スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:ちょっと余裕ないから軽率に規制します。言葉遣いには気をつけましょう。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
11/6うわべだけ魔王様
10/28
おねショタ探偵の事件簿 登山サークル殺人事件
10/22
彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです
やる夫は聖杯を落としたそうです
10/18
流星のレイン
10/14
血まみれ勇者
10/13
日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅
10/9
METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~
10/8
かくして少女達は出会う
10/4
横島くんは死神になるそうです
10/2
ファンキー・デッド・ラブ&ピース
その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!
10/1
カップやる夫とマグない夫はタマシイを賭けてしまったようです


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止しています。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やる夫達は死の遊戯に抗うようです 221 《DAY230》

目次

4175 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:30:52.80 ID:t5S4xWI5



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_    皆さんこんばんは。
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_   今回は最初に成長の処理を済ませた後、
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{      グランドクエスト恒例の世界観デモ~街への帰還までを
     ≧‐- __---_ -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}      進めようと思います。
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{      ダイスは少ないかもですがどうかご了承ください。
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'




        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_     それでは、これより本日の投下を開始します。
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{        皆さん、どうかよろしくお願いします。
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'




4176 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:33:11.39 ID:t5S4xWI5


[レベルアップ]

 【佐倉杏子】(50%+100%)
 HP:177/284+【1D3:2】
 攻撃:220(30)+【1D2:2】
 防御:104(26)+【1D2:1】-1
 魔法:116+1
 敏捷:168(3)+【1D2:2】

 【ジャギ】(20%+100%)
 HP:198/265+【1D3:2】
 攻撃:[116]+1
 防御:86(24)+【1D2:1】-1
 魔法:214(30)+【1D2:1】
 敏捷:164(3)+【1D2:2】

 【由良】(75%+100%)
 HP:280/280+【1D3:3】
 攻撃:209(26)+【1D2:1】
 防御:103(30)+【1D2:2】-1
 魔法:115+1
 敏捷:170(3)+【1D2:1】

 資産(三人合計):740+1000*3


4178 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:35:51.30 ID:t5S4xWI5


[成長結果]

 【佐倉杏子】(50%)
 HP:179/286
 攻撃:222(30)
 防御:104(26)
 魔法:117
 敏捷:170(3)

 【ジャギ】(20%)
 HP:200/267
 攻撃:[117]
 防御:86(24)
 魔法:215(30)
 敏捷:166(3)

 【由良】(75%)
 HP:283/283
 攻撃:210(26)
 防御:104(30)
 魔法:116
 敏捷:171(3)

 資産(三人合計):3740


4179 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:39:33.30 ID:t5S4xWI5



ー=ミ `ヽ、|    -=ニ二=- __厂|'_j{ニ厶=-┴‐'´ー───‐---≧-゙-=ミ」。s个////>'゙  |/  .|  / |    _,,..
‐=ミ ``ヽ |-      -=ニ>''"´__, -rr‐…ァ…・・・・・…─ rr‐-- ..,,,___``'<^'7´  ,/|   _,|/  _| -=ニ ̄
-=ミ.  ``ヽ|二ニ=-      乂 (_〕.\圦乂__{イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,小,‐=イ .}三} ,〉  ノ‐|-=彡'  | _,,彡'|   ノ'´|_,. -=ニ ̄_
=ミ  ``ヽ|三三二ニ=-  _ `¨'ハー-', Ⅶ‐-圦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//| .}-こj √__j-=彡三L ヘ、 -| ~   _,|=彡'  |-=ニ ̄ _
=ミ. ``ヽ、| ニ=-  __xヘ__ 二ニ=小,‐小 Ⅶニ乂_≧s。,._,ィ'.イ‐j √∨/‐|=/ニ三┐_ア  /ニ¨|_,. - ~ |-=彡_,.|-=_二二
s。. ``丶、| ̄,二ニ=- ', '二=- _ -∨=ヘ マ三〕h、弋=彡ニア /ニア /ニi|/==二jIア  /-=ニ| _,. -|=彡'´xf〔////////
///≧s。.,_|二ニ==‐  ', 〉 ニ=-,  ',、=公。゙'<ニニ〕iト.`¨¨´,イア゚ ィi{ア゚レヘ-=〔  \ /-=二|_,.  -=|ニィi〔//////////
////////刀ア7ァァー-=ニこ二二二   〉\==ゝ `'<三三>''’,ィi〔/ニ/ /-=〔  ─=ニ二⊥=-‐ァi〔/////////////
///////////////////////////ヘ。s≦77≧s。≧=‐[_]‐=≦_。s≦--─一ァァ77ア刀////////////////////////
--───……宀宀¬ニ=-r-─…¬冖ニ¨ア<`¨¨¨¨¨¨¨¨´>x¨¨ 冖¬…─-ミ‐-二冖¬…─‐‐--==ニ二__
--─…宀宀 ''' “” ̄く    `¨¨  …──乂_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__乂--──… ¨¨´    > ̄”“ ''' 冖¬…─--  ...
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋=-  __ _‐  ̄ :/`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ \  ̄‐____,,,...- ¨ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::^^''=- _、+`≫''’: : /: : : ,i' : :  'i, : : :\ : `'<'+。__,,..。s≦:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: _、+`≫''’|: : ::/: : : : ,i゙ : : : ゙i, : : : \ :.:.:|'<^'+。_::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::_、+`_≫'’: : : :|:/: : : : : ,i゙ : : : : ゙i, : : : : ::\:|: : : `'< ^'+。_::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

[システムメッセージ]
おめでとうございます! [グランドクエスト:土の守護者]の攻略に成功しました!



    /:.:.:.:.\二二ニ=-/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.::.| ―
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\二ニ=-:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニ=-∧:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:/-┼-、:.:.//\:.:.:.:.:.:.ト
  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:. /ニ=-/:.:.:\:.:.:|:.:.:.:.:.:./  |八:.:.Χ:./  |:.:.:.:.:. |:.|
  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:└―イ∧:.:.:.:.\|:.:.:.:.:/_____ ヽ( |/  |:.:.:.:.:ノ:.|    こうやってクリアメッセージを見るのも
  |ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:/:.:.|:.:.:Уテヽ:.| :.:.:.:| Y了笊卞ト    厂:./:.:.:|
    ∨.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:. :.〃  }八:.:.:.:|   乂tツ    _ |イ.:.:.:.:.:.ハ    本当に久しぶりだな。
    |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧八/ _(   \(   ´´^`     笊卞ノ:./ :.:.:.:.|
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ζ:.\_      /jハ/xx    ヒツ/イ:.:.:.:.:.:|:|
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:\(八         __   ' ハxl |:.:.:.:.:.イノ    ……今回も無事にみんなで見れて良かった。
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|....::\      /^⌒ ヽ   ノ ノ:.:./
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; ..........:::..    ヽ__ ノ  /  ̄
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :............::::::...     /
    .:.:.:.:.:./ ̄ ̄ /⌒\  ......::/   ̄
.    /:.:.:.: 〈__/  //   \ ::/ \
   /:.:.:.:.:.:/               \\  \


4181 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:44:08.38 ID:t5S4xWI5



               ,.ィ::'"´``ヽ、
              /::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ./:::::::::::-/l、_-::::::::::/)
            `>~ rェュ〕|.| |〔ェュ`i  彡             アイテムをかなり消費したとはいえ、
            彡., ´г|.| ト┐i.r、 ir i'
             i.iii::::i ii::::l.l l.....l.ll:::l|||::|       ∧      [祝福の欠片]を使うことなく全員生還出来たし
          .ト   .|:lll:::::ll!:::::ll/:::::|/::::l l:::l      ,' ',
    i`、    l `、 _l:l.l.|ヽ、:::::::::::::::::/.| |_.,i  l.、  .,'  ',     結果的には理想通りと言っていいだろうな。
     ', `、   .l  `、ヽ_l、 `ー ‐ '/  l_ ノ rヽl `、 /_  ', /
     ',  `<'"/////,j ', .ゝr' /  /` ー、  `、  ` .ヽ / /
      ',  ,r//////_ `、    /  .`ヽ,r .、 i ' , r '`ゝ、./    ……まぁ、街に帰るまでは油断禁物だけど。
  、ー ,,_ ,r'´ ///,/  ,_, ミ .`> /     /   i,r '´     ヽ
   \ .`` i i//l    シヘ  /‐ 、   ./    .i.`i、、      /
   ,r\  〉l//l      /    ヽ /r ‐ 、 .i `` i-ー、 .   ヘ




           ,.,-‐‐-、fニト、
            /   、  ヽ 寸Y、
.          / ,'」_  j__l  八Vヘ',
        ノ! {くV、__ノKレ! ノ K}ヘ!
          ーハ`┃   ┃イ 「フ~フノ     そしてボスのドロップ品ですが……
.         八  、__,  ,|リiヘXヘ
          `!i=ァrァ<リ┘゙<__|!、    どうやらこのダンジョンに関係する物みたいですね。
          ノj/V7//ハ   ヽl| 》、
          {, { !|只! /{ 〉   jハXi
          77|  ! ゙ヘ「‘,   {{ Yノ!
         ノ7_ト、ィ__」二!_  {{ .Kj
           〈7」_|_|__|___|__|」j、_〉 l>Vく


4182 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:53:09.06 ID:t5S4xWI5



                               `ーi y' .
                                 __  r'ソ'
                          _zXソゝ<y<ノ .
                        ,〆'´
                         《{}>―-- 、
                          >'"´ Ⅰ``ヽ ヽ
                      /"XII    Ⅱ',  ',
                   / "            ;   |
                     , ', ' XI       Ⅲリ  リ
                   / /               /  /
                 / /Ⅹ     ○   Ⅳ/  /
                   / /               ' . ′
              .' .'Ⅸ        Ⅴ/ , ′
                 { {       Ⅵ / /
                ∨゙、Ⅷ  Ⅶ / /
                ヽ、`ー-- ‐ '" . "
                  ` ー-- ‐ ´

 [刻の歯車] を手に入れた!
 このアイテムを消費する事で、敵の攻撃を一度だけ無効にする事が出来る。
 この効果は敵の攻撃判定後にも使用する事が出来る。



   .l、...._,.. ー"_iii、...;;....;:.,//| ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   ヽ.二,,,,=二: :.コl..テ;..゙´,/ ;;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::l
   ./.,!;ハ・ー"::::_l."/.;. ..┴./ ;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::ヽ          [太陽の鏡]もかなり強力だったがこっちは
   .l゙ .ゞミ- -''''゙"''..... ; . rッ″;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::\
   .!ヘニ''―-..._    _..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.   /i    物理攻撃にも対応しているのか。
    !、t;; .,i、.;;.'.l`i ; l ;;;;;;.,i、、;:;;;;;;;;;;;;;:.  : ::: :____._ /  ./ i
    l.l l;l .! !::..|  l  | ;;;./lヾ“'''''''''''"゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄.ヽ     l .,!
    l, l.| | .!: l ;;│; | ./  ! ヽ             \   l .l    わざわざ構える必要が無いのも良いな。
     .li`- .凵_,,l゙.;: .l″ i. i .ヽ        ,,....,゙ッ ./  !
   .|i、 ゙、|'ti、.:::...; /   /. .!  .ヽ     _.. -''"´: : │  !
    . l.\  `''''''l″  .,i  l   ゙!,i-‐''゙゛: : : : : : : :./  .!、
     .!. ゙'-   !  .__,,゙.. -'ヘ   .ヽ: : : : : : : : : : ./   | .゙!〟




              __     , , -─
            <: __ >-x./ '
           _ , -./:, - Y: /⌒` . -. .、
           ノ::::`ヽ,i∠_廴!----<⌒
         ,イ_- ', -: : :,ヘ :, -`: : .、::::::`......、
        /: : : :': : : : : :ヽ: : : : : ヽ :ヽ::::::::r- '. .、   一番大きな差は、事前の準備がいらないから
       /,イ: : :, : : : :, 、: : Y !、: : : ヽ: ヽ-': :ヽ
      / ": : : :,: : :,イ/ ヽ ; , 孑七: :i: :V: } : : : i     敵の攻撃を見てから使っても間に合うって点だな。
       !: : : : :i─--!'   V,...-ァ‐┐!: i: :i : : : : !
      .{: : :, : i.rt-ミ     !::::`ハ }イ ムノ : : : ハ
       !: : !、Ⅳi:`ハ      ヽ>' i / } : : : : : i    急所に攻撃が当たりそうな時にとっさに使って
      .八: :!:x:i. ゝ-'   _   ''''ノ', ‐.' : : : : : ハ
       ,入!' ヾ.、''''   i ̄ `') , .<: : : : : : : : : ム    致命傷を回避する事もできるって訳か。
          .i.> ---ゝ- <  i-- 、: : : : : : : : :ハ
           V: : : :,r ' .i、   ,!,}`  ヽ、: : : : : : :ム
         .,.イ : : : /.i  !::`..-..'/-ニ= 、ヽ: : : : : ト、 、


4183 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 22:58:10.31 ID:t5S4xWI5



                                .,
                                     ,';゙,
                               ,';゙;';',
                               ,';';j:i;';',
                               ,';';'i:j:i';';',
                               ,';';'j:i:i'i:i';';',
                               ,';';';i:i:! i:f;';';',
                               ,';';';j:i:i  !i:i;';';',
                               ,';';';'i:j:i  !i:i';';';',
                               ,';';';'j:i:i:! . !:i:i';';';',
                               ,';';';';i:i:i:! .  i:j:j;';';';',
                               ,';';';';j:i:i:i    i:i:i:i;';';';',
                               ,';';';';'i:j:i:i    i:i:i:i';';';';',
                         ,';';';';'j:i:j:j     . i:i:j:i';';';';',
                         ,';';';';';i:j:i:j .     i:j:i:j;';';';';',
                         ,';';';';';j:i:i:i:i      . i:i:i:i:i;';';';';',
                         ,';';';';';'i:i:i:i:i         !j:i:i:i';';';';';',
                         ,';';';';';'j:i:j:i:i         i:j:i:j:i';';';';';',
                         ,';';';';';';i:j:i:i:j         i:j:i:j:i;';';';';';',
                         ,';';';';';';j:i:i:i:i:!           i:i:j:i:i:i;';';';';';',
              _____ ,';';';';';';'i:i:i:i:i:i_______j:i:i:i:i:i';';';';';';', _____
.       ,=二  ̄,,, _  、、, , ,-,┬―――――――――――――――┬,-, , ,、 、  _ ,,, ̄ 二=,
.      ,'‐ニ_-二 ― l '; '; '; ';┌┴‐― -------        ------- ―‐┴┐; '; '; '; 'l ― ニ-_ニ‐',
        ,'-ニ _ ‐ ニ 三l ' ; ' ;┌┴‐ -----                    ----- ‐┴┐; ' ; ' l三 二-_ ニ-',
       ,'_ ニ _- 二 ―.l; ' ;┌┴ ---         ...,,,,,,,,,,,,,,,,,,...         --- ┴┐;', ';l.― ニ -_ ニ _',
      ,'-_ 二 ― 二 .l ;┌┘-   .....,,,,,,,,___          ___,,,,,,,,.....   -└┐; l. 二 ― ニ _-',
     `  ''''   ̄ ┴ ┘-  ...,,,,,,___                  ___,,,,,,...  -└ ┴  ̄  ''''  ´
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                  〈∨〉.||||
           ´ ̄` ∨'´|||| ̄¨¨7丶、
        /       、\\圭]__///三丶、
       ′ /  \_ 丶\`丶‐/// ̄   厶         ドロップ品だけではなく、部屋の真ん中に
        / / { _   '´八ハ V、Ⅵ⌒\    ///ヽ
     / ′ ´V\ノィf衍'| V)/     }三三///‐三\      何やらオブジェが現れましたね。
      ⌒l \}ィ衍   "´| {'′    `\///      ム
        | Ⅳ 、  ' _ ,  イ /=ー 、    〈//      }ハ
        ||  `  -イ:::」/- 、::::::\    `\     //ハ    いつもの石碑の代わりでしょうか?
.      -‐丶\    {/ ム   \::::::>..┐  〈三‐三三三}
    //////\>   〉 { 〉   V ⌒\;;ノ   ヽ ノ/// ‘,
    ∨ V/「\〈\ /  ∨   \  Vハ     ∨/   }〉
      〉  ̄  }∧ノ `T::::::::‐- ...イ´   } イ      }    /{
      ヽ、   \〉\ L_:::::::::::::::::|    }ノ     ∨三‐三}


4184 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:07:41.74 ID:t5S4xWI5



i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!    ああ、あの触れると世界観のデモムービーが
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿    流れるやつか。
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉       今回は機械都市が舞台だからいつもの石碑ではなく
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ    メタリックな感じになっているのだな。
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/




             , ′.|l     |     \'//|ニ=-  ̄
               /  i: |l: . . . . :|. i   ヽ Y/|_ v-=冖_
              ′. _|,八    |. | _ハ   v.|x」\¨ ̄、 「|     たしか前回の内容は……
.            /  イ . 「` \  T 「 _|!  \ / >、. Y 「|
         / . イ | r心  `′r心 |! ァ=一>ヘ/i リ_.「|__   『女神が人間に四大精霊の加護を与えたけど、
         ´   | .∧ 込リ     込リ |!/、 V'   ] /' 「「 ̄
.             レヘ ヘ    '     /_ノ  }:.    .:′ 「|____   人間が繁栄するにつれ女神への信仰心が無くなっていった。
             ’  、 ー ‐   , イ{   .|\ /{.   「| [ [
              ハ 丶 _ , イi : :|_____|>.、.\|_,r=ニハニ    ついに反逆者まで現れたの怒った女神が古代文明を滅ぼした』
              /  i , イ   /::{  vi:i:i:i:i:|/ \|i:i:i√ Vム'|
                  ィ    /::::::} ノ::>〈'|     |i:i:i:i:i:i:i:iVム    でしたね。
              /:::::}…‐-ァ :::::::::レ ´   |\ /|i:i:i:i:i:i:i:| Vム
           ノヘ::::::::|::::::;::'::::: / /     {>.、.\|i:i:i:i:i:i:i:| Vム


4185 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:10:04.27 ID:t5S4xWI5



    /:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:./:イ ヽ:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.l\
    /:イ:.:,:.:.:.:.:.l:.ト:.:.:.ll:.{   ',:ト、:.:|ヽ:.__l:.:.:.:l:.ヽ
   l:l:.:.:イ:.:.:l:.:|_| ',:.:.|リ   リ ,斗!´ リl:!:.:.:.|、:.:..
    |:./人:.:.:.:|リ ト-!、     ,ィ示オ!:.:.,:.lヽ:.    ま、今更罠って事も無いだろうしいつも通り
    |/イ:.:.:、:.:.|下示ォ      込j |:.:./、!:.
     、:|:l,:.:,ヽ:.:.  込ソ   ,      |:./イ/:.,     石碑に触れてみるか。
     l从l:.l,ゞ,ミ、            /,-':.:.:.:,
       ',:ー-`、     vっ    ,.イ:.:l:.:.:.:.:.:.
       l:.:.:.l:.:l:.>  . _   ,.イ:.:.:|:.:.:.,:.:.:.:.:.:.    そろそろ世界観の全容が見えてくるのかな?
       |:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:lr,l  ̄  !ニヽ、:.:.l:.:.:.:.:.:.
       |:.:.:.|, -r''"´ { _  ,- /  `ソ`ヽ、:.:.:.
       |:.:,イ  |   ,__`__,/   /  /`ヽ:.






 \               i                 丶                \    丶
   \                   |              、    /                 、\`
    \    ./         |            \ 丶          、    、丶`     \
.       \ /       ____              /\           \ `
        /\     ─=ニニニ=──    /              、丶` \
          \/    --+--      \丶    \     、丶`
         /\     │      / . \      丶
            /    |     \丶    、丶`    \
              \  │   / \
            i              /、丶`                            i
  ____i│___          __                         ________!____
   ̄ ̄ ̄ ̄|│ ̄ ̄             ___ ̄                      ̄ ̄ ̄│   ̄ ̄
         !   、ヽ`                                       !
        、ヽ`     /     .\           `~^ '' ‐-    _  / /
      \` \   /     \=彡'                       / …‐-/  __/ _/
.  、丶`  \   ≧=‐-      -‐=彡'                              / 7 =‐-
丶`          /‐-=   i       \/                            /
             /       |         / 丶
          ≧=‐-      |           \
                       !
       _─‐ --=                   \/ /
      ̄ ̄/           i              / /
.       _/            i|                /  丶
.       ̄  ̄        ||                   \


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━


4187 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:17:10.42 ID:t5S4xWI5



       辷}ニ- ̄  .: . ノしヘ,、ノし(⌒⌒) ‐ ‐ ‐ {\,,~<⌒´ '´   _  -─イ辷ー‐ruuーuvー-u u  ̄ ─二二二─ _ノ ノ >
       j_√__,,-f⌒¨´ __辷つ-  〈`⌒`:、`:、 乂ノ´: . . . ⌒'"''⌒⌒´. : : :,;゚。'。'。゚丿 )ノ⌒'~ __,、ー┘__ )\ : . ̄─二二- ̄
        \ に(\辷⌒: : : )廴: :\)_:`:、`:、`:、`:、rっ : : : . . .    ノ`"; ;'゚ ;'゚ ;'´,;'´.:'´~ァァ'´,:'´,;'´: : . ⌒7 ハ `:. .-二㌻
          \)'"):、`:、)ノhuv ⌒7:、\)`:、`:、`:、`:、`:、 : : . .  :  ;iノ ノ ;' ;'゚ ,.くつ,、.ノ;'゜,:'´,;'´,:'´.:'´. . . ( ( )ノしヘハ/
             ̄ ̄``丶、 :゚cと(: :`:、`:、`'(`つ: 、: . . . . . .   し しく`"':, :U^'": ノ )ノ. . /´,.:'´,.:'´. . .  )ノ(ノ ノ/
       ‐           〉: : `ヽ) : : `:、`:、\) :. `:、. . . .     )′ ヽ `':, . : ノ'´o゚ ,:'´,:'´,.:'´,.:'´。゚ : . . . . . )/
ニ‐ ‐             _-二\: : ; :`:㍗┐`:、`:、`:。`:、`:、. .  )ハ'´    !  ': ;'゙ /゚ /),.:'´,.:'´rぅ'´,_、‐''゛_/ ̄
               ‐二二二 ̄ ̄ ̄>--ミrヘ: : `:、`:。 ゚:v'   ;__ノ   ;. . . ;゙ ; : r'´r'゙: ; :ノ): :,゚ ノ゚_、‐''゛/ ̄ ̄
                      ─( ,   `''ミュ_ . .`:、. ⌒' ノ  )ノ; '′. : :/ /とぅ: :rっ_、rゞ`/ _/ ‐ ‐
            ‐ー      辷  ノ'´     / >─-く ̄``丶 '′. . rぅ(__;づ ̄ ̄ ̄`¨¨¨^'く(_ノ  '´
    ─二二二─         辷         /   ノ    {``'ー─‐‐く⌒  ‐‐     ノ)√ ̄
    ─二二─                                        ‐二二_    ノ ̄\                ─

 女神は増長した人間に裁きを下し古代文明を滅ぼしましたが、
 それでも人間を見捨てた訳ではありませんでした。




 /'゙ヽ,_,、__i゙゙ヾ`'''''i, |   ゙'i炎 ,.、/ミ  /l゙ /゙,| l,    ゙コ、,l __ l_ ノ  ,、- '゙
 |  / ゙i, i,ヽ、`ヽ、,ヽ,゙l,   |= ,|ミ| ゙┐| |゙/ / |  ,/"゙´ )/ノ | ,i'"//゙|
 | / ゙i, ゙i,  ̄ ̄ ヽi   ヾゝ'ヾ~'゙ i゙ ゙' | ,、ト<     )/ ノ゙ l ノ-゙'~i,
 i ,i゙   ヽ、,\              ゙ヽ、/゙ ヽ、\  /´ イ´i    ,、┴── 、,
 |.i゙     ゙'-゙-             ,i'"`ヽ,   ヾ,ヾ,、~"ノ "゙'i,,/       \_
 !'                   ,/゙ "\, ヽ,   i b…'"゙,/"゙-"  ,、--<''─-、, \
                  ,、-;" // ゙'i, ゙i  ,/ |,>""゙     / λ \__   ヽ,
           ,、-─-<二゙__/゙//"i i ゙レ'゙  |       ノ、H"i´     ゙̄'i , ゙i,
      ,、-─'"T  ,、-、  /  ゝ-ヽ レ、, ノ ̄"    ヾ,  ,、-/フ"ノ")"|゙      -"ヾ, ゙i,
    ,、-"     レ'"  |  レ゙-、 |,-、 |/          ̄"  " ゙'´'-´`         ゙ヾゝ
  / ,、-─'"゙フ´ ,、--┴/゙  /-(  ゙i゙
  //"    /" /"    i  /´  ヽ ゙i、
  !'      | /      | /    ゙ヽゝ
        ゙!'       v'

 かつて人々に与えた加護を4体の守護者にそれぞれ守らせることで、
 再び正しき心を持つ者が現れた時にその力を託そうと考えたのです。


4188 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:20:49.14 ID:t5S4xWI5



|_,|__|_|_|_|Y|: : : : | | |={乂乂乂 ̄ :,ィ㌻⌒Y゙|: :|: : : :丁: |∥ マムzzz≦|∧___∨.|二二TTT=r|_,,|||_|⊥「_」ノノ_|_,|:::|^乂_`'弌⌒
|/////∧: : : |i,: : : ::| | | )__))>‐‐<㌻ {===} |: :|: : : :.:| .|j{   マム_| 口:|___| | |_|: |: :_|,'| ̄¨||_|_|:..:| ̄ ̄¨ |:::|´_」〕ト乂
三三三三三三三三三ア´: ,ィ>‐‐弌 .: :| ̄i| |: :|: : : :.:| ロ|{i   }i}i}、\「」:|i|:|:.:|¨:|:|〈 ̄ ̄| ̄|_|_|`Y´.|_|_|:..:|ロロロロ:::|:::|^|/_|┬┬
_| |  || |'´:.:.:|: : : : | {: : : :.|il:弋ニニフ==|:.:.:i|[|: :|: : : :.:|ニニ====┴┴===ニ|i|:|:.:|: :|:|z≧==≦Zフ癶_|l ノ_|/ ̄|ロロロロ:::|:::厂弋_ソ⌒
-‐| |  || |___|: : : : | 乂:..:.:|i|」」_| ̄|  │:..i| |: :|: : : ::.| ゙̄{””““TTTTT「|: |:|..:|: :|:|:| |乂: : |:,,| {:..:ハ \\ ̄|ロロロロ:::|::|~丁゙丁¨¨¨
/| |  || |-‐┐ ̄ ̄| 厂厂|i|」」_|: : |  r┴:…'|: :|: : : :.:|‐-ム   ハリT|:|:|::|: :/¨癶、|:| |   ̄>二二二>ヘ:_:|ロロロロ:::|┼┼ ┼二二
/| |  || |_,、┴ミ::: : | _厂厂_,|」」_|: : |  〕is。.,__``''冖冖冖''爪zz'㌻、:|:|:|:|::|ィ_イ⌒ト|_|  r<ニニ>|‐|:|:>┴…・・・冖:|::|i丁¨丁:::| |
/|_|_||/ ,.ィ爪_>、|( | ̄|\|」」二」|  .|::|::::|i:i:i:丁丁フフ ̄|彡'¨フリ_\/:: | :: | |  ||_| |-‐<__彡ィ┴=个s。.,__  └‐┴‐┴-=
.>┬┬rイ「,ィi〔沙'´__)|l ̄| ̄| |: :: :||_,.」⊥ニ=-‐ ¨”_二ニ=≦/__∧“¨”_|::: ̄| ̄||]| |‐ー┬ェエ__⌒ヽ::::: ̄:|\__\_ ̄ ̄””¨¨““
_,⊥二二二「-'",.∠|ニ| ̄ ̄~ | |: :__jI]」..Z⊥ニ=:|:丁|-┴弋i{  {:::::|''¨丁〕iト _|_||_|_|=-'''|:|:|:|:|/( ̄::::::::::ノ─ト ̄\| | ゙̄Y丁TT
--‐… ''“¨” ̄  _,,,|ニ|    |‐ァ'´_ノュュ |__/ ̄,|:::|::|-=≦「:|ゝ  `'弌__|:|::|::|::::/ヽ:::::::\,ィi「l┌┐,イ ̄ ̄ ̄\¨ ̄\ \_| |¨:|:|
]」Z⊥ニ==T丁「:| |ニ|    | 乂___ノノ,|/:::::::::(_|:::|::|-‐ァァ''|~゙トミ_   ̄>く ||ハ::::::::::∨ニ|::::|ニ丁^TT''T''''T ̄_,.、\ \| | |:|
::|i:|:{i:√Ⅷ|=|=|=|::| |ニ|    |\::マニム {:::::::::::::`'弌:|//|│ |、 `'''|丁了ニ\\jj::::::::::::}‐‐:|::::|─┴‐| | || || ̄ γ´`ヽ、 ”'・**・'”

 しかし、神話の時代が終わり人間が新たな文明を起こす頃には、既に女神への信仰は
 過去のものになりつつありました。




         |  , /^V7´ [_ 八V |      _ V; }
          ; /)'   {{  [_ \]|!   、 __ 爪{
         {      7、 [_  ※!      .イ | `
               /   ̄ ̄∧ァ\,__ / |リ
                 〈    /「::}‐く⌒¨    ′
          ___/ノ\_/::::::广い:::\
       _,_,iV::::| |__   人:::::/::::}トミ:::::::〉
      /|:l:l:l:l:l:l:::| O]/:::::::V:::::/!::::\{\
     , } V^⌒Y::| 厂\_::::::::::/   \:::::::::ぃ〉、
   / / 八{___}八| |    \:{     }_/ー⌒\
    V  / r==ァ/::リ ;      ^`   ^´      \

 女神に付き従う守護者もそれに伴い眠りにつき、再び目覚める事は無い――
 そのはずだったのです。


4189 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:26:08.43 ID:t5S4xWI5



                  / : : : : : : : : / : : : l : : : : : :l 、: : : : :l :i
                / : : : : : : : : / : : : :/ : : : : : :l : : 、: : : : :i
                | : : : : : : :/ : : : : :/ : : : : : : :l : : : 、 : : : ',
                | : : : : : :〈────-.、 : : : : l : : : : 、 : : : ',
                | : : : : :/ :> _:::::::::l:::::::::\ : : l : : : : _ -- 、_',
             f´ ̄ ̄ ̄≧s。_ : :_> _l   ノ/ 、___ <::::>´}
             ∨ : : : : : : : : : :≧s。_ヘ ̄     ノ  {_>´ヘ_ノ
         /´ ̄ ̄ ̄`丶 : : : : : : : : : :≧s。_   - 、  /::ー-.._',
          l : : : : : : : : : : : > _: : : : : : : : : : :≧s。 _ .イ::::::::::::::/
         /_ -──- _ : : : : : :\: : : : : : : : : : : : ≧ー----≦: 〉
      γ´: : : : : : : : : : : :ニ‐ _ : : : : \: : : : : : []二二二[]: : : /
      〉: : : : : : : : : : : : : : : : :> _: : : :`丶: : : : : : : l: : : : : : : /ヽ
       /: : : ____: : : : : : : : : : > _: : : :丶: []二二[] イ : : /ム
     乂_/´: : : : : : : :  ̄ニ‐ _: : : : : : : : > _ : : ≧ー-‐≦: : : /: : : ヽ

 ですが、ある時女神にしか起こせないはずの守護者たちを再び
 目覚めさせる者が現れたのです。



                                   __
                              ,. ‐'",,、``ー')
                              ノ 「`´ ,オ` <
                              〃〉.iゝ;´'"レ| 「v. ヽ
                             /.|.|ヽ`- .,|i! |:.い  \
                            /  ||::::ミi.¨.」ヽ|:::!彡、.  \
                           /  ィオ  ミミミ! ヽ ̄ ヽ〉   \
                          / .㌘  Y ミミミ! 「ヽ.,   ∨   ' .,` 、
                         /, ' :.㌦ ,.':ヽ ミミミ||\'.,.  ∨ ∧ ' ., `  、
                       / ,   、 lhY    `|. 」 !\  '.,  ∨レ'〉、)! ' .,    `   、
                     / , ' 、ヽ <ヽリ`!    | |_. \ \ .〉'´ 〉 し'〉ヽイ ! ヽ,ヾ    \
                   /  , イ i kヽ) .| j    |ヾ|_r、 ヽ_,/ ./   レ'ソ,、ヽi  !  `h     ヽ

 人でありながら女神の力を持つその者は、四大精霊の加護を我が物としてふるい、
 世界に混乱と恐怖を与えました。

 ――後に、魔王と呼ばれる者です。


4190 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/04/20(月) 23:27:17.23 ID:NS7lPJVb
魔王…!


4191 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:34:47.66 ID:t5S4xWI5



                       _
                  ,. -< `ヽ、
               __ィ     `ヽ  マ:.、
               ア `ヽ  >- 、 Vム
               /ヽ   ァ'゛      i{/∧
              ]!   /       i{/ ∧
              ]!へ,/         i{///!
               }ム \       i{///}
             ,. -マム  `丶 、z:z:z:i}zィ/
            _{、: : マム、    ≧r////  ,__
           〈: : : : :.:.:}〉、\    ,////≧r// `ヽ、
         _,ィ}: 、: : : .:ヽ、\\  i{//:.: : //    ヽ
           _ア゛i{: : : \: : : : >x.,__≧fi{/:.: //    / ̄ `丶 、
         /i{: : :ヾ、: : : :\: : : : : : : : /:.:.:. //  / /≧s。., 丶、
      ァ゛: : ∧、: : :`: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //  / / ./  / ≧s.,_〉

 皮肉なことに、『女神の力を操る魔王』のもたらした混乱と恐怖こそが
 人間の『女神への信仰心』を蘇らせる結果になりました。

 ――その後、女神の加護を得た勇者が魔王を打ち倒したのは皆さんの知る通りです。




                       \\
      ヽ、  \               \〉             _
        ` ー ゝ                            }゙ヽ
       __,.   ---───‐‐‐┐                  了   ゝ
       \               |                   ハ    》
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                  {   ,r'
     _     .                       ∧       i  /
      /{     .                     / /        ∨
    / 了    .              ____  /  <
   《   ハ               \   ソ     /          ∠>         /|
    ヽ  }   .         Σ ̄ ̄ ̄ \∧     .|/|                    , ‐'゙ /
      ソ   .         >          >  .| /  ヽ  ∧             _,.. ‐´  ''´
           .          ̄\        |  |/   ゝ/ / ̄ ̄Σ      ノ_,. -''´
            Σ ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三<       ´
           .    ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
            / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
             7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \         /\
           ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |       \l
           }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ここまでが、この世界に過去に起きた出来事。
 ここから先は、あなたが歴史を紡ぐ番です――

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━


4192 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:39:18.28 ID:t5S4xWI5



ー=ミ `ヽ、|    -=ニ二=- __厂|'_j{ニ厶=-┴‐'´ー───‐---≧-゙-=ミ」。s个////>'゙  |/  .|  / |    _,,..
‐=ミ ``ヽ |-      -=ニ>''"´__, -rr‐…ァ…・・・・・…─ rr‐-- ..,,,___``'<^'7´  ,/|   _,|/  _| -=ニ ̄
-=ミ.  ``ヽ|二ニ=-      乂 (_〕.\圦乂__{イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,小,‐=イ .}三} ,〉  ノ‐|-=彡'  | _,,彡'|   ノ'´|_,. -=ニ ̄_
=ミ  ``ヽ|三三二ニ=-  _ `¨'ハー-', Ⅶ‐-圦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//| .}-こj √__j-=彡三L ヘ、 -| ~   _,|=彡'  |-=ニ ̄ _
=ミ. ``ヽ、| ニ=-  __xヘ__ 二ニ=小,‐小 Ⅶニ乂_≧s。,._,ィ'.イ‐j √∨/‐|=/ニ三┐_ア  /ニ¨|_,. - ~ |-=彡_,.|-=_二二
s。. ``丶、| ̄,二ニ=- ', '二=- _ -∨=ヘ マ三〕h、弋=彡ニア /ニア /ニi|/==二jIア  /-=ニ| _,. -|=彡'´xf〔////////
///≧s。.,_|二ニ==‐  ', 〉 ニ=-,  ',、=公。゙'<ニニ〕iト.`¨¨´,イア゚ ィi{ア゚レヘ-=〔  \ /-=二|_,.  -=|ニィi〔//////////
////////刀ア7ァァー-=ニこ二二二   〉\==ゝ `'<三三>''’,ィi〔/ニ/ /-=〔  ─=ニ二⊥=-‐ァi〔/////////////
///////////////////////////ヘ。s≦77≧s。≧=‐[_]‐=≦_。s≦--─一ァァ77ア刀////////////////////////
--───……宀宀¬ニ=-r-─…¬冖ニ¨ア<`¨¨¨¨¨¨¨¨´>x¨¨ 冖¬…─-ミ‐-二冖¬…─‐‐--==ニ二__
--─…宀宀 ''' “” ̄く    `¨¨  …──乂_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__乂--──… ¨¨´    > ̄”“ ''' 冖¬…─--  ...
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋=-  __ _‐  ̄ :/`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ \  ̄‐____,,,...- ¨ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::^^''=- _、+`≫''’: : /: : : ,i' : :  'i, : : :\ : `'<'+。__,,..。s≦:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: _、+`≫''’|: : ::/: : : : ,i゙ : : : ゙i, : : : \ :.:.:|'<^'+。_::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::_、+`_≫'’: : : :|:/: : : : : ,i゙ : : : : ゙i, : : : : ::\:|: : : `'< ^'+。_::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト      ……ようやくこれまで語られていたストーリーが
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧    一本の線につながったって感じだな。
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=   女神とか守護者とか魔王にはこういった背景が
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三   あったんだな。
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三




      ムイ: : : ;イ: : : ,: : : : :i: : : : : : :ヽ:::/
    /,: /: :// /: ; :/ i: : : : :! _: : : : :レ: ヽ
  -イイ: /: //‐十x/  i ト: : ト: : : : !: : : :!: : :!    『ここから先は、あなたが歴史を紡ぐ番』か。
     /: :ト: !.rr-ミ    - xハ: : : :i: : : i: : : i
   ノノ!:!.V !::ゝ`     `爪:i: : :!: : /: ハ: !    割とベタなストーリーではあったけどこうやって
   "   ヾi ,,,,` '     .t‐r,‐ァレ! ム/:!,イ !:i
      .人    '   ゝ '  //.}: : ノ: ! i'     世界観が作り込まれているのはプレイヤーとして嬉しいな。
       .,へ、  __,  '''' とヽ>フ /: : : : :i
      /: : : > __, - '   "/: : : : : : !
     ,ム-- ' /'   イ  , < ,入: : : : : :!     ……だからこそ本当にデスゲームじゃ無ければ良かったのに。
    ./ヽヽ  ト   '",i ./ヽ/,   i : : : : i
    イ  ヾ、 ト---/-.'  ヽ 、  !: : : : ハ
   / i ヽ  ヽ !:::/ ヽ   /   i ` }: : : ト、 、


4193 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:45:03.06 ID:t5S4xWI5



        //   /      l  ヽヽ、ヽ::|:(二┬──
       / ∥/ ゞλ|w_ _, -l .|li  .,ヽ ヽノi::|::::| _ヽ___
      / .∥/  ,/ i |ゝ   i | l||!ー’ |ヽ_,ゝ!:|:(二?-、?゙._
     / ∥{ `゙{゙ゝヾ、 、 .」」-|? |i| ``ヾ{┬!`ヽ、 ヽ     ダンジョンの外に出る魔法陣も現れましたし
   /_ノ/l| |゙ー,!’-.、 ヽヽゝ、}_ |_,イ. iヽヽ ヽ二/::::ノiヽ
  ´ ̄ ソ  |! |イソ。゙:}ゝ    -ソ::::Y、|ヽ__ゝ,_ \::::/_`i }.    続きは街に戻ってから話しましょう。
       { 1.ゞ:::ノ      !::゚:ノノソ/_/`Yヽ>ゝ、`.|//l
        i |ミl     、   `¨´ ソ”i.}  .Y´  .| .i i/
        ヽ|`!、  ,__      ./ソ_ノ゙   }_   |-ト|      とはいえ、この損耗した状態で万が一PKに
         i| .ヽ、    ̄  ./´/    .|,`\/:ノ
         ヾ,  iヽ、__ , イ |}/|/.|───|_´><`<!  ,:-    襲われると大変ですが……
         }丶 .ソ|     i`ヽ| |──-/| |  |丶|二l゙
         _-| i゙i´”   /: : :.i| |: 、_ ./ ,|. ! |  |_|_|
      , イ: : :.| }}ヽ   /: : : : : ||ノi|彡=ヽ/|-.、 .|/|




       /: :/ : : : : : : //イ : : : : // |: : : : : : : | : : : : : : : |: : ハ  V
     ': :〃:/: : : 、 // ||: : : : /イ   !: :!: : : : :リ、: : : : : : :ハ: : :|
      |: :! ! |: : : : /ヽ |: : : :/〃   |: :| : : : /: :!: : : : : : | ヽ: :!    流石にその辺りはアルベルトさんに連絡を入れて
     V:| |: V: : l_l { \_: : |_,{{   |: ハ_:_:./_!: |: : : : :!: :|  V
      V .|: :ハ:/、/≧=ァミ: :| ヽ ーj/¨|: / |`リ、: : :/: :リ       帰りのサポートをしてくれるよう頼んでおいたよ。
       |: | ,ヘ:ハ弋:::ノ `ヽ     〒テニzzレ|: /: :/: :/
       |: :\| \{ヽヽ        弋:::::ノ〃リ/: :/: :/
       /: : : : \       '   ヽヽヽ /ノ:/: /      せっかく土の守護者に勝ったのに帰りで力尽きて死亡では
        /: : |: : : : |> .   ‐‐、      イイ : : イ
.      /: : イ: : :/: ! : : 个.- ニ′-‐: ニ :´:|: : : : |       いろいろアレだから、うん……
     /: //⌒Y_ノ/⌒j′    |⌒ヽ-イ⌒ヽ: : |:ヘ
.    /: /′  {    |´  、    ´7   }   〉: ヽ:


4195 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:48:06.76 ID:t5S4xWI5



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \      ……という訳でここから無事に街に帰れるか、
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄    最後に判定させていただきます。
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}     ま、これから振る三回の1d10が全て10(1/1000)を引かない限り
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ      何も起こらなかったという事で、一つ。
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'

 《帰るまでがグランドクエスト》 【1D10:4】 【1D10:5】 【1D10:2】 → 全て10なら大事故発生


4196 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:53:29.90 ID:t5S4xWI5


 [歯車の街 コルネオ]

\______/ ./:┏┛ _|:|_ \┗┓
\_____/ ┏┻┓//⌒ヾ___∨┗┓
┏┓__┏┓__┏┓┛く-┗┓___ノノ ̄} .┏┛          ┌┐┌┐
匚7 / ̄  ̄≫─┗┓\ ┗┓「  /::r┛          <>''_二二__''<>      _
□:ュ{    /:::/ ̄\\┓\┗┓┏┛          <>':/   ||  \:゙<>  x◇┴┴◇x
_ ゚◇ニニ{::::{    }::::}ニ┗┥ ┛___  _  _     ロ::/_/ ̄\__Y:ロ ◇\    /◇
.┗┓:::゚◇ \\_//   /_┌┘└┘└┘└┐   .ロ::{ ̄ \_/ ̄~}::ロ ロ{   Y⌒Y  } ロ
口:┗┓:::゚◇ `ー┐r'′  ┌┘ >─ーー─< └┐  <>\   ||   /,<> ロ:、 乂_ノ ┌┐┌┐_
'^<> ┗┓:□____| |__┌┘ /        / \ └┐  <>`'<__>'゙ <>    ◇c。._┌┘二二二└┐
__「」┐ ┗┓┏┓┏.r┘ /       __,/ /   \└┐ `└┘└┘          ̄r┘/\_/\└┐


                __   , -- 、
               ,-- 、ヽ ム---、
               ////` rV//////ヽ
            _./--―へ `. ヘ ̄: ̄:\
             >: :ヘ/`:i: : : :_: : : : ヘヽ ̄ヽヽ
           //: /:/ /{/: :/ } : ヽ、ハ : リ: : :ヽ
       \ |   厶イ:/V il!i|:/   レ  il!i ∨: : : i
      ─   rfYhⅣ   il!i         il!i }/: : /    全員無事に帰って来れたあぁぁぁぁぁぁ!
.         /  { r' }:{ ///   ___ ////: :_ノ
           \_ }}`ー--、_  `ー ' _ フ´: !
                ¨'く  ヽ 'ヾ丶-ハノ<: : : : !丶
             !: :`丶     V   ヽ: : : !
             ノ : : : : V    }  j \: .、
             {: : : : : :/    ノ  ∧  \ヽ




               ,.ィ::'"´``ヽ、
              /::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ./:::::::::::-/l、_-::::::::::/)
            `>~ rェュ〕|.| |〔ェュ`i  彡            安全地帯に着いた途端どっと疲れが
            彡., ´г|.| ト┐i.r、 ir i'
             i.iii::::i ii::::l.l l.....l.ll:::l|||::|       ∧     沸いてきたな。
          .ト   .|:lll:::::ll!:::::ll/:::::|/::::l l:::l      ,' ',
    i`、    l `、 _l:l.l.|ヽ、:::::::::::::::::/.| |_.,i  l.、  .,'  ',
     ', `、   .l  `、ヽ_l、 `ー ‐ '/  l_ ノ rヽl `、 /_  ', /     あれだけ長い時間連続して戦うのは
     ',  `<'"/////,j ', .ゝr' /  /` ー、  `、  ` .ヽ / /
      ',  ,r//////_ `、    /  .`ヽ,r .、 i ' , r '`ゝ、./    初めての経験だったからなぁ……
  、ー ,,_ ,r'´ ///,/  ,_, ミ .`> /     /   i,r '´     ヽ
   \ .`` i i//l    シヘ  /‐ 、   ./    .i.`i、、      /
   ,r\  〉l//l      /    ヽ /r ‐ 、 .i `` i-ー、 .   ヘ


4197 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/20(月) 23:59:59.76 ID:t5S4xWI5



           ,.,-‐‐-、fニト、
            /   、  ヽ 寸Y、
.          / ,'」_  j__l  八Vヘ',
        ノ! {くV、__ノKレ! ノ K}ヘ!
          ーハ`┃   ┃イ 「フ~フノ      一先ず、無事『土の守護者』に勝った事をみんなに
.         八  、__,  ,|リiヘXヘ
          `!i=ァrァ<リ┘゙<__|!、     報告しないと、ですね。
          ノj/V7//ハ   ヽl| 》、
          {, { !|只! /{ 〉   jハXi
          77|  ! ゙ヘ「‘,   {{ Yノ!
         ノ7_ト、ィ__」二!_  {{ .Kj
           〈7」_|_|__|___|__|」j、_〉 l>Vく




          `ヾ、::::::::/:__: : / ̄ヽ-へ: : : ヽ: :\
            /:`i:::ム,/: : : : : : ,、: : ヽ:ヽ: : :ヽ: : ヽ 、ヽ
           ,/: : /7: /: : : : i: : / ヽ: ト:ヽ: ヽ: : :ヽ : ヽヾム
          ,/ /!i:/ / : |: : :|!: ,   ヾi `ム十: |、!: : :i.. `ヽ    やはり死者を出さずに勝ったのは大きいみたいで
         , '/ .!/ ;イ:/ | ;.-!十!‐  ヾ  .__V!: :i ,-Vム
        ノ '   ,//i ! : i: : :|__      う:::::i.}!: :}=^.V:ム     報告したらいくつもお祝いの言葉が飛んできたな。
           /イ: : |,!、:|ヽ i'う::ヽ    弋:zノi: :,イ,ノ,ノ: :i
             ,: : : : :ヾ:! ヾ!弋zi      '''ノノ__,イi: : !
.            l: : :,: : ヽ`iヽ '''    , -┐ ' /: : :!,ハ:ノ     思えばこれまで守護者に挑んだ時には誰かしら
            , : :,イ: : 人:! ゝ   __- イ: : : : :/
           /: / | : /: : ` : : : : : : : |   |,.-v-.<__       死者が出ていて素直に祝える状態じゃなかったしね。
.          // i: /: : : r─ ^<ヽ '    `ヽ` ┐ i 、
          /'   , /: : / /  ̄>xヽ ヽ--   'ヽ .i  ,∧
             /': : ノ: i  `ヽ `ヽヽ廴__,| ,} ,/ .ハ


4199 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/21(火) 00:04:23.13 ID:pjj60SbN



   .l、...._,.. ー"_iii、...;;....;:.,//| ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   ヽ.二,,,,=二: :.コl..テ;..゙´,/ ;;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::l
   ./.,!;ハ・ー"::::_l."/.;. ..┴./ ;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::ヽ
   .l゙ .ゞミ- -''''゙"''..... ; . rッ″;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::\         本音を言えばこのまま宿屋に直行して
   .!ヘニ''―-..._    _..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.   /i
    !、t;; .,i、.;;.'.l`i ; l ;;;;;;.,i、、;:;;;;;;;;;;;;;:.  : ::: :____._ /  ./ i     ぐっすり休みたい所だが、今日はまだ
    l.l l;l .! !::..|  l  | ;;;./lヾ“'''''''''''"゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄.ヽ     l .,!
    l, l.| | .!: l ;;│; | ./  ! ヽ             \   l .l     最後の仕事が残っているな。
     .li`- .凵_,,l゙.;: .l″ i. i .ヽ        ,,....,゙ッ ./  !
   .|i、 ゙、|'ti、.:::...; /   /. .!  .ヽ     _.. -''"´: : │  !
    . l.\  `''''''l″  .,i  l   ゙!,i-‐''゙゛: : : : : : : :./  .!、
     .!. ゙'-   !  .__,,゙.. -'ヘ   .ヽ: : : : : : : : : : ./   | .゙!〟




 //": : /: :; : イ: : : : `: :,イ: : :ヽ: : ; ィ ヽ: ヘi
.///: : : /: ;:イ: : : : : : : ,イ: : : : : ,: ,ヘ: : : : :ム: : :\
  ./: : : :i :/: /: : : /: : ,イ:,イ : : : ,イ i  ヽ: : : : :, : : \
 ,' : : : : !//: : : :i: : ミ._! i!: : /!{   i:i、: : :ヽ: : :ト :ヽ     240日のアップデート予告だな。
 i: : : : : i : i : : : :,i:/, -=ミミx、{  ヾ、  }ハ: :.i: : : : :ヽ ヾ、
 .! : : : : :V┐: :/.  i!ん:ハ`ヽ` ‐ノ  ,_, 斗-‐:!: : : : ハ `
 ,}: : : : : :! ハ: : {   弋:ソ        r,‐、¨ ァ,、 ハ: : !     ここ10日でデスゲームの攻略状況が大きく動いた訳だが
. ハ: : : :八弋ヽ: 、             {':::/ /ハ: ハ /
/: : : : : : : : ゝニ、         、  `"  /ムノ'  }'      果たしてGMはどんな手を打ってくるか――
: : : : : : : : : : : :.iヽ      _ _     /: : :\
: : : : : : : : : r-- ミ\    ゞ - '     イ: : : : : :ヽ. _
: : : : : : : : : !   >≧─- 、      <: : : : : : : : : :
: : : : : : : : /, イ        ハ≦: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : :/"          ム: : : : : : : : : : : : : : : : : :


4200 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2020/04/21(火) 00:09:41.02 ID:pjj60SbN



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_    ……といった辺りで今回はここまでです。
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_   ようやく貯めていたゲームの世界観設定を出せました。
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{      次のグランドクエストはもうVS魔王になるので、
     ≧‐- __---_ -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}      これが最後の機会という事で書ききりましたがどうでしたか?
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{      楽しんで頂けたのであれば作者としては幸いです。
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'




        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \      次回は恒例のアップデート予告を書いて、長かった《DAY230》、
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄    そして第四部『守護者死闘編』を〆ようと思います。
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}     次回は4/23以降の投下できる日の21:30に告知します。
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ      それでは、今回もありがとうございました!
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'


4201 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/04/21(火) 00:13:01.56 ID:rWa1yiqb
乙 第三部が終わる…

4202 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/04/21(火) 01:28:18.96 ID:9too2Uz0
乙です

4203 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/04/21(火) 02:14:58.36 ID:wJu/9ki5
乙でした

作中でも散々言われてるけど、デスゲームじゃなきゃ本当楽しそう

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
血まみれ勇者 第三十一話 (12/04)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 75 (12/04)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 74 (12/04)
  • 国際的な小咄 7943 だから、Kindai (12/04)
  • 国際的な小咄 7942 頭おかしくなるわ (12/04)
  • 国際的な小咄 7941 書記長はソ連では重要視されていた、それがよくわかる (12/04)
  • 国際的な小咄 7940 もしいまだに見ていたら読者投稿を頼みたい (12/04)
  • 国際的な小咄 7939 フランス人寛容過ぎない????? (12/04)
  • 国際的な小咄 7938 血の誇り (12/04)
  • 読者投稿:ワセリンについて (12/03)
  • 読者投稿:六花亭のご容赦どら焼き ~ 我が家のスパイス (12/03)
  • 読者投稿:「たのしいぱちすろ」~スロッターの朝は早い~編 ~パチ屋に咲く花~編 (12/03)
  • 読者投稿:骨折についてと骨折はやばいんじゃについて ~ 簡単にですがМ1準決勝レポ(ネタの内容についてはないよ) (12/03)
  • 読者投稿:クロテッド・クリーム代用品チャレンジ (12/03)
  • 読者投稿:GEの話蛇足 「銃周囲の事情とその変遷」 (12/03)
  • 偶には懐かしい話でも やる夫とミクとヘスティアさんの崩壊世界暮らし(大変とは言っていない) その4 (12/03)
  • やる夫とプリンツ・オイゲン (12/03)
  • うわべだけ魔王様 第6話 (12/03)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百十九話 (12/03)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第十話 (12/03)
  • 国際的な小咄 7937 なんとも面白い話ではないか (12/03)
  • 国際的な小咄 7935~7936 暫く扱いません ~ チベットやウイグルの場合 (12/03)
  • 国際的な小咄 7934 ……お前は何を言っているんだ……? (12/03)
  • 国際的な小咄 7933 死ぬな……それは (12/03)
  • 国際的な小咄 おまけ (。´・ω・)ん????? 他 (12/03)
  • 国際的な小咄 7932 読者投稿がなぜ生まれたか (12/03)
  • 読者投稿:たのしいお酒の話 初めてのカクテル ~ とぅりびあるネットスラング 「シーフ」 (12/03)
  • 読者投稿:訂正とお詫び・下石橋愛宕塚古墳 (12/03)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄 広島県編 個人的な尾道ラーメン事情 (12/03)
  • 読者投稿:競馬のすすめ ジャパンカップゆる回顧 (12/03)
  • 読者投稿:鹿児島の小咄 ~こんなところに鹿児島が~ ~市町村合併のアレコレ~ ~鹿児島風俗事情~ アニメの小咄  ~新ゲッターロボ  原作:永井豪、石川賢~ (12/03)
  • 読者投稿:仏教 日常の中の瞑想 (12/03)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 35 (12/03)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 34 (12/03)
  • 残念美人オルタちゃんの華麗なる日常 最終回 (12/03)
  • METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~ 第1章《焔継ぐもの》 第8話「涼宮ハルカの冒険・前編」 (12/02)
  • そんな二人は同棲中 第十九話 惚気 (12/02)
  • 読者投稿:政治思想の理想な小咄 (12/02)
  • 読者投稿:ペットボトル紅茶についての雑感 (12/02)
  • 読者投稿:君はこのゲームを知っているか! (12/02)
  • 読者投稿:先日の日中外相会談への批評についての話 (12/02)
  • 読者投稿:ゲーム史紹介!フロム・ソフトウェアKING'S FIELD三部作の1~2編 (12/02)
  • 読者投稿:広島焼きという名称の利点 ~ お好み焼き呼び方問題 (12/02)
  • 真成町の奇妙な人々 第十二話 ドールハウス (12/02)
  • 59号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです ふぉーるあうとすりぃ うらばなし 12 (12/02)
  • 【◆KuKioJYHKM】鷲尾くんのイヌワシ日記 (12/02)
  • 読者投稿:光学入門 第1回 光の速さ (12/01)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄 富山編……天神講 (12/01)
  • 読者投稿:日本の左派から見たサンダース ~ 日本の左派から見たポピュリズム ~ 簡単な読者投稿の話題の作り方 (12/01)
  • 読者投稿:インディアンの文化に対する評価について (12/01)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/10)
    ※完結作品は集計した前の月(9月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    \
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1女神転生・超儀典 やる夫の割りと暇な女神転生
    2やる夫の現代ダンジョン2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    4横島くんは死神になるそうです4あんこ時々安価で鬼滅の刃
    5やる夫は魔導を極めるようです5やる夫はソロハンターのようです
    6あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG6ローグライク異世界転生
    7やる夫たちでソードワールド7華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    8やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。8異世界食堂できない夫
    9白頭と灰かぶりの魔女9やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    10やる夫は聖杯を落としたそうです10ドクオが異世界転生したようです
    11血まみれ勇者11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱12ご加護なカンジ
    13デーモンスレイヤー13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部14やる夫がアイドルになるようです
    15日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅15やる夫はギルドを経営するようです
    16できない子とSCP16レベルを上げるスレ
    17アカガネ山のやる夫17アメリカンヒーローアカデミア
    18人形使いできない夫の旅路18やる夫はLVが上がらないようです
    19やる夫がロードバイクに乗るようです19やる夫は男子校?に通うようです
    20それ行けサイヤ人やる夫!20証言と証拠は安価とあんこの後で
    21英雄を作ろう!21やる夫の野望
    22やる夫は仲間達と冒険するようです22新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    23あんこ時々安価でヒーローもの23やる夫たちは三連星(代理)のようです
    24◆25NC1ovscM総合24主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    25METAL・YARUO ~鋼鉄の魂~25やばキャン凸
    26やる夫王子の暇つぶし26やる夫博士とゆかいな仲間たち
    27やる夫達は人間ではないようです27ダンガンあんこ
    28やらない夫がサッカーで天下統一するようです28やる夫は人形使いと呼ばれるようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29あんこくさい連合
    30その名は「レヴィ・ザ・スラッシャー」!!30やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    31森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠31オーバーあんこ
    32ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1132STALKING!!
    33ファンキー・デッド・ラブ&ピース33ダンガンカオス
    34やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです34できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    35流星のレイン35Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    36彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです36コンピューター様、情報更新は義務です!!
    37やる夫は駅の記憶を集めるようです37翠星石の『細川煩擾記』
    38やらない夫は集われるようです38真紅はお嬢様呼ばわりされたくないようです
    39そんな二人は同棲中39やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    40魔女はやる夫になるようです40二人はヒャッハー世界の何でも屋


    過去ログはこちら
    人気ページランキング