/rく7_  |/// \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   ヽ:.\  l/ノ ̄ノ’  / /    ` ,、:::::::::::::::::::::::::_.. イ′
    ` <二. = '"    ゝイ     l: :\::::::::_>'´: : : l
                /     /: : : :`¬: : : : : : : j


2175 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:29:10 ID:U5jHtDDY


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾヽ、:`ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ:.:\   ここまでが基本的欲求の説明に当たります。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:ヽ `ヽ:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト,.:.:ヽ  `ヾ  これから先は、私なりの理解に基づく解説となります。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l:.ヾ'、:.:'、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.ト,:.:ヽヽ:.',
:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.lイl:.:.:.:.:.:.:! ヽ:.! ヾ!
:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:/:.:∠!:./、!:.:.:.:.:.:/{ヒリ!:.:.:.:.:.:.:! ヽ!  ′  基本的欲求は、見るだけでは実感が湧きませんが、
:.:.:.:.:.:.::.:.l:.:.:.:.:.:/!/=/テトl:./:.:.:/ ゞイ:.l:.:.:.:.:.l  `
:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:/ 〈_ ゞシ/イ:.:.:./  ヽ l:.l:.,イ:.:.!        生命の基本原則である「生存」と結び付けて理解すれば、
\:.:.:.::.:.:.:.ヽ:.:!   ̄  l:./ :::::::: >:.:l l:.:/
:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:∧|      |′    r' |/ .|/          基本的欲求への理解が一気に深まります。
:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.l         ,. -イ   ′
:.:.:.ト、',:.:.:.:.:ト、          ,.イ
l:.:.:!;;;;`ヾ:.:.l  `>-..,,,_    ノ ト、
ヽ:.|;;;;;;;;;;;ヽト<::::::::::::::::: ̄::´::/;;;丶            つまり、基本的欲求は人間や動物が手に入れた
;;;;`';;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;>:::::::::::::::::,;;;'´;;;;;;;;;;;;;',
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::r''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l           生存するための手段であり、生存戦略と言えるでしょう。
;;;;`;;;;;;;;;;;;;;,.イ:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾl:::::::::::::::::::::::::',;;;;;;;;;;;;;;;;,,..jr――-:、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::::::::::::::::::::::',;;;;;;;;;;//`l____,ノ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶、:::::::::::/;;;;;;;;/〈_/´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉::,:::';;;;;;;;;;;;;,.>≦,,._


2176 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:31:04 ID:U5jHtDDY


           ,. :'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         具体的に、基本的欲求を「生存」で読み解いてみます。
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.           l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.
          |::::::::;:::;:i、::;::、:::::::::;:!:i_:i、:::::::::;:i`
         l;::::::::i、|==ュ;、ヽ:::iリテ''ラ'l::::::::!'l         ① 生理的欲求 :動物は身体が疲弊したら、
         l,ヘ:::::i,ゞ='ィ  V´ ゙ー"'ノ;:::/
           ヽ:;ヽ    〉  ,ィ'/'"          自分が生存するために栄養補給、休息、
            'l:;ヽ、  -;‐ /'
               |  ゙`,r.、...ィ' |             ストレス発散などを促します。
         ,.. -‐く、  /,' ! || }-、._
     ,. -‐' ´   ,. -ヾ_'/ l し"'、._  `` 丶 、
    r'、     /´      |     `丶,     `ィ
    { ヽ、 ,. -'"         |      `ヽ、  /l    ② 安全の欲求 :危機的状況に陥って不安を感じたら、
   l   `''   、       |   ,. -─i   `ー´,.リ
    !'ヽ, ヽ、 ,}        |  l_. ‐'  ̄ /  / |    自分が生き延びるために、周囲の危険や脅威を
    ',. ヽ  \ i:、        l     ノ| ソ  { !
    '! /'    ゙ヾ ,....__    ! /   /::i,/_   ヾ!    排除することを促します。
     V      |ィ'/   ` '丶-'、._,/,r,':.==`ミ.、 |
     l     'i/          |``ー-'""ー´ |
      l ,. - ,. ''`ヽ、       \.        |
      !  -'"     /`丶、     `l       |


:::::::::::::::::::i::::::∧:|_,ゝ::::::::|:::::::::::::::}:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::::::::::|::::|ニ!::|‐‐ヽ:::::ト、::::::::::::|::ヽ::::::::::::::::\:::::::::::::\      ③ 所属と愛の欲求 :弱い動物は、孤独になったら、
:::::::::::::::i:::::ト:::ィヾ≡ニ、ヾ:i`}:::::::::::ト:::::!:::::::::\:::::::ト、::::::::::::\
:::::::::::::::|::::::|彳 (:::弋_jヾ ! ',::::::リニj:::|::::::::::::::\::::ヘ ``ヽ、:::::ヽ   自分が生きていくために
::::::::::::::::!::::::i 、,_ゞ-イ _,   i::::;!r=、}::!:::::::::::::::::ヘ:::::ヘ   `ヾ、
:::::::::::::::::t::::ヽ  ` ̄´    |:/ヾ、j:;/:::、:::::::::::::::ハ、::ハ     `  共同体の皆に自分を受け容れさせたり、
::ト::::::::::::::ヽ:::ヽ          ' .:::.   `):::\、::::::::ハヾハ
::i ヽ:::::::::::::::ト、ヽ J            ,ィ::::::::::ヘヽ:::::::i ヾ!       共同体の敵を探して皆で攻撃を促します。
、ヽ ヽ:::::::::::ヘ ヾ 、         __,,._ ハ:::ト、::::ヘ ヽ:::|  ヽ
‐ゞ、ニ\:::::::ヘ `ヽ、     '"‐ -'´'::::i::| ヽ::ヘ ヾ
j ヾ、 t \:::::ヘ        `゙゙' /::::::|ヾ  ヾ、
'   ` ヽ、\:ヘ           i':::::::::| ヽ              ④ 承認(自尊心)の欲求 :共同体内で自分が役立たずで
_____`` ヾ、..,_         j`ヽ、:::|
       `` ''' ‐─`--、..,,__,.ノ   ヾ:!               無能と感じたら、自分が生きるために周囲の皆に
                 ``'' ‐‐-`..,,__
                         `i           自分が有能であることを認めさせることを促します。


2178 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:33:08 ID:U5jHtDDY


         ,.ィ-‐ zニ,,,...__
        /::´::::::::::::::::::::‐=;`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;;丶、            ただし、実際の欲求不満が感情や行動に現れる際、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ`゙ヽ
        l::::::::::::::::::::::::、:::::::::::l:::::::::::}::ヾヽ           数多くの欲求が隠された状態で反応して混ざり合うため、
        l:::::::::::::::::、ヽ::ヽ::::::::トハl:::l::::::ヽ`
      l:;:::、::::::::::、zミ、ヽ:::::lィう1/:::lヽ:ヽ          本人が無自覚な行動の理由を見分けることは困難となります。
       ' ';:{ヘ::::ヾ`´ゞ' `ヽ/´ l:::;::::', `ヽ
       ';irヘ::::ヽヽ     , /ト;lヽ:',
        ``r;::::、ヾ`  ‐''", ' リ ヽ `
        / ヽ:l ゙ヾー‐rィヘr―――- 、         加えて、欲求不満を解消する行動は、個人の経験や
       イ   ゙ヽ   l/,、_ ヽ.      ヽ
     /'´  ll  , ク ヽ j }!` - コヽ-  ̄ヽ  r!      所属する共同体の文化に強く影響されるため、
  _,.-'´   _,.-ll //   ヽl ll     `-ニ_ヽ! ll
 y'´ ,.-― ''´  ノj ~     ヽl          } ,7 {丶    直接的な原因と関わりが薄い行動が選ばれる可能性が
 l、 {     //           |      // j ヽ ヽ
 l_ヘヽヽ   _〃           l    //  /  ヽ   高くなります。
 ヽヽヽ_ノ∠- ,,,,...__     / _ -_ニ ,´ク} /
  { 丶 ヽ ̄ ~`''‐- `ニニニl // r'_ ニ' /l`ヽ、
  〉_ }  ヽ         {''/  ‐'´  l l   `ヽ
  {ヽ {     {           ',',


            ヽ、 、 __..   、
            _,,,;ゝ::::::::::::`` ヽ}ヽ         従って、本人の無自覚な行動を次のように大枠で説明できます。
         _, -''´  .:  .::: :::: .::::::::::`:ヽ
       ∠;::ィ:::::.:::.:: .::::::::.::::/::::::::::::::::::',       「目的」に「生存」が掲げられ、「目標・手段」に「欲求不満の解消」が入り、
         -;=;イ:::::::::::::;::::/::::::;イ:ィ:::/;::::::::::::!
        /::::/::::::::ム:ハ::::/代斗7::::;::::::::l       その行動に信念や理性・精神が関わらない形となるでしょう。
         /:;;イ:;;ィ:::リヒソ,∨   ̄7:::/:::::::::j
        '´/´/:/::l  i    /-イ::::::::;イ
           /イ:::::'、  ,- 、  ,イ:::::::::/ノ
           {:::/::>、 ´   , /:::/レ';::l           この事に注意を向けた上で、周囲の人間の行動を観察すると、
           |/'´ l;ヘェ='-//_イ从j
              _,-''`ヽ  ´  | |            「理由は分からないが、彼は自分が生きるために、
      _.. - ''二二{{ , -=' \   .| l\
      /`ヽ. ヽ、_,, ノ `´     .\::| /ヾ、ヽ          一生懸命に欲求不満を解消しようと頑張っているんだな」
     i     ヽ < L       ヾ   ヾ、`丶
     ',     }  |``ー=-. 、     /     `ヾ、 ヽ.
     l, -ァ  l  .l     ``= 、/   _.... --_'_>}    「原因は分からないが、彼は健康になりたい、自分を守りたい、
       }r'´   l  ∧       lrァニ─…  ̄  j l
      |    .l  l ヽ       |.|    E三三} //     自分を皆に受け容れさせたい、自分を皆に認めさせたいんだな」
      |   l .l   ヽ      l.l       /',イ
      |   j  l     ヽ    l.l      / .|l     と、相手の行動を落ち着いて受容することが可能となるでしょう。
       l  / .l      ヽ   l.l      l!  |l
.     l /   .ハ      \  l.l     j|  .|l
      l'´   /  ',         ヽl l    / l   |l


2179 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:35:08 ID:U5jHtDDY


           ___
      -=ラ''´´:::::::::::::::::::`` 、
      ,,-‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ,
    ,/イ:::;:::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::、          これらをまとめると、基本的欲求には正と負の側面があります。
    ' /:;/:::::::::::::;:::::::::;::::::::::、:::::::::::::::i
     i:;/:;イ:::::::;イ::::::::ハ:::ハ:::::i::::::::::::::;!
.    !イ::i:::::;∨‐`、::::;|_i;!-∨}:::::::,..,:;i          「正の側面は、基本的欲求は充足させることで心理的健康が増大し、
    ' {:;イ::::::ハ仁リ'、:;! '仁リi::;:::;|)i:;!
     レ'゙i:::::::i  ̄':::`   ̄´i:;!:;/r'y'           自己の能力・欲求・人格が形成・成長・成熟していきます。」
       |:::;ハ;:、 _,,.._    /;イ/,:;!
      /'´ !'!`ヽ、  ,.r/'´i;!,ァ、
          ,./lT'´ ,../´  \
    ,..---‐‐'''//=レ'´====  //`'''‐-..,       「負の側面は、基本的欲求が欠乏すると、生存のために
    / 「 ̄´ク/ /      くく.,```ヽ, `''ヽ、
   /| <l ̄´,/        \\  ,> ,..-‐i   欲求不満を解消する行動を衝動などで強く促すため、
.   { }  |`\/``二========'´-`>/  /
.  //  |  | / ̄´  ┌──┐ /,./ / ,._,,,.../    それ以外の全てが無視されやすいのでトラブルを引き起こしたり、
.  //  i  ∥      [二_二] ,i'´ ,/ /ヘ ./
. /´  _」_ ∥        ,,..//  / i` 、i/     心理的な健康度が低下する可能性が高まります。」
. /  E´三ミヽ|| ,..-‐‐''´ヽ‐二.,_ /  /   ヽr
./〆`''‐‐‐/´ ̄    / ̄´   /  {    /
      /      /_,..,__,..,r'´   '、  /
     /     /´/ / /{     `/
__,,,,...-/     { /  i ゝ {    /
    └‐r<´ ̄´   i  `    /


2180 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:37:06 ID:U5jHtDDY


           / _,,.-‐ニ=‐
         /ィ‐'´  ´ ̄ ̄ ̄二ニ=─              最後に、人間性心理学について、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄``'‐- 、
.     γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、         この分野は動物や病人を対象とした心理学とは異なり、
     /´::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=‐- ``ヽ、
    /7::::::::::::::::;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ```ヽヽ、    精神的に健康で自己を実現しつつある人間を対象としています。
    /;:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::\   ``
   /:;:::::::::::::/;:::::::::::::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::::::::::|:::::::::;:::::ヾ、 ヽ
.  /イ::::::::;r'7;イ::::::::::::::::::::::ト:::ト:::::ハ::::::::::::::::::i::::::::::ヽ:::::::',`ヾ ヽ
   i:::::;::{ /'r'|:::::::::::::::::::::::|ヽ|=|/ニ}::;:::::::::::::!::::::::::::::ヽ::::::',  `ヾ、   それは、人間から聞いた主観的データに基づいた主張であり、
.   |:::;/::レ'  |:::::::::::::::::::::::! イ´{"スjリ!::::i:::::;イ::::::::::::::::::ト::::::',    ヽ
.   !:/|::::ヽヽi::::::::::::::::::::;:::| ``ヾ‐ |;イ:::;/_!ハ::::::::i::::::::!ヽ:::!      当時の1960年代において科学的検証が困難であり、
   |/ !:::::::`T!:::::::::::::::::::ト::i      ' |::;イメゞ:::::::::|:::::::::i ヽ:|
   '  |::;:::;::} !::::;::::::::::::::!ヾi     .::: !'ヾィ/::::::::::;ハ:::::::::! ヽ      科学以前の地位に当たる仮説となります。
     !ハト:::ト|:ハ:::::::::::::| ヽ     ::  `、:::::::::::;! ヽ::::::|  ヽ
.  γヾ_ ! ヾ ! !::::::::::::!    ー-.._ 、 -‐'゙::i|::::::|  ヽ:::::!
  , '   `ヽ、  ヽ:::::|:ト、    丶,`イ::ハ:::||:::::i   ヽ:::|
, <       ヽ、 ヽ::|リ`ヽ、、.,__,/   !' ヽ||::/    ヾ|       しかし、人間の内面という曖昧で不確実な内容を取扱っており、
>、`ヽ、       \゙!   〉          ! |'       !
  \.\        ヽ、,く                       主観レベルの幸福度が低い現代日本人にとって
   _,>、,\        \`ヽ,
< ̄   \ \     /`>ヽ、 ヽ                    示唆に富んでいる分野だと痛切に実感しています。
. ヽ      \ ヽ <´ /    }  ',、
.  ヽ     \ ヽ `´     ヽ  ヾ`ヽ、
   ',  _,.-ニ-‐´        ' ,  `ヾ、`ヽ,
   _,.-'´  \          ',    ヾ ヽ            ご清聴ありがとうございました。
',  `ヽ、_    \          }    `ヾ\
. ',   }  ``ヽ、   ヽ、         i      `} ヽ
. }  !     ``ヽ、 `ヽ、      |       / /


2181 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:37:58 ID:a60gc1qE

乙です


2182 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:38:15 ID:Lw6P399w

乙でした


2183 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:38:18 ID:1Lzz4upY


2184 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:39:24 ID:3sWbVFx2

乙カレー


2188 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:42:21 ID:XGQjXuj2

乙です

階層的に欲求の優先度が決まってるっては実際にありそうだな
そのほうが目指す目標をクリアしやすい


2191 : 凡人 ◆sYFOiuOuow : 2020/07/06(月) 00:45:01 ID:U5jHtDDY

投下はこれで終わりです。
初めての投下でドキドキしましたが、楽しんで頂けたようでありがとうございます。
需要があれば、高層の欲求についても作ってみようと思います。

参考にした文献は以下の通りになります。
『マズロー心理学入門-人間性心理学の源流を求めて』
『完全なる人間〔第2版〕』
『人間性の心理学』


2190 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:43:57 ID:Oy.7MEBk

乙でした
バカッターとかバイトテロって所属の欲求と承認の欲求のどちらのための行動だったんやろか……


2192 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:46:07 ID:Lw6P399w

>>バカッター
③と④が混ざり合ってると思うけど、
間違いなくバイト先を自分の属する共同体とは思ってないだろうってことはわかるw


2195 : 尋常な名無しさん : 2020/07/06(月) 00:48:47 ID:uEKv5pso

>>2190
バカッターはツイッターに投稿してる点から承認欲求やろうな。あれで目立ったりバズったりすることを目的にしてる感が強いから。
バイトテロは店側を敵とみなし、まわりの店員を仲間とみなしてるなら所属欲求でもいい気がするけど、
このバイトは危険だから潰そうとする安全欲求の可能性もある。


関連記事
[ 2020/07/22 05:33 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(1)
116884 :日常の名無しさん:2020/07/22(水) 12:37:38 ID:-[ ]
小さい子供が親に「(自分を)見て見てー」と手を振ったり構って欲しがって声を出すのは、承認欲求だと聞いた事が有るんだが。

この場合は上記の解説とはちょっと違うのかね?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 4 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十一話 グレンジャー家とマグルの策略 ~ 第三十二話 皆マグルはどれくらい好きなの? (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第三十話 失った者たちの傷の舐め合い (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十八話 ネウロ・グレンジャー、その経歴 ~ 第二十九話 マグルの狐 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十七話 ダイアゴン横丁のバカSurvivor (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十五話 マルフォイ家の夜 ~ 第二十六話 悔いは一輪の花の如く (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド 色素薄目PT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド いかない夫PT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド リベンジ!突発冒険者できない夫! 4 (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド ミアキスPT (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド カオルルウプテ神官やる夫! 17 (05/14)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク仮面ライダー響鬼 緋室灯 ラーゼフォン 中山直 (05/14)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #124 (05/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その7 (05/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その6 (05/13)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 144 (05/13)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 11 (05/13)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 10 (05/13)
  • 血まみれ勇者 第四十九話 (05/13)
  • やる夫とばくだん 22.地底湖の戦い 後編 (05/13)
  • 国際的な小咄 8145 ハーバービジネスオンライン (05/13)
  • 国際的な小咄 8144 キモイぞ日本人! (05/13)
  • 国際的な小咄 8143 エロいぞドイツ人 (05/13)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百三十九話 (05/13)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 3 (05/13)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 149 (05/13)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十三話 (05/13)
  • 料理的な小咄 47 手軽で罪深い クリスプサンド (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 15 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 14 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫とブラックPT 13 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド リベンジ!突発冒険者できない夫! 3 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド 孤児院の為に冒険者やるキル夫 4 (05/13)
  • やる夫たちでソードワールド ダークトロールマスターやらない夫 開店祝い ~ 十三魔将 (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十四話 Whitehall (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十二話 ゆめうつつ ~ 第二十三話 父の思い、子の願い (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第二十一話 父の愛、家長の務め (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第十九話 マルフォイ家に向おう! ~ 第二十話 ディオ・マルフォイという男 (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第十七話 ジークフリートお兄さんのドラゴン講座! ~ 第十八話 タンジェロ・ポッターと日常掌編(第一次ウィーズリー家編) (05/13)
  • 青の星の勇者たち Numbers 7 「隔絶の淵を越えろ」 (05/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 257 《DAY279》 (05/12)
  • 読者投稿:香港フレンズとの一幕 pt4くらい「香港に帰ったよ!」 (05/12)
  • 読者投稿:病理解剖的腎臓小話 (05/12)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 27 ポンペイに棲むもの (05/12)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ カズマ (05/12)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】Cの物語 (05/12)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 6月4週目 その17 (05/12)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 6月4週目 その16 (05/12)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その5 (05/12)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その4 (05/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング