スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
デイリーランキングの方の設定がいつのまにか変わっていた…?再設定しました。

ウィークリーのページランキングで使用していたサービスが完全に沈黙したもよう……。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 10

目次

35 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 01:41:51.87 ID:870cuadY



.              /{
            八_|___
            /      `
                     ' .
         / \       /
.        /  ./       \    ,          では再開します!
        ⊂⊃  <>    ⊂⊃ ′
.       /                 ∨
      /                   ∨
.     /{                 、.   、
     ⌒.                 ` __〉
.      八                  /
         \                /
         ` ー――――――‐




40 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 01:59:27.49 ID:870cuadY



=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================
               iヾ
               |! i!ヾ ミ=z=='三三ミミ=-,≡ミ≡=-
             .{!   \ヾヾミミー-  ー    ー  ̄ ミニ=
          /ヾ!     \      \    ミミ  ミ   \ ヽ
         〃  ヾ       \  \ \  ミ      ミ   \ ヾ
         ./ .| 〃ヾミミ  \ .\  \ \  ヽ    }  `  \ヽヾヽ
        /  ! !{〃ミミミミミ \ .ヽ   ヾ ヾ   、  |    ヽ   ヽ ',
        .|   i i ミミ.       ヽ ヽ   }i  }  }   !   ヽ  }     }          とにかく、殿下の部隊――もとい特派にも
.         |  ! 〃         三ニ}i .}  .|!  !   |   !   } }  ! ,   i|           奪われたカプセルの奪還に協力してほしいのです!
       {   ∨ニニニ≡≡== 三リ三 =≠≡.!≡≠ニニi / ∧ | /    |
.         ∨∨「  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄㍉_}};;{{_〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ㍉ / ミ,}  〃 i}...         すでにこちらもジェレミア卿たち純血派を出動させましたが
         ∨/{-≪≦ニ・ニラ≧}}三三{{≪ニニ・ニニラ≧}}==≠ミ〃 〃_ /           奪われたものがものだけに念には念を入れておこうと……!
         .{{ .㍉-――――-彳二二㍉ー――――彳   / ミ′  ヽ
          .|!   三三三 〃/         三三三三     / /\ .}
        |!     三三 .ヾ〈丶 -‐         三三   ヽ . / ,^、} |
         |!                 __           ,′r .//
          |!      〈〈Г  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、》          } ! r/ /
         .∧          } ̄  ̄, ̄  ̄ ̄{            i / ./ー-
    ..,=彡 ',          iiiiiiiiii〃      .',            i!彳´
  .,=彡'     ヽ       .}iiiii/       ヽ          〃
            ヽ    , ミ_/____-==》 ノノ  / } , ノ 彡
              \\   ` ` ──── 彡'   ./ // 彡
             \丶    ニニ            ≦彡
                 ≧=   _    _   _≦彡
=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================



        /   /        ト:.ヽ:V:.ヘ  ヽ. \ ヽ
      / /     /     :「`^` '´"リ . .|:. ヽ \. i
      | /   / / / :/ :リ     / } :.}:.:... \ ヽl
       /   ./ / :/ :/ :/   ,..-/ ::イ :A:.:.:.:.  ヽ ヽ          おめでとーう!
     /  ../  / .:.| .:l :ト_、 ´/7 :/フ.:/__ l!:.:.:. }:.}:. l.!
      | .::/./ :l .:./| :イ / ヽ ___! l.:/ィ:イテ工}:.:.:. /.リ:.リ:}.          いよいよ実戦みたいだよ~♪
     ヽ:/ :l .:.| :/´| :|_{三_ Y´||{ /´ ̄   !.:../:./:./:/
        ! .:|:..:.:|! .:| ,zヘ:.Lz斗` | {ヽ       /:.:イイイ}/
        | .:|.:.:.ハ :! ¨´ヽ    ノ ヽ ー---/‐´ ´ レ ハー--- 、
        ハ.::l:.:.|:.:.トミー__ /  ' {          !イ:.:.:.:}     ヽ.
   、__ノ ..:.>:ヽリーヽ       ,.. -―= 、    ∧.:.:.{く    } l
    `¨¨´ ノ:/ ヽニヽ.    /^  ̄   /   /  l ̄}:.}    リ |
        /´       {:.\.   \ _ /   イ    〉 ∨   /  .ト ._
              ヽ:.:.:>、..   ー ′/    /   ヽ./   |
                  ̄`}:\≧ ‐- ´     /    , '    i′
                ,..∧:ト-ト、三   /     /     レ
                 / / `  ヽ ー‐ ´    /      /
              /  /_    ヽ      /     /
             /   |--、 ヽ. /  ヽ.     /      /



                   , =-―{: : : : : /: : : : :、: : ヽ
                  /: : : : : :゚; : : :/ : : : : : : : \: : :.
                / : : :_:_:_:_:_:_ヽ: {: : : : :\: :\: ヽ: :.
              ,: : /: : : : : : /`""ヽ :}: :ヽ : ヽ: }: :.
.             {: / : /: :/: : : {   _,.ィ }/}: : :ハ: : }: : : :.
               Ⅵ : {: : {: : :ト:{^^´   }:/`^W: :/ : :〉        喜んでいいんですか、この状況?
                ゚ :ヽ{\{: : :{ ,x==ミ    x=ミノイ: : :/
                ヽ: r‐、\:{く ん:ノ     , ん:ハ厶: ;′         まぁ、最初の実戦の内容としては
                 }:{〈 |: : |` `¨¨     { `¨¨{: : :;′          十分マシな部類かもしれませんが……
                  .: : ヽ|: : |        〉  ; : :
              { : : : |: : |  ..    -_..‐  イ: : :i
                 V{:ハ:|: : |  ::..、     / :| : : |
                |: : |\   ≧=- ´   :|: : ;′
                 /|: : |  `¨¨¨丁{    |: /
                xニ圦 : | \[_] ∧∧   |;′
             , -=二二ヽ{、 \{ 「》、\
           /二二{ ̄\ニ\   \V∧ \___
             /二二ニ,  \ニ\  ヽ/∧  〉ニニヽ



                        ┌-
                        |{: . . .\
                           八 x爻⌒爻x __         -┐
                     //i:i:i)爻 ⌒>''~i:i:i:i:i:i:i\-ミ/i:i:i/|
                    /i:i/i:i:i/爻  /:i:i:i:i:i:i:i:i: -ヘ)yi:\/爻|
                       /i:i:i:/{i:i:i:{爻 /i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i⌒ヽヘ', 爻
                  /i:i:i:/八i:i:Ⅵ/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:/i:/∧ ∧爻
                   /i:i:i:/i:/∧i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:/∧ ∧(
                    /i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:/∧ ∧
                     /i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:i/{i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:/ハ:i:i:|        バトレー、一応確認しておくけど……
                /i:i:i:///i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /~''~ ,_{/i:i:i:i:i:i//}i:i:}:i:i|
                ///i:i/i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i:i/ /ィぅ芥ぅx、i:i:i:i/:斗┼i:}:i:i|        あたしたちの出撃はクロヴィスお兄様に許可はとってあるの?
                 _彡ィ/:/i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i{ :{八ヒrツ     芥ぅy|i:i:}:i:i|
           _ -ニi:i:i:i:i/i:i:/i:i:i:i:i:/{i:i:i:i:i:i:{ :{ ""       ヒツノi|:i:i:i:i:|
        _ -ニi:i:i:i:i:i:/i:i:i:i/i:i:i:i:/i:{i:i:i:i:i:i:{ :{         '  /i:i|:i:i:i:i:|
.        /i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:iノi:i:i:イi:i:i:八i:i:i:i:i八 :          /i:i:i八i:i:/
        {i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i|i:i://∧i:i:i:/∧ {:..    ´ '  ィi:i:i:/i:i:i:i/
        {i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i|i:i:i:i:/ V/i:/∧{ 个o。 _ ..イi:i|i:i:/i:i:i:i/
.         V/i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ / ̄~''~<⌒V/i:/∧',┌ )i:\八i:|i/i:i:i/
.         V/i:/i:i:i:i:i:/i:i:i/      ',  ̄ ̄ :)}rヘ<i:i:i:i:\)八⌒
.        \{i:i:i:/i:i:i:i:/         ', \\.八: : ) ̄\ ̄~'' 、
        /\ ̄\i/{           }/  丶(i:i:i:Y^\- _)',  ',
       /i:i:i:i:i:i≧=- 八      . y /     \/\  ̄ ̄\.  \
      /i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:/∧    ノ〔 :{. . : : ',: : : ',. .', \. . : ', /〕


179 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/11(火) 01:06:57.04 ID:LUPnYD4Z



=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================
                               ___ハ
                             イハハVハ Vヽ
     ./⌒ヽ                    .厶ヽヽヽ寸:::}  V  ヽ
     |   |                   ./ ニニニニニ寸::|ニニ.}   ハ
 (⌒ヽ |   |⌒l                  }ニニ7ニニニニニ:|ニニニニニニ ハ
  \ V ⌒ ⌒寸廴              { ニ7ニニニニニニリニニニニニニ ハ          【1D10:10
   } 八  八 ノ  ハ             ハ7ニニニニニニニリニニニニニニ ノ
   |{  ∨  Y   ( ノヽ            {l  Y´  ̄ 寸二>‐<二V
   //          .ハ          ___V 人 ___丿ニ{    )ニ.}
   寸           |         .イ 三{ lニニニニニニニニ>一くニ/
    '               __-=ニ二/ .三八 マニニニニニニニニニニニイ
    |            /‐=ニ二三三三三三三\マニニニニニニニニニ丿\
    乂_        /-=ニニ二三三三三三三三≧=─--─=≦三三 \
     ノ         イ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.\
    〈        {三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三. \
    r=|マ.        |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三. \
    | ニ=‐マ.       |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三. \
    |    ニ=‐寸___|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 \
    |        \}三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.  ノ
=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================


1:出撃の許可は頂きましたが、戦闘は許可できないとのことです
2:まだ総督には伝えておりませんが非常時ですので!
3:出撃の許可は頂きましたが、戦闘は許可できないとのことです
4:まだ総督には伝えておりませんが非常時ですので!
5:総督から許可は頂きました。「特派は殿下の好きに動いていい」とのことです
6:出撃の許可は頂きましたが、戦闘は許可できないとのことです
7:まだ総督には伝えておりませんが非常時ですので!
8:出撃の許可は頂きましたが、戦闘は許可できないとのことです
9:総督から許可は頂きました。「特派は殿下の好きに動いていい」とのことです
10:「殿下に全体の指揮を執ってもらえ」と総督から命じられました


42 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:09:01.99 ID:WSJPStg7


43 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:11:55.14 ID:zBbqAFL+
これはルルーシュハードですわ

44 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:12:00.64 ID:6gpLdL2e
まあ確かにそのほうが堅実だとは思うけどさw


48 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 02:19:33.49 ID:870cuadY



=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================
                        ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
                      r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
                    ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
                     /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
                     } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ                クロヴィス総督より許可は頂きました。
                      { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ.                ――というより、作戦全体の指揮を殿下に執って頂くよう
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |...               クロヴィス総督から命じられまして……
                    { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
                      八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
./.:i:i:i:i:i:       ∨:i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}':i:i:i:i:i:iレ'”
=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================



                        ┌-
                        |{: . . .\
                           八 x爻⌒爻x __         -┐
                     //i:i:i)爻 ⌒>''~i:i:i:i:i:i:i\-ミ/i:i:i/|
                    /i:i/i:i:i/爻  /:i:i:i:i:i:i:i:i: -ヘ)yi:\/爻|
                       /i:i:i:/{i:i:i:{爻 /i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i⌒ヽヘ', 爻
                  /i:i:i:/八i:i:Ⅵ/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:/i:/∧ ∧爻
                   /i:i:i:/i:/∧i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:/∧ ∧(
                    /i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:/∧ ∧
                     /i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /i:i:i:i:i/{i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:/ハ:i:i:|
                /i:i:i:///i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ /~''~ ,_{/i:i:i:i:i:i//}i:i:}:i:i|   ━━┓┃┃
                ///i:i/i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i:i/ /ィぅ芥ぅx、i:i:i:i/:斗┼i:}:i:i|       ┃   ━━━━━━━━
                 _彡ィ/:/i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i{ :{八ヒrツ     芥ぅy|i:i:}:i:i|       ┃               ┃┃┃
           _ -ニi:i:i:i:i/i:i:/i:i:i:i:i:/{i:i:i:i:i:i:{ :{ ""       ヒツノi|:i:i:i:i:|                           ┛
        _ -ニi:i:i:i:i:i:/i:i:i:i/i:i:i:i:/i:{i:i:i:i:i:i:{ :{       .,、 j川/  ゚ 。
.        /i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:iノi:i:i:イi:i:i:八i:i:i:i:i八 :       ,,'   ≦ 三.:i:/
        {i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i|i:i://∧i:i:i:/∧ {:..  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
        {i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i|i:i:i:i:/ V/i:/∧{...゚ 。≧         三 ==-
.         V/i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:/ / ̄~''~<⌒V/i:/∧',....ァ,          ≧=- 。
.         V/i:/i:i:i:i:i:/i:i:i/      ',  ̄ ̄ :)}r イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
.        \{i:i:i:/i:i:i:i:/         ', \\.八: : ). .ヾ        ヾ ≧
        /\ ̄\i/{           }/  丶(i:i:i:Y^\-. ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
       /i:i:i:i:i:i≧=- 八      . y /     \/\  ̄ ̄\.レ   ≦
      /i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:/∧    ノ〔 :{. . : : ',: : : ',. .', \. . : ',."ヾヽ。`=、、



=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================
                         _,,,,,、__
                     ___{r、   ',¨ヽ、
                       , '´  Ⅷ',   ',i ヽ
                  r'’ `ヽ、 Ⅵ:',  i l  Y
                  {⌒ヽr'゙゙゙゙`゙゙゙}  ll ll !  }
                  { ,イ"     } l l| l| l  }          現在クロヴィス総督は……その……
                  Ⅵ ,ィ⌒ヽ 刈'⌒l|、| j
                 /{ ト、r━━ミーr━━ミリ'}、           先日のオオサカのテロに対するお言葉を述べられるために
                / 八{`廴_ノ¨¨廴_ノ'}ノヽ丶        広報担当やテレビ局の者と打ち合わせ中でして……
               /   /  { .,、  、j:,.  ,、 八 ゚, \
              /    .{  込 ^ー=ニニ=‐'^ ノ    i  \
             /      :{     `ー、 ゙゙゙゙゙゙゙ ノ´}    .}    \
           /         |     ∨`¨¨¨´∨     l    /\
             {⌒ヽ、     .| .f^ヽ、っ___と⌒ヽ.   }   /   ゚,
            {   \   Ⅷ}゙ゝ-'(( ⊂:::::::::::)゙rと⌒) j  /      }
          l     \ ,イ 、__つ  ̄ ̄ ̄´ノ⊂¨¨)/  /     }
              Ⅷ     ゙∧ 廴__⊃、    /_⊂_¨ノ、\f´      j
.             Ⅷ     ∧∧ ゙ー、⊃──( ⊂__ノ}ムノj      レ'
            〉    /  ∨\_,斗'/   Ⅶ ̄ア./ ム{       i゚,
           Ⅶ斗'”   ∨ //'´  .,斗{、/ /   \    |:}
              〈        ゙V /__,斗'”: : :.∨ /      ヾ   /
            }        /o: : : : : : : : :∨         /
             |       ,イヽ: : : : : : : : : : : :\          /
=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================



                               /^\           _、‐┐
                                 / {  `、__,,,     _、‐''゛:/:/,
                             /::.:{ 从^アミ__/::.::.:/┐ :}
                               /::.:: {^_、‐''゛::.::.::.::.::.::``~、、アミ:}
                           /::.::. /::.:/::.::.::.::.::.::.::.`、::.::.::`ヽ、)
                           ,′: /::.:: /′::.: /::.::.::.::.::.::.v::.::.::.::.::\                そんなもん後回しにしなさいよ!
                            {::.::/::.::.://::.::.::/\::.::.::.::.::.::}i\ /::.::.::.\
                               /{::.:,::.::.::.| |::. /___ \,ノ::.::.八/',::.::.::`、\              非常事態だっていうのに一植民エリアのトップが
                          ,::.::.::.{::.::.::.| |:/ / , -ヽ}::.::.::./ ィ⌒㍉::.:`、::.:`、:\            なに呑気に報道の打ち合わせなんかやっているの!?
                           |::.::.::.{::.::.::.⌒V   { 0}⌒¨¨´  {:0} }⌒::. ::.::.:\::\
                           |::.::.::.{::.::.::.:| 狄  ゞ'′///.、 ゞ'r ぅ::.::.::}::.::.::.::.:.v::.\.        バカなの!? バカじゃないの!?
                          Ⅵ::. {::.::.|八 とつ //////// ::.i::.:}::.::.::.::.::.:,¨⌒
                      _   }:}::.八:: |::.::.\::\ {^V^~⌒ヽ   }::}::.:}::.::. i::.::.:}
                       / ___),/::.::.::.|\::.::\`¨⌒{::::::::::::::::::::}   八}:./::.::.::|::.::/  _、‐''⌒ニ
                         Υ_  }_::.:: i::|::. |\::.::\\ 、:::::::::::::ノ   イ__::.)′::.::.j/ _(⌒__.ノ: /:
                    /  `i┘__)::.::|::|::八::.:\:: :.\\  ̄   /r~.....--==‐ニニ⌒__: : //:
                    /   /(_ ノ/::,..‐┐: |:|::.::\:( \::.(`⌒{_ ̄ / 八 ,斗-…: : : : : : : : : ::/: : :
                    /   ./‐- .{__/ /´:|;:Lニ=<〈 | `⌒  /  .| / )(⌒',: : : : : : : : : : //: : : : :
                〈   ノ     _、‐''゛/ / /γ㍉ィi〔 / >''"    乂}: : : : : : : : : ://: : : : : :
           r~'⌒㍉   T ー- |::.::./   /  /_/三=〉r ''" _、-―- '′廴_r‐……: : ://: : : : : : :
      __ /)ノ_): : : : :(__r~㍉   八 /   / ////乂彡x (`'''つ (      /: :ハ : : : : : //: : : : : : : :
      /: {,ノ (_./: : : : : : {: : : : : : )ト、 r―= / ∧>''"  ∨/ (`''つ __ ノ  /rく: : :}_ : : : //: : : : : : : : :
.   /: : : 乂: :\: : : : : : : :',: : : : :/: /  ̄./___./ ^V^V^V_ 〈⌒ニ .r―… /ハ ⌒): :}: : : //: : : : : : : : : :
.  /: : \: : : :__ : : : : : : : 〉: : : :/:.〈: : /  :|  / / / - └'′└…''"./ : {⌒{:_丿: : :L._ 二ニ=―....
  \: : :丶: :| : : :⌒\: : : :〈: : : : : /| |/ア:./ / / / ./: : : : : -_ . 二二〉::.::.::{: : {: :\ : : : : /::.::.::.\::.::
.    \: : : :|: : : : : : : :\: : }: : : :/: : ∨|: : | |l |  |l | |: : : : : : : -_ : : : /::.::\ゝ-廴: : )_、‐''゛\::.::.::.::. \
       〉:. :.|: : : : : : : : : :\: : : /: : : : `|:. :| |l |  |l | |: : : : : : : : :-_: :/\::.::.::``~、、::.\   ``~、、::.
      \_:| : : : : : : : : : : : \{{_)\ : : |/⌒i |  |l / ̄ ̄\: : : : : :-′::.:\::.::.::.::.::.::``~、、     ``


49 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:21:40.46 ID:dewH57PU
まぁ適材適所とも...、あれ?有能では?

51 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:22:19.46 ID:zBbqAFL+
馬鹿なんだけど結果的にファインプレーなのが笑える

52 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:23:08.54 ID:LeO+IOGz
全部このバトレーが仕組んでても納得できる


54 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 02:37:35.76 ID:870cuadY



=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================
        ______
.   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7
   /     / /     /    /{
.  /   / /     /   / //,L.
  ′ /                 /-  }
 i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }          と、とにかく、急ぎ総督府までお越しください!
 |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/
 |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!..          もちろん特派の者たちも引き連れて!
 l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、
 }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ
ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _
 从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ
 /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧
   ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__
.   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了
    ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _
  〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト .. __
      ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ    .\
 .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //    'ー─ヘ
        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{............ノ.::::/ ̄
 ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/____.::::/.:::〃
  ̄ ̄/   ∧ \:::}   ヽ.∨  \           ∨.:::::/
=========================┐
                                  【通信中】
                                      └=========================



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\



              |::::..
              |:: ヘ:::...
              |/  丶::::::::......:::::::::::::::::::......        ..........
              |   __「 :::::>::::::::::::::::::::::::::::::> ...:::::::::::::/|:::|
              | r┘  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__   ̄}_ |:::|
               } /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    7|:::|
                 入/ }::::: ::::::: /::::::::::::::::::l:::: ::l::::::::::::::::. .//::/
             /:::/ /: :l:::::::::/:::::::::::::::::::∧:::::|::::::|::::::::::V/::/
             .::::/ /: :: |:::/|:::::: ::::::/::/  : ::|::::::|:::::::::::::.:/
            .:::/ /:l:::::::|/l 从:::::::/|:/_  ∨:: ::|:::::::::|:::::          …………
            |: | l::::|:::::/斗匕::/     ≧=- .:::::::::::::|:::::
            |: | |:: |::::===   ===   }:::::::::::|:::::
            |: | |::::∨===    === ./::::::::::::|:::::.
              ::: | |:::/:::::           /:/:/: :::::|:::::::..
             .:|:::| |/:::::::::. U           ⌒7:/:::: ::::|:::ヽ:::.
            /: ::| |::::::::::::::::..    (___)    ...::::|/::::: ::::/:::: :::::.
          /:::/:::::、」:::::::::::::::::::>r __  イ__::::/:::::: ::::/:::::::: ::::::.
          ,イ/{::::::|:::::::::::丶::::::「 \   / /:/:::/:/::::::::::| ::::::}
            |::::::|::::_  r-  〈\ .}___/__/.//|/ 、_::::::::::| ::::::/
              、:::::/   / / / />{   }< ̄ | | |  l \::/::::::/
                 / / / / /〈___乂_ノ___〉 :| | |  |   l::::/
             /__/ ./ / /   l  |    :| | |  |  |__)
           「  {  l { {   .|  |    :| | |  }'  .|::::::..



         /                    ヽ
        /   _,/⌒ヽ、                   ,
        , -'‐ /       \, ヘ、               ',
      /   /       /    ヽ            i
     ′    ,′   ト、  /       ',          }
    |  ,   l    }ヽ\,} jト、     }、         ,′
    { /   |    |\ヽV//ム、    ヽ、       ′
.    V / /l    }   ヽ'′   }         ヽ、    ハ          いやぁ~、これは意外な展開。
    i ′,′     ノ         {、        ヽヘ / ノ
    |¦ {   / 厶   ___\    \  }「 }  /ヽ.....        しかし、殿下はクロヴィス総督から信頼されているみたいですねぇ~。
    Ⅵ |  / /ft㍉  ´,二二三三ヽ.   i  V l/ 〈   '.
       ヽ| {、 厶゙=1={{   ´¬tf忙ハ  }  }/} } リ   i
         ヽ| V7ハ¬}  ヾ、__ ̄ ̄´7 // /イリ/ノ / {
         / /ハ. |   ` ̄ ̄ ̄7イ / / / : : { /   !
           / /∧ \ー _____,   ,}///. : : : 7  |
        { { { vハ  iヽ、 ー一  .   ´ /: : : : /    ハ
        | i l  vハ 」 ハ、__ ィ´-‐: : ´: : -‐ ´      / ',
        | l l   vハV     .ノ -‐  ´           /   ,
       /{ 弋ー…¬ ¨ ̄´                     ',
      /   ハ } rrヘ、          _ . -‐  ´       ',



              |::::..
              |:: ヘ:::...
              |/  丶::::::::......:::::::::::::::::::......        ..........
              |   __「 :::::>::::::::::::::::::::::::::::::> ...:::::::::::::/|:::|
              | r┘  /::::::::::::::::::::::::::::ノ(: ::::::::__   ̄}_ |:::|
               } /:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::: :::::::::ヽ    7|:::|
                 入/ }::::: ::::::: /::::::::::::::::::l:::: ::l::::::::::::::::. .//::/
             /:::/ /: :l:::::::::/:::::::::::::::::::∧:::::|::::::|::::::::::V/::/
             .::::/ /: :: |:::/|:::::: ::::::/::/  : ::|::::::|:::::::::::::.:/
            .:::/ /:l:::::::|/l 从:::::::/|:/_  ∨:: ::|:::::::::|:::::.          いや、どう考えても責任丸投げされただけでしょ、コレ!?
            |: | l::::|:::::/≧=-::/    斗匕  .:::::::::::::|:::::
            |: | |:: |::::――― l|l|l ―――   }:::::::::::|:::::.          「宥和政策」とか言ってテロリスト野放しにしたり
            |: | |:: ∨ ̄ ̄ ̄ l|l|l  ̄ ̄ ̄ ./::::::::::::|:::::.          貴族たちとキョウトの癒着を見逃したりしたツケが回っているじゃないの!
              ::: | |:::/:::::  八        /:/:/::::::::|:::::::..
             .:|:::| |/:::::::::.  ⌒ V⌒V   ⌒7:/:::::: ::|:::ヽ:::..         責任くらい自分たちでとりなさいよ!
            /: ::| |::::::::::::::::..     ̄   ....::::|/::::: ::::/:::: :::::.
          /:::/:::::、」:::::::::::::::::::>r __  イ__::::/:::::: ::::/:::::::: ::::::.
          ,イ/{::::::|:::::::::::丶::::::「 \   / /:/:::/:/::::::::::| ::::::}
            |::::::|::::_  r-  〈\ .}___/__/.//|/ 、_::::::::::| ::::::/
              、:::::/   / / / />{   }< ̄ | | |  l \::/::::::/
                 / / / / /〈___乂_ノ___〉 :| | |  |   l::::/
             /__/ ./ / /   l  |    :| | |  |  |__)
           「  {  l { {   .|  |    :| | |  }'  .|::::::..


56 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:40:35.71 ID:tPZEzbwR
多分自分達で取ろうとしたら大惨事になると思うんですけど

57 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:41:21.31 ID:byNEGIM4
実際クロヴィスは芸術と研究一流、内政そこそこで他はお察しなステータスなわけだし

58 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 02:41:27.63 ID:dewH57PU
出来ないことを丸投げ出来るというのはそれはそれで大事だしなぁ


988 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/17(月) 23:43:24.93 ID:UMJbIDUC



     ′/ i  i!     i≧s。,    > 。,_  ___     `ヽ > 、 V/
    i /  i!  i!      !\   `` ー―――  ´    .!   V/ヽ! .V/
.     V   i!  i!      !  \  \            ト、  .V/  ` 、_
    ,'    V  i!      '    \  \           i  !__\  V/ { ̄
    ,′    V iヽ     '    ,.斗――‐、       i /-、ヽヽ }/!、\
   , i      ,'Vム \   ',ィf゚´, ´  ̄_,.斗ャ\_}.    i,_' 、   } V}/! ` ヽ        しかし殿下、「許可が下りている」ということは、すでにこれは総督命令です。
   ! i     .,_Vム__ \  ',  ′,ィf心  ′  }   / } } /  ,リ/
   i ∧   / ,' ヽム、   `<ヽ / _Vソ__ノ   }  ./  'ノ ./   /             殿下でも従わねばなりません。
   i,′ヽ  ヽーf芹示ミ、     ` ´        },/  ´ , '   /
      ',  } ', 、__Vソ '                       /i´   i {
      } /  ',                          / !    !、{
      }'    ',       ヽ、              /   V i  {
           、                       /    ヽ`ヽ!
           ヽ、       __      , '     |__
                ヽ、    ̄       /   ,。s≦ニ}!
               ` 、          / ,。s≦>゚´ilililili}!
                 ` 、_ ,。s≦,。<>゚´ililililililililililil}!
                   {ニニ} r<>゚´ilililililililililililililililili}!
                        }ilili} } } /ililililililililililililililililililililililiヽ、
                        }ilili} },{ {ililililililililililililililililililililil>゚´三≧s。,
                      ,.斗}ilili} }{ {ilililililililililililililililil>゚´三三三三三三
            , 。s≦三三ヽili} }{ {ililililililililililil>゚´三三三三三三三三



              |::::..
              |:: ヘ:::...
              |/  丶::::::::......:::::::::::::::::::......        ..........
              |   __「 :::::>::::::::::::::::::::::::::::::> ...:::::::::::::/|:::|
              | r┘  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__   ̄}_ |:::|
               } /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    7|:::|
                 入/ }::::: ::::::: /::::::::::::::::::l:::: ::l::::::::::::::::. .//::/
             /:::/ /: :l:::::::::/:::::::::::::::::::∧:::::|::::::|::::::::::V/::/
             .::::/ /: :: |:::/|:::::: ::::::/::/  : ::|::::::|:::::::::::::.:/
            .:::/ /:l:::::::|/l 从:::::::/|:/_  ∨:: ::|:::::::::|:::::          わかっているわ。
            |: | l::::|:::::/斗匕::/     ≧=- .:::::::::::::|:::::
            |: | |:: |::::===   ===   }:::::::::::|:::::          これでも副総督に抜擢されていた可能性もある身だもの
            |: | |::::∨  乂_ノ    乂_ノ   ./::::::::::::|:::::.             こうなった以上はやれるだけのことはやるつもりよ。
              ::: | |:::/:::::           /:/:/: :::::|:::::::..
             .:|:::| |/:::::::::. u         ⌒7:/:::: ::::|:::ヽ:::.
            /: ::| |::::::::::::::::..    v ヽ   ...::::|/::::: ::::/:::: :::::.
          /:::/:::::、」:::::::::::::::::::>r __  イ__::::/:::::: ::::/:::::::: ::::::.
          ,イ/{::::::|:::::::::::丶::::::「 \   / /:/:::/:/::::::::::| ::::::}
            |::::::|::::_  r-  〈\ .}___/__/.//|/ 、_::::::::::| ::::::/
              、:::::/   / / / />{   }< ̄ | | |  l \::/::::::/
                 / / / / /〈___乂_ノ___〉 :| | |  |   l::::/
             /__/ ./ / /   l  |    :| | |  |  |__)
           「  {  l { {   .|  |    :| | |  }'  .|::::::..



                     ┌-ミ                  ┐
                     |{乂ニ- _  _ -──- _   _ -ニノ}|
                     |{: . >ヘ>>-ヘi:i:i:i:-ヘi:i)/i:i:/. }|
                        八x爻./i:i:i:i/i:i:i:i:i:\i:i:i\i:i爻x. . }|
                    爻/i:i:i:i//i:i:i:i:i:i:i/∧i:i:i:i\ 爻..}|
                     爻i:i:i:i///i:i:i:i:i:i:i:i:i:/∧i:i:i:/∧: ノ′
                    //i:i:i:/ .//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハV/i:i/∧〔
                     //i:i:i:/ ./i:{i:i:|i:i:i:i:i/i:i:/  } V/i:i/∧',            それじゃあ行くわよ! 総督府へ!
                      //i:i:i:/ ./~''~ ,,_i:i/i:ノ_、‐''~ V/i:i/∧:\  -┐
                      ノ/{i:i:i:i /ィぅ芥ぅy ⌒ ぅ芥うぅyi:i:i:/∧i:/   ′
                -=彡/i:i{i:i:i:{ :{八 Vツ     Vツノ:}i:i:i:i:i:i:i:/   /
                     {:/i:i:i{i:i:i:{ :{乂 ""    '     "" ノi:i:i:i:i:i:/   /}
                     {:{i:i:八/∧ v込    r ~ヘ  ⌒7i:i/i:i/  ./i:i}
                乂i:i:i:i\∧V/个. └   ´ イi:i/i:i/i:i/  ./i:ノ┐     ___
         _ -=ニ ̄ニ- _( ̄\i:i:i\: V/ ̄ :≧=-<)} ̄(i:/)i:/   :{─ヘ|_ -=ニi:i:i:i:i:i:ニ=- ̄ ̄~''~ ,,_
      _ -ニi:i:i:i:i:i:i:i:i「\i:i:i:( ̄ / ̄ ̄:/  /乂rハ ノ}:    , ′   }    \-=ニ ̄ ̄──- _
     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:八  \>''~   : ./ / ̄ ̄~''~ ,,_ _/ . .丶 /       \┐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iニ- _
   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)⌒) {{      :}/  乂___    丶 . . . . /    /   {八( ̄\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_、‐''~ ⌒ 八.  _ -/  //V/  ~''~ ,,_    . . /    /    V/ )  :}i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i\
./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_、‐''~.:.:.:.:.\__/⌒) _)>  .{_、‐''~{乂ヘ-ヘ- } ̄\. . . . .{ . . . /   ,  V/(.:.:.:.:}i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/{.:.:.:.:.:.:.:-ヘ.:.:.:「 ̄/    { .:.: { {. . . .}{ . . . .} }/ニ≧=-.{ . . ../    /  / /∧.:. }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/八.:.:.:.:.:.:.:.: ̄__)V/{    .八.:.: { {. . . .}{ . . . .}/ニ=- -=ニ≧-.〈_ / /ニニ/∧ }~''<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
i:i:i:i:i:i:i:i:i:// \.:.:.:.:.:.:.:.:  ̄\〉    /∧.: ヤ . . . }{ . . . .}乂=- -=ニ -=ニニ≧-ニ -=ニニノ..}   ~''<i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i/\_.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    /∧. ヤ. . . }{ . . . .} } )-=ニ/∧-=ニニ/-=ニV/ニ/ ./      \i:i:i:i:
i:i:i:i:i/i:i:i:i/   〕ニニニ==─\   ./∧ ヤ . . }{.. . ....} }(ニニニ/∧-=ニ{-=ニニV/ (.:.: /        \i:
i:i:/i:i:i:i/    /ニニ/∧ニニニニ-_  /}.:.:}}. . .}{. . . ..} } \二ニニ-}-=ニ{-=ニニ-ノ.:./          \
i:i:i:i:i:i/       /ニニニ/∧ニニニニ) /.:.}.:.:}}... ..}{ . . . } }.:.:.:.:.: -=ニノ-=ニ{ニニニ- .:. /
i:i:i/      .{ニニニ/∧ニ/ ̄Ⅵ{.:.:.:.:.:./. . . .}{ . . . Ⅵ.:.:.:.:.:.:.: (ニニニ八ニ/:.:.:.:/
/        V/ニニニ/∧ (   /{ {.:.:.:. /{. . . .八 . . . Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   ̄/.:.:.:. /
          \-=ニニ/∧ニ/. . Ⅵ.:.:.//\/ ̄\/.:.Ⅵ.:.:.:.:.:.://. . . . \ ./.:.:.:. /



     , '   , "  /    }|     '       ヽ
      /   ' /    /      ' |、    }          ∨
    '    レ'  / '     /| ' \    :}        W
     l|   |  / /|     / | /  ヽ   :}       |  '
    l|   | ,[ / !    , ' 丁 ̄ ̄~^' ミ,      |   }
     |   | ,.ィ^~丁  /  j/ ====ミ、 ',|       |   '          イエス、ユア・ハイネス。
     |   |' | ,.=ミ| /   / ' 「_}'ハヾV7       |   '
     |   |:, fハ_)'ハヽ___f、  乂rク レ'7      'Y  '
     |   ハヽ乂ク } 乂      ノ '       'ノ ' '
     '   人 :}   ,.イ   ` ー "´  ' '    / { /レ
     '   V , ̄             ' /   //レ’
      '   从    ー 一     //   //
      ヘ  { ヽ          /^}  /!/レ
       ヽ ',  个s。,       ,. ' /ノ{^
         \     ≧=-=≦  レ  ノ{⌒、
                  ノ}  _ ,.。s≦7  \
                 /「/「{///////    }\
            ,.斗rく ,.イレ⌒寸////    /   `≧s。


73 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 03:19:03.71 ID:870cuadY



                                   _|::|:::i|::||__                       |:::::| | ::::|:::::::::::::::|::::
                                     |:|::|:::i|::|ニi|      ハ             |:::::| | ::::|:::::::::::::::|:::::
   __                               |:|::|:::i|::| | |      /:||             \|_|:::: |:::::::::::::::|:::::
  √ヽ〉                             |:|::|:::i|::| | |      ||:||     ∠つ           |:::::: :|:::::::::::::::|:::::
   ̄ ̄                           _.|:|::|:::i|::|_| |      ||:||               |:::::: :|:::::::::::::::|:::::
                                  |::::|::|:::i|::|_| |_     ||:リ             |T丁::i|iii|iiiiiii:: |::::
                 √ハ             |::::|::|:::i|::|_|_| |     川              |」:::|:::::|iii|ii|iii|:::|::::
                   ̄           |〕   |::::|::|:::i|::|_| |_|  /| /::|::|                  |三三|iii|ii|iii|:::|二
                                √|    |::::|::|:::i|::|_| | | /i| | |:::|∧ I               |二二|iii|::|iii|:::|二
ⅰ                _, ⅰ    _  」: :|   _|::::|::|:::i|::|_| |_| |:|| | |:::|:::::∨:〕        ⅱ    |三三|iii|::|:::|:::|二
ⅱ                /|::|::〕ⅱ    /ニ|  |:::::|  .|:|::::|::|:::i|::|_| |_l__| || | |:::|::::::||:::|  ⅱ    |:VV:|  |二二|iii|::|:::|:::|二
/:∨L I     I I   ┌j|::|::|〔 〔:〕_ {iニロ|  |:::::|i  _|:|::::|::|:::i|::|_| |_l__| || |イ:::|::::::||:∧  八   i| |:::|::|  |三三|iii|::|:::|:::|二
::::::|:::::YYーーー√√「 ̄乂|::|::|::|丁丁::|‐|:::::::|ー'´::::_」L| |:\__|ィ'i|::|_| |_|_||_|| |_|:::|::::::||:::::|‐┴┴--弌|:::|::|ュ/|二二|:::|::|:::|:::|二
口巾卩叩口巾卩叩匝口⊥|⊥|⊥⊥┴==rェfT「|_|」L ‐。s1::|::|::|_| |_|_||_|| | |斗-┴-ミ``''iTTTTT|:::|::|.|:::|三三|:::|::|:::|:::|二
Lニ=‐─…宀冖''二 ̄r┬=Ti二l|丁i|─||‐||_」L ┘_ 。s1|:||:||::|\|::|_|_|_|_||_||_|_|_,、-─┴-弌二二ア´ ̄|:::|二二|:::|::|:::|:::|二
|:|ZZユニ|:|二「-|:|TT_|:|┼‐:|| ̄||_」⊥ - ''`_,。o1|_||:|||||:||:||」LL二//lニTニ||ニムマ≧s。.,_,.。sへ::::/::::::: :::|:::|三三|:::|::|:::|:::|二
|:|叩巾=_| ̄ | ̄| ̄:| |:|┴_⊥‐ ¨ _。s1:|「「||:|「「|:|丁丁「「√ ̄_,|/¨¨¨| ̄|::: :::|`r‐┬‐┬‐┬弌|ー- ___|:::|二二|:::|::|:::|:::|二
TTT| ̄|:|iiiiiii|」L! -┴  ̄_  ┐「∠ニ|:|ニT|:|ニ|:| ̄ ̄ ̄ ̄_。s≦| ̄ ゙̄|]]]]]]]]]]]|─|二二Tニニi|::|i|:::|iii|::|:::|三三|:::|::|:::|:::|二
二」└   ̄::::::::::::::::。s≦「 | |:|丁丁||:||二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ΞΞ|ロロロロ|]]]]]]]]]]]|√ ̄ ̄ ̄ ̄ |::|i|:::|iii|::|:::|二二|:::|::|:::|:::|二



三三|Z l ! l |    /  /       /              / /1i
三三|Z | ! ! !  /  /  /   /        / /  / /| l !
三三!Z | l |  ,  ,  /  /  /       / /   ,/ / .| lリ
三三!ZⅥ i  ∨  !  ,  /'         / /   /  / .Ⅳ
三エj三' 、   i  |  i ,     ,.' ´ ,/   / , / _ !j
三エ!三Z V´ 、/   l  ! /    /   /  / ィ/ ,. '´/Zz、          ジェレミア卿、バトレー将軍より通信が入りました。
三Zノ三三'、 下i.   |  リ   / _,. '´ _ ィ'7 /7' /ィf7' ─‐ヘ
三/三三三ヘ、 ji  | !l  /,. > ' ´ >/、 ´ /んtン/三三三 ',.         現時刻をもってトウキョウ租界に展開中の全軍は
Z/三三:/!:::::::1  | l /ィ 卞チ〒= 、,_     .' イ孑' j、三三三Z!...       第13皇女キャル・ビ・ブリタニア殿下の指揮下に入れとのことです。
;/三Z/:::::|:::::: j!   | |,/  弋丕宏ィ'´     i     /  `ヽ、;三1
三Z/::::::::::::'f ´.:l.   | |{1                |    /      \N
,./1:::::::::::::::!、:.:.!   | |! ト、             〉 ,.イ        \
  .!::::::::::::::::::ト、|  | |. 1 \          _, '/:::: '.         ∧
.  |:::::::::::::::::::'.ヘ,   !   .ド 、 `  、   -=ー/:::::::::::::!         ,/ |
   !:::::::::::::::::::::'.1   ,   '.:.:.:.:.:.: ̄ 7 、 _,/::::::::::::::::::|___ , - 、  /    ̄ !
   ' ,::::::::::::::::::::::ヘ   ,  ',:.:.:.:.:.:/7:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::,. < /   ` ー-z ,_  ト、
    '.:::::::::::::::::::::::'.   ,  '.\_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.{::::,.ィ´ ,..'7   ` ' ¬、 -─' ` ' ‐-  _
    '.::::::::::::::::::::: '.  ト、   '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j/ ̄  /  <フ´  _ `  、        `丶
      '.:::::::::::::::::::::'.  \ 、 ' 、:.:.:.:.:.:. /  rン_,. '´  _ ,.<フ`  、_ rz)        \
      '.:::::::::::::::::::::'.   /:.:.:.:`\:.:.:/        /    ,. -‐             '.

              純血派メンバー
               ヴィレッタ・ヌゥ



                    / ̄/  /    二ニミ、
                   ∠ -=ミ{ /   /      \
                   ト-=≦     人{  ′/ ̄ \  ∨}__/}
              { \__   // \{/ -=ニ二 \  \_/
              ⌒辷=-   ∧ {/⌒^^´ ̄ ̄⌒^^ヽ }\__/
              ‘     〈  ヽ〉              ∨ /          なに?
                 {\ ト、__ У / ≧=-、    ,ィf⌒ 〉/
               ‘, ヽ辷_/ ィ赱テミ\_ /rzテフ {,′.           キャル殿下だと――?
                {\ { r 、   `       {  ´
               \ \ 〈         |   ,′
                      \ `{        、 /   /
                      ヽ l\         __   /_____
                       r=ニL \   '´ ー  /⌒ 、  \
                       |    ̄ ̄ト,     /「 ̄| ヽ   \
                       |   /⌒ i|___>--='__|^ヽ|   :.     ヽ
                     /|    {/⌒ |〈 \、 〉:|〈 |   :. /}  \
                /  :l     ノ| ヽ  } V  | } |   / /       、
               _∠ -=ニ〉    ⌒ヽ \ \ } // { / /〉      \
        -==ニ二二ニ=‐ ´  、: .  }   \ (_)// / //i
 -==ニ二二二ニ=‐            \ : .  ̄\ \{// //〉 |
二二ニ=‐                   \: : ..  ヽ / ______/   |
                __ --==ニ二二二ニ=〈 Г〉       |
                 r≦二ニ==‐‐        `^^       |   ____
    \     i    {/{⌒\    、                    |  /⌒: : :`: .
     \   l     |八    ヽ __ノ〉                     |: / : :/}: : : : \
       、 }    Vハ    |\´                  |/」/ /フ: : : : :
          ∨ /    Vハ  /:}  \                {(__)-=彡 : : : : :
         ∨     Vハ ⌒´                 厂Y |: : : : : : : : : :
        l  ∨      Vハ                     / /| |: : : : : : : : : :
       |   }       Vハ                     厂Y  | |: : : : : : : : : :
       |  } /       Vハ                    / /   | |: : : : : : : : : :
          }′     Vハ              厂Y     | |: : : : : : : : : :

                      純血派将校
                 ジェレミア・ゴットバルト辺境伯


1:まぁ、バトレーよりは期待できるだろう
2:実戦経験はないと聞いたが……?
3:よろしい。今こそ皇族への忠義を見せる時!
4:よろしい。今こそ皇族への忠義を見せる時!
5:まさか……あのキャル殿下か!?
6:よろしい。今こそ皇族への忠義を見せる時!
7:よろしい。今こそ皇族への忠義を見せる時!
8:まさか……あのキャル殿下か!?
9:キャル殿下の指揮下だと!? まさに本懐である!
10:オール・ハイル・ブリタニア!

【1D10:10


74 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 03:19:51.78 ID:zBbqAFL+
うわあこれは本当にやばい

79 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 03:23:16.15 ID:L8sEMz9E
これ巻き込まれて保護されたルルーシュがキャルかジェレミアに面会したら原作ぶっ壊れるぞwww

82 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 03:24:50.34 ID:zBbqAFL+
これルルーシュに勝ち目あるのってぐらい不利な材料が盛られてくな
原作の流れになってもあっさり鎮圧されそう


669 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/16(日) 16:32:34.84 ID:+BAI2qDZ



                     /   / ̄   三ミx
                 〈  /  /   =--   \___ノ}
                 ∧ {  〈 /  ___       /
                 /⌒ア>x∨  /   ニ=-   /〉
.                {  〈 /⌒^^゙''" ̄ ̄ ̄\ ___/}
                ,ヽ  \               ∨  ,′          おぉ……!
               ∨  / ̄\     __,/ ̄ } /
              -=辷_彡 ┌t拆ミ  / r笊ァ レ 〉.              まさかあのキャル殿下の指揮下で戦える日が来ようとは……!
                    { 〈 `      l      〉/
                 \_      |       /⌒\..          まさに本懐である!
                  ∧            ∧ 、   \
                   { \  -‐_ -  / :} }ハ    \
                   |\___] 、   /[__/| _,]i       ヽ
               __,rク 〈∧|ニ≧ ´ア^|∧〉 |\]i       \
         -=ニ二二二/^  _ノ|  { /  |\./} ,}i         ヽ_
       二二二ニ=‐ ´  / { ⌒ヽ\  0 // ,.イ  l|i           ∇ニ=-
       二ニ=‐ ´    /  :,   ⌒ヽ// / イ   l|i          ∨二二ニ=-
                /⌒〉ヽ      (__ァ -=彡  l||          ∨二二二二
               /⌒ア  /        /       :||              ∨二二二二
.              / ∨  `⌒〉____,/          ||           ∨二二二二
           / _/      }\                ||              ∨二二二二
          {              〉             ||                 ∨二二二二



 i       /    /  , -‐ ´   / /         V /
 i     /    /  /      //__ .   -‐─一 v' /
 i     ,′ , '  ,ィ≦ミ、ー=彡 '´   _ 二≧x、    }レ' -‐
 |       /  ,:! ト込f        ,r气7气:::`ヽ マ    V /⌒          えっ……?
 |    ,  /  .::.} 乂メj」     イ   {`f氏):::.レ'      '
 l    l  ,  / /:{ `¨¨ 7       、__乂竺少′       /          キャル殿下はこれまで一度も実戦や従軍の経験はないとお聞きしておりますが?
 |     ! { / / ハ   ,′                __, '´
 |   i|  V / /  '  ′              , 「 /
 |   i|  ′〃    、                 , '   {〈
 {   { / 〃    ヽ `トー v'⌒',     /    い
 |i   i|   ,′  ,.-‐ ヘ `こ!   {   /     /  {ヘ
 |i   i| / {, -‐//    />、 {   ',  '      /  /::::}
 |i   iレ' ,′ //   //.:::::入    _ .. -‐ ´   /.:::::ハ、
 |i   { /  i // //.::::::::.イ ハ    マ  ̄`>  /.::::::::/ / `
 |i   ヽ{  レ' //, ‐ 、///. :}     ' / /.:::::::://
 |i     \ トく く __i    `く}: : : ハ    { /.:::::::://



                     /       <         厶=‐x 〉\
                   /  /    {!   \ ノ     {::::::::::::{/_ \
                       / /     ヽ≧‐一'"       /゚~`゙''V:::::::::`ヽ 〉
                / /         _>      /     ∨:::::::::::}'
               / /       /`ニ=ァ--一'"  ̄\   ∨::::::/
              _∠   ´         /::::::::::::::::::|        -ミ\  l:::/    確かに殿下はこれまで実戦を経験されたことはない。
           _\_        〈:::0::::::::::::::::::|         、 tメ ≧}/
              ヽ、  ー一'     ∨:::::::::::::::::::|        `¨  八.      しかし、あのお方のお力は間違いなく本物だと私は確信している。
             ゝ      -―  \::::::::::::::::|             \
             ⌒>――-- .._ z''"~ \:/\:{                > .   現にシュナイゼル宰相やオデュッセウス殿下から将来を有望視され
             /         `゚ <  L::::::::\      ,___   , ´    齢11の頃にはあのコーネリア殿下に戦術シミュレーションで勝利されたこともある!
               /                 \ \::::::::\    \ー―‐ミ>/
 ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、___/               \ `<::::::\     ー一彳′
            \   ̄\                  〉..  `<:::ヽ、 ´ ̄ /
            \    \              /  `> ..,  ̄      {
/|             \    \         /\     `>、 __ ノ
. |               ∨    \         /\ \/ ̄ ̄
/                ∨      ヽ       ////\ ヽ_
 ⌒ヽ               ∨           //⌒ヽ/} //\
⌒ヽ }            }  r77ヽ     ///⌒ヽ }///  /
   }/              |  |////\_///////} //  /
  _____      |  |////////////// .//  /
_..ノ       /        l ////|∨///////,}  〉! ./ ̄ヽ__
        /         / /////! \/////〈  //| ′  `  \



                  _   -―――=ミ
                    ´ /        ヽ
               /   /  / ̄ ̄ ̄ ニ=- \ __ノ}
             {   {   ′ / ̄ ̄ ̄\ -=≧..厶ィ
             У ̄ ̄\{  / / / ̄   \    /
              /    -==ミx{: / /       __ ,.>‐ァ′
          /  / / ̄ ̄`'" ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.  / /
          \ {ヽ/               ∨ ;′          そしてなにより――
             >、\ ___        __  } /
.        ー=≦ニ二ノ、__  \  /,ィ'´ __,  L.′
             ヽ{ ハ `¨¨¨     ¨¨¨´ ハ }
                \l        |:       ,゚/
                 ゚.      |:.      /
                  i 、     _ ´_     /
                  | \ ´ ー ` / |
          「 ̄ ̄ ̄ ̄|  \___/ .「 ̄ ̄ ̄ ̄|
          l  ̄ ̄ ̄| |=/⌒Yヽ/⌒V| | ̄ ̄ ̄ |
          |  /⌒ヽ| | {   〈 ′  | l:/⌒ヽ   |
.    -=ニニ二|   V⌒ | |    /   i | |/⌒V  .|二ニ=-
. 二二二二二二|      }| |     {   / | |{     |二二二二


1:あのお方の母君様もマリアンヌ様と同じくナイトオブラウンズであった!
2:↑+ナイトオブワンからの信も厚いお方であったと聞く

3:あのお方の母君様もマリアンヌ様と同じくナイトオブラウンズであった!
4:↑+ナイトオブワンからの信も厚いお方であったと聞く
5:↑+しかもマリアンヌ様が「同志」と称していたほどのお方だ!(アウトォ!)
6:あのお方の母君様もマリアンヌ様と同じくナイトオブラウンズであった!
7:あのお方の母君様もマリアンヌ様と同じくナイトオブラウンズであった!
8:↑+ナイトオブワンからの信も厚いお方であったと聞く
9:↑+しかもマリアンヌ様が「同志」と称していたほどのお方だ!(アウトォ!)
10:オール・ハイル・ブリタニア!

【1D10:2


93 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 03:46:42.49 ID:WSJPStg7
マジかよ、もしかして血の紋章事件でシャルルの側に着いたの?

94 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 03:50:14.63 ID:6gpLdL2e
母親の実家大勝利じゃん
商売で上手くいっててラウンズも輩出してしかも皇妃になってるとか

95 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 03:51:08.31 ID:2aUsqKSB
5と9には当たらなかったけど今後のダイス次第で同志の可能性残ってね?厄くね?


181 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/11(火) 01:08:17.43 ID:LUPnYD4Z



                    / ̄/  /    二ニミ、
                   ∠ -=ミ{ /   /      \
                   ト-=≦     人{  ′/ ̄ \  ∨}__/}
              { \__   // \{/ -=ニ二 \  \_/
              ⌒辷=-   ∧ {/⌒^^´ ̄ ̄⌒^^ヽ }\__/
              ‘     〈  ヽ〉              ∨ /            殿下の母君様も私が敬愛するマリアンヌ様と同じく
                 {\ ト、__ У / ⌒^\    〉_x≦ 〉/.               ナイトオブラウンズの一席に身を置かれていたお方だ!
               ‘, ヽ辷_/ ィ迅ぅミ\_ } /rtぅフ {,′
                {\ { r 、   `       {  ´.                   現ナイトオブワンであらせられるヴァルトシュタイン卿からの信も厚く
               \ \ 〈         |   ,′.                 「血の紋章事件」ではヴァルトシュタイン卿とマリアンヌ様と共に
                      \ `{        、 /   /.                 シャルル皇帝陛下の剣となり叛徒どもを誅伐されたという――!
                      ヽ l\          __  /_____
                       r=ニL \   '´ ー  /⌒ 、  \.             それほどのお方の血を引いておられる殿下が
                       |    ̄ ̄ト,     /「 ̄| ヽ   \           無能・暗愚の類であるなど断じてあろうはずがない!
                       |   /⌒ i|___>--='__|^ヽ|   :.     ヽ
                     /|    {/⌒ |〈 \、 〉:|〈 |   :. /}  \
                /  :l     ノ| ヽ  } V  | } |   / /       、
               _∠ -=ニ〉    ⌒ヽ \ \ } // { / /〉      \
        -==ニ二二ニ=‐ ´  、: .  }   \ (_)// / //i
 -==ニ二二二ニ=‐            \ : .  ̄\ \{// //〉 |
二二ニ=‐                   \: : ..  ヽ / ______/   |
                __ --==ニ二二二ニ=〈 Г〉       |
                 r≦二ニ==‐‐        `^^       |   ____
    \     i    {/{⌒\    、                    |  /⌒: : :`: .
     \   l     |八    ヽ __ノ〉                     |: / : :/}: : : : \
       、 }    Vハ    |\´                  |/」/ /フ: : : : :
          ∨ /    Vハ  /:}  \                {(__)-=彡 : : : : :
         ∨     Vハ ⌒´                 厂Y |: : : : : : : : : :
        l  ∨      Vハ                     / /| |: : : : : : : : : :
       |   }       Vハ                     厂Y  | |: : : : : : : : : :
       |  } /       Vハ                    / /   | |: : : : : : : : : :
          }′     Vハ              厂Y     | |: : : : : : : : : :



:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
                               //: : : : : : <`>、ヘヘ∨/.ハ: : : : : : : : : :i: :.ヘ
                            /: :/: : /三ニ=-、ミミヽY//,,ヘ: : : :.;: : : : :}: : :ヘ
                          /: :..:/: :./:,'. . . . .    `ヾ'""´. . |: : : :|: : : : :}: : : :.',
                            {: : :/: :.;':.,'. . .            :}: : :丿: : : /: : : : :|
                             ∨::{: :..:|:,'. .            /: ://: :.:.:イ: : : :.:.,'
                          \',:.:::|:|`ヽ、__    、     /:/ ./:.:::::/:/: :.::/
                           |::ヽ::ノ:ヽ、 --ミミミヽ、ヘ',  ∥//ィ彡i::::::/:/::::/:|              これはメタな発言になるが
                         _|::,イ: : :ヘゝ_マEテヾヘ`ヽ 《::{::イ.+-+{:::::{: {::::ハ:: :|              この世界の「血の紋章事件」が起きた当時
                        ,...<:::/: : :.:.:::::ノ` '' '"´ /: :.:  ヾ、\  \::: ヘ:ソ:::,':``ヽ.、..           ナイトオブラウンズは11名ではなく12名いたのだ。
                    ,.イ::::::::::::::{: : ::::イ Y',      : : : |  r ノノ   .Y:::) :/:::::::::::::::::>.、
                   |、:::::::::::::::::::ヽ: :::ゝヽ',: Y      : : :.|  `"´  、(_/ノ:/:::/::::::::::::::::::::::::::::::)..      そのうちの1人が殿下の母君様であらせられる。
                   |、ヽ,:::::::::::::::::::`):::::::ハ: ',     :..:.:.|       `{'人ゝ:,':::::::::::::::::::::::::::/,|
                   | \`ヽ、:::::::::::ゝ-:イ/|',: : .        ヘ "      .: :/::::::{::::::::::::::::::,>' ./;
                   |  ヽ、 `ヽ 、///::/|ヽ: :    ,ィ======、   .: :/|:::::::',:::::;;>'´ , イ  |
                   |    `ヽ、  `}::Y.、 \   '" _`二二.´_`ヽ   イ ,ィY::r''" ,>'´      ;
                   |       `Y .} :ヘ \.ヘ   ,,.イ"`ゝ,,   ∠ィ´ ,|:::| Y        ;
                     ;        ,' .}::}/ハ  `ヘ-.'":::::::::::::::::ゝ'/   .r''/}:::{ ,'          |
                   ,'           ,'  .|:{//∧{>、_ヾ:::::::::::::::::::/,,--ァ丿/.}:::| |        |
                 ,、../        /  {::'//////////ハ ̄´Y/////////丿::|. ',           |
              ,,..イ  /        /   .|{ヘ///ハ//////}  .{/////////彡ハ|. ',       .|\
         _,,、-'"   /        /    {ヘ//ム..リヘ////ノ  ヘ////'{//ムソ/リ.;  .ヘ.     . . |  `ヽ
__,,、--‐'''''"" ̄       /        ヘ    }{//  ´ ∨/ハ    ハ// |/  .Y.} /   .〉      {
                         ヘ   .|{/ィ'7ハi,  }//∧  ∥/{  ,ィ'7ハ//.   /

                            ナイトオブラウンズ・ナイトオブワン
                              ビスマルク・ヴァルトシュタイン

:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::



三三|Z l ! l |    /  /       /              / /1i
三三|Z | ! ! !  /  /  /   /        / /  / /| l !
三三!Z | l |  ,  ,  /  /  /       / /   ,/ / .| lリ
三三!ZⅥ i  ∨  !  ,  /'         / /   /  / .Ⅳ
三エj三' 、   i  |  i ,     ,.' ´ ,/   / , / _ !j
三エ!三Z V´ 、/   l  ! /    /   /  / ィ/ ,. '´/Zz、          そ、それほどのお方であられたのですか……!?
三Zノ三三'、 下i.   |  リ   / _,. '´ _ ィ'7 /7' /ィf7' ─‐ヘ
三/三三三ヘ、 ji  | !l  /,. > ' ´ >/、 ´ /んtン/三三三 ',.         純血派に身を置きながらも私はまったく知りませんでした……
Z/三三:/!:::::::1  | l /ィ 卞チ〒= 、,_     .' イ孑' j、三三三Z!
;/三Z/:::::|:::::: j!   | |,/  弋丕宏ィ'´     i     /  `ヽ、;三1
三Z/::::::::::::'f ´.:l.   | |{1                |    /      \N
,./1:::::::::::::::!、:.:.!   | |! ト、             〉 ,.イ        \
  .!::::::::::::::::::ト、|  | |. 1 \          _, '/:::: '.         ∧
.  |:::::::::::::::::::'.ヘ,   !   .ド 、 `  、   -=ー/:::::::::::::!         ,/ |
   !:::::::::::::::::::::'.1   ,   '.:.:.:.:.:.: ̄ 7 、 _,/::::::::::::::::::|___ , - 、  /    ̄ !
   ' ,::::::::::::::::::::::ヘ   ,  ',:.:.:.:.:.:/7:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::,. < /   ` ー-z ,_  ト、
    '.:::::::::::::::::::::::'.   ,  '.\_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.{::::,.ィ´ ,..'7   ` ' ¬、 -─' ` ' ‐-  _
    '.::::::::::::::::::::: '.  ト、   '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j/ ̄  /  <フ´  _ `  、        `丶
      '.:::::::::::::::::::::'.  \ 、 ' 、:.:.:.:.:.:. /  rン_,. '´  _ ,.<フ`  、_ rz)        \
      '.:::::::::::::::::::::'.   /:.:.:.:`\:.:.:/        /    ,. -‐             '.



                   《   / /  =‐―-    \ 、
                   八 /  V           \  \〉、
                     /⌒ \  {  /⌒> 、     _/  ,
                  / / ̄__ ヽ、 / /    \   / /
                     : 〈  /  ∠⌒Vハ/'゙''"^^⌒^ヽ  ア /}
                  〈  \{\{            ∨ / /          まぁ、「血の紋章事件」自体が
                  ∨  j}  〉                i ′/.           近年の帝国における負の歴史のひとつであるが故
                    、__」 / _/‐-  .,    __.. -一  :/^V..           その詳細な内容を知りたがる者が少ないからな。
                    ⌒ア爪 冖Lぅ㍉\ /斗zぅか   〉/
                 {//∧ `     :       ,_/.              加えて、殿下の母君様はこの一件で負われた傷を理由に
                 /\/∧      i      ,′\ .             ラウンズの位を返上され一線から退かれたと聞く。
                 / /ニ [/∧       |;      / 二ム ヽ
                /  √/: ヽ/∧          イ^ヽ 万 }...          お前が知らぬのも無理はないだろう。
           -=広  i{7: : : : : :\'〉、 ´ ー ` //〉: : :∨ ,仏=- ..
      _..  ゙~    二_ \: : : :{: : : \ヽ ___//: { : ;/ 云=     ~^ .._
                 ニ_  }} : : '; : : : : : :^:^Y^:^: : : : : {{  _二
                    ,リ : : : : : ; :〈(^\ | /^)〉: ; :“.、
                  /′ : : : : : \: : : :][: : : : /: : : :\


109 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 04:35:22.90 ID:870cuadY



.              /{
            八_|___
            /      `
                  u  .' .
         / _       _
.        /  ∪       ∪     ,          今回はここまでです……
        ⊂⊃  <>    ⊂⊃ ′
.       /                 ∨.          ど、どうなるんだこれ……?
      /                   ∨
.     /{                 、.   、
     ⌒.                 ` __〉
.      八                  /
         \                /
         ` ー――――――‐


110 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:36:20.24 ID:L8sEMz9E

まぁ嗅ぎ回ると煙たがられる類の話だろうしね

111 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:36:21.33 ID:WSJPStg7
あ、やっぱり血の紋章事件に居たし
その事件でラウンズ引退したのか

ナイトオブ何だったんだろ

112 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:36:42.11 ID:utQNH+K2


113 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:37:01.61 ID:WSJPStg7
乙でしたー
これを見るに恐らくビスマルクやマリアンヌ程イカれた強さではなかったみたいだな母ちゃん

114 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:38:16.69 ID:zBbqAFL+
乙です
ルルーシュには頑張ってもらわんと困るんだが無理そうだ

115 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:43:14.37 ID:byNEGIM4
おつ

怪我で引退つ~ことは戦力としての当ては難しいか
それでも下手な精鋭よりはブランクあっても強いんだろうけど

116 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 04:43:20.53 ID:6gpLdL2e

キャルがCC確保すればなんとかなるかもしれんし



119 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 05:20:47.78 ID:870cuadY


【おまけ:ナイトオブワンはかく語りき】


               -、_
          ,  //_,,..,,_ ヽ  >_ ¬、
         / ///三三\〉/ ヘ |  |ヽ
          / / /〃     ` ┴--} :j .' ハ
       / ∧::∨≧x.,,、     / イ::/| 〉
        | // /)::)モtッミメド / 仏(_l::{ l |/          「血の紋章事件」当時は私がナイトオブファイブ――第5席で
       |'//::/    ̄"`^ |伝}j≧::'、V..           時のナイトオブワンを討ったマリアンヌ様が第6席だった。
       〈人:::{        l 彳 __):::〉
       |、|(>、       '/   `ー''´.              そしてキャル殿下の母君様は第【1D12:5席であった。
         川'^ヽ 〉  ,,. ‐ー- 、   /                (※1、6だった場合はひとつ下、5だった場合はふたつ下の数字を採用
    _/ (_〉 {\      ̄ ヽ  ;'|
   , ´/ イ:::::| \` \__/:::|    ハ
   ∨:::::/:::::::/ l  丶、 \::::::ヽ_/小 \
   _|::::厶ィ7二二二二>┘::::::/ /::::い、 }
 f´:::/ //.:.:.:.:.:.:.:_:_:_.:.:.:.ヽ ̄r-ミヽ:::ヽ V
一ァ/  {ノ.:.:.:.:.:∠--、 \:.:} {:.:.:>| \ }
//  ├- _:.:.:.:.::.:.:.:.) |〈  〉/ ┤ヽ \
 ′   ハ:.:.:.:.::.` ー-く  ノ:ノ {:{ {:.:ト、__ヘ \
/   / ト :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽヽ/::> >:.:.:.:.:.:.:ヽ  \



                               //: : : : : : <`>、ヘヘ∨/.ハ: : : : : : : : : :i: :.ヘ
                            /: :/: : /三ニ=-、ミミヽY//,,ヘ: : : :.;: : : : :}: : :ヘ
                          /: :..:/: :./:,'. . . . .    `ヾ'""´. . |: : : :|: : : : :}: : : :.',
                            {: : :/: :.;':.,'. . .            :}: : :丿: : : /: : : : :|
                             ∨::{: :..:|:,'. .            /: ://: :.:.:イ: : : :.:.,'
                          \',:.:::|:|`ヽ、__    、     /:/ ./:.:::::/:/: :.::/
                           |::ヽ::ノ:ヽ、 --ミミミヽ、ヘ',  ∥//ィ彡i::::::/:/::::/:|           ――それと、これはあくまでも仮定の話だが
                         _|::,イ: : :ヘゝ_マEテヾヘ`ヽ 《::{::イ.+-+{:::::{: {::::ハ:: :|           当時のマリアンヌ様のお強さを数値化して100とした場合
                        ,...<:::/: : :.:.:::::ノ` '' '"´ /: :.:  ヾ、\  \::: ヘ:ソ:::,':``ヽ.、..        母君様の当時のお強さは【1D100:66】くらいだ。
                    ,.イ::::::::::::::{: : ::::イ Y',      : : : |  r ノノ   .Y:::) :/:::::::::::::::::>.、
                   |、:::::::::::::::::::ヽ: :::ゝヽ',: Y      : : :.|  `"´  、(_/ノ:/:::/::::::::::::::::::::::::::::::)
                   |、ヽ,:::::::::::::::::::`):::::::ハ: ',     :..:.:.|       `{'人ゝ:,':::::::::::::::::::::::::::/,|
                   | \`ヽ、:::::::::::ゝ-:イ/|',: : .        ヘ "      .: :/::::::{::::::::::::::::::,>' ./;
                   |  ヽ、 `ヽ 、///::/|ヽ: :    ,ィ======、   .: :/|:::::::',:::::;;>'´ , イ  |
                   |    `ヽ、  `}::Y.、 \   '" _`二二.´_`ヽ   イ ,ィY::r''" ,>'´      ;
                   |       `Y .} :ヘ \.ヘ   ,,.イ"`ゝ,,   ∠ィ´ ,|:::| Y        ;
                     ;        ,' .}::}/ハ  `ヘ-.'":::::::::::::::::ゝ'/   .r''/}:::{ ,'          |
                   ,'           ,'  .|:{//∧{>、_ヾ:::::::::::::::::::/,,--ァ丿/.}:::| |        |
                 ,、../        /  {::'//////////ハ ̄´Y/////////丿::|. ',           |
              ,,..イ  /        /   .|{ヘ///ハ//////}  .{/////////彡ハ|. ',       .|\
         _,,、-'"   /        /    {ヘ//ム..リヘ////ノ  ヘ////'{//ムソ/リ.;  .ヘ.     . . |  `ヽ
__,,、--‐'''''"" ̄       /        ヘ    }{//  ´ ∨/ハ    ハ// |/  .Y.} /   .〉      {
                         ヘ   .|{/ィ'7ハi,  }//∧  ∥/{  ,ィ'7ハ//.   /


120 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 05:27:15.89 ID:870cuadY



                     |l|
               ,ゝー=:|l|:.:ミ:.:ヽ-‐=‐
          . ィ:´ ̄:/:|l|:.:.:ニヾ.:.:.:.:.:.ヽ
.           {/.:.:≧/.:.:./|l|/.:.:.:.:.):):.:.:.:ハ_
           /.:/.:.:./.:.:./.:|l|.:.:_.:.:.,ィ:.:.j:.:.ヽ了`
         {ir=彡i:.:.|:.{:.:.|l|:ー:.:´:.:.:/:.}:.:ヽ:}
         仆:.!:.:.!{.ナ‐-:|l|{.:./斗/∠:.}:ト'_
            ヽト:.从爪_j:|l|ヽ{ ィ爪ノ.:イ/
            ` r‐=ニl¨|l| :i  ¨´7イゝ-
.              |::::::::iト |l| __  イ:::://ヽ            『この世界のキャルのお母様、原作スザクの先代だった模様』
.              i::::::::}ト.|l|、 ¨∠」:::::{ {::/
.          . -─=ミ:::::ヽ{|l|ヽ´「 ̄|V //
.       ,.:::´:::::::::::、::}ヽ:ヽ:/i|l|::} }/≧|/:/、
.      {:::::::::::::{   , -、\{::i|l|::| {〉〉/||:::}:::::::─-.
     V/>、::::ヽ {:::::::ヽrf:i|l|:::Vゝー/||::::::イ::::::::::::::`:.、
      V///≧=ミ:::::::::ハ:::|l|{:`} /i' ||:::{  ヽ::/::::::::::}
      V////=-‐ニミ{:::|l|:〉:.V.'  ||::::7 /⌒ヽ:イ/
.       /ー彳´//-‐=ミヽ|l|{::::::|ミ、 ||::// {::::`ヽ }::|
        `Y´/ ,イ:::::::::::::::}|l|:::、:::V ヾ_}<≦ー'::::::::::::,′
         レ /  {:::::::::::::::匝i[]、:::::}ヽ `ト、ヽ} }:::::::::::{
      / /  ! ト、:::::::::::イ:{ヲ:::/、:::::::.\ ヽ\::ヽ::::::|
.     / /  |、|∧ヽ::ト::::二::ノ {::::::::::::`ヽ}\\{\|
     / / /:} l:::!|∧ {:::::ー::イ |ヽ::::::::::::::.\=ミ、\}
.     / ´ /∠_}::!|/∧ ヽー彳≫≫ヽ::::::::::::::::}  ヽ. ヽ
.   / .:::::::/::::::::::::!|///!   |:::|   |   \::::/  } |:} }
. / .::::::::::/.:::::::::::::!|///}  |F|≫ミ、 _ _._| `|ヽ._ / /:| /


121 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 05:40:09.54 ID:WSJPStg7
えーとマリアンヌは白兵と操縦が200とか言ってたから
ということは操縦はあの時期ナイトメアがなかったから置いといても
キャルの母ちゃん白兵132はあったの!?

122 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 05:42:21.41 ID:WSJPStg7
あ、ということはビスマルクも白兵130で
ここにギアスのバフが入るって話だったから
素のビスマルクちょい上くらいだったのかキャルの母ちゃん……

三人の中では一番弱かったから
当時のナイトオブワン辺りにやられたんだろうなぁ

123 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 05:46:32.55 ID:WSJPStg7
というかちょうどスザクくらいの強さだな母ちゃん

124 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 06:33:12.30 ID:mrciAA93
>>121
言ってなくね?

128 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 06:42:22.42 ID:WSJPStg7
>>124>>125
ここ
87 : ◆wbLMu0PfuM :2020/01/25(土) 22:07:50.05 ID:gxKQTCyG

.              /{
            八_|___
            /      `
                     ' .
         / n       n
.        /  ∪       ∪     ,          マリアンヌは……まぁ、スパロボXみたいに自身が出てこなきゃ問題ないでしょう(苦笑)。
        ⊂⊃  <>    ⊂⊃ ′
.       /                 ∨.          出てきたら確実に白兵と操縦は200あってもおかしくないですけど……w
      /                   ∨
.     /{                 、.   、
     ⌒.                 ` __〉
.      八                  /
         \                /
         ` ー――――――



134 : ◆wbLMu0PfuM : 2020/02/10(月) 07:08:24.31 ID:870cuadY



.              /{
            八_|___
            /      `
                     ' .
        └三三三」=L三三三┘
.        /└三三┘  └三三┘ ,          キャルのお母様が強かったのはあくまでも白兵戦だけです。
        ⊂⊃  <>    ⊂⊃ ′
.       /                 ∨.          それも当時のね。
      /                   ∨
.     /{                 、.   、
     ⌒.                 ` __〉
.      八                  /
         \                /
         ` ー――――――‐



.              /{
            八_|___
            /      `
                  u  .' .
         / _       _
.        /  ∪       ∪     ,          KMFの操縦に関しては現時点では不明。
        ⊂⊃  <>    ⊂⊃ ′
.       /                 ∨.          というか、ご存命なのかも今のところは決まってないです。
      /                   ∨
.     /{                 、.   、
     ⌒.                 ` __〉
.      八                  /
         \                /
         ` ー――――――‐


135 : 名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に : 2020/02/10(月) 07:10:12.51 ID:ifbGaGRo
今決めると事故る未来しかみえないぜー

関連記事
100317 :日常の名無しさん:2020/03/25(水) 21:35:38 ID:-[ ]
ルルが勝てる未来が見えないw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 8章 その12 (04/07)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 8章 その11 (04/07)
  • 国内的な小咄 96 白山うまいよね (04/07)
  • 国内的な小咄 95 船橋……梨…… (04/07)
  • 国内的な小咄 94 イタリアンロールとは (04/07)
  • 国内的な小咄 93 飛騨は飛騨なんだよなぁ (04/07)
  • 国内的な小咄 91~92 N県J市 ~ N県J市 ……じゃねぇ (04/07)
  • 国内的な小咄 89~90 大阪府民じゃないからすまぬ…… ~ あいりん地区はね (04/07)
  • 正義屋さん 第9話 (04/07)
  • やる夫が時をかけて世界を救うようです 第33話「VSシモン」 中編 (04/07)
  • ワタシはファンタジーを否定する 異説 『 月照らす十六夜ノ花 』 (04/07)
  • レミリアと結月ゆかりは地表を掘りつくすようです Story-5『けんちくたいむ』 (04/07)
  • 国内的な小咄 87~88 島原の方言は…… ~ もう昔から食ったものばかりー (04/07)
  • 国内的な小咄 86 飯田の赤飯饅頭 (04/07)
  • 国内的な小咄 85 高知市の酒飲み (04/07)
  • 国内的な小咄 84 北海道の人いらっしゃい (04/07)
  • 国内的な小咄 83 嶺北と嶺南の壁 (04/07)
  • 国内的な小咄 82 何故合一化させた、言え! (04/07)
  • やる夫と魔物娘達のハーレム冒険譚 8 (04/06)
  • 常識的な軍師と非常識な団長 11 (04/06)
  • やる夫は欲望を満たすようです 24 (04/06)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部 その24 (04/06)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 217 《DAY226》 (04/06)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 216 《DAY225》 (04/06)
  • うる夫はだめな狼のようです 第45回 (04/06)
  • 国内的な小咄 81 高知城 (04/06)
  • 国内的な小咄 80 西と東の麺つゆ (04/06)
  • 国内的な小咄 79 志木市は (04/06)
  • 国内的な小咄 78 1000人殺し (04/06)
  • 国内的な小咄 77 犬山は…… (04/06)
  • 国内的な小咄 76 登米無双 (04/06)
  • アメリカンヒーローアカデミア 132 (04/06)
  • アメリカンヒーローアカデミア 131 (04/06)
  • カレドニア千年王記 第12話 狂気の王の真夏の白昼夢 (04/06)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第十二話 「無口なアシェンプテル」 (04/06)
  • アカガネ山のやる夫 第22話 (04/06)
  • やる夫は竜の人財のようです 第28話 (04/06)
  • やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです ファイル21 『資産家令嬢失踪事件』 (04/06)
  • 国内的な小咄 75 一応……あの区間は (04/06)
  • 国内的な小咄 74 新千歳から釧路 (04/06)
  • 国内的な小咄 73 コロッケそばには確かに (04/06)
  • 国内的な小咄 72 小田原での旨いもの (04/06)
  • 国内的な小咄 71 山陰本線の本領発揮 (04/06)
  • 国内的な小咄 70 近江鉄道豆知識 (04/06)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 30 (04/06)
  • やる夫はギルドを経営するようです 第37話 恋・愛・闘・争 (04/06)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第26話 (04/06)
  • 国内的な小咄 69 女川に行った (04/06)
  • 国内的な小咄 68 一度旅スレを作ろうとしたことがある (04/06)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/3)
    ※完結作品は集計した前の月(2月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3あさねこの小話空間3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4英雄を作ろう!4やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は魔導を極めるようです6ローグライク異世界転生
    7ダイスに委ねる皇女生活 in エリア117異世界食堂できない夫
    8コンピューター様、情報更新は義務です!!8ドクオが異世界転生したようです
    9やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです10できる夫達は呪われた地で抗うようです
    11できない子とSCP11やる夫は光を目指すようです
    12やる夫たちでソードワールド12オーバーあんこ
    13あんこ時々安価で鬼滅の刃13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠14あんこ町の住人は星人と戦うようです
    15アメリカンヒーローアカデミア15レベルを上げるスレ
    16カリブの海と海賊たちのはなし16やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    17やる夫で学ぶ近世騎兵17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱18ダンガンあんこ
    19やる夫はギルドを経営するようです19やる夫は宿屋を経営するようです。
    20やる夫は学園生活を楽しむようです20やらない夫が霧の街を攻略するようです
    21白頭と灰かぶりの魔女21STALKING!!
    22やる夫は人形使いと呼ばれるようです22やる夫の野望
    23やる夫は竜の人財のようです23やる夫はLVが上がらないようです
    24やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。24やる夫提督と艦娘の日常
    25IT業界のやる夫さん25やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    26ドラクエⅤの世界でビルダーズ26やる夫は妖精郷を救うようです No.04『お使いなう』
    27ボンドルドは未来を見届けたいようです27食事処 ~やる夫の大釜~
    28やる夫の伝説28エデン
    29アカガネ山のやる夫29やる夫、デビルサマナーになるってよ
    30やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです30魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    31見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記31やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む
    32やる夫は死なせてもらえないようです32キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    33◆s90IbI9oR2の雑談etc所33金欠ほのぼの冒険物語
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる太は異世界日記を綴るようです
    35やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです35証言と証拠は安価とあんこの後で
    36やらない夫で異世界転移もの36やる夫提督と鎮守府学校の日常
    37ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです37やる夫ファンタジー
    38二人はヒャッハー世界の何でも屋38路傍の果ての英雄譚
    39魔女はやる夫になるようです39怪獣育成日記
    40ロケッ都団が征く!!40やる夫元・提督と元・艦娘の日常


    過去ログはこちら
    人気ページランキング