スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
稀にTwitter制限されてたりするみたいなので気づいてなさそうだったら教えてください…

コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

我が敗北 「お前のことが……好きだったんだよ!!」ホットドック編。

目次

5764 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:27:12 ID:qa0Bl6sO


            トウソウ
───── 我が 敗北 シリーズ 「お前のことが……好きだったんだよ!!」ホットドック編。



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN    「唐突だが、私はホットドッグなる物が大好物だ。
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i     どのぐらい好きかっていうと、たとえ満腹であっても
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ     ホットドッグのある映画館では100%(ガチ)でホットドッグを買って食うぐらい好きだ。」
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ       ホットドッグを要求する!!!(店員さんに向けて)
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /                                 お飲み物はー?>
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i      コーラのLで。
             ト  ヾぃ  )  L,,_




5765 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:29:57 ID:qa0Bl6sO



    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈   「でもこれだけではどのぐらい好きかは伝わらないであろう。
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   ではどのぐらい好きなのか、という例をもう一つ見せたい。」
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′   休憩中にまた出前が……!!
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、      「私の家には、休憩中にも出前の電話がかかることは少なくない。
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」       電話してくる方のパターンも決まっている。
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;    私は器が小さいから、休憩中に出前が入ると少々不機嫌になる。ちっせぇなぁ!?
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;    で、行く場所も大概決まっている。」
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


5766 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:33:32 ID:qa0Bl6sO



  | | :|    |  _、<>''"   ||_, ‐ ¨          _ -ニ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___/.:.:.:.:.:.:.:.|
  | | :|  _、<>''"|| x===ミ''"__    _  -  ¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_  -= ¨.:.:.:. |.:.:.:.:.: .:.:.|
  | | :|<>|    /.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:. ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: |.:.:.:.:.:. :.:.|
  | | :|'"   | -ァ゚.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:/.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_⊥_.:.:.:.:.:..:|
  | |_」 ‐ ¨  ,:゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y-‐ '"~.:.:.:.軽食.:.:.:.:.:.:.:.:__   -=ニ二二ニ=- \.:.:.:|
  | |     _,,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|喫茶.:.:.:.:..:.:_,.  -=ニ二ニ=- T ¨”: : : : : : : : : :|\|
  |-‐  "~.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._」  -==ニ二ニ=-  "~ : : : : : :.::|: : : : : : : : : : :.::|
 ノ_ ニ=-.:.:'"|.:.:.:.:.:.:.:.:._,,  -=ニ二二ニ=-幵”:.:|: : : : : : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : :.:.:|
「.:.:.:.:.: .:.:_  -=ニ二二ニ=-' ¨ ||   | |  | |: : :∧: : : : : : : : : : : :/ ‘,  : : : : : : : |   「近所の喫茶店だ。
L-=ニ二二l丁|丁 ̄   |_,、 -||   | |_|_l: :/ ‘, : : : : : : : : :`¨¨¨´ : : : : : : : : :.::|
| |─r… ニ||||| ̄ ゙̄|   __|| ̄_| l__ | : :`¨¨´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|    喫茶店に、私は出前に行くのだ。
| |ニi|i 丁丁||||   :| | ̄.:.:||| | | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|
| | |:|i ||||||   :| |.:.: .: ||| | | | |: | ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : : :|¨¨¨¨¨¨¨¨|    あるお客様は、その喫茶店にほぼ毎日通ってらっしゃる。
| | |:|i ||||||   匚]|.:.: .: ||| | | | |: : ̄ ̄_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|匚]┌┐ |
| | |:|i |||||└─‐┘_|__.:.:.:||| | l ̄ ̄|  _⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃ l |⊂⊃⊂⊃|     そのお客様が、私達の休憩時間、あるいは我が家の準備中の
| | |:|i |||||  ./ ̄l   |─||| | |:  | |二二二二丁二二二二丁⊂⊃⊂~|
| | |:| | ̄ ̄||| /   ̄/ ̄___,||| | |.  | |_⊆⊇⊆⊇__⊆⊇..⊆⊇|=======┥    10時ぐらいに電話をしてくるのだ。
| | |:| | ̄ ̄|||:/    /ミ彡~¨||| | |____|  |⊂⊃⊂⊃| |_  |⊂⊃|(⌒) (⌒|
|_|___,| |二二||/____/ ≦≧.__||| | |     ̄ ̄””¨¨    ─ ̄二⊥ ̄ ̄~~゙丁¨¨¨ そして、そのお客様から電話がかかってくる我が家の開店前、あるいは休憩時間
ニ=- |_|    |┴| |¨了| ̄|  |  ||└Τ ''..┬ 弌v     v%%x       ̄ ̄””|
    斗f七Iて_~ └=ニ_`¨´ ̄-二_ニ=-⊥ _| ̄ ー┬丁 'ー┬ュ w※※v,  |   に注文の物を持って行っていた。今日もそうだ、開店時間の11時、
          ニ=-  _~^'' |     ~"'' ー-=二_ニ=-∟|___   | | | ̄  ¨゙丁:!  |
       <::::::::::::::::::::::_ - ⌒ニ=-  _      ~"' ┬-=ニ三ニ┴ ..,,_  |_,| |   その直前に持って行った。」
         >-=ニ⌒        ⌒ニ=-  _    |     ~"'' ー-=ニ王,_  |
                             ̄二ニ=‐   __       ”^''|


5767 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:37:42 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     毎度ありがとうございまーす。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ       「私は正面から入る。正面からだ。
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /         喫茶店に寿司屋の白衣を着た人間が、正面から入ってくるのだ。
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i      商品を持って。異様な光景だが、この喫茶店ではもう当たり前のことだった。」
             ト  ヾぃ  )  L,,_



       , -=ーx  . -.、
    , -v′:::::::::`´::::::::ヽ
   γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  _.」::::::::::::::ト、_ノ>-rヘ::::::}
  /:::::::::::__メ´        `ア{
  ゝ:::_ノ   , -、   ⌒  {ル
  (::ハ、          リ    いつもごめんね?
   ^へ、 、、)  、_ァ   . ′
      `ー--ェェ< ̄                        いえいえ。>
       ,.,イ::::::::::|トx
      /:::|.  ̄ ̄ V:::ヽ    「ご注文をされるお客様は、その店の持ち主であるお母様とお友達なのだろう。
     ./::::::::|       V::::}
     .|:::::::::|      .{:::::|    両名とも、大変品の良い方である。」
     .|::::::::|!       .|:::::|


5768 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:40:27 ID:qa0Bl6sO



  .:l′                     . ̄ ̄^‐y
  .}      _    ,,v、              .\
  )、     .,,厂フ冖''へ,,\              {
  ,ノ  .,,、v-'″.'′    ″.¨''''''''エ゙〕         .|
 |′  |               .`゙'-、       .(}
 }  l^}      ._,v-u,        ^'<¬!     .¨'l    はい、これ。
 .\.ミ 〔      .'′  .′  ....,,,_    .| .}      }
   ゙'巛               .゙l.    ′\     .}
    ゙|        、、、,__     ″     _ノ  .,,v‐″    「そして、そのお客様がいつも出前を持って行くとくれるのが─────」
     (.       (,  ´ア    _,.  ._,,,. ¨゙} ノ
     .^\,_     ゙─‐'′  .r'″.,,,,ノ .〔v-^ ,ノ
        .^'‐v.,_        |  :l′  〕v-┘
           .⌒''ァー--v、、..,,,,,,,,,〕   ノ
          ,r‐'l^⌒'冖'''^-y,,_  .|   〕
        ,ノ|  .|     .ノ ゙ト-,厂¨¨゙).
       /′]  ~-vv、、ノ  :| .゙┐  )
      .ノ゙ z .〕         .}  .〕   ).



             / ‐_‐_‐_,∧+_+_/////\ =_=_=_=_=_=\ ‐_‐_‐_‐_‐|‐_‐_ ∧
            / ‐_‐_‐_‐_,∧+_+_+/////\=_=_=_=_=_=_\ ‐_‐_‐_ |‐_‐_‐_/ヽ
.           / ‐_‐_‐_‐_‐_ ∧+_+_+_/////>─-- ..,,____ > ´ ̄ヽ|ー_ー_,/+*|
           / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|+_+_+/\/γ⌒>~r''"´.: .: .: .: .:.:.:j|‐_‐ /+*+|
.          / -_-_-_-_-_-_-_-|+_+_+レ'⌒ヽxX爻⌒⌒>、.: .: .: .: .: .:/:|_‐,/+*+*i|
         / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_>─<xX爻爻⌒'<⌒ヽ⌒'<⌒ヽ/\|/+*+*+ |\
         ノ ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐γ⌒><⌒水⌒ヽ_ノ⌒><⌒\/__,∧+*+*+*+i|  ヽ
       / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_/〈  /^丶 )へ爻⌒.:.:.:√ ̄〈《》<⌒\/.:.:∨+_+_+_+|ヽ  ∨
       { _--_-_-_-_ イ  ノノ   )'^ c爻.:.:.:.:.:(()).:.:{厂 ̄>⌒>'゚.:.:.:.:.:〈 +_+_+_+,| ';  ∨
       八 ‐_‐_‐>'゚:γ^y'.:.:.:`爻爻 __ノ(.:.:.:.:).:γ⌒乂__ノヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> _‐_+_+|  }  }    「そのお店のホットドッグ、
.      /‐_‐_  /: : :/(.:.:(爻⌒V⌒V爻.:.:).:ィ⌒ヽ;:;:;:;:;:;:ノ;:;:/.:.:.:.:.:.:.:.: / | ‐_‐_ー|  }  ′
     /-_-_-/: : / (γ⌒(.::;::::「 ̄人/ ̄乂γ⌒ヽ(⌒く⌒>.:.:.:.:.:.:./ニ‐八  ‐_ {\  ,′     あるいはサンドイッチである。
    ,/‐_‐_‐/:.γ´  乂.:.:ノ.:.:>'^'' '' '弋.:.:.:.:.:厂乂__ノ(())ノ{ 〈.:.:.:.:./ニー ‐_\  { /\
   ,:'゙/=_=_=/  { . . . .ノ⌒>'゚     . . : :.:.:.:.:.: : ::/(()).:.:ノ( ノTニ─   _‐_‐_\{- - 一>    私の家族のことも考えて、
.  / /=_=_=_{  {: : : ノ.:>'゚      . : : : : : : : : /;:;:ィi{刈;:;:jノ^ヽ(+*+*+* _‐_‐_‐_‐_`ニア´
 / /‐_‐_=_={  ゝ _(/       . . : : : : : : ,。:'((;:;:;:;:{Jシ.:.:.:.:()).:)ノ*+*+ _‐_‐_‐_‐_‐_ ア       大概3つ分をくれる。」
 {/‐_/^\ {  / /      . . : : : : : : : xi(;:;:;:;:;:;:;:;:()).:.:《《.:とう爪*+* _-_-_-_-_‐_ァ'’


5769 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 15:40:57 ID:idNQnz+S
うーんいいなあ


5770 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:42:27 ID:qa0Bl6sO



          _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
        ,、-''゙             ヽ
        /  ,へ     ____..:.::::l
     /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈
      l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、
     ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';
      リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l    ありがとうございます!!!!
      'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/
.         l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙
         l  i.. ,...':      /゙,ニ-'゙::::ト、     「特に前述のとおり、私はホットドッグが好きである。
.         ゙、  r─- 、     / !、:::::リ
          ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、      特にそのお店のホットドッグは非常においしいので、
           ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、
        ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、   頂いたのがサンドイッチではなくホットドッグであったときは、
    _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
  ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::    機嫌が直る。本当に、直るんだよ。そのぐらい私は好きだし、そのホットドッグは美味しいんだ。」
          l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_


5771 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:45:36 ID:qa0Bl6sO



  | | :|    |  _、<>''"   ||_, ‐ ¨          _ -ニ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___/.:.:.:.:.:.:.:.|
  | | :|  _、<>''"|| x===ミ''"__    _  -  ¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_  -= ¨.:.:.:. |.:.:.:.:.: .:.:.|
  | | :|<>|    /.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:. ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: |.:.:.:.:.:. :.:.|
  | | :|'"   | -ァ゚.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:/.:.:.:.:_,. -= ~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_⊥_.:.:.:.:.:..:|
  | |_」 ‐ ¨  ,:゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y-‐ '"~.:.:.:.軽食.:.:.:.:.:.:.:.:__   -=ニ二二ニ=- \.:.:.:|
  | |     _,,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|喫茶.:.:.:.:..:.:_,.  -=ニ二ニ=- T ¨”: : : : : : : : : :|\|
  |-‐  "~.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._」  -==ニ二ニ=-  "~ : : : : : :.::|: : : : : : : : : : :.::|
 ノ_ ニ=-.:.:'"|.:.:.:.:.:.:.:.:._,,  -=ニ二二ニ=-幵”:.:|: : : : : : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : :.:.:|
「.:.:.:.:.: .:.:_  -=ニ二二ニ=-' ¨ ||   | |  | |: : :∧: : : : : : : : : : : :/ ‘,  : : : : : : : |   「─────だが、
L-=ニ二二l丁|丁 ̄   |_,、 -||   | |_|_l: :/ ‘, : : : : : : : : :`¨¨¨´ : : : : : : : : :.::|
| |─r… ニ||||| ̄ ゙̄|   __|| ̄_| l__ | : :`¨¨´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|    そのお店も、まさしく『今日で』閉店となるのだ。
| |ニi|i 丁丁||||   :| | ̄.:.:||| | | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|
| | |:|i ||||||   :| |.:.: .: ||| | | | |: | ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : : :|¨¨¨¨¨¨¨¨|    正確に言えば、その店の『喫茶店』としての部分が閉店し、
| | |:|i ||||||   匚]|.:.: .: ||| | | | |: : ̄ ̄_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|匚]┌┐ |
| | |:|i |||||└─‐┘_|__.:.:.:||| | l ̄ ̄|  _⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃ l |⊂⊃⊂⊃|    『コーヒー店』としての部分、要するにコーヒー豆の販売はやるらしい。
| | |:|i |||||  ./ ̄l   |─||| | |:  | |二二二二丁二二二二丁⊂⊃⊂~|
| | |:| | ̄ ̄||| /   ̄/ ̄___,||| | |.  | |_⊆⊇⊆⊇__⊆⊇..⊆⊇|=======┥    今後は宅配などで、対応するらしい。
| | |:| | ̄ ̄|||:/    /ミ彡~¨||| | |____|  |⊂⊃⊂⊃| |_  |⊂⊃|(⌒) (⌒|
|_|___,| |二二||/____/ ≦≧.__||| | |     ̄ ̄””¨¨    ─ ̄二⊥ ̄ ̄~~゙丁¨¨¨  実はここはウチの出前先というだけでなく……我が家で呑むコーヒー豆の、
ニ=- |_|    |┴| |¨了| ̄|  |  ||└Τ ''..┬ 弌v     v%%x       ̄ ̄””|
    斗f七Iて_~ └=ニ_`¨´ ̄-二_ニ=-⊥ _| ̄ ー┬丁 'ー┬ュ w※※v,  |    いうなれば『仕入先』なのだ。故に、今後もお世話にはなる。」
          ニ=-  _~^'' |     ~"'' ー-=二_ニ=-∟|___   | | | ̄  ¨゙丁:!  |
       <::::::::::::::::::::::_ - ⌒ニ=-  _      ~"' ┬-=ニ三ニ┴ ..,,_  |_,| |
         >-=ニ⌒        ⌒ニ=-  _    |     ~"'' ー-=ニ王,_  |
                             ̄二ニ=‐   __       ”^''|


5772 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 15:47:13 ID:idNQnz+S
美味いコーヒーに美味いハンバーガー、サンドイッチ、ホットドッグ
俺も超好きだわ


5773 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:47:39 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ    「なので、私の好きなそのホットドッグは、今日でお終いなのだ。」
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     …………。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"       「私は、それを出前を持って行く時に知った。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙         いや、正確には今月で閉める、というのは知っていたのだが……
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_        閉めるのが今日なのか明日までかどうか、定かではなかったのだ。」
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


5774 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:50:13 ID:qa0Bl6sO



       , -=ーx  . -.、
    , -v′:::::::::`´::::::::ヽ
   γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  _.」::::::::::::::ト、_ノ>-rヘ::::::}
  /:::::::::::__メ´        `ア{
  ゝ:::_ノ   , -、   ⌒  {ル
  (::ハ、          リ    今日もありがとうね。
   ^へ、 、、)  、_ァ   . ′
      `ー--ェェ< ̄      「いつも通り、私は商品を運び、お客さんに渡し。」
       ,.,イ::::::::::|トx
      /:::|.  ̄ ̄ V:::ヽ
     ./::::::::|       V::::}
     .|:::::::::|      .{:::::|
     .|::::::::|!       .|:::::|


       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /
       :, :..〈                  =ミ:、    /
    ,..---ぅ、:_.:〉                      /           「そこのお店の店員さんと話した。
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃            お客様からの私達へのお土産が、出来上がるまで。」
''"´ ̄    /  .| |                        /´
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \
      .′   ハ   \    \___/    /    \
      i    ∧     \          /         \
      |     ハ     \      ィ            丶.,


5775 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:51:38 ID:qa0Bl6sO



               _________/⌒}__r-、
.        ,.  -‐  ´   /⌒}__r-、  /;'´,ィ(ソft'/}   ‐- 、
.       / .        /;'´,ィ(ソft'//;'´,ィ(ソfti/;': ;|   ./ア=/ フl
    / /.      /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソf/ア=/ フl  / ´. : / /. :!
   /  /     /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソf/ ´. : / / .l/ ´,ィソf/ /. : :|、 ヽ
.   /  /.     /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソf/ ´,ィソf/ / ; '; '. ;{ソfz/ / . : /  ヽ \
  / ./    /;'´,ィ(ソfti//;'´,ィ(ソft; '; '. :{ソfz/ / / / ,ィソfz/ / , : /     ',  ヽ
 ,  i   /;'´,ィ(ソfti/,'´l f' (ソftイ/ / ,ィソfz/ / / /. :{ソfz/ / , ; /       ',  i
 |  {  | f' (ソfti/,'´. : | |. ftz〃/ /. :{ソfz/ / / / ,ィソfz/ / . : /        !   |   「今日お客様から頂いたのは、
 i  l  | |. ftz〃 ´. : ;.,..'LL_|ル{ / / ,ィソfz/ / / /. :{ソfz/ / . : /       }  |
    ', LL_|ル{ {,; : :/    `^/ /. :{ソfz/ /. :{. {. : .ヾ゙/ / . ; /         ,'  i   サンドイッチだった。これも本当においしい物だ。
  ',   ',    `^ヽ:/      {. {: : ,;ヾ゙/ /. : ;.,'.;: .Y´ ;.ノ, : :/        /   /                             ツイ
  ヽ. ヽ             '.,: .Y´ ;.ノ. : ;,/  '.;_{ `i. : ;/        /   /    いつか朝から食べたいと思っていたが……終ぞ、叶わなかった。」
    \. \               '.;_{ `i: : :/     \i/        / /
     \ ヽ、           \i/                  / /
       `ヽ、 ヽ、 ________________.x<´, ''´
         `ー―――――――――――――――――‐ ´


5776 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:53:57 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ      いつもありがとうございます。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"        「私はそれを受け取った。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙          だが、私はそのお店のホットドッグを、
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_        最後に食べたいと思っていた。」
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


          _,;r''"                      ゙i
         ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
         {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
         ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
         _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}    「なので」
          ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
          {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}
          ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ    ……昼の仕事が終わったら、
           ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ
             ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'     個人的に、お店に出向こう。
               'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'
                'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、      「こうすることにした。」
                ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l
             _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
       _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_


5777 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 15:58:01 ID:qa0Bl6sO



                  ,. -‐―――=ミ、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...、
                 〃::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:、
             {:.>―‐-=ニ三_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /::::::/:::::::::::::{::::::::ヽ:: ̄-..._:.:.:.:.:.:.:.}              「昼の仕事も忙しかった。
           彳::/:::/ト、::::::::::::\::::::::\:::::::::: ̄:- ノ
             V::::::{ jL斗=ミ、::::\::::::::`ー=彡::::::::ヽ               だが、忙しい部分というのは予約であったから準備できた部分も多くあり、
              乂い ´fiメ、   `Y:ヽfミ、ヽ:::::ヾ:::::::}}
               ノ  ヽ      从::ハr' }::::}:::::::}i:::::リ              言う程疲れも溜まらなかった。
                f^        j/}/ ,ノ:::/::::::::::}::::乂
             `T´__         / {:::::::::{::::::::::八_:::::ヽ             仕事もスムーズに行った。
                   `{ `       / i八ト、ト、 _,.-=ミ::::}
               `{      ,./  i!  >'’:.:.:.:.:.:.:.:.:.:jノ、           ……そして、私は昼食を少し少な目に摂り、
               八 _,.イ∠  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,.:.:.-=ミ:.. 、
                     ̄   〉.:.:/ヽ:.:.:,.:.:-‐<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     その喫茶店へ、自転車で向かっていった。
                        ,〈:.:.:ヽ//、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                      /,.ヘ:.:.:.:/:.:.:.:j>――‐=ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   距離的には自転車で行けるのだが、商品を持って行くため、基本そこへは車だった。
                    {  {  》':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
                        ヽ /i{:ヘ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、 少々新鮮であった。」
                     冫:.:i{:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::}i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、


5778 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:00:42 ID:qa0Bl6sO



       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │   「来店すると、最後であるからか……店はほぼ満席だった。」
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /
       :, :..〈                  =ミ:、    /     あらら!今日はどうしたの!
    ,..---ぅ、:_.:〉                      /
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃
''"´ ̄    /  .| |                        /´
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \
      .′   ハ   \    \___/    /    \
      i    ∧     \          /         \
      |     ハ     \      ィ            丶.,


      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  個人的に、来ました。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"                  そうかい!あ、【あのお客さん】からちらし寿司もらったよ!ありがとうね。>
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙      こちらこそ、いつもありがとうございます。
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_                    はは、で、注文は?>
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   ホットドッグを3つ……持ち帰りで。


5779 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:03:48 ID:qa0Bl6sO



                /: : : : : : : : : :|: :|: : : '. : : : : : : : '.
            /: : : : : : : : : : :ゞ:{ : : : |: :! : : : : : : ,
             |: : : : : :!: /:/:V: : \: : ト ハ:j : : : : : i  ← もう一人の店員さん
             |: : : : :.ハ ハ:|::::V、: : : :/::|l:::|ト、: : |: l:|
             |: : l: :|:|::リ´リ`ーリ:∨:/::-リ‐リ´l| : !:.N
             |: : l: :lリ r''マシ`  j/  マシ''y リ!:/ :|
.             八/ヾj                リlハ:|    あー、すいません、ホットドッグ、あと1つ分しか残ってなくて……。
             ト、 :       ′    //
             リ ゝ.!         u  'イ      3つ別でつくりますか?
                   }:、     __     /
               ハヽ   ´―‐`  /
                 }ハl`  .. __ .. ィ::{
               r< ノ        |ハ!¨>、
               |  `ヽ     / ̄  /



          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!   いえ、ホットドッグは一つ頂きます(鋼の意思)
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!            わかりました。じゃぁのこりは……?>
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!    2つ……あ、ベーコンサンドを頂きたいです。
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!                    はい。>
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐  「なんとか、最後のサンドイッチを手に入れた。
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',  正真正銘、最後であった。」


5780 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:06:40 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ   「それらができるまでは店を見渡していた。
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ    満席だ。私で丁度、席が埋まった。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"      ここは、経済難で潰れるような店には見えなかった。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙        となると……もしかしたら、事前に決めていたか……税率等の問題だろうか。
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_      税率も変わり、レジなどを買い替えるなら、そのタイミングに、としたのだろうか。
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   それは解らない。だが、少なくとも今日で最終日であることは、変わらない。」


5781 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:08:57 ID:qa0Bl6sO



       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /
       :, :..〈                  =ミ:、    /     「そして、その商品が出来上がった。」
    ,..---ぅ、:_.:〉                      /
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃    はい、どうぞ。
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃
''"´ ̄    /  .| |                        /´      これからもよろしくね。
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \
      .′   ハ   \    \___/    /    \
      i    ∧     \          /         \
      |     ハ     \      ィ            丶.,
      |       ∧     ` ーァ/  /               `ヽ、
      |      ∧        //  /                  |’:,
      |        \    /  ./                       | }



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄    ありがとうございます。
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\      ……ええ、これからもよろしくお願いしますね。
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ    「私は、その商品を持って帰った。
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \     自転車に載せて、その店から出た。」
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //


5782 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:11:38 ID:qa0Bl6sO



              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.
                 /: : : : : _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
             l: : : : : l、i<l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
           、__,.>: : : : :  ̄__,.r-=ニ二三三二ニ=‐-ャ.、_: : ::_リ
           /:::::::`.ー=-=‐ハ l, lヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三∧
             l::::;イ::::::::::::::::::ソ ll ',l ∨:::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           ' l::::l:::::::,ィァ'‐-、ヘ ` ∨ヘ::::::::::::::::::::::ミミャ、::::::::::::::::l    ……。
            'ヘl:::::::l  r,ャ‐ヘ    ̄≧ニゞ、ヘ::::ミャ、::::::::::::::::::::::/
              `ヾ;リ `'ー‐,'    ヘiテ ヾ、 ` ` ァ:::::r=-、:::::::::::l    「何と形容すべきか。
                 ):l.   /     ゙`ー'´    /::::,'r´` l::::::::::lヽ
                    'ヘl.  ′            ,イア/ >ノ l:::::::::リ    ノスタルジー、という気持ちなのか?
                      l  ` -  ,        ,イ/  /::::::::/
                   l     _             ,ィー'":::::::::::/     分からないが、感慨深く帰路につき、自分の店に帰り、
                 ヘ.   ̄ `'        /l:::::::::::::,ィ´
                    /. ハ           / l:::::::r(         2つサンドイッチを1階の店のスペース、その”裏側”である
                /: :〈∧        <   j:::::::リ
                  /: : : :`ヾ≧ュ - <     l  ̄`丶.        厨房スペースの机の上におき、ホットドッグを自分の部屋に持って行った。」
          _ ,.,‐ "l: : : : : : : :∧ヘー、-──‐-ャ〈、 ヽ.: : : :


5783 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:14:16 ID:qa0Bl6sO



            / ‐_‐_‐_‐_,∧+_+_+/////\=_=_=_=_=_=_\ ‐_‐_‐_ |‐_‐_‐_/ヽ
.           / ‐_‐_‐_‐_‐_ ∧+_+_+_/////>─-- ..,,____ > ´ ̄ヽ|ー_ー_,/+*|
           / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|+_+_+/\/γ⌒>~r''"´.: .: .: .: .:.:.:j|‐_‐ /+*+|
.          / -_-_-_-_-_-_-_-|+_+_+レ'⌒ヽxX爻⌒⌒>、.: .: .: .: .: .:/:|_‐,/+*+*i|
         / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_>─<xX爻爻⌒'<⌒ヽ⌒'<⌒ヽ/\|/+*+*+ |\
         ノ ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐γ⌒><⌒水⌒ヽ_ノ⌒><⌒\/__,∧+*+*+*+i|  ヽ    「いつもの形と匂いだった。
       / ‐_‐_‐_‐_‐_‐_/〈  /^丶 )へ爻⌒.:.:.:√ ̄〈《》<⌒\/.:.:∨+_+_+_+|ヽ  ∨
       { _--_-_-_-_ イ  ノノ   )'^ c爻.:.:.:.:.:(()).:.:{厂 ̄>⌒>'゚.:.:.:.:.:〈 +_+_+_+,| ';  ∨  それを、私は躊躇なく食べた。
       八 ‐_‐_‐>'゚:γ^y'.:.:.:`爻爻 __ノ(.:.:.:.:).:γ⌒乂__ノヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> _‐_+_+|  }  }
.      /‐_‐_  /: : :/(.:.:(爻⌒V⌒V爻.:.:).:ィ⌒ヽ;:;:;:;:;:;:ノ;:;:/.:.:.:.:.:.:.:.: / | ‐_‐_ー|  }  ′  何故か、躊躇は無かった。」
     /-_-_-/: : / (γ⌒(.::;::::「 ̄人/ ̄乂γ⌒ヽ(⌒く⌒>.:.:.:.:.:.:./ニ‐八  ‐_ {\  ,′
    ,/‐_‐_‐/:.γ´  乂.:.:ノ.:.:>'^'' '' '弋.:.:.:.:.:厂乂__ノ(())ノ{ 〈.:.:.:.:./ニー ‐_\  { /\
   ,:'゙/=_=_=/  { . . . .ノ⌒>'゚     . . : :.:.:.:.:.: : ::/(()).:.:ノ( ノTニ─   _‐_‐_\{- - 一>
.  / /=_=_=_{  {: : : ノ.:>'゚      . : : : : : : : : /;:;:ィi{刈;:;:jノ^ヽ(+*+*+* _‐_‐_‐_‐_`ニア´
 / /‐_‐_=_={  ゝ _(/       . . : : : : : : ,。:'((;:;:;:;:{Jシ.:.:.:.:()).:)ノ*+*+ _‐_‐_‐_‐_‐_ ア
 {/‐_/^\ {  / /      . . : : : : : : : xi(;:;:;:;:;:;:;:;:()).:.:《《.:とう爪*+* _-_-_-_-_‐_ァ'’
 ',/*+*+*沁,〈/ : . .   . . . : : : : : :。ィ(+*+‘∵;o-─:∵゚+*+・*+ _‐_-_-_-_-シ゚


      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  ……うまい。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"     「きっと美味い間に食べたいと思ったからだ。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙        いつもは持って帰っても、食べれるタイミングが遅く、
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_      冷めていたりするからだ。冷めていてもそのホットドッグが美味いのは知っている。
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_   だが、温かいうちに食べたかったのだろう。」


5784 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:17:34 ID:qa0Bl6sO



          _,;r''"                      ゙i
         ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
         {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
         ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
         _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}    ……美味いな。
          ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
          {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}   本当に。
          ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ
           ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ    「そして、今に至る。そのホットドッグを食べきり、
             ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'
               'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'      私がホットドッグが好きであるということをスレに描き、その店の事とかを、書き込んでいる。
                'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、
                ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l     私は今、キーボードを叩いているが、
             _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
       _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_   その横には、まだホットドッグを包んでいたアルミホイルが広がっている。」


5785 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 16:19:50 ID:idNQnz+S
これは、なんというか感慨深いなあ


5786 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:19:55 ID:qa0Bl6sO



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN    「この後には直ぐ仕事だ。休憩も実質、いつもより短い。だが……。」
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ     やりたいことをやれたしな。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"       有意義に休憩時間を使えた気がするな。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙       「何となくだが、休まった気がする。」
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_


5787 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:23:43 ID:qa0Bl6sO



           ,ィ´: : : : :..:.:.:;;:;:;;::.:..:丶、
        /: : : : :.:..::::;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;::...:.`ヽ、
.        /: : : : :.:..::.::::;;;:;!;;i;;i;;:i;:;;;:;:;;;::.:...: ゙ヽ,
       / : : : :.::.:.:;;:;:;:;;ィ;j!;i|;i;|;ゞk:;;;:;;;:;;;:;:;::..`,           トウソウ
      ,!: : : :.:.:;;:;;;::::;;イノィイ,ハいヽミ、;;:;;:;;;:、:.|     『我が 敗北 シリーズ 「お前のことが……好きだったんだよ!!」ホットドック編。』
       レ: : ,,;;:;イ,/ノン/-ソ一ヾ`ヾーl-ゞ;;;:;::.:.:.,!
       i.; r r‐ュ;:;;;;' ,ィでユン   /,イテ、 リ;;;:;.:ン
       ゙リ,.:;! rヒ;;:リ     ´   ;.     ,!;:;ソ´
       ゙:,: :ヽ,ゝミ        ,!   ,!;/      皆さんにもこういうコトを感じるお店がある、
       ゞ;::;;:;フ         `ー'   /'′
       'j;::;;:リ. 、    ー==‐  /         あるいはあったのでしょう。
        ヾ;jト、 \    ー  /
          /  `ヽ、 `丶、 ___,イ!、          もしかしたらまだ無いかもしれないし、いずれ会うのかもしれませんね。
     _,,.、-〈      `ヽ、    //ヽ
r=一'フ´     \     ,>ー< ヾ,/,!ー- 、_      ……少なくともこんな私にも、こういう店はあったようです。
-‐'"´       \    Λ   〉、  /    `''ー- 、
               \/ ヽ  /  ヽ'                                                 【終わり】
                  /⌒ヽ


5788 : 森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc : 2019/09/29(日) 16:24:42 ID:qa0Bl6sO
ではそろそろ仕事に戻りますー。
「あのお店」っていうのは、結構思い返せば……っていうのはあるよね。

5789 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 16:30:46 ID:idNQnz+S
乙でしたー
ありがとうって思うよね

5790 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 17:45:09 ID:3WDGSn9U
せやね…俺も、何時もの店にカツ丼を食べに行って、翌日閉まっててファッ!?となったが、後に聞くと本当は今日で閉店と伝えたかったらしいが、
何時ものように嬉しそうにカツ丼を頼むのを見て言えなかったそうだ…馴染みの店が閉まるのは、辛い

5791 : 梱包済みのやる夫 : 2019/09/29(日) 19:15:41 ID:uyX9Pyy9
まるでイッチの好きだった相手(ホットドッグ)が「故郷に帰って結婚するの」と言ってきた的なエピソードだ

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
読者投稿:哲学者の生き方 (09/28)
  • 読者投稿:将棋の世界について「フリークラス と 引退」 (09/28)
  • 読者投稿:腹から読者投稿を出す (09/28)
  • 読者投稿:日本に於けるウシの話 (09/28)
  • 読者投稿:レーザーポインター (09/28)
  • 読者投稿:デスクトップパブリッシング (09/28)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 126 (09/28)
  • やらない夫千年紀 第三三話 (09/28)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 外伝 AI、あやまります (09/28)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ30「狂気の峰へ」 その5 (09/28)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ30「狂気の峰へ」 その4 (09/28)
  • 国内的な小咄 1105 トミニなの? トミギなの? (09/28)
  • 国内的な小咄 1104 これで君もクリアできるぞ! (09/28)
  • 国内的な小咄 1103 野田が微妙に不便な理由 (09/28)
  • 国内的な小咄 1101~1102 明智君!!! ~ 信長の野望創造の優れた点 (09/28)
  • 国内的な小咄 1100 知り尽くす、ということはあり得ない (09/28)
  • 国内的な小咄 1098~1099 行ってみると楽しい佐賀の駅 ~ 波佐見の真実 (09/28)
  • ご加護なカンジ 【埋めネタ5】バトルロワイヤル Ver.加護 2 (09/28)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 241 《DAY258》 ~ 《DAY259》 (09/28)
  • ぶりぶりざえもんの冒険 怪奇ハタ人間編 第20話 地底科学基地だゾ (09/28)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十六話 探され、見つけられ… (09/28)
  • 彼らは未来を切り開くようです 第八章 怨毒の澱 その四 (09/28)
  • なのはさんは巨乳フロント係のようです 第67回 (09/28)
  • 読者投稿:筋トレの基礎(3) 基本中の基本:筋肉が力を発揮するのは縮むとき! (09/27)
  • 読者投稿:筋トレの基礎(2) ・BMIと体脂肪率測定方法いろいろ (09/27)
  • 読者投稿:中の方々へのお便り:「日本人と中国人の権力システムの認識の違いとかって実際のとこどうなんです?」 (09/27)
  • 読者投稿:ゲーム実況配信の歴史みたいなもの おま指編 (09/27)
  • 読者投稿:おれが言葉に暴力性があると考える理由 (09/27)
  • 読者投稿:大雑把な欧州16世紀の製鉄製鋼 (09/27)
  • やる夫は竜の人財のようです 第45話 (09/27)
  • やる夫達は星の海を渡るようです 後編 (09/27)
  • やる夫達は星の海を渡るようです 前編 (09/27)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その12 (09/27)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 11 後編 (09/27)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 第17話 AI、問題だらけです (09/27)
  • 国内的な小咄 1095~1097 個人的に歩くとおすすめな区間 ~ 東京メトロと都営地下鉄 ~ 東京を安く楽しむ方法 (09/27)
  • 国内的な小咄 1094 意外と間違えやすい二つの地 (09/27)
  • 国内的な小咄 1093 乗ってみよう死んでみよう (09/27)
  • 国内的な小咄 1091~1092 岩手三大麺 ~ 冬の遠野 (09/27)
  • 国内的な小咄 1089~1090 もうたまらん、この粘着き!!! ~ 大洗について意外とみんな知らないこと (09/27)
  • 国内的な小咄 1088 おいいいいいいいいいいいいいい! すごいセリフが飛んできたぞおおおおおおおおおっ! (09/27)
  • カレドニア千年王記 幕間 蒸気機関は時空を越えて (09/27)
  • 【新訳天庵記】やる☆おだ 第79話 : 本能寺が変ッ!(後編) (09/27)
  • デーモンスレイヤー 56 (09/27)
  • やる夫は恋を応援するようです 埋めネタ 登場人物紹介 (09/27)
  • やる夫達は人間ではないようです 14 (09/27)
  • やる夫王子の暇つぶし 第5話 (09/27)
  • 読者投稿:お祭りの感想から 2chエロツクールスレといふもの (09/27)
  • 読者投稿:おまけ 『国内製クロテッドクリームの一覧』 (09/27)
  • 読者投稿:内閣府特命担当大臣解説の訂正・補足及び豆知識の話 (09/27)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/8)
    ※完結作品は集計した前の月(7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1やる夫の現代ダンジョン1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3あさねこの小話空間3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4それ行けサイヤ人やる夫!4女神転生・超儀典 やる夫の割りと暇な女神転生
    5あんこ時々安価で鬼滅の刃5ローグライク異世界転生
    6やる夫博士とゆかいな仲間たち6異世界食堂できない夫
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    8やる夫たちでソードワールド8やる夫はソロハンターのようです
    9やる夫は魔導を極めるようです9コンピューター様、情報更新は義務です!!
    10できない子とSCP10やる夫はギルドを経営するようです
    11白頭と灰かぶりの魔女11やる夫は男子校?に通うようです
    12デーモンスレイヤー12召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    13ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1113レベルを上げるスレ
    14新やる夫はスライムベホマズンのようです。14ドクオが異世界転生したようです
    15アカガネ山のやる夫15やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    16IT業界のやる夫さん16やる夫たちは三連星(代理)のようです
    17やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。17STALKING!!
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18魔法使いはオタクばっかり
    19やる夫達は人間ではないようです19やる夫は人形使いと呼ばれるようです
    20やる夫はアーランドの冒険者になるようです20アメリカンヒーローアカデミア
    21英雄を作ろう!21ほむ×やら
    22ご加護なカンジ22やる夫はLVが上がらないようです
    23◆25NC1ovscM総合23証言と証拠は安価とあんこの後で
    24かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~24やばキャン凸
    25森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠25やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    26ジーク君は半妖の少年のようです26主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    27やる夫は竜の人財のようです27巣作りドラゴンちゃんは語りたい
    28やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです28やらない夫とたぬきの嫁入り
    29やる夫は恋を応援するようです29オーバーあんこ
    30そんな二人は同棲中30やる夫の野望
    31やる夫は軟式野球をするようです31やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    32魔女はやる夫になるようです32できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    33ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱33めぐみんの楽しい独身生活!
    34二人はヒャッハー世界の何でも屋34逆転教育実習生やる夫
    35やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです35やる夫ファンタジー
    36【新訳天庵記】やる☆おだ36やる太は異世界日記を綴るようです
    37正義屋さん37ダンガンあんこ
    38ロケッ都団が征く!!38ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです
    3959号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです39あんこ町の住人は星人と戦うようです
    40やる夫の兄はブラコンのようです40やる夫が大樹の正体に触れるようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング