スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
毎年今年こそはなんかやろうと思って忘れるエイプリルフールというイベント
まあ面白く楽しめる嘘が思いつかないってのもありますが

ウィークリーのページランキングで使用していたサービスが完全に沈黙したもよう……。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 教えてエリカ先生2 くさタイプの強いところ

目次

389 : 方舟の名無しさん  : 2020/02/16(日) 23:30:02.31 ID:uj1gH2nEそういえば剣盾でどくどく没収されたってニュースになってたな

396 : 語り人 ◆AZXXjocihFix : 2020/02/17(月) 07:12:11.35 ID:JNLGz5Lr


ガラルにおけるどくどく



                         . :┐
                         /: : :|
                     /: : : : :|
           ''"~ ̄ ̄ ̄~"''  ′-=ニ|
              __    {-=ニニ|: _ -=ニ7
     /    _ -ニニニニニ- _V/ニ_ -ニニニニ/
         /ニニ>''"~ ̄~"'' < V/ニニニニ/
   /     √ニ/ /     |  \\二二ニ/`、
.  /     :√ニ/ ./|:     八. ┐\.V/ ̄\  ',
.  √  /   √ /  /八_    // __ 〉v: . ',:.\
. √ ./   :{//  {└─‐     :ィf灯「| }ハ } |: \
  {  /  ‘i, Ⅵ  :ィぅ芥㍉. . .─ヒツノ/ :/:ノ..:} |
  {: /|   ‘i, 「\ 込Vツ . . . . , ^``//ィ. : .}:八
  {/八.    ‘i, 、 \ \ . . . . . . . . . . ノ:.ノ ./⌒         ガラルでどくどくのわざマシンがなくなった理由は簡単だ
    \   ‘i, ≧=-⌒:.. . . . .'′/ ̄ ̄
      \.  ‘i, \_〉ハ]ニ=-<┐__
          ┘   ノ{ニ〉. . . . \ニニ|  \
         ┌‐<ニV/\. . . .:√ニ:| ‘i, :\、、
         √    \v/ニ\. √ニ八. ‘i,     ̄〉
         √   \  V┌─ 「 「 / 〉「\-. .  / 、
        /      Y└≧=-:| У./ ノ ノ. . _ -=7:\
       /      .:|′乂乂└{_/ ┘ニニ=-  ̄. . . .\
       (:rヘ       | /\__)/ニニニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄)ニ). `、
       \√ニ=- _ :|√ニ)└<ニニニ): : :  ̄ ̄~"''<. . . ',
.          √. . . .√つ >''~:{ {. . .\ニY: : :~''< ̄ ─┘ ̄
.         √. . . .√>''「[  Ⅵ_、<-- ''"~``~、、>
.        √. _、‐''゙. . . . .Ⅵ _、<⌒i:i:ハi:i:i:i ̄Y
.       √^`. . . . . . . . /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヤi:i:i:i:i:i|
.      /. . . . . . . . . ./ V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヤi:i:i:i八
       ′. . . . . . ../    ヤ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i/ハ___
       ー─一 ^`    √:i:i:i:i:i:i:i:i:〈{:i:i:i:i:i:i:i:i}У\
               √\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕:i:i:i:i:i:ノ^ /∧
              /ニニニ=-_:i:i:i:i>''~  / /∧
                ′-=ニニニニニ]: : : : ̄ ̄ ̄ /,




































                                            _______
                            -─…‐-          _ -=ニ ̄: : : : : : : : : : :/⌒
                  _,,、‐''"゙           ``~、、_ -ニニニニニ=- _: : : :./
             _,,、‐''"゙  _ -=ニニニ=- _      /ニニニ=- -=ニニニ\/
         ー──/    /──==ニニニニ\  ./ニニニ- -=ニニ二二/
               /    /        ̄-=二二\.√ニニ/ニニニ==─<
             / / /  /       . . . .\ニニ八ニ_-=ニニニニニニニ\
.            /   /  /        _、‐''゙  \Y⌒〕ヘ-=ニニニニニニニニハ
         //   ./  /|     _、‐''゙`、     乂__彡ヘ-=ニニニニニニニ/∧
               . . ′ ./八    / . . . . `、  i:  Ⅵ   V/ニニニニニニニニ\__
        /    . :{:  √⌒\ /. . .-── `、 |   :}′   \ニニニニニニ=- ^`⌒
          /     八  :汽⌒㍉. . . . . ...jI斗--ミ.:|  :√       ̄-=ニニ=- ̄
       ′ _、‐''゙ /∧ {ハ:. Vハ. . . . .^` _)/:ハY   .√    / イ
.         {/   /  ∧〉ハ . .ゞ┘ . . . 丶乂rツ/  .√   ./  |
.           /   -=叭. . . .`. . . . . . . .^``/  /}     ./  .√
.            / ''"~ / 个 . . . .、 、. . . . . .ノ イ √  ./{   √
                        :::.... . . . . . .<. .√|/:√ /八 √       ガラルではどくどくを使うと盛り上がらないし禁止されてるんだ
                    __><. . . . . {  .ノ../    .)/
                  / ̄ //ニ/. . . . . .〉\ ̄
               ′  /ニニ′. . ._ -ニニニ)
               { / ./ニ=-ヘr<ニニ-./ `丶、
               {ノ  rヘ -=八ニニ-//:   \
                / rく′ ⌒ヽ \ //         ',          ガラルの場合ジムのシステムが独特でな
              ′ .乂〕. :/: :,:⌒〕─   /: .       ',
                { : : . . . └〈__/_/   . :./∧:     \}
            _ -ニ] : : ,{: : : . .   . . : :′:ハ     . .`、         どちらかというと興業として経済を動かしている
            √ニニ/、,,_:.乂 : : . . . : : : ノ:.//|      . . 〉
          _乂ニ:/=-``~、、 : : -=≦ : : :/ :|: .      /
        /ニニ√〕┘i:i:i/ニ- _``~、. : : : /  ]ニ=- _/
.        /ニニ-ノ √i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:〕iト  \/     ',. . . . |
      └─    {i:i:i:i:i√i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i〕iト┘     ',. . . .|
             ヤi:i:i:i{i:i:i:i:i:√i:i:i:i:i:i:i/        ', . . .l`、
               ヤi:i:i{i:i:i:i:i√i:i:i:i:i/\       { . . . . . ',




                                   ┐
                               、丶` : : : ',
                         /: : : : : : : : :}
                        -- /-=ニニニニ/
                _、‐''゙     √ニニニニ/--- _
               /-=ニニニニ-√ニニニ/ニニニニニ=- _
             /-ニニニニニニ八 -ヘ-/ニニニニニニニ/⌒
             /ニ>''"~ ̄ ̄~"''<辷彡ニニニニニニ=-
                /√ ./     √ \. \ -=ニニニニ=- ̄
            / √ {     √\  `、 \ニ〔   \ `、               ダンデを頂点とする華やかなリーグ
               √ .八    {. . ┐、  `、   v〔      \ ',
          ′ {  ∨\   〈/ jI斗┐   }ハ  ',  } 「\
          i .:{:  汽ぅ㍉ .八 ィf//( Ⅵ   / ∧ }:  八〉       rヘrヘ
          |: 八  {ハ Vハ\ \Vツ/ /|', 〉/ /        ( \ |. .:}ハ . ',
          |/  \乂ハ.^''^、 . ̄ ̄/ イ 八)/⌒       .( \ } . }./. ./ /. ./    どくどくをメインとした耐久・持久戦は否定されているわけではないんだが……
               ー个::.. . .' . '  ̄ィ/> ⌒ヽ         .}:. .} } . }′/ノ. ./
                   ]ニ=-<ニ/      `、       √. .┘ . . ノ. ./
                    -=/ヘ/          `、    √. . . . . . ../
                _//:/ニニ′  ',     ̄ ̄\  ,{. . . . . . /
               「/ヘヘヘ┐  \:',   / ̄\]>"乂 . . /
              /rヘ:/ / / /   /^: ',. :/: . . ../. . . . . ._-
              (   ̄┴┴' ′ ノ:. . . . .〉 :{\. . ′. . . . ._-              促進をさせるわざマシンの存在は許されなかったんだな
              ┌ヘ{\: : . .⌒ . -=≦: : .\|/  ー─ ,,_. . . _-
           八ニハrヘ─==ニ二_ . . :.√       ー^
            \__ノニハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:r_ノ
             /. V/ ┘i:i:i:i:i:i:i:/:i:i八
            -く. . . V∧i:i:i:i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:ハ
         _/^\ v  ∨i:i:i:i:i:i:i:八i:i:i:i:i:/^\ 、
        └ミx /    vi:\:i:i:i/ハi:i:i:i:i:i:i:i:/ ̄`丶、
       /i:i:i:i:i:i:}┘       }V/ )>:i:i:i:i\:i:i:/ ( (. _)\
.       √i:i:i/⌒)′     〈\i:i:i:i:i:i:i:i:>''~   \ ─ /\
     / //:√ /         V/ニ[ ̄二ニ冖¬==─==ニ ̄`、
.    〈_//|_| ┘         V/ 八: : : : : : : : : : : : : : 3: : : : :.`、
      ̄              ヤ: -=\_: : : : : : : : :9: : :_ -=ニ`、
                    ', ニ=-\_ニ== 1─  ̄     ',
                        \      \: . .        /',




                         . :┐
                         /: : :|
                     /: : : : :|
           ''"~ ̄ ̄ ̄~"''  ′-=ニ|
              __    {-=ニニ|: _ -=ニ7
     /    _ -ニニニニニ- _V/ニ_ -ニニニニ/
         /ニニ>''"~ ̄~"'' < V/ニニニニ/
   /     √ニ/ /     |  \\二二ニ/`、
.  /     :√ニ/ ./|:     八. ┐\.V/ ̄\  ',
.  √  /   √ /  /八_    // __ 〉v: . ',:.\
. √ ./   :{//  {└─‐     :ィf灯「| }ハ } |: \
  {  /  ‘i, Ⅵ  :ィぅ芥㍉. . .─ヒツノ/ :/:ノ..:} |
  {: /|   ‘i, 「\ 込Vツ . . . . , ^``//ィ. : .}:八
  {/八.    ‘i, 、 \ \ . . . . . . . . . . ノ:.ノ ./⌒          カントー?
    \   ‘i, ≧=-⌒:.. . . . .'′/ ̄ ̄
      \.  ‘i, \_〉ハ]ニ=-<┐__
          ┘   ノ{ニ〉. . . . \ニニ|  \             あそこは持久戦や殺し合い何でもありの物騒なバトルがメインだからな……
         ┌‐<ニV/\. . . .:√ニ:| ‘i, :\、、
         √    \v/ニ\. √ニ八. ‘i,     ̄〉
         √   \  V┌─ 「 「 / 〉「\-. .  / 、        ガラルに近いスタイルなのはホウエンかなぁ
        /      Y└≧=-:| У./ ノ ノ. . _ -=7:\
       /      .:|′乂乂└{_/ ┘ニニ=-  ̄. . . .\
       (:rヘ       | /\__)/ニニニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄)ニ). `、    ホウエンは温暖かつ恵まれた気候だから
       \√ニ=- _ :|√ニ)└<ニニニ): : :  ̄ ̄~"''<. . . ',
.          √. . . .√つ >''~:{ {. . .\ニY: : :~''< ̄ ─┘ ̄
.         √. . . .√>''「[  Ⅵ_、<-- ''"~``~、、>         野生ポケモンが強い分ジムは真っ向勝負の気質が強いな
.        √. _、‐''゙. . . . .Ⅵ _、<⌒i:i:ハi:i:i:i ̄Y
.       √^`. . . . . . . . /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヤi:i:i:i:i:i|
.      /. . . . . . . . . ./ V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヤi:i:i:i八
       ′. . . . . . ../    ヤ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i/ハ___
       ー─一 ^`    √:i:i:i:i:i:i:i:i:〈{:i:i:i:i:i:i:i:i}У\
               √\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕:i:i:i:i:i:ノ^ /∧
              /ニニニ=-_:i:i:i:i>''~  / /∧
                ′-=ニニニニニ]: : : : ̄ ̄ ̄ /,




 参考VTR


                                   ┐
                               、丶` : : : ',
                         /: : : : : : : : :}
                        -- /-=ニニニニ/
                _、‐''゙     √ニニニニ/--- _
               /-=ニニニニ-√ニニニ/ニニニニニ=- _
             /-ニニニニニニ八 -ヘ-/ニニニニニニニ/⌒
             /ニ>''"~ ̄ ̄~"''<辷彡ニニニニニニ=-
                /√ ./     √ \. \ -=ニニニニ=- ̄
            / √ {     √\  `、 \ニ〔   \ `、
               √ .八    {. . ┐、  `、   v〔      \ ',    --ミ
          ′ {  ∨\   〈/ jI斗┐   }ハ  ',  } 「\ /.:.:.:.:.:.:.:.: \
          i .:{:  汽ぅ㍉ .八 ィf//( Ⅵ   / ∧ }:  八〉 ./=( ○ ).:.:.:rヘrヘ    まっすぐ行ってぶっ飛ばす!
          |: 八  {ハ Vハ\ \Vツ/ /|', 〉/ /   :′  .( \ .:|. .:}ハ . ',
          |/  \乂ハ.^''^、 . ̄ ̄/ イ 八)/⌒     .八( \ } . }:/. ./ /. ./
               ー个::.. . .' . '  ̄ィ/> ⌒ヽ         .}:. .} } . }′/ノ. ./
                   ]ニ=-<ニ/      `、       √. .┘ . . ノ. ./
                    -=/ヘ/          `、    √. . . . . . ../
                _//:/ニニ′  ',     ̄ ̄\  ,{. . . . . . /
               「/ヘヘヘ┐  \:',   / ̄\]>"乂 . . /
              /rヘ:/ / / /   /^: ',. :/: . . ../. . . . . ._-
              (   ̄┴┴' ′ ノ:. . . . .〉 :{\. . ′. . . . ._-
              ┌ヘ{\: : . .⌒ . -=≦: : .\|/  ー─ ,,_. . . _-
           八ニハrヘ─==ニ二_ . . :.√       ー^
            \__ノニハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:r_ノ
             /. V/ ┘i:i:i:i:i:i:i:/:i:i八
            -く. . . V∧i:i:i:i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:ハ
         _/^\ v  ∨i:i:i:i:i:i:i:八i:i:i:i:i:/^\ 、
        └ミx /    vi:\:i:i:i/ハi:i:i:i:i:i:i:i:/ ̄`丶、
       /i:i:i:i:i:i:}┘       }V/ )>:i:i:i:i\:i:i:/ ( (. _)\
.       √i:i:i/⌒)′     〈\i:i:i:i:i:i:i:i:>''~   \ ─ /\
     / //:√ /         V/ニ[ ̄二ニ冖¬==─==ニ ̄`、
.    〈_//|_| ┘         V/ 八: : : : : : : : : : : : : : 3: : : : :.`、
      ̄              ヤ: -=\_: : : : : : : : :9: : :_ -=ニ`、
                    ', ニ=-\_ニ== 1─  ̄     ',
                        \      \: . .        /',




                 -――‐-、
              /         \
         /  / -――- 、   ',
        /   〃 , -――-/^\l |
        /   /// ⌒\  l   \〉
         l  /´l イ  ` ー   f \  ヽ
         |  〈 7| ∟-┐   〉ー∧  /
         l   トlー 1/ 「`ーァ ∧l_'   堂々と真っ向から迎え撃とう!
   \ー― \ ヽ|  j/   ー'  /ー┐/
_   \      ̄|  丶. __/  j/
  \ーr-\   \     |ー―――ァ       _
    \ヽ   \    \_  \    / ┬  ´ ̄
        l   \_  \   ヽ /  |
_       |   \     ヽ   l 〈   l
 \     |      ̄\   ', l  〉 リ  /
    ̄\ l          ̄\|/   |∠ -‐   ̄
      l\             |     |
       \              l     |
        \            l   j


 再現VTR




                                   ____
                               -=ニ ̄: : : :  ̄\
                      __    /ニニニ=- _: : :/⌒
                   ''"~___~"'' /ニニニニニニニ/
                _、‐''゙ _ -ニニニニニニニ:{ニニニニニニ/ニニニ=- _
           _、‐''゙  ./ニ=-  ̄ ̄ ̄ ̄ -:乂ニ二二二/ニニニニニニ\
              / ̄  /          \ ──<ニニニニニ=- ⌒
        /    /    . :/      i: .     \ニニニニニ=- ̄
            /  u : ./{_     :| -┐      Ⅵ≧===≦
       /    /    :└─-\  ∠/\   }   Ⅵ. . ',  っ
.      / / / /    :i/___.\     :|,. .xぅ抒㍉}   }〕. .  ',
       //   √    ィf⌒```㍉    〃//(_ √   ヤ :i      っ
.       √  {:√    .八  {//:(_ .  ̄ ̄{///ノ ノ.ノ  :} .:|', }
        √  :乂\  ./∧\.Vrツ. . . .、 . ^''''^`/   ノ : |∧..:}
      {   / :\__\."". . . . . . . . . . .. ̄/ ̄/ .ノ  ノ
.          / √ . . ≧=- ⌒u . . .r~⌒) . . . ィ -≦ /        とか言いながらこの後ミロカロスのどくどくまもるねむるのコンボに負けたんですよね……
       \/ :{. . . . /)/个::..... ,,_. .  ̄. . <:ノ  //
            八 / --ミ  ┌─う7爪. .{___
              ) /    \.くニニ/∧∧ニニニ>''~ ̄~"'' 、
           /   {    vハニ/ニ]]/ハ>''~/        ',
              八   ヤ / / ̄ Yニニニニニ/    /     }
.          /  \  ./ └辷彡ヘ ヘ ヘ ヘ    v/    \′
.        r<     ./     |: : :|: : :|: : |: : |:   ヤ:   \)
      八: . \.   ′    / ̄Y:|: : :|: : |: : |   ヤ: .    \
.             / \ {   _ -ニ7 ノ:.」 __」___|_|     ヤ.: . . _ -ニ)
           ∨. . . 八: ../ニニ′ ̄',          . :} _、‐''゙. v/
         , ′. . . . ハ√ニニ}  . : :',: . . . . . . . : : :√. . . . . .`、
        , ′. . . . ./⌒>-=彡. . : : : ',: : : : : : : : :./∧. . . . . . .`、
       , ′. . . . . /{ニ彡 ⌒`~、、: /∧: : : : : //} /∧. . . . . . . `、


おしまい


397 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 07:58:01.01 ID:RcZkVRxj
ガラルはブリテン島モデルだったか
正々堂々()なのは確定的に明らか

398 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 08:07:16.22 ID:+sRoIVyn
華やかではないけど、耐久極振りの持久戦はプロレスラーのように正々堂々してる気がするけどね
毒霧吹くからヒールだろうけどw

404 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 16:11:29.85 ID:noBgv+oN
ガラルのジムは、ローズ社長がスポンサーについて興行として大成功してるからなー。
ジムトレーナーたるもの、塩試合はゆるされないww

405 : 語り人 ◆AZXXjocihFix : 2020/02/17(月) 16:31:47.56 ID:aJqv00t+


教えてエリカ先生2 くさタイプの強いところ




                               ___
                           ,......:´:::::::::::::::::::::::::::`:........、
                          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::i\
                       ,/.:::::::::::::::::::::::::::; <´ ̄ ̄ ̄ ヽ:::::::::|::::.ヽ
                       //.:::::::::::;::::; <´            i:::::::::|:::::::::.、
                       ′/.::::::::::/´              l:::::::::|::::::::::::.
                        i::/.::::::::::::i             __l:::::::::|::::::i::::::i
                        |′.:::::::::::|   ..--‐‐…・・...:´,イ:::::::l:::::::::|::::::l::::::|
                        l:/.:::::::::::::|>.´::::::::/.::::/i::::::::::::/ .!:::::::l:::::::::|::::::l::::::`≧=-'
                    /.::::i:::::::::::!::::i:::::::::/.::::/ .|::::::::://レ'jノ|:::::::::|::::::l:::::::i
                     /.:i::::l:::::::::::!::::|::::::/.:/.  !:::: /.  ,r‐f7!::::::/i::::::|:::::::|
                      /´ |::::l:::::::::::!::::|/ ´ ̄  |:::/ イ:ij;:ノ' |::::/:/.:::/.:::::::!     本編で言われていた私の戦術の肝となるくさタイプの強さについて
                         l::∧:::::::::!::::l≪示芯   !/   ゞ-'  !:/i/.:::;:::::::::::;
                         l/i:::ヾ:::::|::::|ヽ ゞz'         /′.::/.:::::::::/
                         |::::::ト、:|::::|、_‘,      `       /.::::::/i:::::::::/
                        l::::::| \:!从:ji\   ー ´  イ:::::::/ .!:::/
                      \:|   .____≧=- .._/ !\/ .レ′
                        /、     i  iー 、  ,― / ̄/`ー - 、     それを語らせてもらいます
                         / ̄\x ―, . V∧       /  /     ヽ
                           /    \~_ヽ ∨∧     /  /       i
                       /       \ヽ ∨∧    ./  /         .ト、
                         /          \ ∨∧   /  /        .i  ! \
                     /           〉 ∨∧ /  /       、/  !   \




            _ --―:::::-、
          ,ィ:::´::::_:::::-―::、:::::`ヽ、
        /:::::::::/  __  ヽ:::::::::ヽ
       /:::::::::/, イ::::、::::::::::`::トヽ::::::::::ヽ
      /::::::::::/:::::::,:::::::ハ::::::、::::ヽ::::ヽ::::::::ハ
      ,':::::::::::/:::::::::l::::::l  ヾ::::l___|::::::::',::::::::::',
      ハ::::::::::l:::,::-::!、:::l   Vハ:::::l::`::::',::::::::::l
      l:::l:::::::l´:::::ハ:!ヽ::l   l:,' ヽハ::ハ::l::::::::::l
      V:::::::::::l ヾ!       斧汽  ヘl:::::::::l
      l:::::l:::::l  笊気    弋戊  ハ::::::::l    くさタイプの魅力といえばやっぱり持久力!
      l:::::l:::::l  弋戊   ,  ///  .l l::::::::l
      j:::::::::::|ヽ  /// _ -―、   .ノ:::l:::::l:l
       l:::l::::::l`::ト、   !、ト,イ!l  /:::::j::::ハ|    ほのおタイプなどに比べて瞬発力には飛ぼ惜しいですが持久力にたけてます
      .ヘ::ト::::ヘ:::::::>..、 トY‐|イ:::::ソ::ソ!:/ j!
       ヾ丶::ヽ::ヽ:l イ|.ハ j j lソトイノ__
       / ̄ ヾヽイ  Vj .! l Vノ  ',     ヽ
      ,'      !  j  |  .Y  ノ   /´  !
      l `ヽ    .',  l  .l.  ', ノ //     ノ




                         _.............._
                         ,....:´::::::::::::::::::::`:..、
                        /.;::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                     /.:::/-‐…・・・…‐-ヽ::::::::ヽ
                       /.:::/ _.. -‐…・・・‐-:i:::::::::::.,
                     ー=彡.:::i:´:::::i\::::::::::::::::::::i::|::::::::::::!
                   /.:::::::|::::;イ:!  \::::::::::::::l:::|:::::::::::|
                     /.::::::::::!::i´ヾ:、  `;示ミ、;:::l:::::::::::!
                 i::::::i::::::l:::! 斥ミ   ゞz' .//i:::::::::::!
                 l::::::l::::::|:::イゞ;z' `   /´/.::::i:::;′
                      人::::!:::::|::::.\  ー ´  ,.:′:/レ′       ほのおタイプやドラゴンタイプ、あくタイプなど
                   ヾj\|:::::::::.`/ ̄ヽ.イ=,7i/
                          从リj/     l !//.|
                      /       .|_//  ≧=- ,,_
                     /          l ̄          i     こういった運動性が高いタイプは細胞内に蓄えられたエネルギー源を急速に使います
                        /          |         |
                    /             | ′        ′
                       ′            |/        /
                     ′            !         /ー‐、    また、いわやじめん、みず、こおりなどは外分泌が発達してますから
                  i           ′       /.:.:.:.:.:.}
                  |          ′      /.:.:.:.:.:.:.:}
                  |        /       ./.:.:.:.:.:.:.:/     そこにエネルギーを裂かれます
                  |       /′      /.:.:.:.:.:.:.:/
                  |      /.:/        ′.:.:.:.:.:/
                  |     /.:.:./        i\_:_:_/
                  `¨¨¨i´.:._:_/            l  \
                     ゞ/ /             !.   \
                        i |               ヽ





                              ........-―━━‐-...
                             ,...:´::::::::::::::::::::::::、::::::::::::`:...
                             /, -‐━━━━‐-ヽ::::::::::::::::::`:,
                            ,.::::/           ゙、::::::::::::::::::::,
                        /,..:´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:i:::::::::::::::::::::,
                            /.::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::::i
                       /.:::::::::::::::::::::::/ i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|
                      ,i::::::::::::::::::::::::_i  |::::::,:::::/:::::::,|::::::::::::::::::::::::|
                        /.|::::::::::::::::::::::::,'` l/j/i从/ |::::::::::::::::::::::::|
                         i:::l从::::::::/\/、__   .___,.|::::::::::::::::::::::/
                         レ'i:::::\/:::::〈ヽ^¨¨` ,  ' ¨¨^.i::::::::::::::::::::/
                      \::::::::::::::::ハ   、_ ,   /:::::::::/::::::/
                          i\,、::::::::::::`≧o。_ , イ´从/ヽ/
                         レ´ \从刈\::,=i    ,!,=ー--- 、        結果として細胞内部に葉緑体やそれに類するものを持っているくさタイプは
                           , -――'´.,′ ,.ィ´/      \
                             /.  ,  /  !,.ィ´,.ィ´        ‘,
                              ,′/ / /,.ィ´    !       ‘      疲れにくいんですよね
                          i/  //./     ヾ        ‘,
                           Y   / /       ´   l ,′      ‘,
                 , ‐,__     i   i  i  r‐ 、     ノi,'        ‘,
               / ´   ヽ.  /乂  |   | 冫、 \r‐、´__:|            i
                 /      ,イ、/   }三三三三〉、\ ` \r= 、          |    ミトコンドリアから細胞そのものも酸素を生み出してますからね
                  |      /  ヽ.   },イ /iヾ、三〉、\ `    i   `ー 、    |
      , ´ ̄ ̄`ー~'ヽ    'ーY  i  /_//./ /: : \\`    |      \   |
     /         冫、_/   /ゝー.´ i__:/ i: : :.i ` 、__,_.l         `   |
   /           /:.:::::/  / : :/ : :/: : : :|: : : l.: : :.i: : :i゙、::|           |
  /         (  (:::::::/   / : :/. : : /: : : : :l.: : : :l: : : |: : |`゚.j          l
. |          `ー'`¨´  ./ : :/.: : : : /.: : : : :.|: : : : |: : : |: : ',            ,′
  \___________/ : :/. : : : : :/. : : : : : l: : : : :l: : : :l: : :ゝ、           /




                    ....-‐━‐-....
                 ....::::´:::::::::::::::::::::::::::::::`:...、
              ,...:´:::::::.,、:::____ヘ::::::::::::.\
            /.:::::::::::/ ̄´       ゙、:::::::::::::.\
            ,.:::::::::::::::::/           ゙、:::::::::::::::::.、
          ,.::::::::::::::::::/             ゙、::::::::::::::::::.、
.           ,.:::::::::::::::::::/'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨`、:::::::::::::::::::::..、
         ,::::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、:::::::::::::::::::::|
.           ,::::::::::::::::::::′.:::::::/.:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::|
         ,′.:::::::::::::::i:::::::::::/\:::::::::::::::::|:::、:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::|
          i:::::,イ::::::::::::|:::::::i/   .\::::::::::::l:::/\::::::::::::l:::::::::::::::::::::|
          |::::; |:::::::::::::|:::::::| .,===ミ\::::::|/.   \:::::::|::::::::::::::::::::|
         |:::, .|:::::::::::::|:::::::|イ示::::Ci  \|   ,==ミー|::::::::::::::::::::|
        レ′l:::::::::::::|:::::::! 込zzソ         `/.:::::::::::::::::::|
            l::::::::::::.\::|       ,      /.:::::::::::::::::::::|
          !:::::::::::::::::.\              /:::::::::::::::::::::从
          ヽ::::::::::::::::::::.\    ` ´   /.:::::::::::::::::/   \       そういう意味でタフネスさという面では非常に優れてるタイプがくさですね
           / .\::::::::::::::::::::i`≧o。    イ/:::::::::::::::/
.          /   \::::::::::::::|从从.!  ´  ./:::::::::::/ー- 、_
         /   , -‐´\::::::::l|   ノ.    /:::: : / !   |   `ー 、
          ´   /    i\::|!、      /´¨¨´ /   |      /       また、寿命も長い
            〈 ,    |  \ \  ゝ '   /    !    /\
           ∨ /.  |      \   /  , ==≠==、/   \
            /∨ /  ,'\     \/ γ二二       `ミ、   ゙、
             /  ∨ /  \     /  乂___         \   ゙、
           \  ,      \/    / ./´ __        ヽ  i    カントー御三家の野生個体で比較すると
              ヽ.i      /    /  /_ノ´   \_     i  |
                 |.|     /    /               ヽ   l  |
                |ヽ   /    /                /i    .|. !
                | ゙、/    /              / .l    l ′   リザードンが50年ほど
            /   \    /_,_====-、_    /乂|.    l '
              /     `¨¨¨¨´  ,〈三三三三≧`ニニ´{ i|::::|     !|
.            /           /.,〈三三三三三三三{. ||::::|      !     カメックスが70年ほど
          〈            /./ ∧三三三三三:三:{. ||::::ゝ _____/|
              \             / ∧三三三三三三{  ||:::::::::::::::::::||     フシギバナが120年ほどといわれてます




           ―――――
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::r―――r
      /:::::::::::::::::::::::::::::/   〈 ̄〉〈\ヽ
     ´::::::::::::::::::::::::::::/      ̄  〉 ヽ
   ,:::::::::::::::::::::::::::::::::i     -===―――=-
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::|   -=::::::::::::::::r:::::::::::::::::|
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::| ヽ::::|ヽ:::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::k::::::::::::::::::::∧::::::  V´ |:::        γヽ
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::/::::::/´.∨   ィヽ|:::         |  ノ     くさタイプは細胞内の活性酸素を分解する酵素も多く
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::/ ∨-'     h :::::|         ~
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  /込     込 :::::|          ノ^r
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    `´       |::::         」 | | |
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.         ,  ./::::|          / | ||    良くも悪くもタフネスかつ寿命がながいです
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.     ー  ./:::::::         /  .| | /
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r  ____,::::::::::::|      ,   ' .' /
     :::::::::::::::::\:::::::\::::::::ヽ 〔     `ヽ/::ノ          ,
      ー=≦〔.\_〕__〕\ \          |  _/
             |       .ヽ ヽ \     八   | |        他のタイプが燃え盛る強さを軸にしているのに対し、
             / ̄ ̄≧s。  .,  .,   ヽ    '  ヽ  | |
               /           .|  .|    ∨    \〕〔
       --  /V          |  .|    |     寸        くさタイプは細く長く大量に増えることを生存の軸にしてます
      /   ヽ           .|  .|   | ,        |
       ,     |  __      ,  | |_'         |
          ⌒     ≧s。 r――<  | し        ,




                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.. 、
                             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y´;';'_;ヽ:.\
                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!/:.:.、:.:ヽ:.:.',
                            :.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:}从ハハ,:.:.}\
                             ノ:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:,=ミ  fj} !:.:.:.:.、
                          {:./:/.:./:.:.:.:.:.:.:/炒   ヽ :.:i:.:.:.:}
                         ;:j:.,:.:/:.:.:.:.:./     __, ハj:.:.:/
                          j从//jハ!  >    ̄ /´j;/      長く育てれば長く育てるほど
                              /\  /` ¨¨
                            /⌒`ヽ.\ヽヽ、_ _   __ _,、
                                /. . . . . . . }、. \`、ヽ.} /)|jノノノ
                              ,. . . . . . . . .!.,`. . .`. 、-.、乂_ /     トレーナーの期待に応えてくれるのは
              , ー--、        /. ,、丶`. . ./.: . . . . . . ',. .}. . .`、ヽ
                '´-‐、   `ー.、     /. . . . . . ., . i: : : : : : : :}./: : : :.}. .i
              /_ _    i   /. . . . . . . .Y. . 乂:_,.ェニニニ=-: ノ. . }
          ⊂二乂乂} } _ノ  `、 丿. . . . . . . . . .',., -=二ニ=-=ニ二ニ}. .,    くさ使いの醍醐味ですね
                   ヽ  \'´. . . . . . .、 . . }ニ=-'';';';';';';';';';';';';';';';i.:/i
                        ヽ. . . . . . . }./ \;';';';';';__γ⌒';';',/ ,
                    ',    ',. . . . . ./     }'"´;';';';';';'乂_丿- . }




                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
               ′.::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ::::::::::、:::::.
                ′.::::::::::::::::::i≦三三三三≧i:::::::.
                ′.::::::::::::::::::::|三三三三三三|::::::::.
               i:::::::::::::::::::::::::::|八从ノjリ ヾハリ||::::::::i
               l:::::::::::::::::::::::::::l ィ巧ミ    ィ示.l::::::::|
               l:::::::::::::::::::::::::::| 以ノ    i以ノ|::::::::|        また生態系に圧倒的なニッチを誇る水と地面に強いのも生存戦略ですね
                 v.::l::::::::::::::::::::|       !  |::::::::|
                 Ⅵ::::::::::::::::::::!ヽ   ー- ' /.::::::;′
                 ヾリ从ハリ|刈  `  _  ィ:/i::::::/         こいつらを餌にできる、ってのが実は生き残るための大戦略なんですよね
                        //ノ__i__   l' |/
                   |  ̄     \        .. -ヘ
                        !_ _ _ - ‐  ̄ ̄\   r‐‐´- 、 `ヽ
                     /           ヽ   l     \/   細かくなるとニッチについて話さなきゃいけないので略しますがね
                 /            i   |      ヽ




                  ,.::::::::>-=ニ二::::::::::::::::::::::::...,
             ,.::::::::/____│:::::::::::::::::::::::::..,
.              /:::::::/::::::/::::::/::::!:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::′
             /:::::::/::::::/i:::::::|―-::::::|::::::::::::::|::::::::::::::i
          /:::::::/::::::/从::::::|八ト、::::|::::::::::::::|::::::::::::::|
            /:::::::/::::::/ =ミ|::::::l斧=ミ:::!/:::::::::::|::::::::::::::|
.           /:::::::/::::::/ ト:::c ー┘ト:::c V::::::::::::::,:::::::::::::::!
          ,:::::::/::::::// Vタ   Vタ ,::::::::::::/:::::::、:::::::\
.         ,:::::/::/:/::i ""      "" /:::::::::::/::::::::::::\::::::::\
.         l::/i/|/:::::|‘,  r‐ァ   /:::::::::::/::.、:::::::::::::::\::::::::\    そんな感じで、一見見ると弱いけどしたたかなタイプ
        j/  /:::::::ハ ` .,    ,.:::::::::::::/::::::::\:::::::::::::::\:::::::::.,
             ,:::::::/::ハ  `T:::::/:::::::::,.:/ \:::::::\::::::\::::',、::::::i
              i:::::::::/:/   , '}:::/::::/   `ヽ /::::::::::\:::::|ヽj ヽ:::
              |从:::!/  / Vi/      { \::::|\{ヽj    'j   それがくさなのです
             У   /  /          ∨ ヽj
            /   /  _/          |  ∨
              /   /./ /           |   ,
          /   /  /         |   ′
           _/  /   j         |   i
         // /     j′        /  |
.        ///{     /          /    /


おしまい

406 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 16:41:39.65 ID:+sRoIVyn
カメさん意外と短いのね、万年生きるのは流石に無理だろうけど

407 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 16:53:25.90 ID:gtH2GrJ9
寿命といえばポケモンタワーとかあったな。
なんでかラジオ塔に建て替えられちゃってるけど。

408 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 18:48:51.03 ID:GXBwe4la
ロコンの頃から育て、寿命で死んだキュウコン・・・(なお寿命1000年)

409 : 方舟の名無しさん : 2020/02/17(月) 18:57:00.00 ID:+sRoIVyn
4コマネタであったなw

関連記事
95902 :日常の名無しさん:2020/02/19(水) 14:15:20 ID:qatiFzUY[ 編集 ]
パラセクトの虫側「くさタイプ絶対ぇ許さねえ」
95968 :日常の名無しさん:2020/02/20(木) 09:20:58 ID:-[ ]
やっぱりサイトウちゃんは可愛いなあ
最近公開されたYoutubeの公式アニメでも可愛かった

なお彼氏持ちの模様(血涙)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国内的な小咄 18 鳥栖かな? (04/03)
  • 国内的な小咄 17 久慈の街 (04/03)
  • 国内的な小咄 16 小江戸の十三里 (04/03)
  • 国内的な小咄 15 宿毛はなぁ…… (04/03)
  • 国内的な小咄 14 堺という場所 (04/03)
  • 国内的な小咄 13 こうするわ (04/03)
  • やる夫は欲望を満たすようです 22 (04/02)
  • やる夫は欲望を満たすようです 21 (04/02)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 32 (04/02)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 31 (04/02)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 30 (04/02)
  • 国内的な小咄 12 特に苦行と思ったことはない、むしろあり(某CM風に) (04/02)
  • 国内的な小咄 11 島原、我が幼き日よ (04/02)
  • 国内的な小咄 10 小平市は (04/02)
  • 国内的な小咄 9 石狩市へのいき方 (04/02)
  • 国内的な小咄 8 川越に何があった!? (04/02)
  • 国内的な小咄 7 奈良にうまいものあり (04/02)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その85 (04/02)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 8章 その8 (04/02)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 8章 その7 (04/02)
  • やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです 最終話・覇者を継ぐもの (04/02)
  • 目次 国内的な小咄 (04/02)
  • 国内的な小咄 6 大阪の水道水 (04/02)
  • 国内的な小咄 5 うそぉっ!? なんで? (04/02)
  • 国内的な小咄 4 そもそも宇都宮って…… (04/02)
  • 国内的な小咄 3 和歌山のおすすめお寿司 (04/02)
  • 国内的な小咄 2 降りるべき駅たち (04/02)
  • 国内的な小咄 1 ごめんなさい、登米市 (04/02)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです エイプリルフール特別リクエスト企画 (04/02)
  • 正義屋さん 小ネタ 【この章に登場する女性陣の年齢設定】 (04/02)
  • あつまれ!対魔な巨塔 (04/02)
  • 国際的な小咄 おまけ リレー小説備忘録 (04/02)
  • 国際的な小咄 ちょっと目に余るしもろもろの事情があるから、お知らせ (04/02)
  • 国際的な小咄 7026 アラブ方言の分割具合 (04/02)
  • 国際的な小咄 7025 イルカの方がえぐい、って聞いてイルカを見る眼が変わった (04/02)
  • 異世界食堂できない夫 番外編 『ウマスギーノの熟成肉ステーキとコース料理』 (04/01)
  • 新月の夜の幻葬読書会 94 (04/01)
  • 常識的な軍師と非常識な団長 9 (04/01)
  • やる夫は欲望を満たすようです 20 (04/01)
  • 目次 BATTLE NETWORK 反乱のプロト (04/01)
  • BATTLE NETWORK 反乱のプロト Chapter 3 破滅の未来 (04/01)
  • BATTLE NETWORK 反乱のプロト Chapter 2 逢魔の未来 (04/01)
  • BATTLE NETWORK 反乱のプロト Chapter 1 繋がった未来 (04/01)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その84 (04/01)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「幻想大戦、その後②」 (04/01)
  • 【新訳天庵記】やる☆おだ 第71話 : グランドエスケープ(前編) (04/01)
  • テキサスでホールデムなポーカー日誌18 (04/01)
  • ボンドルドは未来を見届けたいようです 第十三話 (04/01)
  • 国際的な小咄 7024 スリランカ人と紅茶 (04/01)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/3)
    ※完結作品は集計した前の月(2月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3あさねこの小話空間3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4英雄を作ろう!4やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は魔導を極めるようです6ローグライク異世界転生
    7ダイスに委ねる皇女生活 in エリア117異世界食堂できない夫
    8コンピューター様、情報更新は義務です!!8ドクオが異世界転生したようです
    9やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです10できる夫達は呪われた地で抗うようです
    11できない子とSCP11やる夫は光を目指すようです
    12やる夫たちでソードワールド12オーバーあんこ
    13あんこ時々安価で鬼滅の刃13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠14あんこ町の住人は星人と戦うようです
    15アメリカンヒーローアカデミア15レベルを上げるスレ
    16カリブの海と海賊たちのはなし16やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    17やる夫で学ぶ近世騎兵17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱18ダンガンあんこ
    19やる夫はギルドを経営するようです19やる夫は宿屋を経営するようです。
    20やる夫は学園生活を楽しむようです20やらない夫が霧の街を攻略するようです
    21白頭と灰かぶりの魔女21STALKING!!
    22やる夫は人形使いと呼ばれるようです22やる夫の野望
    23やる夫は竜の人財のようです23やる夫はLVが上がらないようです
    24やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。24やる夫提督と艦娘の日常
    25IT業界のやる夫さん25やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    26ドラクエⅤの世界でビルダーズ26やる夫は妖精郷を救うようです No.04『お使いなう』
    27ボンドルドは未来を見届けたいようです27食事処 ~やる夫の大釜~
    28やる夫の伝説28エデン
    29アカガネ山のやる夫29やる夫、デビルサマナーになるってよ
    30やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです30魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    31見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記31やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む
    32やる夫は死なせてもらえないようです32キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    33◆s90IbI9oR2の雑談etc所33金欠ほのぼの冒険物語
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる太は異世界日記を綴るようです
    35やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです35証言と証拠は安価とあんこの後で
    36やらない夫で異世界転移もの36やる夫提督と鎮守府学校の日常
    37ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです37やる夫ファンタジー
    38二人はヒャッハー世界の何でも屋38路傍の果ての英雄譚
    39魔女はやる夫になるようです39怪獣育成日記
    40ロケッ都団が征く!!40やる夫元・提督と元・艦娘の日常


    過去ログはこちら
    人気ページランキング