スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

国際的な小咄 おまけ もう強盗に刺されたくないのでお嬢様学校のお茶会を書きます(涙目)

目次

1371 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:28:43 ID:BaGhF43g0

もう強盗に刺されたくないのでお嬢様学校のお茶会を書きます(涙目)



1323: 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) :2019/11/05(火) 22:52:15 ID:5k0i14E.0
>>1321
お嬢様学校でのお茶会とかどうよ



          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」  ̄´   ハl.:::.:l:.:!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||    _、   {;;;!::.::l|:l
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l ミ='"   'V:.::l.|:!|
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|



 袱紗が美しく折られていく

 所作の一つ一つが美しい



              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
              /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ
           ,'::::::::::/:::::::::::::::/::::::::::/:/::::∧::::::::::、:::::::ヽ::::::ヘ
           ,'::::::::::,':::::::::::::::/:::::::/':::/:::::/:∧::::::::、ヽ::::::::ヘ:::::ヘ.
          ,'::::::::::,'::::::::::::::/::::: /:/:::/:::::〃i::::|::::::::Y、::ヽ::::::::Y::::l
         ,':::::::::::':::::::::::::,'::::i::/:/:::/::::::::!l:::|::::!::::::::l|:ト;:::::Y::::::i:::::i
         ,':::::::::;イ:::::::::::::i::i::トL」::_!:::::::: ハ::l::::l::::::::l|:|:|::::::l:::::::l:::::l
           i::::::::/ |:::::::::::::ト::l::l:::iy' ゚̄ヾ、 リ|::::l::::::::j|:|:|::::::i::::::::トi::l
.          j:::::::ヘ 」:::::::::::::|:::ト:l::::l o● }  ー┴三」ル!:::::j:::::::::!:l::l
        /|::::::::::ヘ!:::::::::::::!:::!::l:::ト., __。ノ    .y'  ゚̄ヾ.、:/:::::::::|:j:!!
.        / ,'::::::::::::::!::::::::::::::トi、:l、::l.!l.l      { o● .}:::::::::::::! !
      /ノ::::::::::::::::|:::::::::::::::::|ヘ!ヘ:! ! |      ゝ, __。/:::::::::::::::::ト,
.     /'/:::::::::::::::::::!:::::::::::::::::l  ヘ.! l    '     /:::::::::::::::i::::l
.     '//::::::::::::::::::トi::::::::::::::::ト、    l  ‐-     イ::::::::::::::::::ト:::l
   〃´/:::::::::::::::/ハ:::::::::::::::ヘ. 丶、 j!      , ィ:´:::::::::::、::::::::ヘ:::ト、
.  // /:::::::_; -‐'    l:::::::::::::::ヘ   メ、__, ィi::l:::|ト:::::::::::::::ヽ::::::::ヽヽヽ
  // 厶<丶      ヘ::::::::::::::::ヘ / ∧、:::::||:::!:::ll::i:::::::::::::::::ヽ::::::丶\\
. / /¬-、 丶丶、    l::::::::::::::::::Y ∧  ヾヽ、::ヘ!::トi:::::::::::::::::丶::::::\\\      シャシャシャシャ
/r'     \ \\   l::::::::::::::::::ヘ.  ∨  ヽ \ト!::トi::::::::::::::::::ヾ 、:::::\\\
/        \ \\.  l::::::::::::::::::::i  ∨  〉  !ヾ!ヘ::::::::::::::::::::ヽヽ::::::\\\
          ヽ ヽ ヽ !:::::::::::::::::::|二二!      ト、ヘ:::::::::::::::::::::\\::::\\\


 そして、絹のように滑らかな手が清流のように動く

1372 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:29:22 ID:tVHuemrI0
三度目の正直
或いは2度あることはサンドパン

1375 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:30:28 ID:d3fjrWII0
初っ端からキル子使うとか結構なチャレンジャーやでぇ…




1376 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:30:50 ID:BaGhF43g0



                /.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......::::::.゚。丶
             /:::::::::::::::::::::::::::/:::::j/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......゚。::'.
           /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|| |::|::::::::::::::::::|i:::::::::::::::::::::::::::::...i:::::|
             .::::::::::::::::::::::::::::::/|´ ̄i|`i:|i:::::::::::::::::|ト:::||i|::::::::::::j|::::::::|:::::|
           .::::::::::::::::::::|::::::::::: |::::::|:i| }|i:::::::::::::::::||::::||i|::::::::i|::i|::::::::|::::::|
            ::::::::|::::i:i:|i:|::::::::/ ー‐′  ー―---l|::::|リ|::::::::i|::i|::::::::::::::リ
           ,:::::::::|:;;;i:i:|i:|::/,r===:ミ         __` ヾ:::::::j|::i|::::::::::::::{
            |:::::::::,′ ヾ:| 《  (●)゛ヽ      _,.‐==zz、 \:i}:/::::::::: |:
            |:::::::::{ ⌒:. l    ´¨゛         ´ (●) ン }i:::::::|:::::::|:::::
            |:::::::::l {:〈 リ              ´¨゛   /!:::::::|:::::::|::::::
            |:::::::::|:\ヽ          i             r|::::::i|:::::::|:::::::   どうぞ
            |:::::::::|:i:i:i::ーl                   /ノ.!:::::i:|:::::::|::::::::
            |:::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:.      丶  __,       /_,ノ::::::ii|:::::::|::::::::i
            |:::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:i::\              イ:i:i:i:i′:i:i|:::::::|:::::::::|
            |:::::::::|:i:i:i::ii:i:i:i:i:i:i:i丶           イ:i:i:i:i:i:/:::::i:i:i|:::::::|:::::::::|
            |:::::::::|:i:i:i:::',i:i:i:i:i:i|  \ __ ..     i:i:i:i:i:i:i:i:i/::::::i:i:i:i|:::::::|:::::::::|
            |:::::::::|:i:i:i:::::i:i:i:i:ir|             {i:i:i:i:i:i:i:ii::::::::i:i:i:i|:::::::|::::::::::|
            |:::::::::|:i:i:i:::::i/ ∥           〃 \:i:i:i:i:{::::::i:i:i:i:|:::::::|::::::::::|




  /:::::|  ,.:≦::::::/ ,.:<::::::::/
,. /:::::::|/:::::::::::://:::::::::::∠__
:∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨l::::|::::::::::ヾ¨
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::::::::::ム
::::::::::::|:::::l¨::::::::::::::::::::::::::::::|V|::::|:::::::::|\ム
::::::::::::|:::::|:::::::::ハ::::::::::::::::::::| .V:::|:::::::::|  ヾ
::::::::::::|:::::|:::::::/ ヽ;ィ::::::::`┼-ャ:|::::ハ/
::::::::::::|:::::|::::/ >'"ヽ::::::::::/,.イ7Ⅳ
::::::::::_|:::::|::/´_,. -‐'i"ヽ、/.lヒノ/:|
::::::::/ |:::::|;'く (゚_ ;:ノ    ∨:::|   いただきます
::::::::{. |:::::|         ,..イ:::::|
::::::::ヽ|:::::|       ,.. /,ィ|::::::|
:::::::ノ .|:::::| ` ‐  __'´/ ノ::}|::::::|




                       _ ,. - -‐‐‐-=、
                     , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                 ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
             / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
            l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
               l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',
                l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',」斗ミ、//l_ / ',  ',   ',
            l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__示:::t リ/l :l `,'  ',  ',   '
            l  l  i l ', ',示:::t`,ヾ    廴:歹 i :l_ノ   ',  ',  ',
             l  l  lヽ,lリ、ゞ_歹      ⊂⊃i :l全    ,  ',  ',
             l  l   l ゙ '⊂⊃   、_,  i l.E    ',  ,  ',    うわぁ、きれいな泡
               l  l    l  全へ   -'    ,.ィ  l,ヨ      ', ',  ',
           l  l    l  E  `≧=┌ュュ≦i l  l        ', ',  ,
           |   l    }  ヨ,_ ,―-ツ__。__,.ゝ、l  l         ',  ,  '
           |   l    l  ,'´ `l::::::::l     /:l  l´ ̄`.、   ', ',  '
           |   l   ,'  l ,' /::::::::::l   /:::::::l  l    |    ', ',  ',
           |   l    l  _l,.'_/:::::::::::::l  /::::::::::/l  l    l    ', ',  '
           |   l   / 列,´,^ヽ;::::::::l /:::::::::/ l ノ-ッ-‐イ┐   ', ', ',
           |.  l / / レ'"ノ \ `;:::l´;/ノ l / /::::::::::::l    ', '  ',

1378 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:34:11 ID:0WuOuM8A0
これあれでしょ、このあと三人がそれぞれの勢力に分かれて争うことになるから別れの一席的なやつでしょ(警戒心)

1379 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:35:32 ID:gOVhEjp.0
派閥間調整の場やもしれんぞ

1380 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:36:01 ID:BaGhF43g0



         / : ..:.:.:... ..:.:.:./:.:.:.:..:..:...:...:......:..:..:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.. :.. ヽ.
      /   ..:.:.:.:.. ..:.:.′:..:..:.:.:.:.:..:.:.:..:... .:.. ヽ:..ヽ:.:.:..:.. :. ∧
      .′  ..:.′:  .:.i:..:.:.:..:.:.:′.:.:.:.:..:..  :..  ハ:..:';.:.:..:.. :. ∧
     .′: . .:: |:..  ..:.:.|.::′..:..|:. .::}:.:.:.:.:..  :. .  :i:.. i:.:.:. :. :   ハ
     i .: ..:.:i:.|:.  ..:.:.:|::i:. .:' ; !:..:/::.:.:.:..:..  : :. : :|:.:.|:..:..i:..:.i. :. |
     |:...:. ..:.::ハ|:.  ..:.:.:|::|:.. {/ |:..ハ:!:.:..:..:......:..:. ..:..ト:..|ヽ..|:..i:|:..:. : :!
     | ′.:.:.::.:.|:.  .:.:.:.|/l.:.:i′!:.|  |:.:.:.:.:......:.:.:.__:::L}.}__!.}:.:j:|::.:.:i:..|
     |:i:.:. .:.:ム|:.  ..:.:.:l斗_七弋{ ̄}:.:.:.:.:.:.:.:.:..::}¨¨厂ヾj/:.,:.;{::.. |i:.!   つ
     |:l:.:. .:.i⌒|:.  ..:.:.:| 、 ==-_ミ ̄ ̄ ̄孑>‐=.rォ' }/:バ:.:.|}:′ っ     裏は一般的に泡をよく立てます
     |:.:.:. .:.{ (.l:..  ..:.:.| ヘ´ヤ{:::}厂「`     ´.{:::}゜タノ`爪トミ::ノ|
     |:.:.:. .人 |:.. ..:.:.:|  ゚弋_タ       ‘ー=゜" .′:|:.:.:.:.:.:|
     |:.:... ..:.:.:`:i:.. ..:.:.:l   、:、:、:、.        、:、:、:.i:.:. :|:.:.:.l':.:|
     }:..:.. ..:.:.::ハ:. ..:.:.|           '     /:.:.;.′:..||:.:|         きめ細やかに、丁寧にお茶をたてるのです
      l:..:.. ..:.:.::::::::;:. ..:.:.:|\        r  ァ   ィ:}:.:.. ハ:.:.:.:||:.:|
      !:..:. ..:.:.:.:::::::';:....:.:.:\ `  .          . く:::: |:.:. :i::|:.::.:||:.:|
      .′:..:.:.:.::::::/i:...:.:.:|  \. >   . __ イ ∨`¨|:.. :厂 `ヽ::||         一方、表はその泡の形に美を見出します
     .′.:.:.:.:,::< ハ:..:.:.|   \    / j |   ∧  !:.. ′  ハ:.|
    /:.:.>く    \';.. .:|      ヽ. { / !     ヘ |:.:ハ   |'.|
   ムイ   丶   ハ:..:|        \/ |     i .|:.′ .  j i
  /丶       \    }:..|\       \     i. l:.{   i  ,  |




          ャ-.、    ト、
        _  マ::::\ .}::::ヽ   ∧
   -=ニ二:::::::``ヽマ:::::::ヽ}:::::::ヽ  /::::}
    ,..-─≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::/
 ,..:<::::::::::::::::::::::::::::::::::ュ:::::::i::::::::::::::::::`ヽ、
  ̄フ::::::::::::::::::::;、::::::::::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.  /:::::::::::::::/:::::/ ヽ:::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  {ハ::::::::::/::::/´ ̄ヽ:::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|:::/イrテミ、ヽ|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::.ト、:::}
    }:イ::;イ/ .ヒz:シ 〉 .|:::::::|--.、::::::::::::::ハ::::::} ヽ}
     「            |:::::::|  i::::::::::::::} }:::::}     なるほど……
                |:::::::|  /:::::::::::::/ j/
     } ⌒       |:::::::ト-'::::::::::::::/
      ∧         |:::::::| |:::::::::::::::{    .,イ
      ゝー ―ャ‐   |:::::::| |:::::::::::::::ヽ_/::/
           .∧_ -‐.1::::::| ゝ、::::::::::::::::::::::::/
          ∧   |:::::::|'゙ />、::::::::::::::::{
          λノヽ、,イ::::::| /    \::::::::::::}
             {:::}  / |:::::::|./      \::::::::}


 その定義でいうと、この茶碗は完成している

 きめ細やかで、美しい

 緑の淡雪がのっているようであった

1381 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:37:31 ID:ZMLFVmK60
なんだか硬い……硬くない?

1382 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:38:32 ID:BaGhF43g0


 ぐいと茶を飲む


                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::∠__ヾ::::::::::::il:レ-\|::::::|:::::::::::::l
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:/   .`ヽ::::::/リ    .|::::::|::::::::::::::|
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'   ヽ .ヽ/ イ    |::::::ト、::::!ヘノ
    .ヽ::|\:|::::::| ミ≡彡     ミ≡彡.|::::::lリ::::|
        |::::::{ヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::::|::::::l       結構なお手前で
        |:::::::トヘ、            ,イ.|::::::|::::::|
        |:::::::|:::::::ト、   (⌒ヽ  ィ::::::|::::::|::::::{
        |:::::::|:::::::::::::::ト  __ , ´ |:::::::|::::::|::::::ヽ    ノi
   .iヘ   ノ|:::::::|:::::::::::::ハ、    /∨::|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ
   ヘ::`--'":::|:::::::|::::::::::/  ヽ__/    .};;;{::::::|;;;;;;:::::::::::::/
   冫::::::::::::|::::::ムィ'"{ヘ , /ーヽ  ./} .|::::/   ̄`ヽ\
    {::::/ ̄ ',:::://  .{ ヽ∧:::::∧/  .}..|:/ヽ      }::::}
   {:/     ',//  .{   .{::::::}    .}./  ヽ    .j::::}



 うまい

 するりと入っていく

 抹茶独特のえぐみを感じさせない、旨味がそこにあった



                       __,,, --‐‐ー-‐‐‐‐
                    ,.r.' "´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ,r".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
.               /..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
            '.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
           ,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::
              ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
             ,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::
           i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::
           ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::
           l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::
        l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
          l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
            !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::    ありがとうございます
            `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
             l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
            /:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
           /.:::::::/           ヽェェェェ┐'<::::::::/l:::::
           /.::::::/            ヽェェノ   `フ.l::::::
          /.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
             l::::::/                  l       l::::::::

1383 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:39:01 ID:Hce2T.xg0
外に護衛のぼっけもんが屯してそう

1384 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:39:46 ID:v9jdGFY.0
>>1382
なんか急にどこぞの平侍みたいな所作にw

1385 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:40:40 ID:tVHuemrI0
まだ美少女物

1388 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:42:05 ID:BaGhF43g0



                 ____
             x=ニ二::::::::::::::::`ヽ、
        .,,r----──一≧::::::::::::::::::::`.、
      ,ィ彡'"゙´フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ}::)
        ,r'"゙´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::ヘ:::::::::\
.      /::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::∧:::::::::}:::::::}::::::::::::::\
      /::::イ:::::::,'::|::::|::;イ::::::::::::::::/ ./、::::}:::::::}::::::::::ヘ ̄
     /:::/:i:::::::j::::|::::|メ、l;;:::::::::::::|,ィ'=ァtァ゙}:::::::}:::::::::::::}
     レ゙ |:::::小;:|::::Ki.フ',:::::::/リ .ト'ij レ }:::::::}:::::::::lソ
        l::::i:|::::'|::::j.」''」ヾ;/  ``'"  .}::::::「ヽ:::::{
        ∨:l:i::::|::::|   '         .}::::::|ソ:::::::ゝ、ノヽ
         ヽ、ヾ|::::i    _      .}::::::}リ \:.::::::::::ノ    (それにしても、どうしてこうなった……)
          |i`',::::iゝ、       ., '}; '´⌒``ヽ::::::::ゝ、
              i!::::〉、::ヘ::> .   イ,r','       \::::::::ヽ
            i::/ ヾ、ヽ、./`i¨´ヽr< i        ヘ::::::::ヘ
             '     ./  ヘ、,イ:::::ヽi        ヘ::::::ハ
            {      ./  }.  >==<.',        ヘ:::::::}
          ∧    ',ヘ.  }.  {:::::::::}. ',     {/  .ヘ::::}
          /::∧     〉ヘ. ノ ./:::::::/ ,イ     i    ヘ:}
           /:::::::∧   / .レ゙ /:::::::/ / .l      .|    i
        /::::::::/::∧, '   / ./:::::::/ / .|      l    }



 さて、唐突であるが私と幼馴染は入学早々に茶室に拉致されたのである

 この和服の先輩、ニコニコした顔でいきなり私たちをこの部屋に連れ込んだのだ



                 >  -―――-
               /           ⌒ゝ
.            /⌒}  _./       }   \ヘ
           / // |/ /   ⌒     ./  ⌒  i Y
         //./ . |'⌒ { ./┃ /l/   ┃ N }
       /   /  リ ̄ ∨  ┃       ┃  ∨          わー、わがしおいしー
     /      /{  γ ⊂⊃           ⊂⊃       / }
.    〈      /  乂 廴- {              }  __,  - /} l
     \  /      >-\    /`¬ァ    / ̄    _,  ノ
     /  }     _[二二] ≧=-乂_ノ -=≦}  _  <
   /"´ ̄   _ ヘ \[二二] ∨  ∨[二] |  { ̄}
  (_>    ´   | .}[二]ノ    ∨ [二]_」_!_,/
γ⌒     _,  - l   イ      }     }
{ r 「  r-=≦    ̄_>< へ       ノ
  ̄¨´        { ̄   \ ` ̄ ̄{ ̄´



 そして、我が幼馴染は早速この状況になじんでいる



      ,'::::::::::,':::::::::::::::/:::::::/':::/:::::/:∧::::::::、ヽ::::::::ヘ:::::ヘ.
     ,'::::::::::,'::::::::::::::/::::: /:/:::/:::::〃i::::|::::::::Y、::ヽ::::::::Y::::l
    ,':::::::::::':::::::::::::,'::::i::/:/:::/::::::::!l:::|::::!::::::::l|:ト;:::::Y::::::i:::::i
    ,':::::::::;イ:::::::::::::i::i::トL」::_!:::::::: ハ::l::::l::::::::l|:|:|::::::l:::::::l:::::l
    i::::::::/ |:::::::::::::ト::l::l:::i.!|l ゞ三' リ|::::l::::::::j|:|:|::::::i::::::::トi::l
   j:::::::ヘ 」:::::::::::::|:::ト:l::::l.!l.l      ー┴三」ル!:::::j:::::::::!:l::l
   /|::::::::::ヘ!:::::::::::::!:::!::l:::lrっ≠ソ         .ミゝ:/:::::::::|:j:!!
  / ,'::::::::::::::!::::::::::::::トi、:l、::l.!l.l        ,.__  ミゝ:::::::::::! !.
 /ノ::::::::::::::::|:::::::::::::::::|ヘ!ヘ:! ! |        ミ≠rっ::::::::::::::::ト,    それは金沢の紙風船という和菓子ですね
./'/:::::::::::::::::::!:::::::::::::::::l  ヘ.! l    '     /:::::::::::::::i::::l
//::::::::::::::::::トi::::::::::::::::ト、    l ー -    ,イ::::::::::::::::::ト:::l
/:::::::::::::::/ハ:::::::::::::::ヘ. 丶、 j!      , ィ:´:::::::::::、::::::::ヘ:::ト    私はそれがすごい好きなのです
::::::_; -‐'    l:::::::::::::::ヘ   メ、__, ィi::l:::|ト:::::::::::::::ヽ::::::::ヽ.
<丶      ヘ::::::::::::::::ヘ / ∧、:::::||:::!:::ll::i:::::::::::::::::ヽ::::::
-、 丶丶、    l::::::::::::::::::Y ∧  ヾヽ、::ヘ!::トi:::::::::::::::::丶:::
 \ \\   l::::::::::::::::::ヘ.  ∨  ヽ \ト!::トi::::::::::::::::::ヾ

1389 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:42:18 ID:qEXI13LM0
殺人事件が起こりそう……せやかて工藤オチなのか
夢枕獏の様にこの後仕合うのか……

1390 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:42:53 ID:ePUh27uM0
キャッキャウフフを書くのにここまで辛そうな作者は珍しいw

1391 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:43:24 ID:ZMLFVmK60
イッチ大丈夫? 割とマジで

1394 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:44:42 ID:d3fjrWII0
3作連続で書くあたり、イッチも何か新しい境地を掴めそうな気がしてるんだろう

1397 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:44:50 ID:BaGhF43g0



     マ::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦──ァ
     マ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.     /:::::::::::::|::::::::「:::::::::::::::::::::::::::::::::::ュ::::i:::::::\
    /::::::::::::::::::|:::::::::|:::::/ヽ::::::::::::::::::;、::::|::::|:::::::::::ヘ
.   /ィク:::::::::::::::|:::::::::|:::/--ヽ:::::::::::::/ V::|::::|:::::ト、::::}
.     |::::i!::::::::::|:::::::::|/仗≧ミヽ::::::/ ̄Ⅵ::::|:::::| ヽ}
.     |::::i!:::::/^|:::::::::| .込_ソ  ヽ/f仞゙Y:::::|∨
.     レ゙|.::.{i |:::::::::l         、ー' /i|::::|   それで、いったい我々はなぜ急にこの茶室に連れてこられたのでしょうか?
       |:::::丶|:::::::::|            ム゙.|::::|
      V::::::::|:::::::::l、.    -一  ./  .|::::|
        |:::::::::|:::::::::|. 丶、    ,.イ   |::::|
  {ヽ   ノ:::::::::|:::::::::|,_  >r‐':::i    |::::|
  {:::::`ー'゙::___:|:::::::::|   `>rh :::::ヽ、__ノ|::::|
  {::::/⌒\.  |:::::::::|   /,不∧_:::::::::::::::::|::::|
.  ∨     ヽ |:::::::::ト、./〃{{ヘ/ `ヽ:::::::/|::::|




              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !
           !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           ,l:::::::::::::::::::::,l ::::::: :::::::::::::::::::::::|::::::::::l::|::::::::::::::::::::l
          /,l ::::::::::::::::::r||:::::::l !:!:: ::::: ::::::::||::::::::::|::l:::::::::::::::::::: !
         //l:::::::::::::::::::::|.|.|:::::j | | !::::::::::::: !,!|::::::::|:||:::::::::::::::::::::l
       ///l ::::r┐::::::,j !イニ |_|、! |l___l ll ィ--,ニ,┐::::::::::l !:::: !
     .////l::::::|,!.|::::::::l'l  ___         ,__  ||::::::::::| !::::::|
   / /./. //l::::::::|亅::::::|.|.,-==x      ィ==ミ/ ||:::::::::|ノ::::::::!
 ./  / / // !:::::::::::|::::::::| !              |,! :::::::|:::::::::::|!    あなたたちを見たとき思ったのです
'´  / / /./ |::::::::::::|:::::::| l.      _ _        ,|::::|:::::|:::|::: :::!l
 / / / /  .! ::::::::::::::|::::::.|\              /: ̄l ̄:::j::::|::::l.l
/   / / ./  ! ::::::::::::::|:::::::l.l:::::: ヽ、  `  ´ _,ィ'´::::::::,||:::::::::|::::|::::l l,
  /./ /  .l::::::::::::::/|::::::,!,!|:::_,ノ| ``ー---‐'"  ト_ ::::::l !::::::::|l:::|l::::| !l   あなたたちは茶道部に入るべきだ、と
/ / /   .!:::::::::::::/i,|:::::/,l〃'、 ヽ\.     / ./入l |:::::::::| !:l.l::: l !l
 ,/  /   .,!::::::::::::/ !!|:/"ヽ_ノ`、 !、ヽ.   / ./ / :::::7-、::::| !: !l::: ! !l
/  /    ,' :::::::::://.!'´  ,' ::::::::ヽ \ ヽr'  //::::::::::/~"ヽj !: ! !::l. l.l
.  /    ./:::::_, -'"::::::::``= ヽ::::::::::::::ヽ、ヽ  / / :::::::::::::::!、 " ! ヽ! l:::l !.!
 / .  / /ヽ: :: :::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::: !、 У ,/ :::::::::::::::::ノ`‐~~::::::::::::ヽl. | |




            ャ-─-:.、マ::ヽ. |ヽ
       ャ───≧:::::::::::ヽマ:::ム}:::ム
      __ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/__
    ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
     ̄>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
    /::::::::|:::|¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::¨|:::|:::::::::::\
  /:::::::::::::|:::|::::::;.へ::::::::::::::;.へ::::::|:::|::::::::::::::::\
   ̄/:::::::::::|:::|ク¨`ーベ::::::::ソー'¨ヾ:|:::|::::::::::::::ム¨
    レ゙l::::::;|:::|゙灯オ.T V::ル゙.Tオ灯|:::|、:::::::::ト、}
      レi:{l|:::|. 弋zソ .∨ .弋zソ |:::| l}:iハノ
       |`|:::|、''''   .,    ''''/|:::|'゙::|     はい?
.         マ|:::l∧        /:::|:::|::/
    ト、  .||::::|::::\ こ==つ /:::::|:::||   ,イ
    {:::ヽ、ノ:|:::|:::::::::::|> - <|::::::::::|:::|:ゝ、_ノ:::}
    ゝ:::::::::::|:::|::::::::;/--ァ-ャ--V:::::::|:::|:::::::::::::ノ
    冫::::::::|:::l-./ |ヽ,.<:::::::>、ノ|ヽ、.|:::|:::::::::::ヽ
    /::::::,ィ'∨ / |   |::::|  |  V∨`ヽ:::::::ハ
    /:::::::{ / /  |   |:: |  |  V .ヽ }::::::::ハ

1398 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:44:59 ID:wqApEub.0
若先生味を感じる。
それもシグルイの時の。

1401 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:48:26 ID:BaGhF43g0



                _ __ __
             , .:´ : : : : : : : : : :`ヽ、
           / . : : : : : : : : : : : : : : : :\
           / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          / . : : : : /: : /: : : : : : : : : : :ヽ : : : . \
       / . : : : /.:./: : :.|: : : :./: /.:.ハ.:.|: : : : : : : ヽ
        i : : : :.:.| : |.:.:__⊥_/ /:./:./  ヽト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
        | : : : : :| : |:i: : ::|:/´`ナナ/   _リム_i.:.: |:.:.:..:.|
        | : : : : :| : |:|: :.:.>   メメ、  ,l/ /,ハ:.:.:|.:.:.:.:.|
        | : : : : :| : |:|: :.:.| _____  ___ i.:.:.| .:.:/:|
        | : : : : .ハ: ::|:.: :.|  ̄ ̄ ̄    ̄ /.:./.:.://:|
        | : : : 〈  ヽ:.:.: :| '''''''     ,  ,,,,/.:./.:.:// リ|   天啓、というものでしょうか
        | : : : : :\ _\.:|    _ ___   「:i ̄
        | : : : : : /:/:.:>、  ,. ´     \ イ.:.|
        | : : : : /:/: :ノ /         \.:|        ふっとあなたたちが視界に入った瞬間、ビビっときました
        | : : : /:/://             〉
       /. : : , ィ´/        /    / |
        /. :/  l/         /   | /.:.:.|
     /./   /         /    K^ヽ.: |
      //  , イ         /     |   \
    〃  / |          /       |    \




      __  _ , -―――<二ヽ
    /  イ´-.> ´ ̄ `  ´ ̄ ヽ \
   イ    } /            \}
   |    /〉       i      、    ヽ
   |   ./´   _ i ,{     ハ_ }  ,
   |   , { ./ l  ∧/ |      l |  / l  }
   |   | l イ .ハ/ .   |  ∧ / | ./| .}  |
   |   |ハ∧ |  ┃  |/  |/ ┃' .|/  イ{
   |   l ⊂⊃   ┃         ┃⊂⊃/ `    私も和菓子のにおいにビビッと来たぞー
   |   ヾ| |ヘ            イ lイ
   | イ  l |  > 、_-_,  <ノ | |
_/    | ヽ  /   ヽ  /  7 | |__
\     ∠´`ヽ、 ̄}     i >_}/   /   モグモグモグモグモグ
   ̄ ̄`ヽヽ {、 ̄}       | {_ } / ̄
   、_イノ   <≧´.     | { ≦ ヽ、_,




              _____
          ,.:<::::::::::::::::二ニ=x
     ,イ   ,..::´:::::::::::::::::::≦───----:.、
    (::{,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
   /:::::::::/:::::/`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  /::::::::::::::|:::::::|:::::::/ヽ:::::::::::::::::::::ヘ::ヘ:::::::::::::\
   ̄7::::::::::::|::::::|:::::/_メ;::::::::::::::|ヽ:::|::::|:::',:::::::ト::ヘ
   {:::::::::::::|::::::|:::ャtァ=r、V:::::::`ト、,ヤ|::::|::::j:::::::i マヘ
   レl:::::::::|::::::レ゙ 、{ ij'イ V::ルlオT、|::::|:;小:::::| ゙、|
     l::::,r'|::::::|.  `¨¨´  V |.ij.L.|::::|':::|:i::::l
     l::::ヽ|::::::|          '   |::::|::::i:l∨
     i::::::::|::::::|           i::::|ヽ!
 i、  i:::::::::|::::::|:' 、 ~~~  /i::::|       は、はぁ……
 {::ゝ、ノ:::::::::|::::::|| ヽ、   , <::::'、|::::|,イ
 {:::::::::::::::::::::|::::::|‐──ァャ┴ 、::::::::::|::::|:::}
..∧:::::::::::>´|:::::|、   /::∧. /ヤ<:|::::|ノ
  〉;r'´   .|:::::| \.∧:::::∧/ ∧ヽ.|::::|、
  ,r'     .ヽ|:::::|、   マム   .∧ .ヽ::| ヽ
 λ    .,r'|:::::|. V \マム/  .∧ /\ 〉
 ( `   / |:::::|  V  `マム   .∧ヽ V



 どうしよう、なんか電波なことを言い出した


 そして黙れ幼馴染

 ひそかに和菓子一箱食い切ろうとしてるんじゃねぇよ

1403 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:49:40 ID:cxSfKOwQ0
キャッキャウフフの物語のはずなのに静謐さが滲み出てる作品になってしまうのはやっぱ生まれ持った上品さか

1405 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:50:56 ID:ZbHU9.y60
でも困った事に口調以外はちゃんと部活物のテンプレに沿ってる件……部長殿、判定をお願いします!!

1407 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:52:29 ID:oNemqx1Y0
割とこの作品の雰囲気好きだわ

1408 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:52:34 ID:BaGhF43g0



               __
           , . . イ: : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ
   ,: : : : : |: : : : |: : : : : : : |: : : : |: : : |: : : : : : : :
    {: : : : : |: : : : |: : : : : : : |: : : : |: : : |: : : : : : : : |
    |: : : : : |: : : : |: : : : : : : |: : : : l: : : : : : : : : : : :.l
    |: : : : : |: : : : |: : : ィ乏T\: : :|: : /: /: : : : : : :.|
    |: : : : : |: : : : |: : : 乂ソ  \!: /: /: /: : : : : :.|
    |: : : : : |: : : : | , ̄      ,ィ芯V: /: : : : : : リ
    |: /´⌒|: : : : |ハ       , 乂ソイ:/: : : : : ハ/   まぁ、真面目な話をすると
    |//´ ̄|: : : : |ヽ \ -__ ./: :/)/!/
    |/    ∨: : ∧  \|: : : |: :{: : :.{
    リ    ∨: : ∧  . ∨: /\ : : |          茶道部は昨年度に熱心な先輩が六人ご卒業になって部員が私一人なんですよね
   ム      ∨: : : \  ∨ { i: : l
.  /: :|.     ∨: : : : \/   ∨} : |
 /: : :|      ∨: : : : : \  } 、ム
./: : : :|      ヽ .∨: : : : : : \.ノ \ヽ
' : : : :.|   -―, -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ } ̄ ヽ
: : : : :.|     ´               |    ノ
: : : : :.|                  |-ァ_./
: : : : :.|                   __ !: : ,
: : : : :.ヽ      __  -‐ '´    ノ: : : }
⌒ヽ: : :!  ̄ ̄ ̄¨ヽ     _  イ ヽ: : :!




           ャ-─-:.、 ヤヽ
      ャ───≧::::::::::::\マ:::\. }\
      __ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧|::::}
   ,.:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
    ̄>::f:::f::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i::::l:::::::ヽ
    /:::::::::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|::::::::::::\
   /:::::::::::|:::|::::::::ハ::::::::::::::::ハ::::::|:::|:::::::::ヾ¨
   レ゙l:::::::|:::|:/)___メ::::::::`メ、__ヽ::|:::|::::::::::::}    先輩の同級生は?
     レi::;|/∠___ ',::::ル゙    ';|:::|、::::Ⅳ:}
      |/ / ,-イ= .∨ ===!!!|:::| l}::| jノ
      |l / / '''   .    '''' |:::|'゙::::|
      |l   ', 、.  -‐-   イ|::::|:::::::!
      |:',   ',:::`r、 , _ ,. イ::::::|:::|:::::::l
.    {ゝノ:::j    ノ;::/--ァ-ォ--ヽ::::|:::|:::::::乂,イ
    ヽ:::::/   //|ヘ/',:::::へノ|ヽ:|:::|:::::::::::::ノ
     〉/   // |   |::::|  |  ∨`ヘ:::〈
     //   //  |  ..|::::|  |   ヽ ヽ::ヽ




                _ ____ _
            , .: ´: : : :: : : : : : : `丶、
          , .::´: : : : : : : : : : : :: : : : : : :.`ヽ
          /. .: : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : :.\
         /  . . :. :. :. : .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : :. ヽ
      / . . : . : : : .: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : |
       / . . : . : : : : :/: : : : : l: :.:.l: : : : |: : : : : : : :.:.:.|
     ′.:.:.l: : l.:.:.j.:/.:..ハ:.:.:.l.:.:.:.l.:.:.:.: :|: : : : :i: : : : :|
     |.:l.:.:.:|.:.:.|;.ィ:十イ   ',.:.:L.:_:ト、.:.: :|: : : : :|: : :.:.:.|
     |.:l.:.:.:|.:.:.|Vl/ l/   V ヽ| \:|: : : : :|: : :.:.:.|
     |.:l.:.:.:|.:.:.|.〈   _     __   1l: : : :.l: : :. : |
     |∧ Ⅵ.:.:.l.:ハ -==     ==- l: : : /.: : : :.:|
          L.:⊥ハ           リ: :_/i.:.:.:.:. . |   その六人の先輩は……真面目過ぎて……
           i: :ハ           ,.イ:.:.:.l:|:.:.:.:.:.: |
           |: i : :.>'⌒ヽ、 _ , イ/\.:リ.:.:.:.:.:. |
           |: l./      \/    \.:.:.:. : |    私以外潰れました
          ノレ'          `丶、  / \.:. :|
         /.:V    /         /l/ /:.\!
         /.:./  . :/: .         ///.:.:.:.:.:.:.:\
          /.:./  . :/: : :       //.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       //  . : :/: : : : : .       //.:::::::::::::::::::::::::::::::::l
       〃  . : :/: : : :: : : : .    l/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      〃  . : :./: : : : : : : : : : .  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




              _____
          ,.:<::::::::::::::::二ニ=x
     ,イ   ,..::´:::::::::::::::::::≦───----:.、
    (::{,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
   /:::::::::/:::::/`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  /::::::::::::::|:::::::|:::::::/ヽ:::::::::::::::::::::ヘ::ヘ:::::::::::::\
   ̄7::::::::::::|::::::|:::::/_メ;::::::::::::::|ヽ::|::::|:::',:::::::ト::ヘ
   {:::::::::::::|::::::|:::/., - 、V:::::::`ト、,ヤ|::::|::::j:::::::i マヘ
   レl:::::::::|::::::レ゙ (   ) .V::ルγヽ|::::|:;小:::::| ゙、|
     l::::,r'|::::::| lll `ー´  V .乂ノ|::::|':::|:i::::l
     l::::ヽ|::::::|          '   |::::|::::i:l∨
     i::::::::|::::::|.    ┌─┐   i::::|ヽ!     茶道で厳しくてやめる……だと……
 i、  i:::::::::|::::::|:' 、  .|   |  /i::::|
 {::ゝ、ノ:::::::::|::::::|| ヽ、 └─┘'゙:::'、|::::|,イ
 {:::::::::::::::::::::|::::::|‐──ァャ┴ 、::::::::::|::::|:::}
..∧:::::::::::>´|:::::|、   /::∧. /ヤ<:|::::|ノ
  〉;r'´   .|:::::| \.∧:::::∧/ ∧ヽ.|::::|、
  ,r'     .ヽ|:::::|、   マム   .∧ .ヽ::| ヽ
 λ    .,r'|:::::|. V \マム/  .∧ /\ 〉
 ( `   / |:::::|  V  `マム   .∧ヽ V


 いったいどれほどのアレな指導をしたんだ……先輩は……

1409 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:53:20 ID:griDEXNk0
おかしい…女子の一人称なのになんでこんなに堅いんだ…
女子の一人称はスレイヤーズのごとき軽やかさに溢れてるはずなのに…

1411 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:53:42 ID:d3fjrWII0
いや実際悪くないぜここまで

いつスキタイ人の騎馬部隊がこの茶室になだれ込んでくるのかがちょっと不安だけど

1415 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:55:39 ID:BaGhF43g0




               .:-'", ̄:::::::´ ̄`ヽ、
             ./::::::/::::::l::、::::::::::::::::::::ヽ
            ,イ::::::::::/:::::l::l!、ヽ:::゙、:::::::ヽ::ヽ
           //:/:::::l::j!::::::|:::l!:|iヽ:::l:::::::i:::',:::゙i
          /::/,j:::::::|::||:::::::|:::|ヽハ|、:|::::::|:::i:|:::|
           /:::j'::|::::::::リ| !::_,.jト',,ィ'r㍉ミ::::::|:::|::l::|!
           メ、/::::|::::::ィr゙示   '弋ー'ノ|::::::||::|!:|:||                 というわけで
         /::::i!:レl´:.弋ト'ノ    ゙゙゛ j_::::」ー':Yリl
         l,-‐'L:」:::゙、 ゙゛ 、      |::::::|::::::::ヽ              ,-、
             j::::::::、  , 、    /!:::::|、:::::::::_:、       _,/   }
            /::::::/ ヽ、    .  ,〃!:::::|゙>'"´ `ヽ,-、_  _,/  _/    茶道部に入りましょう!
            /:::::/   !:::::`}、´  // !:::::| i   / .// ̄  _,<´
            /:::,:'   j:::_,.イ|!ヽ,/./   〉::::i !  / ./' , f、`ーイ 、ー、
          /:/   /'´ ,i! | V ./  / ゙、::l|  | / < ! `ゞ{  ゙、 !゙!.
        ..:'.::/    j  i !. V./   ,'   ゙、ヤ _y'   i  | /` ノ i |    今なら豊富なお茶菓子付き!
       /:::/     ./ヽ .| ! У   /    ヽ,>'  ),ィ_,.ィ.ー"´-イィ' ヽ.
      ./::::/     /::::::V  l./    ,'    \_ノ<   \  ̄´   ヽ. ヽ
     /:::/     /:::::::::::::f  У   メ      |:::、     `ゝ-‐ュ、  ヽヽ
    /::::/    /::::::::::::::::|  」    |       ヽ::、        `ヽ、| ヽ
    /://   /::::::,、_r‐、::::〉イ `─-┴‐-------‐ヽ\:ヽ         ヽヽ
    '::://  /:::::/ ,ィヾ、 ト、_メミ─ニニ二二_二ニ─ニヤ::::::ヽ          ヽ
  /:ノ|::| /:::::::::::7 ´ ,イ、X´{7`「`==───="´  i:::i!::::\          ∧
  ://ル/:::::::::::::::::::7_ /`!ノ | ヽ__,、        _,..ィ|:::||:::|、〉 |\        ∧
    /::::::::::::::::::::::::::::`ー-'イ-/  ミー-モ、=ニニニニニ二-‐'" |::| !:|/ヽ| ヽ        ∧
   /::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::||/   |             j:l/ヽ ヽ  ヽ        ∧
  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|/   /`ー-、__   _,-‐'"´  _/  |  \       ∧
  /::::::::::::::::::::::::::/ |::::::::::::::|'   ヽ_       ̄     _,.-‐" ヽ_!   \       \
 /-─=‐ヽ:::/ j::::::::::::::::|    /|`ー-ニ、___,-ァ'"     ゙|     \        \
          /::::::::::::::::|  / |          /        |      \        |
           ⌒   |/  l        /        |        \       |
              /   |       /          |         `ヽー──"
             /     |      /           |
           /       |    /             |
          /        |   /             |
         /         |  /              {
         /          |                  ヽ
        /          ゙、                  ゙l
       /           メ、                 ',




                 >  -―――-
               /           ⌒ゝ
.            /⌒}  _./       }   \ヘ
           / // |/ /   ⌒     ./  ⌒  i Y
         //./ . |'⌒ { ./┃ /l/   ┃ N }
       /   /  リ ̄ ∨  ┃       ┃  ∨
     /      /{  γ ⊂⊃           ⊂⊃       / }   わたしはいるー
.    〈      /  乂 廴- {              }  __,  - /} l
     \  /      >-\    /`¬ァ    / ̄    _,  ノ
     /  }     _[二二] ≧=-乂_ノ -=≦}  _  <       これおいしー
   /"´ ̄   _ ヘ \[二二] ∨  ∨[二] |  { ̄}
  (_>    ´   | .}[二]ノ    ∨ [二]_」_!_,/
γ⌒     _,  - l   イ      }     }
{ r 「  r-=≦    ̄_>< へ       ノ       ポリポリポリポリポリ
  ̄¨´        { ̄   \ ` ̄ ̄{ ̄´


 ええ……いきなり言われても……


 そして幼馴染よ、干菓子の箱を勝手に取り出して二箱目を食うな

1416 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/05(火) 23:56:37 ID:XETeB0yA0
あ、でも
アホの子を混ぜてるし改善の痕跡がみられるのは
やっぱイッチ真面目やなっていい意味で思ったわ

まあ地の文のスーパーハードさで差し引きマイナス感あるんじゃが

1417 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:57:36 ID:BaGhF43g0


























     (:{ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐-..、
      >`゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ─`
    /::::::|::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::ュ:::l::::::::::::\
.   /:;ィ:::::::|::::|::::/ヽ:::::::::::::/ヽ:::::::|:::|:::::::::::::::::',
   /'゙/:::::::|::::|::/\ヽ::::::::/_,,斗、::|:::|::::::::::::}ヽ}
      |:;イ:/|:::::!ィ'アマミヽ::/xァ=ミ .V::::|::::::/j/´}
     |i }:ヘ|:::::! Vソ V   Vリ.,イ:::|/V./ /    / )
.       |::::|::::::!   ___'__  ¨´/::|:::|  / /  / /   ちょっと考えさせてください!
  ト、__ノ::::|::::::ト、  (::::::ヽ)  /::::|:::|/ / / /
  ヽ::::::::::::::|::::::|::::ヽ、`__ , <r‐' /    `¨ /
.    ヽ::::::::::|::::::|::::ノァ-ャr┴‐-<  、     `¨¨¨¨ ̄ ̄ノ
    /::::::::;ィ::::::|¨7゙/:::/ヘ、__,,  }      ┬―… ''´
    {:::::::/ |::::::|.//:::/  | V{li{ヽ._    { 、 \
   _l::/ |У //:::/  |  V{ミ\ ヽ.__ ,.'^ 、 \
    |  >´//::://  |  .Vヽミミ == ´     `¨´
   ソ/ / /:::/゙   |   V ヽ |
.  / /  /=/:::/=ニ   |   V  ', |





                /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.:.
            / : : : : : : : /: : : : : :: |.: :. .:.: : : : : : | : : : : : : |:.:.:.: : : : : |: : : : :.|.: : : :. :. :.:.
                ′' : : : : : /|: : : : ´ ̄| ̄: : :: : :. :. :.|: : : : :. ̄| ̄`:. : :. :.|: : : : :.|.: : : :. :. :.:.
               :: : : : : : : :.,| |: : : : : : :.||: : : : : : : : : :|| : : : : : : |',:: : :.: : : :.|: : : : :.| : : .',:.:.:..: .
            |: :|.: : : :. :., | |.: : : : :. :.|.|.: : : : : : : : :.|.|: : : : : : :| |: |.: : : : :.|: : : : :.|.: : : |..:..:..::
             |: :|.: : : :. :.| | |: : : : : : :| |: : :|.: : : : : :.|.|.: :. .:.|: : | |: |.: :. :. .:.|: : : : :.|: : : :| ::::::::|
              |.: | : : : : : | | |:_:_:_:_:_:_:| |:_:_:|.:_:_:_:_:_:.|.|.:_:._.:.|:_:_| |/|.: :. :. .:.|: : : : :.|: : : :|: : : :.|
.            |: :|:_:_:_:_:_:.| | x==========x         x==========x:|:_:_:_:_:.|: : : :|.: :. .:.|
.            |: : : : : : : ',      -─‐-             -─‐-  ',: : : : : : : : : :.|: : : : |     ゑ?
.            |.: : :. :. :. :.:   /.: : : : : : :.ヽ          /: : : : : : : :ヽ | : |: : : : : : : :|ヽ.: .:.|
.            |.: : : : : :. :.|   {.: :. :;⌒;.:.: .:.}         .{: : :.;⌒;:::::::: } |: :|.: : : : : :. :.|  , : |
.            | : : : : : : : |  .乂: : `'''´.:.:ノ           乂: :`'''´.: :.ノ .|.:.| : : : : : : : |  }.:.:|
.            |: : : : : : : :.:    `"""""           """""´   .|:.|.: : : : :. :. :.| ./: : |
              |: : : : : : : : :                              |.|.: : : :. :. :. :.|/: : : |
             |.: : : : :. :. : ∧                           || : : : : : : : : |: : : : |
            |.: : : : : :. :. :.込、                           |.: : : : : : : : :.|: : : : |
           |.: : : : : :. :. :.|:.|: :.ト .,        ⊂  ⊃         _ ..イ: : : : : : : : : :|: : : : |
.             |.: : : : : :. :. :.|:.|: :.|: : :.〕iト ..,     ___   ,,... セ升 |:j! : : : : : : : : : |: : : : |
             ||.: : : : : :. :. :.|:.|: :.|.:. .:.〕i|.:.,ィi{i {i ヽ\//i:i:i:i}i:i:/ヽノi}h、j! : : : : : :. : : :.|.: : : :.|
.            |:|.: : : : : :. :. :.|:.|: :.|.:. .:.〕┌─────┐i:/i:i/i:i:i:i:i:i:i:j!.: : : : : :. :. :. :.|.: : :..:.|
           |: | : : : : : : : : |:.|: :.|: : : ,.┴、.: : : : : : : : r┴〈i:i/(`Y´)i:ij!: : : : : : : : : : :.|.: : : :.||
             |.:.:|.: : : : : : :. :.|:.|: :.|: : / /^ヽ: :: : : /⌒ヽ ∨i:i`Y´i:j!: : : : : : : : : : : :|.: : : :.|:|

1418 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/05(火) 23:59:55 ID:BaGhF43g0



             。。c ∞ c。。
           ィi〔: : : : : : : : : : : : : :〕iト
.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: 、:.\
    /: :/: : : :/:. :. :. :.|: : : : :゚。: : : : : V〉: : \
.    /: : ./: : : :/: : : : : : |_」LL」_゚。: : : : : V〉: : :.゚。
   /:. :./|-─‐-: : | : : ´|: : : : : : ` : : : : : |:|: : : :/,    お菓子、あるよ?
.  /: : : | |: : : :||_:_:_|_:_:_:_|jI竓芋芋ミk_:__:_|:|: : :. :./,
 /: : : /jI竓芋ミ    ィ㌻´  ‐ ミ   ヾ:. :. :|: :. :. :./,
. ⌒Y:〉 γ ⌒ヽ       /     ヽ !:. :. :. :|‐ ミ: : : |
   |: ::,   。  }      {   °  ノ | : : : : |   }: : :|   甘いの、たくさんだよ?
   |: / 乂  ノ ,    `   イ  !: :. :. :.|  八:.:.|
   |/      ____       | : : : : |_/: : : :.|
   |{      〈/      |      | : : : : |:.. :. :. :.|
   込       ∨     ノ     | : : : : |: : : :. :.|    お茶、やろう?
   |: :个s。    ` ‐-‐ U     ィ|: :. :. :.|: : : :. :.|
   |:. :.|: :|: : ≧=‐‐┐  -‐=≦: :. :.|: : : : :|_ : : : : |
   |:. :.|: :|: : : : :>''^`、/-_-_-.>ミ: :.|: : : :.√: : : : :|
   |:. :.|: :|: : : :/_-_/_-_、+'”-_-_-.Ⅵ: : : √: : : : : |
   |:. :.|: :|: : :/-/ ̄ ``~、、-|-_-/: : :./: : :. :. :. :.|
   |:. :.|: :|: :/_/──────'|-./: : :./: : : : : : : : |
   |:. :.|: :|:/_/ -‐=====‐- .|/:. :._∧: :/: :. :. :. :.|
   ⌒/: :/-√ニ◯ニ=========| ̄_-_-∨ : : : : : : |




          マ::::ム゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦--:._
          ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x
      ,.:<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄
.      '──ァ:::::::::::::::::|::::::l¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::::゚。
       /:::;ィク:::::::::::::::|::::::|::::::/  V:::::::::::::::::ハ::::::::::|:::::|::::::::::::::|ヾ
       // /:::::::::::::::::|::::::|::::/¨≧xV:::::::::::::/ .V::::::|:::::|::::::::::::/
      /゙  {:::::;イ:::; -|::::::|㌢芹笊ミt、:::::ル゙‐=≦:::|:::::|:::/|/
         {::::{ l:::{.l. |::::::|/ゝV)ツ   }/ 、__,V|:::::Ⅳ      せめて……ほかの部活も見てから考えさせてください……
.          レ゙ V::ヽ.|::::::|          、 `^¨^./.|:::::|
       λ     〉::::::|::::::ト、∪    _ ´     /ノ|:::::|
.       /::ヽ、_/::::::::|::::::| \  (  )  , <ヘ、」:::::|_/}
.        {:::::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::___ヘ  ̄, <イ:::::::::::|:::::|:::::/
       V::::::::::::::::::::::::::|::::::|::/ ≧s。爪〉,::::::::::::::::|:::::|/
.         〉::::::::::::::::::::::::|::::::|;へ   ./~{、 V、___:::::|:::::|
       /:::::::::::__ ‐=ニ|::::::||  ヽ ./{  |ヘ } } ヽ |:::::|s。_
       l:::/ ̄   ヽ /|::::::||   `゙∧::::/ `゙ .}   |:::::|  ハ
       l:/       |/ |::::::||    /::::V  ∧  |:::::|  ∧


 尚結局入る模様



 イッチはたまーに茶道やるよ、みんなもやろうぜ


おしまい

1421 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:01:46 ID:QameGBno0
おつ!
がんばれイッチ、まけるなイッチ!
いつの日かラノベも書けるスーパーイッチになると信じて…!

1422 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:02:57 ID:N.rw/W.U0
うーん、これが連載マンガの第1話として見るなら、もうちょっとキル子にエキセントリックさを出しても全然問題なかったのになぁ

1424 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:06:55 ID:ztAAxTSY0

これはだいぶ美少女物だよ!

1427 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:11:01 ID:5WYUclWY0
強盗が求めていた内容に段々と近づいてきた感じはある

1428 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:13:12 ID:E4tBvuGI0
かなり強盗好みに近づいてると思います

1429 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:13:17 ID:hpDTu9/E0
キャッキャしているのがモブっぽい子だけなので強盗が判断に迷っている感

1430 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:14:43 ID:3Y.76kXc0

「お茶会」で「茶道」が出てくるとは思わなんだ・・・ディ・モールト ベネ!!


1433 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/06(水) 00:19:30 ID:blBCxbDM0

寝る前即興


1426: 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) :2019/11/06(水) 00:10:52 ID:1EJuye6c0
人物が知性を忘れ去った感じでキャピキャピしてるのを、イッチの重い地の文で描写すればギャップで笑いを取れるのでは?




         |   _〉     l   :    |   {,ィ  |
         |   _〉     |  :i   |     〈_, |
         |  く   _,,.. 斗-‐┴‐-=ミx.    / |
         |   > '´   ,:i:i\ /i:i\ ``ヽく   |
            ゝ/    ,:i/ \i:{:/ V∧     \|
           /    / {/   `´  ヽ:} ヽ     \
          /   / :/           }: ∨   ヽ. /
.      //    :| ∧           :| ∧  ∨    ∨ /
     / ./     | | __      __}/  ', ∨    ∨   すごーい
     .'       ィ 厂 、        厂 ̄` }  |    ト. /
    .' i      .' | |   \      /      |: /:    |:∨ /
    .'  {     .' ゝ{    \    /     }∧:    | ∨
   .'   ゝ    ハ        ヽ /         ハ    /  :|
   .'    \  ト、 ィf竓芋ミx  ∨ ィf竓竿ミx /^}   /   |!   わーい!
  .' i      ト、 \                { / _ イ    |i
.  i |       {\`个        i          } ⌒/}:    |i
.  l |     '. ヽ_}i,              /_/ /    .' }
.  | `、     \   ゝ,    マ _ ア   . イ⌒ /:     .' |
  '. ∧    {⌒`  ∧ ≧s。. __ .。s≦∧   ¨7´    イ .'
   ∨ ⌒ヽ. \  { __>‐く/{{    }}/O∨_ /} _, ィi〔 ∨
        `⌒`ヽ/{{/0o。`ヽ、r‐v'´oO 。∨ `ヽ.⌒
.            /  {{ O  ゚o。 {(_)}。O 。o゚ :}}   ∨




        {/_              \
      ノ/ニ三- ニ _‐-  _    ""   ヽ
  r― ニ二_ ̄ ¨¨ ―_-_ニ‐_- ‐_ニ ‐- _  ハ
  ` <  |::: ̄::: ァiテ==ニ_ ''―- ニ‐-ニ`7|
.     ` |::::::::::::/斗‐  ∨:: ''' ー-、_ `'''ー-く}   うふふふふ、あはははははは!
       | :::::::: | _-   |:::::::::/ |:::>―-ト、
       /::::::::::::| /つヾ  リ:::ぅハヽ |:::::|:::Y⌒)\
.      {:::::ハ::::::l ∨ ノ   ∨ ノノ /::::::|::::|¬-‐┘
       ∨トi込ト          ア::/}:ノ
.       ソ/イトミト、   冖   イイトゝ
         r――‐T ー T―― ┐
         } イ ̄ 八   八 ̄ ト、|
        /イ/  ∧ハ―/∧  |∧


 少女たちの笑いが響く

 彼女たちは思考を放棄して、現実から逃げているのだ

 人間の悲しみとは、即ち思考からくる

 よって、思考を放棄すれば悲しみから抜け出せる、そう考えた精神学者がいた

 彼の思想に頼、心に大きな傷を負った少女たちは、ここで思考を放棄していつか心が癒えるまで、ただひたすらに背を向ける

 愛しき人を失った少女たちは、ここで思考を放棄し、現実から逃げ、心が癒えるまで遊ぶのだ


おしまい

1434 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:21:20 ID:P9nVbB4k0
おもっ!?

1436 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:22:11 ID:hpDTu9/E0
重すぎてもたれますよw

1437 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:23:15 ID:1EJuye6c0
バランスゥ!?

1441 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:25:00 ID:dxGnofhY0
これはこれでありだな激重フレンズ


1443 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2019/11/06(水) 00:26:27 ID:blBCxbDM0

今来たLINE




             , ':::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''‐.、
         ,':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/ゞ/i::::::::::::::ヽ.
           /::::::::::::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::/   l:::::::::::::::::::'
          ,::::::::::::::::{:::::::イ:::::::::::::;:::::::::/    l::/l:::::::;::::::::}
         ,'::::::::::::::::::ヽ/:!:::,/::::; 'l::::::/,,_   !/./::::/、:::::ノ
         /::::::::::::::::::::::':::j//:/ //==‐`、 ' /:/= 、ソ
        ,':::::::::::::::::::::::::::;!_,'´-- '´ , r:1j、ilニイli,rf1、il ヽ
      /::::::::::::::::r 7:::::/ ̄  ̄ |l 〈_ ピツ リ  li_tソ, il  ,'
     /::::::::::::::::::::l/:::::/      ゙ ‐---‐゙   ゞ‐-. ゙ /
    /:::::::::::::::::::::/::::::/ゝ.         _      } ./
  /:::::::::::::::::::; ':::::::/ゝ.__       (  `. 7  , ' 〈          作品の内容とか何よりも
/::::::::::::::::::::/:::::::; '::::::::::l           ヽ,_ ' /   ヽ,
:::::::::::::::::::/:::::::/::::::::::::/           /:::::ヽ  / ヽ
::::::::::::/::::::::/::::::::::::::/` 、      ` ー -'::::::; '〈` ´     ヽ__     私らと話しながらげらげら笑いながら即興で三本書くのが一番気持ち悪いと思いました、まる
::::::/::::::::/::::::::::::::/:.ヽ  ` 、  /: :/::::/: :| ヽ    /  ヽ
/::::::::/::::::::::::::/: : : : : ヽ   /‐ー/::::/: : : |  ヽ        ヽ
:::::::/::::::::::::::/: : : : : : : : : ヽ /ヽ/::::/: : : : :.|   l          ヽ
:/::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :.\/::::/l、\: : : :|   ヽ          ヽ
::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : /:::::/ l: : :ヽ\: :ヽ.   ヽ            ヽ




     V////\
      ∨'/!  丶
        \|    ヽ
        \    ',
__    . -―-=、  ',
   `丶′       `ヽ
               ハ
¨厂             _,',
|     _ __ _ ,   ィ。::)|
!     {:::::::゚)     └='八      相変わらず速度が気持ち悪い
人   u ヽニ二      ‘    }
    〃⌒ヽ     人   '
    {::::::::::::}    イ_)ノ  /
     、 ー-‐'        /l
     \ 丶----‐ァ' ´   |
      ヽ      /    |


 ひどい


おしまい

1445 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:31:54 ID:dxGnofhY0
>速度が気持ち悪い
俺は大学出てないけど感覚でわかるわ
イッチ学者には向いてない

1448 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:38:31 ID:5UbFAPvA0
イッチはこう、ロマンチック街道を歩こうとして、シルクロードを歩いてしまってるというか…
女子校百合物書けって脅されたら、サッフォーが出て来そうだなと思いました

1450 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:40:51 ID:zg5DceIs0
>>1443確かに酷いwww

>>1448三蔵法師って聞いてFate/goの三蔵法師だと思ったらリアルのガチモンクの三蔵法師が来た感じだよねw

1451 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:41:29 ID:XTmwZbEI0
サッフォーをサッチャーに空目してイッチでもさすがにないだろ…いやあるのか?ってなってしまった

1454 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 00:44:16 ID:dzDLsHyI0
>>1450
三蔵法師が最遊記の物騒な仏僧ですらない辺りがイッチを表してんね

1461 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 02:02:57 ID:x4AbY7bU0
ノリでやってる部分もあるだろーけど、みんなけっこー点数辛いなー
ワイは一本目から三本目までまあまあ面白かったと思うんだが

1462 : 尋常な名無しさん@┗( ^o^)┛( ・m・)【 令 和 】J('ー`)し('∀`) : 2019/11/06(水) 02:05:30 ID:bn1oPsvA0
面白いかどうかなら、十分及第点を超えてる。
ただ「美少女イチャイチャもの」との判定ですので…

関連記事
76168 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 22:16:23 ID:-[ ]
女子高生にしては話し方が硬い感じがするからキャッキャウフフ感が薄い気がする。
内容は完全にキャッキャウフフなんだけどw

サーバルちゃんとかばんちゃんは何かドグラ・マグラ思い出すようなそんな感じがする。
気のせいかもしれんけおd。
76171 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 22:22:40 ID:-[ ]
話はキャッキャウフフなんだけど、AAの選択で損してる感じ
キル子のAAが静かなタイプが多い上、出番も多い
そのせいで、妙な静けさを感じる
76173 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 22:25:02 ID:-[ ]
読めるし面白い
まあなんか現代的な感じというより10年前くらいのアニメの登場人物と100年前くらいの小説の登場人物が混在してるようなそんな雰囲気がする
76180 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 22:37:20 ID:gJtHMeAM[ 編集 ]
私はキル子が好きだから嬉しいが、キル子は名前の通りどっちにも振れるのでまず警戒感が。
いつちゃぶ台をひっくり返されるのかハラハラしながら見てました。
全体的にはこのまま続いてもらえればいい感じの話になるんだけど……続けられるのかなぁ、と。
76183 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 22:43:59 ID:-[ ]
うーん、遊びの無い司馬遼太郎
76189 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 23:04:12 ID:-[ ]
シャシャシャシャ
のAAの選択センスであきらめろと思った(マジレス
76193 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 23:11:00 ID:-[ ]
ピカニキがだだ甘だったのが、一番面白かったっスね!
美少女がきゃっかうふふっぽかったのは2本目とか?
個人的には、叙述トリックが大好きなので、目の前で包丁構えてるのが隣の家の幼馴染の美少女で「お前が一番可愛いよ!(逆切れ)」とかが欲しかったです。
76194 : :2019/11/06(水) 23:13:36 ID:-[ ]
少女漫画の作風なら十分いけそうだけど男性向けの美少女キャッキャウフフ物としてお出ししたらガッカリされそうな気が
あと仮に連載するものとして幼馴染のアホの子は今後どう動かすかが気になるな
初っ端から菓子一箱食ってる辺り一歩間違えたらネットで悪い意味で話題になるタイプのアカン奴になりそうな
76199 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 23:29:29 ID:-[ ]
なんだか金田一少年ぽくていつ血を吹いて倒れるのかと
76200 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 23:32:54 ID:-[ ]
トッモの評価が酷すぎるwwwこの作品は割といけそうな感じがしました
76204 :日常の名無しさん:2019/11/06(水) 23:41:11 ID:-[ ]
イッチはきっとこの後へうげた顧問や利休めいた校長とか出して
そっちの方を魅力的に書くぞ。
俺は知ってる。俺は詳しいんだ。
76205 :名前::2019/11/06(水) 23:41:41 ID:-[ ]
>>1にはいわゆる『萌え』系は無理ってことやな(諦観
76210 :名無し:2019/11/07(木) 00:11:52 ID:-[ ]
スターリン的精神学で即興を作るのはやめい(昏倒)
76213 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 00:16:53 ID:-[ ]
茶道女子はいちゃいちゃというよりかしゃかしゃなのではあるまいか茶筅の音的な意味で
76215 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 00:22:01 ID:-[ ]
かばんとサーバルの下の地の分、はっきり言えばやりすぎて、くどくなってるのよね
もう少し軽くならんか

その部分のレスを見てると、なんかあっさりめのラーメン喰いに来たら、油が濃すぎてぎしぎしと固まってるような代物が出てきたって感覚になる…
76216 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 00:24:16 ID:-[ ]
お嬢様学校のお茶会って題材で、茶道の方なの?
って感想出たが、みんな普通に受け入れてるのか。

いや、理解は出来る。
76219 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 00:29:11 ID:-[ ]
強盗が求めるキャッキャウフフはここからの積み重ねでやんねぇ香の畏まった態度が和らいで打ち解けていった先にあるものだと思うの
76228 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 01:07:02 ID:-[ ]
お茶会のやつは良かった(こなみかん)いや真面目にラノベとか漫画でありそう
フレンズ...なぜそれをした!言え!(イッチ辛かったやな)
76230 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 01:12:39 ID:-[ ]
いやこれは出だしとしては悪くないで。ただ地の文の硬さがかなり足ひっぱってる感はある。
76242 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 02:12:54 ID:zlaHsQrA[ 編集 ]
何というか、表面に出ているのは一部に過ぎず、心の奥や舞台裏などで何かが進行しているという印象が強い。

裏がないのがキャッキャウフフではないだろうか。
一瞬も目を離せない緊張感は必要ない。どうせ大した話じゃないんだし、大したことは起きないと思わせてくれないと。



76251 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 02:26:20 ID:-[ ]
ロマンチック街道を歩こうとしてシルクロードを歩き通した末にふと気が付いたら修験道に彷徨いこんで滝に打たれて修業してた感がww
76267 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 03:21:55 ID:-[ ]
とりあえずイッチは古賀亮一を読むべきだと思うんだ。
76289 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 06:15:50 ID:-[ ]
古典部シリーズのような雰囲気ならワンチャンあるかも?
76296 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 06:39:57 ID:-[ ]
だいぶ惜しいと所まで来た…!
76310 :名無しさん:2019/11/07(木) 08:05:10 ID:-[ ]
成長は見られるが根本的にコレジャナイ感が拭えないのは何故なんだぜw
76317 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 08:22:25 ID:-[ ]
このおまけシリーズの※欄読んでると
フェミナチの連中が萌えマンガアニメにイラつく気持ちがちょっとだけわかる気がする
76330 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 08:58:24 ID:-[ ]
けもフレ1はあの見た目のアホっぽさに反してめっちゃ緻密に作られてるし。
これでどうだ!と言わんばかりにゴテ盛りした文章を叩きつけるこれは対極な存在だと思う。
76336 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 09:05:50 ID:-[ ]
激重フレンズの路線の方が面白い気がする
やる夫スレなら既存キャラが使えるし原作を心の闇で激重リメイクとか、知性無い分のキャラ描写を他者に投げて合作とかならアリ……、かもしれない
76385 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 11:55:07 ID:-[ ]
いっち創作する時はキャラの幅が狭いというかキャラづくり下手というか
小咄の登場人物がキャラ豊かのとは対照的ね
76388 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 12:15:18 ID:elG5aLK.[ 編集 ]
茶道はキャッキャウフフ感は確かに醸し出してて合格点だと思うの
主人公の思考の固さは気になるけどきらら系日常四コマになれそうな空気あると思うの

個人的に読んでいて物語の空気より、作者の知識の詳しさに感想が持っていかれるのが気になるのよね
旅の知識だの風土の知識だの茶道の知識だのが強すぎて、癒される系じゃなくて学ぶ系に変わってしまうw
76390 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 12:17:36 ID:-[ ]
(やんねえ香の堅すぎるお茶感想さえ撤去すれば)
「GA芸術科アートデザインクラス」なら到達圏内だが「ひだまりスケッチ」は圏外な感。
まあ本スレでも言われてるようにイチャイチャよりはワイワイガヤガヤの方向性よね。
勿論キャラの個性付けがしっかりしていればそれも十分需要はある。
この茶道部メンバーなら後にほんわか可愛い系の子を足したい感じかな。
76394 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 12:36:25 ID:-[ ]
押井守が富野由悠季について、
「ドラマはダイアローグで出来てるんだけど、
あの人のセリフはモノローグだから(異様になる)」
と言っていたのと同じ感じ。
具体的には、主人公・対話者の他の3人目が弱い。
ここに価値観の違うものを持ってくるのが重要
(例:おバカ、破天荒、天然等)。
二人の間で煮詰まるものを、煮詰まっては崩し、
煮詰まっては崩し、としないと、
「意味のある文章」(いかにもイッチらしいが)
が出来てしまう。
「無意味なお喋り」が癒しにつながると考えよう。
76424 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 16:09:31 ID:-[ ]
まんがタイム系列で有りそうな話ではあるが、地の文章が急に文学っぽくなるギャップが。
差が大きすぎて妙な違和感が。
76441 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 18:47:02 ID:-[ ]
>シャシャシャシャ
>のAAの選択センスであきらめろと思った(マジレス

うん、いきなり包丁研いでるのかと思った
「キル子がイッチに包丁突き付けてる強盗さん役かな?」って素で思った

やんねえ香「ねんがんのJK生活と思ったら、いきなり人生終了の大ピンチです」
・・・とか言い出さなかっただけ有情?
76520 :日常の名無しさん:2019/11/07(木) 21:01:17 ID:-[ ]
1番目が正直1番マシな気がする
いや、どれもきらら作品やろうとしてアーススター作品になってる感あるけど
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5970 すまたん (11/18)
  • 国際的な小咄 5969 葛根湯の中国での扱い (11/18)
  • 国際的な小咄 5968 足りぬ足りぬは工夫が足りぬ……って限度があるっての! (11/18)
  • 国際的な小咄 5967 博多とかいう狂ったバス天国 (11/18)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ 第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」 (11/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #43 (11/18)
  • アカガネ山のやる夫 これまでの登場キャラ一覧 (11/18)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 034 (11/18)
  • Caitたちが見捨てられたVaultを探検するようです Vault 88 (11/18)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 松茸の巻 (11/18)
  • 国際的な小咄 5966 フェイクニュースかよ! (11/18)
  • 国際的な小咄 5965 ルワンダ料理は…… (11/18)
  • 国際的な小咄 5964 そこで生まれる新しい格差 (11/18)
  • 国際的な小咄 5963 手口としては、うまいしヤバイ (11/18)
  • 国際的な小咄 5962 種族が違う……? (11/18)
  • 国際的な小咄 5961 Hate Speech (11/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第14話「美しき旋風!華麗なる風のバルバリシア」 (11/18)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第四十一話・やる夫は再会するようです (11/18)
  • アメリカンヒーローアカデミア 35 (11/18)
  • カナちゃんのおしながき 第61回 (11/18)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十七話 壊れた街で、さようなら (11/18)
  • やる夫は竜の人財のようです 小ネタ (11/18)
  • やる夫とばくだん 5.消されたタイタン 後編 (11/18)
  • 国際的な小咄 5960 満蒙は生命線 (11/18)
  • 国際的な小咄 5959 盧植さん!? (11/18)
  • 国際的な小咄 5958 お、おう (11/18)
  • 国際的な小咄 5957 ましなのを選んだ……つもりだったんだよ(By当時の部長) (11/18)
  • 国際的な小咄 5955~5956 一応ムハンマドをAAスレで使いたいときの一番もめない方法 ~ 革新的 (11/18)
  • 国際的な小咄 おまけ  やばい! しっくりくる! (11/18)
  • BLUE METAL 第七話 「 終わりの始まり 」 (11/17)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第三十一話「彼方へ」 (11/17)
  • 国際的な小咄 5953~5954 今イッチ東京だよ ~ ちなみにイッチの返答 (11/17)
  • 国際的な小咄 5952 君の国的に先進国って何だと思いますか? ~イギリス編~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5951 その発想はあったけど考えてしまったらやーばい (11/17)
  • 国際的な小咄 5949~5950 中華ガジェットのひどい提案 ~ 朝鮮半島の土地の生産能力 (11/17)
  • 国際的な小咄 5947~5948 デーツは強い ~ 中東の人々の甘さへの渇望はすごい (11/17)
  • 国際的な小咄 5946 沢尻エリカ=濃姫 (11/17)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その9 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その3 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その2 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第五話 「開催! N1グランプリ!」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 後編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第三話 「湧く泉にも水涸れあり」 後編 (11/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する Episode 勿忘草 「 私を忘れないで 」 (11/17)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第47話 (11/17)
  • 国際的な小咄 5945 味噌饅頭は群馬が一番 (11/17)
  • 国際的な小咄 5944 朝鮮半島の立地の悲しさ (11/17)
  • 国際的な小咄 5943 龐煖 (11/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ