スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
時々読み込みが遅くなるっぽいのでカウンターを下に移動


ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
スポンサーリンク
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
サービス提供元に障害が発生しているため一時的に非表示にさせて頂きます
スポンサーリンク

やる夫が木曜日になるようです 第一話『サフラン・パークの二人の詩人』

目次 現行スレ

1 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 15:35:29 ID:e4lT/ErQ
                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.       ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.    ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:  ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´           原作 G・K・チェスタトン『木曜日だった男』
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´           
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄                        16時より開始します
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄




3 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 15:59:46 ID:e4lT/ErQ
.

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  | その晩は、この世の終わりのような夕焼けだった――   . |
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                   ...::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::....
                                 ...:;''''        '';;;:::...
                                ...;;;''           ''';;;:::...
                                  ...::;;;''              '';;::
                    ..........::::::::::::::::::::::::::::::;;'                ';;::::::::
            ..........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;'                  ;:::::::




.

4 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:01:00 ID:e4lT/ErQ
.


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  | ロンドンの一画、サフラン・パークには芸術家が集まる     |
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

; ヾ; ;  ; ゞ ; ;ヾ ; ; " ; ;ヽ. ... . .:.. .:.. . 。 .. . ......... . ... .. ..:..:.. .:. .... .:..:.. ... . .... .. .. . ... .. .:..:... .:. ... ... ..
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, .:...   i   . .. ... .  . .. ..:..:..:.. ... .:..:...... ... .. .:..:..:.. .. ... ..:..:..:.. .:. ... . . ..
;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ . ...  .,人,.   .. ... ..:..:.:.... ...   . .. ... .:. ..:..:..:... .. .. .. ...:..:..:..:..:... ... ... . .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,...   く,r个、ゝ . .. .... ..    . ...:..:..:..:..:.. .. .  .. .:..:..:..:... .. .. ... .:..:.. .. . . .
;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ.. .. .  ヽ_|_/    . . .... ...:.:.... . ..   . . ...:...:... .. . ..   .. . .. .... ..  ..  .
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ ""..  .. . . Ψ   .. .    ... .   ...   . .  ... .. . . .. .    ..... ..  .
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "          ||
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ " . .. . . .. . ... || . .. .. .. ..  .. .  .. . . ...  .. . . ..  .. .  . .. ... . .  .. .
 ""|l!|| ll|ソ  ""            ||
   li;;i:|il||                    ||
   |:l||l |l|               ||
   |;l!l| |;l                     ||
   |ill|| lll               ||           ┌──────────┐
,__,. .llil|l l!|            ,__,     .||        ||三三三三三三三三三三 ||     ,__,
|;;:|─────────|;;:|──::::/ ヽ.::────::||三三三三三三三三三三 ||───|;;:|────
|;;:| iiwノ iwiwWwii i..w wiW|;;:|iiwiiiwii:|;;;l |;Wwii i..w w/" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /i;;Wwii;;i.|;;:|iwノ wWii i
l二二l二二l二二l二二l二二l二二::|;;;l | l二二l二 :!二二二二二二二二二二二i/:二l二二l二二l二二
                        ,.|;;;|,j、,,.       |;;l |              |;;!| |_j
                                 |_lj               |_lj



                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          /    :::::::::::::::::::: 〉    |  詩人、やらない夫・グレゴリー氏もその一人だった   |
          |    ::::::::::::::::::/      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j


.

5 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:02:29 ID:e4lT/ErQ
.

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     | そしてその晩は、サフラン・パークにもう一人の詩人が――   |
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´


.

6 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:03:46 ID:e4lT/ErQ
.

          / ̄ ̄ \
.      /       \        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \       |   新来の詩人、やる夫・サイムが現れたのだった  |
     |  (ー)  ( ●)   |       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ             The Nightmare
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|                    
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ            【―― やる夫が木曜日になるようです ――】
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|            第一話『サフラン・パークの二人の詩人』
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|
      |::::::::::::|   |:::::::::::|
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}
      |____|    |___|                          原作 G・K・チェスタトン『木曜日だった男』
     , -'´::::::::::}.    {:::::::::ヽ-、_

.

7 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:05:22 ID:e4lT/ErQ
.

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     |  やらない夫は孤独な革命家として街に君臨していた。      |
     |  あの圧し掛かるような奇妙な夕焼けの晩までは……      |
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                   ./ ̄ ̄\
                                  ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
                                  |     ( ―)  λ   ヽ
                                ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
                              __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
                            /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          /: : : :            \        .|  その晩現れた新来の詩人は、やらない夫に異を唱える形で  .|
        /: : : : : :               \        ..|  自らの登場を告げた。                        |
       / : : : : : : : .._         _    \       |  彼は自らを“秩序の詩人”あるいは“法の詩人”と称した。     |
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、


.

8 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:06:52 ID:e4lT/ErQ


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    | その奇妙な晩と奇妙な詩人を、やらない夫はこう結びつける   |
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.

        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.   
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_     そうさね……
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉



                                           _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃        こんな雲やあくどい色彩の晩には、奇天烈なものが
             |       (__人_) /〉          地上に降りてきても驚いたりはしないだろ……
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`         例えばやる夫、おまえみたいな品行方正な詩人がな
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \        俺に言わせれば、おまえは一個の自家撞着だろ
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|

.

9 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:08:37 ID:e4lT/ErQ
.

               / ̄ ̄\              法と秩序の詩人などありえない
             /   _ノ  \            芸術家とはすなわち、無政府主義者のことだろ
             |    ( ●)(●)           無政府主義者は芸術家だ……彼らは偉大なる一瞬を尊ぶ
.             |     (__人__)
              |     ` ⌒´ノ           例えば、そう……
.              |    .    }
.              ヽ        }      (
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


             ___
          , -‐     `  、
        /           ヽ
                       ハ
        ,′                ,l
        |           _,,.ィ"゙    l     くたびれた地下鉄道や、不恰好な警官の数人よりも
.      |  =ニー=彡ニ''`ー--,  |    爆弾のまばゆい光や轟音の方はるかに価値がある……だろ?
        l,  _ノ⌒,,,_   ,ィ´● )'"゙ |.     
       l  =( ●フ=、;  '"^'=''′ ,|
    ,,. -‐ゝハ,  `゙゙゙゙´      、  . : :!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   やる夫はそうは思わないお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   地下鉄のほうが詩的だお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

.

10 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:09:57 ID:e4lT/ErQ
.
             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):    馬鹿なっ!
           .:|   j(   (__人__)  
          :|   ^  、` ⌒´ノ:    そんなはずはない!!
          |  u;     ゙⌒}:     
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \


     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\ 
   /    \ ノ        地下鉄の方が詩的だなんてあるわけないだろjk!
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)       汽車は決まった路線しか走らない!
    | ⌒    ` ⌒´ノ       スローン・スクエアの次はヴィクトリアに停まるように……
.    |         }        創造性のない、そんなものが詩的であってたまるか!
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

.

11 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:12:36 ID:e4lT/ErQ
.

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   詩的じゃないのは、やらない夫の方だお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   だいいち汽車は決まった路線だけを通るとは限らないお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |   スローン・スクエアの次は秋葉原かもしれないお!
   ヽ           i    丿   
  /(⌒)        / ̄ ̄´     混沌(カオス)は退屈に過ぎないお!
 / /       /







      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)     秋葉原もヴィクトリア駅のような場所に過ぎない!
     |      |r┬| .}      詩人は天国の街中にいても不満足だ……
     |       | | | }         
   ,..-'ヽ     `ニニ }       詩人とは常に反抗するものだろ!
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ   
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"     
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'                 / 〉〉〉
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ                    {  ⊂〉     ____
                                   |   |    /\   /\
                                    |   |   /(●)  (● ) \ 
        反抗することのどこが詩的なんだお!    |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::   \
                                   ヽ   |     |il!il!il|        |
        そんなもん詩的でもなんでもないお!      \.\    |ェェェェ|     /
                                        \     __ ヽ
                                         ヽ    (____/

.

12 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:14:30 ID:e4lT/ErQ
. 

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   つまり……やる夫、おまえは期待していないんだな?
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   この芝生の上で俺が社会を変革することを
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   その通りだお
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |    ……ほう
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|
.

13 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:15:43 ID:e4lT/ErQ
.

          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \         なら、俺の無政府主義が真剣だと証明してやろうか?
  |         / / ̄\ \:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;:| |. ○ .| |
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   :::|::     \
    |            |      |     |
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|               '.{    :l    }/ /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       \               u     / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \


.

14 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:17:21 ID:e4lT/ErQ

          ______  ,,_人、ノヽ
        /         \     (
       /            \     >
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /




               ____
             /      \
            /─    ─  \   ……どういうことだお?
          / (○)  (○)   \
          |    (__人__)  U   |
          \   ⊂ ヽ∩     <
            |  |  '、_ \ /  )
            |  |__\  “  /
            \ ___\_/

15 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:18:18 ID:e4lT/ErQ

  やる夫、なんでもいい――おまえのお宗旨に適う神や聖者にかけて、誓ってくれないか?
  俺が今から言う事を、いかなるアダムの子にも……ことに警察には漏らさない、とな

  そうしたら――
                             , ――-、
                            /       .:\
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     そうしたら?
 /  (●)  (●)  \
 |  U  (__人__)     |
 \      ` ⌒´   /

16 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:19:53 ID:e4lT/ErQ

.
    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )   最高に、楽しい一晩を約束するだろ
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|



     ____
   /      \
  /         \
/           \    ……わかったお
|     \   ,_   |   
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
.

17 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:21:05 ID:e4lT/ErQ
.

                  ___
                    /\:::::::::/\.       今ここで、キリスト教徒として神に誓いを立てるお!
                   /:::<◎>:::<◎>:::\      良き友人として、芸術家仲間として警察に一切通報はしないと!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\    
                  |     ` ー'´  u   |    さあ、なんでも言うがいいお!
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }






   / ̄ ̄\
 /    _ノ \      ……まずは、着いてきてほしいだろ
 |::::::     (● ) )     辻馬車でも拾おうじゃないか
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

.

18 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:22:12 ID:e4lT/ErQ
.

                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    |  やらない夫は河岸にある小さな酒場の名を告げ―― .|
                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |   |;;:. ' : .|                    |
       |   |;;::...   |                    | ‐'―||ーl
       |   |___|___________|―――――,
       |      "゛゛"''''''::::::;;;;;;::;;|_   []  []  []  [] [lコ
       |               |;;;;;:.\___         |
       |  ;;:"'  black;;゙     / ̄ ̄ ̄ ̄|]  .[]  [] [lコ
       |          (::;´‐):/         |        |
       |          (メ::;/   bitch! ;;゙ |]  .[]  [] [lコ
       |   ;;:      ノ/    ;;:",.っ  ーく  ・ー    ..l_,,_
       |      ┌─ /          ;;;´,,|/l  ー・ ̄;:;"´
       |    ┌┴ /              ..;:|;;。)ゝ::
     ┌┤  ┌┴─|            ...::;:;;;:|;;"ー、.,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;:"^ ̄ ̄
    ;;:゙   ノゞーゝ    ";:::,.、 。    "''    ´゙


                                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓:::::|
    | 実際、辻馬車は殺風景で小汚いビール酒場の前に停まった  .|:::::::|
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛:::::|
                                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ___
                          ____  : |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |「::::||:::}||
                          |[:)rv√k|| ::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||:::::||:::}||
                          |[_)α|⌒||  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||=:}|| =||
                          ゙"'''‐- ,,,_」:  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||:::::||:::}||
                                  |:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::| |L__||__」|
                                  |:::::::::::::::::::i::::::::    |  ̄ ̄ ̄
                             √ゝ   |:::::::::::::::厂 ̄ ̄ ̄: |
                            ヌ   :   |:::::::::::厂 ̄ ̄ ̄ ̄}`iエゝ、
                                  |:::::::厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,」_⊥/
                        ""''''‐- ,,,_    :|:: 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:〉ー'´
                              ゙"'''‐-v/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|
                                             |
                                             ゙"'''‐- ,,,_
                                                  ゙"'''‐- ,,,_

.

19 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:23:47 ID:e4lT/ErQ
.


             ___
           /   ヽ、_ \
          /(● ) (● ) \     こんなところに連れてきてなんだお?
        /:::⌒(__人__)⌒::::: \    ビールでも飲むのかお?
        |  l^l^lnー'´       |
        \ヽ   L        /
           ゝ  ノ
         /   /


   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \
. ((● )     |   それも悪くないが……
. (ノ、__)      |
 .|⌒´       |
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |





    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |
|:::::::::::::::||       |     ……ここだ
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ

.

20 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:24:44 ID:e4lT/ErQ
.

    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |  
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
  ー、_||: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
 :ー-、.|: : : i::i: : : |                                   |::|: : : |
 : : : : : : : :i::i: : : |                                   |::|: : : |
 : :, --、: ::.i::i: __:.|                                   |::|: : : |
 :/-、  }-、!:i:|iii|:|                                   |::|: : : |
 :{ ..:}  l__ノ::i:|iii|:|                                   |::|: : : |
ー、ヽ__.ノ: : :i:i:|iii|:|                                   |::|: : : |
 : :`ーi i: : :i:i:|iii|:|                                   |::|: : : |
 : : : :.i i: :.:.i:i: : : |                                   |::|: : : |



.

21 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:25:44 ID:e4lT/ErQ
.

                    r、__     __,,
                      __> 「圦=≠≠===n=========n========n==rァ==^コ
    r----――==ニ´`ニ'´三(@ノ:┬征正二二二二uニニニニニニニニニニニuニニニニ===========u--‐‐'⌒¨゚
    |正三三三三三三≫¨''"´て(穀┘
    |正三三三≫¨''"´       ̄
    |正≫¨''"´



         _____
  r―――r'  r―――ォ ヾー-‐ァ
  ¬:三三ヨ―:}---- 、 |ゝ-rヘ(´
   └=ニニ、―}二二´ .|_r一' >―ュ、
          ∨ ト==='―┘     /´ ヘ
         ヒ_ヘ _.、--- 、    {  __.ヘ
             Y / ヽ r'´} /⌒ヾ . (__) ヘ
            弋、__ノ.'.彡'     ハ     ハ
             ̄ ̄      |   o  !
                      |       |
                     `======′


         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


.

22 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:26:46 ID:e4lT/ErQ
.

                   ____
                 /      \
                /─    ─  \   銃や爆弾が大量に……これは……
              / (○)  (○)   \
              |    (__人__)  U   |
              \   ⊂ ヽ∩     <
                |  |  '、_ \ /  )
                |  |__\  “  /
                \ ___\_/



    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )   ……これでも俺が真剣な無政府主義者に見えないか?
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|


.

23 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:27:46 ID:e4lT/ErQ
.


                  ___
                    /\:::::::::/\.       
                   /:::<◎>:::<◎>:::\      これはいったい何事だお?
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\    政府を廃止でもしたいのかお?
                  |     ` ー'´  u   |    
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }





        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.   
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_     政府?
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)    違うだろ……思想的に考えて
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉

.

24 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:28:25 ID:e4lT/ErQ
.

         /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
      ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
     / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |  |  |  | ヽ ヽ
     | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
  ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
   ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
    ヽ_        /       __     ヽ         _/        神 を 廃 止 す る だ ろ! !
       ヽ::::::::::::::::  / .     /   \.    ヽ::::::::::    /
        ヽ::::::::   |    /      \   |:::::::::  /
         |::::::::   |   /: ―  ―   \ .|:::::::::  |
          |::::::::   |  |:::::( ◎ ):::( ◎ )  | |::::::   |
          |::::::::  |  |:::::::(__人__)   | |:::::::  |
       ,,-'' ̄ |:::::::  |  .|:::::::::::|┌┬┐|:::::  |.|:::::::::  |  ̄\
      /  ::::::: |:::::::   |  |::::::::::;|.| | | .|:::::::::::| |:::::::  ::|::::::::  ヽ
      | ::::::::::::::|:::::::   | |::::::::::`‐---‐'::::::::::::| |:::::::::::::|::::::::::   |
      | ::::::::::::::::|:::::::  | ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::|::::::::::   |
      ヽ :::::::::::::::|:::::::  |lll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; lll|:::::::  |:::::::::::   /
       ヽ :::::::::::::|:::::::   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::   |::::::::   /
        ヽ ::::::::::|::::::::   |;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;|:::::::  |:::::::  ,-'´
         `ヽ、::::ヽ::::::: ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;ヽ:::::: ヽ::::: ,-'´


.

25 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:29:12 ID:e4lT/ErQ
.

                    ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i    俺たちの望みは単に専制政府と警察機構を転覆させることじゃない!
     |  (◎)(◎) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    悪徳と美徳、名誉と裏切りといった恣意的差別の否定!
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!    フランス革命を起こした馬鹿な叛逆者とは違う……
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/      俺たちは権利も憎むし、迫害も憎む
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/       正義も悪も撤廃する!
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''




      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu   どうせならついでにアグネスと児ポ法も撤廃しろお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   あっちのが厄介だお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |   
   ヽ           i    丿   
  /(⌒)        / ̄ ̄´    
 / /       /

.

27 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:30:35 ID:e4lT/ErQ
.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   話の腰を折るなよ……
. | u   (__人__)   今いいとこだろ、流れ的に考えて
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




         ____
       /     \
.    /       \    悪かったお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  でも、どうしてあんな大っぴらに無政府主義を主張するんだお?
.   /,'才.ミ). (__人__)  /  普通そういうのは隠すもんだお?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.   
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_    最初は俺だって隠していただろ…… 
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   無政府主義者になりたての頃はそれこそ必死にな
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉



.

28 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:31:41 ID:e4lT/ErQ
.


            / ̄ ̄\
          /  ノ ヽ、\
         . |   (●)(●)|
         . |   (_人_)│        ――高貴な紳士に扮したこともあった
          |     ` ⌒´  |
           |           |
         .  ヽ      /
            ∧...__   ヽ//>
         /  、i i!「Tiァ¬ト、__
        /|  〉 ̄¨¨テァヘ \`.¨ 、
     , ィ´、ー┴一' '.ヽ f'´,,ィ'ヘー` ´|一' .
   /  '. \     '. ヽ!'´ ,,ィ'ヘ  .!   \
   l     '.   \    '. ヾ'´ ,,ィ'. |    .i
  ,'       V   \   '.、 ヾ'´ } '. |i!    i
  l      !     | \   '.` 、Y/! | |    |
  .,'      ,'     !  \ '.  {f:) |j  |    |
  l      ,'     !   r'ヽ}  !  '{´ |    |






                                     ∠`ー´ヽ-、
                                     _ゝ/ ̄ ̄\廴
                                    i、/ノ  ヽ、_  Y 、
                                    . ( ○)( ○) !丿|
――性別を偽ったことすらあっただろ               |(人__)       |
                                      | ⌒ ´      |
                                    .  |        | .
                                    .  ヽ      /
                                       ヽ     /
                                   ゝ:l ,イヽ、-‐'"´ ̄\
                                  〈  /::::l  ; ';:`‐、._/'"´`‐、
                         __      ,ヘー/::::::::`‐ト;  i::::::::::l  ;  _.ノ
                         rゝー `ヽ_    >'´:::::::::::r'´ ;  l::::::::l  ;'´「::l
                         て  / >、─ ';::::::::::::::::L 、;  l:::::l  ;-/:::::l
                          lヽ、_l l:::::::\  i:::::::::::::::::L ;  l::/ ;__ 7::::ヽ
                          l  〈@/、::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::r ;  レ ; 「::::, -'´
                          l     \::::::::::::::::::/´`\L; l ,'ノ, -'´
                          l      \::::::::::::/-ー─-r-、/ '´
                          l       ヽ、_/    / ヽ プ`ヽ
                          l          l ,、-/ レ l ト, ヽ \
                          l             l'´  l    / l:',   ',
                          l______.l   l_  /  lヽi  ノ┘
                                   l     l\/  l `‐'´、ヽ
                                      l     l::::::l   l     \
                                   l     l:::::::l    l',     \




.

29 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:33:06 ID:e4lT/ErQ
.




  ――だが、何をやってもすぐに俺が無政府主義者であることはバレてしまった


               / ̄ ̄\
             /  \    \        アイツ ムセイフシュギシャ ダッテサ>
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |
< キモーイ        {         |
             {      u. /                      コワーイ>
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |




               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)     そこで、絶望した俺は無政府主義中央評議会の議長を訪ねた
.             |     (__人__)     何かアドバイスをもらおうと思ってな
              |     ` ⌒´ノ
.              |    .    }
.              ヽ        }      (
               _ヽ     ノ`ヽ、_     )
                _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
            _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
        , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
     /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
      /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
      !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !



.

30 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:34:16 ID:e4lT/ErQ
.

             ___
           /   ヽ、_ \
          /(● ) (● ) \     無政府主義中央評議会の議長?
        /:::⌒(__人__)⌒::::: \    
        |  l^l^lnー'´       |
        \ヽ   L        /
           ゝ  ノ
         /   /



                                           _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃        ヨーロッパで一番偉大な方だろ……
             |  U    (__人_) /〉          あんな恐ろしい人は見たことがない
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`        俺に言わせれば、カエサルもナポレオンもあの人には敵わない
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \        あの人を捕まえることなんて誰にも出来ないだろ
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|



   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |        俺は議長に訊ねた
. |         |        最も安全な隠れ蓑は何か? 何に扮すればいいのか?
  |          |
.  |         }        そしたらあの方はこう言ったんだ
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_       ――無政府主義者の格好をしろ、とね
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ       実際、彼の言うとおりだっただろ
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |      俺は言われたとおりに無政府主義者の格好をした
            |   ` ⌒´   |       昼も夜も流血と殺人の詩を口ずさんだ……
            ヽ        }       街の連中に無政府主義を説いて回った
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .   見事なまでに、誰も俺を疑わなくなったよ
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



.

31 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:35:53 ID:e4lT/ErQ
.

     ____
   /      \
  /─    ─  \    確かに上手い隠れ蓑だお
/ (ー)  (ー)   \   無政府主義気取りのただの詩人にしか見えないお……
|    (__人__)  U   |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ   まったくその通りだろ……
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___) u l   誰も俺を本物の無政府主義者だなんて思わなかった
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l    テロリストである俺に、乳母車を押させる奴までいたくらいだ
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !





.

32 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:37:09 ID:e4lT/ErQ
.


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/  で、その途轍もない議長さんはいったい何者なんだお?
|   u   (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)  それは俺にもわからん
  |     ` ⌒´ノ  あの方は自分の正体を隠すことに、その才能を使ってるからな
.  |         }
.  ヽ        }   俺たちは彼のことを“日曜日”と呼んでいるがね
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

.

33 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:38:28 ID:e4lT/ErQ
.



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |       日曜日?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\    ああ……
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|    無政府主義中央評議会には7人の幹部がいて、
          {   ´フ´ ./._ }    それぞれに一週間の曜日の名前で呼ばれているんだよ
          ヽ  ./,二ニソ}
          _ヽ/  ,-― 、}ノ    しかし、不幸なことに最近木曜日が死んでしまってね
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/




   / ̄ ̄\
 /    _ノ \      
 |::::::     (● ) )     そして……実はこのあとその選挙がある予定だ
. |:::::::::::   (__人)      もうすぐたくさんの無政府主義者がここにやってくるだろ
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



.

34 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:39:38 ID:e4lT/ErQ
.


             ___
          , -‐     `  、
        /           ヽ
                       ハ
        ,′                ,l
        |           _,,.ィ"゙    l     そしてその選挙で……
.      |  =ニー=彡ニ''`ー--,  |    
        l,  _ノ⌒,,,_   ,ィ´● )'"゙ |.     この俺が新たな“木曜日”に選出されることになっている!!
       l  =( ●フ=、;  '"^'=''′ ,|
    ,,. -‐ゝハ,  `゙゙゙゙´      、  . : :!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\




       ____
     /      \         それはおめでとうだお……
   / ─    ─ \        けどおめーそんなことペラペラ喋っていいのかお?
  / -=・=-   -=・=- \      
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

.

35 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:40:28 ID:e4lT/ErQ
.

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )   別に構わないだろ!
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)    
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|   ここに来る前に誓いを立てただろ
        |     |r┬| }   おまえはこのことを誰にも話すことが出来ないからな!
         |     | | | }
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ
.

36 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:42:31 ID:e4lT/ErQ
.

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ         あの誓いを立ててもらったのは正解だっただろ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫      やる夫……おまえは無政府主義者を前にして何も出来ない
    |     `⌒´ノ ∬       黙って俺を見送るしかない……
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






      |                        |
      |        (_ _人_ _)          |          ――そうかお
      \        Tニー‐‐‐,‐''        /   
        \       `二二´        /     ニヤリ





.

37 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:44:18 ID:e4lT/ErQ
.


           __
         .-´   ``ヽ
       /           `ヽ
      / \          ヽ      やらない夫……やらない夫も約束してくれないかお?
     / ( ●)    ─    ヽ
     |::  (__   ( ●)    |
     ヽ    (__ノ  ::::      |
       ヽ            |
      人           /
     /          _ノ
                 |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)  約束?
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \         
    /: : :             \       
  /: : : :              \         やる夫も今から秘密を打ち明けるお
/: : : : : :                 \      
: : : : : : : :.._        _      \      だからやらない夫も誓ってくれないかお?
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l      やらない夫の信じているものに
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |  
: : : : : : ´"''",       "''"´       l  
: : : : : : . . (    j    )       /      他の無政府主義者にやる夫の秘密を漏らさない、と……
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\      
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \     
: : : : . : : . : : .                   \



.

38 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:45:14 ID:e4lT/ErQ
.



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|      いいだろう……誓ってやるだろ
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|      おまえの話したことを他の誰にも話したりはしない
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l       だがさっきも言ったが、もうすぐたくさんの無政府主義者がくるぞ……
      ',: : . . (    j    )   ./      
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   そうかお……
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



.

39 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:46:18 ID:e4lT/ErQ
.


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/  やらない夫……
|  u    (__人__) l;;,´|   実はやらない夫が無政府主義者だってことは
./      ∩ ノ)━・'/   だいぶ前からスコットランド・ヤードでも周知の事実なんだお
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)   なっ……まさか!?
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


.

40 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:47:05 ID:e4lT/ErQ
.



                          /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                         /: : :             \
                       /: : : :              \       そうだお……
                     /: : : : : :                 \     やる夫は実は刑事なんだお、やらない夫
                    / : : : : : : :.._        _      \
                       l : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
                   | : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
                       l : : : : : : ´"''",       "''"´       l
                    \: : : : : : . . (    j    )       /
                     \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /―-.....-.....-......、
                      ,ィl\ : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、........-‐-::::::::::.....、
                  ,....:::::'´::;':::::::`iヽ: :``ー- -‐'"´ ,ノ i´:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::
                /:::::::::::::::;':::::::::::l \     /  l::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ   /l::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::


.

41 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:48:21 ID:e4lT/ErQ
.


           /            `)
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′         くっ――
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \


                 /ヘ、
               /::::::r'     _  __
              {_::::/     /:/ /:r'
              //     〈;;/ /:::i             /ヽ
.             //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
             //      7:/ `ヽ'           /::::::/
.            /::l     /:/   ,._           .i::::/
            l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
.           j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
.           /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
          |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
          ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
                                 ヽ/
        , r ' ⌒ ヽ、
    .  /       ヽ,                                    _,... ,.-―‐-、
       /      ,,ヽ、_ヽ       くそっ!                     _,... -‐'''"´::::/ / ̄`ヽ,ヽ
    . |    __,ノ 彡( ○)                            /:::::::::::::::__ : : : | !    ゙! ||
      |   ( ○) 彡  |               ,.-'ニ゙-'< ̄`,'ゝ-i:::r‐''''""´_!: : : | !,.-,.‐,ニ、、! !
    .  |        入,__)                   フ´: : : _i: :/:/ ̄|i""i´ ̄: : : : : : : | !ニ! i゙::ヾ::゙i゙i
       |.  u  ゙'ー'´、|ヘミヽー-、             i: : : /:::::::|: |_二|l_l: : : : : : : : : : | !ニゞゞノノ,ノ
      |      ゙ヽ、__ノヽリハヽ|             !ー゙::::::::::::⊂⊃>-,.,.--...........__::::::__ー゙'''''''`""´‐'
   r‐ニ''"ヽ、       ノ\ヽ ̄`"''''ヽーテ、___ _,.-iゞ:::::::::::ノr'フ/::O::;' : r‐'''''''く Oフ ノ : | ,.ニi、
,. -='‐''''''ー-=、_ ヽ )ー'-、__  ヽ_,.-‐''"|´    // l; :!::::::::::/ /_:::::::::0::'; : `'‐-、ノ i゙: i゙ : : i´r'"゙'ヽ
/ /      `'‐ヽ_ _,........._`''"´    |   / ‐''-、_ヽi゙ii--!_//: :>--;::::::_::::::::::ヽ.Oゝ,__ : l、!、:::::ノ
     ,.--<⌒ヽ-ヽ´ ,.. --`ゝ,    /  /(      `"'i'ー--; /:::::/,   `~"''‐-ニ,i_O」`"''ー''´
        `"´ '-ヽ'´::::::::::  `'‐-、_/  //ヽ`'''    |  ノノ::::::! ヽ、_
            /:ヽ:::::::::::::::::::/ /// 人   ''''''''ー---‐‐'゙'゙__ノ   )
                :::::::::|  | |  / `r‐-     ̄ ̄ )'´'ー‐'´
                     | |  ヽ__ノ    _==-----='--=\
                           \__ ,.(_  )   l    l  ノ
                             ヽ Τ''ー---------r'゙
                              `´  /  ̄ ̄Τ | ト,
                                   ''''ー―‐‐'´|ハ
                                        /:::::::|
.

42 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:49:30 ID:e4lT/ErQ
.

                            ,r‐┐/)
                            / ////>
                          / イ └'´/
                         ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ       ちょ、待つお!
                         /  .__...二つヽ、_(._'弋 \\      落ち着けお!!
                        (   /o゚(( ●)) (<)\`┘ ヽ\
                         ヽ  .ヽ、 .(__人┌─‐' /   .ヽ、
                          \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
                          . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'



      /  ̄ ̄\
     _ノ,、 \_   \
    ( ー)( ◎)    |    
   (__人__)   u  |    黙れ!生かしてはおけないだろ!
    (`⌒ ´     |
    {           |
     {         /
    ヾ     /
    ノ      ´`7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ヽ    
  /          〃  〔二〕〔≠三〕三二()
 /  /       ー─~゙─‐゙~'´`´
    l       `/
  ノ/|      /

.

43 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:51:04 ID:e4lT/ErQ
.


         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \     やる夫は誓いを立てたお!
     |   u   (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/     その誓いがある以上……
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ   やる夫がやらない夫の素性を告発することはできないお
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |




      /  ̄ ̄\
     _ノ,、 \_   \
    ( ○)( ○)    |    くっ……!
   (__人__)   u  |    確かに……そうだが……
    (`⌒ ´     |
    {           |
     {         /
    ヾ     /
    ノ      ´`7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ヽ    
  /          〃  〔二〕〔≠三〕三二()
 /  /       ー─~゙─‐゙~'´`´
    l       `/
  ノ/|      /


.

44 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:51:54 ID:e4lT/ErQ
.


           __
         .-´   ``ヽ
       /           `ヽ
      / \          ヽ    
     / ( ●)    ─    ヽ  ……撃つ必要はないはずだお?
     |::  (__   ( ●)    |
     ヽ    (__ノ  ::::      |
       ヽ        u   |
      人           /
     /          _ノ
                 |






      /  ̄ ̄\
     _ノ,、 \_   \
    ( ー)( ●)    |    ( だが同時に、俺もやる夫の正体をバラすことは出来ない…… )
   (__人__)   u  |  
    (`⌒ ´     |
    {           |
     {         /
    ヾ     /
    ノ      ´`7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ヽ    
  /          〃  〔二〕〔≠三〕三二()
 /  /       ー─~゙─‐゙~'´`´
    l       `/
  ノ/|      /



.

45 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:53:01 ID:e4lT/ErQ
.



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \       さあ、早く銃を下ろしたほうがいいお?
    / : : : : : : : ..               \ 
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l     評議会の無政府主義者たちが来たら説明に困るお
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \


           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i     くっ……
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,
   i                 }    }
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i    U           ̄ "'''"´  }
   :                    ./
   i                    ,!
   i     u             !
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {





.

46 : ◆fJrHveEGcs : 2011/03/03(木) 16:54:07 ID:e4lT/ErQ
第一話は以上です

第二話は、少し早いですが今日の19時半ごろから投下します

47 : 名無しのやる夫だお : 2011/03/03(木) 16:58:46 ID:2MozVIHc
ここで引きとか鬼かwww

乙ー

48 : 名無しのやる夫だお : 2011/03/03(木) 17:07:44 ID:UPDO8KvU
くそう、まさかこれが俺が書くより先にやる夫化されるとは思わなかった
乙、次回も期待

49 : 名無しのやる夫だお : 2011/03/03(木) 18:53:12 ID:q.xB3z5U
乙乙
こういう雰囲気好きだ

50 : 名無しのやる夫だお : 2011/03/03(木) 19:19:24 ID:0DTa60zc

こういうピリピリしてるのいいですね

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 7章 戦後処理 (01/30)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 7章 その7 (01/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第八十話 (01/30)
  • 見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記 第十八話 「地獄の沙汰もアレ次第」 (01/30)
  • 国際的な小咄 6722 もし仮に国家の概念がなくなったら (01/30)
  • 国際的な小咄 おまけ 解答へのヒント編 (01/30)
  • 国際的な小咄 6721 あだち先生の場合は (01/30)
  • やる夫と束 その11 (01/29)
  • ネガティブ彼女、もこっち 第2話「それって誉め言葉じゃないよね?」 (01/29)
  • ネガティブ彼女、もこっち 第1話「彼女はネガティブ」 (01/29)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです エンディング:永遠の勝利者 (01/29)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです Mission.17『そしてエターナルへ…』 (01/29)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです 休息会話 (01/29)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです Mission.16『MMR緊急出動だ!』 (01/29)
  • 新月の夜の幻葬読書会 90 (01/29)
  • やらない夫千年紀 第二三話 (01/29)
  • やらない夫千年紀 第二二話 (01/29)
  • やらない夫千年紀 第二一話 (01/29)
  • 国際的な小咄 6720 中国共産党の目的ってなーに? (01/29)
  • 国際的な小咄 6719 中核派と革マル派、住民の説明 (01/29)
  • 国際的な小咄 6718 中国さん激おこぷんぷん丸 (01/29)
  • アカガネ山のやる夫 お話その14:神話の終焉 (01/29)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑳ (01/29)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ59、通勤変更届 (01/29)
  • やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです 第八話 (01/29)
  • やる夫は死なせてもらえないようです 第7話 Loop (01/29)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです Mission.15.5『冒険者in修羅場』 (01/28)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです Mission.15『クライマックスに一直線だ!』 (01/28)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです 休息会話 (01/28)
  • やらない夫は永遠への挑戦者のようです Mission.14『続・石板探し』 (01/28)
  • 国際的な小咄 6717 ひっど! (01/28)
  • 国際的な小咄 6716 成程、そういうことかー (01/28)
  • 国際的な小咄 6715 京都の政治情勢は魔訶不思議なり (01/28)
  • アメリカンヒーローアカデミア 90 (01/28)
  • アメリカンヒーローアカデミア 89 (01/28)
  • BLUE METAL 第十七話 「 共闘 」 (01/28)
  • やらない夫千年紀 第二〇話 (01/28)
  • やらない夫千年紀 第一九話 (01/28)
  • やらない夫千年紀 第一八話 (01/28)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 支援絵 ~ 小ネタ (01/28)
  • やる夫がKenshiになるようです 埋めネタ「やる夫がKenshiになるようです~アナザーストーリー~②」 (01/28)
  • やらとじ珍道中2 第5話 (01/28)
  • バトルファンタジーYYDS 第6話 炸裂、やる夫怒りの一撃! (01/28)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その55 (01/28)
  • 国際的な小咄 6714 我が目を疑う (01/28)
  • 国際的な小咄 6713 春節を投げ捨てろ! (01/28)
  • 国際的な小咄 6712 こうして、ヤツが生まれた (01/28)
  • アカガネ山のやる夫 お話その13:神話の最後 (01/28)
  • アカガネ山のやる夫 第16話 (01/28)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/12)
    ※完結作品は集計した時点の前月(11月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2あさねこの小話空間2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3英雄を作ろう!3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4ドクオが異世界転生したようです4やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    5あんこ時々安価で鬼滅の刃5異世界食堂できない夫
    6アメリカンヒーローアカデミア6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は魔導を極めるようです7召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    8白頭と灰かぶりの魔女8ローグライク異世界転生
    9あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG9やる夫たちは三連星(代理)のようです
    10できない子とSCP10オーバーあんこ
    11やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~11やる夫の野望
    12やる夫はギルドを経営するようです12カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    13やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。13やる夫はLVが上がらないようです
    14アカガネ山のやる夫14レベルを上げるスレ
    15やる夫は妖怪達に出遭うようです15金欠ほのぼの冒険物語
    16やる夫がKenshiになるようです16俺の息子は転生者
    17ドラクエⅤの世界でビルダーズ17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫は妖精郷を旅するようです18あんこくさい連合頑張る!
    19やる夫はカントーを冒険するようです19食事処 ~やる夫の大釜~
    20やる夫は竜の人財のようです20魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    21ロケッ都団が征く!!21やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    22やる夫は人形使いと呼ばれるようです22やる弟切草
    23NINJAのススメ23女神が愛した白饅頭
    24◆25NC1ovscM総合24ご令嬢☆タクミちゃん
    25できない夫はメラミを唱えられないようです25路傍の果ての英雄譚
    26やる夫はアーランドの冒険者になるようです26やる夫、デビルサマナーになるってよ
    27やらない夫は集われるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱28やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29証言と証拠は安価とあんこの後で
    30やらない夫が霧の街を攻略するようです30やる夫ファンタジー


    過去ログはこちら
    人気ページランキング