スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 埋めネタ

目次

4989 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 09:44:44 ID:emtpMplF




        (:\    _  -───- _                 / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
        \:\‐___:: :: :: :: :: :: :: :: ` .、              /   /: : : : : : : : : : : : : : : 从i: : : : : : : : : : : : `\
       /\_::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: : ',                ! ,ノ: : : : ; : : : : : : : : : : : '  ll: :i: : :.i: : : : : :、: :ハ ヽ
      ,:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::',            .ー彡: ;: : :/: : : : : : : : : : : /   .ll: :l: : :l : : :l: : : ヽ:.ヽ !
       /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\             ./: :/: : j: : l: : : : : : : : :/ __ !l: l: : :.!: : : l: :、: : :ミ=一
     ′::/:: :: :: :: :/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::>          !:.; !:; : :|: : :l: :i!: : : : / ´_  ``': 、: : l 、: : l_: ヽ: 、:.ヽ
    〈 :: /:: :: :: :: ノ:: :: :: :: :: :: 〉,:: :: :: : |:: :: \         /:: ヘハ/; : : :__: !: lマ: : : ! イ示芥  ヽ、!\/ \!ヾ: ハ:jヘ }
     V:: :: :: / 〈:: :: :: :: /}//ハ :: /:: :: :: :: :: ア      /:: ::/.ノ-!: : /- ヽ: l \: :!   V_ソ   ヽ .i/示ミ、メ: : !l)/
       |:: :: 斗=ミxV: :: :斗f七(⌒V : : |:: : (⌒     /: /___ ! l:l!:ハ ( 〈 ヾ、 \          l沙 ,: /!:lゝ
     ∠|:: ::/::| Vソ|:: ::/   Vソ ノ:: :: :|:: :: :\    _/:: (/:: :: ::..ゝヽマ:、``      `         ノ  !'´ シ
       |: /: 小   j:/    ∠::/: 人:: ::\}__/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::..Y::ゝ-.、              '  .j
      /:: ::ノv丶  ` _    /::/i:i:/\:: :: :: :: :: :: ::<⌒``丶、:: :: ::..}; : :! ヘ                  /
 __  /:: ::/{ \i:〕ト ` ┘ ィ:: ::./i:i:i:i/   丶⌒\: :: :: \     \::f;'>xソ   \      '  ̄ `   /
⌒:: :: ::/⌒ ∧ 、\i:i:i:iT爪i:i|:: :/i:i:i:i/`゙`    `   , : :: :: ::.  . /;'>x;;_;';';'>,.、 >         イ
:/⌒^ 人 〈  、ヽ  、i:i:Yi:i:i|:: {_i:/         V∧:: :: :: ::'../;';';';';';';';';';';';'>x;';';';>、` 、   /l;j_
{   /i:i:i:\>、  `、 〈l\{i:i:i:|:: {〉ー           ,∧ : :: ::./;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'>x_;';>、 T;';';<;';';ト、
:\/{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>v/^\(O⌒v::\  ′         |  i}: :: :./;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'ヽ;'H;';x<;';';';'ハ
\::>i:i:i:i:i:i:i:i:i/´  〈/^\ 寸)ノ\:: \{       __| /:: ::./;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'i;';';i;';';';';';';';';ム
i:i:i:i:i:i:i:ノ⌒^     Vしソ\\/)⌒)^厂 ̄_厂   v:: :: ::.i;';'>-、;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';' |;' |';';';';';';';';';';',
ー=ニ          V 〉   >  、⌒ {__/⌒「    〈.r≦ニニニニニニム;';';';';';';';';';';';';_;';';';';';';';';';'|;';'!';';';';';';';';';';ム
               / /\_}   「i:i:i:i:i:i:/  ....x< .\ニニニニニニニヽ;';';';';';';';';'|;'|;';';';';';';';';' |;';|;';';';';';';';';';';/
\            /   /\  V⌒〈ハi:i:i:i:i/  /      ゝ-= r 二二ヽ;';';';';';';';|;'|;';';';';';';';';';'|;';|;';';';';';';';';'/:ヽ、
  Y           /   /  }> 厂L厂 }i:i:i/.  /          ヘ ゞ==_」;';';';';';';|;'|;';';';';';';';';';';|;';|;';';';';';';';/:::::::::::::ヽ__
   、        ∧ノ >   、 辷タ Vi:i:i:{. ./        <:::::::::ゝTニム:マ;';';';' |;'|;';';';';';';';';';' |;';|;';';';';';'/::::fニfニ≧H、
    \     〈  /     丶\ /i:i:i:i:. ,      <:::::::::::::::::::::::::マニニム:\;';';|';|;';';';';';';';';';';'|';'|;';';';'メ::::::|ニ|ニニニニ|:ハ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        イナホ&ラーマ

          史実においてはゴンディオク(グンデリックとも)とキルペリックの兄弟王。

          アエティウスとフン族に壊滅させられたブルグント族を再興した少年王たち。

          事績についてはよくわからないが、西ゴート族とは同盟関係にあったようである。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


           , . .--―――--..、
         /: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /:: : : :/: : : : : : : : : : : : : : \: : : : \
      /: : /::/: :/: :/: : : : : : : : : : :ヽ::ヽ::ヽ: :ハ
      /: : /::/: :/: :/: :/: :.|゙"|:.:l:: :|: : |: : |: ::| : : |
      / |: :|: :|: :l: : :|: : l: : :|  |: :| : l: : |: : |: ::| : : |.
    │ |: :|: :|: :|_:斗ー|-、 :|  |:,-|-|-:|、: :|: ::| : : |
      |: :|: :|:´|: : リ|/ト、: :|  |:∧::|/ |: : l`: | : : |.
      |: :|: :|: :|/|  |`ヘ:|  リ  ソ ノヽl: : :| : :/.
      |: :l : ト、:| r ‐=ミ     ィ=-、ノ|: :/|: ∧.
      ∨|: :|〈 | '"           '' |/ |/
        |: :ゝ-ト        '        /‐'´::|
       |/|: :/|::\   r  ァ   /|::/|:/|
         |/ レ/>       イ`ソヽ‐-
         _,. ‐∧/ l ` ‐‐ ´ / /   〉  `丶、
     _,. -‐'   〈 〉  |     /r '"  /        \.
  , -'        ∨__ |     ' | /         \
 /              /      /⌒\   l´`r―‐- 、   \
 |- 、          o/`ー―/    \ ヽ.  し'―- 、  )     l
 |   \         /`ー―/    \. Y´ / 〉‐-、   )  ̄ ̄}
 |    \    /  __/     \ ソ   { ,ゝ-、   /    /
 |     \ o/ / ヽ/      r‐ ノ  _/ト、┐   /    /
 |        ヽ/ /   \    ノ ̄  /ヽ/ { 7   /    /
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        リキメール

          史実において西ローマ帝国を内部から食い荒らした奸雄。

          史実でもケイ(西ゴート王の妹)の子だったので、このスレではギユーさんの子として生まれた。

          アエティウス(ブラック)の部下として頭角を現し、その死後は皇帝を次々と擁立しては抹殺・排除し

          妹を嫁がせたブルグント族と一蓮托生とばかりに動いてローマにほぼほぼトドメを刺した。

          そんな男なのだが、父が違ったせいか、運命の出会いのせいか・・・・・・・・・


.





4990 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 09:55:43 ID:emtpMplF




     /,〉  i^'i     ,、
  , -ー’'ー、 | .|    / | /_,i.|__ミミ,ヾヾ
 く,、 / ̄i }. 〉 |    i /彡`-ーi i´ミミミミミヾ
  /./  /,/  i{ |/ ,,ィ'|,i/,ィ'_"´,'_、、彡彡ミミ
 ,//  ,//  ヽ`,i////´  l (_/ / ヾヾ彡彡ミ
    !/ い, {/ / r'r,、ヽ` ー'´ ri i、 i/彡彡
       〉彡'./ `´ ヽヽヾ,   i/.レ/i〈_,彡彡、
  ヽ、,ヽ、/ミミ/  r--、、ヽ`i i  _,/,/ `ヽ彡
  .ヾミミミ/    __ir'^ヽヾ V/  ´ ̄
.=彡彡ミ/    ´ ̄,\丿! ´
.彡.彡ミ/           /    , -- 、,
彡彡/_ _      ,  /  , - _`_'.ー-、ヽ、ヽ
彡,ノ'~:::;:::;:::::`ヽ i´/     く, , -、ヾ、, `_ヽ、
, - '"7´i/,ヽ、``'  `i,  .    ヽ\丿 _i  `ヽ'
'/  ; / \ \ ヽ  `''丿    `>、`,, -
,i  ./i,r- -、ヽ、\ !;:ヽ,     ´     ,/ミ
  i .i i    ヽヽ, \ヽ;:i,        ./ミミ
 、. ヽ ヽ、    ヽ\ ヽi::::|      /i,/iミミ
  ヽ、\ `'ヽ、,_ノ ._,,>'i;::i    ./:;/´/ミミ
,   `ヽ `ヽ- '"´~, -'"/:/  //:/:/´ミミミ
彡          _/::/ ,/i:::::i/;;;::iヾ、ミミ
彡彡`ー---―=ニ"´/:;:!,´i;:i:::i:::i::i::i、!;:、ヾミ
           ,|/.|;::i::i;:;::i::i:i:ヽ;:::ヾ、
________.,,,,,.. ---_-_ニ-| |:::i::i:i::::i::i::::、;:ヾ;:::ヽ
'''"""""""~~~   ヽ! i、ヽi::i::::ヽ;::゙ヽ   !
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       モートク

         史実におけるアルダブリウス。アルダブル

         大嵐で歩兵壊滅 & 本人捕縛の憂き目にあいながら口先だけでラヴェンナを落とした名将。

         こちらではブラックガードで敢え無く豚箱行きだったが、降伏後華麗に転職し

         第二の武将人生、第三の人生をエンジョイしている勝ち組。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


           ___\ ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄\ { / ̄ ̄ ̄\_/__/  //     /      \
.             \      \二二二 // ̄ ̄`Y // ̄ ̄|\\     //    / ̄ ̄\       }
            \     \___/   /二>‐┘   _}‐ \|   //     /       /    / {
                  \\__/ /   /   _   //_)'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| ̄ ̄\__/    / |
                   _>一'  /  / }  ___ \〈__/__〕 `Y⌒i ̄ ̄\___/ !           /  |
            < ̄__/   | / /{__ しr―┬f└'´     |ノ} |     \    \____/    |--、___
              \_____レ_/  __} └=彡 ト_, ノ}`  |__,ノ___   \     __|    \_/ |   \  \
                  / / /(ヘヽ    r一'ニニ}   |{U}     \  |   / |           |      \  \
              ___/___/  / /\_入  └'´ ̄    /  ヽ     | ̄ /   |           |  / ̄ \
                  \__/  /    {し \   {´    /     l__   | /  /⌒{            ト、
                    │ / /   /}  | \   __/     ! \ /  __/   \         \_ -‐   ̄ ̄ ̄
                    |//|l /  /  | | |   ̄/ /      \ /  ∧      \___/    /     /
                    |/ | /|__/| / |  / __{ -――//\_/ |                  /
            ______   |/ /  j /  |_/ ̄ /  /)\/   /   \             |     |
           ´      / ̄`/   //___/  /      / |               |      j/ ̄  \
        /     ____⊂({ノ( ̄ ̄ ̄ ̄)_/        _/         }  |      \__       \  /
    /  / ̄   /__]_)ノ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄        _/         \    ̄ ̄\     /   __
.   /  /       / |    /  ̄}  /     ___    /           \      \  /   /  \
. /  /       /   \   乂_ノ  /    ______    /                  ヽ         l  |          ヽ
.   /       / ――-- \  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ___/                   }       l |     \   /
  /     /       --―== `Y     --―――  /          \          /       l│     ヽ//
 ′     /n          /   {   '´  ̄ ̄ ̄ ̄ /   _         |         /        | \____/ /
.      / {ノ      /     ヽ            /     `ヽ     |           /         |    {   __{/
     |       /       /\_______/         |   _,ノ         /\           |     ヽ/
 |    ∨/         / ̄ ̄ {   / ̄ ̄ ̄ ̄ /         厂 ̄  \___/\  \         \  /
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

          ブロリー

             史実においてのアスパル。史実において東ローマ帝国の文武を40年にわたり左右した

             同時代西洋屈指の器の持ち主。

             こちらでは短期決戦の作戦目標を達成すべく可能な限りの最善手を打ったが

             ギリギリのギリでラヴェンナを落とせず、降伏して西ローマに仕えることに。

             外様ゆえに中枢には食い込めていないが、貴重な実力派将軍に収まっている。

             たぶん西ローマにとって最大の戦果はこいつが降ったこと。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ノ/ __
                 |\ト/|´::/´::::::::::::::>
               ト':::::::{::::::::′::::::::::::::::` ーァ
               ゝ::::_,、ト、:::::/レ!_::::::::::::ゝ
               ∨〉   `´     チ::::_く
                 ',{_ _     _ ,,. V人
                 ハ rtァ゙  ´ftァ‐ }' }
                 ヾ,、 ´ i  `  / ,:ノ
           __,、イ..ヽ  ,_` __,.  ハ .;;、_
         ,、イ三/ ´ .ヽ  ̄ /、イ..|三≧、
        / ,イ三マ{   \  ̄_ _   ./|三マ}ト\
      ./ / .|三マ| Y  ム{_ _}>, //|こ {| \\
    ./ /  .|三/.| レ'" マムム''"∨/ .|レ,zイ ,  \\
   .r'-  ̄ \ |三|     }三マ     |ミr,i|./  /' ∧
   |     ,∧|==| /    /三i     .|三リ// ,   .〉
   |      `'マ|,/    ./三ミ!,     .ママ´ /   .}
   |   .`\_  {     .|三三|     'ri'"_.。'     /
   .|      >ト"''ー-、.|三三| .,--、ヘイ<      /
   キ       .,|     ` ≧ー-、  \、     /
   .∧     ,.イ ヽ、         }   .∨    /
    ム   ,//  | j`> .、      }    }   ./
     {    /   ,/    `>、_  j   /    /
     >it,/   / _,,、。zzti≦´弋マ___/_  ,イ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         レナード

           史実における皇帝マルキアヌス。 元々下っ端軍人だったのが

           アスパル配下から適当にいうこと聞くローマ人として皇帝に祭り上げられた。

           このスレでもブロリー配下として堅実に隊長やってます。


.



4991 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 10:04:28 ID:emtpMplF




                                  __
                            , <//////> 、
                          ///////////////,丶
                          ,イ//////////////////,ヽ
                           /////////////////////ハ
                        '///////>ー- 、/////////,!
                            i'///////./::: ̄::::‐-...ー----┤
                        l///////./::::::::r-:::_:::::::::: ̄::::7.}
                             l//////./::::::::::::`:::-`:::::{r_フ::; /
                        j'/////./:::::::::::::::::::::::::::::;::::::://
                        廴//ノ:::::::::::::::::::::::::::::/::::://
                            `7ー'"::::::\::::::::::::::::::::;:::::://
          _,,............,,_             /::::::::';:::::::::::ヽ:::::::::::::;:::::/´
       , <////////,> 、   _, - 、 /::::::::::::::::ヽ::::::::`:::::_;: '
.     ////////////////,\::::::::::::::::>:... 、::::::::i::::\::::::::::::::;::!
.   ////////////////////,ヽ:::::::::::::ー--:::>:..、ー_::::::::/:::}...._
  ,'/////////////////////ハ:::::::ヽ:::::::::::::::::::ー ̄ ̄ ̄` ヽ::;::-二ニー、._       ___
.  i///////////////////////,}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::: ̄:::\‐::::f////////> 、
.  {///////////////////////j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::_:::::::::::丶::V//////////,丶
  '//////////////////////,リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::'"::::::::::::::::::::::ヽ/////////// ヽ
   V////////////////////,ソ::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ//////////ハ
   ,ゝー―‐-<///////>ィ'"::::::::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}‐'':::::::::::::::::::::::::::V//////////,!
. /:::;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::}//////////リ
,.::::::::/:::::::::::::::::::;:'::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::/:::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::j'/////////,/
:::::::/:::::::ヽ::::::/::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::i::ヽ::::::::::::ゝ、ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::、:::::::::::::::::::::::::::ノ`<'/////ノ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        リトリウス

          史実名おなじ。 クソマイナーなので本名で登場してもらった枠。

          西ゴートと戦って善戦しつつ敗死したことと、

          その際にローマの神に祈りを捧げた最後の将軍だったことが伝わっている。

          詳しいことが他にわからないので便利使いできる枠。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




                      ∧
                    , r:'::::::ト、
                  /:::r 、::::u rヾ.、
                 .ri:::::l.| !_ノ::l:|:l:::!_ノ::i        ,
                /.l::'        u :|つ`ヽ、   ../ |
             ,    /,イ| u. ∨~W~!/ .,:!:'´   ヽ./  .|
            !ヽ / || |:       .r〃  _,,., =∠=-、_|
            .! .У .|| .!::     ,,,_ |.| //    、 `ヽ
            .,r|/|  ||_.|:::::::r--─\```7.i′  ....:::::::_.,i' ' ヽ
          / / トこ=‐┴‐┴==─t、/ |:.  ..::::::::::::::7r'':::::::.. ',
         ./  i  !::::::`>-=ェ==-ー'' ´i i′!:::::::::::::::::::::::!/:::::::::::::::|`>
        <'''¨¨こl レ=:'´ `ヽ|r:、    .L.L i/`!/``ヽ:、_:::::::::::::::::!'i
           .|.`/ '´ /~´, r=、   .)   | .|/.       ''::`!,rァ/ |
           .∨``ヽ.!'.´::::::::;∨ヘ._L  ./∨.         :::::;!/   .|
         .ト:、,,_::::∨' ´:::,:r '´  ∨ i′          ::::/'::.  .|
         .iヽ、::__二∨'´      ∨      /`ヽ  ::/=:、::   .|
         l  |:::::::::::∨ヘ       `> 、 ./   :::∨::::::::_;i   .|
         .,!  .!::::::::::::: ∨ヘ         .∨ヽ、  ;/=''::´:::;!  .|
        /  .!::::::::::::::: .ハ:: ::          .!  .i .,/:::::::::::::_,,/::  |
        .{   .:::::::::::::::::::| .∨:: :: _____', i> !/マ=''´/::::  |
        ∨r:个:、:::::::::::人_人: :|\:::::::::  了{  人::::`¨::´:::::::::::: |
         .∨ .|:::::\/ .|:::\`i`:、.\:::::::: .! \'::::::::`ヽ、;;__;;、r'´|
          ∨|::::::/   |:::::::`:!r'´:`ヽ、_::: : ト..、,:、:::::::::::::      |
          .∨:/    .|:::::::____こt::!;;;;;;;_____,r=|
           V     | ̄                   | |
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      アルフォンス

          一応、史実でのマルケリヌス。 たぶん今後活かされることは無い設定。

          史実で奸雄リキメールに対抗して司令官になった人物。

          その後、東西合同ヴァンダル討伐軍の西側指揮官として参戦し――――――

          リキメールの暗躍で暗殺された。  生前のアエティウスの友人だったっぽい。


.



4992 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 10:15:35 ID:emtpMplF




             _______                                             |
            ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...                                               |
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.                                       | γ⌒ヽ f ̄`ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ                                      |  `¨ノ ノ | こ ノ
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.                                   |  {´:ー┐! r 、\
.       ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:〉.:.:.:.:.:.:.:.                                      |   ̄ ̄ . ̄   ̄
.       l:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:|/:.:.:.:/{:.:.:.:.:.:.:斗、ハ:.:.:.:.:.:.::                                  , -‐|
.       |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:ト、: /-‐┤:::::::::ハ厶ヽ}:.:.:.:.:.i:!                 ____________  -‐ ¨´ -- 、─‐ry´/‐ァ─
.       |.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:トy′   lト、::::/ィ代ァ:.l:.:.:.:.:.!|___r 、      _  ≠´              __________ー' ム/-'´
.       |:.:.:.:.:人:.:.:.:.:レィテ示‐ ∨ ヒ:ノ'l:.:!:.:.:.:.:l:! // ` ̄´|`¨ ̄              _ =-‐ ¨ ̄        ` '
.       | :.:./:.:.:fヽ:.:.::.`弋::::リ    , xxl´|:.:.:.:/リ〃 /     |       _  ----‐ ´
.       }:.:/:.:.:.:.ゝ、}:.:.:.:.<´xx  __ ,  ' ハ:.:/  ̄`ヽ、.    ',=T¨  ̄
     /:/イィ:.:.:ム斗、:.:.:.:\`r‐┐  .イ ̄/.ノ'  ̄`¨‐=、 \_∨_        ,==-‐───‐-.....、
    ー' / }:/´`ヽ \:.:.:.:ヽ  ハ`  ___}: : : : : : : : :\   ./}     , -‐/::::::;-ェニ二ニニ=ェ-、::`ヽ.
        {     i   ̄ ̄`{  \´: : : : : : : : : : : : :/ヽ/ `ヽ、 /  /::::f"´        `ヽヽ:::::.
       /`ヽ.  〈         `ヽ、: : : : : : : :./              /::::/          〈 '、::::!
       (´       ',           \ : : : /                 / ´             ヽヽ}
     /       ハ           ヘ: :/                 /                    } !!
.    ヽア⌒ヽ     /             Y           _   /                     i,イ
    /     >、__/ ̄¨`ヽ.      ノ/.   l          >′                     /'  ̄ ̄¨¨¨   ‐--
.  /     /           |`ヽ_,/       !__        /                ,.....:彡'′
. /  -─‐'‐- _        `‐- 、, r‐‐ -、/    `¨=-、. ′                ,....:'//
/            ¨ ‐--   _,  ′  \‐、\_      ≠             ,...:::´:::/≠
ヽ、_                   、ヽ._〉‐ゝ-'    , ′            ,..::´::::::::/ /
      ̄¨¨  ────-= __, へ、_y′      /      、____ /≧三_:/__/--== __
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      ヒデヨシウス

         史実での皇帝マヨリアヌス。  リキメールと共にアエティウス隷下の将だった。

         その後、親友リキメールに傀儡として皇帝に擁立され、

         真面目に政務軍務と改革に取り組みリキメールの縁戚だったブルグント族の力を削ぎにかかったため

         遠征失敗に際し、リキメールの謀略で処刑された。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
       ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
      /イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i|\i:i.,、i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
      .' |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i|  ヾ} \:i:、i:i:i:li!
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/|i:i:/i/    } /ヾ}ヽ:i:!
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ .l:i:′     〃,拆ヤ,|ハ|
       |ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|__,|i'-==''゙  { '夊ノ i!|
          Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| _,坏蒟`    ` ´ l  _, --、
         \γヽi:i:i:i:i:iハ ヽ ゞ ' ,    ヽ    l:く: \:_:_>、
            .ハ : rヾトミ`` `  ̄   _ /   ,:\>:´: : : : ヽ
            `r、`:-: : : : : :.        __,   ハ: :ハ: : : : : l: :|
              .|::ヽ`ー:::-、  u.    ∠ _'  /:::l/:::|: : : : :.l: :|
           _〈:::::::\:ノ: : >....      /l:::::l:ヽi : : : : , : ト
          _l:.. :\:::::::\: : : : :::::≧==-- ' ハ::|: : : : : : :i: : : :i
         /: : ̄ヽ:.\::: : \: : : : : : : : l / /ヾ: : : : : : /: : : :.
           /: : ○ /:.. : :\: : /`ヽ: :ヽ:  l::  /  | ̄ ̄|,/:|: : : : :\
          ./:、: : : :/ : : : : : ヽ/::::::::|       ,イ  ', : : : | :| : : : : : ヽ
         /:、: :\/: : : : : : : : : : : :::|、____,ィ≠l ,イ:',: : ; __.:|:::::::.... : : : `、
       ′:.\/.: : : : : : : : : : : : ::.| \  l l≠イ〃 i: /、/|:ト ::::::::: : : : : |
      ハ: : : /: : : : ヽ: : : : : : : : :/: : : \,イ彡~   |/:|/ャ|:| }::::::::/.: : : :ヽ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       西ゴート族エレン

         史実ではトリスムンド。 アス…アマゾンアルファ(テオドリック1世)の長男。

         史実でのフン族撃退ののち、死した父の跡を継ぐも

         アエティウスの計略で弟に殺された。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


         -==ミ 、 _
        '"´    ヽヽ\ヽ
               | | /ノ    ─_ 、
               }/∠ ─'" /_.:.:.ヽヽ
         __ 、丶`: : : : : : : : :`丶.:.:.:.} }
       /-‐ァ: : : : : : : : : : : : : : : : : 丶ノ
       | {:.:.:.:ア: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨
       ∨.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
        \{: : : : : : : : : : : : :γ ヽ: : : : : : >、_、‐''゛⌒
         |: : γ ヽ: : : : : : :丶 ノ: : : : : : : _ ァ─‐-
         }: : 丶 _ノ: : : : ; : : : : : : : : : : : __/
       _ ′: : : : : / ●   ̄~"''~、、: : :/~"''~、、
    _、‐''゛ _,/: : : : :./ 、 , 、_ノ      }:./ハ
     _、‐''゛\/:./    ¨         /: : :.}
         / `<           /: }: : :./,
       /    人≧s。       <: : :/: : /: :',
         ′    ∧: ヽ: : ア{ ̄: : : : : /: : /: : : }
            / }h、: :・ ゝイ}:・: ’:/: : /: : : イ
             小: \: ・:.|!:・: ’: : : : {: : : :{: :\
            _ノノ: :’: ・〃・: ’: : : : : /: 丶: : :}ト. 、
           /: : :/: : : : ://: : : : :、丶`: : : : : : : : : : :\:.丶
       、丶`:/: :/: : : : :.//: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
       . : : : : : : : : : : : : :.//: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 小
      /: : : : : : : : : : : : : ://: : :′: : : : : : : : :ヽ:/: : : : : : : : : : /: : }
     ': : : :/: : : : : : : : : : '/: : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : 从
     .: : :/: : : : : : : : : : : }|: : : : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : /
    /: : : ′:_ -─-、 : : : ||: : : : : : : : :>''"三ミs。: : : : : : : : : : :
   }: : : :{/ニニニニ=‐┴、: : >''"ニニニニニニニヾ=-_: : : : /
   /: : : /ニニニニニニニニ=- 、-=ニニニニニニニニマム: : :′
   .:: : : {ニニニニニニニミヽ`: : : : :>‐、ニニニ、ニニニ}ニ!: ′
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ユーノ

     史実でのエクディシウス。 宮廷やガリア方面で官僚として影響力を持った貴族。

     西ゴート軍の包囲する街へ10騎の手勢で包囲を突破し街に入って救ったという伝説がある。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



4993 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 10:23:07 ID:emtpMplF




      .。:+ ** +:。.     / /    彡'/  ミ、 ハ ヽヽ       .。:+ ** +:。.
    .*°        ゚:。   | !       {      } ! ハ    .*°        ゚:。
    :゚            ゚ /L」 // /l   ! :|  |、L」      :゚            ゚
   +           ゚//   |7兀廴  |イ 厂刀T ! ‘.   +          ゚
    ゚.             |八   {Y'人ハ\|:レY'人ハ| |   !  ゚.          *
    ゚*.         .。゚  И :ト{{`Y´ノ ,   {`Y´,ムイイ八   ゚*.         .。゚
      ゚ * +o+ * ゚       ト、|}  ̄  __    ̄ 从 :| ト、>    ゚ * +o+ * ゚
                    ハ 込、  (⌒)   イ  ,イソ Y
         .。 +*+ 。.    { 人〕>  _  イミ jハノ   ノリ      .。 +*+ 。.
       *°    ゚:。    乂{__/¨j    {ミγ′ _彡'     *°    ゚:。
       +         +  厂 ̄\ ∧   γ´ Y彡イ`ヽ     +         +
       ゚.      +゚  〉‐-  __∧  {ミ{ γ´ }_ 〉   ゚.       。+゚*+。
         ゚'* +o+ *゚  /     γ´¨¨`ヾミY 彡'   }    ゚'* +o+ *゚    *
               八     r/77z 「「「h j ノ Y   |          ゚'*o+*゚

  _|\人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/|__
  ≫                                                 ≪
  ≫       / │    ̄ ̄|   :l ̄ ̄ |        ヽ|  |ヽ     ム ヒ   「| 「|    ≪
       /   !     /   ノ  ̄ ̄|  ──  | ̄| ̄   月 ヒ   |」 l」    ≪
  ≫     /     \. _/\_   __,ノ        / | ノ \   ノ L_い  O O    ≪
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       ハスタ

         史実におけるアエティウスの長子カルピリオ。

         フン族の人質として送り込まれ、その後の記録が無い。

         読者にも指摘されたように、カタラウヌムの決戦に前後して殺された可能性がある。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





             _____
          ,、丶`       \
         / 、丶`__\_\ } ハ,,\
          // /       ̄   \!
       / / /     ⌒ヽ   '゙⌒  ,
       | / |   〃芹ト、    ,ィ竓ミ. ,
       |_|  ″にしi}     iJ衒 |__
       {  丶    乂シ  ヽ 乂シ   }
       ゝ {       (_人_ノ     /
          ̄\                 /
           ≧s。.____,,.、丶´
           /7:::::::\ \_/ |:::::::〉\
             ///≧s。.::\〈::〉 /::/.//∧
         //////// ≧s。._,//////.∧
           |/////////////}/////////}
           |/////////////}/////////}
           |/////////////}/////////}
           |/////////////}/////////}
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             ドラコ

      史実での副帝パラディウス。

      記述は多くないが、450年時点で要職にはついていたっぽい。

      父ペトロニウス・マクシムス皇帝とともに、ヴァンダル襲来の混乱の中逃亡を図り

      市民に見つかり殺された。

      このスレでの親友キメ度とか嫁にヒンヒン言わされてるかどうかは敢えて触れない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


.



4994 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 10:32:10 ID:emtpMplF




               ,'::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
            ∠-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::!| :::::/::::::::::::::〃::|::::iヽ:::ヽ:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::!       ―‐
            l::/i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ヽi:::::/|::::::.、:::::/:::/!:::ノ ヽ::ヽ\:::i:::::::::::::::::::::::丿     /    \
             l:::!i,,:::::::::::::::::::::::::/i:::トーi::::/ i::从::::::|::::/ !:::i ̄ヽi⌒|::トヽ:::::::::::::::::/      /   お    |
              !i !:::::::::::::::::::::::/フ:/    ヽ| {::::| !::::|/ ´ヽ!__`__}/ |:::::::::::lヾ     ./           ,
               lヘ::::::::_ 、::::::/ ' ,--=ミ=ヽi l::::l  ,彡===ミュ〃!::::::/ヽiヽ     '    前
               ヽィ,ノソ'、::::::! イ= ̄`゙゙ノ  ヾ\i `ー      ゙,i|i::::::/ヽ | i     |           .|
                ゙| l! li::::::i       ´    !| ゙'         / l i:ノ‐'゙ /      '    達     '
                 l_‐ ^ !::l::i,          |l          / j //〃/                '
     -―‐-        \ r !:i ^         ||          !/‐イ//        \      /
   /      \      ヽヘヾ           /l        /ノ  !,,,,/            ‐--‐
     し い            ヽ {         ヽ、l        ソ  i|:::イ
  |                  ゙l!'、                 ./'   /|:iヽ
  |   な い    |          !:ヽ        _____   / i,'´
  |             |          ゙ヾ 、   ヤ ̄´ ̄ ̄ ̄`‐/  /  |´
  l   い 加    |           `! \  `  ‐-----一´   /  ノイ
  |             |            !  \           ノ  /! i |、
  |   か 減     |          /-┤   \        /   イ ! !!イ^i 、
  |                    ‐ゝ `ー 、__   丶ーー‐‐´  ,-._-‐   | `ヽ
  |     に    '       _/::::|     ^゙''ー-__   _....-''      |::::::::\_
  \         /    ,,....-‐´:::::::::!          ヾ "          !::::::::::::::::::::ヽ..,,_
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        ステファヌス

          史実での皇帝ペトロニウス・マクシムス。 日本でいう藤原道長的大貴族。

          要職を歴任した名実ともに備えた要人。

          色々あって愚甥帝ウァレンティニアヌス3世を排除したのち皇帝になったが

          三か月持たずにヴァンダル襲来を迎え、逃亡しようとしたところを見つかり息子共々殺された。

          このスレではホームステイ先のおじさんと化しているが、超重要人物なのである。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                              ______
                         ,、.- '''"´          ` ' ‐ 、,
                      ,、 ''"                    `' .、
                    ,、 '"          .......................         \
                  /       ..........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....... ...   ヽ
                /      ....:::::::::::::::;;::::::::::::::::;:::;、r'" \:::::::::::::::::.....::..   ヽ
    .          /      ..::::::::::::::::::::/ `ヽ,:/ノ     \ィ'ヽ:::::::::::::::..   ヽ
    .         /      ..:::::::::::::::::::;、:ィ'    `  ヽ        ヽ  \:::::::::::::..   ',
            , '      ..:::::::::::::::;、r':/,'    .....          ヽ   ヽ::::::::::..  ',   (´`Y"゙)
    .      , '      ..::::::::::;、 '" / ,'  / ,、-ヽ          ',    ヽ::::::::.. /   ヽ /
   /      /      ..::::::::/  /  ,'  //   ヽ.   ヽ    ヽ ',     ヽ::::::::/      '´
  /       /     ...::::::::/  /    ;   /       ヽ  ヽ  ヽ 丶 ',    ヽ/
. {      /     ..::::::::::::i゙  /     ,'  i           ヽ ヾ、  ヽ \',    ',
. ヽ. .   /   ....:::::::::::::::::i../    ,、 ,'   | ,.、----- 、,  ',  ',.\  ヾ' 、ヽ    ',
   `   /   ..:::::::::::::::::::::/   ,、 '" ,'   |´          ',  !. ‐ヽ ヽ ヾ 、   ',
     / ....::::::::::::::::::::::/  ,、 '".--、{ヽ!l'}‐、 |            ', l   ヽ. ',、. ', ` 、 ',
      \::::::::::::::::::::/ ,、 '" / ,r''''''| ! !' ! !ヽ|ィ===ミ、    ', |, -ノ-、  /‐!   | \ ',
       `' 、:.:/ ,、 '" |.  │ ! /~! ! i! l |              lノ===ミ、 /l |    |   \    ヽ
        ,、r'ィ"‐-:、;;;_|   ヽ ヽ:/./ ./ / |',\\\             { l i lヽ !         }
       ´       ,'      /./ .l  i!  i、'、          ,  \\\!| l  ! ',ヽ !         /
              /      {   '  ´ /、ヽヽ              |!| ヽ .| ',.ヽ!       /
    .         /      |        {  ! `ヽ  、_..-、_,  /.ハ. V  ',
             /       、      ∨',‐‐―┐          / /   |   ',
           , '     ,、- '''´∧     ヽ',    |.       ィ ´  /    |ー-、_ ',
          /      l   :∧        }',  ト> ‐ <´_!    /     / / ',
        /        ',    ∧.       | ', ├---゙ニi゙、.,,,,,{  /     / / |\ ',
      /   /      ヽ    〉      !  ',│ ||  ||  ||ヽ      / ト, |  ヽ ヽ
    '"    /        >    /     /    ',ヽ. ||  ||  ||:}      /   | l. l   ヽ '
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       アティ

         史実におけるアウィトゥス(サーシェス)の妹エパルキア。

         ある時、愚甥帝にレイプされ夫ペトロニウス・マクシムスの怒りに火をつけた悲劇の美女

         ・・・・・・・と、思っていたのだが、それは後妻のことだったらしい(精査不足)

           このスレではクリーブを猫かわいがりするホームステイ先のママさんと化し、エンジョイしている。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


.



4997 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 10:40:36 ID:emtpMplF




ノ : : :__ ノ : : /: : : : : : : : : : ,′: : : : : : | : : : :|: : :|/イ:/⌒ヾ.: :ヽ : : ヽ : : ヽヽ::',
_; ィ´//イ/: :/ ,ィ: :/: : : :/: : : : :/: : !: |: : :|: : :| ´      ヽ: :',: : : :',: : : | ',:|
::: /イ:::::::/: ,イ://:,イ: :/: ,' : : :;ィ´:ィ : : |: !: : :|、 : |        |ヽ:i: : : :|: : : |  !|
:'´:::,::::::::: ,'///;' /,' :/レ/ : : //'´:ノ: :ノi: |、:|',: :',     _|:::i:|: : : :!: : : |  リ
::/:::::::::::′::i/::レ':::! :':::,' : : :,':::://:;ィ::V::ヽノ:::| : ヘ.   //j:: |:!: : :| : : ! ノ .ィ
'/::::::::::::::::::::|:::::::::|/::/ //::://:/,':::;ハ::::::::::,' : |、:', _ノ,ィ''7´! ノ' : : : ヽ: : :|ーく::::::
′ :::::::::::::::::::|:::::::::::レ',ノ':://::;:ィ‐-/∠__|:| : /.: :ノ ,Xz'ニ´''´ |:|: : : : : : :ヽ: ',::::::::\
::::::::::::::::::::ヽ、',___//:::::/ ,イ::/ぇ‐ァ弋ァァ/::/.: :,' { |`    ノノ : : :;〈: |、: i 、ヽ、__,:
::::::::::::::: / :::::`ーァ'― ‐1:/::レ' / ̄ ̄'´{:::{.: :/  レ'  ー'イ: : : :/}::| |,|: |´`ー‐'::
::::::::::::::/ ::::::::::: /::::::::::::::|'::::::ヽ、   ,|    Ⅵ.:,'  ´ヽ     ′ : ,',イ´!ノ:|: |::::::::::::::::
:::::::::: ,′/::::::::,'::::::::::|:::: ヽ::: ::、:`ー'ノ    V    冫   / : : : {' V:::::|:/::::::::::::::::
:::::::::/ヘ{ :l::::::i::::::::::::!:::::::::::: : 、ヾ¨´ ,.イ   \-、 r'     '} 、 : : ゙X゙ヽノ':::::::::::::::::::
r''¨ ̄`¨ヽV´{:::|::::|::|::::::: ::: :::: ヽ.`二ノ ィ' ,、___,.- ' /,' | : : :ヽ ヽ{_, イ:::::::::::::::
 ̄ ` 丶、 \Ⅵ::::|::ヽ:::: : : :_;>‐`=‐ 、_`¨¨ ̄_,,   ,{/ | : : : ヽ-r‐':::::::::::::ノ
     _> 、 \!>' ´ ̄ .: .: .: .: .: . ̄ヽ`ヽ、 }::::ヽv':::ヽ /|、 : : : : \::::}、/:::::
   , ィ´   , ゝ'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . \ノ|'″::::::::\ヽ`く ヽ: : : : ヽ Yイ:::::::::::
 /   , イ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:`ヽ.:::::::::ヽ::ヘ::ヽ:} !ヽ: : : : }:', |::::::::::::
'´   /ヽ、__ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /:/ .: . ヽ.::::::::ヽヘ::||:.}:}、 : ハj、|::::::::::::
.    ヽ、.: .: .: `.: ャ‐ 、 .: .: .: .: .: .: __, .:ノ゙´〉`ァ-= :/::::::::::::',:}',:| ハ:,'ノ.:i:|.:.j'__:::/::::
    ,ハ .: .:ヽ、 .:ヽ::::ヽ、__, ィ.: , イル:'´: / .: .:./::::::::::::::::ij i:!/ 7゙.:.:.:|: |:ノ.:.:.{ '::::::
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    サーシェス

       史実での皇帝アウィトス。

       ガリアの重鎮貴族。 その人脈と交渉力で幾度となくローマに貢献したOTONA。

       それに目を付けた西ゴートが皇帝に擁立したが、ガリア色の強い人事が嫌われ

       ほどなくして廃位、抹殺された。

              なんで政務系の人物に、こんな物騒なAA当てたんだあの時のイッチ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            r 、
            |  \
            |    \
            ∨   <_フ
    |⌒\       ∨、   ヽ
    {   \     ∨:.  {  '.
     '.   ヽ \    ∨\ \ '.
      ∨   '. \   〉 ⌒\〉 、
     ∨   \ ヽ rく ゝ   _  ヽ
        、    } l }    ,:   \}
       \ 、 〈       {  ィ。フ }
         ∨ー' ,  --   ´ - イ|-、-_-、------ 、
         {_r、r、  ,。ァ'  ,.-、 / / } }、___ハ }、
           {{乂ヽ、¨´_,: ゞ ´ノ}.'  / /、::::::::::::| | '.
          {\ー `¨ヽ}ーく´_ノ,r-/ /  \ ::: | | }
          /⌒`>、__ノ、` ー―´/::::\  、/ ∧ '.
           {   V ー /::/`T::::::r 、::::::::::::\/ /   ハ
          ,:   /  /::// |:::::〈  〉::::::::// }'.__/ノ 、
         r'--イ  /\\ /:::::::::::::::::/ , ´/ /|乂-'   '.
         7/\_ノ、\ <二二二__/、  /  '.
         /'    /  、  ー /         \ {  /⌒  }
     ̄ ̄ ̄|    /、    \ '      l       |/    /
          | / / ∨   {'.____}_,.ィ=/⌒\  イ
         ー '     |     }====---__/ ---- く´
              |     {===r-- /´      ヽ
              /     r r´ /             '.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      ビルス

        史実でのアフリカ属州総督ボニファティウス。

        西ゴート王を負傷させたり、アエティウスに戦術的には勝利していたりと

        武勇に長けている人物であったのだが、ヴァンダル族に絡む失敗が

        西ローマの寿命を縮めた。というか致命傷になった。

        アエティウス(ブラック)の一騎討に応じたのが運の尽き、その時の傷がもとで戦病死。

        このスレでも厄介な敵として動いてくれたが、ブルグント騎兵の大暴れなどで敢え無く失脚、自裁。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


.



4998 : ◆aTATOKIfnY : 2020/06/19(金) 10:43:10 ID:emtpMplF




                    /: : : : : :/:|: : : : : : : : : ∨: O。: : : : .,
                    /: : : : : :/: |: : : : : : : : : : ∨: : : ∨: : : ',.
                   ,: : : : : :/: : :|: : : : : :f二孑.:|: : : : :| : : : : ',
                    |: : : : : :|.匕}|: : : : ∨ `ヽ :|: : : : :|: : .: : : :',
                    |:i.:℃. : |: : :八: : : :ノ.r芹示ト、.: : : :| : : : : : : ',
                   |:l: : : : ル 芹ミx\{  乂ツ八.: : ::l|: : .: : : : : ',
                 _... .Ⅵ : : : : ^ 乂ツ      .:.:.:¨.イ : : : リ: : : : : : : : :',
               ./ 二ヽ,ィ ',: : : : ::∧:.:.:′      j: : : :/ : : : : : : : : : :',
           r-'---、J | '∨: : : :.'ヘ        イ: : : /: : : .{: : : : : : : ::
          イア ⌒\\ヽ  ∨: : : :介o。 `   .ィ ト: : / : : : :.l: :}: : } : : /
            ヽヽ⌒\,)ー' ∨ ヘ、: : |::::ノ丁     |: :/: : : 从∧}:/}: :/.
            \    }  ノ ´..;∧: :.|       レ'..`  ̄ ̄ `ヽ リ
              ヽ   人 {'    .从リ ヽ     _  一       ∨
              }    ,:    {       ` r ´           '.
              ,    {__/                    '.---、
             ,イ/    ,-,:'      :::,         _       } /⌒}
            ∨    /{/         У         / {       |:'  /
            /    / l|        /           :::. |        |  ,
            ,:    ∧ |{       ,              } '.      |{_/
             {    , | ∧    /              八∧__   |⌒\
             人    { ∨∧  ,           /二r、...\...... ` ┴--_∧
              \__人  、 '.  {       _   </´  \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /
             |「l r|\ \ :、人_,.-=≦>  ´   /⌒ \ ー------イ{
             |l」 ||」| >-- <  ̄ ´___/  ,イ/ /}\      |
             |「l |「/  / {[] {\       イ | // `\ 、    ∧
             ||」 //>--//〉|  `¨¨¨¨/ 〈∧ l|´ イ    /\\ , ∧
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     ハジメ

       史実でのユスタ・グラタ・ホノリア。  生まれが災いして喪女一直線で災禍を招いた厄ネタ。

        いろいろと構想があったりもしたが、

         書いてみたら筆が走りすぎたのでオートでこうなった。

          たまにあるんですよね、役とAAがはまって制御が難しくなるのって(遠い目)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第三一話 「愛麗絲オーヴァーチュア」 (05/06)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百三十八話 (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十話 100味ビーンズ味募集大会! ~ 第五十一話 マキマとデンジ ~ 第五十二話 HMPS (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十八話 濃密なる、愛 ~ 第四十九話 透明マント (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十七話 ルームメイツとの雑談 (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十五話 心躍る冒険譚 ~ 第四十六話 タンジェロ、疑問を抱く (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十三話 愛についての話 ~ 第四十四話 unknown dream-1 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド コボルド冒険者 5 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド オールライダーPT! ~ ラクシアの一休さん (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 蛮族オンリー女パーティー 5 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド ハルピュイア語を習得していなければ死んでいた ~ 本当は怖いラクシア ~ ラクシアで内政! (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 桃太郎PT 2 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 三馬鹿PT (05/06)
  • 国内的な小咄 1509 さわやかな旨味 (05/05)
  • 国内的な小咄 1508 生シラス (05/05)
  • 国内的な小咄 1507 当然 (05/05)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】メガテンあんこ 後編 (05/05)
  • 読者投稿:奇妙な模型たち (05/05)
  • 読者投稿:ひざの上の同居人 Kitty on your lap (05/05)
  • 読者投稿:介護報酬とその改定について、並びに現場はしくれからの愚痴 (05/05)
  • 読者投稿:将棋の世界について「王座戦中継と在名各局と杉本一門」 (05/05)
  • 読者投稿:雅虎的地元情報の出し方 (05/05)
  • 読者投稿:読者投稿のすゝめ:Tips編 ~ orinrinの使い方 AA作品のコマ作り (05/05)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑧『秒針歩む』 (05/05)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑦『信じられない』 (05/05)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑥『姫の座』 (05/05)
  • チートとかなくて、開幕ハードモードだけど頑張って生きているやる夫君のお話 その2 (05/05)
  • 国際的な小咄 8135 宗谷本線と根室本線は…… (05/05)
  • 国際的な小咄 8134 東欧のパターン (05/05)
  • やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです 劇場版 名探偵ギル と、その助手やる夫 時計仕掛けの摩天楼 その4 (05/05)
  • できない子とSCP ゴールデンウィーク特別編キャラ解説 (05/05)
  • 【◆KuKioJYHKM】鷲尾くんのイヌワシ日記 フィナーレの29年目・30年目 (05/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第十七話 (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十一話 いたずら双子の華麗ないたずら日記 ~ 第四十二話 ニコラス・フラメル (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十九話 タンジェロ、初陣 ~ 第四十話 変態の策略 (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十八話 ゴースト・ゴーゴー! (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十七話 メンバー初顔合わせ (05/05)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第三十六話 呪文学の特訓 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド 超越者達 4 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド ダークトロールは人族側で何故扱いにくいのか ~ ラクシアにも魔法少女って居るのかな (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド 孤児院の為に冒険者やるキル夫 3 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド 一輪とやらない夫 筋肉布教日記 11 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 11 (05/05)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク ステイル ブーディカ リース 狩人 (05/05)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 212 (05/04)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 211 (05/04)
  • 国内的な小咄 1506 流鉄の魅力をわかってくれない (05/04)
  • 国内的な小咄 1505 え? (05/04)
  • 国内的な小咄 1504 会津熊本横断旅 (05/04)
  • 読書的な小咄 109 まかまか (05/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング