スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:副反応は軽めですみそう。(嘔吐1回

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
11/30
霊夢は幻想郷をぶっ壊すようです
11/27
島村卯月がハイセイコーになるようです
11/25
ヨリイチはジェダイの騎士のようです
11/22
エイシンフラッシュが帝室御賞典レースに挑むようです
11/19
やる太は、魔王を名乗るようです
11/17
やる夫の割と平和なドラクエⅤ
11/13
やる夫が船の正体に触れるようです
11/9
やる夫たちはつつがない日々を送るようです
11/6
転生ワカメの聖杯戦争 奮闘記
11/5
やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです
11/2
やる夫は人になるようです
10/29
魔法少女たちのペルソナ5 反逆の物語
10/28
イナズマやる夫イレブン
気がついたら魔王
10/16
都合の良い女
10/14
ギャンブる冬優子
10/13
流されて平家武者  ~~中華風異世界転移顛末記~~



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 103

目次

3473 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:03:07 ID:URht0BQG


1かなぁ

1かなー

③街の至近距離でこれみよがしに破壊活動を始めるそぶり

1





① 基本こっちは援軍だし、可能な限りはローマの意向を酌むべきかなと

3



①で
③で                    ┌────────┐
①                        system message   ──────―──────────―――──―――┐
                       └┬───────┘
③で                             28票で①トリウスさんを説得(場合によっては本人帯同)して水源制圧

③                                   を基本線として調整します。

③                       └──────────────────────────────―――┘

③かな

乙でした①


①だなあ


② 問答無用でいくぜ! 乙!

①流石に壊したら取り返しがつかなくなりそうだし



①リトリウスさんを説得(場合によっては本人帯同)して水源制圧



②で




3475 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:21:36 ID:URht0BQG



                 ,,ー-  _
                /ノ,.......................=-  _
              /.......ノ,ー-=ニ__......................=- _
.              /....../ }    ´ ー=ニ_............/                 【シチリア島 神殿の谷】
.            /...../  ノ-ミぃ、、       ^丁´  ___
.          / . /  /|-‐‐|⌒>-ミぃ、、__|¨¨ ̄    \
.        /.../  ノ ̄i |-ー‐|/.........// ̄Y: : : : :x==ミ  \
.      / ./ ___:|-‐‐:|,|: : :.::|...... //: :|-ー:| : : :/γ⌒ヽ,   \      -=ニ|ニ=-  _
      / /  ノ_,|-‐ー:|j: : :.:::l:/|~~| ̄`|:.:: :.|_: :{.::{   }:i     \-=ニ ニ=- L,,__ ¨¨ア
    / /_,ノ ̄|_____|: : :.::.i! : : :. |/|: : |  |: : :.:| 丁丁   }_|_  . : :|=-     _⊥_   ̄|
┌‐// √|-‐:|.: .: :|: : : :.:| : : : :.| .|.:.:.:| ゙̄|: : : :|‐-| : |_   | :|ニ=-ミ_|__ -  ̄ |___|ニ=-ミ
: //_,,j'´|.:.:| : .:|.: .: :|: : : :.:| : : : : |゙´|.:.:. |:.:.::|:.:: :.::|: :.|.:.:.|⌒ニ=‐|.:.:.|:.:|.:.:|  ̄ _, -T¨|: :.:l  |二|
└T_,,|:.:|'´|.:.:| : .:|.: .: :|: : : :.:| :.:: : :.:l'´|: : :.|.:.: |:.::.::.::|「 |.:.:.|=┐| : |.: .:l:_|: :.|- i: :|'''|  |ニ|: : :l .|:.::.:|
.:.:i´|: |.:.|: :|.:.:| : .:|.: .: :|: : : :.:| : : : :.::|: |: : : |: : |: :.: :.:||: |.:.:.|::: ||.:|: : :| |: : | | : | :|  |.:.| : : | |: :.::|¨凵¨∨¨|__
: i| :|: |.:.|: :|.:.:| : .:|.: .: :|: : : :.:|: : : : : :|.:|: : :.:|: : |: .:.:.:.:i!: |.:.:.|::: ||.:|: : :| |: : | | : | :|  |.:.| : : | |: :.::|: : : : : : : : :|
.:i| :|: |.:.|: :|.:.:| : .:|.: .: :|: : : :.:| : : : : : | |: : :.:|: : |: .:.:.:.:|: :|.:.:.|::: ||.:|: : :|_|: : | | : | :|  |.:.| : : | |: :.::|: : : : : : : : :|_┌─
.:i| :|: |.:.|: :|.:.:| : .:|.: .: :|: : : :.:|: : : : : ::| |: : :.:|: : |: .:.:.:.:|: :|.:.:.|::: ||.:|: : :| |: : |-:| : | :|_|.:.| : : |_,,|: :.::|/⌒\: : :|: : : : : :
.:il :|: |.:.|: :| : | : .:|.:.:.:.:|: : : :.:|: : : :.: :.:|_|: : :.:|: : |: .:.:.:.:|: :|.:.:.|::: ||.:|: : :| |: : |: :| : | :|: : |.:.| : : |: :|: :.::|:::::::::::::::|:.::.:|: : : : : :
.:i|.:|: |.:.|: :|.:. | : .:|.:.:.:.:|: : : : |: : : : : : | ̄| ̄ |:.:|: .:.:.:.:|:_,|___l___||| ̄| ̄|‐┬┐二L : |.:.| : : |: :|: :.::|:::::::::::::::|:.::.:|: : : : : :
.:i| l: |_ |: :|.:. | : .:|.:.:.:.:|: : : : |: : : : : : lニニニニ|: .:.:.:.:|-:|_|二二二二二二二二二二-|_:_:_|: :|: :.::|´´´ ´ ´ ̄` ` ` `
: i| |::|_ |: :|.:. | : .:|.:.:.:.:|: : : : |: : : : : : |    ┌|: .:.:.:.:|二二二二二二二二二二二二二二二─ | _┌┬匚]─┐
 ̄ | |_ |: :|.:. | : .:|.:.:.:.:|: : : : |: : : : : : |  ┌‐‐|: .:.:.:.:|二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=- ̄└‐匚 ̄
二ニ|__|,,_|.:. | : .:|.:.:.:.:|: : : : | : : : : :.:|┌──  ̄ ̄二二二二二二二二二二二二二¨¨¨¨¨¨¨ ̄: : : : : : : : : : : : ̄
  ̄⌒ニ=- ̄⌒¨'ー┴ー-:|: : : : : : 二二二二二二二二二二二二二¨¨¨¨¨¨ ̄:;.:,:;.:,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ;';';';';';';';';¨ニ=-  _   ̄ ̄__ -‐    ̄ ̄ ̄ ̄:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,: : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . .


3477 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:24:00 ID:URht0BQG



                      _,,,..............,,_
                     ,.</////////>、
                    ////////////////,ヽ
                        '/////////////////ハ
                      '/////////////==、///,}
                   i'////////////.'::_::::::: ̄T
                    l'///////////.'::::`:..、ヽ:::ノ
                  l//////////,'::::::::::::::::´::'          ここはギリシャ時代の神殿でね。
                   V/////>イ:::::::::::::::::::::/
                ,. -ノー‐ '''":::::::ト:::::::::::::::::/            ローマ領となってからも
                /::::-::.._- _:::::::::::::l::::::>::::::;:'
             ,. -━━-- 、:::::::::> 、 ::::::::';::::::::{- 、              敢えて建て替えさせることなく存続しているのだ。
.         ////////////,\::::::::::::>:... 、:::::j.〉'/,\
.        /////////////////ヽ:::`:ー-:::::::.._.ィ:\/ハ
      ,'//////////////////ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/}
.      {'///////////////////,}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
        V//////////////////,リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':.
      /∨////////////////,ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     / i.\//////////////,イ:::ー-::::::::::::::::::::::::::::::::::-_}
    ,::::::::j:::::::`<///////>'"、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐:::ノ





                   , ':.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.,';:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.; ;:.:.;:.:.:.:.:.:.:;:.:.:.;
                 ,。s≦:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,';:.:.,' ;:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.;  ;:.;:.;:.:.:.:.:.:.;:.',:.:',
                   /:.:,'.:,':.:.:.:.:.:.:.:,' ;:.,'  ;:.:.:.:.:.:.:, ':.,'  ;:;',;:.:.:.:.:.:.;:.:.;:.:.',
                 , ':.:.,':.:,':.:.:.:.:.:.:.,',。s,'=≦;:.:.:.:.:, ' :.,'≧=s|,_',:.:.:.:.:.:;:.:.:;:.:.',
               ,。s≦ ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.-=,' 弐戈:.:.:., ' :,' 汽弐=-.',:.:.:.:.:;:.:.:.;:.:.:',        (何十年もローマ建築の街を見てるから
                  ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,' `|¨¨¨´.;:.:   / `¨¨¨¨´ ;:.:.:.:.:;:.:.:.:;:.:.:.',
                  ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,'     ;/          ;:.:.:.:.:;:.:.:.:.;:.:.:.:',        なんとなく違うのは分かるけど
                 ,':., ';:.;:.;:.:.:.:.:,' ',       l        ;:.:.:.:.;'l ,:.:.:;:.: ヽ',
                   ;:.;:.; ;:.:.:.;\',              /;:.:.;',:| ヽ:;ヽ  ヽ       どこがどう違うのかよく分からん)
                 ls。,;.: ;: ;.:.:; ;.:.:.     _       /.:;;.:.; ;:   \
                 ',ニ≧。, ;:.:; ;.:.:.::.     r 、\   /.:; ;.:;  |   ,。sl
                  ',ニ: : : : :',|ニニ;:ニ..:|:.        ./:.:.:.;  |_ .,。s≦ニ,'
                  ',ニ: : : : : : : : : : ;.:; \ __ / : : : : : : : : : : : : :ニ,'
                   ',ニ: : : : : : : : :/ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ヽ: : : : : : : : :ニ,'
        ,。s≦〕 ̄ ̄ ̄/ヽ ',ニ: : : : :/: :/             .',: : : : : : : ニ,'
   ,。s≦¨¨  ヽ ニニ≧s。,/ヽ|/ニ: : : /: :/              |: : : : : : ニ,'  __
  / フ´          ) //ニ''´: : : 〈 / フネ‐- __     _.. 、ィハ: : : : :ニ,'  /⌒l |  ≧s。,
 //           / /〈ニニ: : : : : : Y     V  ‐u‐  V ヽ‐ /: : : : ニs。,// | |__ノノ \


3479 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:24:45 ID:RM8trZB1
異文化だからそんなもんよね

3480 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:27:14 ID:iECJF0Hx
ローマの建築装飾はギリシャの影響が強いからなぁ


3482 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:29:00 ID:URht0BQG



                      __
                   <///////>,、
                 ///////////////\
                ィ'/////////////( )///ヽ
               ///////////////////////'         まあ、ギリシャの神々は
                  '///////////////////////ハ
               l////////////////////////,|         ローマの神々と近しいものなので
              |////////////////////////j
                   V//ニ=ミーr‐t-----ミV//////          ちょっと読み換えてそのまま使ってるという側面もあるんだがね。
               ∨jニ ヘ、ニ========ハ V////
              ..<: :乂ニニ≧'ニ==⊂ニ⊃=ハ V//人
          ..イ: : : : : : : lニニニニ=========ハ //リ: : :\   ___
     ____...:く: : : : : : : : : :込ニニニ========/ ミテ'´: : : : : :`ヾニニニ㍉、      君たちブルグント族は、どのような神々なのだ?
  ,x≦ニニ≧ : : : : : : : : : : : : : ニニニ=====/: : : j: : : : : : : : : : :ハニニニニニ.V
  仁ニニニニニ込: : : : : : : : : : : : |lニニ===/: :./: : ハV: : : : : >: : :}ニニニニニハ
 .ニニニニニニニニニY: : : : : : : : : : |l:`¨¨¨´: : :.イ: : /.:.∧V: :/: : : : :ノニニニニニニ|
  ニニニニニニニニニ|: : <: : : : : : :|l: : : : : : : : {|: :/.:.:.:.:ハ V: : : : : :.〈ニニニニニニニl
  ニニニニニニニニニ|: : : : : : : :ー-|lミ: : : : : : : :レ .:.:.:.:.:.:.り: : : : : : : : Vニニニニニ/
  ニニニニニニニニノ: : : : : : : : : : :\: : `: : :Y: : : : : : ://: : : : : : : : : :}: : : : : Y





                   \ー―‐――――.、
                  >:::::::::/:::::::::::/:::\
               __/::::::/:::::::::::/:::::::::::::::\_
                ⌒ヽ---z::::/|:r'" |/|::::::r┴‐
                   /::::://T..T   T..T:::::::\
                     /:::::イi|   ̄  l  ̄i:i:「  ̄       世界樹と、大神ヴォーダンだな。
              _  -----r|∧    _ _  }:i:i\
             ⌒>:i:i:i:i:i:i:i|ニ\___.ノ ̄ ̄         他の神々もいるが、枢要はこの2つだ。
               /:i:i:i:i:i:i:i/ヽニニ| l r―┤
             ⌒7:i:i/.: .: |≧=┴=≦.、
                / イ. : . : : |ニニ/ニニニ| ∧
               .: .|.: .:.:.: .::ニニ|(_)oニ=| ∨ト、      ___
               /:: . |.: .: .: .::ニニ|ニニ| ̄ ∧ ∧  /<>|
                /.: .:.:.|.: .: .: .::ニニ|ニニニニ∨ ∨ /<>/
             .__/.: .: .:.:|.: .: .: :.ニニ.|(_)oニニニ∧ /<>/
           /.:∧.: .: .: |.: .: .:.::ニニニ|ニニニニ/<>/
          /.: .:/.: |.: .: .::| . : .: :=ニニ|ニニニニ_| /∧∧
       ./.: .: :./.:.:.:|.: .: .::|.: .: .:..=ニ二|(_)o=ニニイ l. ∨∨\


3487 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:32:46 ID:URht0BQG



              、_ 、
                , ≦   ヽlレ フ
          //       \
             /             ハ
         /イ        :| |  :!
          ノ       ,∠| | ∧:|
         ⌒/,ィ     .(f_ | | ヽ ′        ブルグント族は100年以上前に故地を離れ
            ィキ   从! ! _/
           f二三三l  レ'-′          20年ちょっと前に今の土地に移り住みました。
           |三三三ハ f二=x
       , v==≦v、\.三≧iz:/⌒|
       ./  ∧   ハ: : \三ニ}___ト、         なので、元からの御神木はとうに逸失しているのですが
      ,  〈.i-〉  [fヽ_ : \-オ  |,」
    ,ィ个  ∨   )] }.}`Y: i-イ\_|、          最近故地を訪ねて、その地の枝を持ち帰り、御神木の枝として祀っています。
   /| |.ハ≧=y==≦´.//ニ.|: i!_,ィ\. i!
  ./ :| | : ∨_/===イ/三三三i|\\|
  /://: : : ∨___/_|/三三三ニ|  \_〉
 ,://: : : : : :Y三三ニ/三三三三|    |
 |'/ : : : : : : : |三三ニ{三三三ニニiト、_./i!
 |' : : : : : : : : |三三ニ|三三三三ニ!、_||_|






           ―――
        /         \
       /              \
.      /     / ニニニ\.    |
      /     // < \ \\.  |
     l     //    \_> /\\|
     |   //         /<_>.//      そうか、信仰を取り戻した、ということか。
    ∠ニニ./         /  //
___/    |   ―:v――:、 .//        異民族のことではあるが、それは慶事だと思う。
   /   / /     \ \ | /
        /       \ \          ・・・・・・私たちローマは、今失ってる最中だからね。
―――<         /  }
\     ヽ.      / / ∧ __
  |     |     / ∠_/  \  \


3505 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:38:45 ID:URht0BQG



                                ___
                             __ ヽ.:.:.:  /|
                          ,。s≦ニ=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:|
                        ,.:':. .:.:.:.:.:_,,-:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.s。,:.:.:≧s。,
                      //:.:.:.:, ':.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ
                      /:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽヽ,
                     /:.:.:.:., ':.:.:.:.:.:./:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.',ヽ
                    ,':.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:/:.:/;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:;:.:.:.:.::..;:.:.:', ヽ
                   , ':.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.,';:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.; ;:.:.;:.:.:.:.:.:.:;:.:.:.;
                 ,。s≦:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,';:.:.,' ;:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.;  ;:.;:.;:.:.:.:.:.:.;:.',:.:',          キリスト教ですね・・・・・
                   /:.:,'.:,':.:.:.:.:.:.:.:,' ;:.,'  ;:.:.:.:.:.:.:, ':.,'  ;:;',;:.:.:.:.:.:.;:.:.;:.:.',
                 , ':.:.,':.:,':.:.:.:.:.:.:.,',。s,'=≦;:.:.:.:.:, ' :.,'≧=s|,_',:.:.:.:.:.:;:.:.:;:.:.',
               ,。s≦ ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.-=,' 弐戈:.:.:., ' :,' 汽弐=-.',:.:.:.:.:;:.:.:.;:.:.:',         悪い物だとは思いませんが
                  ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,' `|¨¨¨´.;:.:   / `¨¨¨¨´ ;:.:.:.:.:;:.:.:.:;:.:.:.',
                  ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,'     ;/          ;:.:.:.:.:;:.:.:.:.;:.:.:.:',        やはり従来の信仰を持つ方には
                 ,':., ';:.;:.;:.:.:.:.:,' ',       l        ;:.:.:.:.;'l ,:.:.:;:.: ヽ',
                   ;:.;:.; ;:.:.:.;\',              /;:.:.;',:| ヽ:;ヽ  ヽ       良い思いはありませんか。
                 ls。,;.: ;: ;.:.:; ;.:.:.     _       /.:;;.:.; ;:   \
                 ',ニ≧。, ;:.:; ;.:.:.::.     r 、\   /.:; ;.:;  |   ,。sl
                  ',ニ: : : : :',|ニニ;:ニ..:|:.        ./:.:.:.;  |_ .,。s≦ニ,'
                  ',ニ: : : : : : : : : : ;.:; \ __ / : : : : : : : : : : : : :ニ,'
                   ',ニ: : : : : : : : :/ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ヽ: : : : : : : : :ニ,'
        ,。s≦〕 ̄ ̄ ̄/ヽ ',ニ: : : : :/: :/             .',: : : : : : : ニ,'
   ,。s≦¨¨  ヽ ニニ≧s。,/ヽ|/ニ: : : /: :/              |: : : : : : ニ,'  __
  / フ´          ) //ニ''´: : : 〈 / フネ‐- __     _.. 、ィハ: : : : :ニ,'  /⌒l |  ≧s。,
 //           / /〈ニニ: : : : : : Y     V  ‐u‐  V ヽ‐ /: : : : ニs。,// | |__ノノ \






                      _. -― ―- _
                  / ////////////\
                   ,イ////////////////ハ
                     ////////////////////ハ
                 i――――----、////////,!
                 {.! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i V///////!
                |.!r‐、::::::::r―‐;::::l l///////,!        人々の救いになる、という点では悪い物だとは言わんがね。
                     ll:: ̄:l:::::::: ̄´:::::::!.l//////リ
                  ';::::::::l:::::::::::::::::::::::',.V////,/
                   :::::::;:::::::::::::::::::::;:'>:..</}             だからと言ってローマの神々を捨て去り
                   :;:::i:::::::::::::::/::::::::::::::::Y
                     ,...ゝ::::::;:::イ:::::::::::::::::::;::::ヽ,、            神殿を破壊したり、信仰の火を消してしまうのは
              _,..イ'::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::',',:::...._
        _ -――- 、:::::::::::::',';::::::::::::、::::::::::::::::::::::;::l::::::::::::,';:::::::::::::...、- _     許しがたい行いだ。
    ,.<//////////ヽ::::::::ー:、、::::::::::ヽ::::::::::::::::;::::!::::_;:::ヽ、::::'":::::V///`ヽ
.   ,イ//////////////ハ::::::::::::ヽヽー‐__`ヽ::::::/_:::-―_}:::::::::::::V////ハ
  /////////////////ハ::/::::::::::: ̄ ̄::::::::::ー-=::::::: ̄::::::::::::::::::::::::V////ハ
. !//////////////////!'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/////
 l//////////////////j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::__:::::::::::::::::::::::::::V////
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

          ウェスタ神殿の永遠の炎が消されてすでに40年近くである。


   └──────────────────────────────―――┘


.

3520 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:45:39 ID:URht0BQG



           ―――
        /         \
       /              \
.      /     / ニニニ\.    |
      /     // < \ \\.  |
     l     //    \_> /\\|          私自身、父母や祖父母から神々の話を親しく聞いて育ったからね。
     |   //         /<_>.//
    ∠ニニ./         /  //            数百年に渡り灯されていた聖なる炎が
___/    |   ―:v――:、 .//
   /   / /     \ \ | /              私が生まれる少し前に消されてしまったと知り、
        /       \ \
―――<         /  }              物悲しくなったのを、今でも忘れはしない。
\     ヽ.      / / ∧ __
  |     |     / ∠_/  \  \





     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
     :::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::.
     :::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
     ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::/:i:i:i:i:/::::/::::..
     :::::::::::::::: /:i: ::::::/::::::/:i:i:i/::::/:::::::::::}
     :::::::::::::::/:i: :::/:::::::::/:i:/:::::::::::::::/:::/:{
     :::::|::::::/:i: ::::::::::/::/:::::::/://::: イ/:::::|
     :::::|:::/:i: :::::::/:::::: / ̄  〈/ l|:i|::::: |
     :::::|/:i:i :::/≧|:/=-- 、__/ }  l|:i|::::: |
     :::∥::::/:::.           _ノ ,ィli:|:::::∧        だが、今はまだマシなのだろう。
     、|八(:::::::::::. _____ }   .r ┤|/:i:i:
     :i\:::\::::::::: ̄ ̄「......ト     |丁:i:i:i:i:i:i:i.
     :i:i:i:i\:::\::::: ≧ L....ノ_    V:i:i:i:i:|\:i:.        マーリン帝は表向きキリスト教徒としているが
     :i:i:i:i:i:| \:::::::::.           \i:i:|   ヽ
     :i:i:i:i:i:|  \:::::.         イ:i:i:i:.          古き信仰を排斥せず、復興の動きすら見せているはずだ。
     、:i:i:i:i|    丶::.          /\:i:i:i.
     :i:\:i:           , ┐ /i:l  ⌒ヽ
     :i:|  \            ̄ /:i:i:|
     :i:|    _          ∧:i:i:|
     、」ニニ=- _≧=-   __/  \|
     ニニニニニニ=-   「┐
     ニニニニニニニニ}/〉
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

          現状の特大の歴史改変ポイント2つのうちの1つである。


   └──────────────────────────────―――┘



.

3529 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:49:03 ID:URht0BQG



                  _ -―-  _
               ,.</////////,>、
               ,イ///////////////ヽ
               ,'//////////////////i
                {'////////////// ,ニニヽ
               l/////////////l .!:r_、::Y
                 V///////////,l .l::::::::::{       そうだ、我らの父祖から受け継ぐ神々との暮らしを、
                 V//>-‐-</,j .l::::::::/
               (´-‐''" ̄`"‐-.ノ::::::;:         お守りくださっているお方だ。
              };:::::::::::::::::::::::::::::;ヽ/
              /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          ・・・・・・・ラヴェンナでは、君たちにも大変世話になった。
           /,ニ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニ 、
          _.,. {└―――――-----/,.':::::::::::::::..、        改めて礼を言わせてもら。
.     ,. <///::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"'''ー‐イ:::::::::::::::;::-' ''''''' - _
  ,.イ////, ':::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::////////////ヽ
  /////,/::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///////////////,ハ
 ,'/////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'/////////////////,i
 !////i::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////////////////,j
 l////l::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V///////,>''" ̄ ̄``、
. V///l::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/////::::::::::::::::::::::::::::;
  \/,l::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ///::::::::::::::::丶:::::::::::::i
    `':::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;`:{:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::'、
.      '::::::::::::::::::::::j::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,





      /.:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,'.:/  ',:;:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,'|.:.:.:.:.:.:.|:;:;.:.:| ',.:.:;
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;:;//‐/ャ。,_ ',,'.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: ',.:.:.:.:.:.:|:;:;.:.:.|. ',.:;
  _/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:/=/ォャs。, |.:.:.:.:.:.:.:.,.:'.:.,'。ャ',.:.:.:.:.:|:;:;.:.:.| ',.;
    ̄ ̄ ̄/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;/`¨|弋ツ´ |.:.:.:.:.:,.:'. ,':/弋ツ',.:.:.:.:|:;:;:;.:.|  'l
     ─/.:.:./.:.:.:.:.:.:イく ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:  レ    |.:.:.,.:' ; ,/    .;.:.:.:.|.:|',.:.:|  |
      ̄ ̄ ̄ /.:.:.:/ヽ__;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;      |/  ;     ,'',.:.:.|.,' ',.:.|        ありがたいお言葉ですが、
         /:.:/.:;:;:|:;:;.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;               ,':;:;..:.|,' .',.|
        /   :; ; |:;:;.:.|',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;               ,':;:;::;|,','  ;|         今日はその神々について、一つ相談があります。
            ;:  ;|',:;:;| .',.:.:.:.:.:.:.:.:.;          /    ,:'.:.:.:.:.:.;
         ,。sニニニニニ',.:|  ',.:.:.:.:.:.:.:.;         ___   ,' ;.:.:.:.:.;
      ≦,ニニニニニ>''´',|  ',.:.:.:.:.:.:.;      -‐ _   .,:'ニニ;.:.:.:.;
       ;ニニXニニs。,:::::::: `  .':.,.:.:.:.:.;\      _    ,.:':::::::` ;.:.:.;ニニs。,
       .;ニニニニニニニ≧s。,    ':.,.:.:;  ゚'* 。, ./ ` ‐く_:::::::::::::::;.:;:::ニニニニs。,                    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ',ニニニニニニニニニニ|    ヽ|    /       ',:::::::::::',|::::::::::〉ニニ/____                |     聞かせてもらおう。    >
        'ニニニニニニニニニニ|  ',   rs。./   /¨ ュ   ',-‐f::::::::::::/ニニ/⌒ ̄\ \__            ゝ_____________,ノ
        ',ニニニニニニニニ;ニ|   ',  ///  ‐‐=''^~´  \ .|  |:::::::::/ニニ/、\   \ \ \
\      /ニニニニニニニニニ;ニ|   ∨/ |            く¨  .|::::::/ニニ/;:;:ヽ \   \ \  \
  \,。sニニニニニニニニニニニニニニ|.   //.::.:| :;:|     ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  i|:::/ニニ/;:;:;:;:;:ヽ  |    |  |   \__
\  ヽニニニニニニニニニ ニニニニ',ニ',. //.::.::.:|  :|     _     |.  i|.:\ニニs。,;:;:;:;:⌒\  / /.     \\
  \ ヽニニニニニニニニ ニニニニニ,ニ':.,/.::.::.::.:|   :;      ̄ ̄‐‐|  ノ|::::::\ニニニs。,⌒\ ̄ /       \|
   \ ヽニニニニニニニニニニニニニ':.,ニ':.,.::.::.::|   :;        ;:;|ry| |:::::::::::\ニニニニ| |   ̄          \


3537 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:52:07 ID:URht0BQG



                    _
                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、
                 フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ          ~~~【作戦案説明】~~~というわけで
                ノ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i
                フ|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ハ
                  〕-=ニニニ=-く           直接水路を破壊する代わりに
                 〔ニニニニニニ=-/__
           / ̄く>ニニニニニニニ=./    |ヽ       一時的に水源を制圧して断水させようと考えます。
          / /⌒Yニニニニニニニニ=-|>〉  ヽ|',
         〔二二 乂ニニニニニニニニ=-',〈二≧s。,.i
          | /ニニニ|ニニニニニニニニ=-|\ニ=s。,./      どうかお力添えいただけないでしょうか?
          フニニニニイニニニニニニニニニ=-lニニ\ノ
        ∧ニニニ/ |ニニニニニニニニニ=-lニニニニ
        〈 |ニニニ   lニニニニニニニニニ=-レ⌒Yニ
        ∨:::ニニニ  .lニニニニニニニニニ=-l   |ニ
         ヽ:::ニニニ  フ==========豹 ノ::ニ
           ヽ:::::::: y┤      _ 朴:::::::ニ
             〉‐ 斗____,,. --=ニ ::::::ニ
              ヽノ/ニニニニニニニニ=- ::|ヽ::












                     _,,..........,,_
               , <////////> 、
               ,.イ'//////////////丶
           /////////////////,'ハ
              '///∠∠∠∠∠//////ハ
.            i/,l.l. ̄Τ ̄ ̄ ̄l.!//////!
          {/,l.lr- 、::::::r―ぅ:::!l//////|
             V,!|:: ̄::!::::: ̄´:::::l.l/////リ
              V.!:::::::::l:::::::::::::::::::l.!/////         【1D100:74】 高いほど激おこ
  __    _,....-::'l」::::::::::l::::::::::::::::::j、</ノ,
'"/////>:::::::::::::::::/'l:ヽ:::::::;:::::::::::::::/:::!::`ー-,-
//////::::::::::::::::::〃:l:::';\::l:::::::::;:イ::::/:::::://::::
/////':::::::::::::::::::::〃ヽ::::ヽ::` ̄::::::::::::':::::://:::::::


3539 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:52:23 ID:1E29aI1b
激おこやな

3540 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:52:55 ID:2uWyzszT
激おこやなぁ


3547 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:55:39 ID:URht0BQG





      ゝ   (_ (_   (_/ ̄ ̄ヽ ノ (    /
      (   ノ  ) /  l  ___ |\  )  ノ   }
         ) /  ̄ ̄ Y  .| | _|__,||   V{_人   ノ       ―――――セーヤ殿、私は君を友だと思っている。
      / /        )   `=| ⌒|´ ||.  |    l (    /
       ( |       |  || ゝ__|/||  |    |\)  (             きっとこうして相談してくれていることも
    _/ヽ∧      /  `||____||  |    /  |\ノ
  ∧ヽ    \__./     ̄ ̄厂    ゝ__/ / /|               君の善意からなのだろう。
  | | |\___/{       /    /  ̄厂 ̄  .|
  |ニ.人_>! へ  \___ノゝ__ /    |.     |
  |      |/\ \ _____/\    ヽ    /           だが、それは許容できない・・・・・!!!
  |      |.  \           /  ̄\    |   /
  ヽ.    〈     \.     /     \   |  ̄ |
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

         3/4越えなかったので辛うじて理性を保った


   └──────────────────────────────―――┘


.

3548 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:55:48 ID:YW03xCVD
まあそらな、割とアレな作戦なことは間違いないし


3558 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 22:57:03 ID:URht0BQG



                        _____
                       r ......................................\―‐ ミ
                       |......|......l|........ヽ .................丶.......\
                   /..|......l......l{............l............\.......\......\
                 /...八.......... l \.......、................l.......................\
                   /......./ \......|  \....\..........|....|.......l...............\
                  /......./――\|  ―‐\....\|........|.......|...........l ̄
            /........../lr === 、    r ===丶....|........l.......|...........|
             ̄ ̄ /....| (......)       (.......) ) |.................\.......\
              /.......|  ̄ ´ ノ     ̄ ̄   |..../ ⌒ヽ...........丶      【1D5:5】 行
                 / .../|     `         レ l ::}l |.............\
              / /l.....l                ノ ノ...........丶
                   ノ...∧    ̄           __/........\...\
             <............. 、          、ヽ l ヽ.............\丶
                  ̄ ̄ l\___  ≦  /--l 、........\
                   / |-\┬――‐ ≦ ----| \..........\


3560 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:57:14 ID:DpttS0Pv
おおっ

3561 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:57:21 ID:vdXM/usm
!?

3563 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 22:57:40 ID:mfPNQIE+
全力やんけ!


3578 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:02:00 ID:URht0BQG



                   \ー―‐――――.、
                  >:::::::::/:::::::::::/:::\
               __/::::::/:::::::::::/:::::::::::::::\_
                ⌒ヽ---z::::/|:r'" |/|::::::r┴‐
                   /::::://T..T   T..T:::::::\       神殿の鎮座する神域に蛮族が踏み込み
                     /:::::イi|   ̄  l  ̄i:i:「  ̄
              _  -----r|∧    _ _  }:i:i\         街を潤す聖なる水源を荒らす行いは許しがたい。
             ⌒>:i:i:i:i:i:i:i|ニ\___.ノ ̄ ̄
               /:i:i:i:i:i:i:i/ヽニニ| l r―┤
             ⌒7:i:i/.: .: |≧=┴=≦.、             ならば、蛮族が踏み込まなければいい。
                / イ. : . : : |ニニ/ニニニ| ∧
               .: .|.: .:.:.: .::ニニ|(_)oニ=| ∨ト、      ___     この場には、蛮族でもなければキリスト教徒でもない、
               /:: . |.: .: .: .::ニニ|ニニ| ̄ ∧ ∧  /<>|
                /.: .:.:.|.: .: .: .::ニニ|ニニニニ∨ ∨ /<>/      純正のローマ信仰の徒がいるのだから。
             .__/.: .: .:.:|.: .: .: :.ニニ.|(_)oニニニ∧ /<>/
           /.:∧.: .: .: |.: .: .:.::ニニニ|ニニニニ/<>/
          /.: .:/.: |.: .: .::| . : .: :=ニニ|ニニニニ_| /∧∧
       ./.: .: :./.:.:.:|.: .: .::|.: .: .:..=ニ二|(_)o=ニニイ l. ∨∨\











                      _. -― ―- _
                  / ////////////\
                   ,イ////////////////ハ
                     ////////////////////ハ
                 i――――----、////////,!
                 {.! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i V///////!
                |.!r‐、::::::::r―‐;::::l l///////,!
                     ll:: ̄:l:::::::: ̄´:::::::!.l//////リ          私に行けと?
                  ';::::::::l:::::::::::::::::::::::',.V////,/
                   :::::::;:::::::::::::::::::::;:'>:..</}
                   :;:::i:::::::::::::::/::::::::::::::::Y
                     ,...ゝ::::::;:::イ:::::::::::::::::::;::::ヽ,、
              _,..イ'::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::',',:::...._
        _ -――- 、:::::::::::::',';::::::::::::、::::::::::::::::::::::;::l::::::::::::,';:::::::::::::...、- _            -【5D10:20(3+8+4+2+3)】
    ,.<//////////ヽ::::::::ー:、、::::::::::ヽ::::::::::::::::;::::!::::_;:::ヽ、::::'":::::V///`ヽ
.   ,イ//////////////ハ::::::::::::ヽヽー‐__`ヽ::::::/_:::-―_}:::::::::::::V////ハ
  /////////////////ハ::/::::::::::: ̄ ̄::::::::::ー-=::::::: ̄::::::::::::::::::::::::V////ハ
. !//////////////////!'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/////
 l//////////////////j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::__:::::::::::::::::::::::::::V////
 l//////////////////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´ ̄_i;:::-::::::::::::::::::::::::::::::}////
. V>―-</////////::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::!////
. /:::::::::::::::::::::::\'/////::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/::::
/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::::
::::;:::::::::::::::/::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::
:/:::::::::::;::'::::::::::::::::::;::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`:::::_:::::::::::::::::::;:'::/:::::::::
:::::::::::;:::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::>-::::_:::::::::::_;:::::-‐'":::::::::::i:::::::::::::::::ー::'"j:::;:::::::::::::
::::::::/::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::-::、}::-::_:::::;:::::::::':::::::::::::::::


3579 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:02:41 ID:DpttS0Pv
若干腐った

3580 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:02:56 ID:RM8trZB1
54か、微妙なところだ

3585 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:04:08 ID:0F+n7GmL
怒りも若干落ち着いた感じかな

3586 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:04:19 ID:kClspAvf
半キレだけど効果的なのは理解してるかな

3582 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:03:35 ID:1uUiKUiT
怒りは少しは収まったか・・・でもまだ高い。

それはそうとギユーさん最大値出したからこれから口数1増えるだろうか?


3584 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:04:03 ID:URht0BQG
>>3582
その発想は無かった・・・・・

3588 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:05:47 ID:ac2oNxps
口数成長は草


3591 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:06:29 ID:URht0BQG



                      _,,,..............,,_
                     ,.</////////>、
                    ////////////////,ヽ
                        '/////////////////ハ
                      '/////////////==、///,}
                   i'////////////.'::_::::::: ̄T
                    l'///////////.'::::`:..、ヽ:::ノ          確かに、蛮族の手で為すよりは私の手で下すのが
                  l//////////,'::::::::::::::::´::'
                   V/////>イ:::::::::::::::::::::/            神々にも申し訳が立とう。
                ,. -ノー‐ '''":::::::ト:::::::::::::::::/
                /::::-::.._- _:::::::::::::l::::::>::::::;:'                だが、いかに作戦のためといえ神殿を・・・・・
             ,. -━━-- 、:::::::::> 、 ::::::::';::::::::{- 、
.         ////////////,\::::::::::::>:... 、:::::j.〉'/,\
.        /////////////////ヽ:::`:ー-:::::::.._.ィ:\/ハ
      ,'//////////////////ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/}
.      {'///////////////////,}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
        V//////////////////,リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':.
      /∨////////////////,ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     / i.\//////////////,イ:::ー-::::::::::::::::::::::::::::::::::-_}
    ,::::::::j:::::::`<///////>'"、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐:::ノ
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

             安価 あと5の分なんか説得を一人2行まで

                  23:13まで


   └──────────────────────────────―――┘


.

折りたたみ3592 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:06:46 ID:vgjE+XtH
ギユーさんの口数は増えても軍事限定だから・・・

3594 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:07:00 ID:TbFuaJK0
つうか、向こうはローマを裏切った奴だから神聖なローマの水を使うのは許しがたいことだと思う(過激派

3596 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:08:26 ID:d/GOuMIW
ビルスは西ローマに反旗を翻した身、引いてはローマの神々に背いた者
彼らに水を与えないというのは神の意に沿うものとはならないでしょうか

3597 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:08:34 ID:NPIIuEo8
だが、まごまごしていれば東の阿呆どもがここか、本土に押し寄せてこよう
そうなればローマの伝統も文化も命も、なによりマーリン帝の命が失われてしまうやも知れん。

3598 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:08:47 ID:1c9j6T9G
この戦いはローマの栄光を取り戻す戦です
神々の御心もローマのあの栄光を望んでおられるのでは?

3599 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:09:09 ID:f6Cnd2sB
ここで万が一にでも負けてビルスとヴァンダル族の跳梁を許す事になると、どうなる?
神殿は遠くない内に蛮族に荒らされる事だろう

3600 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:09:19 ID:iSIs7BJE
裏切り者を征伐する正義の戦だから、神々も赦してくれるでしょう云々

3601 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:09:26 ID:ac2oNxps
兵の命を預かる将である以上、彼らの犠牲を最小限にすることに努力するのは義務だから・・・

3602 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:09:46 ID:1oDUcjpD
このままビルスを生かしてると東ローマがやって来て
カトリックを更に広めて余計に神々の威光に傷が付きますよ……(囁き)

3603 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:04 ID:I3asa0Aw
一杯神殿建築するから許して?する

3604 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:05 ID:WqDEwomP
ローマの神に勝利を祈願し力添えをいただくとは考えられませんか?
水の神ネプトゥースは流れを司ると聞きます

3605 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:06 ID:TbFuaJK0
作戦のためとはいえこのまま互いに長期的に戦ったら双方被害が及びさらに守るべき市民も被害が拡大してしまう
一時的に水を止め心理的負担をかけることで短期に戦争を終わらせ被害が少なくなると考えている

3607 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:09 ID:Fti+/fNv
ローマと敵対しているビルスが本当にローマの神々を敬ってはいないだろう。
この地をローマに取り戻すことこそ神々に申し訳が立つ

3608 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:37 ID:hIgK6bvt
このままではヴァンダル族は暴れるぞ
神々の愛したローマの民が死ぬ、それは本懐ですか?

3609 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:41 ID:danrOaQo
ここで早期決着できなければ東ローマの介入を招く。それは即ちキリスト教の影響がさらに強まるという事ではないでしょうか
信仰を守るためにも、聖域に足を踏み入れる必要もあるのだと思います

3610 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:47 ID:1E29aI1b
早くけりつけねばヴァンダル族も暴れましょう東ローマがやって来るやもしれませぬ
その時にキリストによった東ローマが神殿を如何様に扱うか

3611 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:59 ID:Z45kh2x+
部下の命を預かるものとして兵の被害を最小限にとどめる事に努めたい
そしてこれは破壊行動ではなく神殿の改装工事と考えませんか、より立派に作り替えましょうかのローマ工兵ならできますよね

3612 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:11 ID:DpttS0Pv
此処を如何に綺麗に攻略するかは西ローマ帝国の命運を左右しかねないのではないでしょうか。

3613 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:14 ID:I3asa0Aw
神聖なくじで引いて決める(細工済み)、適当に吉兆を見つけてご神意じゃ!する

3614 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:27 ID:mfPNQIE+
長期にわたってこの地を戦で荒らすのは神々の意に沿うことではないはず
仮にでも水源を抑えることはいいことではないが、それで被害を少なくできると考える

3615 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:30 ID:kBJaiDsi
カルタゴに住まい水道の恩恵を受けし民はローマの神々を信仰していないのではないか?
その民を放置することはキリスト教の布教に荷担するも同義

3616 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:35 ID:RJC+YyMq
水道は壊したくないので水源を抑え、水止めをして貰えるよう説得してもらえないだろうか

3617 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:45 ID:RABT0ZR4
下手をすれば神殿だけでは無いのかも知れないのです
それに自ら手を下した方がどこを治せば良いのかも分かりやすくなるでしょう

3619 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:11:50 ID:R/rsGm/W
盟神探湯でもやって吉兆を占うか

3620 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:12:00 ID:wKrwlQsj
占領後に神殿を立て直すのだ
キリスト教に負けない程の規模でな

3621 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:12:02 ID:I3asa0Aw
いっそ神官やデルフォイの神託に聞く

3622 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:12:29 ID:LRkF2x2T
信仰する人がいてこその神殿ですヴァンダルに居てもらっては神殿も近いうちに略奪にあうでしょ?
水が出なくなればカルタゴの民も神をあがめることになるよ

3623 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:12:34 ID:hIsMO++/
ついでにこの機にメンテナンスもやろう全部いろいろとっ変えてたら数日使えなくなるのも仕方ないよなあ!
あくまでこれは点検だからもっと長く使うためのメンテナンスだから!


3631 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:17:41 ID:URht0BQG



                                         >>3599  >>3610  >>3622

3599 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:09:09 ID:f6Cnd2sB
ここで万が一にでも負けてビルスとヴァンダル族の跳梁を許す事になると、どうなる?
神殿は遠くない内に蛮族に荒らされる事だろう

3610 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:10:47 ID:1E29aI1b
早くけりつけねばヴァンダル族も暴れましょう東ローマがやって来るやもしれませぬ
その時にキリストによった東ローマが神殿を如何様に扱うか

3622 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:12:29 ID:LRkF2x2T
信仰する人がいてこその神殿ですヴァンダルに居てもらっては神殿も近いうちに略奪にあうでしょ?
水が出なくなればカルタゴの民も神をあがめることになるよ



                           ̄~^'' 、 |
                         -‐……‐-\|:〉__
                    _、-''^~ ̄::::::::::/^::::<⌒
                   /:::::::::::/:::::::/::::::::::|::::::::\
                  //:::::/::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::\
                 /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::. \
                   / /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    /::/ :::::::::::::: /:|:::::::::::::::::::::::::::::::::\|
                /::/ :::::::::::::: / |::::::::::/::/|::| ::::: |:::::: \         こう言ってはなんですが、俺達はともかく
                 /:::/::::::::| ::: 7‐- | ::::::/ -‐|::||:::|:::: ̄ ̄
                 ̄/::::::::: | :::: ` ̄ | :: /|/ ̄|√|:::::|::::::\          ヴァンダル族がこの地に至れば
                    / -‐''" |: ∧   |/      /|:::::|Τ| ̄
                  /|/ :∧     '   /: |:::::|Λ|            何をすると思いますか?
                  /ニ.|:::/ニ.\ ⊂ニ⊃ /V:|:::/\
                  / ニニ|/二 |  \_/ |:.:|/ 二\
         _  -=( ̄ ̄\二二二|-/ ̄\__/ ̄∨ ニニ/ ___
.        /      ̄ ̄| \ニニ|/              |二二/_|_)   ニ=- _
     /         _____|二/ニニ|.\         /|ニニ/ニニ|           \
.     /        (__|ニ/ニニ-|   \___/   |二 \ニ|___
    |            /Λ〈ニニニ|          |ニニニ\    )        |
    |        /   |ニ∨二ニ|.\         /|ニニニニ/  /       |
    |   / ̄ ̄   /.ニニ∨ニ.|   \___/   |二二/ニ|   \__    |
    └┬     __/二二二∨ニ|        |      |ニ /ニニニ\      \  |






                        ―――
             /:::::::::::::::::::::::::::::::| \   \人_人_人
             /:::::::::::::::::::〈 ̄ ̄ ̄    ヽ. _〉
           /:::::::::::::::::::::::::〉          | \   ヴ
             /:::::::::::::へ:::::::/         | _〉   ァ
          /:::::::::::/ へ \|         | \   ン
         |:::::::::::/ / ::::: \ 二二二 |    | _〉   ダ
         |::::::::/ /:TニX::::/  ̄ ̄ | |    | \   ル
         |::: / /:::/   |:::/ イニT | | U. / _〉  .族
         | / /::::/   |/       | |  /  \  !?
          l二/::: 〈    /      | |. /    〉
      /   |:::::::::〉        ./| |/、  / ̄V ̄V ̄
  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     / ゝ] \
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

                      クリティカル


   └──────────────────────────────―――┘



.

3635 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:18:47 ID:hIgK6bvt
えっ思いつかないンスか
真っ先に懸念する項目だと思ったんだけど


3645 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:23:08 ID:URht0BQG
>>3635
戦場から離れたクッソ山奥なんで、戦いを考慮している今だと意識の外

3646 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:24:22 ID:URht0BQG



.      / /:.:.:/:.::.:/:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:\
.      / /:.:.:/:.::.:/:.::.::.::.::.::.::.::.:.:/:.::.::.::.::.::.::.::.::.:: /:.::.::.::.::.::.::.::.::\
   / /:.:.:/:.::.:/ :.::.::.::.::.::.::.::.:.: / :.::.::.::.::.::.::.::.::.::/:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: \
      /:.::.:.: / :.::.::.::.::.::.::.::.:: / :.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:/:.:|:.::.::.::.::.::.::.::.::.::',--\
      /:.::.::.::.::/:.::.::.::.::.::.::.::.::__| :.::.::.::.::.::.::.::.:.:/Λ|:|:.::.::.::.::.:.:|:.:.:|:.::',
.   / :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: ∠__|:.::.::.::.::.::.::.::.::/,__|:|:.::.::.::.::.:.:|:.:.:| :: |
 /:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: \灯苅ド:.::.::.::.::.::.:.:/__|:| ̄.::.::.:.: |:.:.:| :: |
.  ̄ ̄/:.::.::.:.:/:.::.::.::.::.::.:.:/    ̄ ̄|:.::.::.::.::.:/|/'^灯苅^\ :.::.::.: |:.:.:|へ|      神域に踏み込む不敬は重々承知ではあります。
  /― /:.:.:/:.:/ :.::.:.: /     |:.::.::.::/| |    ̄ ̄| ̄|:.::.::.::.::.::.:|  |
     厶:.:// :.::.::.:.: /         |:.:: / |        |:.::.:.:/|:.::.:|
      /:.::.:: |:.::.::.:: /       |/  |        | :: /: |:.:.:          ですが、もしこの戦いに敗北して
.      厶イ :.:|:.::.:: Λ              ′       / | :/ :: | :/
.        |/| | :.: /                      / : |/:.::.:.:|/           ヴァンダル族の跳梁を許せば
    -=ニニ| | ::/ | 人        _     _       /:.::.::.::.:.:/
 |ニニニニニ| |:/ : |.   \    ´  ⌒ `    /:.::.::.::.:.:/              神殿は掠奪され、破壊される可能性が高い。
 |ニニニニニ|:/ :.:: |     \           /:.:Λ|:.::.:.:/
 |ニニニニニ|:.::.::.:/         \      / Λ/___| :: /____
 |ニニニニニ| :.: /            \ __/  /ニニニ| :/ニニニニニ/
 |ニニニニニ|:: /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^ ~、、: : : : |/: : : : : :./二/
 ∨ 二二二 |:/  ///                 ``~、、:. : : : :./二/
-ニ∨ ニニ二 |.  ///                      | : : : : /二/
ニニ∨-ニ二 | ////                  | : : : /二/    __ __
二二∨二二/ ̄\//                    | : : /二/    /⌒\ `\   \
-二二∨-ニ|    \                       | : /二/ \/       |  |     \
二二二∨ニ|     \                 /∨ニ/二二\     |  |     \






                __
              /::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::}__
           __.|::::::r======V ―  |          そう、だな。
    __  /||  |::::::|| Tニl |lニ{_l    |__
  /::::::::::::::::::〈  ヽ  |::::::||u  | | 〉  〈::::::::::::\      神域をお守りするためならば
 /:::::::::::::::::::::::::\  ||..\ ト、  / \.|――|::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. ||    /\   |   |::::::::::::::::::\    一時の断水を願い奉るもやむなしか。
|::::::::::::::::::::::::::::――v ||  /    \./| ̄ ̄ \::::::::::::::::|
|:::::::::::::/   / ̄ ̄       / .|     \ ̄ ̄V
\::::::/   //         /   |       \ ',
  V   / /        /|    |        |ヽ|
   ト、. |ニニ||     /  |    \       / /
   \ヽ|.   ||___/  /\__  \.二二二.|/
    \ニニ||      __      /| |.   |
      \      {__人__ }  /   ̄ ̄ ̄


3650 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:26:02 ID:ac2oNxps
全部終わったらごめんなさいの供物とか神殿に奉納すっから!

3651 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:26:59 ID:Z45kh2x+
おっとこの論理で行くとビルスくんローマの神敵に格上げか


3656 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:28:28 ID:URht0BQG



                           ,. -――‐- 、
                          ,イ///////////ヽ
                       //////////////ハ
                           '////////////////i
                       i////////////////,!         ありがとう、セーヤ殿、ギユー殿。
                      l/,l.rー- 二二 -ーi i/|
                           |/|.{:::r‐-、:i:::;:-‐;::::!.l/!          こうして話を持ち掛けてくれたのは
                          Vj.j::::: ̄::::l:::: ̄::::::l.l'リ
                      ゝ'、:::::::::::::;::::::::::::::ハ'/          私が古き神々を信仰していることを承知してのことだね?
       _  -―-  _.         ...::r‐;-j:::,::::::::::l:::::::::::/:::i-、 、_         ___
      ,.<//////////>、  ,.::'::::::::l .l:::;:::::ヽ::::::l:::::::::'::::::::';::! .l:::::-.._  ,.<'//////,> 、
   ,イ//////////////ハ::'"::::::::::::::! .!:ノ:::';::::`:―::´;::::::::;::V! .l:::::::::::>〈'////////////,\
.   //////////////////,}::::;:::::::-‐:l !::::::::ヽ:::::::::::/:::::::::'::::::l !:-:::::::::::、V//////////////ヽ
  { /////////////////リ;:イ::::::::::´:l_ー_------___‐'__l:::ー-::::::::V//////////////ハ     そして、神域の守護という大義をくれたことも。
  ∨'////////////////:':::::-::::: ̄:::::::::‐-::::::::::`::´::::::::-―::::::::::::::::::::::::::∨//////////////,}
   /∨//////////////::/:::´::::::::::::::::::::::::::::::`:::Y::´::::::::::::::::::::::::::::‐::::::::::::V/////////////〈      その心遣い、重ね重ね痛み入る。
.  /:::::∨////////////:'"::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::!ヽ////////////::ヽ
 ,::::::::::::`マ///////>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::!:-―::::::::::::::::::::::::::::―::::::';::::`'</////>'::::::::::',
. ::::::/::::::::::::`"ー''"´::/:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::;::::::::::::` ̄´::::::::::::::ヽ::
.;::::::{::::::::::::::::::::::::::::::;:'::j:::::::::ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::::::::i、:::::::::::::::::::::::::::::::}::::::}
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

                  グッドコミュニケーション


   └──────────────────────────────―――┘


.

3667 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:32:05 ID:URht0BQG





































                  __
                      /:::::::::::::\----ミ___
                 /::::::::/::::::::::::::::::::::\:::::::::::\
                   /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::\
               /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
          __//::::::::/ ::| :::::::::::::::::::::: / ::::::::: |::::::::::::::::..|
             \:::::::::/::::::::/ ::: |::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::|:::::::::::|:::::::\
             \:::::::::::/:::::::::| :::: /:| ::::::/:::::::::::::::: |:::::::::::|:::::::::::::\
                /::::::::/:::::::::/|::: / | :: /::\ :::::::::/:::::::::: |::::::〈 ̄ ̄
            /::::::::/ :::::::/ ̄:/\:| :// ̄\::∧:::::::::: |::::::::::.          それでは、早速だが派遣する部隊についてだ。
          /::::::::/ :::::::/_j/___ |/ _____|:::::::::: |::::::::: |
            ⌒\ :/ :::::::/|  乂;;;ノ     乂;;;;ノ ノ|:::::::::: |::::::::: |
                /:::::::::/: :.      、          |::::::::: 八:::::: |           ローマの信徒が願い奉るという体を取る以上、
            | ::::: / : 八                |::::::::/::::::\(\
            |:::: /|:::/:::: \    - 、     /| :: /:::::::::⌒\::>         リトリウス殿か、誰ぞ高官を派遣せねばなるまいが
            | :/ :/ |:::::::/ \       イ__|:::/ ::::::::::::::::::: \
              /    ::/  |:/>--<____〕:\::::::::::::::::::::::: \        水源である以上敵が守備兵を置いたり
                    /:i:i:i| | |:::::::::::::::::/ /⌒\:::::::::::::::::::(⌒
                    /:i:i:i:i:i/ ̄:::::::::::::: ∧_/__/\:::::::::::::::\        奪還の兵を差し向ける可能性もある。
                   /:i:i:i:i:i:i:/::〇::::::::::::::/ /\___\/>ー<⌒
                   /:i:i:i:i:i:i:i:i/::::/ :::::::::: _/__/ 〉 / _∧     | \
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::/ ::::::::::://   \_/__,,/  \___∧
                 /:i:i:i/i:i:i:i: /::::/::::::::::::::::/\__//\   \ /   / ∧
.               /:i:i:i/i:i:i:i /:::::/〇 ::::::: ∧  / /  / ̄ ̄/ ̄ ̄ //∧
              ∧:i:/i:i:i:i /:::::::::::::::::::::::::厂\_/\_/ / ̄ /   /___|
              /:i:i∨:i:i:i /:::::::::::::::::::::::::::| ̄ /\__\__,/_/.|  |  |
.            /:i:i:i/:i:i:i:i: |:::::::::::|::::::::::::::::|__,/  /   /\  |  :|_|_|





                        ―――
             /:::::::::::::::::::::::::::::::| \
             /:::::::::::::::::::〈 ̄ ̄ ̄    ヽ.
           /:::::::::::::::::::::::::〉          |
             /:::::::::::::へ:::::::/         |
          /:::::::::::/ へ \|         |        お、おう
         |:::::::::::/ / ::::: \ 二二二 |    |
         |::::::::/ /:TニX::::/  ̄ ̄ | |    |
         |::: / /:::/   |:::/ イニT | | U. /
         | / /::::/   |/       | |  /
          l二/::: 〈    /      | |. /
      /   |:::::::::〉        ./| |/、
  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     / ゝ] \
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

                 安定のギユー節は死なない


   └──────────────────────────────―――┘


.

3671 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:34:19 ID:ac2oNxps
ギユーさんw

3673 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:34:51 ID:ALTi8unJ
これだから通訳が外せないんだよなあw


3677 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:36:56 ID:URht0BQG



              、_ 、
                , ≦   ヽlレ フ
          //       \
             /             ハ
         /イ        :| |  :!
          ノ       ,∠| | ∧:|         重要な攻略ポイントですが、多くの兵を割くわけにもいきません。
         ⌒/,ィ     .(f_ | | ヽ ′
            ィキ   从! ! _/           そこで、ウチの傘下に山岳戦に長けた部隊がいますので
           f二三三l  レ'-′
           |三三三ハ f二=x
       , v==≦v、\.三≧iz:/⌒|
       ./  ∧   ハ: : \三ニ}___ト、          それをお貸しできるのですが、いかがでしょう?
      ,  〈.i-〉  [fヽ_ : \-オ  |,」
    ,ィ个  ∨   )] }.}`Y: i-イ\_|、
   /| |.ハ≧=y==≦´.//ニ.|: i!_,ィ\. i!
  ./ :| | : ∨_/===イ/三三三i|\\|
  /://: : : ∨___/_|/三三三ニ|  \_〉
 ,://: : : : : :Y三三ニ/三三三三|    |
 |'/ : : : : : : : |三三ニ{三三三ニニiト、_./i!
 |' : : : : : : : : |三三ニ|三三三三ニ!、_||_|





           /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::/ :::\
         /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::/::::::::::/|::::::::::/:::::::::::::\
        ⌒\/::::/:::::::::::::::::::/ ::/:::::::::::::/_/:::::::/  |::::/ ∨::::::::|:: \
           /:::::::/ ::::::::::::::::::::::::: /:::::::: / :/::::/ ̄\/  厂::::::::::|:/⌒\
          /::::::::::/::::::::::::| :::::::::::: / ::: /:(¨¨て灰㌻㍉    .ィタ^:::::::::::|
       ――― ::/ :::::::::::::|:::::::::::::/:::/ ::::::.、  ⌒¨´       (  |:::::::::: |        こちらからも重々言い含めておく。
        \::::/ :::::::::::::: |:::::::::::::/::::::::::::::: \          ヽ厂\:::|
          /::/::::::::::::::::::::|:::::::/::::::::::::::::::::::::::: \      -//   \        無闇に神域を荒らすことはさせん。
        ⌒/:::::::::/ ::::: |:/:::::::::\::::::::::::〈 ̄ ̄     _  - ∧
         /:::::::::/:::::::::::::/::::::::∧:::::|:\:::::::::::.         /::::::.
.      /:::::::::/:::::/::::::/::::::: /__ ::: |   \:::::::ニ- _      / \:::.         ローマ軍の指示に従うよう、目付も帯同させる。
.     /:::::::::/:::::/:::::::::/::::::/二ニ=- _  \::(___7¨´   \
    /::::::: /:::::/::::::::::::/:::/二ニニニニニニ=-\__∥
.  /:::::::::::::: /:::::::::::::::: /ニニニニニニニニニニニニ|L
.  ,::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ニニニニニニニニニニニニニ\\
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

           リトリウス隊の隊長に、山先見+目付を貸し出します。


            持っててよかったスイス山岳猟兵(の御先祖)


   └──────────────────────────────―――┘



.

3686 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:41:32 ID:URht0BQG




         ――― 、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::┌=====ii
   l::::::::::::::::::| | lニニl | lニl||        山岳の民か。 君たちが言い含めてくれるのなら、信用しよう。
   |::::::::::::::::::| |     |  ||
   |::::::::::::::::::| |     |  ||         私の部下で信用できる者(モブ)を付けるから
   |:::::::::::::/|.     | / __
   レ.ィ ̄  `:‐‐、...__|_//::::::::::::::::\    後ほど面通しもしておくか。
   /  _ /  ̄ /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  / /  ̄    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  |/       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           _
            \\
             \\              , -ミ
               \\           /  /\     ==ァ
               {ハ ^\,.ィrォ<^>-<__彡' /}   __/斗-‐ュ
         /、 ー---Vム-〈 / }::乂_ヽ  {  {_/ _/斗<     |
         {:::::ヘ    Vム_辷::○コノ-‐ァ二 -=ニ   {  }__,,.. -t彡
         ゝ(ヽ\   Vム  ≧=|‐  ̄|    _」-‐= ̄ ̄   | |
     r-‐…、ー∨∧二>-Vム ̄  .|_  :|/ (\/>-ミ ヽ     ̄
      { === \_∨∧__/ ̄||二圦 ィ〈::ヽ`'く_ノ/。s==s。`ヽ
゚。    ∨====  〉∨∧{  /二二ヽ'ノ○ーュ /ア ∠ニニニニム Y
∧    ∨=== / /∨∧ー{ Y⌒Y :}└ュ__r彡-く/    寸ニリ }
 ム-、   .}  _/ /{ ∨∧ ゝ弋_,ノ/^ヽ\    \  _,,..。LLLL_              「「「よろしくニキー!!」」」
ノ ノヘ  |γノノ\>‐∨∧-ミ ̄〈〉く/ヽ 〉    /      `ヽ、
//ヘ ゚。..|_ム ̄  ',   ∨∧ 。oァァ<_ノノ__  / ∠二二≧s。  \
 Vム ∨>'´ゝ  _ノ   ∨ ア__/ /   \_}//⌒i二二ニア^Yニ\  ヽ
、__彡ヘ \/ 〉'´ } 。o≦Ⅵ 厂∨__。o≦//__ノ   /  ハニニム
  ゚。  \  ヽ{  /  ,.イ ノノf⌒Yコ//^/ /  /  /{_/ ∨>┐ }
  〈\_彡   ゚。 ′/ ノ-弋ニ_ゝ-'/‐/  / ∧__ノ /{  /  ィi「  /  ′
 / xく     Ⅵ__{-ゝ--{ {>< ̄ {   /イ  ,ハ  ゝ/-‐/´ リー// /
'"/ \\   /  ̄マニニニ/   ``r‐‐{ {二 ̄ 弋/| / >'/ニ/-‐ァ
'" ,イ^つV^ヽ'´      ̄ ``~、、匸l .圦 >s。   ゝ二ア/ 〈  〈,.イ
/ 厂\ {__}             `ヽ/   \_,ヘ、\><二ア/
 厂\ 〉(_ノ    __        {``~、、//   ><_,..'
〈^\ \   }   // ̄ ̄\       ≧s。 二二>''´  厂/ヽ`ヽ、
、\_>く /{_/ / ,----、 \          / /    //  }  ヽ
 \/ー'´   Vム/ / __∧   ̄ア⌒'<二二〉/___/ .:  /   ハ
   \_\/ {   /{ ヽ/ .∧   //´ ̄ヽヽ  ー''´ ̄    / ̄{
    { {{、  弋___/ }     ∧ 弋',   ノリ    。o==ァ , ----、   }
     }ー\\__ノ^灯      ハ   ≧=≦_,。s彡 >''´ ̄\     \  |
     ゝ   ヽ ヽ | ̄ヽ     /二≧s。 ̄  / ∠\     ト、     Ⅵ
      \_}_ソ}   `ー─'    マヘ二ニ=-‐'' / } ',   } `ヽ、 / 〉
           ゚。__/       \___/  { ∧  ノ    \/
            ゝ  {              /^≧=≦       }
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

      現地の水源制圧のために最適な部隊を用意して連れてくる同盟蛮族国。

                 これぞまさに神算鬼謀の知将(棒)


   └──────────────────────────────―――┘



.

3687 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:42:55 ID:TbFuaJK0
(とりあえず連れてきたとはいえねえ・・・)

3691 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:44:36 ID:RM8trZB1
(試験運用のつもりで連れてきただけなのに……!)


3697 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:46:27 ID:URht0BQG



                                ___
                             __ ヽ.:.:.:  /|
                          ,。s≦ニ=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:|
                        ,.:':. .:.:.:.:.:_,,-:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.s。,:.:.:≧s。,
                      //:.:.:.:, ':.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:. ヽ
                      /:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽヽ,
                     /:.:.:.:., ':.:.:.:.:.:./:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.',ヽ
                    ,':.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:/:.:/;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:;:.:.:.:.::..;:.:.:', ヽ
                   , ':.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.,';:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.; ;:.:.;:.:.:.:.:.:.:;:.:.:.;
                 ,。s≦:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,';:.:.,' ;:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.;  ;:.;:.;:.:.:.:.:.:.;:.',:.:',
                   /:.:,'.:,':.:.:.:.:.:.:.:,' ;:.,'  ;:.:.:.:.:.:.:, ':.,'  ;:;',;:.:.:.:.:.:.;:.:.;:.:.',        それでは、後はこう、
                 , ':.:.,':.:,':.:.:.:.:.:.:.,',。s,'=≦;:.:.:.:.:, ' :.,'≧=s|,_',:.:.:.:.:.:;:.:.:;:.:.',
               ,。s≦ ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.-=,' 弐戈:.:.:., ' :,' 汽弐=-.',:.:.:.:.:;:.:.:.;:.:.:',      『蛮族兵が水道橋を破壊しようとしたところを
                  ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,' `|¨¨¨´.;:.:   / `¨¨¨¨´ ;:.:.:.:.:;:.:.:.:;:.:.:.',
                  ,':.:.,':.:.:.:.:.:.:.:,'     ;/          ;:.:.:.:.:;:.:.:.:.;:.:.:.:',      敬虔な信徒リトリウス将軍が押し止め、
                 ,':., ';:.;:.;:.:.:.:.:,' ',       l        ;:.:.:.:.;'l ,:.:.:;:.: ヽ',
                   ;:.;:.; ;:.:.:.;\',              /;:.:.;',:| ヽ:;ヽ  ヽ     水の神殿にて一時の断水を願い奉ったのだ』
                 ls。,;.: ;: ;.:.:; ;.:.:.     _       /.:;;.:.; ;:   \
                 ',ニ≧。, ;:.:; ;.:.:.::.     r 、\   /.:; ;.:;  |   ,。sl
                  ',ニ: : : : :',|ニニ;:ニ..:|:.        ./:.:.:.;  |_ .,。s≦ニ,'        ―――――的なカバーストーリーで…
                  ',ニ: : : : : : : : : : ;.:; \ __ / : : : : : : : : : : : : :ニ,'
                   ',ニ: : : : : : : : :/ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ヽ: : : : : : : : :ニ,'
        ,。s≦〕 ̄ ̄ ̄/ヽ ',ニ: : : : :/: :/             .',: : : : : : : ニ,'
   ,。s≦¨¨  ヽ ニニ≧s。,/ヽ|/ニ: : : /: :/              |: : : : : : ニ,'  __
  / フ´          ) //ニ''´: : : 〈 / フネ‐- __     _.. 、ィハ: : : : :ニ,'  /⌒l |  ≧s。,
 //           / /〈ニニ: : : : : : Y     V  ‐u‐  V ヽ‐ /: : : : ニs。,// | |__ノノ \






                __
              /::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::}__
           __.|::::::r======V ―  |          それはさすがに恥ずかしいのと
    __  /||  |::::::|| Tニl |lニ{_l    |__
  /::::::::::::::::::〈  ヽ  |::::::||u  | | 〉  〈::::::::::::\      悪ど過ぎるから、ナシの方向で
 /:::::::::::::::::::::::::\  ||..\ ト、  / \.|――|::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. ||    /\   |   |::::::::::::::::::\
|::::::::::::::::::::::::::::――v ||  /    \./| ̄ ̄ \::::::::::::::::|
|:::::::::::::/   / ̄ ̄       / .|     \ ̄ ̄V
\::::::/   //         /   |       \ ',
  V   / /        /|    |        |ヽ|
   ト、. |ニニ||     /  |    \       / /
   \ヽ|.   ||___/  /\__  \.二二二.|/
    \ニニ||      __      /| |.   |
      \      {__人__ }  /   ̄ ̄ ̄
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

         なお、セーヤが何もしなくても勝手に参加した兵が吹聴する。


   └──────────────────────────────―――┘



.

3701 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:48:22 ID:ac2oNxps
勝手に吹聴されるのか、リトリウスさんガンバw

3702 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:48:57 ID:kClspAvf
蛮族という認識を逆手に取った作戦

3703 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:49:09 ID:danrOaQo
リトリウスさん、この作戦が成功したら勲一等ですよ!
マジな話、リトリウスさんも早い所出世してもらわないと方面指揮官がいないw



3696 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/24(日) 23:46:23 ID:1uUiKUiT
モブガイウス、モブオルテガウス、モブマシウスかな?


3709 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:52:10 ID:URht0BQG




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
_丿: : : : : : : : : : : : : : : /             \: : : : : : : : i: :ヽ
〉: : : : : : : : : : : : : : :/               ∨: : : /: :/: : : :.
: : : : : : : : : : : : : : く       u     __       ∨/: :/:/ : : : ヽ
: : : : :/⌒ヽ: : : : :│       ____   ヽ     `ー一⌒ヽ: : : {                >>3696
: : : :/  ┐ リ : : : :丿    │o   \   :   :.        i: : : 丿
: : :/  /│/: : : : : フ  u   \____ ノ`ア⌒ く ___    .: : : ノ                    じゃあ指揮官はモブスコンさん
: : i  /  /: : : : : /        ー‐一  〈     |o ヽ  /: : :/
: : |  V 厶: : : : 〈___/            :    人___ノ  / : : ノ
⌒ヽ /: : : : : : : : 丿           :.   / ゝ-  /: :厂
   〉 : : : : : : : : : フ  u     ,( _ ´    :.    : : ノ
  ̄\: : : : :___/           `ー=: : : :ヽノ   u i: {
_, \\:__/      ___,. --- `¨ヽ:_:}     |: {_/
/   \\        <(      `¨ヽ      .: : /
   〃⌒7/\     / ̄ ̄ ̄ ̄`ー匕__     / : /
      乂 \\/     ̄ ̄\  \ \  /:/
     =-  -≦ア´   \    \   \  \ \´______
=-  -≦ニニ/ i \  \    \   \  \ \ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:.
-≦ニニニニ//   |   \  \    \   \  \ \      //
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

.

3723 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/24(日) 23:59:27 ID:URht0BQG



             〈〃〃:/    /.:::::::::::::::::::::::::.、
          /{{川;/    _彡,::::::::::::::::::::::::::ハ
          ,′        __彡,:::::/:::::::ノ:.:::::::::l
         _,′     x仁ニ=‐ァ  ∨//.::::::::::::::l
        〈::{    彡 ,二ニ,ノ   |:::彡⌒Y::::::::|
           `トミ  {:; 〃_(:ツ ′   |:::| / l }|:::::::;
         イゞ〉      \     |:::| 〉  八:::/        決意は、固いのだな。
           l /           |:::レ' /!::::/
           /               |:::|   人/!
           `¬ ^ー-=ミ      八::.、   |
          x彡ニ-―一 `丶、     i:::.    |
        〃 { ー‐     ハ::.    |::::!   |\
        !|  |        |::i     |::::l   j  }
          l:| |     ,イ   |::l   」::└ ´ 〔
.        !:|  'ノlノイノ:丿  |::l ´ -!:::|‐ ''"´ ∧
.         リ /.::::::::::. イ   /|::l/
      / /.::::::::/ j, / ||






                         ノ/ __
             r‐┐         |\ト/|´::/´::::::::::::::>
             |T´|         ト':::::::{::::::::′::::::::::::::::` ーァ
            |:|「l|         ゝ::::_,、ト、:::::/レ!_::::::::::::ゝ
           |:|l::|       ∨〉   `´     チ::::_く
          |:|l::|          ',{_ _     _ ,,. V人
          ,..{r ァ|          ハ rtァ゙  ´ftァ‐ }' }            ええ、言い出しっぺは俺です。
         ノ.へゞl!:|_         ヾ,、 ´ i  `  / ,:ノ
        r' "⌒`ヽ}:l}j         ∧  ,_` __,.  ハ`ヽ、           下っ端の兵に任せるようなことでもなし、
        / _⌒ヾ、!レ         /´ .ヽ∥ ̄ // }  } `丶、
      {  r≧.、_>ノ      ,..'" / / 、¬ ´,/ j!  l     丶、      やはり俺が行くべきでしょう。
      ', :!:::::::::;イ    /   /  ハ λr    /l  l       丶、
       λ_ゝ-イ,/}   ,ハ   ∠  j レヘVヘ  //   }          ヽ
      /!ー=ニ/ } /      >′ {:::::/`´ /   」        ‘,
       |_∨イ    V     「o ̄ /   jー'   ' < ̄        _ ヘ
       |       ヽ   } {   ′  /:::{   /   `ヽ、     /´   ‘,
      ∧       ‘,   ! l   l   /:::::l   ′   oノ     /  r―― ヘ


3729 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/25(月) 00:02:55 ID:gzpdgazN




_―-<三ニーてン、_っリ//ミミミ、_ |     トl      //
   ̄   ‐-∠二ニ≦シ_/ムミミシツ‐.l     トl     _//
      └'⌒`テ-、_>j"ハハ l l l l l l¦   トl    /,r‐´
          //7ハヾヾヾヾll l l l l    トl   "
          _/〃/バ゙^/゙`゛ヽll l l lハ.   トl.
        //小.Y′/     ヾ、ゾ"´',  ゙ハ.
      //ハヾ、 /              ',  ゙ハ.
      / /{ヘミミ l :           ',  ゙ハ.
    / / イミミミ l ::  _  --- _ -',   V、         送りだす者が言えたことではないが・・・・
  / / /人ミヲ ミ=、、   ` ‐ ニ  .:  >,  ゙V、
_/ / /7イl彡//`゙、_ヾミヽ、     _,.ィ彡''_,   ゙マ、
  / ////彡/ィ  八弋ヶミ≡j {,ィ"彡tヤフノハ、   ゙マ、        むざと死ぬな。
    / ///r爻ハ   `7` ̄´ ラ :`.   ̄´T´  i、    V、
    /////升ハ       ,::l         lハ   ゛lヽ       生きていればこそ、起死回生の転機も訪れる。
    //////メ::.      ::::l           lミミ∧   ヽl、
   //彡////∧     ゙-ト _,.-      ハミミ∧   ヽ
   /彡イ/〃// ハ.    _,,ィ="‐ ヾ=、、、   ハミ } ハ
    /⌒// {  ヽ f"ーニニニニニ- リ  /   X / /ヽ
-~⌒/ / _/_  l  丶   -―‐-     , ′ト、_//  \
::l//::: l:. ヽ: ヽ:  l   ::lヽ、        /
::l ';:::::l:\ \ `、 \  ', | it、, , ,,ィ'´:/ /
\ \\ \ \ \ \ ',_l ll//// //,'
  \ \\_`ー `ー-``ーY/l l〃/イ‐/-‐l
 ̄¬===-ニ______二ニ-に,!l///フ}ー‐---l.
 ̄ ̄二二二____   -‐'´ヾll/∧ソ--   ヽ






                      、_            ,
                       \:>.-. 、 ゝ、i/:|
                   _,,_..-─:`': : : : : : :`ヽ:`: |/!ノ , ,
                   ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;':´:/
                .ノ: : : : : : : : : : :、: _ヾ'ミ`\:l゙V'; :/
                ̄ノ,: : : : : : : Σ`        V
                 イ,: : : : : <_´          ',
                    V: : : : :乍  ,ィ──--  ,_ィ´
                    V´`ヽ毛    七Ti:I,,ィ   ト'!
                     V ゙λ ミ  、 `ー ´    丶、      ははっ
                   r--,>ヽ ,_>   ヽ   ___.'_!_¨
                / `丶, \ ',   ゙   `ー‐=i''ヾzェ      お互いこうして一世一代の大舞台ですからな。
               ,イ`ヽ、  \ \`丶  、     }
             ,イ    ヽ   \ \   ゙>ー ´
          ,∠__       ヽ    ヽ \_/l,ヽ、
        /    ヽ、     |     ヽ, i:::::}|ヽ \          伝説のカルタゴを、こうしてまた攻略するとは
       /ソ"        、    └‐- 、 ヾ;゙t''i' 丶  ヽ
      / /         、    「「≧>z';',V:i /_,    l        いやはや若い頃には想像もつかなんだ。
      , /             ヽ    VV. ` ̄ i:',|::',¨´ | | ,'!
     _!'__          ヽツ   V .V    !:'|:::',.  ! ノ./ !
      / r-y ´丶、      /    V V  |、!:::';, l.//
    /ヽ二x-、//    //      !  V  |:〉!::::i:, !ノ
   /      //    /"          |  V !:::|:::::|i !
   〉、     .//    /          |   V |:::|:::::|:l .|
  /  ` ー' '    /           |    '|V|:::::|ノ |


3731 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/25(月) 00:06:31 ID:gzpdgazN





     /,〉  i^'i     ,、
  , -ー’'ー、 | .|    / | /_,i.|__ミミ,ヾヾ
 く,、 / ̄i }. 〉 |    i /彡`-ーi i´ミミミミミヾ
  /./  /,/  i{ |/ ,,ィ'|,i/,ィ'_"´,'_、、彡彡ミミ
 ,//  ,//  ヽ`,i////´  l (_/ / ヾヾ彡彡ミ
    !/ い, {/ / r'r,、ヽ` ー'´ ri i、 i/彡彡
       〉彡'./ `´ ヽヽヾ,   i/.レ/i〈_,彡彡、
  ヽ、,ヽ、/ミミ/  r--、、ヽ`i i  _,/,/ `ヽ彡
  .ヾミミミ/    __ir'^ヽヾ V/  ´ ̄
.=彡彡ミ/    ´ ̄,\丿! ´
.彡.彡ミ/           /    , -- 、,
彡彡/_ _      ,  /  , - _`_'.ー-、ヽ、ヽ         それと、【例の策】も
彡,ノ'~:::;:::;:::::`ヽ i´/     く, , -、ヾ、, `_ヽ、
, - '"7´i/,ヽ、``'  `i,  .    ヽ\丿 _i  `ヽ'          忘れずにな!!
'/  ; / \ \ ヽ  `''丿    `>、`,, -
,i  ./i,r- -、ヽ、\ !;:ヽ,     ´     ,/ミ
  i .i i    ヽヽ, \ヽ;:i,        ./ミミ
 、. ヽ ヽ、    ヽ\ ヽi::::|      /i,/iミミ
  ヽ、\ `'ヽ、,_ノ ._,,>'i;::i    ./:;/´/ミミ
,   `ヽ `ヽ- '"´~, -'"/:/  //:/:/´ミミミ
彡          _/::/ ,/i:::::i/;;;::iヾ、ミミ
彡彡`ー---―=ニ"´/:;:!,´i;:i:::i:::i::i::i、!;:、ヾミ
           ,|/.|;::i::i;:;::i::i:i:ヽ;:::ヾ、
________.,,,,,.. ---_-_ニ-| |:::i::i:i::::i::i::::、;:ヾ;:::ヽ
'''"""""""~~~   ヽ! i、ヽi::i::::ヽ;::゙ヽ   !






            _ ..、、、、、>‐- ..  、、
          . : ´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ \i}、/!
         ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':/
        ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
          |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,; "
          |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,; " | / /
         |: : : : : : : : : : : : : : : ;,ヘ: : ,;''  | ), '
        ',: : : : : : : : : : : : _;,〃,, 〉   __ヾ 〃       アッハイ
         ',: : : : : : : : : : :/  、!  、ヾ'、 ))
        ,,.ゝ--――-- ' 、  〉、     ,((
      /            丶,′l   r  ))
      ノ                \   ァ'、 ((
    /    --――--        \/ \' ,))
   ,`  ̄                ̄ ̄´"''~、、
  ノ                          `丶、
/                           \
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

             上陸後、決死の作戦が発動されるようです


   └──────────────────────────────―――┘


.

3733 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/25(月) 00:08:45 ID:gzpdgazN




 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

         以上。リトリウスさんとのコミュも兼ねた作戦準備はここまで。

           編成決めの時に山岳兵が使えると言っていた人、

            大当たりでしたね!


   └──────────────────────────────―――┘



.

3734 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/25(月) 00:11:57 ID:gzpdgazN

        - _:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: /:.::.::.::.::.::.::.:: /:.::.::.::.::.::.::.::.:.:/::/:.::.::.::.::.::.::.::.::l
         ´ - _:.::.:.:_、-''゛ :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: /:.::.::.::.::.::.::.::.:: /:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/|:.::.:/:.: |:.::.::.::.::l
          _、-''゛:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/:.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: l:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/ |:.:/:.::.: |:.::.::|:.::.:l
       _、-''゛ :.::.:.: / :.::.::.::.::.::.::.::.:: / :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: l:.::.::.::.::.::.::.::.::.: /   .:/ :.::.:: |:.::.::|l:.:: l
        ''^~ ̄ ̄~^7:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:/:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: l :.::.::.::.::.::.::.:://  //:.::.::.::.::|:.::.::| l:.: l
            /:/|:.::.::.::.::.::.::.:: /:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: Γ`|l:.::.::.::.::.::.::. 厶:.\// | :.::.::.::.::.::.: | l: l
              /   |:: Λ:.::.::.:: / :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: ハ ||:.::.::.::.::.::.::/ Vソ\\_:.::.::.: /:.::.:.:|  l:|
.         _ 、-==ニニニニニニニニ==-  _:.::.::.::.::.::.:| 凵| :.::.::.::.:.: /  \ ^/ :.:/:.:: /: /:.:/   l:     他にちょっとしたことはできないか・・・
.      _ -ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-  _Λ|   |:.::.::.::.:.: /      l:.::/: /:.:/|::/   l
      lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-  _ |:.::.::.::.:.:/     V/ :.: / ::/   ノ
       lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-  _::/       /V:.::.:/ /
        lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7      、―'′/
        lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7   r‐┘|:.::.::.:/
         lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ _,. -‐……‐- :.:_
        乂ニニ_、-''^~ ̄ ̄~"'''- ,,_ ニニニニニニニ >''^~´ ̄`''<,,         )´ - _
.          Tニニニニニニニニニニニニニニ=-  _ /_、-''^~ ̄~^''-  ´^'' ‐‐‐ ''^` ノ ´ -
.   ''^~ ̄~^>''’ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /            ´^' ‐---‐ '^`       -
.     -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ / /                         ´:_
 ┌────────┐
   system message   ──────―──────────―――──―――┐
 └┬───────┘

          そして次回に向けてもう1枠分、一般枠で募集します。

                     18:00まで。

         重要な作戦行動に関しては触れられないと思ってください。

          作戦を補強するもよし、何かやっておくことがあるならそれもよし。

           こんなイベントねーかなーでもよし。場所はシチリア島です。



              それでは短いですが今夜もありがとうございました。


   └──────────────────────────────―――┘



.

3735 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:12:14 ID:4O04l21+
そう言えばビルスが亡くなったら
ブラックくんと再婚して息子を産んだビルスの奥さんもやっぱり処刑コースかな

史実だとブラックくんからビルスを嵌めたことがガッラ(ライジュータの妻)にバレて
ビルスにブラック討伐任務を任すも返り討ちにあって
渋々ブラックくんを許すハメになったからビルスの奥さんは無事だった


3738 : ◆aTATOKIfnY : 2020/05/25(月) 00:13:00 ID:gzpdgazN
>>3735
これから次第です

3739 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:13:05 ID:mY+y79SS


3740 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:13:46 ID:oEZrt5s6
乙です

3741 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:13:55 ID:Wc6Rvirx


3742 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:14:23 ID:4O04l21+


3743 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:14:23 ID:PskowCY7


3744 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 00:14:27 ID:bQkKAhZG
乙でした



折りたたみ3761 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 05:49:47 ID:dk6XvBou
乙ー
【イベント】ギリシャ、ローマ時代のシチリア島ではリコッタチーズやペコリーノチーズなんかの生産が盛んで、グルメの島として有名だった
せっかくだしアラン人、アレマン人の為にチーズ職人を拉致、ゲフンゲフン招聘してチーズや作り方をガリアに広めようぜ!

3762 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 05:56:13 ID:BRf3uqe7

【イベント】
モートク、ブロリー、レナードと仲良くなろう
東ローマってどんな所よ

3763 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 06:19:33 ID:lseNLgpr
【一般枠】
東ローマに向かう船の監視・拿捕。援軍要請は阻まないとねー
これなら作戦の補強になるかな

3764 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 06:53:48 ID:MZAJHZVq
【イベント】
カルタゴから避難してきた人がいた
最新の情報を得ておこう
権威を回復しつつある西ローマに喧嘩売りたくない人もそれなりにいるはず

3765 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 07:49:16 ID:oLbjQws5
【イベント】
先輩に学べ!

カルタゴは穀倉であると同時に金属が取れない地域だったという
それを補うために繊維、染料、工芸品を作って貿易し
また資源地に植民地を作って不足する品々を補ったという

セーヤいるシチリア島は歴史上カルタゴにもっとも接していた場所で伝わってる話も多い
準備時間に戦場となるカルタゴのことを調べていたセーヤは
物資不足を覆した偉大な先輩の知恵の一端に触れることができた

3766 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 08:02:12 ID:G8geeYgq
【イベント】ビルスに従わなかったヴァンダルやビルスを不安視するローマ市民が内応してくる

3767 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 08:07:33 ID:YVIm51Xr
【イベント】海先見を使ってカルタゴ近辺の情報を収集しよう

3768 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 08:16:24 ID:bJYVUKuT
【イベント】 将兵ともにシチリアで大いに飲み食いし観光を楽しんで英気を養う(狼藉を働く者あらば一銭切り)

3769 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 09:00:26 ID:FeBEVpC0
【イベント】
西ゴートにもカルタゴ落としてからヴァンダル族対応する事連絡する
無理しないでね

3770 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 09:02:20 ID:bQkKAhZG
【イベント】ゲルマニア傭兵団がセーヤに会いに来た、彼らはブルグラントに興味津々だ

3771 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 09:08:21 ID:6vsWvu4c
【イベント】
カルタゴに支店を持つという商人とお話し
商人「超得ショップですよ」

3773 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 11:56:50 ID:/El5SNM7
【イベント】
ローマ組に聞く、ブラック君やマーリン陛下への風評や印象。

3774 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 12:04:04 ID:1hasB/gp
【イベント】
望遠鏡の威力、と使用時の注意点。

3775 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 12:13:50 ID:y8WFZp1h
【イベント】
古代ローマカラテの使い手と遭遇

3776 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 12:18:22 ID:17PfVt1c
【イベント】
チュファ(タイガーナッツ。食用ガヤツリ、食用パピルス、グラウンドアーモンド等の呼び名がある作物。地下茎に糖と脂をため込むためナッツのような味がする。エジプトでは紀元前から甘味料として使われてる)の種イモを確保する。

現在ではバレンシアの特産品だけど北アフリカからヨーロッパに入ってきたのは7世紀だからちょっと早くなる。
セーヤがそんな作物知るわけがないとか言われても現地(北アフリカ)で食事したらなんにでも(酒でもパンでも菓子でも)入ってるからこれを持ち帰りたいですむ。

甘くてオリーブ並みの油ある作物(しかも暑さ寒さ乾燥に強い)を手に入れたい。

3777 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 14:24:29 ID:aaGGpbkh
【イベント】
ゲルマン傭兵が接触してきた
ラインの黄金の話は東にも伝わっていて、次の雇い主を探しているようだ

3778 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 14:59:37 ID:quvL+N/D
【イベント】
シチリアに訪れている各方面の商人とコネを作る

3779 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 17:04:08 ID:4O04l21+
【イベント】
ヴァンダル族とはぐれヴァンダル族の様子をカルタゴや他の北アフリカに出入りしている商人やカルタゴから逃げ来た人たちがいたら聞いてみる

あと出来ればその情報をアッスたち西ゴート族に自分たちの情報を含めて伝える

3780 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 17:21:31 ID:9DHAZUxx
【イベント】
シチリア島の精油職人を訪ねて蒸留器を見せてもらう
クドにもお土産を買って帰ろう

3781 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 17:25:07 ID:4MmNoKhm
【イベント】
レナード生存戦略会議
何かしら生存率上げてあげたい
名馬渡したら逃亡確率上がるとかないかな?

3782 : 名無しさん@狐板 : 2020/05/25(月) 17:52:09 ID:DtQh7ydO
【イベント】
松脂といくつか楽器(角笛・銅鑼・太鼓等)をローマ軍に用意してもらうか買っておく
松脂は鏃に塗って火矢にするのと、状況が許せば火船みたいな火計にも使える
水の手を断たれた後、包囲陣がずらりと火矢を構える姿は恐ろしかろう
楽器は包囲の際に、夜中や朝方に鳴らして敵の睡眠を妨げ判断力を鈍らせるために使う
演奏技術など不要。蛮族が何か音を出して騒いでるだけでおどろおどろしく感じるだろう
こういうプレッシャーはレナードにも有利に働くのでは?

関連記事
108809 :日常の名無しさん:2020/05/27(水) 01:01:17 ID:-[ ]
そー言えばヴァンダリズムの語源だったな、ヴァンダル族。
108900 :日常の名無しさん:2020/05/27(水) 16:02:59 ID:-[ ]
機動戦士ヴァンダル…

こっちが黒い3連星ということは、敵には白い悪魔が…
109831 :日常の名無しさん:2020/06/03(水) 13:38:54 ID:fCzx63J6[ 編集 ]
>そー言えばヴァンダリズムの語源だったな、ヴァンダル族。
考える事は皆同じなんだなぁって
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は剣で食っていくようです 60 (12/01)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第百五十一話 (12/01)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第百五十話 (12/01)
  • やる夫とベネット 最終話 (12/01)
  • 気がついたら魔王 第13話 ぺコリーヌの帰郷 (12/01)
  • やる夫たちはつつがない日々を送るようです 第19話「そろそろ、ね」 (12/01)
  • イナズマやる夫イレブン―サクリファイス― 第24話「3つの闘志」 (12/01)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Debugger 02 ~第”N"euron次 世界大戦~ 2 (11/30)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Debugger 02 ~第”N"euron次 世界大戦~ 1 (11/30)
  • 読者投稿:雅虎の兵庫南部食い意地紀行「メガネのグルメ」 第十五食「JR兵庫駅前こなもん屋 ぼっかけ焼きそばとたこ焼き」 (11/30)
  • 読者投稿:保守を称する人の岸田政権批判の理由部分についての推察 (11/30)
  • 読者投稿:サッチ氏へ贈る、随筆AA化 謎の病人Xがやった場合 (11/30)
  • 読者投稿:懸賞論文二作目以降を書くことについて (11/30)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 9ヶ月目 (48) (11/30)
  • やる夫はアーランドの冒険者になるようです 第7紀行 「泣いて笑って騒いで眠って」 9ヶ月目 (47) (11/30)
  • 霊夢は幻想郷をぶっ壊すようです 第二話 「侵略」 (11/30)
  • 霊夢は幻想郷をぶっ壊すようです 第一話 「選定」 (11/30)
  • やる夫たちでソードワールド 戦争PT! 6 (11/30)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫と鹿島のシムシティ 10 (11/30)
  • やる夫たちでソードワールド 狂戦士やる夫の冒険 15 (11/30)
  • やる夫たちでソードワールド レイヴンやる夫! 26 (11/30)
  • やる夫たちでソードワールド 四天王PT! 3 (11/30)
  • やる夫たちでソードワールド 砂漠の国PT! (11/30)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第十七話 (11/30)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第十六話 (11/30)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第十五話 (11/30)
  • やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 小話 たまには懐かしい話でも 19 (11/30)
  • 国際的な小咄 8588 中国が民主化できない理由 (11/30)
  • 国際的な小咄 8587 冷静に考えたらヤバかったよなぁ (11/30)
  • 島村卯月がハイセイコーになるようです 番外編 「嶋田功とタケホープ」 (11/30)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第百四十九話 (11/30)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第百四十八話 (11/30)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 293 (11/30)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 292 (11/30)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ141、おにく祭り (11/30)
  • やる夫たちはつつがない日々を送るようです 第18話「こうかんど」 (11/30)
  • イナズマやる夫イレブン―サクリファイス― 第23話「デビュー戦」 (11/30)
  • 勇者やる夫の軌跡 第28話 勇者やる夫の挽歌4 (11/29)
  • 勇者やる夫の軌跡 第27話 勇者やる夫の挽歌3 (11/29)
  • 勇者やる夫の軌跡 第26話 勇者やる夫の挽歌2 (11/29)
  • 勇者やる夫の軌跡 第25話 勇者やる夫の挽歌1 (11/29)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Debugger 01 ~1980年~ 3 (11/29)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ51「雪山密室リターンズ」 その6 (11/29)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ51「雪山密室リターンズ」 その5 (11/29)
  • ガチャれ! やる夫さん その23 (11/29)
  • 真・女神異聞録ブルードラゴン 第四十四話_代用品-③ (11/29)
  • 2X歳、OLアーマードエージェント:コードネーム セイバー chapterⅩⅨ (11/29)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第十四話 (11/29)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第十三話 (11/29)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第十二話 (11/29)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/10)
    ※完結作品は集計した前の月(9月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1いせかいてんせいした やるおくん!!1ハリポタ世界と鉄血のオッサム
    2やる夫のクソな日常!2やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
    3やる夫は剣で食っていくようです3異世界食堂できない夫
    4あさねこの小話空間4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6やる夫たちでソードワールド6すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    7異世界からかえってきたやる夫君のお話7やる夫はソロハンターのようです
    8真・女神異聞録ブルードラゴン8ローグライク異世界転生
    9タンジェロ・ポッター9あんこ時々安価で鬼滅の刃
    10流されて平家武者  ~~中華風異世界転移顛末記~~10ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11
    11やる夫は魔導を極めるようです11やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    12それ行けサイヤ人やる夫!12やる夫は聖杯を落としたそうです
    13やる夫の家業は悪の組織のようです13召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    14日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅14横島くんは死神になるそうです
    15彼らにとってエンディング後の世界は狭すぎるようです15女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望
    16◆EV0X7vG/Ucの雑文所16アメリカンヒーローアカデミア
    17やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。17気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話
    18できない子とSCP18レベルを上げるスレ
    19やる夫はアイドルを応援しているようです19勇者やる夫の軌跡
    20NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~20やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    21芝居しようぜ!―十八番花道の異世界演劇史―21阿部さんはやる夫を育てるようです
    22あんこ時々安価で惑星のさみだれ22オーバーあんこ
    23慎二は自身の高慢と向き合うようです23魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    24ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う24ドクオが異世界転生したようです
    25白頭と灰かぶりの魔女25やる夫はギルドを経営するようです
    26やる夫は自分の国を興すようです26血まみれ勇者
    27やらない夫は集われるようです27現代知識チートで無双する男のおはなし
    28やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです28甲と呼ばれた侍
    29正義の味方 左衛門29鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    30◆wbLMu0PfuMの小ネタ詰め合わせ30やる夫たちは三連星(代理)のようです
    31やらない夫はVにガチ恋するようです31人滅の病
    32やる夫がKenshiになるようです32証言と証拠は安価とあんこの後で
    33森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠33やる夫はLVが上がらないようです
    34やる夫はアーランドの冒険者になるようです34やる夫達は人間ではないようです
    35やる夫の兄はブラコンのようです35コンピューター様、情報更新は義務です!!
    36ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~3659号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです
    37ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱37やる夫の冒険は終わりました
    38彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです38アカガネ山のやる夫
    39都合の良い女39ダンガンあんこ
    40やる夫達は死の遊戯に抗うようです40STALKING!!


    過去ログはこちら
    人気ページランキング