スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングで使用していたサービスが完全に沈黙したもよう……。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
データの取得は復旧していますが名前の取得がうまく行ってないようなのでまた非表示です
スポンサーリンク

英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その64

目次

479 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 20:07:13 ID:y4tWy83j
今他のキャラのデータ軽く作ってるけど他の人が指揮とか政治とか魔術に振ってる中ひたすら戦闘能力を向上させてるジャックちゃん。
なお戦がなくなっても余裕で食っていけるだけのまともな医療技術と教養を持っている模様(どっちもダメージ上げるため振ってる)

488 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 20:42:51 ID:y4tWy83j


【ふと思って無理矢理史実世界地図にふんわり現状の勢力図を乗せてみた


            ヾZ_「
        ,=-‐-=,,」            【西の国】
         Z__                            【帝国】                     【従属遊牧民族】
           \                                            【帝国】        __
            \  違う国F                                        _r―z__ _,-‐¨  <
             .i               【帝国】 ,‐-、                      /   _/ \_ _/
             .|         【西の国】    .}  ¨i                     ,、ノ     . ̄i_,r‐-'.゚.\_
   _         |             _/´゙\   \  \    【帝国】           .!              \【違う国G】
  r-'   ̄ ̄'''ー―--'       .r=―-、__/    ゙i    ∧   \__              ./                \
  `i          【西端の国】}        i¨ヾ  \   \    \__            ∧                  \
   i               /        ヽノ    \__   ̄i     i             i_____/ ̄ ̄\_      ノ
   i             /          /ヽ      \[帝]≧s、  i     ,、_r―‐-、__/二>           ゙̄ー=―'    【帝国】
  _/    【西端の国】   /   ,-、 o      |  |        \ .( ̄ヾ ∨     !_゚ ゚゚ 。゚.i´ ̄
  i             ∧ o. `´       ヽヘ!           i ._!    \   〈__   ゚ヽ       【帝国】
  `i           _i´                  ,―-=-ァ.レ'       ><ヽ〉 。 ゚ .∨
  ,!---、      _/          __,、__,=-、,、  `\_}         `i,、 i´  。。 ゚ ゚ !_   _
      \_/ ̄ ̄     / ̄ ̄ ̄`´   【帝国】/     ↑帝国       ヾ。 ° ° o \__ノ \_/¨''''7          【帝国】
      /\___/ ̄【帝国】             `i                  o⊂⊃ ゚。            i
      /【西端の国】                 /                  ↑島含め全部帝国→⊂⊃   i【帝国】
   ,。s≦                        \_                                   /
  ./                          【帝国】 ̄'''―-、       / ̄\__                /
 /                                   ∧_    (【帝国】  . ̄!‐-=,,,_    __  _ノ【帝国】
 ↓しばらく西端の国が続く                       `ヽ、_ノ            ̄`´南の国 ̄
                  ↓すごく南にダークエルフの国                              ↓この辺外界への出口になる湾
                                                       ↓しばらく南の国


ひろうなり申したな……。


489 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 20:43:13 ID:vrhDC+x9
地中海世界をほぼ抑えてるな

490 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 20:43:46 ID:0thGwAgc
エジプトの有無を除くとほぼオスマントルコ




491 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 20:44:59 ID:y4tWy83j
19Cになるとエジプトは失ってるのでむしろメソポタミアがないかわりに南イタリアがある19Cオスマン

492 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 20:47:47 ID:y4tWy83j
逆に言うと交易で大きなことができる場所がだいたい国内なのでよそから金をもってきてとかが難しくなっている。

431 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:31:04 ID:Dmd5MkIq
女帝と天草(仮) 【1D100:30】
遅れたけど取り敢えず婚約した為の挨拶と
国内の理念を共有させたいって話をする

【自由行動案】
魅力と教育を100
アズマ君の家の領地に行って挨拶とか
なるべく角立たずに掌握出来るならしちゃいたい

432 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:43:09 ID:0thGwAgc
【自由行動案】
政治を150,法学を100に
今回増えた領土の調査

女帝 【1D100:5】

433 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:46:15 ID:dzOzQ8+X
【自由行動案】
>>431
魅力と教育を100

女帝&天草&ルル&アズマ
【1D100:23】

434 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:46:49 ID:pqR6DtPW
ジャックちゃん【1D100:58】

【自由行動案】
教育100、魅力100に
ダークエルフの音楽を学ぶ

439 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:05:35 ID:b+Ov7Aaq
女帝・天草・ルルーシュ・アズマ
【1D100:71

【自由行動案】
魅力と教育を100に
アズマ君の領土で婚約披露宴とかしてできれば角の立たない形での掌握の為の作業に入る。

455 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:32:40 ID:jJqeFO2H
【自由行動案】
>>439

女帝、天草、アズマ、ルルーシュ
【1D100:50】

467 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:53:34 ID:vwBLhiF0
【自由行動案】
>>439
魅力と教育を100

女帝とアズマとルルーシュと天草
【1D100:50】

487 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 20:23:31 ID:aXkTlFPI
女帝とアズマ君とルルーシュと天草(仮)
【1D100:63】

【自由行動案】
教育と魅力を100

アズマ君の領地の掌握


497 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 21:36:21 ID:y4tWy83j
さて、会う対象は皇族家族会議っぽいとして、自由行動でおおいのはアズマ君の領地把握かな?

そろそろ謳う丘とかハレルヤとか使わんでも何とでもなり始めてきたし聖地奪還したしエンディングも見えてきた気がする。

498 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 21:38:28 ID:y4tWy83j


では再開しますが、数が多いとどうしてもイベントが主体の薄らぼんやりしたコミュになるぞ……。



      ||: | :||::     .[[[]]]. ..::||: | :||::    .:[[[]]]:.:.  ||: | :||::            ||: | :||::
ニニニニニニニニ./ /|:l─l二二二l::‐─ー| ||ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
|||||||:/ //|:|           | ||||||||||||||||||
┴┴┴┴┴┴.::/ //|;;|:|,ィ──────:| ||┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
 ̄:l ̄ ̄厂 ̄:::/ //|///i┴─────‐ | || ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄:l ̄ ̄
_;|__;/____/ //| |//i┴────── | ||__;/____;;|__;/__;;|__;/__;|__;/_
  ||: | :||:  / //.::| |/i┴──────‐ | ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :
  ||: | :||::::../ // 7|/i┴───────.:| ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :
_||: | :||:::/ //| /:/i┴───────.::::| ||::___||: | :||:._____||: | :||:.__
Τ||: | :||/ //| l//i┴────────‐| ||::ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤ
|||: | :/ // :| l/i┴─────────| ||::|.゙∩_∩   ∩_∩......||: | :||::||
⊥|| [[[]]]'./:7:/i┴─────────‐[[[]]]⊥゙( *・∀)  (´∀` )..゙||: | :||::⊥⊥
─lニ:|| |:l/ .//r┴─────────‐..:|| |:| ─.゙( つ二)>コ(▽ †  ) 二二二l:──
_/_.|| |:|'//r┴──────────‐ || |:|_.../  ノ |   ┴| |   |O. _/___
_/_:|| |:|/i┴──────────‐..::::|| |:| ::::(__)___)::::::::(_(__ノ::::::::∧_∧ _
_/_[[[]]]┴──. ∧_∧                            ( ´_ゝ`).゙/
/___/__▽ (`*   )    ∧ ∧       ____________(つ===φ_____
_/___/_┴⊂     ).   (,,゚Д゚).     /   (Θ  Θ)      !! ̄ ̄ !!          /|
              |  ○ |    /つ O   /(    )!! ̄ ̄ ̄!! (θ   )  (ミ  oo)!!   //
              (__|_)::::~(  ノ  /  ! ̄ ̄ ̄!! (∞  ∞) ! ̄ ̄ ̄!!  ! ̄ ̄ ̄!!//┘
                       U^U::::: l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二!/
                                └┘:::::              └┘┘
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ○1月、芸術活動をしつつ活動した結果――【1D100:61】
   (イベントダイス、高いといいイベント、低いと危険なイベントが発生する)


502 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 21:41:27 ID:y4tWy83j
ちょっといいイベントか、特に何もなし……とにかく成長案も決めてから考えよう【1D8:5

503 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 21:43:01 ID:y4tWy83j
70点使って魅力と教育を100に。まあスキル変性は後でまたやるとしましょう。

504 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 21:47:24 ID:17FZe1mA
まだ見ぬ子供の為にガッツリ教育のいろはを学んだアイシャ


505 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 21:47:40 ID:y4tWy83j



      人)\从Xxxx,,
     Y爻爻爻爻爻爻爻Xx      -―‐- ミ
    _ノ爻爻爻爻爻爻爻爻Xx  /::/:: :: ::_\::_\
     )爻爻爻爻爻爻爻爻爻X7:: ::':: :: ::/:: :: :: :: ::.ヽ
    >爻爻爻爻爻爻爻爻爻/: /:: :: ::/:: ::.|:: :: :: |:: :: :.
    ⌒>爻爻爻爻爻爻爻Xr―v:: :: :: ':: :: ::|:: :: ::/:: :i::.i
      ^7爻爻爻爻爻爻(⌒\(i:: :: : T赱㍉_::/:.::/:|::.|
      ⌒)爻爻爻爻爻爻∨:: :|:: :: :: |     迩/\_:|__
         )イ爻爻爻爻爻Xx::|:: :: :: |  _ '  人\ァ⌒ヽ_
          ⌒V爻爻爻爻爻:|:: :: :: |\ _´イ:: ::i__合 ヽハ/\     何とか1月のうちに帝都に戻ってこれたようで何よりだ。
        _  ハ   `⌒Vヘ爻xx|:: :: :: |二二i:: |:: :└―r--- Vハ∧
     r--ミ i i |     /⌒ヽ|:: :: :: トミM ヘ_|:: ::.|:: :: | |//i V|二     新属州の暮らしも安定してきたようで不幸中の幸いである。
      〉\', ∨ |ミ 、   '    八 : : : |从<>/^ 从:: ::.| |//|  iハ二
    /ノー\_{___>ハ i     i :: :: ::| ``丶、,;)'⌒``~、/|  |/| =-
    ` /∨     iハ ∨:~~7 ∨:: :|,x=/ ̄ \     \ |/|ニ=-
     /∨    |V∧)ハ_∨⌒) ∨: !ニoニY二二',   /二 YV 二ニ
     ,'://     |::V∧=====i人  i:: |二二|二二::}_,/二二ニi∧:二ニ
     i∨      |ニ )八二ニ |::.::ヽ |:: |、 ニ |二二人二二二 , }二Vニニi
     |/      ;二 \ 、二 ∧ : ∧:: | ≧=--=≦ニiト --=彡:{二',Vニ!
     |i        i二二 \\:: :∨:: ::.::| 二二二二ニ||ニ/: ヘ 人ニ iニ/
      |        |二二二}\ 、:/:: :: :: |:|二二二二ニ:||イ::∧:: ::\ ∧∨
      |       人二ニニ| / \ 、___|:|二二二 /=|| V   、:: :: \〕〔
.     /|      /:: :\___/:: :: :::> -------=≦ニ 井人  \:: :: i//i
    //|      .:: :: :: /:: :: :: :: ::/::/ニ|:: |二二二二ニ||二 \   \::Vノ
    //|     /:: :: :/:: :: :: :: : /i二二|:: |二二二二ニ||二ニ=\   \:: : \
    i /|     .: :: ::./:: :: :: :: :/:i:i:/ ̄ ̄|:: |二二二二ニ||二二 (:i:i:iヽ  \:: : \
    l /|   /:: :: :/:: :: :: :: :/:i/:i:i:i:i:i:i:i|:: |二二二二 ∧二二/:i:i:i:i:)     \:: : \.
    l /|   ,:: :: ::/:: :: :: :: ::/二≧=≦ |:: |:i:i:|二二ニ//∧ニ〈:i:i:彡ヘ      \:: : \



     /    /            \   \
     '     /   ヘ{V^ヽ    \、__ ヽ     ヽ
.    /      ′/ 厶=ミrヘ', }     ` ミハ
   /       :    ′     :〔\ 、     }       .
        |   i      |レ公トミ,__ 」   :.   :
  ′  '     |  ,}{-‐っ     ||´   ≧=-=ニ|    ::.   i
 :    i{ :   | /仄⌒’    |!  7´,ィ笊ヌヽ|   ハ : |     ご心配をおかけしました。
 : :{   i{ :{  |ノソ ,, -=ミ       f‐ぅ ハ j〉,  .: : | : ト、
 | :{: .  i{   |k 〃,ィ笊ヌ       く^ー'リ l{{ .: : :j : : :ハ    もう少し良いやり方があったと反省しております。
 | |{: : . { :i{: . |{ {{ f‐ぅ ハ         `¨  爪{ .: : : ′|: : }
 | | : : : : .  : :八.儿.く^ー'リ           /;  .: : : /: :i|/
 | |. '; : : : : : : : .\  `¨´   '       u / .: : : /: : :|「 ̄
.八{  ' : : :∧{: : : : . \_,        _,. -  厶イ⌒´ ア : リ
  \ \{ /|\{\/⌒ 、    ´   ,, -‐ァ′. : /_/
      : /|  : : |{\: :≧=-   . _/    /. : : : / >__´
        :{ |  : : |lア´ ̄ ̄`ヽ /   /: : : : //´/⌒
        |l |  : : |ヘ __   } {   ,/厶斗ァ' /
      八∧  : : ∨/   />'「 ̄ ̄    / /
     ,., -‐ヘ  : : \  //   |       {  {



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ※ 歴史的戦勝を上げた帝国の女帝とその総指揮官の会話です。


506 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 21:49:51 ID:XnsGsHu+
帝国の版図を未曾有の拡大を成し遂げた指揮官とその責任者とみると涙が…

508 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 21:53:32 ID:pG5hKALr
別に拡張したかったわけじゃないからなあ


509 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 21:54:38 ID:y4tWy83j



.    ∧         /               ヽ    \   \        / ̄´
\   ∧     /               |     }      \    \___
.  \ ̄´∨  /         .ト、  /i    |     |      \.        /
    \_/. /    .{    | \{.│    }     |     .\  \     /
.     / / /     |    |´ ̄ ̄|    ./ ∨   ∧    i  \ ̄´ ./
   /  / |     |    |     .|   / > ´ ̄. ∧   .|.     \/─一
 _/  /{  |     |    |     .|  .//        ∧  |⌒Y   \ ̄´
≦三彡  |  |     |    |    八/   芹云示   } ./  }⌒≧=ー一       まあ良かれと思ってやったことはしょうがない。
        |  {     |> ´ ̄ ̄ `ヽ      辷ツ   .|/  ∧   ∨
        | ∧   从´ 芹云示              |  /. ∧   ∨         結果は受け止めて後に生かすといい。
        |.  ∧  i|  \ 辷ツ   ∨          |. /   ∧\. ∨
        | /  ∨ 人 \          ∨            |/i^Y   ∧ ` ̄ ̄
        乂    ∨ . |\                    / |⌒7   ∧
            ∨ |/i\            _ -'    / .|i /    ∧
             ノ  | ∧、     ー ´      /  |{ ノ \    ∧
                   | ノ^ヽ\          /  _j>┐ \  .∧
                   |/i /}  丶       // ̄´     |. ∨ \ .∧
                   |ノ .|.   //}>ー<           |  ∨   \ヘ
                    |  /{ /            / ̄⌒>、_____
                    |. / ∨            /               \
                    |/   ∨                               \
                    _厂                                 \
                  /                                    \



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!    義父上が言うと説得力が違いますね。
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ               「ハハハ、何回も失敗してるからな!」>公爵
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/        いやほめてはないです。悪くも言ってませんが。
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   このほか皇族が色々いるがそこまで出してると処理が追っつかないので割愛する。
  いずれにせよ皇室としては距離が近いのもあってそこまで仲が悪いわけではない。


510 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:01:58 ID:y4tWy83j



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ    そういえば公爵閣下。
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´        このたびアズマ殿下と婚約したわけですし
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i         一度所領に戻って皆様に披露をしたいと
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i          思っているのですが。
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i



            {\ |      ``ト .,  `| ヽ .∧∧ /|
           }  \     、         },  | У  }//
           {        \      ト、  Ν  |_/ /
.      _  {ゞ    \-、   \     | } |     /
.       \  ̄``ト ヽ\ヽ \__       N    /i/ /
         \     `'  / /   /`ヽ ヘ   ,ィヽ' {/ /
         _∨ ヽ\,/ /   / /  //} '/{ l \  /
         \ ``   / /   /    / ∧} /,| l   ∨
.           Y / /    /  '   ∧リノ彡| }   ∨       ああ、どうぞどうぞ。歓迎するよ。
          _У         /| /∧   |     |     ∨
       -=ニ ___ / ./≧_Ⅳ V |     | /   !  \      騎士団支部があるからみんなも喜ぶだろう。
.           / { { イ/ / 灯示ミxト、VΝ _-―И   |  | \
        _乂  乂、/}   V_;ソ ` ヽ 'f示苅v   ハ . |
          / , /\o_          ; ゞ ' ノイ从/\ ト、
         / イ }/ /.}迅         i    / ノ }/   /\                               「ええ!?」>アイシャ
         ,ィfモ'x、  {/|∧   、     '   .,イ
        ノ/////\l Ν  ,\    ̄  ̄  /}/
     __/=-///////Yi\   , \    /  l-、
  _/⌒ト ,////////∧i:i:i:\__  ` ‐=≦> l\∨Ⅵ、             いや、妻の改革に全面協力した方がよさそうだし
  \//////\//////∧i:i:i:i:i:i:i:≧s。.,ノ/イ\'/\/Ⅵミh。.
  //\//////\/////∧、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i|i:i:i:∨///}////}ミh。. __, 、     支部おいてもらった方が商人とかきやすいし……。
  '////\//////\'///∧i\_i:i:i:i,'i:i:/|i:i:i:i:i∨//////{////≧s。}ヽ_
  ////// \//////\//∧i:i:i:i:i:i:\i:/i:i:i:|i:i:i:i:i:i:∨////,イ//////////≧s。.,
  /////////\/////∧'/∧、i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i|i:i:i:i:i:i:i:{//////////,ィi〔/////////


512 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:03:18 ID:XnsGsHu+
実際弾奏騎士団要ると便利よね。

商売敵が居る所は別だけど、最近はそっちの方がムラハチされそうだし(風評被害)


513 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:03:51 ID:y4tWy83j



                                  .
                                  。

                                     ロ

                                            □

                                           ┌┐
                                           └┘

                                       ┌──┐
                                       │    │
                                       └──┘

                              ┌──────┐
                              │            │
                              |            │
                              └──────┘

              ┌───────────────┐
              │                        │
              │                        │
              │                        │


514 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:04:45 ID:pG5hKALr
弾奏騎士団が信用証発行してるしなあ

515 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:08:19 ID:A6SL0PhA
いつか金融業に発展しそうな…


517 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:10:25 ID:y4tWy83j



                                                 _j⌒ヽ
  ____                                      乂_, -∨
/////// \                                        |:::::::/,
///////////\                                         |:::::::::/,
/////////////\                                       |::::::::: /,     ___
///////////////\     /⌒ヽ       r‐へ、                  /::::::::::::::|   ////
/////////////////} ______{___^)      r'   .}         ,---- 、 ./::::::::::::: / ___//////
/////////////////三三三\::/         `y--く        /三三三∨:::::::::::::://::::::|/////    アズマ殿下バンザーイ!
//////////////// .三三三三\       |:::::::::::|          {三三三三',:::::::: /::::::::: : |/////
///////////////⌒i三三三三ニ.!--- 、     |:::::::::: |         弋!三三三/:::::::/::::/:::/::::: |/////    アイシャ書記長バンザーイ!
////////////// / /三三三三ニ.|//// ヽ  ./::::::::::: |⌒i      _>イ::::::::::::::::{::::/:::;′:::: |/////
/////////////Y__/三三三三 /^!///// | /:::::::: ::::::|⌒Y_     /::::::::::::::::::::::::::∧:::::::|:::::::::::|/////
"""""\////  /三三三三ニ,'_,///////}_/:: }::::::::::: |rセ7ア\/::::::>'゙´\::::::::::::∧:::::|::: |::::::∨///
___ "" .   /_____ /ニ>イ::::::::::::|:::::::::::///////::::::::::/ ''´⌒ヽヽ::::::::::∧:::|::: |::::::圦///
,^,^,^,^,^,^ミh、_,/;';';';';';';';';';';';';';';';';'≧s。.:::::::::::_____:::::: /{ ∨//::::::::::/   /ゝ'´ハ::::::人∨:::::|::::::|:__>=
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\ ` /::::::::::::::/    Y''´_/!:::::::/¨∨:::|:::/: : : : :
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\'::::::::::::::::::/__  `T__/:::/;.;.;.;}:::/: : : : : : : :
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';';';';';';'\:::::::, '/: : : : : : \___ノ ̄;,>'゙´: : : : : : : : : : : :
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';\ /: : : : : : : : : :|;,>'゙´: : : : : : : : : : : : : : : : :
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^∧;';';';';';';';';';/: : : : : : : : : :/: : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : :
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^^∧;';';';';';';'/: : : : : /: : /: : : : : :}: : : : : : : : : : : : : : : : : :
,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,∧;';';';' /: : : :./: : : /: : : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : :



                 __    _,,..、、、、..,,_
               /::::::>'"::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ''"~ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::: ――::::::::\⌒>
        < ――匕/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          `¨¨⌒7:':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::⌒\:::::::::::\
              .::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::|::::::::::::::::::::::::::::::::.
             .::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::
              ::::::|i::::\:::/:::: :::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::i
           i:::: |.::::::::::/ ::::: :::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::|
           |:::八:::::::/::::::::::::::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::|     ……何の抵抗もなく受け入れられてるぞ……?
           |::: :: ∨⌒ヽ:::::::::|:::::: 八::::::从:::::::::::::从:::|::::::::::|
           |::::::::: { (  |::::::::|: :r====== \::::::庁´从 :::八
           |::::: :: 乂 ) |::::::::|:八  ∨ツ   \ゞ' / :|::/
           |::::::::::|::::::>|::::::::|          `  }:: :|'
           |::::::::::|::: ::: ::|::::::::|           人 :|
           |::::::::::|::: ::: ::|::::::::ト ,,.    ( ̄ ̄V /八从
           |::::::::::|:: :::: :从/八  >  _ /
           |::::::::::|::::/ ( ノ       { ||/| ̄\
           |___:/∨∧:\         ||/|   \
           /     ∨/::::\  ̄    ∥:::::\
             /      /:::::::::::::::::\    / :::::::::::::..   |
         /      .  |::::::::::::::::::::::: \,,/::::::::::::::::::::}   |



             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'     そりゃまあ私とかこの地方出身の有力者ですし帰るたびに
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||      「弾奏騎士団はわしがそだてた」と自慢してますからな!
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |      あと若手の職を紹介したりとかしてここ出身の騎士団員多いですし。
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               アズマ君の実家の民心を獲得し(て)ました。


519 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:11:44 ID:dTXdAvto
今までやってきた成果か

520 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:12:09 ID:pG5hKALr
初期からがっつり組み込んでたからか


521 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:12:58 ID:y4tWy83j



               __,.─────,
     -、─────.<__∠. _     /
      \__ ,.ィ::´:::::::::::::::::::::::::`...、__,メ
       __,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ̄ \
      ∠,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ::ム‐‐t ゝ
.       /::/::::::l:::|i::::::::::::::ト、::ヽ::ヽ::::::::V:::::::::!
      /,ィi:::::::::l:::|i::{i::::::::::| >::::iヽi:::::::::V:::::::|
.      // |:{ ::: ∧:|`‐V:::{、|´,ィ行.ミヽ:::::::V:::/       この辺の領地の状況とかはどうなってます……?
     |/ |::〉::十t==ュ \{ 弋、::::ノ |:::::::::!/
       {/ ト、{弋::::ノ       ¨´   |:::::::::|
        }::`i  ¨        U. |:::::::::|
       r‐'::::r' 、.     △    ,イ! :::::::|
.       {:::::::( /:::> - - - <`-i/iノi/______/)
      //メ:::::,イ. 〈〈 `ー―" 〉〉   i____ -' 三)
      /:::::/`i___/`ー -- ''" .',`゙'ー´       ` ー'
.      /:::::/ ./:::::ゝ      〈
      l_/ ./:::::: /|.      _ゝ
      /u  〈:::::::/  |、____r',.イ.\
.     `lノ|ノ|ノ:/   |──‐.t ';;;;;;;;;;;;;;ヽ
     |:::: /     |;;;;;;;;;;;;;;;;;i_;;;;;;;;;;;;;;;;メ



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)    最近帝都詰めの私よりここ出身でここに駐屯してる騎士団員に聞いた方が早いですよ。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       地元の有力者や地形の情報を騎士団が掌握し(て)ました。


522 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:14:09 ID:vrhDC+x9
すでに形はできてたか

523 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:17:17 ID:Alo8oNt+
有力者の秘蔵っ子とか身内扱いだよね、そうだよね


525 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:20:09 ID:y4tWy83j



             __      >==<   ,。s≦"'<==
           ,ィ彡_≧s。_/......__..>''´>''´ ̄`< ./
            ∧ {、 `'≦。,,>=、/イi、..ヽ    / /
            >、乂,ィヽ==>'ヽ<ヽiiヽ.∨  .∥ ∥
         ,。.≦..........\........ヽ............\\iiム..∨ ∧ {
       ./イ.......>................................\..\'<ii,...∨ ∧i{
     /イ..>''´................../.........i.∨\..\..\≧、..ヽ, i| ∨
     /://....../..////...........i|:::∨...\::\..\ `'==i} .i}─ー''''""-==<≧s。       閣下! どういうことですかこれ!?
    ./イ//.../.../イ///........::::从::i∨.......∨、ヽ::',≧s、iノ'''"´       `'< ≧s,
    / .//::::/'....://..///{i::..:::::丿i}::::i从:::::::::,∨:::ヽ∨...∨.....\         .`'< i{    自領が天領みたいな扱いじゃないですか!
    /./::::/....:://::///从i:::::/{ .ノi::/≧}∨:::i:::∨:::ヾ{::....∨::......ヽ           .ヾ
    .i' ,'://':.::://::::i::i:iィ笂i:::/ i .}/匁マ.i:∨:i::〈∨//::::::....∨//:...\              大丈夫なんですか親戚の反発とか!?
     ,'从.i::::/从:::从{、辷リi{   .辷リ ノ::i:人∧∨//:::::::::::∨//、:::.\
    .i|  i::从i|..i::i::从 ゞ'´ .`__   .ノ从{,::∨`''<<:::::::...∨//`'<:\
       i:i .,ィイ:i/::/|iヽ,   {'´ ) .// i|ヽⅥヽ',:::::::`'<≦s。,,__  `'' ,\
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。` ./:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ
          .i/:{i:i:i:i',i:i:iゝ,_i}:::: : : : '≦{i:i:i:i:iノi:i∥ミi:::::::::::::::::::::::::::.....ヽ    ヾ'.,
         /.i...}:i:i:i:i:i//。,,_: : : : : ,ィ'''マ,i:i:i:i:i:i/  ∨//::::::::::::::::::::......ヽ    .',',
       /' .....∧i:i==i{   ゝ=ィ   .マi:i:i:i/...   .ゝ//:::::::::::::::::::::::......ヽ   ',i
     ,.ィi{./  ./......ソ´ {iゝ┐==-、,,ィ''"´ヾソ........   、`<::::::::::::::::::::::::::.....ヽ  i
  _,,。イ...../  //....,イ     ,ィ(彡i      ∨//..    \......≧ッ:::::::::::::::::::.....ヽ
 ヽ   ../   ,'.,'..../:ー==ー-...._、、 イ...........ー===:::∨//     .`<../::\....:::::::::::::.....ヽ
  i}    ...,','.....i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./......',       フヽ:::\....::::::::::::.....∨//
  ノ  ..........,','..//∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ...........',      ./  .ヽ:::::、、.....:::::::::.....∨//
  ゝ、.........._i,i......//∧、_,,。≦i}ニニニi{≧s。:.イi|...............ヽ,ィ''''、==彡    ヽ:::::,ヽ........::::....∨//
    .ゝ=彡.i}..............{i、i:i:i:i:i:i:i]><[i:i:i:i:i:i,ィi}.i|_............i彡   }i、      ヽ::::, \.............∨//
        \_,,。ヾ<.'<,i]><[i:i:>´ノ  ヽ=<.∧    \      .ヽ:::, ヽ...........∨//



                、
              、  i \ 、
          }、  l ヾ、.  ヾ \     ,
          | \iリ   i    ヽハ  /i
          ,、 }         _ハ ∨  |  ,
            { .v     / >´ ヽ _,   レ´i
          i    , 斗< ィ    , ハ   彳
         〉 <´ ,.   / i   / .〆  i
       _, {   イ     / |  λ,ィ  ト / ィ
       _ >≦ 斗-v  /フチュ. {   {    レ'
     二ニ=ィ  〈 勹イ メミュ_l /.i ! _ .!   ト         いや、なんというか主だった親戚連中
 z≦ニ二___  ヾ  ∨ソ レ.辺ノ .メ !i  メィ    \
::::::::::::::ィ:::::::::::ユィ:.ぅ狗`      灼¨ア ィ_ヾ ̄        これを機に皇族の一部になる気満々で皇室に取り入ってるし
::<::::::::::::::::::::::::::::{::::ユ: v       ヽ行イ   `
ィ::::::::::/:::::::::::::::::::::マム:ッ、   -/i  v             弟は出家してご存知の通りだし……。
::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::マ〉 ,、.> イ v
:::::,イ:::::::::::::::::::::::::::V「,Lニ,-、::::`::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::孑劜 乢i:::::::::::;イ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ イュ イ::::::::::::::.                 そううまくいかないと思うけど統治の邪魔にはならないし
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |ニ| |∨:::::::::ハ
:::::::::::::::::::::::::::::_::::::::LlニL!::∨::::::::ム                夢見る分にはいいんじゃないかなと。
::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ̄}⊥イ:::::::∨::::::::ム
二二二二ニ777::::::マ|リ::::::::::::´ ヽ_
二二二二二二二二二二二ニム ヽ  7
二二二二二二二二二二二二ニニい ヽ
二二二二二二二二二二二二二ニ∧ /



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             アズマ君の領地に関してはこんな感じです。


527 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:22:56 ID:y4tWy83j
……掌握してからどうするんだっけ……?

529 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:24:22 ID:Dmd5MkIq
取り敢えず自領から思想共有を進める感じで

532 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:24:51 ID:UVatcZIr
思想や目的の統一をアズマ君の領地から進めようって話だった


535 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:28:49 ID:y4tWy83j



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧   いや、あの、そうやって皆さん勝手に
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     「国のことは誰かやってくれるだろう」で
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i        統一した目標もなくフラフラしてるのが
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i        昨今の国内外のありさまだと思うんですけど……。
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i         こう、なんというか、国民の利益や行動の方向を
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i         ある程度共有できる国家理念を浸透させた方が……。
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i



                       /(、丶`/____
                       iヽ/  ,: ,、  "´─z
                      ヽvヽ`\:../! ``ヽ-- ∠
                      j´   /-‐'':} ,:   ', -く
                 /ィ  i /: : : : }∧ i:  ', 彡
                  ノ { .'-rc: : : :rc-ハ{`ヽ {`      おお、僕もそう思ってたんだよ。
                     ' {V: :tリ: : : :tリ: : : _,ノ. :
                      小: : : : :r ┐: : : 〈〉 i{ヽ      具体的にみんな納得する内容は思いつかないけど。
                   /ィ∧ : : ヽ ': : : /!  :{
                     l ;介o。 : : : イ:{ :, i{
                       j/{_jIノ{: ̄: : :j :"''<_
                _j>''~: : : ',: : : /: ':_: : -‐:frー-=ミ
                 /: : : :V气℡、¨ヽ: ノ¨´: rf苅f/`: : : : : :ヽ   がんばって仕上げてくれ。応援してるよ。
             /‐''": : /<: : ゙マミkV: ィチ彡'^: : : :ヽ: : : \: :.
              {: : : : :/{: :ヽ: : : : :`{: : : : : : :、: :ヤ: :}: \: : : }i
              j: : : "~∧: : : : : : : i{: : : : : : ヽヽヤ:j{: : : :ヽ: {i
             .′: : :ヽ: :}`ーr─ '': }!`ー──ャ彡: {: : : : _,ノ}
              {/ : : : ∨V八_: : : ノ!_: : : : :イ: : : : ハ : /: : : }
              j : : : : : / !ヽ{: : : : Y: : : : : }: : : :,′ }: : : :ノ }i
             .'ヽ: : : :/{  .}: : ヽ‐- _{:_: :_,ノ/: : :/!  i{:ヽ: : : : Y
           .′`: : : :.′ i{ヽ: :',: : : :{ : : : /: : :/:.{  !: : : : : :}



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   頑張って仕上げてください。


538 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:32:44 ID:pG5hKALr
許可はもらったな!


540 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:35:22 ID:y4tWy83j



              >‐┐
         _   //´ {/
       /:.:.:.>彡:.:.:.:.,ィソ:.:.:.≧s。
    .、===彡≧sイ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧s。ヽ
    マ{´i:.:.:/.ノ{:./':.:.:.:/:.:.:.、:.:.ヽ:.:.ヽ,:.ミ
     }.} i:.//:.:/イ/:.:.:./:.i|:.:.:.',:.:.:.ヽ:.ヽヽ:',
     }.{_i//イ'{//:.:./:.:i|:.从:.:.:.:.',、:.:,∨:.iヽ',i
     ゝ=イ/:.:.i//:.:i:.:.从也}ゝ、:.iミ、:i:i从i .'{     まあ、参加者の皆さんからこれという方針がでないなら
      //:.:.:.从i:.:.iヽ:.弋戈  .、リ}从ノi}
     .{/i:.:.:.:.:.:.:从ミ{:.:ゝ,  __ ./i}ノ         活動中は国内外色々gdgdしながら
     .〉,:.:.:.:.:.:.:.:.i|_ヽヾ≧sイ从ヾ__
      i.〉:.:.:.:.:./:::::::::|::iヾ  ゝ,ィ,:::::::}.、       私がふんわり何かしら考えて
     /,ノ:.:.:.:.:.∥,:::::::|::i ̄` ー'  .ヽ:::i {
    .//:.:.:.:.:.:∥ .ヽ:::|::i__   __ __,ィ'''´'、{       エンディング後にはそれっぽく広まったことにします。
   /.イ:.:.:.:.:.:./   .Ⅵ `"``ヾ}、{    ヽ
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:/     {           ノ      国家理念とか興味ある方は頑張ってください。
. /:.:.:.:.:.:.:.:.ノ      .}i     __  / ∨
:.:.:./:.:.:.:.:.:.ゝ,丿    .〈ム_,,。≧´、ィ{::::::::7 {_∨
//:.:./:.:.:.:./ 乂,ィ.。,,。≦}、:::::::::::::}、ィ{::::::ト},_/
 ,:.//:.:.:.:./   }  {_ ィ=}i、::'<::::}、ィ{イノ |       では、スキル変性ですが天上の美が進化してパッシヴになります。
 i/.,:.:.:.:./   ∥  {`'''')ゝ==、>''´>'''''ヽ''}i、
  从:.:.i   .∥s≦''''''}、 ,,{::}ゞ''´、 ̄.}i`乂{ヽ
   .Ⅵ  .,イ´    .}、`´}彡  `''<ッ。, \\


・天上の美:戦闘時に魅力判定を行い、抵抗できなかった敵を魅了できる。魔術として扱う

・美の顕現:いかなる状況であろうと自動的に周囲を魅了する。抵抗は魔術と同様に行う


541 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:36:06 ID:4UtgBTAM
うーんやばい

543 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:37:26 ID:vrhDC+x9
ますますやばいことに


546 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:40:01 ID:y4tWy83j



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧   まあ、私に魅了され聖人といて崇敬したとしても
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヒャッハーしたり裏切ったりしないかというと
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i       もちろんそんなことはないんですけどね。
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i        まあなんにせよ嫌われて殴られることは
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i         まずなくなったと思ってください。
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i         で、とりあえず2月にジャックとコミュかな?
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i


542 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:37:20 ID:dTXdAvto
流派創設は変性しない感じかな?

544 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:38:57 ID:XnsGsHu+
ヒエッ

これ、仮面でも付けないと帝都とかでも魅了続けてたら危険視されない?

545 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:39:36 ID:pG5hKALr
抑え込む手段欲しいね


548 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:43:08 ID:y4tWy83j



                  /}    ____  -‐     ̄ ̄\
                 /.:.:/  / -――   ̄ >ミ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
               /.:.:.:/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.、.  \ \.:.:.:.:.:.:}
               {.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  \ 八.:.:.:.:
                 \{_.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ Ⅵ.:.:.:.:.}
                 ⌒ヽ′.:.::.´.:.:.: ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、 \ }}.:.:..:.|
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:\\.:.:.:.:.:\.:.:.:.:、.:.:.:.    教育が100になっても流派創設は変わりませんね。
         /'´ ̄ ̄ >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.\\.:.:.:.:‘,.:.:\__{
               /.:.:./.:.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:i}\}^.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:} ̄ ̄ T    これは要するにブースト機能なんで。
             ,.:.:.:./.:.:/.:.:.7\.:.:.:.:.:.}  ___ \.:.:.:.:.:\_ }.:.:.:.:.:.:.:
              {.:.:.:{!.:.:i!.:.:/ ____\..:.:}  r====ミ、T=‐―.:.: ̄.:.:.:.:{
              {/ \{ 、{r f宍}   、}  比沁ら ´}/、.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:{
                 r∧ 廴リ       ゞ‐‐‐  }  }.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.   >>544-545
                  乂.';    '         j_ ノ/.:.:.:.:!.:.:.:.:.:|    まあでは謳う丘でも使ってこうしておきましょう。
                       }込、   --       / /__:.:.:.:i|.:.:.:.:.:|
                     VW> ..     .. ィ i「介 ̄:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:|    その代わり使うタイミングは私が決めますが。
                    \}廴>r       {う¨¨}\:.:.:.:|.:.:.:.:.:|
                              ノ      ゝ _八.::.:, i!.:.:.:.:.:|
                          ___/_        >^ヽ.::.:Ⅵ!.:.:.:.:.|
                  _  /  /  '    '´/    V}i}.:.:.:.:.:|
                /ニニ/  /        /   ___」i }.:.:.:.:.:|
                 ,ニニニ./  {  , '  ‐    /ニニニニ}.八.:.:.:.:{
                   {ニニ /    !ニ=‐       /ニニニニニ}.:.:.:\.:|.|



・美の顕現:望めばいかなる状況であろうと自動的に周囲を魅了する。抵抗は魔術と同様に行う


550 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:44:25 ID:y4tWy83j



      ||: | :||::     .[[[]]]. ..::||: | :||::    .:[[[]]]:.:.  ||: | :||::            ||: | :||::
ニニニニニニニニ./ /|:l─l二二二l::‐─ー| ||ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
|||||||:/ //|:|           | ||||||||||||||||||
┴┴┴┴┴┴.::/ //|;;|:|,ィ──────:| ||┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
 ̄:l ̄ ̄厂 ̄:::/ //|///i┴─────‐ | || ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄:l ̄ ̄
_;|__;/____/ //| |//i┴────── | ||__;/____;;|__;/__;;|__;/__;|__;/_
  ||: | :||:  / //.::| |/i┴──────‐ | ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :
  ||: | :||::::../ // 7|/i┴───────.:| ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :
_||: | :||:::/ //| /:/i┴───────.::::| ||::___||: | :||:._____||: | :||:.__
Τ||: | :||/ //| l//i┴────────‐| ||::ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤ
|||: | :/ // :| l/i┴─────────| ||::|.゙∩_∩   ∩_∩......||: | :||::||
⊥|| [[[]]]'./:7:/i┴─────────‐[[[]]]⊥゙( *・∀)  (´∀` )..゙||: | :||::⊥⊥
─lニ:|| |:l/ .//r┴─────────‐..:|| |:| ─.゙( つ二)>コ(▽ †  ) 二二二l:──
_/_.|| |:|'//r┴──────────‐ || |:|_.../  ノ |   ┴| |   |O. _/___
_/_:|| |:|/i┴──────────‐..::::|| |:| ::::(__)___)::::::::(_(__ノ::::::::∧_∧ _
_/_[[[]]]┴──. ∧_∧                            ( ´_ゝ`).゙/
/___/__▽ (`*   )    ∧ ∧       ____________(つ===φ_____
_/___/_┴⊂     ).   (,,゚Д゚).     /   (Θ  Θ)      !! ̄ ̄ !!          /|
              |  ○ |    /つ O   /(    )!! ̄ ̄ ̄!! (θ   )  (ミ  oo)!!   //
              (__|_)::::~(  ノ  /  ! ̄ ̄ ̄!! (∞  ∞) ! ̄ ̄ ̄!!  ! ̄ ̄ ̄!!//┘
                       U^U::::: l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二!/
                                └┘:::::              └┘┘
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ○2月、芸術活動をしつつ活動した結果――【1D100:55】
   (イベントダイス、高いといいイベント、低いと危険なイベントが発生する)


555 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:47:53 ID:y4tWy83j



               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\_ ノ
              /               \
             /          ヽ    \
            /./      ./   {      \   .∧
           / /   ─-、/   __    ∨  ∧
       ./   /    / ∧     | \ `ヽi  i   ∧
      ` ̄ }'    ./{/  ∨  |  ∨ .}  ト   ∧     婚約披露宴おめでとう! おかあさん!
         /|   i  {==ミ  ヽ r===ミ∨   !    {
            / 从{ ∧  '      ノ ∨ ./  ∧ト、      なんだか外地にいないのも久しぶりだね!
        / ∧ `トヘ  _   / / ∨      \
          厶イ ∨ \  {´ `ヽ`7   /{   } ̄ ̄´
          {/ ∨ ト \_ーイ_/ /  ∧  |
           \{\{/    / |厶イ  \从{ \{
                  {{   / { { / ./ /\
                 |   / 厂∧/  /  {人
                 | .// ∨ ∧   /  .{ { ヽ
               ∨   ∧_〉 |     ヽ\}
               / ┌─┐   |  i     |
                 〈  ∧_/    .|  ト<_ イ
                 ∨       } 人 |> //イ{
               ∨      .|    寸i__/}
                  ∨      {__  }    .ト、



                                  -‐……‐-
                      ¬¬=ミ       /:i:i:i:___:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    〈        >‐…┴‐<^⌒ヽ:i:__;;  -=冖冖冖¬┐
                   } …ー<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i⌒\:i:i::.<⌒          ノ
                      /:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i\          /
                /:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:丶     イ
                   ,.:i:i:i:i:i:〈/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:[\:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i::,     /}
               /:i:i:i:i:i:i:i|∨/:i:i:i:i[:i:i[_\__:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i′   {
                 /:i:i:i|:i:/⌒V/i:i:i:i[i:i:[ ⌒^⌒\:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i|ヽ   八      南西の砂漠、東の半島、南東の国、
            .′:i:i|:|:i:i:i|  ∨:i:i:i[:i:i:[    \:i:|!:i:i:i:i:i:_;_:i:i:|/:i:i:i|: マニ=┘
            ¦:i:i:i:|[三三三∨:i:i[\[三三三三]i|:i:i:i:i:i:|⌒V:i:i:i:i:|: !:i:i|      そして更なる南の砂漠……
                i|i|:i:i:i:|:|       ∨:i[         |i:i:i:i:i:|^ |:i:i:i:i:i|:. !i八
                l|i|、:i:|:|      ∨[         |l:i:i:i:i:|」 |:i:i:i:i:i| : !:i:i:i:\    いやあほんとあちこちいったね。
                l|i| \|」///     〈[      ///八:i:i:i:i|_/:i:i:i:i:i|: : 八.、i:i:i:i:\
              八| 八                  /:i:i:\;ノi:i:i:i:i:i:i:i人,,__  }「 ^⌒^\
               /:i:i:\__,,, -‐‥……‥‐- ,,/:i:i:i:i:i:i:i八:i:i:i:/\:i:⌒Vi:|
                _厶イ⌒                 /:i:i:i:/]: /^⌒'く,_   \:i:i:i:i|
                ⌒ア             __   /:i:i:i:/ ,]/     ⌒'ー┐ 丶:i:|
            /:人,,__  --=ニ二ア゙⌒    /:i:i:i:/       厶イ   )ノ
              /:厶イ⌒ヽ    ∠二ニ≠ー/:i:i/      __彡'⌒> /
          /:/⌒>,,__            厶イ ___,,,      ⌒^  八
           {/__彡'⌒゙〕iト ,,,_______,,jI斗<⌒゙〕ト ,,_         人
              ⌒7゙     乂⌒¨¨¨¨¨⌒)ノ⌒ア__彡く   ≧=‐‐=≦  \
           /    て⌒............................/⌒  ,ノ           _,,〈
          /    〔⌒\...........................................⌒〕        __彡'⌒〉


556 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:49:05 ID:vrhDC+x9
あとはシルクロードを渡るか新大陸を見つけるか

557 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:52:25 ID:XnsGsHu+
趣味も仕事も結婚も全力で満喫するロマン女の鏡ですよ


559 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:53:07 ID:y4tWy83j



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧    ずっとジャック一緒に連れまわしてるけど
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /      大丈夫なの? 出会いとかそういうの。
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i



                -=      =-
             >" __     、       \
          >"  /       \      \
                           ',     \ /
        ′        /         ',     ∨ /
       /         |              ',     ∨ /
.                 |        !    ',     ∨ /
      /i /   |    / |       !     ',     ∨ /      割と四六時中色んな人に声かけられてるけど
     /   i   | | ./   i       |      ',    ∨ /
.  、丶`    !    |ハ/ \. ∨        |!      ',.     ∨ /     気に入った人がいたら適当にってところ?
<__ / , |   |三≧x 丶∨     .从     ',     ∨ /
     / /  |   i テハ心ミ   丶|   .i/ ̄ Ⅳ   |.  \ ∨
.    / イ  ∨  ∧ Vrツ }!    \__|zzz≦ァV  |    |、 丶               「そんなこと言うてたらいつの間にか……」>アイシャ
.      |    ∨  从`¨        れソア ㌻.|  .! i   、\|
.     i  Ⅳ i\ ヾ 、丶      ゞ≦ /  |  /  |   ! \
.     ∨.| ∨.|:i:从ー/`    ′    j} 7 /!/|/  .i丶 !ー一     まあそうなったらそうなったで。
      Ⅵ Ⅵ:i:i:i:i:h、   _     ′イ":i:i|\    |\ヽ
           `ヽ:i:| \ `   。c<:i/ヽ:i:!ヾ |\  !
            ノ:!. 个 ≦//}ヽ"   丶_`` ヽ      - ─‐ 、
            /::::〈     '//:::::/!-=  ̄      |ニニ| ア7  ̄ 丶  |
       ___人::::::\   '/:::::/ニ         |ニニ|/" ̄ ̄ ヽ   /
     /     /ニ\::::::::>‐.<:::/ニニ         iニ/‐─、─ 、. ∨
          /ニニニ><:::::::::>{ニニニ.         ∨__ \   ./
.    从     ./ニニ/::::::::><::::::::::ヽニニ       __ /  丶  丶 } /
   /.小.  /ニ∠ -イ"   ` ー‐┘ニ   / .//\   \./
   / .∧"ニニニニニ  ,' /ニニニニニ /  / /ニニニ\ /
.    / .iニニニニニニ i /ニニニニニニヽ! / /ニニニニニ>
.      |ニニニニニニ |'ニニニニニニニニ>/ニニニ>"
.      マニニニニニニ!ニニニニニ/¨/ニニニニ/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    危ない場所に連れまわしてよかったかとは聞かない。そこは彼女の意思なんだし。


562 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:58:19 ID:y4tWy83j



                  ___   ___
                  | __ \:::::::::::>―-ミ
                ..'":.:::::::::::::::``丶、/     \
                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      /
            /:::::::::/:::::::::::::::::::::::\:::::::::::..   /
             .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:∨/
             '::::::::::::::::|:::::: |:::::::::::::::::::::::::::∨::/:〈::::\
             /.:::::::::|:::::::|:::::: |:::::::\:::::::::::::::::∨ ::::i:::::::::\
         / .::::::::::|:::::::|::::/:|\ ::::::\::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::\     そうだ、ジャックは何か特にやってみたいことってある?
           .:::::::::::::::|:::::::|:/::::|  ヽ:斗ャセか::::::| : |:::::::::::: :i⌒)
          ∥|:::::::::::人::斗ャか     乂rツ .:::::::|)/:::::::::::::::|/     ほらこう大金持ちになりたーいとか
         { |:::::::|::|:::: \ Vり      ⌒i::::::|::::::::::::::::::从
            人:::::|::|::::::込   `       ,.:::::八 :::::::|:::/        最強になりたーいとか
           \::|:::::::::|_\   、  ノ  / : /::::::::::::::|:(
             人::::从トミ>   __,/|⌒7::::::::::::::::人::\       竜を倒してみたーいとか。
           /   \:::\ '/\    〈〈/):::::::: // `¨⌒
            |    | `⌒ '/       \、::::/:::/
            |    人   } '/\__  /\、:/' ̄\
            |',    \ 〈:::::::{ --- 彡  \ } \}
            |∧       \}:::::::\ -==- }::::∨   \
            |/∧      ∨::/:::::\__/:::::::∨ \  \
            |//∧      ∨:::::::::::::::---::::::::::::}      〉
            |///∧   / ̄{〉::::::::::::::: /::::::::::::: |    //



                  _,... -―- ....._
               ,、丶` :::..、     _  ``ヽ、
              / :/     ::ヽ   :::\   \
         _,... ::´ ::/     ::',   ::  ::`、   `、
.           ⌒7::′::     ::| ::|::i :::}   :::乂   :.
.            / ::| ::|     '" ̄|人/\   〈⌒  ::i
            ′::| ::|    :::/ ,ィ㌻尤ア⌒ :::|   ::i ::|       夢に全力な騎兵隊と違って
         ノ ::{人 'i⌒、 :::/   乂)ソ::: \|> 7:|
        ⌒i::{ :Ⅳr㌻㍉_{      ノ、丶`__,  / }乂      そういうつもりで鍛錬してるわけじゃないし……。
          |:j{:::::|ノヘ ゞ'     / ,ィ////〉/〉:'"⌒
           jハ | ::八     r‐/ ////>''" /乂_
               Ⅵ人:込メ  / //>''~ {人/ '"⌒
                   \:::/ ///,.....-―-、
               ___/ ////_:i//>― 、         特に人里襲ってもないドラゴンとか
              / __////〈___〉<i:i∥  {::rハ
         r‐- ̄__ノ// 〉/:i<彡':i:\〉:i{ 、  乂_}::}        倒したらこっちが悪者じゃないかな。
            >=㍉//// /⌒f_ア:i:/:i:i:i:i:i{ l   _ |
         γ⌒ヽ)-彳/:∨\/:i:i:i:i:i{:i:r‐、:i{ |/ |___|ム
.        {⌒ヽ) /´ {:i:i:i:i:i/:i:i:i:i __{:i:|_r‐、:,∧/  ̄ |》
          /// 7〈   乂>  ̄〔__〕__ \Υ '/  ̄∧
.         |_/|_ ∧ / 〈/|:i ̄:i:i:i:i:i:{:i:i:i|\_| ∨ ̄_∧
            |__ /∨:/i:i:i/|:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂:i:|⌒)   ∨ _ |



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そしてドラゴンはよほどの理由がない限り人を襲わない。年経た竜は人間の怖さをよく知っている。


561 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 22:55:46 ID:Alo8oNt+
あ、そうだ
【質問】
上で出てた国家方針への提言はどんなタグ付ければ良いですか?
【国家理念】
>>551
とかで良いですか?


563 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 22:59:33 ID:y4tWy83j
>>561
適度に相談して周りに支持されてるなと私が判断したら採用します。
タグとか段落わけとか使えるものは何でもお好きにお使いください。

564 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:06:43 ID:y4tWy83j



                ,.. -‐   ̄ ̄  ‐-..、
            /⌒ヽ__ /   ,.. -‐……‐- \
         ∧____彡、   /     _   '"⌒>.、
           _(\___/___}ー/   / /       |:\
        〈/\ _//   /:. /  /::.       |:. :.、
           \/\//  ::. /:::./  /::..  /::..       | ̄ ヽ
         |//⌒¨¨7::. /:: /| /ヽ、 /::.  j}      |   }       おかあさんがやりたいことがなにか
         ∧/    |::. |::.≫≠ミ、У::..  ハ:.    |   :′
      -=彡イ|       |::. |::.| ん)C 〉 |:. /-‐‐ ; |  | /        一緒の場所で見たいってくらいかな。
          丿|       |::. |::.l 乂゙ソ  |/,斗=ミ| /::.| || /
       /  |      |乂 >         {じ) ノ/: /|:.:八          しいていうと。
        ⌒¨゙ヽ|     |(⌒\メ     , `^, ´::. /_//
           ム       |∨/⌒   rァ   ,ノ:: /  /
                  | ∨/>-   -‐ 从/    /
              }      } }\ニ〈=‐<. . . . .   /
.              }      }∨/>r‐┐〕iト _. . /
               {         |ニニΤΤニニニ)h、
               乂       |ニニΥニ=r''" ̄|ニニ= _
                    {|ニニニニ_\ヽ |ニニニ\
                ヽ    /ニニニ二二ニ ̄l=ニニニ二}
                `、__/ニ\ニニ二二ニニニ=、ニニ二;′
                〈ニニニニ\ニ/|ニニ/===>--ム



                 __    _,,..、、、、..,,_
               /::::::>'"::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ''"~ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::: ――::::::::\⌒>
        < ――匕/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          `¨¨⌒7:':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::⌒\:::::::::::\
              .::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::|::::::::::::::::::::::::::::::::.
             .::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::
              ::::::|i::::\:::/:::: :::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::i
           i:::: |.::::::::::/ ::::: :::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::|        ジャック……。
           |:::八:::::::/::::::::::::::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::|
           |::: :: ∨⌒ヽ:::::::::|:::::: 八::::::从:::::::::::::从:::|::::::::::|
           |::::::::: { (  |::::::::|: :r====== \::::::庁´从 :::八
           |::::: :: 乂 ) |::::::::|:八  ∨ツ   \ゞ' / :|::/
           |::::::::::|::::::>|::::::::|          `  }:: :|'
           |::::::::::|::: ::: ::|::::::::|           人 :|
           |::::::::::|::: ::: ::|::::::::ト ,,.    ( ̄ ̄V /八从
           |::::::::::|:: :::: :从/八  >  _ /
           |::::::::::|::::/ ( ノ       { ||/| ̄\
           |___:/∨∧:\         ||/|   \
           /     ∨/::::\  ̄    ∥:::::\
             /      /:::::::::::::::::\    / :::::::::::::..   |
         /      .  |::::::::::::::::::::::: \,,/::::::::::::::::::::}   |


566 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:08:58 ID:y4tWy83j



                    _,,.......,,_
                   /::::::::::::::::\
             <"~~~"''V'⌒>''"~~~~~">
                  >'"..:::/⌒\ ̄~`'<:\
             / .:: ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\\
             / .:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::: ヽ::.
              .::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::.:i
             / .:::::::::::::::::|:::::|:::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::.
             .:::::::::|:::::::::::|:::::|:::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::i             じゃあちょっと気になってたんだけどさ!
           i::::::::::|:::::::::::|:::::|:::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::|
           |::::::::::|: :: ::/|:::::| ::|::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::|             本気でやりあったらジャックってどれくらいやれる!?
           |::::::::::|: :::/ 从人 |::::::::| \::::::∧:::::::::::::::|
      ___|:::::::从 ィ灯うミk \ :: \ィれ灯ミk:: ::/ :|,,..、、、、、..,,        ちょっと私と試合してみようよ!
    /   / 从:::/ ::: 个 乂ツ   `⌒ 乂ツ 个::/|::::|    \  \
   /    /   \∧:从 , ,    、    , , ノ / :|:从     |    \
.  〈/ / /      '⌒|:∧   r     ―┐ ⌒7::::::|:       |      |
    ∨/〈      \|:::::::ト  ∨    ノ  /:|::: ::|:
    |\        |:::::::|/| >  ― <__|/|::: ::|:            ∥
    人 \ 、    八:从 |: ̄  `¨´    /| 八:从     /     /
    }\.._\____   :|//l\\  、   //|//|   / /____/
     \  ̄ ̄人   |//|\\__,.//  |//l / /}_____/
       ∨ ̄ ̄| i\  |//|     ―      |//|   /:::| |    /
       }    { \ヽ∨∧   \     ///   /:::: | |    {




        __       *   _l_
      ´       ̄  、+  |
   /      /ヽヘ    \    *
  '     ./      /       \  +
  |   /   /___./  | , ヽ  ヽ   _l_
,ノj  ' |  ´/{  ,/l   | / |    '  |        さすがおかあさん! それだけ聞くとバトルジャンキーみたい!
_ノ /,  | `芹示ミ、| | |'  ヽ!  |l | +    *
/ |/V|  !VV弋_zン |,/|  ,、`メハ |l  |   パ
    \|:.:.:.:.ゝ      |/芹ミИ /  |    ァ +
ノ ヽ |X  ___  '  弋ツ ソ  ヽ \_  ァ
/}  ヽ|^  {―― 、ヽ .:メ.:‐≦ / /´ ̄  ァ *
  lノ} _/\ 乂::::::::::_ン  / レ'  |   *   .
`ーt≦|  丶 ___   イ   ル'  +   .
  |ニム     {-_´_ ,ィヘ{/|/__    .  *
  /ニニニ\__/ニ入∨  厂}三}//ハ      +



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     というわけでやりあうことになった。魅了は既にされてるので特に効果はありません。


568 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:11:42 ID:pG5hKALr
>魅了は既にされてるので特に効果はありません
最初期からだもんね!


569 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:12:30 ID:y4tWy83j



               __,,.. -‐¬ニ三 ̄l__
           _,,.-‐=ニ´‐¬⌒´ ̄l    |、ハ
      __,,.イ´-‐'i"´ ! __,,..!-‐_ニ"l´ ̄┘! }Λ
      }ニイ´! __, -rァi´   ! l__| |    | ヽΛ
.   /レ' ,.イ丁  | ゙┘|  _|__,,,,...斗--ー‐j‐┴┴┐
   /ヲ1 l´ |└' _,,.l-‐''T二斗ェェァ7圷己己己己刊
.  ∨! |」レ‐'',.斗ァ'T圷下己f不己Τヲ<¨フ=ミ | |、
   }j/イ下匕f弌「ハ. l⌒l.l l´ ゙!.! !  | |   | | |ハ
   j.イn'゙ハ、Π.| 「゙|::||  |.| |   |.| |____」 |__|_|_|ハ______ ┌r‐--=....,,,__
   〈1「!:|'|::| |::| L..!└┘_二_j_`二] !_二二j_二二エニニニニ辷^┴‐┐lコ : : : ̄`>、
    |j」l‐'_¨ 三ェ七托己下己!下己'斤己己下二工二二下r┐ーー‐|: : Π┬i: n: :_:|
   必斥f斤Π i'゙`l l⌒l f⌒l」 l⌒゙l」 l´:::`l l.「:::`l | 「:::::`l|Ⅵ/⌒! Ⅵ┘Lj└' '='」|
.  'l|「lΠ|::| |::| | :::| |:::::| | : :|.| | :::::|.l |::::::::| |」::::: | | |::::::: || Ⅵ::::::| Ⅵ} l^lΠn┐!|
   jj」,!L!'=' '-'└‐'_'ニ´_二´i_`二].j_¨二´_l,,¨二工¨二¨T二二刀ー亠‐┐|_||_!_!_||
  幺赱赱赱赱云冗己子己l子己冗己己刀二.工二二工二二Ⅵ〔ニニニ}.ニ ニ゙ニ`!
  `「「ll^l´l l´゙l.l´`Ll⌒l f⌒l.i l⌒゙i l l´:::`l l.f⌒゙l l l/⌒',.」_/⌒l_||Ⅵl⌒l 〈!Π「!「!「|
  r比ll_」l:j | ::|.| :::| |:::::| | : :|.l | : ::| l |::::::::| |.|::::: | l |::::::: | | |::::: | || Ⅵ::: | |.|:j !j.lЦ!
   `¨¨`¬'ー'='ニ゙,,辷,j_辷_|」_!::::::| l |::::::::| |」::::: | l |::::::: | | |::::: | llーヘ二l一'¨¨ ̄
                         ̄´ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄`ー‐'‐'‐'ー‐''´ ̄´




: :\_//,: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :! : : : : : : : : : : : : :ヽ
: : //: :{ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : \
//: : }:/: 〃: : : : : :/: : : : : : : : : : :!: : : : : !: |: : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ
/ |: : ゝ //: : : : : : /: : : :/: : : /: : : } : : : : |: :|: : : |:ヽ: : : : : : :ヽ: : : }
: : :.| : // /: : : : :/:/: : : //: : /}: : :./|!: : : : :!: :! : : |}: i: : :! : : : : |',: : i
: : :.|: :/ ! i: : : : /-i、: : / /: :/ i: :/ / } : : : | : |}: : | | |_ }: : : : :} i : |
: : :.|: :-、 |: : : /: : |: /` ヽ、 / //  | : : !: : ! | 才 __ : : !: : : : :! | /    せっかくですし危ないので広い場所と救護班を待機させるため
イ´    !: : / : : |≦=≠===、ヽ、   |: : /!: :,≠坏〃: : /!: : : : } |/
      |: /: : : :ヽ ヽ {::::::::::らヽ`ヽ !: / }:イ::::::::// }: :/ |: : : :/ /     大劇場をお借りしました。
.      ゝ| |: : : : ヽ  ヾ、zzシ    |/ }/弋zノ /! / |: : :/
   / /ヽ! : : : :|ヽ  `  ̄     /  /     ,'//|  |: :/        なぜか見物客が紛れ込んでます。
  / /   \: : :!              ヽ     ,'/ : |  |:/
  ∨ ',      ',: : ',            ´  , イ }: : |‐≠―――――――――
   ∨.',    /∨:∧ヽ      - ‐   イ| |/|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ∨ ヽ /:./:.:/ヽ ヽ.__≧      ∠ ‐ / : :|: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     ヽ/:.:.:/:.:.:.|:::::::ヾ、::::―::::> <二   /ヽ: :|/ ̄ ̄ ̄\: : : : : : :,  ´ ̄ ̄
__ --‐ -┘:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::::::::::::///    /  /|       ヽ: :./
. -:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::::::::::::::::::::/://   //./           \
:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::::::::::::::::::/:.:i .i  / /                    \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L____/:.:.:.:/ /    !                  ヽ



                    __ ____
                   /⌒ \     \ ` 、
                 _/ /    ',     \  ヽ
               / l l        ',       、  ',
              /  /| |        ', }     ', ヽ  ,
                /    |      {   ハV _   ',  , 、         見てて面白いもんでもないと思うんだけどね。
           /     、 、   ハ{{/ xf心 人{\}   ',  \
             /  /  ', l\{\{    Vシ }      l l __、
              { /{    {V ィ(笊       \}/   ノv厂⌒
           V ', \{ 人 Vソ ヽ       } }/ ハ
             ',     \           人/ /∨⌒`
              } \   {⌒_   ‘’   /\l / _ノ  ̄ ` 、
              }∧  、〉 {≧=‐―r=彳ニ= /⌒厂   /⌒ヽ
                  \(\ (⌒\Nハニニ=‐/i:i:i/{     {:::(⌒__l
                      ^`_ - 7{i:i:i\./i:/= V/  \:::__ノ
               ノ',  /   {⌒Xく⌒7^\=‐,      /
          /\    }', ', ′     {= {i:i:i:ア^\i:i:}=,′_    /
           _\/,\つ}∧  ,      {ニ=ア⌒ ̄ 厂_//\⌒ v {
         「⌒  v ⌒V∧ ',ニ)\ {ニ{ニ\ー 7= /\/⌒ 、〉、


570 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:14:25 ID:XnsGsHu+
見て理解できるなら面白いと思うけどね

572 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:17:26 ID:vrhDC+x9
理解できるかは別として、興味はあるんだろう


573 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:19:04 ID:y4tWy83j



              /
            //   /\
        ___  | |   /__ \ ____ 、----―-t--―‐-、,,
      /---, \V\/   < \___/ >/___   "'''‐ ,,\       ,,、 、 - _‐ - -_― ―
        /  / |   ヽ  \ <て ( \//゛"'''‐-- 二二二フ_  " ,,、-‐'' '" ,,、-‐'''"゛       " '''‐-
       / ///  ヽ ヽ ヽ ヽ\ \ ヽ)\"V/_V~)_/ )   / | |  ,,、‐'''"゛
     ∠_///// | | ヽ ヽ V-"フメヽへ \|:::"T/x">====フ/ /| |/                    ,,、-
       /  | | | |,|-|-|\Vイサア人 \ ヽ \:::::::人r" yー-イ ///               ,,、-‐'''"゛,,、-‐―
      // /|从 | ィテア    ̄" | |\ヽ |\\_/>(( ||_ノ_>、/      _ ,,、-‐'''"゛ ,,、-‐'''"゛   ̄  ̄
     / / / /| 人ヘ  ` _   .| |//ゝ レー->/    |   \―= ̄    ,,、-‐'''"゛   ,,、-‐ - ― ―   じゃあ早速!
     |/  |\_/ | ゝ  (二)  .| //-,,//"フ /ー了" >く\   \ ,,、-‐'''"゛  、-‐= 二__
      _⊥|__ \ヽ > -――┴、| // /∠_ー―>、__ \\   \  /k――――― ――‐-、,゛"'''‐-、,,
    /     \_ /:: :: :: :: :: :: ::Y/  フ /ー">" ̄\\__ \\   ヽ// \-――― _      ゛"'''
   /:: ::: :: :: :: :: :: :: | |:: :: :: :: :: :: :: ::  | //  /     \ \ \\ //   \ ̄ ̄ ――.゛"'''‐-、,,
   |:: :: :: :: :: :: :: :: ∠人:: :: :: :: :: :: :: :: |/ /   |      ___|   \_\\\   \       ̄゛"' ''‐-、
  /|:: :: :: :: :: :: :∠/:: :: ヾ:: :: :: :: :: :: : /レ   /     /,―_\ /二二| |ー―"    \
// >---:: ::∠/   :: :: :: :: :: :: :: / /|\ | .|    / /    "'''‐、_>、\        \
/  |:: :: :: :::/_/ /二_ヽ       :: :: | |  "T.|    | |       / / \ \        \
   |:: :: :: /_/ //    ヽヽ     :: ::. | |   > \___>_\,,ー\  .|  |  / /\\ _ __     \
   ハ:: :: :|/ //_    ヽヽ  :: :/| |__ \          \|  | | |  | \ V / /-、    \
_/_ヾ_/゚o゚/ o     ヽ  \\/:: :: 丶ー、\ ヽ          "ー"ー"ー"ー| | | | |\     \
///_/| |ー"::| |"'''‐-、,,   >ー― - 、:: :: :: :: \\ ヽ                 ししトト |  \     \
| | ////コ:: :::| |   >" __   ゛"'''‐-、,,;; ;; ;\\)                   し| |\  \
/ // //:: :: :/| |_  < o   >  ゛"'''‐、,,    ゛"'< ̄                     "ー"| \ \
//\|_| ,,/ /\\ ゛"'''-<,,      ゛"'''‐-、,,__\                       .ト | \ \
人_ _<:: :: :: :\\    "゛"'''‐-、,,_____  ゛"'''‐-、,,                  し   \ \
:: :: :: | |:: :゛‐、,゛"'''‐-\\    \  \:: :: :: :: :: :: ::゛"'''‐-、,,  ゛"'''‐-、,,                  \ \
:: :: :: | |:: :: :: :: | |゛"'''‐\\    \  \:: :: :: :: :: :: :: :: ::  ゛"'''‐-、,, ゛"'''‐-、,,                \


高速詠唱で開始時に自分へ全力のバフ(さすがに歌う丘とハレルヤは非殺傷設定とかに使用)



                    -‐‐‐-
                 /          \
                    \  \   ヽ
               /      \
                  /  {   \        |
               /八  | /\| | | |\ |
                {/人 f㍉ | ィ 莎从 N\  \         その構えは悪しうござる。
               | ∧、   ⌒7/}人 (⌒
                  八| 个 -  イ-∨}/ \
        //       ⌒∨ う爪// 人__                        「は!?」>アイシャ
      ,.::::::/       _/ノ 〉Y/  辷ハ
     /.:::::/  __ <//  /レ|| {  -=ニ }
     .:::::::/>'"{ i (( ハ { >/r㍉V|| Y //⌒ {
   <:/⌒>――  ´ ̄ V /// //, 乂〈 /⌒\_\=- _
   〈/⌒Y          { // /////. }   ∨ /⌒\ 、::::\
   「r‐ァノ           V//{/////∨   ∧:{/// ∧ '/:::::::.
  <彡'           {::\ う/∧/∧ / L∨////∧ '/:::::::.
                   {/<〔> ---:/    \/// \'/:::::::.
                 }  ヽ  ̄∨ 〈       \//// ̄∨_〉
                 }          \       ~\////\>
                  { {      \\┐      { ̄{ \_ >
                   { /⌒\  _  -Vヽ         〉 ノ::::::人


対の先/極でアイシャのバフを自分への攻撃とみなして勝手に介入
後の先/極で自分への攻撃に対して攻撃
先の先/極で自動先制。防御と防具効果を無視して自動成功


・先の先/極:ダメージ+敏捷。自動先制。初めて攻撃する相手に限り全ての防御と防具を無視する
・対の先/極:魔術や寝込み、他人への攻撃など本来は防御できない行動を自分への攻撃として隠密で抵抗できる
・後の先/極:ダメージ、ダメージ減少、判定に+観察し、攻撃してきた全員を攻撃対象にできる
・活殺自在:ダメージ、ダメージ減少、回復量に+医療し、毒や病気も治療できる
・賢者の叡智:知識人として扱われ、智慧を用いる行動の効果を+教養


574 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:20:01 ID:Dmd5MkIq
ヒッデエwwww

575 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:20:56 ID:4UtgBTAM
うーん反則クラス

576 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:21:32 ID:vrhDC+x9
さすが対人戦特化


577 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:23:55 ID:y4tWy83j


【Q:つまりどういうことだってばよ!?】



\\
 . \\
   ,. \\从/
.     そ   て
     ゝ,    そ
     "`/'^r  \
        .    \\
.            \\
                \\
                 \\キンッ
                  \\
                   ..\\
                    \\从/
                     そ   て
                     ゝ,    そ
                       "`/'^r .\
                             \\
                             \\
                             \\
                                  \\


ちなみにダメージ:攻撃(118)+敏捷(114)+観察(114)+医療(90)+教養(50)+武器の修正(80)=566、必中防御無視
なお戦場だと騎乗してるのでさらに操縦の分だけダメージが乗ります。


                 ,,-、
               ,,″`ヽ
            {{
        -===.、  i!   ,.:´ ̄`ヽ
        . -‐-\i!r -‐… 、: : : :ハ
      /: : : : : : : : : : :: : :: : \=キ7
    / :_,: : : : : : : l: : : : : : : : : ヘ∥',
   ,.'.r ´/ :/: : :/: : |!: : !:!: ヽ ヽ: : } : i    ぐはぁ!?
      .' : i! : /i一八: |,卅 ハ: ハ: :ト、:|
     {|: : i! レlil○lililヽl ○ヽト、 レ' ゜'l
      人; l: :}          |.!,刈: : : !
        从 ト、_「 ̄ ̄l_,リ   マ : i
.         ヾ   兀三丁」    ヽ: !
               レ゙√|;;レ'ヽ、    `
                  ̄  ̄ ̄



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    A:ジャックちゃんの近くでジャックちゃんの気に入らない行動をすると死にます。


578 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:25:06 ID:Dmd5MkIq
え!?もうそこまでステ上がってんの!?

579 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:26:12 ID:dTXdAvto
しばらく見ない間に人間やめてる強さになってるな

580 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:27:32 ID:JpTbscGS
アイシャの戦闘は後方やからなぁ


582 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:34:45 ID:y4tWy83j


>>578
ジャックちゃん延々最前線で活動した成長全てを自分の才能に最適化して「アイシャへの害を抹殺すること」に突っ込んでるんや……



                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |     「おい……一体何があったんだ……?」
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r     「わからん……開始と同時に書記長が倒れた……」
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./



                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}      あれはつらい。敵の行動を読み先んじてその動作の弱点を突く。
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::メ、 .ヾ:::::::::::il:} .,メ;:|::::::|:::::::::::::l
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:/_____ヽヽ::::::/ リ∠___ |::::::|::::::::::::::|        来るとわかっていても対処のしようがない。
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'l { ト;ハ` .ヽ/ '´‘;!iメj }.|::::::ト、::::!ヘノ
    .ヽ::|\:|::::::|、ヾ` vソ      Vノ .|::::::lリ::::|
        |::::::||.\.     ,    ./.|::::::|::::::l
        |:::::::|| /           ヽ .|::::::|::::::|
        |:::::::|:ヽ,ヽ、   ⌒   ./ ,|::::::|::::::{
        |:::::::|:::::ヽ__二二 ̄二二__/:|::::::|:::::::ヽ    ノi    正直ジャックに突撃だけは命令されてもやりたくないな。
   .iヘ   ノ|:::::::|::::::√ ̄ ̄|_| ̄ ̄¨ヘ|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ
 .< ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::|¨∨    ト-イ     |::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>
  .ヘ     .|::::::ム/``ー─-゙ ̄ー‐一'".|::::/ヽ       /
   ヘ___,',:::://___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:/___,ヽ_____,/
 .┌‐┴─ュ:::::',イ, -.、 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::./::| , -.、 |:::::r─┴‐┐



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        周りの人は達人以外何やってるのかわからない感じで終わりました。


583 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:39:23 ID:dTXdAvto
これ下手したらリーダーより強いんじゃね?
あの人も戦闘特化らしいけどここまで戦闘極振りじゃないだろうし

584 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:40:08 ID:vrhDC+x9
リーダーは戦闘特化だったけど遭難をきっかけに教養や指揮にステ振ったからなあ


586 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:45:14 ID:y4tWy83j



 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :    いやあ、まさかあんな兵法があるとは
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :     思ってもみなかった!
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /      そのうちどうやってるか調べてみたいな!
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /           また手伝ってね!
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、



                      --    _
                  ´ -‐    _   `  、
             ´ /    ヽ   \      丶
          /   /        \     、   ヽ
            /   //    i     ', ヽ      、   ':、
.          /   .'./   .{ l     ',  ',     、   :. ,
        / ! .i    l   .i    ト、 !   '
.        '  l l   i  l、   l  ;、.! ∨.!   ',  l  l.  '      ん? おかあさんがいいならいいけど。
        /,イ .| ',  ハ 、l V !  .ハl/V|\. _ l ハ .i   !
.       / l    ', _/ゝV_`∨  //! ,斗r¬ヽ l./ !/ ∨ !      わたしたちも感覚で自然と身についたものだから
           ', ', !∨{´f了ヽ\/  / { l ! j/ ',!  /    、
            ト、ヽ!ハ`.乂i.リ      `"T/ ,  .ハ '  、 ヽ     あんまり他人に説明できないし。
           |. \丶、\  ,   、     ./イ ./ V   {` ー
            j  ハ丶 ヽ. /         / /,  , 'ヽ!\!
           ノ/ ',./\ >.   ⌒ . イイ /j/
                ソ  ` 、 V T.=ー≦ニニ! /
                      >イ!ニニニ/ 入_
               ,. -‐ '"/ ヽへ/ ./ニ!__..ー-  _
.            /' }   /ニ<   ><ニニ!      / > 、
            /ノ/  ,イ_/ \/  ヽニ=l     {  { ヾ、
         '/   ,ニ/ゝ-イ二ニゝ--!ニ!   ;.  ヽ \} !
           i  :. ,イ_/二\. ,   /二/二l   {    \  .!



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    騎士団内部も割と不思議に満ちてるんじゃないかと思いました。成長点+10。


585 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:40:50 ID:SzRh6I9f
アイシャはこの場合、初手で自身を異空間とかに隔離して別次元から爆撃するのが正解だったのかな


588 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:50:49 ID:y4tWy83j



              >‐┐
         _   //´ {/
       /:.:.:.>彡:.:.:.:.,ィソ:.:.:.≧s。
    .、===彡≧sイ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧s。ヽ
    マ{´i:.:.:/.ノ{:./':.:.:.:/:.:.:.、:.:.ヽ:.:.ヽ,:.ミ
     }.} i:.//:.:/イ/:.:.:./:.i|:.:.:.',:.:.:.ヽ:.ヽヽ:',
     }.{_i//イ'{//:.:./:.:i|:.从:.:.:.:.',、:.:,∨:.iヽ',i   >>585
     ゝ=イ/:.:.i//:.:i:.:.从也}ゝ、:.iミ、:i:i从i .'{    一回受けた感覚でいうともうジャックに認知されてる場所で
      //:.:.:.从i:.:.iヽ:.弋戈  .、リ}从ノi}
     .{/i:.:.:.:.:.:.:从ミ{:.:ゝ,  __ ./i}ノ        何かやった時点で自分に対する攻撃と言いがかりつけて殴ってくる。
     .〉,:.:.:.:.:.:.:.:.i|_ヽヾ≧sイ从ヾ__
      i.〉:.:.:.:.:./:::::::::|::iヾ  ゝ,ィ,:::::::}.、       謳う丘かハレルヤ使って無理矢理止めるか
     /,ノ:.:.:.:.:.∥,:::::::|::i ̄` ー'  .ヽ:::i {
    .//:.:.:.:.:.:∥ .ヽ:::|::i__   __ __,ィ'''´'、{       ジャックに視認されてないところで別次元に飛ばないと無理。
   /.イ:.:.:.:.:.:./   .Ⅵ `"``ヾ}、{    ヽ
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:/     {           ノ
. /:.:.:.:.:.:.:.:.ノ      .}i     __  / ∨
:.:.:./:.:.:.:.:.:.ゝ,丿    .〈ム_,,。≧´、ィ{::::::::7 {_∨    ……これ取った目的が「私が殴られそうなのを守るため」らしいぞ……。
//:.:./:.:.:.:./ 乂,ィ.。,,。≦}、:::::::::::::}、ィ{::::::ト},_/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ジャックちゃんはナナシと違いカバーリングの才能がないので「動く奴を殺す」という成長をしたらしい。


590 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 23:56:34 ID:y4tWy83j



             __      >==<   ,。s≦"'<==
           ,ィ彡_≧s。_/......__..>''´>''´ ̄`< ./
            ∧ {、 `'≦。,,>=、/イi、..ヽ    / /
            >、乂,ィヽ==>'ヽ<ヽiiヽ.∨  .∥ ∥
         ,。.≦..........\........ヽ............\\iiム..∨ ∧ {
       ./イ.......>................................\..\'<ii,...∨ ∧i{
     /イ..>''´................../.........i.∨\..\..\≧、..ヽ, i| ∨
     /://....../..////...........i|:::∨...\::\..\ `'==i} .i}─ー''''""-==<≧s。      では、本日はここまでといたします。
    ./イ//.../.../イ///........::::从::i∨.......∨、ヽ::',≧s、iノ'''"´       `'< ≧s,
    / .//::::/'....://..///{i::..:::::丿i}::::i从:::::::::,∨:::ヽ∨...∨.....\         .`'< i{   皆様、本当にありがとうございました!
    /./::::/....:://::///从i:::::/{ .ノi::/≧}∨:::i:::∨:::ヾ{::....∨::......ヽ           .ヾ
    .i' ,'://':.::://::::i::i:iィ笂i:::/ i .}/匁マ.i:∨:i::〈∨//::::::....∨//:...\
     ,'从.i::::/从:::从{、辷リi{   .辷リ ノ::i:人∧∨//:::::::::::∨//、:::.\
    .i|  i::从i|..i::i::从 ゞ'´ .`     .ノ从{,::∨`''<<:::::::...∨//`'<:\
       i:i .,ィイ:i/::/|iヽ,  ー= ' // i|ヽⅥヽ',:::::::`'<≦s。,,__  `'' ,\         例によってコミュ対象と自由行動の内容を
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。  /:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。` ./:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ        募集いたしますので
          .i/:{i:i:i:i',i:i:iゝ,_i}:::: : : : '≦{i:i:i:i:iノi:i∥ミi:::::::::::::::::::::::::::.....ヽ    ヾ'.,
         /.i...}:i:i:i:i:i//。,,_: : : : : ,ィ'''マ,i:i:i:i:i:i/  ∨//::::::::::::::::::::......ヽ    .',',      ご歓談の合間にでもご提案ください。
       /' .....∧i:i==i{   ゝ=ィ   .マi:i:i:i/...   .ゝ//:::::::::::::::::::::::......ヽ   ',i
     ,.ィi{./  ./......ソ´ {iゝ┐==-、,,ィ''"´ヾソ........   、`<::::::::::::::::::::::::::.....ヽ  i
  _,,。イ...../  //....,イ     ,ィ(彡i      ∨//..    \......≧ッ:::::::::::::::::::.....ヽ
 ヽ   ../   ,'.,'..../:ー==ー-...._、、 イ...........ー===:::∨//     .`<../::\....:::::::::::::.....ヽ
  i}    ...,','.....i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./......',       フヽ:::\....::::::::::::.....∨//    ……インフラはいつできるんだ……。
  ノ  ..........,','..//∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ...........',      ./  .ヽ:::::、、.....:::::::::.....∨//
  ゝ、.........._i,i......//∧、_,,。≦i}ニニニi{≧s。:.イi|...............ヽ,ィ''''、==彡    ヽ:::::,ヽ........::::....∨//   作れば作るほど工事の必要な場所が増える……。
    .ゝ=彡.i}..............{i、i:i:i:i:i:i:i]><[i:i:i:i:i:i,ィi}.i|_............i彡   }i、      ヽ::::, \.............∨//
        \_,,。ヾ<.'<,i]><[i:i:>´ノ  ヽ=<.∧    \      .ヽ:::, ヽ...........∨//
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"詩聖:无二弾"アイシャ ♀ 15歳 8年目2月現在

教会の孤児:聖少女詩人&弾奏騎士団書記長(事実上の軍権所持者)

成長点:51
所持金:569176金貨
所属:弾奏騎士団、帝都医薬ギルド、賢者の塔
所持品:魔法のペン(一生使える)、上等な服(騎士団用、高級市街地に行っても浮かない)
     竪琴の弓(音を乗せて戦える弓。楽器としても使える)、重鎧(防御+50)
     悪魔の力を浄化した魔法の品1セット(魔法の杖&ローブ&MP無限タリスマン)
     予備団員&準団員用の魔法の武器と鎧と盾と旅装(攻撃+30、防御各+15、精神抵抗)
     29300人分の魔法の武器と鎧と盾と旅装、一部軍馬(平騎士用、攻撃+40、防御各+20、精神抵抗)
     3560人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(騎士隊長用、攻撃+50、防御各+25、精神抵抗)
     400人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(百人隊長用、攻撃+60、防御各+30、精神抵抗)
     6740人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(千人隊長&騎兵用、攻撃+70、防御各+35、精神抵抗)
     10人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(師団長&ネームド幹部用、攻撃+80、防御各+40、精神抵抗)
     新型艦:中型30、大型30 外洋仕様:建造中6
権利:騎士団の軍権(正団員軍楽隊工兵衛生兵付40000人規模、内6700重装衝撃弓騎兵)
     (準団員や予備団員を最大で正団員の5倍まで動員可能)――正団員含め維持費360万金貨/ターン
     ⇒能力は正団員が50、騎兵は戦闘のみ100、軍楽隊、工兵、衛生兵によるバフ効果付き
    天領や周辺を自由に探索して異人種込みで交易&開発する権利(関連人員推定400万、現状収益384万金貨/ターン)
    各種ギルドや南方のダークエルフ、東方の海外等に物品や魔法の品を卸す権利(最大10万金貨/ターン)
    国家事業である郵便と金融事業、旅客運送を試験代行する権利と義務、庶民教育&郵便等の国内拠点多数
     ⇒各地に道路、水道、港湾、艦船、孤児院、学校、劇場、病院、駅、伝令所などを建築(建築予算30万金貨/ターン)
    南部国境を守る大貴族との友好と暗黙の国境防衛協力と事実上の徴税代行
    南西部の大陸部分とそこに向かう半島や島の部分を拠点化(かなり広い、超でかい宝石鉱山あり)
     ⇒さらに南部のダークエルフとの取引と品質の青写真を獲得。領域内での活動許可
      ⇒その向こうの地域も開放し都市2と要塞解放。道を伝って宣教師を派遣中
    多国間に影響力のある北方を拠点とする騎士修道会との交流
開発品:茶葉(開発中)、飛行ユニット(試作完成)、教科書、紙、望遠鏡、航海用具、通信信号、綿織物
     新型船(外洋仕様)、水が出てくるタンク、排水を浄化するタンク

○技能
・耐久50
・攻撃50+芸術+魔術+信仰(弓)「+敏捷+医療+製作+教養+操縦」
・防御50「+敏捷+医療+製作+教養+操縦+50(重鎧)」
・運搬30
・操縦50
・敏捷27
・隠密50
・教養100
・観察51
・情報50
・法学50
・政治100
・教育100
・栽培32
・医療50
・製作56
・料理50
・魔術53
・研究50
・魅力100
・指揮100
・芸術150
・信仰51

○:()があるスキルは未収得。()内の数字は必要成長点
・《暴露》:自分の知っている情報を望む範囲に伝達できる
・謳う丘:特殊な韻律を利用して世界に接続し因果律を運営する。同格以上の妨害がない限り望む結果を得る
・ハレルヤ:主の聖名を称えることで望む奇跡を起こしてくれたり啓示を与えてくれたりする
・高速詠唱:ラウンド開始時に魔術やそれに類する行動を行える。通常の行動はまた別に可能
・詩聖:芸術を奇蹟として現世に顕現させる。判定+芸術+魔術+信仰+教養+魅力
・生命理解:医師としての地位を持ち、回復量、ダメージ、ダメージ減少、生命と医薬に関する判定に+医療+製作
・天軍の将:自陣営を任意の順番で行動させ、任意の技能レベルを+人数(指揮超えた分は1/5)(+教養)
・流星雨:ダメージ、ダメージ減少、戦闘に関する判定に+敏捷し、敵陣全体に射撃攻撃を行える
・陸海の騎士:騎乗や船上でも通常通りの行動ができ、遠洋航海が可能。騎乗中ダメージ&防具修正+操縦
・賢王:知識や物事の理解に自動成功し、知識人として扱われる。あらゆる行動の効果+教養
・聖王:関連したものがすべて聖別され、他者に聖人として崇敬される
・覇王:支配地域が即座に自らの元に統治され、自然と組織化される
・美の顕現:望めばいかなる状況であろうと自動的に周囲を魅了する。抵抗は魔術と同様に行う
・美の錬金術師:魔術と芸術と学術を昇華させた高度な魔道具を作成、開発できる。芸術家としての地位を持つ
・流派創設:自らの技術や思想を発展&体系化し他人に伝授できる。新規開発、教育効果、知名度上昇

○クエスト
★私は未知へ向かうという自分の目的のため組織を育てる! 君たちも組織を利用したいなら協力しろ!★
 ┣【弾奏騎士団を経済基盤として様々な未知を探究したい】
 ┃ ┗【遠洋航海を目指そう《現在外洋船建造中》】
 ┣【より豊かな新時代へ向かうべく階層を越えて共有できる理念や倫理を体系化したい】
 ┃ ┗【前段階として階級を越えた共通の話題を提供しよう】
 ┃   ┗【その前段階としてまず共通の話題に触れられるインフラを構築しよう《現在建築中》】
 ┣【弾奏騎士団各員も独自の目的とその手段を決められる人材に育てたい】
 ┃ ┗【現実的に成功しうる門戸を確保しよう】
 ┃   ┗【各地の交易権や商品開発権を手に入れよう】
 ┃     ┗【チャノキ栽培を頑張って茶葉を商品化しよう《現在試験栽培中、8年目4月に収穫可能》】
 ┗【団長と司祭様の甥っ子アズマ君を守りたい】
   ┗【黒幕なんて都合のいいやつはいないので二人の安全と居場所を確保しよう】
     ┗【国内で理念や目標を共有させて二人を守る人物を増やそう】


【今回交流したい相手を記述し、!1@d100から@抜いて併記ください。1ID1票】
【今回の自由行動でやることを“目的を必ず記入のうえ”【自由行動案】というタグをつけて提案ください】
↓次回開始、またはこちらが締め切るまで。どちらかだけでも構いません。


592 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:58:06 ID:vrhDC+x9


593 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:58:19 ID:dTXdAvto
乙です

594 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:58:22 ID:ENuGpMUi
乙でした

595 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:58:35 ID:pG5hKALr


596 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 23:59:45 ID:pqR6DtPW
乙ー


598 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/05(火) 00:00:59 ID:NwgqPn4a
もうなんというかアイシャ含めて弾奏騎士団の幹部連中はみんな「お前らはどこの隠しボスだ」というビルドになっている……。

599 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 00:02:02 ID:xQYttxZF
乙でした。

全員が歴史的英雄になりうる実力者たちの集まり。
それが、弾奏騎士団幹部。

600 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 00:10:59 ID:ZW1U5SNH
イスカンダルのヘタイロイか何かかな?

601 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 00:14:53 ID:2y9Swf0O
覇王の下に集った英雄たちって感じだな

602 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 00:18:32 ID:1JdjLcQn
アイシャといるだけで成長点すごそう
英雄と一緒に英雄みたいなことしてる奴はただの英雄なんだよなぁ

603 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 00:19:46 ID:2y9Swf0O
戦の中で死なずに英雄について行けば能力的にも人間的にも成長するからなあ


608 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/05(火) 00:28:07 ID:NwgqPn4a



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__      ちなみに西端の国ですが
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ    現在半島北部各地に点在する修道院や教会に
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´        大量の残党や修道士が立てこもり
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i         自給自足しながら反乱祭しています。
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i          小さな国が点在していた南部は
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i          宗派性の違いと単純に略奪その他の恨みで
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i          北部ほどではありませんが反乱祭です。
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i



            / / .:.:.:.:/  .′ | i .:.:| .:l  .:.;.:.:./:.:/!:.:,:.:.: .:}′ .:.:} } ヽ/
         /  :/ .:.:.::/″ .:.:|   .:| :ハ:.:ム :l、:. .:.:!.:/{:./-!/リ:.:,:.:/  .:.:.:′|/  .:
.        /  :/ .:.:/ / .: :.:.:|:. :i:.:l、{ V-リ、∨:.:!:{ `' ,-{_V /  .:.::/ /   .:.:/
       〃 / :/  .′:.:./.:∧ :|:.:{ィf斤不` \{リ   イ斤圷″ .:.::/ '    .:.:/
        {{ //   .′:.:./.:/ ∧:V代V:::::ソ   |    V::::ソ′ .:.:〃  .:.:/
      〃 /    i  :./.:/xf⌒{ヾ ¨ ̄        ` ̄′ .:.:/′ .:.:/     半島のちょっと東にある諸島では
      i :,″     |  :{:/,.:{´ハ  """         """ /  .:.:/ .:.:/|
      | |  /´} ,|  :|/.:..:\、'.     f´ ̄ ̄ ̄`, /  .:.:/ .:.:/  |      いつか西端の国か西方教会が攻めてくるぞと
      | l  .′ { ∧ :V.:./.:.:./`ヘ    ヽ      / ′.:/{ :.:/:   |
       ヽゝ |   |,/ ∧ :.:∨.:.:/.: .: .:.>、     ` ー ´ i :/イ:.| :.:l:.:   ト、     戦々恐々してるらしいな。
.           |   l' ./ 〃、 :ヽ/:.:.:.:/ .:.:.>    `   ,| i:.:|:.:| :.:l:.:   | i|
    r― 、  |   |,/ {{ :.:.\ \/ .:.:./ .:.:.:.}` ―‐ ´,| .:l:.:|:∧ :.:' ,.:  | l|
   ノ    ヽ|   | / 〉.:/.:.\ \:/.:.:.:.: 〈工}>x<工| .:i〉j,'.: ゝ、__ヽ__!ソ     半島の付け根の先にある王国も
.  (ー' ノ、  |   |/  /.:/.:.:.:.:/.: ̄`::{ ̄ ̄`ヽ`V}´x<! :{ ̄`}:.:.:/.:.`ヽ|'ヽ
.  `{ ̄ `ヽ !  /  /.;厶- 、;__;>〈     ハ H/  廴ヽ_厶ィ.:.:.:.:.:.:.} }     いつ山越えしてくるかと戦々恐々してるけど
  /´|   ,'  ´   /  ,'´  /  //   /}     、{ ̄{       ///`>、_j>-、
  | |  {    ,{   i   /  //   /(___ノ ̄`>、___〉/  //  / ハ   この国なんというかうちよりもバラッバラだぞ。
  | ヽ .}  /   | /  //   /く´     / //   _}′ //  /  '  ',
  ト、 { ソ  /     | ,′ ,{/   // \ / // ___,ノ//  .//  /      !



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   どちらかというと戦争で土地を切り取ったらしばらく反乱祭になる方が普通なので仕方ない。
  ただこの惨状を知ったら西方教会その他は高確率でレコンキスタを発動しそう。


614 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/05(火) 00:46:00 ID:NwgqPn4a
そういえば今回アズマ君部下が無茶苦茶してその後始末してたけど
女帝はずっとこの「部下が好き勝手に無茶して勝手に失敗して国難を招いたのを必死でフォローする」ってのをアズマ君よりも長い間、
しかも代わりの人材探すところから始めてたんだなよなあ。

615 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 00:48:20 ID:2y9Swf0O
ほんと苦労人だよなあ
最終的にアイシャが勝手に育ってイェニチェリみたいな組織までおまけで付いてきたけど


616 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/05(火) 01:06:56 ID:NwgqPn4a
アイシャはアイシャで割と好き勝手に無茶苦茶する側だけどちょっとだけ自制心があるうえに無茶をやり通す能力があるから許されてるという……。


ついでに参考にしようと思って史実第一次十字軍の間にフランスどんなだったか調べようとしたら王様のムーブが愉快すぎてビビった。
なんでも美人に惚れて最初の嫁を離婚して監禁して再婚したんで怒った教皇に破門されたからしかたなく離婚して許してもらい
許してもらったら再婚してまた教皇怒らせて破門されて離婚して許してもらってまた再婚してを繰り返してたらしい……ほんとかよ……。

617 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 01:08:49 ID:ByWhS6I5
ヘンリー8世レベルには開き直れなかった感

618 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/05(火) 01:15:37 ID:62ppCaZx
境ホラのとっかえひっかえヘンリー八世ってそういう

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです とりあえず主にまとめサイトコメント向けの注意 (02/23)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです オーキド編3話 氷雪の男と火炎の男 (02/23)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ 各地の進学率と各町の特性 (02/23)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 教えてカスミ先生1 水タイプの中でもこいつは特に長生き (02/23)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第三十八話「目指す先へ」 (02/23)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 2 後編 (02/23)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 208 《DAY216》 ~ 《DAY217》 (02/23)
  • 目次 カレドニア千年王記 (02/23)
  • カレドニア千年王記 第7話  彼女はいかにして砲弾の嵐を抜け、思索にふける天才に出会ったのか (02/23)
  • バトルファンタジーYYDS 第10話 恐竜にはブーメラン (02/23)
  • 目次 正義屋さん (02/23)
  • 正義屋さん 第6話 (02/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ23「汝は人狼なりや?」 裏話 ~ 戦後処理 (02/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ23「汝は人狼なりや?」 その13 (02/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ23「汝は人狼なりや?」 その12 (02/22)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その68 (02/22)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第71話 (02/22)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第70話 (02/22)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第69話 (02/22)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第68話 (02/22)
  • 国際的な小咄 6822 あの家の系図は恐怖するよね (02/22)
  • 国際的な小咄 6821 テグ狩り!? (02/22)
  • 国際的な小咄 6820 ハーフハラスメント 日比編 (02/22)
  • 国際的な小咄 おまけ イッチのはとこ (02/22)
  • 国際的な小咄 6819 韓国だって中国だって負けた、そしてできる夫が腰を抜かした (02/22)
  • 国際的な小咄 とりあえず主にまとめサイトコメント向けの注意 (02/22)
  • アメリカンヒーローアカデミア 101 (02/22)
  • アメリカンヒーローアカデミア 雑談:2020年冬アニメ!チキチキ、これ可愛いショタ出るぞ~アニメ紹介~~~~。で紹介したアニメの今のところの感想。 (02/22)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第55話 (02/22)
  • やる夫と冒涜的な探偵事件簿 ファイル名:ゆめおうひと・終3 (02/22)
  • 涼水玉青と暗黒時代 第13話 ハヌマーン その4 (02/22)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第28話 「忍ばない忍びが一番恐ろしい」 (02/22)
  • 国際的な小咄 6818 おい! それは…… (02/21)
  • 国際的な小咄 6817 ソロモンについて (02/21)
  • 国際的な小咄 6816 ネトウヨだけにあらず (02/21)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 第六話 とりあえず生態を見てみよう! (02/21)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ もしイッチ自信を主人公に投影したら (02/21)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ 最近ちょっと救いがあるかもしれないことが分かった ~ 特性:かんそうはだについて (02/21)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ ポケットモンスターKAMAKURA (02/21)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ このスレの制作推移 (02/21)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その67 (02/21)
  • やる夫とりあむ (02/21)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その66 (02/21)
  • 真・オールダイスで異世界転生 3 (02/21)
  • 国際的な小咄 6815 地味に空白地帯 (02/21)
  • 国際的な小咄 6814 意外なところがトラウマ復活 (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっとかわいい (02/21)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第67話 (02/21)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第66話 (02/21)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/1)
    ※完結作品は集計した時点の前月(12月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2あさねこの小話空間2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3英雄を作ろう!3異世界食堂できない夫
    4あんこ時々安価で鬼滅の刃4華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    5やる夫は魔導を極めるようです5ドクオが異世界転生したようです
    6止まんねぇけどぐだぐだな鉄血のオルフェンズ6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7アカガネ山のやる夫7やる夫はソロハンターのようです
    8◆s90IbI9oR2の雑談etc所8ローグライク異世界転生
    9やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やらない夫は小さな村の冒険者のようです10やる夫たちは三連星(代理)のようです
    11アメリカンヒーローアカデミア11やる夫は妖精郷を旅するようです
    12見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記12ペットやる夫の怠惰な日常 キュケオーン番外編
    13やる夫は宿屋を経営するようです。13オーバーあんこ
    14やる夫はギルドを経営するようです14レベルを上げるスレ
    15やる夫と翠星石は喧嘩友達なようです15食事処 ~やる夫の大釜~
    16ドラマを作ろう16やる夫はLVが上がらないようです
    17白頭と灰かぶりの魔女17金欠ほのぼの冒険物語
    18やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。18やる夫は魔女に支配されるようです
    19できない子とSCP19俺の息子は転生者
    20やらない夫千年紀20やる夫の野望
    21やる夫は死なせてもらえないようです21STALKING!!
    22NINJAのススメ22カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    23やる夫は竜の人財のようです23やらない夫が霧の街を攻略するようです
    24ドラクエⅤの世界でビルダーズ24やる夫、デビルサマナーになるってよ
    25ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱25やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26証言と証拠は安価とあんこの後で
    27コンピューター様、情報更新は義務です!!27怪獣育成日記
    28やる夫は人形使いと呼ばれるようです28やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29あんこくさい連合頑張る!
    30やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです30路傍の果ての英雄譚


    過去ログはこちら
    人気ページランキング