スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 断章

目次

3324 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:35:42 ID:W//suR54



                                  / ̄ ̄ ̄
                              __/|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          /                        \
                          /                           \ \
                      / ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\          \ \
                        /                     \          \|
                    /       /                    \          \
                      /       /                  \          \
                  /       |                        \      | ̄\
                    /           |                        \    |    )
                      /        /\                         |     |
                  |          /   \                          |     |
                   |          |     \                   |     |
                   |        |        \            \    |     |
                   |     |     |  --―‐ \|\       | /\   |     |
                   |     |   |      -――   \_|   |/ } |  /   |丿  一度、〆たけれど、ちょっどだけ断章を流すよ。
                   |ノ|  |     \  .フニニニニ7  |   |    /|/     |
                      |  |.      |\__  \)      | 人|  /        /    ちょっとしたプロローグ。 さて、それでは――
                    |  \     |\       ノ  ハヽ |/     |      |/
                  |/\ \\_|  |             丿     |      |___
                     |   \   丿                \|\|\|      \
                     |/\   \  ̄\             /\        \       \
                       丿  \       ー< ___/   |     / ̄ ̄ ̄    |
                           \           |  |    /|     /          |
                           \| ̄ ̄ ̄ ̄ /   /     /               |\
                                 \_   /     |     /               \
                                     /      |    /                |
                                      |       |   /           ____丿
                                      |       / ̄            /       \
                                /\   /          __//            |
                                 |  /\      ___/    /          |
                                 /  /     /         |  /              |
                                   /  /                 \|         \丿
                               /  〈                     / ̄    _      |
                                 /   /\    \            |        \___   |
                              |    |  )    \           |              丿
                                / ̄ ̄  |          \_     /      ̄\       ̄|
                       / ̄ ̄\/         |                /        \     〉
                       /___/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      __/              \  /
                    /__/                   \       |                  /
                     |__」                  \__丿                |
                     |__」                       \                       |
                   |__」                        \)                 /
                       |__」      \                                  /
                     |__」        \    \                        /
                      |\___\        \    \_                  /
                    |  \___\     /厂\                        /\
                  |    \___/ /   \____               /   /
                      \         /\          \______/    |
                       \_____/   /\      \                     |
                                  /   \      \                 /  \
                                 /      \      \________/     \
                            {         \                          丿




3326 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:36:18 ID:W//suR54




...............................................................................................................................................................................................................................................
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:




3327 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:36:33 ID:W//suR54




┌───────────────┐
│                     ...│
│  この世はとかくつまらない。    │
│                     ...│
└───────────────┘


                               ┌────────────────────┐
                               │                            ....│
                               │ 何もかもは見知った書き割りだ。   ....     .│
                               │                            ....│
                               └────────────────────┘




3328 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:37:45 ID:W//suR54



          i゙ ゙̄i
          /___ヽ
           || !     ,.、
           || ゚    .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ||    | |
           ||    | |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ⊆⊇    i_i\ノ´ー-'´゙ ゙̄`ー-'´, --
                  `ー、 ヽ ´  ゙̄`ヽ ゙̄、
                    \ヽ\ヾ  ; !  ヽ
                     \ヽ\ `゙ ´    ゝ-
                       \ゝ`ー─────
                        `ゝニニニニニニニニ
                         '-゚






                  ノ)            _ノ)
                / レ'7      ノ)‐ ''"  /
              ト、/    |  ,. ''"´       }/|
              | '      ハ∠、        ' ./
              _.ゝ_.. -‐──- 、       /
          (ゝ-‐'´ '´           `' < イ -‐ァ
           >'" /           ヽ、 \. /
        ./    {       `ヽ     '   ∨
        /  /  .∧     ト、_」ニ、|  ,ハ ,r'.二ヽ|
        | l {.   !‐ァ 、   |'´ ん' ハ∨  //:::::::::':,!
        |八 \  |「lヽ `ヽ}  j_zソリ ハ | |::::::::::::l|   ・・・・ああ。もうすぐ悲願が叶う、
          \ レハ{ り       "7 /  | .!:::::::::/.!
          {7 l7"  '        レヘ  ヽ.  ̄ ∧   この瞬間すらも“知っている”、か。
            ,| 八          リ  ノ ` ̄´  \
              レ'}  \   `     / イ    ハ  , )
              / _ノノヽ、_   イ  八、 ,.イ' )/レ′
           レ'´ ∨`ヽ,人|     ト、{ ___)ノ_ ソ
                  __,.r'‐ァ'"´/:::::::::::::::::::::::ヽ.
                /´|\::/ムイ/::::;:/´ ̄`ヽ:::::ゝ
              / 、/  /::::|::::|:::://      .}'´
           /  ;' /:::::::!::::!:イ  l 、    .!
.          /  { くr-、_」-‐'  ヽ l    |
         /   .|  |(>||     `l   |
           /   ,:|  |   l||       l    |
        /   .//  ;'  リ      |    |
          l   '  l/   ; 十/         |     |
         |    /   /  /       /    .!
        |   r'   /  /       /     /
.          | /> 、/  /       /    , '
.         l./\ l   >k.,_  __, /   /:ヽ


3329 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 22:38:29 ID:8yCxExzT
未来の情報をもうすでに知っている?


3331 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:41:03 ID:W//suR54


┌─────────────────────────────────────────────┐
│                                                                  │
│ かつて、わたしは普通の学生だった。良く笑い、良く泣く。ただ、少しばかり好奇心が強く、頭がよかった。   │
│                                                                  │
│ ときおり、神話的な事件に出会い、解決していった。この世界の全ては未知で、輝いて見えた。        .│
│                                                                  │
└─────────────────────────────────────────────┘

           ト、: .    ,.>-──‐-  .,     ,.  -──…ァ
         〉: . . ´             ` く     _/
         }/                     . . : `ア
        イ                      . . : . . : /
        /      /         . . : . . : __≧.,
         /      ,イ    l|         /|: . . : `: . 、
          |l    ,r=:く八     八        /.;.;| : . . : . . : .\
       从   i ハ(,〉 )ノヽ/  Ⅵ   人  /.;.;.l| : . . : . . : . . : .
           ∨ 八弋ソ   ィ>x },/  /.;.;.;.从: . . : . . : . . : . ',
          _,ノ  ′'' ,     {//し〉ノγ´ ̄`Y ハ: . . : `: . 、: . . :|
       `7 /八      ,, 弋ン イ l{{ 禾ロ }  l| : . . : . . : \ : .|
          乂  r\ `         ノハ乂__,,ノ  l{: . . ト、─- : .ヽl|
           )ノヽ >―┬…7 /   l| } ハ八: . .| \: . . : 八
              }ハノソリ  〈rヘ{人从,八ノノ    \| ニ彡 : イ: . .ヽ
               ///  ////`\: .|=ニ彡        |: .|: . . : }
             /∨// ////////,ハ乂      '   丿人从ソ
            /  /^レ‐┐//////////∧: .\   -  /\
         /  }レヘ_jノ ̄ ̄ ̄/''´ ̄`ヾ厂⌒ ̄ ̄ ̄  ノ ̄`\
            ′ /.:..:..:../      /′     |`ー──r:r‐ ''"     '.
         |  l:..:..:..:イ     | |     |     ||          |
         |  |:..:..:..:.|      ヽ|       | ,i;|;i;|;i, ! |   | /  |
         |  |:..:..:..:.|       :!    | ハ从ソ ||   |/    l|
         |  |:..:..:..:.|       :|     | 〝'''''″      /    |
         |  |:..:..:..:.|         |      !  ,i;|;i;|;i,    ′      !
         |  |:..:..:..:.|        |   | .从从リ     |       |
          ∧ /.:..:..:../      |     | 〝''''''″     |,/      |
       ∧/\:..:../        |     ト、           /     :ト、
        /  V//`ー─┬─┬─‐|     | \       /       /  \
      ∧   \/////|/// !/// |     |   \   /           \




                         ∧          /      ハi
               __      | `ー===ミハ  /i'   i       _,ハ
   -==ミ、 _ ,..-‐:'´::::::::::::`ヽ-─ 、-'ミ>─.、  八,ィ{ >─'──'X´ イ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : ヽ::::::::∨-‐ミ/    ⌒ヽ、  _ノ
    /'⌒>:::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ノ: : : : : : : : ´ ̄\V          Y/⌒ヽ
         ̄`ヽ、:::::::::::> '"´: : : : : : :i: : : : : : : : : :ヽ  i   ,ィ‐i、   ヽ:/:〈::::, _
          _Y´:/: : : :{ : : : : :_:ハ: :ヽ: : : : : : : }   ト、  l,.ム=ミ、 ノ::X-:::}´⌒ソ
       Y´: : : : : :{: : : : ,x==ミY´  ノ: : ハ: : : : : :/  /   Y んハ Yイ`く__.ノ`ヽ
       .人: : : : : : ゝ、:Y んハ   ´z≠ミィ : : イ rr=ミ     乂ノ ノ  i   ノノ
          rfミ、:_:_(: : : : ヽ弋.ノ    んハ .〉、: :く八乂__〉   , _  (    Y´
         ヾ「:! Y´:_:_ノ、:人  ト ' _, ゞ-' /´: :/(( \   <_ノ ,.ィヽイイ
         | | ヽ{ ヽ(  > ー_'__ ,. ィ: >: :`ヽ人  .>─‐</:::::::::ノ <    l ̄i
         | |   > '"´ ∧ ト/ >、 ソ `ヾソ´( `ー>、:::::::(_∧_)イ ト ,  ` f'=┼.┤
         r'‐fY´   ,. イ  / T ´ト、 \   ´   / /T/| \xz-r、 > ーくr‐i
        弋人ト、/  /  ,′i| ノ \ `ーォ_ >くヾ/   Yー---‐<i>ミ{_〉7‐┐ |
         | |  r─ '´   !  l {   ` ーr'ノ`Y´`′  /`7 ハ T ´     /:::::/ 〉!
        _| K´ V     i  i|  \     ー'   _,.イ/ / /::i i  \  `フ:::::ノ / |
        ヾi「i( ∧    |  l!    `ス       〈i:::::く / /:::::| |   >‐'::::::/ / . |
          〉=〈Y  \   |  li   //      〈\::::<_/:::::::L⊥_/::::>─'/!  |
        /,'i}l{ハ  ̄λ>.┴‐ '"´ >´          ̄i二ニ=、:::::::::_,.イ/ ̄  L.__!
        ,'i}} il{{iハ / `7⌒´`r‐ f´              | `7==イ⌒T´
         i l }i i|| !/  /    ∧ Ⅴ             /__/   !_|
         || i {{ { i/ ー/       L,.ノ!               {_}   .{__}
         Li!i{ {|/i二ハ      .ト、_,ハ            ムミi  .ムミハ
       └L八::::::::ノ     人::::ノ            ト=彳  ト=ニイ
            ̄


                __        }ト
               >''"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``''~、  {  ` 、、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:\ {     丶、
.         ‰.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶廴_     \                 __ノ
          /.:.:.:.:.:/.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨. .``ヽ     ー―- ., ,,...斗----― ''"´ /
.         / :.:.:.: /.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨. . . . \   _} <               /
.       .:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.:/|.:.:.:.:.:/}.:|.:.:.:.:.:.:.:.∨. . .>''"´      \       /  ∥
.        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:./´ ̄`ソ.:.:.:./∥:|⌒ト.:.:.:.:.V//  /        \ー-- . . . . . //
.        | .:.:.:. |.:.:.:{.: .: .厶斗-ミ:// / 斗x、.:.:.:}.:.:.| /  /      }!     V. . . . . . . . .ノノ
.        | .:.:.:. |.:.:.:{.: . jシ^ちハイ {/  んY^).:.:ノ八|   Λ     ノl    |  乂. . . . _彡
.        |.: .:. :.|.: .: .: . |  V,ソ     Lソ/イ /  / _|   / ! l  |   \<⌒
      j: : : : |.: .: .\乂 ´^      、^`{.:.:.{ {/ ∥ / `|   //'=┼|-  l  }ト.., \_,
.       /. : . : |. : . :/\         爪.い { ー外ミ、j //   }人|  l /:::::::::::Y Τ
      /. : .ノ/. :/ . . |`ト     fノ  イ::::::ヽ乂ハ 弋ソ^ |Λ 尓F弌x__|{::イ:r┐Ⅳ!
.     /. .////. . . . | 、   > _  イ:::::::::::: ノ: :} }ト-   ,   └ソ  }  |:{::不L」::j\
  //.:/(./ . .l  . . 八 ``^^^``ノ'⌒Y::::::彡.: ノ j从            ノイ 八:::::::::ノハ\ヽ
 / 弌_. .\{   乂 . . .ヽ    / {/´ ̄.: イ ̄| :込  V ーァ    ノイ {  { {  } }/}
.〈 . . . .) . .`Tニ=ー- 、. .}    /. ./. /}::\八{Λ j\ ''r '"´ ̄'イ:| | 八 い乂  jノ
   ̄)/ . . . . 八Y\. . . .∨     /. ./. ./  ノ:::::::::\ : }人い八   /,: ト乂 \>
  / _ 斗彡::人 ). .∠  __ ,{   {-彡:::::::::::::::::ヽ: : : : }ノ ∨  /, {: : //
/ ∠::::::::::::::/::///  Υ  ::. \   \/ ̄ ̄``\ : : Λ ∨   /,: :/ /: : : \
. /   ̄`\::::////^i人   人  )ト-j′ : : : : : : : :∨/-Λ ∨   ∨/: : : : : : }
 {\__   ( (/ / { |\`¨´  Τ:/{ : : : : : : : : : : ∨ニニΛ ∨ /\: : : : :/Λ
. /:::::::ノ ̄)ノ::>'゙ /{ ヘ, \\   /::/ Λ : : : : : : : :/\ ニニニΛ ヒ ィヘ \: : : : :Λ
.{::::::/ /::::::::| / Λ  \ \\/:::::{  {:::} : : : : : : : :{ : : :\ニニ廴 ∨/´ ̄ ̄`V : : :Λ
. ∨ /:::::\ノ ′  /ヽ       {::::::::\:::::{ / : : : : : : \:____: : : : :/ /´ ̄  ∨ : ー--、
 乂{::::::::/:/  }   {/ヘ      ∨::--彡:ノ: : : : ://Λニ/  ̄ ̄くに二二  \__: : : :}
 /::::::::::::{::∨      /Λ   ┌―<:::::厂 ̄://  `、∨      { / ―┐  ノ \: \
V::::::::::/:::{    ,.斗イ:::::Λ/⌒::::::::::::∨: :://    `、      }      |ー彡   ) : : \
ノ:::::/:::::::::ノ _ィ::/⌒:::/::::::::::::::::::::::/: / /\       `、      ;′   几ノ\  ___彡``'<
:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::/: : :/ /:::::::::::\     `、   /    / / : : : \ ̄


3333 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:45:01 ID:W//suR54


┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│だが、ある日。 わたしの地獄は、禁断の果実を食べた日に始まった。    │
└────────────────────────────────┘



.           ,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
.           丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
.           圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
.           圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
.           j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
.           Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
.           /   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
           ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
           lll                      __,,,_   _,,__               為Ⅳ       Ⅶll
           {{                 _,,,---<::::...ヽ`ー':ノ  `ヽ   _         '為ソ       Ⅶ
           ヘ_               /....::::::::::... `ヽ:ノ .::/.::   ヒ´  :::.       /ア          ヘ
             [ft            厶-‐:::¨ ̄`ヽγ___.:〈.:::  /    〉      〃
             Νk          /..::::::::::    _〉::::::::ミー-く   _ 一-- 、    7
              !垈     .     /..:::/ ̄ ̄`  く:::ヽ、:::::}::::::::レ' ¨´      .:::〉  ノ
             .為llll}        .::/   ___ 」, -‐ニ==、rく___    ..:::/
            .ィ圭洲;    .   V   γ´  /  }_/ ̄∨ ̄`ヽ   ̄ ー‐‐`ヽ
           ,ィ劣圭:㌢           /   {   :|   ヽ    \   ....::::::/  λ
          ,ィ劣斧ア          マ :八   :、    ヽ    \    \ -=ニニ{   {会ュ。.
.           f,/淤圭Ⅳ           ヽ ヽ  :::..    ::.\   :::\    .::::::::::/   `''寺ll≧ュ。.
.           /淤圭Ⅳ             マ:::::\ :::.ヽ   ::::.\  :::::`:::......__..:::ノ     為圭圭丞
.           圭丞Ⅳ               ヽ:::::::マ::::::\::::::::::::::`ヽ、_::::::::::::::/      為圭圭圭丞
.           圭i:洲{                 `ヽ\:::::::`ー-、::::::::::::::ヽr‐ '        ,炸,圭l圭l圭l丞
.           圭i:刈                 [  `ー--、::::::::::>-一 ´          ,炸圭圭l圭圭刻
.           圭lil代                    /k       ̄ .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
.           圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
.           圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
.           圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
.           ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
.           圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。


3334 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:45:24 ID:W//suR54


┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│  それはあらゆる知識を与える――そのためにとある魔術師が作り出した叡智の果実だった。        ....│
│                                                                    │
│  魔術師の企みを挫くのには成功したが、友人が重傷を負い、素人の応急手当では延命すら望めない    .│
│                                                                    │
│  ありさまだった。                                                        .│
└──────────────────────────────────────────────┘

          ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             l7   l
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´                    !


3336 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:47:27 ID:W//suR54


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│  ――知識がいる。世界の名医並み――いや、それよりも優れた知識が。               .│
│                                                            ....│
│  あらゆる知識とまでは行かずとも、魔術的な果実だ。何らかの知識は得られるかもしれない。    .│
│                                                            ....│
│  覚悟を決め、わたしはその果実を口にした。                               .....│
└──────────────────────────────────────────┘


|::i       ヽ、                         ヽ
.|::i       ヽ                      ヽ
..|::i                                 ヽ
 リ                                ゝ
  !                              /
  ! u
                    .       i'´
                    ノ       |
                      ノー- 、     `、
                   ´    ヽ、      }
                           `ヽ、,.ィ'
                          `i
                         ノ
                       /
                          /
                       /
                     /        r'^`ゝ.,.,.,   ,.  r'fト、
                        /      r--ζ   と ´`´` ´rtァ  ヽ
                      /       !,  λn   。 _   λ  `ヽ
     /`  ー  --    イ        >=も   n ,.ィ'´ `ヽ  ξ   ヽ
     ./                   r ' ´   ゝゥ   イ !   i   ^ろ、  ヽ
   ./                     イ   , ォィ´   '     ̄ /   ィt r}   |
   /                   /    ノ-{`´ n '     ./    χ   .|
  ./                  ./    /  ´ヾ /       /    ^~ ζ   |


3337 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:48:04 ID:W//suR54


┌──────────────────────────────────────────────┐
│  結果、得たのは知識ではなく、“既視感”だった。 何か新しい知識が得られるわけでもない。        .....│
│                                                                    │
│  未来がわかるわけでもない。ただ、起こった事象だけが、“知っていた”かのように思えてしまうだけだ。  .....│
└──────────────────────────────────────────────┘

                                                                 >-=-<
                         ト                                          _}      {_
                         | \  ト (        ,/    ,ィ}                       }二}      {二{
                         |   \|___\_ ___ ノ九_/ /                            ̄}       { ̄
                       _|    / / / \!  ト      /{                        >-=-<
                          `ヾ   /.// /   / .イ  ‘, / ノ                           |: :| | :i|
                         }/   / /  //      ∨ /                             |: :| | :i|
                        ー=彡  / /|  /´  | \1  ∨                                |: :| | :i|
                      _入  |/| | ∧   !1\ |  乃,                           |: :| | :i|
                      {/∧  ∨ }ヾ ) 斗ト У  //:}|                            |: :| | :i|
                      {// }\ 廷似    廷リ ///:}ト.                             |: :| | :i|
                      人//}: :i}\ゞ   __  //}: :乂ム{                           } ̄¨ ̄{
                        ⌒77¨¨≧―…/ ̄ ̄ ̄>=ト。_\                         }____{
                          {_入 _/ -― ¨ ̄     ム ⌒                           { 二二 }
                             >  /   /  ____{必_                          |: __: :.i|
                         _{_____ .∠…=ニ.: :i|          ̄¨¨  ――――-- . __rュ=…r。_//.:.:.i|、
                            F=/¨|i:::::/}i〕\、.: : :i| ィ…―--r=...                  | ├= | !   /:.(ニニ/
                      / .:: /!i::// .}}  .}:} : /1小       \    ̄ …ー―――――LJ--∠j_   | :fニ二}
                         / . :|〈. ∨《__ノハ_ノノ∨ Y \                           `ー|: :f--ノ
                     /  . : ヽ /∧ `¨1|   /   \                          |: : ¨´i|
                     ,  ...:.'  |.// 化引:|   ,      \     \                       |: : : : i|
                    ’  . :/  .//  }  |:|  .        \    \                   { 二二 }
                       /  . :,  /rY   化引:j  {_         \    \                |: : : : i|


┌────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                     ...│
│ 私の腕の中、冷たくなっていく友人の死ですらも“既視感”のせいで心を動かせなくなった。              ...│
│                                                                     ...│
│ 知っているのだ。まるで、すでにあらすじを読んだ小説のように、無感動にただ、友人の肉体が冷えていくのを  ....│
│                                                                     ...│
│ 見下ろしていた。                                                          ..│
└────────────────────────────────────────────────┘

                                         -―――――― ¬__ノ^゛`―-、
                  ̄`ヽ 、             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'´_≧=  _ ヽ
             ,,'"       ≧=-'" ̄`丶    /::::::::::::::::::::::-―:::::::::::::::::::::::::`ヽ ̄ ̄
            ノ         、  /⌒丶  ヽ /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
         _,, 彡     i      V::;::::::::::::ヽ㍉lイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉.____,--、
   .斗 >'" . '"  )   /l     , }::::、:::::::::::::::、::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈    {   〔_ `ヽ
   |:::::::::{ . イ  ___彡'    イ   イ /:::::::\廴;;;;;;`ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\―=ミ≧=ヽ、  ヽ
  Λ:::::::Ⅵ        //  /⌒ >'⌒ヽ< ::::::::: ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、      ゛ー┘
  〈/ >、:;ヾ、_        〈  /{_  〔ノノィ ,  ヽ::::::::::j__ノ::::::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
  〈// Ll> .        ヽ_ ヽ  ̄  ⌒ ̄`ー--'  ̄  ミ、::::::::/ `  .,:::::::::::::::::::__:::::::_:::::_>
  〈/      ヽ ,_     ノ  ン                   ̄        ̄ ̄
          }/   ̄ ̄


3338 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 22:48:27 ID:Rf9Y1t5G
助けるために食べたものが今ではこんな結果か…

3340 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 22:49:00 ID:Rf9Y1t5G
ってあぁ、そういうタイプの奴か。それはSAN値消し飛ぶわ


3343 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:53:27 ID:W//suR54


┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│ 自殺も考えたが、その死すらも――あるいは死後の苦痛や快楽さえも“既視感”に囚われて      ..│
│                                                              ..│
│ いるとしたら。 わたしは死ぬこともできなかった。 そんな無味乾燥な日々を過ごしていたとき、     .│
│                                                              ..│
│ わたしはとある神格の起こした事件に巻き込まれた。                              │
└───────────────────────────────────────────┘

    ;:::::::::::::::::::::::::::::′‘;::::::::::::::::,  \::::::::::::::::::
   ;:::::::::::::::::::::::::::::;  ‘;:::::::::::::::,    ヽ:,、::::::::
.   ;::::::::::::::::::::::::::::::!   ‘;::::::::::i、::,x''"´‘,::, 、::::::
   ;::::::::::::::::::::::::::::::l     ‘;:::::::::,ヽ:::、   ‘;:, 、::
.   ;:::::::::::::::::::::::::::::::l-    ',:::::::::, \  ‘:;  ',   ┌───────────────────────────────┐
  l::::::::::::::::::l'、:::::::::l      ',{\::,   ,ィ彡芋ミ    │わたしには信じられなかった。けれど、その事件に関わる間だけは      │
  l::::::::::::::::::l´、:::::::l        \ィiル'         │                                            ....│
  l:::::::::::::::::::, 、:::::l____                     │“既視感”が消えたのだ。                               │
  l::::::::::::::::::::, ィ彡"~`ミ            u   │                                            ....│
  |::::::::::::::::::::',{l{l{                    │事件が終わったあと、ふたたび戻ったけれど、その体験はわたしには   .│
  !:::::::::::::::::i‘,                         │                                            ....│
.  ‘:::::::::::::::::::l ‘,       丶    _.. -- 、    │衝撃だった。                                     .│
  ‘::::::::::::::::::::, ‘,        ,. '´      ,    └───────────────────────────────┘
   ‘;::::::::::::::::::,__,:、      ,.イ        }     ナンダコイツ、ヤケニテンションタカイナ。
.   :,::::::::::::::::::'、i、::、     ヾ         ./
    i::::::::::::::::::::::、:::lヽ.._      ._    /  /
    |:::::::::::::::::::\、:l.  `   .,        /
    |::i;:::::::::::::::: l \      ` .,    /
    |::|∨:::::::::::! l ` .,     `¨¨¨´ \ / 【ある意味、余計なことをやらかした神格 近影】
    |::| ∨:::::::::::::, ‘:;、            /く /
    |::| ∨::::::::::::::、 ヾ、          / /^i:::
    |::|.  ∨::::::::::::::、            / /  l::


3344 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:55:01 ID:W//suR54


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│やがて、神話に纏わる知識を深めるごとにわたしは確信を深める。                  .│
│                                                           .│
│グレート オールド ワン、外なる神。わたしのなかにある“禁断の果実”よりも格上の神格が    │
│                                                           .│
│支配する空間には“既視感”は適用されない。わたしは“既視感”から自由になれる。        │
└────────────────────────────────────────┘

               ト、
___       {廴_ i}:..\
ト、.`ヽ       ゙:. `《  . .゚.
 }:..  `く⌒ヽ   :, i}   . i  __           , -ミ
⌒ヽ.:.. . . :.. }≫=}彡'’.: . . }'´/         / ..:/
-ミ : . .ー=彡 /.: `ヽ   ⌒V        / ..:/
廴>.:/. . :  ′  ハ  :. `ーノ     / ..:/
`ー‐ァ'´}ィi ,: .i{   f′i}  :i  く       / ..:/
  {{和从/{ 从 . :{ 八 .:}  iハ    / ..:/
  介=彡'} 巧テ=ミ }/_,,厶丿 ノ丿    / ..:/
/⌒\_人 弋ぅ'′  仡ア ./从⌒ヽ./ ..:/
/´ ̄`\:.`ヽ    ' 丿:〈ニニ三/ ..:/   さて、ここまでは概ね、計画通り。まだ綱渡りはありますが、
、'.'.'.'.'.'.'.'.'.\介r-`´r彡.:}八ニニ,〃..:/
j廴__'.'.'.'.'.'.'.'. `ト、⌒Vこ7^ヽ}_// ..:/     どうなることやら。
-=ニ¨~ ̄.'.'.'.'.'.O≧==彡O《'^V ..:/
.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'/  `I亞《 `/ ..;《
.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'./∨  }尸}}r‐'ーク.'\
.'.'.'.'.'.'.',,.。*''"i   廴..斗f壬{__弖'.'.'.'.\
=-=≦三三弐   ,.。ャセ≦ {ニ=\ '.'.'.'.\
三三三三三≫r< /.;.;.;人 マニ=ミメ、 .'.'.'.'.\
三三三ニア´ .乂__`゚¨““'''┴-ミ三ニ=\'》V《.\
ニ=‐''"¨ア′. . :   厂¨T''''Iー┬{━・≫{´ ̄`}≪\
\    . . . :    . :| ;.;.; | .|;.;{ :|三三ニ》'^《'.'.'.'.'.'.'.
.'.'.}  . . : . . . : .|;.尺;| '人;尺 :、ニ三三ニ=≧x。.'.
.'.'.乂        . :| ;.;.; |. ' . \;\\ニ三三三三≧
.'.' . ' `ー-  ..,,___j_亞 |. ' . ' . 'ヽ;.\\ニニニ三三




┌──────────────┐
│ さあ、世界を変えていこう     .│
└──────────────┘

::::::::::::::刀/::l        /:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/:::::/::/
::::::::::::::::l:::::::ヽ      /::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::::/
:::::::::::::::::l::::::::::l     /:::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::/_
::::::::::::::::::::::::::::v:l_,,..ィ'':::::\:::\:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::l:::::::,,,..ィ'/::::::l::::::::::::::\:::::::::\::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::\:::::::/
:::::::::::::/:::::/:::::::ィ:/:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::\
:丶::/:::::::::/:::/ィl:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::::丶
\/:::::::::///./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
::://:::::://ニ/::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::ヽ、
://::::/ィニニ /:::::::::::::::/ 丶:::::::::::、::::::::::::l ィ´::丶::::丶:::::::::)        ィ
::::::://ニニニニ/::::::::::::::/   \:、::::丶:::ィ'´l 丶:丶:::::l::::::::/       / /
:::://ニニニニ /:l:::::::::::/─‐- 、丶::::丶:::::/升彡/丶l::::::l      / 'ニ/
:://ニニニニニ/::l::::::::/      丶::丶::/少 /l l::::,:::l:::::丶、   / ´ニニ/
//ニニニニ ∥:::苧斧斧苧卅匕  丶 叨´ l l :::l::/::::/、斗 '' ニニニニニ/
ニニニニニニ 丶彡ニ乂ο 丿 ̄   ィ     l::::::://:/ニニニニニニニニニ/   一世一代の大勝負とまいりましょう。
ニニニニニニl::::::\:\--''"´         /:::::::::::/ニニニニニニニニニ/
ニニニニニニl:::l::::::::::`、        -  /:::l:::::l丶::::lニニニニニニ/
ニニニニニニl::::从::::::::丶 、           l::::l:::::l:::ll:::/ニニニニ/
ニニニニニニl:::::::::::::::::::::::::::::::\ l ̄    /l::::/:::/:/ l:/ニ/
ニニニニニニニニ\:::__---、::::/ニ.l:/::/ニニ/
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 、丶\
ニニニニニニニニニニニ/     \、ニ丶'ニ\
ニニニニニニニニニニ/       丶 、 \ニニ\
ニニニニニニニニニ/        丶、  \ニニ丶、
ニニニニニニニニ /          l l    \ニ\ニ\
ニニニニニニニニ/          //     \\ \\
ニニニニニニニ/         /ニ /       \ニニニl\
ニニニニニニ/         /ニニ /        丶


3346 : 小梅太夫 ◆TCRq7u6tX6Zb : 2020/04/26(日) 22:56:51 ID:W//suR54



              /                  \     \
             /         /        ,へ         \
                        /        /   ヘ
           /         /          ./     }
            /        /          /         |
          ./        /             /  _      |
         /           /          /    `ヽ   |
         / /       /           / /         |
         / /       /           / /             |
         / /        /           / /           |
        / /      /        /{ {           |
        { {      /       ./   / | /   ―‐-       } /
       川{ /     {      /   / , リ      <三ミヽ    ソ   /  /
       | | /    |       { /          ` 、 、 /  /、 /
         {    {  |     .レ                  \} / /  }       というところでプロローグが終了。
         | |  |  |     {                ∠/  o ノ//
         | |  |  |      |   「 ̄   、       ┌―┐//      彼女の戦う理由だね。
         リ.ノ  {  |      |   、     .ヽ        .,└─´ /
              \{ ∧      ト、  ` __ノ     /                  三日月が差し出された知恵の果実とは別物だけれど、
            ソ  \   { \      _  -‐ イ `ー--、
                 , \{リ   ` ー、 ´     { /:::::::::::::\          あれを参考にある魔術師が作り上げた代物だね。
           ,---- <::::::::::::::{:::::::::::::::/ }        /:::::::::::::::::::::: L
           /::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::/  ノ    /:::::::::::::::::::::::::::::::::}        完成を見る前に神子たちによって失敗したけれど、
          /:::::::::::::::::::::::::::::、:::::{:::::::::/\    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
       /:::::::/:::::::::::::::::::::::::{::::::::|::::::::{    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉          結果として【既視感】を高めるアーティファクトが出来上がったって感じです。
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::{  ./::::::::/ ̄\:::::::::::::::::::::::::::/
       /:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::| /:::::::::/::::::::::::::::\::::::::::::::::::: {
      /:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::: レ::::::::/:::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
     /:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::|


3347 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 22:56:53 ID:8yCxExzT
て、ああそうか 番付の時に八宵から言われた、ずっと人と話していなかったようっていうのは、
この既視感のせいか

あるいは、あのセリフも既視感で見知った言葉じゃなかったから新鮮だったのか

3348 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 22:57:11 ID:Rf9Y1t5G
この邪神また負けたのか…しかも余計なことしおってからに

3351 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 23:12:14 ID:sfJpBO8G
新たな知識を得られるわけでもなくただ既に知っている感覚だけって罰ゲーム過ぎるな
未知を学ぶ苦労だけはあるのに達成感が全くないという

3352 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 23:16:49 ID:8yCxExzT
しかしそうか 上位神格の支配空間なら、既視感はなくなるっていうことは、
あの第二回番付の時は既視感働いてなかった可能性ありそうだな

ということは、将軍とのやり取りとか、八宵との何気ない会話とか本当に純粋に久しぶりに人間らしく
楽しめた時間だったんだろうな

3353 : 名無しさん@狐板 : 2020/04/26(日) 23:22:14 ID:Rf9Y1t5G
つまり歌わされたのも…

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 昭和名馬列伝 第7章 昭和名レース伝 1969年 日本ダービー (09/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十七話 (09/30)
  • DirtyPair. 小話 親フラ、キリカの母親襲来 (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです おまけ (09/30)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 番外編 変わらない、ありふれた日々 (09/30)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第拾六話 精霊 獏 (09/30)
  • 沙英は看板娘のようです 第5回 (09/30)
  • このクソッタレな世界に復讐を! 小ネタ 煉獄杏寿郎は見届けられなかったようです (09/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 偉大なる女王 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ うー-ん…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 有料記事ぃいいいいいいいいいいいい! (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ そっちに行くかぁ…… (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 柔道部どもが教える、簡単体重の増やし方 (09/29)
  • 国際的な小咄 おまけ 男子校的あるあるネタ (09/29)
  • ソロやる夫くんソロる その27 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その26 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その25 (09/28)
  • ソロやる夫くんソロる その24 (09/28)
  • 読者投稿:未来怖いなあ (09/28)
  • 読者投稿:小ネタ 燃料用てんぷら油 ~ 都道府県的な小咄:新潟編3.5 おにぎり ~ 都道府県的な小咄 グンマ編:58 雷ラーメン (09/28)
  • 読者投稿:バイオマス燃料 とりあえず基本だけ ~ タイヤの使い分け スタッドレス、オールシーズン ~ シグマ山木社長インタビュー (09/28)
  • 読者投稿:中国食事的小話:隙を生ぜぬ二段構え ~ ゾンビ的小話:社会現象としてのゾンビ (09/28)
  • 読者投稿:たのしいことのは その11 (09/28)
  • 読者投稿大会:国道 ~ 都道府県道 ~ 高速道路 (09/28)
  • おっさんと女子高生 第26話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第25話 (09/27)
  • おっさんと女子高生 第24話 (09/27)
  • 彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。 リペア一四回目「椅子と木人をリペアする」 (09/27)
  • 読者投稿:将棋の世界について「第71回奨励会三段リーグの結果」 ~ .「奨励会概説 どこが特に大変なの」 ~ 「JT杯の仕組み」 (09/25)
  • 読者投稿:模型の国の女王陛下 (09/25)
  • 読者投稿:は?(真顔) ※フィクションです(願望) 他 (09/25)
  • 読者投稿:たのしいけいば~Your Majesty~ ~ たのしいてんのうじ ~ 「たのしいうんてん」~繰り返す者~ ~ たのしいえいが~デリシュ~ (09/25)
  • 読者投稿:コロナに感染ケース紹介(本当に軽い方の軽症) ~ このラノ2023投票の広告 ~ 中立公平な両論併記と、情報受け手への影響 (09/25)
  • 読者投稿:ニュースネタ EV補助金の予算切れ 他 (09/25)
  • 読者投稿:たのしいことのは その10 (09/25)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その五 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その四 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その三 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その二 (09/24)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 九月 その一 (09/24)
  • 読者投稿:カーネル・サンダース ~ クロモリのクロスバイク紹介 MARIN (09/24)
  • 読者投稿:和歌のテクニック「本歌取り」について ~ 月を見よう ~ 藤原道長「十六夜? そんなの関係ねぇ、俺にとっては今夜が満月だ!」 (09/24)
  • 読者投稿:ダイビングに行こう23~32:ダイビング用機材について(1) ウェットスーツ、ドライスーツ 他 (09/24)
  • 読者投稿:増量の友 ~ とある侵略的外来生物 ~ 車の窓って丈夫なんだよ? (09/24)
  • 読者投稿:川崎病じゃねぇ! ~ 在野の理学療法士 ◆Cgv/IcOLlc さんの投稿の補足 ~ 医学研究紹介 (09/24)
  • 読者投稿大会:辛い物 (09/24)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百九十六話 (09/24)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第四十八話 (09/24)
  • 昭和名馬列伝 第6章 トウメイ伝 附 テンメイ (09/24)
  • やらない夫千年紀 第五七話 (09/24)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!