スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その58

目次

4016 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 07:43:32 ID:yO0VT0N8
おはようございます。

オケアノスの民か……なんか想定される位置的に知らんうちに自治都市として勝手に活動してる気がする。
騎士団の船員とかにも何人か普通に混ざってそう。
生産班にもディックアルヴやサイクロプスあたりがふつうに交じってるかもしれない。

薬人は……まあ……外に出る気力があるなら見ただけでばれ野戦だろうし混じってるかも……?

4017 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 07:49:17 ID:yO0VT0N8
そういえばこんだけ修行してたらアズマ君も智将を開花させそうだし矢羽谷もそれなりに育ちそう。
やばたには大魔術師レベルになったら帝都で勉強しながら本部詰めの通信士やらせた方が幸せかもしれないけど。

4019 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 08:08:03 ID:yO0VT0N8
そういえば今回手に入った土地とか民族宗教入り混じっててめんどくさいことになりそうなんだけど誰が統治するんだろう。
主戦論者の人たちとかが土地持ちとして入って我が物顔で支配したらまた反乱祭になりそう。

4018 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 07:50:38 ID:+C97GvD0
ドリフのオルミーヌポジかな?
>>やばたにえんちゃん


4020 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 08:08:41 ID:yO0VT0N8
>>4018
むしろ本部にいる安部さんのほう?

4029 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 19:33:12 ID:yO0VT0N8
こんばんは。

いま改めてみたらアドリア海とイオニア海とティレニア海とエーゲ海と黒海の用地それぞれ帝国が抑えててヤバい。
なんで西方教会はこんなところ帝国がとること認めちゃったんだろうか。嫌がって求められるかどうか知らんけど。

4035 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 20:07:07 ID:yO0VT0N8
ところで、北東部の草原ってほぼ帝国と従属気味な同盟結んでそうだしウクライナ南部も帝国の勢力圏と言っていいのではなかろうか。
実際に手が回る部分は相当に限られてるけど。

4036 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 20:10:11 ID:yO0VT0N8
さて、じゃあもうちょっと案が出てきたり成長方針を話し合うのを見るのもかねて割とたまりにたまってる仲間の成長と
余裕があればやばたにえんやマリヤあたりのデータづくりでもするか……。

4034 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 20:03:54 ID:X+QFwtNQ
どう考えても手が回らんし、異教徒に取られるより一応同じ宗教の帝国の方がマシって考えかな

4037 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 20:11:50 ID:UjTdwRne
クリミア半島とか沿岸部やそのちょっと内陸側に城市や防衛目的の城、塞を築いて統治している感じですかねぇ。
>>4034
しかも住民は東方教会系で西方系が無理やり統治しようとすると後で問題が生じそうだしねぇ。
下手すると弾奏騎士団案件になりかねないし。


4038 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 20:16:07 ID:yO0VT0N8
まあ20年もたってるし違う宗派の人も入り混じってるしで割と混とんとしている半島南部と島。
そらマフィアも出てくるわ。

4043 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 20:51:48 ID:yO0VT0N8
やばたに、戦闘能力と製作をを完全に捨てたせいでちょっとよくわからないキャラに。

4044 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 20:52:42 ID:X+QFwtNQ
完全な支援特化型か

4045 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 20:54:33 ID:3sdB1Vst
戦闘に関しては常人レベルにはあるけどやばちゃん的にはそこは伸ばしてないのか


4046 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:03:19 ID:yO0VT0N8
やばたに、修業期間はパーティの中で一番短いくせに魔術レベルが騎士団の中で一番高い……。
芸術と魔術と学術にガンブリして攻撃とかその辺完全に捨てやがった。

4051 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:07:13 ID:yO0VT0N8
ぶっちゃけて帝都にある騎士団本部で研究&情報収集しながら実働部隊にオペレータやってるのが一番強いまである。

4057 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:26:39 ID:yO0VT0N8


【参考:騎士団にはこんな連中がゴロゴロしてるぞ!】



                少::::::::゙´::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::<
              ,.:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
            ,.:<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ─`
         .'──ァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::;、::ム
            /::::::::::::::::::::::::::::::::'/::::::/:::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::ム\ム
          /::;ィク::::::::::::::::::::::/|:::::::::::|:::::::::::/ .|::::::::::::|::|ヽ:| ヾ
         // .{:::;イ:::::::::::/::;ィ|:::::::::::|:::::/>、.|::::::/:/:::| l|
         /´   {:::{ .l::::::/::::::( |:::::::::::l/弋丈刈:::/|/l::/ ノ
             ヽ{.//::::::::::::::ヽ|:::::::::::|       レ'/ l/
             ____∠__::::::::::::::::|:::::::::::|       \
____________ _/    二二二i\__|__|_____r_´__________________
            .─―‐‐'/ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.           _二代 ̄:::::::::::::∧|:::::::::::|/ト:....,_/:|                  ,-、,ィ-、,、
          /ー‐'^\\_____:/¨.‘,::::::::::|.∧ |::::::::|-─-<_/⌒゙ー―へ--'"¨ー-.| |  | |___
- ──一ー‐<         .\ }ヽ .‘,::::::::|::::ヘ|::::::::|                    .| |  || |     ̄¨
                     .ソ、 ヽ .'::::::::|、::/|::::::::|                  | |  || |
                 У / .\V ヽ::::|/:ヽマ::::ム``ヽノ              .|    |
 \             / ./  {_`|、 .\∨:::ヽマム<\        ./      .|. │ .|    __
_,.へ、__ノ─┬-、     /  /     .| \  \:::::∧  \. `\─へ__ノ--'⌒ヽ、_,ィ │ .| ̄ ̄
        {:::::|    .′ /.     |.  \ V:::::∧   \  \          .└^┴^┘
         {::::::|   .i   /.       |    \V:::::∧     ヽ  .ヽ,
         {:::::::::,   |  \     |   二ニ=.\::::::|=ニ二 .|  / ∨
        {:::::::::}  人  /      |   二ニ= |::::\|=ニ二 .|  ヽ .}
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
弾奏騎士団騎兵隊千人隊長(仮称マジャル系騎士ヤン・ネーカ)
・耐久88
・攻撃88(+操縦+60(武器))
・防御88(+操縦+30(鎧)+30(盾))
・運搬50
・操縦50
・敏捷50
・教養50
・医療25
・指揮25
・魅力25
・芸術25

スキル
・陸海の騎士:騎乗や船上でも通常通りの行動ができ、遠洋航海が可能。騎乗中ダメージ&防具修正+操縦
・蹂躙攻撃:突撃することで進路上の敵全てに攻撃できる
(以下部隊との連携スキル。指揮権を持つ千人隊を率いている場合のみ有効)
・千人隊長:自分と部下のあらゆる能力を+人数/10(指揮系スキルは適用される最大値を採用)
・軍楽:自分と部下は芸術で魔術に類する効果の発生や魔術への抵抗を行える
・工兵:自分と部下は知恵が必要な行動の効果を+教養し、構造物への攻撃が行える
・衛生兵:自分と部下はダメージ、ダメージ減少、回復量に+医療し、毒や病気も治療できる


4058 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:28:19 ID:X+QFwtNQ
準英雄クラスって感じだな

4059 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:29:30 ID:lcE7FREI
殆ど英雄ユニットだなw




4061 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:30:01 ID:UjTdwRne
そういや帝国はパンノニアとかモエシアも統治しているからマジャール人やブルガール人も多数騎士として仕えているのか。
欧州側もアジア側も優秀な重装騎兵や弓騎兵、山岳騎兵を調達できる帝国は騎兵大国だよなぁ。
その中でも特に上澄みが弾奏騎士団には所属しているって扱いなんだろうけど……・


4062 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:32:27 ID:yO0VT0N8
>>4061
正確には無職な連中をブートキャンプで鍛え上げた結果だったりします。

さて、これは今回はラティファとイタリアカッコカリ半島南部とシチリアカッコカリを見て回る感じになりそうですかね。

4063 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:33:46 ID:lcE7FREI
やばたにのステも見てみたいわ


4065 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:35:39 ID:yO0VT0N8


>>4063
まだスキルとか決まってないし数値も概算だけどふんわりこんなビルド



                  __        -―――
                 /    \   ´             `
                   /    (::::/                 \
               /     (::/                   ヽ
              〈{__/     (/      ,ヘ/\            ,
              ̄' ,     (|   /   /    ヽ            |
              //|      | '   ' u   |   ,   |  ,!    |
                    |      γ´!    | ―― |   /|__/|_/|   /
                    |      j|  !   -======ミ|/|/ ====-_/   '
                    |    八 |   |   んぅ     ん:ぅ /   .イ
                    |/|     |ヽ|   |`ー==  , ==‐/ / '
                    人    ! |   |u          ∠/ /
                      \_。s≦|l   从    r ュ     u ノ /
                  /=- ̄ 丶  |/|>s。    _  <  '
                 /=- ̄    \| \   { 丁/| /  /   _ -―― 、
                    /=- ̄     /|  _ \__// .|./ ./\ (_,-、{  | ト、
             /- 、___     〈 Y::::::::`芥ーミ  | ̄´  .,.,.,,,.,.,.,.,.,._ゝ‐し' }、
                /=- / 〃`ー――――‐ 、}::::::::} /   ,g必戀戀戀戀'g;,し1ノ
            |=-/  ∥        ̄ヽ、.)z__ 〉   ,犇:戀戀戀戀戀i:℡、
            |=-.    |―――― 、\\_) ̄‐≠-__ ;淡戀戀戀戀戀戀i淡;
            |=-_.   |'         |\_)┘  |/ ̄_==z戀戀戀戀戀戀戀淡;___
            `ー――┘-_       |        |  |-=三三三三三三三三三=-|
                  |==-     |        |  |-=三三三三三三三三三=-|
                  |==-     |        |   -=三三三三三三三三三=-
                  |==-     |        |   -=三三三三三三三三=-
                  |==-     |        |    -=三三三三三三三=-
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やばたにえん
・耐久12
・攻撃01
・防御12
・運搬12
・操縦10
・敏捷12
・教養70
・情報50
・教育25
・魔術80
・医療50
・研究50
・魅力50
・芸術70
・信仰40


4068 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:37:58 ID:lcE7FREI
ヤベエ、天才過ぎる

4070 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:38:16 ID:Jf9QKnIH
魔術80はヤバいw



4066 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:37:01 ID:3sdB1Vst
めっちゃ伸びてるけどやっぱりスタンピードで成長点稼いだ結果?


4072 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:39:28 ID:yO0VT0N8
>>4066
それもあるけど才能もあります。

さて、開始前に戦後すぐの半島状況を――【3D100:161(17+87+57)】(最大値、高いほど無茶苦茶)

4084 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:45:04 ID:yO0VT0N8


【3D100:161(17+87+57)】(最大値、高いほど無茶苦茶)



        ( ⌒ヽ、
       (  )   ) 、                   |
       (:    ´  )                 ||
      (´⌒::::`    )                  |.|
     (    (                ;   人;_| |
     ´   ⌒    )           |.」.| .| 」| |人;;从;;;;:
    (´::       )  ..:)    ;   人;;从;;| .|-l .| .|. l⌒l‐┐
    (:::::::       ;;人;;;   人;;从;;;;:|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|
(´⌒;:⌒`~;;从;;人;;;⌒`;:(´⌒;:⌒`~;;  .l |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|人;;从;;;;:(´⌒;:⌒`~;;从;;人;;;⌒`;:(´⌒;:⌒`~;;  .人;;从;;;;:
;`(´⌒;;:⌒∵⌒`);(´∴人;;ノ`;;`(´⌒;;:⌒ l | .|::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ,,| ̄ ̄ ̄;`(´⌒;;:⌒∵⌒`);(´∴人;;ノ`;;`(´⌒;;:⌒ l |,,| ̄
F√i-ュ| ̄|明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ 「 ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ´t|    /F√i-ュ| ̄|明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ 「 ̄|:ニ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



       >    /;┌v┐^|     / .ヽ  ) ギャ >   /⌒'-t ヽ 丿         . )踊 踊
 | ダ  ┐(     /;;;;<'-┌ >|    /  ヽ )_ア /   ノ  ノ^ヘ,ゝ | |     ./~~~'-_ノれ れ
 | ン ス └'7  (;;;人 .i7 〉|T       -イ^  '⌒'   ノ_ / '-┌'|| | |    ./~'┐  ヽ (  :
 | ス  タ  /   /  ^'┰^ ^ヽ,     -'T~~      /⌒ヽ,__,ヘ/ミ/ |    〉  ~'^)_  ) .)  . :
 |└  ン (   /     .┃ Y ⌒'-t__   _     /      ~'--┘ ノ    .~ヲ  > ~ ノ (
 !! だ ガ ヽ   ト'^'-t_ ┃ , ト-t,___二7~     丿  ィ-''"''┬----'     ヽ- < ! !
     ン >   ヘ,   ヽ, ┃_ | ,__     人  __,r-人  ヽ__r-'^~          /ゝ, ~'t_
       (   ヽ\   ̄  .~フ_ヲ_] Σ  ./ヽ,  ヽ__ イ             / ヘ  |人,,ヘv
        >  .〉 ヽー'''"┰~ヘ,     ノ /   )  __ 7   フ  ___    _/  /^ヽ 〉  .
ヘ人/⌒\(   . ./       ヽ,      ゝ |   ヽ,r'~ T  Σ / ̄)~'-ト-'"~ _/   ヘ/ .
     r-'"~'ヽ、  ト,__   ゝ,-        ヽ,   ヽ, /   ゝ  ̄=-'~ヽ---'"~      ./
    /;;;;;v'~~' L  |     ,ヘ、(__        ヽ    Y      〈〈           /  _/
   (;;;;;ソ  t-'  レ  /^Y~(^-         ト、  ヘ,   / ヽ           ∠___rイ
    >"'-t___7      _rヘ_,ヲ   <<      .|;;;;〉  /   /  ヽ         ノ  ノ /
  /   /ヘ、   _r'~ /   / ヽ      」;;/  /        __        Uuu! ∠_,,
 /    (_  ~"'-'~ _r'~    /  ヽ    r'~;;;〈  /      -イ              /
./       フ'-t___r-'~    -イ^~     /;;;/ノ /       -'T~~             /



                                              /i!
                                                |:::!
                                                |:::!
                                                |:::!
                               __              |:::!
                            _,.'::::::::∧                |:::!
                           /::::::::::::::::::∧_           j:::|!
                           /::::::::::::::::::::::::::::ハ_   __ ,,,,,,,,,,rf::::ヘ、___
                            ヘ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          V:::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                _            V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   i:i     i|       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i|        j:ト.、   .||          \;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i|         f:::::r'   .||__       、 ヘ;:::::::::::::::::::::j={:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i|        |:::::|   ,::´:::::ハ      ||   |:::!ヘ;:::::::::/  ¨V;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i|        |:::::i   |::::::::r¨'   =v=':::≧リ:リ ,':::::::::i!   `¨ヾ==='¨i::::::::::::::::::::::::
    ,. __i|_       ゙!:::リ  .|::::::::i     /:::::::,:;:::::::::レ::/i::::::!         `i::::::::::::::::::::
    {::::::::::::ハ       Y:j  /:::::::ノ    (::::::::::! `!:::/|::| |::::::!            !:::::::::::::::::::
      V/|:::::::i!       !:|  /::::::::ハ    {:::::::::::i, i::リ `゚ .!:::::|           ノ::::::::::::::::::::
     i|| i:::::::i!       ル' i!::::::::::リ     V::::::::i! !:|   `!:::!          `!::::::::::::::::::
     i|! i:::::::i       ||  )::::;:::::i      `゙ヘ;::i! |!    `゙            |:::::::::::::::::::
     i! 〉:::ノ       || f;/´!:::リ        ||  ´          |!       |:::::::::::::::::::
      /::/         ||   i::::|          ||           ,ノ:!     }:::;:::::::::::;::'
     i:::::|!        ||   いL         ||           !|:::ト       |:::i´  ̄
     `´||.         ||    |:|          .||            !::|!     i:::|!
       ||.         ||    |:ト.         ||             |::i'       |:::i
       ||.         ||    |:|          .||             |::!_     i!:::!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


4085 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 21:48:43 ID:XgiPZN/r
もうメチャクチャだよ・・・


4086 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:51:45 ID:yO0VT0N8



        /rメー"      `-メュ ,   \
       V /  /     ',   ヽ ヽ ',    ヽ
      //    ,'      ', ',  ', ヾi    `
     ."/   ! i      ; i}  ,  .,  }!   ',  `
     ,/    i !      i i} i}   ', i}   ;;  i
     i !    j!ハ     ,'-ー-- ,,、 i  !   ;;  ',      というかんじで、現地ではいまだに戦後の対立が残り
     i i ',  レイ⌒ヾ   / /_ リ i /リ /  ;;;;; ',ハ
     レ! .',  i ヽ-\ \/ノ ィf芹ミュ/リ/   ;;;;! ヘ}      その混乱と飢饉によりさらに各地に亡者のスタンピードが発生して
     /ヾ 、i ィf灼ミ         ん;。;}`》イ    ::!  }! /
    /j \ゞ《{ ん;。i       ゞ-シ  /ィ /  ::!   V  /   統治どころか民衆の生活も怪しい状況になってるそうです。
   / /} !" ',  `''"  、        7,,;;/  ハ    V  /
   // i i   ',             /;;/  /:::}!  丶  V
  //  .} !  ',`,     、 ,    /イ   ハ;:::!::. \ \ \
  {i   j ハ  `, >        </  / /;::V}::::... ヽ ヘ\ ` ー 、
  }i  / .ハ   ゞ/∧>   </  , " /::::.ノ::::::::.... \', ` ー _ \    最初は新しい領主が頑張ってたそうですが
  {! /  ! }ト、  \リ  !`'"} /  / _ノ-"⌒''' ヾ::::::....  ゝ、    \ ヽ
  {! / / ! ヽ` ー 、 ゝーt""j .(/...::::"/       ヽ::::::.....  \    ヽ ヽ   らちが明かないということで団長から治安維持の命令が。
  ヾ!  ! ヾ__ i\__ ヽ}  ,'  /7"  , /        `,::::::\::... \    } !
   .i{  `,   /i   `イ  ;  i/ / ,'          iヽ:::::.. \  ヽ  i /
   ヽ  `,  i ゝ、  〉 `*}!/ /,'           i::ヽ:::::... ',\ .', //
    \ ヽ j ゝ、 .〈   `〈 / /           !:::::ヽヽ:. .!  ヽi/



                             i、_
            、、     _,,。ィi、       .|  ≧,
           _,,。ゝ=====ー─ マ}iゞ }i、   } ∧∧
       >''´,。≦ゞ''''"" ̄:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.',ニi、  .{ { } ∧
     >''´>''´:.:.:.:.:.:.>-ー'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝミッ。、_i|__∨ ヽ
   / /:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i}ヽ . |
    /:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ}__|_ ,,。≧''""≧、
   ./ '´/':.:.:.:.:.:.:.>'´:.:.>'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  /' ././:.:.:.:.>'´:.:>'´:.:.:.:.:.>'´:.:.:.:./:.:.i:.i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.∨.ゝ==彡ッ。:.:.:.:.:∧
  / / /:.:./:.:.:.:/':.:.:.:>'´/:.:.:.:.:.:./:.:./:.i:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.}i:.:.i:.:.:.:.}ゝ==ー'''''"<`''<i{__
    ///:.:.:/':.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./i:.:i:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:| i{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''<  .∧   初期でどうトチったらそこまでこじれるんだ……。
   ./' //:./イ:.:.:.////:.:.:.:.:.:.:./:.:.//:./:.:.:i:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.|..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ
   / //////:./' }/斧/:.:.:>'´ノ/:,イ/:ノ:.:.:/i:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.|i:.:.i:.:._} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
     i/ /_,i:./_/ 乂弌ゞ_,。イノノ≧s、/:.:/:/:.:.:i:.:.:i:.:.:.:.|i,:.:.i:.i}∨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ>´       いずれにせよ、行くとしましょうか。
    //iノi/:.:.:{  `"i‐  /'  .んニ圦从/:.:.:.i:.:.:i:.:.:.:.i从:.i/ | \__,。イ/:.:.:i
     ./:.:|:.:.:ノ,        ィ匁戈.}ミi'.ノ:.:.:/i:./i:.:.:./:.从i | |i,    /:.:.:.:.:i        西のチラ見はまだ続いてますし
     />'´/ノ',        ヾー  `イノ:.:.////:.:.://.iノ | |:.\ /:.:i:.:.:.i:.::i
    /イ  / 从/∧  ` ー   ,。:.≦/ノ:/.i}///:.:/' ./ .} ./::i:.:.:Y:.:.:i:.:.:.:i:.:i         なるべく少数の人数で。
   }'    ./i:i:ii:i:i:∧     ./:.:.:.>//ノ=イゞ'/ノ     ノ./:.:i:.:.:.i:.:.: i:.:.:.:i: i
       /i:i:i:i:ii:/  ミニ7''''''//:./ //ノゞ'´//'´     i{ i{:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:i:.i
      ./_}i:i:i:i:}i .i    .}  /'´  |' {彡'  イ       .ム ∨:.:.:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
     / ノゞ'´∨.',   .i  .i'    i 乂ヾ、        /:.∧.∨:.:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
    。s≦     ∨}i          .ゝ===ニ≧s、  /:./:.∧ ヽ:i:.:.:.i:.:.:.:i:.:i
  /        ∨            /i:i:i:i:i:iノ ヽ /:./:.:/:.∧ .\:.i:.:.:.::i:.:i
 ./           ゝ。 イ´`"'''''─'''''/i:i:i:i:i/   ∨:.:./:./:.:.:ゝ。,\.:.:i:.:.:i
 i{               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./i:i:i:/     i}:./:./i:.:.:.:.:.:.i:.:.`"''.:.:.:.i


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   というわけで、いつもの騎兵隊とともに錬金戦でまずはシチリアカッコカリへ上陸。


4087 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:56:07 ID:yO0VT0N8



                     ┌┐
                    /~'7;; |/~''7   ~~~       ~~~
     ~~~~        (  ( ̄|  (
                 、___`t-'ーイゝ-i             ┌┐
                  ヽ] ̄二二二7           /~'7;; |/~''7
~~~~   ~~ ""~~~~  ~~~~~       (  ( ̄|  (
        ┌┐                       、___`t-'ーイゝ-i
       /~'7;; |/~''7     ~~~             ヽ] ̄二二二7
      (  ( ̄|  (                 ""~~~~  ~~~~~
    、___`t-'ーイゝ-i    ~~          ┌┐
     ヽ] ̄二二二7               /~'7;; |/~''7     ~~~
""~~~~  ~~~~~  ~       (  ( ̄|  (           ~~~~~
      ~                  、___`t-'ーイゝ-i    ~~
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~



                      ╋
              > "  ィュ(ヽ||ィ)ュ、
            /   ,,ュィァソ "⌒⌒ マヾ\
           /   ィシ"        , マシ
                 /  /     , . ヾ} ',
         /   /    / ィ ./      ,  i  i  i
          / / ,'   -tー-/、   7 ,  ,'  i  .!
       /ィ/  i  /!/ / / ヽ',   ,'ィ/ /  /  {     そういえば、アイシャさんのお友達のやばたにさんですが
      / /   V /      ヽ // \    ! l
    // ,'     !-==ミ      /ィ ヽ  ! !     相当な才能をお持ちなようですね。
  ./ィ7  i{      i             ィ=ミ、ィ/  l l
..// /   !{     li       `     丶/   i i      まさか魔術をたしなんで一年であそこまで高みに登れるとは。
./ ノ /  l {   ',ト、   、         イ7 / i iリ
__/ /   }ヘ  ', 'j>     "    /7 /  i {!
_/   /\\ ', ',  \  _ ー ''"/ ,  / !ハ
ヾ  _ィ-ー "" ヾ  `, `,   "/   / / ./  リ !ヾ
 丶/      ゝ、 ` ゝ      /,"  ィ ィヽイ  }! )     賢者の塔の面々が鬼にならないか少々心配ですが
  ,j       'ゝ、 `ゝ,,_   _,,ィ{ / / /レ'^丶ヘ_ノ
  ハ       .ィヾュ,,__ゝ ` "  ("  ./ レ"^ヽ }ヾ、     その辺気にしなければ色んな人からモテモテでしょうね。
 ト"^''7____    {  "/ iヽ      (" ィ7}  メ^` .j\/
 i   "  ゝ-、__',    〈z_r7ハミゝソ .}    イ\ゝ
 ト-  / /   ゝ   /::::::ミ花メナ::イ  j   イ\/}リ
 j          /   /:::::::::::`":::イ  /   /  ', /



                 __    _,,..、、、、..,,_
               /::::::>'"::::::::::::::::::::::::::`丶、
                ''"~ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::: ――::::::::\⌒>
        < ――匕/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          `¨¨⌒7:':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::⌒\:::::::::::\
              .::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::|::::::::::::::::::::::::::::::::.
             .::::∥:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::
              ::::::|i::::\:::/:::: :::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::i
           i:::: |.::::::::::/ ::::: :::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::|      いやあ、前々から大夫になる器とは言われてたけど
           |:::八:::::::/::::::::::::::|::::::::::|::::::: ::|:::::::::::::::|::::::|::::::::::|
           |::: :: ∨⌒ヽ:::::::::|:::::: 八::::::从:::::::::::::从:::|::::::::::|      まさかそれより魔術の才能があったとはねえ。
           |::::::::: { (  |::::::::|: :r====== \::::::庁´从 :::八
           |::::: :: 乂 ) |::::::::|:八  ∨ツ   \ゞ' / :|::/
           |::::::::::|::::::>|::::::::|          `  }:: :|'
           |::::::::::|::: ::: ::|::::::::|           人 :|
           |::::::::::|::: ::: ::|::::::::ト ,,.    ( ̄ ̄V /八从         荒事は嫌だって言ってこれ幸いと
           |::::::::::|:: :::: :从/八  >  _ /
           |::::::::::|::::/ ( ノ       { ||/| ̄\            帝都で研究開発とオペレータやってるみたいだけど。
           |___:/∨∧:\         ||/|   \
           /     ∨/::::\  ̄    ∥:::::\
             /      /:::::::::::::::::\    / :::::::::::::..   |
         /      .  |::::::::::::::::::::::: \,,/::::::::::::::::::::}   |


4089 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 21:59:22 ID:yO0VT0N8



                  ___   ___
                  | __ \:::::::::::>―-ミ
                ..'":.:::::::::::::::``丶、/     \
                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      /
            /:::::::::/:::::::::::::::::::::::\:::::::::::..   /
             .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:∨/
             '::::::::::::::::|:::::: |:::::::::::::::::::::::::::∨::/:〈::::\
             /.:::::::::|:::::::|:::::: |:::::::\:::::::::::::::::∨ ::::i:::::::::\
         / .::::::::::|:::::::|::::/:|\ ::::::\::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::\      そんなこと言って、ラティファさんは何か
           .:::::::::::::::|:::::::|:/::::|  ヽ:斗ャセか::::::| : |:::::::::::: :i⌒)
          ∥|:::::::::::人::斗ャか     乂rツ .:::::::|)/:::::::::::::::|/      色恋沙汰のひとつやふたつないんですか?
         { |:::::::|::|:::: \ Vり      ⌒i::::::|::::::::::::::::::从
            人:::::|::|::::::込   `       ,.:::::八 :::::::|:::/
           \::|:::::::::|_\   、  ノ  / : /::::::::::::::|:(
             人::::从トミ>   __,/|⌒7::::::::::::::::人::\
           /   \:::\ '/\    〈〈/):::::::: // `¨⌒
            |    | `⌒ '/       \、::::/:::/
            |    人   } '/\__  /\、:/' ̄\
            |',    \ 〈:::::::{ --- 彡  \ } \}
            |∧       \}:::::::\ -==- }::::∨   \
            |/∧      ∨::/:::::\__/:::::::∨ \  \



                                    i'1
                                 r‐'o'ーュ
                             _,...r'r-ミ| l'r=ミv..,_
                         _。‐'",r/rヘく!ヒj |コc人ヽ、^'ヽ、
                        ,.'´  rヘ(,。'-='゚'^'V==く.).ト、_ ヽ、
                       /  ,r  '^ /       l 、 `ヾ<. ヽ  \
                       ,:'  ./,r /   /      !. 1   ヽ ヽ.  ヽ
                    /   / ,:' /  ./           i    ヽ ヽ.  '、
                     /  ./ / ./   ;'         ,     '.  '、 1
                  .,'   / / ;'                 l      '、 i、 i
                   j   .' '  {   j i{      i  .}、!      1 'i!   i    ありましたがなくなりました。
                      j  ! .j.      l{. {1      '  j 1 .|、   l 1 i. '.
                    :゙  .i l i、   i_,。レ<T'i, i、   ./,ィ'7^T'メ.i_! j   j  ', i  '
                   ;'   j  {j1! Nj'、_j,.。>、ヾ{':、 // レ_,。:lk、_リ7リ /  !1j i :、
                 ./ / i   l! k、l, ,r'f^.r:、゙T' ` ヽソ ´ '゙/゚r:、.'Y;、j,/   i '{ { 、   おかげでアイシャさんにお会いできたので
                 / /  j|  ヽ!^rヾ{ i,.ヾ:リヘ       .{ .'、<_j シ'7/ i; 1{. ! .'、
               / ./ / j1    lヽ'、   ヾ-‐'゚       'ー= '^ ,'/  リ  }1 .!  ヽ  割ることばかりでもありませんでしたが。
             / /j リ .i |    i  l'ー        '       ノj  .'  l1l i 、ヽ
               ,r'゚/ j / /rl    i、 ト、                /!  /  .| 'i, ', lヽ ヽ
.             , './  .'/ j l {    '、l.ヽ      i´ ̄`!     ノ j ./   .j 1 .i,1 ヽ \
           . '/   .リ  1.! :'、   ヽ1 `'r、   `'ー '    ,.イ! ,゚ /    /!  }. ヘl   ヽ \
          / '     /   .{ l :ヽ     ヾ、 i.| ^'r 、.     ,.r1゙.i i.{ //  / イ 1 '}.  '、  \ \       「ご、ゴメン……」>アイシャ
       ,r/     /   11 j ヽ,    ヽ jノ .|   `  ´  ! .j  V´  .ノ:' /1 V/.   '、    \\
     /       .r'     '.∨  .\.   '、 .ノ       .i、 /  /´ ./ .レ'/      .ヽ      \ヽ
    /:'゙       /        ヽヽ、/ j '\   Y^ヽ       ノヽ{_/   ,ィ,// .i      ヽ     ヽヽ
  / /       , ゙ ,:'      /^>:、'<{  ヽヽ. j1 `'‐<::::>‐'  /r'  / ,ノ/ .ヽ 1     . ヽ.      ヾ:、
 /  /     , ' ./     ,r.'"  { |`ヾュ、  ヾV-ヽ._     ,.∠ヽ_/ ./r' } l^' ‐.、.'、.     ヽ \      l!
 {.  |.     , ' /     /    i {  / ^ヽ. ^!. \_  _/  r'^ /'ノ1 !.j     ヾ:、      . \    l1
 '、 1   / r'      ;'      l {  i、  ヽ.r'    71    ヽr,r'^ _ノ l j     1:、     '、 \   l |
.  ヽヽ. /  :'      r{      'i1  ゙r:、_  )  iニ.O.ニ!   〈. '^フ .j゚ノ      .l .\     ヽ  \j' j
   >く  . '       ,.' l    ヽ. ヾ>.、 >、^iY     L|     .Yr_〈  _i.j /     .} :、\     ヽ._,ノ /、
.  / ヾ:、      / /{     .Yrニリ1 )lー‐'            ,ソr'rv'.V      j.  1  \    \ノ゙ ヽ
/ .r'´ ヽ.、   /  ./ l      .ソv<人ヾゝ_ー-、.       _,.-',フ^./'l.゙ニ{      j   '、   \    \ 、 ヽ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   どんな理由であれ、一度婚約破棄された貴族がもう一度社交界で縁を得るのは難しい。
  特にここまでラティファが出世すると向こうさんの面子もあるだろうし。


4094 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:05:41 ID:yO0VT0N8



        /rメー"      `-メュ ,   \
       V /  /     ',   ヽ ヽ ',    ヽ
      //    ,'      ', ',  ', ヾi    `
     ."/   ! i      ; i}  ,  .,  }!   ',  `
     ,/    i !      i i} i}   ', i}   ;;  i
     i !    j!ハ     .,' / //   .i  !   ;;  ',   そのうち騎士団で出世した人間捕まえたほうが早いかもしれませんね。
     i i ',  レィー-ヾ   / /ィ''-/,,i  リ ./   ;;; ',ハ
     レ! .',  i/ ヽ  `\/ノ  // ヽリ /  ;;;;! ヘ}
     /ヾ 、i ___        ___  イ/    ::!   }! /   で、そんなこと言うアイシャさんはどうなんですか?
    /j \ゞ '" ̄`''      '" ̄`ヾ ./ ィ /  ::!   V  /
   / /} !" ',      、        7,,;;/  ハ    V  /  周りにナナシ君やマリヤ君や皇子殿下と同年代にイケメンぞろいですが。
   // i i   ',             /;;/  /:::}!  丶  V
  //  .} !  ',`,    丶  ァ    /イ   ハ;:::!::. \ \ \
  {i   j ハ  `, >        </  / /;::V}::::... ヽ ヘ\ ` ー 、
  }i  / .ハ   ゞ/∧>   </  , " /::::.ノ::::::::.... \', ` ー _ \
  {! /  ! }ト、  \リ  !`'"} /  / _ノ-"⌒''' ヾ::::::....  ゝ、    \ ヽ
  {! / / ! ヽ` ー 、 ゝーt""j .(/...::::"/       ヽ::::::.....  \    ヽ ヽ
  ヾ!  ! ヾ__ i\__ ヽ}  ,'  /7"  , /        `,::::::\::... \    } !
   .i{  `,   /i   `イ  ;  i/ / ,'          iヽ:::::.. \  ヽ  i /
   ヽ  `,  i ゝ、  〉 `*}!/ /,'           i::ヽ:::::... ',\ .', //
    \ ヽ j ゝ、 .〈   `〈 / /           !:::::ヽヽ:. .!  ヽi/



              >‐┐
         _   //´ {/
       /:.:.:.>彡:.:.:.:.,ィソ:.:.:.≧s。
    .、===彡≧sイ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧s。ヽ
    マ{´i:.:.:/.ノ{:./':.:.:.:/:.:.:.、:.:.ヽ:.:.ヽ,:.ミ
     }.} i:.//:.:/イ/:.:.:./:.i|:.:.:.',:.:.:.ヽ:.ヽヽ:',
     }.{_i//イ'{//:.:./:.:i|:.从:.:.:.:.',、:.:,∨:.iヽ',i
     ゝ=イ/:.:.i//:.:i:.:.从也}ゝ、:.iミ、:i:i从i .'{       さすがに団長やアズマ君は婚約者くらいいるやろうし
      //:.:.:.从i:.:.iヽ:.弋戈  .、リ}从ノi}
     .{/i:.:.:.:.:.:.:从ミ{:.:ゝ,  __ ./i}ノ           そういう近場で済ませる精神ってちょっとどうかと……。
     .〉,:.:.:.:.:.:.:.:.i|_ヽヾ≧sイ从ヾ__
      i.〉:.:.:.:.:./:::::::::|::iヾ  ゝ,ィ,:::::::}.、
     /,ノ:.:.:.:.:.∥,:::::::|::i ̄` ー'  .ヽ:::i {
    .//:.:.:.:.:.:∥ .ヽ:::|::i__   __ __,ィ'''´'、{              「言っときますがあのレベルの男子滅多にいませんからね……?」>ラティファ
   /.イ:.:.:.:.:.:./   .Ⅵ `"``ヾ}、{    ヽ
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:/     {           ノ
. /:.:.:.:.:.:.:.:.ノ      .}i     __  / ∨
:.:.:./:.:.:.:.:.:.ゝ,丿    .〈ム_,,。≧´、ィ{::::::::7 {_∨
//:.:./:.:.:.:./ 乂,ィ.。,,。≦}、:::::::::::::}、ィ{::::::ト},_/
 ,:.//:.:.:.:./   }  {_ ィ=}i、::'<::::}、ィ{イノ |


4095 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:07:21 ID:X+QFwtNQ
まだ11かそこらなのに英雄クラスの能力で容姿もいいとなればまずいないわな

4097 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:07:53 ID:lcE7FREI
ホントよ!w

しかしアイシャもそろそろそんなこと考える年なのか

4100 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:11:13 ID:JbdkqoyS
アイシャとレヴィは貴族になったんだから
恋愛はまだ早い歳だけど婚約は決して早い年じゃないんだよな


4106 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:17:42 ID:yO0VT0N8



                  /}    ____  -‐     ̄ ̄\
                 /.:.:/  / -――   ̄ >ミ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
               /.:.:.:/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.、.  \ \.:.:.:.:.:.:}
               {.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  \ 八.:.:.:.:
                 \{_.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ Ⅵ.:.:.:.:.}
                 ⌒ヽ′.:.::.´.:.:.: ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、 \ }}.:.:..:.|
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:\\.:.:.:.:.:\.:.:.:.:、.:.:.:.
         /'´ ̄ ̄ >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.\\.:.:.:.:‘,.:.:\__{
               /.:.:./.:.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:i}\}^.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:} ̄ ̄ T   というか小さいころから色町に住んでたので
             ,.:.:.:./.:.:/.:.:.7\.:.:.:.:.:.}  ___ \.:.:.:.:.:\_ }.:.:.:.:.:.:.:
              {.:.:.:{!.:.:i!.:.:/ ____\..:.:}  r====ミ、T=‐―.:.: ̄.:.:.:.:{    イケメンには見慣れてるというか
              {/ \{ 、{r f宍}   、}  比沁ら ´}/、.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:{
                 r∧ 廴リ       ゞ‐‐‐  }  }.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.     そういうの見ても「あ、苦労してそうだな」とか
                  乂.';    '         j_ ノ/.:.:.:.:!.:.:.:.:.:|
                       }込、   --       / /__:.:.:.:i|.:.:.:.:.:|     そういうことの方が頭に……。
                     VW> ..     .. ィ i「介 ̄:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:|
                    \}廴>r       {う¨¨}\:.:.:.:|.:.:.:.:.:|
                              ノ      ゝ _八.::.:, i!.:.:.:.:.:|
                          ___/_        >^ヽ.::.:Ⅵ!.:.:.:.:.|     マリヤやナナシの話なら割と詳細に知ってますけど。
                  _  /  /  '    '´/    V}i}.:.:.:.:.:|
                /ニニ/  /        /   ___」i }.:.:.:.:.:|
                 ,ニニニ./  {  , '  ‐    /ニニニニ}.八.:.:.:.:{
                   {ニニ /    !ニ=‐       /ニニニニニ}.:.:.:\.:|.|
                   {ニ=/._   _       . {ニニニニニニ=!.:.:.:.:.:.:.:i{



          /  /  /  ,      ヽ ヾ 丶
         /   /     /      ',   `, 丶
        /    /     /       ',   `, ヽ
        ,    /     イ        iト    `, '
       /  /  !    / i _,,ィ   ,  リ ヽ ',  ', ',
       /  ,'   i !-ー―イ"ヾ    ス/ }!  }  .i .!    そんな夢のない話は聞きとうなかった……。
      /  !   i ! _ィ==ミヘ ゝ  / イ`''ー-/ N  !
     /7  !   i !ィ7ん。リ`  }!/ ィf=ミ/!  /リ !
    / ,   ハ   !ト ゝ マ;;;ソ       ん。リゞ! /イ/!               「夢を売る場所の夢はいつも品不足ですからね」>アイシャ
   / ィ7  /  ',  !\ ;;;;;;     ,   ;ゝ;;シ;;;//リ !i
 // / /   ',  `, ',ゝ          ''''''  イリ / !`,
_ /  //ィ    ヽ 'ヘ      _,,_      // / ! }!
"   /" i{`,     ',  ヾ、          _イ/  /  i ヾ、
   /  人 ヽ    ヽ ヽ!>       イ7/  /   ! ! \
  /  /___ヽ \    \ヽ  >-<7"/  //    ハ `,  \
ィ" /    \ヽ\    \}     i_ !  /    /  ヽ ヽ
 /       \} '\.    ヾ      ゞ/    /ー- ヽ ヽ
/          !、 `    ヽ ○ー"ィレ   ア     \ \



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そうこう知ってる間に、とりあえずの目的地に到着。マルサラカッコカリあたりかな?


4109 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:19:42 ID:K9ZS3lC7
夢もキボーもありゃしない

4110 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:21:12 ID:TtZ8ITs9
夢も希望もあるなら政治は政治家に任せるんだよなー


4114 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:25:49 ID:yO0VT0N8



             ____
i√i¨}==、     __ィf===========ト丶                                  /i}         从
  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}        /刈}
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___/i:i:i:i:ト、_
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨¨冖冖¬¬√
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __          -=≦ア
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ ̄ ̄ ̄
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム、―――
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕iト.    \
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l    〕iト.   i}
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l         〕iト=イ
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l        /   i|
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l      /    i|



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /     おお、これは弾奏騎士団の援軍ですか!
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /       これはありがたい!
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ         今この街というか新領土地域で亡者がはびこり
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ          とても統治どころではないのです!
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/



 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :    いや、確かに戦国時代だったのはわかりますが
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :    それならその最中でも亡者派出ていたでしょう。
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /    一体何があったのですか?
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /              「は、まず順を追って説明しますと――」>兵隊
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、


4118 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:28:26 ID:yO0VT0N8



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /      まず我々でかつての現地帝国貴族と共に軍勢を踏破し敵対勢力を打倒しました。
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /        その間にも各武装勢力は争いと徴兵を繰り返していたわけですが。
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/



     | // !、: : :/: : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    //: : ゝ/: :/: : : : : : /: : / !: : : :/: : :/: : : : : : /: :! : |: : : : : : :} : : : : : : ',
   //: : : :L: : //: : : : : :/: : / /: : : /} : /: : : : : : :/: : |: : | : :|: : : : i: : : : !: : :i
  / /  |: : : : : }: : ,':!: : :_ i : / /: : / / / }: : : : // !: ! |: : ! : :!: : : : !: : : : | : : }
 、ヽ  .|: : : : : :ヽ,' /: : |: :/` ヽ:/- 、〃. /: : : // | | ⊥--: /: : : : :}: : : : |: : : i     飢饉になっても仕方ない状況ですね。
  ヽ ヽ .| : : : / ! i i!: : : |: i寸¨f≧㍉z_`ヽ/: : :/丁二二__: // : |: : : | : : : |!: : :,'
    ヽ ヽ: : / /ヽ |r! : : !: { `. {::::::::::らヽ /: : /  ,イ乏::ら / / /: /!: : /!: : : i }: :/      それで、それからはどうなりました?
    \ヽ /: : / |: : :|: |   辷zzシ /: : /   弋zzノ ///: :/ | / |}: : :/ .| /
.     | ヽ./ : : {  | : : |: :!      /: /     ̄ ´ 〃}: :/: }/: / i: :/ /
.     | !: : : : : | ヽ|: : ||ヾ、.     //    、     /: :/ /: :/: / / /
.     ||: : : : : :| |: :!:',: |.|     /     /      ,':/: / } : :/ //
.     | : : : : : | |: : |: ヾ、ヽ         ---      //.|/ i : / ./
.     |: : : : : :|  |: : :',: : !ヽ\               イ: !/  / /
.     |: : : : : :|  |: : : ヽ: |. |  ヽ          イ |: :|   //
.     | : : : : : |  | : : : :|',:', |.    >    イ   |: :|  /
.     |: : : : : :|  |: : : : | ,ヾ、`ヽ 、 _   ̄ /|、.  |: |
.     | : : : : └.┘: : /:.:.ヽ     /ヽ ヽ  |:.:\. | |
.     | : : : : : : : : /|:.:.:.:.:.:.:ヽ   / ̄ ̄i   |:.:.:.:.ヽリ- 、


4123 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:36:55 ID:yO0VT0N8



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /    そうやって男手が引っこ抜かれた村や町は女子供だらけになりまして、
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /      恥ずかしながらだいたいどの戦力が占領しても兵による乱暴狼藉がはびこります。
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ        悲しいことにだいたいどの宗派でも戦場では仕方ないと罪が減免されますが。
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/



         , -‐- 、     、_-―――- 、 ヽヽ
       /::::::::::::::::ヽ、 /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘヽl/ヽ
      /::::::::::::::::::::::::y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l::::::::::ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::lヽヽ:::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::/l爪l:::::::::::l::::::/::::::::::l::l::::l:::::::l:ll:::ヽ:ヽ:ヽ:::ヽ
   /:::::::::::::::::/ /:::lヽtミ「Y:/::::::l::::::l::::l::l::::::l::::::l:l l:::l:::ヽ:::ヽヽヽ、
 . /:::::::::::::::::/ /;;//l:::ヽ:::::/:::/::l::::::l:::l::l:::::/ l::::l:l´l::::l::::l:::::::l ヽlヽ     宗教上の理由で娼婦連れていくのが禁止されてたり
  /:::::::::::::::::::| l::::// l::::::::::/:::::l:::::l:::::l::l::l l:/ l::/lイjl::::lヽヽヽ::l `
. /::::::::::::::::::::::| l_/ /l l::ヘ:::::l:::::/l:::::l:::l<ll 近lハ/l/ 、:/::lヘlヽヘl_        そもそも婚前交渉がきつく禁止されている宗派は
/::::::::::::::::::::::::l  /l l/ lヽl::/ld::::l∨ l      /::l::::l)`l ``` 、
::::::::::::::::::::::::::l/::::::l l  l ll/>ヽl::::l:::l u     /l:::l l l.l ヽ    l      特にそういう傾向があるそうですね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l/ /  l::::ハ:lヽ _  '"/ l:::l l/〈  _  l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l l  /\_ヽ::lヘ:┐┐ ̄    l/  ヽ_/::::::\_l      それが生きがいで従軍する修道士もいるとか。
:::::::::::::::::::::::::::::::::/. ヽl /   /\ヽ ヽ只;ヽ―-┐     l:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::/   /;;ヽ、_/;;;;;;;;;;;ヽ / ヽヽヽヽ-/;l    l:/\:::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::/   l;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ‐ヽ~`l::l;;;;;ヽ、  l/:::::ヽヽ:::::::l
::::::::::::::::::::::::/    l;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::::ヽヽl::l:::`‐- 、l::::::::::::ヽヽ:/     ……それで?
::::::::::::::::::::::/     ヽ;;;;;;;、;;____/::::::ヽ::::::ヽ::::::::::/::::::::::::::::::〉 l
:::::::::::::::::::/       ヽ/::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙゛ヽ/:::::::::::::::::/-┘
:::::::::::::::::/        l_:::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::l´::::::::::::::::::::/_


4125 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:39:55 ID:yO0VT0N8



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /    この度赴任した代官である神父様はその辺にとても厳格なお方でして、
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /      断じて許し難しと暴行その他の罪を厳格に処罰すべく大ナタを振るわれまして。
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/



     /: : : :r、: : : : : : : : : /ヽ´/{: : : : : : : : : ヽ: : :‘,
    / / / ヽ ヽ : : : : / ̄ r〃 ̄ !: : : : : : : : : : ヽ: : :
   // : i: : : : : :i / ̄/‐//: : ://!: : : : : : : : : : : ',: : : ',
   / ! / |: : : : : : |/`: :ヽヽ: : : // /',: : : : : : : : : : : :',: : :',
    | i: : !: : : : : : !: : : : :\ヽ/ /: : ',: : : : : : : : : : : :i: : :i     それで兵士が反乱でも起こしたんですか?
    |:|: : |: :|: :|: |ヽヽ、: : : : : : :| |: : : ',: : : : : : : : : : : :|: : |
    ||!: : !: |ヽ ! !| |} }: : : : : : | |: : : : ∨ : : : : : : : : : |: : |
    | ヽ |ヽ| ',ヽ| リ |/ ヽ: : : : | |: : : : : :|ヽ: : : : : : : : : |: : |         「いえ、それもありましたがその辺は軽く鎮圧しまして――」>兵士
       ',l ヽ| ! | |: |   \: : | | : : : : /| |ヽ: : : : : : : : :|: : |
       ヽ ヽヽ. | |     ヽ7/ヽ./  ` ',: : : : : : : : :|: : |
           | |、 、       |    i: : : : : : : : :|: : |
           リ ヽ- }  , 二二二、    |: : : : : : : : |: : |
              ∠:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    |: : : : : : : : |: : |
             /- ―/ ̄ ̄ ̄ ̄\   |: : : : : : : : |: : |
          ,、r´ >・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |: : : : : : : :|: : |
        ,、r .>・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|: : : : : : : |: : |
       / ̄ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : |: : |
      i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : |: : |
      |::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | : : : : : : | : :|
      |::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : : : : : : |: : |


4132 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 22:49:08 ID:yO0VT0N8



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /     暴行の被害にあった女子供を探しだして姦通罪で処刑していったら
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /       死にぞこなった女性が悪魔と契約。戦地の亡者を蘇らせては力を吸収し
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ         周囲の生き残りを無差別に襲い始めたのです。
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿          まず神父様が五体を引き裂かれ――
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/



 | : : :/ /: : : : : //: {: : :/: : :/: : /: : :/ : : /: : :/: /: : : /!: : : : :!: : /:/: : : : |: : :ヽ: : :
 |: : / /: : : : : //: :|!: :/ : : /: : :i: : :/ : : /: : / //: : :/ i: : : : : }: /: / : : : : |: : : : i: :
 |: : ', {: : : : : ://: :| !: i: : /|: : : | ̄/` -/‐-/_/: : / ./: : : : /: /! ,'|: : : :|: |: : : : |: :
 | : : ∨',: : : : i i: : | | |: :/| ! : : |: :z=≠≦__ /`/、 /: : : : / / |/ !: : : ! /|: : : :|: :
 |: : : : ∨.', : :| |: : | |: / ! i: : | /ヽト′::::仍`ヽ  /: : : : /┼ /―┼-/:,'l |: : : :|: :      なぜそんなことをした。
 | : : : :.:| ヽヽ.| |: :.| | i ヽ | | : | {  辷zzシ    /: : : : / ,≠乏テア: :/:/ } |: : : |: :
 |: : : : :.| : : ヽヽ : : | |/\ !: :!: |リ           / : : // 仍:ソ/} // / | |: : : !|: :
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| ||: : |、:| ヾ、         /: :/    ヾ- // }: / / !: :/ }: :           「法を厳格に適用することこそ統治の道と――」>兵士
 |: : : : :.| : : : : : : : :.| .| : :.| | !: :!        //         ./: : /:/ .〃}: / i /
 |: : : : :.|: : : : : : : : .|  | : :| .| ', ',         /      !    ./ !: /   / /:/  /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :L___|: :| | ': ヘ、      ', ̄ フ  ´   イ i /    //          できれば内容くらいは吟味していただきたかった。
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : : :,┴!|  ヾ、ヘ、            イ   〃    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : : : : /:.:{ \     >         <    /
 |: : : : :.|: : : : : : : : :, イ:.:.:.ヽ   ヽ、     > <
 |: : : : :.|: : : : ,、r ´  .!:.:.:.:.:.:ヽ    `ヽ、  {/ !` ヽ 、
 |: : : : :,、r ´      |:.:.:.:.:.:.:.:\      /ヽ ヽ ヽ ` ヽ、


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  「理由のいかんにかかわらず夫以外の男性と関係を持った女性は死刑」という文化は割と多い。


4133 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:50:07 ID:X+QFwtNQ
イスラム圏とか今でもそうだしね

4134 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:52:51 ID:TtZ8ITs9
悪魔との契約がある世界で厳罰は諸刃の剣なのだな
契約前に皆殺しにするか、殺しきれずにチートが生まれるかという

4135 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 22:53:23 ID:RdDPsLsn
それは厳格ではなく融通が効かない、あるいは人の心が分からないだけだ!

まあ、リアル現代でも分かってるとは口が裂けても言わんけど。


4145 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:03:41 ID:yO0VT0N8



            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.|
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r|\:.|
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ r ´ |ヽヽ!
            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\゙ _,Y||:.:.ヽト
         |:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト´:.:.:.:ト:.:.:.:|》
         |:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l  ヘ/ |:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧ ',//    というか、話を聞くに男性が根こそぎ動員され
         |:.:./|:.:.:.:.:.:.ハ ム| |∧:.:.ト、 | \lヽヽ:.:.:.:.:.|ヽ|:.:.:.:./ \/
         |./ .|:.:.:.:.:.イ ヘ.`丁卞ヘ .l x孑卞丁ヽ   ! ヽ:.:./ l:.:.:.:.:.:.!     女子供だけになったところを占領され略奪と暴行を受け
          リ  |:.:.:.:.:.:!:.:.ヘ === ヘ l  === `、 | |/:.:.l:.:.:.:.:.:.|
             ∨:.:.:.|:.:.:.:.`ゝ   ヽ       ∨l /l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|     暴行の被害者を探して改めて処刑してたら
.              ∨: |∨:.:.:.ヘ  '          八/ l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.!
              \! \ 小   r‐、    / | ク、.!:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:|     亡者が出なくても村がなくなるでしょうに……。
                      ヾヽ 丶、`´   イ  ノノ  \:.:.:.l:.:.:.:.:.:.!
                  ヾj.  >≦゛__-‐´〃   ./\l:.:.:.:.:.:.|
                 __メ- ―'´ | 「:∨    /\  \ :.:.:!
                { ト-── | イ:::::∨  /    `丶  `ヽ'_
                ,' .!     l/:::;/|__/        \   \     と、泣き言を言っても仕方ありません。
                  | |      /::::/             フ孑: ̄}
                  | ト     /::::/            /゛     |    亡者の鎮魂と救済をしつつ島を解放していきましょう。
                  |/′  ., ':::::/              |       |
                 , '     /::::::::j                  |       |
                   {     {::::::::::|                 |       |



                         -r(系)ュ━‐
                   / r(う坐(うュ   \
                     ⌒¨¨¨¨¨⌒
                 / /  /      ヽ    l
                    ; /|  '| /   |     │|
                /  │i‐匕{    リト }    |八     実際似たような現象が起きて村や町がなくなる事態は
                  /イ |人|斗糸ハ/斗糸x!  |  ヽ
                 リ 八 八 ヒヅ   ヒヅ八   ∧ \   西の半島だとそこそこ見られる光景だそうですよ。
              / //|  \ゝ"" '  ""厶リ  |  ∧  \
               /   / {八   弋ト  ‐-‐  イ   八/  丶  \
             ((     人ヽ>、_ \介ー</  _彡<\  \ ))    場合によっては犯人が被害者を姦通の罪で処刑して
           ))//  У⌒(  仄_o_('⌒广´   ∨ヘ   乂
            (///  ,゙  { (⌒ソ゚゚†゚゚(^ソ  /    |  \( ( \    罪人を処罰したから免罪なんて例もあるそうで。
          /)) /  /|  Y^Y))     ((Y^Y{     j   ヽ) )  \
.          ( (/     |∨V><「\__j_/ |><「|∨∨∨     У   }
         У   /( (| 〃    jУ     j |   7     /    //         「聖書のどこに乗ってるんですかそんなの……」>アイシャ
        /{     \] {{    j {      ノリ   /  /  /    /人
        ((  ∨(. \  | 乂____ノ八_____,,/   ∧∨  /    /(  \
.          \  \)  ノ'⌒|\ マ{{丁丁}}^マ⌒⌒7 八 (   (  \  \
           /  )  |  \Ⅵ((》《))}}∨   /\.  ) \.  \  丶  \


まず島側での探索時点で出会う団体(動植物系で100以上なら飛行生物の可能性あり)
0:種別:【1D10:10 ヤバさ:【2D87:86(63+23)】 数:【1D10:5】×(10の【1D4:4】乗)
1:種別:【1D10:9 ヤバさ:【2D87:73(61+12)】 数:【1D10:4】×(10の【1D4:1】乗)
2:種別:【1D10:6 ヤバさ:【2D87:138(54+84)】 数:【1D10:6】×(10の【1D4:4】乗)
3:種別:【1D10:6 ヤバさ:【2D87:27(25+2)】 数:【1D10:6】×(10の【1D4:3】乗)
4:種別:【1D10:1 ヤバさ:【2D87:126(44+82)】 数:【1D10:4】×(10の【1D4:2】乗)
5:種別:【1D10:1 ヤバさ:【2D87:64(60+4)】 数:【1D10:9】×(10の【1D4:1】乗)
6:種別:【1D10:7 ヤバさ:【2D87:133(57+76)】 数:【1D10:8】×(10の【1D4:1】乗)
7:種別:【1D10:7 ヤバさ:【2D87:93(10+83)】 数:【1D10:2】×(10の【1D4:4】乗)
8:種別:【1D10:5 ヤバさ:【2D87:142(74+68)】 数:【1D10:7】×(10の【1D4:1】乗)
9:種別:10 ヤバさ:【2D87:73(59+14)】 数:【1D10:4】×(10の【1D4:2】乗)


種別表
1:生き残りの人里2~7:死霊8~9:動植物10:黒魔術師&亡者


4146 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:04:27 ID:X+QFwtNQ
いきなり黒魔術師かあ

4147 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:05:19 ID:X+QFwtNQ
やばさ126の生き残りの人里ってライフコッドかなにか?


4157 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:10:21 ID:yO0VT0N8


0:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:86 数:5万
1:種別:動植物 ヤバさ:73 数:40
2:種別:亡者 ヤバさ:138 数:6万
3:種別:亡者 ヤバさ:27 数:6千
4:種別:生き残りの人里 ヤバさ:126 数:400
5:種別:生き残りの人里 ヤバさ:64 数:90
6:種別:亡者 ヤバさ:133 数:80
7:種別:亡者 ヤバさ:93 数:2万
8:種別:亡者 ヤバさ:142 数:70
9:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:73 数:400



                                    i'1
                                 r‐'o'ーュ
                             _,...r'r-ミ| l'r=ミv..,_
                         _。‐'",r/rヘく!ヒj |コc人ヽ、^'ヽ、
                        ,.'´  rヘ(,。'-='゚'^'V==く.).ト、_ ヽ、
                       /  ,r  '^ /       l 、 `ヾ<. ヽ  \
                       ,:'  ./,r /   /      !. 1   ヽ ヽ.  ヽ
                    /   / ,:' /  ./           i    ヽ ヽ.  '、
                     /  ./ / ./   ;'         ,     '.  '、 1
                  .,'   / / ;'                 l      '、 i、 i
                   j   .' '  {   j i{      i  .}、!      1 'i!   i   まあ、そりゃまともに残った拠点があったら
                      j  ! .j.      l{. {1      '  j 1 .|、   l 1 i. '.
                    :゙  .i l i、   i_,。レ<T'i, i、   ./,ィ'7^T'メ.i_! j   j  ', i  '   復讐者なら襲ってきますよね当然ながら。
                   ;'   j  {j1! Nj'、_j,.。>、ヾ{':、 // レ_,。:lk、_リ7リ /  !1j i :、
                 ./ / i   l! k、l, ,r'f^.r:、゙T' ` ヽソ ´ '゙/゚r:、.'Y;、j,/   i '{ { 、
                 / /  j|  ヽ!^rヾ{ i,.ヾ:リヘ       .{ .'、<_j シ'7/ i; 1{. ! .'、
               / ./ / j1    lヽ'、   ヾ-‐'゚       'ー= '^ ,'/  リ  }1 .!  ヽ
             / /j リ .i |    i  l'ー        '       ノj  .'  l1l i 、ヽ    で、この最初の黒魔術師の能力は――
               ,r'゚/ j / /rl    i、 ト、                /!  /  .| 'i, ', lヽ ヽ
.             , './  .'/ j l {    '、l.ヽ      i´ ̄`!     ノ j ./   .j 1 .i,1 ヽ \
           . '/   .リ  1.! :'、   ヽ1 `'r、   `'ー '    ,.イ! ,゚ /    /!  }. ヘl   ヽ \
          / '     /   .{ l :ヽ     ヾ、 i.| ^'r 、.     ,.r1゙.i i.{ //  / イ 1 '}.  '、  \ \
       ,r/     /   11 j ヽ,    ヽ jノ .|   `  ´  ! .j  V´  .ノ:' /1 V/.   '、    \\
     /       .r'     '.∨  .\.   '、 .ノ       .i、 /  /´ ./ .レ'/      .ヽ      \ヽ
    /:'゙       /        ヽヽ、/ j '\   Y^ヽ       ノヽ{_/   ,ィ,// .i      ヽ     ヽヽ
  / /       , ゙ ,:'      /^>:、'<{  ヽヽ. j1 `'‐<::::>‐'  /r'  / ,ノ/ .ヽ 1     . ヽ.      ヾ:、
 /  /     , ' ./     ,r.'"  { |`ヾュ、  ヾV-ヽ._     ,.∠ヽ_/ ./r' } l^' ‐.、.'、.     ヽ \      l!
 {.  |.     , ' /     /    i {  / ^ヽ. ^!. \_  _/  r'^ /'ノ1 !.j     ヾ:、      . \    l1
 '、 1   / r'      ;'      l {  i、  ヽ.r'    71    ヽr,r'^ _ノ l j     1:、     '、 \   l |
.  ヽヽ. /  :'      r{      'i1  ゙r:、_  )  iニ.O.ニ!   〈. '^フ .j゚ノ      .l .\     ヽ  \j' j
   >く  . '       ,.' l    ヽ. ヾ>.、 >、^iY     L|     .Yr_〈  _i.j /     .} :、\     ヽ._,ノ /、
.  / ヾ:、      / /{     .Yrニリ1 )lー‐'            ,ソr'rv'.V      j.  1  \    \ノ゙ ヽ
/ .r'´ ヽ.、   /  ./ l      .ソv<人ヾゝ_ー-、.       _,.-',フ^./'l.゙ニ{      j   '、   \    \ 、 ヽ



黒魔術師のチート具合――【1D10:4
1~3:悪魔に従う限り不老不死&エンチャント武具、強さ+【2D20:26(16+10)】で武器防具+30補正
4~6:+特殊能力もち

7~9:+城持ち貴族(指揮系スキルあり)
  10:+雑魚も全員黒魔術師

特殊能力――【1D10:9
1~3:魔性の美(ターン初めに行動消費して魅了、魔術扱い)
4~6:殺戮の加護(攻撃回避不可、防御無効)
7~9:飛行(飛ぶ。ただそれだけだが飛ぶ)
  10:高速詠唱(ターン初めに魔術使う)


4160 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:13:14 ID:K3gc+I1z
ええと、この能力だと
亡者の大軍をけしかけつつ、自分は飛行で拠点内へ突撃
拠点内で死霊を更に呼び起こして混乱
城門を開いて外の大軍を中へ引きこむ

うわ、最悪だ

4163 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:15:29 ID:X+QFwtNQ
>>4160
普通の軍隊だとどうしようもないな


4166 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:18:45 ID:yO0VT0N8


0:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:亡者86、黒魔術師112 数:5万
黒魔術師は飛行能力を持つ、たぶん亡者だしこいつらも飛ぶ



                     ____
          ___  /-=ニニニ=- _
        /-=ニニニYニ- _ -=ニニニニニ- _
      __:((-=ニニ):ノノ⌒)>─-ミ┌彡 //∧
    /-=)) ))=->-(-=ニ((_-=ニニ\ .ノ/ ̄}        ⌒\
    /-=ニ(///i:i:/\-=ニニ))/┐ ))V/-=ニニ-_        )}
    ニニ-.../i:i:/i:i:/i:i:≧=-ヘi:i:i:(( ̄ -V/ニニニ/∧.       /
   {=- -=彡イ/i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:/  V/ハ -=ニ}}-=ニニニ}       /
   八-=ニ/i/i:i:i:i/^|i:i:i:i://''"~ ̄V/Lノ<..}}ニ- _ -=:ノ   .//      --ミ
    \_/i:i:/|i:i:i/⌒|i:i:i/   xぅ抒了i:i:ハ}}-=ニ<⌒__彡     /i:i:i:i:i:i:i:i:i\
    ( ̄{i:i/八i:i{ 示㍉      ゝ"/i:i:/i:i/ハ-=ニニ))\<⌒     // ̄ ̄~"'':i:/,
     ).八i{(i:i:i\〉  ゞ' ,       ノイ/i:i//⌒:-=/i:i:i:i\.      {(       /i:i:i}
     /i:i:i\≧=──、  _  , //i:i/〈-=≦ヘi:i:i:i\i:i:\___ \   ./i:i:i/
    ノi:i:i/i:≧=-/) rヘ   厂-=ニ ̄\)-ミi:i:i:i:\-=ニ ̄i:i:i/i:i:i ̄\-=≦i:i:i/
-=≦i:i:i:i彡 / ̄ イ/ ̄/⌒>─.:.:.:.:.:.:.:.:.:)  V/i:i:i:i≧=-i:i:i彡i:i:i:i:i\i:i:i\-=≦
  /i:i:i:i:i/   ~''~ ,,_.:.:.{__:/ .:.:.:.:.:.: \/    |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i|i:i:i:i:iV/\     殺す……みんな殺してやる……!
_/i:i:i:i:i/{  ニニニつ//ヘ ̄ ̄\.:/: .    |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:i\i:i|i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i
i:i:i:i://-八‐┬‐=≦/.:./.:.:.:. \_ノ/`、: . .   八┐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i\i:i:i:i:i|i:i:i:i:i
i:/i:i//_ -ニ ̄.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:V/ハ. . :.',/ ̄ ̄\i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:iV/>''~ ̄|┐
(i:i:i:i:{(_/Y.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:// ̄ ̄\}/∧. . ./-=ニニニニ)i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:/(_、‐''~) |..| |┐
i:i:i:i:i:/ -=:|_/\__{(/-=ニ)__ノニ/∧_/{-=ニ- ̄~"{i:i:i:i:i:i:i:i:i:)i/ -=)/ ̄Lノ.ノ.j:ノヘ
i:i:i:i/ -=ニ|/─==ニニニニ=- -=ニニニ]'.八_/-=ニニ.八i:i:i:i:i:i:i:/ -=ニ/ -=V└└ '-=ニ
i:i:i/ -=ニ/─==ニニニニ=- -=ニニニ/'  V/ニ=-   '/_ -ニ -=ニ/ -=ニV//-=ニニ
i:i/ -=ニ/─==ニニニニ=- -=ニニ/{    V/ニ=- / -=ニニニ/ -=ニニV/ニニ=-
i:′-=ニ√─==ニニニニ=- -=ニ/i:i八.    V/-/-=ニニ-/ ̄ -=ニニニV/ニニ=-
i: -=ニ:√─==ニニニニ=- -=ニ/}i:i:i:i:i:i:i\.   V/-=ニニ-/=-/ / ̄ ̄ ̄}ニニニ=-
i|. -=ニ:√─==ニニニニ=- -./:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=- V/ニ=-/ニ=- { ( | -=|-=/ニニニニ=-
i| -=ニ:√─==ニニニニ=- ./ -:{i:i:i:i:i:i:i:i:>''~ ̄ ̄≧=-/\___ノ..-| -=|/(_ニニ=-
乂 -=√─==ニニニ=-/-=ニ八i:i:i:i:i/-=ニニニ=- .// ̄\(..-=| -=| -=ニニニ=-
  \_{\-=ニニニ=-/-=ニニニ=-/-=ニニニニ=-./-=ニ/∧.-=| -=|-=ニニ=-\
─==ニ∧-=ニニ-// ̄ ̄~"'' 、 {-=ニニニニ=-./-=ニニニ/∧ _| -=|./ ̄ ̄ ̄ \
ニニニ/∧:-=__彡イ-=ニニニニ- \-=ニニ=-/ ̄ニ=- __ -=/∧.| -=|(-=ニニニニニ
ニニニ:/ -=≧=-  ̄\-=ニニニニ=- \-=ニ./ ̄/-=ニニ=- /∧  /∧ニニニニ=-
ニニニ{-=ニニ/ ̄\. \-=ニニニニ=- \:_(-=/-=ニニニニニ=-} .// ̄\-=ニニ=-



.         /|     /|   , |     |
       / 、   /:::| / :|   ./ |
        /   \,./::::::|/   |   / l|
.      |,ィ.>`` ̄ ̄/  {  ゝ、:{  l|   lト、
        }/   ___,,     〉  ヾi リ   l| |l
       /   /__/        /ヽ/     ヾノ
.      /レ^ー'{_,,.ィ    ,/ /`j!  {!
     /⌒フ/ヽ/\\_j{__/ { }  {! /⌒ヽ         *****!
     {/´{::レ'^ヽ/ { ̄厂 fフ _///    〉
     {〉 `く7l :{ : : :  ̄:`匚|/ __,//    /
        〈 }}! : : : : : _,>: : :} ヽ/〉/|     /
.         j`┐ : : : : : :,,ノ ,.イ/ノ    〉
          `⌒}>rーy二>く/゙Y´    _/
                 ̄      /     /
                    /     /
                /__   /
                 i⌒ヽヽ/
                  乂_,ノ_,ノ



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   上空で5万の亡者を従えつつ各地に呪いの空爆を仕掛けている黒魔術師。
  そら神父様くらいバラバラになる。


4162 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:15:03 ID:Jf9QKnIH
つか、コイツ殺すのも不味いやろと思う。
先にジェノサイドかましたの帝国側やろ・・・

4167 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:19:07 ID:lcE7FREI
>>4162
もう黒魔術師になった時点で遅い

4170 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:20:23 ID:MTg4D4Zv
浄化してやろう


4174 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:24:06 ID:yO0VT0N8



                      ,'      \ヽ `ヽ 、
                           ,'         \Y、 ', \、
                     ,'             { ヽ、 .|.}
                     ,'             .ヽ、|ヽ |. ',
                     ,'                 Y ゝ ',
                    ,'              ヽ,/  }
                    ,'               / ヽ  .i
                    ,'                   |  i  .|
                   ,'                    ├┐|  .}     ――あなたたちは被害者だ。
                   ,'  __               |||  .|
                   ,' /ニ  ̄           |||--´     様々な強者の都合で虐げられ、命も尊厳も奪われた
            ---、. , -,'‐‐ .´ --、ヽ、           V〃、`‐‐、
         /-‐ ≠,'、 ,'/ヽ, ,,, .} 、ヽヽ           l-'≠-、 ∧   あるいは私だったかもしれない方たちだ。
      ,____/,'_L´‐ /{ゞ、,'/,、 ||//||.,、ヽi              `ヽ‐‐ヽヽ__ヽ、
       ゛7エ_≧≧>--,'ミ.| ,||./ /ヽ,|/ | ,、             |=/ ヽ‐‐‐┘
       ヽ  {ヽ____{L }三_}====≠=============================={三三三三三三三>
       |ヽ、 ゝゝ ./ヽ',`>ー‐ヽゞ||   | /`} ̄ | | ,__-、‐‐、__/-l′
       | | ヽ--′| ┌',|/ ゞ ̄.{  / ヽ/--/-',__/-'‐'´  |┤ , -----
       | | |_    ヽ|/.', フ´ヽ ヽ/ ___/   `"    ┌r==≠/フ´′
       | |  `T,イ:::::エ',::::::::ヽ、 `l、           ヾ≠',‐´ /       だから――せめて悪魔の玩具からは
.        | |   | {:::::::::≠:',::__ノヽヽ /ヽ            ,ゞ≠__=-′
         | |  .|./7‐rヾ'::┌---L\:::/          |||ヽ-,        私の手で開放する――!
        l l  l</‐テ、≠/',ニ_`/ `.             |||  |
          | |   | | '、-ゞ ヽ',‐´ `ヽ 、          ├┘|  |
           i i  | レ'´/`'´、', __、   `ヽ 、         !   |  }
.          | |  / ./>T=_',-| `ヽ、   `ヽ、     ヘ /  ,′
         | / ./ヽ/|::::≠:::::',ヽヽ___`ヽ/  ̄`ヽ     / .}   /
           // ./ |.|::::r`ゝ::::',ヽヽ  `ヽ、    `ヽ,J ,|  .,′
        く , ' _// .|.|::`|::::::::::::', ヽヽ   `ヽ   / メ .| /
         /  /´:/  |.|::r',´'::::::::|', ヽ:ヽ    `ヽイ//  |/
       /  / /:/  |.|:::⊥,::::::::| ',   ヽヽ    /,'  / / ' \
        {  / /./   .|.|ヽt'::::::::::| l',   ヽ\ / / >,'./ .     \



.             / i‐`-ニニニ;;―、      `゙'''ー ..,,,      ゙'-、    .l  "   /   ,/   .,,,.
... ゙゙̄"'''''''――-.......... / l_      l.l           `゙''ー ,,、  `'-.   `    .ヾ ./  .-‐'″
.               / ./   ̄ ゙゙゙̄''''''..l|. ―--..........,,,,___,      `            ´
._________/./ .. -―-..,_ ____゙h ___________               ______
.          _-/ "       `"'~..l.l,、        _.          .,i         ,、
.       ,,/゛              !.! `゙゙'''ー゙゙''' ̄ ̄ ̄!    .,..     ./l゙     .、  `''ー 、_
.       ヽ            iー .._          `''┐  . l -‐″  ,,  / l゙      . \    `''ー
.        ..l         l,  `゙''、,,,,_,           `'く,./    .,/_,, ┘/ l 、.i    、\,
.   . _,,,,.. -ー' \         .ヽ ''''″   `゙''''―- ..,,,   .!゙ ̄ ̄~´   /   ! ,! !    \ \.
..''"゙´       l .|゙>、     .\  ._,, -'" ._.. ,,,r'"| ゙゙'ー‐' ̄ ̄┬√ ̄}  l  :!  ! ..l   \  `-、    ハレルヤ!
.     _,,, -ー .,! l   ヽ      ヽ'"  ._..-'".l゙.,..-',゙メ..,,,、   \_/l  |  .l  .ヽ .、 \  .`'
.... -‐'''"゛     / |    .ヽ,     `'-,゙  .,..-'゙y‐゙_,.. -'" ,.  ,.  .r  /  :!  !   l, .ヽ  ヽ,
.          ! .! ,,..-'"゛ .\     .,..-'゙. / .`'-- ....,,. ./ /   /   l゙   |   !   ヽ .ヽ  ヽ
.           _、l゙  !   _..-'" \._ / .,/゛          `'-、 '"   /  .,..‐"ヽ ,!   |   ヽ ヽ  ."
.    _.. -'"゛ .!  . l -'"     ,./ ,..‐"               \  /.,/゙_,,,.. _\′  .}   .ヽ ヽ
.._..-‐'´     _..ヽ. .!    ._ / . _/゛ .\ ,/   ,イ ,イ       `'‐ジ'"´ 、 . \ ゝ..、 |    ヽ ヽ
..     ._..-',/]    , /  .,/゛  .,///  ////            `'、  l  .l │ .,/ .!    . l  ヽ
.  ._..-'". /   .,! _ir'"  ,/゛――――//  /| レ レ              ヽ l゙  ,!  .l /   .!     . l. .゙'
..'"゛ ./    .'″ ゙l. / `゙ ̄ ̄ ̄ ̄ //   l |  .    _,.. -z_       ゙!、  .l゙  !l    .!     ..l,
.  ./   .,-   , /  . /     .,///   l |   ,.ニ7./二._       `'、 ! / │   .!      .ヽ
. ./    く .  .ヽ. /     ./ //    l l   'ー''7/´ ̄        _,, -'__、'゙´    .!      ゙‐
.._ ,l゙        _..-'"    .,/  //   Y     /  '__ノ>/〉    ´  ´゛ .`'、、    l
.. ゝ .......... ー''"゛      ./   /             ¨j/´〃           _/     .l


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   さすがにこんなの相手に手抜きとか許されないので高速詠唱使ってまず亡者を浄化し
  自分の行動で黒魔術師と悪魔の契約をぶち抜きます。


4177 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:25:45 ID:o2thj6Fu
こういうの見るとアイシャの便利さ半端ねえわやっぱり
アイシャ連打で大体はなんとかなるという

4178 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:26:06 ID:TtZ8ITs9
こういう場面に出くわすたびに、天使から試練の始まりを告げられた利とやはり神の使途ではと思う


4182 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:31:07 ID:yO0VT0N8



/::::::://::::::://ミl―/:::::/:l:::::::/:::::/:::::::/:::: /l:::::::::l::l:l::::ヽ::ヽ:::ヽ
::://::::::::::://ll:::::t_/::::/:::l::::::/::::/:::::::/::::: /::l::::::::l::l:::l::::::l::::l::::::l
:::\ヽ::::::::://::l l::::::::l::::/::::l:::::/:::/l::::::/l:::/ l::l::::::::ll:l:::l::::::l::::l::::::l
::::::::\\//:::l l:ヽ:::::l:::l::::::l:::::l:/ /::/-l:/-_l/l:::::/l/┐l::::l:::/::::::l
::::::::::::::\/::::l l:::::ヽ:l::l::::::l:l::::l< ̄>=ミ  l::::/ l:j l .l:::l:::l::::::::l   さて、これで契約をたたき切っただけなので
:::::::::::::::::::::::::l l::::::入l"l:::l::ヽl ヽ l:::::c/  /::/ ヽノ/::l/l::/l:::::l
::::::::::::::::::::::::l l::::/  ヽl:::l:::::::l   ゝ-´  //  ヽ l:::::l/l/ l::::l    やろうと思えば彼女を生かすこともできるわけですが……
::::::::::::::::::::::::l__l:/    ヽlヽ::::ヽ          /l::::l  l:::/
:::::::::::::::::::::::::::::/  _ ‐'"~´`l 、::ヽ、     - /l. l::::l  l/
::::::::::::::::::, -‐―/     _ト 、::ヽ ヽ    // l l::l
:::::::::::::/   <´    /;;ヽ__ヽ:l_ , ┐´::l´   l、 l/          私にそれを決める権利はありませんね。
::::::::::/     \  /:::::。;;;;;;l l;;;;;;;;;;;;;l::::l   / ヽ- 、 , ― - 、
::::::/        >/:::::::::ヽ;;;;;;l. /;;;;;;;;l;;;/::::l /    /     ヽ   どれを選んでも種の祝福が得られるよう口添えするだけです。
/        / l::::::::::::ヽ;;;;l /;;;;;;;;;/::/     /        \
        l  l:::::::::::::ヽ;;l l;;;;;/::/     /           \



         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..                                           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .                     .                     . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .                           .                           . ..:.:.:;:;:.
                               :゜
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .                    ゚:                          . ..:.:.:;:;:.
                              .*:゜
                               ゚・:。
    .:;:;:.:.:.. .                        ..。:*゚                     . .:.:;:.
                           ゚・*:。..
                               : ゚:*.
                               .。 .:. .:。:・
              . .. ... . .. ..... .. . . .:*. .:.:::.:..:.... . . . .. ..... .. . ... .. .


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   彼女が祈りを捧げ弓を放つと亡者は天に召され、黒魔術師も主の慈悲により許されたという。
  この弓と矢のセット後世で聖遺物にされそう。成長点+10


4185 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:33:29 ID:H0cZwFpB
救われたか、アイシャの新しい逸話ですよ


4190 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:41:39 ID:yO0VT0N8


2:種別:亡者 ヤバさ:138 数:6万


                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}    ……いくら強かろうがこういう被害者の亡霊を殴っても
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::∠__ヾ::::::::::::il:レ-\|::::::|:::::::::::::l
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:/______`ヽ::::::/リ_____ |::::::|::::::::::::::|        何の誉れにもならんな。
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'l { ト;ハ` .ヽ/ '´‘;!iメj }.|::::::ト、::::!ヘノ
    .ヽ::|\:|::::::|、ヾ` vソ      Vノ .|::::::lリ::::|
        |::::::||.\ ,,,    ,   .,,,; /.|::::::|::::::l          書記長、さっさと楽にしてやってくれ。
        |:::::::|| /           ヽ .|::::::|::::::|
        |:::::::|:ヽ,ヽ、   ─   ./ ,|::::::|::::::{
        |:::::::|:::::ヽ__二二 ̄二二__/:|::::::|:::::::ヽ    ノi
   .iヘ   ノ|:::::::|::::::√ ̄ ̄|_| ̄ ̄¨ヘ|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ
 .< ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::|¨∨    ト-イ     |::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>
  .ヘ     .|::::::ム/``ー─-゙ ̄ー‐一'".|::::/ヽ       /
   ヘ___,',:::://___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:/___,ヽ_____,/
 .┌‐┴─ュ:::::',イ, -.、 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::./::| , -.、 |:::::r─┴‐┐



        /rメー"      `-メュ ,   \
       V /  /     ',   ヽ ヽ ',    ヽ
      //    ,'      ', ',  ', ヾi    `
     ."/   ! i      ; i}  ,  .,  }!   ',  `
     ,/    i !      i i} i}   ', i}   ;;  i
     i !    j!ハ     ,'-ー-- ,,、 i  !   ;;  ',       しかし何というか、こういうのを見てると
     i i ',  レイ⌒ヾ   / /_ リ i /リ /  ;;;;; ',ハ
     レ! .',  i ヽ-\ \/ノ ィf芹ミュ/リ/   ;;;;! ヘ}       主の御心を人間の解釈でこれが正しいと決めつけて
     /ヾ 、i ィf灼ミ         ん;。;}`》イ    ::!  }! /
    /j \ゞ《{ ん;。i       ゞ-シ  /ィ /  ::!   V  /    他を排除するのがばかばかしく見えてきますね。
   / /} !" ',  `''"  、        7,,;;/  ハ    V  /
   // i i   ',             /;;/  /:::}!  丶  V
  //  .} !  ',`,     、 ,    /イ   ハ;:::!::. \ \ \    こう思うのは私が魔術師だからでしょうか。
  {i   j ハ  `, >        </  / /;::V}::::... ヽ ヘ\ ` ー 、
  }i  / .ハ   ゞ/∧>   </  , " /::::.ノ::::::::.... \', ` ー _ \
  {! /  ! }ト、  \リ  !`'"} /  / _ノ-"⌒''' ヾ::::::....  ゝ、    \ ヽ
  {! / / ! ヽ` ー 、 ゝーt""j .(/...::::"/       ヽ::::::.....  \    ヽ ヽ
  ヾ!  ! ヾ__ i\__ ヽ}  ,'  /7"  , /        `,::::::\::... \    } !
   .i{  `,   /i   `イ  ;  i/ / ,'          iヽ:::::.. \  ヽ  i /
   ヽ  `,  i ゝ、  〉 `*}!/ /,'           i::ヽ:::::... ',\ .', //
    \ ヽ j ゝ、 .〈   `〈 / /           !:::::ヽヽ:. .!  ヽi/


         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..                                           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .                     .                     . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .                           .                           . ..:.:.:;:;:.
                               :゜
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .                    ゚:                          . ..:.:.:;:;:.
                              .*:゜
                               ゚・:。
    .:;:;:.:.:.. .                        ..。:*゚                     . .:.:;:.
                           ゚・*:。..
                               : ゚:*.
                               .。 .:. .:。:・
              . .. ... . .. ..... .. . . .:*. .:.:::.:..:.... . . . .. ..... .. . ... .. .


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そして上空の亡者を昇天させた後は地上を暴れる亡者を浄化し、島を開放していく。
  迷える魂に導きを与えているので成長点+10


4191 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:41:58 ID:yO0VT0N8
悪魔にしてみたら頑張って営業したのに公序良俗に反する云々と主張し契約自体を無効にしてくるクソ弁護士みたいなアイシャ。
でもこいつの目の前に現れると即座にハレルヤされるのが目に見えてるのでアイシャはFOEと諦めて無惨ムーブするしかない。

4193 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:43:59 ID:3sdB1Vst
これだと悪魔は契約した黒魔術師にアイシャにだけは手を出すなと言ってそうだな


4198 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:48:38 ID:yO0VT0N8


4:種別:生き残りの人里 ヤバさ:126 数:400 素性【1D10:1
5:種別:生き残りの人里 ヤバさ:64 数:90 素性【1D10:3



                    「|___「:|              冂]__「|
                    |:|¨¨¨:| |              |:|:|¨¨ |:|
                    |:|   | |              |:|:|   |:|
                    / |   | |              |:|:|   |:|
            n_n    // |   |∧ ∧ .∧ ∧ .∧ ∧|:|:|   |:|
            |  :||   |´L| ̄ ̄``'|¨| |¨¨| |¨¨| |¨¨| |¨¨| | j_」」ニニL_ n__n
            |  :||  _|-‐……‐-v|‐| |─| |─| |一| |─| | |       | |:|  |
            厶ニニ!L_i|_-_-_     |TTTTTTTTTTTTTTT|“¨” ̄”“'| |:|  |
.            |   _」-冖|_-_-_     |¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙¨¨¨~¨¨~¨¨|       |_|」二L       ┌┐
       _  _」 _|-‐   ¨ ̄|    |            __|_     [ \  :|      |¨¨¨゙|
.       |_|  |_r┘    ___|_,,-┼-         |     \_ |   |  |      | ii |
.      i'´_`i_「    /  {  j/  {:   `Y´ ̄ ̄`< ̄ ̄ ̄ ̄\|  \  |  | ̄ ̄ ̄\  |
     _j-┘ _「     /|  :  }/: : :.  }   \{:   \  \      \  |\|_|^^^^^^^^^^^^|
_r‐二 ̄-─=r「    / |  |/: : : :/ /   \{  / }   \   \_\|    ̄└┐ ̄ ̄\ |
-'´::/: : :: : r:「    / |  | /. . : :/ __ノ{ \   }: / 〈    〉\    \ ̄\,__     |\ ̄ ̄ ̄|
:.::.:/_,r‐| ̄ |-一ァへ/  ∨: : / ̄    }:  \ ∨ / ∨    〈  \__\ \_ ̄\_|  \    |
-「 ̄  |  /_/  /  . . }/ /  /  /\ \|: ∨   ∧   ∨/ ∧ \__  \  \  :|~ ' ┬  __
 |/ ̄く ̄ /  //: \/ /: : :/: : /   \./   |  / ∧   ∨/ /\_    \  |   ∨\|__|__ | ̄  - _


素性
1~4:防御陣地(ヤバさが強さ)に芋ってた人たち
5~7:亡者からある程度見逃されてたそれなりに評価されてる人
8~9:じわじわ追い詰めて自滅を誘われてた加害者集団
  10:頑張って浄化してたガンギマリ


4200 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:49:30 ID:MTg4D4Zv
城パワー

4201 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:50:51 ID:UjTdwRne
堅固な城塞に籠城していた帝国軍残存戦力か。
ただ、このやらかしの原因を作った連中ではないことを望むが。
じゃないと弾劾対象になるだけだし。



4197 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/01(金) 23:46:40 ID:Jf9QKnIH
ハレルヤできんならまず悪魔を全て地上から永久に消してくれや。
連中がいる限り永久に文明発展しない。


4207 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/01(金) 23:54:38 ID:yO0VT0N8


2つともガチ要塞に立てこもって生き延びてた生き残り




         , -‐- 、     、_-―――- 、 ヽヽ
       /::::::::::::::::ヽ、 /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘヽl/ヽ
      /::::::::::::::::::::::::y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l::::::::::ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::lヽヽ:::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::/l爪l:::::::::::l::::::/::::::::::l::l::::l:::::::l:ll:::ヽ:ヽ:ヽ:::ヽ    >>4197
   /:::::::::::::::::/ /:::lヽtミ「Y:/::::::l::::::l::::l::l::::::l::::::l:l l:::l:::ヽ:::ヽヽヽ、   悪魔っていくら消しても外界から無限に湧いてくるので
 . /:::::::::::::::::/ /;;//l:::ヽ:::::/:::/::l::::::l:::l::l:::::/ l::::l:l´l::::l::::l:::::::l ヽlヽ
  /:::::::::::::::::::| l::::// l::::::::::/:::::l:::::l:::::l::l::l l:/ l::/lイjl::::lヽヽヽ::l `    気配見つけ次第都度世界から排除するしかないんですよ……。
. /::::::::::::::::::::::| l_/ /l l::ヘ:::::l:::::/l:::::l:::l<ll 近lハ/l/ 、:/::lヘlヽヘl_
/::::::::::::::::::::::::l  /l l/ lヽl::/ld::::l∨ l      /::l::::l)`l ``` 、   (いくら検挙してもセキュリティ強化しても新たなチート業者がでるようなもん)
::::::::::::::::::::::::::l/::::::l l  l ll/>ヽl::::l:::l u     /l:::l l l.l ヽ    l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l/ /  l::::ハ:lヽ _  '"/ l:::l l/〈  _  l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l l  /\_ヽ::lヘ:┐┐ ̄    l/  ヽ_/::::::\_l
:::::::::::::::::::::::::::::::::/. ヽl /   /\ヽ ヽ只;ヽ―-┐     l:::::::::::::::::ヽ   さて、そしてここで生存者を救助したので
::::::::::::::::::::::::::::::/   /;;ヽ、_/;;;;;;;;;;;ヽ / ヽヽヽヽ-/;l    l:/\:::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::/   l;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ‐ヽ~`l::l;;;;;ヽ、  l/:::::ヽヽ:::::::l   この人たちにも証人になってもらって
::::::::::::::::::::::::/    l;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::::ヽヽl::l:::`‐- 、l::::::::::::ヽヽ:/
::::::::::::::::::::::/     ヽ;;;;;;;、;;____/::::::ヽ::::::ヽ::::::::::/::::::::::::::::::〉 l    のちの人たちの名誉回復を行うことにしましょう。
:::::::::::::::::::/       ヽ/::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙゛ヽ/:::::::::::::::::/-┘
:::::::::::::::::/        l_:::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::l´::::::::::::::::::::/_
:::::::::::::::/          ヽ::::::::::::::l::::::ヽ::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/::::ヽ
:::::::::::::/           ヽ::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::\
:::::::::::/            ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::/l::::::::::::::::〉
:::::::::/              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ- ´l〈:::::::::::::::l
:::::::/               ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::ヽヽ::::::l
:::::/                 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::O:::::::::Ol:::ヽ::::ヽl



                     zz||zz
                   __,、必||必…-  _
             >'゙〈__(≫=≪)__)┐  `'<
            /  /. / ̄ ̄ `"'''< \. ヽ
           / / /.  /     ',  ', ヽ ヽ  ヽ
             / / /  / /     ',  ',  ヘ  ', ∨
         / /    / _,,,、、 |    ム、,,_l  ',  ',   ',
.           ,'    .イハ |l| l    从  `''< ',  l  . !
          l /     |V '从 ', /.// } ハハ   }  l   l     まあバイアスはかかってるでしょうが
        l/∥{ {. ,ィ冬芯xヘ,/イ ィ苳芯x, 从. l   |
.         /.∥.从 《 _):n:::}       _):n:::}. 》//  |.  |     完全な部外者の私たちが証言するよりマシですね。
       / /{{ l 从 乂,ソ     乂,ソ ∥. l   |  |
        //l |. l.  ゝ :::::::   ’   ::::::::::: ,イ  l  |! ',
.      ,イイ. l |  l  |           / 八.l   从ヽヽ
    ,イイ.  l. |   ', . ト、      t.ュ     ,イ    ,':.ll: :lヽヽ
.   /イ   l  l{   ',: :>。         。<:,'.    /: :|l: :',  ㍉
   /'     ,' . ハ    ヽ: : : : :}>、、<  {: :/    /: : :}}: : V  ヾ
  l{     / ,'  ヘ  \ヽ.: : :}.       l:/  / : : : }} : : ∨  ヽ
  { l.  /. /   ハ    ヽヽノ       / / /{: : : :∥: : : :∨
  ', ', / /   /〈. \  V   ◎.  { /  八_// : : : : :.ヽ
   У イ.  ア'´ ̄| ト  \/¨¨ヽ   ‐''¨V  〃 |≠  ̄`ヽ: : : :\
  /    ,'     | | \ ヽ丶、,,_ _,,.、〈  〃 }≠      V : : : :
. /.      |     .| |ゝ、 ヽ彳   ╋  ゝ  .イ ||.      }!: : :}: :


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   この語またチマチマ強大な亡者を浄化しつつ先に進みます。


4210 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:01:20 ID:qWAWAi9d


7:種別:亡者 ヤバさ:93 数:2万



                      ╋
              > "  ィュ(ヽ||ィ)ュ、
            /   ,,ュィァソ "⌒⌒ マヾ\
           /   ィシ"        , マシ
                 /  /     , . ヾ} ',
         /   /    / ィ ./      ,  i  i  i
          / / ,'   -tー-/、   7 ,  ,'  i  .!
       /ィ/  i  /!/ / / ヽ',   ,'ィ/ /  /  {
      / /   V /      ヽ // \    ! l    参考までにこの島奥に進むごとに
    // ,'     !-==ミ      /ィ ヽ  ! !
  ./ィ7  i{      i             ィ=ミ、ィ/  l l     周囲の雰囲気がSirenやサイレントヒルみたいになって
..// /   !{     li       `     丶/   i i
./ ノ /  l {   ',ト、   、         イ7 / i iリ    下みたいな視線や気配がそこかしこにしてるんですよ。
__/ /   }ヘ  ', 'j>     "    /7 /  i {!
_/   /\\ ', ',  \  _ ー ''"/ ,  / !ハ
ヾ  _ィ-ー "" ヾ  `, `,   "/   / / ./  リ !ヾ
 丶/      ゝ、 ` ゝ      /,"  ィ ィヽイ  }! )    どこからかおぞましくも荘厳な声が響いてきそうです。
  ,j       'ゝ、 `ゝ,,_   _,,ィ{ / / /レ'^丶ヘ_ノ
  ハ       .ィヾュ,,__ゝ ` "  ("  ./ レ"^ヽ }ヾ、
 ト"^''7____    {  "/ iヽ      (" ィ7}  メ^` .j\/
 i   "  ゝ-、__',    〈z_r7ハミゝソ .}    イ\ゝ
 ト-  / /   ゝ   /::::::ミ花メナ::イ  j   イ\/}リ
 j          /   /:::::::::::`":::イ  /   /  ', /




闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇                      闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇                           闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇   ,ィ三;;;;;;;;      ,...::;;;三:::ヽ.   闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇  _z三=≧:::::`;   ; /;i;i;z=-z;i;i..  闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇 ({:i:i:i:i:i:i:i:i}):::: :  :: {;;;i;i{:i:i:i:i:i:ノ}}};;  闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇  ≧≡彡;;;;;     ::  ヾz三≦77'.. 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇  <,;,=;;/''´ .;;   ,;;,,  `ヾ,;,;,;;/   闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇   },;,;,;,;/  ,;;;;   ;;;;;,,   };;;::i   闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇   i,:,:,:/  {;;;;;{ __  }  }   |;;;;;i    闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇  /,;;;/   ヾヘ;;;;;;ィつ´   |;;;:::|,,.... 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇  i::;;:;' ,'           `',};;|ヾ;i.  闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇  {;,;;i ,' ,∠二  ニ 二`ヾ  ';;|. ';;|  闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇   ;;i   ヘ_{_,j、__i___j,_}_j∧   ,:: ;;   闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇   ;i}::;i /////////////ハ∧ i;;; ;;.  闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇   ii::i i:::ハ::::::::::::';i::::::::::::}-i//} }:: ;;... 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇\  ;;  ∨{::::::::::::::|::::::::::::{zi/〃   ;;/闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇::::::\;;   ヾニiエエエエエエソ,イ    /::: 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇::::::::::::\     ̄ ̄ ̄ ̄     /::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇::::::::::::::::::\  -=二二=-   ./.::::::::::::: 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::>  ___  <::::::::::::::::::: 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇


4216 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:06:21 ID:qWAWAi9d



              /
            //   /\
        ___  | |   /__ \ ____ 、----―-t--―‐-、,,
      /---, \V\/   < \___/ >/___   "'''‐ ,,\       ,,、 、 - _‐ - -_― ―
        /  / |   ヽ  \ <て ( \//゛"'''‐-- 二二二フ_  " ,,、-‐'' '" ,,、-‐'''"゛       " '''‐-
       / ///  ヽ ヽ ヽ ヽ\ \ ヽ)\"V/_V~)_/ )   / | |  ,,、‐'''"゛
     ∠_///// | | ヽ ヽ V-"フメヽへ \|:::"T/x">====フ/ /| |/                    ,,、-
       /  | | | |,|-|-|\Vイサア人 \ ヽ \:::::::人r" yー-イ ///               ,,、-‐'''"゛,,、-‐―
      // /|从 | ィテア    ̄" | |\ヽ |\\_/>(( ||_ノ_>、/      _ ,,、-‐'''"゛ ,,、-‐'''"゛   ̄  ̄   ~~~~~♪
     / / / /| 人ヘ  ` _   .| |//ゝ レー->/    |   \―= ̄    ,,、-‐'''"゛   ,,、-‐ - ― ―
     |/  |\_/ | ゝ  (二)  .| //-,,//"フ /ー了" >く\   \ ,,、-‐'''"゛  、-‐= 二__
      _⊥|__ \ヽ > -――┴、| // /∠_ー―>、__ \\   \  /k――――― ――‐-、,゛"'''‐-、,,
    /     \_ /:: :: :: :: :: :: ::Y/  フ /ー">" ̄\\__ \\   ヽ// \-――― _      ゛"'''
   /:: ::: :: :: :: :: :: :: | |:: :: :: :: :: :: :: ::  | //  /     \ \ \\ //   \ ̄ ̄ ――.゛"'''‐-、,,
   |:: :: :: :: :: :: :: :: ∠人:: :: :: :: :: :: :: :: |/ /   |      ___|   \_\\\   \       ̄゛"' ''‐-、
  /|:: :: :: :: :: :: :∠/:: :: ヾ:: :: :: :: :: :: : /レ   /     /,―_\ /二二| |ー―"    \
// >---:: ::∠/   :: :: :: :: :: :: :: / /|\ | .|    / /    "'''‐、_>、\        \
/  |:: :: :: :::/_/ /二_ヽ       :: :: | |  "T.|    | |       / / \ \        \
   |:: :: :: /_/ //    ヽヽ     :: ::. | |   > \___>_\,,ー\  .|  |  / /\\ _ __     \
   ハ:: :: :|/ //_    ヽヽ  :: :/| |__ \          \|  | | |  | \ V / /-、    \
_/_ヾ_/゚o゚/ o     ヽ  \\/:: :: 丶ー、\ ヽ          "ー"ー"ー"ー| | | | |\     \
///_/| |ー"::| |"'''‐-、,,   >ー― - 、:: :: :: :: \\ ヽ                 ししトト |  \     \
| | ////コ:: :::| |   >" __   ゛"'''‐-、,,;; ;; ;\\)                   し| |\  \
/ // //:: :: :/| |_  < o   >  ゛"'''‐、,,    ゛"'< ̄                     "ー"| \ \
//\|_| ,,/ /\\ ゛"'''-<,,      ゛"'''‐-、,,__\                       .ト | \ \
人_ _<:: :: :: :\\    "゛"'''‐-、,,_____  ゛"'''‐-、,,                  し   \ \
:: :: :: | |:: :゛‐、,゛"'''‐-\\    \  \:: :: :: :: :: :: ::゛"'''‐-、,,  ゛"'''‐-、,,                  \ \
:: :: :: | |:: :: :: :: | |゛"'''‐\\    \  \:: :: :: :: :: :: :: :: ::  ゛"'''‐-、,, ゛"'''‐-、,,                \



             __           __           __             __             __
           /´_ヽ        /´_ヽ      /´_ヽ         /´_ヽ         /´_ヽ
         ∧ミ∧ω・,)>    ∧ミ∧ω・,)>    ∧ミ∧ω・,)>      ∧ミ∧ω・,)>      ∧ミ∧ω・,)>
        ./・ ・,ミ:と{::)     ./・ ・,ミ:と{::)    ./・ ・,ミ:と{::)      ./・ ・,ミ:と{::)      ./・ ・,ミ:と{::)    ~~~♪
        (。。ノ  ヽヒゝ   (。。ノ  ヽヒゝ   (。。ノ  ヽヒゝ     (。。ノ  ヽヒゝ     (。。ノ  ヽヒゝ
       //ヽ /  しノ   //ヽ /  しノ   //ヽ /  しノ     //ヽ /  しノ     //ヽ /  しノ
      / ( へ /:/|.|   / ( へ /:/|.|  / ( へ /:/|.|   / ( へ /:/|.|    / ( へ /:/|.|
         ヾ i | |‐"U      ヾ i | |‐"U     ヾ i | |‐"U      ヾ i | |‐"U       ヾ i | |‐"U
          ` | |          ` | |         ` | |          ` | |          ` | |
           ,U           ,U          ,U           ,U           ,U


         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..                                           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .                     .                     . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .                           .                           . ..:.:.:;:;:.
                               :゜
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .                    ゚:                          . ..:.:.:;:;:.
                              .*:゜
                               ゚・:。
    .:;:;:.:.:.. .                        ..。:*゚                     . .:.:;:.
                           ゚・*:。..
                               : ゚:*.
                               .。 .:. .:。:・
              . .. ... . .. ..... .. . . .:*. .:.:::.:..:.... . . . .. ..... .. . ... .. .


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   そうした雰囲気をアイシャ率いる騎士団が讃美歌を歌い、迷いを払って天へ導くと
  その分だけ青空が取り戻される。もちろん危ないので生き残りも同行したうえで。
  成長点+【1D10:1】


4217 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:07:38 ID:PTgyQX/b
うーん残念


4220 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:10:04 ID:qWAWAi9d


9:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:73 数:400


                    _、       _ 、         _          __,, 、、
"  ̄ '''' '- ァ- ― ''''  ̄ "''、‐"~  "トィ '' "゙   '' "'ー゙"''ィ' " ̄'  "―''''""゙゙ ̄''ー'、 ,, 、"、-'"
 " '' 、 / '' """ '' "" '、"" ''r '"ヾ ' "" '' "r ´ ' "" '' "" ' " ' "〟ヾ   "゙ " ;
 " '''  "" "  ゙ "゙ "゙ " " '' "" ' '' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙ "'' " ,,  、
'' " _r、 "_  ゙'' "  "゙ ;_; ' 、 " _ '' "'' "  " '' "  "゙ '' "  "゙ '' " " '' 〟,, ; ;"゙"
/"''ー、―;;'"、"、 _ァ―、;;";;、 "'''、,,、―~;;"'';;,ァ―、;'''"'"'';; --、_,―;;"'''-、'";;;、ィ ニ ; ̄`ァ―、;;"'';;、-ニ
 ,―、" ̄ヾ";;"、、-< ̄`,―_ ̄;;"''、、`-ニ_;;";;、― l;;";"";;,、  ;;"、 l―‐i  l ̄ ̄l ̄F―_,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l



               ., ‐                   ,
             .,ィ ´     ,,  -=======-  、 .//
            .//  /ア      ____ ≧'- 、
            マ  .{ ( i  ,  -= 、 ,, =--          ヽ
            ィ-ヽ ´ ̄ ̄` マ / ´  >='' / ̄7` .マ 、 ミ.、
          ≦<> ,  ≦ヽ  マ/   / /     マ\ヽ
       ,/ /, / /, ハ .{ 、 ヽ ', }}、_ ./ /       .マ ヽ
      / ./// / L{ }、 マヽ_ヽ マノ=マ ≦./         } マ   さて、そして最後に残ったのがこの村。
        .i./ .i } {ミ`{.マ.{マヽマ.lヽマ/ `ァ{           .} }
        {'  i { .マ.f芯 マ{代zツマ ヾ 、/           ,/ ノ,   おそらくは神父様をバラバラにした
          マ.{ マ {、  , `  ノトマ>{'         _,,. '  ./
          マi/マ、\- ‐イ' ∨ト、}__    , ィ≦=―  ´´     黒魔術師の故郷か何かなんでしょうが――
          .ハ {( .X } i´ 彡 ´ ./    ヽ //
          { ヽi.Y .} i {  ., /      ハ
          {  ノ≦ャ ュイ{{ ´ ヽ     /   >,
          У  _// └マ  マ      /  /
         .,ム   ト,-'    マ/i    /  .,マ
        /{イ、_ .lil     ヘ、 i , イ   / イ
      .,/  lマ'  lil ̄`= __, イマ,└--ャ 彡 /ヘ
     r/\ ./ィL  lil __      ,ミ.マ, ./アヽ´ア> ̄ ,
     { `=oY { i| }ア.lr≧ュ、 _ムイ/ \ /  .マ/.,    ',
     《==イアマ| lil i.l   ` ̄´ノ{__       マi.',    ',
    .,イ , ヘ.ハ Yミコ'j=-  ≦  / \, --=  __} .',    i    ,


黒魔術師のチート具合――【1D10:5
1~3:悪魔に従う限り不老不死&エンチャント武具、強さ+【2D20:21(16+5)】で武器防具+30補正
4~6:+特殊能力もち

7~9:+城持ち(指揮系スキルあり)
  10:+雑魚も全員黒魔術師

特殊能力――【1D10:2
1~3:魔性の美(ターン初めに行動消費して魅了、魔術扱い)
4~6:殺戮の加護(攻撃回避不可、防御無効)
7~9:飛行(飛ぶ。ただそれだけだが飛ぶ)
  10:高速詠唱(ターン初めに魔術使う)


4227 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:20:28 ID:qWAWAi9d


9:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:亡者73、黒魔術師94 数:400
黒魔樹脂の特殊能力:魔性の美



          /  /  /  ,      ヽ ヾ 丶
         /   /     /      ',   `, 丶
        /    /     /       ',   `, ヽ
        ,    /     イ        iト    `, '
       /  /  !    / i _,,ィ   ,  リ ヽ ',  ', ',    それで悪魔に与えられた力が亡者も人も魅了する魔性の美ですか。
       /  ,'   i !-ー―イ"ヾ    ス/ }!  }  .i .!
      /  !   i ! _ィ==ミヘ ゝ  / イ`''ー-/ N  !    皮肉というかやはり悪魔はろくでもないというか。
     /7  !   i !ィ7ん。リ`  }!/ ィf=ミ/!  /リ !
    / ,   ハ   !ト ゝ マ;;;ソ       ん。リゞ! /イ/!
   / ィ7  /  ',  !\ ;;;;;;     ,   ;ゝ;;シ;;;//リ !i
 // / /   ',  `, ',ゝ          ''''''  イリ / !`,     刀身に映った自分の姿を見て自壊しそう。
_ /  //ィ    ヽ 'ヘ      _,,_      // / ! }!
"   /" i{`,     ',  ヾ、          _イ/  /  i ヾ、
   /  人 ヽ    ヽ ヽ!>       イ7/  /   ! ! \
  /  /___ヽ \    \ヽ  >-<7"/  //    ハ `,  \
ィ" /    \ヽ\    \}     i_ !  /    /  ヽ ヽ
 /       \} '\.    ヾ      ゞ/    /ー- ヽ ヽ
/          !、 `    ヽ ○ー"ィレ   ア     \ \



               /, へ\\: : : : : : i!: }    ―-、、
                 /∠/__ \\ト、  r-、〈      ヾ 、
             〈___ 二フ:xく: : ̄ ̄`: ヽ.     }: }
            /   ___.∠.ィ:`ヽ.ヽ: : : : :   \  /: '
          . ´ / ̄: : : : /\ヽ:/: ::, へ: : :   ∨x '
           /  /: : : : : : ,イヽヾ::/ : /: : : : : : : :    :`: .、
         //  /: : : : : ' ´ {三ニ:/: :/:/: : :/: : :/ :/: : :\ヽ: \ __ノ
      /: :ゝ- ': : :/    {!ミ// : /:/:、// : ::/: //: :/: : : ヾ  ̄
    /: : : : : : : /     ゝ:〃: :/:/zx:ヽ : :/': 〃 :/ : : 、: ヽ:、          ,. <  >
   /: : : : : : : /       〉/! : :Ⅳト::心./イ:// :/: : /: :!: :} リ         .<   >´
 /: : : : : : : /        ノ ハ: :!  ̄` ' /: イテフ:イ: :/: ノ '    .<   > ´
: : : : : : : : :/          __八 丶._, /´ ヾハ:八:/,: '   .<   > ´
: : : : : : :/      ____,/ ヽ ̄ ̄}!   ー -  ノ ノ' リ  .<   > ´         いずれにせよ、悪魔の契約と亡者は
: : : :彡'      /              }ト、 . _ <´_二ヲ-<    > ´
 ̄        /  , ---、       ゝ、\/ ̄/´     〉> ´               祓わなければどうしようもありません。
           //: :/: : : :\     r<::_}zxく    /
         く: :/: : : : : ::/::入_,.ィ´入rく::::ヽ::/  /
        /!: \: : : : ://:: ::ヽ:〈:::}}ヾ`:.、/:/ /\                   ――しかし、こうなるんならそら
       く:::!:::::::::\/,イ::ヘ.::::::∨}!ハ:入/\//´`ヽ: `ヽ.
        }:!::::::::::::::|/:::::ヽ:::ヽ:/} Y:!: : : : : : : : : : :} } : : ヽ.                誰何割を食わせたら文明崩壊するわなあ……。
        L二_/:\/ヽ. }  !_ノ: !: : : : : : : : : ::/ :/ : : : : '
         ><: : :>へ.ノ´` ' i|::|: :、_: : : : __ノイ〈、: : : ノ
      >< : : : >./          /:/: : :  ̄ ̄: : : [二] Y´
   rく`ヽ: : :> ´  /___     /:/: ://: : : : : : : :| |::i
   {: :::ゝV´    L__  ̄ ̄ ̄ ./: : : : : : : : : : : /::! | {
    `  ̄          ̄ ̄ ̄ ̄Y: : : : : : : : :: : /: :| | `:く ̄}}


[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   だいたい悪魔のせいではあるが、世の中が一向に進まない理由を痛感したという。


4228 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:21:42 ID:VkTKEajs
弱者が黒魔術師化して暴れたら酷いことになるからなあ


4230 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:25:49 ID:qWAWAi9d



//::/::/|::゚。::゚。:゚。`、:::::::::::::: \\ \| |:|:| |////_:::::::::::二ニ- _、\\、`、l | | | l ////// _ ‐ニ
/ :::::/ :|:::::゚::::゚:::::::::::::::::_ニ-\\ | |:|:| |/// _ :::  ̄二ニ=‐ \\`、 | l // / // ̄\ 二
:::、\|::|::|:::/:://::::::::::_二ニ=‐\丶:|:l//‐=ニ_二 ̄ ̄二ニ=- .,_\,‘ /  __,/    ‘,_
_\|::|::|/::/_::::::::::_ 二ニ=‐ - ・.‘ - ‐=ニ二_:: _二ニ=-―…  ‘・.‘ ‐ニ二l   は  }ニ
ニニ‐:Υ: -ニ二二 _:::::_ニ=‐/ / /|:|:| \‐=ニ二ニ‐ ̄_二ニ=‐ / / | | |、\\、{  い  }_
ニ‐/ :|:|/       \::‐// ' / :|:|:|:`、`\\‐_‐ニ‐_ニ‐ // /// | | | \:\八    ノ_
/::/::|:/          ∨/:::/:/ l.. :l:l::゚。`、:. r‐‐ミ _‐ _ ‐/// //' | | | / ̄ ̄  マ¨゛\ -
:://:/:l′   守 一   V 〈/:/.. _ l : :゚ . `. {`'<:} . : /// ,///, | | /       ゚。 \:\
:'/:/::,′   り  生   ‘,::/ Y「彡r`、 . ゚ . . 乂/へ . .:///,// /,' l | l:′ 強 俺   ゚。、::\
::::::::::l     ま  あ     l: : : 乂:イ_、ノ : : : : : /.:./: l . :// ',// //,' | | ′   く .は   l:::\:
:∩:: {     す  な     }: : : : : 厂`、. : : : : ./.:./ .: | : : : : / // // ' l:| |{     な 誰    l\:::
: ll::::::.        た     l : : : (√ Vへ : :/厂 ̄.:.l : : : ::: 〈/ // ,' ll:| |{    っ よ   '\:::::
::ll::::::::,       を    .:::. : 〈‐{  \_}V‐<.:.:.:.:.:.:/} : : ::::::::: 〈/ .:..:l | |::,    て り   ,'`:::::::::
: ll::::::::‘           .:: : : : `¨l\_/7¨゛「l丶.:/イ : : ::::::::::::::::::::::::::::::::<_     も   ,':::::::::::::
: |::::::::::: `、        /.::::::::::: : : V ̄ 「 : : : l\,/.:.l : : ::::∩:::::::::::::::::::::::::::::\     /:::::::::::::::
: |:::::::::::::::::`::.. ____ 、-'゛ .:::::::::::: : : {   |l : ::: : l.:.:.:.:.:.l : : ::::::ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::`¨¨¨¨¨゛:::::::::::::::::::
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : {   | . : .  l.:.:.:.:〈 : : :::::::ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : l   l . . . . l.:.:.:.: } : : ::::: | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
从从从从从从从从从从从从从_,L__八从从,j.:.:.:. L从从从从从从从从从从从从从从从从从
                    {乂>   <≧彡



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   黒魔術師が聖天したさい、どこかこんな幻影が見えた気がした。成長点+10。
  島の部分を解放しました! 次は半島南部です。


4234 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:29:01 ID:qWAWAi9d


で、とりあえず半島南部の状況。こっちは地続きの部分があるから亡者が伝播するより先につぶさないと割とまずいことに。


半島南部での探索時点で出会う団体(動植物系で100以上なら飛行生物の可能性あり)
0:種別:【1D10:10 ヤバさ:【2D87:120(69+51)】 数:【1D10:8】×(10の【1D4:1】乗)
1:種別:【1D10:2 ヤバさ:【2D87:135(78+57)】 数:【1D10:8】×(10の【1D4:2】乗)
2:種別:【1D10:1 ヤバさ:【2D87:115(61+54)】 数:【1D10:2】×(10の【1D4:3】乗)
3:種別:【1D10:10 ヤバさ:【2D87:88(32+56)】 数:【1D10:4】×(10の【1D4:1】乗)
4:種別:【1D10:10 ヤバさ:【2D87:135(50+85)】 数:【1D10:9】×(10の【1D4:1】乗)
5:種別:【1D10:2 ヤバさ:【2D87:78(63+15)】 数:【1D10:3】×(10の【1D4:1】乗)
6:種別:【1D10:2 ヤバさ:【2D87:72(24+48)】 数:【1D10:6】×(10の【1D4:4】乗)
7:種別:【1D10:9 ヤバさ:【2D87:38(21+17)】 数:【1D10:10】×(10の【1D4:4】乗)
8:種別:【1D10:2 ヤバさ:【2D87:160(84+76)】 数:【1D10:10】×(10の【1D4:4】乗)
9:種別:【1D10:3 ヤバさ:【2D87:42(15+27)】 数:【1D10:3】×(10の【1D4:2】乗)

種別表
1~3:生き残りの人里4~7:死霊、8~9:動植物、10:黒魔術師&亡者


4237 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:30:33 ID:VkTKEajs
10多いな

4238 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:30:55 ID:5OwObnJW
生き残りと黒魔術師のどちらかしかいないぞwww
いや動植物も辛うじて生きてるか?

4239 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:31:10 ID:PGjDLQCM
チーター多過ぎい?!(悲鳴)


4242 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:38:00 ID:qWAWAi9d


半島南部
0:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:120 数:80
1:種別:生き残りの人里 ヤバさ:135 数:800
2:種別:生き残りの人里 ヤバさ:115 数:2千
3:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:88 数:20
4:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:135 数:90
5:種別:生き残りの人里 ヤバさ:78 数:30
6:種別:生き残りの人里 ヤバさ:72 数:6万
7:種別:動植物 ヤバさ:38 数:10万
8:種別:生き残りの人里 ヤバさ:160 数:10万
9:種別:生き残りの人里 ヤバさ:42 数:300



                ,ィ=ァ
           ,,、、―ミ'´ ''´ ̄ ̄`''ー 、、,,____
         イ,ィ                >''´
.         /  /  /        ヽ  `ヽ
         /  /   .:    /     l   V    \
.        ,'  ./  ∥   / /     }    V  ヽミh、、
        l   /  ∥  /      |     }   ヽ⌒
.       | / ,ィ  !    :  l      !\  .|     ',
     -=彡イ   |――|-  l     ム―― |    ミh、
       / 从    |    |  イ   ./   \|   } }!``
     /イ|:  汽  イ  | |  .}  /斗う笊マV  /| }     姐さん、朗報だ。半島南部は主要都市が救難信号あげてるだけでも2つ残ってる。
        .|  { :| ゝ |  |i |  /} /  乂.!ノ〃/ / :}./
        .|  ヽ| :ゝ从ハハ// ,       彳 イ ノ'      島を早めに解放したおかげで黒魔術師が少数潜伏してるだけだ。
        .|   |   |/{_            /イ| |
        .|   |   |h、 /           .イ   | . |
        .|   |  |  :ih 、  ´`  ..イ. |  ! |
        .|   ∧  | /:}  > <{\  .|  /: i
        .|  ...∧从/{ノ       ヘ}/}\ハ/  |         逆に言うとこいつらが都市を落とすとさっきの島と同じことになる。
        .|  __/{≦:::''\ _   __/::::::≧}V  |
        .|.../::::::\::::::::::::::\ ` ´ /:::::::::::/ }V |
     __>''´\::::::::><:::::::::\ /::::::::/::::::::::/`'<
.     /;ヽ ;;;;;;;;;;;;\::_____::只____::/;;;;;;;;; i;Y
    |;;;;;;;ヘ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l::|
    |;;;;;;;;;;ヘ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /;;;}
    |;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;}
    |;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;i}



/::::::://::::::://ミl―/:::::/:l:::::::/:::::/:::::::/:::: /l:::::::::l::l:l::::ヽ::ヽ:::ヽ
::://::::::::::://ll:::::t_/::::/:::l::::::/::::/:::::::/::::: /::l::::::::l::l:::l::::::l::::l::::::l
:::\ヽ::::::::://::l l::::::::l::::/::::l:::::/:::/l::::::/l:::/ l::l::::::::ll:l:::l::::::l::::l::::::l
::::::::\\//:::l l:ヽ:::::l:::l::::::l:::::l:/ /::/-l:/-_l/l:::::/l/┐l::::l:::/::::::l
::::::::::::::\/::::l l:::::ヽ:l::l::::::l:l::::l< ̄>=ミ  l::::/ l:j l .l:::l:::l::::::::l      わかった。急ごう。
:::::::::::::::::::::::::l l::::::入l"l:::l::ヽl ヽ l:::::c/  /::/ ヽノ/::l/l::/l:::::l
::::::::::::::::::::::::l l::::/  ヽl:::l:::::::l   ゝ-´  //  ヽ l:::::l/l/ l::::l
::::::::::::::::::::::::l__l:/    ヽlヽ::::ヽ          /l::::l  l:::/
:::::::::::::::::::::::::::::/  _ ‐'"~´`l 、::ヽ、     - /l. l::::l  l/
::::::::::::::::::, -‐―/     _ト 、::ヽ ヽ    // l l::l
:::::::::::::/   <´    /;;ヽ__ヽ:l_ , ┐´::l´   l、 l/
::::::::::/     \  /:::::。;;;;;;l l;;;;;;;;;;;;;l::::l   / ヽ- 、 , ― - 、
::::::/        >/:::::::::ヽ;;;;;;l. /;;;;;;;;l;;;/::::l /    /     ヽ
/        / l::::::::::::ヽ;;;;l /;;;;;;;;;/::/     /        \
        l  l:::::::::::::ヽ;;l l;;;;;/::/     /           \


というわけで、もう動物とかこっち襲ってこないなら置いといて黒魔術師の能力を――
黒魔術師のチート具合――【3D10:17(3+10+4)】(高い順に強い奴を採用)
1~3:悪魔に従う限り不老不死&エンチャント武具、強さ+【2D20:38(19+19)】で武器防具+30補正
4~6:+特殊能力もち
7~9:+城持ち貴族(指揮系スキルあり)
  10:+雑魚も全員黒魔術師

特殊能力――【3D10:17(3+9+5)】(高い順に強い奴を採用)
1~3:魔性の美(ターン初めに行動消費して魅了、魔術扱い)
4~6:殺戮の加護(攻撃回避不可、防御無効)
7~9:飛行(飛ぶ。ただそれだけだが飛ぶ)
  10:高速詠唱(ターン初めに魔術使う)


4243 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:39:43 ID:PGjDLQCM
黒魔術師軍団?!

4244 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:40:30 ID:xl3aqcjI
何処が少数やねん。


4249 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:46:08 ID:qWAWAi9d


0:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:亡者120、黒魔術師158 数:80、殺戮の加護持ち
3:種別:黒魔術師&亡者 ヤバさ:亡者88、黒魔術師126 数:20、魔性の美もち
4:種別:全員黒魔術師 ヤバさ:173、城もちで指揮系スキルがあり飛行能力をもつ 数:90



                   _ \二二\                  /二二/ _
                 ‘''+.,, ̄\二二〉                〈二二/ ̄,,.+''’
ニ=- .._                ‘''+.,,|   |                      |   |,,.+''’                _.. -=ニ
二二/        _,,..  -‐=¬ニ‘''+.,,|   |            |   |,,.+''’ニ¬=‐-  ..,,_        \二二
_.. -─- ..__.. -=ニ二二二二ニlニl二-‘''+.,,| |/〉{{  }}〈\| |,,.+''’-二lニlニ二二二二ニ=- ..__.. -─- .._
 ̄~゚"'' .,/ニl二l二l二lニニニニlニlニニ|/‘''+.,,{┌| ̄|┐},,.+''’\|ニニlニlニニニニl二l二l二lニ\,. ''"゚~ ̄
.     {/|ニニl二l二l二l.ニニニ二lニlニニ|/^'l∨<└|_|┘>∨l'^\|ニニlニl二ニニニ.l二l二l二lニニ|\}
        |ニ二l二l二l二l二二二lニlニニ|ニ=- l\\  //l -=ニ|ニニlニl二二二l二l二l二lニ二|
.     ____\ニニl二l二l二lニニニlニlニ| ̄`\ l `, L__」 ,´ l /´ ̄|ニlニlニニニl二l二l二lニニ/____
二二)    ̄ ̄ \二l二l二l二lニ二二lニlニ|ニ=-=ニlニニニニニlニ=-=ニ|ニlニl二二ニl二l二l二l二/  ̄ ̄   (二二
           ` ニl二l二l二lニ二二lニl |「「「「「「「「「l二二l「「「「「「「「「| lニl二二ニl二l二l二lニ ´
          (二二lニl二l二l二lニ=-‐=lニl|「「「「「「「「「|││|「「「「「「「「「|lニl=‐-=ニl二l二l二lニl二二)
.            ̄ ̄}ニ|  |ニ.\|ニニニ二| |「「「「「「「「「|┼┼|「「「「「「「「「| |二ニニニ|/.ニ|  |ニ{ ̄ ̄
                 ̄|  |‐-=ニニニニ| |「「「「「「「「「|││|「「「「「「「「「| |ニニニニ=-‐|  | ̄
                  |  | |   \二/| 「¨|Τ ̄ ̄|二二| ̄ ̄Τ「¨| |\二/   | |  |
                  |  | |     凵  l | │|  〈〈|││|〉〉  |│ | l  凵     | |  |
                  |  | |       :l| │|  〈〈|││|〉〉  |│ |l:       | |  |
                | |         │|:   〈|││|〉   :|│         | |
                ∨ |         │|     { ∨ }     |│         | ∨
                     V           V    〈^|Τ|^〉    V           V
                                  }│|│{
                                  〈_」⊥L,〉
                                    l  l
                                 l l
                                    l l
                                |



        /rメー"      `-メュ ,   \
       V /  /     ',   ヽ ヽ ',    ヽ
      //    ,'      ', ',  ', ヾi    `
     ."/   ! i      ; i}  ,  .,  }!   ',  `
     ,/    i !      i i} i}   ', i}   ;;  i
     i !    j!ハ     .,' / //   .i  !   ;;  ',     なお黒魔術師の数は総勢80を超え
     i i ',  レィー-ヾ   / /ィ''-/,,i  リ ./   ;;; ',ハ
     レ! .',  i/ ヽ  `\/ノ  // ヽリ /  ;;;;! ヘ}      主要な黒魔術師は悪魔から得た空中要塞に籠り
     /ヾ 、i ___        ___  イ/    ::!   }! /
    /j \ゞ '" ̄`''      '" ̄`ヾ ./ ィ /  ::!   V  /   上空から攻撃を行っています。
   / /} !" ',      、        7,,;;/  ハ    V  /
   // i i   ',             /;;/  /:::}!  丶  V
  //  .} !  ',`,    丶  ァ    /イ   ハ;:::!::. \ \ \
  {i   j ハ  `, >        </  / /;::V}::::... ヽ ヘ\ ` ー 、
  }i  / .ハ   ゞ/∧>   </  , " /::::.ノ::::::::.... \', ` ー _ \     動機が正しくてもやっちゃいけないことって
  {! /  ! }ト、  \リ  !`'"} /  / _ノ-"⌒''' ヾ::::::....  ゝ、    \ ヽ
  {! / / ! ヽ` ー 、 ゝーt""j .(/...::::"/       ヽ::::::.....  \    ヽ ヽ   やっぱりあるんですね。
  ヾ!  ! ヾ__ i\__ ヽ}  ,'  /7"  , /        `,::::::\::... \    } !
   .i{  `,   /i   `イ  ;  i/ / ,'          iヽ:::::.. \  ヽ  i /
   ヽ  `,  i ゝ、  〉 `*}!/ /,'           i::ヽ:::::... ',\ .', //
    \ ヽ j ゝ、 .〈   `〈 / /           !:::::ヽヽ:. .!  ヽi/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   10万都市と6万都市にに80人の指揮系スキル持ち黒魔術師が攻撃を仕掛けています。
  陥落したらそのまま10万の亡者が空中要塞に収容され北上していくことでしょう。


4251 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:47:05 ID:mh2Xo9pi
黒魔術師になった人たちはよほど頭に来てたんだな

4252 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:48:29 ID:VkTKEajs
まあ故郷を滅茶苦茶にされたらなあ


4253 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:50:20 ID:qWAWAi9d
>>4251
平和に暮らしてました⇒突然各地で戦乱が起こりました⇒偉い人が男衆を根こそぎ動員していきま、ついでに物資を略奪しました
⇒まともに収穫するものがなくてどうしようと思ってたら軍隊が来てまた無茶苦茶してきました
⇒やっと平和になったと思ったら被害を受けたことを理由に処刑されることになりました

これを複数陣営に代わる代わるやられた。

4254 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:51:51 ID:ISZwCgUe
それは……無理もないなぁ

4255 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:53:01 ID:xl3aqcjI
生きのこりってやらかした側やろ?
それは相応の処分をしないと悪魔に魂売らなかった連中が納得しない。

4256 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 00:53:25 ID:eRTbNfA+
うん、これ黒魔術師を生きたまま元に戻す手段があるなら無罪を主張したいレベルだ


4259 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 00:58:15 ID:qWAWAi9d



      {   _. - " ̄ ̄ `ヽ、__ _
  __ヽ /            \====ミ
  ⌒> ′       '^ヽ、    }ハ  '´「\
 /               \  r Y'|、     丶
./       |   \ 、  V´r' | ヽ      ',
l  /  /   ハ.  、\\ヽ> ∨  |       `、
| ./'l ,' l ||∧   ト、>示| |^l∧        ',     ……ラティファ、あの城を攻撃可能な範囲まで落とせる?
|/ | | ハ | rr.ミヽ ヘ.' Vzリ }ハ | / ',           i
  | |  V∧V〉 \      | |'__.  i        l     地上までおろせば攻城戦も可能だと思う。
  ヘ∧   | ハ  ′ _   /| レヘ   i           i
      \ ト、 |> `、__,/x'| l   〉_.i          ,'
.      ヽl/| |   /::::::| l lノ /,-  ̄` ‐-、.   /
        |「ハ!  イ:::::::::| |   /       ' .,/
       __|   V |:::::::: | |   |        丶、
      /´  〉 ノ  ゝ- 〈〈.   l           ヽ_
    /   }/≠≠ fニヾ   j           / `、
   /   /.//     Vニニ{_      ,/   ,イ、
  /、_./ ≠≠       | |   ヽ   , -'"   /  ヽ
  |  イ    ||       | |    `ー〈   ._/       ヽ
  ヽ. ハ   V{         | | <ヽ、 ., -'` ̄丶         `、
   ∧ ハ、  V}  `    l| >'′       ヽ



        /rメー"      `-メュ ,   \
       V /  /     ',   ヽ ヽ ',    ヽ
      //    ,'      ', ',  ', ヾi    `
     ."/   ! i      ; i}  ,  .,  }!   ',  `
     ,/    i !      i i} i}   ', i}   ;;  i
     i !    j!ハ     ,'-ー-- ,,、 i  !   ;;  ',     軍楽隊の援護があれば可能ですが
     i i ',  レイ⌒ヾ   / /_ リ i /リ /  ;;;;; ',ハ
     レ! .',  i ヽ-\ \/ノ ィf芹ミュ/リ/   ;;;;! ヘ}     それで私はかかりきりになりますね。
     /ヾ 、i ィf灼ミ         ん;。;}`》イ    ::!  }! /
    /j \ゞ《{ ん;。i       ゞ-シ  /ィ /  ::!   V  /
   / /} !" ',  `''"  、        7,,;;/  ハ    V  /   ですが、やるだけの価値はありそうです。
   // i i   ',             /;;/  /:::}!  丶  V
  //  .} !  ',`,     、 ,    /イ   ハ;:::!::. \ \ \    やってみましょうか。
  {i   j ハ  `, >        </  / /;::V}::::... ヽ ヘ\ ` ー 、
  }i  / .ハ   ゞ/∧>   </  , " /::::.ノ::::::::.... \', ` ー _ \
  {! /  ! }ト、  \リ  !`'"} /  / _ノ-"⌒''' ヾ::::::....  ゝ、    \ ヽ
  {! / / ! ヽ` ー 、 ゝーt""j .(/...::::"/       ヽ::::::.....  \    ヽ ヽ
  ヾ!  ! ヾ__ i\__ ヽ}  ,'  /7"  , /        `,::::::\::... \    } !
   .i{  `,   /i   `イ  ;  i/ / ,'          iヽ:::::.. \  ヽ  i /
   ヽ  `,  i ゝ、  〉 `*}!/ /,'           i::ヽ:::::... ',\ .', //
    \ ヽ j ゝ、 .〈   `〈 / /           !:::::ヽヽ:. .!  ヽi/



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   即座に現地に駆けつけた弾奏騎士団、即座に布陣して空中要塞を落とすべく儀式魔術を展開。


4260 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 01:05:43 ID:qWAWAi9d



ニV∧、       >‐ 、      /ニ/_ / , --  、 ヽ      ////
.ニニV∧> 、 -=≦ニニニニ\.    〈ニニニ/__{/   /  ∨      .////
ニニニV∧ニニ\  斗\ニニノ、 、 ―\<ニニニニニ/   /     ////
.ニニニV∧ニニニl |ニニニ}ニ'ニ∧. \ニニニ7ヽニニ/   /ニニニ>////
',ニニニV∧ニニ.{ |ニニ7ニ{ニ.∧ .i\ニ.|ニ.!/{    |.ニニ\////
∧ニニニV∧ニ∧}ニニ/ニニ\ニハ {\ヽ|ニ.!ニニ\  {ニニニニ\ニイ\
v∧ニニニV∧ニ∧ニ\ニニニハニ} ゝ _`  、|ヽニニ\ \ニニニニ\∧.ニ\           私たちを地上におろすだと――!?
ニニ./二  ̄ \ニ∧\ ̄\ヽγ^^     へ',ニニニ.ハ  \ニニニニ\ゝニヽ
ニ/ /ニニニ\  ヽ.∧ニ}ニニ∧    _ 斗 =ミ '。ニニニ}    Vニニニニニ\\」
ニ廴{Vニニニニ\ ',∨ニニニニ〈 //ニニニ_'。 '。ニノ    }ニニニニニニ/-‐  ¨¨  、
ニニニ∨ニニニニ∧、ゝ」ニニニニニ.∨/ !> ´  } ',  ',      /ニ∧フ 7/           ',    お前たちに! 私たちの何がわかる!
ニニニニ.∨ニニニニ∧ゝ\ニニニニ/ { | 八 /ィア!  }\__ イニ∧7}>〈__          }
ニニニニニ∨ニニニニ∧ニ| \ー ´  | {Τア /ー }', ハ  ` ―く=ハ、__ ̄ 、 ̄ ̄)  /    全て奪われて大人しく死ねというのか!
∨ニニニニ∨ニ| ̄∨ハ_!   >< {  ',\ -‐/=i∨}\    Vハ=====ヽ ゞ=≠ ´
ニ\ニニニ∨ニ{ニニ∨ハ/    \\ゝ=====r‐‐ viニニ≧==ヽ==( ヽゝ
___` <ニ∨ハニニニ∨   / ̄/ /}jγ 、¨_(  八ニニニニニニニニ\」\_\
./  ` 、 `__<ニニ.八 /  {/イニ{ {{___ノ===γ フニニニニニニニニニニ\\_|ヽ
{    /ニニニニニ|   }ニ У/二フゝ=γ ノ\/ {ニニニニ\ニニニニニニニヽニニニニニニ     復讐するのに力を取って何が悪い!?
ゝ _ , 'ニニニニニニニ|   |ニ/ {ニニニニニ〉`Τ´  ;  ∨ニニニニニ.\ニニニニニニ∨ニニ{ ̄
.  /ニニニニニニニニj =={ニ{   `¨¨¨7//  !      .八ニニニニニニ.\ニニニニニ∨∨vハ
 ̄/ニニニニニニニニ/ ===∧ >‐ヤ ´ノ=辷=======彳  \ニニニニニニニヽニニニニVハ V}
. /ニニニニ∨ハニ/==ィ===ゝ==={ニニ\=={   \==!    ',i{ニニニニニニ辷ニニニ∨}ニv
/ニニニニニニ∨ハ{/ニ{=ll=l=ゝ\i!ニニニT^     `__、    ,ニ\ニニニ( 7 イヽ>i 」ニハ
ニニニニニニニ∨ハニニハ=l={==} ̄!\ニニ',     /==\_ i!ニ} \ニニ{/}γ ´  ̄ ̄
\ニニニニニニ∨ハニニ`ー ミノニ|ニ∨ニゝ   /==/ ̄ ヽ==i{ニl   \ニニニハ
  \ニニニニニ∨ハニニニニ/∧ニ.!ニニ∨ニニ\/==/    ∨=i!ニl_     ` <ニ〉
   ∨ニニニニ∨ハー一ニ∧ 」ニニへニニr 》^ァ      .〉=i!ニl_》
.     ∨ニニニニ∨ハニニニニvハニ\ニニ\《_》ニ/       /==i!ニl《_》
.    ∨ニニニニ∨ハニニ|\vハニ| \ニニ《_》ニ.{      ./   i{ニ.| 《_》
     \ニニニニ∨ハニ.!ニニVハ」   \《_》.==\_ ィ===/ニニ! 《_》
          ̄ ̄\∨ハニニニVハi!    《_》===== 彳===={ニニ!  《__》 _
              ∨ハニニ7Vハi!     |=====/ !=====',ニ/     《__》_
             ∨ハニV7Vハi!    |====7 j======∨      《__》
                   【同じく黒魔術師】



    ,. -―──-/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-
  _∠::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
/::::::::::::::::::::::::::::尸:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
::::::::::::::::::::::::::::/r「、:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
::::::::::::::::::::_/  tミ メ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./ ィ:.:.:.:.:.:.|::.l:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.ト
-┴==ァ´:.:.:.:.:.:.:.:|ゝ./|:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:/イ.:./|:.:.:.:.:./:.:.:l:.:l:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.ヽム:.:.:.|
   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/. |:.:.:.:.‐ム__イl:.:.:.:.//.:./:.l:.:.:.:.,ィ /. |:.:|:.:.:.l .! ヽ.:.:.:.:.:.! !:.:.|      正直なところとった手段と
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、|:.:.:.:./乞z≧≠x、7 /:.:.:./ム斗匕|:.:.:.| .}:.:.:.:|:.:.:.:.:.| l /
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.Y |:.:.:.:.l 弋:ト、:ヒハ卞 7/7チハニ//.〉:.:.:|/:.:.:.:.:|::.:.:./ リ       関係ない人への被害を除けば
   /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.人|ト |    ¨ ̄` /'  `¨-‐'´ .//,イハ:.:.:.:./|:.:./
.  /:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:/  丶|小                  / |/j }:.:.:/ 〃           あなたたちを非難する権利は私にもない。
 /:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:/    ン ハ         ′   ,' ./   j./
./:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:/    _ュ、ヽ \    /⌒l  // ,'    /
´   _, -‐─< ̄ ̄::::::::::ヾ≧ュ` 、    ̄ <_ / /   ,'
∠ ̄       ヽ、::::::::::::::::::::::::└‐--≧=┘‐-::〃ィト__
             |::::::::::::::::::::┌─────┐::::::ム  `丶
             |::::::::::::::::::::::|     |    |:::::::::::::',    \
            /::::::::::::::::::::::{     |    |::::::::::::::|     ム
         /::::::::::::::::::::::::ヘ.     |    |::::::::::::::l      ',
          /::::::::::::::::::::::::::::ヘ.     |    |::::::::::::::ム        }


4261 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:06:28 ID:VkTKEajs
だよな

4262 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:07:30 ID:IxYdcxrU
でも関係ない人をまきこんでやっちゃいかん手段とったのはお前が悪いんだから裁かれろって話よな

4263 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:08:37 ID:er2kHkzw
動機は正しいんだけど、行動がね


4268 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 01:13:59 ID:qWAWAi9d



                    , ---、      // ,.――――― 、.     ,'
                  , イ´: : : : :`ヽ、   / //: : : : : : , -----ヽ   ,'
                    /: : : : : : : : : : : : ヽ.___/: : : : : : : : ::´: :` ヽ 、.     ,'
               /: : : : : : : : : :_, イ´: : : : : : : : : : : : : :==、ヽ`ヽ.  ,'
             /: : : : :-‐‐ニ´-./_____: : : : : : : :, 'l: : :.、: : : : : :`ヽ`ヽ.,'
           / ┌ ´_ -‐' ´: : : //--==__`ニヽ/=⊥_ヽヽ: : ヽ、、: : :ヽ,'
          /:/: : :.| |: : : : : :_-=|ゝ`ニ≠__   ヽ>-<`_>=,: : `ヽヽ,'
           .,.' /: : : : | .|: _ -_ 〃 ̄ ̄;;;;;{ /;;|__==l'ニ_┌┘_`_7 ̄lニヽ,' ゝ==,
           / /: : : : : :ヽ_',-' /,{;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`丁.{;;;;;;;;;;└-,' }--ニン      _____   ですがその2点だけでも
        /:./: : : : : : : : : //,',;;;;;;ヽ--=ゝ= ,≠テニT,'.ヒノ/ス ゝ、_コ.,'イ' ̄ }      /___
         /:./: : : : : : : : :/ /: / .i;;;;;;;;;;;;;ゝ:l: :.||`弋.ソ |/. 、.ハ:`ヽ    ',/   |      __ ,,--,ヽ__   私はあなたたちを止める理由がある。
       ,': ,': : : : : : : : :'‐‐´:/ / .{_;;;;;;;;/ >ヽ:l、:`   / ' ,〃/ヽ、\   ',  / ̄ゝ--‐';;´;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;
      .i: ,': : : : : : : : : : : / /  ヽ`___/ .',ス| ヽ >=-'、、 .{  `ヽヽ__ ', .{  .{ {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ .{;;;;;;;;;;;;;;;
      |: |: : : : : : : : : : :/ ./         .\ゝ|` ヽ ≠ゝヽ    ./  ', |  .! .|;;;;___;‐---ゝ__ヽ--‐‐
        |: :|: : : : : : : : : :/  \-- =_____  | ̄ 7:::|   <<´   \  / _  ',`テ‐`´              まずは其の契約を切り落とす!
      .|: :|: : : : : : : : :/    ` ヽ__  \ヽ/:::::L_, 'ヽヽ   `ヽl=t'´ ̄',´
      .|: :|: : : : : : : :.,'          .`--、/:::::::::_:/./::::::::ヽ:i      .|.   ',
       |: :|: : : : : : : ,'         .x,'::::::::::::└ 7:::::::::::::i:|      \   ',
      |: :',: : : : : : ,′        / {::::::::::::::::::::}{:::::::::::::::|:|       /,>  ',
        ',: :',: : : : : {        /  ヽ、:::::::::::_,ゞ、_:::::::::::|:|    //   ',
        ',: :',: : : : :|       /     ` ー≠ヾ:T"` ̄::::|:|  //ヽ,    ',
` ‐‐‐- ____ ',: :',: : : : |    ___'-- ______.{ヽ、ヾヽ,::::::::::ヽ_/:{__ン/ .     ',
       ` ‐‐-==_┴ 7´    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ゞ、.|| _||  /===- /        ',
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ‐‐‐‐‐<________     ヽ.`>≠_/ /  __, -.ヘ-、      ',
                   ` ‐-->    __ メ、   |` ̄ ̄ __.-´   \     ',
                      ,>≠ァニニ、\`ニ_|` ̄ ̄       `ヽ    ',
                 > ´ .//‐‐‐‐‐≠-、‐<.|             `ヽ  ',
               /  //:::::::::::://::::::::`ヽ |               \',



.             / i‐`-ニニニ;;―、      `゙'''ー ..,,,      ゙'-、    .l  "   /   ,/   .,,,.
... ゙゙̄"'''''''――-.......... / l_      l.l           `゙''ー ,,、  `'-.   `    .ヾ ./  .-‐'″
.               / ./   ̄ ゙゙゙̄''''''..l|. ―--..........,,,,___,      `            ´
._________/./ .. -―-..,_ ____゙h ___________               ______
.          _-/ "       `"'~..l.l,、        _.          .,i         ,、
.       ,,/゛              !.! `゙゙'''ー゙゙''' ̄ ̄ ̄!    .,..     ./l゙     .、  `''ー 、_
.       ヽ            iー .._          `''┐  . l -‐″  ,,  / l゙      . \    `''ー
.        ..l         l,  `゙''、,,,,_,           `'く,./    .,/_,, ┘/ l 、.i    、\,
.   . _,,,,.. -ー' \         .ヽ ''''″   `゙''''―- ..,,,   .!゙ ̄ ̄~´   /   ! ,! !    \ \.
..''"゙´       l .|゙>、     .\  ._,, -'" ._.. ,,,r'"| ゙゙'ー‐' ̄ ̄┬√ ̄}  l  :!  ! ..l   \  `-、
.     _,,, -ー .,! l   ヽ      ヽ'"  ._..-'".l゙.,..-',゙メ..,,,、   \_/l  |  .l  .ヽ .、 \  .`'
.... -‐'''"゛     / |    .ヽ,     `'-,゙  .,..-'゙y‐゙_,.. -'" ,.  ,.  .r  /  :!  !   l, .ヽ  ヽ,
.          ! .! ,,..-'"゛ .\     .,..-'゙. / .`'-- ....,,. ./ /   /   l゙   |   !   ヽ .ヽ  ヽ
.           _、l゙  !   _..-'" \._ / .,/゛          `'-、 '"   /  .,..‐"ヽ ,!   |   ヽ ヽ  ."
.    _.. -'"゛ .!  . l -'"     ,./ ,..‐"               \  /.,/゙_,,,.. _\′  .}   .ヽ ヽ
.._..-‐'´     _..ヽ. .!    ._ / . _/゛ .\ ,/   ,イ ,イ       `'‐ジ'"´ 、 . \ ゝ..、 |    ヽ ヽ
..     ._..-',/]    , /  .,/゛  .,///  ////            `'、  l  .l │ .,/ .!    . l  ヽ
.  ._..-'". /   .,! _ir'"  ,/゛――――//  /| レ レ              ヽ l゙  ,!  .l /   .!     . l. .゙'
..'"゛ ./    .'″ ゙l. / `゙ ̄ ̄ ̄ ̄ //   l |  .    _,.. -z_       ゙!、  .l゙  !l    .!     ..l,
.  ./   .,-   , /  . /     .,///   l |   ,.ニ7./二._       `'、 ! / │   .!      .ヽ
. ./    く .  .ヽ. /     ./ //    l l   'ー''7/´ ̄        _,, -'__、'゙´    .!      ゙‐
.._ ,l゙        _..-'"    .,/  //   Y     /  '__ノ>/〉    ´  ´゛ .`'、、    l
.. ゝ .......... ー''"゛      ./   /             ¨j/´〃           _/     .l



           __       _,-‐'"゙^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''-,、}:::}
           .| .|     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ノ
         | |    ./:::::::::.,,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          | .|   /::::.,,-'│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ._j -┴‐ '"}::,/` /:::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
       √      l:::i´  |::::,|::::::.|:::,、.::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::ヘ::::::::::::::::ヾ¨
      〃 r‐'''''ヘ i-}/---,|:::,!|:::::::|::ハ::::::::::::::::∧:::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::`'-:.、     _
      {廴.|  ├┘    |::l゙,|:::::::レヽヽ::::::::::::/ ヽ::::::|:::::::::|:::::::::::::::_ -‐ ¨       Ζ::::``ヽ     ま、あとは書記長がなんとでもする。
         |    |      レ|::|:::::::l゙`iヽヽ::::ル゙-‐ '"ヾ::|:::::::::|:::::::::::::(_  )`ヽ   ≧:::::::::::::::ヽ
          |    .|          |:::::::|、゙''┘∨  ̄|「¨「フ`|::::::::「ヽ::::::::::::::: ̄:::::::::ヽ    ヽ::::::::::::::::ヽ   これ以上積み重ねる前に大人しく捕まっとけ。
        .|    |       |:::::::l、 、    `゙'''′ ,|::::::::|ノ ̄¨-、、:::::::::::::::::::ゝ、__ノ::::::::::::::::::::ム
          .|     |        |:::::::|::ヽ、、__      ,. '|::::::::|     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         |    .|         |:::::::|.:::/へ、_`_,,,-‐ '゙,イ|::::::::|      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        .|      .|       .|:::::少゙ムク:::::ハ  /.//::::::/       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       |     |      >´/ /:::::/ ヘ/ /./::/         V::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         |      |      / / ./:::::::/     / '/           .}::::::::::::::::::::::::>'´
        .|       |    ./   /   /:::::::/    //  ノ            /`ー---一'´
       |      .|    l   l   .{::::::::{   ./ ̄ ̄ ̄           \/
      .|       .|   l   l  .{::::::::{ x<                   ヽ
        .|        .|  ハ  ハ  {:x<                      〉
       |         .|   .ゝ、  ゝ、/ヽミ ``<               /
      .|          .|     >厂`丶ミ                 /



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そして要塞を落としたあたりでアイシャが悪魔との契約を切り落としたところで騎士団が制圧。
 別動隊の亡者を率いていた黒魔術師たちも同様に制圧した。成長点+10+【2D10:4(2+2)】


4269 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:14:28 ID:VkTKEajs
成長点がさっきから腐ってるぞ

4270 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:18:55 ID:YPjqhn0p
成長点しょぼいな


4271 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 01:25:04 ID:qWAWAi9d



  /:::::::::/ ///`l:::ト i/::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::ヽ,、::::::ヽ,
/ ::::::::/ /::////`l`ト/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::: /::::::::::::::l::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ,::ヽ,ヽ
::::::::::::/ /::::::/ / l//:l:::ヽ/::::::::/::::::l:::::::::::::/::::::/:::::::/::::/:::::::: /::l:::::::::::ヽ:::::::::ヽ:::::ヽ, ヽl
:::::::::::l /:::::::::/ /::://::::l::::/:::::::/::::::::::l:::::/\-‐':::::/:::::/l:::::::: /::::l::::l::::::::l:::::::l:::::::l::::::ヽ,
:::::::::::l l::::::::/ /:/ /l::::l/l:::::::::l::::::::/l/――ヾ/ /, -' /::::::/::::::/::::l:::::::::l::::::l:::::::l::::::::::l
:::::::::::l  l:::::/ /::::l l::l::/:l:::::::::::l::::::l:::::l   l::::::l\`  /::::::/ l::/l::::/:::::::l::l::::l:::::::ハ:::::::::l    あなたたちを詐欺罪と外観誘致罪で訴えます!
:::::::::::ヽ `、l l:::::l ll::::ヽl:::::::::::l::::::ll::l   、l;;;;;;;ヽlヾ /:::/ /::/l:::/::::::::/::l::::l::::::l l::::::::l
::::::::::::::/ヽ_ヽ´ l l ヽ,:::::l::::::::::l::::l レ   ヽゝ―/  /::/ // l :/:::::/::/::::ハ:::::l  l:::::::l    理由はもちろんおわかりですね!
::::::::::/       l l ヽ,::::l:::::::::l::::l         //  'l:てトl/::::/::::/:::::/ l::/  l:::/
:::::::/      l_l  ヽ l::::::::lヽl         ´   〈::ノ//l::::/l::::/ l/    l/      あなたたちがみんなをこんな戯言で騙し
:::::/       ,. ‐ '´ ̄ ̄~l              l,`゙ ,.':::::::l/ l::::/
:::/      //"~´ ̄ ̄l;;;;l        ,-‐<ヽ_    /l:::::::l  l:::/             人の生活と尊厳を破壊したからです!
/――┐ //         l;;;;l ヽ     l  ヽ `/   / l:::::::l  l:/
    ヽ/ /        l;;;;l_   、   ヽ-‐'"  , ‐  l:::::l  l/
     ヽ         l;;;;l;;;;`-、 ヽ_   ,. ‐ '"   l::::/                  近いうちに訴えます! 裁判も起こします!
      ヽ_       l;;;;l;;;;;;;;;;;;l /l ` ' ヘ      l::/
       l       l;;;;l;;;;;;;;;;;l /l    /;;,;;;;ヽ,    l/
       l        l;;;;l;;;;;;;;/ // ̄ ̄/;;/ \/、
       l       l;;;;l::::::::l l;;;;;;;;;;;;;;//  /  \
        l       l;;;;l::::ヽヽ::ヽ、;// /     \
         l       l;;;;l::::::ヽ 、:::〈〈 〈       "\_ ,
       /        l;;;l::::::::、、:::::ヽヽヽ         ヽ ヽ



      /イ .:::/    .::/. .:::/.::;.イ.::://.:ハ::::. ::::::!::. :. ::.:  i
.      / j.:::/ :! .:::/.:.::::/// /.:://.:/_,」::::|::.:::|::. :: :::.:. |
      /' ,:゙:/.  :l .:::/.::::::///V.::://イ斗-ヽト、:::!: .::. .:::.!.¦
    i{ /.:イ.:: : .:|:,イ{::::::/7ム }:,:゙/ /  __ ヽヾ:.:::. .::.:|::.|
     Vィ::::!:::. ::リ/ハ::::l_」`  |:i {. ーァ'´二,`㍉|::.::. .:::::ハ{
    / !:,イ:::::. :::i/ァキ::{ニiミ、 |:|  〃んii::::}  }!::::.::::::/.::::!      落ち着け!? 周辺国家全部敵に回す気か!?
       |:! !.:::::ト、{ i{ {r':ii:_}  リ::::::. 、゙竺タ_,ノイ.::::::::/.::::::ト、
       |:! !.:::::|:::ヘ. 、_゙竺シ′j     `^ ̄´ 〃: ィ´}::::::::| ヽ
      l{ リ.::::|::::::ト、 ̄´    `       //ノ /.:::::i::ド、
        |.::::|!::::{ヽ\    rァ==ヘ  /  /_ノ|:::i:::|::|  \
       イ:::/ ト、:ヽ,_、    }L.. -‐′  /i::::::::|:::|::Ⅳ
         }/  |:::ト、:、:`r:....   ` __ .∠L:::ハ::::::|::ハ!
       ノ   ,ノ' |:!:::}:::|::::::::> .  ト、     {ノ二,リ -‐‐─‐‐,、
            /  从イ_/}__::「 |L}  | !    7  /      /
                 /| V   ! !    /  /      /
         , -‐ァ¬イ  」  ト、 | |  /  /      /



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   なおこの一件は悪魔の怖さとやらかしたことの顛末と教訓を纏め(問題ない程度に編集して)
  関係各所に通達され、弾奏騎士団の名で被害者の名誉や尊厳の回復に努めたという。


4275 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 01:33:54 ID:qWAWAi9d



             __      >==<   ,。s≦"'<==
           ,ィ彡_≧s。_/......__..>''´>''´ ̄`< ./
            ∧ {、 `'≦。,,>=、/イi、..ヽ    / /
            >、乂,ィヽ==>'ヽ<ヽiiヽ.∨  .∥ ∥
         ,。.≦..........\........ヽ............\\iiム..∨ ∧ {
       ./イ.......>................................\..\'<ii,...∨ ∧i{
     /イ..>''´................../.........i.∨\..\..\≧、..ヽ, i| ∨
     /://....../..////...........i|:::∨...\::\..\ `'==i} .i}─ー''''""-==<≧s。    まあさすがに訴訟はハイボールで
    ./イ//.../.../イ///........::::从::i∨.......∨、ヽ::',≧s、iノ'''"´       `'< ≧s,
    / .//::::/'....://..///{i::..:::::丿i}::::i从:::::::::,∨:::ヽ∨...∨.....\         .`'< i{  実際には詩でほんのり訴えるくらいでしょうけど。
    /./::::/....:://::///从i:::::/{ .ノi::/≧}∨:::i:::∨:::ヾ{::....∨::......ヽ           .ヾ
    .i' ,'://':.::://::::i::i:iィ笂i:::/ i .}/匁マ.i:∨:i::〈∨//::::::....∨//:...\
     ,'从.i::::/从:::从{、辷リi{   .辷リ ノ::i:人∧∨//:::::::::::∨//、:::.\           では、今回の戦中活動はここまでとして
    .i|  i::从i|..i::i::从 ゞ'´ .`     .ノ从{,::∨`''<<:::::::...∨//`'<:\
       i:i .,ィイ:i/::/|iヽ,  ー= ' // i|ヽⅥヽ',:::::::`'<≦s。,,__  `'' ,\        今度こそ来年1月の活動を募集しましょう。
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。  /:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ
       i| .}' .i:.//=.i|,.i|≧s。` ./:{/ ノ_,,从i==i!、::::::::::::::::::>''"´、   .ヽヽ
          .i/:{i:i:i:i',i:i:iゝ,_i}:::: : : : '≦{i:i:i:i:iノi:i∥ミi:::::::::::::::::::::::::::.....ヽ    ヾ'.,      皆様、お疲れさまでした!
         /.i...}:i:i:i:i:i//。,,_: : : : : ,ィ'''マ,i:i:i:i:i:i/  ∨//::::::::::::::::::::......ヽ    .',',
       /' .....∧i:i==i{   ゝ=ィ   .マi:i:i:i/...   .ゝ//:::::::::::::::::::::::......ヽ   ',i
     ,.ィi{./  ./......ソ´ {iゝ┐==-、,,ィ''"´ヾソ........   、`<::::::::::::::::::::::::::.....ヽ  i
  _,,。イ...../  //....,イ     ,ィ(彡i      ∨//..    \......≧ッ:::::::::::::::::::.....ヽ
 ヽ   ../   ,'.,'..../:ー==ー-...._、、 イ...........ー===:::∨//     .`<../::\....:::::::::::::.....ヽ
  i}    ...,','.....i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./......',       フヽ:::\....::::::::::::.....∨//    ……まさか早速ハレルヤ&謳う丘が必要な奴が出るとは……。
  ノ  ..........,','..//∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ...........',      ./  .ヽ:::::、、.....:::::::::.....∨//
  ゝ、.........._i,i......//∧、_,,。≦i}ニニニi{≧s。:.イi|...............ヽ,ィ''''、==彡    ヽ:::::,ヽ........::::....∨//
    .ゝ=彡.i}..............{i、i:i:i:i:i:i:i]><[i:i:i:i:i:i,ィi}.i|_............i彡   }i、      ヽ::::, \.............∨//
        \_,,。ヾ<.'<,i]><[i:i:>´ノ  ヽ=<.∧    \      .ヽ:::, ヽ...........∨//
[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"詩聖:无二弾"アイシャ ♀ 12歳 5年目12月現在

教会の孤児:聖少女詩人&弾奏騎士団書記長(事実上の軍権所持者)

成長点:127
所持金:319176金貨
所属:弾奏騎士団、帝都医薬ギルド、賢者の塔
所持品:金貨20000枚分の素材:魔石、魔力鉱物、浄化亡者の装備、魔獣の革骨、乾燥スライムなど
     魔法のペン(一生使える)、上等な服(騎士団用、高級市街地に行っても浮かない)
     悪魔の力を浄化した魔法の品1セット(魔法の杖&ローブ&MP無限タリスマン)
     予備団員&準団員用の武器と鎧と盾と旅装(攻撃+20、防御各+10、精神抵抗)
     7300人分の魔法の武器と鎧と盾と旅装、一部軍馬(平騎士用、攻撃+30、防御各+15、精神抵抗)
     900人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(騎士隊長用、攻撃+40、防御各+20、精神抵抗)
     1800人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(幹部騎士&騎兵用、攻撃+50、防御各+25、精神抵抗)
     10人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(大幹部騎士用、攻撃+60、防御各+30、精神抵抗)
     数人分の魔法の武具と魔法の旅装と軍馬(ネームド幹部用、攻撃+70、防御各+35、精神抵抗)
     竪琴の弓(音を乗せて戦える弓。楽器としても使える)、重鎧(防御+50)
     新型艦:中型15、大型15
権利:騎士団の軍権(正団員軍楽隊工兵衛生兵付10000人規模、内1700重装衝撃弓騎兵)
     (準団員や予備団員を最大で正団員の5倍まで動員可能)――正団員含め維持費90万金貨/ターン
     ⇒能力は正団員が50、騎兵は戦闘のみ91、軍楽隊、工兵、衛生兵によるバフ効果付き
    天領や周辺を自由に探索して異人種込みで交易&開発する権利(関連人員推定100万、現状収益96万金貨/ターン)
     ⇒近隣含め国5、都市9、村落36を把握し各利権確保、庶民教育&郵便等の国内拠点多数
    各種ギルドや南方のダークエルフ等に原材料や魔法の品を卸す権利(最大2万金貨/ターン)
    国家事業である郵便と金融事業、旅客運送を試験代行する権利と義務
     ⇒各地に道路、水道、港湾、孤児院、学校、劇場、病院、駅、伝令所などを建築(建築予算6万金貨/ターン)
    南部国境を守る大貴族との友好と暗黙の国境防衛協力と事実上の徴税代行
    南西部の大陸部分とそこに向かう半島や島の部分を拠点化(かなり広い、超でかい宝石鉱山あり)
     ⇒さらに南部のダークエルフとの取引と品質の青写真を獲得。領域内での活動許可
      ⇒その向こうの地域も開放し都市1解放。道を伝って宣教師を派遣中
    多国間に影響力のある北方を拠点とする騎士修道会との交流
開発品:教科書(開発中)、茶葉(開発中)、飛行ユニット(開発中)、綿織物、新型船
     水が出てくるタンク、排水を浄化するタンク

○技能
・耐久39
・攻撃39+芸術+魔術+信仰(弓)「+敏捷+医療+製作+教養」
・防御30「+敏捷+教養+医療+製作+50(重鎧)」
・運搬28
・操縦26
・敏捷27
・隠密37
・教養52
・観察51
・情報44
・法学44
・政治46
・教育44
・栽培28
・医療33
・製作56
・料理28
・魔術53
・研究50
・魅力52
・指揮53
・芸術107
・信仰51

○:()があるスキルは未収得。()内の数字は必要成長点
・《暴露》:自分の知っている情報を望む範囲に伝達できる
・謳う丘:特殊な韻律を利用して世界に接続し因果律を運営する。同格以上の妨害がない限り望む結果を得る
・ハレルヤ:主の聖名を称えることで望む奇跡を起こしてくれたり啓示を与えてくれたりする
・詩聖:芸術を奇蹟として現世に顕現させる。判定+芸術+魔術+信仰+教養+魅力
・天上の美:戦闘時に魅力判定を行い、抵抗できなかった敵を魅了できる。魔術として扱う
・高速詠唱:ラウンド開始時に魔術やそれに類する行動を行える。通常の行動はまた別に可能
・生命理解:医師としての地位を持ち、回復量、ダメージ、ダメージ減少、生命と医薬に関する判定に+医療+製作
・天軍の将:自陣営を任意の順番で行動させ、任意の技能レベルを+人数(指揮超えた分は1/5)(+教養)
・戦神楽:ダメージ、ダメージ減少、戦闘に関する判定に+敏捷し、多対一の戦闘を一対一に持ち込める
・賢者の叡智:知識人として扱われ、智慧を用いる行動の効果を+教養
・路傍の聖者:一度所有したものが聖別され、他者が強い好感を持つ。スーパースターとして扱われる
・文化理解:未知の言語、文化、慣習、法律でも意味がつかめ、短期間で習得して適切な対応と宣教と外交ができる
・覇者:敵地や未踏破領域でも抵抗なく支配者と認められ、スムーズに占領、統治、組織化などを執り行える
・美の錬金術師:魔術と芸術と学術を昇華させた高度な魔道具を作成、開発できる。芸術家としての地位を持つ
・陸海を行く者:騎乗や船上でも通常通りの行動ができ、遠洋航海が可能
・流派創設:自らの技術や思想を発展&体系化し他人に伝授できる。新規開発、教育効果、知名度上昇


○クエスト
★私は未知へ向かうという自分の目的のため組織を育てる! 君たちも組織を利用したいなら協力しろ!★
 ┣【より豊かな新時代へ向かうべく階層を越えて共有できる理念や倫理を体系化したい】
 ┃ ┗【前段階として階級を越えた共通の話題を提供しよう】
 ┃   ┗【その前段階としてまず共通の話題に触れられるインフラを構築しよう《現在建築中》】
 ┣【弾奏騎士団を自分の経済基盤に育て上げて様々な未知を探究したい】
 ┃ ┗【騎士団と自分が自由に経済活動できる地位を手に入れよう】
 ┃   ┗【遭難仲間と連絡を取って何か成し遂げよう】
 ┣【弾奏騎士団各員も独自の目的とその手段を決められる人材に育てたい】
 ┃ ┗【現実的に成功しうる門戸を確保しよう】
 ┃   ┣【各地の交易権や商品開発権を手に入れよう】
 ┃   ┃ ┗【チャノキ栽培を頑張って茶葉を商品化しよう《現在試験栽培中、8年目4月に収穫可能》】
 ┃   ┣【既存の組織に人材を紹介できる信用や窓口を得よう《オートで継続中》】
 ┃   ┗【後世に伝えらえるよう技術を体系化しよう《初学者用教科書策定中》】
 ┗【団長と司祭様の甥っ子アズマ君を守りたい】
   ┗【黒幕なんて都合のいいやつはいないので二人の安全と居場所を確保しよう】
     ┗【国内で理念や目標を共有させて二人を守る人物を増やそう】


【今回交流したい相手を記述し、!1@d100から@抜いて併記ください。1ID1票】
【今回の自由行動でやることを“目的を必ず記入のうえ”【自由行動案】というタグをつけて提案ください】
↓次回開始、またはこちらが締め切るまで。どちらかだけでも構いません。


4276 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:35:09 ID:YPjqhn0p
乙ー

4277 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:35:24 ID:VkTKEajs


4278 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:37:28 ID:eRTbNfA+
乙でした

4279 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:38:46 ID:er2kHkzw



4274 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 01:33:35 ID:VkTKEajs
帝国にはアイシャがいるからいいけど、他の国はよく滅ばないよなあ


4280 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 01:40:05 ID:qWAWAi9d



          И/|::/   .厶___  ∨∧ ::::::::::::::::::::::::::::::: | : ::::::::
              |/   ^アニ≠‐-ミメ|∨∧ :::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::
                /       /.:c/ ̄>|:::∨∧ ::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::
.         _,,..   '´      ̄ ̄ ̄~"'' |::::::∨/\ :::::::::::::::::::::|: __   >>4274
.        i´                     |::::::::l∨//77ァァァァァァ77///    だからできるだけ同じ生活をして考えないようにして
        l                 |:::::::l::::∨////////////-‐
.        l                     |::::::l::::::::\///////// /     教会勢力もある程度なあなあに教義を解釈しながら
         l                  |:::::l::::::::::::: `' ‐--‐ '´|/
        |_                   |::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        多少の不正は見逃して永遠の中世を生きてる感じだな。
        }``ヽ、            |:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| _... -‐
         { ̄ ̄´            |::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|'´::::::::::::
        | ̄                |:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::    たまに大規模な改革や闘争をすると国が亡んだり
         l                  |l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : ::::::::::::
.        l            _,,,.. |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::    悪魔や黒魔術師にのっとられたりする。
       l   _,,..   -‐=¬ニ二二|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::
          ̄~~""'''・‐-=ニニニニニ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : :::::::::::::



[system] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   さすがに今回の一件はかなり珍しいレベルの出来事のはずです。
  あるいはできて十年で滅んでる国とかこうやって滅んでるのかもしれない。


4282 : ◆l872UrR6yw : 2019/11/02(土) 02:01:42 ID:qWAWAi9d
なお純粋な統治の難しさは圧倒的にアイシャが納めてる属州の方が高い。
民族も主要な宗教も言語も違ううえに主要産業がちょっと前まで海賊だったというむしろ追い出されてないとおかしいレベルの土地。

ちうか20年前まで帝国だったことを考えると10年前とかに取った新領土とかの方が統治難度高い。
飢饉で困窮してたし初手ミスらなかったらそのまま普通に安定してた。というか帝国のノウハウかんがえると初手をミスらない限り何とかなってた。

そして初手をミスった。

4283 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 02:04:18 ID:PGjDLQCM
乙でした

この世界、宗教的な寛容さは史実より上かも?(偏見)
まあ、リアルな奇跡や黒魔術師のちゃぶ台返しがあるせいでの異端者炙り出しとか気まずいってレベルじゃないですが。

4284 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 02:04:58 ID:er2kHkzw
やらかした所属派閥は大ダメージよな

4285 : 名無しさん@狐板 : 2019/11/02(土) 02:06:49 ID:UjAkteBm
神父がマジで戦犯過ぎる………

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5970 すまたん (11/18)
  • 国際的な小咄 5969 葛根湯の中国での扱い (11/18)
  • 国際的な小咄 5968 足りぬ足りぬは工夫が足りぬ……って限度があるっての! (11/18)
  • 国際的な小咄 5967 博多とかいう狂ったバス天国 (11/18)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ 第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」 (11/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #43 (11/18)
  • アカガネ山のやる夫 これまでの登場キャラ一覧 (11/18)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 034 (11/18)
  • Caitたちが見捨てられたVaultを探検するようです Vault 88 (11/18)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 松茸の巻 (11/18)
  • 国際的な小咄 5966 フェイクニュースかよ! (11/18)
  • 国際的な小咄 5965 ルワンダ料理は…… (11/18)
  • 国際的な小咄 5964 そこで生まれる新しい格差 (11/18)
  • 国際的な小咄 5963 手口としては、うまいしヤバイ (11/18)
  • 国際的な小咄 5962 種族が違う……? (11/18)
  • 国際的な小咄 5961 Hate Speech (11/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第14話「美しき旋風!華麗なる風のバルバリシア」 (11/18)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第四十一話・やる夫は再会するようです (11/18)
  • アメリカンヒーローアカデミア 35 (11/18)
  • カナちゃんのおしながき 第61回 (11/18)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十七話 壊れた街で、さようなら (11/18)
  • やる夫は竜の人財のようです 小ネタ (11/18)
  • やる夫とばくだん 5.消されたタイタン 後編 (11/18)
  • 国際的な小咄 5960 満蒙は生命線 (11/18)
  • 国際的な小咄 5959 盧植さん!? (11/18)
  • 国際的な小咄 5958 お、おう (11/18)
  • 国際的な小咄 5957 ましなのを選んだ……つもりだったんだよ(By当時の部長) (11/18)
  • 国際的な小咄 5955~5956 一応ムハンマドをAAスレで使いたいときの一番もめない方法 ~ 革新的 (11/18)
  • 国際的な小咄 おまけ  やばい! しっくりくる! (11/18)
  • BLUE METAL 第七話 「 終わりの始まり 」 (11/17)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第三十一話「彼方へ」 (11/17)
  • 国際的な小咄 5953~5954 今イッチ東京だよ ~ ちなみにイッチの返答 (11/17)
  • 国際的な小咄 5952 君の国的に先進国って何だと思いますか? ~イギリス編~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5951 その発想はあったけど考えてしまったらやーばい (11/17)
  • 国際的な小咄 5949~5950 中華ガジェットのひどい提案 ~ 朝鮮半島の土地の生産能力 (11/17)
  • 国際的な小咄 5947~5948 デーツは強い ~ 中東の人々の甘さへの渇望はすごい (11/17)
  • 国際的な小咄 5946 沢尻エリカ=濃姫 (11/17)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その9 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その3 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その2 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第五話 「開催! N1グランプリ!」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 後編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第三話 「湧く泉にも水涸れあり」 後編 (11/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する Episode 勿忘草 「 私を忘れないで 」 (11/17)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第47話 (11/17)
  • 国際的な小咄 5945 味噌饅頭は群馬が一番 (11/17)
  • 国際的な小咄 5944 朝鮮半島の立地の悲しさ (11/17)
  • 国際的な小咄 5943 龐煖 (11/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ