スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その63

目次

267 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 10:19:21 ID:y4tWy83j
おはようございます。最大で歴史的シリアが属州になるのか……。

寝てふと思ったけど、南の国こんなの見たら旧領奪還を名分に横殴りしてくるんじゃあるまいか。
まだ南の国と帝国も関係微妙なんだけど。

270 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 10:28:04 ID:y4tWy83j
そして属州というか西端部分にある程度の将と兵隊をくっつけておかないとこれ幸いと西端の国が名将つけて殴りかかってくるのだ……。

273 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 10:35:59 ID:y4tWy83j
なお進軍速度でいうと騎士団騎兵隊だけで考えたらこいつら人も馬も一月で魔物を蹂躙しながらサハラ往復できる変態だからあとは歩兵の問題。
ワゴンとかに乗っけてたら結構早く進む可能性もある。

278 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 10:49:12 ID:y4tWy83j
本土の天領にも常設部隊が治安維持と郵便と金融してるんやで……おかしい、こんな規模なのに人が足りない……。

279 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 10:50:55 ID:vrhDC+x9
そりゃほぼオスマンな世界帝国の中核部隊だし

281 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 10:55:50 ID:8d1gzORU
かの太陽王国スペインも、マンパワーが足りなくなったり等して青息吐息になってた所に
ブリカスのボディブローでじわじわ弱らされてキレて殴り掛かったら見事なクロスカウンター貰って爆裂四散したからなぁ

やっぱりマンパワーは大事

282 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 10:59:34 ID:b+Ov7Aaq
まあオスマン帝国の限界点が帝国の限界点と考えると最悪エジプトを再属州化して拡張は終了。
国内整備で女帝の残り在位期間とルッルの在位期間全てを費やすことになるんじゃないかなあ。
これ以上は海外からの人材流入があっても育成が間に合わずマンパワーの限界点迎えるわ。


285 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 11:10:03 ID:y4tWy83j
そんな中国の人口を2000万人も減らした(殺したではない)モンゴルさん最強説。

287 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 11:29:50 ID:y4tWy83j



 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :     なんにせよこれだけの敗北だと
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :     最悪向こうの本格動員(ジハド)まであるし
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /     とりあえず周辺の横殴り具合を――
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //         南の国【1D100:2718以上で横殴り、84以上だと帝国にも殴り掛かる)
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /      南東の国の東【1D100:72】(↑が50以上かつ18以上で横殴り、でかいほど派手に)
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /              本格動員【1D100:4】(↑が殴りかつ18以上で総力戦、無関係に50以上で内ゲバ)
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、




291 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 11:36:51 ID:y4tWy83j


南の国【1D100:27】⇒聖地奪還のためちょっとだけ兵を進め始めます
南東の国の東【1D100:72】⇒滅茶苦茶殴りたいですが東に兵力張り付けてるので攻め込めません
本格動員【1D100:4】⇒東がチラ見しているのと継承権争いなど内的要因があって本国は動きません



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__    これは南の国が聖地ごっつぁん企んで終戦かな?
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ  この火の付き方だと西端の国は動かんでしょう。
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i       で、実際南の国は聖地奪還できるのか――【1D100:99
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i        (帝国軍の進軍速度、27以上なら先を越してしまう)
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i


292 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 11:37:44 ID:fUz0KHIe
はやーい

293 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 11:39:08 ID:8d1gzORU
フーリンカザン!!ワザマエ!!!


294 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 11:41:44 ID:y4tWy83j


【1D100:99】



     /    /            \   \
     '     /   ヘ{V^ヽ    \、__ ヽ     ヽ
.    /      ′/ 厶=ミrヘ', }     ` ミハ
   /       :    ′     :〔\ 、     }       .
        |   i      |レ公トミ,__ 」   :.   :
  ′  '     |  ,}{-‐っ     ||´   ≧=-=ニ|    ::.   i
 :    i{ :   | /仄⌒’    |!  7´,ィ笊ヌヽ|   ハ : |     いまさら兵を起こされてももうエイラートまで占領してるんですけど
 : :{   i{ :{  |ノソ ,, -=ミ       f‐ぅ ハ j〉,  .: : | : ト、
 | :{: .  i{   |k 〃,ィ笊ヌ       く^ー'リ l{{ .: : :j : : :ハ    いったいどこを殴りに行くんですか……?
 | |{: : . { :i{: . |{ {{ f‐ぅ ハ         `¨  爪{ .: : : ′|: : }
 | | : : : : .  : :八.儿.く^ー'リ           /;  .: : : /: :i|/
 | |. '; : : : : : : : .\  `¨´   '       u / .: : : /: : :|「 ̄
.八{  ' : : :∧{: : : : . \_,        _,. -  厶イ⌒´ ア : リ
  \ \{ /|\{\/⌒ 、    ´   ,, -‐ァ′. : /_/
      : /|  : : |{\: :≧=-   . _/    /. : : : / >__´
        :{ |  : : |lア´ ̄ ̄`ヽ /   /: : : : //´/⌒
        |l |  : : |ヘ __   } {   ,/厶斗ァ' /
      八∧  : : ∨/   />'「 ̄ ̄    / /
     ,., -‐ヘ  : : \  //   |       {  {



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   占領するとアイシャが支配下において統治機構を整えちゃうせいで
  軍事衝突がないとただの行進になる不具合。マーチの音が響くだけ帝国領が増えてしまいます。


295 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 11:42:27 ID:y4tWy83j
正確には史実エイラート相当の南の海につながる港町。

298 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 11:57:01 ID:y4tWy83j



        _ - ' フ                        _ -..:::::::::‐::..、_
    r-, /´ r‐  ̄                     ,.. -.::´:::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
    l l/ / /´ ̄ ̄_ 二 フ             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    l/  // /´ ̄               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ノ  〃 /                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /   < __               /:::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /       _ 二二つ          //:: :::::::/::::::::::::::: ::::::/::::/::::/::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /      く´               /イ:: ::::::::l: ::l::::::/:: :::::/::::/::::,':: ::::::::::/::::::l:::: .::::i :::::l: .:::::::ト、
. /        \             /ノ !: :l::::::{: ::l:::::/:: ::::イ::::/:::/:. :/::::::イ:::ハ:::ト:::: .:::l ::::l: ::l::::::l ヘ
/       r‐‐ 、 ヽ             ,':::::l::::::l: ::l:::::'::__:/ l::/!::/:. :/::::/ l::/ l::lzl-:: ::l :::l: ::l:::ハ:l   というわけで向こうの内ゲバも利用して
       /     \ \           /1:::l:::::::l: ::l:::{::::/`ノメ、lイ::::/::::/ _リ斗‐三リ_::::l:::/::::'::::! l:l
      /       `ー'          /イ::::ハ::::::l: ::l::l:/`ニ弌ミ l:::/l::/:::ィ´≦ィ‐メ, ヽ:!:l:/:::/:::::l リ   占領地域から出ていってもらうくらいしか
     /                   /  l:::l !::::ヽ::ヘ::{ (ひ) 〉/ レ.:::..  イ (ひ ノ ノ//:/:::::::l
   _ノ                      l::|  l::::::{ ヘ:ヘ ̄ ̄ ´    i   ` ̄ ̄´//; イ:::ハ::l     もうたたみようがない!
  /                        l::l  ',:::::ヽ. V        .:l       /イ ノ::::l リ
V ヽ                        l::l  ヘ:::::::ヽ.ヘ    ____    /´:::::::l
 \ ヽ、                      リ   ヽ:::::::::::\  V      〉  /:::::::ト:::l       以上! 終わり! 閉廷!
\\\ヽ                          l::::::::::::::::l\ ヽ___/, イ::::::::::::::l ヘl
::::::\\ ソ                         l:::/l:::ハ:::|   \ ー‐ イ l:::::i::::::lハ!         帝都から万一の援軍代わりに聖地行って講和!
:::::::::::ヽ/                          レ l:/ l:::〉、_ `' ‐ ´ __ノフ!:ト、::l
::::::::::::/                             リ  l::l`::::::T:───1!:::lハl ヘ!
:::::::::/                            , -─‐レlヘ{}r:li::::::::::::::::::ll::tl リ
::::::/            , -、──── -- .. _. -‐::´:::: ヘ :::::l::ノ{_:l!::::::::::::::::::il::::l`ヽ.
:::/            /::::::.. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.入:::::: ヘ ::::`リ::ll:::::::::::::::::::ll::::::::::::::::`ヽ..
/             l::::::::::::.. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ .::::::il::::::::::::::::::::li::::::::::::::::::::::::::`::::.... _
             l:::::::::::::::::. ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::ll:::::::::::::::::::::li::/ :::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ :::‐-..、
              ハ::::::::::::::::::.. ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l メ、:::::::::::::::: イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          r‐─{::l::::::::::::::::::::.. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il:::::`:::─ '::::li:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l
          l:::::::\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll:::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::l
        ノ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::r───── 'ノ:::::::::::::::::::::::li、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::/:::::::::l
       /::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::i:::::::::/:::::::::::::l l´ ̄ ̄ ̄ ̄:´:::::::::::::::::::::::::::`::── 二ニニヽ:::::::::::::::l:::::/::::::::::::l



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この歴史的大勝利により、帝国は聖地奪還(火種)と外洋へ続く港(最前線)の獲得に成功。
  属州に組み込んで皇太子が聖地に入場することで講和となった。
  だいたい歴史的シリアとかレバントとか言われてるらへんと思えばまあ間違いない。

  ……これの後始末だけでこの年終わりそう(コナミ


299 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 11:57:42 ID:b+Ov7Aaq
まあた偶発的衝突やらかしてからの併合とかいう悪い冗談はやめてほしいが、ファーティマ朝(仮)はどうするやら。


300 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 12:00:01 ID:y4tWy83j
>>299
南の国「帝国が誘い受けからの一転攻勢をドクトリンにしてるのはもう知ってるんだ。俺は詳しいんだ」
絶対こう見られてると思う。

301 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 12:02:00 ID:b+Ov7Aaq
シリア属州(北シリア除く)、ユダヤ属州、アラビア・ぺトラエア属州のこれまた3州復活ですな。
多分、イェルサレムかダマスクス、もしくはアンティオキアで信賞必罰に基づいた戦後国内処理することになるんだろうなあ。


304 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 12:07:14 ID:y4tWy83j


>>301
宗教的にユダヤ属州カッコカリだけはなんか属州じゃなくて本土の特別区扱いになる気がする。



               /: : : : : : /: ; =ミ: : : : : : :>x ):}
              .:′: ;厶イぅ:/: : : : : : : : : : :=;彡ム:ヘ
              /:r 彡:代=Lイ: : : : : : :/: : : : : :}: : : : : :‘,
             /.: :.:| 「: :〃: /:/: : : //: : : /: : : /: : : : : : : :',
            /.:.:イ:ィL.レイ{:/:/:  ̄イ7: :ァ-ィ: : : ;イ:. :. :} : : i: : :.
          厶彡: : : : :〃:∧;.イ: :/}「芹卞:ミ7: : :/ ムL_:/: : : |: : ト
       /ィ: : : : : //: / ヘ7:ィ:1`辷ソ_V/7'ィfrz:/; : : : :|: : |ヾ:、      というわけで、ここはひとつこの年のイベントを
.     ///: : : :/ .:':/| { Y人!:| .:.:::::. /′´ 以ノ/:/: : i.: :|: : |  \
   // ,.:′:.;イ  /:/  Li」 jハ小|       〉::.`7イ:1 : : |: :ハ : |    ヽ    いっぺんに振って戦況と統治情勢を考えますか。
  .:′′.:′.:// 〃'       ノ }ト!   ー _    彡: : : /!/ }: ;
. //  /: /.::/  〈r≦- ̄` K==:L\   `   .:イ: :/: : / j′ j/         もしよかったらコミュ相手やイベント内容ご歓談ください。
.《:{  //.::::::′  7.:.:.:.:.:.:.:≫x.>、   `7<    .:.:/: : / /   /
 ヾ:v'.::::::::::::::{   .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|  \/::::::|{   /イ.:.:./ /  ,′
  /: : : : : .:.:ハ. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|    ヾ:::_廴./ |.:./. ′
  .′: ; : : : :. :.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.└- _   ヾ辷x 厶′
 {: : :/: : : : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ/: : :.`: .、 トミス、
  Ⅵ: : : : : : r=≦.:.:.:.:.:.:...:√ ̄ィニ=ー-=ミ:フ⌒ヾ入、
  ヾ: : : : : 「 ̄: :=:彡: ´ ィ{‐"        く     v  \               さすがに戦争お代わりはないですけど。
    \: :.:.}: : : /イ //: : : : : : : .      ヽ   :.  .:ヘ
       ヾ'`ー "  〃 :/: : i: : : : : : : : : : : . . ‘, レ:´   ヽ
      /         〃:. トミ : : : : : : : : : : : :. v'.:′    ',
.     /      _」{:. :   \: : : : : : : : : : :,.ィ_:_. .. : : : :}ヽ


(イベントダイス、高いといいイベント、低いと危険なイベントが発生する)
02月――【1D100:99】
03月――【1D100:1】
04月――【1D100:11】
05月――【1D100:38】
06月――【1D100:45】
07月――【1D100:3】
08月――【1D100:63】
09月――【1D100:99】
10月――【1D100:20】
11月――【1D100:78】
12月――【1D100:25】


305 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 12:08:47 ID:y4tWy83j
また極端な……ではちょっとイベント考えつつ日常片付けてきます。
今日は昼からまた呼ばれそう。

306 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 12:10:58 ID:Dmd5MkIq
一旦乙
女帝、女帝の夫、ルルーシュにアズマ君の領地いつアズマ君が継げるかとか
領地の掌握をして国家思想統一の足掛かりにしたいところ

308 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 12:14:30 ID:4UtgBTAM
1だと本当にやばいの出てきそう


314 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 12:39:54 ID:y4tWy83j


じゃあまあ順々に処理していきましょうか。2月に99で進軍速度が99で今までの活動考えてるとここは割とわかりやすい。


02月――【1D100:99】



                      | ̄ ̄|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:| ̄ ̄|            | ̄:|
                      |: : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : |          _|: : :|_    __ __
┌────| ̄|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨|.:| ̄ ̄:|: : : : : : : : : : : : : : : : : :.::| ̄ ̄:|¨丁¨¨¨¨¨~丁¨¨¨|: : : : : :.:::|¨¨¨¨|::|¨|::|¨¨¨¨¨¨¨""
┼┬────┬┬────ー:|卩卩:|‐| ̄|~~¨¨¨¨¨¨¨~~| ̄|‐|卩卩:|‐┴─ー─┴ー:┬┬──┴─ー┬┬───---
::|::::|ロロロロロロロ : |ロ:|ロ ロロロ.:.:. ロロロ|卩卩:|: |: : |口口.:.:. 口口|: : |: |卩卩:|ロ ロロロ.:.:.:.:ロロロロ |::::|ロロロロロ ロロロロ|::::|ロロロロロロ.:.:.:.:
::|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: |::::| : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::|: : : : :|: |: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : |: |: : : : :| : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
::|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: |::::|__.::.::.::.::.::.::.::.::::|: : : : :|: |: : |:.:.:.:..::i⌒i.:.:.:.::|: : |: |: : : : :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┴┴────┴┘¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄¨¨ ̄三三三三三三三三 ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨└┴────ー┴┴---------
                             |||||
           |r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|       .|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|r|
           |::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|_「|_「|_「|_「|,,「{_「{_「{_「       |::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|::|
|o,|o,|o,|o,|o,|                |o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|      .|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|
|_「|_「|_「|_「|_「|.    i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''| |_「|_「|_「|_「|,,「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「      |_「|_「|_「|_「|_「|_「|_「|_「|_「|_「|      ~~~~♪
i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''||‐t|‐tl   .|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,  |o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,|o,
|:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::|{::i:{::i:l   .{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:l  .{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{
|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t{_「{_「   {_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「  {_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「
i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|{::i:{::i:l  i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i'''|i
|:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::|{_「{_「  .|:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||:::||
|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t       |‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|‐t|
{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{     {::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{::i:{
{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「       {_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「{_「
i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´|_,ヘ _,ヘ i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´|_,ヘ _,ヘ i´|_,ヘ i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´| i´|



                  /\ ノノ /\   〈__/   /\
         /■\ /__●_\ /__●_\./■\ /__●_\
         (lili・Д・)(; ´Д`) (; ´Д`)(lili・Д・)(; ´Д`)    「て、て、帝国軍だ~!」
 <ニゲンナァ!! / つ_つ / つ_つ  / つ_つ / つ_つ / つ_つ
         人  Y   人  Y   人  Y  人  Y   人  Y
        し'(_)  し'(_)  し'(_) し'(_)  し'(_)



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   だいたい一か月も戦争すると、上層部はともかく兵隊や市民の士気が完全に崩壊。
  インペリアルマーチが聞こえたら敵が逃げていくようになる。


317 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 12:49:31 ID:y4tWy83j



◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  「命だけはご勘弁を!」

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ   「これは上納金にございます……」
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ」
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__



: :\_//,: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :! : : : : : : : : : : : : :ヽ
: : //: :{ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : \
//: : }:/: 〃: : : : : :/: : : : : : : : : : :!: : : : : !: |: : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ
/ |: : ゝ //: : : : : : /: : : :/: : : /: : : } : : : : |: :|: : : |:ヽ: : : : : : :ヽ: : : }
: : :.| : // /: : : : :/:/: : : //: : /}: : :./|!: : : : :!: :! : : |}: i: : :! : : : : |',: : i    あの、私たち皆さんに危害加える気は全くないんですが……。
: : :.|: :/ ! i: : : : /-i、: : / /: :/ i: :/ / } : : : | : |}: : | | |_ }: : : : :} i : |
: : :.|: :-、 |: : : /: : |: /` ヽ、 / //  | : : !: : ! | 才 __ : : !: : : : :! | /    とにかく、一刻も早く日常生活に戻れるようそのお金でこれこれこう――
イ´    !: : / : : |≦=≠===、ヽ、   |: : /!: :,≠坏〃: : /!: : : : } |/
      |: /: : : :ヽ ヽ {::::::::::らヽ`ヽ !: / }:イ::::::::// }: :/ |: : : :/ /
.      ゝ| |: : : : ヽ  ヾ、zzシ    |/ }/弋zノ /! / |: : :/
   / /ヽ! : : : :|ヽ  `  ̄     /  /     ,'//|  |: :/
  / /   \: : :!              ヽ     ,'/ : |  |:/
  ∨ ',      ',: : ',            ´  , イ }: : |‐≠―――――――――   アズマ君、私後方で占領統治専念するから
   ∨.',    /∨:∧ヽ      - ‐   イ| |/|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ∨ ヽ /:./:.:/ヽ ヽ.__≧      ∠ ‐ / : :|: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   進軍の方はちょっと任せるね……。
     ヽ/:.:.:/:.:.:.|:::::::ヾ、::::―::::> <二   /ヽ: :|/ ̄ ̄ ̄\: : : : : : :,  ´ ̄ ̄
__ --‐ -┘:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::::::::::::///    /  /|       ヽ: :./          中央から援軍送ってもらわないと……。
. -:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::::::::::::::::::::/://   //./           \
:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::::::::::::::::::/:.:i .i  / /                    \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L____/:.:.:.:/ /    !                  ヽ


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして占領政策において大した略奪も行わず統治機構を整えていくことで人心を得る。
  これにより市民や行商人は帝国についた方が得だと、逃亡兵は帝国軍の恐怖を広めていく。
  こうなると司令官がいくら戦いたくても市民の反乱が怖くてやっぱり逃げるしかない。

  そういう進めば進むだけ占領地が増えていく塗り絵状態に突入した。


318 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 12:56:02 ID:b+Ov7Aaq
都市にこもれば市民が反乱を起こし吊るされるか差し出される、城塞にこもれば兵士が反乱を起こし吊るされるか差し出される。
野戦をしようとしたら兵士が逃げ出して戦いにならない。
もはやどうしようもないわw


319 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:00:13 ID:y4tWy83j



        ,--、    __,,,-、,,
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,`
   |,              \,        i´   ヽ,_
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{                            `=-  {´,
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}
          ,/     [コノヘン]
,         /
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/
      ,、
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;!★//                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----



               , <::::::::::::::::::::::::::>、
              ,:'::::::::::::::/:::::::::大:::::::::::\
             ,:':::::::::::::::/::::::::/ト:::ヽ::::::::::::ヽ
             ,:::::::::::/:::::|::::イ:ハ`´`´l::::::::::::::',
            ,:'::::::l:::::'::::::::!::/:::ル   !ト::::i::::::::,
           ,:::::::::'::::':::::::::レクノ´V   从::::!:::::::::,     で、そんな状況なのにいつまでたっても負けを認めないから
           ;::::::::i:::':::::::::::ヒx==ミ '  /- 乂:::::::::::,
           ,::::::::,:::,:::::::::::::',叱シ    叱} ,::::::|::N:、    気がつくと向こう側の海の出口まで占領する羽目になったぞ……。
          ノ::/::,::,:::::::::::::::: ,     . `´ /::::::}::! マ
          {::::i {::|::::::::::::::ムヽゝ __  彡::::/}::ノ 〉〉    兄上には援軍連れて聖地入場してもらうか……。
          >乂,V:::::::::::::::::\ └ ┘ /K:::',´ フ |:|    /二二二>、
        <:;:;:;:;:;:;:;:;V::::l:::::\| > ―< ,::::::∧´ーレ   ,'      ` ヽ
          V:;:;:;:;:;:;:;=V::V::\ヽ> <  ノ/:::::::::::lニニハ ',           ヽ
         V:;:;:;:;:/⌒ニ劜V:;:;ヽヽ  //::::::::::::リ/ニニ , ,           |:|
         \:;:〈' ヤLニニ\リ リ./ニムムレレ'/ニニニ , lニ>、        ノ:!
           /∧ /- `ヽヽニ\/ニニニニニニニ ,'ニニニニL 巨≧x:::::::三三三シ
           くrハ(ニ   ,ニニ○ニニニ〃__」ニニニニニニ|>ニリ:::::::::::::>´
           |ニ\\ト  /ニニ><ニニニニニニニヘニニニニニ人:::::、::::::::::::::> 、
              〉ニニ>入 , ニニ |ニ|ニニ><ニニニlニニニニニニ.\:\:::::::::::::::::::::> 、
           ,ニニニニニニ | ニニニニ!ニニニニニニニ>i!ニニニ>ニニ, `≫::::::::::::\:::::::::::\
          ,ニニニニニニニ| ,γヽニ〉ニニニニニニニニヽニニニニニニ}   `ヽ::::::::\:::::::::::\
          ,ニニニニニニニ弋 ゝ人_人r 、ニニニニニニ ヽニニニニ,       \::::::\::ヽヽ:\
         ,ニニニニニニニニλ≧≧≧ニニニニニニニニニニニニニ ,         ヽ:::::::::::ハ V::ヽ
         Vニニニニニニニリ }ニニニ/ 弓 ∨≧≧ニニニニニニ>         ヽ::::::::::', V:ハ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして、東へ向かう海の出口(最前線)まで敵をたたき出すことに成功した。成長点+10
  (戦争の勝利じゃなくて外界探索用の海の出口を得たので)


321 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:02:47 ID:oTdStNhZ
次が問題ありそうだが何が起こるか


322 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:03:47 ID:y4tWy83j


03月――【1D100:1】
04月――【1D100:11】


    ノ 7   (   」   ―┐ll (      <  _|_  (
   : /     >  )  ―┘  て   _、, ゚ 。 }  ノ 」   Z,
   : ‐┐ll  (  ,, 、Z   ー    {  _哲j_  ノ  ─ァ   /
  ┃ ノヽ   \L<,f )   二.、  ( / ;lーl ` )  /ヽ  {      「おら! 今まで宗派が違うからって偉そうに!」
   ・  っ  /´ / )∠_   っ  「 C 」| | l Z   っ  (
        ( l / ,イ  /.‐y-、 /⌒/~ ̄`-ヘイフ 'ァ-;__r⌒      「金出せよおら!」
 ⌒Y⌒Y´ ̄` | | | {        ′_/ /  ̄ l |
         L└ミ ト、   从  \ /    l l   __     __
          l | `ヽ \  ノ⌒⌒\ て  〉 〉  | |_[][]┌‐'└┐ oo, 、
         / /    \/`つ  人 Vヽ └'   | ┌┘  ̄|_「Ll  </
         /_/    /f ヨ Eヽ〈  ー'^┘      ̄
        〈_ノ      l'_/盂ハ_ソ



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ,、-'"彡 ""ツ ___、,,、,,、,,、,,、,ヽ  ミヽ  :::::::::::::::_マ
::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ r"´互,,, 手;;//   :: ::::ヽヽヽヽヽ::)) ミ;;;ヽ  :::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::{ | イン,r''~~ヽ}}//:::ノレ,,,,、::::  :::ヽ~' 、~' 、'' 、;;;;;;;;;;;;',  ::::::::::::::::)
   :::::::::::::::::::::::i | (i| '、 :::リ"/:::: /;;;r,, ノ从リ ミミ:`' 、~'ー、~'ミ、tヽ;;;;} :::::::::::::::::::Z     禍  殺 殺
    :::::::::::::::::::::'、 ミi||ミミ '''/;/ミ}:i ;iiiY/从;;、、、、ミミ::: ~'ー、,~' 、ヽ));} ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;>     根  し  す
     ::::::::::::::::::::ヽ,,||) ) /;/;;;( t三Y从;;ミミミ"""'ー、;;;~'ー、::~' 、ヽ;;;;| ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:う     を  て. の
      ::::::::::::::::::::|i |毛イ;イ}}::、,,r、 ヽ;;; r''ヽ==ー- 、~' 、''~'、;;;;;;;ヽ'リ ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:つ      絶. 後 で
      :::::::::::::::::::::''=、-i| ;|リ / ;;;イ'、::::: " 彡lミミ::;; y''''''::::`' 、,,};;;ミY ::::::::;:;:;:;:;:;/.     つ  の す
      ::::::::::::::::::从:::`'t、;;|イ;((リ;从 ..::::ノ;;;;;|:::;r/""''''''" ヽミミ:::i ::::::::::::::::/ .       の. 世  //
      :::::::::::::::::::人::::::::::ゝ'-、;ii{:::"`~~~;;;;;;;::/,/''....::::::::::ミミ:::ヽ}:::/ :::::::::::::::::: ̄う.      で  の ・・
        ::::::::::::人:::::::::::ヽ~t~;tヽヽ〉ミ'、\:レ'' ::::''"     }:/  ::::::::::::::::::::::う.      す
.       :::::::::::::::从:::::::::人`'' 、ヨ~'::、ミミ;;ミヽ从:::{{      ノ:/  :::::::::::::::::::::::/      //
        ::从::::::从 从从从:::::~''ー-ミミ''-、ミ~''~' 、   ,、 ':::::::i   ::::::::::::::::::://"}   ・・
       :::从从::从 从 从从:::从:::::::~' 、ミミ~''ー 、,,~';;{{:::::::::::::|  :::::::::::::::::::::::::::::::::|
    :::从从从:::   ,,、 ''" ̄ ̄:: '' 、:::::::;;;;;;::ヽミヽ~''-~'ー―''''''"t :::::::::::::::::::::::;;、- ''"リー、            /
   ::从:::  ,、-ー ''''ァ":::::    ::::::;、-''~  ~~ ''''''"~~''ー、"´ ̄ ~''ヽ、,、、-、r''~,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;ヽ ,,,     ,,、- 、 /:::::
 :::从从:::/;;;;;;;;;;;;;/,、-ー――--ヌ" ,、ー''''~~~ '' - 、,r―-- 、、r'''' "´  :::~'' 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/  ~' 、 r、":::::::::|/::::::::
 从  ,,,,;':::::;;;;;;;;;;;、'~ ,,、 ;;;;;;;;;;;;、、- '""       "" ~'、   ヽ::ヽ:::::::::::;:;:;:;:;::::\;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::V":::::::::::::::::::::;;;;;
::: , '"::::::';;;;;;;;;;;;r" ヌニ二)"""´   ,r、        ::;ヽ ::::::::::ヽ::ヽ:::::::::::;:;:;:;:;::::\;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 /,,r'''''''''''ー-ー' /:::`''''''''''''''''""";シ'''´      :::::::::::::;ヽ:::::::::::::::ヽ:::ヽ:::::::::::;:;:;:;:;:;:::\;;;;;;;;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;
''~´       /:::::::::::::― '''" ̄      " """"""""::ヽ::::::::::::::::ヽ:::ヽ::::::::::;:;:;:;:;:;::::::\;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;



  /:::::::::/ ///`l:::ト i/::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::ヽ,、::::::ヽ,
/ ::::::::/ /::////`l`ト/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::: /::::::::::::::l::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ,::ヽ,ヽ
::::::::::::/ /::::::/ / l//:l:::ヽ/::::::::/::::::l:::::::::::::/::::::/:::::::/::::/:::::::: /::l:::::::::::ヽ:::::::::ヽ:::::ヽ, ヽl
:::::::::::l /:::::::::/ /::://::::l::::/:::::::/::::::::::l:::::/\-‐':::::/:::::/l:::::::: /::::l::::l::::::::l:::::::l:::::::l::::::ヽ,
:::::::::::l l::::::::/ /:/ /l::::l/l:::::::::l::::::::/l/――ヾ/ /, -' /::::::/::::::/::::l:::::::::l::::::l:::::::l::::::::::l
:::::::::::l  l:::::/ /::::l l::l::/:l:::::::::::l::::::l:::::l   l::::::l\`  /::::::/ l::/l::::/:::::::l::l::::l:::::::ハ:::::::::l
:::::::::::ヽ `、l l:::::l ll::::ヽl:::::::::::l::::::ll::l   、l;;;;;;;ヽlヾ /:::/ /::/l:::/::::::::/::l::::l::::::l l::::::::l    市民同士の内ゲバはやめなさい!
::::::::::::::/ヽ_ヽ´ l l ヽ,:::::l::::::::::l::::l レ   ヽゝ―/  /::/ // l :/:::::/::/::::ハ:::::l  l:::::::l
::::::::::/       l l ヽ,::::l:::::::::l::::l         //  'l:てトl/::::/::::/:::::/ l::/  l:::/     宗派同士の争いなぞ主は望んでません!
:::::::/      l_l  ヽ l::::::::lヽl         ´   〈::ノ//l::::/l::::/ l/    l/
:::::/       ,. ‐ '´ ̄ ̄~l              l,`゙ ,.':::::::l/ l::::/
:::/      //"~´ ̄ ̄l;;;;l        ,-‐<ヽ_    /l:::::::l  l:::/
/――┐ //         l;;;;l ヽ     l  ヽ `/   / l:::::::l  l:/
    ヽ/ /        l;;;;l_   、   ヽ-‐'"  , ‐  l:::::l  l/
     ヽ         l;;;;l;;;;`-、 ヽ_   ,. ‐ '"   l::::/
      ヽ_       l;;;;l;;;;;;;;;;;;l /l ` ' ヘ      l::/
       l       l;;;;l;;;;;;;;;;;l /l    /;;,;;;;ヽ,    l/
       l        l;;;;l;;;;;;;;/ // ̄ ̄/;;/ \/、
       l       l;;;;l::::::::l l;;;;;;;;;;;;;;//  /  \
        l       l;;;;l::::ヽヽ::ヽ、;// /     \
         l       l;;;;l::::::ヽ 、:::〈〈 〈       "\_ ,
       /        l;;;l::::::::、、:::::ヽヽヽ         ヽ ヽ


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この結果、勢力図が変わったことで元下層市民と支配階級市民の内ゲバが始まる。


323 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:03:58 ID:vj9kB0zu
1だからなー
講和のフリして騙しうちでも驚かない


325 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:13:28 ID:y4tWy83j



        |^l                    |^l
      /'''',,,," 彡                /'''',,,," 彡
     `゙^ _,| │                   `゙^ _,| │                      |^l
     .,/,_ |                 .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡      / 〉  / 〉
      l_,'" | .|     lニ ニ          l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │     / /  / /
          {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |     / /  / /
                     〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|     〈 /  〈 /
                                                  {_,l゙ .   <_>  <_>
         ∧∧
       (#゚д)
========O=====0================]=(ニ>
 (;;~(;;:´⌒''|  つ           ∧∧
; (;:⌒~'('⌒(_/             (#゚д)
               ========O=====0================]=(ニ>∧∧
           ∧∧  (;;~(;;:´⌒''|  つ                (#゚д)
           (#゚д) ; (;:⌒~'('⌒(_/            ========O=====0================]=(ニ>   「向こうは内ゲバしてるらしいぞ~!」
    ========O=====0================]=(ニ>     (;;~(;;:´⌒''|  つ
     (;;~(;;:´⌒''|  つ                    ; (;:⌒~'('⌒(_/                      「講和したけどリベンジじゃ~!」
    ; (;:⌒~'('⌒(_/        ∧∧
                    (#゚д)                             ∧∧
             ========O=====0================]=(ニ>         (#゚д)
              (;;~(;;:´⌒''|  つ                   ========O=====0================]=(ニ>
             ; (;:⌒~'('⌒(_/       ∧∧            (;;~(;;:´⌒''|  つ
                            (#゚д)           ; (;:⌒~'('⌒(_/              「足元ガタガタならワンチャンある!」
                     ========O=====0================]=(ニ>
                      (;;~(;;:´⌒''|  つ         ∧∧                       「前それで6000もぶっ殺したし!」
           ∧∧       ; (;:⌒~'('⌒(_/         (#゚д)
           (#゚д)                  ========O=====0================]=(ニ>
    ========O=====0================]=(ニ>  (;;~(;;:´⌒''|  つ
     (;;~(;;:´⌒''|  つ                 ; (;:⌒~'('⌒(_/
    ; (;:⌒~'('⌒(_/



           _ _ , -――、- 、
          ´ /: : ,rv'l: : : :ヽ: : 丶
          /: : : :.||⌒||、: : : :|: : : ヽ
         /:/´: :_,/l|   |!弋.、__|: : : : :l
         //:/: :ゞ' !   '  `ー|: : : :l: :|
        i,/i/| : :| ○/////○ j|: : :, i: :|     懲りろよ!?
        l| l| |.: :!//////////u7ヾi |: :ヽ
         ! ゙ ゞ、 ⊂   ⊃ /: :,、|: : : :i
          /:/ : ≧_ーェ- ‐_/,: : : :|_;.-' .
          i'{:_:l,!{-ッ'7ィ' ´ /ァ__ _;l´   `i
           }r´-゙=k'、 ,.ィ !--' ~`丶ヽ /
             ハ 、 .l o´ |     ,r .| .|/
      ,ィ^、,  |_,| l ,l|  |l /   ./_, ^、!_|
     i彡ミ{ l´ |―'| o | ー―-'、 i jニ:冫j゙i
      l くi,|l./  |  | o |      l |}ー ./_,イ
       {\//|  |  |  |     l´{i´ ,l|゙i ヽ
      ヾ^/ .|ヽ|  | o |      ゙、ン,ノ ,-} j
       ゙ー、_j_,|-、 ヽ/  ,‐- 、 _ ト、´゚。  .|l
         /  ー/ ト―- ' .,r- 、!   ゚ ノ'
        / <´ ̄_r'_゙ー‐--./ll /ヾ'` 、_/
        |^ーj^l´ .| .l ̄ ` ー、jヽi| i、!


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   これをみて講和の結果本国への帰国が許された皇族が本土から兵を募って再来。
  どうやら帰ったところで宮廷内の居場所がなくなってたらしい。


326 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:16:41 ID:y4tWy83j



                 V⌒ヾ:Ⅶ゙_][__][__]..八____ノ:jj.__][__][__][__][__][__][_
                |゙|   〉}}[__][__][__]..{彡彡}__..[__][__][__][__][__][__][
             人_ノ::jj.._][__][_.___∠!V___|!_\[__][__][__][__][__][_
             ___{彡彡≧s。._[__.゙|私は     |::::',゙][__][__|┌─────
             _ |/__/__::::::::::}..][ . |講和を    .|:::::| . _][__][..| |    ||
           |私は       |:::[*]......_.゙|見捨てました|:::/_][__][__| |..__||_
           |差別主義者 |::|:::::}_][.. 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!/.゙__][__][..| |..――┤├―
           |       .です|::|:::/......_][ }::::::::|:::::::::::::::::|.. _][__][__|_|_   ||
            ̄厂 ̄ ̄ ̄: :: |/ _][......{:::::::::|____!゙][__][__///∧._||_
             |:::::::|::::::::::::::::::|゙_][__]゙├''"::::::::::::::::::::|__][__]./././///|―┤├―
    , --- 、     |/ ̄ ̄ ̄ ̄!......_][_..|:::::::::::|::::::::::::::|_][__][__^T¨¨¨¨!┘  |::::|
   _/////∧.     |:::::::::|:::::::::::::|゙_][__][..゙!::::::::::!::::::::::::::!....._][__][人_ノ\二二二
   |L ̄マ/_}.      |:::::::::|:::::::::::::|.__][__]!::::::::::|::::::: ::: |..][__][///><|// \__]
   ト-イノ|\..    '/:::::::!::::::::::::|゙_][__][..゙',::::::::::!,:::::::::: |.. _][_.//∥//////////![_
  /|/\/// \   |.'/::::::!:::::: :: |.__][__][',:::::::::}',::::::::/._][_//.∥//////!////|__]
. //.,′/// ////|.. |[_/:::::|:::::::::::|..゙_][__][.....「 ̄.| 「 ̄|゙][_//∧{/__//// /][_
///{///___//////   !_゙'/::::|::::: :: |..__][__][.゙|   ! |   !. _][.|/{E⌒ヾ///{////./__][_
K⌒厂////////    .|. \_!____ノ. _][__][_.゙|____| |___/][_.|/_≧=-|////>≦\][_
{ハ`¨、__>'゙´\  .|_][..゙}-!ニ{.゙][__][__].゙/:i:i:i:V:i:i:i}....._][_\ミ/.|/ ̄ ̄\::::::::/__]
!シ7|//////\./  |./:i/:i:i:i}......_][__][.゙厶イ⌒ゞ-′..__][`7/.|///////≧イ',][_
/ /;′////// ∧    |.゙ゞ'⌒¨¨´..][__][__][__][__][__][_,///|///////////|__]
__|/|//////////|____|__][__][__][__][__][__][__][__] |///|///////////|][_
-.|/|//////////|――――――――――――――――― !///!///////////!--
¨.|/|//////////| ̄ ̄|:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |///|///////////| ̄
 |/|//////////|::::::::: |:.:.|:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|///|///////////|
 |/|//////////| ,、 ,,|:.:.|:.:/,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |///|///////////|



                 ____
             x=ニ二::::::::::::::::`ヽ、
        .,,r----──一≧::::::::::::::::::::`.、  ト、
      ,ィ彡'"゙´フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ}::)
        ,r'"゙´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::ヘ:::::::::\
.      /::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::∧:::::::::}:::::::}::::::::::::::\
      /::::イ:::::::,'::|::::|::;イ::::::::::::::`メ、__ヽ::::}:::::::}::::::::::ヘ ̄
     /:::/:i:::::::j::::|::::|ムメ'゙:::::::::::::|,ィ'=ァtァ゙}:::::::}:::::::::::::}     心底めんどくせーけど治安維持もかねて
     レ゙ |:::::小;:|::::Ki.フ',:::::::/リ .ト'ij レ }:::::::}:::::::::lソ
        l::::i:|::::'|::::j.」''」ヾ;/  ``'"  .}::::::「ヽ:::::{      またドンパチするしかなさそうだぞ。
        ∨:l:i::::|::::|   '          }::::::|ソ:::::{
             ヾ|::::i     _  __  __  }::::::}::::::::::i       うちら外征用の部隊じゃないんだが……。
            |::::iヽ、`'゙. `'゙ `'゙ ` , ':}::::::}:::::::::::i
              iヽ|::::|ノ::::> .   イ |}::::::}::::::::::::ゝ、ノヽ
             {:::|::::|::::::::::::, ┴ァャ──‐}::::::}:::::::::::::::::::::::ノ
           ヽ|::::|::>/.! ./::∧   /}::::::}<::::::::::::::::ノ
              ,ィ|::::|  / .ト、ハ:::ノヽ/ .}::::::}  `ヽ、:::〈
          / |::::|ソ/ }  /::/   /}::::::}/     ヽ ',
          〈  |:/ / / ∨:://  / .}::::::}ヽ    λ}
          ソ , ' ./ / /::/'゙   /  }::::::} ∨   '゙ .)



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   こうした既に新領土となった内外のゴタゴタで2か月各地を駆け回る羽目になる。


327 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:18:37 ID:b+Ov7Aaq
これで叩き潰して更に恐怖が広まるんだろうな。

329 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:24:14 ID:b+Ov7Aaq
まあ講和破った連中は見せしめも兼ねて徹底的に粛清するくらい叩き潰し、
内部で騒乱を起こすのも処理してってやっていくしかないんやろなあ。
それでも統治機構を帝国が構築できた以上、もうセルジューク朝(仮)による奪還は無理


335 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:29:40 ID:y4tWy83j



                                  _,    _,     _    _     _    _,    _    _
                                  |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
                               | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
                               |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
                               |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
                                   ∧,,∧           ∧,,∧          ∧,,∧
                                ∧,,∧(・ω・´)       ∧,,∧(・ω・´)      ∧,,∧(・ω・´)
                              ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >
                               /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ
        /■\      ウワァァァァ!           (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
       (゚Д゚ ;) /■\        ヒィィィィ!  ..ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ
    /■\ ⊂  (;´Д`) /■\            / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
   (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)        ;;,;∴ブシャ   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/  ヽノ
    ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;;  ( ゚Д゚.;..       ;;,;∴.;..'-      (_ヽ            (_ヽ
    し Y 人 (´⌒;;;/■ (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;    ‐グエ=;..';;,;∴.;.⊃
    (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ ≡(´⌒;;;     ⊂( ゚Д゚.;..';;.,;∴.



各地の反乱および暴徒鎮圧表
0:ヤバさ:【2D50:53(28+25)】 数:【1D10:2】×(10の【1D4:4】乗)
1:ヤバさ:【2D50:53(3+50)】 数:【1D10:9】×(10の【1D4:2】乗)
2:ヤバさ:【2D50:30(11+19)】 数:【1D10:2】×(10の【1D4:2】乗)
3:ヤバさ:【2D50:23(12+11)】 数:【1D10:3】×(10の【1D4:2】乗)
4:ヤバさ:【2D50:57(29+28)】 数:【1D10:3】×(10の【1D4:2】乗)
5:ヤバさ:【2D50:44(41+3)】 数:【1D10:5】×(10の【1D4:3】乗)
6:ヤバさ:【2D50:58(36+22)】 数:【1D10:6】×(10の【1D4:1】乗)
7:ヤバさ:【2D50:48(8+40)】 数:【1D10:7】×(10の【1D4:1】乗)
8:ヤバさ:【2D50:17(6+11)】 数:【1D10:6】×(10の【1D4:3】乗)
9:ヤバさ:【2D50:61(40+21)】 数:【1D10:8】×(10の【1D4:1】乗)


337 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:33:26 ID:4UtgBTAM
そこまでだな

338 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:35:09 ID:b+Ov7Aaq
これで現地領主もあらかた排除完了でキレイキレイできたみたいだね。


339 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:37:40 ID:y4tWy83j


0:ヤバさ:【2D50:53(28+25)】 数:2万←これが初手にやってきた敵兵
1:ヤバさ:【2D50:53(3+50)】 数:900←拠点を占拠する暴徒
2:ヤバさ:【2D50:30(11+19)】 数:200←そこらへんで暴れまわる暴徒
3:ヤバさ:【2D50:23(12+11)】 数:300←そこらへんで暴れまわる暴徒
4:ヤバさ:【2D50:57(29+28)】 数:300←拠点を占拠する暴徒
5:ヤバさ:【2D50:44(41+3)】 数:5000←敵皇族最後の抵抗
6:ヤバさ:【2D50:58(36+22)】 数:60←拠点を占拠する暴徒
7:ヤバさ:【2D50:48(8+40)】 数:60←拠点を占拠する暴徒
8:ヤバさ:【2D50:17(6+11)】 数:6000←ここで大規模な市民による虐殺の兆候
9:ヤバさ:【2D50:61(40+21)】 数:60←拠点を占拠する暴徒



                 V⌒ヾ:Ⅶ゙_][__][__]..八____ノ:jj.__][__][__][__][__][__][_
                |゙|   〉}}[__][__][__]..{彡彡}__..[__][__][__][__][__][__][
             人_ノ::jj.._][__][_.___∠!V___|!_\[__][__][__][__][__][_
             ___{彡彡≧s。._[__.゙|私は     |::::',゙][__][__|┌─────
             _ |/__/__::::::::::}..][ . |講和を    .|:::::| . _][__][..| |    ||
           |私は       |:::[*]......_.゙|見捨てました|:::/_][__][__| |..__||_
           |差別主義者 |::|:::::}_][.. 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!/.゙__][__][..| |..――┤├―
           |       .です|::|:::/......_][ }::::::::|:::::::::::::::::|.. _][__][__|_|_   ||
            ̄厂 ̄ ̄ ̄: :: |/ _][......{:::::::::|____!゙][__][__///∧._||_
             |:::::::|::::::::::::::::::|゙_][__]゙├''"::::::::::::::::::::|__][__]./././///|―┤├―
    , --- 、     |/ ̄ ̄ ̄ ̄!......_][_..|:::::::::::|::::::::::::::|_][__][__^T¨¨¨¨!┘  |::::|
   _/////∧.     |:::::::::|:::::::::::::|゙_][__][..゙!::::::::::!::::::::::::::!....._][__][人_ノ\二二二
   |L ̄マ/_}.      |:::::::::|:::::::::::::|.__][__]!::::::::::|::::::: ::: |..][__][///><|// \__]
   ト-イノ|\..    '/:::::::!::::::::::::|゙_][__][..゙',::::::::::!,:::::::::: |.. _][_.//∥//////////![_
  /|/\/// \   |.'/::::::!:::::: :: |.__][__][',:::::::::}',::::::::/._][_//.∥//////!////|__]
. //.,′/// ////|.. |[_/:::::|:::::::::::|..゙_][__][.....「 ̄.| 「 ̄|゙][_//∧{/__//// /][_
///{///___//////   !_゙'/::::|::::: :: |..__][__][.゙|   ! |   !. _][.|/{E⌒ヾ///{////./__][_
K⌒厂////////    .|. \_!____ノ. _][__][_.゙|____| |___/][_.|/_≧=-|////>≦\][_
{ハ`¨、__>'゙´\  .|_][..゙}-!ニ{.゙][__][__].゙/:i:i:i:V:i:i:i}....._][_\ミ/.|/ ̄ ̄\::::::::/__]
!シ7|//////\./  |./:i/:i:i:i}......_][__][.゙厶イ⌒ゞ-′..__][`7/.|///////≧イ',][_
/ /;′////// ∧    |.゙ゞ'⌒¨¨´..][__][__][__][__][__][_,///|///////////|__]
__|/|//////////|____|__][__][__][__][__][__][__][__] |///|///////////|][_
-.|/|//////////|――――――――――――――――― !///!///////////!--
¨.|/|//////////| ̄ ̄|:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |///|///////////| ̄
 |/|//////////|::::::::: |:.:.|:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|///|///////////|
 |/|//////////| ,、 ,,|:.:.|:.:/,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |///|///////////|



 な 恩 弱 罪    /          __ノ   な 断 大
 ら .恵 者 な     (_ __,、-イ`ァ-、..._    、)     い じ .罪
 ぬ を   き    〉7 | i y / _, -'゙ニユ-、ヽ       て .人
 ! ほ 不 人   人 ヽ i__,r'v__二二ミニ-゙ヽノ        恩 に
   ど 幸 々   /-' ァ-'´      ̄}ミミヾトトミハ ̄}    赦 は
    こ .な     ト、ソ  _, -'´ ´ ヾヽヾ、ニヽy ヽ    は
   さ .人     .| }´ ̄ト、ノ i  _,∠゙`ヾノリ ヽ-し'_
    ね に     Y, ァ==、,==y'´:::::::`!==ト、}ノノ三三}}}⌒)
i.   ば こ     !r}:::::::::l} |7ヽ_:::::::ノ  ゙1-'ニノノノノノ /っ‐、 ., --
|     そ    l lニト、__ノl ',..  ̄    ,r{_jソフト ̄     Y
-っ         〉ニi   ヽy_,r'`    / |'_ノ´ト、_
  ̄j      _j ゙l_',ヽ、 _>_、,_, -、  {   l ト、ヾヾヾ`!
 /Y-、 ,r '´ ̄ _, -ヽ ', i--''´ニ ヽ |   | |::::', ',ヾヾ`!
     レ   ,ト、ヾヾヾ:ヽ',}r--'' ̄´   j /i |::::::', ' ,ヾヾ!
         | !', ヾ ゙y' ヽ --‐''   //゙ ,-'、', ::::', ヾ ゞゾ-、__,、_
         |!::::', ヾヽj ', {  _,r /// l l: ::::ト、 ヾ三ミミ| ii ii
.        l|:::::::ヾ Y二ニヽ-‐=ァィ´ ニノイi l:: ::ソ/'ー-、三_j ii ii
        l|:::::::::::::',>-ヶ,-、三彡/;‐==j',.',ヾ/-''´1ii iiァ{ii ii
      //::::::::::::,y  =‐ヽ/  7´ , -、  ヽヾ_イji゙l| ii ii ii ii i
    _,-'∠, -ァ'1ト/  _ヽ}  i i゙ ,r'  , -'   〉7./7` ー-- 、i__ii_
  _,-'`ヾ i ii !! ', ヾ〕     ヽ リ´ <    {/// / /7/7 /7 ,'
  i iヽヾ ヾ ii ! 〉゙´〈  二二イ、 〉-, ヽ,    ヽト、j.//// // イi
 l i ii ト、', ', Y´ヾヾ ', ゙ー-、,‐' i i7-、ヽ、___,  /  /゙' // // /iiii
../i ii ii ',', ', ',ヾヾ\>‐-、__ , -' | | ヽ、___, - '   / // // /iiii i
.l | ii  ii 7', ', ', ', ` ヽ  7 j  | |     ヽ  / // // /ii iiiii
         【治安維持に来た騎士団の人】



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   皮肉なことだがこうしたある意味公平な処断が後の安定化につながったとみる意見もある。
  成長点+【3D10:19(7+5+7)】


340 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:38:30 ID:vrhDC+x9
これで大分片付いたか


341 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:39:37 ID:y4tWy83j


05月――【1D100:38】
06月――【1D100:45】
07月――【1D100:3】


._
.'''"゙゙∧ ∧`: : : : : : : : :_,..‐、"ヘ二二二二 ,ムヤ' AA  ,宀,     xx  ゙丶、二二二,.:i全 ィ'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : (    ) _,..-‐'''"~二二二\:i:iマ二テ,. '´||ダ(* ) (・Д・)   (  ) ||:i:i:i゙丶、ィi:i:i;iィ二二二二."'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : :
._,..-‐'''"~二二二二二二二二ニヾ:iヌイ ∧ ∧  ( ∧_∧ )j    |  |  \~。。||゙ネ、二二二二二二二二二. "'' ‐- ,,.._
ネ二二二二二二二二二二二二.,イ%|:| (   )  (´∀`  )イ  △△|ノ  /⌒\ぐ.A丶、二二二二二二二二二二二 ネ
マム、二二二二二二二二二.,.i:i:;i;i:|:|サ|:|⊂ ο)ィと    つ 亡i(   )  (  ・∀・)(0・ )i:i:i..メ、二二二二二二二二,/|:i
|:i:|:マム、二二二二二二.,. '.|i:i:i:i:i:.!∧  ( ___)__亡i ヽ,   ) ∧_∧ |   いマ/⌒\  iつ:i:i|:|:゙ 、二二二二二 ,/|:i:|:i:|
|:i:|:i:|:i:|マム、二二二  '´・)|:|品(*  )  .∧,,,∧   (_/J(´∀` ) )  l王(  ・∀・) )~|:|I  ゙丶、二二 ,/|:i:|:i:|:i:|:i:
二二二二マム、。z´A A ).|:|品 l  ヽ ミ;   彡 ∧_∧ (○  〇j   (_)いマと)マ凹g|:|\(_イ ゙丶、イア二二二二
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ユゝ(*´ⅴ)器|:|e゜"(⌒_,,~./⌒^ヽ (    ) |||       l王王l  ∩_∩. ー  ..|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|こ (  i=====i       く,,___ゝ ( O   )  | |,ノ.     ∧_∧_)__).(,,,・Д・,).:._モ弌|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ひ/品( ・∀・)  A__A.ι゙ ∪ │ │ │ (_).     (  ´∀)_. ⊂    つ(三)Yで|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|YャゥYと(¨¨y¨¨)´(    )    ∧ ∧ ∧ ∧  ∧  ∧  (, ○  ⊃|   | x .. ∧_∧仁]|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ゝィ.  |  | | くl ̄ ̄l}    (,,^ー^(゚ヮ゚*)  (・∀・ ).  ) ) ) ̄   U'⌒(`;  ,,)匸|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ̄/i (_)_)  |  | |     |  つと |  ノ〝|ソ|"\ (_(__)       と   ○)(”|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|二/       (_)_) ~(   とノ~ \ノ」==ヽ!ノ             (. (. ( \f:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|                     U^U.        /_l _|                   (_(__) |:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               し (_)                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


            /::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.             /:::::/::::::::r:、r:、::::::::::::ヽ::::::::::::::..
           /:::::/: ::::::rーーー}::::::::::::::i:::::::::::::::::.
             /::::::;':::/:::}:|    }ト、::::\|::::::::::::::::::.
.           /::::::::レ:_:ィ^i{    }「\ー:::|:::::::::::::::::::.     や、やっと紆余曲折を経て従来のインフラも利用して
         /:::::::::::rァ厶j{:   j! r=ミx」:::::::::::i:::::::|
.        ;:::i:::::::::fアr心ヘ  / 爪_ハ}}:::::::::::l:::::::|     通信設備と統治機構を整えた……。
.         i!;'|::::::::::.{{ Vツ    Viツ/j::::::::::|:::::::|
.         |ハ::{i:::::::ハ.,   ,      ノ^:::::::::::ハ::::::.
.          |! ーー介x         >、:_:::/}::i:::::|     農業や都市に大した傷は出ずに終わりそうだから
.          |{ /:::/:::{」:::::..、 ´ `   イ::/::::::::!レ'}::::|
.           ∨/}'::::::「]_:::_::::ーr     j:/::::::::::「jー-.’:.:.:..、  今年から収穫もある程度は期待できそう……
.          rY: }::::::::V///≦!  /{{/::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
         ';i{:.}:::::::::::Xjy'^>‐ '"  〈::::: /}jL:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          >‐=⇒ ___j/      }ー'__}ニ=- ー-v'
        /ニ二二二ニ=-‐ ¨}-‐=ニ二二二二ニム ヽ
.       /ニム         iニニニニニニニニニニニニ,} }


         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /      申し上げます! 兵を中心に疫病の兆候が見られました!
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /        大流行前に治療を提言いたします!
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして戦争のような大規模な人間の移動と混乱の後には疫病が来るのがお約束である。
  特に今回は完全に敵地で遠征してたし。


342 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:40:51 ID:Dmd5MkIq
よっしゃ任せろ治療はアイシャの分野だ

344 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:41:17 ID:4UtgBTAM
アイシャさんの出番ですな


347 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:47:39 ID:y4tWy83j



__    /: : : : : : : : : : : :ゝヽ: : :\: :\
_: : `v: :´: : : : : : : : : ‐ 、: k: .>: : : :ヽ: : ヽ
´´ ̄: : : : ,、: : : : : : : : : : ヽk: : >.、: : :ヘ: : ',
: : : : : : : ::|: : : : : : : : :丶: : : ヽ: :>ヽヽ: : ヘ: i
´::/: |: : : l:i: : : : :l: :ヽ: :ヽヽ: : :ヘ:>: : \\:i: |
/: :|; ; l:.|: ',: |: : :',:ヽヽ ,≦_: :|:|ヘ,'ヽ: : \ゞ:.|      わかりました。私が衛生兵連れて治療に回りましょう。
|: : : |: |: ',|、',ヽヽ: :', .〃泛.}´/,'|/、ヽヽ: :/:|:,′
{: : : |: :',: :、孑弋ゝ:ヽ.´ .ゝ´〃: |: |. ',ヽ',/ :,'/      念のため各地でも都市構造を見直すべきかもしれません。
',: : :ハ: :ヽ:ヾ乂シ  ヽヽ  /.,|: :|: :| |: : : //, --- 、
.ヽ: :ヽヽ:.|ヽ人  .` _ `┌‐┤:.!-,:| .|: :/      `ヽ、_____
  ゝ_\ゝ: : | >.、 _  ,入∨:/.∧Ll/                  /}
     ` |: : | _ /:.ヽこ -ゝ,':/‐‐‐┤         ___/   | ,_ -‐ '´` > 、
      ',: :|/,ヘ--‐| /. //   .{        l´    __ ,≠<´     __>‐‐|
       ゝ|´、.ヽ .|ヽ 〃    !       |  /,.メ<、    .> 、._>´    /
      ./ゝ.|-ヽヽ /| \       .ヽ    ___/__/    > 、 _> 7   _/
   .// . | ≠:/:::::ヽ|__ /><、 `ヽ./;;;;;;;;;;;;;ヽ _     _ ヽ  ,′   /- 、
  ,/ /   .∠==:,'::::┌ //  ` ヽ、>´;;/;;;;;__;;;;;;;;;;;;ヽ、 ,>'´ |  L_,--‐;;;;;;;}
./: :/    \:::.i:::::::"゙Tr<、   ./--/;;;;;;;//;;;;_;;;;;;;;`ヽ   |__  _/ヽ };;;;;/
: : : ,'      | >l:::::::::||.,':::::::::`>..、',  |`ヽ//;;;;;//;;;;__;;;;;;} へ、| ̄;;;;;//;/
: :/      /::::::::::_斗{::::::::::::::::::::::::!  l  l.l`ゞ./_;;;;;/、>、/ / .>≠‐'´
.′  /\ /:::::::::::::::ヾホ、:::::::::::::::::::::::}_.ゝ___|  ,' ゝ´   `ヽ/     `> 、



     /    /            \   \
     '     /   ヘ{V^ヽ    \、__ ヽ     ヽ
.    /      ′/ 厶=ミrヘ', }     ` ミハ
   /       :    ′     :〔\ 、     }       .
        |   i      |レ公トミ,__ 」   :.   :
  ′  '     |  ,}{-‐っ     ||´   ≧=-=ニ|    ::.   i
 :    i{ :   | /仄⌒’    |!  7´,ィ笊ヌヽ|   ハ : |       まだ砂漠を横断してる方が楽な気がするのは
 : :{   i{ :{  |ノソ ,, -=ミ       f‐ぅ ハ j〉,  .: : | : ト、
 | :{: .  i{   |k 〃,ィ笊ヌ       く^ー'リ l{{ .: : :j : : :ハ      きのせいかな……。
 | |{: : . { :i{: . |{ {{ f‐ぅ ハ         `¨  爪{ .: : : ′|: : }
 | | : : : : .  : :八.儿.く^ー'リ           /;  .: : : /: :i|/
 | |. '; : : : : : : : .\  `¨´   '       u / .: : : /: : :|「 ̄
.八{  ' : : :∧{: : : : . \_,        _,. -  厶イ⌒´ ア : リ
  \ \{ /|\{\/⌒ 、    ´   ,, -‐ァ′. : /_/
      : /|  : : |{\: :≧=-   . _/    /. : : : / >__´
        :{ |  : : |lア´ ̄ ̄`ヽ /   /: : : : //´/⌒
        |l |  : : |ヘ __   } {   ,/厶斗ァ' /
      八∧  : : ∨/   />'「 ̄ ̄    / /
     ,., -‐ヘ  : : \  //   |       {  {



o/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
 ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ .
ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/
 ヽo/ ヽo/ヽo/ ヽo/  ヽo/ ヽo/  ヽo/ヽo/  ヽo/ ヽo/ ヽo/  ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/ヽo/
ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ ヽo/ヽo/
ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ヽO   「聖女様のお力で病が治ったぞ~!」
  ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/
ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ ヽO/ヽO   「何と素晴らしい……」
\○/  \○/  \○/  \○/  \○/ \○/  \○/  \○/ \○/  \○
   \○/  \○/ \○/  \○/  \○/  \○/ \○/ \○/ \○/\○/
 \○/   \○/\○/  \○/  \○/ \○/    \○/  \○/\○/\○/
\○/ \○/  \○/  \○/  \○/  \○/  \○/ \○/\○/\○/
 ||  ||    ||   ||    ||   ||    ||  ||  ||  ||
  \○/  \○/  \○/  \○/  \○/   \○/  \○/\○/ \○/  \○/
   / |    ||   | |   | |   | |    | |   | | ||   ||    ||


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   まあ、お約束というだけあって本当に各地探検して回ってる弾奏騎士団には慣れたものである。
  賢王だの生命理解だの持ってるせいでむしろ各地の支持率は増えた。成長点+【1D10:6】

 (ただし統治コストは考えないものとする)


348 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 13:49:12 ID:b+Ov7Aaq
これで各地の都市でアイシャを守護聖人化する作業が進むんだろうなあw


349 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:53:57 ID:y4tWy83j


08月――【1D100:63】
09月――【1D100:99】



:i:i:i:i:(__)(__)(__)Oo}:i:i:{ (__人__)}:i:i:{(_{_)__) (_)) /}:i:i:i:i:\___ \:i:i:i:{_/:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:oO(__)(__)Oo:}:i:i:{   (⌒) :}:i:i人__/⌒}⌒V }\:i:i:i:{____{彡' \:i:i:i:/ {⌒⌒}:i:i:i:i:i/⌒
:i:i:i:i:i:i:(__)OO(__)o}:i:i:{ (___○__):i:i:i:i:/ /\ V /⌒ヽ_彡'  }:i:i:i{___人__jノ:i:i:i:i:i{
_人_:i:i:i:i:i(__)(__)O(__)o  (__人__)__:i:i{ {    } } {__/____〉:i:i:\___{_/⌒}/⌒ヽ{___}:i人__
^Y^:i:i:i:i:i:i:i:(__)(__)OO(__) (___○__)人_{____}_ノ__彡ヘ___ノ:i:i:i:/ /⌒}ヽ___人___ノ\\/:i:i:i
_人_(\)しヘ:i:i:i:i:(__)(__)(__)__(__人_),.、イ:i:i:i/:i:i __彡'ー'’:i\{ { :/ } (\__,へ___}:i:i:i:i(⌒
^Y^( ̄O ̄)⌒ニ=-(__):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ̄}:i:i:i人__V__ノ{ r\__)'⌒Y :/ヽY
:i:i:{\ ̄)√{\  }:i:i/⌒ニ=‐----‐=ニ⌒:i:i:i:i:i:i:i:i/\   }:i:i:i:i:i:i{ /i:/{ {__ノ   人(_/ }
:i:i:{  }:i:i:i:i:i:{\\} /:i:i:/:i:i:{  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:\人:i:i:i:i:iV:i:/:i:し\___/:i:i:i\__ノ:i
:i:i:{  }:i:i:i:i:i:{  \/:i:i:/:i:i:i:i{    (___〉:i:i:i:i:i:i:i:i:{\:i:i:i:i:i:\):i:i:i:i:i:i/ヽ:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:{_}:i:i:i:i:i:{  /:i:i:/:i:i:i:i:i:{    (__〉:i:i:i:i:i:i:i:i:{  }\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{  }:i:i:i:i:i:i:\__:i:i:i:i:i:i:i:ノ
:i:i:{\:i:i:i:i:i八__/:i:i/:i\:i:i:八________}:i:i:i:i:i:i:i:i:i(__):}:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:{  }:i:i:{:i:i:i:i:i:i⌒ニ=‐--く
(⌒) }:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i/}:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:(⌒Y⌒):i:i:i:i:i:(__):i:i:i:i:i{\:i:i:i:i:i{  }:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i
:i)__) }:i:i:}:i:i:i:i:i{/ :}:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ \( ̄:i:i:i:i:i:i:i:i{.}:i:i:i:i:i:{  }:i:i:i:i:{  }:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i/}:i:i〈厄}〉
(⌒) }:i:i:}:i:i:i:i:i{  }:i:i:{:i/:i:i:i:i:/    }:i:i:i( ̄ ̄ ̄):i:i:i:i:i:i{  }:i:i:i:i:{  } :i:{:i:i:i:i:i:i:i:{ :}:i:i:〈{厄〉
:i:i:{/:i:i:i:}:i:i:i:i:i{  }:i:i:/ i:i:i:i:i{    rぅミメ、:i:i:て_} ̄rぅミk___\}:i:i:i八,ノ:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:{ :}:i:〈厄}〉
:i:八:i:i:/:i:i:i:i:八ノ:i:/:i:i:i:i:i:i:i{ /八{  〉:i:i:i:i:i:i:i:i:}   } }:i:i:\/⌒ニ=-人:i:i:i:i:i:i:iV:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:\⌒⌒)√⌒ニ=‐---_/___乂}\/___:i:i:i:i:i:__)ー'{/____:i:i:i\  /:i:i:i:i:i:i:i:/\/ \/⌒
:i:i:i:i:i:i:i:\ニ=‐----‐=ニ⌒  / }{  У }{ ) / }〈Y_〉{  \⌒ニ=‐---‐=ニ⌒ {   }
⌒i⌒\:i:i\:i:i:i:i:/ ̄ ̄ ̄ } {____{____ノ}__}__rっ_ |  \__( ̄ヽ     /⌒  )  乂__
⌒Y⌒ヽ\:i:i\⌒ヽ     }___}__人_「]八{___}一' |   {/ /⌒ニ=‐--‐   }\\_____
 ,人  ) )'⌒\  \ / ,ノ}¨Y¨_} {:::::::{  (_}  |   {_)'’____/(__○__)  人__ ̄⌒ヾ
(⌒)}\ / /\  \   (__)/ /   〉} :::::{  /\|_/{  (⌒) (_人_) (⌒) ⌒ニ=‐-
_○__) \/   }/{____  }:::∧   /八 ::::{  {__/   \}(___○__)  |  (__○_)\ ̄``ヽ
_人_)   }  ノ    ノ  }::::::::}\/ {__}:::::{  {/       } (__人_)\,|/(__人_)  \___



            /::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.             /:::::/::::::::r:、r:、::::::::::::ヽ::::::::::::::..
           /:::::/: ::::::rーーー}::::::::::::::i:::::::::::::::::.
             /::::::;':::/:::}:|    }ト、::::\|::::::::::::::::::.
.           /::::::::レ:_:ィ^i{    }「\ー:::|:::::::::::::::::::.    な、何とか初年度に飢饉を起こさずに済んだ……。
         /:::::::::::rァ厶j{:   j! r=ミx」:::::::::::i:::::::|
.        ;:::i:::::::::fアr心ヘ  / 爪_ハ}}:::::::::::l:::::::|    これで帝国への流通や加工業も考えれば
.         i!;'|::::::::::.{{ Vツ    Viツ/j::::::::::|:::::::|
.         |ハ::{i:::::::ハ.,////,//////ノ^:::::::::::ハ::::::.    赤字は最低限ですみそう……。
.          |! ーー介x   __    >、:_:::/}::i:::::|
.          |{ /:::/:::{」:::::..、、 ノ  .イ::/::::::::!レ'}::::|
.           ∨/}'::::::「]_:::_::::ー     j:/::::::::::「jー-.’:.:.:..、
.          rY: }::::::::V///≦!  /{{/::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
         ';i{:.}:::::::::::Xjy'^>‐ '"  〈::::: /}jL:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          >‐=⇒ ___j/      }ー'__}ニ=- ー-v'
        /ニ二二二ニ=-‐ ¨}-‐=ニ二二二二ニム ヽ
.       /ニム         iニニニニニニニニニニニニ,} }



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして神の恵みかそれまでの努力か、戦乱のわりに基金を起こさず収益を上げ始める。
  この辺の地域取れるものがダダ被りしてる気がするが食料はいくら取れても困らんし。


351 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 13:58:26 ID:y4tWy83j



                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`    ああ、そういえば前にもらった飛行ユニットの青写真と
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `      外洋航海に耐える新型艦の性能要求だが
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '         何とか試作のめどは立ったぞ。
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ           飛行ユニットに関してはまだまだおもちゃだが
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、            あとはそっちで好きなように改良してくれ。
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧    く、こんな時期じゃなきゃ
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /      さっそく量産を計画するのに……。
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   とはいえ南の海に対する海軍が必要なのも確かなのでドックを作り建造を開始する。
  飛行ユニットに関しては……まあ、使い魔的にリンクさせたら索敵には使えそう。成長点+10


356 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 14:08:23 ID:y4tWy83j


10月――【1D100:20】


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __           税収の時期なのに騎士団に戦時発行させた信用証が回収できなーい!
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \



‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


                 -――-                           ,r=ュ_____    __
               /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶                  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\/≧f:i:i:i:ヽ
                .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧               ,.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨/∧:i:i:∧
             /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧              .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ハ:i:i:i:∨/∧:i:i:i:,
          .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/|:i:i:i:i:∧:i:i:i:i∧                 i:i:i:i:i:i:Α:i:i:i:i/十И:i:i:|///}!:i:i:i|    「このお札の版画
          i:i:i:i:i:i:i:iⅣx芋ミИ/ x芋i:i:i:i             Ⅷ:i:|fヒ`Ⅵ/ fヒ ヽ|i:i:|:i:h:in:i:i:|
          |:i:i:i:∧:i:i| 、以     以|iⅥ               Ⅵ以_, ′ 以_ノИ:Ⅳ /|:i;     聖女様がデザインしたらしいわよ」
          |:i:i圦」:i:i|        ,   .|ト .                  圦  、        ノ:i:iレ'  |Ⅳ
            И:i:i:i:i:ヽ|    r‐ ァ   ノ{\\ ./           Ⅷi:.  マ フ    彳    !;’
.             И∧:i:i」丶   ー  . イ圦_、  ∨ ./           Ⅵ `  _ イ ,L    |′    「なんか持ってたらいいことありそう(※)。
            . イ |\___>‐<   ー‐、  ∨             ‘| . イ:{  ーr ´ } `ト
          /: : :/: :ト、∧:.ト、/|: 」≧s。._∧_}、             /: : / : ト、∧:∧/|: :」: :≧ 、     銅貨の信用証でいいから手に入らないかな」
         /:i : : : :ア |  }:.l   ∧: : : :/i\__,ノ}           ∧: : : :ア^,  }:|  .トく: : : : : :} ,
        , : |: : : :〈: : :,  }:.:|  ,: : 〉 : : : : } : : : :|         : : } : : 〈: : : ,  } i  ,: : :〉: : :∨: :
        ,: : : } : : ∧: : , }:. l , : /: 、: : : :.} : : : :|         |: :∨: :∧: : :, }:.| ,: : /: : : : |: :|  (※ 恐ろしいことに本当に聖別されて厄除けになる)
       , : : : | : : : ∧: :Ⅵ:. Ⅳ /: : : \Ⅳ: : : : : !          |: :|: : :∧ : Ⅵ: Ⅳ: /: : : : : |: :|
       ,: : : : :| : : : : ∧ ‘;:.: / / : : : : : ‘{ : : : : : l             |: :|: : : :∧: ‘;:.:/: /: : : : : :|: :|
       ,′: : :|: : : : : ∧ ∨ / : : : : : : 圦 : : : : ノ           :|: :|: : : : : :\V:/ : : : : : : 八 :|
       ,′: : : : }: : : : : : : :ヾ.ィ: : : : : : : : | ヽ:_/          |: :|: : : : : : : : o}!: : : : : : : : i: : : |


‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして国税が天領各地から入ってきてるはずなのに増え続ける信用証に帝国役人は泣いた。
  だがこれはいわゆるコラテラルダメージというものに過ぎない。
  戦略目標のための致し方ない犠牲だ。


357 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 14:09:56 ID:9v+O/jaq
効力あんじゃねーか!

359 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 14:12:47 ID:vrhDC+x9
実際に効力があるならそりゃお守り代わりにする

360 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 14:14:31 ID:rL5SAEpT
回収不可能じゃないかなコレw

361 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 14:15:29 ID:/UiNK7FS
硬貨より軽くてマジもんの魔除けになって信用性は抜群……
え、これ回収しきれると思ってんの?どー考えても無理だろwwwww
実質的な新紙幣じゃねーかwww


362 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 14:16:34 ID:y4tWy83j
さて、そろそろ出ないといけませんので一旦失礼しますがちょっと豆知識。

中国はおいといて中世の貨幣は現代人から見るとぐにゃぐにゃで形が一定してない。

363 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 14:16:44 ID:b+Ov7Aaq
回収不可能で普通に新通貨になってる。
しかも聖別されているものが本物というわかり易い事態に。

365 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 14:20:05 ID:/UiNK7FS
乙です。
帝国通貨より信用度高い信用証ってなんだよそれwもはや帝国は経済占領されてんじゃんwww


371 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 15:58:06 ID:y4tWy83j
もどりました。

>>365
い、一応騎士団が発行してるだけで命令してるのは帝国やから……。

372 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:01:11 ID:0thGwAgc
政府の借金の発行権を独占している…?


373 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:08:37 ID:y4tWy83j


【要するにこんな感じ:普段】


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    帝国通貨を預け入れたものに同額の帝国信用証を発行する職務および
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     払い戻しの要求に場所に寄らず応える義務を命ずる。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      また信用証の乱造や偽造したるものは責任をもって処罰すること。
   .>    <
   |     |
    |     |



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__     承りました。
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i


374 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:17:38 ID:y4tWy83j


【で、緊急時にこういうことをしている】



        / ̄ ̄\
     /   _ノ   \
     |   ( ●)(●)        戦費or復興資金を市井から調達する故に追加で信用証を発行せよ。
.     |     (__人__)
      |      ` ⌒´)        また現地調達で信用証を渡すので要求するだけ発行を頼む。
        |         }
      ヽ         }
        >       ノ
     /         \  /て⊃
     |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
.     |  |      |   \__/.



                    _
                  //イ{
             _  //  { {  _,,、、
           /:.:.:.:.:.Y / >:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.`'<
       _,,。=ニニニ≧、,ィ'ゞ'´:./ ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧s。ー
      ヽ ', /:.:.::::::::::}/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.\`'<:.:.:.:.}i,ヽ,
       \∨:.::::::::::::/::::.:.,イ:.:.:./:.:/:.,イi、:.:.:.:.\:.\:.:.:\::::i,   ヽ
         .マi、::::::::ノ:::::.//:.:.:/:/:i|:.:i|::マii、:.:.:.::::\::ヽ,::::::ヽ,',
         i}、 Y´ノ{i,:://:.:.:/::/::i|:.:i|i::::ヾミii、:.:.:.i::ヽ::::}i、:::::iヾ、
         i:.:.`´:::::ノi}'/:::../::/:.::i|:::i|_i乂ヽ、マゝ。::}i::::iマi,:::i      かしこまりました。
         i:.:.:.:.:::://i/i|::::i|::i|',:::i|i彳弐i|ヽ` i.斧i从',::i Ⅵi|
         i:.:.:.:.:://:::i ',::i、i|.i.',::iヾマェ戈   、''´iノヽ,' .i .i
         i:.:.:.:.//::::i  }i',',ヾ{ミ:i',::ヽ´   _ ,イ:.:.ヽヽ
         i:.:.:.//::::::i ∥ヽ ー=ヾヾi}is。,,_´/.i}ヽヽ}
         i:.//:.::::::::i /イ'"'<.`ヾ i}  i|ッェ==┐
        / /:.:.::::::::i//    ヽ,}`"ヽ `_ィ''マ ノヽ
      /  ./i:.:.:::::::::i┤      i}   .`´ _マi .',
     '''''ー''''´:.:i:::::::::::::i..|   i   }i、  "'<_>,、ヽ,
      ノ./:.:.:.,':::::::::::::i.ノ   .i    }i、=.=ゞ》《]  ヽ,.、
    ./ ./:.:.:.:,':::::::::::::::/   i     .\   .ii.ヾ   } `ヽ
   /  ./:.:.:.:./:::::::::i::::/    i       .{´´゙彡ゞ´  / /
>'´  ,イ:.:.:.:.:/::::::::::i::: |.is   .i_  ,ィー--{   _,,。- ,イ ノ
   ./:.:.:.:.:.:./:::::::::::i:::: |.| .ゝ。/ マミi,   .∧‐'≦≧マ .i ̄
 /:.:.:.:.:.:./::::::::::::/::::/|.|   ',  } ∨  .∧ヽイi|〉{ .i
:.:.:.:::::::::/::::::::::::::::/:::∧ `` 7ィェェッゝ,.∨  ∧イ>} .i
::::::>'´:::::::::::::::::::/:::/_}ミi、===}i, i /.ゝ,`∨  .∧イ}  ',
'´/::/:::::::::::::::/:::/彡ゞ-ーッ彡ゞ,===< i    .',ム  i
'´/:::::::::::::::::::/::://    / i}  i   }i''''}i,     ',┘  i)、


376 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:22:55 ID:y4tWy83j


【で、この後一般人がこういう反応をする】



                      ヽ
                      |ヽ
                      { ヽ、
                   _ _ _,.ゝ  `ヽ_
              ,  ' "´          ゙ミ:,、
          ,,. ' "               :::::\
    `、ー - rニ ; /                 :::::::::ゝ,
     ヾ、_;:::::::::::.イ           ヾ::     \ :::::::::::::\.,_ _,.ィ
         `,ゞ ,          \  i::     ヘ :::::::: :::::: .., /
       / /        i:::    ヘ  l:   ト  ヘ::::::::::::::ヘ"´     金貨を騎士団経由で国に預け入れて信用証をいただき
      /  /      ,.ィ  |:::    ヘ }:    !  ヘ:::::::::::::::ハ
    /   /     // |  |:: ハ |ハ ! |;i  j ::;|   | :::::::::::} |i      国がその金貨で私共から物資を調達する……?
   /   ,:'::      /ハ刈ト  !:| |ル';斗≧ミ从/ /;リ   ::::::::::::i| ||
  //  /::::/     iィァ=ミハ, l::|:メ〃 トィ,;f}》;::/ イ   ::イ::::::,' ;|
 /  ,..:':::::::::/   i:|   { ftハ`ヽ !リ   廴ソノ/::;:::〃  :::,':::::::|  |
./   ,'::::::::,ヘ! ,.イ  i\ ヘ ゞ'′ ヽ     ~< 彡/ヘ  ::|::::::::|_ |i      金貨を往復させるだけ労力の無駄なので
 /::::::::/  〉 ::::ハ  {::::丶ミゝ  '      / /  :: \:|-=彡 ̄`l
/:::::::::/  / ::::::::ハ  |:::::小.    _    ∠._,' .;  /:}:::`  ::::::::::}     信用証をいただいて物資をお渡しすればいいのでは。
::::::::/   / ::::::/  |  |::::i::::::ゝ.     `  _,.r- !/j  ,':::|::::  :::::::::::廴,_
:::::/   / :::::/   |  |::::::::::::::::`ヽ._,. /   ' / ,.'::::|::: _,.;r=≠≦   `ヽ
::/   / :::::/    ,'  ,'::::::::::::::::::::::::::::/   ..::::/  ,'::::/:::/、:::::::::::::::    /
   / ::::/    ,' /::::::::::::::;;_::::::::::/___,.. -─/  ,'::::/:::   ~゙'-=  ̄  /
  / ::::/     ,' /:::::::::::::::| ヽ-'´     /  ,':::::/::           〈
 /::::::/     /.、-───-ト、       /  ,':::::/:::           /
/::::::/     /.:::::》      '{  ≦=≠ ,'  ,'::::/::::            {
::::::/     / :::::::\_,.==≠、/二 ̄    |  ,':::/::::             j



                         ,. -- 、   ,.  ': : :. ̄ : : 丶、 ,. -- 、
                        〃'ニニ>Y ==ニ /: :,:-: : : : :.' ─: :、--
                    /,. 'i:i:i:i,:i:i:|ミz.、/: : :.// // /l| ヽ: : : :\
                  ,. '.i:i:i:i:i:iノi:i:i:|ヽ _ l: : :./ナイ メ /' l|、 ! \ ̄
                  /i:i:i:i:i:i:i:, '.i:i:i:i:i:ハ./ハl.: .:.从 'マ示ミ 〃l,/l l丶ヽ
                  ´  ̄ / ̄/:i:i:i:i:,.イ ヽVl.: .:.ハl  弋zソ/ 伐l |: :ト、',     せやな。
                      /.: :./:i:i:/ハ : : i l.: :.l         、ヒ/l |: :l }}
                  /.: :./:/: :/   \i l.: :.l U   r ‐ ,' l,ハjノ リ
                    /: : :.´_: :/    Vl: : l:.、.   ` , ′N
                /.: : :. :.\三三三三三l: :l:::::>...... _ イ;;lハ l
.               /.: : : :. :. :.,`ミ三三三三ミl: :l`ェ厂l´  ル'ハ ヽ、
                    / : : : : : : /  〉三三三三ミl: :l i ー┴‐ ┐   \ \
                / : : : : : : /  /三三三≧z三l: :l z、: : : : :|    \ \
                  / : : : : : : /  /三三三三三ミ>l: :l ェェヽ_,. イ        ヽ ヽ
              / : : : : : : / ,.ィf三三三三三ヲ /: :ハ ::::.゚.゚..ミi        l l l


377 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:25:16 ID:b+Ov7Aaq
まあ、そうなるわな。
金貨は国に預けたままにして信用証だけ往復って。

378 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:25:39 ID:0thGwAgc
江戸時代だと信用証どころか帳簿上で数字を移動させてるだけという


379 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:28:03 ID:y4tWy83j


【さらにこの一般人がこういう行動をする】



                          l、
                          | ヽ
                         i   \
              _   - ───ゝ   〉
          ,  ´               `ヽ
      ー=彡               \   \
.        /   /        ヽ  \   `ー─ァ
        /    〃 /           '    ミ=-  /
.       / /   /  ' /:         !    \   ,
      /.イ   /     ! i    ヽ    |     \ l       金銀取引面倒だけど帳簿取引するほどの仲じゃないし
.    〃 !   /イ  .|∧ト、   |  \  ! :   ー─ヽ
     /  |   i   i!芹ミx   トィチ示ミメ、i|  !::::::: |       帝国信用証で取引しましょう。
.       |   小  彳 灯リ \|  ト1_灯 从  |:::::::: :
.      l 从 ヽ  ゝ. ¨  ,    ` ¨/ィi  \!:::::::: !       金銀がほしくなったらあなたが両替に行けばいいし。
        |〃 .ヘ  ゝニ=‐  .__ ,   从.  l!::::::::::: |
.         /  ,::ヽ∧::ゝ.       ,'〃  .ハ、::::::::::. l
        /  〃::::::i :::リ;:イ::;>r‐<::::::/  /  `ヽ::: |
     /   /::/::::,' :::/ /::  ' .:   ,'  /   /ノ \
.    /  .::〃:::/ ::/  {:: ‐- -─i   ,'   〃   λ
    /  ..:/ !::/ ::/   ゝ、     ,|  ;   /   / `ヽ、
.   / ./  レ' ::/ \   \  /:!  !/     /    ' λ
  / /    ' :;' \__>=/〔ゞミヽ|  |─- =イ   / /  \
 /∨     i ::{ /     //.小ヽ〉!  !    i:.      〃   ヽ
./∨      .l ::|i/     〈〈//| lV/|  |      ::、     '      \
  i!      | ::i{       ゞ' ! l` !  |    .:::ヽ、          \



     \  )> -=ニ- _                   ___
   ⌒\)ノ(/  _-ニ}               ____ / <⌒
      _-ニ- _-ニ/rヘ           _⌒>- Y// ̄.:.:.:.:ニ==─.:.:/
乂   _-ニ- _-ニ-{[Y}\ \     ⌒>─ミ.:.://\ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
⌒)  _-ニ- _-ニ-/{{/\:\ \   -=彡/⌒.//^\.: \\``~、、<⌒
. :⌒Yニ-/. _-ニ-/ 八/\ \:\ \  ⌒ア.:.:///ハ.:.:.:.:丶.:.\\.:.:.:.:.:``~、、
. . . :.{=-{/ニ- ⌒ -=ニ: \ \:\ \/.:./.:./.:{.:.∧.:.:.:.:.}ハ.:.:.).:.:\.:.:.\ ̄ ̄
  . . V/ニ=-⌒        -=ニ: :\⌒Y.:// : {./ V/.:.:}/ / v/. \.:.:.``~、、___       別に構わんぞ。
 -=ニニニ=-           )// /{:( {/.:.:.:.{─- V/ } ィぅぅxV/.:.:.``~、、.:.:.:.:.:.:./⌒
                   [/⌒ヽ.八.{.:.: {.ィぅ笊\} vツノV/.:.}.:.:.:.:.:.:.:``~、、____   どうせほかでも信用証で商売できるし。
                         ⌒7人. 〃_vツ  ,    }v/ハ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_、‐''゛⌒
                       /.:./∨<⌒  _   ァ /.:./.:.}ニ==─.:.:.:.:─=ニ
                      /.:.:. //.:.:.:丶 `   //.:/}.八\``~、、.:.:.:.:.:.:.:\
                      ⌒Y.:./.:.:\.:.:V/}ニ=-<..}/.:/.:}(.:∧.:.\ ̄ ̄ ̄   丶\
                        ノ.://⌒ 〉.:vノ   -ヘ{. /.:.ノ.:/.:.}-=ニ=-       )ノ
                         ⌒7/    Yハ〉 ./  \\>-彡ノ: :}ハ -=ニ=-
                       /\   .// /  rヘヽ}/  }}V〉)ノ: }\  -=ニ=-
                         ////\ .///   ノ ノ<./   .}}. V〉 }:} :/ハ     -=ニ=-   _
                      {\_/〉 ´   -=ニ=-     }}rヘ_〉v/ ノL       -=ニ=-  }\
                      -─_、‐''゛[//  _ -ニニニニニ=- -=ニニ-.V/ : :}        / /⌒\/ハ
                     /_、‐''゛: : : :.[/{ /-=ニニニニニニニニニニ-V/八__  _、‐''゛  ノ^ Y/=-
              /: : : : : : : : : :..[/{´ V/ニニニニニニニニニニニ.}: :/: /{>    丶 _、‐''゛    -=ニ=-
                //: : : : : : : :../[/{   V/ニニニニニニニニニ=-//: : /{.{     /
             /: : : : : : : :../: :..[/{   .}-=ニ=-  :. }   {:\: :Y/: : : : :..{.{    /


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    このせいで実際の金銀よりはるかに多くの信用証が通貨扱いされているのである!


381 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:32:38 ID:y4tWy83j



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __             税収の時期なのに騎士団に戦時発行させた信用証が回収できなーい!
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \         騎士団に徴税させたぶんから予算を引いて残った分を裁断させても
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .  全然信用証が返ってこなーい!
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             そう、だれも、信用証を国に返す気がないのである!


383 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:38:13 ID:pG5hKALr
豊かにはなってるんだけど担当者は頭が痛そう


384 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:38:24 ID:y4tWy83j



                                 ___
         ____                /  /⌒\
          \::::::::::::::::::\⌒> -=ヘ──-    /  /
.             \::::::::::::::::::>   /  \    `ヾ/⌒\
             />―=7イ   / /         ヘ    \
         /´:::::::::ー=/ i  / /  /   /    \____>
        ∠ ::::::::::::::::::〃  i / | /\ /|:/| /|   ト、\:::\
          /    ̄ ̄ ̄{{  Ⅳ   Ⅳ下ア抃/|、 :|    |  ∨:::\     ちなみに騎士団における「信用証の裁断」とは
.         /      / '  /│  │  ヒiソ |/ |_/| │| │| ̄ ̄
.      /      /   Ⅵ、_|   Nヽヽ      fカア :八| │|        一般的に帳簿上もってる信用証の数を減らして
     /      /    ≫i|   |ニ7      、ヒ{厶イ:|/ 八|
           /   /三│   |_/   _    / /| | /  |        次発行を依頼する際に渡す在庫に帳簿上移すことだよ。
    /      /    \ニニ|   |{> ,__ `_ くl />|ノ:/
.   /  .:   /  /三三三|:.  |-{=仆ニ三三/レ  |
  ,:  .::::: ...:/  /三三三三|::::::.::|ニ乂乂三三/ l. │
  :: .:::::: .:::/  /三三二=彡|:::::::::|_/ニニヘ三/! |  |            いちいち刷ってたら手間もコストもかかるし発行希望者多いし
  |:::::::::::::. :::/ r=ニニ二三三三|:::::::::|'______∨ |:::::|  |
  |::::::::::::::::::  / 二三三ニ二彡|:::::::/ー ──ヘ |:::::|::::::|            再利用できる分は再利用した方がいいからね。
  |:::::::::::::::│/三三=ニ二三三厶イ_______,Ⅵ:::人:::::|
  |::::::::::::::/ニニ二三三三三三/─────‐|:/三\|


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 とても恐ろしい集団心理である……!


385 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:42:09 ID:y4tWy83j
※ 当然ですが帝国と騎士団の信用がどっちかでもおちたら破綻します。

387 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 16:49:16 ID:y4tWy83j


さて続きをやりましょうか。


11月――【1D100:78】


↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑,/ ̄〈⌒ヽ..↑/ ̄〈i⌒ヽ.↑/ ̄〈ii⌒ヽ . ↑/ ̄〈i⌒ヽ..↑/ ̄〈⌒ヽ
|l/",二ヽニ0.|....|l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|.|l/"二 ヽニ0| . |l/",二ヽニ0| |l/",二ヽニ0|
||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ...||_[,,゚-゚)__,ノ ||_[,,゚-゚)、__ノ . ||_[,,゚-゚)___ノ ||_[,,゚-゚)_,ノ.
|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ.|/"ii_ii⌒ヾ |/"ii_ii⌒ヽ |/"ii_ii⌒ヽ
Φ' l´  |ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  ニ0 | ゙Φ' l´  |ニ0 | Φ' l´  |ニ0 |
| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ..| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ.. | ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ .| ノ'i'i'i'i'ゝ__ノ
| (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U   ゙.| (/"U   | (/"U   ゙ .| (/"U   ゙ | (/"U

             __           __           __             __             __
           /´_ヽ        /´_ヽ      /´_ヽ         /´_ヽ         /´_ヽ
         ∧ミ∧ω・,)>    ∧ミ∧ω・,)>    ∧ミ∧ω・,)>      ∧ミ∧ω・,)>      ∧ミ∧ω・,)>
        ./・ ・,ミ:と{::)     ./・ ・,ミ:と{::)    ./・ ・,ミ:と{::)      ./・ ・,ミ:と{::)      ./・ ・,ミ:と{::)
        (。。ノ  ヽヒゝ   (。。ノ  ヽヒゝ   (。。ノ  ヽヒゝ     (。。ノ  ヽヒゝ     (。。ノ  ヽヒゝ
       //ヽ /  しノ   //ヽ /  しノ   //ヽ /  しノ     //ヽ /  しノ     //ヽ /  しノ
      / ( へ /:/|.|   / ( へ /:/|.|  / ( へ /:/|.|   / ( へ /:/|.|    / ( へ /:/|.|
         ヾ i | |‐"U      ヾ i | |‐"U     ヾ i | |‐"U      ヾ i | |‐"U       ヾ i | |‐"U
          ` | |          ` | |         ` | |          ` | |          ` | |
           ,U           ,U          ,U           ,U           ,U



     /    /            \   \
     '     /   ヘ{V^ヽ    \、__ ヽ     ヽ
.    /      ′/ 厶=ミrヘ', }     ` ミハ
   /       :    ′     :〔\ 、     }       .
        |   i      |レ公トミ,__ 」   :.   :
  ′  '     |  ,}{-‐っ     ||´   ≧=-=ニ|    ::.   i
 :    i{ :   | /仄⌒’    |!  7´,ィ笊ヌヽ|   ハ : |    よ、よし、やっと予備団員から昇格させた人員の訓練が終わって
 : :{   i{ :{  |ノソ ,, -=ミ       f‐ぅ ハ j〉,  .: : | : ト、
 | :{: .  i{   |k 〃,ィ笊ヌ       く^ー'リ l{{ .: : :j : : :ハ   ある程度の増員にめどが立った……。
 | |{: : . { :i{: . |{ {{ f‐ぅ ハ         `¨  爪{ .: : : ′|: : }
 | | : : : : .  : :八.儿.く^ー'リ           /;  .: : : /: :i|/
 | |. '; : : : : : : : .\  `¨´   '       u / .: : : /: : :|「 ̄   あとはインフラを整備して地方の都市から収益を取れば
.八{  ' : : :∧{: : : : . \_,        _,. -  厶イ⌒´ ア : リ
  \ \{ /|\{\/⌒ 、    ´   ,, -‐ァ′. : /_/     一応平時に戻れるぞ……。
      : /|  : : |{\: :≧=-   . _/    /. : : : / >__´
        :{ |  : : |lア´ ̄ ̄`ヽ /   /: : : : //´/⌒
        |l |  : : |ヘ __   } {   ,/厶斗ァ' /       年末は帝都に戻れるといいなあ……。
      八∧  : : ∨/   />'「 ̄ ̄    / /
     ,., -‐ヘ  : : \  //   |       {  {


388 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:50:59 ID:lR9QjIY6
戦争とその後始末ばかりの婚約旅行

390 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:55:29 ID:vrhDC+x9
年末は帝都で婚約の祝宴か

391 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 16:56:13 ID:0thGwAgc
年末は割とバッドイベントぽいが…


395 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:12:27 ID:y4tWy83j


12月――【1D100:25】



                /
           |>    /,/
           !!    / 7                             /
          ll  /   7                        |>    /,/
             !レ'     7   F'   ,/、                !!    / 7
            /    ,'   !!  /,/ト'              ll  /   7
        /     {     !!/ 7 :                     !レ'     7   F'   ,/、
      /         !  ,/  ,' :                   /    ,'   !!  /,/ト'
 _ l~~) ,/           人/   .八:                /     {     !!/ 7 :
 !゙i~~/_,,, -─'ii'~¨'' ‐-ヽ、''ii¨''_.-_、.../           /   ・     .!  ,/  ,' :
 l l゙ー´-- 、.,,,__  ll   /¨¨.|>    /,/       .._ l~~) ,/        i。 .人/   .八:
. l !       ~~¨'''' ー‐- !!    / 7        .!゙i~~/_,,, -.。 'i;i ..‐-ヽ、''ii¨''_.-_、
─i、,.rニミヽ、_,;,_,;:,._       .ll  /   7 ──     l l゙ー´-- 、.,,,__ . ! |’i¨ ・。 ~j~ ̄--‐ |
           ~~~~~~  .!レ'     7   F'   ,/、       ~ i | l .  ・  . . 7
          ・     ./    ,'   !!  /,/ト'..,.rニミヽ、_,;,_,;:,iリ  ',° ,  ° .,/───
            i。 /     {     !!/ 7 :         'i`   'i !’ ,' 。'''''ー─----
         。 'i;i .        !  ,/  ,' :      .’  。 :|   .l ,' ′’
        ._ l~ ! |’i¨ ・。      人/   .八:           .、|     ,′イ
        .!゙i~~i | l .  ・  . ‐-ヽ、''ii¨''_.-_、  .・        |    ,'  |    °
        .l l゙...iリ  ',° ,  ° ./¨¨~j~ ̄--‐.・   ¨° ’.:, .ivi ,   , .|           o
        l ! 'i`   'i !’ ,' 。...ー‐-‐'     7 ’ ° ・;:',、___!  !     , 」__          ・
     ’  。 :|   .l ,' ′’      .___,/───..≦二=-j__,     ,、≧二弐ラュ,_ _  :
         、|     ,′イ ~~~~~~ ¨¨''''''''''ー─---.―  ´' ----__-ニ-==ニニ´
  .・        |    ,'  |    °                  ̄   ̄ ―  ̄
・   ¨° ’.:, .ivi ,   , .|           o
 ’ ° ・;:',、___!  !     , 」__          ・
     ≦二=-j__,     ,、≧二弐ラュ,_ _  :
    ―  ´' ----__-ニ-==ニニ´
         ̄   ̄ ―  ̄



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /      申し上げます! 整備していた南の港湾にて海賊が横行し
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/        特に我が国の船舶が多数襲われております!
      \_],)、 /ヽ,_ソ
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/



               , <::::::::::::::::::::::::::>、
              ,:'::::::::::::::/:::::::::大:::::::::::\
             ,:':::::::::::::::/::::::::/ト:::ヽ::::::::::::ヽ
             ,:::::::::::/:::::|::::イ:ハ`´`´l::::::::::::::',
            ,:'::::::l:::::'::::::::!::/:::ル   !ト::::i::::::::,
           ,:::::::::'::::':::::::::レクノ´V   从::::!:::::::::,
           ;::::::::i:::':::::::::::ヒx==ミ '  /- 乂:::::::::::,     どう考えても周辺諸国の私掠船じゃないか!
           ,::::::::,:::,:::::::::::::',叱シ    叱} ,::::::|::N:、
          ノ::/::,::,:::::::::::::::: ,     . `´ /::::::}::! マ
          {::::i {::|::::::::::::::ムヽゝ __  彡::::/}::ノ 〉〉
          >乂,V:::::::::::::::::\ └ ┘ /K:::',´ フ |:|    /二二二>、
        <:;:;:;:;:;:;:;:;V::::l:::::\| > ―< ,::::::∧´ーレ   ,'      ` ヽ
          V:;:;:;:;:;:;:;=V::V::\ヽ> <  ノ/:::::::::::lニニハ ',           ヽ
         V:;:;:;:;:/⌒ニ劜V:;:;ヽヽ  //::::::::::::リ/ニニ , ,           |:|
         \:;:〈' ヤLニニ\リ リ./ニムムレレ'/ニニニ , lニ>、        ノ:!
           /∧ /- `ヽヽニ\/ニニニニニニニ ,'ニニニニL 巨≧x:::::::三三三シ
           くrハ(ニ   ,ニニ○ニニニ〃__」ニニニニニニ|>ニリ:::::::::::::>´
           |ニ\\ト  /ニニ><ニニニニニニニヘニニニニニ人:::::、::::::::::::::> 、
              〉ニニ>入 , ニニ |ニ|ニニ><ニニニlニニニニニニ.\:\:::::::::::::::::::::> 、
           ,ニニニニニニ | ニニニニ!ニニニニニニニ>i!ニニニ>ニニ, `≫::::::::::::\:::::::::::\
          ,ニニニニニニニ| ,γヽニ〉ニニニニニニニニヽニニニニニニ}   `ヽ::::::::\:::::::::::\
          ,ニニニニニニニ弋 ゝ人_人r 、ニニニニニニ ヽニニニニ,       \::::::\::ヽヽ:\
         ,ニニニニニニニニλ≧≧≧ニニニニニニニニニニニニニ ,         ヽ:::::::::::ハ V::ヽ
         Vニニニニニニニリ }ニニニ/ 弓 ∨≧≧ニニニニニニ>         ヽ::::::::::', V:ハ

[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   で、年末にもなってようやっと南の海から外洋交易できそうになったところで私掠船が多発。
  報復のためか帝国の船舶が重点的に襲われ始め、慣れない海と船で退治する羽目に。


398 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:19:43 ID:y4tWy83j



                                                            _,xX戀戀戀戀戀戀戀戀戀戀/\戀
                                                __、、、、、  _、xX戀戀vzzzzvィZZZZZ寸戀戀戀| ̄|ニ
                        __       _、──、         ,、| ̄ ̄|   |i二二Πニニi戀戀戀| ̄|¨|[]冂冂冂]zzzzzL[二二]
                       /∧_/ ̄ ̄\ ̄ ̄|‐- _     /縱戀i戀戀iリ戀慫ノリ慫淡Tニ∠ニニ∠ニニニ冂ニ‐|¨¨¨¨丁j|    |
             ___ __ - ∧二二マニTニTニニ癶ニ7ニxヘニニヽ=-- L--弍戀戀戀冂_,ノ´/∧淡淡ニニ∧ニ批批批=| ̄r-''「l ̄|丁¨¨¨
              ∠/,/\r=ニ|⌒|弋ニ弋∠二 -‐‐|∠∠二癶|_|ニ7匚]vv|ニ大ニTT_ニニ| |:|ニニニニ/|_,、-rォ'゙´| ̄_|__」::|.:.:.|::|zzzzz
        _---|_| ̄|___L..,_|  |大ニニ|__|__ ‐‐ニニTニiニニTニ癶ニニニュ_-|_|ニニ7ニニニニュ_┴┴二丁二T 丁´ :.| |/| ̄ |__」⊥| ̄|∠ニ
       /|_ ̄|∠ニ大ニニ\へ|_| ̄|_∠二∠二二/_L二γ'ヽ‐ニニヘ二∧二L-_二癶ニ∧ニTニニ7==|¨´:|__/´|_|_/ ̄ ̄/ | ̄| ̄
     K_弌ニニTニTニ7ニニヽ_\>i¨癶¨¨丁二7ニニTニ|∠二7ニ弌Tiニ「 |ニニュ_-二二7ニT>'7|[]|∧二LL|ヘ.:.:.:|.:.:.:/´  弋二二二二二二
. . : : ::| :|  |/ニニ7ニ7二∠丕丕∧/|ニニ「|-イ ̄|─ー:|xヘ/\癶「ニ|,、-┴┴──「 ゙̄| l</_| ̄|二二「 ̄|ノ__|\|\_/\| ̄冂;';';'匚]
. . : : :| ̄| ̄|\`7ニニニニニ| ̄`ー┴|/[.二二丁∠丁¨~:|‐‐┴─┴┴イ|_ 癶二\_[ ̄|`'i'ヽ|__|____|\_┌┘ ̄ ̄~¨|イ^ィ癶Tニニ7;';'/
     ニ|  |__「  |:¨¨丁 ̄.:. | ̄ ̄ ̄~~~゙|─ー:┼┬┴=ニ|_|⌒|⌒|⌒|_| ┴|TTl_| |ニ「|TT|__厂 ̄絲絲絲  / ̄_ ̄ ̄ ̄ ト∟|_|∠ニニヽ|;';'| ̄
     ``'㍉\ |  :|I :I :I :|   II : :II: |、  └┘      └──  ̄  ̄    ̄| ,√ ̄|_/ ̄/\|二|/'´/`丶,,、xX縱縱縱縱縱7㍉
        ¬うぅs。|_ -ー弌=-一一__彡                         ̄ ∠/\ ∠ヽ/|//'´/`丶 /|[レ''7㍉縱縱/7/\|/
        _ ‐ _ ‐ ¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄     ┌ー ‐ ‐ --  _            |  | ̄∠、/|/ `i¨¨¨¨ i'゙|」/ / /7㍉;'匚| ̄ ̄縱
        `¨¨´                  ̄  ─  __   ̄¨¨〕    /¨¨¨¨¨∠、/|///\ ロロロ|/;'| ̄ ̄|'^'i',縱縱絲i絲i絲
. : : : : : : .                              ̄ ̄ ̄   /¨¨¨丕∠、/|/ //\/統i統i統/絲絲絲縱絲i絲i絲i絲
: : : : : : : :          . . . : :                  /¨¨¨¨丕_∠、/|/ ィf縱縱縱縱i縱i㌻/xi縱縱 ┌'^絲絲縱縱縱
: : : : : : . .       : : : : : : : : :            ___/¨¨¨¨丕_∠、/|∧_ 縱縱縱縱縱縱|/縱縱縱刈vv絲統統統統
: : : : : : : :            : : : : :. .     . . . : :/ /¨¨¨¨¨丕∠、/|∠「 |/\絲絲絲絲絲絲絲絲絲絲絲絲絲縱縱縱縱
: : : : : : : : . . . .           . . . . : : : : :/  | ̄ ̄ ̄| ̄| ̄|/|  |' \/|絲縱絲絲絲絲絲絲絲絲絲絲絲縱縱縱縱



     /    /            \   \
     '     /   ヘ{V^ヽ    \、__ ヽ     ヽ
.    /      ′/ 厶=ミrヘ', }     ` ミハ
   /       :    ′     :〔\ 、     }       .
        |   i      |レ公トミ,__ 」   :.   :
  ′  '     |  ,}{-‐っ     ||´   ≧=-=ニ|    ::.   i       さて、さすがにこの辺の地理には疎いし
 :    i{ :   | /仄⌒’    |!  7´,ィ笊ヌヽ|   ハ : |
 : :{   i{ :{  |ノソ ,, -=ミ       f‐ぅ ハ j〉,  .: : | : ト、      アイシャもどうせ探検したがるだろうから
 | :{: .  i{   |k 〃,ィ笊ヌ       く^ー'リ l{{ .: : :j : : :ハ
 | |{: : . { :i{: . |{ {{ f‐ぅ ハ         `¨  爪{ .: : : ′|: : }     各地の海賊戦や拠点を探して
 | | : : : : .  : :八.儿.く^ー'リ           /;  .: : : /: :i|/
 | |. '; : : : : : : : .\  `¨´   '       u / .: : : /: : :|「 ̄      とりあえず外洋までは安定化させないと……。
.八{  ' : : :∧{: : : : . \_,        _,. -  厶イ⌒´ ア : リ
  \ \{ /|\{\/⌒ 、    ´   ,, -‐ァ′. : /_/
      : /|  : : |{\: :≧=-   . _/    /. : : : / >__´
        :{ |  : : |lア´ ̄ ̄`ヽ /   /: : : : //´/⌒
        |l |  : : |ヘ __   } {   ,/厶斗ァ' /
      八∧  : : ∨/   />'「 ̄ ̄    / /
     ,., -‐ヘ  : : \  //   |       {  {



海戦ウェーブ(船はだいたい小舟。ヤバさが100以上か数が7以上なら拠点とする都市発見)
0:ヤバさ:【2D70:97(57+40)】 数:【1D10:6】
1:ヤバさ:【2D70:103(70+33)】 数:【1D10:1】
2:ヤバさ:【2D70:113(48+65)】 数:【1D10:10
3:ヤバさ:【2D70:44(29+15)】 数:【1D10:8
4:ヤバさ:【2D70:70(14+56)】 数:【1D10:8
5:ヤバさ:【2D70:113(60+53)】 数:【1D10:3】
6:ヤバさ:【2D70:38(25+13)】 数:【1D10:7
7:ヤバさ:【2D70:62(3+59)】 数:【1D10:8
8:ヤバさ:【2D70:124(62+62)】 数:【1D10:3】
9:ヤバさ:【2D70:91(48+43)】 数:【1D10:5】


399 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 17:20:54 ID:4UtgBTAM
結構あるな

401 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 17:22:06 ID:XnsGsHu+
どこも大体拠点都市があるwww

マジで死にたいのか?(白目)


403 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:26:48 ID:y4tWy83j


0:ヤバさ:【2D70:97(57+40)】 数:【1D10:6】⇒沿岸を襲う海賊団
1:ヤバさ:【2D70:103(70+33)】 数:【1D10:1】⇒数は小さいが強い海賊が拠点とする都市
2:ヤバさ:【2D70:113(48+65)】 数:【1D10:10】⇒どう考えても巨大都市
3:ヤバさ:【2D70:44(29+15)】 数:【1D10:8】⇒強さは大したことないがかなり大きな拠点
4:ヤバさ:【2D70:70(14+56)】 数:【1D10:8】⇒強さはそこそこだがかなり大きな拠点
5:ヤバさ:【2D70:113(60+53)】 数:【1D10:3】⇒数は小さいが強い海賊が拠点とする都市
6:ヤバさ:【2D70:38(25+13)】 数:【1D10:7】⇒強さは大したことないが海賊拠点
7:ヤバさ:【2D70:62(3+59)】 数:【1D10:8】⇒強さはそこそこだがかなり大きな拠点
8:ヤバさ:【2D70:124(62+62)】 数:【1D10:3】⇒数は小さいが強い海軍が拠点とする都市
9:ヤバさ:【2D70:91(48+43)】 数:【1D10:5】⇒海峡をふさぐ海賊団


      ,
     { }  ,,、                _,,,-、,,
     ヽヽ,//               ヾ  ヽ,,
      `i0ヽ,                ヽ,  \_,    _,,、
       ヽ  ヽ,                ヽ,,   \-,/,,、 i,,
       ヽ  },                ヽ,∩    / |  ̄ ̄` ―´
        |  `ヽ,               ``!、_,--ノ´  ヽ-,,,,、
        {-、  ヽ                          ヽッ
         ヽ  ,{                           ,/
          {  ヽ,←この両岸に1~8まで点在       ,--!
          {   `ヽ                      ,,!
          ヽ,    !,                   ,,,ノ´
            },    ヽ                ,,,ノ
            |     }              ,/~
            `ヽ,,,   {          ,,--‐´
               `ヽ, }     __,--‐´~
                 ヽ!,,,_,、,-‐‐´
                 ↑9

              /
            //   /\
        ___  | |   /__ \ ____ 、----―-t--―‐-、,,
      /---, \V\/   < \___/ >/___   "'''‐ ,,\       ,,、 、 - _‐ - -_― ―
        /  / |   ヽ  \ <て ( \//゛"'''‐-- 二二二フ_  " ,,、-‐'' '" ,,、-‐'''"゛       " '''‐-
       / ///  ヽ ヽ ヽ ヽ\ \ ヽ)\"V/_V~)_/ )   / | |  ,,、‐'''"゛
     ∠_///// | | ヽ ヽ V-"フメヽへ \|:::"T/x">====フ/ /| |/                    ,,、-
       /  | | | |,|-|-|\Vイサア人 \ ヽ \:::::::人r" yー-イ ///               ,,、-‐'''"゛,,、-‐―
      // /|从 | ィテア    ̄" | |\ヽ |\\_/>(( ||_ノ_>、/      _ ,,、-‐'''"゛ ,,、-‐'''"゛   ̄  ̄   海賊拠点多すぎるだろ!?
     / / / /| 人ヘ  ` _   .| |//ゝ レー->/    |   \―= ̄    ,,、-‐'''"゛   ,,、-‐ - ― ―
     |/  |\_/ | ゝ  (二)  .| //-,,//"フ /ー了" >く\   \ ,,、-‐'''"゛  、-‐= 二__
      _⊥|__ \ヽ > -――┴、| // /∠_ー―>、__ \\   \  /k――――― ――‐-、,゛"'''‐-、,,
    /     \_ /:: :: :: :: :: :: ::Y/  フ /ー">" ̄\\__ \\   ヽ// \-――― _      ゛"'''
   /:: ::: :: :: :: :: :: :: | |:: :: :: :: :: :: :: ::  | //  /     \ \ \\ //   \ ̄ ̄ ――.゛"'''‐-、,,
   |:: :: :: :: :: :: :: :: ∠人:: :: :: :: :: :: :: :: |/ /   |      ___|   \_\\\   \       ̄゛"' ''‐-、
  /|:: :: :: :: :: :: :∠/:: :: ヾ:: :: :: :: :: :: : /レ   /     /,―_\ /二二| |ー―"    \
// >---:: ::∠/   :: :: :: :: :: :: :: / /|\ | .|    / /    "'''‐、_>、\        \
/  |:: :: :: :::/_/ /二_ヽ       :: :: | |  "T.|    | |       / / \ \        \
   |:: :: :: /_/ //    ヽヽ     :: ::. | |   > \___>_\,,ー\  .|  |  / /\\ _ __     \
   ハ:: :: :|/ //_    ヽヽ  :: :/| |__ \          \|  | | |  | \ V / /-、    \
_/_ヾ_/゚o゚/ o     ヽ  \\/:: :: 丶ー、\ ヽ          "ー"ー"ー"ー| | | | |\     \
///_/| |ー"::| |"'''‐-、,,   >ー― - 、:: :: :: :: \\ ヽ                 ししトト |  \     \
| | ////コ:: :::| |   >" __   ゛"'''‐-、,,;; ;; ;\\)                   し| |\  \
/ // //:: :: :/| |_  < o   >  ゛"'''‐、,,    ゛"'< ̄                     "ー"| \ \
//\|_| ,,/ /\\ ゛"'''-<,,      ゛"'''‐-、,,__\                       .ト | \ \
人_ _<:: :: :: :\\    "゛"'''‐-、,,_____  ゛"'''‐-、,,                  し   \ \
:: :: :: | |:: :゛‐、,゛"'''‐-\\    \  \:: :: :: :: :: :: ::゛"'''‐-、,,  ゛"'''‐-、,,                  \ \
:: :: :: | |:: :: :: :: | |゛"'''‐\\    \  \:: :: :: :: :: :: :: :: ::  ゛"'''‐-、,, ゛"'''‐-、,,                \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     いざ討伐に向かったらやたら海賊と港湾都市に目の敵にされていて驚愕する。


407 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:38:23 ID:y4tWy83j



                    , ---、      // ,.――――― 、.     ,'
                  , イ´: : : : :`ヽ、   / //: : : : : : , -----ヽ   ,'
                    /: : : : : : : : : : : : ヽ.___/: : : : : : : : ::´: :` ヽ 、.     ,'
               /: : : : : : : : : :_, イ´: : : : : : : : : : : : : :==、ヽ`ヽ.  ,'
             /: : : : :-‐‐ニ´-./_____: : : : : : : :, 'l: : :.、: : : : : :`ヽ`ヽ.,'
           / ┌ ´_ -‐' ´: : : //--==__`ニヽ/=⊥_ヽヽ: : ヽ、、: : :ヽ,'
          /:/: : :.| |: : : : : :_-=|ゝ`ニ≠__   ヽ>-<`_>=,: : `ヽヽ,'
           .,.' /: : : : | .|: _ -_ 〃 ̄ ̄;;;;;{ /;;|__==l'ニ_┌┘_`_7 ̄lニヽ,' ゝ==,
           / /: : : : : :ヽ_',-' /,{;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丁.{;;;;;;;;;;└-,' }--ニン      _____
        /:./: : : : : : : : : //,',;;;;;;ヽ--=ゝ= ,≠テニT,'.ヒノ/ス ゝ、_コ.,'イ' ̄ }      /___
         /:./: : : : : : : : :/ /: / .i;;;;;;;;;;;;;ゝ:l: :.||`弋.ソ |/. 、.ハ:`ヽ    ',/   |      __ ,,--,ヽ__  まあ仕方ありません。
       ,': ,': : : : : : : : :'‐‐´:/ / .{_;;;;;;;;/ >ヽ:l、:`   / ' ,〃/ヽ、\   ',  / ̄ゝ--‐';;´;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;
      .i: ,': : : : : : : : : : : / /  ヽ`___/ .',ス| ヽ >=-'、、 .{  `ヽヽ__ ', .{  .{ {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ .{;;;;;;;;;;;;;;;  敵対してくるというなら
      |: |: : : : : : : : : : :/ ./         .\ゝ|` ヽ ≠ゝヽ    ./  ', |  .! .|;;;;___;‐---ゝ__ヽ--‐‐
        |: :|: : : : : : : : : :/  \-- =_____  | ̄ 7:::|   <<´   \  / _  ',`テ‐`´             まずOHANASHIが必要です。
      .|: :|: : : : : : : : :/    ` ヽ__  \ヽ/:::::L_, 'ヽヽ   `ヽl=t'´ ̄',´
      .|: :|: : : : : : : :.,'          .`--、/:::::::::_:/./::::::::ヽ:i      .|.   ',
       |: :|: : : : : : : ,'         .x,'::::::::::::└ 7:::::::::::::i:|      \   ',
      |: :',: : : : : : ,′        / {::::::::::::::::::::}{:::::::::::::::|:|       /,>  ',
        ',: :',: : : : : {        /  ヽ、:::::::::::_,ゞ、_:::::::::::|:|    //   ',
        ',: :',: : : : :|       /     ` ー≠ヾ:T"` ̄::::|:|  //ヽ,    ',
` ‐‐‐- ____ ',: :',: : : : |    ___'-- ______.{ヽ、ヾヽ,::::::::::ヽ_/:{__ン/ .     ',
       ` ‐‐-==_┴ 7´    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ゞ、.|| _||  /===- /        ',
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ‐‐‐‐‐<________     ヽ.`>≠_/ /  __, -.ヘ-、      ',
                   ` ‐-->    __ メ、   |` ̄ ̄ __.-´   \     ',
                      ,>≠ァニニ、\`ニ_|` ̄ ̄       `ヽ    ',
                 > ´ .//‐‐‐‐‐≠-、‐<.|             `ヽ  ',
               /  //:::::::::::://::::::::`ヽ |               \',



.             / i‐`-ニニニ;;―、      `゙'''ー ..,,,      ゙'-、    .l  "   /   ,/   .,,,.
... ゙゙̄"'''''''――-.......... / l_      l.l           `゙''ー ,,、  `'-.   `    .ヾ ./  .-‐'″
.               / ./   ̄ ゙゙゙̄''''''..l|. ―--..........,,,,___,      `            ´
._________/./ .. -―-..,_ ____゙h ___________               ______
.          _-/ "       `"'~..l.l,、        _.          .,i         ,、
.       ,,/゛              !.! `゙゙'''ー゙゙''' ̄ ̄ ̄!    .,..     ./l゙     .、  `''ー 、_
.       ヽ            iー .._          `''┐  . l -‐″  ,,  / l゙      . \    `''ー
.        ..l         l,  `゙''、,,,,_,           `'く,./    .,/_,, ┘/ l 、.i    、\,
.   . _,,,,.. -ー' \         .ヽ ''''″   `゙''''―- ..,,,   .!゙ ̄ ̄~´   /   ! ,! !    \ \.
..''"゙´       l .|゙>、     .\  ._,, -'" ._.. ,,,r'"| ゙゙'ー‐' ̄ ̄┬√ ̄}  l  :!  ! ..l   \  `-、
.     _,,, -ー .,! l   ヽ      ヽ'"  ._..-'".l゙.,..-',゙メ..,,,、   \_/l  |  .l  .ヽ .、 \  .`'
.... -‐'''"゛     / |    .ヽ,     `'-,゙  .,..-'゙y‐゙_,.. -'" ,.  ,.  .r  /  :!  !   l, .ヽ  ヽ,
.          ! .! ,,..-'"゛ .\     .,..-'゙. / .`'-- ....,,. ./ /   /   l゙   |   !   ヽ .ヽ  ヽ
.           _、l゙  !   _..-'" \._ / .,/゛          `'-、 '"   /  .,..‐"ヽ ,!   |   ヽ ヽ  ."
.    _.. -'"゛ .!  . l -'"     ,./ ,..‐"               \  /.,/゙_,,,.. _\′  .}   .ヽ ヽ
.._..-‐'´     _..ヽ. .!    ._ / . _/゛ .\ ,/   ,イ ,イ       `'‐ジ'"´ 、 . \ ゝ..、 |    ヽ ヽ
..     ._..-',/]    , /  .,/゛  .,///  ////            `'、  l  .l │ .,/ .!    . l  ヽ
.  ._..-'". /   .,! _ir'"  ,/゛――――//  /| レ レ              ヽ l゙  ,!  .l /   .!     . l. .゙'
..'"゛ ./    .'″ ゙l. / `゙ ̄ ̄ ̄ ̄ //   l |  .    _,.. -z_       ゙!、  .l゙  !l    .!     ..l,
.  ./   .,-   , /  . /     .,///   l |   ,.ニ7./二._       `'、 ! / │   .!      .ヽ
. ./    く .  .ヽ. /     ./ //    l l   'ー''7/´ ̄        _,, -'__、'゙´    .!      ゙‐
.._ ,l゙        _..-'"    .,/  //   Y     /  '__ノ>/〉    ´  ´゛ .`'、、    l
.. ゝ .......... ー''"゛      ./   /             ¨j/´〃           _/     .l


               (;; )
 (;; ).     ___    (;; )   (;; )               ゞ;;;;;ゞゝ.:.;:;ソ
 (;; ).   __i .i-.、 (;; ).__   (;;   ワーワー      (;; ) ゞ ;.:;:;: :;.:;:;:ノ
 (;; ). rii | i_,! 'ー _γ((炎)(;;           (;; ) 丿.;:: .;::;.::.:,ノ
_  (;; γノ)::)      ." |__     (;;      (;; ) 丿.;::.;::;.::.:,ノ
└┘ 人;ノ;;;;;从i~~゙"i''-.,」_.|_iγ((人)   从人 _从丿;.::.:,ノ ジ
┬─┬人;ノ;;;;;从人|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、(( ( (人) ),l l  ヤ
┴┬┴_γ((炎)火)~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL. _γ((炎)火    \
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|       ン
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|      rソ(' |_._|__|~''i
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| |_~"'l'''ソハrへ,,  ::',|" ___ ^|
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|─r;:う:|,''ヽ|'"|_._|__|~.''| (:::(
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_ ::; ヒ;;:::ヘ|'"|_._|__|~.''| )::)
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|   |_~"'l'''' iー-.ニL |'"|_._|__|~''i| ;;ゞ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l'' ーiー-ト::;.|" ___ ^.l ;;;;;ゞ
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|"'''l -i . rll'|i"□_| ~!"l '" ̄ヽ
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|\~"    '_"|"'l': ri'"|ソハrへ|〈::::::::/ノ
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|^ l ̄;:;。う! ~!"゙i .r i'|"|_._|(:::::)__|~''iヾ:::::゙、゙、
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"三;:;:  ||- _,...::::::''ヽ| p─r;:う:|,''rへヒ;;;7 ̄
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~L三へ;:;:\ ̄l'l::::;;:::::::f ヒ;;::;;::ヘrへy-、゙、



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   錬金船は持ってこれなかったので既存の船に炉をくっつけた改装船で湾の討伐を敢行。
  敵対してもしょうもないので各都市に帝国に敵対しない旨と通商を誓わせておく。

  なおそれでも襲ってきたら次は占領すると警告しておいた。成長点+【8D6:30(1+5+4+4+2+4+5+5)】


408 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 17:40:56 ID:Dmd5MkIq
よしよし割と儲かった


412 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:44:25 ID:y4tWy83j



          , ,´    ヽ /`ヽ       `ヽ,ヘ       i
        /   ,,     ./           ハ `ヽ     l
     ./ ィ/     /     i         ',  i     l
     / / /      イ     /|     、  い  '.    |
    ./   /    ナメ、,!     / .| ト!   }    ,   〉.  |
       ./   // / .l    ,'_| 」__|   ,'    ,  | ∧ |
      / , / ,下、 |   ,  .九!下  ,'    ,  ハ ∧|     こんなところ占領してもいいことはありませんし
      /イ/|   ./ i! fい.|.  ; -‐ リ ',. /    ,   ,ノ   》
       / |  イ  ゝヒリ|.  ! ´fいryュゝ/   /  ,ハ //     とりあえず最初は海賊が悪いということにしておいて
     / |   |´     |  l  」_Ⅴ / /. .| f⌒Vイ .レ' ,イl
   /  .| .   |       |.  !   `¨´ /  ,レ´  / .| .トイ .|     取引した方が儲かると思わせましょう。
       |   ∧       , |      / ' ./  /  | .|   '|
 __     |  /  \    _ヽ!    ./.,' / イ   | .| / |
イ `ヽ,   |. / r―-ヽ,____,,ィ/ / ./.     ,' .| .|/ .|
     \ | /   }! 《`ヽl      / / /     ,   !イ  .|      さすがに全力で抵抗して属州になった国があったことくらい
      ヽ,   /  》ー・…‥‐-、 / /./      ,   ./ l .|
     / ̄ゝ ,/ ./      r-― 7,'¨ ̄ 〉.   ,  /  l,イ'       向こうも知ってるでしょうし。
  , '    Y  /     /   /./   ./.   ,  /.  /,'/
         /     /   /   ./    ,   /   ,'/
         !    /  ,//   .イ   .,   /    ,イ
___________________ノ! r--‐'     _  __|__ ,   , '   /
    <, >__/. l{        ´  ̄ / /・‐- ,,'
       フVK|                     ̄ヽ
        /   .|                      l
      /.     |                      |



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   かくして、帝国は東へ向かう外洋への出口を(当面は)確保したのである。


  なお正月に帝都に帰るのは間に合いませんでしたので聖地で正月巡礼だと自分をごまかします。


414 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:49:12 ID:y4tWy83j


【なお】


           ''';;';';;'';;;,.,
             ''';;';'';';''';;'';;;,.,
              ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
             ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;      「聖地が異端者から解放されたと聞いて!」
          vymyvwymyvymyvy、
      ヽ(゚д゚)vヽ(゚д゚)yヽ(゚д゚)v(゚д゚)っ    「よっしゃ! 巡礼すっぺ!」
 ⊂( ゚д゚ ) と( ゚д゚ ) 〃ミ ( ゚д゚ )っ ( ゚д゚ )つ
   ゝηミ ( ゚д゚ )っ ミ) ⊂( ゚д゚ ) .(彡η r    「聖地だし聖遺物あるかも!?」
    しu(彡η r⊂( ゚д゚ ) .ゝ.η.ミ) i_ノ┘
.       i_ノ┘  ヽ ηミ)しu
           (⌒) .|
            三`J



    ____
  ___セ升}
/|ニニニニニミh、
`.┴ヘニニニニ|ニ〉、                           _
   }ニニニニY{ /..,,r=ミ...   ,ィ=ミ__            ////ヽ
   {/:i:i:i:i:i:i〉...∨Ⅶ///ヽ   怎ニニニミh、.           /^Y///}       ,、、、_
   ∧:i:i:i:i:Y'´ . {__Ⅶ///{. r、Y^ヾニニ\}.         ヾアニニヽ.      ノ^ヾ//ヽ
.  /r‐∨:i ∧゙Y⌒ヽニニニ\ ゝ ヽ .}ニニニニ.\.       /-、/ニニ∧      ヽア_/-- - 、
  \ ∨:i:i.Ⅵ  ;仁ニニ∧\.....=ク:i:i:i:i:i:i:iヾ!.   r へ  ,  ,:仁ニニニ.\  /ニニニニニニニ≧s。    「よっしゃいくぞー!」
    Y圦⌒.゙/  ,仁ニニニ.∧ `''<゙:i:i:i:i/:i:i/.   ⌒ヽ、 / , 仁ニニニニニ/. /ヾヘニニニニニγ`''< }
   /__... /  /ニニニニニニ∧ァ  / /⌒ヾi′.      / /__〉ニニニニニ〈.゙一''"  Ⅶニニニニ}  / /
      /  ./∨ニニニニニニ∧ ./. ‘''+., 〉-、   / _ノイ:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾリ.      }ニニニニニ! f^_ノ
     ,  /  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧ /  ∧ ./  /   ゝ彳:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圦_     /:i:i:i:i:i:i:i:i:!
     fr_/   .{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY.    ∨__,/.     / \:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:iフ . /:i:i:i:i:i:i:i/{
    `´    {:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i}     ∨∧....   !  }\:i:/Ⅶ:i>'゙1.__ { \>'゙´:i:i:i:}
          {:i:i:i:i:i:i:i:iⅦ:i:i:{.     ∨∧    |  |  ¨  Ⅵ|  '´  .`ヽ ⊥  |>'乂_
             Ⅵ:i:i:i:i:i:i}Ⅵ:∧    r彳_}.    |  /      `゛¨ '' ‐- / /`Y `''< / }
             ∨ ̄ ̄',!   .∨.          r≦三}             ⌒Y__/..    }_ノ
            ∧   .', ///}



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   西方諸国にも聖地奪還の話が広がり地理的な関係で大量の巡礼者がやってきました。


418 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 17:58:04 ID:y4tWy83j



             __      >==<   ,。s≦"'<==
           ,ィ彡_≧s。_/......__..>''´>''´ ̄`< ./
            ∧ {、 `'≦。,,>=、/イi、..ヽ    / /
            >、乂,ィヽ==>'ヽ<ヽiiヽ.∨  .∥ ∥
         ,。.≦..........\........ヽ............\\iiム..∨ ∧ {
       ./イ.......>................................\..\'<ii,...∨ ∧i{
     /イ..>''´................../.........i.∨\..\..\≧、..ヽ, i| ∨
     /://....../..////...........i|:::∨...\::\..\ `'==i} .i}─ー''''""-==<≧s。      十字軍イベントの前に聖地奪還してしまった……。
    ./イ//.../.../イ///........::::从::i∨.......∨、ヽ::',≧s、iノ'''"´       `'< ≧s,
    / .//::::/'....://..///{i::..:::::丿i}::::i从:::::::::,∨:::ヽ∨...∨.....\         .`'< i{
    /./::::/....:://::///从i:::::/{ .ノi::/≧}∨:::i:::∨:::ヾ{::....∨::......ヽ           .ヾ   といったところで、食事もありますしいったん休憩して
    .i' ,'://':.::://::::i::i:iィ笂i:::/ i .}/匁マ.i:∨:i::〈∨//::::::....∨//:...\
     ,'从.i::::/从:::从{、辷リi{   .辷リ ノ::i:人∧∨//:::::::::::∨//、:::.\            15歳の1月にやりたいことやコミュの相手をご提示ください。
    .i|  i::从i|..i::i::从 ゞ'´ .`     .ノ从{,::∨`''<<:::::::...∨//`'<:\
       i:i .,ィイ:i/::/|iヽ,  ー= ' // i|ヽⅥヽ',:::::::`'<≦s。,,__  `'' ,\         皆様、お疲れさまでした!
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。  /:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。` ./:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ
          .i/:{i:i:i:i',i:i:iゝ,_i}:::: : : : '≦{i:i:i:i:iノi:i∥ミi:::::::::::::::::::::::::::.....ヽ    ヾ'.,
         /.i...}:i:i:i:i:i//。,,_: : : : : ,ィ'''マ,i:i:i:i:i:i/  ∨//::::::::::::::::::::......ヽ    .',',      この辺の特産品とかどうなってるんだろうなあ……。
       /' .....∧i:i==i{   ゝ=ィ   .マi:i:i:i/...   .ゝ//:::::::::::::::::::::::......ヽ   ',i
     ,.ィi{./  ./......ソ´ {iゝ┐==-、,,ィ''"´ヾソ........   、`<::::::::::::::::::::::::::.....ヽ  i
  _,,。イ...../  //....,イ     ,ィ(彡i      ∨//..    \......≧ッ:::::::::::::::::::.....ヽ
 ヽ   ../   ,'.,'..../:ー==ー-...._、、 イ...........ー===:::∨//     .`<../::\....:::::::::::::.....ヽ
  i}    ...,','.....i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./......',       フヽ:::\....::::::::::::.....∨//
  ノ  ..........,','..//∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ...........',      ./  .ヽ:::::、、.....:::::::::.....∨//
  ゝ、.........._i,i......//∧、_,,。≦i}ニニニi{≧s。:.イi|...............ヽ,ィ''''、==彡    ヽ:::::,ヽ........::::....∨//
    .ゝ=彡.i}..............{i、i:i:i:i:i:i:i]><[i:i:i:i:i:i,ィi}.i|_............i彡   }i、      ヽ::::, \.............∨//
        \_,,。ヾ<.'<,i]><[i:i:>´ノ  ヽ=<.∧    \      .ヽ:::, ヽ...........∨//
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"詩聖:无二弾"アイシャ ♀ 15歳 8年目1月現在

教会の孤児:聖少女詩人&弾奏騎士団書記長(事実上の軍権所持者)

成長点:111
所持金:529176金貨
所属:弾奏騎士団、帝都医薬ギルド、賢者の塔
所持品:魔法のペン(一生使える)、上等な服(騎士団用、高級市街地に行っても浮かない)
     竪琴の弓(音を乗せて戦える弓。楽器としても使える)、重鎧(防御+50)
     悪魔の力を浄化した魔法の品1セット(魔法の杖&ローブ&MP無限タリスマン)
     予備団員&準団員用の魔法の武器と鎧と盾と旅装(攻撃+30、防御各+15、精神抵抗)
     29300人分の魔法の武器と鎧と盾と旅装、一部軍馬(平騎士用、攻撃+40、防御各+20、精神抵抗)
     3560人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(騎士隊長用、攻撃+50、防御各+25、精神抵抗)
     400人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(百人隊長用、攻撃+60、防御各+30、精神抵抗)
     6740人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(千人隊長&騎兵用、攻撃+70、防御各+35、精神抵抗)
     10人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(師団長&ネームド幹部用、攻撃+80、防御各+40、精神抵抗)
     新型艦:中型30、大型30 外洋仕様:建造中4
権利:騎士団の軍権(正団員軍楽隊工兵衛生兵付40000人規模、内6700重装衝撃弓騎兵)
     (準団員や予備団員を最大で正団員の5倍まで動員可能)――正団員含め維持費360万金貨/ターン
     ⇒能力は正団員が50、騎兵は戦闘のみ100、軍楽隊、工兵、衛生兵によるバフ効果付き
    天領や周辺を自由に探索して異人種込みで交易&開発する権利(関連人員推定400万、現状収益384万金貨/ターン)
    各種ギルドや南方のダークエルフ、東方の海外等に物品や魔法の品を卸す権利(最大10万金貨/ターン)
    国家事業である郵便と金融事業、旅客運送を試験代行する権利と義務、庶民教育&郵便等の国内拠点多数
     ⇒各地に道路、水道、港湾、艦船、孤児院、学校、劇場、病院、駅、伝令所などを建築(建築予算30万金貨/ターン)
    南部国境を守る大貴族との友好と暗黙の国境防衛協力と事実上の徴税代行
    南西部の大陸部分とそこに向かう半島や島の部分を拠点化(かなり広い、超でかい宝石鉱山あり)
     ⇒さらに南部のダークエルフとの取引と品質の青写真を獲得。領域内での活動許可
      ⇒その向こうの地域も開放し都市2と要塞解放。道を伝って宣教師を派遣中
    多国間に影響力のある北方を拠点とする騎士修道会との交流
開発品:茶葉(開発中)、飛行ユニット(試作完成)、教科書、紙、望遠鏡、航海用具、通信信号、綿織物
     新型船(外洋仕様)、水が出てくるタンク、排水を浄化するタンク

○技能
・耐久50
・攻撃50+芸術+魔術+信仰(弓)「+敏捷+医療+製作+教養+操縦」
・防御50「+敏捷+医療+製作+教養+操縦+50(重鎧)」
・運搬28
・操縦50
・敏捷27
・隠密50
・教養100
・観察51
・情報50
・法学50
・政治100
・教育50
・栽培30
・医療50
・製作56
・料理50
・魔術53
・研究50
・魅力80
・指揮100
・芸術150
・信仰51

○:()があるスキルは未収得。()内の数字は必要成長点
・《暴露》:自分の知っている情報を望む範囲に伝達できる
・謳う丘:特殊な韻律を利用して世界に接続し因果律を運営する。同格以上の妨害がない限り望む結果を得る
・ハレルヤ:主の聖名を称えることで望む奇跡を起こしてくれたり啓示を与えてくれたりする
・天上の美:戦闘時に魅力判定を行い、抵抗できなかった敵を魅了できる。魔術として扱う
・高速詠唱:ラウンド開始時に魔術やそれに類する行動を行える。通常の行動はまた別に可能
・詩聖:芸術を奇蹟として現世に顕現させる。判定+芸術+魔術+信仰+教養+魅力
・生命理解:医師としての地位を持ち、回復量、ダメージ、ダメージ減少、生命と医薬に関する判定に+医療+製作
・天軍の将:自陣営を任意の順番で行動させ、任意の技能レベルを+人数(指揮超えた分は1/5)(+教養)
・流星雨:ダメージ、ダメージ減少、戦闘に関する判定に+敏捷し、敵陣全体に射撃攻撃を行える
・陸海の騎士:騎乗や船上でも通常通りの行動ができ、遠洋航海が可能。騎乗中ダメージ&防具修正+操縦
・賢王:知識や物事の理解に自動成功し、知識人として扱われる。あらゆる行動の効果+教養
・聖王:関連したものがすべて聖別され、他者に聖人として崇敬される
・覇王:支配地域が即座に自らの元に統治され、自然と組織化される
・美の錬金術師:魔術と芸術と学術を昇華させた高度な魔道具を作成、開発できる。芸術家としての地位を持つ
・流派創設:自らの技術や思想を発展&体系化し他人に伝授できる。新規開発、教育効果、知名度上昇

○クエスト
★私は未知へ向かうという自分の目的のため組織を育てる! 君たちも組織を利用したいなら協力しろ!★
 ┣【弾奏騎士団を経済基盤として様々な未知を探究したい】
 ┃ ┗【遠洋航海を目指そう】
 ┣【より豊かな新時代へ向かうべく階層を越えて共有できる理念や倫理を体系化したい】
 ┃ ┗【前段階として階級を越えた共通の話題を提供しよう】
 ┃   ┗【その前段階としてまず共通の話題に触れられるインフラを構築しよう《現在建築中》】
 ┣【弾奏騎士団各員も独自の目的とその手段を決められる人材に育てたい】
 ┃ ┗【現実的に成功しうる門戸を確保しよう】
 ┃   ┗【各地の交易権や商品開発権を手に入れよう】
 ┃     ┗【チャノキ栽培を頑張って茶葉を商品化しよう《現在試験栽培中、8年目4月に収穫可能》】
 ┗【団長と司祭様の甥っ子アズマ君を守りたい】
   ┗【黒幕なんて都合のいいやつはいないので二人の安全と居場所を確保しよう】
     ┗【国内で理念や目標を共有させて二人を守る人物を増やそう】



【ここからしばらく行動でやることを“目的を必ず記入のうえ”【自由行動案】というタグをつけて提案ください】
【また交流したい相手や成長案があるなら併記ください】
↓次回開始、またはこちらが締め切るまで。どちらかだけでも構いません。


419 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 17:58:58 ID:0thGwAgc
一旦乙

421 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:01:43 ID:pG5hKALr
一旦乙

422 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:07:16 ID:b+Ov7Aaq
一旦乙です。
まあ、帝国の各地に聖遺物が現在進行形で量産中ですな。
その中でも特に、というのもシチリア・南イタリアの聖弓みたいにあるだろうし。

今まで帝国の情報に疎かった地域の巡礼者たちは東方教会の聖女の話も持って帰るんだろうなぁ。
疎くなく直近で接している地域の巡礼者は聖女が聖地にいることに大歓喜。

423 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:07:35 ID:XnsGsHu+
一旦乙です。

これ、聖地行ったらなんか奇跡起きてまた頭痛めないかなあ(偏見)



416 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 17:50:56 ID:0thGwAgc
こりゃ西方諸国は十字軍の分レコンキスタに全力投入かな?

417 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 17:52:21 ID:b+Ov7Aaq
西方諸国はイベリアへのレコンキスタに全力投球。まあ神聖ローマ帝国(仮)は帝国への備えと内ゲバ再発への備えで全力投球ができんかもしれんが。
庶民はイベリアの聖地は占領された物の第一の聖地が東方教会国家の帝国が解放したことで巡礼の旅か。


424 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 18:08:41 ID:y4tWy83j



          ,  ≦ニニ ―― .、
       ., =― <     `  、 ` .、  ,,、
   __/ ,, ィ   ''´ ``  、     >イ  \
  /  {/ /            ',   Lマ-、\ \
 ./   / /             ',  ', .j ム \  Y  >>416-417
../ .//         .}  }  }、 i    ',/ }.i  ヽ .}   ツーか民衆の間でレコンキスタ熱が発火すると思う。
.i  //   {  il .|、  |.マ .} 、.}‘,.i   .}   i  マ .}
.i .{/    {  l .Vl V .| } .} .マ. ‘, }   i   .i   マ.l   十字軍イベントはおきそうにないけど
.| i./  .} {,,ィァ、マ ヽ .l  Y'芋芋芯   {ヽ .i   .}.i
.{ } il  .} 《 示心 .} マ   {ェ-イノリ   | 〉} i   }    半島奪還だの南の国の主教座解放だの
‘,l |i  }.} ヽヽ=" .}    //// ィ   }.イ } .i   ノ
 マ ',{  .}.ハ `///       ム /    } ./ .i       景気のいいこと言うやつ絶対増えるだろうし……。
  \ {   ヽ    _ _,   .ノ   } }   ',
   ヽ  i } .}≧。、   ,, イ .//  /} / .}  ヽ
    ',  i ./ .j ', ノミ} ̄  jノY/  /.}/   ヽ.‘,
    .}j i  / ェェヘ {´Y  ̄ム' }i|  /j/ヽ   }i ‘,
    '/ } / ̄ ̄ 、_ .〉 -===、 .,' /  }   l | ム
    .ハ } i }  ャ´ ' .(_,,,-  .} i .'   l   }' .}
    / } {マ {_,ト_ノヽ     ハ{    l  /  /
   /  l  Y  /  /  ヽ  / }    }   /



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   内情知らなきゃ帝国が聖地奪還して滅茶苦茶豊かになってるように見えますからね。
  民間レベルだと実際そうだし。

  金より需要増やして実体経済拡大させないとインフレになりそう(コナミ


435 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 18:51:34 ID:y4tWy83j


この年のできごと


1月:南東の国と軍事衝突、諸侯軍が6000死亡する。南の国が聖地奪還を狙い兵を起こす(なお間に合わん模様)
2月:その後一転攻勢をかけてレバントカッコカリ部分まで併呑。皇太子が聖地入場してそこで和平。帝国が東の海へ出る港を得る
3月:占領地で市民による内ゲバが発生、それを見て領地割譲を条件に本国へ戻った皇族が本国で兵を集めて再侵攻
4月:騎士団の増援を連れて内ゲバの仲裁や暴徒鎮圧及び再侵攻軍の迎撃
5月:何とか生産設備や農作業を整える戦後復興
6月:同上
7月:疫病の兆候が見られたので必死で治療活動。急いで病院も立てる羽目に。聖女伝説が広まる
8月:帝国信用証が厄除けのお守り代わりに占領地でも扱われ始める。のちに商取引にも
9月:幸いにも問題なく収穫を迎え各地の実体経済が回復。外洋使用の錬金船、航海具および試製飛行ユニット開発
10月:信用証が流通しすぎて中央官僚が新領土の税収を加えても借金が返済できないと悲鳴をあげる
11月:予備団員の昇格含めた人員増加と統治体制の安定化が一段落。1年たたずに3属州1聖地特区を安定させる
12月:東に外洋航海しようとするもその入り口の湾にある諸都市から目の仇にされ、湾内交易の前に鎮圧を余儀なくされる

実は戦闘より戦後処理の方が長い。


436 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 18:57:36 ID:Dmd5MkIq
ところでちょっと疑問なんだがあの信用書って
聖別されてることに信用の価値の源泉がある?
それともあくまで聖別は付加価値?聖別されてることに価値があるなら
何とかしてあれそのものに価値を付けなきゃアイシャが死んだ後がヤバイな


438 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 19:05:14 ID:y4tWy83j
>>436
そもそも聖別されてるかどうかとか一般人にはわからないので「紙幣のデザインが芸術的でコレクションとしても価値がある」程度のものです。
信用の源泉は「これをもって騎士団の支部に行けばいつでも貨幣と変えてくれる」……というのが建前ですが
事実上は「これで帝国内どこでも買い物や納税ができる。場合によっては海外でもこれで買い物ができる」という貨幣幻想です。

なんとなくありがたいとかいう信用が積み重なって貨幣幻想ができてると考えれば価値の一旦は担ってます。

440 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:07:13 ID:Alo8oNt+
>>436
そも、一般人に聖別の有無がすぐに分かるものなのだろうか?
アイシャのかかわり度合い考えると、凄くほんのりとレベルじゃないのかな?
あと、本当に聖別効果があると一般に知れ渡ると・・・
今後は皆してため込みだしてまた貨幣不足になる気がするんですが

あと、聖別されていれば良いんだな
とか斜め上な介錯をした教会勢力もしゃしゃり出てきそう


442 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 19:10:05 ID:y4tWy83j
このアイシャ存命時に発行された信用証とか後世アホみたいな値段で取引されるんだろうなあ。
いくら大量に刷ってるとはいえ紙も貴重品で版画も手刷りで原版はアイシャが芸術150でデザインしたものだろうし。
銅貨信用証とかちょっとでかい切手くらいの大きさか、下手すりゃ薄手の板なんじゃあるまいか。

443 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:10:09 ID:b+Ov7Aaq
>>435
まあ、準備と後処理が戦争の殆どを占める方が健全ですから。そうじゃないのは大抵gdgdになるので。

それと占領地、結局シリア(北シリア除く)属州、ユダヤ属州、アラビア属州に特別都市のイェルサレムという分割になりましたか。


445 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 19:15:23 ID:y4tWy83j
>>443
いやまあ単純に史実換算シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエルだから国4つ分でそのうち一つを特区ということにして
属州3に特区1って単純計算しただけです。どう分割してるかやどんな名前かはふんわりでw

446 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 19:22:43 ID:y4tWy83j
しかし帝国何がひどいかってちょっと詳しい奴から見たら実際拡張し過ぎ軍拡しすぎで内情ボロボロにしか見えないんで殴ったらそろそろ勝てそうな気がするんですよね。
実際今まで弾奏騎士団国内でしか使ってなかったから諸侯軍が適度に損耗してはギリギリ勝ったりしてたでしょうし。

(なお西端の国は逆に弾奏騎士団としか殴ってないから帝国の戦力を過大評価している可能性がある)

457 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:41:47 ID:b+Ov7Aaq
夫の先帝死後、まるで覚醒したかのように言われるんだろうな。


458 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 19:43:54 ID:y4tWy83j
>>457
「先帝は夫ではないわ、拘束具よ!」(近隣諸国の記録より抜粋

467 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/04(月) 19:53:34 ID:vwBLhiF0
【質問】
今のルルーシュのステータスやスキルってどんな感じなんですか?

【質問の目的】
今まで一度も出てきてないから知りたい


472 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/04(月) 19:58:06 ID:y4tWy83j
>>467
詳しく決めるといろいろ齟齬が出そうなのであいまいにしますがたぶん不測の事態に対するリカバリーがものすごくうまくなるスキル持ってそう。
あと帝王の器は確実にある。皇太子なのでそろそろ進化してそう。

才能ではなく幼少期からの努力によって身につけたものだがな……!w
関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫たちでソードワールド どきっ、純魔法使いだけでのPT (08/07)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー PTメンバー安価 (08/07)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー PTメンバー候補 (08/07)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第八話 非日常系西部開拓史 (08/07)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 小ネタ (08/07)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第七話 コーニー・アズ・カンザス・イン・オーガスト (08/07)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その14 (08/07)
  • 国際的な小咄 7425 イソジンは万能じゃねぇ (08/07)
  • 国際的な小咄 7424 アメリカ人も無理だったんだ……あれ…… (08/07)
  • 国際的な小咄 7423 日本人は豚キムチで損をしている (08/07)
  • 国際的な小咄 7422 ちょっとシャレにならない…… (08/07)
  • 国際的な小咄 7421 日本の都市機能分散 (08/07)
  • 国際的な小咄 7420 韓国人に即理解させた! (08/07)
  • 新やる夫はスライムベホマズンのようです。 プロローグ8 後編 (08/07)
  • デーモンスレイヤー 25 (08/07)
  • いきものがかりたち 番外編 大昔のブリテンに (08/07)
  • 【◆25NC1ovscM】パパは○○ (08/07)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 第12話 AI、・ ・ ・ します (08/07)
  • IT業界のやる夫さん 小ネタ (08/07)
  • 国内的な小咄 695 川崎市実は (08/07)
  • 国内的な小咄 694 山梨と岡山 (08/07)
  • 国内的な小咄 693 笹かまー (08/07)
  • 国内的な小咄 692 香川と高知は全然景色からして違うからね…… (08/07)
  • 国内的な小咄 691 実際に、警察が親戚にいる人に聞いてみた (08/07)
  • 国内的な小咄 690 花咲で鹿をひく! (08/07)
  • 国際的な小咄 7419 今回のレバノンの爆発……ちょっと待って……? (08/06)
  • 国際的な小咄 7418 そもそも国自体が火薬庫みたいな危うい政体構造 (08/06)
  • 国際的な小咄 おまけ NSS感染 (08/06)
  • 国際的な小咄 7417 笑うしかねぇな (08/06)
  • できない夫は蒼海の伝説に挑むようです Misson36『脱出』 (08/06)
  • やる夫たちでソードワールド ニルデスト流実戦殺法 (08/06)
  • できない夫は蒼海の伝説に挑むようです Misson35.5『とらを探せ②』 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ28「あおいお月様が出ると」 その2 (08/06)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ28「あおいお月様が出ると」 その1 (08/06)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その13 (08/06)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 84 (08/06)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 83 (08/06)
  • 国際的な小咄 7416 新日鉄VS韓国 (08/06)
  • 国際的な小咄 7415 外国から奈良へ行くときの注意 (08/06)
  • 国際的な小咄 7414 レバノンの爆発 (08/06)
  • 国際的な小咄 7413 イソジンで口を洗う (08/06)
  • 国際的な小咄 7412 刈上げは さ  わ  や  か (08/06)
  • 国際的な小咄 7411 米国は日本を助けない!! (08/06)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第六話 イッツ・ア・ワンダフル・タウン (08/06)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第五話 そして言葉があふれ出す (08/06)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第四話 灰かぶりの少女 その2 (08/06)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 13章 戦後処理 (08/06)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 13章 その6 (08/06)
  • デーモンスレイヤー 24 (08/06)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百四話 (08/06)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/6)
    ※完結作品は集計した前の月(5月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3やる夫はソロハンターのようです
    4ダイスに委ねる皇女生活 in エリア114異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5ローグライク異世界転生
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7ドクオが異世界転生したようです
    8あんこ時々安価で鬼滅の刃8やる夫とかがみは世界を探す
    9できない子とSCP9アメリカンヒーローアカデミア
    10やる夫たちでソードワールド10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11コンピューター様、情報更新は義務です!!
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫は魔導を極めるようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部14やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    15アカガネ山のやる夫15レベルを上げるスレ
    16森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠16やる夫は男子校?に通うようです
    17ご加護なカンジ17やる夫はLVが上がらないようです
    18ジーク君は半妖の少年のようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19白頭と灰かぶりの魔女19ダンガンカオス
    20IT業界のやる夫さん20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです21めぐみんの楽しい独身生活!
    22やる夫は竜の人財のようです22やる夫のみつめてナイト
    23やる夫がロードバイクに乗るようです23主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    24やる夫の伝説24オーバーあんこ
    25◆25NC1ovscM総合25ダンガンあんこ
    26やる夫がモテ研に入部するようです26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫の兄はブラコンのようです27やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    28魔女はやる夫になるようです28ニューダンガンあんこV3
    29やる夫は人形使いと呼ばれるようです29やる夫ファンタジー
    30イナズマイレブン/ロリ/ショタ30あんこ終末旅行
    31やる夫がKenshiになるようです31STALKING!!
    32【新訳天庵記】やる☆おだ32あんこ町の住人は星人と戦うようです
    33やる夫は吸血鬼と共に歩むようです33恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    34やる夫は死なせてもらえないようです34やる太は異世界日記を綴るようです
    35やらない夫は集われるようです35彼との恋は命がけ
    36日給2ゴールドのやる夫36できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    37やる夫はアーランドの冒険者になるようです37カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38北方人民共和国の興亡
    39やる夫達は死の遊戯に抗うようです39偉大なる冒険者・水銀燈の華麗なる日常
    40やらない夫と肉食系(?)ヒロイン達40カリブの海と海賊たちのはなし


    過去ログはこちら
    人気ページランキング