スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 IF的な番外編

目次 現行スレ

388 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:19:05 ID:LzppYjpc

埋めるのにはまだまだ先があるのですが、
ちょっとした番外編的なものを投下いたします。

あくまでIF的な作品と思ってくれて結構です…

では、完全な蛇足、投下いたします!
BGMはこちらを聞かせてもらいながら、投下します。

http://www.youtube.com/watch?v=9TQEMZRo6fA

389 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:19:26 ID:LzppYjpc


   「私は、いつもの様に家中を歩く」


                  ヽ、::::::\!\  ___
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __
               <´::_::// /          __`   、
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l、i /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /,l _L!/`ヽl|  ト、〃 ∧ / !   ! l  ! ヽ\   お風呂掃除…できた…!
        >、             >、!∧!=ミ爻ゞ! l /{!/_!/!_/   ! /i  !  i!
       /  ヽ/     ///l ヽ 戈i::ツ'  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / /  !l
    _/__ 」〉  / / / i 、!          j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /  l    l
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.   i    !
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r= ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l


                 「ありふれた、春の日の夕暮れのことだ」




390 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:19:38 ID:LzppYjpc


  「春の日差しが、さらにやわらかくなる時間」


                            -―― 、
                          ´         ___ Y´イァ  __
                   ャト-、/ _      ´  \ ノ≦三<´_
                __ ム_ヽ/ ̄      .、 ヽ  ヽ  ヘヾ≦、 ̄
                ̄>―‐,イ   /   {   ト l  | l ヘヾャ―`\‐ 、
               /_ ィ // l  l l _」___ハ  l-t大 ̄| .l  l .ヘ     \ヽ   次は…ごはんの準備…
              , ̄ // /  |  l「Ⅳヽ | ヘ/ rオ会ァ-ァト /  ヘ     \ヽ
            // ̄ '  l / l  |lィif芯xミ  lゝ芝シ'/' l,イ   .ヘ        \ヽ
           //      lハ ヽ∧ `V:ツ'    `ー-<V .l     .ヘ       ヽヽ
          //       /| ヽ| 'l .^ '''    ' __,   / |  l       ヘ       /`〉
          `\       / /   / |`\   `  ′,/ァ_|   l     ヘ     ./ /
           `ヽ   / ,/   /  / tェ≧- __ ャ´テ'ア|  |__       ヘ   / /
            } } / //  /   /  ゝヘ≧ュこヘ‐ァ/`|__ l >―-ァ、 ヘ / /
           / /  //  / __∠-<::_::ヽ:::::〉::/::'::::::::::::: ̄:::::::::::::// / /
          / / / / /__∠-―::::::::::::::::::::::;ヘ薔/ヽ::::::::::::::_:::::::}ヽ/ /\
     __/イ´ / / / ./\::::::::::_:::::::::::/ニ r‐ヽ、ア 三ヽ::/::::::: ̄:::/ /    ヘ
   // ̄ ̄/ ./ / / ./  /`ーヘ:::::::::::::;レ__ l   ト、ゝ>__/::::::::::::::::l.∧     ヘ


          「私はこんな時間が一番好きだった」

391 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:19:51 ID:LzppYjpc


   「それは、きっと色んなものが綺麗に見えるからだと思う」


                 /  /                            ヽ
              ′ .′   /
            イ       ′     __                  .
            / i   i         \(⌒i}     i           i   .
          /   |   |    i    i{  i \{{ Ν 1 | i        |  i
.        丶  !   |    Τi/ト八 || }トJノノ斗vヒ人     }  !   あの子たちにも…
           /     !    kr‐-ミ,ハ|| {{ ,>‐┴┴‐-ミ  j| ハ  '.     ごはんをあげなきゃ…
.          /      \人  ,小. h_j゙刈人/乂{,__Y7⌒ミY } i从/ 八   .
              .' .:ヽ,/ ハ  乂_ッ      ヽ 乂_r穀ハ ,ハ/|  V  : .   、
                / .: : /V               \ ー少く   |i  {  : : .  \
            / .: : / / 八     〈      `⌒)) \,|{  {   : : : .   ヽ
              / .: : / / /. : ぃ、   、      `¨´   /八   、   :. : : .
.             / .: : / /  ' . : 八 \       ´     r=ィ^了:.ヽ  \ : : : : .
.           _,.  -‐‥・・‥‐<. : :Y⌒>、      . :___ ノノ ,レ' { : : : \  、: : : : .
.         <⌒ヽ         `マ⌒r‐ 辷_ ´: :/⌒ア´  ____,\ : : : : .  \: : : : .
            Lノ⌒'           \乂,____ `Vl  / /´ / /\: : : : .   \: : : .
.           )´ ̄〕             \〔 ̄\>‐‥・・ァ /   ヽ : : :.ヽ  ヽ: : .



                  「淡いオレンジ色に染まる町並みは、とても優しくて綺麗だ」

392 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:20:03 ID:LzppYjpc


   「そんなことを思いつつ、私は飼っている熱帯魚に餌をあげる」


.          _____                   ___
.         /メ、/≧7〃ミ≡=           - ==彳ハ三三三≫
        ←―‐'/:i:/ / ,'                  ∨ヽ\、\
          /./:i:/ l  l   /             '.   ',  マ、メ∧\ヽ
        /, '//   j  l  ,' li !    l| l | :! ! !   }  '.` ̄´  ヽ\
       //. '"     / /|  | l| | l| _l| | l l| | |   !   |
     //        /   |  | l| | l| ⌒i} | l l| | | | |   、|
    //        ./ /   ヽ! lr=≧トx| `メ、l!ム斗也l/! ,'/   l|    ほら…おいで…
  //         /ィ'   / Ⅶ从l| l| ハ  /f:i{(f卮});〉|从.  八
イ´/   _  - 、.ノ    /  .::rヘ x==ミ V  ∨ゞYノ;/!ム:::.    \    ごはん…
 弋ー ニ ‐  テ 〃     /   .: ト-ハ     i:  ヾ=イ::ト-|:::. ヽ.   \
` ̄ ̄´   // ̄`冖<  /::::'::i::入           J:イz、:::::.  ヾ   \
       //: : : : : : : : :.\/:::::::::i::fニ≧x  ` ´  .:≦リ:. /:::::::..   ヾ ,r― イ
     //{ハ: : : : : : : : : : : `ヽ、 :::入「 ̄ス>z イr勹/: /、__  _, -ィ: : : : : :
   // ,'∧ `ー、: : : : : : : : : : : ゝイΤ` :Kヲ「`Y´于テ}:´: :´:  ̄: : : : : : : : : : : /
 //  ,'  ハ : : `ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ|ミ:7 ://: : : : : : : : : : : : :_: :-:': ̄: :
イ .::′  ,'  { ヘ: : : 入: : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : :,イ: : : : : : : :


     「ガラス蓋をあけると水面が光を反射して、私の目を惑わせた」

393 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:20:15 ID:LzppYjpc


   「水槽の中では、ベタという熱帯魚が優雅に泳いでいる」


               ,zー=ニニ二三ヾヽ
             ,Z三二ニニニニヾヾヽ
                 ⌒うミニニニニニミニヾヾヽ____
             , =≦三ラヾミニ二三> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、
             /, ‐ァ=ァ=ニ三Xミニン'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(   c >
           〈///, -ァ‐ァ=ァ=X .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
.           ノ'´///////>=ァァァァァァァァrmヾゝ
           {////////, イ ////////l川
           〈////////リリ/////////|川
         レ //////} ,ハ//////// レ{人j」
         ヾ∠∠∠∠/ // ////////'´
                      〈/ ///////´
                     ////⌒´
                    ⌒´


   「この魚のオスは、縄張り意識が強くて一匹でしか飼えないのだ、と彼は言っていた」

394 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:20:25 ID:LzppYjpc


   「ベタは、とても孤独な魚だと彼は言う」


     〃    /   /         爪   ヽ ハ  ',     ヽ
     爪     /   / 〃 〃    } }||   |i       ,   {   ',
   / |l ',   ′   !  ″ ″,, =ミ、 } }リ   ||  }   }   }
  ´   .| } {  i |  | |  i|  i{ {{  }}ハ /    刈     .′  ;
 \   |l ィ {  i |‐-{ L _i{ 八i{\〃 i}ハ  }/ |   ′ /   ,′   えらいね…
   〉  从{   N ∧{∧「 Iト i{  {{ リ斗=ァ7T{ /  /    i{
.  /     Ⅵ{  |v'{ Ⅵ苧ミ、 }八 乂{__rセi{rnヘ.ヽ  |} /  八    全部…食べちゃった…
 /     Ⅸ\ト込. 弋(り介   ′弋Z_{八ゞソ} i} / |}八 i{  \
.       川 丶{ ,ハ`¨¨´         `マハ辷ツノ ′|  | i|
       / jリ  }   :     ;      `ーヘ{`ヽ   l|  | i|
.      / ″ ′ 八     `      乂.ノ  〉ー┤ !八
     //  /  /   丶.   ー 一        厶-ァl ! 丶
.    /′  /  /    {ト .       ,.  ノ´  {八 ‘,  \
  -=ニ二 ̄ ̄二ニ=ミ  r'⌒Y> -=≦/⌒ア , -=ミ ヘ  ’,
  }  }        ` <⌒'ー'⌒ヽ /  /  /  /   丶 \
  └rく _             \廴{__ V  /  /  /     \ \
   }    }             \ { }{⌒⌒´  /


       「誰とも共に生きられない、孤独な魚だ、と」

          「だが、そう言いつつも、彼はこう言っていた」

395 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:20:37 ID:LzppYjpc


  「ベタは自分の子を守る、綺麗な泡の城を作るのだと」


       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '   うん…
. /.′/ ∧トx!∧从ハ!  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /
彡'  / / 从{ヾ{ =弌ミ.`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //   じゃあ…つぎは…私たちのごはん…
   / / / ∧ ドヽ         ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\   ` ´   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :


     「案外、彼らはロマンティックな魚なのかも知れないね、と」

396 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:20:49 ID:LzppYjpc


 「そして、私たちもその、ロマンティックなお城が見たいため、雌雄で飼育している」



     /: :: : : : :::: /: : : ::/.: ; : : :|: .:: : : : : : ::: : :|: : : : :l. : : : : l:::. : : : :|.: : : : : : :
   //: .::: . :::::::/ : : .::/: .:|. : : | .:::: : : : : :.:::: : |:: : : |. |:. : : : |:::::. : : : |: : :i: : : :
 / /:: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :
'   .l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :
   .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :
   .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.   ふふ…ん…
    l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::
.    ゙ .l::::|λ::::l':|:::::l  l|, l、l:|、|l |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:
     ヘ:|l :〉::::::l|::::|!  ´ ̄`ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : : |
      〉 ハ:::::|l:::|゙l ィ=≠ミ、   ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
      ./:/: : ヾlヘ:|::|.               \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
      //: : ..::::/ .::::l         ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     /': : : .::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
     /': : : .:::/: .:::::::::::丶              ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
     / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    ` ー‐           /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
   ./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、           ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
、_,. -'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
ヽ,`ヽ : : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::



    「ベタたちは、透明な壁で区切られたところで、ゆっくりと恋に身を焦がしているところだ」


         「相性がよさそうだと判断したら、壁を外すと彼は言っていた」

397 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:21:00 ID:LzppYjpc


  「私と彼は、その瞬間を楽しみにしている」


              rvヘ ,,-''´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ____ {`ヽ}'⌒''        \`、 _,-´v
       >―-ァ ≧f= /    /      `ヽ=´ソ
         ,二///| ,' 丶、 /        `、
        イ∠>く | /  l|l l ∨!            il
 , =≠'´/'      '′ ; lハ | ト」 |\l   |   i  l
〃    /         /l | 弋圷ミx { (^Y! |   |  |     今日は…和食…
′    /          / ! l   ゞン'` ヽN|斥示、 .ノ
.     /      ′  /  ハ! xxxx    {{r迂}7 ,′
    /     /   〃 l| l|        / ヾイl/レ′
.   /   /     〃  人 l|    丶、  (廴_,...-ァ
. /  ∠ -―‐-< /ー:/ハ     , イ /:: /
´   r个ー-、 : : : : : : `ヽ::/∧:`‐ァr</ / /:: :::/
  / | : : : :`ー'⌒): : : ∨: : `7ク/ /`ヾ、:::,'
  ,′!: : : : : : : : { : : : : }`ヽ、{::〈 ̄´: : : : :`二フ
// ,' l : : : : : : : : :`ー-v' : : : r行h: : : : : : : :./}
/ /   ヽ、: : : : : : : : .:└-ヘ: {ヾ彳}: : : ; : -‐'ノ


   「触れあえなかった二匹のベタが踊るように泳ぐ姿を見たい、と思っている」

398 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:21:25 ID:LzppYjpc


   「私とベタたちは、夕陽に染められながら、一人を待っていた」


             /: :: : : : :::: /: : : ::/.: ; : : :|: .:: : : : : : ::: : :|: : : : :l. : : : : l:::. : : : :|.: : : : : : :
              /: .::: . :::::::/ : : .::/: .:|. : : | .:::: : : : : :.:::: : |:: : : |. |:. : : : |:::::. : : : |: : :i: : : :
            /: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :
            l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :
           .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :
           .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.
            l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::   味付け…よし…
.            ゙ .l::::|λ::::l':|:::::lヾ=l|,=-l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:
             ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ゙{: : il ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : : |
              ,.-、ハ:::::|l:::|゙l ゙ ゞ: :': :ノ.゙  ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
     ,.-、.,_      /  l!: : ヾlヘ:|::|.  ゙´ ̄`       \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
     /  ヾ`'''‐-、. ゙、  .l!: ..::::/ .::::l       ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     ヽ、   \ノ_,.,ヽ.l   ヽ::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
   _,,,..r‐゙ヽ、  ヽ‐'゙ /`  ゙、/ .::::::::::丶      _       ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
-‐'''"_,,.、-‐'''"\.__ノ  l.     ゙,:.:::::::::::::::::::\    `二¨`        /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
‐'''"´   ヽ、.   ゙ヽ、  '、    ノ:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、   ゙        ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
       〈`ヽ、.   `ヽ.  、/`゙'‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
      /! _ ``''‐、._,ノ-、.l、_,.:: : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::
      /:::l、.\.,____/:lヽ,`ヽ: : : : : : -‐゙ヽ: : ;;;l:\ : : l:: : :/::::: :/:::::: : :/::::::::ヘ::ヘ:::::::::::::
     /::::::::::`ヽ、,,,. -'":::/ノ   ヘ : : : : : : : : :\ ゝ、:ヘ : |: :/::::: /::::::: : :/::::::::::::::::ヘ::ヘ::::::::::


               「そう、もう一人の家族の帰宅を心待ちにしているのだ」

399 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:21:38 ID:LzppYjpc


    「私は焼き魚と、小鉢に盛り付けたおひたしを食卓に並べた」


     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! 斗l┼'ト、ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl !l レ' ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /  よし…出来た…
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! x===、     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'   /
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l .:.:::::::::::      `ヾ='<´\||   !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
       )ヽ   l  l'ー、      、 ___,      /,r||  /.,ィ'
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´::::::l___ 'y-, -': : : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::/ /⌒ヽ <ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::Y  ,/⌒ヾ) ::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   |   l´⌒|:           `ー--、:_  /
  l        :l. `ー ー-    `|   l_つ !     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / , !   ,j   :l        ノー'   ー '   / /
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 j  ,ハ、   :V`'ー--<´:::        / / ::::


        「それと同時に、玄関が開く音がする」

          「待ち人来たり、だ」

400 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:21:49 ID:LzppYjpc


    「彼はやはり、オレンジ色に染まった顔をしていた」


                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
        〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
.        〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 }    おかえり…なさい…!
      〃/  ヘ l! l!  云-‐-、ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //
      {L{..__ l| ヾレ仆从 ,r=≠ミ. V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
      `¬7メ、/    |ヘ       ,    `ーイj/ l|     .∨/
          }ハ 、 〃T 、    _ _ ,    / i l|      y ∧
          ノノ }i! l| . i^i.,ゝ、../ン′ ,ィ>、_l l|      { {ハ
        / ∠⊥⊥ |{. ,//ノ^〉、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
       / /.     { У./シ /〉..゙ヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
      // ハ _ _ ,  ハ   ¨´./ .イ . | | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
    /〃,'  {  し~ 、 _ 〉     イ l `v′ヽ、∨       ノ   / / /
    `≒=、 ハ       i    ノ  ヽ     }    ,r~´   / { {_
    / . \\ヘ.       !   l!       |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)    うん、ただいまだろ。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


             「穏やかな日差しに、目を細めながら笑っていた」

401 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:22:01 ID:LzppYjpc


    「私の目もきっと、細くなっているのだろう」


       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\   ごはん…できてるよ…
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '
. /.′/ ∧トx!ャ芯ミ灯  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /
彡'  / / 从{ヾ{代zrソ`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //
   / / / ∧ ドヽ ̄       ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\   ` ´   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :


                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)   ありがとうだろ。
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |    じゃあ、食べようか。
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、


       「彼の顔のように、淡いオレンジ色に染まっているのだろう」

402 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:22:12 ID:LzppYjpc


     「私たちは食卓を囲み、夕食を食べる」


           ヽ、::::::\!\  ___
           _ >‐-, <´__   `ヽ __
        <´::_::// /          __`   、
       _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
-― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
―        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
       /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
      /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
    /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
\           l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
  >、             >、!∧!   !ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l       …うん!
__ 」〉  / / / i 、!  /////    j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
  二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 |>、:::::::`ヽ、  / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
::::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /      !
::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l


      「何もかもが優しくなる、魔法の時間の中の食事だ」

         「私の心は、小気味良く踊りだしている」

403 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:22:23 ID:LzppYjpc


  「彼は器用に箸を使って、まるで宝石を採掘するかのように、魚の身を解す」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)   …おっ!
             |        ノ
              .|        |    今日はサワラか。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ     好きなんだよなぁ、サワラ。
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ


                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
        〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
.        〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\   ふふっ…
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 }
      〃/  ヘ l! l!  云=ミl ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //    知ってるよ…
      {L{..__ l| ヾレ仆从 弋:l! }` V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
      `¬7メ、/    |ヘ ´ ̄`  ,    `ーイj/ l|     .∨/
          }ハ 、 〃T 、   _  ,    / i l|      y ∧
         ノノ }i! l|  i ,ゝ、      ィ>、_l l|      { {ハ
        / ∠⊥⊥....i^i   `/〉 r、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
      / /     |{_ノ..//ノ^〉. ヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
     // ハ _ _ ,  { У./シ /〉.| | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
    /〃,'  {  し~ 、. ハ   ¨´./ .イ゙v′ヽ、∨       ノ   / / /
    `≒=、 ハ      ヾ〉     イ ヽ     }    ,r~´   / { {_
    / . \\ヘ.      i    ノ     |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ
               !   l!


    「私はそんな彼の、柔らかな手つきが好きだった」

404 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:22:35 ID:LzppYjpc


   「そして、彼が口にした言葉で、私の心はさらに躍る」


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)   魚を見てたら思い出したけど…
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    そろそろ、ベタもお見合いをさせてみようか?
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l         |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  ¦     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ
       /  /||l | |Ll」_|_  |l| | \   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |
‐- 、  /  /  | ト、 | l |ヽ ト`丶」 |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |   できる…の?
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト| ,.ィ≠ミk `  ヘ  リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \    l |
 //  ,    /  レ,' =代〃 :ハヾ   ∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /
´/  /    ,′ 八rヘ. Vヘ:::j.|      ∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉 ゝ-‐'     ,    `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、
 '′     /  / ,   ∧      ___   、_ノ /´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ、   ∨  リ    / 〉 l|   l.   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、 ー '   .r~'⌒r勹 l|    l|       /   |
_: : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  | _ _,"-──-.、〈  ∧
: : : :ヽ_ __: : : : : : : : ::\ _ ノ/\: : `ー--、 /: : :フ,.イ __ /: : : : : : : : : : :  ̄ ̄`丶、
: : : : : : :l : `ー ー-: : : : : :/゙\フ⌒! : : : :\: : : : ( `>ーヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : `ー--、: : : : : : :/  / `〈 : : : l:ヽ \: : /⌒ヽ  ヽ: : : : : : : :` ー--、:_: : - : :
: : : : : : : : : : : : : ン--‐/ _,/   /¨ヽ-、_!、:ヽ:〃 \  \_ ヽ: : : : :_:_: : : : /: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : {   _ イ  / ヽy`t!/⌒ヽ   `ー     }: : ー'   ー ': : : : : : : :


        「お見合いということは、透明な壁を外すということだ」

405 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:22:48 ID:LzppYjpc


  「ベタたちの相性がどうなるかは分からないが、それは大きな一歩だ」


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r    うん、だけど、相性が悪かったら、
             (__人___)     |      | |      カップル不成立になるだろ。
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、   まずは試しに、だな。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


                  ヽ、::::::\!\  ___
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __
               <´::_::// /          __`   、
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l、i /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /,l _L!/`ヽl|  ト、〃 ∧ / !   ! l  ! ヽ\
        >、             >、!∧!=ミ爻ゞ! l /{!/_!/!_/   ! /i  !  i!      うん…分かってる…
       /  ヽ/     ///l ヽ 戈i::ツ'  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / /  !l
    _/__ 」〉  / / / i 、!          j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /  l    l
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.   i    !
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r= ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l



            「彼らは傷つけあうかもしれないが、触れ合うことは出来る」

406 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:22:59 ID:LzppYjpc


    「私は大急ぎで食器を洗い、棚に戻して彼のところに向かう」


     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.   /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./   片付け…終わったよ…!
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
       )ヽ   l  l'ー、      r ===ァ       /,r||  /.,ィ'
      / 〉  |  |  |\   ゝ _ ノ    ,/|  ! |  / / ',
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´     /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /
  l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / / ::::



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |
             (__人___)     |         ありがとう。
             '、        |
          ,,. -ー|         |ヽ___       じゃあ、ご対面といこうか。
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|


    「彼は既に、水槽の前に座り、その準備をしていた」

407 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:23:14 ID:LzppYjpc


   「彼は袖をまくり、二匹のベタを隔てる壁を取り払った」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)    さぁ…仲良くやってくれよ…
          .| U   (___人__)
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l         |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  |     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ
       /  /||l | |l l l | _j.Lゝ‐|\   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |
‐- 、  /  /  | ト、 | l斗七i !| 」{ |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|ィ==弐ゞ、 ヘ リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \     l |
 //  ,    /  レ∧ ヽ {Ч;;'j}    ∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /
´/  /    ,′ 八rヘ.  ゞニ-      ∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、
 '′     /  / ,   ∧          i    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ、    - -     / 〉 l|   l   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、     r~'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧


         「私たちは彼らの様子を、固唾を飲んで見守る」

408 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:23:25 ID:LzppYjpc


   「私が見たところ、ベタたちは距離を置いていた」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   …ふむ。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


       ,. <,ィ //、、__                 〃/ |\
   ,. <   // //  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、\
 ∠ ___/ / /,′                l         |l /l | \〉
/       厶∨    |     l  |     | l|  、 |   |/ l| ∧  ヽ\
        / l ,    l    |  |    l  |  | |  l l l |ヽ.  \\
         /  | /   | , | `ヽ、 |    l  l  | |   | | l| l |   \\
.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ   どう…?
       /  /||l | |l l l | _j.Lゝ‐|\   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |
‐- 、  /  /  | ト、 | l斗七i !| 」{ |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|ィ==弐ゞ、 ヘ リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \     l |
 //  ,    /  レ∧ ヽ {Ч;;'j}    ∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /
´/  /    ,′ 八rヘ.  ゞニ-      ∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、
 '′     /  / ,   ∧         '    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l
  ___ /  / ,′  / rへ    rー-―ュ   / 〉 l|   l   丶  }  |
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、 ` ̄ ̄ r~'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧


   「その姿が、少しだけ不安を誘うので、私は彼に問いかける」

409 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:23:36 ID:LzppYjpc


   「だが、彼の返答よりも先に、ベタたちが私の不安を取り払ってくれた」


       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '
. /.′/ ∧トx!ャ芯ミ灯  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /   あ…
彡'  / / 从{ヾ{代zrソ`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //
   / / / ∧ ドヽ ̄       ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\   ` ´   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)   大丈夫みたいだろ…
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、   ほら、並んで泳ぎだした。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


   「二匹は、鮮やかな身体を水中に溶かし込むように、並んで泳いでいた」

410 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:23:47 ID:LzppYjpc


   「私は大きなため息をついて、彼は大きく身体を伸ばしていた」


              - ― 、―‐ -
          rt=z /´          ヽ_
 r====ミ _ゞYソ     ,         ゞミ======z
 ヾ;、    >≫7|ミニ /       、     ヽ\      /7
.  `\ /メ∠/::!   /     \  :l}  ヽ   ‘,゙     /7
    }7/ 才//!:/  /   ハ :}\ハr=;、l|:!    }ト   / ′
  //  ̄  イ  レ .八_rt、.l:| -/イ/ヽr≠从   八   〃     よかった…
. //     /   .: : :///「从==ミ ′ {泌7从イく  〃    _
 {:(    ノ   .: : :〈〈〈 { |  xwx  , ヾメハ: : :l| :ハ  {{  / ⌒ヽ
 ヾ\/   /: : .:人_ \ 、―‐ ,  ィ  トミ:l|: : }  し     }ノ
-‐イX}   .:<:r===くヽ. \ ヽ  ̄ / ′/:}: :V:ノ       /
. // .: : : :/~⌒~¨`ヽ∧ミ \}「不八_,ノイ : :ハ      /
// .: : : : :∧: : : : : : : : : : :》-く_;))ス∧: : : |: : : :l      /
!′ .: : : : : : :∧: : : : : : : : :7/: : : : :}薔∧ : :V:. : :| r 一 ´
ゞ;、 : : : : : : : :∧: : : .:x≦Z/: : : : .:ム>く_∧: .:V: : K
: :ヽ\: : : : : : : .:ゞ=く: :〃:{: : : : : :{-く<ノノハ: :.V: :トミ===ミ、
: : : \\: : : : : : : /:|∧: :.:!: : : : : :|: : `¨ヾ\::ノ: :': : :} \  ヾ\
: : : : : \\: : : : /゚∧:_ヽ:(: : : : : : }: : : : : :\\: : : : |   \  \ヽ
: : : : : : : ヽ \ : レ′l/ : \: : : : : :): : : : : : : ) ): : : ノ ノハ }ハ   )′


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ   …うん。
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r


    「ベタたちはきっと、大きな喜びに打ち震えているのだと思う」

411 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:23:58 ID:LzppYjpc


   「彼は活き活きとした様子で、ベタのことを話している」


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r   ほら、オスが卵を泡の巣に持って行ってるだろ。
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´    こうして、オスが卵を守っていくんだ。
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


       __  rz、 _ - ―- ― - .f:izィ―‐z
       `ヽメ\|マィ ´   _  ー - 彡≦三←、
        ≫三イ ミ=    ̄      、ヾ. \
      //¨7     /  ,   l|   l}  ', ',\\
    //  }    ,'  / l| l|`ト、l| l l} '. \\
  //    |   .: | 卞二士{ l `メ士セl l|  \\    すごい…
//     ,′ .: |  代 { リヾ、j/{:fヨz:ハ/l′    \\
\{ヽ     /  .:  j  lヘ  ̄   " ゞ=チ |      ムイ
  \\  ./  .:  Ⅵ.::ゝ      ′ メ  |     /ノ
    \\'  .:    ,rzⅦ.、   ー‐ ィ   !    //
      \\.::   ( iゝ‐z >x  イ |:.   ヘ  // __
     ./__\\   〉 ̄ト 辷ラ七彡 :!::..   ハ  ̄ ̄7 /
    ハ ̄ ̄ ̄`ー"-: :ヽニユ辷ラソ、.-―z、ハ    / /
   ,'{/ ̄`Y: : : : : : : : : : : : ゝ:Yr=x: : : : : ム '.  ./ /
.  /く_ : : └──z: : : : : : : : :《ィ泌>: : : : ヾ、ハ / /
./  .〉: \: : : : : : :∧: : : : : : : :.ゞXイ: : : / ̄: ス 〈
   .: \: : `ー─: : :.ノ>─~ー、_: 〉ーく: : /:ノ\\
  ..::  ム: : : : : : :イ/: : : : : : : : : : ̄): :ヽ: : く  :. \\
 .::  .:  〉: : : : : : :|′:ヽ: : : : : : :_:._ノ、:_:_ノ!: : :ヘ. :.  \\


        「私は、口に卵を含んで運ぶ、オスのベタを見ながら彼の話に頷く」

412 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:24:10 ID:LzppYjpc


   「それから、私たちは何も言わず、しばらく水槽を眺めていた」


                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


                 .  ´ ̄ ̄ ` ´ ̄ ̄` ヽ
          r:tz .´              \
        , ―ゞイ7彡               、 マfヲz__
.       ←―イ:/!  /  /  /   ',     ヽ Y-イ―→
       / 7才メ| ,′ 〃 l .{     l|   !  }  ∨::!\ ̄
      // ′レ7  !   l| `ト、!  __ ハ  |  |  |∨\|ヽ\
    //    八  '  斗云ミ|ヽ{{⌒j}厶云ミハ  ,}  |   ヽ ヽ
   //      .′ N ヽり从リ从ト \ム=r≠_=-イ /   |     \\
.  / /      /  / ヽ { x≠ミ `ヽノヾ:(ヾ<Yイ/lイ   ∧       \\
 / /      /  /  /∧     i  \7})ソム !    ヽ      \ヽ
./ /       ′ ,′ィ‐Zxハ    __    ̄ /_八r-、、  \      }X}
{X{      /  ∧ヘ { トイ_>‐.、` ´   ノーイ r 17ム   ヽ     /〃
\ヽ    .′ .′>_`’ `      Y⌒Y  ̄   `` レイ_    \ /:/
  \\  /  .:i /_: :`ー――ュ   jヾ::イ   ┬―一'’: : : : :>ァ  ∨/
   \ V  . .:K : ヽ、: : :/ムK~~7{f泌ハ__ トミx― : : : : /: : |   /∧
      И}   . :|,ハ: : :  ̄{トミニ≧彡:ム  {:⌒7⌒7lイ7-―~': : :/   { | !
     / 7  . :|: :|\_:_}|l|l|: : : : : :}~ヘ: : : : : |li:|リ : : : : : : ;イ   ヽ\
   //  . : :|: :|才>イハ|リ: : : : :/ : : : } : : : : ∨}: :‐x‐z<: !     \ヽ
 //|   . : :l : |7^∧|7{7: : : : 〈 : : : 〈: : : : : : V : Y∨ヽ→|:.      | ヽ\
,´/  |   . : :l : Kイ|ノヘ/: : : : : イ: : : : :}: : : : : : ヽ: :!:i:\|¨’|: .     |  \`
./    |   . : :l : | l:l |>、: : : : : : : }=彡、;ハ: : : : : : : : :} i:  |  |: .     |
'    八   . : : :l : | l:l |: くヽ: : : : :人ニ=-‐入: : : : : /ヾ:  |  |: .     |


 「もう外は真っ暗なのに、夕暮れの魔法が残っているかのような、優しい時間だった」

413 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:24:43 ID:LzppYjpc


   「その夜、私は夢を見た」


                ○ O   。
                 O 0      O      。
                   O O   O           O
                   ○O 0  0        O
                   0 O    ○    0        O
                    ○ ○ 0   O
                    ○ 0   O    0
                      0 O  0   。            。
                     ○   0   O    O
                      ○    0   O
                      ○  0   O
                       ○ O    O
                      ○ 0   O     。
                       ○O  。
                        O O
                         ○    。
                        ○  O
                        O
                        ○  O



        「泡の中で、彼に優しく抱きとめられる夢をだ」

414 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:24:57 ID:LzppYjpc


   「夢の中の私たちは、おぼろげな幻のようだった」


     /: :: : : : :::: /: : : ::/.: ; : : :|: .:: : : : : : ::: : :|: : : : :l. : : : : l:::. : : : :|.: : : : : : :
   //: .::: . :::::::/ : : .::/: .:|. : : | .:::: : : : : :.:::: : |:: : : |. |:. : : : |:::::. : : : |: : :i: : : :
 / /:: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :
'   .l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :
   .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :
   .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.
    l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::
.    ゙ .l::::|λ::::l':|:::::l  l|, l、l:|、|l |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:
     ヘ:|l :〉::::::l|::::|!  ´ ̄`ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : : |
      〉 ハ:::::|l:::|゙l ィ=≠ミ、   ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
      ./:/: : ヾlヘ:|::|.               \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
      //: : ..::::/ .::::l         ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     /': : : .::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
     /': : : .:::/: .:::::::::::丶              ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
     / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    ` ー‐           /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
   ./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、           ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
、_,. -'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
ヽ,`ヽ : : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::

    
      「彼に抱かれていると、互いの境界線まで曖昧になるようだった」

           「それはとても、暖かな夢だ」

415 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:25:08 ID:LzppYjpc


   「私が夢の余韻にひたっていると、彼が眠たげな顔をして起きてきた」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (=)(= )    |
          (__人___)     |    …おはよう。
              |         |
           |        |   よく眠れた?
            ヽ      .イ_
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


                          _
                     .    ´        `>
                                  ヽ
                  /                      \
            /      //   /            ヽ
               /  /     / /    /     .::          ゙.
.             /  イ   // ム  //      /  .:        ヾ=ニ`ヽ
            //./   / 7厂  `ゝ/    /   /′           ) )
              {/ {/  ,' イ斗 ⌒ヽ、/ \.  X    ,.イ         } / (
              /リ  /ハ;/ ,r=≠ィ、゙⌒  \  ヽ、 ノ /       l.//   うん…眠れたよ…
             刈 { ///.  ´   `';    x≦ミxゝ、/        川
          /人匕兆シ             }乂薔人フ /       / ヾ;:.
    〃ニニ≠ ´  ,// l.         ,      }辷ニ彡' /ノ  /  ′  l )
   /  // // l  、.    、         ⌒ / / ′ /   /   /
      / ヒ{ /  ′/,  vヘ.     ` ー     /へ/  イ :/  /    ′
    / 小j'人/ 〈 .,二_, ´__ ヽ. _      _. <乂兆シ } {/   /
    /Yj{//,r-‐―ュ ,_ ,:''  )ヽ    ̄,:''  Y´  ̄`ヽ、 { :/    ′
    / /ヒ//    /|>一 ヒ}    乂_ _ノ     ∨ ′   {
  ./  {ヒフ/、  / 乂シ  }ス   /}刈          }/    |


    「私はそんな彼が可愛くて、笑ってしまう」

416 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:25:20 ID:LzppYjpc


   「私と彼は並んで、リビングに向かう」


       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '   あっ…
. /.′/ ∧トx!ャ芯ミ灯  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /
彡'  / / 从{ヾ{代zrソ`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //
   / / / ∧ ドヽ ̄       ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\   ` ´   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :


                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |    おおっ…
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


    「そして、同時に言葉を口にする」

417 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:25:36 ID:LzppYjpc


   「昨日のうちに、産卵で体力の低下したメスは隔離していたが、
      オスは変わらずに、泡で出来た巣を守っていた」

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /   立派なもんだろ…
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r



                  ヽ、::::::\!\  ___
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __
               <´::_::// /          __`   、
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
        >、             >、!∧!    !ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
       /  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l     本当に…
    _/__ 」〉  / / / i 、!          j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r= ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l


    「その姿は、孤独から程遠い、優しい父の姿だった」

418 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:25:54 ID:LzppYjpc


   「私たちは二人で朝食をとり、彼はそのまま仕事に向かった」


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |    じゃあ、仕事に行ってきます。
             (__人___)     |
             '、        |
          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|



                   _ __ _ __
           __  , . "´   ´      ` rく ___
       ← 、__ト-!ヽ=ニ=         =彡ゞ< ̄<_´
      /三三>ァ       /        、  .∧ `ト- →
       ̄// /  /  ,,   l!    i!   ヾ   ',   Ⅶ\》ヾ\
       ム//  /  〃  ||   }i  } |  |  ハ ハ  丶 ヽ
        〃/l        l| __ji   ! li   j  ,' } ハ   \ヽ
.        〃/ l! l  i l|  `ヽ!l、l"⌒i!  |l ||l /  l/ ハ    丶\
      〃/ {  l  ! l! i_!」Ll」_ `ト i|、  孑士ナナノノ从/ハ     〉 }   行ってらっしゃい…!
      〃/  ヘ l! l!  云-‐-、ヽ  ,ヘ{:::{、Yリイj::}|レ′  ハ   //
      {L{..__ l| ヾレ仆从 ,r=≠ミ. V′ ヾト-rァ/ ハ     . .//
      `¬7メ、/    |ヘ       ,    `ーイj/ l|     .∨/
          }ハ 、 〃T 、    _ _ ,    / i l|      y ∧
          ノノ }i! l| . i^i.,ゝ、../ン′ ,ィ>、_l l|      { {ハ
        / ∠⊥⊥ |{. ,//ノ^〉、´/   ル. l|     ≧ニニニミ 、
       / /.     { У./シ /〉..゙ヽ. r、/ l| lr'´ ̄` ー - 、__ ) )
      // ハ _ _ ,  ハ   ¨´./ .イ . | | { { Y´ ′     __, - '/レ' /
    /〃,'  {  し~ 、 _ 〉     イ l `v′ヽ、∨       ノ   / / /
    `≒=、 ハ       i    ノ  ヽ     }    ,r~´   / { {_
    / . \\ヘ.       !   l!       |\ /ー‐ ' ´      ノ   ≒ 、`ヽ


    「私はその後姿が見えなくなるまで、見つめていた」

419 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:26:06 ID:LzppYjpc


   「彼のいなくなった部屋を、私はひとしきり歩いてみる」


                  __
                  \_メ、\{尤),. -──‐- 、
                   _二二ン´-─‐‐‐‐-  `ー_‐- 、
.                 /_」 /´ /     /´   ヽ 丶、 ヽ
.               _/-一/  .´    /  /      |  ヽ `ヽ_r厂}ァ__
     ,. -─_,. -‐  ̄  // / /  / /  ´      |   !   ヾ≦__
   /  /´       / / / /  .´ '   '          l  ヽ 乂、<
  <___<        /  /イ l !    ' ' i !  i  :      i   !    | ll\
     `ヽ\    /     |イ | l. _ l ! l l  i  i      |   |   !  | l:l
       ヽヽ  /       ト! |! `|_ト !、| |  l | 〃ヽ  j!   l!|  | │';'、
        }r‐く          !`、{`寸ラミ、 ト、lヽ. ト、l {!/_!/_ リj  l  l| ゙、ヽ
.      /ヽ ヽ  /    .:  /ト {ノij.::ぇ!ヽ!  l ! !V´,r=_-‐、ヽ !  |  l|  ヽ`   よし…お掃除…
 _ ̄二 ≠-_、_ハ  V     .::  /j |  ゞ─く      j∧〈:i´r=ミ:〉/l/! j /八   ヽ
   /    /|  |__   .:   /:ハ_!  :::::::::::::::      Vl/ト彡l/// j/ノ  |
      / __|/ __\/´`i :// .:八  :::::::::    /  :::::ヾ二 メ/イ :.  l |
    /  /:.ノ/  `i \/、// / ./ヽ    丶_ _    、_ノ /_;j!  :.  l |
      /:.:.:/´ -─┐|、___):.:\/: /: : : \          ̄,.イイ|!  :.  l l
     /:.:.:./´   ,. }ノ:: }::::.:.:.:.ヽi: : r_‐土\    ,... -‐:.:´:;/:.:..|!  :.   l !
   . :..:|:.:.:.:{   イーノ::  V:.:.:.:.:.:`、<:.:.::::{ー仁壬⌒'⌒ヽ: 〃: : :|!   :.   l. l
  . : : : ::|:.:.:.:.\  `ヽ:::.   }:::::::.:.:.:.:ヾ┴:、:.ヽ;.:.::冫:ン⌒ラく〃: : : :|!   :.   l: !
: : : : :<:_::、:.:.:.:.:\   ヽ  ハー::斗-、:.:.:.:.:ヽ:.、_f´{{均):.:.:.:.:.:>.:: : : : :|!    :.   l; i、


         「そして、掃除用具を取り出して掃除を始める」

420 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:26:18 ID:LzppYjpc


   「ベタはまた、綺麗な尾を揺らしながら子を守っている」


           ヽ、::::::\!\  ___
           _ >‐-, <´__   `ヽ __
        <´::_::// /          __`   、
       _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
-― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
―        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
       /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
      /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
    /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
\           l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
  >、             >、!∧!   !ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !      ふふっ…
/  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l
__ 」〉  / / / i 、!  /////    j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
  二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 |>、:::::::`ヽ、  / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
::::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /      !
::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l


      「私はほんの少しだけ、彼らが羨ましくなってしまう」

421 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:26:30 ID:LzppYjpc


   「私はまた、魔法の時間が来ることを願ってやまない」


     〃    /   /         爪   ヽ ハ  ',     ヽ
     爪     /   / 〃 〃    } }||   |i       ,   {   ',
   / |l ',   ′   !  ″ ″,, =ミ、 } }リ   ||  }   }   }
  ´   .| } {  i |  | |  i|  i{ {{  }}ハ /    刈     .′  ;
 \   |l ィ {  i |‐-{ L _i{ 八i{\〃 i}ハ  }/ |   ′ /   ,′
   〉  从{   N ∧{∧「 Iト i{  {{ リ斗=ァ7T{ /  /    i{    今日は…いつ帰ってくる…かな?
.  /     Ⅵ{  |v'{ Ⅵ苧ミ、 }八 乂{__rセi{rnヘ.ヽ  |} /  八
 /     Ⅸ\ト込. 弋(り介   ′弋Z_{八ゞソ} i} / |}八 i{  \
.       川 丶{ ,ハ`¨¨´         `マハ辷ツノ ′|  | i|
       / jリ  }   :     ;      `ーヘ{`ヽ   l|  | i|
.      / ″ ′ 八     `      乂.ノ  〉ー┤ !八
     //  /  /   丶.   ー 一        厶-ァl ! 丶
.    /′  /  /    {ト .       ,.  ノ´  {八 ‘,  \
  -=ニ二 ̄ ̄二ニ=ミ  r'⌒Y> -=≦/⌒ア , -=ミ ヘ  ’,
  }  }        ` <⌒'ー'⌒ヽ /  /  /  /   丶 \
  └rく _             \廴{__ V  /  /  /     \ \
   }    }             \ { }{⌒⌒´  /


   「すべてがオレンジ色に染まって、優しくなる時間を」

422 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:26:43 ID:LzppYjpc


    「私には愛する時間がある」


                           ,、  ____  __ r{
                       ≦三ミvk´=彡´   ` `ヽ.
                         ∠:ァ个`/   、   i   \
                           / イ /イ / /X/リハヽ  、ヽ
                             /〃 ,イ彡 ハ大_ミ`メ、厶ハ jハノ
            ..==ミ、         /イ / / ,イ {ハィ'=ミ、′《㏍从乂
          〃       ヾ 、     ,// .ィ/ /ハ ハ、""'  〉ミイ 人ヾ
           /′ ..=rャ= ミ≧=≦彡'/,ィ///イハ ノ j) 、_, 〃.:ヾ ヽ)
          /  /: : \: : :.` X=彡イ/:/ /〃/、′  ,ィ//}  } /
      ==≠==ァ┤ : : : : \: : : : \彡=大マ斗v'了≧ュ<_// 〃
   〃´    /イ 八: : : :r 、: :`: .、: : :.` く: : : :`ヾミ`ー、`≡};リイ厶┴‐-'入             _ . ._-==ァ
   /′   =彡  / 入: : ヽ `ー- ミx:. : : :.`ヾ:、: :ゞ:ぅ: :`: :{(_¨´: : : : :., 片 }_____ ,、____ _..=彡ィ ´: : :. :./   _.ノ〉
  ′ // / /  /  ヽ : :_`ニァ    トミ=ー- Yrソ(し-、 : :〈kiヲ: : : : i√:〃´: : :/´: : :.`: :``<: :`¨: :…ヘ¨^,7´  ー‐ - .. _
    〃 _ 才"  / r‐… ¨ __,、  :.. ! YУ: !乂.: : : :'ー-ミ`_j): .;ィく:/: : : 〃: : : : : : : : : : : : :`: :.、: : : : : :《{       ¨ニ_‐;’
  == フ´  =彡   ー… ¨ -‐'   :. ヾ 厂7 人ヾミx:. : : :. :. :.`≦、: :ヾ-―… …―=ミ:. :. :. : : : : : :マ¨ヾ ̄``ー- .__一z'
    //  〃 ,ィア  ,才" .ィク    ノ′´.:ハ: : : \: : : : : : : :.ハ : :_}          `ヽ: : : : : : : :\:.‘,
.    〃   /// /   (_ . ィ"/ /〉 /: :/: :/ ∧: : : : ゝ:_:_:_:_:ノ!: :}: :ノ            \: : : : : : : :ヾ',
   / /才" 〃 /      〃 /:/ /: : :イ:/ / 乂:. : : :. :. :. : :// /                  ` ー― =彡゚
.  / 〃 |{ //   /   { ` ": :廴ノ:.:._彡   〃 />': : : : : : .:〃: : ;′
  ′{  乂彡   /       ヽ:.____: :イ    ハィ' 〈_; : : : : : : 〈 : : /
   /イ   〃  ノィ      ̄ィ" ノ  ィ / /  √: : :. :. : : : :ヽ:.`>
  // /  イ   / /     // 〃 /才…=ァ一': : __;¨ ー-: : ;イ: :`Y^y‐…-、
 /  .′ // ./  /     / / ;/ 〃人 ir'`ヽ: : √ヽ:. : : : :/ヾ、: : `ヾミ: : : : }
.:′   ! /厶′  .′ . ィ  _,ム、/_∠r彡:.=辷_ノ廴/´: : 廴 / : : : : \ : : rヘ: : :/==ミ、
.    jr     〃´_ ..=ァ´// /   /´: : :. :.《 : : : : `" : : : : : : : : `Yー彡ー'    ))



                   「それだけでも、幸せなものだと思う」

423 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:27:00 ID:LzppYjpc


    「彼はいつ――帰ってくるだろう?」


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l
.    l              冫.   く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


     「こうして、春の日差しが私をまた、優しくしてくれるのだ」

424 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 10:29:07 ID:LzppYjpc
…ということで、突発的な投下はおしまい、です。
このやらない夫と薔薇水晶が、作中人物と同一人物なのかは…
あえて明言しない、という逃げ方をさせていただきます。

これからも、何かを思いついたら投下するかもしれませんので、
よろしければお付き合いくださいませ…!

ゲリラ投下に気づいてくださった方々は、ありがとうございますw

425 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/07(土) 10:35:51 ID:cuQuE64c
ゲリラ乙

426 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/07(土) 11:31:33 ID:gExeoaiA
乙でした。
本編ラストの時は、ばらしーがない夫に依存しすぎるのではないかと思いましたが、
作中の彼らもこういう未来であってほしいですね…

427 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/07(土) 12:24:16 ID:1Yq.It0U
乙でした!
難しい話は置いといて、二人が幸せそうでほっこりです。

428 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/07(土) 12:31:09 ID:strjKfwQ
乙です

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
国内的な小咄 734 兵庫の南から見た北 (08/11)
  • 国内的な小咄 733 防衛に適した土地 (08/11)
  • 国内的な小咄 732 冬の金沢 (08/11)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー Misson06『愛宕姫の依頼“お客様護衛”』 (08/10)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー Misson05『ミルヒオーレ姫の依頼“近隣巡回”』 (08/10)
  • やる夫たちでソードワールド レベル15超過 (08/10)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第十七話 決断の午後3時ごろ (08/10)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第十六話 サウンド・オブ・ホームシック (08/10)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第十五話 貴女の名前が好きでした (08/10)
  • 国内的な小咄 731 沖縄の人は驚くよね (08/10)
  • 国内的な小咄 730 小林一三とかいうなろうをするとき参考になる男 (08/10)
  • 国内的な小咄 729 京都は糞立地 (08/10)
  • 国内的な小咄 728 オリックスさん…… (08/10)
  • 国内的な小咄 727 雪のある都 (08/10)
  • 国内的な小咄 726 水島ー (08/10)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その17 (08/10)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 88 (08/10)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 87 (08/10)
  • デーモンスレイヤー 28 (08/10)
  • デーモンスレイヤー 27 (08/10)
  • 国際的な小咄 7436 一応レバノンの擁護はしておく (08/10)
  • 国際的な小咄 7435 飛車角金銀抜きレベル (08/10)
  • 国際的な小咄 7434 アメリカのメディアさんもね…… (08/10)
  • 国際的な小咄 7433 やっぱ文学関係者は変態が多いな(白目) (08/10)
  • 風見幽香は華とみる Episode 11 エーデルワイス「 真夏の夜の夢 」 (08/10)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 90 (08/10)
  • カレドニア千年王記 第25話 再び、さらばイングランド (08/10)
  • やる夫は恋を応援するようです 最終話 前編 (08/10)
  • やる夫がサクラ町で日常を過ごすようです 第67回 (08/10)
  • やる夫は竜の人財のようです 第41話 (08/10)
  • 国内的な小咄 725 大阪と京都の分業? (08/10)
  • 国内的な小咄 724 沖縄の味噌汁 (08/10)
  • 国内的な小咄 723 兵庫の地図を見てみよう (08/10)
  • 国内的な小咄 722 南の果てのちゃんぽん (08/10)
  • 国内的な小咄 721 川崎のハロウィン (08/10)
  • 国内的な小咄 720 あれ、それだったのか (08/10)
  • やる夫たちでソードワールド 一人で冒険してみるお! (08/09)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー Misson04『アルクェイド姫の依頼“牧場警備”』 (08/09)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー Misson03『アンゼロット姫の依頼“火竜退治”』 (08/09)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第十四話 労働(しない)者たちの哀歌 (08/09)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第十三話 Why Don't You Do Right? (08/09)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 第十二話 将軍と少女の戦争 (08/09)
  • 国内的な小咄 719 犬が走る (08/09)
  • 国内的な小咄 718 こんな涼宮ハルヒの憂鬱(尼崎)はいやだ (08/09)
  • 国内的な小咄 717 香川全域紹介まとめ (08/09)
  • 国内的な小咄 716 本竜野駅のことかーっ! (08/09)
  • 国内的な小咄 715 川湯温泉はねぇ……ヤバイ (08/09)
  • 国内的な小咄 714 BRTは便利になったぜ! (08/09)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その16 (08/09)
  • 彼らは夜を歩く 第十七話 (08/09)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/6)
    ※完結作品は集計した前の月(5月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3やる夫はソロハンターのようです
    4ダイスに委ねる皇女生活 in エリア114異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5ローグライク異世界転生
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7ドクオが異世界転生したようです
    8あんこ時々安価で鬼滅の刃8やる夫とかがみは世界を探す
    9できない子とSCP9アメリカンヒーローアカデミア
    10やる夫たちでソードワールド10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11コンピューター様、情報更新は義務です!!
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫は魔導を極めるようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部14やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    15アカガネ山のやる夫15レベルを上げるスレ
    16森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠16やる夫は男子校?に通うようです
    17ご加護なカンジ17やる夫はLVが上がらないようです
    18ジーク君は半妖の少年のようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19白頭と灰かぶりの魔女19ダンガンカオス
    20IT業界のやる夫さん20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです21めぐみんの楽しい独身生活!
    22やる夫は竜の人財のようです22やる夫のみつめてナイト
    23やる夫がロードバイクに乗るようです23主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    24やる夫の伝説24オーバーあんこ
    25◆25NC1ovscM総合25ダンガンあんこ
    26やる夫がモテ研に入部するようです26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫の兄はブラコンのようです27やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    28魔女はやる夫になるようです28ニューダンガンあんこV3
    29やる夫は人形使いと呼ばれるようです29やる夫ファンタジー
    30イナズマイレブン/ロリ/ショタ30あんこ終末旅行
    31やる夫がKenshiになるようです31STALKING!!
    32【新訳天庵記】やる☆おだ32あんこ町の住人は星人と戦うようです
    33やる夫は吸血鬼と共に歩むようです33恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    34やる夫は死なせてもらえないようです34やる太は異世界日記を綴るようです
    35やらない夫は集われるようです35彼との恋は命がけ
    36日給2ゴールドのやる夫36できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    37やる夫はアーランドの冒険者になるようです37カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38北方人民共和国の興亡
    39やる夫達は死の遊戯に抗うようです39偉大なる冒険者・水銀燈の華麗なる日常
    40やらない夫と肉食系(?)ヒロイン達40カリブの海と海賊たちのはなし


    過去ログはこちら
    人気ページランキング